株式会社ナガオカ 四半期報告書 第15期第2四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第2四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ナガオカ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第15期第2四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社ナガオカ
      【英訳名】                    NAGAOKA    INTERNATIONAL       CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  梅津 泰久
      【本店の所在の場所】                    大阪府貝塚市二色南町2番12号
                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                         行っています。)
      【電話番号】                    (06)6261-6600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長 楯本 智也
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区安土町1丁目8番15号
      【電話番号】                    (06)6261-6600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長 楯本 智也
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次               第2四半期           第2四半期            第14期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年7月1日           自平成30年7月1日           自平成29年7月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年6月30日
                      (千円)           1,987,331           2,083,066           4,263,270
     売上高
                      (千円)            322,297           198,270           502,417
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                      (千円)            141,872           159,949           180,541
     (当期)純利益
                      (千円)            309,406           141,811           344,995
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,536,087           2,299,978           2,571,540
     純資産額
                      (千円)           5,975,908           5,161,082           5,250,708
     総資産額
                      (円)             40.50           45.87           51.56
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             34.5           44.6           39.3
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)            637,634          △ 209,732           941,582
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)            387,285           △ 1,588          360,473
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)          △ 1,365,371             1,776        △ 2,254,032
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)           1,986,824           1,006,962           1,383,526
     四半期末(期末)残高
                               第14期           第15期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日
              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
                      (円)             22.58           35.15
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
           いません。
         2.売上高には、消費税等は含まれていません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していませ
           ん。
         4.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっています。
                                  2/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        主要な関係会社の異動は次のとおりです。
        当社の子会社である那賀水処理技術(瀋陽)有限公司、那賀(瀋陽)水務設備製造有限公司、及び、那賀欧科(北
       京)貿易有限公司の3社は、第1四半期連結会計期間において重要性が減少したため、連結の範囲から除外していま
       す。
        なお、   那賀(瀋陽)水務設備製造有限公司は平成30年10月、那賀水処理技術(瀋陽)有限公司は平成30年11月に清
       算結了しました。
                                  3/21


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たなリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業
       等のリスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において判断したものです。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってい
       ます。
       (1)経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境が引き続き改善し、緩やかな回復基調と
        なりました。一方、世界経済は、中国をはじめとするアジア新興国の経済減速の懸念や米国の保護主義的な通商政
        策に対する警戒感などにより、先行きが不透明な状況となっています。
         当社グループを取り巻く環境は、国内の水関連事業で、自治体向け取水設備や水処理設備等の更新、東京オリン
        ピックに向けた官公庁によるインフラ整備や民間の設備投資等による需要が見込まれます。海外の水関連事業で
        は、東南アジアを中心に営業活動を行っており、インフラ整備の一環として浄水場向けに取水設備や水処理設備等
        の需要があります。このような状況の中、国内では、従来の官庁営業に加え、インフラ整備工事、農業分野やリネ
        ン業界への営業を継続的に行っており、案件の掘り起こしに注力しています。海外では、マレーシアで、浄水場に
        おいて取水設備から水処理設備まで一貫して当社技術・製品が採用されるなど、実績を積み重ねています。ベトナ
        ムでは、民間企業への導入実績ができ、続いて、現地企業と共同で浄水場への導入を目的とした実証実験を実施す
        ることが決定しました。また、平成30年9月に東京で開催されたIWA(国際水協会)展示会や平成30年10月に福
        岡で開催された水道展に出展し、当社技術・製品に対する認知度の向上や理解の促進を図っています。
         エネルギー関連事業は、プラントを建設するプラント・オーナーの投資判断とそのタイミングにより、スクリー
        ン・インターナルの見積依頼等の問い合わせ件数や実需が大きく変動します。数年前に原油価格が大幅に下落した
        時期にプラント・オーナーの投資判断が極めて慎重になったことで、スクリーン・インターナルの需要が極端に減
        少し、認証サプライヤー間における価格競争が激化する事態となりました。しかしながら、原油価格がある程度回
        復してきたことを背景に、前期には顧客からの問い合わせ件数が増加し、当期においてもその傾向が継続してお
        り、プラント・オーナーの設備投資に対する姿勢は前向きなものになってきています。このような状況において、
        獲得利益の最大化を目指し、価格、納期、実績等で当社グループが競合他社に対して優位に立てる案件に絞り込
        み、集中的に営業活動を行っています。
         以上の結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間の売上高は                               2,083,066     千円(前年同四半期比4.8%増)、
        営業利益は     224,567    千円(前年同四半期比6.0%増)、経常利益は                     198,270    千円(前年同四半期比38.5%減)、親会
        社株主に帰属する四半期純利益は               159,949    千円(前年同四半期比12.7%増)となりました。
         セグメント別の状況は、以下のとおりです。

         ①   水関連事業

          案件の掘り起こし、具体化に継続的に注力しており、国内では、浄水場向けエアシスの採用の決定、海外で
         は、マレーシアで取水設備から水処理設備まで一貫して当社技術・製品が採用されるなど、実績を積み重ねてい
         ますが、予定していた複数の案件で、実証実験や仕様の検討などに時間を要しています。これらの結果、売上高
         は404,041千円(前年同四半期比19.4%減)、セグメント損失は43,425千円(前年同四半期はセグメント利益
         45,274千円)となりました。
         ②   エネルギー関連事業

          平成30年9月の台風21号により完成品が浸水する被害があり、再製作や補修作業が生じた影響から計画どおり
         に進捗しなかった案件が一部ありましたが、前連結会計年度に再構築したグループ生産体制の下、受注済みで
         あった案件の製造を着実に進めることができました。その結果、売上高は1,679,025千円(前年同四半期比
         13.0%増)、セグメント利益は418,318千円(前年同四半期比23.9%増)となりました。
                                  4/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
         当第2四半期連結会計期間末の資産合計は5,161,082千円となり、前連結会計年度末に比べ89,626千円減少しま
        した。これは主に、受取手形及び売掛金が148,444千円、建物及び構築物(純額)が141,067千円それぞれ増加した
        一方で、現金及び預金が376,563千円減少したことによるものです。
         負債合計は2,861,103千円となり、前連結会計年度末に比べ181,935千円増加しました。これは主に、支払手形及
        び買掛金が103,497千円、その他流動負債が102,610千円それぞれ減少した一方で、短期借入金が388,120千円増加
        したことによるものです。
         純資産合計は2,299,978千円となり、前連結会計年度末に比べ271,561千円減少しました。これは主に、欠損填
        補、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により利益剰余金が821,504千円増加した一方で、欠損填補、連結
        子会社の出資持分の追加取得等により資本剰余金が490,862千円、連結子会社の出資持分の追加取得等により非支
        配株主持分が508,533千円それぞれ減少したこと、自己株式の取得により自己株式が54,951千円増加したことによ
        るものです。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は1,006,962千円とな
        り、前連結会計年度末に比べ376,563千円の減少となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの変動要因は次のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により使用した資金は△209,732千円(前年同四半期は637,634千円の獲得)となりました。これは主
        に、税金等調整前四半期純利益193,541千円の増加要因に対し、売上債権の増加額171,953千円、たな卸資産の増加
        額96,155千円及び仕入債務の減少額94,666千円の減少要因によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により使用した資金は△1,588千円(前年同四半期は387,285千円の獲得)となりました。これは主に、
        子会社の清算による収入90,278千円の増加要因に対し、有形固定資産の取得による支出98,725千円の減少要因によ
        るものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により獲得した資金は1,776千円(前年同四半期は△1,365,371千円の使用)となりました。これは主
        に、短期借入金の純増減額405,808千円の増加要因に対し、連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による
        支出300,000千円、自己株式の取得による支出55,089千円及び長期借入金の返済による支出36,686千円の減少要因
        によるものです。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に発生した課題はありません。
       (6)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費の総額は14,488千円です。なお、当第2四半期連
        結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (7)主要な設備

         当第2四半期連結累計期間において、                   前連結会計年度末の計画に基づき、以下のとおり主要な設備の新設が完了
        しました。
           会社名        所在地      セグメントの名称           設備の内容         完了年月
        那賀設備(大連)          中国       水関連          工場建屋及び
                                            平成30年9月
        有限公司          大連市       エネルギー関連          生産設備等
      3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                   7,004,000
        普通株式
                                                   7,004,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (平成31年2月12日)
               (平成30年12月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                         東京証券取引所
                                                   のない当社における
                                         JASDAQ
                     3,539,200            3,539,200
     普通株式                                             標準となる株式であ
                                        (スタンダード)          り、単元株式数は
                                                   100株です。
                     3,539,200            3,539,200           -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金
                                        資本金残高
                  総数増減数        総数残高        増減額              増減額        残高
         年月日
                                        (千円)
                   (株)       (株)       (千円)              (千円)       (千円)
     平成30年10月1日~
                       -    3,539,200           -    1,253,241           -     600,852
     平成30年12月31日
                                  6/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                  平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                       兵庫県姫路市網干区新在家1261番地の12                       2,086,000           60.47

     株式会社ハマダ
                                                64,600          1.87
     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号
                                                54,400          1.58
     岡部 由枝                  東京都墨田区
                                                36,100          1.05
     楽天証券株式会社                  東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                       東京都千代田区神田練堀町3                         35,000          1.01
     東京センチュリー株式会社
                                                35,000          1.01
     株式会社南都銀行                  奈良県奈良市橋本町16番地
     BNY  FOR  GCM  CLIENT    ACCOUNTS     (E)
                       TAUNUSANLAGE       12,  60325   FRANKFURT,      AM
     BD
                       MAIN   GERMANY                      28,900          0.84
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀
                       (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
     行)
     DEUTSCHE     BANK   AG  LONDON    610     TAUNUSANLAGE       12,  D-60325    FRANKFURT
                       AM  MAIN,   FEDERAL    REPUBLIC     OF  GERMANY          27,400          0.79
     (常任代理人 ドイツ証券株式会
     社)
                       (東京都千代田区永田町2丁目11-1)
     SONG   WEN  BO                                      23,600          0.68
                       千葉県我孫子市
                       大阪府大阪市中央区本町3丁目6-4                         22,000          0.64
     岩谷産業株式会社
                                -              2,413,000           69.95

             計
      (注)1.「発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合」は、小数点第3位を四捨五入してい
           ます。
         2.上記のほか、当社所有の自己株式が89,438株あります。
                                  7/21











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                                  -            -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                            -            -        -
     議決権制限株式(その他)                            -            -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式            89,400              -        -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                                                 い、当社における標準と
     完全議決権株式(その他)                   普通株式        3,449,000              34,490
                                                 なる株式であり、単元株
                                                 式数は100株です。
                        普通株式                 800             -        -
     単元未満株式
                              3,539,200                -        -
     発行済株式総数
                                  -          34,490          -
     総株主の議決権
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の38株が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                     に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                  大阪府貝塚市二色南町2
                                  89,400         -     89,400         2.53
     株式会社ナガオカ
                  番12号
                       -          89,400         -     89,400         2.53
          計
     (注)平成30年11月8日開催の取締役会決議(会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規
        定に基づく自己株式の取得)に基づき、当第2四半期会計期間において下記のとおり自己株式の取得を実施いたし
        ました。
        (1)取得した株式の種類  当社普通株式
        (2)取得した株式総数   50,000株
        (3)取得価額の総額    54,900千円
        (4)取得日        平成30年11月9日(約定ベース)
        (5)取得方法       東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNet-3)による買付け
        上記の自己株式の取得の結果、平成30年12月31日現在の自己株式数は、89,438株(発行済株式総数に対する所有株
        式数の割合は2.53%)です。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、桜橋監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,474,753              1,098,190
         現金及び預金
                                       ※ 1,628,846              ※ 1,777,291
         受取手形及び売掛金
                                         5,356              38,321
         商品及び製品
                                        207,580              181,230
         仕掛品
                                        292,091              376,368
         原材料及び貯蔵品
                                        205,324              199,385
         その他
                                        △ 2,537             △ 2,208
         貸倒引当金
                                       3,811,416              3,668,580
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              586,060              727,128
          機械装置及び運搬具(純額)                              290,987              293,035
          リース資産(純額)                               90,540              84,027
                                         55,370                -
          建設仮勘定
                                         66,221              62,286
          その他(純額)
                                       1,089,180              1,166,478
          有形固定資産合計
                                        263,268              247,572
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         39,807              38,605
          繰延税金資産
                                         71,236              39,845
          その他
                                        △ 24,199                -
          貸倒引当金
                                         86,843              78,450
          投資その他の資産合計
                                       1,439,292              1,492,501
         固定資産合計
                                       5,250,708              5,161,082
       資産合計
                                 10/21











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※ 483,387              ※ 379,890
         支払手形及び買掛金
                                       1,240,409              1,628,530
         短期借入金
                                         48,392              11,706
         1年内返済予定の長期借入金
                                         32,982              33,693
         未払法人税等
                                           -             9,600
         役員賞与引当金
                                        444,908              342,298
         その他
                                       2,250,080              2,405,718
         流動負債合計
       固定負債
                                        246,721              217,452
         違約金負担損失引当金
                                         64,341              65,533
         退職給付に係る負債
                                         1,821              1,822
         資産除去債務
                                         3,697                -
         繰延税金負債
                                        112,506              170,576
         その他
                                        429,087              455,384
         固定負債合計
                                       2,679,167              2,861,103
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,253,241              1,253,241
         資本金
                                       1,275,938               785,075
         資本剰余金
                                       △ 575,901              245,603
         利益剰余金
                                        △ 21,178             △ 76,129
         自己株式
                                       1,932,099              2,207,790
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 19,003              △ 3,654
         繰延ヘッジ損益
                                        149,911               95,842
         為替換算調整勘定
                                        130,908               92,188
         その他の包括利益累計額合計
                                        508,533                 -
       非支配株主持分
                                       2,571,540              2,299,978
       純資産合計
                                       5,250,708              5,161,082
      負債純資産合計
                                 11/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       1,987,331              2,083,066
      売上高
                                       1,362,824              1,392,062
      売上原価
                                        624,507              691,004
      売上総利益
                                       ※1 412,659             ※1 466,437
      販売費及び一般管理費
                                        211,848              224,567
      営業利益
      営業外収益
                                         1,555              3,421
       受取利息
                                         38,415                -
       為替差益
                                         13,858               7,657
       スクラップ売却益
                                         49,988                -
       保険解約益
                                         21,855                -
       受取補償金
       補助金収入                                  8,208              7,957
                                         8,423              1,541
       その他
                                        142,304               20,578
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         14,027              18,044
       支払利息
                                           -            26,469
       為替差損
                                         5,683              2,293
       支払手数料
                                         12,144                68
       その他
                                         31,855              46,875
       営業外費用合計
                                        322,297              198,270
      経常利益
      特別利益
                                         4,288               462
       固定資産売却益
                                                      ※2 22,108
                                           -
       違約金負担損失引当金戻入額
                                           -             7,328
       関係会社清算益
                                         4,288              29,899
       特別利益合計
      特別損失
                                         1,926               229
       固定資産除却損
                                         30,262                -
       工場移転費用
                                           -             3,203
       本社移転費用
                                         38,554                -
       過年度決算訂正関連費用
                                           -            31,194
       災害による損失
                                         70,744              34,627
       特別損失合計
                                        255,841              193,541
      税金等調整前四半期純利益
                                        △ 7,870              33,592
      法人税等
      四半期純利益                                   263,711              159,949
                                        121,839                 -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        141,872              159,949
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                        263,711              159,949
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 9,816              15,349
       繰延ヘッジ損益
                                         55,511             △ 33,488
       為替換算調整勘定
                                         45,694             △ 18,138
       その他の包括利益合計
                                        309,406              141,811
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        168,130              141,811
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        141,275                 -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        255,841              193,541
       税金等調整前四半期純利益
                                         76,293              78,228
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,202             △ 22,108
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,495                -
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -             9,600
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                   224               -
       違約金負担損失引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 22,108
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 17,201               1,192
                                        △ 1,555             △ 3,421
       受取利息及び受取配当金
                                         14,027              18,044
       支払利息
                                         5,683              2,293
       支払手数料
                                         1,926               229
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 4,288              △ 462
       関係会社清算損益(△は益)                                    -            △ 7,328
       保険解約損益(△は益)                                 △ 49,988                -
       為替差損益(△は益)                                  35,176             △ 18,945
       売上債権の増減額(△は増加)                                 383,855             △ 171,953
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 120,799              △ 96,155
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 113,552              △ 94,666
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 34,473             △ 93,459
       前受金の増減額(△は減少)                                  84,084              43,385
                                        △ 83,359              14,380
       その他
                                        653,301             △ 169,714
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,555              3,421
                                        △ 13,509             △ 14,007
       利息の支払額
                                        △ 3,711             △ 29,432
       法人税等の支払額
                                        637,634             △ 209,732
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 86,000                △ 0
       定期預金の預入による支出
                                        △ 36,411             △ 98,725
       有形固定資産の取得による支出
                                        377,052                735
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 2,082             △ 2,040
       差入保証金の差入による支出
                                         29,641               8,433
       差入保証金の回収による収入
       保険積立金の解約による収入                                 105,086                 -
                                           -            90,278
       子会社の清算による収入
                                           -             △ 268
       その他
                                        387,285              △ 1,588
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 292,245              405,808
                                      △ 1,000,079               △ 36,686
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 40,000                -
       社債の償還による支出
       リース債務の返済による支出                                 △ 27,843             △ 10,205
                                        △ 3,743             △ 1,736
       コミットメントフィーの支払額
                                           -           △ 55,089
       自己株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -           △ 300,000
       よる支出
                                        △ 1,458              △ 315
       その他
                                      △ 1,365,371                1,776
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 33,371               8,827
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 373,822             △ 200,716
                                       2,360,647              1,383,526
      現金及び現金同等物の期首残高
                                           -           △ 175,847
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                       ※ 1,986,824              ※ 1,006,962
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/21


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲の重要な変更
          当社の連結子会社である那賀水処理技術(瀋陽)有限公司、那賀(瀋陽)水務設備製造有限公司、及び、那賀
         欧科(北京)貿易有限公司の3社は、第1四半期連結会計期間において重要性が減少したため、連結の範囲から
         除外しています。
        (会計方針の変更)

         原価差異の繰延処理
          従来、操業度等の季節的な変動に起因して発生した原価差異については、四半期連結会計期間において繰延処
         理を採用しておりましたが、大型案件の受注の増加等による工期の長期化を主な要因として、年間を通じた操業
         度の平準化が図られ、四半期連結会計期間における原価差異の発生額の金額的重要性が乏しくなったことから、
         第1四半期連結会計期間より原価差異の繰延処理を行わず、原則的処理を採用することといたしました。
          この変更により、従来の方法に比べて第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期
         純利益はそれぞれ3,465千円減少しております。セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しています。
          なお、前第2四半期連結累計期間については、主力工場の移転等の影響で発生した原価差異等が原価計算期間
         末までに解消が見込めないことから繰延処理を行わず、原則的処理を行ったため、遡及処理は行っていません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しています。
          ただし、当該見積実効税率を用いて算定すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効税率を使用
         する方法によっています。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しています。
                                 15/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※ 四半期連結会計期間末日満期手形
           四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理は、手形交換日をもって決済処理をしています。なお、当四半
          期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期連結会計
          期間末日残高に含まれています。
                               前連結会計年度
                                              当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年6月30日)
                                               (平成30年12月31日)
     受取手形                                8,431千円                  6,589千円
     支払手形                                11,835                  9,979
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成29年7月1日                  (自 平成30年7月1日
                             至 平成29年12月31日)                   至 平成30年12月31日)
     給与手当                               113,986    千円              106,550    千円
                                       -                9,600
     役員賞与引当金繰入額
                                      2,657                  3,132
     退職給付費用
         ※2 違約金負担損失引当金戻入額

            当社の連結子会社である那賀設備(大連)有限公司において、平成29年6月期に将来発生する可能性があ
           る違約金の支払に備えるため、損失見込額を違約金負担損失引当金に計上していましたが、違約金対象とな
           る建設工事が平成30年9月に竣工し、平成31年1月に不動産登記が完了したことから、改めて損失額を見直
           しました。
            これに伴い、当第2四半期連結会計期間において、違約金負担損失引当金を22,108千円取り崩し、同額を
           違約金負担損失引当金戻入額に計上しています。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりです。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年7月1日              (自    平成30年7月1日
                             至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
     現金及び預金勘定                              2,078,051千円                  1,098,190千円

     預入期間が3か月を超える定期預金                               △91,227                  △91,227

     現金及び現金同等物                              1,986,824                  1,006,962
                                 16/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年7月1日 至 平成29年12月31日)
         1.配当に関する事項
           配当金支払額
            該当事項はありません。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
            該当事項はありません。
         3.株主資本の著しい変動に関する事項

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

         1.配当に関する事項
           配当金支払額
            該当事項はありません。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
            該当事項はありません。
         3.株主資本の著しい変動に関する事項

           (資本準備金の額の減少及び剰余金の処分)
            当社は、平成30年9月27日開催の第14期定時株主総会の決議により、同日付で会社法第448条第1項の規
           定に基づき、資本準備金647,485千円を減少させ、その他資本剰余金に振り替えた後、同日付で会社法第452
           条の規定に基づき、その他資本剰余金を647,485千円減少し、繰越利益剰余金に振り替え、欠損填補を行っ
           ています。
            なお、株主資本の合計金額には、著しい変動はありません。
           (自己株式の取得)

            当社は、平成30年11月8日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用
           される同法第156条の規定に基づき、自己株式を取得することを決議し、自己株式の取得を行いました。こ
           の自己株式の取得により、自己株式が54,900千円増加し、当第2四半期連結会計期間末において76,129千円
           となっています。
            なお、当該決議に基づく自己株式の取得につきましては、平成30年11月9日をもって取得を終了していま
           す。
                                 17/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年7月1日 至 平成29年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                                      四半期連結損益
                              報告セグメント
                                                調整額
                                                      計算書計上額
                                               (注)1
                                                       (注)2
                      エネルギー関連          水関連         計
     売上高

                        1,485,760         501,571       1,987,331            -    1,987,331
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                            -        -        -        -        -
      又は振替高
                        1,485,760         501,571       1,987,331            -    1,987,331
             計
                         337,591         45,274       382,865       △ 171,017        211,848
     セグメント利益
      (注)    1.セグメント利益の調整額△171,017千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用です。全社費用
           は、主に、各報告セグメントに帰属しない役員及び管理部門に係る人件費、経費等の一般管理費です。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                                      四半期連結損益
                              報告セグメント
                                                調整額
                                                      計算書計上額
                                               (注)1
                                                       (注)2
                      エネルギー関連          水関連         計
     売上高

                        1,679,025         404,041       2,083,066            -    2,083,066
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                            -        -        -        -        -
      又は振替高
                        1,679,025         404,041       2,083,066            -    2,083,066
             計
     セグメント利益又は損失(△)                    418,318        △ 43,425       374,892       △ 150,325        224,567
      (注)    1.セグメント利益又は損失の調整額△150,325千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用です。全
           社費用は、主に、各報告セグメントに帰属しない役員及び管理部門に係る人件費、経費等の一般管理費で
           す。
         2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
         3.「会計方針の変更」に記載のとおり、                   従来、操業度等の季節的な変動に起因して発生した原価差異について
           は、四半期連結会計期間において繰延処理を採用しておりましたが、大型案件の受注の増加等による工期の
           長期化を主な要因として、年間を通じた操業度の平準化が図られ、四半期連結会計期間における原価差異の
           発生額の金額的重要性が乏しくなったことから、第1四半期連結会計期間より原価差異の繰延処理を行わ
           ず、原則的処理を採用することといたしました。
            この変更により、従来の方法と比べて、当第2四半期連結累計期間の「エネルギー関連」のセグメント利
           益が3,489千円減少し、「水関連」のセグメント損失が23千円減少しています。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 18/21



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年7月1日               (自 平成30年7月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                 40円50銭               45円87銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 141,872               159,949

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利

                                       141,872               159,949
      益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                3,502,845               3,486,740

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                         新株予約権(885個)は、平成
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式                         29年8月10日付で無償取得し
                                                    -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの                         た上で、消却いたしました。
     の概要
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 19/21











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ナガオカ(E31575)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月12日

     株式会社ナガオカ
      取締役会 御中
                              桜橋監査法人

                              指定社員

                                        公認会計士
                                               川﨑 健一  印
                              業務執行社員
                              指定社員

                                        公認会計士
                                               立石 亮太  印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ナガ

     オカの平成30年7月1日から平成31年6月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年10月1日から
     平成30年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ナガオカ及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しています。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。