株式会社三十三フィナンシャルグループ 四半期報告書 第1期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第1期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社三十三フィナンシャルグループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                四半期報告書

      【根拠条文】                金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】                関東財務局長

      【提出日】                2019年2月12日

      【四半期会計期間】                第1期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

      【会社名】                株式会社三十三フィナンシャルグループ

      【英訳名】                San  ju  San  Financial     Group,Inc.

      【代表者の役職氏名】                代表取締役社長  渡 辺 三 憲

                      三重県松阪市京町510番地

      【本店の所在の場所】
                      (上記は登記上の本店所在地であり実際の本社業務は下記にて行っております。)
                      三重県四日市市西新地7番8号
      【電話番号】                (059)357-3355(代表)

      【事務連絡者氏名】                執行役員経営企画部長 川 瀬 和 也

      【最寄りの連絡場所】

                      三重県四日市市西新地7番8号
                      株式会社三十三フィナンシャルグループ 経営企画部
      【電話番号】                (059)357-3355(代表)

      【事務連絡者氏名】                執行役員経営企画部長 川 瀬 和 也

                      株式会社東京証券取引所

      【縦覧に供する場所】
                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                      株式会社名古屋証券取引所
                      (名古屋市中区栄3丁目8番20号)
                                  1/42









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                   2018年度
                                   第3四半期
                                  連結累計期間
                                  (自 2018年
                                    4月1日
                                   至 2018年
                                    12月31日)
                                      51,067

     経常収益                        百万円
                                       6,503
     経常利益                        百万円
                                      51,025
     親会社株主に帰属する四半期純利益                        百万円
                                      46,238
     四半期包括利益                        百万円
                                      237,777
     純資産額                        百万円
                                     4,077,072
     総資産額                        百万円
                                     1,947.63
     1株当たり四半期純利益                         円
                                     1,199.77
     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                         円
                              %         5.71
     自己資本比率
                                   2018年度

                                   第3四半期
                                  連結会計期間
                                  (自 2018年
                                    10月1日
                                   至 2018年
                                    12月31日)
                                       42.61

     1株当たり四半期純利益                         円
      (注)1 当社及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         2 当社は、2018年4月2日設立のため、2017年度以前の主要な経営指標等の推移については記載しておりませ
          ん。
         3 自己資本比率は、(四半期末純資産の部合計-四半期末非支配株主持分)を四半期末資産の部の合計で除し
          て算出しております。
                                  2/42








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社13社で構成され、銀行業務を中心に、リース業
       務、クレジットカード業務、信用保証業務等の金融サービスに係る事業を行っております。
        当社グループの事業に係わる位置づけは次のとおりであります。なお、事業の区分は「第4 経理の状況 1                                                    四
       半期連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
       [銀行業]

        株式会社三重銀行及び株式会社第三銀行の本支店等において、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業
       務、国債・投資信託・保険の窓口販売業務等を行っております。当社グループの中核業務として、お客さまの多様
       化・高度化するニーズにお応えすべく、商品・サービスの拡充に努めております。
       [リース業]

        三重銀総合リース株式会社及び三重リース株式会社においてリース業務を行っております。
       [その他]

        その他の連結子会社9社においては、クレジットカード業務、保証業務等の金融サービスに係る業務を行っており
       ます。
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  3/42














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
         なお、当第3四半期連結会計期間末日現在における当社の関係会社の状況は、以下のとおりであります。
                                               当社との関係内容
                      資本金
                                    議決権の
                      又は      主要な事業
                                        役員の
                                    所有割合
         名称        住所
                                            資金   営業上の      設備の     業務
                      出資金       の内容
                                        兼任等
                                    (%)
                                            援助    取引     賃貸借     提携
                     (百万円)
                                         (人)
     (連結子会社)
                三重県                          5     経営管理     当社が建物の
     株式会社三重銀行                15,295    銀行業           100.00        -              -
                四日市市                          (3)     預金取引     一部を賃借
                三重県                          5     経営管理     当社が建物の
     株式会社第三銀行                    銀行業
                      37,461               100.00        -              -
                松阪市                          (4)     預金取引     一部を賃借
     三重銀総合リース           三重県                     90.00      0
                       90  リース業                   -    -     -    -
     株式会社           四日市市                    (90.00)      (0)
                         その他
                三重県                     95.00      1
                         (クレジットカード業
     株式会社三重銀カード                  90                     -    -     -    -
                四日市市                    (95.00)      (0)
                         務)
                         その他
                三重県                    100.00      1
     三重銀信用保証株式会社                  480                      -    -     -    -
                四日市市         (信用保証業務)
                                    (100.00)      (0)
                         その他
     三重銀コンピュータ           三重県                    100.00      2
                       30  (コンピュータシステム                   -    -     -    -
     サービス株式会社           四日市市
                                    (100.00)      (1)
                         開発・運行業務)
                         その他
                三重県                     90.00      1
     株式会社三十三総研                  50  (経営相談業務、金融経                   -    -     -    -
                四日市市
                                    (90.00)      (0)
                         済等の調査・研究業務)
     三銀ビジネス・サービス           三重県         その他           100.00      3
                       30                     -    -     -    -
     株式会社           松阪市
                         (現金整理業務)           (100.00)      (0)
                         その他
     三銀コンピューター           三重県                    100.00      2
                       20  (コンピュータによる計                   -    -     -     -
     サービス株式会社           松阪市
                                    (100.00)      (0)
                         算受託業務)
                三重県         その他           100.00      3
     三銀不動産調査株式会社
                       20                     -    -     -     -
                松阪市         (担保不動産評価業務)           (100.00)      (0)
                                     28.75
                三重県         その他                 1
     三重総合信用株式会社
                       40             (28.75)        -    -     -     -
                松阪市         (信用保証業務)                 (0)
                                    〔43.75〕
                         その他           76.25
     第三カードサービス           三重県                          2
                         (クレジットカード業
                       60             (76.25)        -    -     -     -
     株式会社           松阪市                          (0)
                         務)           〔23.75〕
                                     56.87
                三重県                          3
     三重リース株式会社                    リース業
                       80             (56.87)        -    -     -     -
                松阪市                          (0)
                                    〔19.00〕
      (注)1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
         2 上記関係会社のうち、特定子会社に該当する会社及び有価証券報告書を提出している会社は株式会社三重銀
          行及び株式会社第三銀行であります。なお、株式会社三重銀行は2018年7月に、株式会社第三銀行は2018年8
          月に金融商品取引法施行令第4条第2項の規定により有価証券報告書の提出を要しない旨の承認を受けたた
          め、2018年9月中間期の半期報告書は提出しておりません。
         3 「議決権の所有割合」欄の( )内は子会社による間接所有の割合(内書き)、〔 〕内は、「自己と出資、人
          事、資金、技術、取引等において緊密な関係があることにより自己の意思と同一の内容の議決権を行使すると
          認められる者」又は「自己の意思と同一の内容の議決権を行使することに同意している者」による所有割合
          (外書き)であります。
         4 「当社との関係内容」の「役員の兼任等」欄の( )内は、当社の役員(内書き)であります。
         5 2019年1月30日の当社取締役会において、関係当局の許認可の取得等を前提として、株式会社三重銀行と株
          式会社第三銀行が2021年5月1日を効力発生日として合併することを決議いたしました。
                                  4/42





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当社及び当社グループの事業その他に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると
       考えられる主な事項を記載しております。当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発
       生した場合の適切な対応に努めてまいります。
        なお、本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は、別段の記載のない限り、当四半期
       連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)  経営統合に関するリスク

         当社は、2018年4月2日、株式会社三重銀行と株式会社第三銀行の共同株式移転により設立されました。
        当社グループは、三重県、愛知県及び近接地域をカバーする店舗・お客さまネットワークを活かして、三重県、愛
        知県及び近接地域における経済活性化の実現に向けて地域との信頼関係を更に強化し、お客さまから愛され、お客
        さま、地域とともに成長する金融グループを目指し、統合の相乗効果を最大限発揮すべく努力しております。
         しかしながら、当初期待した統合の相乗効果を十分に発揮できないことにより、結果として当社グループの業績
        及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。統合の相乗効果の十分な発揮を妨げる主な要因として以下のも
        のが考えられますが、これらに限定されるものではありません。
         ①サービス・商品開発の遅れ、お客さまとの関係悪化、対外的信用の低下、効果的な人員・営業拠点配置の遅
          延、営業戦略の不統一を含む様々な要因により収益面における統合の相乗効果が実現できない可能性。
         ②当社グループの経営統合に伴うサービス、商品、業務及び情報システム、営業拠点並びに従業員の再配置等に
          より想定外の追加費用が発生する可能性。
         ③当社グループの資産及び貸出債権等に関する会計基準、引当金計上方針、内部統制、並びに情報開示の方針及
          び手続その他の基準を統一することによって、追加の与信関係費用その他の費用や損失が発生する可能性。
       (2)  持株会社のリスク

         当社は銀行持株会社であるため、その収入の大部分を傘下の銀行子会社から受領する配当金等に依存しておりま
        す。一定の状況下で、銀行法及び会社法その他法令上の規制又は契約上の制限等により、その金額が制限される可
        能性があります。また、銀行子会社が十分な利益を計上することができず、当社に対して配当等を支払えない状況
        が生じた場合、当社株主へ配当を支払えなくなる可能性があります。
       (3)  信用リスク

       ① 不良債権の増加
         当社グループは、厳正な審査体制に加えて、不良債権のオフバランス化、貸倒引当金の計上をはじめ、不良債
        権に対する処置や対応を進めております。しかしながら、国内外の景気動向、不動産価格及び株価の変動、取引
        先の経営状況の変動等によっては、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ② 貸倒引当金の積み増し

         当社グループは、取引先の財務状況、担保等による債権保全及び経済全体に関する前提・見積もりに基づい
        て、貸倒引当金を計上しておりますが、実際の貸倒れが貸倒引当金計上時点における前提・見積もりを上回り、
        貸倒引当金が不十分となる可能性があります。また、経済、景気全般の悪化により設定した前提・見積もりを変
        更せざるを得なくなり、あるいは担保価値の下落その他の予想し得ない理由により、貸倒引当金の積み増しが必
        要となり、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ③ 権利行使の困難性

         当社グループは、不動産市場や有価証券市場における流動性の欠如や価格の下落等の事情により、担保権を設
        定した不動産もしくは有価証券の換金、または取引先の保有する資産に対して強制執行することが事実上困難と
        なる可能性があります。この場合、与信関係費用等が増加するとともに不良債権処理が進まず、当社グループの
        業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  5/42





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       (4)  市場リスク

       ① 金利変動リスク
         当社グループは、銀行業を主たる業務としており、資金運用手段である貸出金の金利や債券投資等の利回り、
        資金調達手段である預金の金利等は、市場金利の動向の影響を受けております。資金運用と資金調達に金額また
        は期間等のミスマッチが存在しているなかで予期せぬ金利変動が発生した場合には、資金の調達金利の上昇が運
        用利回りの上昇を上回るなど利鞘が縮小し、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       ② 価格変動リスク

         当社グループは、国債をはじめとした債券や市場性のある株式等の有価証券を保有しております。これらの有
        価証券の価格下落により、評価損や売却損が発生する場合、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす
        可能性があります。
       ③ 為替変動リスク

         当社グループは、資産及び負債の一部を外貨建てで保有しております。外貨建て資産と負債が通貨毎に同額で
        はなく互いに相殺されない場合、為替相場の不利な変動によって、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を
        及ぼす可能性があります。
       (5)  流動性リスク

         当社グループは、適切な流動性管理に努めておりますが、経済環境の変化や金融市場全般または当社グループの
        信用状況の悪化等により、必要な資金が確保できなくなる場合や、通常よりも著しく高い金利による資金調達を余
        儀なくされる場合、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  オペレーショナルリスク

       ① 事務リスク
         当社グループは、預金、融資、為替等の各種銀行取引に際し、事務手順を定めた事務規定を整備しております
        が、職員が正確な事務を怠ったり、事故や不正を起こしたりすることにより、当社グループの業績及び財務状況
        に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ② システムリスク

         当社グループは、銀行業務を行うために、複数のコンピュータシステムを稼働させております。こうしたコン
        ピュータシステムの停止または誤作動等の障害や、コンピュータが不正に使用されることにより、当社グループ
        の業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ③ 法務リスク

         当社グループは、業務を遂行する上で、銀行法、金融商品取引法、会社法等の規制を受けるほか、各種取引上
        の契約を締結しております。当社グループは、コンプライアンスを経営の最重要課題と位置づけ、コンプライア
        ンスを重視した企業風土の醸成、コンプライアンスの着実な実践を図るため法務リスク管理を行っております
        が、違反行為等により法令等や契約内容を遵守できなかった場合に、罰則費用や損害賠償等に伴う損失が発生
        し、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ④ 人的リスク

         当社グループは、適切な労務管理や安全衛生管理に努めておりますが、人事処遇や労働時間管理等の人事労務
        上の問題や職場の安全衛生管理上の問題等に関連する重大な訴訟等が発生した場合、社会的信用の失墜等によ
        り、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤ 有形資産リスク

         当社グループは、事業活動を行う上で、土地、建物、車両等の有形資産を所有ないし賃借しております。これ
        ら有形資産が自然災害、犯罪行為、資産管理上の瑕疵等の結果、毀損、焼失あるいは劣化することにより業務の
        運営に支障をきたし、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  6/42



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       ⑥ 風評リスク

         当社グループは、経営情報を積極的に開示しておりますが、取引先、投資家、報道機関、インターネット等を
        通じて、当社グループに対する悪評、信用不安につながる噂等が広まった場合、その内容の正確性に拘らず、当
        社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  自己資本比率に関するリスク

         当社グループは、海外営業拠点を有しておりませんので、連結自己資本比率を「銀行法第52条の25の規定に基づ
        き、銀行持株会社が銀行持株会社及びその子会社の保有する資産等に照らしそれらの自己資本の充実の状況が適当
        であるかどうかを判断するための基準」(2006年金融庁告示第20号)に定められた国内基準である4%以上に維持
        する必要があります。また、当社の銀行子会社は、連結自己資本比率及び単体自己資本比率を「銀行法第14条の2
        の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するため
        の基準」(2006年金融庁告示第19号)に定められた国内基準である4%以上に維持する必要があります。
         当社グループの自己資本比率(国内基準)は十分な水準を維持しておりますが、要求される水準を下回った場
        合、金融庁長官から、業務の全部又は一部の停止等を含む様々な命令を受けることとなります。
        当社グループの自己資本比率に影響を与える主な要因として以下のものがあります。
         ①債務者の信用力悪化及び不良債権処理の増加に伴う与信関係費用の増加
         ②保有有価証券の時価の下落に伴う減損処理の増加
         ③貸出金等リスクアセットポートフォリオの変動
         ④自己資本比率の基準及び算定方法の変更
         ⑤その他の不利益な展開
       (8)  その他のリスク

       ① 地域経済の動向に影響を受けるリスク
         当社グループは、三重県、愛知県及び近接地域を主たる営業地盤としております。地域経済が低迷あるいは悪
        化した場合、業容の拡大が図れないほか、取引先の業況悪化等により信用リスクが増加し、当社グループの業績
        及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ② 競争に伴うリスク

         近年日本の金融制度は大幅に規制が緩和されてきており、これに伴い他業種、他業態を交えた競争が激化して
        きております。当社グループがこうした競争的な事業環境において競争優位を得られない場合、当社グループの
        業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ③ 規制変更のリスク

         当社グループは、現時点における様々な法令諸規制に従って、業務を遂行しております。将来におけるこれら
        法令諸規制の変更、並びにそれらに伴って発生する事態が、当社グループの業務運営及び業績に悪影響を及ぼす
        可能性があります。
       ④ 情報漏洩等のリスク

         当社グループは、多くのお客さまの情報を保有しているほか、様々な経営情報等の内部情報を有しておりま
        す。これらの情報の漏洩、紛失、不正使用等がないよう最大限の努力を払っておりますが、万が一何らかの事由
        により情報の漏洩等が発生した場合、損害賠償や社会的信用の失墜等により、当社グループの業績及び財務状況
        に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤ 金融犯罪に関するリスク

         当社グループは、キャッシュカードの偽造、盗難をはじめとする金融機関を狙った犯罪が多発している状況を
        踏まえ、金融犯罪による被害発生を未然に防止するため、セキュリティ強化に努めております。しかしながら、
        金融犯罪の高度化等から、その対策費用や被害に遭われたお客さまへの補償等により、当社グループの業績及び
        財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  7/42




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       ⑥ 外的要因に関するリスク

         地震や台風等の自然災害、新型インフルエンザ等深刻な感染症、テロ、サイバー攻撃、大規模なインフラ障害
        等の外的要因により、当社グループの本部、店舗等各種拠点に障害が発生し、当社グループにおける業務の全部
        又は一部の継続に支障をきたす場合、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦ 繰延税金資産に関するリスク

         当社グループは、現時点の会計基準に基づき、様々な予測・仮定を前提に将来の課税所得を合理的かつ保守的
        に見積もって繰延税金資産を計上しております。しかしながら、実際の課税所得が想定と異なることや、予測・
        仮定の前提条件が変わることにより、繰延税金資産の一部または全部を回収できないと判断された場合、繰延税
        金資産は減額され、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧ 退職給付債務に関するリスク

         当社グループは、従業員の退職給付費用及び債務について、年金資産の期待運用利回りや将来の退職給付債務
        算出に用いる年金数理計算上の前提・仮定に基づいて算出しております。しかしながら、年金資産の時価下落や
        運用利回りの低下、算出前提・仮定の変更、年金制度の変更に伴う未認識の過去勤務費用の発生、金利環境の変
        動その他の要因による退職給付債務の未積立額及び年間積立額の増加等があった場合、当社グループの業績及び
        財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑨ 固定資産の減損に関するリスク

         当社グループは、保有する固定資産について「固定資産の減損に係る会計基準」(企業会計審議会)を適用し
        ております。市場価格の著しい下落、使用範囲又は方法の変更、収益性の低下等により固定資産の減損損失を計
        上することになる場合、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩ 公的資金に関するリスク

         株式会社三重銀行と株式会社第三銀行の共同株式移転による経営統合により、株式会社第三銀行が「金融機能
        の強化のための特別措置に関する法律」に基づき発行しているA種優先株式に対して、当社が発行する第一種優
        先株式を割当交付しております。これに伴い、当社は、金融庁に「経営強化計画」を提出しておりますが、特定
        の目標値に対する実績が一定水準に達していない場合等には、金融庁から業務改善命令等の措置を受ける可能性
        があります。
         また、公的資金である第一種優先株式が普通株式に転換された場合、当社の発行済み普通株式数が増加するこ
        とにより既発行普通株式の希薄化が生じる可能性があります。
                                  8/42










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、当社は2018年4月2日に設立されましたので、前第3四半期連結累計期間との対比について記載しておりま
       せん。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間(2018年4月~12月)におけるわが国の経済を振り返りますと、夏場にかけて発生し
        た地震や豪雨、台風などの自然災害が、物流の混乱、工場の操業停止、訪日観光客の減少を招いたことにより、経
        済活動にマイナスに作用しました。もっとも、好調な企業収益や雇用・所得環境の改善傾向は崩れることなく、秋
        口以降には外国人観光や企業の生産活動も持ち直し始めるなど、自然災害による下振れは一時的なものに終わりま
        した。こうしたなか、景気拡張期間は2018年12月に戦後最長の「いざなみ景気」(2002年2月~2008年2月)の73
        か月に並んだとみられます。総じてみると、景気は緩やかに回復している状況となりました。
         当社グループの主な営業地盤であります三重県においては、労働需給のひっ迫を受けて雇用・所得環境が改善す
        るなか、近鉄百貨店四日市店のリニューアルオープンやイオンモール津南のオープンもあり、個人消費は堅調に推
        移しました。加えて、夏に開催された全国高校総体では県内への経済効果が約99億円に上ると試算されるなど、観
        光消費も好調に推移しました。また、企業活動は、半導体大手の最先端メモリ量産に向けた新製造棟の稼働開始を
        受け、主要産業である電子部品デバイスを中心に底堅く推移しました。設備投資についても、交通インフラ整備に
        伴い新工場建設が進められているほか、合理化・省力化投資の動きもみられ、景気は緩やかに回復しました。
         このような経営環境の下、当社の連結ベースの業績は次のようになりました。
         財政状態につきましては、総資産は4兆770億円となりました。また純資産は2,377億円となりました。
         主要な勘定残高につきましては、預金(譲渡性預金を含む)は3兆5,921億円、貸出金は2兆6,807億円、有価証
        券は9,993億円となりました。
         損益状況につきましては、経常収益は510億67百万円、経常費用は445億63百万円となりました。この結果、経常
        利益は65億3百万円となりました。また、企業結合による負ののれん発生益463億61百万円を特別利益に計上した
        こと等により、親会社株主に帰属する四半期純利益は510億25百万円となりました。
         セグメントごとの損益状況につきましては、「銀行業」の経常収益は432億20百万円、セグメント利益(経常利
        益)は81億86百万円となりました。また、「リース業」の経常収益は98億43百万円、セグメント利益(経常利益)は
        2億7百万円、「その他」の経常収益は55億56百万円、セグメント利益(経常利益)は26億90百万円となりました。
                                  9/42











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       ① 国内・国際業務部門別収支

         資金運用収支は、国内業務部門の資金運用収支が254億53百万円となり、全体で268億22百万円となりました。
        また、全体の役務取引等収支は74億28百万円となり、全体のその他業務収支は8億38百万円となりました。
                               国内業務部門       国際業務部門        相殺消去額         合計

          種類             期別
                               金額(百万円)       金額(百万円)       金額(百万円)       金額(百万円)
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -
     資金運用収支
                  当第3四半期連結累計期間                 25,453        1,369         -     26,822
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

      うち資金運用収益
                  当第3四半期連結累計期間                 26,526        1,492        △80      27,939
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

      うち資金調達費用
                  当第3四半期連結累計期間                 1,073        123       △80       1,116
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

     役務取引等収支
                  当第3四半期連結累計期間                 7,398         30       -      7,428
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

      うち役務取引等収益
                  当第3四半期連結累計期間                 10,408          54       -     10,462
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

      うち役務取引等費用
                  当第3四半期連結累計期間                 3,010         23       -      3,033
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

     その他業務収支
                  当第3四半期連結累計期間                  908       △69        -       838
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

      うちその他業務収益
                  当第3四半期連結累計期間                  938        ▶       -       942
                  前第3四半期連結累計期間                   -       -       -       -

      うちその他業務費用
                  当第3四半期連結累計期間                   30       74       -       104
      (注)1 国内業務部門は当社及び連結子会社の円建諸取引、国際業務部門は当社及び連結子会社の外貨建諸取引であ
          ります。但し、円建対非居住者諸取引等は国際業務部門に含めております。
         2 資金調達費用は金銭の信託運用見合費用(前第3四半期連結累計期間-百万円、当第3四半期連結累計期間
          0百万円)を控除して表示しております。
         3 相殺消去額欄の計数は、国内業務部門と国際業務部門間の資金貸借の利息であります。
                                 10/42







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       ② 国内・国際業務部門別役務取引の状況
         国内業務部門の役務取引等収益は、104億8百万円、国際業務部門は54百万円となりました。この結果、全体で
        は104億62百万円となりました。
         一方、役務取引等費用は、全体では30億33百万円となりました。
                                  国内業務部門         国際業務部門           合計

           種類              期別
                                  金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -
     役務取引等収益
                    当第3四半期連結累計期間                   10,408           54       10,462
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

      うち預金・貸出業務
                    当第3四半期連結累計期間                   2,943           -        2,943
                                                  -
                    前第3四半期連結累計期間                     -                   -
      うち為替業務
                    当第3四半期連結累計期間                   1,761           51        1,813
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

      うち証券関連業務
                    当第3四半期連結累計期間                   1,255           -        1,255
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

      うち保護預り・貸金庫業務
                    当第3四半期連結累計期間                    150          -         150
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

      うち代理業務
                    当第3四半期連結累計期間                   3,331           -        3,331
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

      うち保証業務
                    当第3四半期連結累計期間                    966          2        968
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

     役務取引等費用
                    当第3四半期連結累計期間                   3,010           23        3,033
                    前第3四半期連結累計期間                     -         -         -

      うち為替業務
                    当第3四半期連結累計期間                    356          17         374
      (注) 国内業務部門は当社及び連結子会社の円建諸取引、国際業務部門は当社及び連結子会社の外貨建諸取引であり
         ます。但し、円建対非居住者諸取引等は国際業務部門に含めております。
                                 11/42








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       ③ 国内・国際業務部門別預金残高の状況
        ○ 預金の種類別残高(末残)
                                  国内業務部門         国際業務部門           合計
           種類              期別
                                  金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                    前第3四半期連結会計期間                     -         -         -
     預金合計
                    当第3四半期連結会計期間                 3,503,348           9,833       3,513,181
                    前第3四半期連結会計期間                     -         -         -

      うち流動性預金
                    当第3四半期連結会計期間                 1,817,388             -      1,817,388
                    前第3四半期連結会計期間                     -         -         -

      うち定期性預金
                    当第3四半期連結会計期間                 1,667,268             -      1,667,268
                    前第3四半期連結会計期間                     -         -         -

      うちその他
                    当第3四半期連結会計期間                   18,691          9,833         28,524
                    前第3四半期連結会計期間                     -         -         -

     譲渡性預金
                    当第3四半期連結会計期間                   79,002           -       79,002
                    前第3四半期連結会計期間                     -         -         -

     総合計
                    当第3四半期連結会計期間                 3,582,350           9,833       3,592,183
      (注)1 国内業務部門は円建諸取引、国際業務部門は外貨建諸取引であります。但し、円建対非居住者諸取引等は国
          際業務部門に含めております。
         2 流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
         3 定期性預金=定期預金+定期積金
                                 12/42












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       ④ 貸出金残高の状況

        ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                            前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間
              業種別
                           金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内
                                  -       -       2,680,712         100.00
     (除く特別国際金融取引勘定分)
      製造業                            -       -        270,166        10.08
      農業,林業                            -       -         5,467        0.20
      漁業                            -       -         1,755        0.07
      鉱業,採石業,砂利採取業                            -       -         2,726        0.10
      建設業                            -       -        118,055         4.40
      電気・ガス・熱供給・水道業                            -       -        80,076        2.99
      情報通信業                            -       -        13,100        0.49
      運輸業,郵便業                            -       -        98,197        3.66
      卸売業,小売業                            -       -        205,852         7.68
      金融業,保険業                            -       -        191,940         7.16
      不動産業,物品賃貸業                            -       -        555,844        20.74
      各種サービス業                            -       -        239,677         8.94
      地方公共団体                            -       -        98,134        3.66
      その他                            -       -        799,716        29.83
     特別国際金融取引勘定分                             -       -          -       -
      政府等                            -       -          -       -
      金融機関                            -       -          -       -
      その他                            -       -          -       -
              合計                    -     -         2,680,712        -
      (注) 「国内」とは、当社及び連結子会社であります。
       (2)  経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社は、「地域のお客さまから愛され信頼される金融グループとして、地域とともに成長し、活力あふれる未来
        の創造に貢献します。」を経営理念に掲げ、2018年4月から2021年3月までの3年間を計画期間とし、「質の高い
        地域ナンバー1金融グループ」をビジョンとする第1次中期経営計画をスタートさせました。
         本計画では、「統合効果を早期実現・最大限発揮しつつ、強固な経営基盤を構築することで質の高い地域金融グ
        ループを目指す期間」として位置づけ、「リレーションの構築」「ソリューションの提供」「効率化と最適化」
        「強固な経営基盤の構築」の4つの基本方針のもと、地域とともに成長し続ける金融グループを目指してまいりま
        す。
         第1次中期経営計画のもとで、お客さまとのリレーションを構築し、最適なソリューションを提供するビジネス
        モデルを実現し、お客さま、地域経済の成長に貢献するため、以下の経営指標の達成に向けて諸施策に取り組んで
        まいります。
                                      2018年4月~2021年3月

            <地域経済活性化に向けた取組み>
                                         (3年累計)
            地元事業性貸出先数                                     +1,100先
            創業ファイナンス支援先数                                      1,120先
            ビジネスマッチング対応件数                                      4,200件
            事業承継支援件数                                      1,200件
            <財務目標>                           2021年3月期(2行合算)

            当期純利益                                      85億円
                                 13/42



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社は、2018年4月2日に株式会社三重銀行と株式会社第三銀行の経営統合に伴い、両行の共同持株会社として
        設立されました。
         人口減少や高齢化の進展等社会の構造的な問題が及ぼす地域経済への影響の増大に加え、FinTech等の台頭、市
        場金利の低下等の金融環境変化がもたらす金融機関同士の競争激化等、地域金融機関の経営環境は大きく変化して
        きております。
         こうした環境変化の中、地域銀行を中核とする金融グループとしてお客さま、地域の発展・成長に向けて持続的
        に貢献していくため、将来を見据えた新たなビジネスモデルと強固な経営基盤を確立することで、お客さま、地域
        の皆さまに貢献してまいります。
         お客さまとの圧倒的なリレーションを構築し、お客さまの経営課題やニーズに対して多様なソリューションを提
        供することで、地域社会、地域経済、そして当社がともに成長する好循環を実現し、ビジョンとして掲げる「質の
        高い地域ナンバー1金融グループ」を目指してまいります。
       (4)  従業員数

         当社は、2018年4月2日に株式会社三重銀行と株式会社第三銀行の共同株式移転による両行の完全親会社として
        設立されました。当第3四半期連結会計期間末における当社グループの従業員は以下のとおりであります。
         連結会社における従業員数

                                                2018年12月31日現在
           セグメントの名称             銀行業         リース業          その他         合  計
                          2,604           42         155        2,801
         従業員数(人)
                           [915]          [8]         [71]         [994]
         (注)   1 従業員数は、執行役員34人を含み、嘱託及び臨時従業員991人を含んでおりません。
            2 臨時従業員数は、[ ]内に第3四半期連結累計期間の平均人員を外書きで記載しております。
            3 当社の従業員はすべてその他のセグメントに属しております。
      3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 14/42










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                       発行可能株式総数(株)

                 種類
                                                     70,000,000

                普通株式
                                                     70,000,000

              第一種優先株式
                                                     70,000,000

                 計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末             提出日現在

                                     上場金融商品取引所
                現在発行数(株)            発行数(株)
         種類                            名又は登録認可金融                内容
                (2018年12月31日)           (2019年2月12日)           商品取引業協会名
                                                権利内容に何ら限定のない

                                      東京証券取引所
                                                当社における標準となる株
                    26,167,585
        普通株式                      同左        名古屋証券取引所
                                                式であり、単元株式数は
                                       各市場第一部
                                                100株であります。
      第一種優先株式
                    4,200,000                              (注)2,3,4
                              同左          非上場
        (注)1
                    30,367,585                      -            -
         計                     同左
     (注) 1 第一種優先株式は、企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第8号に基づく「行使価額修正条項付新株予
         約権付社債券等」であります。
        2 当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券の特質等
          行使価額修正条項付新株予約権付社債券等である第一種優先株式の特質につきましては、当社の普通株式の
         株価を基準として取得価額が修正され、取得と引換えに交付する普通株式数が変動し、その修正基準・頻度お
         よび行使価額の下限を定めているほか、2019年10月1日以降、取締役会が別に定める日が到来したときは、法
         令上可能な範囲で第一種優先株式の全部または一部を取得することができる旨を定め、加えて取得を請求し得
         べき期間内において取得請求のなかった全ての優先株式を一斉取得する旨を定めており、これらの詳細につい
         ては以下(注)4に記載のとおりであります。
          なお、当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に表示された権利行使に関する事項及び当社の株券の
         売買に関する事項について、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の所有者との間に取決めはありませ
         ん。
        3 第一種優先株式は、定款の定めに基づき、以下(注)4に記載のとおり普通株式と議決権に差異を有してお
         ります。
        4 単元株式数は100株であり、議決権はありません。また、第一種優先株式の内容は下記のとおりであり、会社
         法第322条第2項の規定による定款の定めはありません。
         (1)  第一種優先配当金
           当社は、定款第45条第1項に定める剰余金の配当をするときは、当該剰余金の配当に係る基準日の最終の株
          主名簿に記載または記録された第一種優先株式を有する株主(以下「第一種優先株主」という。)または第一
          種優先株式の登録株式質権者(以下「第一種優先登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主
          (以下「普通株主」という。)および普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に
          先立ち、第一種優先株式1株につき、5,000円を0.7で除した金額(ただし、第一種優先株式につき、株式の分
          割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に、下記
          (2)に定める配当年率(以下「第一種優先配当年率」という。)を乗じて算出した額の金銭(円位未満小数第
          4位まで算出し、その小数第4位を切り上げる。)(以下「第一種優先配当金」という。)の配当をする。た
          だし、当該基準日の属する事業年度において第一種優先株主または第一種優先登録株式質権者に対して下記
          (5)に定める第一種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
         (2)  第一種優先配当年率
           第一種優先配当年率=日本円TIBOR(12ヶ月物)+1.00%
           なお、各事業年度に係る第一種優先配当年率は、%未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入
          する。
                                 15/42


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
           上記の算式において「日本円TIBOR(12ヶ月物)」とは、毎年の4月1日(ただし、当該日が銀行休業日の
          場合はその直後の営業日)(以下「第一種優先配当年率決定日」という。)の午前11時における日本円12ヶ月
          物 トーキョー・インター・バンク・オファード・レート(日本円TIBOR)として一般社団法人全銀協TIBOR運営
          機関によって公表される数値またはこれに準ずるものと認められるものを指すものとする。日本円TIBOR
          (12ヶ月物)が公表されていない場合は、第一種優先配当年率決定日において、ロンドン時間午前11時現在の
          Reuters3750ページに表示されるロンドン・インター・バンク・オファード・レート(ユーロ円LIBOR12ヶ月物
          (360日ベース))として、ICE               Benchmark     Administration        Limitedによって公表される数値を、日本円TIBOR
          (12ヶ月物)に代えて用いるものとする。「営業日」とはロンドン及び東京において銀行が外貨及び為替取引
          の営業を行っている日をいう。
           ただし、上記の算出の結果が8%を超える場合には、第一種優先配当年率は8%とする。
         (3)  非累積条項
           ある事業年度において第一種優先株主または第一種優先登録株式質権者に対してする剰余金の配当の額が第
          一種優先配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
         (4)  非参加条項
           第一種優先株主または第一種優先登録株式質権者に対しては、第一種優先配当金の額を超えて剰余金の配当
          を行わない。ただし、当社が行う吸収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第760条第
          7号ロに規定される剰余金の配当または当社が行う新設分割手続の中で行われる同法第763条第12号ロもしく
          は第765条第1項第8号ロに規定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
         (5)  第一種優先中間配当金
           当社は、定款第46条に定める中間配当をするときは、当該中間配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載ま
          たは記録された第一種優先株主または第一種優先登録株式質権者に対し、普通株主および普通登録株式質権者
          に先立ち、第一種優先株式1株につき、第一種優先配当金の額の2分の1を上限とする金銭(以下「第一種優
          先中間配当金」という。)を支払う。
         (6)  残余財産
          ① 残余財産の分配
            当社は、残余財産を分配するときは、第一種優先株主または第一種優先登録株式質権者に対し、普通株主
           および普通登録株式質権者に先立ち、第一種優先株式1株につき、5,000円を0.7で除した金額(ただし、第
           一種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合に
           は、適切に調整される。)に下記②に定める経過第一種優先配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
          ② 経過第一種優先配当金相当額
            第一種優先株式1株当たりの経過第一種優先配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以下「分配
           日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を含む。)ま
           での日数に第一種優先配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満小数第4位まで算出
           し、その小数第4位を切上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度において第一種優先株主また
           は第一種優先登録株式質権者に対して第一種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とす
           る。
          ③ 非参加条項
            第一種優先株主または第一種優先登録株式質権者に対しては、上記①のほか、残余財産の分配は行わな
           い。
         (7)  議決権
           第一種優先株主は、全ての事項につき株主総会において議決権を行使することができない。ただし、第一種
          優先株主は、(i)第一種優先株式の発行時に株式会社第三銀行が発行するA種優先株式の株主が同銀行株主総
          会において全ての事項について議決権を行使することができるときはその発行時より、(ii)定時株主総会に第
          一種優先配当金の額全部(第一種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける
          旨の議案が提出されないときはその定時株主総会より、(iii)第一種優先配当金の額全部(第一種優先中間配
          当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の議案が定時株主総会において否決された
          ときはその定時株主総会の終結の時より、第一種優先配当金の額全部(第一種優先中間配当金を支払ったとき
          は、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の決議がなされる時までの間は、全ての事項について株主総会
          において議決権を行使することができる。
         (8)  普通株式を対価とする取得請求権
          ① 取得請求権
            第一種優先株主は、下記②に定める取得を請求することのできる期間中、当社に対して自己の有する第一
           種優先株式を取得することを請求することができる。かかる取得の請求があった場合、当社は、第一種優先
           株主がかかる取得の請求をした第一種優先株式を取得するのと引換えに、下記③に定める財産を当該第一種
           優先株主に対して交付するものとする。ただし、単元未満株式については、本(8)に規定する取得の請求を
           することができないものとする。
                                 16/42


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
          ② 取得を請求することのできる期間
            当社設立の日より2024年9月30日まで(以下「取得請求期間」という。)とする。
          ③ 取得と引換えに交付すべき財産
            当社は、第一種優先株式の取得と引換えに、第一種優先株主が取得の請求をした第一種優先株式数に
           5,000円を0.7で除した金額(ただし、第一種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合ま
           たはこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)を乗じた額を下記④ないし⑧に定める取得
           価額で除した数の普通株式を交付する。なお、第一種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に
           1株に満たない端数があるときは、会社法第167条第3項に従ってこれを取り扱う。
          ④ 当初取得価額
            当初取得価額は、当社設立の日の時価とする。当社設立の日の時価とは、2018年3月の第3金曜日(当日
           を含む。以下「当初取得価額決定日」という。)までの直近の5連続取引日の株式会社東京証券取引所にお
           ける株式会社第三銀行の普通株式の毎日の終値(気配表示を含む。以下「終値」という。)の平均値(ただ
           し、終値のない日を除き、当初取得価額決定日が取引日ではない場合は、当初取得価額決定日の直前の取引
           日までの5連続取引日とする。)に相当する金額を0.7で除した金額(円位未満小数第1位まで算出し、そ
           の小数第1位を切捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、取得価額が下記⑦に定める下限取得価額
           を下回る場合は、下限取得価額とする。
          ⑤ 取得価額の修正
            取得請求期間において、毎月第3金曜日(以下「決定日」という。)の翌日以降、取得価額は、決定日ま
           で(当日を含む。)の直近の5連続取引日(ただし、終値のない日は除き、決定日が取引日ではない場合
           は、決定日の直前の取引日までの5連続取引日とする。)の当社の普通株式の毎日の終値の平均値に相当す
           る金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨てる。)に修正される。ただし、かかる計
           算の結果、修正後取得価額が下記⑦に定める下限取得価額を下回る場合は、修正後取得価額は下限取得価額
           とする。なお、上記5連続取引日の初日以降決定日まで(当日を含む。)の間に、下記⑧に定める取得価額
           の調整事由が生じた場合、修正後取得価額は、取締役会が適当と判断する金額に調整される。
          ⑥ 上限取得価額
            取得価額には上限を設けない。
          ⑦ 下限取得価額
            1,005円を0.7で除した金額(ただし、下記⑧による調整を受ける。)。
          ⑧ 取得価額の調整
          イ.第一種優先株式の発行後、次の                 (i)ないし     (ⅵ)のいずれかに該当する場合には、取得価額(下限取得価額
             を含む。)を次に定める算式(以下「取得価額調整式」という。)により調整する(以下、調整後の取
             得価額を「調整後取得価額」という。)。取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで
             算出し、その小数第1位を切捨てる。
                                               ×
                                       交付普通株式数           1株当たりの払込金額
                              既発行
                                    +
                             普通株式数
             調整後         調整前
                                               時価
                  =         ×
            取得価額         取得価額
                                  既発行普通株式数  +  交付普通株式数
           (i)取得価額調整式に使用する時価(下記ハ.に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもって普通株
             式を発行または自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含む。)(ただし、当社
             の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予約権付社債に付されたも
             のを含む。以下本⑧において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権付株式等」という。)、または
             当社の普通株式の交付と引換えに当社が取得することができる取得条項付株式もしくは取得条項付新株
             予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)が取得または行使され、これに対して普通
             株式が交付される場合を除く。)
             調整後取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下同じ。)
             (無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、または株主に募集株式の割当てを受ける権利を与
             えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
          (ii)株式の分割をする場合
             調整後取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日における当社
             の自己株式である普通株式に関して増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみなして取得価
             額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
          (iii)取得価額調整式に使用する時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下、本(iii)、下記(iv)および
             (v)ならびに下記ハ.(iv)において同じ。)をもって当社の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株
             式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
             調整後取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての
             場合はその効力発生日)に、または株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与えるためもし
                                 17/42


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
             くは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等の全部が当初の条件で
             取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、その払
             込 期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、またはその
             基準日の翌日以降、これを適用する。
             上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定しておらず、
             後日一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等を発行した場合
             において、決定された価額が取得価額調整式に使用する時価を下回る場合には、調整後取得価額は、当
             該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確定した条件で取得または行使され
             て普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、当該価額決定日の翌日以降
             これを適用する。
          (iv)当社が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.または下記
             ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる日(以
             下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が取得価額調整式に使用
             する時価を下回る場合
             調整後取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得または行使さ
             れて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、当該修正日の翌日以降こ
             れを適用する。
             なお、かかる取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)ないし(c)の場合に応じて、調整後取得価額を
             適用する日の前日において有効な取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下「調整係数」とい
             う。)を乗じた額を調整前取得価額とみなすものとする。
             (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(iii)または本(iv)による調整が行われてい
              ない場合
              調整係数は1とする。
             (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(iii)または本(iv)による調整が行われてい
              る場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行われている
              場合
              調整係数は1とする。
              ただし、下限取得価額の算定においては、調整係数は、上記(iii)または本(iv)による直前の調整を
              行う前の下限取得価額を当該調整後の下限取得価額で除した割合とする。
             (c)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(iii)または本(iv)による調整が行われてい
              る場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行われていな
              い場合
              調整係数は、上記(iii)または本(iv)による直前の調整を行う前の取得価額を当該調整後の取得価額
              で除した割合とする。
          (v)取得条項付株式等の取得と引換えに取得価額調整式に使用される時価を下回る価額をもって普通株式を交
            付する場合
            調整後取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
            ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(iii)または(iv)による取得価額の調整が行われている
            場合には、調整後取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄化後普通株式数
            (下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限り、当該超過する普
            通株式数が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、取得の直前の既発行普通株式数
            を超えないときは、本(v)による調整は行わない。
          (ⅵ)株式の併合をする場合
             調整後取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少する普通株式数(効力発生日におけ
             る当社の自己株式である普通株式に関して減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示して交付普通
             株式数とみなして取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
          ロ.上記イ.(i)ないし(vi)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換または株式移転等により、取得
             価額(下限取得価額を含む。)の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する取得価額(下限
             取得価額を含む。)に変更される。
          ハ.(i)取得価額調整式に使用する「時価」は、調整後取得価額を適用する日に先立つ5連続取引日の当社の
              普通株式の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とする。ただし、平均値の計算は円位未
              満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨てる。なお、上記5連続取引日の間に、取得価額の
              調整事由が生じた場合、調整後取得価額は、本⑧に準じて調整する。
            (ii)取得価額調整式に使用する「調整前取得価額」は、調整後取得価額を適用する日の前日において有効
              な取得価額とする。
           (iii)取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.(i)ない
              し(iii)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)の、基
                                 18/42

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
              準日がない場合は調整後取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当社の発行済普通株式数(自己株
              式である普通株式の数を除く。)に当該取得価額の調整の前に上記イ.およびロ.に基づき「交付普
              通 株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数(ある取得請求権付株式
              等について上記イ.(iv)(b)または(c)に基づく調整が初めて適用される日(当該日を含む。)から
              は、当該取得請求権付株式等に係る直近の上記イ.(iv)(b)または(c)に基づく調整に先立って適用さ
              れた上記イ.(iii)または(iv)に基づく調整により「交付普通株式数」とみなされた普通株式数は含
              まない。)を加えたものとする。
            (iv)取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(i)の場合には、当該払込金額
              (無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込の場合には適正な評価額)、上記イ.(ii)
              および(vi)の場合には0円、上記イ.(iii)ないし(v)の場合には価額(ただし、(iv)の場合は修正価
              額)とする。
          ニ.上記イ.(iii)ないし(v)および上記ハ.(iv)において「価額」とは、取得請求権付株式等または取得条
             項付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資される
             財産の価額を加えた額とする。)から、その取得または行使に際して当該取得請求権付株式等または取
             得条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得または行
             使に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
          ホ.上記イ.(v)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後取得価額を適用する日の既発行普通株式
             数から、上記ハ.(iii)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普通株式数で
             当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付される普通株式数
             を加えたものとする。
          ヘ.上記イ.(i)ないし(iii)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準日
             以降に開催される当社の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合に
             は、上記イ.(i)ないし(iii)の規定にかかわらず、調整後取得価額は、当該承認決議をした株主総会の
             終結の日の翌日以降にこれを適用する。
          ト.取得価額調整式により算出された調整後取得価額と調整前取得価額との差額が1円未満にとどまるとき
             は、取得価額の調整は、これを行わない。ただし、その後取得価額調整式による取得価額の調整を必要
             とする事由が発生し、取得価額を算出する場合には、取得価額調整式中の調整前取得価額に代えて調整
             前取得価額からこの差額を差し引いた額を使用する。
          ⑨ 合理的な措置
            上記④ないし⑧に定める取得価額(下記(10)②に定める一斉取得価額を含む。以下、本⑨において同
           じ。)は、希薄化防止および異なる種類の株式の株主間の実質的公平の見地から解釈されるものとし、その
           算定が困難となる場合または算定の結果が不合理となる場合には、当社の取締役会は、取得価額の適切な調
           整その他の合理的に必要な措置をとるものとする。
          ⑩ 取得請求受付場所
            東京都中央区日本橋茅場町一丁目2番4号
            日本証券代行株式会社
          ⑪ 取得請求の効力発生
            取得請求の効力は、取得請求に要する書類が上記⑩に記載する取得請求受付場所に到着した時に発生す
           る。
         (9)  金銭を対価とする取得条項
          ① 金銭を対価とする取得条項
            当社は、2019年10月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したときは、
           法令上可能な範囲で、第一種優先株式の全部または一部を取得することができる。ただし、取締役会は、当
           該取締役会の開催日までの30連続取引日(開催日を含む。)の全ての日において当社の普通株式の終値が下
           限取得価額を下回っている場合で、かつ、金融庁の事前承認を得ている場合に限り、取得日を定めることが
           できる。この場合、当社は、かかる第一種優先株式を取得するのと引換えに、下記②に定める財産を第一種
           優先株主に対して交付するものとする。なお、第一種優先株式の一部を取得するときは、按分比例の方法に
           よる。取得日の決定後も上記(8)①に定める取得請求権の行使は妨げられないものとする。
          ② 取得と引換えに交付すべき財産
            当社は、第一種優先株式の取得と引換えに、第一種優先株式1株につき、5,000円を0.7で除した金額(た
           だし、第一種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった
           場合には、適切に調整される。)に経過第一種優先配当金相当額を加えた額の金銭を交付する。なお、本②
           においては、上記(6)②に定める経過第一種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分配が行われる
           日」および「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過第一種優先配当金相当額を計算する。
        (10)   普通株式を対価とする取得条項
          ① 普通株式を対価とする取得条項
                                 19/42


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
            当社は、取得請求期間の末日までに当社に取得されていない第一種優先株式の全てを取得請求期間の末日
           の翌日(以下「一斉取得日」という。)をもって取得する。この場合、当社は、かかる第一種優先株式を取
           得 するのと引換えに、各第一種優先株主に対し、その有する第一種優先株式数に5,000円を0.7で除した金額
           (ただし、第一種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由が
           あった場合には、適切に調整される。)を乗じた額を下記②に定める普通株式の時価(以下「一斉取得価
           額」という。)で除した数の普通株式を交付するものとする。第一種優先株式の取得と引換えに交付すべき
           普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取り扱う。
          ② 一斉取得価額
            一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ45連続取引日目に始まる30連続取引日の当社の普通株式の毎日の終
           値の平均値(終値が算出されない日を除く。)に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数
           第1位を切捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額を下回る場合は、
           一斉取得価額は下限取得価額とする。
        (11)   株式の分割または併合および株式無償割当て
          ① 分割または併合
            当社は、株式の分割または併合を行うときは、普通株式および第一種優先株式の種類ごとに、同時に同一
           の割合で行う。
          ② 株式無償割当て
            当社は、株式無償割り当てを行うときは、普通株式及び第一種優先株式の種類ごとに、当該種類の株式の
           無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (千株)       (千株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                            30,367              10,000               2,500
                       -              -              -
     2018年12月31日
     (注) 発行済株式総数残高のうち、4,200千株は第一種優先株式であります。
                                 20/42








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日である2018年9月30日現在で記載しております。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

                      第一種優先株式
     無議決権株式                                -            (注)1
                           4,200,000
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -
     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                     (自己保有株式)
                                             権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(自己株式等)                                -
                      普通株式           5,100
                                             おける標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                普通株式 25,719,300                  257,193           同上
     単元未満株式                普通株式         443,185         -        1単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                     30,367,585           -              -

     総株主の議決権                     -              257,193            -

     (注) 1 第一種優先株式の内容は、「1 株式等の状況 (1)                              株式の総数等 ②         発行済株式」に記載しております。
        2 上記の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式125,000株が含
         まれております。また、「議決権の数」欄には、株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式に係る議決権の
         数1,250個が含まれております。
        3 上記の「単元未満株式」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が70株及び当社所有の自己株式が
         8株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
       所有者の氏名                                               総数に対する
                    所有者の住所            所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                              所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)
     株式会社三十三フィ
                三重県松阪市京町510番地                    5,100         -      5,100        0.01
     ナンシャルグループ
         計             -             5,100         -      5,100        0.01
     (注) 株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式125,000株は上記自己株式等に含めておりません。
                                 21/42







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        本四半期報告書提出日現在における役員の状況は、以下のとおりであります。
        男性12名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株式数
       役名    職名    氏名      生年月日                               任期
                                       略歴
                                                        (株)
                            1977年4月     株式会社第三銀行入行
                            1998年1月     同行石薬師支店長
                            2000年6月     同行亀山支店長
                            2003年6月     同行総合企画部長
      取締役会長
                            2004年6月     同行執行役員総合企画部長                       普通株式
              岩間 弘      1954年9月13日生                                (注)3
                            2007年6月     同行取締役兼執行役員総合企画部長
                                                          9,150
     (代表取締役)
                            2010年6月     同行常務取締役兼執行役員
                            2012年6月     同行取締役頭取兼執行役員
                            2018年4月     当社代表取締役会長(現職)
                            2018年6月     株式会社第三銀行取締役頭取(現職)
                            1978年4月     株式会社住友銀行(現         株式会社三井住友銀行)
                                 入行
                            2004年4月     株式会社三井住友銀行執行役員
                            2008年4月     同行常務執行役員
      取締役社長
                                                        普通株式
                            2011年4月     同行取締役兼専務執行役員
              渡辺 三憲      1954年11月29日生
                                                    (注)3
                            2013年5月     株式会社三重銀行顧問                        10,300
     (代表取締役)
                            2013年6月     同行副頭取執行役員
                            2013年6月     同行取締役副頭取兼副頭取執行役員
                            2015年4月     同行取締役頭取(現職)
                            2018年4月     当社代表取締役社長(現職)
                            1965年4月     大蔵省入省
                            1984年6月     国際金融局企画課長
                            1985年6月     近畿財務局総務部長
                            1989年7月     青森県副知事
                            1992年6月     関東財務局長
                            1993年7月     公営企業金融公庫理事
                            1997年3月     株式会社第三銀行顧問
                                                        普通株式
       取締役       谷川 憲三      1942年12月13日生                                (注)3
                            1997年6月     同行専務取締役
                                                          9,300
                            2000年6月     同行取締役副頭取
                            2001年6月     同行取締役頭取
                            2008年6月     同行取締役会長
                            2012年5月     同行取締役会長兼頭取
                            2012年6月
                                 同行取締役会長(現職)
                            2018年4月
                                 当社取締役(現職)
                            1973年4月     株式会社住友銀行(現         株式会社三井住友銀行)
                                 入行
                            2002年6月     株式会社三井住友銀行執行役員
                            2004年1月     同行常務執行役員
                            2004年6月     株式会社三井住友フィナンシャルグループ
                                 常務執行役員
                                                        普通株式
       取締役       種橋 潤治      1950年7月22日生        2005年6月     同社取締役                   (注)3
                                                         23,100
                            2006年4月     株式会社三井住友銀行取締役兼専務執行役員
                            2008年5月     株式会社三重銀行顧問
                            2008年6月     同行取締役副頭取兼副頭取執行役員
                            2009年4月     同行取締役頭取
                            2015年4月     同行取締役会長(現職)
                            2018年4月     当社取締役(現職)
                            1978年4月     株式会社第三銀行入行
                            2005年6月     同行リスク管理部長
                            2008年6月     同行営業本部営業企画部長
                            2009年6月     同行執行役員営業本部営業企画部長
                                                        普通株式
                            2010年6月     同行執行役員総合企画部長
       取締役        井口 篤      1955年11月8日生                                (注)3
                                                          6,040
                            2012年6月     同行取締役兼執行役員総合企画部長
                            2013年6月     同行常務取締役兼執行役員
                            2018年4月     当社取締役兼執行役員(現職)
                            2018年6月
                                 株式会社第三銀行取締役兼専務執行役員(現職)
                                 22/42





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
                                                       所有株式数
       役名    職名    氏名      生年月日                               任期
                                       略歴
                                                        (株)
                            1979年4月     株式会社三重銀行入行
                            2003年11月     同行総務部長
                            2007年4月     同行執行役員総務部長
                            2009年4月     同行執行役員人事部長
                            2010年4月     同行常務執行役員人事部長
                                                        普通株式
       取締役       山本 隆司      1957年3月27日生        2012年6月     同行取締役兼常務執行役員人事部長                   (注)3
                                                          5,300
                            2013年4月     同行取締役兼常務執行役員
                            2014年6月     同行常務取締役兼常務執行役員
                            2015年6月     同行取締役兼常務執行役員
                            2016年4月     同行取締役兼専務執行役員(現職)
                            2018年4月     当社取締役兼執行役員(現職)
                            1980年4月     株式会社第三銀行入行
                            1998年1月     同行戸田支店長
                            2001年10月     同行平田駅前支店長
                            2007年6月     同行営業本部営業企画部長
                            2010年6月     同行執行役員システム企画部長
                                                        普通株式
       取締役       藤田 隆弘      1957年9月14日生        2012年6月     同行取締役兼執行役員システム企画部長                   (注)3
                                                          6,110
                            2014年6月     同行取締役兼執行役員事務統括部長
                            2015年6月     同行常務取締役兼執行役員融資本部長
                            2018年4月
                                 当社取締役兼執行役員(現職)
                            2018年6月     株式会社第三銀行取締役兼常務執行役員
                                 融資本部長(現職)
                            1986年4月     株式会社三重銀行入行
                            2011年4月     同行市場金融部長
                            2013年11月     同行総合企画部長
                                                        普通株式
       取締役       堀内 浩樹      1963年11月14日生                                (注)3
                            2014年4月     同行執行役員総合企画部長
                                                          2,100
                            2017年4月
                                 同行常務執行役員総合企画部長(現職)
                            2018年4月
                                 当社取締役兼執行役員(現職)
                            1982年4月     株式会社第三銀行入行
                            2001年10月     同行千里支店長
                            2009年8月     同行桑名支店長
       取締役
                            2013年6月     同行執行役員経営戦略プロジェクトリーダー                       普通株式
              坂本 康隆      1959年4月23日生                                (注)4
                            2014年8月     同行執行役員営業本部副本部長
                                                          3,840
     (監査等委員)
                            2015年6月     同行取締役兼執行役員事務統括部長
                            2016年6月     同行取締役監査部長
                            2018年4月
                                 当社取締役(監査等委員)(現職)
                            1968年4月
                                 富士製鐵株式会社(現         新日鐵住金株式会社)
                                 入社
                            1997年6月
                                 新日本製鐵株式会社(現         新日鐵住金株式会社)
                                 取締役
                            2001年4月
                                 同社常務取締役
       取締役
                                                        普通株式
              藤原 信義      1945年1月22日生                                (注)4
                            2005年4月
                                 同社代表取締役副社長
                                                          1,600
     (監査等委員)
                            2007年6月
                                 山陽特殊製鋼株式会社代表取締役社長
                            2012年6月
                                 株式会社三重銀行社外取締役
                            2012年6月
                                 山陽特殊製鋼株式会社取締役相談役
                            2013年6月
                                 同社相談役
                            2018年4月
                                 当社取締役(監査等委員)(現職)
                            1983年12月
                                 衆議院議員(1996年9月まで、連続4期)
                            1990年2月     厚生政務次官
       取締役                      2000年5月
                                 松阪市長(2003年2月退任)
                                                        普通株式
              野呂 昭彦      1946年8月28日生                                (注)4
                            2003年4月
                                                           70
                                 三重県知事(2011年4月退任)
     (監査等委員)
                            2017年6月
                                 株式会社第三銀行社外取締役(監査等委員)
                            2018年4月
                                 当社取締役(監査等委員)(現職)
                            1984年4月
                                 公認会計士登録(現職)
                            1984年9月
                                 税理士登録(現職)
                            1985年10月
                                 古川典明公認会計士事務所創設(現職)
                            1986年10月
                                 株式会社古川経営総合研究所
       取締役
                                                        普通株式
                                 (現  株式会社ミッドランド経営)
              古川 典明      1954年10月1日生                                (注)4
                                                           800
     (監査等委員)
                                 代表取締役(現職)
                            2012年6月
                                 株式会社三重銀行社外監査役
                            2012年9月
                                 ミッドランド税理士法人代表社員(現職)
                            2018年4月
                                 当社取締役(監査等委員)(現職)
                                                        普通株式
                             合計
                                                         77,710
                                 23/42



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     (注)1 所有株式数は、2018年9月30日現在の所有状況に基づき記載しております。
        2 取締役(監査等委員)藤原信義、野呂昭彦、古川典明は会社法第2条第15号に定める社外取締役でありま
         す。
        3 取締役(監査等委員を除く。)の任期は、当社の設立日である2018年4月2日から、2019年3月期に係る定
         時株主総会の終結の時までであります。
        4   取締役(監査等委員)          の任期は、当社の設立日である2018年4月2日から、2020年3月期に係る定時株主総
         会の終結の時までであります。
        5 当社は監査等委員会設置会社であり、監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 坂本康隆、委員 藤原信義、委員 野呂昭彦、委員 古川典明
        6 当社    は、執行役員制度を導入しております。執行役員(取締役を兼務する執行役員は除く)は次のとおりで
         あります。
                      役名及び職名                      氏名

            執行役員業務統括部長
                                          片岡 新二
            (現 三重銀行 取締役兼専務執行役員)
            執行役員人事総務部長
                                          逵中 敏治
            (現 第三銀行 上席執行役員人事総務部長)
            執行役員リスク統括部長兼コンプライアンス統括部長
                                          東海  悟
            (現 三重銀行 取締役兼常務執行役員)
            執行役員経営企画部長
                                          川瀬 和也
            (現 第三銀行 取締役兼上席執行役員総合企画部長)
                                 24/42













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
       (1982年大蔵省令第10号)に準拠しております。
      2.当社は、2018年4月2日設立のため、前連結会計年度及び前第3四半期連結累計期間に係る記載はしておりませ

       ん。
      3.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自2018年10月1日 至

       2018年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)に係る四半期連結財務諸表
       について、有限責任          あずさ監査法人の四半期レビューを受けております。
                                 25/42
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:百万円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      資産の部
                                        293,497
       現金預け金
                                         1,943
       コールローン及び買入手形
                                           162
       買入金銭債権
                                         1,314
       商品有価証券
                                         2,324
       金銭の信託
                                       ※2 999,399
       有価証券
                                      ※1 2,680,712
       貸出金
                                         6,774
       外国為替
                                         25,003
       リース債権及びリース投資資産
                                         39,848
       その他資産
                                         26,590
       有形固定資産
                                         5,386
       無形固定資産
                                         4,504
       退職給付に係る資産
                                           410
       繰延税金資産
                                         11,109
       支払承諾見返
                                        △ 21,910
       貸倒引当金
                                       4,077,072
       資産の部合計
      負債の部
                                       3,513,181
       預金
                                         79,002
       譲渡性預金
                                         59,142
       債券貸借取引受入担保金
                                        125,751
       借用金
                                            ▶
       外国為替
                                         6,989
       新株予約権付社債
                                         27,390
       その他負債
                                           346
       賞与引当金
                                         1,258
       退職給付に係る負債
                                           128
       役員退職慰労引当金
                                           33
       株式給付引当金
                                           463
       睡眠預金払戻損失引当金
                                           913
       偶発損失引当金
                                         13,580
       繰延税金負債
                                         11,109
       支払承諾
                                       3,839,295
       負債の部合計
      純資産の部
                                         10,000
       資本金
                                         76,792
       資本剰余金
                                        124,114
       利益剰余金
                                         △ 324
       自己株式
                                        210,582
       株主資本合計
                                         21,625
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 184
       繰延ヘッジ損益
                                           795
       退職給付に係る調整累計額
                                         22,236
       その他の包括利益累計額合計
                                         4,958
       非支配株主持分
                                        237,777
       純資産の部合計
                                       4,077,072
      負債及び純資産の部合計
                                 26/42




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
      経常収益                                   51,067
                                         27,939
       資金運用収益
         (うち貸出金利息)                                21,691
         (うち有価証券利息配当金)                                 6,095
                                         10,462
       役務取引等収益
                                           942
       その他業務収益
                                        ※1 11,723
       その他経常収益
                                         44,563
      経常費用
                                         1,116
       資金調達費用
         (うち預金利息)                                  772
                                         3,033
       役務取引等費用
       その他業務費用                                   104
                                         29,109
       営業経費
                                        ※2 11,199
       その他経常費用
                                         6,503
      経常利益
      特別利益                                   46,387
                                           26
       固定資産処分益
                                         46,361
       負ののれん発生益
                                           59
      特別損失
                                           14
       固定資産処分損
                                           45
       減損損失
                                         52,831
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,954
      法人税、住民税及び事業税
                                         △ 192
      法人税等調整額
                                         1,762
      法人税等合計
                                         51,068
      四半期純利益
                                           43
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         51,025
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 27/42









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
                                         51,068
      四半期純利益
                                        △ 4,829
      その他の包括利益
                                        △ 4,949
       その他有価証券評価差額金
                                           144
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 25
       退職給付に係る調整額
                                         46,238
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         46,329
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 90
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 28/42
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
         連結の範囲の重要な変更
          当社設立に伴い、株式会社三重銀行及び株式会社第三銀行が完全子会社となったことから、両行及びその連結
         子会社について、第1四半期連結会計期間から連結の範囲に含めております。この結果、変更後の連結子会社の
         数は13社となりました。
        (追加情報)

        (株式給付信託(BBT)に係る取引)
          当社は、第2四半期連結会計期間より当社の連結子会社である株式会社三重銀行及び株式会社第三銀行(以
         下、これらを総称して「当社グループ内銀行」という。)の取締役(当社グループ内銀行の監査等委員である
         取締役及び社外取締役を除く。)及び執行役員(以下、「取締役等」という。)が当社の中長期的な業績の向
         上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、新たな株式報酬制度「株式給付信託(BB
         T)」(以下、「本制度」という。)を導入しております。
         1.取引の概要
           本制度は、当社グループ内銀行が当社に対して拠出する金銭を原資として、当社が設定する信託を通じて
          当社普通株式が取得され、当社グループ内銀行の取締役等に対して、当社グループ内銀行が定める役員株式
          給付規程に従って、当社普通株式及び当社普通株式を時価で換算した金額相当の金銭が信託を通じて給付さ
          れる株式報酬制度であります。
         2.信託に残存する自社の株式
           信託に残存する当社普通株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、                                            純資産の部
          に自己株式として計上しております。
           当第3四半期連結会計期間末における当該自己株式の                          帳簿価額は311百万円、株式数は134千株でありま
          す。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1.貸出金のうち、リスク管理債権は次のとおりであります。
                             当第3四半期連結会計期間
                              (2018年12月31日)
          破綻先債権額                          4,912百万円
          延滞債権額                         46,277百万円
          3ヵ月以上延滞債権額                           273百万円
          貸出条件緩和債権額                          1,438百万円
          合計額                         52,900百万円
          なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
       ※2.有価証券中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

                当第3四半期連結会計期間
                  (2018年12月31日)
                       36,595百万円
                                 29/42






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
       ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                             当第3四半期連結累計期間
                             (自 2018年4月1日
                              至 2018年12月31日)
          株式等売却益                          1,391百万円
       ※2.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                             当第3四半期連結累計期間
                             (自 2018年4月1日
                              至 2018年12月31日)
          貸倒引当金繰入額                          1,259百万円
          株式等償却                           378百万円
          株式等売却損                           360百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           当第3四半期連結累計期間
                            (自 2018年4月1日
                             至 2018年12月31日)
       減価償却費                            2,437百万円
        (株主資本等関係)

       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
       1.配当金支払額
         当社は、2018年4月2日に共同株式移転により設立された共同持株会社であるため、配当金の支払額は以下の完
        全子会社の定時株主総会において決議された金額及び当社の取締役会において決議された金額であります。
                               1株当たり

                       配当金の総額
                株式の種類                配当額        基準日       効力発生日        配当の原資
                        (百万円)
                                (円)
       (決 議)
                株式会社
                第三銀行           907      50.00    2018年3月31日        2018年6月20日         利益剰余金
     2018年6月19日
                普通株式
     株式会社第三銀行
                株式会社
     定時株主総会
                第三銀行           338      56.40    2018年3月31日        2018年6月20日         利益剰余金
               A種優先株式
     2018年6月20日
                株式会社
     株式会社三重銀行           三重銀行           437      32.50    2018年3月31日        2018年6月21日         利益剰余金
                普通株式
     定時株主総会
               株式会社三十三
               フィナンシャル
                            941      36.00    2018年9月30日        2018年12月7日         利益剰余金
     2018年11月13日
                グループ
     株式会社三十三
                普通株式
               株式会社三十三
     フィナンシャル
               フィナンシャル
     グループ取締役会
                                 40.5715
                            170          2018年9月30日        2018年12月7日         利益剰余金
                グループ
               第一種優先株式
     (注)   2018年11月13日取締役会決議による普通株式の配当金の総額には、株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式に
       対する配当金4百万円が含まれております。
                                 30/42




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の金額の著しい変動

                            資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計

     当期首残高(百万円)                        15,295       11,256       75,884         -    102,437

     当第3四半期連結会計期間末までの
     変動額(累計)
      株式移転による変動(注)                       △5,295       65,536                    60,240
      剰余金の配当                                    △2,795              △2,795

      親会社株主に帰属する四半期純利益(累計)                                     51,025              51,025

      自己株式の取得                                            △325       △325

      自己株式の処分                                △0               0       0

     当第3四半期連結会計期間末までの
                             △5,295       65,535       48,229       △324      108,145
     変動額(累計)合計
     当第3四半期連結会計期間末残高(百万円)                        10,000       76,792      124,114        △324      210,582
     (注) 2018年4月2日に株式会社三重銀行と株式会社第三銀行の共同株式移転により、当社が設立されたことによる
        増減であります。
                                 31/42











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
       1.報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント                               四半期
                                                       連結損益
                                       その他      合計     調整額
                                                        計算書
                      銀行業     リース業       計
                                                        計上額
     経常収益

                      42,656      9,465     52,121      1,410     53,532     △ 2,465     51,067
      外部顧客に対する経常収益
                        563      377      941     4,145      5,086     △ 5,086       -
      セグメント間の内部経常収益
                      43,220      9,843     53,063      5,556     58,619     △ 7,552     51,067

            計
                       8,186       207     8,394      2,690     11,084     △ 4,581      6,503
     セグメント利益
      (注)1 一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
         2 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業、信用保
          証業を含んでおります。
         3 外部顧客に対する経常収益の調整額△2,465百万円は、パーチェス法に伴う経常収益調整額であります。
         4 セグメント利益の調整額△4,581百万円は、パーチェス法に伴う利益調整額△2,124百万円及びセグメント間
          取引消去等であります。
         5 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (重要な負ののれん発生益)

          銀行業等のセグメントにおいて、2018年4月2日付で株式会社三重銀行と株式会社第三銀行の経営統合を行っ
         たことにより、負ののれん発生益を計上しております。
          なお、当該事象による負ののれん発生益の計上額は、46,361百万円であります。
                                 32/42










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (金融商品関係)
        企業集団の事業の運営において重要なものであるため記載しております。
        当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
                           四半期連結貸借対照表
               科目                         時価(百万円)           差額(百万円)
                            計上額(百万円)
     現金預け金                            293,497           293,497              -
                                 992,304           992,355              51
     有価証券
     貸出金                           2,680,712

                                 △19,376
      貸倒引当金
                                2,661,335           2,671,498             10,162

     資産計                           3,947,138           3,957,352             10,213

     預金                           3,513,181           3,513,255               73

     譲渡性預金                            79,002           79,002             -
     債券貸借取引受入担保金                            59,142           59,142             -

     借用金                            125,751           125,476            △274
     負債計                           3,777,077           3,776,876             △201

     デリバティブ取引

      ヘッジ会計が適用されていないもの                            4,524           4,524             -
      ヘッジ会計が適用されているもの                            (263)           (264)            (0)
                                  4,260

     デリバティブ取引計                                        4,260             (0)
      (注)1 現金預け金の時価の算定方法
           満期のない預け金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
          す。満期のある預け金については、約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額と近似しているこ
          とから、当該帳簿価額を時価としております。
         2 有価証券の時価の算定方法
           株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格等によっております。投資
          信託は公表されている基準価格によっております。
           自行保証付私募債は、内部格付に基づく区分ごとに、キャッシュ・フローを同様の取引を行った場合に想定
          される利率及び保証料率で割り引くこともしくは、キャッシュ・フローから、信用リスクを控除したものを市
          場金利で割り引くことにより時価を算出する方式にて現在価値を算定しております。
           なお、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については「(有価証券関係)」に記載しております。
         3 貸出金の時価の算定方法
           貸出金のうち変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく
          異なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。固定金
          利によるものは、貸出金の種類及び内部格付、期間に基づく区分ごとに、キャッシュ・フローを同様の新規貸
          出を行った場合に想定される利率で割り引くこともしくは、キャッシュ・フローから、信用リスクを控除した
          もの(但し、固定金利によるもののうち、住宅ローン等の消費者ローンについては、ローンの種類及び期間に
          基づく区分ごとに、元利金の合計額を同様の新規貸出を行った場合に想定される利率で割り引く)を市場金利
          で割り引くことにより時価を算定しております。なお、約定期間が短期間(1年以内)のものは、時価は帳簿
          価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
           また、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、見積将来キャッシュ・フローの現在
          価値又は担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は四半期連結決算
          日における四半期連結貸借対照表上の債権等計上額から貸倒引当金計上額を控除した金額に近似しており、当
          該価額を時価としております。
           貸出金のうち、当該貸出を担保資産の範囲内に限るなどの特性により、返済期限を設けていないものについ
          ては、返済見込み期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額と近似しているものと想定されるため、帳簿価額
          を時価としております。
                                 33/42


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
         4 預金及び譲渡性預金の時価の算定方法
           要求払預金については、四半期連結決算日に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価とみなしておりま
          す。また、定期預金の時価は、一定の種類及び期間ごとに区分して、将来のキャッシュ・フローを割り引いて
          現在価値を算定しております。その割引率は、新規に預金を受け入れる際に使用する利率を基礎として用いて
          おります。なお、預入期間が短期間(1年以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳
          簿価額を時価としております。
         5 債券貸借取引受入担保金の時価の算定方法
           債券貸借取引受入担保金については、約定期間が短期間(1年以内)のものであり、時価は帳簿価額と近似
          していることから、当該帳簿価額を時価としております。
         6 借用金の時価の算定方法
           借用金のうち、約定期間が短期間(1年以内)のもの、又は変動金利によるものは、短期間で市場金利を反
          映し、また、当社及び連結子会社の信用状態は実行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似
          していると考えられるため、当該帳簿価額を時価としております。約定期間が長期間(1年超)で固定金利に
          よるものは、一定の期間ごとに区分した当該借用金の元利金の合計額を同様の借入において想定される利率で
          割り引いて現在価値を算定しております。
         7 デリバティブ取引
           デリバティブ取引は、金利関連取引(金利スワップ・金利オプション)及び通貨関連取引(通貨スワップ・
          為替予約・通貨オプション)であり、割引現在価値、オプション価格計算モデル、取引先金融機関等から提示
          された価格等に基づき算出した価額によっております。
                                 34/42














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (有価証券関係)
        企業集団の事業の運営において重要なものであるため記載しております。
        1.満期保有目的の債券
         当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
                           四半期連結貸借対照表

                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                            計上額(百万円)
     国債                               -           -           -
     地方債                               -           -           -
     短期社債                               -           -           -

     社債                               -           -           -

     その他                             5,000           5,051             51

      外国債券                            5,000           5,051             51

      その他                              -           -           -

              合  計                     5,000           5,051             51

        2.その他有価証券

         当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
                                      四半期連結貸借対照表

                           取得原価(百万円)                        差額(百万円)
                                       計上額(百万円)
     株式                             56,836           83,871           27,034
     債券                            543,019           545,742            2,722

      国債                           227,445           228,516            1,071

      地方債                           158,335           159,136             800

      短期社債                              -           -           -

      社債                           157,238           158,089             850

     その他                            356,036           357,691            1,655

      外国債券                           203,526           206,069            2,543
      その他                           152,509           151,621            △888

              合  計                    955,892           987,304            31,412

      (注) その他有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回
         復する見込みがあると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額とするとと
         もに、評価差額を当第3四半期連結累計期間の損失として処理(以下、「減損処理」という。)しております。
          当第3四半期連結累計期間における減損処理額は、378百万円(株式)であります。
          また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、以下のとおりであります。
          時価のあるものについては、時価が取得原価に比べて、30%以上下落したものを「著しく下落した」とし、そ
         のうち50%以上下落したものは原則全額、30%以上50%未満下落したものは、回復可能性があると認められるも
         の以外について減損処理を行っております。市場価格のない株式については、当該株式の発行会社の財政状態の
         悪化により実質価額が著しく低下したときは、原則実質価額まで減損処理を行っております。
                                 35/42




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (デリバティブ取引関係)
        企業集団の事業の運営において重要なものであるため記載しております。
        (1)金利関連取引
         当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
       区分           種類         契約額等(百万円)            時価(百万円)          評価損益(百万円)

             金利先物                        -           -           -
      金融商品
       取引所
             金利オプション                        -           -           -
             金利先渡契約                        -           -           -
             金利スワップ                     268,559            2,710           2,710
       店頭
             金利オプション                       100            0           0
             その他                        -           -           -
              合  計                 ――――               2,710           2,710
      (注) 上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
          なお、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業
         種別監査委員会報告第24号 2002年2月13日)等に基づきヘッジ会計を適用しているデリバティブ取引は、上記
         記載から除いております。
        (2)通貨関連取引

         当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
       区分           種類         契約額等(百万円)            時価(百万円)          評価損益(百万円)

             通貨先物                        -           -           -
      金融商品
       取引所
             通貨オプション                        -           -           -
             通貨スワップ                     287,613            1,022           1,022
             為替予約                      54,464             791           791
       店頭
             通貨オプション                       914            0           9
             その他                        -           -           -
              合  計                 ――――               1,813           1,823
      (注) 上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
          なお、「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会
         業種別監査委員会報告第25号 2002年7月29日)等に基づきヘッジ会計を適用している通貨スワップ取引等につ
         いては、上記記載から除いております。
        (3)株式関連取引

          該当事項はありません。
        (4)債券関連取引

          該当事項はありません。
        (5)商品関連取引

          該当事項はありません。
        (6)クレジット・デリバティブ取引

          該当事項はありません。
                                 36/42




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
        当社は2018年4月2日に株式会社三重銀行(以下、「三重銀行」という。)と株式会社第三銀行(以下、「第三銀

       行」という。)の共同株式移転により設立されました。株式移転の会計処理では、三重銀行を取得企業、第三銀行を
       被取得企業とする企業結合に関する会計基準に定めるパーチェス法を適用しております。
       1.企業結合の概要

       (1)  被取得企業の名称及び事業の内容
         第三銀行 銀行業
       (2)  企業結合を行った主な理由
         両行は、三重県に本店を置く地域金融機関としての社会的使命を果たすことで、地域の皆様の厚いご愛顧の
        下、確固たる営業基盤と安定的な収益基盤を構築してまいりました。しかし、近年、人口減少や高齢化の進展等
        社会の構造的な問題が及ぼす地域経済への影響の増大に加え、FinTech等の技術革新を通じた異業種からの金融分
        野への進出による新たな金融競争の発生、市場金利の低下等の金融環境変化がもたらす金融機関同士の競争激化
        等、地域金融機関の経営環境は大きく変化してきており、こうした環境変化への対応力がこれまで以上に求めら
        れているものと認識しております。
         こうした環境変化の中、両行は、地域金融機関として地域経済の発展・成長に向けて持続的に貢献していくた
        めには、三重県、愛知県及び近接地域におけるプレゼンスをこれまで以上に発揮できる強固な経営基盤を確立
        し、将来を見据えた新たなビジネスモデルを確立していく必要があると判断しました。両行は、2017年2月28日
        に両行間で締結した基本合意書に基づき、2018年4月2日を目処に共同株式移転の方式により共同持株会社を設
        立し経営統合を行うことに向け、協議・検討を進めてまいりましたが、2017年9月15日、両行が「対等の精神」
        において経営統合を行うことについて最終的な合意に至りました。
       (3)  企業結合日
         2018年4月2日
       (4)  企業結合の法的形式
         株式移転による共同持株会社の設立
       (5)  結合後企業の名称
         株式会社三十三フィナンシャルグループ(以下、「三十三フィナンシャルグループ」という。)
       (6)  取得した議決権比率
         100%
       (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
         企業結合に関する会計基準上の取得決定要素に基づいております。
       2.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

         2018年4月1日から2018年12月31日
       3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

        取得の対価        企業結合日に交付した三十三フィナンシャルグループの普通株式                                     30,240百万円
                企業結合日に交付した          三十三フィナンシャルグループ              の第一種優先株式             30,000百万円
        取得原価                                             60,240百万円
                                 37/42






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
       4.株式の種類別の移転比率及びその算定方法並びに交付株式数

       (1)  株式の種類別の移転比率
        ① 三重銀行の普通株式1株に対し、                  三十三フィナンシャルグループ              の普通株式1株
        ② 第三銀行の普通株式1株に対し、                  三十三フィナンシャルグループ              の普通株式0.7株
        ③ 第三銀行のA種優先株式1株に対し、                    三十三フィナンシャルグループ              の第一種優先株式0.7株
       (2)  算定方法
         三重銀行はSMBC日興証券株式会社を、第三銀行はみずほ証券株式会社を、第三者算定機関としてそれぞれ
        選定しております。
         これらの第三者算定機関による算定・分析結果を踏まえて、両行間で慎重に交渉・協議を重ねた結果、株式移
        転比率を決定し、合意いたしました。
       (3)  交付株式数
        ① 普通株式:        26,167,585株
        ② 第一種優先株式:           4,200,000株
       5.主要な取得関連費用の内容及び金額

        アドバイザリー費用等  275百万円
       6.負ののれん発生益の金額及び発生原因

       (1)  負ののれん発生益の金額
         46,361百万円
       (2)  発生原因
         取得原価が受け入れた資産及び引き受けた負債に配分された純額を下回ったため、その差額を負ののれん発生
        益として認識しております。
       7.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

       (1)  資産の額
         資産合計                   2,034,893百万円
          うち貸出金                   1,273,240     百万円
          うち有価証券                    568,744    百万円
          うち貸倒引当金                    △8,870    百万円
       (2)  負債の額
         負債合計                   1,923,592     百万円
          うち預金                   1,805,951     百万円
                                 38/42









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、次
       のとおりであります。
                                  当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2018年4月1日
                                   至 2018年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益

                             円              1,947.63
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益                      百万円                51,025

      普通株主に帰属しない金額                      百万円                 170

       うち中間優先配当額                     百万円                 170

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                            百万円                50,854
      四半期純利益
      普通株式の期中平均株式数                      千株               26,111
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                             円              1,199.77
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                      百万円                 170

       うち中間優先配当額                     百万円                 170

      普通株式増加数                      千株               16,417

       うち優先株式                     千株               14,042

       うち新株予約権付社債                     千株                2,375

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
      後1株当たり四半期純利益の算定に含めな
                                       -
      かった潜在株式で、前連結会計年度末から
      重要な変動があったものの概要
      (注) 株主資本において自己株式として計上されている株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式は、1株当たり四
        半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定において、控除する自己株式に含めております。
         1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平
        均株式数は52千株であります。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 39/42






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       中間配当
        2018年11月13日開催の取締役会において、第1期の中間配当につき次のとおり決議致しました。
       (1)  普通株式

       ① 中間配当金の総額                       941百万円
       ② 1株当たり中間配当金                       36円00銭
       ③ 支払請求の効力発生日及び支払開始日                       2018年12月7日
       (2)  第一種優先株式

       ① 中間配当金の総額                       170百万円
       ② 1株当たり中間配当金                       40円57銭1厘5毛
       ③ 支払請求の効力発生日及び支払開始日                       2018年12月7日
       (注) 2018年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主又は登録株式質権者に対し、配当を行っております。
                                 40/42
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 41/42




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社三十三フィナンシャルグループ(E33693)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株  式  会  社  三  十  三  フ  ィ  ナ  ン  シ  ャ  ル  グ  ル  ー  プ
      取  締  役  会 御    中
                             有  限  責  任 あ    ず  さ  監  査  法  人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士       中 村 哲 也  ㊞
                                業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士       鬼 頭 潤 子  ㊞
                                業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士       池 ヶ 谷 正  ㊞
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社三十三

     フィナンシャルグループの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10
     月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期
     連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
     四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社三十三フィナンシャルグループ及び連結子会社の2018年12月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      ※1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書

        提出会社)が別途保管しております。
      ※2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 42/42



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。