株式会社カチタス 四半期報告書 第41期第3四半期(平成30年4月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第41期第3四半期(平成30年4月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社カチタス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第41期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社カチタス
      【英訳名】                    KATITAS    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  新井 健資
      【本店の所在の場所】                    群馬県桐生市美原町4番2号
      【電話番号】                    0277-43-1033
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長兼総務部長  横田 和仁
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区新川一丁目18番3号 新川中埜THビル4階
      【電話番号】                    03-5542-3882
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長兼総務部長  横田 和仁
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第40期           第41期
               回次               第3四半期           第3四半期            第40期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                     (百万円)             51,886           61,213           69,202
     売上高
                     (百万円)              5,140           7,057           6,789
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                     (百万円)              3,442           4,787           4,548
     四半期(当期)純利益
                     (百万円)              3,442           4,787           4,548
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             13,914           17,989           15,370
     純資産額
                     (百万円)             37,069           42,607           38,365
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)             94.09           127.61           123.84
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             93.72           122.93           122.07
     四半期(当期)純利益
                      (%)             37.3           42.1           39.9
     自己資本比率
                               第40期           第41期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自2017年10月1日           自2018年10月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日
                                   33.23           47.31
     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.  当社は2017年12月12日に東京証券取引所市場第一部に上場したため、第40期連結会計年度の潜在株式調整後
           1株当たり当期純利益については、新規上場日から第40期連結会計年度末までの平均株価を期中平均株価と
           みなして算定しております。
         4.  当社は2017年12月12日に東京証券取引所市場第一部に上場したため、第40期第3四半期連結累計期間の潜在
           株式調整後1株当たり四半期純利益については、新規上場日から第40期第3四半期連結会計期間末までの平
           均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
         5.  当社は、2017年8月22日開催の取締役会決議により、2017年9月22日付で普通株式1株につき30株の割合で
           株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期
           (当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生はありません。また、前事業年度の有価証券報
       告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況
       ①  経営成績
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、                         企業収益が堅調な水準を持続することで雇用・所得環境も改
        善傾向となり、個人消費も緩やかな回復基調で推移いたしました。
         このような市場環境の中、当社グループの中古住宅再生事業におきましては、前連結会計年度から引き続き、イ
        ンターネット広告の強化によるリフォーム中契約の促進や、不動産仲介会社との販売面での協力体制構築により、
        当第3四半期連結累計期間の販売件数は4,025件(前年同四半期比12.1%増)となりました。
         利益面においては、仕入前の当社営業担当、リフォーム協力会社及び白蟻調査会社を交えた三者立会いの徹底に
        より、仕入後に発生が見込まれるリフォーム金額を考慮した仕入を行ってまいりました。並びに、リフォーム中契
        約を推進し、初回売出価格で販売されることで値引きによる利益減少が抑える取り組み等、1物件当たりの利益を
        向上させる施策を継続的に行ってまいりました。また、自社ホームページおよび不動産ポータルサイトでのオープ
        ンハウス告知といったWEB販促活動を促進して、折込チラシ広告を削減する等のコスト削減を継続的に行ってま
        いりました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績については、売上高は                                   61,213百万円      (前年同四半期比18.0%
        増)、   営業利益は7,217百万円           (前年同四半期比27.5%増)、               経常利益は7,057百万円           (前年同四半期比37.3%
        増)、   親会社株主に帰属する四半期純利益は4,787百万円                       (前年同四半期比39.1%増)となりました。また、                        調整
        後営業利益は7,217百万円(前年同四半期比26.6%増)、EBITDAは7,411百万円(前年同四半期比26.5%増)、                                                   調整
        後EBITDAは7,411百万円           (前年同四半期比25.7%増)              、調整後親会社株主に帰属する四半期純利益は4,787百万円
        (前年同四半期比30.0%増)             となりました。
         なお、当社グループは中古住宅再生事業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業については量的重要
        性が乏しいため、記載を省略しております。
       ②  財政状態
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
        会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っており
        ます。
        a. 流動資産
         当第3四半期連結会計期間末における流動資産は、                         40,336百万円      となり、前連結会計年度末の36,037百万円から
        4,298百万円の増加となりました。これは主に、現金及び預金が                             211百万円     、販売用不動産及び仕掛販売用不動産が
        4,331百万円それぞれ増加したことによります。
        b. 固定資産
         当第3四半期連結会計期間末における固定資産は、                         2,271百万円      となり、前連結会計年度末の2,328百万円から57
        百万円の減少となりました。これは主に、有形固定資産が                           0百万円    、投資その他の資産が103百万円それぞれ増加
        した一方、無形固定資産が            161百万円     減少したことによります。
        c. 流動負債
         当第3四半期連結会計期間末における流動負債は、                         11,170百万円      となり、前連結会計年度末の             9,191百万円      から
        1,979百万円の増加         となりました。これは主に、短期借入金が                    2,000百万円      、未払法人税等が        30百万円    それぞれ増加
        した一方、買掛金が         61百万円    減少したことによります。
        d. 固定負債
         当第3四半期連結会計期間末における固定負債は、                         13,447百万円      となり、前連結会計年度末の             13,803百万円      から
        356百万円の減少        となりました。これは主に、役員退職慰労引当金が                        22百万円    増加した一方、長期借入金が             375百万
        円 減少したことによります。
        e. 純資産
         当第3四半期連結会計期間末における純資産は、                        17,989百万円      となり、前連結会計年度末の             15,370百万円      から
        2,618百万円の増加         となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益を                               4,787百万円      計上した一方、
        剰余金の配当1,950百万円を行ったことによります。この結果、自己資本比率は42.1%となりました。
                                  3/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
       (2)経営方針・経営戦略等
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略について重要な変更はあり
        ません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
       (参考情報)

         当  社グループは、経営成績の推移を把握するために、以下の算式により算出された(1)調整後営業利益、(2)
        EBITDA及び調整後EBITDA、(3)親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益及び調整後親会社株主に帰属する四半
        期(当期)純利益を重要な経営指標として位置づけており、各指標の推移は以下のとおりであります。
        (1)調整後営業利益

                                                    (単位:百万円)
                              2018年3月期           2019年3月期
                                                    2018年3月期
                             第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
     営業利益                              5,662           7,217           7,374
     (調整額)
      +リプライス在庫の評価替による
                                     14           -           19
       売上原価の増加(注5)
      +上場関連費用(注6)                                22           -           96
                                     37           -          115
     調整額小計
     調整後営業利益(注1)                              5,699           7,217           7,489
                                   11.0%           11.8%           10.8%
      対売上高比率
        (2)EBITDA及び調整後EBITDA

                                                    (単位:百万円)
                              2018年3月期           2019年3月期
                                                    2018年3月期
                             第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                                    5,662           7,217           7,374
     営業利益
                                     46           45           62
      +減価償却費
                                     148           148           198
      +のれん償却額
     EBITDA(注2)                              5,857           7,411           7,635
                                   11.3%           12.1%           11.0%
      対売上高比率
     (調整額)
      +リプライス在庫の評価替による
                                     14           -           19
       売上原価の増加(注5)
      +上場関連費用(注6)                                22           -           96
                                     37           -          115
     調整額小計
     調整後EBITDA(注3)                              5,895           7,411           7,750
                                   11.4%           12.1%           11.2%
      対売上高比率
                                  4/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
        (3)親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益及び調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益
                                                    (単位:百万円)
                              2018年3月期           2019年3月期
                                                    2018年3月期
                             第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                                    3,442           4,787           4,548
     親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益
     (調整額)
      +リプライス在庫の評価替による
                                     14           -           19
       売上原価の増加(注5)
      +上場関連費用(注6)                               370           -          455
      +リファイナンス関連費用(注7)                                1          -           2
      -保険金戻入金(注8)                               △38            -          △38
     調整額小計(税金等調整前)                               348           -          438
                                     107           -          134
     調整項目の税金調整額
     (適用税率)                              30.7%           30.5%           30.7%
     調整額小計(税金等調整後)                               241           -          304
     調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純
                                    3,683           4,787           4,852
     利益(注4)
                                    7.1%           7.8%           7.0%
      対売上高比率
     調整後1株当たり四半期(当期)純利益(円)
                                   100.70           127.61           132.12
     (注12)
     (注)1.     調整後営業利益=営業利益+リプライス在庫の評価替による売上原価の増加(注5)+上場関連費用(注6)

        2.EBITDA=営業利益+減価償却費+のれん償却費
        3.調整後EBITDA=EBITDA            +リプライス在庫の評価替による売上原価の増加(注5)+上場関連費用(注6)
        4.調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益=親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益                                               +リプライ
          ス在庫の評価替による売上原価の増加(注5)+上場関連費用(注6)+リファイナンス関連費用(注7)-
          保険金戻入金(注8)
        5.リプライスの買収に伴い時価評価を行ったリプライス及び総合都市開発の販売用棚卸資産及び仕掛販売用棚卸
          資産の時価評価差額の金額で、売却に伴い連結決算上で時価評価差額を調整した金額であります。
        6 .上場準備アドバイザリー費用、上場準備に関する外部コンサルタント費用、上場審査に係る費用、英文財務諸
          表作成における監査報酬等の上場関連の一時的な費用であります。なお、営業外費用として計上されている費
          用についてはEBITDAの調整額には含まれておりません。
        7.当社非公開化後に実施したリファイナンスに関連して一時的に発生したアドバイザリー費用及びアレンジメン
          ト費用等であります。なお、営業外費用として計上されている費用についてはEBITDAの調整額には含まれてお
          りません。
        8.リプライスの役員生命保険を解約することによる戻入益であります。なお、特別利益として計上されている利
          益についてはEBITDAの調整額には含まれておりません。
        9.  調整後営業利益、        EBITDA、調整後EBITDA及び調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益は、金融商品
          取引法第193条の2第1項に基づく四半期レビュー及び監査の対象となっておりません。
        10.  調整後営業利益、EBITDA、調整後EBITDA、調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益は、当社グルー
          プが投資家にとって当社グループの業績を評価するために有用であると考える財務指標であります。当該財務
          指標は、上場後には発生しないと見込まれる費用や非経常的損益項目(通常の営業活動の結果を示していると
          考えられない項目、あるいは競合他社に対する当社グループの業績を適切に示さない項目)の影響を除外して
          おります。
        11.調整後営業利益、EBITDA、調整後EBITDA、調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益は、四半期(当
          期)純利益に影響を及ぼす項目の一部を除外しており、分析手段としては重要な制限があることから、同業他
          社の同指標あるいは類似の指標とは算定方法が異なるために、他社における指標とは比較可能でない場合があ
          り、その結果、有用性が減少する可能性があります。
                                  5/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
        12.調整後1株当たり四半期(当期)純利益=調整後親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益÷期中平均株式
          数
        13.当社は、2017年9月22日付で普通株式1株につき30株の割合で株式分割を実施しております。調整後1株当た
          り四半期(当期)純利益につきましては、2018年3月期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、当該株
          式分割後の期中平均株式数により算定しております。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/18


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  160,000,000
        普通株式
                                                  160,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所           単元株式数
                    39,325,320            39,325,320
     普通株式
                                          市場第一部          100株
                    39,325,320            39,325,320           -           -
         計
      (注)普通株式は完全議決権株式であり、株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式であります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総                             資本準備金増
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                  数増減数                             減額
         年月日
                         数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                   (株)                            (百万円)
     2018年10月1日~
                       -   39,325,320           -      3,778         -      3,640
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式  1,668,900                 -            -

     完全議決権株式(その他)                   普通株式       37,650,500              376,505          -

                        普通株式    5,920                 -            -

     単元未満株式
                             39,325,320            -            -
     発行済株式総数
                             -              376,505          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                     に対する所有株
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                                 1,668,900           -    1,668,900         4.24

      株式会社カチタス          群馬県桐生市美原町4番2号
                       -          1,668,900           -    1,668,900         4.24
          計
      (注)1.上記の他、単元未満株式が60株あります。なお、当該株式は上記「①発行済株式」の「単元未満株式」の欄
           に含まれております。
         2.2018年11月6日開催の臨時取締役会の決議に基づき、当第3四半期会計期間において自己株式150,000株を
           取得いたしました。また、当第3四半期会計期間でストック・オプションの権利行使172,080株があり、こ
           の結果、当第3四半期会計期間末における自己株式が1,646,880株となっております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、      有限責任監査法人トーマツ            による四半期レビューを受けております。
                                  9/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,063              4,275
         現金及び預金
                                         21,154              23,624
         販売用不動産
                                         9,900              11,762
         仕掛販売用不動産
                                           920              675
         その他
                                           △ 2             △ 1
         貸倒引当金
                                         36,037              40,336
         流動資産合計
       固定資産
                                           752              752
         有形固定資産
         無形固定資産
                                           991              843
          のれん
                                           50              37
          その他
                                         1,042               880
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           550              652
          その他
                                          △ 16             △ 14
          貸倒引当金
                                           534              638
          投資その他の資産合計
                                         2,328              2,271
         固定資産合計
                                         38,365              42,607
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         2,498              2,437
         買掛金
                                         ※ 3,000              ※ 5,000
         短期借入金
                                           750              750
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,242              1,273
         未払法人税等
                                           106               31
         賞与引当金
                                           245              268
         工事保証引当金
                                           -               3
         訴訟損失引当金
                                           -               3
         災害損失引当金
                                         1,347              1,402
         その他
                                         9,191              11,170
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                13,724              13,349
                                           36              59
         役員退職慰労引当金
                                           42              38
         その他
                                         13,803              13,447
         固定負債合計
                                         22,995              24,617
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,778              3,778
         資本金
                                         3,640              3,640
         資本剰余金
                                         9,392              12,114
         利益剰余金
                                        △ 1,490             △ 1,609
         自己株式
                                         15,321              17,924
         株主資本合計
                                           49              65
       新株予約権
                                         15,370              17,989
       純資産合計
                                         38,365              42,607
      負債純資産合計
                                 10/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         51,886              61,213
      売上高
                                         39,958              47,194
      売上原価
                                         11,928              14,018
      売上総利益
                                         6,265              6,801
      販売費及び一般管理費
                                         5,662              7,217
      営業利益
      営業外収益
                                            8              8
       受取手数料
                                            7              10
       受取保険金
                                            5              8
       その他
                                           21              27
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           134              145
       支払利息
                                           352               -
       株式公開費用
                                           56              41
       その他
                                           543              186
       営業外費用合計
                                         5,140              7,057
      経常利益
      特別利益
                                            ▶              0
       固定資産売却益
                                           11              -
       出資金譲渡益
                                           38              -
       保険解約返戻金
                                           53               0
       特別利益合計
      特別損失
                                            1              ▶
       固定資産除却損
                                           -              16
       災害による損失
                                            1              20
       特別損失合計
                                         5,192              7,037
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,629              2,330
                                           121              △ 79
      法人税等調整額
                                         1,750              2,250
      法人税等合計
                                         3,442              4,787
      四半期純利益
                                         3,442              4,787
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         3,442              4,787
      四半期純利益
                                         3,442              4,787
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         3,442              4,787
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
         (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用)
           「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
          号平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)を2018年4月1日から適用し、従業員等に対し
          て権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基
          準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
           ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに
          従っており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与
          した取引については、従来採用していた会計処理を継続しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
         (財務制限条項)

           当社グループと株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行(現 株式会社三菱UFJ銀行)、株式
          会社足利銀行、株式会社静岡銀行、株式会社東京スター銀行及び株式会社りそな銀行は、2016年3月28日付
          で、株式会社みずほ銀行を            アドミニストレーション・エージェント兼セキュリティ・エージェント兼ファシリ
          ティ・エージェント         として、「金銭消費貸借契約」(以下、「原契約」という。)を締結し、その後、2017年
          9月29日付で、原契約の変更契約である「金銭消費貸借契約書に関する第一変更契約書」(以下、「変更契
          約」という。)を締結しております。この契約には下記の財務制限条項が付されております。
          (1)純資産維持
            各決算期末における当社グループ会社の連結ベース及び当社単体ベースでの純資産の部(但し、新株予
           約権、非支配株主持分及び繰延ヘッジ損益を控除し、変更契約所定の配当(当該決算期末までに実行され
           たものに限る。)の合計額を考慮した金額とする。)が、それぞれ直前の各決算期末における当社グルー
           プ会社の連結ベース及び当社単体ベースでの純資産の部の75%以上であること。また、各決算期末におけ
           るリプライスの単体ベースでの純資産の部が、正の値に維持されること。
          (2)利益維持
            各決算期末(いずれも直近12か月)において当社グループ会社の連結ベースで経常損益及び当期損益が
           2期連続して赤字とならないこと。
                                 13/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※   貸出コミットメント契約
           当社と株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行(現 株式会社三菱UFJ銀行)、株式会社足利
          銀行、株式会社静岡銀行、株式会社東京スター銀行及び株式会社りそな銀行は、2016年3月28日付で、株式会
          社みずほ銀行をエージェントとして、「金銭消費貸借契約」を締結し、その後、2017年9月29日付で、原契約
          の変更契約である「金銭消費貸借契約書に関する第一変更契約書」を締結しております。当該契約に基づく                                                  借
          入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
     コミットメントライン    極度額                               7,000百万円                  7,000百万円
     借入実行額                               3,000 〃                  5,000 〃
     差引額                               4,000百万円                  2,000百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
     減価償却費                                 46百万円                  45百万円
     のれんの償却額                                148 〃                  148 〃
                                 14/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
         1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       当額(円)
     2017年6月20日
                         998       821
               普通株式                     2017年3月31日         2017年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           (自己株式の消却)
           ①A種種類株式
             当社は、2017年4月27日開催の取締役会において、当社が保有するA種種類株式を消却することを決議
            し、自己株式の消却を実施いたしました。これにより、資本剰余金及び自己株式がそれぞれ13,125百万円
            減少しております。
             (1) 消却する株式の種類    当社A種種類株式
             (2) 消却する株式の数                               680,000株
             (3) 消却金額                              13,125百万円
             (4) 消却日           2017年4月27日
           ②普通株式
             当社は、2017年10月24日開催の取締役会において、当社が保有する普通株式を消却することを決議し、
            自己株式の消却を実施いたしました。これにより、                        資本剰余金342百万円、利益剰余金1,707百万円及び自
            己株式2,050百万円が減少しております。
             (1) 消却する株式の種類      当社普通株式
             (2) 消却する株式の数                          2,674,680株(消却前の発行済株式総数に対する割合6.4%)
             (3) 消却金額                             2,050百万円
             (4) 消却日           2017年10月31日
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

         1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       当額(円)
     2018年6月26日
                         971        26
               普通株式                     2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年11月13日
                         979        26
               普通株式                     2018年9月30日         2018年11月30日         利益剰余金
     取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                 15/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
            当社グループは、中古住宅再生事業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業については、量的
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

            当社グループは、中古住宅再生事業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業については、量的
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                                  前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                    至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                   94円09銭             127円61銭

      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                    3,442             4,787

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                          3,442             4,787
      (百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 36,582,178             37,516,204
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                   93円72銭             122円93銭

      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                            -             -
      (百万円)
                                         142,512            1,426,450
      普通株式増加数(株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半                                   ―             ―
     期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計年度
     末から重要な変動があったものの概要
      (注)1.当社は、2017年9月22日付で普通株式1株につき30株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期
           純利益を算定しております。
         2.当社は、2017年12月12日に東京証券取引所市場第一部に上場したため、前第3四半期連結累計期間の潜在株
           式調整後1株当たり四半期純利益については、新規上場日から第3四半期連結会計期間末までの平均株価を
           期中平均株価とみなして算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        2018年11月13日開催の臨時取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)配当金の総額・・・・・・・・・・・・・・・・979百万円
        (ロ)1株あたりの金額・・・・・・・・・・・・・・26円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日・・・・・2018年11月30日
        (注)2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
                                 16/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カチタス(E33622)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月8日

     株式会社カチタス
      取締役会 御中
                             有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                中  原      健  印
                             業  務  執  行  社  員
                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                竹  田      裕  印
                             業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社カチタ

     スの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月
     31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社カチタス及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。