MRT株式会社 四半期報告書 第20期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:MRT株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第20期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    MRT株式会社
      【英訳名】                    MRT  Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 馬場 稔正
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区神南一丁目18番2号
      【電話番号】                    03(6415)5295
      【事務連絡者氏名】                    取締役     西岡 哲也
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区神南一丁目18番2号
      【電話番号】                    03(6415)5295
      【事務連絡者氏名】                    取締役     西岡 哲也
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/29













                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第19期           第20期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第19期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                                 1,130,627           1,727,510           1,501,509
     売上収益
                      (千円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 382,119    )       ( 549,543    )
                      (千円)            78,199           275,143            59,817
     税引前四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                  38,045           180,864            31,144
     (当期)利益(△は損失)
                      (千円)
     (第3四半期連結会計期間)                           (△  26,081   )        ( 17,767   )
     親会社の所有者に帰属する四半期
                      (千円)            13,593           174,115            15,755
     (当期)包括利益
                      (千円)           1,453,653           1,636,794           1,455,796
     親会社の所有者に帰属する持分
                      (千円)           2,108,445           2,282,417           2,173,656

     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当期)
                                   7.25           32.03            5.93
     利益(△は損失)
                      (円)
     (第3四半期連結会計期間)                            (△  4.97  )         ( 3.14  )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)             6.66           31.75            5.45
     期)利益
                      (%)             68.9           71.7           67.0
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            136,537            99,652           99,152
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            36,121          △ 83,373          △ 57,491
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 62,048           △ 2,091          △ 65,058
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            961,403           765,064           827,394
     (期末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.上記指標は、国際会計基準(以下、「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に
           基づいております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容の変更及び関係
       会社の異動は、以下のとおりであります。
        連結子会社であった         MRT    NEO株式会社がサービス提供する「医科歯科.com」の運営を合弁先である株式会社
       アイフラッグの関係会社に移管したことにより、当社グループにおける「医科歯科.com」運営への支配が喪失しまし
       た。これにより、        同社を2018年10月1日をもって、               当社の連結子会社から除外し、当社グループは「医科歯科.com」
       から撤退しております。           なお、   MRT    NEO株式会社は、2018年12月1日をもって、医科歯科ドットコム株式会社
       に社名を変更しております。
        また、株式会社マイクロブラッドサイエンスの株式の一部を譲渡し、同社を2018年9月30日をもって、持分法適用
       の範囲から除外しております。
                                  2/29



                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリス
       クについて重要な変更があった事項は、以下のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在(2019年2月12日)において当社グループが判断し
       たものであります。
        2018年10月1日に連結子会社であった                   MRTNEO株式会社がサービス提供する「医科歯科.com」の運営を合弁先
       である株式会社アイフラッグの関係会社に移管したことにより、当社グループにおける「医科歯科.com」運営への支
       配が喪失    したため    、 当社の連結子会社から除外し、当社グループは「医科歯科.com」から撤退しております。                                         これに
       より、前事業年度の有価証券報告書に記載した「                       医科歯科.com      」に係る記載内容は消滅しております。
        2018年9月30日に持分法適用関連会社であった株式会社マイクロブラッドサイエンスについて所有する株式の一部
       を譲渡したことにより、同社を持分法適用の範囲から除外したため、前事業年度の有価証券報告書に記載した「3.
       その他のリスクについて (3)資金調達 ②Initial                        Coin   Offering」は消滅しております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)業績の状況

         当社グループを取り巻く医療・ヘルスケア業界においては、高齢化社会の進行とともに医師や看護師をはじめと
        する医療の担い手不足や地域偏在、そして診療科偏在が課題に挙げられ、医療従事者の需要はますます高まってお
        ります。現在、日本の医療費は、40兆円を超えており、2025年度には約60兆円を見込み、平均寿命の延伸、高齢者
        像の変化などの経済社会を踏まえて、医療費の削減に抜本的改革が求められております。
        政府は、医療・介護分野における最先端技術の活用に取り組んでおり、遠隔診療においては、2018年度の診療報酬
        改定により、オンライン診療に係る管理料が加算され、遠隔診療の普及に向けた取り組みを進めております。ま
        た、政府の成長戦略として、オンライン診療の保険適用となる診療科の見直しや服薬指導を含めたオンラインでの
        実現を検討し、次期以降の診療報酬改定における有効性・安全性を踏まえた評価など、ユーザー目線での取組に重
        点を置いております。
         このような状況のなか、当社グループは、関東、関西エリアを中心に引き続き営業基盤の強化及び医師や看護師
        のネットワークの拡大を図り、非常勤医師紹介件数の増加及び前連結会計年度に連結子会社化した株式会社医師の
        とも及び株式会社CBキャリアによる常勤紹介件数の増加が寄与し、売上収益は順調に推移しました。医療人材
        サービスの新たな取り組みとして、関西エリアで展開する医療従事者の派遣サービスを他のエリアに展開するため
        の体制整備を進めております。
         一方、開業支援、事業承継・M&Aの仲介サービスの強化、女医によるマーケティング、商品開発やメディア掲
        載など医師に向けたサービスの多様化を積極的に進めたことにより、医療人材サービス以外の売上収益は大きく伸
        長しております。
         「遠隔診療ポケットドクター」については、医療機関への販売網の拡大や診療報酬の改定によりサービスの認知
        度は向上しておりますが、制度が導入されて間もないため、オンライン診療が有効に活用されるには当面時間を要
        するものであります。当第3四半期連結会計期間においては、オンラインによる診療等の普及・浸透に向けたサー
        ビス開発を推進しております。
         今後の事業基盤の強化のため、東京、大阪及び福岡のオフィスを拡張並びに増員の結果、売上原価並びに販売費
        及び一般管理費が増加しました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上収益は1,727,510千円(                                    前年同四半期      比52.8%増)、営業

        利益は164,191千円(同68.0%増)、税引前四半期利益は275,143千円(同251.8%増)、親会社の所有者に帰属す
        る四半期利益は180,864千円(同375.4%増)となりました。
         また、売上収益の内訳は、医療人材サービス(医師、その他の医療従事者)1,614,329千円(同49.2%増)、そ
        の他113,180千円(同132.4%増)であります。
                                  3/29




                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態に関する分析
        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における資産合計につきましては、2,282,417千円となり、前連結会計年度末に対
        して108,761千円増加しました。これは、主に連結範囲変更に伴う現金及び現金同等物が62,330千円減少、持分法
        適用関連会社の株式の一部を売却したことにより持分法で会計処理されている投資が102,677千円減少しました
        が、株式売却対価の未回収により流動資産その他の金融資産が50,000千円増加、関連会社であった株式を公正価値
        に評価及び連結範囲変更に伴い連結子会社であった株式を金融資産に計上したこと等により非流動資産その他の金
        融資産が253,644千円増加したことによります。
        (負債)

         当第3四半期連結会計期間末における負債合計につきましては、631,563千円となり、前連結会計年度末に対し
        て40,471千円減少しました。これは、主にその他の流動負債が14,184千円増加しましたが、営業債務及びその他の
        債務が62,587千円減少、未払法人所得税が18,941千円減少したことによります。
        (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における資本合計につきましては、1,650,854千円となり、前連結会計年度末に対
        して149,232千円増加しました。これは、主に支配喪失による連結範囲変更に伴い非支配持分が31,765千円減少し
        ましたが、親会社の所有者に帰属する四半期利益を180,864千円計上したことにより利益剰余金が増加したことに
        よります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、765,064千円と
        なり、前連結会計年度末に対して62,330千円減少しました。
         当第   3 四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第   3 四半期連結累計期間の営業活動の結果得られた資金は                         99,652   千円(前年同四半期比27.0%減)となりまし
        た。これは、主に税引前四半期利益275,143千円、減価償却費及び償却費31,831千円の計上等がありましたが、関
        連会社の株式一部売却等による持分法で会計処理されている投資利益128,727千円の計上、営業債権及びその他の
        債権26,540千円の増加、営業債務及びその他の債務38,783千円の減少、法人所得税の支払額が90,968千円あったこ
        とによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第   3 四半期連結累計期間の投資活動の結果使用した資金は                         83,373   千円(前年同四半期         は 36,121千円の      獲得  )と
        なりました。これは、主にその他の金融資産の償還による収入が50,000千円ありましたが、有形固定資産の取得に
        よる支出が34,531千円、その他の金融資産の取得による支出が90,000千円あったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第   3 四半期連結累計期間の財務活動の結果使用した資金は                         2,091   千円(前年同四半期比96.6%減)となりまし
        た。これは、主に長期借入金の返済による支出が8,973千円ありましたが、新株予約権行使による株式の発行が
        6,935千円あったことによるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/29





                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       (6)主要な設備
         当第3四半期連結累計期間において、新設、休止、大規模改修、除却、売却等により著しい変動があった設備
        は、次のとおりであります。
        (取得)
         提出会社
                                             帳簿価格
        事業所名
                                             工具、器具
                 セグメントの名称           設備の内容
                                     建物                  合計
       (所在地)
                                             及び備品
                                     (千円)                  (千円)
                                              (千円)
      道玄坂オフィス           医療情報プラット
                            業務設備             -       9,176         9,176
      (東京都渋谷区)           フォームの提供
        大阪支社         医療情報プラット

                            業務設備           3,360         6,823        10,183
     (大阪府大阪市北区)            フォームの提供
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/29















                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  14,240,000
        普通株式
                                                  14,240,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない当社における
                                         東京証券取引所
                     5,669,600            5,672,400
     普通株式                                             標準となる株式であ
                                         (マザーズ)
                                                   り、単元株式数は
                                                   100株であります。
                     5,669,600            5,672,400           -           -
         計
      (注)    「提出日現在発行数」欄には、2019年2月1日から本四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
         れた株式数は、含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式        発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金
                                        資本金残高
                  総数増減数        総数残高        増減額              増減額        残高
         年月日
                                         (千円)
                   (株)        (株)       (千円)              (千円)       (千円)
      2018年11月12日~
                      6,800     5,669,600          317     429,932         317     389,932
      2018年12月10日(注)
      (注)新株予約権の行使による増加であります。
                                  6/29







                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式     200                 -            -

     完全議決権株式(その他)                   普通株式         5,660,700              56,607          -

                        普通株式               1,900         -            -

     単元未満株式
                              5,662,800           -            -
     発行済株式総数
                             -               56,607          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
       所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
                   東京都渋谷区神南
          MRT株式会社                        200        -       200       0.00
                    一丁目18番2号
            計           -           200        -       200       0.00
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/29








                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣
       府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称を、EY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                  8/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                           注記
                                 (2018年3月31日)               (2018年12月31日)
     資産
      流動資産
                                                        765,064
       現金及び現金同等物                                  827,394
       営業債権及びその他の債権                                  219,490               212,221
       棚卸資産                                   1,241                 893
                                                         50,000
       その他の金融資産                                    -
                                         43,614               43,396
       その他の流動資産
       流動資産合計                                1,091,740               1,071,576
      非流動資産

       有形固定資産                                  68,085               98,653
                                         434,023
       のれん                                                 434,023
       無形資産                                  79,382               51,762
       持分法で会計処理されている投資                     12             102,677                  -
       その他の金融資産                     7             268,312               521,956
       繰延税金資産                                  95,399               100,481
                                         34,034                3,963
       その他の非流動資産
                                        1,081,915
       非流動資産合計                                                1,210,840
                                        2,173,656               2,282,417
      資産合計
                                  9/29












                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間

                           注記
                                 (2018年3月31日)               (2018年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                                        176,748
        営業債務及びその他の債務                                239,336
        借入金                    7             11,964                5,776
        その他の金融負債                    7             43,343               57,529
        未払法人所得税                                 65,682               46,740
                                                        155,218
                                         141,033
        その他の流動負債
        流動負債合計                                501,360               442,013
       非流動負債

        借入金                    7              7,142               4,357
        その他の金融負債                    7             76,667               77,210
        退職給付に係る負債                                 53,108               59,663
        引当金                                 23,002               37,014
                                         10,754               11,304
        繰延税金負債
        非流動負債合計                                170,674               189,549
       負債合計                                  672,034               631,563
      資本

       資本金                                  426,465               429,932
       資本剰余金                                  377,807               381,950
       利益剰余金                                  648,173               829,038
       自己株式                                   △270               △323
                                          3,620              △3,804
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                        1,455,796               1,636,794
                                         45,825               14,060
       非支配持分
       資本合計                                1,501,621               1,650,854
                                        2,173,656               2,282,417
      負債及び資本合計
                                 10/29









                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                     (単位:千円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                           注記
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     売上収益                       10            1,130,627               1,727,510
                                        △298,035               △475,508
     売上原価
     売上総利益                                    832,591              1,252,001
     販売費及び一般管理費                      8,11
                                        △731,059              △1,089,035
                                           190              1,289
     その他の収益
                                         △3,971                 △64
     その他の費用
     営業利益                                    97,750               164,191
     持分法による投資        損失
                                        △18,986               △17,405
     持分法で会計処理されている投資利益                      7,12                -             128,727
     金融収益                       7               143               506
                                          △708               △876
     金融  費用
     税引前四半期利益                                    78,199               275,143
                                        △41,715               △86,836
     法人所得税費用
                                         36,483               188,306
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   38,045               180,864
                                         △1,561                 7,441
      非支配持分
                                         36,483               188,306
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)
                            13              7.25               32.03
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                            13              6.66               31.75
                                 11/29










                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                     (単位:千円)
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自2017年10月1日               (自2018年10月1日
                           注記
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     売上収益                                    382,119               549,543
                                        △104,942               △164,140
     売上原価
     売上総利益                                    277,176               385,403
     販売費及び一般管理費
                                        △292,388               △367,326
     その他の収益                                      20               117
                                         △3,971                  △0
     その他の費用
     営業利益(△は損失)
                                        △19,163                 18,194
     持分法による投資        損失
                                         △6,879                  -
     金融収益                       7               49                0
                                          △231               △211
     金融  費用
     税引前四半期利益(△は損失)
                                        △26,224                 17,983
                                         △1,282                 △363
     法人所得税費用
                                        △27,507                 17,620
     四半期利益(△は損失)
     四半期利益(△は損失)の帰属

      親会社の所有者                                  △26,081                 17,767
                                         △1,425                 △146
      非支配持分
                                        △27,507                 17,620
      四半期利益(△は損失)
     1株当たり四半期利益(△は損失)

      基本的1株当たり四半期利益
                            13             △4.97                 3.14
      (△は損失)(円)
      希薄化後1株当たり四半期利益
                            13             △4.97                 3.11
      (△は損失)(円)
                                 12/29











                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                     (単位:千円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                           注記
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     四半期利益                                    36,483               188,306
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                        △24,452                △6,748
       定する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                        △24,452                △ 6,748
       合計
      税引後その他の包括利益                                  △24,452                △ 6,748
                                         12,031               181,557
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                   13,593               174,115
                                         △1,561                 7,441
      非支配持分
                                         12,031               181,557
      四半期包括利益
                                 13/29













                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                     (単位:千円)
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自2017年10月1日               (自2018年10月1日
                           注記
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     四半期利益(△は損失)
                                        △27,507                 17,620
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                           -             △8,615
       定する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                           -
                                                        △ 8,615
       合計
                                           -
      税引後その他の包括利益                                                  △ 8,615
                                                         9,005
                                        △27,507
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                  △26,081                 9,152
                                         △1,425                 △146
      非支配持分
                                                         9,005
                                        △27,507
      四半期包括利益
                                 14/29














                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                             親会社の所有者に帰属する持分
                                         その他の          非支配持分      資本合計
                 注記
                    資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式      資本の      合計
                                         構成要素
     2017年4月1日時点の残高               426,075     377,089     533,442      △191    102,924    1,439,340      47,540    1,486,880
     四半期利益                          38,045               38,045     △1,561      36,483
     その他の包括利益                                    △24,452     △24,452          △24,452
      四半期包括利益合計
                               38,045         △24,452      13,593     △1,561      12,031
                       -     -          -
     株式の発行                 360     626               △266      720          720
     企業結合による変動            6                                   5,931     5,931
                                                -
     その他の資本の構成要素から
                               74,413         △74,413
                                                -          -
     利益剰余金への振替
      所有者との取引額合計                360     626    74,413         △74,680       720    5,931     6,651
                                      -
                     426,435     377,716     645,901      △191     3,791   1,453,653      51,909    1,505,563
     2017年12月31日時点の残高
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                      (単位:千円)
                             親会社の所有者に帰属する持分
                                         その他の          非支配持分      資本合計
                 注記   資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式      資本の      合計
                                         構成要素
     2018年4月1日時点の残高               426,465     377,807     648,173      △270     3,620   1,455,796      45,825    1,501,621
     四半期利益
                               180,864               180,864      7,441    188,306
                                         △6,748     △6,748          △6,748
     その他の包括利益
      四半期包括利益合計
                               180,864          △6,748     174,115      7,441    181,557
                       -     -          -
     株式の発行
                      3,467     4,142               △675     6,935          6,935
     自己株式の取得                                △53          △53          △53
                                                   △39,206     △39,206
     連結範囲の変更
      所有者との取引額合計               3,467     4,142           △53     △675     6,881    △39,206     △32,324
                                 -
                     429,932     381,950     829,038      △323    △3,804    1,636,794      14,060    1,650,854
     2018年12月31日時点の残高
                                 15/29










                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                           注記
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                   78,199               275,143
      減価償却費及び償却費                                   41,121               31,831
                                          3,971               13,442
      減損損失
                                          △143
      金融収益                                                   △506
      金融費用                                     708               876
      持分法による投資損益(△は益)
                                         18,986               17,405
      持分法で会計処理されている投資利益                                     -            △128,727
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                         △5,111               △26,540
      (△は増加)
      棚卸資産の増減額(△は増加)
                                           280               347
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                         12,239              △38,783
      (△は減少)
                                         22,442               45,704
      その他
               小計
                                         172,693               190,193
                                            7              506
      利息及び配当金の受取額
                                          △127
      利息の支払額                                                    △78
                                        △36,035
                                                        △90,968
      法人所得税の支払額
                                         136,537                99,652
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △1,024
      有形固定資産の取得による支出                                                  △34,531
                                        △11,628
      無形資産の取得による支出                                                  △9,472
      その他の金融資産の売却、償還による収入                                   190,000                50,000
                                        △100,000
      その他の金融資産の取得による支出                                                  △90,000
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得
                                        △42,066
                            6                               -
      による支出
                                           840               629
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                   36,121              △83,373
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △62,346
      長期借入金の返済による支出                                                  △8,973
                                          △421
      リース債務の返済による支出                                                     -
      株式の発行による収入                                     720              6,935
                                           -              △53
      自己株式の取得による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △62,048                △2,091
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         110,611                14,187
     現金及び現金同等物の期首残高                                    850,792               827,394
     連結範囲変更に伴う現金及び現金同等物の減
                                           -            △76,518
     少額
                                         961,403               765,064
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/29





                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          MRT株式会社(以下、「当社」)は、日本国東京都に所在する株式会社であります。要約四半期連結財務諸
         表は、2018年12月31日を期末日とし、当社及び子会社(以下、「当社グループ」)により構成されております。
         当社グループは、非常勤医師紹介及び常勤医師紹介を中心とした医療情報プラットフォームの提供事業を主に
         行っております。当社グループの2018年12月31日に終了する期間の要約四半期連結財務諸表は、2019年2月12日
         に取締役会によって承認されております。
        2.作成の基礎

          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号に準拠して作成しております。当社グループは、四半
         期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を全て満たしているため、同第93
         条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」を適用しております。なお、要約四半期連結財務諸表
         は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含んでいないため、前連結会計年度の連結財務諸表と併
         せて使用されるべきものであります。
        3.重要な会計方針

          当社グループの本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財
         務諸表において適用した会計方針と同一であります。
          なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
         額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行うことが要求されております。実際の業績はこれらの見積り
         とは異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見
         積りを見直した会計期間及び将来の会計期間において認識しております。
          経営者が行った重要な見積り及び判断を行った項目は、原則として前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様
         であります。
        5.セグメント情報

          当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
         締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
         ます。
          なお、当社グループは、医療情報プラットフォームの提供事業の単一セグメントであります。サービスごとの
         外部顧客に対する売上収益は、注記「10.売上収益」に記載しております。
        6.  企業結合

         前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
         取得による企業結合
         (株式会社医師のともの株式取得)
         (1)企業結合の概要
          ① 被取得企業の名称及び事業の内容
            被取得企業の名称       株式会社医師のとも
            事業の内容          職業紹介事業、開業・事業承継支援事業、PR事業
          ② 企業結合を行った主な理由

             医師のともでは、医師のための求職支援、開業支援、事業承継・M&Aの仲介にとどまらず、医師の交流
            会の企画開催、医師の方々のプライベートの支援、情報発信力の高い医師が集うプロモーションユニット
            「女医プラス」「医師プラス」を運営し、特に女医によるマーケティング、商品開発及びメディア掲載に
            も強みを有しております。
             女性の社会進出が進む中、働く女性の健康や美への関心の高まりで、女医の活躍する場が広がり、当社
            グループが提供する「Gaikin」及び「健康相談ポケットドクター」サービスにおける女医のニーズも増え
            ております。
             当社グループは、所属する医師会員数の増加、それに伴うサービス利用の拡大、そして、プライベート
            の支援、交流会やメディア掲載など医師に向けたサービスの多様化を実現することで新規医師会員の獲得
            を見込み、当社グループの収益力の強化、企業価値の向上を図るものと考えております。
                                 17/29


                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
           ③ 企業結合日

             2017年12月1日
           ④ 企業結合の法的形式

             株式の取得及び第三者割当による株式の引受け
           ⑤ 取得した議決権比率

             議決権比率 70%
         (2)被取得企業の取得原価及びその内訳

                                             106,076
             現金                                    千円
                                             106,076
             移転された対価の合計
             取得関連費用は        11,100千    円であり    、「販売費及び一般管理費」に含めております。
         (3)企業結合日に受け入れた資産及び負債の公正価値及びのれん

                                             106,076
             支払対価の公正価値(現金)                                   千円
              合計                               106,076
              現金及び現金同等物                               64,009

              営業債権及びその他の債権                               21,892
              有形固定資産                                7,213
              無形資産                                 698
              その他の金融資産                               11,071
              その他の資産                                2,857
              繰延税金資産                               17,382
              営業債務及びその他の債務                              △14,481
              借入金                              △54,233
                                              △376
              未払法人所得税
                                             △3,701
              引当金
              その他の金融負債                               △1,681
                                            △30,880
              その他の負債
                                             19,770
             純資産
                                              5,931
             非支配持分
                                             92,237
             のれん
            現金及び現金同等物等には、第三者割当増資による払込金額30,307千円が含まれております。

            非支配持分は、取得日における識別可能な被取得企業の純資産額に企業結合後の持分比率を乗じて測定し
           ております。
            のれんの内容は、当社の営業基盤である医療従事者のネットワークの強化を通じて期待される将来の超過
           収益力の合理的な見積りのうち、個別の資産として認識されなかったものであります。なお、のれんについ
           て、税務上損金算入を見込んでいる金額はありません。
            前連結会計年度において株式取得に係る取得価額の当該取得対価に関連する資産及び負債への配分が完了
           していないため、無形資産及びのれんは暫定的な金額で報告しておりましたが、                                     当第3四半期連結累計期間
           に 配分が完了しております。            暫定的な会計処理の確定による取得日における取得資産及び引受負債、のれん
           の金額に変更はありません。
         (4)取得した債権の公正価値、契約上の未収金額及び回収不能見込額

           取得した債権の公正価値            21,892   千円について、契約金額の総額は26,449千円であり、回収不能と見込まれる
          契約上のキャッシュ・フローの企業結合日現在の見積りは                           4,557   千円であります。
                                 18/29




                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
         (5)取得に伴うキャッシュ・フロー
             取得により支出した現金及び現金同等物                                106,076    千 円
                                            △64,009
             取得時に被取得企業が保有していた現金及び現金同等物
                                             42,066
             子会社の取得による支出
         (6)業績に与える影響

          (取得した事業の収益及び利益)
           取得した株式会社医師のともの支配獲得日以降の売上収益は10,022千円、四半期損失は4,915千円でありま
          す。
          (プロフォーマ情報)

           すべての企業結合が期首に行われたと仮定した場合の当社グループの201                                   7 年12月31日に終了した第3四半
          期連結累計期間の連結業績に係るプロフォーマ情報(非レビュー情報)は以下のとおりであります。
                                        2017年12月31日に
                                        終了した9ヶ月間
             売上収益
                                            1,293,101     千円
             四半期利益                                49,051
         当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

         (株式会社医師のともの株式取得)
          当社は、2017年12月1日付で取得した株式会社医師のともに関し、前連結会計年度において株式取得に係る取
         得価額の当該取得対価に関連する資産及び負債への配分が完了していないため、無形資産及びのれんは暫定的な
         金額で報告しておりましたが、当第3四半期連結累計期間に配分が完了しております。暫定的な会計処理の確定
         による取得日における取得資産及び引受負債、のれんの金額に変更はありません。
                                 19/29












                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
        7.金融商品の公正価値
         (1)  公正価値のレベル別分類
           当社グループでは、公正価値で測定した金融資産及び金融負債を以下のとおりレベル1からレベル3の階層
          に分類しております。
           レベル1:活発な市場における無調整の同一資産・負債の市場価格のインプット
           レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外で、資産・負債に対して直接又は間接に観察可能なインプット
           レベル3:観察可能な市場データに基づかないインプット
         (2)  公正価値の算定方法

           公正価値で測定される金融商品に使用される主な評価技法は、以下のとおりであります。
           (市場性のない資本性金融商品)
            市場性のない資本性金融商品は、その公正価値の評価にあたっては、投資先の将来の収益性の見通し及び
           当該投資に関するリスクに応じた割引率等のインプット情報及び相対取引における価格を考慮しており、レ
           ベル3に分類しております。観察不能なインプットのうち主なものは、投資先の将来キャッシュ・フロー等
           のデータを用いた見積額であります。
           (市場性のない負債性金融商品)

            市場性のない負債性金融商品として、新株予約権付社債を有しております。その公正価値の評価にあたっ
           ては、転換権の行使の有無別による公正価値をそれぞれ見積もり、オプション内容に応じて必要な調整を
           行っております。転換権を行使した場合の公正価値は、投資先の資本性金融商品の相対取引における価格を
           考慮し、行使しなかった場合の公正価値は、資本への転換オプションがない類似の社債の価格を参考にして
           おり、レベル3に分類しております。観察不能なインプットのうち主なものは、投資先の将来キャッシュ・
           フロー等のデータを用いた見積額であります。
           (借入金)

            借入金の公正価値は、同一の残存期間で同条件の借入を行う場合の金利に基づき、予測将来キャッシュ・
           フローを現在価値に割り引くことにより算定し、レベル2に分類しております。
           (未払金)

            未払金の公正価値は、支払が見込まれる期日までの期間に応じた金利に基づき、予測将来キャッシュ・フ
           ローを現在価値に割り引くことにより算定し、レベル2に分類しております。
         (3)  償却原価で測定される金融商品

           償却原価で測定される金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                 当第3四半期連結会計期間
                           (2018年3月31日)                    (2018年12月31日)
                        帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値

     償却原価で測定する金融負債:
      借入金                     19,106          19,104          10,133          10,133
                           101,667          107,070          102,210          112,671
      未払金
                           120,773          126,174          112,343          122,805
            合計
           (注)預金、営業債権及びその他の債権、その他の金融資産、営業債務及びその他の債務並びに一部のその

              他の金融負債は、公正価値が帳簿価額に                   近似しているため、上記に含めておりません。
                                 20/29





                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
         (4)公正価値で測定される金融商品
           定期的に公正価値で測定される金融資産の公正価値は以下のとおりであります。
                                                     (単位:    千 円)
          前連結会計年度

                          レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
         (2018年3月31日)
     資産:
      純損益を通じて公正価値で測定する
      金融資産
       新株予約付社債(注)2
                              -          -       100,000          100,000
      その他の包括利益を通じて公正価値
      で測定する金融資産
                              -          -       39,161          39,161
       資本性金融商品
                              -          -       139,161          139,161
             合計
      (注)1    . 当連結会計年度において、レベル1                 、レベル2及びレベル3の            間で振替が行われた金融商品はありません。
         2 . 関連会社が発行する新株予約権付社債100,000千円は、レベル3に含めております。
                                                     (単位:    千 円)

        当第3四半期連結会計期間
                          レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
         (2018年12月31日)
     資産:
      純損益を通じて公正価値で測定する
      金融資産
       新株予約付社債(注)2
                              -          -       50,000          50,000
      その他の包括利益を通じて公正価値
      で測定する金融資産
                              -          -       342,244          342,244
       資本性金融商品
                              -          -       392,244          392,244
             合計
      (注)1    . 当第3四半期連結会計期間において、レベル1                      、レベル2及びレベル3の            間で振替が行われた金融商品はあ
           りません。
         2 . 新株予約権付社債50,000千円は、レベル3に含めております。
           レベル3に分類された金融商品の公正価値測定の増減は以下のとおりであります。

                                                     (単位:    千 円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
     期首残高                                   277,012                139,161
                                        100,000                90,000
     取得
                                       △190,000
     売却                                                      -
                                                        △50,000
     償還                                      -
                                                         58,810
     連結範囲の変更による増加                                      -
                                                         65,921
     持分法で会計処理されている投資からの振替                                      -
     純損益(    注)1                                 136              98,078
                                        △19,000                △9,727
     その他の包括利益(         注)2
                                        168,148                392,244
     期末残高
     期末に保有する資産について純損益に計上した当期
                                          136              98,078
     の未実現損益の変動
      (注)   1.純損益に含まれている利得は、決算日時点の純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に関するもの及び
           持分法を中止した時点の投資の簿価と公正価値の差額であります。この利得は、要約四半期連結損益計算書
           の「金融収益」及び「持分法で会計処理されている投資利益」に含まれております。
         2.その他の包括利益に含まれている利得及び損失は、決算日時点のその他の包括利益を通じて公正価値で測定
           する金融資産に関するものであります。この損失は、要約四半期連結包括利益計算書の「その他の包括利益
           を通じて公正価値で測定する金融資産」に含まれております。
                                 21/29


                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
           レベル3に分類された金融商品は、非上場株式及び非上場の新株予約権付社債により構成されております。
          当該金融資産の公正価値評価においては、市場からは観察不能なインプットを用いた見積りを行っておりま
          す。公正価値の評価結果については、上位者に報告され、承認を受けております。
           当第3四半期連結累計期間における主なインプットは投資先の将来キャッシュ・フロー等のデータを用いた
          見積額であります。このインプットが10%変動した場合の要約四半期連結損益計算書の税引前四半期利益及び
          要約四半期連結包括利益計算書のその他の包括利益(税効果考慮前)に与える影響額は以下のとおりでありま
          す。
                                                     (単位:    千 円)
                               前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                                (2017年12月31日)                (2018年12月31日)
     将来キャッシュ・フロー等の見積額                 が10%上昇した
     場合
      税引前四半期利益                                   15,000                5,000
                                            6             34,224
      その他の包括利益(税効果考慮前)
     将来キャッシュ・フロー等の見積額                 が10%下落した
     場合
                                          △6             △34,224
      その他の包括利益(税効果考慮前)
        8.非金融資産の減損

         当 第3四半期連結累計期間           (自 2018年4月1日至 2018年12月31日)
          連結子会社であったMRT              NEO株式会社が運営するメディアの収益化が遅れたため、当該無形資産の帳簿
         価額を回収可能価額まで減額し、13,442千円の減損損失を認識しました。
          回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを貨幣の時間価値及びその資産又は資
         金生成単位に固有のリスクを反映した税引前の割引率10.1%により現在価値に割引いて算定しております。
          また、減損損失は、要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理費」に計上しております。
          なお、    MRT    NEO株式会社は、2018年12月1日をもって、医科歯科ドットコム株式会社に社名を変更して
         おります。
        9.配当金

         該当事項はありません。
                                 22/29










                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
        10.売上収益

          当社グループは、医療情報プラットフォーム事業を行っており、医療人材サービスとその他のサービスを提供
         しております。医療人材サービスは、人材紹介サービスと人材派遣サービスから構成され、その顧客である医療
         機関から対価として受領した金額を収益として認識しております。
          人材紹介サービスの収益は、医療人材が紹介先である医療機関に勤務を開始した日の一時点で認識しておりま
         す。これは、当社グループの履行義務が、医療人材及び勤務予定先の医療機関に対して、実際に医療人材が勤務
         を開始するまでの期間サポートを行うものでありますが、一定期間にわたり充足される履行義務の要件を満たさ
         ないためであります。なお、当社グループは、医療人材の勤務実績が退職等により一定期間に満たなかった場合
         には、医療機関から受領した対価の一部を返金する義務を有しているため、当該金額を返金負債として認識して
         おります。また、当社グループは、医療機関に対して、当社グループのサービスの利用に応じてポイントを付与
         し、ポイントに応じた対価を支払う制度を導入しております。そのため、当社グループは、当該制度において付
         与されたポイントを、返金負債として認識しております。
           人材派遣サービスの収益は、医療機関と締結した派遣契約に基づく契約期間内において実際の労働時間に対
          応した一定期間にわたって認識しております。
          その他のサービスは、遠隔診療・遠隔健康相談サービス、マーケティングメディア掲載等のPRサービスや医
         療機関情報提供サイトの運営等の情報プラットフォーム事業であります。遠隔診療サービス及びPRサービス
         は、その対価として受領した前受金を契約負債とし、サービスの収益はサービスの提供の一定期間にわたって認
         識しております。また、それ以外のサービスの収益は、サービスの提供の一時点で認識しております。
          顧客との契約から認識した収益

          売上収益はすべて顧客との契約から生じたものであり、その分類は以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
     サービスの種類別
                                       1,081,934                1,614,329
      医療人材サービス
                                         48,693               113,180
      その他のサービス
                                       1,130,627                1,727,510
                合計
     サービスの移転時期
                                        960,043               1,538,077
      一時点
                                        170,584                189,432
      一定期間
                                       1,130,627                1,727,510
                合計
        11.販売費及び一般管理費

          販売費及び一般管理費の内訳は以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
     従業員給付                                   343,449                414,763
     広告宣伝費及び販売促進費                                    60,209               178,966
     支払手数料及びその他の業務委託費                                   132,477                155,934
     賃借料                                    46,598               102,338
     減価償却費及び償却費                                    41,121                31,831
                                        107,202                205,201
     その他
                                        731,059               1,089,035
                合計
                                 23/29




                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
        12.関連会社
           関連会社の詳細は以下のとおりであります。
                                           持分割合(%)
        名称       主要な事業の内容            所在地
                                    前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間
                                   (2018年3月31日)             (2018年12月31日)
     株式会社マイクロ
               医療用健診用機材及び
                          東京都
     ブラッド    サイエン
               分析機器の研究開発及                             19.53              14.88
                          千代田区
     ス(注)
               び製造販売
        (注)株式会社エム・ビー・エスは、2018年1月15日をもって、株式会社マイクロブラッドサイエンスに社名を変
           更しております。
           当社は、前連結会計年度末における株式会社                     マイクロ    ブラッド    サイエンス     の持分割合は19.53%ですが、権
          利行使可能な潜在株式の保有、取締役1名の選任権を含む、投資契約および業務提携基本契約を通じて、当該
          関連会社の経営に重要な影響力を有していると判断していることから、前連結会計年度において当該関連会社
          の財務諸表に対して持分法を適用しております。
           当第3四半期連結累計期間において、当                    社が保有する当該会社の持分比率4.65%の株式を売却しておりま
          す。これにより、当社が保有する当該会社の株式保有割合は14.88%となり、2018年9月30日付で当該会社は当
          社の持分法適用関連会社に該当しなくなりました。
           なお、保有する当該会社の株式については、持分法を中止した時点において公正価値で評価し、持分法を中
          止した時点の投資の帳簿価額との差額である評価益と株式売却による売却益を要約四半期連結損益計算書の
          「持分法で会計処理されている投資利益」に計上しております。
                                 24/29














                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
        13.1株当たり利益
          基本的1株当たり四半期利益又は損失及び希薄化後1株当たり四半期利益又は損失は以下のとおりでありま
         す。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)
                                          38,045              180,864
     四半期利益調整額(千円)
                                            -               -
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する四半
                                          38,045              180,864
     期利益(千円)
     期中平均普通株式数(株)

                                        5,249,552               5,646,815
     普通株式増加数
      新株予約権(株)                                   463,204               49,545
                                        5,712,756               5,696,360
     希薄化後の期中平均普通株式数(株)
     基本的1株当たり四半期利益(円)

                                           7.25              32.03
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      6.66              31.75
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                 (自2017年10月1日               (自2018年10月1日
                                  至2017年12月31日)               至2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(△は損失)
                                         △26,081                17,767
     (千円)
     四半期利益調整額(千円)                                       -               -
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する四半
                                         △26,081                17,767
     期利益(△は損失)(千円)
     期中平均普通株式数(株)

                                        5,250,998               5,664,487
     普通株式増加数
      新株予約権(株)
                                            -             48,983
                                        5,250,998               5,713,470
     希薄化後の期中平均普通株式数(株)
     基本的1株当たり四半期利益(△は損失)(円)

                                          △4.97                3.14
     希薄化後1株当たり四半期利益(△は損失)(円)
                                          △4.97                3.11
      (注)前第3四半期連結会計期間においては、新株予約権の行使が親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期損失を
        減少させるため、潜在株式は希薄化効果を有しておりません。
                                 25/29








                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
        14.主要な子会社
         (MRT     NEO株式会社の支配喪失)
         (1)支配喪失の概要
          ① 支配喪失企業の名称及び事業の内容
            支配喪失企業の名称                        MRT    NEO株式会社
            事業の内容          「医科歯科.com」運営
            MRT    NEO株式会社は、2018年12月1日をもって、医科歯科ドットコム株式会社に社名を変更してお
            ります。
          ② 支配喪失の理由

             当社は、2018年9月28日開催の取締役会において、株式会社光通信、株式会社光通信の連結子会社であ
            る株式会社アイフラッグとの間で締結した当社の連結子会社であったMRT                                    NEO株式会社に係る合弁
            契約に関し、当該子会社           がサービス提供する「医科歯科.com」の運営に関する覚書を締結することを決議
            し、本覚書締結により当社グループにおける「医科歯科.com」運営への支配が喪失したため、2018年10月
            1日より    当該子会社     は当社の連結子会社に該当しなくなりました。
          ③ 支配喪失の時期

            2018年10月1日
         (2)支配喪失により生じた利得又は損失

           該当事項はありません。
        15.後発事象

          該当事項はありません。
                                 26/29












                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 27/29




















                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 28/29




















                                                           EDINET提出書類
                                                        MRT株式会社(E31071)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     MRT株式会社
      取締役会 御中
                              EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               向井 誠              印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               北澄 裕和   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているMRT株式会社

     の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月31
     日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すな
     わち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持
     分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、MRT株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期連
     結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に
     表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 29/29




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。