東京窯業株式会社 四半期報告書 第100期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第100期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:東京窯業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第100期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    東京窯業株式会社
      【英訳名】                    TYK  CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  牛込 伸隆
      【本店の所在の場所】                    東京都港区港南二丁目11番1号
      【電話番号】                    (03)6433-2888(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  北原 譲
      【最寄りの連絡場所】                    岐阜県多治見市大畑町三丁目1番地
      【電話番号】                    (0572)22-8151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部次長  市原 伸宏
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注) 当社は日常における会社名の表示・呼称を「株式会社 TYK」に統一して使用しております。

                                  1/17












                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第99期           第100期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第99期
                              累計期間           累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日
              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                     (百万円)             17,103           20,691           22,682
     売上高
                     (百万円)              2,169           3,336           2,942
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              1,267           1,654           1,769
     (当期)純利益
                     (百万円)              2,849            902          2,720
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             30,348           30,490           30,219
     純資産額
                     (百万円)             40,455           40,895           39,740
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             28.39           37.08           39.65
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             67.7           66.1           68.1
     自己資本比率
                               第99期           第100期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日
              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
                                   8.65           10.68

     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         3.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17





                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                    平成30年2月16日)等を第1四半期連
      結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っておりま
      す。
       (1)経営成績の状況
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済情勢は、政府・日銀の推進する経済・財政政策により、人手不
       足の状態は依然抱えつつも、国内消費の増加や企業収支の改善をもたらし、緩やかな景気回復を続けております。
       一方海外においては、米国においては個人消費を中心に景気は底堅く推移しているものの、米中間の貿易摩擦によ
       る先行き不透明な状況の中、中国経済が弱含みで推移しており、ひいては世界経済全体への影響も懸念される状況
       となっております。
        当社グループの主要取引先であります国内鉄鋼業界におきましては、当第3四半期連結累計期間における粗鋼生
       産量は前第3四半期累計期間比0.6%減の7,792万トンとなりました。
        このような環境のもと、当社グループは品質第一の考えをもとに売上増加と生産性向上に全力で取り組んでまい
       りました。主力製品である製鋼用耐火物をはじめ、ファインセラミックス等の先端素材技術や環境創造技術へ挑戦
       し、コスト削減など経営合理化を進めてまいりました。
        その結果、当第3四半期連結累計期間においては、次の通りの経営成績となりました。
        売上高は、主要顧客であります製鋼メーカー向け耐火煉瓦及び不定形耐火物等の堅調な売上に支えられ、また新
       素材関連商品の売上増もあり206億91百万円(前年同期比21.0%増)となりました。利益面では、原材料費を中心と
       した調達コストの増加がみられたものの、売上増に伴い固定費負担が相対的に低下し採算性が向上したことで、売
       上原価は前年同期比で21億44百万円の増加にとどまり、販売費及び一般管理費についても同様に前年同期比で1億27
       百万円の増加にとどまったことから、営業利益は31億60百万円(前年同期比71.2%増)となりました。経常利益
       は、主に保有する有価証券の配当金が増加したことにより、受取配当金が前年同期比で22百万円増加したものの、
       為替に関しては、前第3四半期連結累計期間は為替差益1億2百万円を計上していたものが、当第3四半期連結累計
       期間は為替差損53百万円を計上することとなり、33億36百万円(前年同期比53.8%増)となりました。また、親会
       社株主に帰属する四半期純利益は16億54百万円(前年同期比30.6%増)となりました。
        セグメントの経営成績は、次の通りであります。

       ①日本
        国内の売上高は158億2百万円(前年同期比23.6%増)となりました。また、セグメント利益は24億1百万円(前年
       同期比26.0%増)となりました。国内顧客向け販売は、耐火物業界を中心に引き合いの強い状態が続いており、そ
       のため当社の販売量は堅調に推移しております。
       ②北米
        北米の売上高は18億45百万円(前年同期比15.8%増)となりました。また、セグメント利益は53百万円(前年同
       期は22百万円の損失)となりました。米国景気は堅調に推移しており、顧客からの引き合いも多く売上・利益とも
       に改善しております。
       ③ヨーロッパ
        ヨーロッパの売上高は23億27百万円(前年同期比16.2%増)となりました。また、セグメント利益は2億61百万円
       (前年同期比92.8%増)となりました。引き続き販売好調で、販売構成の変化により採算性が改善したことで、売
       上・利益ともに改善しております。
       ④アジア
        アジアの売上高は4億26百万円(前年同期比7.6%増)となりました。また、セグメント利益は45百万円(前年同
       期比9.2%増)となりました。販売は徐々に増加してきており、製造コストが上昇しつつも売上・利益ともに改善し
       ております。
       ⑤その他
        その他の売上高は2億89百万円(前年同期比11.6%減)となりました。また、セグメント利益は1億5百万円(前年
       同期比4.1%増)となりました。販売は減少しておりますが、販売構成の変化等により利益は増加しております。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の状況
      (流動資産)
        流動資産の残高は前連結会計年度末に比べ、17億10百万円増加し、                               247億5   百万円となりました。その主な要因
       は、受取手形及び売掛金の増加(11億67百万円)及び原材料及び貯蔵品の増加(7億44百万円)によるものでありま
       す。
      (固定資産)
        固定資産の残高は前連結会計年度末に比べ、5億55百万円減少し、                              161億90    百万円となりました。その主な要因
       は、投資有価証券の減少(14億9百万円)及び有形固定資産の増加(5億93百万円)によるものであります。
      (負債)
        負債の残高は前連結会計年度末に比べ、8億84百万円増加し、                            104億5   百万円となりました。その主な要因は、未払
       法人税等の増加(3億57百万円)及び支払手形及び買掛金の増加(3億53百万円)によるものであります。
      (純資産)
        純資産の残高は前連結会計年度末に比べ、2億70百万円増加し、                             304億90    百万円となりました。その主な要因は、
       利益余剰金の増加(12億8百万円)及び非支配株主持分の増加(2億89百万円)並びにその他有価証券評価差額金の
       減少(12億17百万円)によるものであります。
       (3)経営方針・経営戦略等

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略について重要な変更はあり
       ません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
        なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
       社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次の通りであります。
       ① 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

        近時、わが国の資本市場においては、対象となる会社の経営陣との十分な協議や合意を得ることなく、一方的に
       大量の株式の買付を強行するといった動きが顕在化しつつあります。これが当社の企業価値ひいては株主共同の利
       益に資するものであれば、資本市場のルールに則り、かかる買付行為を全て否定するものではありませんが、この
       ような株式の大規模買付の中には、その目的等から見て、企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害を
       もたらすもの等も少なくありません。当社は当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なう恐れ
       のある不適切な大規模買付行為又はこれに類似する行為を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する
       者としては適切ではないと考えております。このような者による大規模買付に対しては、当社は必要かつ相当な対
       抗措置をとることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えます。
       ② 基本方針実現のための取組み

        当社は「仕事を通じて世界に喜びと感謝の輪を広げる」ことを社是とし、独創的な技術による新しい価値創造を
       通じて社会の発展に貢献していくことを経営の基本理念として、安定的な収益の創出と持続的な発展を目指してき
       ました。
        その実現のため、経営上の組織体制や仕組みを整備し、必要な施策を実施しつつ、効率性を追求した経営の実現
       に取り組んで参りました。また、内部監査体制の整備、コンプライアンス委員会等の設置により、ガバナンス機能
       の強化にも意をもちつつ、グループ全体の企業価値及び株主の皆様の共同の利益を確保し、または向上させること
       を目指して事業展開を行っております。
       ③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

         取組み
        当社は、株式の大規模買付行為に関する対応策(以下、「本プラン」といいます。)を導入しております。
        本プランは、当社株式の大規模買付行為が行われる場合に、株主の皆様が適切な判断をされるために必要・十分
       な情報と時間を確保するとともに、買収者との交渉の機会を確保すること等により、当社の企業価値ひいては株主
       の皆様の共同の利益の確保または向上を目的としています。
        本プランは、特定の株主グループの議決権割合を20%以上とすることを目的とする当社株式の買付行為、または
       結果として、特定の株主グループの議決権割合が20%以上となるような当社の株式の買付行為またはこれに類する
       ような行為あるいはその提案がなされる場合を適用対象とします。大規模買付ルールにおいては、これらの大規模
       買付行為を行う者に対して意向表明書や大規模買付情報等の提出を求めることとし、この大規模買付ルールが遵守
       されない場合、あるいは当該大規模買付行為が当社に回復しがたい損害をもたらすものであることが明らかな場合
       には、当社取締役会は、独立した第三者機関である、特別委員会の助言を受け、また必要に応じて外部専門家等の
                                  4/17


                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
       助言を得たうえで、株主共同の利益の保護を目的として、新株予約権の無償割当その他法令及び当社定款が取締役
       会の権限として認める措置をとり、大規模買付行為に対抗することがあります。
       ④ 上記取組みが基本方針に沿い、当社の株主の共同の利益を損なうものではなく、当社の役員の地位の維持を目

         的とするものではないこと及びその理由
        本プランの目的は、大規模買付行為が企業価値・株主価値を高めるものであるのか、株主の皆様がご判断される
       ための情報を確実に入手できる手段と判断のための時間を確保することです。最終的な判断は、株主の皆様にあり
       ます。当該大規模買付行為が当社に回復しがたい損害をもたらすものであることが明らかな場合を除き、原則とし
       てルールが遵守されている限り当該大規模買付行為に対する対抗措置を発動するものではありません。
        以上の通り、本プランは、企業価値・株主価値の適正な判断に資するものであり、当社の役員の地位の維持を目
       的とするものではありません。
        なお、本プランの有効期限は、平成32年6月に開催予定の当社第101回定時株主総会の終結時とされています。ま
       た、有効期間の満了前であっても、①株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行なわれた場合、②取締役
       会により本プランを廃止する旨の決議がなされた場合には、その時点で廃止されることになります。
       (5)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、3億94百万円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/17













                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                   181,908,000

                  計                                 181,908,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          名又は登録認可金融              内容
                            (平成31年2月12日)
               (平成30年12月31日)                         商品取引業協会名
                                        東京証券取引所           単元株式数
       普通株式           45,477,000             45,477,000
                                        市場第一部           100株
         計         45,477,000             45,477,000              ―          ―
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数        発行済株式                      資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残高
        年月日       増減数        総数残高                      増減額 
                                (千円)       (千円)               (千円)
                 (千株)        (千株)                      (千円)
     平成30年10月1日~
                      -     45,477          -   2,398,000          -      52,454
      平成30年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                            ─            ─        ─

      議決権制限株式(自己株式等)                            ─            ─        ─

      議決権制限株式(その他)                            ─            ─        ─

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                       ─        ─
                         普通株式         850,3   00
                         普通株式     44,603,900
      完全議決権株式(その他)                                     446,039           ─
                         普通株式           22,800

      単元未満株式                                       ─        ─
      発行済株式総数                        45,477,000               ─        ─

      総株主の議決権                            ─         446,039           ─

      (注)「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の株式が4,000株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数40個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
               東京都港区港南二
     東京窯業株式会社                       850,300        ―         850,  300         1.86
               丁目11番1号
                                             850,300
         計          ―         850,300        ―                   1.86
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、名古屋監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       8,764,110              8,005,299
         現金及び預金
                                       7,517,035              8,684,149
         受取手形及び売掛金
                                       2,875,719              3,272,310
         製品及び外注品
                                       1,333,661              1,450,826
         仕掛品
                                       2,393,705              3,138,432
         原材料及び貯蔵品
                                        126,524              175,104
         その他
                                        △ 16,350             △ 20,997
         貸倒引当金
                                       22,994,407              24,705,125
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,038,034              2,054,141
          窯炉、機械装置及び運搬具(純額)                             1,627,880              1,668,068
                                       4,806,652              4,805,458
          土地
                                        659,457             1,198,114
          その他(純額)
                                       9,132,025              9,725,782
          有形固定資産合計
                                         65,884              56,942
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                       7,363,009              5,953,765
          投資有価証券
                                        260,612              527,176
          その他
                                        △ 75,345             △ 73,195
          貸倒引当金
                                       7,548,276              6,407,746
          投資その他の資産合計
                                       16,746,185              16,190,471
         固定資産合計
                                       39,740,593              40,895,596
       資産合計
                                  9/17











                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,365,001              1,718,326
         支払手形及び買掛金
                                       3,943,208              4,150,430
         短期借入金
                                        512,764              870,232
         未払法人税等
                                        389,757              153,567
         賞与引当金
                                        780,384             1,171,054
         その他
                                       6,991,116              8,063,611
         流動負債合計
       固定負債
                                        276,740                516
         繰延税金負債
                                        708,169              735,427
         役員退職慰労引当金
                                       1,489,575              1,550,447
         退職給付に係る負債
                                         55,866              55,489
         その他
                                       2,530,352              2,341,881
         固定負債合計
                                       9,521,469              10,405,492
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,398,000              2,398,000
         資本金
                                       2,462,007              2,462,007
         資本剰余金
                                       20,383,371              21,591,772
         利益剰余金
                                       △ 163,904             △ 164,031
         自己株式
                                       25,079,474              26,287,747
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       2,138,512               920,688
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 7           △ 2,454
         繰延ヘッジ損益
                                       △ 151,476             △ 157,555
         為替換算調整勘定
                                       1,987,028               760,678
         その他の包括利益累計額合計
                                       3,152,621              3,441,678
       非支配株主持分
                                       30,219,124              30,490,104
       純資産合計
                                       39,740,593              40,895,596
      負債純資産合計
                                 10/17










                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      売上高                                 17,103,944              20,691,124
                                       12,392,454              14,537,255
      売上原価
                                       4,711,489              6,153,868
      売上総利益
                                       2,865,910              2,993,337
      販売費及び一般管理費
                                       1,845,579              3,160,531
      営業利益
      営業外収益
                                         4,866              3,508
       受取利息
                                        156,193              178,471
       受取配当金
                                        102,233                 -
       為替差益
                                         61,025              60,929
       不動産賃貸料
                                         24,866              29,458
       その他
                                        349,185              272,368
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         17,255              25,037
       支払利息
       為替差損                                    -            53,746
                                         7,696              8,146
       不動産賃貸原価
                                           359             9,402
       その他
                                         25,311              96,332
       営業外費用合計
                                       2,169,453              3,336,567
      経常利益
      特別利益
                                         1,758               833
       固定資産売却益
                                            3              29
       投資有価証券売却益
                                         1,450              2,500
       貸倒引当金戻入額
                                         3,211              3,363
       特別利益合計
      特別損失
                                         10,771              18,890
       固定資産廃棄損
                                           -              108
       投資有価証券評価損
                                         6,900               650
       ゴルフ会員権評価損
                                           -              350
       貸倒引当金繰入額
                                         11,645                -
       損害賠償金
                                         29,316              19,998
       特別損失合計
                                       2,143,348              3,319,932
      税金等調整前四半期純利益
                                        641,256             1,182,232
      法人税等
                                       1,502,091              2,137,700
      四半期純利益
                                        234,992              483,032
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                       1,267,099              1,654,667
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       1,502,091              2,137,700
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                       1,196,795             △ 1,221,902
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 22            △ 2,446
       繰延ヘッジ損益
                                        150,650              △ 10,407
       為替換算調整勘定
                                       1,347,423             △ 1,234,757
       その他の包括利益合計
                                       2,849,515               902,943
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       2,580,082               428,316
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        269,432              474,626
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
        適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
        結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
        債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         保証債務
          連結会社以外の会社等の金融機関からの借入金に関し次の通り保証を行っております。
                   前連結会計年度                       当第3四半期連結会計期間
                 (平成30年3月31日)                         (平成30年12月31日)
          (医・社)浩養会                 84,070千円        (医・社)浩養会                 69,760千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次の通りであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
          減価償却費                        592,788千円                 608,334千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日  至 平成29年12月31日)
           配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (千円)
      (決議)
                              (円)
      平成29年6月29日
                普通株式        89,253         2  平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
       定時株主総会
      平成29年11月13日
                普通株式        133,880         3  平成29年9月30日         平成29年12月21日         利益剰余金
        取締役会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日  至 平成30年12月31日)

           配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (千円)
      (決議)
                              (円)
      平成30年6月28日
                普通株式        223,133         5  平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
       定時株主総会
      平成30年11月14日
                普通株式        223,133         5  平成30年9月30日         平成30年12月17日         利益剰余金
        取締役会
                                 13/17




                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日                           至平成29年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                        報告セグメント(耐火物関連事業)
                                                その他
                                                       合計
                                                (注)
                   日本      北米    ヨーロッパ       アジア       計
        売上高

         外部顧客への売
                 12,783,329       1,593,718      2,003,114       396,421    16,776,583        327,360    17,103,944
         上高
         セグメント間の
                  2,102,733          -    57,102       3,260    2,163,096       735,283     2,898,379
         内部売上高又は
         振替高
                 14,886,062       1,593,718      2,060,216       399,682    18,939,680       1,062,644      20,002,324
            計
        セグメント利益又
                  1,905,659       △ 22,116      135,809       41,433    2,060,785       101,390     2,162,176
        は損失(△)
           (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、環境関連製品、窯業機械
             器具、建築、修繕、運輸等を含んでおります。
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

       容 (差異調整に関する事項)
                                    (単位:千円)
                    利益                  金額

                                      2,060,785
        報告セグメント計
        「その他」の区分の利益                               101,390
        セグメント間取引消去                               △19,015
        全社費用(注)                              △297,582
        四半期連結損益計算書の営業利益                              1,845,579
           (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年4月1日                           至平成30年12月31日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                        報告セグメント(耐火物関連事業)
                                                その他
                                                       合計
                                                (注)
                   日本      北米    ヨーロッパ       アジア       計
        売上高

         外部顧客への売
                 15,802,138       1,845,074      2,327,823       426,649    20,401,686        289,437    20,691,124
         上高
         セグメント間の
                  2,104,936        6,470      61,927      20,296    2,193,629       788,648     2,982,278
         内部売上高又は
         振替高
                 17,907,074       1,851,545      2,389,750       446,945    22,595,316       1,078,086      23,673,402
            計
                  2,401,121        53,882      261,874       45,240    2,762,118       105,528     2,867,647
        セグメント利益
           (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、環境関連製品、窯業機械
             器具、建築、修繕、運輸等を含んでおります。
                                 14/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内
       容 (差異調整に関する事項)
                                    (単位:千円)
                    利益                  金額

                                      2,762,118
        報告セグメント計
        「その他」の区分の利益                               105,528
        セグメント間取引消去                               △28,826
        全社費用(注)                               321,710
        四半期連結損益計算書の営業利益                              3,160,531
           (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成29年12月31日)              至 平成30年12月31日)
        1株当たり四半期純利益                                28円39銭              37円08銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                              1,267,099              1,654,667

         普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -              -

         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       1,267,099              1,654,667
         利益(千円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                               44,626              44,626
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       平成30年11月14日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次の通り決議し、配当を行っております。
       (イ)中間配当による配当金の総額・・・・・・・・・・・・・223,133千円
       (ロ)1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・・・・・・・                              5円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日・・・・・・・・・平成30年12月17日
       (注)平成30年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払を行っております。
                                 15/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                       東京窯業株式会社(E01149)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月8日

     東京窯業株式会社

      取締役会 御中

                              名古屋監査法人

                               代表社員

                                      公認会計士
                                              大西 正己  印
                               業務執行社員
                               業務執行社員        公認会計士

                                              山本 真由美 印
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている東京窯業株式会

     社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、東京窯業株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     ______________________________________________________
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社
         (四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。