株式会社アドバンスクリエイト 四半期報告書 第24期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第24期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社アドバンスクリエイト

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第24期第1四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社アドバンスクリエイト
      【英訳名】                    Advance    Create    Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  濱田 佳治
      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区瓦町三丁目5番7号
      【電話番号】                    06(6204)1193(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役 管理本部長 村上 浩一
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区瓦町三丁目5番7号
      【電話番号】                    06(6204)1193(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役 管理本部長 村上 浩一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第23期           第24期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第23期
                              累計期間           累計期間
                              自2017年           自2018年           自2017年

                               10月1日            10月1日            10月1日
              会計期間
                              至2017年           至2018年           至2018年
                               12月31日            12月31日            9月30日
                      (千円)           2,333,364           2,521,923           9,468,265

     売上高
                      (千円)            257,988           259,483          1,135,799
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            182,935           167,904           785,273
     期)純利益
                      (千円)            185,329            62,909           850,186
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           4,427,362           4,300,082           4,512,541
     純資産額
                      (千円)           7,296,575           7,703,413           7,792,317
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            17.30           16.15           74.72
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -          16.00             -
     (当期)純利益金額
                      (%)             60.7           55.8           57.9
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.第23期第1四半期連結累計期間および第23期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額につい
           ては、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.前連結会計年度まで当社は初回代理店手数料を受領時に売上計上しているほか、2回目以降代理店手数料の
           一部を確認書面の受領が可能である等の条件の下、翌1年間の間に回収される代理店手数料額を売上計上す
           る翌1年基準を採用しておりました。翌1年基準で計上した売掛債権額(税抜)は、第23期第1四半期末
           242,427千円(対象保険会社数21社)、第23期末98,965千円(対象保険会社21社)であります。
         5.第24期第1四半期連結累計期間より収益認識会計基準等を適用しており、第24期第1四半期連結累計期間の
           売上高は収益認識会計基準等の適用後の数値となっております。
           (収益認識会計基準等の適用につきましては、後述「第一部 企業情報 第4 経理の状況1 四半期連結
           財務諸表 注記事項 会計方針の変更」をご参照ください。)
         6.  株主資本において自己株式として計上されている                       「従業員持株会支援信託ESOP」および「株式給付信託(J-
           ESOP)」    に残存する自社の株式は、「1株当たり四半期純利益金額」の算定上、期中平均株式数の計算にお
           いて控除する自己株式に含めております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況
         当第1四半期連結累計期間(2018年10月1日~2018年12月31日)におけるわが国経済は、引き続き企業収益の改
        善が進むと同時に、雇用・所得の改善から個人消費にも持ち直しが続いており、景気は全体として緩やかな回復基
        調で推移しました。一方、米中の貿易摩擦のさらなる深刻化による貿易取引の停滞懸念、世界的な地政学的リスク
        の高まりなどにより、景気の動向は不透明な状況が続いております。
         保険業界においては、AI等のテクノロジーの発展や、医療技術の進歩を背景に、高度な情報社会と人生100年時
        代に即した、お客様本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)の実現を求められております。
         このような状況下、当社グループは、保険流通改革のパイオニア企業として、国内最大級の保険選びサイト「保
        険市場(ほけんいちば)」を主軸とするサービスにより、お客様のあらゆる保険ニーズに対応できるプラットホー
        ム戦略を推進してまいりました。
         国内最大級の保険選びサイト「保険市場(ほけんいちば)」は、保険情報のディストリビューターとして、更な
        るお客様のユーザビリティ向上と、保険会社各社との連携強化のための進化を追求しております。
         高品質な保険の比較・申込サービスを推進するために、従来のIT・システム投資のみならず、新たなマーケティ
        ングツールの開発やSNSの活用など、効果的なWebマーケティングによりコスト効率の向上を図り、保険に対する
        ニーズに着実にアプローチしております。
         さらに、ガバナンス体制およびコンプライアンス体制の充実や、情報セキュリティ体制の強化を継続し、保険業
        法や個人情報保護法等の関係法令に適応した保険募集管理体制の強化に全社的に取り組み、管理体制面においても
        積極的に経営資源を投下しております。
         また、当社独自開発の顧客管理システムを活用したCRM戦略の一環として、協業提携先とのネットワーク化を進
        め、万全の顧客管理と保全管理体制を構築しながら高度なお客様サービスを実現しております。
         これらの取り組みの中、保険代理店事業においては、新コールセンターの運営、アポイント(商談機会)獲得に
        注力するなど、積極的なプロモーション活動を継続してまいりました。
         なお、メディア事業におきましては、引き続き好調に広告出稿をいただいております。また、再保険事業におき
        ましても、順調に推移いたしました。
         以上により、当第1四半期連結累計期間の売上高は                         2,521百万円(前年同期比8.1%増)、営業利益は273百万円
        (前年同期比3.0%増)、経常利益は259百万円(前年同期比0.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は167
        百万円(前年同期比8.2%減)となりました。
         セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

        (保険代理店事業)
         積極的なプロモーションを実施したことによりアポイント(商談機会)が順調に推移し増収となりました。利益
        面については、当該プロモーションコストの増加、IT関連コストの増加等により売上原価、販売費及び一般管理費
        が前年同期比で増加し減益となりました。
         この結果、保険代理店事業におきましては、当第1四半期連結累計期間の売上高は2,171百万円(前年同期比
        2.5%増)、営業利益は163百万円(前年同期比22.6%減)となりました。
        (メディア事業)
         保険選びサイト「保険市場(ほけんいちば)」への広告出稿を引き続き好調にいただき増収増益となりました。
         この結果、メディア事業におきましては、当第1四半期連結累計期間の売上高は328百万円(前年同期比194.8%
        増)、営業利益は87百万円(前年同期比194.1%増)となりました。
        (再保険事業)
         売上高は引き続き順調に推移し増収となりましたが、前期に比べ販売費及び一般管理費が増加したため減益とな
        りました。
         この結果、再保険事業におきましては、当第1四半期連結累計期間の売上高は188百万円(前年同期比6.6%
        増)、営業利益は21百万円(前年同期比8.1%減)となりました。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        ①財政状態
        (資産合計)
         当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ88百万円減少し7,703百万円(前連結会計
        年度末は7,792百万円)となりました。
         流動資産は、前連結会計年度末比109百万円増加しましたが、これは主に、売掛金の増加148百万円等によるもの
        です。
         固定資産は、前連結会計年度末比198百万円減少しましたが、これは主に、投資その他の資産の減少171百万円等
        によるものです。
        (負債合計)
         当第1四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ123百万円増加し3,403百万円(前連結会計
        年度末は3,279百万円)となりました。
         流動負債は、前連結会計年度末比123百万円増加しましたが、これは主に、短期借入金の増加300百万円等による
        ものです。
        (純資産合計)
         純資産は     前連結会計年度末比212百万円減少しましたが、これは主に、自己株式の取得に伴う減少                                         94百万円、     配
        当金支払い等に伴う利益剰余金の減少12百万円によるものです。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四
        半期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については、当該会計方針の変更等を遡って適用した後の数
        値で前連結会計年度との比較・分析を行っております。
        ②経営成績

        (売上高)
         当第1四半期連結累計期間の売上高は                   2,521   百万円(前年同期比8.1%増)となりました。これは、保険代理店事
        業において、積極的なプロモーションを実施し、アポイント(商談機会)が順調に推移したことによる売上高の増
        加、メディア事業において、引き続き好調に広告出稿をいただいたこと等により全てのセグメントにおいて前年同
        期比で増収となったことによるものであります。
        (売上原価、販売費及び一般管理費)
         当第1四半期連結累計期間            の売上原価は、       754  百万円(前年同期比17.3%増)となりました。主な増加要因とし
        ましては、保険代理店事業におけるWeb等のプロモーションコストの増加によるものであります。
         当第1四半期連結累計期間            の販売費及び一般管理費は、             1,494   百万円(前年同期比4.9%増)となりました。主な
        増加要因としましては、IT関連コストの増加によるものであります。
        (営業利益)
         当第1四半期連結累計期間            の営業利益は、       273  百万円(前年同期比3.0%増)となりました。主な増加要因としま
        しては、売上高が増加したことによるものであります。
        (経常利益)
         当第1四半期連結累計期間            の経常利益は、       259  百万円(前年同期比0.6%増)となりました。主な増加要因としま
        しては、売上高が増加したことによるものであります。
        (親会社株主に帰属する四半期純利益)
         当第1四半期連結累計期間            の親会社株主に帰属する四半期純利益は                   167  百万円(前年同期比8.2%減)となりまし
        た。
       (2)   経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に、重要な変更及び新
        たに生じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因

         当第1四半期連結累計期間において、経営成績に重要な影響を与える要因に変更はありません。
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
       (6)資本の財源及び資金の流動性
         当第1四半期連結累計期間において、資本の財源及び資金の流動性の重要な変更はありません。
       (7)保険代理店事業に係る売上計上について

         保険代理店事業の主たる収入は保険代理店手数料収入であります。当社は、保険契約の媒介及び代理行為に伴
        い、各保険会社との契約及び手数料規程に基づき保険代理店手数料を受領しております。
         保険代理店手数料の受領形態は、保険商品の種類(生命保険・損害保険、契約期間(1年・複数年)、保険料支払
        方法(年払い・月払い)、その他)、保険会社毎の契約及び規程により様々な形態があり、保険契約成立時に受領す
        るもの(初回手数料)及び保険契約継続に応じて受領するもの(2回目以降手数料)等、これらについて一括又は
        分割ならびにその受領割合等が異なるものが存在しております。
         当社は、初回手数料については保険契約成立時に受領する手数料額を売上計上しているほか、2回目以降手数料
        の一部については、複数年にわたる期間を対象とする保険契約のうち保険会社より計算結果確認書面の受領が可能
        である等の条件の下、顧客との契約における履行義務が充足した額を収益として認識しております(一方で、将来
        発生する解約相当額を収益額に加味しております)。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/21















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           42,000,000

                  計                               42,000,000

        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                          (2019年2月12日)
             (2018年12月31日)                         取引業協会名
                                        東京証券取引所            単元株式数
     普通株式            10,999,100             10,999,100
                                         市場第一部             100株
        計          10,999,100             10,999,100             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】
         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式
                       発行済株式総                       資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        総数増減数
                                (千円)        (千円)              高(千円)
                       数残高(株)                       減額(千円)
                  (株)
     2018年10月1日~
                     -   10,999,100            -    2,915,314           -      16,005
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                         -            -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -           -

      議決権制限株式(その他)                         -            -           -

                          (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                     -           -
                          普通株式       303,300
      完全議決権株式(その他)                    普通株式10,695,000                106,950            -
                          普通株式           800

      単元未満株式                                     -           -
      発行済株式総数                        10,999,100                 -           -

      総株主の議決権                         -           106,950            -

        (注)1.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式109,000株は、上記自己保
             有株式に含めておりません。
           2.資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式222,900株は、上記自己保有株式
             に含めておりません。
           3.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式32株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
      名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
      (自己保有株式)
                大阪市中央区瓦町
     株式会社アドバンス                      303,300          -       303,300          2.76
                三丁目5番7号
     クリエイト
         計          -        303,300          -       303,300          2.76
        (注)1.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                               が所有する当社株式109,000株(0.99%)は、
             上記自己保有株式に含めておりません。
           2.  資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式222,900株(2.02%)は、上記自
             己保有株式に含めておりません。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、桜橋監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,692,027              1,362,441
         現金及び預金
                                        486,521              634,944
         受取手形及び売掛金
                                       1,518,981              1,732,700
         未収入金
                                        558,030              634,685
         その他
                                       4,255,560              4,364,772
         流動資産合計
       固定資産
                                        447,416              413,337
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        515,612              490,117
          ソフトウエア
                                         86,540              119,498
          その他
                                        602,152              609,616
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        447,646              297,358
          投資有価証券
                                        612,499              617,293
          差入保証金
                                        941,787              941,787
          保険積立金
                                        202,616              180,878
          繰延税金資産
                                        282,638              278,370
          その他
                                       2,487,187              2,315,688
          投資その他の資産合計
                                       3,536,756              3,338,641
         固定資産合計
                                       7,792,317              7,703,413
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                                      ※ 300,000
                                           -
         短期借入金
                                        144,848               41,068
         未払法人税等
                                       1,034,538               973,921
         未払金
                                        162,860               81,518
         賞与引当金
                                         1,922                -
         代理店手数料戻入引当金
                                       1,005,004              1,076,417
         その他
                                       2,349,174              2,472,925
         流動負債合計
       固定負債
                                        210,170              210,170
         長期借入金
                                        293,003              300,201
         退職給付に係る負債
                                        176,005              176,091
         資産除去債務
                                        251,422              243,942
         その他
         固定負債合計                                930,601              930,405
       負債合計                                3,279,776              3,403,331
                                  9/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,915,314              2,915,314
         資本金
                                        352,328              352,328
         資本剰余金
                                       2,026,640              2,013,802
         利益剰余金
                                       △ 989,380            △ 1,084,006
         自己株式
                                       4,304,903              4,197,438
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        207,237              102,243
         その他有価証券評価差額金
                                        207,237              102,243
         その他の包括利益累計額合計
                                           400              400
       新株予約権
                                       4,512,541              4,300,082
       純資産合計
                                       7,792,317              7,703,413
      負債純資産合計
                                 10/21















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       ※ 2,333,364
                                                      2,521,923
      売上高
                                        643,176              754,436
      売上原価
      売上総利益                                  1,690,187              1,767,486
                                       1,424,933              1,494,186
      販売費及び一般管理費
                                        265,254              273,300
      営業利益
      営業外収益
                                           39              63
       受取利息及び配当金
                                           508              450
       未払配当金除斥益
                                         2,045              2,045
       受取保証料
                                           995              573
       その他
                                         3,588              3,132
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   970              723
                                         1,098               987
       支払保証料
                                         8,653              15,239
       支払手数料
                                           132               -
       その他
                                         10,854              16,949
       営業外費用合計
                                        257,988              259,483
      経常利益
                                        257,988              259,483
      税金等調整前四半期純利益
                                         24,698              62,580
      法人税、住民税及び事業税
                                         50,354              28,997
      法人税等調整額
                                         75,053              91,578
      法人税等合計
                                        182,935              167,904
      四半期純利益
                                        182,935              167,904
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/21











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        182,935              167,904
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         2,394            △ 104,994
       その他有価証券評価差額金
                                         2,394            △ 104,994
       その他の包括利益合計
                                        185,329               62,909
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        185,329               62,909
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日。以下「収益認識会計基準」という。)
        及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)が2018年4月
        1日以後開始する連結会計年度の期首から適用できることになったことに伴い、当第1四半期連結会計期間の期首
        から収益認識会計基準等を適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
        と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。これにより、保険代理店事業に係る保
        険代理店手数料収入は顧客との契約における当社の履行義務が充足した契約から見込まれる将来代理店手数料の金
        額を売上として計上することとしました。なお、前連結会計年度までは、翌1年間の間に回収される手数料額を売
        上計上する翌1年基準を採用した上で、将来にわたって入金される保険代理店手数料収入債権について、債権流動
        化により債権の売却を行った場合はPV収入として売上計上を行っておりました(前第1四半期連結累計期間
        656,096千円      )。そのため、PV収入対象部分については、収益認識会計基準等を適用した影響はございません。
        また、当第1四半期連結累計期間におきましても、引き続き債権流動化による資金調達を行っております。
         収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
        り、当第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1四半
        期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収
        益認識会計基準第86項に定める方法を適用し、当第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱いに従っ
        てほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計
        基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、当第1四半期連結会計期間の期首より前までに行われた契約変更
        について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、次の①から③の処理を行い、その累積的影響額を
        当第1四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
         ①  履行義務の充足分及び未充足分の区分
         ②  取引価格の算定
         ③  履行義務の充足分及び未充足分への取引価格の配分
         この結果、当第1四半期連結累計期間の売上高、営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益がそれぞれ
        が17,959千円増加しております。また、利益剰余金の当期首残高は88,006千円増加しております。
                                 13/21












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        (追加情報)
       (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
        (1)取引の概要
         (従業員持株会支援信託ESOP)
         当社は、2016年11月11日開催の取締役会において、中長期的な企業価値向上に対し、当社グループ従業員にイン
        センティブを付与することにより、労働意欲の向上を促すとともに、従業員持株会の活性化および安定的な財産形
        成の促進を図ることを目的として、従業員インセンティブ・プラン「従業員持株会支援信託ESOP」の導入を決議い
        たしました。
         当社がアドバンスクリエイト従業員持株会(以下「当社持株会」といいます。)に加入する従業員のうち一定の
        要件を充足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は信託期間中に当社持株会が取得すると見込まれる数の
        当社株式を、予め定める取得期間内に取得します。その後、当該信託は当社株式を毎月一定日に当社持株会に売却
        します。信託終了時に、株価の上昇により信託収益がある場合には、期間中に拠出した金額に応じて受益者たる従
        業員に金銭が分配されます。株価の下落により譲渡損失が生じ信託財産に係る債務が残る場合には、責任財産限定
        特約付金銭消費貸借契約の保証条項に基づき、当社が銀行に対して一括して弁済するため、従業員への追加負担は
        ありません。
         (株式給付信託(J-ESOP))
         当社は、2015年11月11日開催の取締役会において、当社の株価や業績と従業員の処遇の連動性をより高め、経済
        的な効果を株主の皆様と共有することにより、株価及び業績向上への従業員の意欲や士気を高めることを目的とし
        て、当社従業員に対して自社の株式を給付するインセンティブプラン「株式給付信託(J-ESOP)」の導入を決議
        いたしました。
         本制度は、予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社従業員に対して、当社株式を給
        付する仕組みです。
         当社は、当社従業員に対してポイントを付与し、一定の条件により受給権を取得したときに当該付与ポイントに
        相当する当社株式を給付します。当社従業員に対し給付する株式については、予め信託設定した金銭により将来分
        も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。
        (2)当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務
        上の取扱い」(実務対応報告第30号 2015年3月26日)を適用しております。
        (3)信託に残存する自社の株式
         (従業員持株会支援信託ESOP)
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式と
        して計上しております。           当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末218,182千円、117,100株、                                       当第
        1四半期連結会計期間末203,090千円、株式数は109,000株であります。
         (株式給付信託(J-ESOP))
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式と
        して計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末299,577千円、222,900株、当第
        1四半期連結会計期間末299,577千円、222,900株であります。
        (4)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
         総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額は、                         前連結会計年度末210,170千円、               当第1四半期連結会計期
        間末210,170千円であります。
       ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)

         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
                                 14/21






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※ 当社では、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約を締結しております。この契約
          に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                              (2018年9月30日)                  (2018年12月31日)
     当座貸越極度額                              1,900,000千円                  1,900,000千円
     借入実行残高                                  -千円               300,000千円
      差引額                             1,900,000千円                  1,600,000千円
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 代理店手数料戻入引当金繰入額
           売上高の控除項目として処理しており、金額は下記のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自 2017年10月1日                  (自 2018年10月1日
                              至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
     代理店手数料戻入引当金繰入額                                4,654千円                     -
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連
     結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2017年10月1日              (自    2018年10月1日
                              至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
     減価償却費                               103,493千円                  91,544千円
                                 15/21












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
          1.配当に関する事項
            配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
        (決議)        株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                              (円)
      2017年11月10日
                普通株式        273,541         25     2017年9月30日         2017年12月21日         利益剰余金
      取締役会
      (注)2017     年11月10日取締役会の決議による配当金の総額には、                         従業員持株会支援信託ESOPが保有する当社株式に対す
         る配当金3,420千円および            株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社株式に対する配当金5,572千円が含まれており
         ます。
          2.株主資本の著しい変動に関する事項

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

          1.配当に関する事項
            配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
        (決議)        株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                              (円)
      2018年11月12日
                普通株式        268,749         25     2018年9月30日         2018年12月20日         利益剰余金
      取締役会
      (注)2018     年11月12日取締役会の決議による配当金の総額には、                         従業員持株会支援信託ESOPが保有する当社株式に対す
         る配当金2,927千円および            株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社株式に対する配当金5,572千円が含まれており
         ます。
          2.株主資本の著しい変動に関する事項

            該当事項はありません。
                                 16/21










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結

                          報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                          合計
                                                (注)1       計上額
                   保険代理店事
                          メディア事業       再保険事業
                                                       (注)2
                      業
     売上高
                     2,044,809        111,553       177,002      2,333,364          -   2,333,364
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                      74,874         -       -     74,874      △ 74,874         -
      又は振替高
                     2,119,683        111,553       177,002      2,408,239       △ 74,874     2,333,364
            計
                      211,739       29,743       23,171      264,654         600     265,254
     セグメント利益
            (注)1.セグメント利益の調整額600千円にはセグメント間取引消去600千円が含まれております。
               2.セグメント利益は四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結

                          報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                          合計
                                                (注)1       計上額
                   保険代理店事
                          メディア事業       再保険事業
                                                       (注)2
                      業
     売上高
                     2,026,790        306,427       188,704      2,521,923          -   2,521,923
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                      145,109       22,419         -    167,529      △ 167,529         -
      又は振替高
                     2,171,900        328,846       188,704      2,689,452       △ 167,529      2,521,923
            計
                      163,934       87,472       21,293      272,700         600     273,300
     セグメント利益
            (注)1.セグメント利益の調整額600千円にはセグメント間取引消去600千円が含まれております。
               2.セグメント利益は四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
                                 17/21









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益額の算定の基礎は、
        以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 17円30銭               16円15銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       182,935               167,904
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       182,935               167,904
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              10,573,524               10,391,992
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                     -            16円00銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                  -             96,783
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
     (注)1.前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有してい
          る潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.株主資本において自己株式として計上されている                         信託  に残存する自社の株式は、「1株当たり四半期純利益金
          額」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
           (従業員持株会支援信託ESOP)
          1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は前第1四半期連結累計期間
          135,240株、当第1四半期連結累計期間115,564                      株であります。
           (株式給付信託(J-ESOP))
          1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は前第1四半期連結累計期間
          222,900株、当第1四半期連結累計期間                  222,900株であります。
                                 18/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       2018年11月12日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)        株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
      2018年11月12日
                普通株式       268,749         25     2018年9月30日         2018年12月20日         利益剰余金
      取締役会(注)
       (注)   2018年11月12日取締役会の決議による配当金の総額には、                           従業員持株会支援信託ESOPが保有する当社株式に対
          する配当金2,927千円および             株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社株式に対する配当金5,572千円が含まれて
          おります。
                                 19/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社アドバンスクリエイト(E05280)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社アドバンスクリエイト

      取締役会 御中

                              桜橋監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              立石 亮太   印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              富田 鉄平   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アドバ

     ンスクリエイトの2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年10月1日か
     ら2018年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アドバンスクリエイト及び連結子会社の2018年12月31日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      会計方針の変更に記載されているとおり、会社は第1四半期連結会計期間より、「収益認識に関する会計基準」(企業
     会計基準第29号 平成30年3月30日)及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平
     成30年3月30日)を早期適用している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.   XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれておりません。
                                 21/21


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。