株式会社インテージホールディングス 四半期報告書 第47期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第47期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社インテージホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                      四半期報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      平成31年2月12日

    【四半期会計期間】                      第47期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)

    【会社名】                      株式会社インテージホールディングス

    【英訳名】                      INTAGE    HOLDINGS     Inc.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  宮 首 賢 治

    【本店の所在の場所】                      東京都千代田区神田練塀町3番地 インテージ秋葉原ビル

    【電話番号】                      03-5294-7411

    【事務連絡者氏名】                      取締役  池 谷 憲 司

    【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区神田練塀町3番地 インテージ秋葉原ビル

    【電話番号】                      03-5294-7411

    【事務連絡者氏名】                      取締役  池 谷 憲 司

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                      第46期       第47期

           回次         第3四半期連結       第3四半期連結          第46期
                      累計期間       累計期間
                     自 平成29年       自 平成30年       自 平成29年
                       4月1日         4月1日         4月1日
          会計期間
                     至 平成29年       至 平成30年       至 平成30年
                       12月31日         12月31日         3月31日
     売上高            (千円)     35,040,730       36,961,693       50,499,807
     経常利益            (千円)      2,656,217       2,254,710       4,311,133

     親会社株主に帰属する
                 (千円)      1,852,697       1,578,550       3,050,644
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益
                 (千円)      1,816,184       1,228,777       3,062,675
     又は包括利益
     純資産額            (千円)     24,781,745       27,887,018       27,428,625
     総資産額            (千円)     38,292,347       42,206,594       41,486,554

     1株当たり四半期
                 (円)        46.38       38.36       76.08
     (当期)純利益
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期             (円)         ─      38.15       75.94
     (当期)純利益
     自己資本比率             (%)        64.21       65.64       65.51
                      第46期       第47期

           回次         第3四半期連結       第3四半期連結
                      会計期間       会計期間
                     自 平成29年       自 平成30年
                       10月1日         10月1日
          会計期間
                     至 平成29年       至 平成30年
                       12月31日         12月31日
     1株当たり四半期
                 (円)        21.14       18.70
     純利益
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.第46期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式がないため
         記載しておりません。
       4.平成29年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第46期の期首に当該株
         式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当
         期)純利益を算定しております。
       5.1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に、役員向け
         株式給付信託として保有する当社株式を含めております。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業の内容に重要
     な変更はありません。
      また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
     (マーケティング支援(ヘルスケア)事業)
       第1四半期連結会計期間において、ジュニコン㈱の株式を取得し連結子会社にしております。
       第2四半期連結会計期間において、㈱協和企画の株式を取得し連結子会社にしております。
       当第3四半期連結会計期間において、ジュニコン㈱は、当社の連結子会社である㈱アンテリオを存続会社とする
      吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
     (ビジネスインテリジェンス事業)

       当第3四半期連結会計期間において、エヌ・エス・ケイ㈱の株式を取得し連結子会社にしております。
                                  3/23
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
      連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
      連結会計年度との比較・分析を行っております。
     (1)財政状態及び経営成績の状況

        当第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日)におけるわが国経済は、日銀の金融緩和
       政策や政府の経済対策等により、総じて緩やかな景気回復が続きました。海外経済は、米国において着実に景気回
       復が続いているものの、アジアの一部では景気持ち直しに足踏みが見られるなど不確実な状況が続いております。
       先行きについては、国内は雇用・所得環境の改善が続くなかで緩やかな回復が続くことが期待されますが、米国の
       政策リスクによる海外経済の不確実性、通商問題の動向、金融資本市場の変動の影響を注視する必要があります。
        一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会が2018年7月に発表した『第43回経営業務実態調査』による
       と、2017年度の国内マーケティング・リサーチ市場規模は2,147億円、前年の2,099億円と比較すると2.3%増加は
       しているものの、その伸び率は前年の7.9%と比較すると鈍化しております。また、調査の内容としては、パネル調
       査が688億円(前年比1.6%増)、アドホック調査(※1)は1,332億円(前年比3.9%増)となっております。
        このような状況の中、当社グループは、第12次中期経営計画の2年目となる当連結会計年度において、引き続き
       「“Take     the  Initiative”       ~データ活用の領域で先手を取れ~」をグループ基本方針として掲げ、グループの持
       続的成長や企業価値向上を目指して、次世代サービス開発ならびに積極的な事業投資及びR&D活動を継続して実
       行しております。
        お客様のマーケティングアクションにおいて、多様なデータを駆使したリアルタイムな対応が求められるように
       なってきております。当社グループは、長年に渡り培ってきたデータハンドリング技術を基盤として、パネルデー
       タを始めとする当社グループの持つ代表性の高いデータの更なる価値向上や、高品質な提供データのラインナップ
       の充実化を図るとともに、外部データの高速処理システムの開発やプラットフォームの構築を進めるなどのアク
       ションを通じて、変化し続けるお客様のニーズに応える企業でありたいと考えております。
        上記方針のもと、各セグメントにおいて既存事業の着実な案件獲得に努めた一方、成長や新たなサービス開発の
       ための各種投資も開始しております。
        マーケティング支援(消費財・サービス)事業においては、当事業セグメントの中核を担う株式会社インテージ
       において、2019年1月にテストデータの提供、2020年以降にサービス開始予定であるSRI(全国小売店パネル調
       査)の進化版『SRI+』に係る設計及び開発等に注力したほか、シナジーの大きい外部企業との業務提携や協業
       を通じた新たなサービスや共同研究・検証などを次々と発表いたしました。(※2)
        マーケティング支援(ヘルスケア)事業においては、統合によるシナジー効果の発揮あるいは新たな事業分野へ
       の投資を目的として、株式会社アンテリオと株式会社アスクレップの経営統合により新会社「株式会社インテージ
       ヘルスケア」が2019年4月1日に発足いたします。                         また、本年度ヘルスケア事業ではM&Aによるアセットの充
       実化を図っており、2018年6月には株式会社アンテリオにおいて、医療機器分野における強みと医療経済分析のノ
       ウハウを持つジュニコン株式会社を子会社化し、10月に吸収合併したほか、2018年9月には、株式会社アスクレッ
       プにおいて、医療に係るプロモーション事業、エデュケーション事業、データソリューション事業、ヘルステック
       事業を展開する株式会社協和企画を子会社化いたしました。
        ビジネスインテリジェンス事業においては、当該セグメントの拡張を目途として2018年3月にシステムの開発及
       び運用支援等を行う株式会社ビルドシステムを子会社化し、2018年10月には、製造業を中心としたさまざまな業種
       におけるシステム開発実績を保有し、これらの実績を通して蓄積されたシステム開発力、及び生産・購買・販売・
       会計などの業務ノウハウを強みとしたソフトウェア事業を展開するエヌ・エス・ケイ株式会社を子会社化いたしま
       した。
                                  4/23


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
        なお、昨年スタートした働き方改革についても、当社グループの最大の資産である人材の有効活用、付加価値向
       上、生産性向上を目指した取り組みを加速しております。
        この結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高36,961百万円(前年同期比5.5%増)、営
       業利益2,291百万円(同4.6%減)、経常利益2,254百万円(同15.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は
       1,578百万円(同14.8%減)となりました。
        事業分野別の状況は次のとおりであります。

       ①  マーケティング支援(消費財・サービス)事業
        マーケティング支援(消費財・サービス)事業の連結業績は、売上高22,760百万円(前年同期比0.7%増)、営
       業利益811百万円(同17.1%減)の増収減益となりました。
         当事業では、主力事業であるパネル調査が堅調に推移しております。カスタムリサーチにつきましては、WE
       B調査の売上が前年割れの状況となっておりますが、WEB調査以外のカスタムリサーチは好調に推移しておりま
       す。特にプロダクト評価を主としたCLT(※3)や日系企業からの海外における調査、株式会社インテージリ
       サーチにおける官公庁案件が売上に寄与しており、また、ここ近年株式会社インテージで取り組んでいる顧客深耕
       やマーケティングPDCA支援といった取り組みに対し成果が出始めております。
        一方、急速に伸長するデジタルメディア広告の効果計測に関して、GDPR施行などの環境変化を受けて、新た
       な計測手法の開発も強化しております。 引き続き、国内事業における着実な案件積上げの実施と併せて、新たな
       調査手法やサービス開発を見据えたR&D活動も実施していく予定です。
        海外事業については、中国及びシンガポールが好調であった反面、香港、インドネシア、タイは計画に対し厳し
       い状況となりました。
        利益面については、売上高が微増にとどまったことや前述のSRIのリニューアルに係る設計及び開発の影響を
       受けております。
       ②  マーケティング支援(ヘルスケア)事業
        マーケティング支援(ヘルスケア)事業の連結業績は、売上高9,437百万円(前年同期比12.3%増)、営業利益
       は1,237百万円(同10.7%増)の増収増益となりました。
        当事業では、株式会社アンテリオにおいて医療用医薬品に係るカスタムリサーチ及び一般用医薬品に係るパネル
       調査が好調に推移しており、売上だけでなく利益にも大きく寄与しました。その中でもプロモーション活動評価や
       医師に対するライトなWEBアンケートは活況を呈しております。
        一方、株式会社アスクレップにおいては、メインの業務であるCRO(医薬品開発業務受託機関)の製造販売後
       調査に関して、前期末の受注残高が減少していたことを踏まえ、当期においては受注案件の積上げを図るべく安全
       性管理業務などの案件獲得に尽力しております。また、国や政府での医療費抑制やMID-NET(※4)導入な
       どに見られる能動的なデータ収集の影響やそれらに伴う製薬メーカーの経営方針や開発内容の変化に伴い、同社の
       CRO事業分野の中長期的な成長に影響が生じることが予想されますが、引き続き外部環境の変化等に対応しRP
       A(Robotic      Process    Automation)の導入等業務効率化に伴う人件費の削減により収益性の向上を図ります。
        また、前述のとおり新たに吸収合併したジュニコン株式会社、子会社化した株式会社協和企画が売上に貢献して
       おります。
        利益面については、株式会社アスクレップの売上減少に加え、医薬品の安全性情報管理や患者会支援サービスな
       どの新規事業に係る投資費用が増加したものの、株式会社アンテリオの売上増及び利益良化により増益となってお
       ります。
       ③  ビジネスインテリジェンス事業
        ビジネスインテリジェンス事業の連結業績は、売上高4,764百万円(前年同期比18.2%増)、営業利益242百万円
       (同20.6%減)と増収減益となりました。
         当事業では、生命保険分野での開発案件や旅行分野での開発案件及び運用案件増加に加え、子会社化した株式
       会社ビルドシステム及びエヌ・エス・ケイ株式会社の貢献により売上が伸長しました。株式会社インテージテクノ
       スフィアにおいては、AIを使った製造業における異常検知に関する業務などの引き合いが増加、また2018年6月
       にはNetBase          Japan株式会社と連携しSNSのデータを活用したコーポレート・マーケティングや企
       業全体の事業戦略を支援するソーシャルインテリジェンス事業を共同で立ち上げる検討を開始するリリースを公表
       するなど、新たな取り組みも実施しております。併せて、各分野でも着実な案件獲得を実施してまいります。
        利益面については、一部不採算案件の影響により減益となっております。
      (資産)

                                  5/23

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
       流動資産は、前連結会計年度末に比べ2,129百万円減少し、24,510百万円となりました。これは、仕掛品が1,836
      百万円増加したものの、現金及び預金が2,048百万円、受取手形及び売掛金が2,162百万円減少したことなどによる
      も のです。
       固定資産は、前連結会計年度末に比べ2,849百万円増加し、17,696百万円となりました。これは、投資有価証券が
      1,651百万円、のれんが513百万円、繰延税金資産が166百万円増加したことなどによるものです。
       この結果、総資産は720百万円増加し、42,206百万円となりました。
      (負債)
       流動負債は、前連結会計年度末に比べ356百万円増加し、11,958百万円となりました。これは、賞与引当金が749
      百万円減少したものの、短期借入金が1,115百万円増加したことなどによるものです。
       固定負債は、前連結会計年度末に比べ94百万円減少し、2,361百万円となりました。これは、長期借入金が105百
      万円減少したことなどによるものです。
       この結果、負債合計は261百万円増加し、14,319百万円となりました。
      (純資産)
       純資産合計は、前連結会計年度末に比べ458百万円増加し、27,887百万円となりました。これは、その他有価証券
      評価差額金が201百万円、非支配株主持分が66百万円減少したものの、利益剰余金が750百万円増加したことなどに
      よるものです。
       ※1 アドホック調査は、当社グループではカスタムリサーチと表現しています

       ※2    2018年4月10日 インテージ、リサーチ・アンド・イノベーションと資本業務提携 ~商品マスタ等の共同
          構築の開始~
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180410.html
          2018年5月8日 インテージ、Datorama                   Japanと業務提携で基本合意 ライブモニタリング領域での業務提
          携に向けて
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180508.html
          2018年5月24日 インテージ、サイカと業務提携 複雑な分析をより簡単に 知識と技術の融合で働き方改
          革を支援する
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180524.html
          2018年5月25日 インテージ、DataSignと生活者起点のパーソナルデータ流通・活用の共同研究・実証を開
          始
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180525.html
          2018年6月12日 「INTAGE             connect」経由でネットリサーチデータの提供開始 ~Post                            Evaluationから
          Live   Monitoringで働き方改革を支援する~
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180612.html
          2018年6月21日 NECとインテージ、食品ロス・廃棄の解決に向け、バリューチェーン全体で需給を最適化
          するビジネスで協業
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180621.html
          2018年6月28日 インテージ、国立情報学研究所と提携し研究用データセットの提供を開始
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180628_1.html
          2018年7月11日 インテージ、エム・データと協働で全国CMマスタを開発、販売
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180711.html
          2018年8月22日 CyberBull、インテージ、リサーチ・アンド・イノベーションが連携し売上目標から逆算
          したWeb動画広告の必要出稿量を可視化する取り組みを開始
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180822.html
          2018年8月29日 ビッグデータの利活用促進に向けて商品情報を一元化した「統合商品マスター」の構築開
          始
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180829.html
          2018年9月19日 インテージ、マーケティング業務におけるデータ活用と意思決定を支援するアプリケー
          ション「iTree」を開発
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180919.html
          2018年10月9日 インテージ、米DataRobot社とパートナー契約を締結
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20181009.html
          2018年10月16日 インテージ、MDパートナーズとキャンペーン施策の実行と効果検証領域で共同取り組みを
          開始
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20181016.html
          2018年10月18日 インテージ、エム・データと協働で開発した「全国CMマスタ」の販売開始
          https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20181018.html
                                  6/23

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
       ※3 CLTはCentral           Location     Testの略語で、会場に対象者を集めて調査する手法
       㯿ᐰÿⷿ⧿⓿෿⻿◿㓿ࠀ䴀攀搀椀挀愀               Information      Database     Network)は、国の事業で構築されたデータベースシステ
          ムで、国内の協力医療機関が保有する電子カルテやレセプト等の電子診療情報をデータベース化して、それ
          らを解析するためのシステム
     (2)   研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間において研究開発費は発生しておりません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等は行われておりません。
                                  7/23

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    148,000,000

                 計                                   148,000,000

       ②  【発行済株式】

            第3四半期会計期間                     上場金融商品取引所

                       提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                     名又は登録認可金融                内容
                       (平成31年2月12日)
            (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
      普通株式           41,426,000           41,426,000                単元株式数は100株であります。
                                  (市場第一部)
       計         41,426,000           41,426,000           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年12月31日                 -   41,426,000           -   2,378,706           -   2,033,994
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/23






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                              平成30年12月31日現在
          区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―           ―              ―

                    (自己保有株式)

                                          権利内容に何ら限定のない当社
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                    普通株式       10,400
                                          における標準となる株式
                    普通株式     41,405,500

     完全議決権株式(その他)                                 414,055           同上
                    普通株式       10,100

     単元未満株式                               ―             同上
     発行済株式総数                    41,426,000           ―              ―

     総株主の議決権                    ―             414,055            ―

     (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、役員向け株式給付信託として保有する当社株式255,900株
        (議決権の数2,559個)が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                              平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
      (自己保有株式)           東京都千代田区
      株式会社インテージ            神田練塀町3番地                10,400         -     10,400        0.03
      ホールディングス           インテージ秋葉原ビル
          計              ―          10,400         -     10,400        0.03
    (注)上記には、役員向け株式給付信託として保有する当社株式255,900株(議決権の数2,559個)を含めておりません。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/23








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
     財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/23

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              11,631,592               9,582,633
        受取手形及び売掛金                              12,779,463              10,617,092
        商品                                  -            16,963
        仕掛品                               1,270,312              3,106,956
        貯蔵品                                85,319              87,165
        その他                                877,071             1,104,530
                                        △ 4,394             △ 5,268
        貸倒引当金
        流動資産合計                              26,639,364              24,510,073
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,447,924              1,474,521
         器具備品(純額)                              324,652              344,448
         土地                             1,998,156              1,998,156
         リース資産(純額)                              494,066              517,978
                                           0              0
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             4,264,800              4,335,105
        無形固定資産
         のれん                              130,100              643,154
                                       1,676,412              1,728,287
         その他
         無形固定資産合計                             1,806,512              2,371,441
        投資その他の資産
         投資有価証券                             5,311,713              6,963,400
         繰延税金資産                             1,853,627              2,020,335
         その他                             1,617,778              2,016,741
                                        △ 7,241             △ 10,503
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             8,775,877              10,989,973
        固定資産合計                              14,847,190              17,696,520
      資産合計                                41,486,554              42,206,594
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               2,864,083              2,945,069
                                     ※  2,057,341             ※  3,172,456
        短期借入金
        リース債務                                230,934              230,527
        未払法人税等                                423,606               91,701
        賞与引当金                               1,729,976               980,524
        ポイント引当金                               1,435,446              1,415,882
        株式給付引当金                                 1,969                -
                                       2,858,490              3,121,853
        その他
        流動負債合計                              11,601,848              11,958,015
      固定負債
        長期借入金                                408,880              302,917
        リース債務                                318,541              338,811
        株式給付引当金                                106,397               92,144
        役員退職慰労引当金                                  -            75,890
        退職給付に係る負債                               1,617,444              1,412,547
        資産除去債務                                  -            96,221
                                         4,815              43,026
        その他
        固定負債合計                               2,456,079              2,361,559
      負債合計                                14,057,928              14,319,575
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,378,706              2,378,706
        資本剰余金                               1,849,196              1,849,196
        利益剰余金                              21,997,935              22,748,175
                                       △ 200,946             △ 184,259
        自己株式
        株主資本合計                              26,024,891              26,791,818
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                848,942              647,499
        為替換算調整勘定                                421,385              375,290
                                       △ 117,265             △ 111,556
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               1,153,062               911,233
      新株予約権                                  16,017              16,017
      非支配株主持分                                 234,654              167,950
      純資産合計                                27,428,625              27,887,018
     負債純資産合計                                 41,486,554              42,206,594
                                 12/23







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
         【四半期連結損益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 35,040,730              36,961,693
                                      24,685,075              26,060,924
     売上原価
     売上総利益                                 10,355,654              10,900,769
     販売費及び一般管理費                                  7,953,257              8,609,562
     営業利益                                  2,402,397              2,291,206
     営業外収益
      受取利息                                  9,604              4,948
      受取配当金                                 230,821               67,117
      持分法による投資利益                                  86,575              31,897
                                        76,964              60,447
      その他
      営業外収益合計                                 403,966              164,411
     営業外費用
      支払利息                                  16,158              14,313
      投資事業組合運用損                                 107,991              112,070
                                        25,996              74,522
      その他
      営業外費用合計                                 150,146              200,906
     経常利益                                  2,656,217              2,254,710
     特別利益
                                          -            42,486
      負ののれん発生益
      特別利益合計                                    -            42,486
     特別損失
                                          -            59,975
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                    -            59,975
     税金等調整前四半期純利益                                  2,656,217              2,237,221
     法人税等                                   895,951              760,994
     四半期純利益                                  1,760,265              1,476,227
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 92,432             △ 102,322
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  1,852,697              1,578,550
                                 13/23









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                  1,760,265              1,476,227
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  52,542             △ 201,206
      為替換算調整勘定                                 △ 1,404             △ 52,779
      退職給付に係る調整額                                  4,719              5,708
                                          61              827
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  55,918             △ 247,450
     四半期包括利益                                  1,816,184              1,228,777
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                1,913,787              1,336,721
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 97,603             △ 107,944
                                 14/23















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (1)  連結の範囲の重要な変更
        第1四半期連結会計期間において、ジュニコン㈱の株式を取得し連結の範囲に含めております。
        第2四半期連結会計期間において、㈱協和企画の株式を取得し連結の範囲に含めております。
        当第3四半期連結会計期間において、エス・エヌ・ケイ㈱の株式を取得し連結の範囲に含めております。
        また、当第3四半期連結会計期間において、ジュニコン㈱は、当社の連結子会社である㈱アンテリオを存続会
       社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
      (2)  持分法適用の範囲の重要な変更

         該当事項はありません。
     (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

      (税金費用の計算)
       当社及び連結子会社は、税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利
      益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算し
      ております。ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる会社について
      は、重要な加減算項目を加味し、法定実効税率を使用して計算しております。
       なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
     (追加情報)

      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
                                 15/23












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     (四半期連結貸借対照表関係)
      㬀  当社においては、資金調達の安定性を確保しつつ、必要に応じた機動的な資金調達を行うことにより、資金効率
      の向上を図ることを目的としてコミットメントライン契約を締結しております。
        四半期連結会計期間末におけるコミットメントライン契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
        なお、本契約には財務制限条項が付されております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        コミットメントライン設定金額                          3,000,000千円                 5,000,000千円
                                 2,000,000     〃            3,000,000     〃
        借入実行残高
        借入未実行残高                          1,000,000千円                 2,000,000千円
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれん償却額は、次のと
      おりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        減価償却費                          1,045,352千円                  946,298千円
                                   36,342    〃             53,212    〃
        のれん償却額
                                 16/23













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     平成29年6月27日                                       平成29年         平成29年
               普通株式      利益剰余金         703,948         35.0
     定時株主総会                                       3月31日         6月28日
    (注)平成29年6月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、株式給付信託が保有する当社株式に対する配当
       金5,053千円が含まれております。
     2.基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発生日が

      当四半期連結会計期間の末日後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の金額の著しい変動

       第1四半期連結会計期間において、当社の連結子会社であるINTAGE                                VIETNAM    LIMITED    LIABILITY     COMPANYの株式
      を追加取得いたしました。また、第2四半期連結会計期間において、当社の連結子会社である株式会社IXTは第三者
      割当増資の払込みを受けました。この結果、当第3四半期連結累計期間において、資本剰余金が184,734千円減少
      し、当第3四半期連結会計期間末において資本剰余金が1,151,864千円となっております。
     当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
                                           平成30年         平成30年
     平成30年6月27日
               普通株式      利益剰余金         828,311          20
     定時株主総会
                                           3月31日         6月28日
    (注)平成30年6月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、株式給付信託が保有する当社株式に対する配当金
       5,593千円が含まれております。
     2.基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発生日が

      当四半期連結会計期間の末日後となるもの
       該当事項はありません。
                                 17/23









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                               報告セグメント
                                                   合計
                              マーケティング支援           ビジネス
                     マーケティング支援
                                                  (千円)
                               (ヘルスケア)         インテリジェンス
                     (消費財・サービス)
                        (千円)
                                 (千円)         (千円)
     売上高
       外部顧客への売上高                   22,610,713          8,400,574         4,029,442         35,040,730

       セグメント間の内部売上高
                            -         -         -         -
       又は振替高
            計            22,610,713          8,400,574         4,029,442         35,040,730
     セグメント利益                     978,991        1,117,770          305,635        2,402,397

     (注) セグメント利益の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
    Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                               報告セグメント
                                                   合計
                              マーケティング支援           ビジネス
                     マーケティング支援
                                                  (千円)
                               (ヘルスケア)         インテリジェンス
                     (消費財・サービス)
                        (千円)
                                 (千円)         (千円)
     売上高
       外部顧客への売上高                   22,760,220          9,437,144         4,764,329         36,961,693

       セグメント間の内部売上高
                            -         -         -         -
       又は振替高
            計            22,760,220          9,437,144         4,764,329         36,961,693
     セグメント利益                     811,420        1,237,164          242,621        2,291,206

     (注) セグメント利益の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
                                 18/23









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     (企業結合等関係)
     1.取得による企業結合
      (1)  企業結合の概要
        ①  被取得企業の名称及びその事業の内容
         被取得企業の名称          エヌ・エス・ケイ株式会社
         事業の内容                ビジネスインテリジェンス事業
        ②  企業結合を行った主な理由
         製造業を中心としたさまざまな業種におけるシステム開発実績を持つエヌ・エス・ケイ株式会社をグループ
        会社とすることにより、株式会社インテージテクノスフィアとの共同提案による営業活動やシステム開発体制
        の強化を実現し、更なる事業拡大と企業価値向上を図ることを目的として、同社を子会社化いたしました。
        ③  企業結合日
         平成30年9月30日(みなし取得日)
        ④  企業結合の法的形式
         現金を対価とする株式の取得
        ⑤  結合後企業の名称
         名称の変更はありません。
        ⑥  取得した議決権比率
         100%
        ⑦  取得企業を決定するに至った主な根拠
         現金を対価として株式を取得したため
      (2)  四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

        平成30年10月1日から平成30年12月31日まで
      (3)  被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

         取得の対価       現金         220,000千円
         取得原価                220,000千円
     (4)  発生した負ののれん発生益の金額及び発生原因

        ①  発生した負ののれん発生益の金額
         42,486千円
        ②  発生原因
         取得企業の取得原価が企業結合時における時価純資産を下回ったため、その差額を負ののれん発生益として
        認識しております。
                                 19/23








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     2.企業結合に係る暫定的な会計処理の確定
       平成30年3月31日に行われたジュニコン株式会社との企業結合について、第1四半期連結会計期間において暫定的
      な会計処理を行っておりましたが、当第3四半期連結会計期間に確定しております。なお、のれんの金額に修正は生
      じておりません。
       また、平成30年9月30日に行われた株式会社協和企画との企業結合について、第2四半期連結会計期間において暫
      定的な会計処理を行っておりましたが、当第3四半期連結会計期間に確定しております。この結果、暫定的に算定さ
      れたのれんの金額265,336千円は、会計処理の確定により58,694千円増加し、324,030千円となりました。
     3.共通支配下の取引等

      連結子会社間の吸収合併
       (1)   取引の概要
        ①  結合当事企業の名称及びその事業の内容
         結合企業の名称  株式会社アンテリオ
         事業の内容    マーケティング支援(ヘルスケア)事業
         被結合企業の名称 ジュニコン株式会社
         事業の内容    マーケティング支援(ヘルスケア)事業
        ②  企業結合日
         平成30年10月1日
        ③  企業結合の法的形式
         株式会社アンテリオを存続会社、ジュニコン株式会社を消滅会社とする吸収合併
        ④  結合後企業の名称
         株式会社アンテリオ
        ⑤  その他取引の概要に関する事項
         本合併は、マーケティング支援(ヘルスケア)事業における経営の効率化、シナジー効果の最大化を目的と
        しております。
      (2)  実施した会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日)および「企業結合会計基準及び事業
       分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                               平成25年9月13日)に基づき、共通支配下
       の取引として処理しております。
                                 20/23









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
     次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)              至 平成30年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                        46円38銭               38円36銭
     (算定上の基礎)
                                                      1,578,550
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                  1,852,697
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―              ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                                      1,578,550
                                       1,852,697
      四半期純利益(千円)
                                                       41,151
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   39,942
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                            ―           38円15銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      ―              ―
                                                         223
      普通株式増加数(千株)                                      ―
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―               ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式がないため記載
         しておりません。
       2.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益の
         算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
         1株当たり四半期純利益の算定上、前第3四半期連結累計期間において、控除した当該自己株式の期中平均
         株式数は282千株であり、当第3四半期連結累計期間において、控除した当該自己株式の期中平均株式数は
         264千株であります。
       3.当社は、平成29年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年
         度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半
         期純利益を算定しております。
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                 21/23







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社インテージホールディングス(E05239)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    株式会社インテージホールディングス
     取締役会 御中
                       PwCあらた有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士        小 沢 直 靖          印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士        矢 野 貴 詳          印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社イン

    テージホールディングスの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成
    30年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)
    に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及
    び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。 
    監査人の責任 

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社インテージホールディングス及び連結子会社の平成30年
    12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じ
    させる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。