株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 四半期報告書 第20期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   四半期報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   2019年2月12日
      【四半期会計期間】                   第20期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                   株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング
      【英訳名】                   NEWTON    FINANCIAL     CONSULTING,Inc.
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  山岸 英樹
      【本店の所在の場所】                   東京都新宿区新宿五丁目17番18号
      【電話番号】                   03-6233-0300
      【事務連絡者氏名】                   管理本部長  牧瀬 正典
      【最寄りの連絡場所】                   東京都新宿区新宿五丁目17番18号
      【電話番号】                   03-6233-0352
      【事務連絡者氏名】                   管理本部長  牧瀬 正典
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/28













                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第19期           第20期
              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第19期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

             会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                                  19,414           20,425           27,504
     売上高
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 6,555   )        ( 6,914   )
     税引前四半期利益又は税引前利
                     (百万円)              3,033           2,657           5,053
     益
     親会社の所有者に帰属する四半
                                  2,168           1,821           3,866
     期(当期)利益               (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                              ( 703  )         ( 596  )
     親会社の所有者に帰属する四半
                     (百万円)              2,168           1,828           3,854
     期(当期)包括利益
                     (百万円)             10,965           12,420           11,954
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)             23,491           26,164           25,906
     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当
                                  118.93           100.39           212.21
     期)利益                (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 38.59   )        ( 32.83   )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)            118.93           100.39           212.21
     期)利益
                      (%)             46.7           47.5           46.1
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)               741          1,968           3,080
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              △ 29          △ 401           258
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 2,521          △ 1,018          △ 3,341
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)              4,809           7,165           6,615
     (期末)残高
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は、要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については
           記載しておりません。
         3.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいてお
           ります。
         4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在していないた
           め、基本的1株当たり四半期(当期)利益と同額にて表示しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び関係会社)が営む事業内容について、重要な変更は
       ありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/28





                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日~2018年12月31日)における我が国経済は、自然災害等の影響によ
        り景気回復が一時的に減速しましたが、企業収益の回復、雇用・所得環境の改善は緩やかに続いており、国内景気
        は底堅い改善が続いております。一方、海外情勢は、世界的な貿易摩擦や、欧米の政治的な混乱等により実体経済
        への減速リスクが懸念されており、先行き不透明感が高まる状況となりました。
         このような中、当社グループは、保険サービス事業を柱とした比較サイト、店舗及びコールセンターによる販売
        網の連携強化、保険商品と親和性の高いウォーターサーバー等の販売・拡充に努めてまいりました。当第3四半期
        連結累計期間の業績は、保険サービス事業における店舗の出店を積極的に行ったこと等により、                                            売上高が20,425百
        万円(前年同期比5.2%増)、営業利益が2,868百万円(同4.2%減)、税引前四半期利益が2,657百万円(同12.4%
        減)、親会社の所有者に帰属する四半期利益が1,821百万円(同16.0%減)となりました。
         セグメント別の業績は次のとおりであります。

        <保険サービス事業>
         保険サービス事業におきましては、コールセンター・店舗・WEB・訪問の4つのチャネルを通じて、保険募集
        活動を行っております。店舗と訪問による販売網を拡充しつつ、生産性の向上、収益の改善にむけて4つのチャネ
        ルの販売網の連携強化に注力しております。消費者が保険に加入する販路の1つとして、保険代理店の認知度が向
        上していることや、積極的な店舗の出店による先行投資を実施したことにより、                                     当第3四半期連結累計期間の保険
        サービス事業の売上高は14,684百万円(前年同期比7.4%増)、営業利益は2,488百万円(同2.5%減)となりまし
        た。
        <派遣事業>

         派遣事業におきましては、派遣先企業へ保険募集活動を行う従業員を派遣しております。専門的な人材に関する
        派遣ニーズは、労働力不足を背景に一定数あり、新規派遣先の開拓及び派遣人員の質を高めることによる派遣先企
        業での収益率の向上に注力しております。当第3四半期連結累計期間においては、新規派遣先との取引開始による
        人員増加により、売上高は3,460百万円(前年同期比1.1%増)、営業利益は684百万円(同13.5%増)となりまし
        た。
        <ITサービス事業>

         ITサービス事業は、㈱ウェブクルーが行う保険、引越し、車買取りなどの分野で運用する一括見積もり・資料
        請求サイト「保険スクエアbang!自動車保険」「ズバット引越し比較」「ズバット車買取比較」を中心とした顧客
        情報提供サービスであります。              当第3四半期連結累計期間のITサービス事業の売上高は2,489百万円(前年同期
        比2.6%増)となりましたが、前第2四半期連結累計期間に計上した不動産事業の事業譲渡等の計上がないため、
        営業利益は118百万円(同77.3%減)となりました。
                                  3/28






                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
                   前連結会計年度末                                 増減
                               当第3四半期連結会計期間末
                          百万円               百万  円             百万  円
                          25,906               26,164
       資産                                                  257
                          14,111               13,726
       負債                                                 △385
                                         12,437
                          11,795
       資本                                                  642
         資産は、現金及び現金同等物の増加等により、前連結会計年度末に比べて257百万円増加の26,164百万円となり
        ました。
         負債は、未払法人所得税の減少等により、前連結会計年度末に比べて385百万円減少の13,726百万円となりまし
        た。
         資本は、四半期利益の計上等により、前連結会計年度末に比べて642百万円増加の12,437百万円となりました。
       (3)キャッシュ・フローの状況

                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                                       百万円                 百万円
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                  741                1,968
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △29                 △401
       財務活動によるキャッシュ・フロー                               △2,521                 △1,018
       現金及び現金同等物の四半期末残高                                 4,809                 7,165
        営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期利益の計上等により、1,968百万円の収入となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産及び無形資産の取得等により、401百万円の支出となりまし
       た。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払等により、1,018百万円の支出となりました。
        以上の結果、現金及び現金同等物の当第3四半期連結会計期間末残高は、7,165百万円となりました。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結はありません。
                                  4/28








                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          76,428,000
                  計                                76,428,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (2019年2月12日)
               (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所
     普通株式              19,107,000             19,107,000         JASDAQ         単元株式数 100株
                                        (スタンダード)
        計           19,107,000             19,107,000            -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                      -   19,107,000            -      2,237         -      2,137
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/28






                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                       -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -
     議決権制限株式(その他)                       -             -             -
                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -             -
                        普通株式  1,018,400
                        普通株式       18,087,700
     完全議決権株式(その他)                                      180,877           -
     単元未満株式                  普通株式     900                  -            (注)
     発行済株式総数                        19,107,000            -             -
     総株主の議決権                       -               180,877          -
     (注)「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式4株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義       他人名義       所有株式数
         所有者の氏名
                             所有株式数       所有株式数        の合計       に対する所有
                    所有者の住所
          又は名称
                               (株)       (株)       (株)
                                                   株式数の割合(%)
                   東京都新宿区新宿
     株式会社ニュートン・フィナ
                               1,018,400           -    1,018,400            5.33
                   5丁目17-18
     ンシャル・コンサルティング
                       -        1,018,400           -    1,018,400            5.33
           計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/28









                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
        当社の要約四半期連結財務諸表に掲記される科目、その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載してお
       りましたが、第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間より百万円単位で記載することに変更致しまし
       た。なお、比較を容易にするため、前連結会計年度、前第3四半期連結会計期間及び前第3四半期連結累計期間につ
       いても百万円単位に組替え表示しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、有限責任             あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/28
















                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                                   当第3四半期
                                    前連結会計年度
                                                   連結会計期間
                              注記
                                   (2018年3月31日)
                                                 (2018年12月31日)
     資産
     流動資産
      現金及び現金同等物                                     6,615              7,165
      営業債権及びその他の債権                                     4,646              4,067
      その他の金融資産                                       6              7
                                            402              618
      その他の流動資産
     流動資産合計                                      11,671              11,858
     非流動資産

      有形固定資産                                     1,504              1,415
      のれん                                     9,376              9,376
      無形資産                                      519              550
      持分法で会計処理されている投資                                      348              263
                                                         1,898
      その他の金融資産                        6             1,701
                                                          790
      繰延税金資産                                      771
                                                           9
                                             13
      その他の非流動資産
     非流動資産合計                                      14,235              14,305
                                           25,906              26,164
     資産合計
     負債及び資本

     負債
     流動負債
      営業債務及びその他の債務                                     1,487              1,208
      社債及び借入金                        6              883             2,033
      その他の金融負債                                       3             63
      未払法人所得税                                      546              223
      引当金                                      176              -
      返金負債                                       -             192
                                           2,051              1,870
      その他の流動負債
     流動負債合計                                      5,148              5,591
     非流動負債

      社債及び借入金                        6             8,191              7,356
                                                           11
      その他の金融負債                                       12
      確定給付負債                                      414              443
                                            344              323
      引当金
     非流動負債合計                                      8,963              8,134
     負債合計                                      14,111              13,726
     資本

     親会社の所有者に帰属する持分
                                                         2,237
      資本金                                     2,237
                                                          837
      資本剰余金                                      781
      自己株式                                    △1,400              △1,539
      その他の資本の構成要素                                       15              -
                                           10,320              10,884
      利益剰余金
     親会社の所有者に帰属する持分合計
                                           11,954              12,420
                                                           17
                                           △158
     非支配持分
     資本合計                                      11,795              12,437
                                           25,906              26,164
     負債及び資本合計
                                  8/28


                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     売上高                         8            19,414              20,425
                                           10,375              10,364
     売上原価
     売上総利益
                                           9,039             10,061
      その他の収益                        10              475              156
      販売費及び一般管理費                                     6,482              7,246
                                             37             102
      その他の費用
     営業利益                                      2,994              2,868
      金融収益                                      102               5

      金融費用                        6              54              83
      持分法による投資損益(税引後)                                      △10             △133
     税引前四半期利益
                                           3,033              2,657
                                            886              740
      法人所得税費用
                                           2,146              1,917
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                     2,168              1,821
                                                           95
                                            △21
      非支配持分
                                           2,146              1,917
     四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)
                               11            118.93              100.39
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                               11            118.93              100.39
                                  9/28










                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                  (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                              注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     売上高                         8             6,555              6,914
                                           3,451              3,514
     売上原価
     売上総利益
                                           3,103              3,400
      その他の収益                                       9              7
      販売費及び一般管理費                                     2,164              2,354
                                              7             43
      その他の費用
     営業利益                                       941             1,008
      金融収益                                       98              1

      金融費用                                       17              45
      持分法による投資損益(税引後)                                       1            △45
     税引前四半期利益
                                           1,024               918
                                            341              280
      法人所得税費用
                                            682              638
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                      703              596
                                            △21               42
      非支配持分
                                            682              638
     四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)
                               11             38.59              32.83
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                               11             38.59              32.83
                                 10/28











                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     四半期利益                                      2,146              1,917
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                             -              7
       る金融資産
      純損益に振り替えられることのない項目合計                                       -              7
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                              0             -
       売却可能金融資産
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計                                       0             -
     その他の包括利益合計(税引後)
                                              0              7
                                           2,146              1,924
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

      親会社の所有者                                     2,168              1,828
                                            △21               95
      非支配持分
                                           2,146              1,924
     四半期包括利益合計
                                 11/28













                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                  (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                              注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     四半期利益                                       682              638
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられる           ことのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                             -             △2
       る金融資産
      純損益に振り替えられることのない項目合計                                       -             △2
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                              0             -
       売却可能金融資産
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計                                       0             -
     その他の包括利益合計(税引後)
                                              0             △2
                                            683              635
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

      親会社の所有者                                      704              593
                                            △21               42
      非支配持分
                                            683              635
     四半期包括利益合計
                                 12/28













                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                  その他の
                                                   非支配
                        資本                利益
               注記                                         資本合計
                   資本金          自己株式      資本の           合計
                                                    持分
                        剰余金                剰余金
                                  構成要素
     2017年4月1日
                    2,237     1,187     △1,171       13    8,516     10,783      633    11,416
     四半期包括利益
      四半期利益               -     -      -     -    2,168      2,168     △21     2,146
                     -     -      -     0     -      0     -      0
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計
                     -     -      -     0    2,168      2,168     △21     2,146
     所有者との取引額等
      剰余金の配当          5     -     -      -     -    △1,551      △1,551       -    △1,551
      支配継続子会社に
                9     -    △416       -     -      -    △416     △213      △630
      対する持分変動
      自己株式の取得               -     -     △67      -      -     △67      -     △67
                     -      9     40     -      -      49     -      49
      自己株式の処分
     所有者との取引額等合計                -    △406      △27      -    △1,551      △1,985      △213     △2,199
     2017年12月31日
                    2,237      781    △1,199       13    9,132     10,965      398    11,364
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                  その他の
                                                   非支配
                         資本               利益
                注記                                        資本合計
                   資本金          自己株式     資本の           合計
                                                    持分
                         剰余金               剰余金
                                  構成要素
     2018年4月1日
                     2,237      781   △1,400       15    10,320      11,954     △158     11,795
      会計方針の変更による
                      -     -     -    △15       15      -     -      -
      累積的影響額
     2018年4月1日時点の
                     2,237      781   △1,400       -    10,335      11,954     △158     11,795
     修正後残高
      四半期利益
                      -     -     -     -    1,821      1,821      95    1,917
      その他の包括利益                -     -     -     7     -      7     -      7
     四半期包括利益合計
                      -     -     -     7    1,821      1,828      95    1,924
     所有者との取引額等
      剰余金の配当
                 5     -     -     -     -    △1,268      △1,268       -    △1,268
      子会社の   支配喪失に伴う
                      -     -     -     -      -      -     80      80
      変動
      自己株式の取得                -     -    △282      -      -    △282      -    △282
      自己株式の処分                -     56     143     -      -     199     -     199
      その他の資本の構成要素
                      -     -     -    △7       7     -     -      -
      から利益剰余金への振替
                      -     -     -     -     △11      △11      -     △11
      その他
     所有者との取引額等合計                 -     56    △138      △7    △1,272      △1,361       80    △1,281
     2018年12月31日
                     2,237      837   △1,539       -    10,884      12,420       17    12,437
                                 13/28







                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                              注記    (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                                         2,657
      税引前四半期利益                                     3,033
                                                          312
      減価償却費及び償却費                                      289
      事業譲渡損益(△は益)                                                     -
                                            △445
                                                          △5
      金融収益                                     △102
                                                           83
      金融費用                                       54
      持分法による投資損益(△は益)                                                    133
                                             10
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                                    551
                                              9
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                                   △253
                                            △272
      従業員給付の増減額(△は減少)                                                   △122
                                            △40
                                                          △57
      その他                                      △70
      小計                                                   3,297
                                            2,464
      利息の受取額                                       3              3
      配当金の受取額                                       7              6
      利息の支払額                                      △40              △40
                                          △1,693              △1,298
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                      741             1,968
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出                                     △571              △303
                                             95              56
      投資有価証券売却による収入
                                             -             △59
      子会社の支配喪失による支出
                                             480              -
      事業譲渡による収入
                                            △34              △95
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                      △29             △401
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の借入による収入                                      300             2,800
      短期借入金の返済による支出                                       -           △1,800
                                             29
      長期借入金の借入による収入                                                     -
      社債の償還及び長期借入金の返済による支出                                     △742              △664
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の売却に
                                             44              -
      よる収入
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                               9             △674               -
      よる支出
      自己株式の売却による収入                                       49             199
      自己株式の取得による支出                                      △67             △282
      配当金の支払額                        5            △1,455              △1,267
                                             △5              △3
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △2,521              △1,018
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                          △1,810                548
     現金及び現金同等物の期首残高                                      6,619              6,615
                                              0              1
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                            4,809              7,165
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/28




                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(当社)は、日本国に所在する株式会社であり、東
         京証券取引所に株式を上場しております。登記上の本社の住所は東京都新宿区新宿五丁目17番18号であります。
         当第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)及び当第3四半期連結累計期間(2018年
         4月1日から2018年12月31日まで)の要約四半期連結財務諸表は、当社及びその子会社(以下「当社グループ」
         という。)並びに関連会社に対する当社グループの持分から構成されております。当社グループの最上位の親会
         社は株式会社光通信であります。当社グループは、保険サービス事業及び派遣事業、ITサービス事業を行ってお
         ります。
          詳細は、「注記7.セグメント情報(1)報告セグメントの概要」をご参照ください。
        2.要約四半期連結財務諸表作成の基礎

         (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことか
          ら、同規則第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
         (2)測定の基礎

           本要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定している金融商品、確定給付制度に関連して認識する負債等
          を除き、取得原価を基礎として作成しております。
         (3)表示通貨及び単位

           本要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である円(百万円未満を切り捨て)で表示しております。
         (4)未適用の公表済み基準書

           本要約四半期連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書の新設又は改訂が公表されておりますが、2018
          年12月31日現在において強制適用されるものではなく、当社グループでは早期適用しておりません。
           適用による当社グループへの影響は検討中であり、見積もることはできません。
                       強制適用時期
                                当社グループ
           基準書      基準名                            新設・改訂の概要
                      (以降開始年度)
                                 適用時期
         IFRS第16号        リース     2019年1月1日         2020年3月期        リース取引の認識に関する会計処理の改訂

                                 15/28










                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度に係る連結財務
         諸表において適用した会計方針と同一であります。
          当社グループは、第1四半期連結会計期間より以下の基準書を適用しております。
         基準書           基準名                     新設・改訂の概要

       IFRS第9号       金融商品               金融商品の分類、測定及び認識、並びにヘッジ会計に関する改訂

       IFRS第15号       顧客との契約から生じる収益               収益の認識に関する会計処理の改訂

         当社グループでは、分類及び測定(減損を含む)規定に関して過年度の比較情報を修正再表示しないことを認め

        る例外規定を適用しております。そのため、経過措置に準拠してIFRS第9号を遡及適用し、適用開始の累積的影響
        を当連結会計年度の利益剰余金期首残高の修正として認識する方法によっており、比較年度情報は一般にIFRS第9
        号ではなくIAS第39号の規定を反映しております。
         当社グループは、IFRS第9号を適用したことにより、適用開始日に金融資産の分類を以下の通りに変更しており
        ます。
         当社グループは、金融資産について、公正価値で測定する金融資産又は償却原価で測定する金融資産に分類して
        おります。
         すべての金融資産は、公正価値に取引費用を加算した金額で当初測定しております。また、重大な金融要素を含
        まない営業債権は、取引価格で当初測定しております。
         金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しております。
         ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づいて、資産
          が保有されている。
         ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定の日
          に生じる。
         償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する資本性金融資産となっております。
         公正価値で測定する資本性金融資産については、当初認識時において個々の資本性金融資産ごとに、その他の包
        括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に取消不能の指定をしております。
         なお、適用開始日現在の事実及び状況に基づき以下の評価を実施しております。
         ・金融資産が保有されている事業モデルの判定
         ・売買目的保有ではない資本性金融商品への投資をFVOCI区分に指定すること
         当社グループでは、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の公正価値の変動による累積利得ま
        たは損失は、直ちに利益剰余金に振り替えることとしております。
         当該分類変更に伴い、従来「売却可能金融資産」として分類していた金融資産は「その他の包括利益を通じて公
        正価値で測定する金融資産」に分類されます。「売却可能金融資産」に係る減損損失は、従来連結損益計算書にお
        いて純損益として認識しておりましたが、「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」については
        減損損失を認識しておりません。
         IFRS第9号の適用に伴う金融資産及び金融負債の分類変更に基づく帳簿価額の変動等は、注記「(1)IFRS第9
        号適用による金融商品の分類」に記載しております。
         また、IFRS第9号の適用により、当社グループは償却原価で測定する金融資産の減損の認識にあたって、当該金
        融資産に係る予想信用損失に対して貸倒引当金を認識する方法に変更しております。この方法では、期末日ごとに
        各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加しているかどうかを評価しており、当初認識時点から
        信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヶ月の予想信用損失を貸倒引当金として認識しております。一方
        で、当初認識時点から信用リスクが著しく増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額を貸倒引当
        金として認識しております。
         ただし、重大な金融要素を含んでいない営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加の有
        無にかかわらず常に全期間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
         当該減損損失の認識方法の変更に伴う影響は、軽微であります。
                                 16/28





                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     (1)IFRS第9号適用による金融商品の分類
                     IAS第39号に基づく          IFRS第9号に基づく          IAS第39号に基づく          IFRS第9号に基づく

                       従来の分類          新たな分類         従来の帳簿価額          新たな帳簿価額
                                            百万円          百万円
     流動金融資産
                                償却原価で測定

                                               6,615          6,615
      現金及び現金同等物                貸付金及び債権
                                 する金融資産
                                償却原価で測定
                                               4,646          4,646
      営業債権及びその他の債権                貸付金及び債権
                                 する金融資産
                                償却原価で測定
                                                 6          6
                      貸付金及び債権
      その他の金融資産
                                 する金融資産
     非流動金融資産
                                その他の包括利益
      資本性金融商品               売却可能金融資産          を通じて公正価値                 61          61
                               で測定する金融資産
                                償却原価で測定
                      貸付金及び債権                         1,639          1,639
      その他の金融資産
                                 する金融資産
     流動金融負債
                      償却原価で測定          償却原価で測定

                                               1,487          1,487
      営業債務及びその他の債務
                       する金融負債          する金融負債
                      償却原価で測定          償却原価で測定
                                                883          883
      社債及び借入金
                       する金融負債          する金融負債
                      償却原価で測定          償却原価で測定
                                                 3          3
      その他の金融負債
                       する金融負債          する金融負債
     非流動金融負債
                      償却原価で測定          償却原価で測定

                                               8,191          8,191
      社債及び借入金
                       する金融負債          する金融負債
                      償却原価で測定          償却原価で測定
                                                 12          12
      その他の金融負債
                       する金融負債          する金融負債
          ① 貸付金及び債権から償却原価で測定する金融資産への分類変更

           契約上のキャッシュ・フローが元本と元本残高に対する利息の支払いのみであり、かつ当社グループの事業
          モデルにおいてキャッシュ・フローの回収を目的として保有されているため、貸付金及び債権から償却原価で
          測定する金融資産へ分類変更しております。
          ② 売却可能金融資産からその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産への分類変更

           契約上のキャッシュ・フローが元本と元本残高に対する利息の支払いのみではなく、かつ当社グループにお
          いてその他の包括利益を通じて公正価値で測定することを選択しているため、売却可能金融資産からその他の
          包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産へ分類変更しております。
                                 17/28





                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     (2)金融商品の分類及び測定
      IAS第39号からIFRS第9号への連結財政状態計算書残高の調整は以下のとおりであります。
                       IAS第39号                              IFRS第9号

                       帳簿価額                              帳簿価額
                                 分類変更           再測定
                        2018年                              2018年
                       3月31日                               4月1日
                        百万円          百万円          百万円          百万円
     金融資産
     貸付金及びその他の債権

      現金及び現金同等物

                           6,615         △6,615              -          -
      営業債権及びその他の債権
                           4,646         △4,646              -          -
      その他の金融資産
                           1,646         △1,646              -          -
           合計
                          12,908         △12,908              -          -
     償却原価で測定する金融資産
      現金及び現金同等物

                            -        6,615             -        6,615
      営業債権及びその他の債権
                            -        4,646             -        4,646
      その他の金融資産
                            -        1,646             -        1,646
           合計
                            -        12,908             -        12,908
     償却原価で測定する金融資産へ
                          12,908            -           -        12,908
     の変更の合計
     売却可能金融資産
      その他の金融資産

                            61         △61            -          -
     その他の包括利益を通じて公正
     価値で測定する金融資産
      その他の金融資産
                            -          61           -          61
      その他の包括利益を通じて公
                            61          -           -          61
      正価値で測定する金融資産へ
      の変更の合計
     2018年4月1日現在の金融資産残
                          12,969            -           -        12,969
     高、分類変更及び再測定の合計
                                 18/28







                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
          当社グループでは、経過措置に準拠してIFRS第15号を遡及適用し、適用開始の累積的影響を当連結会計年度の
         利益剰余金期首残高の修正として認識する方法によっております。
          IFRS第15号の適用に伴い、当連結会計年度より、IFRS第9号に基づく利息及び配当収益等を除き、以下の5ス
         テップアプローチに基づき、収益を認識しております。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するに応じて)収益を認識する。
          従来、保険サービス事業においては、保険会社に取り次いだ保険契約者が早期に保険契約の解約を行った場
         合、収受した収益を返金する義務があるため、保険会社に対する予想返金額については、収益から控除するとと
         もに、引当金として計上していました。IFRS第15号の適用に伴い、当連結会計年度より返金負債として計上して
         おります。
          なお、売上収益を含むその他の損益項目に与える影響は軽微であります。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用ならびに資産、負債、収
         益及び費用の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、その
         性質上これらの見積りとは異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見
         直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識しております。
          本要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断は、原則として前連結会計年
         度に係る連結財務諸表と同様であります。
        5.配当

         (1)前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          a.配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
         決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                       (百万円)         配当額(円)
     2017年5月18日
                             912          50
                普通株式                         2017年3月31日          2017年6月12日
     取締役会
     2017年11月13日
                             638          35
                普通株式                         2017年9月30日          2017年12月8日
     取締役会
          b.基準日が前第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が前第3四半期連結会計期間

            末日後となるもの
            該当事項はありません。
         (2)当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          a.配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
         決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                       (百万円)         配当額(円)
     2018年5月17日
                             635          35
                普通株式                         2018年3月31日          2018年6月11日
     取締役会
     2018年11月12日
                             633          35
                普通株式                         2018年9月30日          2018年12月7日
     取締役会
          b.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

            末日後となるもの
            該当事項はありません。
                                 19/28



                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
        6.金融商品の公正価値
          金融商品は、その公正価値の測定にあたって、その公正価値の測定に用いたインプットの観察可能性及び重要
         性に応じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しております。当該分類において、それぞれの公正価
         値のヒエラルキーは、以下のように定義しております。
          レベル1:同一の資産または負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により測定した公正価値
          レベル2:レベル1以外の直接または間接的に観察可能なインプットを使用して測定した公正価値
          レベル3:重要な観察可能でないインプットを使用して測定した公正価値
          当社グループは、公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルを、公正価値の測定の重要なインプッ

         トの最も低いレベルによって決定しております。
         (1)経常的に公正価値で測定する金融商品

          ①公正価値のヒエラルキー
           公正価値の階層ごとに分類された、金融商品は以下のとおりであります。
           前連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              レベル1        レベル2        レベル3
                                                       合計
     金融資産
                                  58        -        -        58
      上場株式
                                  -        -         3        3
      非上場株式等
                                  58        -         3        61
               合計
           当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              レベル1        レベル2        レベル3
                                                       合計
     金融資産
                                   7        -        -         7
      上場株式
                                  -        -         3        3
      非上場株式等
                                   7        -         3        10
               合計
            公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は振替を生じさせた事象または状況の変化が生じた日に認識して

           おります。
            レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
            前連結会計年度及び当第3四半期連結会計期間において、公正価値レベル1とレベル2の間の重要な振替

           は行われておりません。また、レベル3からの振替は「④レベル3に分類した金融商品の期首残高から期末
           残高への調整表」に記載しております。
          ②公正価値の測定方法

           上場株式については、取引所の価格によっており、公正価値ヒエラルキーレベル1に区分しております。
           非上場株式等については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法等を用いて算定しており、公正価
          値ヒエラルキーレベル3に区分しております。非上場株式等の公正価値測定にあたっては、割引率等の観察可
          能でないインプットを利用しており、必要に応じて一定の非流動性ディスカウント、非支配持分ディスカウン
          トを加味しております。
          ③評価プロセス

           非上場株式等の公正価値の評価方針及び手続きの決定は、財務経理部門により行われており、評価モデルを
          含む公正価値測定については、個々の株式発行企業の事業内容、事業計画の入手可否及び類似上場企業等を定
          期的に確認し、その妥当性を検証しております。
                                 20/28




                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
          ④レベル3に分類した金融商品の期首残高から期末残高への調整表
                                                    (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                                           7                3
     期首残高
                                           -                -
     取得
                                          △0                 -
     売却
     包括利益
      四半期利益(注)1                                    △0                 -
                                           -                -
      その他の包括利益
                                           -               △0
     レベル3からの振替(注)2
                                           6                3
     期末残高
     各第3四半期連結会計期間末に保有する金融商品
                                          △0                 -
     に関して純損益に認識した利得又は損失(注)
      (注)1.要約四半期連結損益計算書において、「金融費用」に含まれております。
         2.  当第3四半期連結累計期間に認識されたレベル3からの振替は、投資先が取引所に上場したことによるもの
           であります。
         (2)償却原価で測定する金融商品

          ①公正価値
           償却原価で測定する金融資産及び金融負債の公正価値は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                  当第3四半期連結会計期間
                          (2018年3月31日)                    (2018年12月31日)
                       帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値
     金融負債
      社債及び借入金
                            309          317          309          306
       社債
                           8,765          8,784          8,080          8,138
       長期借入金
                           9,074          9,101          8,389          8,444
             合計
      (注)1.社債及び借入金は、1年内返済及び償還予定の残高を含んでおります。
         2.公正価値と帳簿価額とが近似している金融資産及び金融負債は、上記には含めておりません。
          ②公正価値の測定方法

          (社債及び借入金)
           社債は、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いて算定する方法に
          より算定しております。
           長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法
          により算定しております。
          ③公正価値のヒエラルキー

           社債及び借入金はすべてレベル3に分類されております。
                                 21/28







                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
        7.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会等が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもの
          であります。
           当社グループは、保険契約の取次業務を主要業務にしている「保険サービス事業」を中心として、保険募集
          を行っている企業への人材を派遣する「派遣事業」、保険や引越し等の一括見積・資料請求サイトを運営して
          いる「ITサービス事業」を報告セグメントとしております。
         (2)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「注記3.重要な会計方針」における記載と概ね同一
          であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
           セグメント間の内部売上高及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                       要約四半期
                                        その他           調整額
                   保険
                                              合計           連結
                            ITサービス
                                        (注)1           (注)2
                  サービス     派遣事業            計
                                                        財務諸表
                              事業
                   事業
     売上高
      外部顧客への売上高             13,619      3,329     2,128     19,076       337    19,414       -    19,414
      セグメント間の内部売上高
                     49     94     297     441      61     502     △502       -
      又は振替高
          計
                   13,668      3,423     2,426     19,518       398    19,917      △502     19,414
     セグメント利益
                    2,553      603     519     3,675      △75     3,599     △605     2,994
     金融収益
                                                           102
     金融費用
                                                           54
     持分法による投資損益
                                                          △10
     税引前四半期利益
                                                          3,033
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメント等であり、広告代理店事業等を含んでお
           ります。
         2.調整額の内容は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額△605百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社
            費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                       要約四半期
                                        その他           調整額
                   保険
                                              合計           連結
                            ITサービス
                                        (注)1           (注)2
                  サービス     派遣事業            計
                                                        財務諸表
                              事業
                   事業
     売上高
      外部顧客への売上高             14,672      3,364     2,195     20,232       192    20,425       -    20,425
      セグメント間の内部売上高
                     11     95     294     401      26     428     △428       -
      又は振替高
          計
                   14,684      3,460     2,489     20,634       219    20,853      △428     20,425
     セグメント利益
                    2,488      684     118     3,291      183     3,474     △606     2,868
     金融収益
                                                           5
     金融費用
                                                           83
     持分法による投資損益
                                                          △133
     税引前四半期利益
                                                          2,657
                                 22/28


                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメント等であり、広告代理店事業等を含んでお
           ります。
         2.調整額の内容は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額△606百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社
            費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           前第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                       要約四半期
                                        その他           調整額
                   保険
                                              合計           連結
                            ITサービス
                                        (注)1           (注)2
                  サービス     派遣事業            計
                                                        財務諸表
                              事業
                   事業
     売上高
      外部顧客への売上高
                    4,620     1,132      662     6,415      139     6,555       -    6,555
      セグメント間の内部売上高
                     23     33     111     168      14     182     △182       -
      又は振替高
          計
                    4,643     1,166      773     6,584      153     6,737     △182     6,555
     セグメント利益
                     968     232     △1     1,198      △67     1,130     △189      941
     金融収益
                                                           98
     金融費用
                                                           17
     持分法による投資損益
                                                           1
     税引前四半期利益                                                    1,024
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメント等であり、広告代理店事業等を含んでお
           ります。
         2.調整額の内容は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額△189百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社
            費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           当第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                       要約四半期
                                        その他           調整額
                   保険
                                              合計           連結
                            ITサービス
                                        (注)1           (注)2
                  サービス     派遣事業            計
                                                        財務諸表
                              事業
                   事業
     売上高
      外部顧客への売上高              5,008     1,136      706     6,851       62    6,914       -    6,914
      セグメント間の内部売上高
                     3     29     89     122      7     130     △130       -
      又は振替高
          計         5,011     1,166      795     6,973       70    7,044     △130     6,914
     セグメント利益               979     239     △2     1,216       11    1,228     △219     1,008
     金融収益                                                      1
     金融費用                                                      45
     持分法による投資損益                                                     △45
     税引前四半期利益                                                     918
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメント等であり、広告代理店事業等を含んでお
           ります。
         2.調整額の内容は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額△219百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社
            費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 23/28




                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
        8.売上高
       (1)収益の分解
         当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                その他       合計
                  保険サービス               ITサービス
                           派遣事業                計
                     事業              事業
                     14,004         -       -     14,004         -     14,004
          保険代理店業
     主要な
                        -      3,364         -      3,365        -     3,365
          人材派遣
     サービス
                        -       -      1,939       1,939        -     1,939
          比較サイト運営
     ライン
                       667        -       256       923       192      1,116
          その他
                     14,672        3,364       2,195       20,232        192     20,425
     合計
     顧客との契約から認識した
                     14,672        3,364       2,195       20,232        192     20,425
     収益
         当第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                その他       合計
                  保険サービス               ITサービス
                           派遣事業                計
                     事業              事業
                      4,807         -       -      4,807        -     4,807
          保険代理店業
     主要な
                        -      1,136         -      1,137        -     1,137
          人材派遣
     サービス
                        -       -       606       606       -      606
          比較サイト運営
     ライン
                       200        -       99       299       62      362
          その他
                      5,008       1,136        706      6,851        62     6,914
     合計
     顧客との契約から認識した
                      5,008       1,136        706      6,851        62     6,914
     収益
       ① 保険サービス事業

        保険サービス事業においては、店舗やテレマーケティングのチャネルを通じて保険契約の取次及びその保全、維
       持管理を行うことを主要業務としております。このサービスは、保険会社との契約等に基づき、サービスの内容や
       当事者間の権利と義務が定められており、サービスの内容の区分可能性や顧客への移転パターンに基づき、主な履
       行義務を以下の通り識別し、収益を認識しております。
        当社グループは、保険契約者のニーズに応じて、保険会社に対し保険契約の取次を行う義務を負っております。
       当該履行義務は、保険契約の取次後、保険会社がそのサービスを検収し、保険会社が当該サービスの支配を獲得し
       た時点で、充足されるものであり、当該履行義務の充足時点で、保険契約者の支払った保険料に対し、一定の料率
       を乗じること等により算定された金額によって収益を計上しております。当該金額は、履行義務の充足時点から概
       ね1か月以内に支払いを受けております。
        また、当社グループは、取り次いだ保険契約の保全、維持管理を行う義務を負っております。当該履行義務は、
       サービスの提供期間が完了する都度、充足されるものであり、当該履行義務の充足時点で、保険契約者の支払った
       保険料に対し、一定の料率を乗じること等により算定された金額によって収益を計上しております。当該金額は、
       履行義務の充足時点から概ね1か月以内に支払いを受けております。
        保険サービス事業においては、保険会社に取り次いだ保険契約者が早期に保険契約の解約を行った場合、収受し
       た収益を返金する義務があるため、保険会社に対する予想返金額については、収益から控除するとともに、返金負
       債を計上しております。返金の見積もりに当たっては過去の実績等に基づく最頻値法を用いております。
       ② 派遣事業

        派遣事業においては、保険募集を行っている企業への人材の派遣を行うことを主要業務としております。この
       サービスは、顧客との契約等に基づき、サービスの内容や当事者間の権利と義務が定められており、サービスの内
       容の区分可能性や顧客への移転パターンに基づき、主な履行義務を以下の通り識別し、収益を認識しております。
        当社グループは、保険契約の募集を行う人材を契約期間にわたり派遣する義務を負っております。当該履行義務
       は、契約期間に渡り時の経過に連れて充足されるものであり、収益は当該履行義務が充足される契約期間におい
       て、契約により定められた金額に基づき、各月の収益として計上しております。当該金額は、履行義務の充足時点
       から概ね2か月以内に支払いを受けております。
                                 24/28


                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
       ③ ITサービス事業
        ITサービス事業においては、保険や引っ越し等の一括見積・資料請求サイトの運営を主要業務としております。
       このサービスは、顧客との契約等に基づき、サービスの内容や当事者間の権利と義務が定められており、サービス
       の内容の区分可能性や顧客への移転パターンに基づき、主な履行義務を以下の通り識別し、収益を認識しておりま
       す。
        当社グループは、保険や引っ越し等の一括見積・資料請求に関する情報を、資料提供等を行っている企業に対し
       受け渡す義務を負っております。当該履行義務は、一括見積・資料請求に関する情報を顧客に提供する都度、充足
       されるものであり、当該履行義務の充足時点で、提供した件数に契約により定められた単価を乗じること等により
       算定された金額によって収益を計上しております。当該金額は、履行義務の充足時点から概ね2か月以内に支払い
       を受けております。
        9.非支配持分の取得

          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
           当社グループは、2017年7月1日に子会社である㈱保険見直し本舗の持分5.27%を追加取得しております。
          これにより、同社株式の所有割合は、86.56%から91.83%となりました。
          当該取引は資本取引として会計処理しており、詳細は以下のとおりであります。
                              (単位:百万円)
                項目             金額
           取得対価                        674
           非支配持分の変動額                        257
           資本剰余金の減少額                        416
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

           該当事項は     ありません。
        10.その他の収益

                                                    (単位:百万円)
                          前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間
                           (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                            至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
        事業譲渡益(注)                               445                   -
        その他                               29                  156
        合計                               475                   156
        (注)事業譲渡益は、主にITサービス事業で実施してきた当社グループの日本における不動産事業を㈱小肥羊
           ジャパンへ移管した際に生じた405百万円を計上しております。
        11.1株当たり四半期利益

          基本的1株当たり四半期利益金額及び希薄化後1株当たり四半期利益金額並びに算定上の基礎は、以下のとお
         りであります。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                  至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     (1)基本的1株当たり四半期利益金額                                   118円93銭               100円39銭
     (算定上の基礎)
      親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                           2,168               1,821
      調整
                                            -               -
       親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)
      基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる金額
                                           2,168               1,821
      (百万円)
      普通株式の加重平均株式数(千株)
                                          18,228               18,141
     (2)希薄化後1株当たり四半期利益金額                                   118円93銭               100円39銭
      (注)希薄化後1株当たり四半期利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在していないため、基本
         的1株当たり四半期利益金額と同額にて表示しております。
                                 25/28


                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                                  至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     (1)基本的1株当たり四半期利益金額                                    38円59銭               32円83銭
     (算定上の基礎)
      親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                            703               596
      調整
                                            -               -
       親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)
      基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる金額
                                            703               596
      (百万円)
      普通株式の加重平均株式数(千株)
                                          18,242               18,167
     (2)希薄化後1株当たり四半期利益金額                                    38円59銭               32円83銭
      (注)希薄化後1株当たり四半期利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在していないため、基本
         的1株当たり四半期利益金額と同額にて表示しております。
        12.関連当事者

        (1)関連当事者取引
           当社グループと関連当事者との主な取引は、以下のとおりであります。
          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
       種類      名称       関連当事者関係の内容                  取引の内容           取引金額      未決裁残高
                  当社   代表取締役             自己株式の処分(注1)                  49      -
           山岸 英樹
                  ㈱保険見直し本舗         代表取締役
           大谷 寛                       子会社株式の取得(注2)                  303       -
                  ㈱保険見直し本舗         取締役
      経営幹部     森村 隆行                       子会社株式の取得(注2)                  188       -
                  ㈱保険見直し本舗         取締役
           渡辺 浩崇                       子会社株式の取得(注2)                  88      -
                  ㈱保険見直し本舗         監査役                          44
           山田 靖                       子会社株式の取得(注2)                         -
      (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
         1.取引価額は取締役会決議日(2017年8月10日)の直前営業日の株式会社東京証券取引所における当社株式の
           終値に基づき決定しております。
         2.連結子会社である㈱保険見直し本舗の株式を連結子会社である㈱ウェブクルーが取得したものであります。
           取得価額は、独立第三者の算定した評価額に基づき決定しております。
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
       種類      名称       関連当事者関係の内容                  取引の内容           取引金額      未決裁残高
                  当社   代表取締役             自己株式の処分(注1)                  199       -
      経営幹部     山岸 英樹
      (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
         1.取引価額は取締役会決議日(2018年10月12日)の直前6カ月間の株式会社東京証券取引所における当社株式
           の終値の平均値から10%を割り引いた終値に基づき決定しております。
        13.後発事象

          該当事項は     ありません。
        14.要約四半期連結財務諸表の承認

          本要約四半期連結財務諸表は、2019年2月12日に、取締役会によって承認されております。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 26/28


                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                       株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(E27579)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              宍戸 通孝        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              川村 英紀        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              土屋 光輝  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ニュー

     トン・フィナンシャル・コンサルティングの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会
     計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日ま
     で)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半
     期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政
     状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計
     期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 28/28



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。