株式会社ジェーシー・コムサ 四半期報告書 第55期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第55期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ジェーシー・コムサ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   平成31年2月12日

    【四半期会計期間】                   第55期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)

    【会社名】                   株式会社ジェーシー・コムサ

    【英訳名】                   JC Comsa Corporation

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  和 田 隆 介

    【本店の所在の場所】                   東京都渋谷区恵比寿南一丁目15番1号

    【電話番号】                   03(5722)7261

    【事務連絡者氏名】                   経理グループリーダー兼財務グループリーダー

                       執行役員常務  福 重 亮              
    【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区恵比寿南一丁目15番1号

    【電話番号】                   03(5722)7261

    【事務連絡者氏名】                   経理グループリーダー兼財務グループリーダー

                       執行役員常務  福 重 亮  
    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第54期          第55期

              回次               第3四半期          第3四半期            第54期
                             累計期間          累計期間
                           自 平成29年4月1日          自 平成30年4月1日          自 平成29年4月1日
             会計期間
                           至 平成29年12月31日          至 平成30年12月31日          至 平成30年3月31日
     売上高                 (千円)         12,941,121          13,458,633          16,893,466
     経常利益                 (千円)           671,847          689,012          660,490
     四半期(当期)純利益                 (千円)           342,105          383,836          254,119
     持分法を適用した場合の投資損失
                      (千円)           △ 7,533         △ 8,283         △ 21,118
     (△)
     資本金                 (千円)           922,939          922,939          922,939
     発行済株式総数                  (株)         9,105,290          9,105,290          9,105,290
     純資産額                 (千円)          4,571,987          4,758,679          4,475,987
     総資産額                 (千円)         10,743,142          11,215,026          10,665,711
     1株当たり四半期(当期)純利益
                       (円)           37.57          42.16          27.91
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             -          -          -
     (当期)純利益金額
     1株当たり配当額                  (円)             -          -         10.00
     自己資本比率                  (%)            42.6          42.4          42.0
                              第54期          第55期

              回次               第3四半期          第3四半期
                             会計期間          会計期間
                           自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
             会計期間
                           至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)          18.45          19.79
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期累計期間において、当社及び当社の関係会社において営まれている事業の内容について、重要な変更
     はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/16






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
      者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
      ク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      (1) 財政状態及び経営成績の状況

       ① 経営成績の状況
       当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、企業業績や雇用情勢の改善を背景に緩やかながら回復基調が見ら
      れたものの、世界経済の下振れリスク等先行きの不透明感が懸念されております。
       食料品・外食業界におきましては、賃金の伸び悩みなどによる節約志向が根強い市場環境の下で、販売競争が激
      化するとともに、人手不足を背景とした人件費や物流コスト上昇などにより収益が圧迫される厳しい経営環境が依
      然として続いております。
       このような経営環境の中で、当社は経営理念としている「食と食の文化を通じてお客様に満足と幸せを提供す
      る」ことを一貫して追い求め、「食の安全・安心」を第一に掲げて、「“おいしい”で世界をつなぐ」をミッショ
      ンに、業績の向上と財務体質の改善を図り、経営基盤の強化に取り組んでまいりました。
        この結果、当第3四半期累計期間の                 売上高は13,458百万円           (前年同四半期比4.0%増)             、 営業利益は677百万円
       (同1.8%増)       、 経常利益は689百万円          (同2.6%増)       、 四半期純利益は383百万円            (同12.2%増)       となりました。
       セグメントごとの経営成績を示すと、次のとおりであります。
        食料品事業

        食料品事業におきましては、『デルソーレ小麦ごはん』という提案型商品戦略を継続して展開し、ブランド認
       知度をより一層高めるプロモーション施策に取り組んでまいりました。具体的には、当社の主力商品である「手
       のばしナン」のプレゼンスを高めるために、「カレーはナン派VSライス派プロジェクト」での人気投票の実施、
       人気ブロガーを講師に招いたナン料理教室の開催、店頭キャンペーン等様々な活動を実施してまいりました。そ
       の結果、「日経POSデータ              チルドパン・クッキー生地カテゴリー                  売れ筋ランキング」で当社の「手のばしナ
       ン」が10年連続で第1位を獲得することができました。
        また、海外パートナー企業との取り組みに注力し、北欧の本格的な冷凍パンの販売強化、世界最大級の米国冷凍
       シュレッドチーズの取扱い開始等、新たな分野へのチャレンジを進めております。
        一方、製造部門におきましては、新規設備の拡充等生産性の一層の向上に引き続き取り組んでおります。
         当第3四半期累計期間では、              売上高は9,925百万円          (前年同四半期比6.9%増)、              セグメント利益は975百万円
        (同8.8%増)となりました。
                                  3/16







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
        外食事業
        外食事業におきましては、天候不順による原材料価格の高騰に加え、消費者行動の多様化による業態を超えた
       顧客の獲得競争も激しさを増すなど、経営環境は依然として厳しい状況が続いております。
        事業部全体の主軸を構成する「一番どり」「をどり」といった居酒屋部門はWEBを活用した販売促進や予約
       を積極的に獲得したことにより堅調に推移いたしました。また、食物販部門では戦略的なフランチャイズビジネ
       ス拡大に向け「おめで鯛焼き本舗」を10月に愛知県及び茨城県に、11月には九州初出店となる大分県にそれぞれ
       出店いたしました。
        なお、当第3四半期会計期間におきまして、今後収益の回復が見込めない店舗の減損損失を58百万円計上して
       おります。
         当第3四半期累計期間では、              売上高は3,546百万円          (前年同四半期比3.4%減)、              セグメント利益は139百万円
        (同19.2%減)となりました。
        事業開発事業

        事業開発事業におきましては、インドネシアの大手総合食品メーカーであるPT                                      INDOFOOD     CBP  SUKSES    MAKMUR
       TBKと設立した合弁会社も5年が経過し、「POPOLAMAMA」ブランドの店舗はジャカルタ市内で6ヵ店となりまし
       た。インドネシア国内景気が政府予測を下回り、個人消費の低迷が続いておりますが、日本発の生パスタ、ナポ
       リ風ピザを看板メニューとして引続き広い層から好評を頂いております。
        一方、平成28年11月からインドネシア最大手コンビニチェーンを通じてミニピザの販売を開始し、170店舗を超
       える店舗で取り扱われています。当地での新たな事業展開の可能性を検討しつつ、さらなる事業拡大を目指して
       まいります。
          当第3四半期累計期間では、              セグメント損失は26百万円             (前年同四半期はセグメント損失17百万円)となり
        ました。
       ② 財政状態の状況

        (資産)
          当第3四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末と比べ549百万円増加し、                                       11,215百万円      となりまし
        た。これは主に、売掛金の増加があったこと等によるものです。
        (負債)
          当第3四半期会計期間末における負債は、前事業年度末と比べ266百万円増加し、                                        6,456百万円      となりまし
        た。これは主に、買掛金の増加があったこと等によるものです。
        (純資産)
         当第3四半期会計期間末における純資産は、前事業年度末と比べ282百万円増加し、                                       4,758百万円      となりまし
        た。これは主に、利益剰余金の配当金の支払による減少があった一方で、四半期純利益の計上による増加が
        あったことによるものです。
      (2) 事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はあり
       ません。
      (3) 研究開発活動

        特記すべき事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     14,000,000
                 計                                   14,000,000
       ②   【発行済株式】

               第3四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融              内容
                (平成30年12月31日)           (平成31年2月12日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                               単元株式数は100株で
       普通株式             9,105,290           9,105,290       JASDAQ
                                               あります。
                                      (スタンダード)
         計           9,105,290           9,105,290          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①   【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
       ②   【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                              資本金増減額        資本金残高
                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
                                (千円)       (千円)
      平成30年12月31日                ―   9,105,290           ―    922,939          ―   1,125,651
                                  5/16








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)  【議決権の状況】

       ①   【発行済株式】
                                             平成30年12月31日現在
            区分                株式数(株)            議決権の数(個)            内容
     無議決権株式                                ―          ―      ―
     議決権制限株式(自己株式等)                                ―          ―      ―
     議決権制限株式(その他)                                ―          ―      ―
     完全議決権株式(自己株式等)                                100           ―      ―
                                 9,102,700           91,027
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                               ―
                                   2,490
     単元未満株式                  普通株式                         ―      ―
                       普通株式
     発行済株式総数                            9,105,290              ―      ―
                                            91,027
     総株主の議決権                                ―                ―
     (注)1「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。
         また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数2個が含まれております。
        2「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式42株が含まれております。
       ②   【自己株式等】

                                             平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                          所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                    東京都渋谷区恵比寿南一
                                    100        ―      100       0.0
     ㈱ジェーシー・コムサ
                      丁目15番1号
           計              ―           100        ―      100       0.0
    2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成30年10月1日から平成30年
     12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸表につ
     いて、明星監査法人による四半期レビューを受けております。
      なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
      第54期事業年度 きさらぎ監査法人
      第55期第3四半期会計期間及び第3四半期累計期間 明星監査法人
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/16















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                779,808              403,394
        売掛金                               2,850,090              3,798,864
        商品及び製品                                667,760              689,826
        原材料及び貯蔵品                                251,238              508,287
        その他                                213,977              201,901
                                        △ 3,582             △ 5,271
        貸倒引当金
        流動資産合計                               4,759,291              5,597,003
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             4,724,743              4,729,784
                                      △ 2,960,180             △ 3,059,019
           減価償却累計額
           建物(純額)                            1,764,563              1,670,764
         機械及び装置
                                       2,678,975              2,749,263
                                      △ 1,375,248             △ 1,501,157
           減価償却累計額
           機械及び装置(純額)                            1,303,727              1,248,105
         その他
                                       1,547,801              1,498,482
                                       △ 478,012             △ 500,596
           減価償却累計額
           その他(純額)                            1,069,788               997,885
         有形固定資産合計                             4,138,079              3,916,756
        無形固定資産
                                        243,870              204,892
        投資その他の資産
         その他                             1,525,720              1,497,624
                                        △ 1,250             △ 1,250
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,524,470              1,496,374
        固定資産合計                               5,906,420              5,618,023
      資産合計                                10,665,711              11,215,026
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               1,559,527              1,775,871
        短期借入金                                300,000              500,000
        1年内返済予定の長期借入金                                316,000              298,000
        未払法人税等                                84,583              131,892
        賞与引当金                                144,584               55,451
        資産除去債務                                 2,150                -
                                        843,990              910,296
        その他
        流動負債合計                               3,250,836              3,671,511
      固定負債
        長期借入金                               1,314,000              1,095,000
        退職給付引当金                                499,274              526,568
        役員退職慰労引当金                                442,133              465,485
        債務保証損失引当金                                 3,504              11,460
        資産除去債務                                631,143              631,165
                                        48,832              55,157
        その他
        固定負債合計                               2,938,888              2,784,835
      負債合計                                6,189,724              6,456,347
                                  8/16



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                922,939              922,939
        資本剰余金                               1,259,205              1,259,205
        利益剰余金                               2,267,700              2,560,485
                                         △ 17             △ 17
        自己株式
        株主資本合計                               4,449,828              4,742,613
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                26,062              16,065
                                          96              -
        繰延ヘッジ損益
        評価・換算差額等合計                                26,159              16,065
      純資産合計                                4,475,987              4,758,679
     負債純資産合計                                 10,665,711              11,215,026
                                  9/16















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日 
                                 至 平成29年12月31日)                至 平成30年12月31日)
     売上高                                 12,941,121              13,458,633
                                       7,770,634              8,214,899
     売上原価
     売上総利益                                  5,170,486              5,243,734
     販売費及び一般管理費
      給料手当及び福利費                                1,725,010              1,693,493
      賞与引当金繰入額                                  37,750              38,426
      退職給付費用                                  36,122              32,403
      役員退職慰労引当金繰入額                                  24,573              23,352
                                       2,681,902              2,778,887
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                4,505,357              4,566,563
     営業利益                                   665,128              677,171
     営業外収益
      受取利息                                    13              17
      受取配当金                                  1,909              2,034
      受取手数料                                  1,295              1,194
      受取賃貸料                                  2,336              2,373
      受取補償金                                  4,052               970
      業務受託手数料                                    -            10,194
                                         6,835              7,656
      その他
      営業外収益合計                                  16,443              24,441
     営業外費用
      支払利息                                  5,575              7,622
      支払保証料                                  2,658              2,519
                                         1,489              2,458
      その他
      営業外費用合計                                  9,724              12,599
     経常利益                                   671,847              689,012
     特別利益
      固定資産売却益                                   808             1,069
      特別利益合計                                   808             1,069
     特別損失
      減損損失                                  46,791              62,731
      固定資産除却損                                  66,264                132
      投資有価証券評価損                                    -             3,858
                                          -             7,955
      債務保証損失引当金繰入額
      特別損失合計                                 113,056               74,678
     税引前四半期純利益                                   559,599              615,403
     法人税、住民税及び事業税
                                        148,664              209,802
     法人税等調整額                                   68,829              21,764
     法人税等合計                                   217,494              231,567
     四半期純利益                                   342,105              383,836
                                 10/16





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を第1四半期会計期間
      の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
      示しております。
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

     当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期間に
    係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間

                               (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                               至   平成29年12月31日)            至   平成30年12月31日)
     減価償却費                                 191,034    千円           319,082    千円
      (株主資本等関係)

     前第3四半期累計期間(自               平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
    1  配当金支払額
                    配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     平成29年6月28日
              普通株式         91,051       10.00   平成29年3月31日         平成29年6月29日         利益剰余金
     53期定時株主総会
    2   基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となるも

     の
       該当事項はありません。
     当第3四半期累計期間(自               平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
    1  配当金支払額
                    配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     平成30年6月28日
              普通株式         91,051       10.00   平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     54期定時株主総会
    2   基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となるも

     の
       該当事項はありません。
                                 11/16








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
      (持分法損益等)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
       関連会社に対する投資の金額                                  -千円              -千円
       持分法を適用した場合の投資の金額                                  -千円              -千円
                                 前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間

                                (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                 至   平成29年12月31日)            至   平成30年12月31日)
       持分法を適用した場合の投資損失(△)の金額                               △7,533千円              △8,283千円
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                 (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                    合計
                     食料品事業          外食事業         事業開発事業
     売上高

       外部顧客への売上高                  9,271,602          3,669,519             -      12,941,121
       セグメント間の内部
                         12,333            -          -        12,333
       売上高又は振替高
           計            9,283,935          3,669,519             -      12,953,454
     セグメント利益又は損失
                        896,490          172,894         △ 17,483        1,051,902
     (△)
    2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

     調整に関する事項)
                                                 (単位:千円)
                利益                           金額
     報告セグメント計                                                1,051,902

     全社費用(注)                                                △492,358
     棚卸資産の調整額                                                    56
     四半期損益計算書の税引前四半期純利益                                                 559,599

     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
       現在及び今後の経済情勢を鑑み、収益性及び時価の著しく低下した資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
      当該減少額を減損損失として計上しております。
       当第3四半期累計期間における減損損失は46,791千円であり、「食料品事業」において9,141千円、「外食事業」
      において37,650千円をそれぞれ計上しております。
                                 12/16





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    Ⅱ 当第3四半期累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                 (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                    合計
                     食料品事業          外食事業         事業開発事業
     売上高

       外部顧客への売上高                  9,912,535          3,546,097             -      13,458,633
       セグメント間の内部
                         12,838            -          -        12,838
       売上高又は振替高
           計            9,925,373          3,546,097             -      13,471,471
     セグメント利益又は損失
                        975,002          139,642         △ 26,073        1,088,571
     (△)
    2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

     調整に関する事項)
                                                 (単位:千円)
                利益                           金額
     報告セグメント計                                                1,088,571

     全社費用(注)                                                △473,224
     棚卸資産の調整額                                                    56
     四半期損益計算書の税引前四半期純利益                                                 615,403

     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
       現在及び今後の経済情勢を鑑み、収益性及び時価の著しく低下した資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
      当該減少額を減損損失として計上しております。
       当第3四半期累計期間における減損損失は62,731千円であり、「外食事業」にて計上しております。
                                 13/16










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
     1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間

                              (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
               項目
                               至   平成29年12月31日)             至   平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 37円57銭               42円16銭
     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)                                 342,105               383,836

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 342,105               383,836

      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  9,105               9,105

     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/16














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ジェーシー・コムサ(E00488)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月9日

    株式会社ジェーシー・コムサ
     取締役会      御中
                       明星監査法人

                        指定社員

                                          福      島      泰      三
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       山  本  泰  士            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジェー

    シー・コムサの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第55期事業年度の第3四半期会計期間(平成30年10月1日
    から平成30年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸
    表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
    論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジェーシー・コムサの平成30年12月31日現在の財政状態及び同日
    をもって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点におい
    て認められなかった。
    その他の事項

     会社の平成29年12月31日をもって終了した前事業年度の第3四半期会計期間及び第3四半期累計期間に係る四半期財
    務諸表並びに前事業年度の財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実施されている。前
    任監査人は、当該四半期財務諸表に対して平成30年2月8日付けで無限定の結論を表明しており、また、当該財務諸表
    に対して平成30年6月25日付けで無限定適正意見を表明している。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。