株式会社じもとホールディングス 四半期報告書 第7期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第7期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社じもとホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第7期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社じもとホールディングス
      【英訳名】                    Jimoto    Holdings,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 粟野 学
      【本店の所在の場所】                    仙台市青葉区一番町二丁目1番1号
      【電話番号】                    022(722)0011(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役総合企画部長 尾形 毅
      【最寄りの連絡場所】                    仙台市青葉区一番町二丁目1番1号
      【電話番号】                    022(722)0011(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役総合企画部長 尾形 毅
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/47













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                           平成29年度            平成30年度
                           第3四半期            第3四半期            平成29年度
                          連結累計期間            連結累計期間
                        (自 平成29年4月1日            (自 平成30年4月1日            (自 平成29年4月1日
                         至 平成29年12月31日)             至 平成30年12月31日)             至 平成30年3月31日)
                                32,305            31,654            42,666

     経常収益              百万円
                                 3,229            2,247            3,717
     経常利益              百万円
     親会社株主に帰属する四半期
                                 2,624            1,730              -
                    百万円
     純利益
     親会社株主に帰属する当期純
                                  -            -           3,018
                    百万円
     利益
                                 4,280            △ 341             -
     四半期包括利益              百万円
                                  -            -           1,127
     包括利益              百万円
                                118,679            114,014            115,526
     純資産額              百万円
                               2,503,489            2,516,345            2,527,794
     総資産額              百万円
                                 13.91             8.96             -
     1株当たり四半期純利益               円
                                  -            -           15.32
     1株当たり当期純利益               円
     潜在株式調整後1株当たり四
                                 5.17            3.26             -
                     円
     半期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                                  -            -           5.98
                     円
     期純利益
                     %            4.72            4.51            4.55
     自己資本比率
                           平成29年度            平成30年度

                           第3四半期            第3四半期
                          連結会計期間            連結会計期間
                        (自 平成29年10月1日            (自 平成30年10月1日

                        至 平成29年12月31日)            至 平成30年12月31日)
                                 8.06            2.73
     1株当たり四半期純利益               円
      (注)1.当社及び国内連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         2.「1株当たり四半期(当期)純利益」及び「潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益」の算定上、
           資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式を期中平均株式数の計算において控除
           する自己株式に含めております。
         3.自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末非支配株主持分)を(四半期)期末資
           産の部の合計で除して算出しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はありま
       せん。また、主要な関係会社についても、異動はありません。
                                  2/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事業等のリスクについて
       は、前事業年度の有価証券報告書における記載から重要な変更及び新たに発生したリスクはありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間における国内経済は、鉱工業生産の緩やかな増加傾向が続くなか、企業収益の改善を
        背景とした雇用情勢の改善等により、景気は緩やかな回復基調が続きました。
         当社グループの営業エリアである宮城県経済は、経済活動は概ね高水準で推移しており、基調としては緩やかに
        回復しているものの、住宅投資、公共投資などに弱い動きがみられました。
         また、山形県経済は、個人消費に力強さが欠けるものの、鉱工業生産は緩やかな増加傾向にあり、雇用情勢が着
        実に改善するなど、緩やかな回復の動きがみられました。
         このような環境のもと、当社では、設立当初より「お客さまに喜ばれ、信頼され、『じもと』とともに進化・発
        展する新たな金融グループを創設する」という経営理念のもと、グループ役職員が一丸となって宮城と山形をつな
        ぎ、両県の経済交流の発展に貢献してまいりました。
         平成30年4月よりスタートした3ヵ年の「新中期経営計画」では、前中期経営計画から更に一歩踏み込んだ「顧
        客本位の本業支援」と「統合効果の発揮」を柱とし、これまで積上げてきたじもとグループの「本業支援を核とし
        た持続可能なビジネスモデル」により顧客基盤、収益基盤を構築し、併せてこれまで進めてきた統合・統一の効果
        を最大限に享受すべく、グループ一丸となって取り組んでおります。
         当第3四半期連結累計期間の当社グループの経営成績及び財政状態は以下のとおりです。
         当第3四半期連結累計期間の当社グループの経常収益は、その他業務収益が増加したものの、貸出金利息収入や
        有価証券利息配当金の減少により資金運用収益が減少したことなどから、前年同期比6億50百万円減少し316億54
        百万円となりました。経常費用は、営業経費及び資金調達費用が減少したものの、国債等債券償還損や株式等売却
        損が増加したことなどから、前年同期比3億30百万円増加し294億6百万円となりました。その結果、経常利益
        は、前年同期比9億81百万円減少し22億47百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期比8億94百万
        円減少し17億30百万円となりました。
         当第3四半期連結会計期間末の財政状態につきましては、総資産は、前連結会計年度末比114億48百万円減少の
        2兆5,163億45百万円となりました。また、純資産は、前連結会計年度末比15億12百万円減少の1,140億14百万円と
        なりました。
         主な勘定残高につきましては、貸出金残高は、地方公共団体向け貸出が減少したものの中小企業等貸出が増加し
        たことなどから、前連結会計年度末比70億9百万円増加の1兆7,290億13百万円となりました。預金残高(譲渡性
        預金含む)は、公金預金が増加したものの法人預金が減少したことから、前連結会計年度末比56億57百万円減少の
        2兆3,275億79百万円となりました。有価証券残高は、投資環境や市場動向に留意しながら効率的な資金運用に努
        めたことなどから、前連結会計年度末比813億13百万円減少の5,091億30百万円となりました。
         当第3四半期連結累計期間のセグメント別の業績は以下のとおりです。
         銀行業は、経常収益が前年同期比5億79百万円減少の272億31百万円、セグメント利益は前年同期比11億85百万
        円減少の24億74百万円となりました。
         リース業は、経常収益が前年同期比1億50百万円減少の43億93百万円、セグメント利益は前年同期比0百万円増
        加の1億50百万円となりました。
         銀行業、リース業を除くその他は、経常収益が前年同期比60百万円減少の9億33百万円、セグメント利益は前年
        同期比43百万円減少の75百万円となりました。
       (2)経営方針・経営戦略等、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等、事業上及び財務上の対処す

        べき課題、研究開発活動
        ①経営方針・経営戦略等、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等、経営上の目標の達成状
        況を判断するための客観的な指標等について重要な変更はありません。
        ②事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
        ③研究開発活動
         該当事項はありません。
                                  3/47


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
        国内業務部門・国際業務部門別収支
         国内業務部門の資金運用収支は、前第3四半期連結累計期間比10億55百万円減少の196億10百万円、役務取引等
        収支は前第3四半期連結累計期間比87百万円増加の17億2百万円、その他業務収支は前第3四半期連結累計期間比
        5億95百万円増加の34百万円となりました。
         また、国際業務部門の資金運用収支は、前第3四半期連結累計期間比91百万円減少の91百万円、役務取引等収支
        は前第3四半期連結累計期間と同等の3百万円、その他業務収支は前第3四半期連結累計期間比2億85百万円増加
        の3億9百万円となりました。
         この結果、国内業務部門と国際業務部門の合計では、資金運用収支は前第3四半期連結累計期間比11億46百万円
        減少の197億1百万円、役務取引等収支は前第3四半期連結累計期間比87百万円増加の17億6百万円、その他業務
        収支は前第3四半期連結累計期間比8億80百万円増加の3億44百万円となりました。
                                               相殺消去額
                                国内業務部門       国際業務部門                 合計
                                                (△)
          種類             期別
                                  金額       金額       金額       金額
                                 (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                  前第3四半期連結累計期間                 20,665         182        -     20,848
     資金運用収支
                  当第3四半期連結累計期間                 19,610         91       -     19,701
                  前第3四半期連結累計期間                 21,370         194        11     21,552

      うち資金運用収益
                  当第3四半期連結累計期間                 20,133         95        3     20,224
                  前第3四半期連結累計期間                   704        11       11       704

      うち資金調達費用
                  当第3四半期連結累計期間                   522        3       3      523
                  前第3四半期連結累計期間                 1,615         3       -      1,618

     役務取引等収支
                  当第3四半期連結累計期間                 1,702         3       -      1,706
                  前第3四半期連結累計期間                 4,131         7       -      4,138

      うち役務取引等収益
                  当第3四半期連結累計期間                 4,234         7       -      4,241
                  前第3四半期連結累計期間                 2,516         3       -      2,519

      うち役務取引等費用
                  当第3四半期連結累計期間                 2,531         3       -      2,534
                  前第3四半期連結累計期間                 △561         24       -      △536

     その他業務収支
                  当第3四半期連結累計期間                   34       309        -       344
                  前第3四半期連結累計期間                   153        24       -       177

      うちその他業務収益
                  当第3四半期連結累計期間                 1,139        309        -      1,449
                  前第3四半期連結累計期間                   714        -       -       714

      うちその他業務費用
                  当第3四半期連結累計期間                 1,105         -       -      1,105
      (注)1.「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」とは、連結子会社の外貨建取引
          であります。ただし、円建対非居住者取引及び円建外国債券等については「国際業務部門」に含めておりま
          す。
         2.資金運用収益及び資金調達費用の相殺消去額は、「国内業務部門」と「国際業務部門」の間の資金貸借の利
          息であります。
                                  4/47





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
        国内業務部門・国際業務部門別役務取引の状況
         国内業務部門においては、役務取引等収益は前第3四半期連結累計期間比1億3百万円増加の42億34百万円とな
        りました。また、役務取引等費用は前第3四半期連結累計期間比15百万円増加の25億31百万円となりました。
         国際業務部門においては、役務取引等収益は前第3四半期連結累計期間と同等の7百万円となりました。また、
        役務取引等費用は前第3四半期連結累計期間と同等の3百万円となりました。
         この結果、国内業務部門と国際業務部門の合計では、役務取引等収益は前第3四半期連結累計期間比1億3百万
        円増加の42億41百万円となりました。また、役務取引等費用は前第3四半期連結累計期間比15百万円増加の25億34
        百万円となりました。
                                               相殺消去額
                                国内業務部門       国際業務部門                 合計
                                                (△)
          種類             期別
                                  金額       金額       金額       金額
                                 (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                  前第3四半期連結累計期間                 4,131         7       -      4,138
     役務取引等収益
                  当第3四半期連結累計期間                 4,234         7       -      4,241
                  前第3四半期連結累計期間                 1,349         -       -      1,349

      うち預金・貸出業務
                  当第3四半期連結累計期間                 1,473         -       -      1,473
                  前第3四半期連結累計期間                 1,368         7       -      1,375

      うち為替業務
                  当第3四半期連結累計期間                 1,383         7       -      1,390
                  前第3四半期連結累計期間                   17       -       -       17

      うち証券関連業務
                  当第3四半期連結累計期間                   27       -       -       27
                  前第3四半期連結累計期間                   79       -       -       79

      うち代理業務
                  当第3四半期連結累計期間                   70       -       -       70
                  前第3四半期連結累計期間                   29       -       -       29

      うち保護預り・貸金庫
      業務
                  当第3四半期連結累計期間                   26       -       -       26
                  前第3四半期連結累計期間                   69       -       -       69

      うち保証業務
                  当第3四半期連結累計期間                   80       -       -       80
                  前第3四半期連結累計期間                   316        -       -       316

      うち投信窓販業務
                  当第3四半期連結累計期間                   274        -       -       274
                  前第3四半期連結累計期間                   700        -       -       700

      うち保険窓販業務
                  当第3四半期連結累計期間                   705        -       -       705
                  前第3四半期連結累計期間                 2,516         3       -      2,519

     役務取引等費用
                  当第3四半期連結累計期間                 2,531         3       -      2,534
                  前第3四半期連結累計期間                   402        3       -       405

      うち為替業務
                  当第3四半期連結累計期間                   399        3       -       403
      (注) 「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」とは、連結子会社の外貨建取引で
          あります。ただし、円建対非居住者取引は「国際業務部門」に含めております。
                                  5/47





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      国内業務部門・国際業務部門別預金残高の状況
       ○預金の種類別残高(末残)
                                               相殺消去額
                                国内業務部門       国際業務部門                 合計
                                                (△)
          種類             期別
                                  金額       金額       金額       金額
                                 (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                  前第3四半期連結会計期間               2,166,005          262        -    2,166,267
     預金合計
                  当第3四半期連結会計期間               2,141,496          183        -    2,141,679
                  前第3四半期連結会計期間               1,110,963           -       -    1,110,963

      うち流動性預金
                  当第3四半期連結会計期間               1,172,650           -       -    1,172,650
                  前第3四半期連結会計期間               1,049,332           -       -    1,049,332

      うち定期性預金
                  当第3四半期連結会計期間                960,130          -       -     960,130
                  前第3四半期連結会計期間                 5,709        262        -      5,971

      うちその他
                  当第3四半期連結会計期間                 8,715        183        -      8,899
                  前第3四半期連結会計期間                136,853          -       -     136,853

     譲渡性預金
                  当第3四半期連結会計期間                185,899          -       -     185,899
                  前第3四半期連結会計期間               2,302,858          262        -    2,303,120

     総合計
                  当第3四半期連結会計期間               2,327,395          183        -    2,327,579
     (注)1.「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」とは、連結子会社の外貨建取引で
          あります。ただし、円建対非居住者取引については「国際業務部門」に含めております。
        2.流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        3.定期性預金=定期預金+定期積金
                                  6/47











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      国内業務部門・国際業務部門別貸出金残高の状況
       ○業種別貸出状況(末残・構成比)
                              前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間
               業種別
                             金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内業務部門(除く特別国際金融取引勘定分)                          1,686,147         100.00        1,729,013         100.00
      製造業                          140,764         8.35        142,249         8.23
      農業,林業                           5,917        0.35         6,641        0.38
      漁業                            950       0.05          983       0.06
      鉱業,採石業,砂利採取業                           1,131        0.07          713       0.04
      建設業                          116,990         6.94        127,952         7.40
      電気・ガス・熱供給・水道業                           7,429        0.44         8,195        0.47
      情報通信業                           9,617        0.57        10,753        0.62
      運輸業,郵便業                           48,070        2.85        49,592        2.87
      卸売業,小売業                          122,594         7.27        127,112         7.35
      金融業,保険業                          106,493         6.32        116,580         6.74
      不動産業,物品賃貸業                          331,544        19.66        341,429        19.75
      各種サービス業                          155,618         9.23        160,942         9.31
      地方公共団体                          194,189        11.52        161,161         9.32
      その他                          444,825        26.38        474,693        27.46
     国際業務部門及び特別国際金融取引勘定分                              -       -         -       -
      政府等                             -       -         -       -
      金融機関                             -       -         -       -
      その他                             -       -         -       -
               合計                1,686,147           -      1,729,013           -
      (注)1.「国内業務部門」とは、当社及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」とは、連結子会社の外貨建取引
           であります。
         2.平成30年6月末基準より子銀行である仙台銀行の業種別貸出状況の集計方法を一部変更しております。
           従来の集計方法によった場合の業種別貸出状況(末残・構成比)は次のとおりであります。
                              前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間

               業種別
                             金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内業務部門(除く特別国際金融取引勘定分)                          1,686,147         100.00        1,729,013         100.00
      製造業                          141,097         8.37        142,709         8.25
      農業,林業                           6,658        0.39         7,326        0.42
      漁業                           1,421        0.08         1,472        0.09
      鉱業,採石業,砂利採取業                           1,132        0.07          714       0.04
      建設業                          119,566         7.09        130,981         7.58
      電気・ガス・熱供給・水道業                           7,544        0.45         8,407        0.49
      情報通信業                           9,643        0.57        10,634        0.62
      運輸業,郵便業                           48,212        2.86        49,841        2.88
      卸売業,小売業                          124,135         7.36        128,613         7.44
      金融業,保険業                          106,655         6.33        116,779         6.75
      不動産業,物品賃貸業                          319,342        18.94        330,875        19.14
      各種サービス業                          162,130         9.62        167,268         9.67
      地方公共団体                          194,189        11.52        161,161         9.32
      その他                          444,406        26.35        472,215        27.31
     国際業務部門及び特別国際金融取引勘定分                              -       -         -       -
      政府等                             -       -         -       -
      金融機関                             -       -         -       -
      その他                             -       -         -       -
               合計                1,686,147           -      1,729,013           -
                                  7/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
                                  8/47




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                     1,600,000,000
                B種優先株式                                       130,000,000

                C種優先株式                                       200,000,000

                D種優先株式                                       200,000,000

                  計                                   1,600,000,000

      (注) 当社の発行可能株式総数は、1,600,000,000株であり、普通株式および優先株式の発行可能種類株式総数は、
          それぞれ、上記のとおり定款に規定しております。
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)              (株)        名又は登録認可金融               内容
               (平成30年12月31日)           (平成31年2月12日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
       普通株式            178,867,630           同左                  (注)2,3
                                      (市場第一部)
      B種優先株式                                         (注)2,4,5,6,
                   130,000,000           同左           -
         (注)1                                         9,10
      C種優先株式                                         (注)2,4,5,7,
                   100,000,000           同左           -
         (注)1                                         9,10
      D種優先株式                                         (注)2,4,5,8,
                    50,000,000          同左           -
         (注)1                                         9,10
         計          458,867,630           同左           -            -
      (注)1.企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第8項に基づく「行使価額修正条項付新株予約権付社債券等」で
           あります。
         2.単元株式は100株であります。
         3.株主としての権利内容に制限のない当社における標準となる株式であります。
         4.当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質等
          (1)当社の普通株式の株価を基準として取得価額が修正され、取得と引換えに交付する普通株数が変動しま
            す。
          (2)行使価額修正条項の内容
           ① 修正基準
              取得請求期間において、毎月第3金曜日(以下「決定日」という。)の翌日以降、取得価額は、決定
             日まで(当日を含む。)の直近の5連続取引日(ただし、終値のない日は除き、決定日が取引日ではな
             い場合は、決定日の直前の取引日までの5連続取引日とする。)の当社の普通株式の毎日の終値の平均
             値に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。)に修正されま
             す。
              ただし、かかる計算の結果、修正後取得価額が下記(4)に定める下限取得価額を下回る場合は、修正
             後取得価額は下限取得価額とします。なお、決定日までの直近の5連続取引日の初日以降決定日まで
             (当日を含む。)の間に、B種優先株式においては(注)6.(5)⑧、C種優先株式においては(注)
             7.(5)⑧、D種優先株式においては(注)8.(5)⑧、に定める取得価額の調整事由が生じた場合、
             修正後取得価額は、取締役会が適当と判断する金額に調整されます。
           ② 修正頻度
              取得価額の修正は、毎月第3金曜日の翌日以降、1カ月に1回の頻度で行います。
          (3)行使価額等の上限
            B種優先株式 取得価額には上限を設けない。
            C種優先株式 取得価額には上限を設けない。
            D種優先株式 取得価額には上限を設けない。
          (4)行使価額等の下限
                                  9/47


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
            B種優先株式 302円を6.5で除した金額(ただし、(注)6.(5)⑧による調整を受ける。)。
            C種優先株式 55円(ただし、(注)7.(5)⑧による調整を受ける。)。
            D種優先株式 148円(ただし、(注)8.(5)⑧による調整を受ける。)。
          (5)B種優先株式について、当社は、平成33年10月1日以降、取締役会が別に定める日が到来したときは、法
            令上可能な範囲で、B種優先株式の全部または一部を取得することができる旨の条項を定めております。
          (6)C種優先株式について、当社は、平成31年10月1日以降、取締役会が別に定める日が到来したときは、法
            令上可能な範囲で、C種優先株式の全部または一部を取得することができる旨の条項を定めております。
          (7)D種優先株式について、当社は、平成34年12月29日以降、取締役会が別に定める日が到来したときは、法
            令上可能な範囲で、D種優先株式の全部または一部を取得することができる旨の条項を定めております。
         5.当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に表示された権利の行使に関する事項、および株券の売買に
           関する事項についての当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の所有者との取決めはありません。
         6.B種優先株式の内容は、以下のとおりであります。
          (1)B種優先配当金
           ① B種優先配当金
              当社は、定款第51条に定める剰余金の配当を行うときは、毎年3月31日(以下「B種優先期末配当基
             準日」という。)の最終の株主名簿に記載または記録されたB種優先株式を有する株主(以下「B種優
             先株主」という。)またはB種優先株式の登録株式質権者(以下「B種優先登録株式質権者」とい
             う。)に対し、当該B種優先期末配当基準日の最終の株主名簿に記載または記録された当社の普通株式
             (以下「普通株式」という。)を有する株主(以下「普通株主」という。)および普通株式の登録株式
             質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、B種優先株式1株につき、B種優先株式1
             株当たりの払込金額相当額(ただし、B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合
             またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に、下記②に定める配当年率(以下
             「B種優先配当年率」という。)を乗じて算出した額の金銭(円位未満小数第3位まで算出し、その小
             数第3位を切り上げる。)(以下「B種優先配当金」という。)の配当を行う。ただし、当該基準日の
             属する事業年度においてB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対して下記(2)に定めるB種優
             先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
           ② B種優先配当年率
             平成25年3月31日に終了する事業年度に係るB種優先配当年率
               B種優先配当年率=初年度B種優先配当金÷B種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、
              B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場
              合には、適切に調整される。)
               上記の算式において「初年度B種優先配当金」とは、B種優先株式1株当たりの払込金額相当額
              (ただし、B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由
              があった場合には、適切に調整される。)に、下記に定める優先配当年率としての資金調達コスト
              (ただし、B種優先株式の発行日時点において公表されている直近の優先配当年率としての資金調達
              コストとする。)を乗じて得られる数に、182/365を乗じて算出した額の金銭(円位未満小数第3位
              まで算出し、その小数第3位を切上げる。)とする。
             平成25年4月1日に開始する事業年度以降の各事業年度に係るB種優先配当年率
               B種優先配当年率=預金保険機構が当該事業年度において公表する優先配当年率としての資金調達
              コスト(ただし、預金保険機構が当該事業年度において優先配当年率としての資金調達コストを公表
              しない場合には、直前事業年度までに公表した優先配当年率としての資金調達コストのうち直近のも
              の)
               上記の算式において「優先配当年率としての資金調達コスト」とは、預金保険機構が、原則、毎年
              7月頃を目途に公表する直前事業年度に係る震災特例金融機関等の優先配当年率としての資金調達コ
              ストをいう。
               ただし、優先配当年率としての資金調達コストが日本円TIBOR(12ヶ月物)または8%のうちいず
              れか低い方(以下「B種優先株式上限配当率」という。)を超える場合には、B種優先配当年率はB
              種優先株式上限配当率とする。
                                 10/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
               上記の但書において「日本円TIBOR(12ヶ月物)」とは、毎年の4月1日(同日が銀行休業日の場
              合は直後の銀行営業日)の午前11時における日本円12ヶ月物トーキョー・インター・バンク・オ
              ファード・レート(日本円TIBOR)として全国銀行協会によって公表される数値またはこれに準ずる
              ものと認められるもの(%未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。)を指すも
              のとする。日本円TIBOR(12ヶ月物)が公表されていない場合は、4月1日(同日がロンドンの銀行
              休業日の場合は直後の銀行営業日)において、ロンドン時間午前11時現在のReuters3750ページに表
              示されるロンドン・インター・バンク・オファード・レート(ユーロ円LIBOR12ヶ月物(360日ベー
              ス))として、英国銀行協会(BBA)によって公表される数値(%未満小数第4位まで算出し、その
              小数第4位を四捨五入する。)を、日本円TIBOR(12ヶ月物)に代えて用いるものとする。
           ③ 非累積条項
              ある事業年度においてB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対して支払う金銭による剰余金
             の配当の額がB種優先配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
           ④ 非参加条項
              B種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対しては、B種優先配当金の額を超えて剰余金の配当
             は行わない。ただし、当社が行う吸収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第
             760条第7号ロに規定される剰余金の配当または当社がする新設分割手続の中で行われる同法第763条第
             12号ロもしくは同法第765条第1項第8号ロに規定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
          (2)B種優先中間配当金
             当社は、定款第52条に定める中間配当を行うときは、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または記録
            されたB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対し、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または
            記録された普通株主および普通登録株式質権者に先立ち、B種優先株式1株当たり、各事業年度における
            B種優先配当金の額の2分の1の額を上限とする金銭による剰余金の配当(以下「B種優先中間配当金」
            という。)を行う。
          (3)残余財産の分配
           ① 残余財産の分配
              当社の残余財産を分配するときは、B種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対し、普通株主お
             よび普通登録株式質権者に先立ち、B種優先株式1株につき1,500円を6.5で除した金額(ただし、B種
             優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合に
             は、適切に調整される。)に下記③に定める経過B種優先配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
           ② 非参加条項
              B種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対しては、上記①のほか、残余財産の分配は行わな
             い。
           ③ 経過B種優先配当金相当額
              B種優先株式1株当たりの経過B種優先配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以下「分配
             日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を含
             む。)までの日数にB種優先配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満小数第3位
             まで算出し、その小数第3位を切上げる。)をいう。ただし、上記のB種優先配当金は、分配日の前日
             時点において公表されている直近の優先配当年率としての資金調達コストを用いて算出する。また、分
             配日の属する事業年度においてB種優先株主またはB種優先登録株式質権者に対してB種優先中間配当
             金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
          (4)議決権
             B種優先株主は、全ての事項につき株主総会において議決権を行使することができない。ただし、B種
            優先株主は、B種優先株式の発行時に株式会社仙台銀行が発行する第Ⅰ種優先株式の株主が同銀行株主総
            会において議決権を行使することができるときはその発行時より、定時株主総会にB種優先配当金の額全
            部(B種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の議案が提出され
            ないときはその定時株主総会より、B種優先配当金の額全部(B種優先中間配当金を支払ったときは、そ
            の額を控除した額)の支払いを受ける旨の議案が定時株主総会において否決されたときはその定時株主総
            会の終結の時より、B種優先配当金の額全部(B種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した
            額)の支払いを受ける旨の決議がなされる時までの間は、全ての事項について株主総会において議決権を
            行使することができる。
                                 11/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
          (5)普通株式を対価とする取得請求権
           ① 取得請求権
              B種優先株主は、下記②に定める取得を請求することができる期間中、当社がB種優先株式を取得す
             るのと引換えに、普通株式を交付することを請求することができる。かかる取得の請求があった場合、
             当社は、B種優先株式の取得と引換えに、下記③に定める財産を交付する。また、単元未満株式につい
             ては、本項に規定する取得の請求をすることができないものとする。
              ただし、下記③に定める財産としての普通株式数が行使可能株式数を超える場合には、行使可能株式
             数について取得請求の効力が生じるものとし、行使可能株式数を超える部分については取得請求がなさ
             れなかったものとみなす。
              上記の但書において「行使可能株式数」とは、(A)取得請求をした日(以下「取得請求日」とい
             う。)における当社の発行可能株式総数から、取得請求日における当社の発行済株式総数および取得請
             求日における新株予約権(当該新株予約権の権利行使期間の初日が到来していないものを除く。)の新
             株予約権者が当該新株予約権の行使により取得することとなる株式の数を控除した数と、(B)取得請求
             日における当社の普通株式に係る発行可能種類株式総数から、取得請求日における当社の普通株式に係
             る発行済株式総数、取得請求権付株式(当該取得請求権の取得請求期間の初日が到来していないものを
             除く。)の株主が取得請求権の行使により取得することとなる普通株式の数、取得条項付株式の株主が
             取得事由の発生により取得することとなる普通株式の数および新株予約権(当該新株予約権の権利行使
             期間の初日が到来していないものを除く。)の新株予約権者が新株予約権の行使により取得することと
             なる普通株式の数を控除した数の、いずれか小さい方をいう。
           ② 取得を請求することができる期間
              平成25年4月1日から平成48年9月30日まで(以下「取得請求期間」という。)とする。
           ③ 取得と引換えに交付すべき財産
              当社は、B種優先株式の取得と引換えに、B種優先株主が取得の請求をしたB種優先株式数に1,500
             円を6.5で除した金額(ただし、B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合また
             はこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)を乗じた額を下記④ないし⑧に定める取
             得価額で除した数の普通株式を交付する。なお、B種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の
             数に1株に満たない端数があるときは、会社法第167条第3項に従ってこれを取扱う。
           ④ 当初取得価額
              当初の取得価額は、平成25年4月1日の時価とする。ただし、当該時価が下記⑦に定める下限取得価
             額を下回る場合は、下限取得価額とする。平成25年4月1日の時価とは、平成25年4月1日(当日を含
             まない。)に先立つ5連続取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日
             の終値(気配表示を含む。以下「終値」という。)が算出されない日を除く。)の平均値(終値のない
             日数を除く。)に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、小数第1位を切捨てる。)とする。
           ⑤ 取得価額の修正
              取得請求期間において、毎月第3金曜日(以下「決定日」という。)の翌日以降、取得価額は、決定
             日(当日を含む。)までの直近の5連続取引日(ただし、終値のない日は除き、決定日が取引日ではな
             い場合は、決定日の直前の取引日までの5連続取引日とする。)の当社の普通株式の毎日の終値の平均
             値に相当する額(円位未満小数第1位まで算出し、小数第1位を切捨てる。)に修正される。ただし、
             かかる計算の結果、修正後取得価額が下記⑦に定める下限取得価額を下回る場合は、修正後取得価額は
             下限取得価額とする。なお、決定日までの直近の5連続取引日の初日以降決定日まで(当日を含む。)
             の間に、下記⑧に定める取得価額の調整事由が生じた場合、修正後取得価額は、取締役会が適当と判断
             する金額に調整される。
           ⑥ 上限取得価額
              取得価額には上限を設けない。
           ⑦ 下限取得価額
              302円を6.5で除した額(ただし、下記⑧による調整を受ける。)。
                                 12/47





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
           ⑧ 取得価額の調整
            イ.B種優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、取得価額(下限取得価額を含
              む。)を次に定める算式(以下「取得価額調整式」という。)により調整する(以下調整後の取得価
              額を「調整後取得価額」という。)。取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算
              出し、その小数第1位を切捨てる。
                                           交付普通       1株当たり
                                                 ×
                                            株式数       の払込金額
                                   既発行普通
                                         +
                                    株式数
                                                 時価
               調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                     既発行普通株式数+交付普通株式数
              (A)取得価額調整式に使用する時価(下記ハ.に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもって
                普通株式を発行または自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含む。)
                (ただし、当社の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予約
                権付社債に付されたものを含む。以下本⑧において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権付
                株式等」という。)、または当社の普通株式の交付と引換えに当社が取得することができる取得
                条項付株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)
                が取得または行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
                 調整後取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下
                同じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、または株主に募集株式の割当てを
                受ける権利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、こ
                れを適用する。
              (B)株式の分割をする場合
                 調整後取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日にお
                ける当社の自己株式である普通株式に係り増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみ
                なして取得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
              (C)取得価額調整式に使用する時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下本(C)、下記(D)およ
                び(E)ならびに下記ハ.(D)において同じ。)をもって当社の普通株式の交付を請求できる取得
                請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
                 調整後取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償
                割当ての場合はその効力発生日)に、または株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を
                与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等
                の全部が当初の条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整
                式を適用して算出し、その払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効
                力発生日)の翌日以降、またはその基準日の翌日以降、これを適用する。
                 上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定して
                おらず、後日一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等
                を発行した場合において、決定された価額が取得価額調整式に使用する時価を下回る場合には、
                調整後取得価額は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確定し
                た条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して
                算出し、当該価額決定日の翌日以降これを適用する。
              (D)当社が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.または
                ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる
                日(以下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が取得価額
                調整式に使用する時価を下回る場合
                 調整後取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得また
                は行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、当該修正
                日の翌日以降これを適用する。
                 なお、かかる取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)ないし(c)の場合に応じて、調整後
                取得価額を適用する日の前日において有効な取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下
                「調整係数」という。)を乗じた額を調整前取得価額とみなすものとする。
               (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ていない場合
                  調整係数は1とする。
                                 13/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
               (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ている場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行
                 われている場合
                  調整係数は1とする。
                  ただし、下限取得価額の算定においては、調整係数は、上記(C)または本(D)による直前の
                 調整を行う前の下限取得価額を当該調整後の下限取得価額で除した割合とする。
               (c)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ている場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行
                 われていない場合
                  調整係数は、上記(C)または本(D)による直前の調整を行う前の取得価額を当該調整後の取
                 得価額で除した割合とする。
              (E)取得条項付株式等の取得と引換えに取得価額調整式に使用される時価を下回る価額をもって普通
                株式を交付する場合
                 調整後取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
                 ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(C)または(D)による取得価額の調整が行わ
                れている場合には、調整後取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄
                化後普通株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるとき
                に限り、当該超過する普通株式数が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出
                し、取得の直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(E)による調整は行わない。
              (F)株式の併合をする場合
                 調整後取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少する普通株式数(効力発生
                日における当社の自己株式である普通株式に係り減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示
                して交付普通株式数とみなして取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
            ロ.上記イ.(A)ないし(F)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換または株式移転等により、
              取得価額(下限取得価額を含む。)の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する取得価額
              (下限取得価額を含む。)に変更される。
            ハ.(A)取得価額調整式に使用する「時価」は、調整後取得価額を適用する日に先立つ5連続取引日の当
                社の普通株式の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とする。ただし、平均値の計算
                は円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。なお、上記5連続取引日の間
                に、取得価額の調整事由が生じた場合、調整後取得価額は、本⑧に準じて調整する。
              (B)取得価額調整式に使用する「調整前取得価額」は、調整後取得価額を適用する日の前日において
                有効な取得価額とする。
              (C)取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.(A)
                ないし(C)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まな
                い。)、基準日がない場合は調整後取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の当社の発行済普通株
                式数(自己株式である普通株式の数を除く。)に当該取得価額の調整の前に上記イ.およびロ.
                に基づき「交付普通株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数
                (ある取得請求権付株式等について上記イ.(D)(b)または(c)に基づく調整が初めて適用され
                る日(当該日を含む。)からは、当該取得請求権付株式等に係る直近の上記イ.(D)(b)または
                (c)に基づく調整に先立って適用された上記イ.(C)または(D)に基づく調整により「交付普通
                株式数」とみなされた普通株式数は含まない。)を加えたものとする。
              (D)取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(A)の場合には、当該払込
                金額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込みの場合には適正な評価額)、上
                記イ.(B)および(F)の場合には0円、上記イ.(C)ないし(E)の場合には価額(ただし、(D)
                の場合は修正価額)とする。
            ニ.上記イ.(C)ないし(E)および上記ハ.(D)において「価額」とは、取得請求権付株式等または取得
              条項付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資さ
              れる財産の価額を加えた額とする。)から、その取得または行使に際して当該取得請求権付株式等ま
              たは取得条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得
              または行使に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
                                 14/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
            ホ.上記イ.(E)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後取得価額を適用する日の既発行普通
              株式数から、上記ハ.(C)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普通株
              式数で当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付される普
              通株式数を加えたものとする。
            へ.上記イ.(A)ないし(C)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準
              日以降に開催される当社の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合
              には、上記イ.(A)ないし(C)の規定にかかわらず、調整後取得価額は、当該承認決議をした株主総
              会の終結の日の翌日以降にこれを適用する。
            ト.取得価額調整式により算出された上記イ.第2文を適用する前の調整後取得価額と調整前取得価額と
              の差額が1円未満にとどまるときは、取得価額の調整は、これを行わない。ただし、その後取得価額
              調整式による取得価額の調整を必要とする事由が発生し、取得価額を算出する場合には、取得価額調
              整式中の調整前取得価額に代えて調整前取得価額からこの差額を差し引いた額(ただし、円位未満小
              数第2位までを算出し、その小数第2位を切捨てる。)を使用する。
           ⑨ 合理的な措置
              上記④ないし⑧に定める取得価額(下記(7)②に定める一斉取得価額を含む。以下本⑨において同
             じ。)は、希薄化防止および異なる種類の株式の株主間の実質的公平の見地から解釈されるものとし、
             その算定が困難となる場合または算定の結果が不合理となる場合には、当社の取締役会は、取得価額の
             適切な調整その他の合理的に必要な措置をとるものとする。
           ⑩ 取得請求受付場所
              東京都中央区八重洲一丁目2番1号
              みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
           ⑪ 取得請求の効力発生
              取得請求の効力は、取得請求に要する書類が上記⑩に記載する取得請求受付場所に到着した時に発生
             する。
          (6)金銭を対価とする取得条項
             当社は、平成33年10月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したとき
            は、法令上可能な範囲で、B種優先株式の全部または一部を取得することができるものとし、当社は、か
            かるB種優先株式を取得するのと引換えに、B種優先株式1株につき、1,500円を6.5で除した金額(ただ
            し、B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場
            合には、適切に調整される。)に経過B種優先配当金相当額を加えた額の金銭を交付する。ただし、取締
            役会は、当該取締役会の開催日までの30連続取引日(開催日を含む。)の全ての日において当社の普通株
            式の毎日の終値が下限取得価額を下回っている場合で、かつ、金融庁の事前承認を得ている場合に限り、
            取得日を定めることができる。なお、B種優先株式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。取
            得日の決定後も上記(5)①に定める取得請求権の行使は妨げられないものとする。
             なお、本項においては、上記(3)③に定める経過B種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分
            配が行われる日」および「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過B種優先配当金相当額を計
            算する。
          (7)普通株式を対価とする一斉取得条項
           ① 普通株式を対価とする一斉取得条項
              当社は、取得請求期間の末日までに当社に取得されていないB種優先株式の全てを取得請求期間の末
             日の翌日(以下「一斉取得日」という。)をもって取得する。この場合、当社は、かかるB種優先株式
             を取得するのと引換えに、各B種優先株主に対し、その有するB種優先株式数に1,500円を6.5で除した
             金額(ただし、B種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事
             由があった場合には、適切に調整される。)を乗じた額を下記②に定める普通株式の時価(以下「一斉
             取得価額」という。)で除した数の普通株式を交付するものとする。B種優先株式の取得と引換えに交
             付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
           ② 一斉取得価額
              「一斉取得価額」は、一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる30連続取引日の当社の普通株式の毎日
             の終値の平均値(終値のない日数を除く。)に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小
             数第1位を切り捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額を下回る
             場合は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
                                 15/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
          (8)株式の分割または併合および株式無償割当て
           ① 分割または併合
              当社は、株式の分割または併合を行うときは、普通株式およびB種優先株式の種類ごとに、同時に同
             一の割合で行う。
           ② 株式無償割当て
              当社は、株式無償割当てを行うときは、普通株式およびB種優先株式の種類ごとに、当該種類の株式
             の無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
          (9)優先順位
             B種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる優先配当金、優先中間配当金および残余財産
            の分配における支払順位は、いずれも同順位とする。
         (10)法令変更等
             法令の変更等に伴い本要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合には、当社の取締役
            会は合理的に必要な措置を講じる。
         (11)その他
             上記各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
         (12)会社法第322条第1項の規定による種類株主総会の決議を要しない旨の定款の定め
             該当事項なし
         (13)他の種類の株式であって、議決権の有無又はその内容に差異があるものについての定款の定め
             当社は、B種優先株式とは異なる普通株式について定款に定めている。普通株式は株主としての権利内
            容に制限のない当社における標準となる株式であるが、B種優先株式を有する株主は、上記(4)に記載の
            通り、一定の場合を除いて株主総会において議決権を有しない。これは、B種優先株式を配当金や残余財
            産の分配について優先権を持つ代わりに議決権がない内容としたことによるものである。
         7.C種優先株式の内容は、以下のとおりであります。
          (1)C種優先配当金
           ① C種優先配当金
              当社は、定款第51条に定める剰余金の配当を行うときは、毎年3月31日(以下「C種優先期末配当基
             準日」という。)の最終の株主名簿に記載または記録されたC種優先株式を有する株主(以下「C種優
             先株主」という。)またはC種優先株式の登録株式質権者(以下「C種優先登録株式質権者」とい
             う。)に対し、当該C種優先期末配当基準日の最終の株主名簿に記載または記録された当社の普通株式
             (以下「普通株式」という。)を有する株主(以下「普通株主」という。)および普通株式の登録株式
             質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、C種優先株式1株につき、C種優先株式1
             株当たりの払込金額相当額(「C種優先株式1株当たりの払込金額相当額」とは、当初は200円とする
             が、C種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった
             場合には、適切に調整される。)に、下記②に定める配当年率(以下「C種優先配当年率」という。)
             を乗じて算出した額の金銭(円位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を切り上げる。)(以下
             「C種優先配当金」という。)の配当を行う。ただし、当該基準日の属する事業年度においてC種優先
             株主またはC種優先登録株式質権者に対して下記(2)に定めるC種優先中間配当金を支払ったときは、
             その額を控除した額とする。
           ② C種優先配当年率
             平成25年3月31日に終了する事業年度に係るC種優先配当年率
               C種優先配当年率=初年度C種優先配当金÷C種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、
              C種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場
              合には、適切に調整される。)
               上記の算式において「初年度C種優先配当金」とは、C種優先株式1株当たりの払込金額相当額
              (ただし、C種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由
              があった場合には、適切に調整される。)に、下記に定める日本円TIBOR(12ヶ月物)(ただし、C
              種優先株式の発行日の直前の4月1日(ただし、当該日が銀行休業日の場合はその直後の銀行営業
              日)をC種優先配当年率決定日として算出する。)に1.15%を加えた割合(%未満小数第4位まで算
              出し、その小数第4位を四捨五入する。)を乗じて得られる数に、94/365を乗じて算出した額の金
              銭(円位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を切り上げる。)とする。
             平成25年4月1日に開始する事業年度以降の各事業年度に係るC種優先配当年率
               C種優先配当年率=日本円TIBOR(12ヶ月物)+1.15%
               なお、平成25年4月1日に開始する事業年度以降の各事業年度に係るC種優先配当年率は、%未満
              小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。
               上記の算式において「日本円TIBOR(12ヶ月物)」とは、毎年の4月1日(ただし、当該日が銀行
              休業日の場合はその直後の銀行営業日)(以下「C種優先配当年率決定日」という。)の午前11時に
              おける日本円12ヶ月物トーキョー・インター・バンク・オファード・レート(日本円TIBOR)として
                                 16/47

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
              全国銀行協会によって公表される数値またはこれに準ずるものと認められるものを指すものとする。
              日本円TIBOR(12ヶ月物)が公表されていない場合は、C種優先配当年率決定日において、ロンドン
              時 間午前11時現在のReuters3750ページに表示されるロンドン・インター・バンク・オファード・
              レート(ユーロ円LIBOR12ヶ月物(360日ベース))として、英国銀行協会(BBA)によって公表され
              る数値を、日本円TIBOR(12ヶ月物)に代えて用いるものとする。
               ただし、上記の算式の結果が8%を超える場合には、C種優先配当年率は8%とする。
           ③ 非累積条項
              ある事業年度においてC種優先株主またはC種優先登録株式質権者に対して支払う金銭による剰余金
             の配当の額がC種優先配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
           ④ 非参加条項
              C種優先株主またはC種優先登録株式質権者に対しては、C種優先配当金の額を超えて剰余金の配当
             は行わない。ただし、当社が行う吸収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第
             760条第7号ロに規定される剰余金の配当または当社がする新設分割手続の中で行われる同法第763条第
             12号ロもしくは同法第765条第1項第8号ロに規定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
          (2)C種優先中間配当金
             当社は、定款第52条に定める中間配当を行うときは、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または記録
            されたC種優先株主またはC種優先登録株式質権者に対し、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または
            記録された普通株主および普通登録株式質権者に先立ち、C種優先株式1株当たり、各事業年度における
            C種優先配当金の額の2分の1の額を上限とする金銭による剰余金の配当(以下「C種優先中間配当金」
            という。)を行う。
          (3)残余財産の分配
           ① 残余財産の分配
              当社の残余財産を分配するときは、C種優先株主またはC種優先登録株式質権者に対し、普通株主お
             よび普通登録株式質権者に先立ち、C種優先株式1株につき200円(ただし、C種優先株式につき、株
             式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整され
             る。)に下記③に定める経過C種優先配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
           ② 非参加条項
              C種優先株主またはC種優先登録株式質権者に対しては、上記①のほか、残余財産の分配は行わな
             い。
           ③ 経過C種優先配当金相当額
              C種優先株式1株当たりの経過C種優先配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以下「分配
             日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を含
             む。)までの日数にC種優先配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満小数第4位
             まで算出し、その小数第4位を切り上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度においてC種
             優先株主またはC種優先登録株式質権者に対してC種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除
             した額とする。
          (4)議決権
             C種優先株主は、全ての事項につき株主総会において議決権を行使することができない。ただし、C種
            優先株主は、C種優先配当金の額全部(C種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の
            支払いを受ける旨の議案が定時株主総会に提出されないときはその定時株主総会から、C種優先配当金の
            額全部(C種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の議案が定時
            株主総会において否決されたときはその定時株主総会の終結の時から、C種優先配当金の額全部(C種優
            先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の株主総会決議がなされる時
            までの間は、全ての事項について株主総会において議決権を行使することができる。
          (5)普通株式を対価とする取得請求権
           ① 取得請求権
              C種優先株主は、下記②に定める取得を請求することができる期間中、当社に対して、自己の有する
             C種優先株式を取得することを請求することができる。かかる取得の請求があった場合、当社はC種優
             先株主がかかる取得の請求をしたC種優先株式を取得するのと引換えに、下記③に定める財産を当該C
             種優先株主に対して交付する。また単元未満株式については、本(5)に規定する取得の請求をすること
             ができないものとする。
                                 17/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
           ② 取得を請求することができる期間
              平成24年12月29日から平成36年9月30日まで(以下「取得請求期間」という。)とする。
           ③ 取得と引換えに交付すべき財産
              当社は、C種優先株式の取得と引換えに、C種優先株主が取得の請求をしたC種優先株式数に200円
             (ただし、C種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由が
             あった場合には、適切に調整される。)を乗じた額を下記④ないし⑧に定める取得価額で除した数の普
             通株式を交付する。なお、C種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端
             数があるときは、会社法第167条第3項に従ってこれを取扱う。
           ④ 当初取得価額
              普通株式1株当たりの取得価額(以下「取得価額」という。)は、当初、C種優先株式の発行日の時
             価とする。C種優先株式の発行日の時価とは、平成24年12月の第3金曜日(当日を含む。以下「当初取
             得価額決定日」という。)までの直近の5連続取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株
             式の毎日の終値(気配表示を含む。以下「終値」という。)の平均値(ただし、終値のない日数を除
             き、当初取得価額決定日が取引日ではない場合は、当初取得価額決定日の直前の取引日までの5連続取
             引日とする。)に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。)と
             する。ただし、かかる計算の結果、取得価額が下記⑦に定める下限取得価額を下回る場合は、下限取得
             価額とする。
           ⑤ 取得価額の修正
              取得請求期間において、毎月第3金曜日(以下「決定日」という。)の翌日以降、取得価額は、決定
             日まで(当日を含む。)の直近の5連続取引日(ただし、終値のない日は除き、決定日が取引日ではな
             い場合は、決定日の直前の取引日までの5連続取引日とする。)の当社の普通株式の毎日の終値の平均
             値に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。)に修正される。
             ただし、かかる計算の結果、修正後取得価額が下記⑦に定める下限取得価額を下回る場合は、修正後取
             得価額は下限取得価額とする。なお、上記5連続取引日の初日以降決定日まで(当日を含む。)の間
             に、下記⑧に定める取得価額の調整事由が生じた場合、修正後取得価額は、取締役会が適当と判断する
             金額に調整される。
           ⑥ 上限取得価額
              取得価額には上限を設けない。
           ⑦ 下限取得価額
              55円(ただし、下記⑧による調整を受ける。)。
           ⑧ 取得価額の調整
            イ.C種優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、取得価額(下限取得価額を含
              む。)を次に定める算式(以下「取得価額調整式」という。)により調整する(以下調整後の取得価
              額を「調整後取得価額」という。)。取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算
              出し、その小数第1位を切り捨てる。
                                           交付普通       1株当たり
                                                 ×
                                            株式数       の払込金額
                                   既発行普通
                                         +
                                    株式数
                                                 時価
               調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                     既発行普通株式数+交付普通株式数
              (A)取得価額調整式に使用する時価(下記ハ.に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもって
                普通株式を発行または自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含む。)
                (ただし、当社の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予約
                権付社債に付されたものを含む。以下本⑧において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権付
                株式等」という。)、または当社の普通株式の交付と引換えに当社が取得することができる取得
                条項付株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)
                が取得または行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
                 調整後取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下
                同じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、または株主に募集株式の割当てを
                受ける権利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、こ
                れを適用する。
                                 18/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
              (B)株式の分割をする場合
                 調整後取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日にお
                ける当社の自己株式である普通株式に係り増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみ
                なして取得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
              (C)取得価額調整式に使用する時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下本(C)、下記(D)およ
                び(E)ならびに下記ハ.(D)において同じ。)をもって当社の普通株式の交付を請求できる取得
                請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
                 調整後取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償
                割当ての場合はその効力発生日)に、または株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を
                与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等
                の全部が当初の条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整
                式を適用して算出し、その払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効
                力発生日)の翌日以降、またはその基準日の翌日以降、これを適用する。
                 上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定して
                おらず、後日一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等
                を発行した場合において、決定された価額が取得価額調整式に使用する時価を下回る場合には、
                調整後取得価額は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確定し
                た条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して
                算出し、当該価額決定日の翌日以降これを適用する。
              (D)当社が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.または
                下記ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行わ
                れる日(以下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が取得
                価額調整式に使用する時価を下回る場合
                 調整後取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得また
                は行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、当該修正
                日の翌日以降これを適用する。
                 なお、かかる取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)ないし(c)の場合に応じて、調整後
                取得価額を適用する日の前日において有効な取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下
                「調整係数」という。)を乗じた額を調整前取得価額とみなすものとする。
               (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ていない場合
                  調整係数は1とする。
               (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ている場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行
                 われている場合
                  調整係数は1とする。
                  ただし、下限取得価額の算定においては、調整係数は、上記(C)または本(D)による直前の
                 調整を行う前の下限取得価額を当該調整後の下限取得価額で除した割合とする。
               (c)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ている場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行
                 われていない場合
                  調整係数は、上記(C)または本(D)による直前の調整を行う前の取得価額を当該調整後の取
                 得価額で除した割合とする。
              (E)取得条項付株式等の取得と引換えに取得価額調整式に使用される時価を下回る価額をもって普通
                株式を交付する場合
                 調整後取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
                 ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(C)または(D)による取得価額の調整が行わ
                れている場合には、調整後取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄
                化後普通株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるとき
                に限り、当該超過する普通株式数が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出
                し、取得の直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(E)による調整は行わない。
                                 19/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
              (F)株式の併合をする場合
                 調整後取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少した普通株式数(効力発生
                日における当社の自己株式である普通株式に係り減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示
                して交付普通株式数とみなして取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
            ロ.上記イ.(A)ないし(F)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換または株式移転等により、
              取得価額(下限取得価額を含む。)の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する取得価額
              (下限取得価額を含む。)に変更される。
            ハ.(A)取得価額調整式に使用する「時価」は、調整後取得価額を適用する日に先立つ5連続取引日の当
                社の普通株式の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とする。ただし、平均値の計算
                は円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。なお、上記5連続取引日の間
                に、取得価額の調整事由が生じた場合、調整後取得価額は、本⑧に準じて調整する。
              (B)取得価額調整式に使用する「調整前取得価額」は、調整後取得価額を適用する日の前日において
                有効な取得価額とする。
              (C)取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.(A)
                ないし(C)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)
                の、基準日がない場合は調整後取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の当社の発行済普通株式数
                (自己株式である普通株式数を除く。)に当該取得価額の調整の前に上記イ.およびロ.に基づ
                き「交付普通株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数(ある取
                得請求権付株式等について上記イ.(D)(b)または(c)に基づく調整が初めて適用される日(当
                該日を含む。)からは、当該取得請求権付株式等に係る直近の上記イ.(D)(b)または(c)に基
                づく調整に先立って適用された上記イ.(C)または(D)に基づく調整により「交付普通株式数」
                とみなされた普通株式数は含まない。)を加えたものとする。
              (D)取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(A)の場合には、当該払込
                金額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込みの場合には適正な評価額)、上
                記イ.(B)および(F)の場合には0円、上記イ.(C)ないし(E)の場合には価額(ただし、(D)
                の場合は修正価額)とする。
            ニ.上記イ.(C)ないし(E)および上記ハ.(D)において「価額」とは、取得請求権付株式等または取得
              条項付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資さ
              れる財産の価額を加えた額とする。)から、その取得または行使に際して当該取得請求権付株式等ま
              たは取得条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得
              または行使に際して交付される普通株式数で除した金額をいう。
            ホ.上記イ.(E)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後取得価額を適用する日の既発行普通
              株式数から、上記ハ.(C)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普通株
              式数で当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付される普
              通株式数を加えたものとする。
            へ.上記イ.(A)ないし(C)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準
              日以降に開催される当社の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合
              には、上記イ.(A)ないし(C)の規定にかかわらず、調整後取得価額は、当該承認決議をした株主総
              会の終結の日の翌日以降にこれを適用する。
            ト.取得価額調整式により算出された上記イ.第2文を適用する前の調整後取得価額と調整前取得価額と
              の差額が1円未満にとどまるときは、取得価額の調整は、これを行わない。ただし、その後取得価額
              調整式による取得価額の調整を必要とする事由が発生し、取得価額を算出する場合には、取得価額調
              整式中の調整前取得価額に代えて調整前取得価額からこの差額を差し引いた額(ただし、円位未満小
              数第2位までを算出し、その小数第2位を切り捨てる。)を使用する。
           ⑨ 合理的な措置
              上記④ないし⑧に定める取得価額(下記(7)②に定める一斉取得価額を含む。以下本⑨において同
             じ。)は、希薄化防止および異なる種類の株式の株主間の実質的公平の見地から解釈されるものとし、
             その算定が困難となる場合または算定の結果が不合理となる場合には、当社の取締役会は、取得価額の
             適切な調整その他の合理的に必要な措置をとるものとする。
           ⑩ 取得請求受付場所
              東京都中央区八重洲一丁目2番1号
              みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                                 20/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
           ⑪ 取得請求の効力発生
              取得請求の効力は、取得請求に要する書類が上記⑩に記載する取得請求受付場所に到着したときに発
             生する。
          (6)金銭を対価とする取得条項
           ① 金銭を対価とする取得条項
              当社は、平成31年10月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したと
             きは、法令上可能な範囲で、C種優先株式の全部または一部を取得することができる。ただし、取締役
             会は、当該取締役会の開催日までの30連続取引日(開催日を含む。)の全ての日において当社の普通株
             式の毎日の終値が下限取得価額を下回っている場合で、かつ、金融庁の事前承認を得ている場合に限
             り、取得日を定めることができる。この場合、当社は、かかるC種優先株式を取得するのと引換えに、
             下記②に定める財産をC種優先株主に対して交付するものとする。なお、C種優先株式の一部を取得す
             るときは、按分比例の方法による。取得日の決定後も上記(5)①に定める取得請求権の行使は妨げられ
             ないものとする。
           ② 取得と引換えに交付すべき財産
              当社は、C種優先株式の取得と引換えに、C種優先株式1株につき、200円(ただし、C種優先株式
             につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に
             調整される。)に経過C種優先配当金相当額を加えた額の金銭を交付する。なお、本②においては、上
             記(3)③に定める経過C種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分配が行われる日」および
             「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過C種優先配当金相当額を計算する。
          (7)普通株式を対価とする一斉取得
           ① 普通株式を対価とする一斉取得
              当社は、取得請求期間の末日までに当社に取得されていないC種優先株式の全てを取得請求期間の末
             日の翌日(以下「一斉取得日」という。)をもって取得する。この場合、当社は、かかるC種優先株式
             を取得するのと引換えに、各C種優先株主に対し、その有するC種優先株式数に200円(ただし、C種
             優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合に
             は、適切に調整される。)を乗じた額を下記②に定める普通株式の時価(以下「一斉取得価額」とい
             う。)で除した数の普通株式を交付するものとする。C種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株
             式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
           ② 一斉取得価額
              一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる30連続取引日の当社の普通株式の毎日の終
             値の平均値(終値のない日数を除く。)に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第
             1位を切り捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額を下回る場合
             は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
          (8)株式の分割または併合および株式無償割当て
           ① 分割または併合
              当社は、株式の分割または併合を行うときは、普通株式およびC種優先株式の種類ごとに、同時に同
             一の割合で行う。
           ② 株式無償割当て
              当社は、株式無償割当てを行うときは、普通株式およびC種優先株式の種類ごとに、当該種類の株式
             の無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
          (9)優先順位
             B種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる優先配当金、優先中間配当金および残余財産
            の分配における支払順位は、いずれも同順位とする。
         (10)法令変更等
             法令の変更等に伴いC種優先株式発行要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合に
            は、当社の取締役会は合理的に必要な措置を講じる。
         (11)その他
             C種優先株式発行要項各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
         (12)会社法第322条第1項の規定による種類株主総会の決議を要しない旨の定款の定め
             該当事項なし
                                 21/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
         (13)他の種類の株式であって、議決権の有無又はその内容に差異があるものについての定款の定め
             当社は、C種優先株式とは異なる普通株式について定款に定めている。普通株式は株主としての権利内
            容に制限のない当社における標準となる株式であるが、C種優先株式を有する株主は、上記(4)に記載の
            通り、一定の場合を除いて株主総会において議決権を有しない。これは、C種優先株式を配当金や残余財
            産の分配について優先権を持つ代わりに議決権がない内容としたことによるものである。
         8.D種優先株式の内容は、以下のとおりであります。
          (1)D種優先配当金
           ① D種優先配当金
              当社は、定款第51条に定める剰余金の配当を行うときは、毎年3月31日(以下「D種優先期末配当基
             準日」という。)の最終の株主名簿に記載または記録されたD種優先株式を有する株主(以下「D種優
             先株主」という。)またはD種優先株式の登録株式質権者(以下「D種優先登録株式質権者」とい
             う。)に対し、当該D種優先期末配当基準日の最終の株主名簿に記載または記録された当社の普通株式
             (以下「普通株式」という。)を有する株主(以下「普通株主」という。)および普通株式の登録株式
             質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、D種優先株式1株につき、D種優先株式1
             株当たりの払込金額相当額(「D種優先株式1株当たりの払込金額相当額」とは、当初は200円とする
             が、D種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった
             場合には、適切に調整される。)に、下記②に定める配当年率(以下「D種優先配当年率」という。)
             を乗じて算出した額の金銭(円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を切り上げる。)(以下
             「D種優先配当金」という。)の配当を行う。ただし、当該基準日の属する事業年度においてD種優先
             株主またはD種優先登録株式質権者に対して下記(2)に定めるD種優先中間配当金を支払ったときは、
             その額を控除した額とする。
           ② D種優先配当年率
             平成25年3月31日に終了する事業年度に係るD種優先配当年率
               D種優先配当年率=初年度D種優先配当金÷D種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、
              D種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場
              合には、適切に調整される。)
               上記の算式において「初年度D種優先配当金」とは、D種優先株式1株当たりの払込金額相当額
              (ただし、D種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由
              があった場合には、適切に調整される。)に、下記に定める優先配当年率としての資金調達コスト
              (ただし、D種優先株式の発行日時点において公表されている直近の優先配当年率としての資金調達
              コストとする。)を乗じて得られる数に、94/365を乗じて算出した額の金銭(円位未満小数第3位
              まで算出し、その小数第3位を切り上げる。)とする。
             平成25年4月1日に開始する事業年度以降の各事業年度に係るD種優先配当年率
               D種優先配当年率=預金保険機構が当該事業年度において公表する優先配当年率としての資金調達
              コスト(ただし、預金保険機構が当該事業年度において優先配当年率としての資金調達コストを公表
              しない場合には、直前事業年度までに公表した優先配当年率としての資金調達コストのうち直近のも
              の)
               上記の算式において「優先配当年率としての資金調達コスト」とは、預金保険機構が、原則、毎年
              7月頃を目途に公表する直前事業年度に係る震災特例金融機関等の優先配当年率としての資金調達コ
              ストをいう。ただし、優先配当年率としての資金調達コストが日本円TIBOR(12ヶ月物)または8%
              のうちいずれか低い方(以下「D種優先株式上限配当率」という。)を超える場合には、D種優先配
              当年率はD種優先株式上限配当率とする。
               上記の但書において「日本円TIBOR(12ヶ月物)」とは、毎年の4月1日(ただし、当該日が銀行
              休業日の場合は直後の銀行営業日)の午前11時における日本円12ヶ月物トーキョー・インター・バン
              ク・オファード・レート(日本円TIBOR)として全国銀行協会によって公表される数値またはこれに
              準ずるものと認められるもの(%未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。)を
              指すものとする。日本円TIBOR(12ヶ月物)が公表されていない場合は、4月1日(ただし、当該日
              がロンドンの銀行休業日の場合は直後の銀行営業日)において、ロンドン時間午前11時現在の
              Reuters3750ページに表示されるロンドン・インター・バンク・オファード・レート(ユーロ円
              LIBOR12ヶ月物(360日ベース))として、英国銀行協会(BBA)によって公表される数値(%未満小
              数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。)を、日本円TIBOR(12ヶ月物)に代えて用
              いるものとする。
                                 22/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
           ③ 非累積条項
              ある事業年度においてD種優先株主またはD種優先登録株式質権者に対して支払う金銭による剰余金
             の配当の額がD種優先配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
           ④ 非参加条項
              D種優先株主またはD種優先登録株式質権者に対しては、D種優先配当金の額を超えて剰余金の配当
             は行わない。ただし、当社が行う吸収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロもしくは同法第
             760条第7号ロに規定される剰余金の配当または当社がする新設分割手続の中で行われる同法第763条第
             12号ロもしくは同法第765条第1項第8号ロに規定される剰余金の配当についてはこの限りではない。
          (2)D種優先中間配当金
             当社は、定款第52条に定める中間配当を行うときは、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または記録
            されたD種優先株主またはD種優先登録株式質権者に対し、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または
            記録された普通株主および普通登録株式質権者に先立ち、D種優先株式1株当たり、各事業年度における
            D種優先配当金の額の2分の1の額を上限とする金銭による剰余金の配当(以下「D種優先中間配当金」
            という。)を行う。
          (3)残余財産の分配
           ① 残余財産の分配
              当社の残余財産を分配するときは、D種優先株主またはD種優先登録株式質権者に対し、普通株主お
             よび普通登録株式質権者に先立ち、D種優先株式1株につき、200円(ただし、D種優先株式につき、
             株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整され
             る。)に下記③に定める経過D種優先配当金相当額を加えた額の金銭を支払う。
           ② 非参加条項
              D種優先株主またはD種優先登録株式質権者に対しては、上記①のほか、残余財産の分配は行わな
             い。
           ③ 経過D種優先配当金相当額
              D種優先株式1株当たりの経過D種優先配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以下「分配
             日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を含
             む。)までの日数にD種優先配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満小数第3位
             まで算出し、その小数第3位を切り上げる。)をいう。ただし、上記のD種優先配当金は、分配日の前
             日時点において公表されている直近の優先配当年率としての資金調達コストを用いて算出する。また、
             分配日の属する事業年度においてD種優先株主またはD種優先登録株式質権者に対してD種優先中間配
             当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
          (4)議決権
             D種優先株主は、全ての事項につき株主総会において議決権を行使することができない。ただし、D種
            優先株主は、D種優先配当金の額全部(D種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の
            支払いを受ける旨の議案が定時株主総会に提出されないときはその定時株主総会から、D種優先配当金の
            額全部(D種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の議案がその
            定時株主総会において否決されたときはその定時株主総会の終結の時から、D種優先配当金の額全部(D
            種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額)の支払いを受ける旨の株主総会決議がなされ
            る時までの間は、全ての事項について株主総会において議決権を行使することができる。
          (5)普通株式を対価とする取得請求権
           ① 取得請求権
              D種優先株主は、下記②に定める取得を請求することができる期間中、当社に対して、自己の有する
             D種優先株式を取得することを請求することができる。かかる取得の請求があった場合、当社はD種優
             先株主がかかる取得の請求をしたD種優先株式を取得するのと引換えに、下記③に定める財産を当該D
             種優先株主に対して交付する。また、単元未満株式については、本(5)に規定する取得の請求をするこ
             とができないものとする。
              ただし、下記③に定める財産としての普通株式数が行使可能株式数を超える場合には、行使可能株式
             数について取得請求の効力が生じるものとし、行使可能株式数を超える部分については取得請求がなさ
             れなかったものとみなす。
                                 23/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
              上記の但書において「行使可能株式数」とは、(A)取得請求をした日(以下「取得請求日」とい
             う。)における当社の発行可能株式総数から、取得請求日における当社の発行済株式総数および取得請
             求日における新株予約権(当該新株予約権の権利行使期間の初日が到来していないものを除く。)の新
             株予約権者が当該新株予約権の行使により取得することとなる株式の数を控除した数と、(B)取得請求
             日における当社の普通株式に係る発行可能種類株式総数から、取得請求日における当社の普通株式に係
             る発行済株式総数、取得請求権付株式(当該取得請求権の取得請求期間の初日が到来していないものを
             除く。)の株主が取得請求権の行使により取得することとなる普通株式の数、取得条項付株式の株主が
             取得事由の発生により取得することとなる普通株式の数および新株予約権(当該新株予約権の権利行使
             期間の初日が到来していないものを除く。)の新株予約権者が新株予約権の行使により取得することと
             なる普通株式の数を控除した数の、いずれか小さい方をいう。
           ② 取得を請求することができる期間
              平成25年6月29日から平成49年12月28日まで(以下「取得請求期間」という。)とする。
           ③ 取得と引換えに交付すべき財産
              当社は、D種優先株式の取得と引換えに、D種優先株主が取得の請求をしたD種優先株式数に200円
             (ただし、D種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由が
             あった場合には、適切に調整される。)を乗じた額を下記④ないし⑧に定める取得価額で除した数の普
             通株式を交付する。なお、D種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端
             数があるときは、会社法第167条第3項に従ってこれを取扱う。
           ④ 当初取得価額
              取得価額は、当初、取得請求期間の初日に先立つ5連続取引日(取得請求期間の初日を含まず、株式
             会社東京証券取引所(当社の普通株式が複数の金融商品取引所に上場されている場合、取得請求期間の
             初日に先立つ1年間における出来高が最多の金融商品取引所)における当社の普通株式の終値(気配表
             示を含む。以下「終値」という。)が算出されない日を除く。)の毎日の終値の平均値に相当する金額
             (円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結
             果、取得価額が下記⑦に定める下限取得価額を下回る場合は、下限取得価額とする。
           ⑤ 取得価額の修正
              取得請求期間において、毎月第3金曜日(以下「決定日」という。)の翌日以降、取得価額は、決定
             日(当日を含む。)までの直近5連続取引日(ただし、終値のない日は除き、決定日が取引日ではない
             場合は、決定日の直前の取引日までの5連続取引日とする。)の当社の普通株式の毎日の終値の平均値
             に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。)に修正される。た
             だし、かかる計算の結果、修正後取得価額が下記⑦に定める下限取得価額を下回る場合は、修正後取得
             価額は下限取得価額とする。なお、上記5連続取引日の初日以降決定日まで(当日を含む。)の間に、
             下記⑧に定める取得価額の調整事由が生じた場合、修正後取得価額は、取締役会が適当と判断する金額
             に調整される。
           ⑥ 上限取得価額
              取得価額には上限を設けない。
           ⑦ 下限取得価額
              下限取得価額は、148円とする(ただし、下記⑧による調整を受ける。)。
           ⑧ 取得価額の調整
            イ.D種優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、取得価額(下限取得価額を含
              む。)を次に定める算式(以下「取得価額調整式」という。)により調整する(以下調整後の取得価
              額を「調整後取得価額」という。)。取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算
              出し、その小数第1位を切り捨てる。
                                           交付普通       1株当たり
                                                 ×
                                            株式数       の払込金額
                                   既発行普通
                                         +
                                    株式数
                                                 時価
               調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                     既発行普通株式数+交付普通株式数
                                 24/47





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
              (A)取得価額調整式に使用する時価(下記ハ.に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもって
                普通株式を発行または自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含む。)
                (ただし、当社の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予約
                権付社債に付されたものを含む。以下本⑧において同じ。)その他の証券(以下「取得請求権付
                株式等」という。)、または当社の普通株式の交付と引換えに当社が取得することができる取得
                条項付株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」という。)
                が取得または行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
                 調整後取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下
                同じ。)(無償割当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、または株主に募集株式の割当てを
                受ける権利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、こ
                れを適用する。
              (B)株式の分割をする場合
                 調整後取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日にお
                ける当社の自己株式である普通株式に係り増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみ
                なして取得価額調整式を適用して算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
              (C)取得価額調整式に使用する時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下本(C)、下記(D)およ
                び(E)ならびに下記ハ.(D)において同じ。)をもって当社の普通株式の交付を請求できる取得
                請求権付株式等を発行する場合(無償割当ての場合を含む。)
                 調整後取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償
                割当ての場合はその効力発生日)に、または株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を
                与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該取得請求権付株式等
                の全部が当初の条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整
                式を適用して算出し、その払込期日(新株予約権の場合は割当日)(無償割当ての場合はその効
                力発生日)の翌日以降、またはその基準日の翌日以降、これを適用する。
                 上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定して
                おらず、後日一定の日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等
                を発行した場合において、決定された価額が取得価額調整式に使用する時価を下回る場合には、
                調整後取得価額は、当該価額決定日に残存する取得請求権付株式等の全部が価額決定日に確定し
                た条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して
                算出し、当該価額決定日の翌日以降これを適用する。
              (D)当社が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.または
                下記ロ.と類似する希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行わ
                れる日(以下「修正日」という。)における修正後の価額(以下「修正価額」という。)が取得
                価額調整式に使用する時価を下回る場合
                 調整後取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得また
                は行使されて普通株式が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出し、当該修正
                日の翌日以降これを適用する。
                 なお、かかる取得価額調整式の適用に際しては、下記(a)ないし(c)の場合に応じて、調整後
                取得価額を適用する日の前日において有効な取得価額に、それぞれの場合に定める割合(以下
                「調整係数」という。)を乗じた額を調整前取得価額とみなすものとする。
               (a)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ていない場合
                  調整係数は1とする。
               (b)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ている場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行
                 われている場合
                  調整係数は1とする。
                  ただし、下限取得価額の算定においては、調整係数は、上記(C)または本(D)による直前の
                 調整を行う前の下限取得価額を当該調整後の下限取得価額で除した割合とする。
               (c)当該取得請求権付株式等について当該修正日の前に上記(C)または本(D)による調整が行われ
                 ている場合であって、当該調整後、当該修正日までの間に、上記⑤による取得価額の修正が行
                 われていない場合
                  調整係数は、上記(C)または本(D)による直前の調整を行う前の取得価額を当該調整後の取
                 得価額で除した割合とする。
              (E)取得条項付株式等の取得と引換えに取得価額調整式に使用される時価を下回る価額をもって普通
                株式を交付する場合
                 調整後取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
                                 25/47

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
                 ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(C)または(D)による取得価額の調整が行わ
                れている場合には、調整後取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄
                化 後普通株式数(下記ホ.に定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるとき
                に限り、当該超過する普通株式数が交付されたものとみなして取得価額調整式を適用して算出
                し、取得の直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(E)による調整は行わない。
              (F)株式の併合をする場合
                 調整後取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少した普通株式数(効力発生
                日における当社の自己株式である普通株式に係り減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示
                して交付普通株式数とみなして取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
            ロ.上記イ.(A)ないし(F)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換または株式移転等により、
              取得価額(下限取得価額を含む。)の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する取得価額
              (下限取得価額を含む。)に変更される。
            ハ.(A)取得価額調整式に使用する「時価」は、調整後取得価額を適用する日に先立つ5連続取引日の当
                社の普通株式の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とする。ただし、平均値の計算
                は円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。なお、上記5連続取引日の間
                に、取得価額の調整事由が生じた場合、調整後取得価額は、本⑧に準じて調整する。
              (B)取得価額調整式に使用する「調整前取得価額」は、調整後取得価額を適用する日の前日において
                有効な取得価額とする。
              (C)取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.(A)
                ないし(C)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)
                の、基準日がない場合は調整後取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当社の発行済普通株式
                数(自己株式である普通株式数を除く。)に当該取得価額の調整の前に上記イ.およびロ.に基
                づき「交付普通株式数」とみなされた普通株式であって未だ交付されていない普通株式数(ある
                取得請求権付株式等について上記イ.(D)(b)または(c)に基づく調整が初めて適用される日
                (当該日を含む。)からは、当該取得請求権付株式等に係る直近の上記イ.(D)(b)または(c)
                に基づく調整に先立って適用された上記イ.(C)または(D)に基づく調整により「交付普通株式
                数」とみなされた普通株式数は含まない。)を加えたものとする。
              (D)取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(A)の場合には、当該払込
                金額(無償割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込みの場合には適正な評価額)、上
                記イ.(B)および(F)の場合には0円、上記イ.(C)ないし(E)の場合には価額(ただし、(D)
                の場合は修正価額)とする。
            ニ.上記イ.(C)ないし(E)および上記ハ.(D)において「価額」とは、取得請求権付株式等または取得
              条項付株式等の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資さ
              れる財産の価額を加えた額とする。)から、その取得または行使に際して当該取得請求権付株式等ま
              たは取得条項付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得
              または行使に際して交付される普通株式数で除した金額をいう。
            ホ.上記イ.(E)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後取得価額を適用する日の既発行普通
              株式数から、上記ハ.(C)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普通株
              式数で当該取得条項付株式等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付される普
              通株式数を加えたものとする。
            へ.上記イ.(A)ないし(C)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準
              日以降に開催される当社の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合
              には、上記イ.(A)ないし(C)の規定にかかわらず、調整後取得価額は、当該承認決議をした株主総
              会の終結の日の翌日以降にこれを適用する。
            ト.取得価額調整式により算出された上記イ.第2文を適用する前の調整後取得価額と調整前取得価額と
              の差額が1円未満にとどまるときは、取得価額の調整は、これを行わない。ただし、その後取得価額
              調整式による取得価額の調整を必要とする事由が発生し、取得価額を算出する場合には、取得価額調
              整式中の調整前取得価額に代えて調整前取得価額からこの差額を差し引いた額(ただし、円位未満小
              数第2位までを算出し、その小数第2位を切り捨てる。)を使用する。
                                 26/47




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
           ⑨ 合理的な措置
              上記④ないし⑧に定める取得価額(下記(7)②に定める一斉取得価額を含む。以下本⑨において同
             じ。)は、希薄化防止および異なる種類の株式の株主間の実質的公平の見地から解釈されるものとし、
             その算定が困難となる場合または算定の結果が不合理となる場合には、当社の取締役会は、取得価額の
             適切な調整その他の合理的に必要な措置をとるものとする。
           ⑩ 取得請求受付場所
              東京都中央区八重洲一丁目2番1号
              みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
           ⑪ 取得請求の効力発生
              取得請求の効力は、取得請求に要する書類が上記⑩に記載する取得請求受付場所に到着したときに発
             生する。
          (6)金銭を対価とする取得条項
           ① 金銭を対価とする取得条項
              当社は、平成34年12月29日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したと
             きは、法令上可能な範囲で、D種優先株式の全部または一部を取得することができる。ただし、取締役
             会は、当該取締役会の開催日までの30連続取引日(開催日を含む。)の全ての日において当社の普通株
             式の毎日の終値が下限取得価額を下回っている場合で、かつ、金融庁の事前承認を得ている場合に限
             り、取得日を定めることができる。この場合、当社は、かかるD種優先株式を取得するのと引換えに、
             下記②に定める財産をD種優先株主に対して交付するものとする。なお、D種優先株式の一部を取得す
             るときは、按分比例の方法による。取得日の決定後も上記(5)①に定める取得請求権の行使は妨げられ
             ないものとする。
           ② 取得と引換えに交付すべき財産
              当社は、D種優先株式の取得と引換えに、D種優先株式1株につき、200円(ただし、D種優先株式
             につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に
             調整される。)に経過D種優先配当金相当額を加えた額の金銭を交付する。なお、本②においては、上
             記(3)③に定める経過D種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分配が行われる日」および
             「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過D種優先配当金相当額を計算する。
          (7)普通株式を対価とする一斉取得
           ① 普通株式を対価とする一斉取得
              当社は、取得請求期間の末日までに当社に取得されていないD種優先株式の全てを取得請求期間の末
             日の翌日(以下「一斉取得日」という。)をもって取得する。この場合、当社は、かかるD種優先株式
             を取得するのと引換えに、各D種優先株主に対し、その有するD種優先株式数に200円(ただし、D種
             優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合に
             は、適切に調整される。)を乗じた額を下記②に定める普通株式の時価(以下「一斉取得価額」とい
             う。)で除した数の普通株式を交付するものとする。D種優先株式の取得と引換えに交付すべき普通株
             式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。
           ② 一斉取得価額
              一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる30連続取引日の当社の普通株式の毎日の終
             値の平均値(終値のない日数を除く。)に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第
             1位を切り捨てる。)とする。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額を下回る場合
             は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
          (8)株式の分割または併合および株式無償割当て
           ① 分割または併合
              当社は、株式の分割または併合を行うときは、普通株式およびD種優先株式の種類ごとに、同時に同
             一の割合で行う。
           ② 株式無償割当て
              当社は、株式無償割当てを行うときは、普通株式およびD種優先株式の種類ごとに、当該種類の株式
             の無償割当てを、同時に同一の割合で行う。
          (9)優先順位
             B種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる優先配当金、優先中間配当金および残余財産
            の分配における支払順位は、いずれも同順位とする。
                                 27/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
         (10)法令変更等
             法令の変更等に伴いD種優先株式発行要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合に
            は、当社の取締役会は合理的に必要な措置を講じる。
         (11)その他
             D種優先株式発行要項各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
         (12)会社法第322条第1項の規定による種類株主総会の決議を要しない旨の定款の定め
             該当事項なし
         (13)他の種類の株式であって、議決権の有無又はその内容に差異があるものについての定款の定め
             当社は、D種優先株式とは異なる普通株式について定款に定めている。普通株式は株主としての権利内
            容に制限のない当社における標準となる株式であるが、D種優先株式を有する株主は、上記(4)に記載の
            通り、一定の場合を除いて株主総会において議決権を有しない。これは、D種優先株式を配当金や残余財
            産の分配について優先権を持つ代わりに議決権がない内容としたことによるものである。
         9.種類株主総会の決議
            会社法第322条第2項に規定する定款の定めはしておりません。
         10.優先株式は、定款の定めに基づき、上記に記載のとおり普通株式と議決権に差異を有しております。これ
           は、当社が資金調達を柔軟かつ機動的に行うための選択肢の多様化を図り、適切な資本政策を実行すること
           を可能とすることを目的とするものであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     平成30年10月1日~
                       -     458,867          -     17,000         -     15,500
     平成30年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 28/47








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

                      B種優先株式
                          130,000,000
                      C種優先株式
     無議決権株式                                -       (注)1
                          100,000,000
                      D種優先株式
                           50,000,000
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -
     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                      (自己保有株式)                       権利内容に何ら限定のない当社に
                                         1,873
     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式 (注)2                       おける標準となる株式
                            195,900                (単元株式数100)
                                             権利内容に何ら限定のない当社に
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 1,783,624      おける標準となる株式
                          178,362,400
                                             (単元株式数100)
                      普通株式 (注)3                       権利内容に何ら限定のない当社に
     単元未満株式                                -
                            309,330                おける標準となる株式
     発行済株式総数                     458,867,630           -              -
     総株主の議決権                     -            1,785,497             -

      (注)1.優先株式の内容は、「1.株式等の状況」の「(1)株式の総数等」の「② 発行済株式」の「内容」に記載
           しております。
         2.「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式には、「株式給付信託(BBT)」の導入に伴い、資産管                                                  理
           サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する187,300株(議決権の数1,873個)が含まれております。
           なお、当該議決権の数1,873個は、議決権不行使となっております。
         3.上記の「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式55株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                   宮城県仙台市青葉区一番町
     株式会社じもとホールディ                              8,600      187,300       195,900         0.04
                   二丁目1番1号
     ングス
           計             -           8,600      187,300       195,900         0.04
      (注)他人名義で所有している理由等

              保有理由               名義人の氏名又は名称                    名義人の住所
         「株式給付信託(BBT)」制度の                  資産管理サービス信託銀行株式会社
                                           東京都中央区晴海1丁目8番12号
        信託財産として187,300株保有                  (信託E口)
                                 29/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      (1)新任役員

                                                    所有株式数     就 任
      役名   職名     氏名       生年月日                           任期
                                    略歴
                                                    (千株)     年月日
                            昭和41年4月      東北電力株式会社入社
                            平成13年6月      同社取締役企画部長
                            平成15年6月      同社常務取締役企画部長
                            平成17年6月      同社取締役副社長
                            平成18年9月      同社取締役副社長電力流通本部長
                                               平成30年
                                                         平成30年
                            平成21年6月      同社取締役副社長電力流通本部長
                                                     ―
                                                         12月11日
     取締役       大 山 正 征       昭和18年8月26日生               退任              12月から
         -
                                  株式会社ユアテック取締役社長
                                               7ヵ月
                            平成26年6月      同社取締役会長
                            平成27年6月
                                  同社相談役(現職)
                            平成30年12月
                                  当社取締役(現職)
     (注)取締役の大山正征氏は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

      (2)  退任役員

        該当事項はありません。
      (3)役職の異動

        該当事項はありません。
      (4)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

        男性16名 女性-名(役員のうち女性の比率-%)
                                 30/47












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
       (昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
      2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自 平成30年10月1日 

       至 平成30年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)に係る四半
       期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                 31/47

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
                                        152,054              201,119
       現金預け金
                                           952             1,044
       買入金銭債権
                                            2              2
       商品有価証券
                                       ※2 590,443             ※2 509,130
       有価証券
                                      ※1 1,722,003             ※1 1,729,013
       貸出金
                                           399              401
       外国為替
                                         11,283              12,255
       リース債権及びリース投資資産
                                         21,293              32,489
       その他資産
                                         25,633              24,875
       有形固定資産
                                         2,288              1,801
       無形固定資産
                                         2,176              2,877
       退職給付に係る資産
                                         4,716              4,812
       繰延税金資産
                                         6,141              6,811
       支払承諾見返
                                        △ 11,594             △ 10,290
       貸倒引当金
                                       2,527,794              2,516,345
       資産の部合計
      負債の部
                                       2,158,475              2,141,679
       預金
                                        174,761              185,899
       譲渡性預金
                                         50,000              46,000
       コールマネー及び売渡手形
                                         11,104               8,533
       借用金
                                            0              1
       外国為替
                                         7,852              10,138
       その他負債
                                           329              168
       賞与引当金
                                           80              84
       退職給付に係る負債
                                           335              228
       睡眠預金払戻損失引当金
                                           52              52
       偶発損失引当金
                                         1,498              1,096
       繰延税金負債
                                         1,636              1,636
       再評価に係る繰延税金負債
                                         6,141              6,811
       支払承諾
                                       2,412,267              2,402,331
       負債の部合計
      純資産の部
                                         17,000              17,000
       資本金
                                         67,138              67,138
       資本剰余金
                                         27,362              27,929
       利益剰余金
                                          △ 34             △ 29
       自己株式
                                        111,465              112,038
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                   935            △ 1,379
                                         3,572              3,572
       土地再評価差額金
                                         △ 834             △ 597
       退職給付に係る調整累計額
                                         3,673              1,595
       その他の包括利益累計額合計
                                           387              380
       非支配株主持分
                                        115,526              114,014
       純資産の部合計
                                       2,527,794              2,516,345
      負債及び純資産の部合計
                                 32/47





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      経常収益                                   32,305              31,654
                                         21,552              20,224
       資金運用収益
         (うち貸出金利息)                                16,540              16,276
         (うち有価証券利息配当金)                                 4,887              3,824
                                         4,138              4,241
       役務取引等収益
                                           177             1,449
       その他業務収益
                                        ※1 6,436             ※1 5,738
       その他経常収益
                                         29,076              29,406
      経常費用
                                           704              523
       資金調達費用
         (うち預金利息)                                  601              418
                                         2,519              2,534
       役務取引等費用
       その他業務費用                                   714             1,105
                                         20,572              19,637
       営業経費
                                        ※2 4,565             ※2 5,605
       その他経常費用
                                         3,229              2,247
      経常利益
      特別利益                                     68              113
                                           68              113
       固定資産処分益
                                           129              114
      特別損失
                                           18              43
       固定資産処分損
                                           111               70
       減損損失
                                         3,167              2,247
      税金等調整前四半期純利益
                                           162              158
      法人税、住民税及び事業税
                                           372              359
      法人税等調整額
                                           534              517
      法人税等合計
                                         2,632              1,730
      四半期純利益
                                            7              0
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,624              1,730
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 33/47










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                         2,632              1,730
      四半期純利益
                                         1,647             △ 2,071
      その他の包括利益
                                         1,288             △ 2,309
       その他有価証券評価差額金
                                           359              237
       退職給付に係る調整額
                                         4,280              △ 341
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         4,250              △ 351
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           30              10
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 34/47
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
        (株式給付信託(BBT))
         当社は、当社及び当社子会社である株式会社きらやか銀行並びに株式会社仙台銀行(以下、「当社グループ」と
        いう。)の社外取締役を除く取締役(以下、「対象役員」という。)に対して業績連動型の株式報酬制度「株式給
        付信託(BBT      )」を導入しております。
       1.取引の概要

         当社が拠出する金銭を原資として、本制度に基づき設定される信託を通じて当社株式を取得します。取得した当
        社株式は、対象役員に対して、当社グループが定める「役員株式給付規程」に従い受益者要件を満たした者に当社
        株式等を給付します。
       2.信託に残存する自社の株式

         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式
        として計上しております。
         当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末32百万円、223千株、当第3四半期連結会計期間末27
        百万円、187千株であります。
                                 35/47















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
     ※1.貸出金のうち、リスク管理債権は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
        破綻先債権額                          615百万円                  775百万円
        延滞債権額                        32,661百万円                  29,870百万円
        3ヵ月以上延滞債権額                          -百万円                  -百万円
        貸出条件緩和債権額                         4,415百万円                  4,464百万円
        合計額                        37,692百万円                  35,110百万円
        なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
     ※2.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

       は次のとおりであります。
                 前連結会計年度                        当第3四半期連結会計期間
                (平成30年3月31日)                          (平成30年12月31日)
                    10,266百万円                          10,659百万円
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
        貸倒引当金戻入益                           518百万円                  160百万円
        償却債権取立益                           71百万円                  27百万円
        株式等売却益                          1,132百万円                  1,403百万円
     ※2.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
        貸出金償却                           46百万円                  99百万円
        株式等売却損                            5百万円                 977百万円
        株式等償却                            0百万円                 33百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のと
       おりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
        減価償却費                          1,631百万円                  1,453百万円
        のれんの償却額                           156百万円                  36百万円
                                 36/47





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
        前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
         1.配当金支払額
                        配当金の
                              1株当たり
       (決議)        株式の種類         総額              基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額(円)
                       (百万円)
                           447      2.50

               普通株式                      平成29年3月31日         平成29年6月28日         利益剰余金
                            16      0.13
               B種優先株式                      平成29年3月31日         平成29年6月28日         利益剰余金
     平成29年6月27日
     定時株主総会
                           133      1.33
               C種優先株式                      平成29年3月31日         平成29年6月28日         利益剰余金
                            5     0.11
               D種優先株式                      平成29年3月31日         平成29年6月28日         利益剰余金
                           447
               普通株式                   2.50   平成29年9月30日         平成29年12月1日         利益剰余金
                            9     0.07
               B種優先株式                      平成29年9月30日         平成29年12月1日         利益剰余金
     平成29年11月14日
     取締役会
                           127      1.27
               C種優先株式                      平成29年9月30日         平成29年12月1日         利益剰余金
                            3     0.06
               D種優先株式                      平成29年9月30日         平成29年12月1日         利益剰余金
         (注)1.平成29年6月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」が保有する
              当社株式に対する配当金0百万円が含まれております。
             2.平成29年11月14日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」が保有する当社
              株式に対する配当金0百万円が含まれております。
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
           該当事項はありません。
        当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

         1.配当金支払額
                        配当金の
                              1株当たり
       (決議)        株式の種類         総額              基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額(円)
                       (百万円)
                           447      2.50

               普通株式                      平成30年3月31日         平成30年6月27日         利益剰余金
                            9     0.07
               B種優先株式                      平成30年3月31日         平成30年6月27日         利益剰余金
     平成30年6月26日
     定時株主総会
                           127      1.27
               C種優先株式                      平成30年3月31日         平成30年6月27日         利益剰余金
                            3     0.06
               D種優先株式                      平成30年3月31日         平成30年6月27日         利益剰余金
                           447
               普通株式                   2.50   平成30年9月30日         平成30年12月3日         利益剰余金
                            -     0.00
               B種優先株式                      平成30年9月30日         平成30年12月3日         利益剰余金
     平成30年11月13日
     取締役会
                           128      1.28
               C種優先株式                      平成30年9月30日         平成30年12月3日         利益剰余金
                            -     0.00
               D種優先株式                      平成30年9月30日         平成30年12月3日         利益剰余金
         (注)1.平成30年6月26日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」が保有する
              当社株式に対する配当金0百万円が含まれております。
             2.平成30年11月13日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」が保有する当社
              株式に対する配当金0百万円が含まれております。
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 37/47



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
          前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
         1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                      報告セグメント

                                                       四半期連結
                                    その他       合計      調整額      損益計算書
                                                        計上額
                   銀行業     リース業       計
     経常収益

      外部顧客に対する
                   27,182      4,519     31,701        604     32,305        △ 0    32,305
      経常収益
      セグメント間の
                     629      24     653       389      1,042      △ 1,042         -
      内部経常収益
                   27,811      4,543     32,354        993     33,348      △ 1,042      32,305
          計
      セグメント利益又は損
                    3,659       149    3,809        118      3,928       △ 699      3,229
      失(△)
        (注)1.一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。

           2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業、
              コンサルティング業、ベンチャーキャピタル業及び事務受託業を含んでおります。
           3.調整額は以下の通りです。
             セグメント利益の調整額△699百万円は、セグメント間消去△542百万円及びのれんの償却△156百万円
              です。
           4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産にかかる重要な減損損失)
             該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 38/47








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
          当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
         1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                      報告セグメント

                                                       四半期連結
                                    その他       合計      調整額      損益計算書
                                                        計上額
                   銀行業     リース業       計
     経常収益

      外部顧客に対する
                   26,742      4,350     31,092        562     31,654        △ 0    31,654
      経常収益
      セグメント間の
                     489      42     532       371       903      △ 903        -
      内部経常収益
                   27,231      4,393     31,625        933     32,558       △ 903     31,654
          計
      セグメント利益又は損
                    2,474       150    2,625        75     2,700       △ 452      2,247
      失(△)
        (注)1.一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。

           2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業、
              コンサルティング業、ベンチャーキャピタル業及び事務受託業を含んでおります。
           3.調整額は以下の通りです。
             セグメント利益の調整額△452百万円は、セグメント間消去△416百万円及びのれんの償却△36百万円
              です。
           4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産にかかる重要な減損損失)
             該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 39/47









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (金融商品関係)
         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
             科目
                           (百万円)
     現金預け金                          152,054            152,054               -

     有価証券

      満期保有目的の債券                          13,890            14,330              439

      その他有価証券                         574,595            574,595               -

     貸出金                         1,722,003

                               △10,594
      貸倒引当金
                               1,711,409            1,719,943              8,534

     預金

                               2,158,475            2,158,529                53
     譲渡性預金                          174,761            174,679              △81
     コールマネー及び売渡手形                           50,000            50,000              -
        当第3四半期連結会計期間(平成30年12月31日)

                        四半期連結貸借対照表
             科目                         時価(百万円)            差額(百万円)
                         計上額(百万円)
     現金預け金                          201,119            201,119               -

     有価証券

      満期保有目的の債券                            -            -            -

      その他有価証券                         506,328            506,328               -

     貸出金                         1,729,013

                                △9,297
      貸倒引当金
                               1,719,715            1,728,074              8,359

     預金

                               2,141,679            2,141,714                34
     譲渡性預金                          185,899            185,847              △52
     コールマネー及び売渡手形                           46,000            46,000              -
                                 40/47







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      (注)1.現金預け金の時価の算定方法
            満期のない預け金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としており
           ます。満期のある預け金についても、約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額と近似してい
           ることから、当該帳簿価額を時価としております。
         2.有価証券の時価の算定方法
            株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は取引金融機関及び情報ベンダーから提示された価格を時価
           としております。投資信託は、公表されている基準価格及び取引金融機関等から提示された価格を時価とし
           ております。
            自行保証付私募債は実質貸出金と同様とみなせるため、内部格付及び期間に基づく区分ごとに元利金の合
           計額を同様の新規発行を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。
            なお、その他有価証券で時価のあるものに関する注記事項については、「(有価証券関係)」に記載して
           おります。
         3.貸出金の時価の算定方法
            貸出金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大
           きく異なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
            固定金利によるものは、貸出金の種類及び内部格付、期間に基づく区分ごとに、元利金の合計額を同様の
           新規貸出を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。なお、約定期間が短期間
           (1年以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
            デリバティブの要素が含まれている貸出金及び住宅ローン債権は、取引金融機関及び情報ベンダーから提
           示された価格を時価としております。
            また、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、見積将来キャッシュ・フロー又は
           担保及び保証による回収可能見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は四半期連結決算日
           (連結決算日)における四半期連結貸借対照表(連結貸借対照表)上の債権等計上額から貸倒引当金計上額
           を控除した金額に近似しており、当該価額を時価としております。
            貸出金のうち、当該貸出を担保資産の範囲内に限るなどの特性により、返済期限を設けていないものにつ
           いては、返済見込み期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額に近似しているものと想定されるため、帳簿
           価額を時価としております。
         4.預金及び譲渡性預金の時価の算定方法
            要求払預金については、四半期連結決算日(連結決算日)に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価
           とみなしております。
            また、定期預金、定期積金及び譲渡性預金の時価は、一定の期間ごとに区分して将来のキャッシュ・フ
           ローを割り引いて現在価値を算定しております。その割引率は、新規に預金を受け入れる際に使用する利率
           を用いております。
         5.  コールマネー及び売渡手形            の時価の算定方法
            約定期間が短期間(2週間以内)であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価
           としております。
                                 41/47








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (有価証券関係)
     㯿ᇿ๏ũ涖왖湎譩洰源䭕똰欰䨰䐰暑춉脰樰舰渰朰䈰訰Œ䶐⍽偏᪊࡞瑞꘰湧⭥歫퐰地暄地地䑙॒픰䲊贰脰褰谰謰舰
       は、次のとおりであります。
     ※2.四半期連結貸借対照表の「有価証券」について記載しております。
      1.満期保有目的の債券

       前連結会計年度(平成30年3月31日)
                      連結貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)             差額(百万円)
                        (百万円)
     国債                           -             -             -

     地方債                           -             -             -

     社債                         1,688             1,668              △20

     その他                         12,201             12,661               460

     合計                         13,890             14,330               439

       当第3四半期連結会計期間(平成30年12月31日)

        該当事項はありません。
      2.その他有価証券

       前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                   連結貸借対照表計上額
                                                  差額(百万円)
                      取得原価(百万円)
                                      (百万円)
     株式                         9,998             13,297              3,298
     債券                        408,216             411,297              3,080

      国債                       146,218             147,196               977

      地方債                        80,075             80,559               483

      社債                       181,922             183,542              1,619

     その他                        154,913             150,000             △4,913

           合計                  573,129             574,595              1,466

                                 42/47









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       当第3四半期連結会計期間(平成30年12月31日)
                                   四半期連結貸借対照表
                      取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                    計上額(百万円)
     株式                         7,301             8,733             1,431

     債券                        364,369             366,672              2,302

      国債                       114,944             115,684               739

      地方債                        93,851             94,241               390

      社債                       155,574             156,746              1,172

     その他                        136,456             130,922             △5,534

           合計                  508,128             506,328             △1,800

     (注)その他有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復す
       る見込みがあると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計
       上額)とするとともに、評価差額を当第3四半期連結累計期間(連結会計年度)の損失として処理(以下、「減損処
       理」という。)しております。
        前連結会計年度における減損処理額はありません。
        当第3四半期連結累計期間における減損処理額は、33百万円(うち、株式33百万円、債券0百万円)であります。
        また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、主として資産の自己査定基準において、有価証券の発
       行会社の区分ごとに次のとおり定めております。
        破綻先・実質破綻先・破綻懸念先                   時価が取得原価に比べ下落
        要注意先                   時価が取得原価に比べ30%以上下落

                           時価が取得原価に比べ50%以上下落、または、時価が取得原価に比べ

        正常先
                           30%以上50%未満下落したもので市場価格が一定水準以下で推移等
         破綻先・・破産、特別清算、会社更生、民事再生、手形交換所における取引停止処分等、法的・形式的に経営破
              綻の事実が発生している発行会社
         実質破綻先・・実質的に経営破綻に陥っている発行会社
         破綻懸念先・・今後、経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる発行会社
         要注意先・・今後の管理に注意を要する発行会社
         正常先・・上記破綻先、実質破綻先、破綻懸念先及び要注意先以外の発行会社
                                 43/47









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
       (金銭の信託関係)
        該当事項はありません。
       (デリバティブ取引関係)

        デリバティブ取引の当第3四半期連結会計期間末の契約額等は、前連結会計年度の末日に比して著しい変動がない
       ため、記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、次の
      とおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                      円               13.91                8.96
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益                 百万円                2,624               1,730
        普通株主に帰属しない金額                 百万円                 139               128
         うち中間優先配当額                百万円                 139               128
        普通株式に係る親会社株主に帰属す
                          百万円                2,484               1,601
        る四半期純利益
        普通株式の期中平均株式数                  千株              178,635               178,652
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利
                           円               5.17               3.26
       益
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益
                          百万円                 139               128
        調整額
         うち中間優先配当額                百万円                 139               128
        普通株式増加数                  千株              328,422               350,591
         うち優先株式                  千株              305,912               350,591
         うち新株予約権付社債                  千株               22,509                  -
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
     後1株当たり四半期純利益の算定に含めな
                                    ―――               ―――
     かった潜在株式で、前連結会計年度末から
     重要な変動があったものの概要
     (注)株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する当社の株式は、1株当たり四半期純利益及び潜在
       株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
        前第3四半期連結累計期間 225千株
        当第3四半期連結累計期間 206千株
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 44/47






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        中間配当
         平成30年11月13日開催の取締役会において、第7期の中間配当につき次のとおり決議しました。
       (1)普通株式

         中間配当金額                           447百万円
         1株当たりの中間配当金                    2円50銭
       (2)B種優先株式

         中間配当金額           -百万円
         1株当たりの中間配当金      0円0銭
       (3)C種優先株式

         中間配当金額                           128百万円
         1株当たりの中間配当金    1円28銭6厘
       (4)D種優先株式

         中間配当金額           -百万円
         1株当たりの中間配当金      0円0銭
       (5)支払請求権の効力発生日及び支払開始日  平成30年12月3日

                                 45/47













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                 46/47




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社じもとホールディングス(E26686)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月12日

     株式会社じもとホールディングス
      取  締  役  会  御     中
                         EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            菅 原      和 信         印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            浅 野        功         印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            久保澤      和 彦         印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社じも

     とホールディングスの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平
     成30年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年
     12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結
     包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社じもとホールディングス及び連結子会社の平成30年12月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
     る事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 47/47



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。