株式会社FPG 四半期報告書 第18期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社FPG

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

      【提出書類】               四半期報告書

      【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】               関東財務局長

      【提出日】               2019年2月12日

                     第18期第1四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

      【四半期会計期間】
                     株式会社FPG

      【会社名】
                     Financial     Products     Group   Co.,Ltd.

      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  谷村 尚永

      【本店の所在の場所】               東京都千代田区丸の内二丁目7番2号

                     03(5288)5656

      【電話番号】
                     常務執行役員             久保出 健二

      【事務連絡者氏名】
      【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区丸の内二丁目7番2号

                     03(5288)5691

      【電話番号】
                     常務執行役員             久保出 健二

      【事務連絡者氏名】
                     株式会社東京証券取引所

      【縦覧に供する場所】
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号) 
                                  1/24










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】

       1【主要な経営指標等の推移】

                                 第17期           第18期

                回次               第1四半期           第1四半期            第17期
                               連結累計期間           連結累計期間
                              自2017年10月1日           自2018年10月1日           自2017年10月1日

               会計期間
                              至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年9月30日
                        (千円)          4,394,983           3,377,163          22,043,831

      売上高
                        (千円)          2,094,439           1,074,486          12,624,296

      経常利益
      親会社株主に帰属する四半期(当
                        (千円)          1,431,233            688,052          8,989,194
      期)純利益
                        (千円)          1,580,515            519,764          9,158,262
      四半期包括利益又は包括利益
                        (千円)          23,077,823           23,687,722           29,747,295

      純資産額
                        (千円)          95,635,753          141,599,009           85,141,481

      総資産額
      1株当たり

                        (円)            15.88           7.70          99.71
      四半期(当期)純利益金額
      潜在株式調整後1株当たり
                        (円)            15.85            -         99.50
      四半期(当期)純利益金額
                        (%)            22.8           16.6           34.5
      自己資本比率
      (注)1.      当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については

            記載しておりません。
         2.   売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.   第18期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、潜在株式が存在しない
           ため記載しておりません。
       2【事業の内容】

           当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。
          また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/24







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】

       1【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記

       載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
       2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)  経営成績の分析
           当第1四半期連結累計(会計)期間における世界経済は、アメリカでの個人消費、設備投資および雇用の増
          加、ヨーロッパ圏での消費の緩やかな増加などにより、中国を始めアジア新興国等の経済の先行き、政策に関
          する不確実性の影響はあるものの、全体として緩やかな回復基調が続きました。一方、日本経済についても、
          雇用・所得環境の改善が続くなかで、海外経済や金融資本市場の変動の影響の不確実性はあるものの、緩やか
          な回復基調が続きました。            このような状況のもと、当社グループは、中長期的な経営戦略に従い、各種施策の
          実施に努めました。この結果、リースアレンジメント事業において、リース事業組成金額が四半期連結会計期
          間(3か月)単位で過去最高となったものの、第2四半期連結会計期間以降に販売する商品在庫の確保に注力
          したこともあり、連結売上高は3,377百万円(前年同期比23.2%減)                               、 営業利益は1,295百万円(前年同期比
          42.9%減)、経常利益は1,074百万円(前年同期比48.7%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は688百万
          円(前年同期比51.9%減)            と なりました。
         売上高
           売上高は3,377百万円(前年同期比23.2%減)となりました。
         (リースアレンジメント事業)

           リース事業組成金額は          四半期連結会計期間(3か月)単位で過去最高となる197,359百万円(前年同期比
          83.6%増)と前年同期に比べ大幅に増加いたしました。一方、                             出資金販売額は       、第2四半期連結会計期間以降
          に販売する商品在庫の確保に注力したこともあり、21,158百万円(前年同期比30.1%減)となり                                            、 売上高は
          2,655百万円(       前年同期比30.6%減)とな            りました。
          (注)本項目における用語の説明
           リース事業組成金額         組成したオペレーティング・リース事業案件のリース物件の取得価額の合計額
                    出資金(オペレーティング・リース事業の匿名組合出資持分及び任意組合出資持分)について、リー
                    ス開始日までに投資家へ私募により販売した額及びリース開始日時点で当社が一旦立替取得し、(連
           出資金販売額
                    結)貸借対照表の「商品出資金」に計上したものについて、投資家へ譲渡により販売した額の合計額
                    であります。なお航空機リース事業に係る信託受益権譲渡価額を含めております。
         (その他事業)
           売上高は721百万円(前年同期比27.1%増)となりました。このうち、当社がコア事業として位置づける、
          不動産事業の売上高は209百万円(前年同期比7.6%増)、                           保険事業の売上高は318百万円(前年同期比100.9%
          増)  、M&A事業の売上高は12百万円(前年同期比18.5%増)と増加いたしました。また、FPG                                          Amentum
          Limitedが行う航空機投資管理サービス事業の売上高は78百万円(前年同期比21.5%減)、証券事業の売上高
          は100百万円(前年同期比85.8%増)となりました。
          (注)当第1四半期連結会計期間より、さらなる成長に向けた各事業の商品性拡充を視野に入れるとともに事業をより分かりやす
            く表現するため、事業名称を変更しております。
                      新事業名称                  旧事業名称
               リースアレンジメント事業                  タックス・リース・アレンジメント事業
               保険事業                  保険仲立人事業、保険代理店事業
               不動産事業                  不動産関連事業
               M&A事業                  M&Aアドバイザリー事業
         売上原価
           売上原価は548百万円(前年同期比23.6%減)となりました。
          これは主に顧客紹介に係る手数料について、その総額が減少したことによるものであります。
                                  3/24



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
         販売費及び一般管理費
          販売費及び一般管理費は           1,532百万円(前年同期比8.9%増)となりました。
         これは、主に業容拡大等により、               人件費が838百万円(前年同期比13.8%増)、                     その他の費用が       694百万円(前
         年同期比3.4%増)となったことによるものであります。
         (注)人件費には、給料手当、賞与(引当金繰入額含む)、法定福利費、福利厚生費、退職給付費用、人材採用費等を含めておりま
         す。
         営業利益
          上記の結果、営業利益は1,295百万円(前年同期比42.9%減)となりました。
         営業外収益/営業外費用
           営業外収益は268百万円(前年同期比10.9%増)となりました。これは主に、投資家から収受している商品
          出資金・金銭の信託(組成用航空機)の立替利息相当額が増加した結果、受取利息が172百万円(前年同期比
          156.2%増)、組成用不動産に係る賃貸料が69百万円(前年同期比15.6%減)となったことによるものであり
          ます。
           営業外費用は489百万円(前年同期比17.5%増)となりました。これは主に、                                    支払手数料が203百万円(前年
          同期比8.7%増)、         支払利息が145百万円(前年同期比24.2%減)、為替差損が83百万円(前期同期比192.0%
          増)  となったことによるものであります。
         経常利益/親会社株主に帰属する四半期純利益
           上記の結果、経常利益は1,074百万円(前年同期比48.7%減)、法人税等を控除した親会社株主に帰属する
          四半期純利益は688百万円(前年同期比51.9%減)となりました。
         セグメント別業績
           セグメント別業績の概況は以下のとおりであります。
                                              (単位:百万円)

                       2018年9月期                  2019年9月期
                       第1四半期                  第 1 四半期
                           セグメント利益                  セグメント利益
         セグメント
                    売上高       またはセグメン           売上高       またはセグメン
                           ト損失(△)                  ト損失(△)
         FPG              3,941         1,996         2,978         1,100
         FPG証券               54        △17          100          32
         その他               496         130         413         △3
         調整額              △96         △15         △115          △55
         合計              4,394         2,094         3,377         1,074
        (注)1.各セグメントの売上高及びセグメント利益またはセグメント損失は、セグメント間取引の消去前の金
             額を記載しております。
           2.セグメント利益または損失は、四半期連結損益計算書の経常利益と一致しております。
           3.調整額はセグメント間取引消去額であります。
         (FPGセグメント)
           リースアレンジメント事業の売上高が減少したこともあり、売上高は2,978百万円(前年同期比24.4%
          減)、セグメント利益は1,100百万円(前年同期比44.9%減)となりました。
         (FPG証券セグメント)

           売上高は100百万円(前年同期比85.8%増)、セグメント利益は32百万円(前年同期は17百万円のセグメン
          ト損失)となりました。
         (その他)

           売上高は    413百万円(前年同期比16.6%減)                、 セグメント損失は3百万円(前年同期は130百万円のセグメン
          ト利益)となりました。
                                  4/24



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
       (2)  財政状態の分析
         資産の状況
           資産合計は141,599百万円(前年度末比56,457百万円の増加)となりました。その概要は以下のとおりであり
          ます。
         (流動資産)

          流動資産は136,399百万円(前年度末比55,755百万円の増加)となりました。
          ・現金及び預金は23,184百万円(前年度末比9,846百万円の増加)となりました。
          ・組成資産(      注1)   は107,374百万円(前年度末比45,763百万円の増加)となりました。このうち、未販売の
           匿名組合出資金を計上する商品出資金は、その販売を進める一方で、積極的に組成を行ったことにより
           83,989百万円(前年度末比43,481百万円の増加)となりました。また、航空機リース事業に係る未販売の信
           託受益権を計上する金銭の信託(組成用航空機)(注2)は、13,415百万円(前年度末比463百万円の減
           少)となりました。さらに不動産小口化商品として販売するための不動産を計上する組成用不動産は9,968
           百万円(前年度末比2,746百万円の増加)となりました。これは不動産小口化商品の販売を進めた一方で、
           新規商品用の不動産を取得したことによるものであります。
          ・上記以外の流動資産は           5,840百万円(前年度末比145百万円の増加)となりました。
          (注1)   組成資産には、商品出資金、金銭の信託(組成用航空機)、組成用コンテナ及び組成用不動産を含めております。
          (注2)   当社が組成する信託機能を活用した航空機リース事業案件は、当該リース事業を遂行する特定金外信託契約に係る受益権
             を投資家に譲渡するものであり、当社は、この法的実態を鑑み、未販売の当該受益権相当額を「金銭の信託(組成用航空
             機)」に計上しております。当該信託契約は、当社が信託の受託者である株式会社FPG信託に金銭を信託し、同社が当初
             委託者である当社の指図に基づき、当該金銭をもって航空機を購入したうえで、航空会社にリース・市場売却等を行うもの
             であります。信託受益権を、投資家に譲渡することで、委託者の地位が承継されると共に、信託財産から生じる譲渡後の損
             益が投資家に帰属いたします。
         (固定資産)

          固定資産は5,199百万円(前年度末比701百万円の増加)となりました。
          ・有形固定資産は354百万円(前年度末比11百万円の減少)となりました。
          ・無形固定資産は1,045百万円(前年度末比71百万円の減少)となりました。
          ・投資その他の資産は3,799百万円(前年度末比785百万円の増加)となりました。
         負債の状況

           負債合計は117,911百万円(前年度末比62,517百万円の増加)となりました。その概要は以下のとおりであ
          ります。
         (流動負債)
          流動負債は110,306百万円(前年度末比62,910百万円の増加)となりました。
         ・借入金・社債は91,595百万円(前年度末比58,866百万円の増加)となりました。これは主に組成資産の取得
           のための資金調達を進めたためであります。
         ・第2四半期以降に販売予定の出資金に係る手数料を含む前受金は12,276百万円(前年度末比6,042百万円の増
           加)となりました。
         ・上記以外の流動負債につきまして6,435百万円(前年度末比1,998百万円の減少)となりました。
         ・機動的な資金調達が可能となる、コミットメントライン契約及び当座貸越契約の総額は、当第1四半期連結
           会計期間末で      108,567百万円(前年度末比2,778百万円の増加)となりました。
         (固定負債)

          固定負債は7,604百万円(前年度末比393百万円の減少)となりました。                                 これは主に、借入金・社債が7,372百
          万円(前年度末比387百万円の減少)となったことによるものであります。
                                  5/24




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
         純資産の状況
           純資産合計は23,687百万円(前年度末比6,059百万円の減少)となりました。これは主に、親会社株主に帰
          属する四半期純利益688百万円を計上した一方で、前年度の期末配当4,441百万円を実施したこと、また、自己
          株式1,999百万円を取得したことによるものであります。
           自己資本比率は、当第1四半期連結会計期間末時点で16.6%(前連結会計年度末は34.5%)となりました。
           なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                    平成30年2月16日)等を当第

          1四半期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及適用後の前連結会計年度末の数値で
          比較を行っております。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題
          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

          該当事項はありません。
       (5)  生産、受注および販売の状況

          当第1四半期連結累計期間の状況につきましては、(1)経営成績の分析をご参照ください。
                                  6/24














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
       3【経営上の重要な契約等】
         コミットメントライン契約等の締結

          当社グループは、主にリースアレンジメント事業及び不動産事業における案件組成資金を効率的に調達するた
         め、金融機関と、コミットメントライン契約及び当座貸越契約を締結しております。
          これらの契約に基づく当第1四半期連結会計期間末の資金調達枠の総額は、                                   108,567,875千円        であります。な
         お、当第1四半期連結会計期間における、主な契約の状況は、以下のとおりであります。
          当社において、2017年12月に締結した株式会社三井住友銀行及びその他5行との資金調達枠150億円(USドル
         建または円建)のコミットメントライン契約について、2018年12月28日付で、同行及びその他5行と資金調達枠
         150億円(USドル建または円建)の新たなコミットメントライン契約を締結いたしました。なお、本契約におけ
         るコミットメント期間の開始日は、2019年1月9日となります。
                                  7/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】

       1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          216,000,000

                  計                               216,000,000

      ②【発行済株式】

                                  上場金融商品取引所
           第1四半期会計期間末              提出日現在
                                  名又は登録認可金融
      種類      現在発行数(株)            発行数(株)                          内容
                                  商品取引業協会名
            (2018年12月31日)            (2019年2月12日)
                                           普通株式は完全議決権株式であり、
                                  東京証券取引所         権利内容に何ら限定のない当社にお
     普通株式          90,673,600           90,673,600
                                   市場第一部        ける標準となる株式であり、単元株
                                           式数は100株であります。
                           90,673,600
       計        90,673,600                      -              -
      (2)【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②【その他の新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                      (千円)       (千円)
      2018年11月9日(注)           △1,700,000        90,673,600            -    3,095,874           -    3,045,874

     (注)自己株式の消却による減少であります。

      (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は、第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/24






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
      ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -
     議決権制限株式(その他)                     -             -             -
                                               権利内容に何ら限定のない
                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -        当社における標準となる株
                       普通株式     2,185,700
                                               式であります。
                       普通株式     90,173,100
     完全議決権株式(その他)                                     901,731          同上
                         普通株式     14,800
     単元未満株式                                   -            (注1)
     発行済株式総数                      92,373,600            -             -
     総株主の議決権                     -                901,731           -
      (注)1「単元未満株式」欄には当社所有の自己株式82株が含まれております。
        2  当社は、2018年10月31日           開催の取締役会において、2018年11月1日から2018年11月30日までを取得期間とする
         250万株を上限とした自己株式の取得を決議し、                      当該決議に基づき、当社普通株式1,606,600株を取得いたしま
         した。また     2018年10月31日       開催の取締役会において、2018年11月9日に自己株式                         1,700,000株      の消却を行う旨決
         議し、当該決議に基づき消却を              実施いたしました。         当第1四半期会計期間末日現在の発行済株式総数は
         90,673,600株、自己株式数は2,093,064株(完全議決権株式が2,093,000株、単元未満株式が64株)                                             となってお
         ります。
      ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
                 東京都千代田区
                              2,185,700         -      2,185,700          2.37
       株式会社FPG
                 丸の内二丁目7番2号
                              2,185,700         -      2,185,700          2.37
          計            -
     (注)当第1四半期会計期間末現在の所有株式数の合計は、2,093,000株(単元未満株式を除く)であります。
       2【役員の状況】

        該当事項はありません。

                                  9/24






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】

       1.四半期連結財務諸表の作成方法について

         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
        閣府令第64号)に基づいて作成しております。
       2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年10月1日から
        2018年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連
        結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人より四半期レビューを受けております。
                                 10/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
       1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       13,338,190              23,184,818
         現金及び預金
                                        631,594              536,353
         売掛金
                                         8,686              11,380
         貯蔵品
                                       40,508,516              83,989,749
         商品出資金
         金銭の信託(組成用航空機)                              13,879,470              13,415,712
                                       7,222,721              9,968,946
         組成用不動産
                                       1,809,503              2,103,059
         差入保証金
                                       3,245,224              3,189,731
         その他
                                       80,643,907              136,399,751
         流動資産合計
       固定資産
                                        366,031              354,533
         有形固定資産
         無形固定資産
                                       1,054,553              1,005,175
          のれん
                                         63,122              40,524
          その他
                                       1,117,676              1,045,699
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       1,092,438              1,967,392
          繰延税金資産
                                       1,921,428              1,831,632
          その他
                                       3,013,866              3,799,024
          投資その他の資産合計
                                       4,497,574              5,199,257
         固定資産合計
                                       85,141,481              141,599,009
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        601,874              525,816
         買掛金
                                       27,765,147              81,024,539
         短期借入金
                                           -           5,500,000
         コマーシャル・ペーパー
                                       4,763,312              4,920,812
         1年内返済予定の長期借入金
                                        200,000              150,000
         1年内償還予定の社債
                                       2,939,194              1,297,726
         未払法人税等
                                       6,233,986              12,276,401
         前受金
                                        350,252              279,700
         賞与引当金
                                       2,024,459              1,600,341
         受入保証金
                                       2,517,845              2,731,659
         その他
                                       47,396,073              110,306,998
         流動負債合計
       固定負債
                                        350,000              350,000
         社債
                                       7,410,052              7,022,974
         長期借入金
                                        104,410              104,545
         資産除去債務
                                        133,650              126,769
         その他
                                       7,998,113              7,604,288
         固定負債合計
                                       55,394,186              117,911,286
       負債合計
                                 11/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       3,095,874              3,095,874
         資本金
                                       3,095,543              3,045,874
         資本剰余金
                                       24,830,157              19,628,282
         利益剰余金
                                      △ 1,708,570             △ 2,274,316
         自己株式
                                       29,313,004              23,495,713
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         9,358             △ 65,859
         為替換算調整勘定
                                         81,466              28,329
         その他有価証券評価差額金
                                         90,825             △ 37,529
         その他の包括利益累計額合計
                                        343,465              229,539
       非支配株主持分
                                       29,747,295              23,687,722
       純資産合計
                                       85,141,481              141,599,009
      負債純資産合計
                                 12/24















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       4,394,983              3,377,163
      売上高
                                        718,234              548,987
      売上原価
                                       3,676,748              2,828,175
      売上総利益
                                       ※ 1,407,889              ※ 1,532,932
      販売費及び一般管理費
                                       2,268,859              1,295,243
      営業利益
      営業外収益
                                         67,349              172,520
       受取利息
                                         82,471              69,573
       不動産賃貸料
                                         62,827                -
       持分法による投資利益
                                         29,734              26,758
       その他
                                        242,381              268,853
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        191,623              145,270
       支払利息
                                         28,673              83,753
       為替差損
       支払手数料                                 187,146              203,362
                                         4,776              28,292
       不動産賃貸費用
                                           -            23,047
       持分法による投資損失
                                         4,582              5,883
       その他
                                        416,801              489,609
       営業外費用合計
                                       2,094,439              1,074,486
      経常利益
      特別損失
                                           -            21,685
       減損損失
                                           -              200
       固定資産除却損
                                         2,033              4,414
       関係会社株式評価損
                                         2,033              26,299
       特別損失合計
                                       2,092,406              1,048,187
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  1,042,430              1,237,976
                                       △ 409,493             △ 852,340
      法人税等調整額
                                        632,937              385,635
      法人税等合計
                                       1,459,469               662,551
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         28,235             △ 25,500
      に帰属する四半期純損失(△)
                                       1,431,233               688,052
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/24








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       1,459,469               662,551
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         90,324             △ 53,137
       その他有価証券評価差額金
                                         31,021             △ 72,467
       為替換算調整勘定
                                         △ 299            △ 17,182
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        121,046             △ 142,786
       その他の包括利益合計
                                       1,580,515               519,764
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       1,545,758               559,697
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         34,757             △ 39,932
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/24















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を当第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

       前連結会計年度(2018年9月30日)
        当社グループは、主にリースアレンジメント事業及び不動産事業における案件組成資金を効率的に調達するため、
       金融機関と、コミットメントライン契約及び当座貸越契約を締結しております。これらの契約に基づく当連結会計年
       度末の借入未実行残高は以下のとおりであります。
       コミットメントライン及び
                       105,789,850千円
       当座貸越極度額の総額
       借入実行残高                 25,975,147千円
       差引額                 79,814,702千円
        なお、上記契約のうちコミットメントライン及び当座貸越極度額の総額91,352,950千円及び借入実行残高

       25,175,147千円には、財務制限条項が付されております。主な契約に付された財務制限条項の概要は以下のと
       おりであります。
       (当       社)
           極  度  額           借入実行残高             財  務  制  限  条  項

                               (ⅰ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の貸借対照表に記載される純資産の部の合
                                 計金額を、2017年9月期末日における連結の貸借
                                 対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%
        (1)
            15,500,000千円           6,556,500千円
                                 に相当する金額以上に維持すること。
                               (ⅱ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の損益計算書に記載される経常損益を損失
                                 としないこと。
                               (ⅰ)   2018年9月期決算以降、各年度の決算期の末日
                                 における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額
                                 を2017年9月決算期末日における連結の貸借対照
            10,000,000千円
                                 表上の純資産の部の金額の75%以上に維持するこ
           (70億円はUSドル
        (2)
                       4,238,000千円
                                 と。
             建または円建
                               (ⅱ)   2018年9月期決算以降、各年度の決算期におけ
            30億円は円建)
                                 る連結の損益計算書に示される経常損益が損失と
                                 ならないようにすること。
                               ( ⅰ ) 2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の貸借対照表に記載される純資産の部の合
                                 計金額を、2017年9月期末日における連結の貸借
            15,000,000千円
                                 対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%
        (3)     (USドル建
                       3,621,547千円
                                 に相当する金額以上に維持すること。
              または円建)
                               (ⅱ  ) 2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の損益計算書に記載される経常損益を損失
                                 としな   いこと。
                                 15/24




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
           極  度  額           借入実行残高             財  務  制  限  条  項
                               (ⅰ)   2018年9月に終了する決算期及びそれ以降に終
                                 了する借入人の各年度の決算期の末日における借
                                 入人の連結の貸借対照表における純資産の部の金
                                 額を、当該決算期の直前の決算期の末日又は2017
                                 年9月に終了する決算期の末日における借入人の
             9,300,000千円
                                 連結の貸借対照表における純資産の部の金額のい
           (48億円は円建、
        (4)
                       3,574,300千円
                                 ずれか大きい方の75%の金額以上にそれぞれ維持
           45億円はUSドル建
                                 すること。
             または円建)
                               (ⅱ)   2018年9月に終了する決算期及びそれ以降に終
                                  了する借入人の各年度の決算期に係る借入人の
                                  連結の損益計算書上の経常損益に関して、それ
                                  ぞれ2期連続して経常損失を計上しないこと。
                               (ⅰ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の貸借対照表に記載される純資産の部の合
                                 計金額を、2017年9月期末日における連結の貸借
                                 対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%
        (5)
            15,000,000千円              -千円
                                 に相当する金額以上に維持すること。
                               (ⅱ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の損益計算書に記載される経常損益を損失
                                 としないこと。
       当第1四半期連結会計期間(2018年12月31日)

        当社グループは、主にリースアレンジメント事業及び不動産事業における案件組成資金を効率的に調達するため、
       金融機関と、コミットメントライン契約及び当座貸越契約を締結しております。これらの契約に基づく当第1四半期
       連結会計期間末の借入未実行残高は以下のとおりであります。
       コミットメントライン及び
                       108,567,875千円
       当座貸越極度額の総額
       借入実行残高                 67,200,539千円
       差引額                 41,367,335千円
        なお、上記契約       のうち   コミットメントライン及び当座貸越極度額                    の総額89,165,125千円及び借入実行残高

       53,600,539千円には、財務制限条項が付されております。                           主な契約に付された財務制限条項の概要は以下のとおりで
       あります。
       (当  社)
             極  度  額          借入実行残高             財  務  制  限  条  項

                               ( ⅰ ) 2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の貸借対照表に記載される純資産の部の
                                 合計金額を、2017年9月期末日における連結の
             15,000,000千円
                                 貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額
              (USドル建
        (1)               3,512,764千円
                                 の75%に相当する金額以上に維持すること。
               または円建)
                               (ⅱ  ) 2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の損益計算書に記載される経常損益を損
                                 失としな    いこと。
                                 16/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
             極  度  額          借入実行残高             財  務  制  限  条  項
                               (ⅰ)   2018年9月に終了する決算期及びそれ以降に終
                                 了する借入人の各年度の決算期の末日における
                                 借入人の連結の貸借対照表における純資産の部
                                 の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日又
              9,300,000千円
                                 は2017年9月に終了する決算期の末日における
            (48億円は円建、
                                 借入人の連結の貸借対照表における純資産の部
        (2)               9,213,200千円
            45億円はUSドル建
                                 の金額のいずれか大きい方の75%の金額以上に
              または円建)
                                 それぞれ維持すること。
                               (ⅱ)   2018年9月に終了する決算期及びそれ以降に終
                                 了する借入人の各年度の決算期に係る借入人の連
                                 結の損益計算書上の経常損益に関して、それぞれ
                                 2期連続して経常損失を計上しないこと。
                               (ⅰ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の貸借対照表に記載される純資産の部の
                                 合計金額を、2017年9月期末日における連結の
                                 貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額
        (3)     15,000,000     千円         - 千円
                                 の75%に相当する金額以上に維持すること。
                               (ⅱ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の損益計算書に記載される経常損益を損
                                 失としないこと。
                               (ⅰ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の貸借対照表に記載される純資産の部の
                                 合計金額を、2017年9月期末日における連結の
                                 貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額
        (4)     15,500,000     千円     9,811,500千円
                                 の75%に相当する金額以上に維持すること。
                               (ⅱ)   2018年9月期末日以降の各事業年度末日におけ
                                 る連結の損益計算書に記載される経常損益を損
                                 失としないこと。
                               (ⅰ)   2018年9月期決算以降、各年度の決算期の末日
                                 における連結の貸借対照表上の純資産の部の金
             10,000,000千円
                                 額を2017年9月決算期末日における連結の貸借
            (70億円はUSドル
                                 対照表上の純資産の部の金額の75%以上に維持
        (5)               9,728,000千円
              建または円建
                                 すること。
             30億円は円建)
                               (ⅱ)   2018年9月期決算以降、各年度の決算期におけ
                                 る連結の損益計算書に示される経常損益が損失
                                 とならないようにすること。
                                 17/24








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
       ※ 販売費及び一般管理費のうち主な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                              (自    2017年10月1日             (自    2018年10月1日
                               至     2017年12月31日)              至     2018年12月31日)
         給料手当                            469,583    千円             498,638    千円
                                      133,530                 176,165
         賞与引当金繰入額
         退職給付費用                             23,621                 27,151
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のと
       おりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                            (自    2017年10月1日             (自    2018年10月1日
                             至   2017年12月31日)              至   2018年12月31日)
       減価償却費                             27,074千円                 23,747千円
       のれんの償却額                             39,698                 27,109
      (株主資本等関係)

       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
      1.配当金支払額
                      配当金の      1株当たり

      (決議)          株式の種類        総額      配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                      (千円)       (円)
     2017年12月19日
                普通株式      4,127,354        45.80    2017年9月30日         2017年12月20日          利益剰余金
     定時株主総会
      2.株主資本の金額の著しい変動
         当社は、2017年10月31日開催の取締役会において、会社法第178条の規定に基づき、自己株式の消却を決議し、
        次のとおり実施いたしました。なお、                  この結果、第1四半期連結累計期間において利益剰余金及び自己株式がそれ
        ぞれ1,759,468千円減少し、第1四半期連結会計期間末において利益剰余金が17,221,570千円、自己株式が
        1,764,701千円となっております。
        ①  消却した株式の種類   当社普通株式

        ②  消却した株式の総数   2,250,000株
        ③  消却した株式の総額   1,759,468千円
        ④  消却後の発行済株式総数 92,373,600株
        ⑤  消却実施日       2017年11月10日
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

      1.配当金支払額
                      配当金の      1株当たり

      (決議)          株式の種類        総額      配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                      (千円)       (円)
     2018年12月21日
                普通株式      4,441,750        49.25    2018年9月30日         2018年12月25日          利益剰余金
     定時株主総会
                                 18/24



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      2.株主資本の金額の著しい変動
        (1)  自己株式の消却
          当社は、2018年10月31日開催の取締役会において、会社法第178条の規定に基づき、自己株式の消却を決議
         し、次のとおり実施いたしました。なお、この結果、当第1四半期連結累計期間において利益剰余金及び自己株
         式がそれぞれ1,434,175千円減少いたしました。
         ①  消却した株式の種類   当社普通株式

         ②  消却した株式の総数   1,700,000株
         ③  消却した株式の総額   1,434,175千円
         ④  消却後の発行済株式総数 90,673,600株
         ⑤  消却実施日       2018年11月9日
        (2)  自己株式の取得

          当社は、2018年10月31日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される
         同法第156条の規定に基づき、自己株式の取得を決議し実施した結果、普通株式1,606,600株、1,999,906千円を
         取得いたしました。
                                 19/24















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自                  2017年10月1日         至   2017年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)

                                                       四半期連結

                       報告セグメント
                                     その他       合計      調整額     財務諸表計
                   FPG
                        FPG証券        計
                                                        上額
     売上高
                  3,938,960        54,220     3,993,180       401,802     4,394,983          -   4,394,983
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    2,615        -     2,615      94,280      96,895     △ 96,895        -
      上高又は振替高
                  3,941,575        54,220     3,995,795       496,083     4,491,878       △ 96,895     4,394,983
      計
      セグメント利益又は損
                  1,996,576       △ 17,220     1,979,355       130,233     2,109,589       △ 15,149     2,094,439
      失(△)
      (注)1.セグメント利益又は損失(△)の合計額に、調整額を加えた額は、四半期連結損益計算書の経常利益と一致
           しております。
         2.調整額は、すべてセグメント間取引消去によるものであります。
         3.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない「FPG信託」、「FPG                                       AMENTUM」及び「F
           PG   RAFFLES」セグメントであります。
       2.報告セグメントごとの資産に関する情報

          前連結会計年度の末日に比べ、「FPG」セグメントの資産金額は、13,863,018千円増加しております。これ
         は主に商品出資金が増加したことによるものであります。
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自                  2018年10月1日         至   2018年12月31日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)

                                                       四半期連結

                       報告セグメント
                                     その他       合計      調整額     財務諸表計
                   FPG
                        FPG証券        計
                                                        上額
     売上高
                  2,974,645       100,743     3,075,388       301,774     3,377,163          -   3,377,163
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    3,400        -     3,400     111,748      115,148     △ 115,148         -
      上高又は振替高
                  2,978,045       100,743     3,078,788       413,523     3,492,312      △ 115,148     3,377,163
      計
      セグメント利益又は損
                  1,100,779        32,505     1,133,284       △ 3,124    1,130,159       △ 55,672     1,074,486
      失(△)
      (注)1.セグメント利益又は損失(△)の合計額に、調整額を加えた額は、四半期連結損益計算書の経常利益と一致
           しております。
         2.調整額は、すべてセグメント間取引消去によるものであります。
         3.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない「FPG信託」、「FPG                                       AMENTUM」及び
           「FPG保険サービス」セグメントであります。
                                 20/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
       2.報告セグメントごとの資産に関する情報
          前連結会計年度の末日に比べ、「FPG」セグメントの資産金額は、                                57,097,170千円       増加しております。これ
         は 主に商品出資金が増加したことによるものであります                         。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

          株式会社FPG保険サービスを連結子会社としたことにより、前第3四半期連結会計期間から、「FPG保険
         サービス」を、事業セグメントとしております。「FPG保険サービス」は、「その他」に含めております。
          前第1四半期連結累計期間に「その他」に含めていた「FPG                             RAFFLES」につきましては、2018年9
         月28日付でFPG       Raffles    Holdings     Pte.Ltd.との出資関係を解消し、同社並びに同社の子会社であるRaffles
         Lease   Pte.Ltd.及びその他3社を、連結の範囲から除外したことから、当第1四半期連結累計期間の報告セグメ
         ントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報には含まれておりません。
       4.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          「FPG証券」セグメントにおいて、固定資産の減損損失を計上しております。なお、当第1四半期連結累計
         期間における当該減損損失の計上額は、21,685千円であります。
      (金融商品関係)

        金融商品の当四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額および前連結会計年度に係る連結貸借対照表計上額と時
       価との差額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

        対象物の種類が通貨であるデリバティブ取引が、事業の運営において重要なものとなっており、かつ、前連結会
       計年度の末日に比べて著しい変動が認められます。
       前連結会計年度       (2018年9月30日)

                              契約額           時価         評価損益
        対象物の種類          取引の種類
                             (千円)          (千円)          (千円)
               オプション取引
                               45,838,305          △1,845,667            862,064
                売建
                               45,838,305           1,845,667          △706,788
                買建
               為替予約取引
          通貨
                円買
                                8,772,035          △339,296          △339,296
                (米ドル売)
                円売
                                 668,735           26,273          26,273
                (米ドル買)
       当第1四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                              契約額           時価         評価損益
        対象物の種類          取引の種類
                             (千円)          (千円)          (千円)
               オプション取引
                売建               44,019,533          △1,442,864            940,723
                               44,019,533           1,442,864          △583,156
                買建
          通貨
               為替予約取引
                円買
                               14,259,471           △104,357          △104,357
                (米ドル売)
                円売
                                4,832,252           △81,158          △81,158
                (米ドル買)
                                 21/24




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
       は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                                 (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
       (1)1株当たり四半期純利益金額                                15円88銭              7円70銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       1,431,233               688,052
         (千円)
         普通株主に帰属しない金額                           (千円)
                                          -              -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       1,431,233               688,052
         利益金額                    (千円)
         普通株式の期中平均株式数                            (株)
                                      90,116,908              89,367,344
       (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                15円85銭                 -

        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -              -
         (千円)
         普通株式増加数                                      (株)
                                        206,451                -
         (うち新株予約権)                                  (株)
                                       (206,451)                (-)
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株

        当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                      ̄               ̄
        在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
        あったものの概要
       (注)当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しない

          ため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
       2【その他】

        該当事項はありません。

                                 22/24







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

          該当事項はありません。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社FPG(E24651)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2019年2月12日

     株式会社 FPG

       取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              廿樂 眞明
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              櫻井 雄一郎
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社FPG

     の2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月31
     日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社FPG及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
     において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 24/24




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。