株式会社レオパレス21 四半期報告書 第46期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第46期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社レオパレス21

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第46期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社レオパレス21
      【英訳名】                    LEOPALACE21      CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  深山 英世
      【本店の所在の場所】                    東京都中野区本町二丁目54番11号
      【電話番号】                    03(5350)0001(代表)
      【事務連絡者氏名】                    財務経理部主計グループ部長  日野原 克巳
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中野区本町二丁目54番11号
      【電話番号】                    03(5350)0001(代表)
      【事務連絡者氏名】                    財務経理部主計グループ部長  日野原 克巳
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】

                                第45期           第46期

                回次               第3四半期連結           第3四半期連結             第45期
                                累計期間           累計期間
                             自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日
               会計期間
                             至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                       (百万円)            385,521           376,366           530,840
     売上高
                       (百万円)            18,585           6,246          22,354
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                  (百万円)            12,863          △ 43,989           14,819
     する四半期純損失(△)
                       (百万円)            12,190          △ 44,044           13,997
     四半期包括利益又は包括利益
                       (百万円)            157,574           107,439           159,438
     純資産額
                       (百万円)            320,691           304,313           337,134
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                        (円)            50.15         △ 177.85           58.02
     又は1株当たり四半期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                        (円)            50.10            -         57.93
     (当期)純利益
                        (%)            49.0           35.2           47.2
     自己資本比率
                                 第45期           第46期

                回次               第3四半期連結           第3四半期連結
                                 会計期間           会計期間
                              自平成29年10月1日           自平成30年10月1日
               会計期間
                              至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益又は
                                    13.39
                         (円)                     △ 156.55
     1株当たり四半期純損失(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
         おりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.第46期第3四半期連結累計期間の                 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                   については、潜在株式は存在するも
         のの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標等
         については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な

      変更はありません。
       当第3四半期連結累計期間における主要な関係会社の異動等は、以下のとおりであります。
      <賃貸事業>

       第1四半期連結会計期間より、レオパレス信託株式会社は重要性が増したため、連結の範囲に含めております。
                                  2/21




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記
       載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の分析

         経営成績の分析に先立ちまして、当社施工物件(アパート)の一部で判明した施工不備問題につきましては、
        多くの関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます。
         調査及び補修工事につきまして、全社一丸となって取り組み、一日も早く信頼回復を実現できるよう尽力して
        まいるとともに、さらなる原因究明と再発防止に向けた徹底的な品質管理体制の構築を行ってまいります。
                                                    (単位:百万円)

                            前第3四半期         当第3四半期          増減額        増減率
                                                       △2.4%
        売上高                      385,521         376,366        △9,154
                                                       △65.3%
        営業利益                      18,763          6,502       △12,261
                                                       △66.4%
        経常利益                      18,585          6,246       △12,339
        親会社株主に帰属する四半期純利益                      12,863        △43,989        △56,853           -
         当 第3四半期連結累計期間に             おける   国内経済は、企業業績や雇用・所得環境の改善が続く中、緩やかな回復基

        調で推移いたしました          。
         貸家の新設着工戸数は、相続税対策需要の一巡やアパートローンの融資環境変化に伴い、前年同期比4.3%の減
        少となりました。わが国の賃貸住宅市場においては、空家数の増加が続いており、全国的な需要回復は難しい中
        で安定した入居率を確保するには、将来的にも高い入居率が見込めるエリアへの重点的な物件供給や当社独自の
        強みを活かした付加価値サービスの提供による差別化戦略が重要と考えております。
         このような     状況の中、当社グループは、中期経営計画「Creative                         Evolution     2020」の目標達成に向けて、「企
        業価値の更なる向上に資するコア事業の継続的成長と成長分野の基盤構築」を基本方針とし、企業価値と新たな
        社会価値の創造に取り組むとともに、施工不備問題の早期解決に向け、全社を挙げて調査及び補修工事を進めて
        おります。
         しかしながら、施工不備の発生により事業収益が悪化した結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は3,763億
        66百万円(前      年同四半期比2.4%減          )、営業利益は65億2百万円(前               年同四半期比65.3%減          )、経常利益は62億46
        百万円(前     年同四半期比66.4%減          ) となりました。       親会社株主に帰属する四半期純損益                 は、施工不備に係る補修
        工事費用及び付帯費用の見積額等               434億53百万円及び中期経営計画の財務戦略実現に向けた自社所有アパート売却
        に伴う減損損失75億60百万円を特別損失に計上したことなどにより、                                439億89百万円       の損失(前年同四半期は親会
        社株主に帰属する四半期純利益128億63百万円)                      となりました      。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                              売上高                   営業利益
                     前第3四半期       当第3四半期        増減額     前第3四半期      当第3四半期        増減額
                              323,351
         賃貸事業               324,990             △1,639       22,758       14,313      △8,445
                                     △8,338
         開発事業               46,590       38,252               888    △2,619       △3,508
                                       889
         シルバー事業                9,547      10,436             △1,125        △707        418
                                      △66
         ホテルリゾート・その他事業                4,392       4,325             △572      △1,045        △472
         調整額                  -       -      -    △3,184       △3,438        △253
              合計         385,521       376,366      △9,154       18,763       6,502     △12,261
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
        ①  賃貸事業
           賃 貸事業   においては、壁紙一面を無料で自分好みにカスタマイズできる「my                               DIY」、スマートフォンで遠隔
          からの家電操作や施錠などが可能なスマートアパート化の推進、業界初となる賃貸契約の電子化、大手警備会
          社との提携によるセキュリティシステムなど豊富な付加価値を提供するとともに、法人の寮社宅需要の取り込
          み、外国人入居者サポート体制の充実等により安定した入居率の確保を図っております。また、ASEAN諸国の
          子会社において、サービスアパートメント・オフィス等の開発・運営を行っておりま                                       す。
           入居率については、施工不備の調査と補修工事完了まで対象物件の入居者募集を停止している影響により、
          当第3四半期連結会計期間末の入居率は85                    .26%(前年同四半期末比△4.18ポイント)、                      期中平均入居率       は
          89.42%(前年同四半期比△0.59ポイント)となりました。なお                              、 当第3四半期連結会計期間末の               管理戸数は
          573千戸(前期末比2千戸増)             となりました。
           これらの結果、売上高は3,233億51百万円(前年同四半期比0.5%減)、営業利益は143億13百万円(前年同
          四半期比37.1%減)となりました。
        ②  開発事業
           開 発事業においては、人口流入が続き、将来的にも高い入居率が見込める三大都市圏に絞った受注活動、高
          品質かつ最先端の戦略商品投入、理想の土地活用を実現する建築バリエーションの拡大、商品価格や仕入ルー
          トの見直し等による採算性の向上に取り組んでおります。
           また、子会社のライフリビング株式会社はマンション等の開発事業、株式会社もりぞうは木曾ひのきを用い
          た戸建注文住宅の建築請負事業を展開しております。
           受注状況については、大都市圏での競争激化や                      アパートローンの融資環境変化等により受注が低迷した結
          果、当第3四半期連結累計期間の               総受注高は530       億89百万円     (前年同四半期比4         .4%減   )、当第3四半期連結会
          計期間末の受注残高は711            億95百万円     (前年同四半期末比3          .5%増   ) となりました      。
           これらの結果、売上高は382億52百万円(前年同四半期比17.9%減)、営業損失は26億19百万円(前年同四
          半期は営業利益8億88百万円)となりました                    。
        ③  シルバー事業
           成長戦略事業であるシルバー事業は、既存施設の稼働率が上昇し始めたことにより全体の採算性が改善し、
          中期経営計画の最終年度での黒字化に向けて順調に推移いたしました。
           これらの結果、       売上高は104億36百万円(前年同四半期比9.3%増)、営業損失は7億7百万円(前年同四半期
          比4億18百万円改善)となりました。
        ④  ホテルリゾート・その他事業
           グ アムリゾート施設、国内ホテル、               ファイナンス事業等のその他事業は、売上高は43億25百万円(前年同四
          半期比1.5%減)、営業損失は10億45百万円(                     前年同四半期比4億72百万円損失増加                 )となりました       。
      (2)財政状態の分析

                                                    (単位:百万円)
                  前連結会計年度末             当第3四半期末             増減額          増減率
         総資産              337,134            304,313          △32,821           △9.7%
         負債              177,696            196,873           19,177          10.8%
                       159,438
         純資産                          107,439          △51,998          △32.6%
         当第3四半期連結会計期間末の総資産は、                    前連結会計年度末比328億21百万円減少                  の3,043億13百万円となりま
        した。   これは主に、仕掛販売用不動産が40億86百万円、有形固定資産その他(純額)が34億1百万円、それぞれ増
        加した一方、仕入債務や配当金の支払などにより現金及び預金が172億84百万円、減損損失の計上等により土地が
        142億90百万円、リース資産(純額)が32億53百万円、建設仮勘定が21億47百万円、売掛金が16億65百万円それぞ
        れ減少したことによるものであります。
         負債の合計は、前連結会計年度末比191億77百万円増加の1,968億73百万円                                  となりました。       これは主に、未払金
        が107億39百万円、前受金及び長期前受金が84億51百万円、工事未払金が40億10百万円それぞれ減少した一方、補
        修工事関連損失引当金を420億10百万円計上したことによるものであります。
         純資産の合計は、前連結会計年度末比519億98百万円減少の                            1,074億39     百万円とな     りました。これは主に、親会
        社株主に    帰属する四半期純損失の計上439億89百万円、配当金の支払30億25百万円及び株主還元の充実を目的とし
        た自己株式の取得50億12百万円によるものであります。                          なお、自己資本比率は前連結会計年度末比12.0ポイント
        下落し35.2%となりました            。
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
      (3)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
        ありません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】

     ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 500,000,000
                  計                               500,000,000
     ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成31年2月12日)
               (平成30年12月31日)                          取引業協会名
                                           東京証券取引所
                                                      単元株式数
       普通株式            244,882,515             244,882,515
                                                       100株
                                           (市場第一部)
         計          244,882,515             244,882,515              -          -
     (2)【新株予約権等の状況】

     ①【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
     ②【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                      資本準備金

                  発行済株式        発行済株式                     資本準備金
                                 資本金増減額       資本金残高
          年月日                                              残高
                  総数増減数         総数残高                      増減額
                                  (百万円)       (百万円)
                   (株)        (株)                    (百万円)
                                                      (百万円)
       平成30年10月15日
                   △7,800,000        244,882,515           -     75,282         -     45,235
       (注)
      (注)自己株式の消却による減少であります。
     (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/21






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
     ①【発行済株式】

                                                  平成30年12月31日現在
              区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                         -            -           -
      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -           -
      議決権制限株式(その他)                         -            -           -
                          普通株式         8,867,500
      完全議決権株式(自己株式等)                                     -           -
                          普通株式      243,798,100
      完全議決権株式(その他)                                      2,437,981           -
                          普通株式              16,915
      単元未満株式                                     -           -
      発行済株式総数                          252,682,515            -           -
      総株主の議決権                         -             2,437,981           -
     (注)1.     「完全議決権株式(その他)」の「株式数」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株含まれております。また、
         「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数10個が含まれております。
        2.当第3四半期会計期間において                、自己株式7,800,000株の消却を行ったことにより、当第3四半期会計期間末日
         現在の完全議決権株式(自己株式等)は1,067,500株、発行済株式総数は244,882,515株となっております。
     ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称             所有者の住所                                対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                  東京都中野区本町
      株式会社レオパレス21                         8,867,500            -    8,867,500           3.51
                  二丁目54番11号
           計           -        8,867,500            -    8,867,500           3.51
     (注)当第3四半期会計期間において、自己株式7,800,000株の消却を行ったことにより、当第3四半期会計期間末日現
        在の自己    名義  所有  株式数   及び所有株式数の合計は、それぞれ1,067,500株となっており、発行済株式総数に対する
        所有株式数の割合は0.44%となっております。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。

                                  7/21







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】

                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        106,543               89,259
         現金及び預金
                                         7,626              5,960
         売掛金
                                         1,957              2,033
         完成工事未収入金
                                           389              287
         営業貸付金
                                           952             1,021
         販売用不動産
                                         2,571              6,658
         仕掛販売用不動産
                                           458             1,044
         未成工事支出金
                                         3,544              4,107
         前払費用
         その他                                 6,268              6,046
                                         △ 145             △ 143
         貸倒引当金
                                        130,167              116,276
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               42,705              41,477
                                        ※1 12,547             ※1 11,595
          機械装置及び運搬具(純額)
                                         63,638              49,347
          土地
          リース資産(純額)                               16,028              12,774
                                         5,208              3,061
          建設仮勘定
                                         3,215              6,617
          その他(純額)
                                        143,344              124,874
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,886              2,465
          のれん
                                         8,102              7,657
          その他
                                         10,988              10,122
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         17,999              17,212
          投資有価証券
                                         1,264              1,305
          固定化営業債権
                                         3,831              3,324
          長期前払費用
                                         26,639              28,078
          繰延税金資産
                                         4,483              4,858
          その他
                                        △ 2,023             △ 2,094
          貸倒引当金
                                         52,194              52,684
          投資その他の資産合計
                                        206,527              187,681
         固定資産合計
                                           440              355
       繰延資産
                                        337,134              304,313
       資産合計
                                  9/21





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         1,451               905
         電子記録債務
                                         4,245              3,545
         買掛金
                                         7,832              3,821
         工事未払金
                                         2,964              3,585
         短期借入金
                                         3,966              3,966
         1年内償還予定の社債
                                         5,960              5,476
         リース債務
                                         22,337              11,598
         未払金
                                           942              587
         未払法人税等
                                         39,964              34,181
         前受金
                                         4,592              5,175
         未成工事受入金
                                            -            4,707
         賞与引当金
                                           389              343
         完成工事補償引当金
                                         1,158              1,084
         保証履行引当金
                                            -            42,010
         補修工事関連損失引当金
                                         4,407              4,060
         その他
                                        100,212              125,050
         流動負債合計
       固定負債
                                         12,069               9,636
         社債
                                         16,643              19,006
         長期借入金
                                         12,226               9,453
         リース債務
                                         15,853              13,185
         長期前受金
                                         6,989              6,686
         長期預り敷金保証金
                                           10              17
         役員賞与引当金
                                         3,044              3,044
         空室損失引当金
                                         7,338              7,862
         退職給付に係る負債
                                         3,308              2,931
         その他
                                         77,483              71,823
         固定負債合計
                                        177,696              196,873
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         75,282              75,282
         資本金
         資本剰余金                                45,235              45,235
                                         37,839             △ 13,963
         利益剰余金
                                         △ 430             △ 655
         自己株式
                                        157,926              105,898
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           586              353
         その他有価証券評価差額金
         為替換算調整勘定                                  872              960
                                         △ 341             △ 218
         退職給付に係る調整累計額
                                         1,117              1,095
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   284              375
                                           109               69
       非支配株主持分
                                        159,438              107,439
       純資産合計
                                        337,134              304,313
      負債純資産合計
                                 10/21



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
     【四半期連結損益計算書】
     【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                        385,521              376,366
      売上高
                                        313,393              315,646
      売上原価
                                         72,127              60,720
      売上総利益
                                         53,363              54,217
      販売費及び一般管理費
                                         18,763               6,502
      営業利益
      営業外収益
                                           87              69
       受取利息
                                           153              164
       受取配当金
                                           148              141
       投資有価証券評価益
                                           143              119
       為替差益
                                           121              164
       その他
                                           653              659
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           580              570
       支払利息
                                           160              145
       社債発行費
                                           89              199
       その他
                                           831              915
       営業外費用合計
                                         18,585               6,246
      経常利益
      特別利益
                                           934              236
       固定資産売却益
                                           934              236
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              0
       固定資産売却損
                                           82              76
       固定資産除却損
                                        ※2 7,417             ※2 7,560
       減損損失
                                           66               -
       契約解除損失
                                            -            42,010
       補修工事関連損失引当金繰入額
                                            -            1,443
       補修工事関連損失
       特別損失合計                                  7,566              51,091
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         11,954             △ 44,608
      純損失(△)
                                         △ 922             △ 586
      法人税等
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   12,877             △ 44,021
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           13             △ 31
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         12,863             △ 43,989
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     【四半期連結包括利益計算書】
     【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   12,877             △ 44,021
      その他の包括利益
                                           477             △ 233
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,504                89
       為替換算調整勘定
                                           339              123
       退職給付に係る調整額
                                            1             △ 2
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 686              △ 22
       その他の包括利益合計
                                         12,190             △ 44,044
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         12,177             △ 44,012
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           13             △ 32
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/21














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (1)   連結の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間より、レオパレス信託株式会社は重要性が増したため、連結の範囲に含めておりま
        す。
       (2)   連結子会社の事業年度等に関する事項の変更

         従来、連結子会社のうち決算日が2月末日であった株式会社もりぞうは、同決算日現在の財務諸表を使用し、
        連結決算日との間に生じた重要な取引について必要な調整を行っておりましたが、第1四半期連結会計期間よ
        り、決算日を3月31日に変更しております。
         この変更に伴い、当第3四半期連結累計期間においては、平成30年3月1日から平成30年12月31日までの10か
        月間を連結し、連結損益計算書を通して調整しております。
     (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

      (税金費用の計算)
        税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用
       後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。ただし、当該
       見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効税率を使用する方法
       によっております        。
     (追加情報)

       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
       区分に表示しております。
       (重要な引当金の計上基準)

        補修工事関連損失引当金
         当社施工物件(アパート)の施工不備に係る補修工事費用及び付帯費用の発生に備えるため、不備の発生率等
        に基づき、損失負担見込額を計上しております。
                                 13/21









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (四半期連結貸借対照表関係)
      ※1 国庫補助金等の受入により有形固定資産の取得価額から控除した圧縮記帳累計額は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)                (平成30年12月31日)
       機械装置及び運搬具(純額)                               155百万円                155百万円
       2 保証債務

                                 前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)                (平成30年12月31日)
       住宅ローンを利用する顧客のための金融機関に
                                      589百万円                559百万円
       対する保証債務
       会員権ローンを利用する顧客のための金融機関
                                       3                3
       に対する保証債務
                  計                     593                563
       3 偶発債務

          当社が平成6年から平成7年にかけて施工した集合住宅2商品「ゴールドネイル、ニューゴールドネイル」
         (以下「ネイルシリーズ」という)において、確認通知図書と実際の施工内容に一部相違があったため、すべて
         の対象物件の調査を実施し、確認通知図書と相違があった物件については、施工者としての責任に鑑み、補修工
         事を実施していく旨を平成30年4月27日に公表いたしました。
          また、当社が平成8年から平成21年にかけて施工した集合住宅6商品「ゴールドレジデンス、ニューシルバー
         レジデンス、ニューゴールドレジデンス、スペシャルスチールレジデンス、ベタースチールレジデンス、コング
         ラツィア」(以下「6シリーズ」という)の一部において、建築基準法違反の疑いのある物件が発見されたた
         め、補修工事を実施していく旨を平成30年5月29日に公表いたしました。
          なお、上記の優先調査対象物件である「ネイルシリーズ」及び「6シリーズ」以外のシリーズについては、設
         計図書や施工マニュアル等に不備がないことを確認しておりますが、対象物件に不備が確認された場合には補修
         工事を行ってまいります。
          その後、全棟調査の過程で平成30年11月下旬において、平成8年から平成13年にかけて施工した集合住宅3商
         品「ゴールドレジデンス、ニューゴールドレジデンス、ヴィラアルタ」の一部において、界壁及び外壁の施工部
         材として設計図書で記載されたグラスウールではなく、発泡ウレタンが施工されているものがあること、また、
         「ゴールドレジデンス」の一部において、居室の床を構成する天井部の施工仕上げに不備があることが新たに確
         認されました。これらの不備が確認された物件は、国土交通省告示または国土交通大臣認定に定める仕様に適合
         しない仕様となっているため、国土交通省に報告を行うとともに、法定仕様に適合させるための補修工事を実施
         していく旨を平成31年2月7日に公表いたしました。
          現在、社長を本部長とした「界壁施工不備問題緊急対策本部」を設置し、当社施工物件の全棟調査を進めてお
         り、調査結果については、当社による判定後、第三者の一級建築士に最終判定を頂いた上で特定行政庁へ報告し
         ております。調査により不備が確認された物件については、入居者様、オーナー様との調整を進めながら、順次
         補修工事を実施しております。
          補修工事の進捗状況につきましては、ネイルシリーズは、当初のスケジュールでは平成31年1月末までの補修
         工事完了としておりましたが、平成31年1月28日時点の補修工事進捗率は32.5%と遅れが生じております。当初
         の想定よりも補修工事についての協議に時間を要しておりますが、人員計画や工程管理の見直しを図り、補修工
         事完了に向けて、引き続き全力を尽くしてまいります。6シリーズは平成31年10月末までの工事完了を目指して
         おり、優先調査対象物件以外のシリーズは、優先調査対象物件の調査完了の目処がたった後に調査を進めること
         としております。また、全棟調査の過程で新たな不備が確認された「ゴールドレジデンス、ニューゴールドレジ
         デンス、ヴィラアルタ」については、部材の製造リスト等に基づき対象範囲を特定しており、補修方法及び補修
         工事につきましては、オーナー様及び特定行政庁と協議の上決定し、進めてまいります。
          これらの事象により、今後の優先調査対象物件以外の物件における個別瑕疵の発生に予防的に備えるため、ま
         た、全棟調査の過程で新たな不備が確認されたことを受け、当社施工物件の不備に係る補修工事費用及び付帯費
         用(借上費用、入居者様の住替費用、外部調査費用)の発生に備えるため、その金額を合理的に見積り、当第3
         四半期連結会計期間末において、補修工事関連損失引当金を計上しております。
          なお、調査及び補修工事は、入居者様、オーナー様、関係行政機関との調整を図りながら進めていくため、今
         後、その進捗状況により発生することが見込まれる費用の中には、現時点で合理的に見積ることが困難なものが
         あります。
          したがって、第4四半期連結会計期間以降の調査及び補修工事の進捗状況によっては、追加で引当金を計上す
         ること等により、当社グループの連結業績に影響が生じる可能性があります。
                                 14/21



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (四半期連結損益計算書関係)
      1 業績の季節的変動
         前第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自
        平成30年4月1日 至平成30年12月31日)
         当社グループでは、開発事業においては賃貸入居需要が集中して発生する第4四半期に完成する建築請負契約が
        多く、賃貸事業においてはアパート完成に伴い管理戸数が増加することから、第4四半期連結会計期間の売上高が
        他の四半期連結会計期間と比較して多くなる傾向にあります。
     ※2 減損損失

        当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
                                                   減損損失(百万円)
            場所             用途                種類
                                                          568
                                   建物及び構築物
                   賃貸用資産(アパート等317棟)
                                                         6,730
                                   土地
        京都市南区ほか
                   賃貸用資産(アパート備え付け
                                                          118
                                   リース資産等
                   家具・電化製品等)
                            合計                             7,417
         当社グループは、国内の賃貸用資産等については個々の物件を単位として、海外の事業資産については管理会計
        上の区分を単位としてグルーピングを行っております。
         当第3四半期連結累計期間において、売却が決定した賃貸用資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
        少額を減損損失に計上いたしました。
        当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

                                                   減損損失(百万円)
            場所             用途                種類
                                                          938
                                   建物及び構築物
        神奈川県小田原市
                   賃貸用資産(アパート等113棟)
        ほか
                                                         6,621
                                   土地
                                                         7,560
                            合計
         当社グループは、国内の賃貸用資産等については個々の物件を単位として、海外の事業資産については管理会計
        上の区分を単位としてグルーピングを行っております。
         当第3四半期連結累計期間において、売却が決定した賃貸用資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
        少額を減損損失に計上いたしました。
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連
      結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は次のとおりで
      あります。
                          前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成29年12月31日)                   至 平成30年12月31日)
        減価償却費                          8,564百万円                   9,703百万円
        のれんの償却額                           386                   420
                                 15/21





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
      Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

        1.  配当金支払額
                              1株当たり

                        配当金の総額
          (決 議)
                  株式の種類              配当額       基準日        効力発生日        配当の原資
                        (百万円)
                                (円)
        平成29年6月29日
                          3,154       12
                  普通株式                   平成29年3月31日          平成29年6月30日          利益剰余金
        定時株主総会
        平成29年11月10日
                          2,521       10
                  普通株式                   平成29年9月30日          平成29年12月11日          利益剰余金
        取締役会
        2.  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

          日後となるもの
           該当事項はありません。
        3.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成29年5月15日開催の取締役会決議に基づき、自己株式10,761,400株を取得したため、当第3四
          半期連結累計期間において自己株式が7,999百万円増加いたしました。
           また、同日開催の取締役会決議に基づき、平成29年6月15日付で自己株式4,000,000株の消却を実施したた
          め、第1四半期連結会計期間において利益剰余金及び自己株式がそれぞれ3,068百万円減少いたしました。
           さらに、平成29年9月28日の取締役会決議に基づき、平成29年10月31日付で自己株式10,761,400株の消却を
          実施したため、当第3四半期連結会計期間において利益剰余金及び自己株式がそれぞれ8,159百万円減少いた
          しました。
           これらの結果、当第3四半期連結累計期間において利益剰余金が11,228百万円、自己株式が3,228百万円減
          少し、当第3四半期連結会計期間末において利益剰余金が35,882百万円、自己株式が432百万円となっており
          ます。
      Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

        1.配当金支払額
                              1株当たり

                        配当金の総額
          (決 議)        株式の種類                     基準日        効力発生日        配当の原資
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
        平成30年6月28日
                  普通株式        3,025       12   平成30年3月31日          平成30年6月29日          利益剰余金
        定時株主総会
        2.  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

          日後となるもの
           該当事項はありません。
        3.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成30年5月11日開催の取締役会決議に基づき、自己株式8,300,000株を取得したため、第2四半
          期連結累計期間において自己株式が5,012百万円増加いたしました。
           また、平成30年9月27日開催の取締役会決議に基づき、平成30年10月15日付で、自己株式7,800,000株の消
          却を実施したため、当第3四半期連結会計期間において利益剰余金及び自己株式がそれぞれ4,787百万円減少
          いたしました。
           これらの結果、当第3四半期連結累計期間において利益剰余金が4,787百万円減少、自己株式が225百万円増
          加し、   当第3四半期連結会計期間末において利益剰余金が                        △13,963    百万円、自己株式が         655  百万円となってお
          ります。
                                 16/21




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                 平成29年4月1日          至  平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額
                                                       損益計算書
                                     ホテルリゾート
                               シルバー
                                                        計上額
                                                  (注1)
                   賃貸事業      開発事業                    計
                                事業
                                     ・その他事業
                                                        (注2)
     売上高

                    324,990       46,590       9,547       4,392    385,521        -    385,521
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                       56      65       -     2,691     2,814    △ 2,814         -
      又は振替高
                    325,047       46,656       9,547       7,083    388,335     △ 2,814      385,521
           計
     セグメント利益又は損失(△)               22,758        888    △ 1,125       △ 572    21,948     △ 3,184      18,763
     (注)1.     セグメント利益又は損失(△)の調整額△3,184百万円には、セグメント間取引消去△190百万円、各報告セグメ
         ントに配分していない全社費用△2,993百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属
         しない管理部門に係る一般管理費であります                     。
        2.  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております                                          。
     2.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
        「賃貸事業」セグメントにおいて、売却が決定した賃貸用資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少
       額を減損損失(7,417百万円)として特別損失に計上しております。
      (のれんの金額の重要な変動)
        当第3四半期連結会計期間において新たに株式を取得したエンプラス株式会社を連結子会社としたことにより、
       「賃貸事業」セグメントにおいて、のれん190百万円を計上しております。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 平成30年4月1日          至  平成30年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額
                                                       損益計算書
                                     ホテルリゾート
                               シルバー
                                                        計上額
                                                  (注1)
                   賃貸事業      開発事業                    計
                                事業
                                     ・その他事業
                                                        (注2)
     売上高

                    323,351       38,252      10,436       4,325    376,366        -    376,366
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                      161       0      -     2,780     2,943    △ 2,943         -
      又は振替高
                    323,513       38,253      10,436       7,106    379,309     △ 2,943      376,366
           計
     セグメント利益又は損失(△)               14,313      △ 2,619      △ 707     △ 1,045     9,941    △ 3,438       6,502
     (注)1.     セグメント利益又は損失(△)の調整額△3,438百万円には、セグメント間取引消去△120百万円、各報告セグメ
         ントに配分していない全社費用△3,317百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属
         しない管理部門に係る一般管理費であります                     。
        2.  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております                                          。
     2.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

        「賃貸事業」セグメントにおいて、売却が決定した賃貸用資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少
       額を減損損失(7,560百万円)として特別損失に計上しております。
                                 17/21



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及
      び算定上の基礎は、以下のとおりであります                     。
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                   至   平成29年12月31日)            至   平成30年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失
                                         50円15銭            △177円85銭
       (△)
      (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に
                                          12,863             △43,989
        帰属する四半期純損失(△)(百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又
                                          12,863             △43,989
        は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万
        円)
                                          256,492              247,343
        普通株式の期中平均株式数(千株)
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                    50円10銭                 -

      (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                     -              -
        普通株式増加数(千株)                                    274              -
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四
     半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計                                 ――――              ――――
     年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1
        株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 18/21










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     2【その他】
       該当事項はありません。

                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社レオパレス21(E03943)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月8日

     株式会社レオパレス21
      取締役会 御中

                              太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                                 桐川      聡      印
                                         公認会計士
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                                 中野 秀俊          印
                                         公認会計士
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社レオパ

     レス21の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日か
     ら平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社レオパレス21及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                   含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。