株式会社ワコールホールディングス 四半期報告書 第71期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第71期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ワコールホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第71期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社ワコールホールディングス
      【英訳名】                    WACOAL    HOLDINGS     CORP.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  安原 弘展
      【本店の所在の場所】                    京都市南区吉祥院中島町29番地
      【電話番号】                    京都(075)682局1007番
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  北川 真一
      【最寄りの連絡場所】                    京都市南区吉祥院中島町29番地
      【電話番号】                    京都(075)682局1007番
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  北川 真一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/40













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第70期           第71期
               回次               第3四半期           第3四半期            第70期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                                 148,416           147,247           195,725
     売上高
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 46,440   )        ( 45,432   )
                     (百万円)             12,246           11,174           11,494
     営業利益
     当社株主に帰属する四半期(当
                                  9,868           4,342           9,745
     期)純利益(△純損失)
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 2,431   )       (△  7,049   )
                     (百万円)             19,849            3,565           16,448
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)            235,975           224,917           232,712

     株主資本
                     (百万円)            301,982           291,224           298,534

     総資産額
     1株当たり当社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益(△純損                            144.88            65.33           143.46
                      (円)
     失)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 35.89   )       (△  107.36   )
     希薄化後1株当たり当社株主に
                      (円)            144.40            65.09           142.98
     帰属する四半期(当期)純利益
                      (%)             78.1           77.2           78.0
     株主資本比率
     営業活動による
                     (百万円)             13,923           13,325           15,493
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)            △ 4,652          △ 3,477          △ 7,362
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)            △ 11,967          △ 10,754          △ 12,303
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             31,663           28,767           29,487
     (期末)残高
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.上記の連結経営指標は米国会計原則に基づく金額であります。なお、経常利益に代えて営業利益を記載して
           おります。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         4.当社は、2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度
           の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当社株主に帰属する四半期(当期)純利益及び希薄
           化後1株当たり当社株主に帰属する四半期(当期)純利益を算定しております。
         5.「期間年金費用及び期間退職後給付費用の表示に関する規定」(ASU2017-07)を当第1四半期連結会計期間
           の期首から適用しております。これに伴い、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経
           営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/40



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに認識した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況
         当社グループは、現在の中期(3カ年)経営計画の最終年度となる当期において、事業効率を高める基盤整備の
        完了とともに、成長が期待できる領域への投資を進めております。国内事業では、卸売事業の組織再編による連携
        強化と生産性向上、小売事業の収益性改善に努めております。また、オムニチャネルサービスのオペレーション基
        盤の構築を完了し、部分的な運用を開始しました。海外事業では、自社ECの展開国拡大、他社ECにおける通常価格
        での販売強化と並行して、百貨店、直営店でのサービス向上を進めております。中国・ASEANの生産拠点では、品
        質・コストともに競争優位性の高い無縫製商品や材料を供給する体制整備に取り組んでおります。
         当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日~2018年12月31日)における連結売上高は、前年同期に比べ1%の
        減少となりました。国内事業は主力アイテムのブラジャーが10月以降好調な売れ行きを示したものの、パジャマや
        マタニティインナー、メンズインナー等の苦戦や、夏場の店頭販売の落ち込みが影響し減収となりました。海外事
        業は中国での成長を背景に増収となりましたが、米国、英国における一部百貨店の経営悪化による在庫調整の影響
        もあり伸び率が鈍化しました。ピーチ・ジョン事業は減収、その他は七彩の工事事業がけん引し増収となりまし
        た。
         連結営業利益は、前年同期に比べ9%減少しました。国内事業は事業効率の向上に伴い売上利益率が改善し、実
        質的には増益を果たしましたが、前年同期に子会社工場用地の退去に伴う補償金収入によって、一時的な利益計上
        があった反動から減益となりました。海外事業は増収に伴って増益となりました。ピーチ・ジョン事業、その他は
        ともに営業損失となりました。
         連結税引前四半期純利益は、前年同期に比べ62%の減少となりました。これは営業減益に加えて、会計方針の変
        更に伴った、持分証券の評価損(79億12百万円)の計上に因るものです。
         なお、当第3四半期連結累計期間の主要な為替換算レートは、1米ドル=111.14円、1英ポンド=146.34円、1
        中国元=16.85円です。
                                          (前年同期比          0.8%減)
           ・売上高                       1,472億47百万円
                                          (前年同期比          8.8%減)
           ・営業利益                        111億74百万円
                                          (前年同期比         61.7%減)
           ・税引前四半期純利益                         56億81百万円
                                          (前年同期比         56.0%減)
           ・当社株主に帰属する四半期純利益                         43億42百万円
         オペレーティング・セグメントの実績を示すと次のとおりであります。

        ① ワコール事業(国内)
          ㈱ワコールでは、卸売事業の連携強化と生産性の向上をねらいに、従前のワコールブランド事業本部、チェー
         ンストア事業本部、ウエルネス事業部を、当期から「卸売事業本部」に再編し、小売事業者向けの営業を一元化
         しております。
          卸売事業本部の売上高は、前年同期に比べ3%減少しました。主力アイテムのブラジャーの店頭販売額は、
         「ワコール」「ウイング」ブランドともに10月以降好調に推移した結果、2%の増加となりました。しかしなが
         ら、「ワコール」ブランドで展開するパジャマをはじめとするナイトウェア、マタニティやジュニア向けのイン
         ナーが百貨店で苦戦したほか、メンズインナーや「CW-X(シーダブリュ-エックス)」ブランドも主力の流通 
         チャネルで振るわず売上減少が続く結果となりました。
          小売事業本部の売上高は、前年同期に比べ1%の増加となりました。ワイヤレスブラジャー「BRAGENIC(ブラ
         ジェニック)」が、引き続き大きく伸長し全体をけん引しました。反面で、収益性改善の一環としてセール販売
         の規模を縮小したことや、夏場の自然災害による営業日数減少などが影響しました。
          ㈱Ai(アイ)の売上高は、主力の水着事業が最需要期である夏場に苦戦した影響が大きく、前年同期に比べ
         20%の減少となりました。
          以上の結果などから、当該セグメントの売上高は前年同期に比べ3%の減少となりました。
          営業利益は、前年同期に比べ6%の減少となりました。卸売事業、小売事業を中心に経営効率を高める取り組
         みを進めた結果、㈱ワコールは売上利益率が改善し増益となりました。しかしながら、前年同期には子会社工場
         用地の退去に伴う補償金収入を計上した一時的な増益影響があったことから、前年同期を下回りました。
                                  3/40


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
                                          (前年同期比            2.9%減)
           ・売上高                        865億81百万円
                                          (前年同期比            5.5%減)
           ・営業利益                         72億14百万円
        ② ワコール事業(海外)

          ワコールインターナショナル(米国)の現地通貨ベースの売上高は、前年同期に比べ4%減少しました。EC
         販売は7%増加しました。一方で、百貨店(実店舗)の店頭販売額は7%の減少と苦戦しました。また、一部百
         貨店の経営破綻による閉店や、前年同期に取り扱い百貨店の店舗数の増加に伴う初回納品の上乗せがあった反動
         も影響しました。
          現地通貨ベースの営業利益は、減収の影響やセール販売比率の増加によって売上利益率が低下したほか、EC
         強化に向けた広告費も増加したことから、前年同期に比べ21%の減少となりました。
          ワコールヨーロッパの現地通貨ベース(英ポンド)の売上高は、前年同期並みとなりました。主力の英国で
         は一部百貨店の経営悪化を受けて10月以降の受注が鈍化したことから2%の増加にとどまりました。ブランド別
         にワコールインターナショナル(米国)と販売体制を棲み分ける米国では、EC販売が好調に推移したほか、有力
         百貨店における販促策が奏功し6%の増加となりました。他方、フランスで売上が大きく落ち込んだことや、不
         採算の直営店閉鎖を進めたことが売上の減少に影響しました。豊満体型女性向けブランド「elomi(エロミ)」
         は下着・水着合わせて17%の高い成長性を維持しております。
          現地通貨ベースの営業利益は、セール販売の縮小に向けた取り組みや英国での希望小売価格の見直しなどに
         よる売上利益率改善が寄与し、前年同期に比べ26%の増加となりました。
          中国ワコールの現地通貨ベースの売上高は、前年同期に比べ9%増加しました。春節、婦人節、七夕節など
         の需要期の販促強化が奏功し購買客数が増加した結果、百貨店の店頭販売額は2%増加しました。また、他社EC
         を通じた売上高は広告の追加投入や物流体制の増強と合わせて、需要期の販売強化を図ったことにより47%伸長
         しました。
          現地通貨ベースの営業利益は、前年同期に比べ22%の増加となりました。販売強化に向けた広告宣伝費や人
         件費は増加したものの、増収効果やEC販売比率の拡大による売上利益率の改善が寄与しました。
          以上の結果、邦貨換算後の当該セグメントの売上高、営業利益は、ともに前年同期を上回りました。
                                          (前年同期比            1.5%増)
           ・売上高                        399億24百万円
                                          (前年同期比            4.4%増)
           ・営業利益                         41億6百万円
        ③ ピーチ・ジョン事業

          当該セグメントの売上高は、前年同期に比べ1%減少しました。国内の売上高は自社ECを通した通販事業では
         前年同期並みに推移したものの、店舗事業では話題性や顧客サービスでの魅力が不足したことなどから入店客数
         が減少し、第3四半期連結累計期間の9カ月連続で前年同月実績を下回る結果となりました。一方、イベントや
         ブログを活かしたブランド認知の拡大が進む台湾の売上高は、店舗、自社ECともに好調に推移しており前年同期
         比44%の増加となりました。
          営業利益は、競合の攻勢による中国事業の伸び率鈍化と、国内における減収の影響に加えて、店舗事業再生に
         向けた人材確保や処遇見直しに関わる人件費の増加、本社オフィス移転に伴う一時的な費用の発生を受けて、営
         業損失となりました。
           ・売上高                         80億12百万円       (前年同期比            1.1%減)
           ・営業損失                           29百万円     (前年同期は営業利益 5億12百万円)
        ④ その他

          ルシアンの売上高は、前年同期に比べ10%の減少となりました。主力のインナーウェア事業が大手量販店PBの
         採用品番数の縮小などにより前年同期に比べ13%減少したほか、マテリアル事業、アート・ホビー事業、アパレ
         ル事業ともに振るわず前年同期を2桁下回りました。
          七彩の売上高は、前年同期に比べ27%の増加となりました。大手百貨店の本店改装のほか、新規の内装工事受
         注の拡大などによって、工事事業は前年同期に比べ43%増加、物販事業は22%増加しました。
          以上の結果から、当該セグメントの売上高は前年同期に比べ8%の増加となりました。
          営業利益は、七彩が増収効果で増益となりましたが、ルシアンの営業赤字額を補うには至らず、当該セグメン
         ト合算では営業損失となりました。
                                          (前年同期比            7.9%増)
           ・売上高                        127億30百万円
           ・営業損失                         1億17百万円       (前年同期は営業利益 1億68百万円)
                                  4/40


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は、時価下落による投資の減少や売掛債権の減少などにより、前連
        結会計年度末に比して73億10百万円減少し、2,912億24百万円となりました。
         負債の部は、買掛債務の減少や繰延税金負債の減少があったものの返金負債の計上などにより、前連結会計年度
        末に比して4億86百万円増加し、615億23百万円となりました。
         株主資本は、当社株主に帰属する四半期純利益を計上した一方、配当金の支払や自己株式の取得などにより、前
        連結会計年度末に比して77億95百万円減少し、2,249億17百万円となりました。
         以上の結果により、当第3四半期連結会計期間末における株主資本比率は、前連結会計年度末に比して0.8%減
        少し、77.2%となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比して7億20百万円減少し、
        287億67百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第3四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、                                    四半期純利益44億96百万円に減価償
        却費や繰延税金などによる調整を加えた金額に対して、資産及び負債の増減などによる調整を行った結果、133億
        25百万円の収入(前年同期に比し5億98百万円の収入減)となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第3四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、持分証券の売却などによる収入が
        あったものの、       定期預金の増加や有形及び無形固定資産の取得などにより、34億77百万円の支出(前年同期に比し
        11億75百万円の支出減)となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第3四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、                                    配当金の支払や自己株式の取得など
        により、107億54百万円の支出(前年同期に比し12億13百万円の支出減)となりました。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた対処すべき課題はありません。
       (5)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発費の金額は、5億57百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
         ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          250,000,000

                  計                               250,000,000

         ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類                              又は登録認可金融商品                内容
               現在発行数(株)
                           (2019年2月12日)
                                      取引業協会名
               (2018年12月31日)
                                                 株主としての権利内容
                                                 に制限のない、標準と
                                      東京証券取引所
       普通株式            70,689,042            70,689,042                  なる株式であり、単元
                                      市場第一部
                                                 株式数は100株でありま
                                                 す。
         計           70,689,042            70,689,042           -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

         ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
         ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                       -     70,689         -     13,260         -     29,294
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認ができないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
         ①【発行済株式】

                                                   2018年9月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -            -            -

      議決権制限株式(その他)                       -            -            -

                                                 株主としての権利内容
                        (自己保有株式)                         に制限のない、標準と
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                 -        なる株式であり、単元
                              4,410,100                   株式数は     100  株であり
                                                 ます。
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                        66,133,100              661,331          同上
                         普通株式

      単元未満株式                                    -            同上
                               145,842
      発行済株式総数                        70,689,042            -            -
      総株主の議決権                       -              661,331          -

      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。また、「議
         決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数2個が含まれております。
         ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                           自己名義        他人名義        所有株式数

                                                   発行済株式総数に
       所有者の氏名
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
                           所有株式数        所有株式数          の合計
        又は名称
                                                    の割合(%)
                            (株)        (株)         (株)
     (自己保有株式)
               京都市南区吉祥院
     株式会社ワコール                      4,410,100            -      4,410,100           6.24
               中島町29番地
     ホールディングス
                           4,410,100                 4,410,100
         計          -                    -                 6.24
      (注) 当第3四半期会計期間末の自己保有株式数は、5,522,453株であります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/40






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)附則第4条の規定により、米国において一般に認められている会計基準による用語、様式及び作成方
        法に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から
        2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                  8/40

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間

                              (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
                                       構成比                 構成比

           区分         注記番号
                             金額(百万円)                 金額(百万円)
                                       (%)                 (%)
         (資産の部)
     Ⅰ 流動資産
      1 現金及び現金同等物                             29,487                 28,767
      2 定期預金                             4,296                 5,704
                    (注記2-
      3 有価証券                             1,567                  559
                    A,M,N)
      4 売掛債権                             25,873                 21,442
      5 返品調整引当金及び               (注記
                                  △2,459                  △205
        貸倒引当金               1-E)
                     (注記
      6 たな卸資産                             42,676                 43,395
                     2-B)
                     (注記
      7 返品資産                               -                1,474
                     1-E)
                    (注記2-
                                   4,372                 5,693
      8 その他の流動資産
                     N,O)
        流動資産合計                                 35.4                 36.7
                                  105,812                 106,829
     Ⅱ 有形固定資産
                     (注記
      1 土地                             21,561                 21,552
                     2-E)
                     (注記
      2 建物及び構築物                             73,618                 73,850
                     2-E)
      3 機械装置・車両運搬具
                                   18,268                 18,930
        及び工具器具備品
                                    254                 396
      4 建設仮勘定
                                  113,701                 114,728
                                  △59,368                 △61,254
      5 減価償却累計額
        有形固定資産合計                                 18.2                 18.4
                                   54,333                 53,474
     Ⅲ その他の資産
                     (注記
      1 関連会社投資                             22,512                 22,461
                     2-C)
                    (注記2-
      2 投資                             69,318                 61,603
                    A,M,N)
                    (注記2-
      3 のれん                             16,594                 15,918
                     D,N)
                     (注記
      4 その他の無形固定資産                             12,859                 13,326
                     2-D)
      5 前払年金費用                             10,178                 10,566
      6 繰延税金資産                             1,194                 1,260
                                   5,734                 5,787
      7 その他
        その他の資産合計                           138,389      46.4           130,921      44.9
        資産合計                           298,534      100.0            291,224      100.0
                                  9/40





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
                                       構成比                 構成比
           区分         注記番号
                            金額(百万円)                 金額(百万円)
                                       (%)                 (%)
         (負債の部)
     Ⅰ 流動負債
      1 短期借入金                             7,104                 8,197
      2 買掛債務
         支払手形                    1,174                 1,493
         買掛金                    11,393                 10,298
                             7,053                 5,065
         未払金                          19,620                 16,856
      3 未払給料及び賞与                             7,213                 5,562
      4 未払税金                             1,979                 2,226
                     (注記
      5 返金負債                               -                4,021
                     1-E)
                    (注記2-
                                   3,716                 5,475
      6 その他の流動負債              E,I,N,
                      O)
        流動負債合計                                 13.3                 14.5
                                   39,632                 42,337
     Ⅱ 固定負債
      1 退職給付に係る負債                             1,852                 1,803
      2 繰延税金負債                             17,231                 15,166
                    (注記2-
                                   2,322                 2,217
      3 その他の固定負債
                     E,M)
        固定負債合計                           21,405      7.1           19,186      6.6
        負債合計                                 20.4                 21.1
                                   61,037                 61,523
        契約債務及び偶発債務
         (資本の部)
     Ⅰ 資本金                             13,260                 13,260
       会社が発行する株式の総数
             (普通株式)
          2018年3月31日現在
             250,000,000株
          2018年12月31日現在
             250,000,000株
       発行済株式総数
          2018年3月31日現在
             71,689,042株
          2018年12月31日現在
             70,689,042株
                     (注記
     Ⅱ 資本剰余金                             29,765                 29,811
                     2-K)
     Ⅲ 利益剰余金                             172,418                 197,152
                     (注記
     Ⅳ その他の包括損益累計額
                     2-H)
        為替換算調整勘定                     2,274                 1,409
        未実現有価証券評価損益                     27,424                    -
                            △1,101                 △1,099
        年金債務調整勘定                           28,597                   310
     Ⅴ 自己株式                            △11,328                 △15,616
        自己株式の数(普通株式)
          2018年3月31日現在
              4,322,121株
          2018年12月31日現在
              5,522,453株
                     (注記
       株主資本合計                                  78.0                 77.2
                                  232,712                 224,917
                     2-G)
                     (注記
                                   4,785                 4,784
     Ⅵ 非支配持分                                    1.6                 1.7
                     2-G)
       資本合計                           237,497      79.6           229,701      78.9
       負債及び資本合計                           298,534      100.0            291,224      100.0
                                 10/40


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                                         百分比                百分比
             区分           注記番号
                               金額(百万円)                金額(百万円)
                                         (%)                (%)
                        (注記
     Ⅰ 売上高                              148,416      100.0          147,247      100.0
                        2-I)
     Ⅱ 営業費用
                       (注記2-
        売上原価                      68,341                67,066
                        F,J)
                       (注記2-
        販売費及び一般管理費                      68,537                69,007
                       F,J,K)
                               △708     136,170             -   136,073
        補償金収入                                  91.7                92.4
        営業利益                                  8.3                7.6
                                    12,246                11,174
     Ⅲ その他の収益・費用(△)
        受取利息                        135                200
        支払利息                       △10                △10
        受取配当金                       1,267                1,365
                        (注記
        有価証券・投資売却及び
                                203                140
                        2-A)
        交換損益(純額)
        有価証券・投資評価損益                (注記
                                 ▶             △7,912
        (純額)               2-A)
                       (注記2-
                                988     2,587           724    △5,493
        その他の損益(純額)                                  1.7               △3.7
                        F,O)
       税引前四半期純利益                                   10.0                 3.9
                                    14,833                 5,681
                                     5,746                1,980
       法人税等                                   3.9                1.4
       持分法による投資損益
                                          6.1                2.5
                                     9,087                3,701
       調整前四半期純利益
                        (注記
                                      826                795
       持分法による投資損益                                   0.6                0.5
                        2-C)
       四半期純利益                                   6.7                3.0
                                     9,913                4,496
                                     △45               △154
       非支配持分帰属損益                                  △0.1                △0.1
       当社株主に帰属する
                                     9,868      6.6          4,342      2.9
       四半期純利益
                        (注記

      普通株式1株当たり情報
                        2-L)
      当社株主に帰属する四半期純利益
       基本的                            144.88円                 65.33円
       希薄化後                            144.40円                 65.09円
     (注) 2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首に当該
         株式併合が行われたと仮定し、普通株式1株当たり情報を算定しております。
                                 11/40






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                              前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                                         百分比                百分比
             区分           注記番号
                               金額(百万円)                金額(百万円)
                                         (%)                (%)
                        (注記
     Ⅰ 売上高                               46,440     100.0           45,432     100.0
                        2-I)
     Ⅱ 営業費用
                       (注記2-
        売上原価                      21,274                20,736
                        F,J)
                       (注記2-
                               22,431      43,705          22,516      43,252
        販売費及び一般管理費                                  94.1                95.2
                       F,J,K)
        営業利益                                  5.9                4.8
                                     2,735                2,180
     Ⅲ その他の収益・費用(△)
        受取利息                        46                75
        支払利息                        △0                △0
        受取配当金                        495                554
                        (注記
        有価証券・投資売却及び
                                159                -
                        2-A)
        交換損益(純額)
        有価証券・投資評価損益                (注記
                                 2            △13,572
        (純額)               2-A)
                       (注記2-
                                391     1,093           133   △12,810
        その他の損益(純額)                                  2.3              △28.2
                        F,O)
       税引前四半期純利益(△純損失)                                   8.2              △23.4
                                     3,828              △10,630
                                     1,773               △3,205
       法人税等                                   3.8               △7.1
       持分法による投資損益
                                          4.4              △16.3
                                     2,055               △7,425
       調整前四半期純利益(△純損失)
                        (注記
                                      397                449
       持分法による投資損益                                   0.9                0.9
                        2-C)
       四半期純利益(△純損失)                                   5.3              △15.4
                                     2,452               △6,976
                                     △21                △73
       非支配持分帰属損益                                  △0.1                △0.1
       当社株主に帰属する
                                     2,431      5.2         △7,049     △15.5
       四半期純利益(△純損失)
                        (注記

      普通株式1株当たり情報
                        2-L)
      当社株主に帰属する四半期純利益
      (△純損失)
       基本的                            35.89円              △107.36円
       希薄化後                            35.77円              △107.36円
     (注) 2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首に当該
         株式併合が行われたと仮定し、普通株式1株当たり情報を算定しております。
                                 12/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結包括損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
              区分            注記番号
                                   金額(百万円)               金額(百万円)
                                           9,913              4,496
     Ⅰ 四半期純利益
                          (注記2-
     Ⅱ その他の包括損益(税引後)
                           G,H)
        為替換算調整勘定
         四半期発生額                                  2,485              △829
        未実現有価証券評価損益
                                                   △7
         四半期発生額                           7,737
                                   △139               △97
         再組替調整額                                  7,598              △104
        年金債務調整勘定
                                           △147                 2
         再組替調整額
       その他の包括損益合計                                    9,936              △931
       四半期包括損益合計
                                          19,849               3,565
       非支配持分帰属四半期包括損益                                    △100              △190
       当社株主に帰属する四半期包括損益                                   19,749               3,375
         【第3四半期連結会計期間】

                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
              区分            注記番号
                                   金額(百万円)               金額(百万円)
                                                        △6,976
                                           2,452
     Ⅰ 四半期純利益(△純損失)
                           (注記
     Ⅱ その他の包括損益(税引後)
                           2-H)
        為替換算調整勘定
                                                        △1,218
         四半期発生額                                   832
        未実現有価証券評価損益
         四半期発生額                           4,044                -
         再組替調整額                           △109       3,935         -       -
        年金債務調整勘定
                                           △21                0
         再組替調整額
       その他の包括損益合計                                    4,746             △1,218
       四半期包括損益合計
                                           7,198             △8,194
                                           △91              △190
       非支配持分帰属四半期包括損益
       当社株主に帰属する四半期包括損益                                    7,107             △8,384
                                 13/40






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
       (4)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                   前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                    (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
                区分              注記番号
                                      金額(百万円)             金額(百万円)
     Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
      1 四半期純利益                                      9,913             4,496
      2 営業活動によるキャッシュ・フローへの調整
       (1)減価償却費                               4,033             4,141
       (2)  返品調整引当金及び貸倒引当金(純額)
                                       349           △2,282
       (3)繰延税金                                762           △2,199
       (4)固定資産除売却損益(純額)                                 67            △96
       (5)補償金収入                               △708              -
                               (注記
       (6)有価証券・投資売却及び交換損益(純額)                               △203             △140
                               2-A)
                               (注記
       (7)有価証券・投資評価損益(純額)                                △4            7,912
                               2-A)
       (8)持分法による投資損益(受取配当金控除後)                               △330             △290
       (9)資産及び負債の増減
          売掛債権の減少                             2,867             4,372
          たな卸資産の増加                             △434             △962
          返品資産の増加                              -          △1,474
          その他の流動資産等の増加                             △368            △1,351
          買掛債務の減少                            △1,894             △2,717
          返金負債の増加                              -           4,022
          退職給付に係る負債の減少                             △615             △437
          その他の負債等の増加                              450             284
                                        38     4,010        46     8,829
      (10)その他
        営業活動によるキャッシュ・フロー
                                            13,923             13,325
     Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
      1 定期預金の増加                                     △4,158             △4,327
      2 定期預金の減少                                      3,026             3,079
      3 持分証券の売却及び償還収入                                        394            1,610
      4 持分証券の取得                                       △17            △117
      5 負債証券の償還収入                                        460             677
      6 負債証券の取得                                     △1,385              △567
      7 補償金収入                                        708             -
      8 有形固定資産の売却収入                                        161             265
      9 有形固定資産の取得                                     △2,422             △1,878
                               (注記
      10 無形固定資産の取得                                     △1,450             △2,252
                               2-D)
                                              31             33
      11 その他
        投資活動によるキャッシュ・フロー                                    △4,652             △3,477
     Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
      1 短期借入金(3ヶ月以内)の増減(純額)                                      △431             1,205
      2 長期債務の返済                                       △35             △38
                               (注記
      3 自己株式の取得                                     △4,007             △6,919
                               2-G)
                               (注記
      4 当社株主への配当金支払額                                     △7,386             △4,811
                               2-G)
                               (注記
      5 非支配持分への配当金支払額                                      △194             △191
                               2-G)
                               (注記
                                              86             -
      6 その他
                               2-G)
        財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △11,967             △10,754
                                              364             186
     Ⅳ 為替変動による現金及び現金同等物への影響額
     Ⅴ 現金及び現金同等物の増減額
                                            △2,332              △720
                                            33,995             29,487
     Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
     Ⅶ 現金及び現金同等物の四半期末残高                                       31,663             28,767
                                 14/40




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        補足情報
                                   前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                    至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
                区分              注記番号

                                     金額(百万円)             金額(百万円)
     現金支払額
      利息                                        11             11
      法人税等                                      5,424             4,708
     現金支出を伴わない投資活動
      固定資産の取得価額                                       562             519
                                 15/40

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
       四半期連結財務諸表に関する注記
     1 四半期連結会計方針
      A 四半期連結財務諸表作成の基準
       (1)四半期連結財務諸表は、米国預託証券の発行に関して要請された、米国において一般に公正妥当と認められる会
        計基準による用語、様式及び作成方法(以下「米国会計原則」という)に準拠して作成しております。したがって
        我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準による用語、様式及び作成方法(以下「日本における会計原
        則」という)に準拠して作成する場合とはその内容が異なっております。なお、当社は、2013年4月25日に米国証
        券取引委員会への登録廃止申請を行い、2013年7月24日に登録廃止となっております。
       (2)会計基準上の主要な相違の内容

        イ 有価証券及び投資
          「日本における会計原則」では、有価証券及び投資は「金融商品に関する会計基準」を適用しておりますが、
         「米国会計原則」では、米国財務会計基準審議会会計基準書320「投資-負債証券」及び米国財務会計基準審議
         会会計基準書321「投資-持分証券」の規定に準拠しております。有価証券及び投資は、「負債証券」及び「持
         分証券」に分類し、負債証券については、さらに「売却可能有価証券」及び「満期保有目的有価証券」に分類し
         ております。「売却可能有価証券」は、公正価値により測定し未実現の保有損益は実現するまで資本の部のその
         他の包括損益累計額に区分表示しております。「満期保有目的有価証券」は、償却原価により測定し満期まで保
         有する意思のある有価証券を分類しております。売却損益は移動平均法による取得原価に基づいて算出しており
         ます。
          負債証券の下落が一時的であるかどうかを下落の期間や程度、発行体の財政状態や業績の見通し及び公正価値
         の回復が予想される十分な期間にわたって保有する意思等をもとに判断し、一時的でないと判断された場合に
         は、帳簿価額と公正価値の差を評価損として認識しております。
          また、持分証券については、公正価値により測定し未実現の保有損益は純損益に計上しております。
        ロ 土地等圧縮記帳
          「日本における会計原則」では、買換資産等について直接減額の方法により圧縮記帳しておりますが、「米国
         会計原則」では圧縮記帳した額は土地等の取得価額に加算し、かつ税効果調整後、利益剰余金に計上しておりま
         す。
        ハ のれん及びその他の無形固定資産
          「米国会計原則」では、取得価額が取得した事業の純資産価額を超える部分については、のれんとして計上し
         ております。耐用年数が確定できないのれん及びその他の無形固定資産については、少なくとも1年に一回、あ
         るいは減損の判定が必要となる兆候が発生した場合に減損の判定を行っております。のれんは主にそれが含まれ
         る事業が属するオペレーティング・セグメント等の報告単位に配分され、減損の判定が行われます。減損の判定
         に際しては、報告単位の帳簿価額を公正価値と比較しております。のれんが減損していると判断した場合には、
         帳簿価額が公正価値を上回る金額について減損損失として認識しております。
          また、耐用年数が確定できないその他の無形固定資産の減損の判定に際しては、その帳簿価額を公正価値と比
         較しております。その他の無形固定資産が減損していると判断した場合には、帳簿価額が公正価値を上回る金額
         について減損損失として認識しております。
          耐用年数が見積り可能なその他の無形固定資産は、主にブランド及びソフトウェアから構成されており、見積
         耐用年数にわたり定額法により償却を行っております。
          見積耐用年数は次のとおりであります。
            ブランド                           20年~25年(主として25年)
            ソフトウェア                           5年
        ニ 未使用有給休暇
          「米国会計原則」では、米国財務会計基準審議会会計基準書710「報酬」の規定に準拠して、従業員の期末現
         在における未使用有給休暇に対応する人件費負担相当額を未払給料及び賞与に計上しております。
        ホ 退職給付に係る負債
          「日本における会計原則」では、「退職給付に関する会計基準」を適用しておりますが、「米国会計原則」で
         は、米国財務会計基準審議会会計基準書715「報酬-退職給付」に規定する金額を計上しております。なお、数
         理差異については、平均残存勤務年数で定率償却しており、過去勤務債務については、平均残存勤務年数で定額
         償却しております。
        ヘ 新株予約権付社債
          新株予約権付社債は、新株予約権が社債と分離可能であるため、米国財務会計基準審議会会計基準書470「負
         債」の規定に基づいて新株予約権の公正価値を社債から減額して税効果調整後の金額を資本剰余金に計上してお
         ります。
                                 16/40


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        ト 新株発行費用
          「日本における会計原則」では、新株発行費用は発行時に全額費用処理しておりますが、「米国会計原則」で
         は、新株発行費用は資本取引により発生する費用とみなされ株式払込剰余金の控除項目とされているため、税効
         果調整後、資本剰余金から控除しております。
        チ 社債発行費用
          「日本における会計原則」では、転換社債発行費用は発行時に全額費用処理しておりますが、「米国会計原
         則」では株式に転換した部分に対応する未償却残高を税効果調整後、資本剰余金から控除しております。
        リ 企業結合
          「米国会計原則」では、米国財務会計基準審議会会計基準書805「企業結合」の規定に準拠して、取得法によ
         り会計処理を行っております。取得日において、識別可能な無形資産を含む取得資産と引受負債の公正価値を見
         積り、取得価額を配分しております。取得価額のうち、取得した純資産の公正価値を超過した部分については、
         のれんとして計上しております。
       (3)その他の主要な相違の内容

        イ 「日本における会計原則」では、特別損益として表示される固定資産除売却損益等及び固定資産減損損失のう
         ち、通常の営業活動のために使用している固定資産から発生するものは、四半期連結財務諸表上は営業費用とし
         て表示し、投資有価証券売却損益等は、その他の収益・費用に表示しております。
        ロ 四半期連結損益計算書の下段に普通株式1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益を表示しております。
      B 連結の範囲

        連結子会社の数は、2018年3月期及び当第3四半期において、いずれも57社であり、当第3四半期連結累計期間に
       おける連結子会社の範囲に変更はありません。
      C 持分法の適用

        持分法適用の関連会社の数は、2018年3月期及び当第3四半期において、いずれも8社であり、当第3四半期連結
       累計期間における持分法適用関連会社の範囲に変更はありません。
      D 子会社の事業年度

        WACOAL     HONG   KONG   CO.,LTD.等在外子会社11社の第3四半期決算日は9月30日であります。これらの子会社につい
       ては、当該四半期決算日の四半期財務諸表を用いて四半期連結財務諸表を作成しております。
        これらの子会社の第3四半期決算日と第3四半期連結決算日である12月31日との差異期間に発生した、財政状態及
       び経営成績に重要な影響を与える事象は適切に調整されております。
      E 会計処理基準

       (1)新会計基準
        収益認識
          2014年5月に、米国財務会計基準審議会は、顧客との契約から生じる収益に関する規定(ASU2014-09)を公表
         しました。この規定は、企業が顧客との契約で引き渡した財又はサービスとの交換で得られると見込まれる金額
         を収益として認識するという原則を基礎とするものであります。この規定は、収益認識に関する包括的なガイダ
         ンスを提供するとともに、財務諸表の利用者が、顧客との契約から生じる収益とキャッシュ・フローの性質、取
         引量、取引のタイミング、そして取引の不確実性を理解するのに有用な、定量的、定性的な開示を要求しており
         ます。
          2015年8月に、米国財務会計基準審議会は、上記規定の適用時期について1年の延長を公表しました
         (ASU2015-14)。また、2016年5月に、上記規定の適用初年度に潜在的に起こりうる実務上の取扱いの差異や、
         適用初年度及びその後の継続適用時の費用と複雑性を低減するための規定(ASU2016-12)を公表しました。
          これらの規定は、2017年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期より
         適用になります。当社グループは、2018年4月1日に開始する第1四半期から収益認識が完了していない契約の
         みを対象とする修正遡及適用アプローチにより、これらの規定を適用しております。これらの規定の適用による
         期首の利益剰余金への累積影響額に重要性はないため調整しておりません。また、連結貸借対照表において、従
         来流動資産の「返品調整引当金及び貸倒引当金」に含めて表示していた返品に係る負債について、流動負債の
         「返金負債」として表示し、返品される商品を回収する権利を流動資産の「返品資産」に表示しております。こ
         れらの規定が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに与える影響は軽微であります。
                                 17/40




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        金融商品の認識と測定
          2016年1月に、米国財務会計基準審議会は、金融商品の認識と測定に関する規定(ASU2016-01)を公表しまし
         た。この規定は、持分投資(             持分法投資及び連結される投資を除く)を公正価値で評価し、その変動を純損益に
         おいて認識すること並びにこれに係る開示の変更等を要求するものであります。
          2018年2月に、米国財務会計基準審議会は、金融商品の認識と測定に関する追加規定(ASU2018-03)を公表し
         ました。この規定は、市場性のない持分投資(持分法投資及び連結される投資を除く)の公正価値評価による累
         積影響額についても期首剰余金に調整することを要求するものであります。
          これらの規定は、2017年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期より
         適用になります。当社グループは、                 2018年4月1日に開始する第1四半期からこれらの規定を適用しておりま
         す。  これらの規定の適用により、その他の包括損益累計額として認識していた持分証券に係る税効果調整後の未
         実現利益27,320百万円を期首の利益剰余金への累積影響額として調整しております。また、これまで取得原価で
         評価していた市場性のない持分証券については、税効果調整後の未実現利益514百万円を期首の利益剰余金への
         影響額として調整しております。
        リース
          2016年2月に、米国財務会計基準審議会は、リースに関する規定(ASU2016-02)を公表しました。この規定
         は、現行の米国基準においてオペレーティングリースに分類されるリース取引について、一部の例外を除いて、
         貸借対照表上に使用権資産、リース負債を認識することを要求しております。
          2018年1月に、米国財務会計基準審議会は、リースに関する追加規定(ASU2018-01)を公表しました。この規
         定は、地役権の取扱を明確化すると共に、適用を受ける連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期以
         前に取得した又は期限の切れた地役権リースの取扱について、実務上の簡便法を適用することを認めるものであ
         ります。
          2018年7月に、米国財務会計基準審議会は、リースに関する追加規定(ASU2018-11)を公表しました。この規
         定は、リースに関する規定(ASU2016-02、ASU2018-01)の適用による累積影響額を適用年度の期首の利益剰余金
         に調整することを認めるものであります。
          これらの規定は、2018年12月15日より後に開始する                        連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期より
         適用になります。        これらの規定が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに与える影響は現
         在検討しております。
        キャッシュ・フローの分類
          2016年8月に、米国財務会計基準審議会は、キャッシュ・フローの分類に関する規定(ASU2016-15)を公表し
         ました。この規定は、キャッシュ・フロー計算書における特定の現金受領及び支払の分類に関連した実務上の多
         様性やばらつきを軽減するものであります。この規定は、2017年12月15日より後に開始する連結会計年度及びそ
         の連結会計年度に含まれる四半期より適用になります。                          当社グループは、2018年4月1日に開始する第1四半期
         からこの規定を適用しておりますが、この規定が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに
         与える影響は軽微であります。
        法人所得税
          2016年10月に、米国財務会計基準審議会は、法人所得税に関する規定(ASU2016-16)を公表しました。この規
         定は、連結グループ内取引におけるたな卸資産を除く資産の移転に伴い生じる繰延税金を認識することを要求す
         るものであります。この規定は、2017年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれ
         る四半期より適用になります。              当社グループは、2018年4月1日に開始する第1四半期からこの規定を適用して
         おりますが、この規定が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに与える影響は軽微であり
         ます。
        のれん及びその他の無形固定資産
          2017年1月に、米国財務会計基準審議会は、のれん及びその他の無形固定資産に関する規定(ASU2017-04)を
         公表しました。この規定は、のれんの減損テストのステップ2を排除し、のれんの公正価値測定を簡略化するも
         のであります。この規定は、2020年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四
         半期より適用になり、早期適用が可能です。当社グループは、2018年4月1日に開始する第1四半期からこの規
         定を早期適用しておりますが、この規定が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに与える
         影響は軽微であります。
          2018年8月に、米国財務会計基準審議会は、内部利用ソフトウェアに関する規定(ASU2018-15)を公表しまし
         た。この規定は、サービス契約とみなされるクラウドコンピューティング契約において発生する導入コストの会
         計処理を明確化するものであります。この規定は、2019年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結
         会計年度に含まれる四半期より適用になります。この規定が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッ
         シュ・フローに与える影響はありません。
                                 18/40



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        期間年金費用
          2017年3月に、米国財務会計基準審議会は、期間年金費用及び期間退職後給付費用の表示に関する規定
         (ASU2017-07)を公表しました。この規定は、勤務費用を他の期間年金費用部分と区分することを要求しており
         ます。この規定は、2017年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期より
         適用になります。        当社グループは、        2018年4月1日に開始する第1四半期からこれらの規定を適用しておりま
         す。  また、この規定は遡及適用されます。この規定の適用により、前第3四半期連結累計期間及び前第3四半期
         連結会計期間において、営業費用からそれぞれ810百万円及び229百万円をその他の損益(純額)に組み替えて表
         示しております。その結果、前第3四半期連結累計期間及び前第3四半期連結会計期間の営業利益が、組み替え
         前に比べてそれぞれ810百万円及び229百万円減少しております。
        公正価値測定の開示
          2018年8月に、米国財務会計基準審議会は、公正価値測定の開示に関する規定(ASU2018-13)を公表しまし
         た。この規定は、公正価値測定の開示に関する要求の一部を削除、修正、追加するものであります。この規定
         は、2019年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期より適用になりま
         す。この規定は、開示に関連するものであり、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに与
         える影響はありません。
        確定給付制度の開示
          2018年8月に、米国財務会計基準審議会は、確定給付制度の開示に関する規定(ASU2018-14)を公表しまし
         た。この規定は、年金確定給付制度の開示に関する要求事項の一部を削除、追加、修正するものであります。こ
         の規定は、2020年12月15日より後に開始する連結会計年度及びその連結会計年度に含まれる四半期より適用にな
         ります。また、この規定は遡及適用されます。この規定は、開示に関連するものであり、当社グループの財政状
         態、経営成績及びキャッシュ・フローに与える影響はありません。
       (2)表示方法の変更

         当第3四半期の表示方法に一致させるため、過年度の連結財務諸表等の一部について組替を行っております。
                                 19/40













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     2 主な科目の内訳及び内容の説明
      A 有価証券及び投資
       負債証券
        2018年3月31日及び2018年12月31日における売却可能有価証券及び満期保有目的有価証券として分類された負債証
       券の種類ごとの取得価額、総未実現利益及び損失、公正価値は以下のとおりであります。
                                   2018年3月31日
                              総未実現利益           総未実現損失
                  取得原価(百万円)                                公正価値(百万円)
                               (百万円)           (百万円)
     売却可能有価証券
      有価証券
       地方債                   10           0          -           10
           計                10           0          -           10
      投資
       社債                   464           150           -          614
           計               464           150           -          614
     満期保有目的有価証券
      有価証券
       社債                   967           -           8          959
           計               967           -           8          959
      投資
       社債                   646           -           12          634
           計               646           -           12          634
                                   2018年12月31日

                              総未実現利益           総未実現損失
                  取得原価(百万円)                                公正価値(百万円)
                               (百万円)           (百万円)
     満期保有目的有価証券
      有価証券
       社債                   559           -           ▶          555
           計               559           -           ▶          555
      投資
       社債                  1,016            -           10         1,006
           計              1,016            -           10         1,006
                                 20/40








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        2018年3月31日及び2018年12月31日において、公正価値が帳簿価額を継続的に下回っている期間が12ヶ月以上の満
       期保有目的有価証券として分類された負債証券の公正価値及び総未実現損失は以下のとおりであります。なお、売却
       可能有価証券については該当ありません。
                         2018年3月31日                      2018年12月31日
                              総未実現損失                      総未実現損失
                  公正価値(百万円)                      公正価値(百万円)
                               (百万円)                      (百万円)
     満期保有目的有価証券
      有価証券
       社債                   424            3          555            ▶
           計               424            3          555            ▶
      投資
       社債                   105            2          220            3
           計               105            2          220            3
        2018年3月31日及び2018年12月31日において、公正価値が帳簿価額を継続的に下回っている期間が12ヶ月未満の満

       期保有目的有価証券として分類された負債証券の公正価値及び総未実現損失は以下のとおりであります。なお、売却
       可能有価証券については該当ありません。
                         2018年3月31日                      2018年12月31日
                              総未実現損失                      総未実現損失
                  公正価値(百万円)                      公正価値(百万円)
                               (百万円)                      (百万円)
     満期保有目的有価証券
      有価証券
       社債                   535            5          -           -
           計               535            5          -           -
      投資
       社債                   529           10          786            7
           計               529           10          786            7
        満期保有目的有価証券として分類された負債証券の未実現損失については、当社グループは公正価値が帳簿価額を

       下回っている期間や下落の程度、発行体の財政状態や業績の見通し、及び公正価値の回復が予想される十分な期間に
       わたって保有する意思と能力を含めた基準により、一時的でない減損が発生しているかどうかを判断しております。
       上記の未実現損失が生じている満期保有目的有価証券として分類された負債証券のうち、当社の減損の認識基準に該
       当するものはありません。したがって、2018年3月31日及び2018年12月31日において、未実現損失が生じている満期
       保有目的有価証券として分類された負債証券について、一時的でない減損が発生しているものはないと判断しており
       ます。
        2018年12月31日において、満期保有目的有価証券として分類された負債証券の満期情報は以下のとおりでありま

       す。
                     取得原価           公正価値
                    (百万円)           (百万円)
       1年内                   559           555

       5年内                  1,016           1,006
           計              1,575           1,561

                                 21/40



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        売却可能有価証券として分類された負債証券の売却に伴う実現利益及び実現損失は、前第3四半期連結累計期間及
       び当第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間において、いずれも発生し
       ておりません。
        公正価値の下落が一時的でないと判断された売却可能有価証券として分類された負債証券の評価損は、前第3四半

       期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間におい
       て、いずれも発生しておりません。
        当第3四半期連結累計期間において、転換社債を株式に転換したことにより、交換損益が140百万円発生しており

       ます。なお、前第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間においては、発
       生しておりません。
       持分証券

        当第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結会計期間における持分証券に係る実現損益及び未実現損益は以下
       のとおりであります。
                                       当第3四半期             当第3四半期
                                       連結累計期間             連結会計期間
         持分証券の純損益                               △7,912百万円            △13,572百万円
                                          △75             △99
         売却による実現損益
         四半期末現在の未実現損益
                                        △7,837            △13,473
      B たな卸資産

        2018年3月31日及び2018年12月31日におけるたな卸資産の内訳は以下のとおりであります。
                                      2018年3月31日             2018年12月31日
         製品及び商品
                                         36,635百万円             37,200百万円
                                         3,678             3,843
         仕掛品
                                         2,363             2,352
         原材料
                                         42,676             43,395
         計
      C 関連会社投資

        投資先に対して、重要な影響を及ぼすことができる投資については、持分法による会計処理を行っております。持
       分法による会計処理が妥当であるかどうかを決定するにあたっては他の要因も考慮されますが、一般的に当社グルー
       プは20%以上50%以下の議決権のある株式を所有している会社については、重要な影響力が存在するとみなしており
       ます。この要件を満たす投資先については、連結貸借対照表上“関連会社投資”と表記し、持分法による会計処理を
       行っております。持分法においては、各社の最新の財務諸表を基に持分比率に応じた損益を計上しております。
        2018年3月31日及び2018年12月31日における主要な関連会社とその持分比率は次のとおりであります。
                                       2018年3月31日             2018年12月31日
         ㈱新栄ワコール                                    25%             25%
         台湾華歌爾股份有限公司                                    50             50
         THAI   WACOAL    PUBLIC    CO.,LTD.
                                             34             34
         PT.INDONESIA       WACOAL
                                             42             42
         ㈱ハウス オブ ローゼ                                    24             24
         2018年3月31日及び2018年12月31日における関連会社に対する投資のうち市場性のある株式の連結貸借対照表計

        上額及び公正価額の合計は以下のとおりであります。
                                       2018年3月31日             2018年12月31日
         連結貸借対照表計上額
                                         15,191百万円             15,249百万円
                                         11,445             11,520
         公正価額
                                 22/40




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      D のれん及びその他の無形固定資産
       のれん
        前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間におけるオペレーティング・セグメント別ののれんの帳
       簿価額の変動は以下のとおりであります。
                                    前第3四半期連結累計期間
                         ワコール事業(海外)             ピーチ・ジョン事業                合計
         期首残高
          取得価額                    11,746百万円            11,203百万円            22,949百万円
                               -          △6,878            △6,878
          減損損失累計額
                                                      16,071
          帳簿価額                    11,746             4,325
         為替換算調整額                      980             -            980
         四半期末残高
                             12,726
          取得価額                                 11,203            23,929
                               -          △6,878            △6,878
          減損損失累計額
          帳簿価額                    12,726             4,325            17,051
                                    当第3四半期連結累計期間

                         ワコール事業(海外)             ピーチ・ジョン事業                合計
         期首残高
          取得価額                    12,269百万円            11,203百万円            23,472百万円
                               -          △6,878            △6,878
          減損損失累計額
                                                      16,594
          帳簿価額                    12,269             4,325
         為替換算調整額                     △676              -           △676
         四半期末残高
          取得価額                    11,593            11,203            22,796
                               -          △6,878            △6,878
          減損損失累計額
          帳簿価額                    11,593             4,325            15,918
       その他の無形固定資産

        前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間に取得した無形固定資産は、それぞれ1,450百万円及び
       2,266百万円であり、主なものはいずれもソフトウェアであります。2018年3月31日及び2018年12月31日におけるの
       れんを除く無形固定資産は以下のとおりであります。
                           2018年3月31日                     2018年12月31日
                                償却累計額及び                     償却累計額及び
                       取得価額                     取得価額
                                減損損失累計額                     減損損失累計額
         償却対象
          ブランド               6,219百万円          1,671百万円          5,868百万円          1,774百万円
          ソフトウェア              11,777           6,434          13,192           6,904
                        1,703           805         1,731           857
          その他
           計              19,699           8,910          20,791           9,535
         非償却対象

          商標権               5,316          3,322          5,316          3,322
                         76          -          76          -
          その他
           計               5,392          3,322          5,392          3,322
        なお、ブランドについては為替換算調整額が含まれております。

                                 23/40




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      E 短期借入金及び長期債務
        2018年3月31日及び2018年12月31日において、一部の子会社が担保に供している資産は以下のとおりであります。
                      2018年3月31日             2018年12月31日
                        帳簿価額             帳簿価額
          土地
                           150百万円             150百万円
                           191             174
          建物
           計                  341             324
        2018年3月31日及び2018年12月31日において、これらの担保に供している資産に対応する債務は以下のとおりであ

       ります。
                                       2018年3月31日             2018年12月31日
         短期借入金(1年内返済予定長期債務含む)                                  20百万円             20百万円
                                           55             40
         長期債務
           計                                  75             60
        上記以外の借入金については担保を提供しておりません。

      F 退職金及び退職年金

        前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計
       期間における純期間年金費用は以下の項目から構成されております。
                                       前第3四半期             当第3四半期
                                       連結累計期間             連結累計期間
          勤務費用                                 811百万円             731百万円
          利息費用                                 149             130
          年金資産の長期期待運用収益                                △745             △766
                                         △213               3
          数理差異及び過去勤務債務の償却額
          純期間年金費用                                  2            98
                                       前第3四半期             当第3四半期

                                       連結会計期間             連結会計期間
          勤務費用                                 276百万円             249百万円
          利息費用                                  49             43
          年金資産の長期期待運用収益                                △248             △255
                                          △31               1
          数理差異及び過去勤務債務の償却額
          純期間年金費用                                  46             38
                                 24/40








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      G 資本
        前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間における四半期連結貸借対照表の株主資本、非支配持分
       及び資本合計の帳簿価額の変動は、以下のとおりであります。
                                      前第3四半期連結累計期間
                              株主資本           非支配持分            資本合計

         期首残高                     227,568百万円             4,914百万円           232,482百万円
          当社株主への現金配当
                              △7,386              -         △7,386
          非支配持分への現金配当                        -          △194            △194
          自己株式の取得                     △4,007              -         △4,007
          非支配持分との資本取引                        -            86            86
          その他                        51            -            51
          包括損益
           四半期純利益                      9,868             45          9,913
           その他の包括損益(税引後)
            為替換算調整勘定                      2,433             52          2,485
            未実現有価証券評価損益                      7,595              3          7,598
                               △147             -          △147
            年金債務調整勘定
           四半期包括損益                      19,749             100          19,849
         四半期末残高                     235,975             4,906           240,881
                                      当第3四半期連結累計期間

                               株主資本           非支配持分            資本合計

         期首残高                      232,712百万円            4,785百万円          237,497百万円
          ASU2016-01の適用による累積影響額
                                 514            -           514
          -税効果調整後(注記1-E)
          当社株主への現金配当                      △4,811              -         △4,811
          非支配持分への現金配当                         -          △191           △191
          自己株式の取得                      △6,919              -         △6,919
          その他                         46           -           46
          包括損益
           四半期純利益                       4,342            154          4,496
           その他の包括損益(税引後)
            為替換算調整勘定                       △865             36          △829
            未実現有価証券評価損益                       △104             -          △104
                                  2           -            2
            年金債務調整勘定
           四半期包括損益                       3,375            190          3,565
         四半期末残高                      224,917            4,784          229,701
                                 25/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      H その他の包括損益
        前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計
       期間におけるその他の包括損益累計額の変動は以下のとおりであります。
                                  前第3四半期連結累計期間
                                     未実現有価証券
                                                 年金債務調整勘定
                        為替換算調整勘定               評価損益
                                                   (注)3
                                      (注)1
                            1,212百万円            21,075百万円             △414百万円
       期首残高(税引後)
       四半期発生額
        税引前                     2,538            11,121               -
                            △53           △3,384               -
        税金費用
        税引後                     2,485            7,737              -
       再組替調整額
        税引前                      -           △201            △213
                             -            62            66
        税金費用
        税引後                      -           △139            △147
       非支配持分に帰属する
                            △52             △3             -
       その他の包括損益(税引後)
       四半期末残高(税引後)                     3,645            28,670             △561
                                  当第3四半期連結累計期間

                                     未実現有価証券
                                                 年金債務調整勘定
                        為替換算調整勘定               評価損益
                                                   (注)3
                                      (注)2
                            2,274百万円            27,424百万円            △1,101百万円
       期首残高(税引後)
       ASU2016-01の適用による累積影
       響額-税効果調整後
                             -         △27,320                -
       (注記1-E)
       四半期発生額
        税引前                     △843             △10              -
                             14             3            -
        税金費用
        税引後                     △829              △7             -
       再組替調整額
        税引前                      -           △140               3
                             -            43            △1
        税金費用
        税引後                      -           △97              2
       非支配持分に帰属する
                            △36              -            -
       その他の包括損益(税引後)
       四半期末残高(税引後)                     1,409              -          △1,099
       (注)1.未実現有価証券評価損益の再組替調整額(税引前)は、有価証券・投資売却及び交換損益(純額)、有価

            証券・投資評価損益(純額)に含まれております。
          2.未実現有価証券評価損益の再組替調整額(税引前)は、有価証券・投資売却及び交換損益(純額)に含ま
            れております。
          3.年金債務調整勘定の再組替調整額(税引前)は、その他の損益(純額)に含まれております。
                                 26/40





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
                                  前第3四半期連結会計期間
                                     未実現有価証券
                                                 年金債務調整勘定
                        為替換算調整勘定               評価損益
                                                   (注)2
                                      (注)1
                            2,881百万円            24,737百万円             △540百万円
       期首残高(税引後)
       四半期発生額
        税引前                      869           5,816              -
                            △37           △1,772               -
        税金費用
        税引後                      832           4,044              -
       再組替調整額
        税引前                      -           △158             △31
                             -            49            10
        税金費用
        税引後                      -           △109             △21
       非支配持分に帰属する
                            △68             △2             -
       その他の包括損益(税引後)
       四半期末残高(税引後)                     3,645            28,670             △561
                                  当第3四半期連結会計期間

                                     未実現有価証券            年金債務調整勘定

                        為替換算調整勘定
                                      評価損益            (注)2
                            2,744百万円              -百万円          △1,099百万円

       期首残高(税引後)
       四半期発生額
        税引前                    △1,205               -            -
                            △13              -            -
        税金費用
        税引後                    △1,218               -            -
       再組替調整額
        税引前                      -            -             1
                             -            -            △1
        税金費用
        税引後                      -            -             0
       非支配持分に帰属する
                            △117              -            -
       その他の包括損益(税引後)
       四半期末残高(税引後)                     1,409              -          △1,099
       (注)1.未実現有価証券評価損益の再組替調整額(税引前)は、有価証券・投資売却及び交換損益(純額)に含ま

            れております。
          2.年金債務調整勘定の再組替調整額(税引前)は、その他の損益(純額)に含まれております。
                                 27/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      I 収益
        当社グループは、主に、インナーウェア(主に婦人のファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア及びリトル
       インナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他の繊維製品及び関連製品                                     等 (以下、製品)の販売を行ってお
       り、国内外の小売業または卸売業を営む企業や消費者等を顧客としております。オペレーティング・セグメント別、
       製品別及び地域別に細分化した収益については、「注記2-Q セグメント情報」に記載しております。
        当社グループの製品の販売については、顧客に製品を引渡した時点で、顧客に支払義務が発生し、また、製品の法

       的所有権、物理的占有、所有に伴う重要なリスク及び経済価値が顧客に移転するため、その時点で収益を認識してお
       ります。
        当社グループの収益は、取引価格から値引、リベート等を控除した金額で算定しております。また、製品の販売に

       あたっては、顧客から返品が発生することが想定されます。顧客が製品を返品した場合、当社グループは当該製品の
       対価を返金する義務があるため、過年度の実績等を考慮して顧客に対する予想返金を見積り、収益から控除しており
       ます。
        顧客との契約から生じた契約負債のうち、主なものはポイントに係るものであります。

        当社の一部の子会社は、販売促進を目的としてポイントを発行しており、商品の購入時等に会員にポイントを付与
       しております。ポイントに係る収益はポイントの使用時または失効時まで繰り延べられ、契約負債として計上されま
       す。契約負債の金額は過年度の使用実績等を考慮して見積もっております。また、契約負債は「その他の流動負債」
       に含めて処理しており、2018年3月31日及び2018年12月31日における契約負債の残高は以下のとおりであります。
                           2018年3月31日             2018年12月31日
         契約  負債                    542百万円             535百万円
        当第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結会計期間において認識した収益のうち、期首時点では契約負債の
       残高に含まれていた金額は、それぞれ287百万円及び80百万円であります。
      J 研究開発費

        研究開発費は発生時に費用計上し、売上原価、販売費及び一般管理費に含めて処理しております。前第3四半期連
       結累計期間及び当第3四半期連結累計期間の研究開発費計上額は、それぞれ583百万円及び557百万円であり、前第3
       四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間の研究開発費計上額は、それぞれ202百万円及び189百万円であり
       ます。
      K 株式報酬制度

        当社は、当社及び当社子会社である㈱ワコールの取締役(社外取締役は除く)を対象に、株価上昇によるメリット
       のみならず株価下落によるリスクまでも株主の皆様と共有し、株価上昇及び企業価値向上への貢献意欲を一層高める
       こと等を目的として、新株予約権を割り当てる株式報酬型ストックオプション制度を採用しております。付与対象者
       は、新株予約権を行使することにより株式1株当たりの払込金額を1円とした新株予約権1個当たり当社の普通株式
       100株(2017年9月1日以前に付与した新株予約権については1個当たり当社の普通株式500株)の交付を受けること
       ができます。株式報酬費用は、付与日の公正価値で見積もられ、受給権確定期間にわたって費用配分しております。
        新株予約権は、取締役委任期間1年間で比例的に確定し、当社及び㈱ワコールの取締役、監査役及び執行役員のい
       ずれの地位をも喪失した日の翌日より5年が経過する日、又は付与日から20年を経過する日のいずれか早く到来する
       日までの間行使可能であります。
        なお、当第3四半期連結会計期間に新たに付与されたストックオプションはありません。
        当第3四半期連結累計期間のストックオプションの増減は以下のとおりであります。

                                    加重平均         加重平均          本源的
                           株数
                                    行使価格         残存期間         価値総額
                           (株)
                                    (円)         (年)        (百万円)
         期首現在未行使残高
                            240,500            1
         当期付与                   20,900            1
                              -
         当期権利行使                               -
                                        1       12.92          743
         第3四半期末現在未行使残高                   261,400
         第3四半期末現在行使可能残高                   52,000            1        3.31          148
        販売費及び一般管理費に計上された株式報酬費用は、前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間に

       おいては、それぞれ51百万円及び46百万円であり、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間におい
       ては、それぞれ16百万円及び15百万円であります。
                                 28/40

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        2018年12月31日現在で、権利が確定していない新株予約権に関連する未認識費用は27百万円であり、この費用は今
       後0.5年の加重平均期間にわたって認識される予定です。
      L 1株当たり情報

        1株当たりの当社株主に帰属する四半期純利益は、発行済の普通株式の加重平均株式数に基づき算出しておりま
       す。希薄化後1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益は、ストックオプションが行使され発行済株式総数が増加
       した場合の希薄化への影響を考慮して算出しております。当第3四半期連結会計期間において、希薄化後の1株当た
       り当社株主に帰属する四半期純利益の計算から除いた潜在株式数は254,984株です。当第3四半期連結会計期間にお
       いては、当社株主に帰属する四半期純損失を計上したことから希薄化効果がないと認め、全ての潜在株式をこの計算
       から除外しております。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
         純利益(分子)
                                      9,868百万円                 4,342百万円
          当社株主に帰属する四半期純利益
         株式数(分母)

          基本的1株当たり四半期純利益算定の
                                   68,113,218株                 66,461,009株
          ための加重平均株式数
          ストックオプションの付与による
                                     226,425                 249,153
          希薄化の影響
          希薄化後1株当たり四半期純利益
                                   68,339,643                 66,710,162
          算定のための平均株式数
                              前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間

         純利益(分子)
          当社株主に帰属する四半期純利益
                                      2,431百万円                △7,049百万円
          (△純損失)
         株式数(分母)

          基本的1株当たり四半期純利益算定の
                                   67,734,384株                 65,654,835株
          ための加重平均株式数
          ストックオプションの付与による
                                     234,671                   -
          希薄化の影響
          希薄化後1株当たり四半期純利益
                                   67,969,055                 65,654,835
          算定のための平均株式数
        (注) 当社は2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年

             度の期首に当該株式併合が行われたものと仮定して1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益及び希
             薄化後1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益を算定しております。
                                 29/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      M 金融商品及びリスクの集中
       公正価値
                                         2018年3月31日
                                  帳簿価額                公正価値

        資産
         有価証券                              1,567百万円                1,559百万円
                                     68,057                68,045
         投資
                                                     69,604
         資産合計                             69,624
        負債

                                       188
                                                       188
         長期債務(1年内返済予定含む)
         負債合計                               188                188
                                         2018年12月31日

                                  帳簿価額                公正価値
        資産
         有価証券                               559百万円                555百万円
                                     61,603                61,593
         投資
         資産合計                             62,162                62,148
        負債

                                       150
                                                       150
         長期債務(1年内返済予定含む)
         負債合計                               150                150
        その他の金融商品は、残存期間が短いため、連結貸借対照表計上額と公正価値とは概ね等しくなっております。ま

       た、為替予約の公正価値等の情報は「注記2-N 公正価値の測定」に記載しております。
       有価証券及び投資
        満期保有目的有価証券は、2018年3月31日及び2018年12月31日において、それぞれ有価証券及び投資に分類してお
       ります。これらの満期保有目的有価証券の公正価値は、レベル1に基づいて測定しております。その他の有価証券及
       び投資については、「注記2-N 公正価値の測定」に記載しております。
       長期債務
        当社グループの長期債務の公正価値は、新たに同一残存期間の借入を同様の条件の下で行う場合に適用される利率
       を使用し、将来の見積りキャッシュ・フローを割引くことにより算定しております。これらの公正価値はレベル2に
       基づいて測定しております。
       見積りの使用
        公正価値の見積りは、関連する市場や金融商品についての情報をもとに、特定の時点において行われております。
       これらの見積りは当社が実施しており、不確実性と見積りに係る当社の重要な判断を含んでいるため、精緻に計算す
       ることはできません。前提条件の変更により、当該見積りに重要な影響を与える可能性があります。
       リスクの集中
        当社グループの事業は、主として日本の小売業界における多数の取引先に対する婦人下着の販売によって構成され
       ており、その取引先には大手の百貨店、量販店及びその他の一般小売店等が含まれております。
                                 30/40






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      N 公正価値の測定
        米国財務会計基準審議会会計基準書820「公正価値による測定及び開示」は、公正価値を「測定日における市場参
       加者の間での通常の取引において、資産を売却して受け取る、又は負債を移転するために支払う価格」と定義し、公
       正価値をその測定のために使用するインプットの内容に応じて3つのレベルに区分することを規定しております。各
       レベルの内容は以下のとおりであります。
         ・レベル1・・・測定日現在において入手可能な活発な市場における同一の資産又は負債の公表価格
         ・レベル2・・・レベル1に含まれる公表価格以外で、直接的又は間接的に観察可能なインプット
         ・レベル3・・・観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
        2018年3月31日及び2018年12月31日において、当社グループが保有する継続的に公正価値で評価を行っている金融
       資産及び負債の内訳は以下のとおりであります。
                                     2018年3月31日
                       レベル1          レベル2          レベル3            合計
         資産
          有価証券
           地方債                -百万円          10百万円          -百万円          10百万円
                         -          590           -          590
           投資信託
             小計
                         -          600           -          600
          投資
           株式              66,751             -          -        66,751
           社債                -          614           -          614
                         46          -          -          46
           投資信託
             小計
                       66,797            614           -        67,411
          金融派生商品
                         -           6          -           6
           為替予約
             資産合計          66,797           1,220            -        68,017
         負債

          金融派生商品
           為替予約                -          13          -          13
                         -          31          -          31
           通貨スワップ
             負債合計            -          44          -          44
                                     2018年12月31日

                       レベル1          レベル2          レベル3            合計
         資産
          投資
           株式              58,554百万円             -百万円         1,987百万円          60,541百万円
                         46          -          -          46
           投資信託
             小計
                       58,600             -         1,987          60,587
          金融派生商品
           為替予約                -          31          -          31
             資産合計          58,600             31         1,987          60,618
         負債

          金融派生商品
           為替予約                -          16          -          16
                         -          43          -          43
           通貨スワップ
             負債合計            -          59          -          59
                                 31/40




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        有価証券及び投資のうちレベル1に区分されるものは、十分な取引量と頻度のある活発な市場における公表価格を
       調整せずに用いて評価しております。また、レベル2に区分される債券については、活発でない市場における同一商
       品の公表価格、投資信託については、これを構成する商品と同一商品の活発な市場又は活発でない市場における公表
       価格をもとにした金融機関の評価を使用しております。「注記2-A 有価証券及び投資」に記載のとおり、有価証
       券及び投資の公正価値の下落が一時的でないと判断された場合には、評価損を計上しております。
        レベル2の為替予約及び通貨スワップは、活発な市場又は活発でない市場における観察可能な市場データに基づい
       て国際的金融機関が算出した評価額を用いて評価しております。「注記2-O デリバティブ」に記載のとおり、当
       社グループが保有する為替予約及び通貨スワップについてはヘッジとして指定していないため、公正価値の変動は損
       益として計上しております。
        レベル3の株式は、市場性のない持分証券であり、財務指標等をインプットとして使用した類似企業比較法または
       その他の適切な評価方法を用いて評価しております。なお、当第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結会計期
       間においては、公正価値評価による調整はしておらず、為替換算による影響のみ調整しております。なお、調整表に
       ついては金額に重要性がないため開示しておりません。
        2018年3月31日において、非継続的に公正価値で測定される資産は以下のとおりであります。なお、2018年12月31

       日においては、非継続的に公正価値で測定した資産はありません。
                                    2018年3月31日
                    レベル1         レベル2         レベル3          合計        減損額

                      -百万円         -百万円         -百万円         -百万円       △206百万円
        のれん
        2018年3月期において、A            Tech社ののれん全額について減損損失を206百万円認識しております。これは売上の低

       迷によりA     Tech社の事業計画を見直したことが主な要因となっております。公正価値の測定にあたっては、期待現在
       価値法を使用し、測定日において市場参加者が公正価値の測定に使用するであろう仮定に関する当社の見積りを反映
       した、将来キャッシュ・フローや信用リスク調整後の割引率などの観察不能なインプットを考慮しております。
      O デリバティブ

       リスク管理方針
        当社グループは外国為替レートの市場変動リスクにさらされており、このリスクを管理するためにデリバティブを
       利用しております。デリバティブはすべて社内方針及び管理規程に基づいて管理されており、投機的な目的で保有さ
       れているデリバティブはありません。当社グループの保有するデリバティブの契約先は、いずれも国際的に信用度の
       高い金融機関であるため、その信用リスクはほとんどないものと判断しております。
       外国為替リスク

        主として国際的な事業活動に係わる外貨建資産及び負債が外国為替レートの市場変動リスクにさらされており、こ
       のリスクを軽減するために先物為替予約契約及び通貨スワップ契約を行っております。
       ヘッジ指定されていないデリバティブ

        当社グループは、先物為替予約契約及び通貨スワップ契約について、ヘッジ会計の適用要件を満たさないため、
       ヘッジ指定されていないデリバティブとして分類しております。このデリバティブは経済的な観点から外国為替リス
       クをヘッジするために利用しております。ヘッジ指定されていないデリバティブの公正価値の変動は、直ちに損益に
       計上されます。
        2018年3月31日及び2018年12月31日におけるデリバティブの契約残高は以下のとおりであります。

                                   2018年3月31日             2018年12月31日
        先物為替予約契約
                                      1,598百万円             2,307百万円
                                       328             670
        通貨スワップ契約
                                 32/40





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
        2018年3月31日及び2018年12月31日におけるデリバティブの公正価値、連結貸借対照表及び四半期連結貸借対照表
       の計上科目は以下のとおりであります。
                                      2018年3月31日
                                資産                   負債

                         連結貸借対照表上           公正価値       連結貸借対照表上           公正価値
                          の計上科目         (百万円)         の計上科目         (百万円)
     ヘッジ指定されていない
     デリバティブ
      先物為替予約契約                   その他の流動資産                6   その他の流動負債               13
      通貨スワップ契約                      -            -   その他の流動負債               31
                                      2018年12月31日

                                資産                   負債

                        四半期連結貸借対照            公正価値       四半期連結貸借対照            公正価値
                         表上の計上科目          (百万円)        表上の計上科目          (百万円)
     ヘッジ指定されていない
     デリバティブ
      先物為替予約契約                   その他の流動資産               31   その他の流動負債               16
      通貨スワップ契約                      -            -   その他の流動負債               43

        前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計

       期間におけるデリバティブの四半期連結損益計算書への影響額は以下のとおりであります。
                         前第3四半期連結累計期間                    当第3四半期連結累計期間
                      四半期連結損益計算書              金額      四半期連結損益計算書              金額
                        上の計上科目          (百万円)         上の計上科目          (百万円)
     ヘッジ指定されていない
     デリバティブ
      先物為替予約契約                その他の損益(純額)                 40   その他の損益(純額)                 47
      通貨スワップ契約                その他の損益(純額)                △22    その他の損益(純額)                △12
                         前第3四半期連結会計期間                    当第3四半期連結会計期間

                      四半期連結損益計算書              金額      四半期連結損益計算書              金額
                        上の計上科目          (百万円)         上の計上科目          (百万円)
     ヘッジ指定されていない
     デリバティブ
      先物為替予約契約                その他の損益(純額)                 37   その他の損益(純額)                △25
      通貨スワップ契約                その他の損益(純額)                △22    その他の損益(純額)                △13
                                 33/40






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      P 配当に関する事項
        配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2018年5月15日
               普通株式          2,425       36.00    2018年3月31日          2018年6月5日         利益剰余金
     取締役会
     2018年10月31日
               普通株式          2,386       36.00    2018年9月30日          2018年12月4日         利益剰余金
     取締役会
      Q セグメント情報

        米国財務会計基準審議会会計基準書280は、企業のオペレーティング・セグメントに関する情報の開示を規定して
       おり、企業の最高経営意思決定者が経営資源の配分に関する意思決定や業績評価を行うために区分した企業の構成単
       位に関する情報を開示することを要求しております。当社グループの報告セグメントは、ワコール事業(国内)、ワ
       コール事業(海外)、ピーチ・ジョン事業及びその他であります。各報告セグメントで採用されている会計方針は、
       「注記1 四半期連結会計方針」に記載されているものと同様であります。
       (1)オペレーティング・セグメント情報

          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                      ワコール      ワコール      ピーチ・
                       事業      事業     ジョン      その他       計     消去      連結
                      (国内)     (海外)       事業     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     売上高
                       89,181      39,340      8,098     11,797     148,416           148,416
      (1)外部顧客に対する売上高                                               -
      (2)セグメント間の内部売上高
                         833     8,127      1,000      3,921     13,881             -
                                                   (13,881)
        又は振替高
                       90,014      47,467      9,098     15,718     162,297           148,416
            計                                      (13,881)
                        7,633      3,933       512      168    12,246           12,246

     営業利益                                                -
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                      ワコール      ワコール      ピーチ・
                       事業      事業     ジョン      その他       計     消去      連結
                      (国内)     (海外)       事業     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     売上高
                             39,924
      (1)外部顧客に対する売上高                 86,581            8,012     12,730     147,247        -   147,247
      (2)セグメント間の内部売上高
                         718     8,206       868     4,015     13,807     (13,807)        -
        又は振替高
                                             161,054
            計           87,299      48,130      8,880     16,745           (13,807)      147,247
     営業利益(△損失)                  7,214      4,106      △29     △117     11,174        -    11,174

                                 34/40






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
          前第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
                      ワコール      ワコール      ピーチ・
                       事業      事業     ジョン      その他       計     消去      連結
                      (国内)     (海外)       事業     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     売上高
      (1)外部顧客に対する売上高                 28,754      11,596      2,539      3,551     46,440        -    46,440
      (2)セグメント間の内部売上高
                         275     2,552       309     1,330      4,466     (4,466)        -
        又は振替高
            計           29,029      14,148      2,848      4,881     50,906      (4,466)      46,440
     営業利益(△損失)                  2,393       364      118     △140      2,735       -    2,735

          当第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

                      ワコール      ワコール      ピーチ・
                       事業      事業     ジョン      その他       計     消去      連結
                      (国内)     (海外)       事業     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     売上高
      (1)外部顧客に対する売上高                 27,996      11,103      2,542      3,791     45,432        -    45,432

      (2)セグメント間の内部売上高
                         245     2,829       203     1,420      4,697     (4,697)        -
        又は振替高
            計           28,241      13,932      2,745      5,211     50,129      (4,697)      45,432
     営業利益(△損失)                  2,250       265     △211      △124      2,180       -    2,180

      (注)1 各事業の主な製品
           ワコール事業(国内)……インナーウェア(ファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア、リトルイ
                       ンナー)、アウターウェア、スポーツウェア、レッグニット他
           ワコール事業(海外)……インナーウェア(ファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア、リトルイ
                       ンナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他繊維関連商品他
           ピーチ・ジョン事業………インナーウェア(ファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア)、アウ
                       ターウェア、その他繊維関連商品他
           その他………………………インナーウェア(ファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア、リトルイ
                       ンナー)、アウターウェア、その他繊維関連商品、マネキン人形、店舗設計・
                       施工他
         2 報告セグメントの営業利益(△損失)の合計については、四半期連結損益計算書の営業利益と一致してお
           ります。なお、営業利益から税引前四半期純利益までの調整については「四半期連結損益計算書」のⅢ 
           その他の収益・費用(△)に記載のとおりです。
                                 35/40







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
       (2)製品別売上情報
                           前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                           (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
          製品の品種の名称
                            至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
                               (百万円)                  (百万円)
     インナーウェア
      ファンデーション・ランジェリー                                112,031                  111,233

      ナイトウェア                                 6,980                  6,500

      リトルインナー                                 1,108                   989

             小計                        120,119                  118,722

      アウターウェア・スポーツウェア等                                12,560                  11,216

      レッグニット                                 1,515                  1,469

      その他の繊維製品及び関連製品                                 6,502                  7,150

      その他                                 7,720                  8,690

             合計                        148,416                  147,247

                           前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間

                           (自 2017年10月1日                  (自 2018年10月1日
          製品の品種の名称
                            至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
                               (百万円)                  (百万円)
     インナーウェア
      ファンデーション・ランジェリー                                34,828                  34,181

      ナイトウェア                                 2,577                  2,284

      リトルインナー                                  366                  313

             小計                        37,771                  36,778

      アウターウェア・スポーツウェア等                                 3,271                  3,035

      レッグニット                                  528                  574

      その他の繊維製品及び関連製品                                 2,262                  2,445

      その他                                 2,608                  2,600

             合計                        46,440                  45,432

       (3)   地域別情報

          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                         日本      アジア・オセアニア             欧米          連結
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      売上高                    108,698          15,632          24,086         148,416

          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                         日本      アジア・オセアニア             欧米          連結
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      売上高                    106,692          17,007          23,548         147,247

                                 36/40



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
          前第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
                         日本      アジア・オセアニア             欧米          連結
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      売上高                     34,752          5,060          6,628         46,440

          当第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

                         日本      アジア・オセアニア             欧米          連結
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      売上高                     34,073          5,228          6,131         45,432

      (注)1 国又は地域の区分の方法は地理的近接度によっております。
         2 本邦以外の区分に属する主な国又は地域
            アジア・オセアニア……東アジア、東南アジア及び西アジア諸国、オーストラリア
            欧米………北米及びヨーロッパ諸国
         3 売上高は連結会社を所在地別に分類したものであります。
      R 後発事象

        当社グループは、四半期報告書提出日である2019年2月12日までの後発事象を評価しましたが、該当事項はありま
       せん。
                                 37/40














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        2018年10月31日開催の取締役会において、2018年9月30日現在の株主に対して、第71期の中間配当を行うことを決
        議いたしました。
          配当金の総額                        2,386百万円
          1株当たりの金額                        36円00銭
          支払請求の効力発生日及び支払開始日                        2018年12月4日
                                 38/40


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 39/40




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ワコールホールディングス(E00590)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社ワコールホールディングス

       取締役会 御中

                            有限責任監査法人 トーマツ

                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               新免 和久  印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               酒井 宏彰  印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               中嶋誠一郎  印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ワコー

     ルホールディングスの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1
     日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括損益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」附則第4条の規定により米国におい
     て一般に公正妥当と認められる企業会計の基準(四半期連結財務諸表に関する注記1参照)に準拠して四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成
     し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、米国において一般に公正妥当と認めら
     れる企業会計の基準(四半期連結財務諸表に関する注記1参照)に準拠して、株式会社ワコールホールディングス及び連
     結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間
     の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
     ての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      ※1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書

         提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 40/40



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。