大石産業株式会社 四半期報告書 第73期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第73期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:大石産業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    福岡財務支局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第73期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    大石産業株式会社
      【英訳名】                    OHISHI    SANGYO    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  大久保 則夫
      【本店の所在の場所】                    福岡県北九州市八幡東区桃園二丁目7番1号
      【電話番号】                    093(661)6511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長  田中 英雄
      【最寄りの連絡場所】                    福岡県北九州市八幡東区桃園二丁目7番1号
      【電話番号】                    093(661)6511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長  田中 英雄
      【縦覧に供する場所】                    証券会員制法人 福岡証券取引所
                         (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第72期           第73期
               回次               第3四半期           第3四半期            第72期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日

              会計期間
                           至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日           至 平成30年3月31日
                      (千円)          13,792,742           14,301,035           18,367,361
     売上高
                      (千円)           1,034,997            740,691          1,250,576
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            733,847           484,103           906,060
     期)純利益
                      (千円)            894,134           361,725          1,101,969
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          13,272,478           13,374,898           13,478,379
     純資産額
                      (千円)          20,672,655           20,924,956           21,033,817
     総資産額
                      (円)            183.07           121.56           226.03
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             64.1           63.8           64.0
     自己資本比率
                               第72期           第73期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成29年10月1日           自 平成30年10月1日

              会計期間
                           至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日
                      (円)            40.56           47.19
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         4.平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
         5.1株当たり四半期純利益の算定上、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が保有する当社
           株式を期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、個人消費や設備投資環境の改善から、緩やかな拡大基調と
        なりました。一方、海外経済では、米国による保護主義的貿易政策の台頭が世界の貿易収縮の懸念を増大させ、
        ことに米中貿易戦争ともいうべき状態がわが国経済に直接的、間接的にも大きく影響を及ぼすリスクが増大して
        いる状況であります。
         このような経営環境のもと、当社グループは引き続き「TPS(トータル・パッケージング・ソリューショ
        ン)  提案」により顧客満足を徹底的に追及するとともに、全社をあげてイノベーション活動に取り組み、業績向
        上に努めてまいりました。
         その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、                        フィルム製品、樹脂成型品および段ボール製品の増加によ
        り 、 143億1百万円       (前年同期比      3.7%増    )となりました。利益については、国際的な原油および古紙市況の大幅
        上昇により当社製品の原料および燃料コストが急上昇したことを受け、販売価格修正の活動を推進したものの転
        嫁が一部にとどまり、          営業利益は6億17百万円           (前年同期比      30.3%減    )、  経常利益は7億40百万円           (前年同期比
        28.4%減    )、  親会社株主に帰属する四半期純利益は4億84百万円                        (前年同期比      34.0%減    )となりました。
         セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

         (緩衝機能材事業)
          パルプモウルド部門は、工業用と青果物分野で一部増加したものの、鶏卵分野での卵価下落や夏場の酷暑の影
         響で減少となりパルプモウルド部門の売上高は35億90百万円(前年同期比1.9%減)となりました。
          段ボール部門は、段ボール原紙価格上昇分の販売価格への転嫁が進んだことで、売上高は23億70百万円(前年
         同期比4.8%増)と増収となりました。
          成型部門は、樹脂成型品の生産販売を開始したことで、売上高は従来の宙吊式包装容器(ゆりかーご)と合わ
         せて3億90百万円(前年同期比653.6%増)となりました。
          その結果、当事業の売上高は             63億51百万円      (前年同期比      6.3%増    )となりましたが、原料および燃料費の増加
         や樹脂成型品の立ち上げによる初期費用等で                     セグメント利益は5億11百万円              (前年同期比      4.7%減    )となりまし
         た。
         (包装機能材事業)

          フィルム部門は、食品容器用フィルムが国内の中食需要増の影響もあり好調が継続したこと、また、積極的
         な機能性フィルムの拡販が奏功し増収となり、フィルム部門の売上高は31億84百万円(前年同期比5.1%増)と
         なりました。
          重包装袋部門は、国内は製粉・合成樹脂向けが好調で増収となりましたが、海外は中国経済の減速による物量
         減少および現地マーケットの競争激化等で減収となり、重包装袋部門の売上高は43億81百万円(前年同期比
         3.3%減)となりました。
          その結果、当事業の売上高は             75億66百万円      (前年同期比      0.0%増    )となりましたが、海外において原材料価格
         の上昇影響が大きく、          セグメント利益は7億16百万円              (前年同期比      23.6%減    )となりました。
         (その他)

          売上高は     3億83百万円      (前年同期比      50.5%増    )となり、     セグメント利益は22百万円            (前年同期は      3百万円のセ
         グメント損失      )となりました。
                                  4/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                                 1億8百万円減少        し、  209億24百万円       とな
        りました。
         流動資産については、受取手形及び売掛金(電子記録債権を含む)、たな卸資産の増加等により前連結会計年度
        末に比べて30百万円増加しております。固定資産については、有形固定資産、投資有価証券の減少等により、前連
        結会計年度末に比べて1億39百万円減少しております。
         当第3四半期連結会計期間末における負債合計は75億50百万円となり、前連結会計年度末に比べて5百万円の減
        少となりました。流動負債については、支払手形及び買掛金(電子記録債務を含む)、短期借入金の増加等によ
        り、前連結会計年度末に比べて1億62百万円増加しております。固定負債については、長期借入金の返済等によ
        り、前連結会計年度末に比べて1億68百万円減少しております。
         当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は133億74百万円となり、前連結会計年度末に比べて1億3百
        万円の減少となりました。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
       (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は64百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/18












                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       13,200,000
                 普通株式
                                                       13,200,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末            提出日現在発行数
                                     上場金融商品取引所名
               現在発行数(株)               (株)
        種類                             又は登録認可金融商品                内容
               (平成30年12月31日)           (平成31年2月12日)           取引業協会名
                                                 単元株式数は100株であ
                    4,664,000           4,664,000
       普通株式                               福岡証券取引所
                                                 ります。
                    4,664,000           4,664,000          -            -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
                  数増減数
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     平成30年10月1日~
                       -    4,664,000           -     466,400          -     345,388
     平成30年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)

           区分                                         内容
                          -             -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -
     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                     普通株式               557,600
     完全議決権株式(その他)                普通株式            4,100,200               41,002          -
                     普通株式                  6,200         -             -

     単元未満株式
                            4,664,000           -             -
     発行済株式総数
                          -                 41,002          -
     総株主の議決権
      (注)1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式79株が含まれております。
         2.「完全議決権株式(その他)」欄には、役員向け株式交付信託にかかる信託口が保有する当社株式98,000株
           が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                  福岡県北九州市八幡東区桃園
                                   557,600          -     557,600         12.0
                  二丁目7番1号
     大石産業株式会社
                        -           557,600          -     557,600         12.0
          計
      (注)日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が保有する98,000株(2.10%)は、上記自己株式に含め
         ておりません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,381,637              4,999,762
         現金及び預金
                                       ※ 4,340,568              ※ 4,523,734
         受取手形及び売掛金
                                        ※ 510,760              ※ 575,343
         電子記録債権
                                        713,326              754,832
         商品及び製品
                                        115,879              121,700
         仕掛品
                                       1,115,542              1,197,184
         原材料及び貯蔵品
                                        220,488              257,160
         その他
                                        △ 16,346             △ 17,033
         貸倒引当金
                                       12,381,857              12,412,686
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,560,164              2,617,228
          機械装置及び運搬具(純額)                             2,252,940              2,164,916
          その他(純額)                             1,805,848              1,802,838
                                       6,618,954              6,584,982
          有形固定資産合計
                                        187,285              180,627
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                       1,053,444               994,728
          投資有価証券
                                        850,697              811,867
          その他
                                        △ 58,422             △ 59,935
          貸倒引当金
                                       1,845,719              1,746,661
          投資その他の資産合計
                                       8,651,959              8,512,270
         固定資産合計
                                       21,033,817              20,924,956
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       1,553,952              1,615,448
         支払手形及び買掛金
                                       ※ 1,792,244              ※ 1,895,147
         電子記録債務
                                        740,392              869,882
         短期借入金
                                        218,497                156
         未払法人税等
                                        208,492              103,455
         賞与引当金
                                        959,082             1,151,321
         その他
                                       5,472,661              5,635,411
         流動負債合計
       固定負債
                                        393,908              281,288
         長期借入金
                                         10,392              10,392
         役員株式給付引当金
                                       1,357,319              1,336,182
         退職給付に係る負債
                                        321,156              286,782
         その他
                                       2,082,776              1,914,646
         固定負債合計
                                       7,555,437              7,550,058
       負債合計
                                  9/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        466,400              466,400
         資本金
                                        416,991              416,991
         資本剰余金
                                       13,329,164              13,583,313
         利益剰余金
                                       △ 800,319            △ 1,035,782
         自己株式
                                       13,412,236              13,430,922
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        378,278              257,177
         その他有価証券評価差額金
                                       △ 259,945             △ 274,947
         為替換算調整勘定
                                        △ 75,135             △ 67,520
         退職給付に係る調整累計額
                                         43,197             △ 85,289
         その他の包括利益累計額合計
                                         22,946              29,266
       非支配株主持分
                                       13,478,379              13,374,898
       純資産合計
      負債純資産合計                                 21,033,817              20,924,956
                                 10/18














                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       13,792,742              14,301,035
      売上高
                                       10,654,742              11,460,397
      売上原価
                                       3,137,999              2,840,637
      売上総利益
                                       2,251,105              2,222,673
      販売費及び一般管理費
                                        886,893              617,964
      営業利益
      営業外収益
                                         1,729              1,669
       受取利息
                                         14,716              17,001
       受取配当金
                                        143,127              143,127
       受取賃貸料
                                         84,506               3,040
       為替差益
                                         52,246              52,710
       その他
                                        296,325              217,548
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         31,579              35,993
       支払利息
                                         10,443              11,368
       不動産賃貸費用
                                         2,776              3,554
       売上割引
                                         91,148              20,727
       デリバティブ評価損
                                         12,274              23,178
       その他
                                        148,222               94,821
       営業外費用合計
                                       1,034,997               740,691
      経常利益
      特別利益
                                         5,733              1,080
       固定資産売却益
                                         5,733              1,080
       特別利益合計
      特別損失
                                         18,497              16,220
       固定資産除却損
                                           -             1,650
       ゴルフ会員権評価損
                                         19,468                -
       関係会社出資金売却損
                                         37,965              17,870
       特別損失合計
                                       1,002,765               723,901
      税金等調整前四半期純利益
                                        186,335              177,996
      法人税、住民税及び事業税
                                         76,284              55,692
      法人税等調整額
                                        262,620              233,689
      法人税等合計
                                        740,144              490,212
      四半期純利益
                                         6,296              6,109
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        733,847              484,103
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                        740,144              490,212
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        105,433             △ 121,100
       その他有価証券評価差額金
                                         38,348             △ 15,001
       為替換算調整勘定
                                         10,207               7,615
       退職給付に係る調整額
                                        153,990             △ 128,487
       その他の包括利益合計
                                        894,134              361,725
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        887,782              355,405
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         6,352              6,319
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18















                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (取締役に対する株式報酬制度)
          当社は、当社の取締役(社外取締役を除く。)に対し、信託を用いた株式報酬制度(以下、「本制度」とい
         う。)を導入しております。
          (1)本制度の概要
            本制度は、当社が金員を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」という。)が当社株式を取
           得し、取締役に対して、当社が定める株式交付規程に従って付与されるポイント数に応じ、当社株式が本信
           託を通じて交付される株式報酬制度であります。なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則とし
           て取締役の退任時であります。
          (2)信託に残存する自社の株式

            信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用を除く。)により純資産の部に自己株式と
           して計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末180,320千円、98,000株
           であり、当第3四半期連結会計期間末は180,320千円、98,000株であります。
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)

            「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  平成30年2月16日)等を第1四半
           期連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債
           は固定負債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ 四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理しております。
           なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手
          形等が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
     受取手形                                66,745千円                  47,412千円
     電子記録債権                                8,729千円                 23,695千円
     電子記録債務                               121,072千円                  90,149千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
     減価償却費                               513,858千円                  550,090千円
                                 13/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
           配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成29年6月28日
                       112,245        14.00
               普通株式                     平成29年3月31日         平成29年6月29日          利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年11月1日
                       102,663        12.50
               普通株式                     平成29年9月30日         平成29年12月1日          利益剰余金
     取締役会
      (注)1.平成29年11月1日取締役会決議による1株当たり配当額については、基準日が平成29年9月30日であるた
           め、平成29年10月1日付の株式併合は加味しておりません。
         2.平成29年11月1日取締役会決議による配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信
           託口)が保有する当社株式に対する配当金2,450千円が含まれております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

           配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成30年6月27日
               普通株式         119,083        29.00    平成30年3月31日         平成30年6月28日          利益剰余金
     定時株主総会
     平成30年11月1日
               普通株式         110,870        27.00    平成30年9月28日         平成30年12月3日          利益剰余金
     取締役会
      (注)1.平成30年6月27日取締役会決議による配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信
           託口)が保有する当社株式に対する配当金2,842千円が含まれております。
         2.平成30年11月1日取締役会決議による配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信
           託口)が保有する当社株式に対する配当金2,646千円が含まれております。
                                 14/18












                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                     その他            調整額     損益計算書
                                            合計
                                     (注)1            (注)2       計上額
                  緩衝機能材      包装機能材
                                計
                                                       (注)3
                   事業      事業
     売上高

                  5,974,914      7,563,192      13,538,107        254,634     13,792,742          -  13,792,742
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    11,715       3,166      14,882      124,491      139,373     △ 139,373         -
      上高又は振替高
                  5,986,630      7,566,359      13,552,990        379,125     13,932,116       △ 139,373     13,792,742
          計
     セグメント利益又は損失
                   536,863      936,936     1,473,799       △ 3,830    1,469,968      △ 583,074      886,893
     (△)
      (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、情報関連事業、デザイン関連事
           業、不動産賃貸事業等を含んでおります。
         2 セグメント利益又は損失の調整額△583,074千円には、主にセグメント間取引消去△15,963千円及び各報告
           セグメントに配分していない全社費用△572,910千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメン
           トに帰属しない一般管理費であります。
         3 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                     その他            調整額     損益計算書
                                            合計
                                     (注)1            (注)2       計上額
                  緩衝機能材      包装機能材
                                計
                                                       (注)3
                   事業      事業
     売上高

                  6,351,614      7,566,070      13,917,685        383,350     14,301,035          -  14,301,035
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    12,166       3,148      15,315      81,376      96,692     △ 96,692        -
      上高又は振替高
                  6,363,781      7,569,219      13,933,000        464,726     14,397,727       △ 96,692    14,301,035
          計
                   511,421      716,083     1,227,504        22,286     1,249,791      △ 631,826      617,964
     セグメント利益
      (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、情報関連事業、デザイン関連事
           業、不動産賃貸事業等を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額             △631,826     千円には、主にセグメント間取引消去△9,671千円及び各報告セグメント
           に配分していない全社費用△626,660千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属し
           ない一般管理費であります。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
                                 15/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                              (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
               項目
                               至 平成29年12月31日)                至 平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                 183円07銭                 121円56銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 733,847                 484,103

                                          -                 -

      普通株主に帰属しない金額
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        733,847                 484,103
      四半期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  4,008                 3,982
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成29年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を実施しております。前連結会計
           年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益、普通株式の期中平均株式数を算
           定しております。
         3.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が保有する「役員向け株式交付信託」の株式を「1
           株当たり四半期純利益」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前
           第3四半期連結累計期間37千株、当第3四半期連結累計期間98千株)。
      2【その他】

        第73期(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)中間配当について、平成30年11月1日開催の取締役会にお
       いて、平成30年9月30日の最終の株主名簿に記載または記録された株主に対し、次のとおり支払うことを決議いたし
       ました。
       ① 中間配当による配当金の総額                                          110,870千円
       ② 1株当たりの中間配当金                 27円00銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日      平成30年12月3日
       (注)配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が保有する当社株式に対する配当
          金2,646千円が含まれております。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       大石産業株式会社(E00677)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月8日

     大石産業株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任監査法人 トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                上田 知範  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                室井 秀夫  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている大石産業株式会社

     の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成30年12月
     31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、大石産業株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。