オーウイル株式会社 四半期報告書 第33期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第33期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:オーウイル株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第33期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    オーウイル株式会社
      【英訳名】                    O'will    Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長 小口 英噐 
      【本店の所在の場所】                    東京都港区北青山一丁目2番3号
      【電話番号】                    (03)5772-4488(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 管理本部長 青柳 あゆみ
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区北青山一丁目2番3号
      【電話番号】                    (03)5772-4488(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 管理本部長 青柳 あゆみ
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/15













                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第32期           第33期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第32期
                              累計期間           累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                      (千円)          23,793,841           24,529,303           31,033,847

     売上高
                      (千円)            401,187           598,207           461,785
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            271,032           407,076           300,132
     期)純利益
                      (千円)            304,756           454,405           279,231
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,333,592           2,658,459           2,308,067
     純資産額
                      (千円)          11,623,390           11,540,333           11,155,759
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            86.05           129.24            95.29
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             19.6           22.6           20.3
     自己資本比率
                               第32期           第33期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
                                   16.79           28.33

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載して
           おりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、
       重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益が堅調に推移し、設備投資の増加や雇用・所得環
        境の改善を背景に回復基調が持続しており、個人消費についても底堅く推移いたしました。また、世界経済にお
        いては、米国の通商政策の動向や中国をはじめとする新興国経済の下振れリスクなど、景気の先行きに不透明感
        はあるものの、全体的に緩やかな回復基調となりました。
         食品飲料業界におきましては、               消費者の健康志向や個食需要の増加など、多様なニーズに合わせた商品開発が
        活発化しておりますが、国内市場の縮小化による同業他社との競争激化や原材料価格の高騰など、企業収益は厳
        しい状況が続いております。
         このような状況下、当社グループは、「お客様に十分ご満足のゆく商品・サービスの提供」を品質方針とし
        て、安心かつ安定的な供給体制並びに品質管理体制を維持・強化するとともに、付加価値の高い新規商品の提案
        を積極的に行い、取扱品目の増加及び取引先の拡大に努めてまいりました。PB飲料製品の販売数量が減少した
        ものの、食品副原料、乳製品、果汁・ピューレ類等の農産物加工品の販売数量が増加したことなどにより                                                、当第
        3四半期連結累計期間の売上高は24,529,303千円(前年同期比3.1%増)となりました。販売活動にともなう諸経
        費などの販売管理費が減少したことに加え、前年同期に比べ売上総利益率が上昇したことから、営業利益は
        602,614千円(前年同期比49.7%増)、経常利益は598,207千円(前年同期比49.1%増)、親会社株主に帰属する
        四半期純利益は407,076千円(前年同期比                   50.2  %増)となりました。
         セグメント別の状況は次のとおりであります。

        <卸売事業>
         飲料市場においては、飲料メーカー各社、多様化した消費者ニーズに応えるため、重点ブランドの強化や新た
        な付加価値を備えた商品の開発を推し進めておりますが、小売優位の情勢や原材料高騰もあり、厳しい経営環境
        が続いております。
         このような状況下、当社グループは取引先の多様なニーズに対応すべく、国内外から安全で安心な原材料・資
        材を確保し、安定供給体制の維持に努め、取引先の拡大と利益率改善を図ってまいりました。大手コンビニエン
        スストア向けPB飲料製品の販売数量が減少したものの、主力商品であるビタミンCなどの食品副原料、生ク
        リームなどの乳製品、野菜汁や果汁・ピューレ類などの農産物加工品の販売数量が増加いたしました。
         この結果、      売上高は23,839,097千円(前年同期比2.9%増)となりました。
        <製造販売事業>
         美味しさと素材にこだわった高品質で体にやさしいアイスクリームの開発に注力し、製造技術の向上、品質管
        理の強化に努め、取引先のニーズに合った商品を提供してまいりました。菓子メーカー向けPB商品の販売数量
        は減少したものの、業務用バルクアイスの販売数量が増加したことに加え、新規受注のPB商品の製造が好調に
        推移いたしました。
         この結果、売上高は577,574千円(前年同期比11.6%増)となりました。
        <その他>
         その他においては、FC事業がありますが、東京大手町地区にてコンビニエンスストアを4店舗経営しており
        ます。同地区の就労人口の変動による影響があるものの、SQCの向上や店舗運営の効率化に努めたことによ
        り、前年同期に比べ来店客数が増加し、販売が堅調に推移いたしました。
         この結果、売上高は613,970千円(前年同期比3.0%増)となりました。
        (注)セグメントの売上高には、セグメント間の内部売上高を含んでおります。

                                  3/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
        ①  資産の状況
         当第3四半期連結会計期間末の流動資産は、前連結会計年度末に比べ                                370,820    千円増加し、10,282,847千円とな
        りました。主な要因は、現金及び預金の増加によるものであります。また、当第3四半期連結会計期間末の固定
        資産は、前連結会計年度末に比べ               13,754   千円増加し、1,257,486千円となりました。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                                     384,574    千円増加し、
        11,540,333千円となりました。
        ②  負債の状況

         当第3四半期連結会計期間末の流動負債は、前連結会計年度末に比べ                                243,877    千円増加し、7,482,246千円にな
        りました。主な要因は、買掛金の増加によるものであります。また、当第3四半期連結会計期間末の固定負債
        は、前連結会計年度末に比べ             209,695    千円減少し、1,399,627千円となりました。主な要因は、長期借入金の減少
        によるものであります。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べ                                   34,182   千円増加し、8,881,874千円
        となりました。
        ③  純資産の状況

         当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ350,392千円増加し、2,658,459千円となり
        ました。主な要因は、利益剰余金の増加によるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新
        たに生じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

         記載すべき事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/15











                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  12,000,000

                  計                                12,000,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                        又は登録認可金融商品               内容
                           (平成31年2月12日)
               (平成30年12月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない当社における
                                       東京証券取引所
       普通株式             3,150,000            3,150,000                  標準となる株式であ
                                       市場第二部
                                                   り、単元株式数は
                                                   100株であります。
         計            3,150,000            3,150,000           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高              資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額
                                 (千円)       (千円)             残高(千円)
                   (株)       (株)                     (千円)
     平成30年10月1日~
                       -    3,150,000           -     363,387          -     288,387
     平成30年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/15







                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
         ます。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年12月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                       -             -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

     議決権制限株式(その他)                       -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式     200                 -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな
     完全議決権株式(その他)                   普通株式  3,148,400                    31,484     い当社における標準とな
                                                 る株式
     単元未満株式                   普通株式    1,400                 -            -
     発行済株式総数                         3,150,000           -            -

     総株主の議決権                       -               31,484          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                  東京都港区北青山一丁目
     オーウイル㈱                              200        -       200        0.01
                  2番3号
          計             -            200        -       200        0.01
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/15








                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について有限責任              あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/15

















                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,820,721              2,459,274
         現金及び預金
                                       ※ 5,432,843              ※ 5,408,432
         受取手形及び売掛金
                                       1,575,866              1,488,273
         商品及び製品
                                        589,708              446,395
         未着商品
                                         25,955              27,109
         原材料及び貯蔵品
                                        445,770              327,865
         未収入金
                                         27,590              131,638
         その他
                                        △ 6,430             △ 6,144
         貸倒引当金
                                       9,912,026              10,282,847
         流動資産合計
       固定資産
                                        446,464              438,863
         有形固定資産
                                         25,181              11,719
         無形固定資産
                                        772,086              806,903
         投資その他の資産
         固定資産合計                               1,243,732              1,257,486
                                       11,155,759              11,540,333
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       5,323,541              5,819,873
         買掛金
                                        791,964              724,473
         1年内返済予定の長期借入金
                                        825,951              595,706
         未払金
                                        137,476               85,583
         未払法人税等
                                         38,521              22,800
         賞与引当金
                                        120,913              233,809
         その他
                                       7,238,368              7,482,246
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,522,624              1,293,963
         長期借入金
                                         4,513              4,572
         資産除去債務
                                         82,185              101,092
         その他
                                       1,609,322              1,399,627
         固定負債合計
                                       8,847,691              8,881,874
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        363,387              363,387
         資本金
                                        292,475              292,475
         資本剰余金
                                       1,418,905              1,722,038
         利益剰余金
                                         △ 129             △ 200
         自己株式
                                       2,074,638              2,377,701
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        169,873              192,736
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 7,165             △ 1,232
         繰延ヘッジ損益
                                         23,775              34,094
         為替換算調整勘定
                                        186,483              225,598
         その他の包括利益累計額合計
                                         46,945              55,159
       非支配株主持分
                                       2,308,067              2,658,459
       純資産合計
                                       11,155,759              11,540,333
      負債純資産合計
                                  8/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      売上高                                 23,793,841              24,529,303
                                       21,670,091              22,233,704
      売上原価
                                       2,123,750              2,295,598
      売上総利益
                                       1,721,327              1,692,984
      販売費及び一般管理費
                                        402,422              602,614
      営業利益
      営業外収益
                                         5,747              6,173
       受取配当金
                                           347               -
       為替差益
                                         4,833              4,833
       受取手数料
                                         3,739              2,060
       受取補償金
                                           771             2,012
       その他
                                         15,440              15,078
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         7,531              7,862
       支払利息
       為替差損                                    -            10,365
                                         4,172              1,059
       支払補償費
                                         4,971               197
       その他
                                         16,675              19,485
       営業外費用合計
                                        401,187              598,207
      経常利益
                                        401,187              598,207
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   129,867              166,871
                                         △ 520             18,085
      法人税等調整額
                                        129,347              184,957
      法人税等合計
                                        271,840              413,249
      四半期純利益
                                           807             6,173
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        271,032              407,076
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  9/15










                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                        271,840              413,249
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         32,738              22,862
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,030              5,932
       繰延ヘッジ損益
                                         2,208              12,360
       為替換算調整勘定
                                         32,916              41,155
       その他の包括利益合計
                                        304,756              454,405
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        303,561              446,191
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,195              8,213
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 10/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
        結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
        の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※ 四半期連結会計期間末日満期手形
         四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、
        当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期連結会
        計期間末日残高に含まれております。
                               前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
         受取手形                           19,301千円                 9,355千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                             (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                              至 平成29年12月31日)                 至 平成30年12月31日)
         減価償却費                          73,421千円                 66,083千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
            配当金支払額
                        配当金の     1株当たり
                    株式の
            (決議)              総額     配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                    種類
                        (千円)      (円)
          平成29年6月23日
                   普通株式      94,493         30  平成29年3月31日         平成29年6月26日          利益剰余金
           定時株主総会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

            配当金支払額
                        配当金の     1株当たり
                    株式の
            (決議)              総額     配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                    種類
                        (千円)      (円)
          平成30年6月27日
                   普通株式     103,943         33  平成30年3月31日         平成30年6月28日          利益剰余金
           定時株主総会
                                 11/15







                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                         報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                             合計
                                      (注)1           (注)2      計上額
                           製造販売
                     卸売事業             計
                                                        (注)3
                            事業
         売上高
                     23,041,886       156,003    23,197,890       595,951    23,793,841         -  23,793,841

           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部

                       136,586      361,475      498,062        -    498,062     △ 498,062        -
           売上高又は振替高
                     23,178,472       517,479    23,695,952       595,951    24,291,903      △ 498,062    23,793,841

              計
                       399,058       704    399,763       3,776     403,539      △ 1,116     402,422
         セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、コンビニエンスストア小
             売業を営んでおります。
            2.セグメント利益の調整額△1,116千円は、セグメント間取引消去△1,116千円であります。
            3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                         報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                             合計
                                      (注)1           (注)2      計上額
                           製造販売
                     卸売事業             計
                                                        (注)3
                            事業
         売上高
                     23,693,281       222,051    23,915,332       613,970    24,529,303         -  24,529,303

           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部

                       145,816      355,522      501,338        -    501,338     △ 501,338        -
           売上高又は振替高
                     23,839,097       577,574    24,416,671       613,970    25,030,641      △ 501,338    24,529,303

              計
                       581,865      13,699     595,565       8,554     604,120      △ 1,505     602,614
         セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、コンビニエンスストア小
             売業を営んでおります。
            2.セグメント利益の調整額△1,505千円は、セグメント間取引消去△1,505千円であります。
            3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
                                 12/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成29年12月31日)              至 平成30年12月31日)
         1株当たり四半期純利益金額                              86円05銭              129円24銭
           (算定上の基礎)

            親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        271,032              407,076
            (千円)
            普通株主に帰属しない金額(千円)                               -              -
            普通株式に係る親会社株主に帰属する四半
                                        271,032              407,076
            期純利益金額(千円)
            普通株式の期中平均株式数(株)                            3,149,789              3,149,769
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 13/15













                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 14/15




















                                                           EDINET提出書類
                                                      オーウイル株式会社(E21832)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月12日

     オーウイル株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                寺田 昭仁  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                秋田 英明  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているオーウイル株式

     会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
     成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、オーウイル株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
            告書提出会社)が別途保管しております。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 15/15





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。