フクビ化学工業株式会社 四半期報告書 第85期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第85期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:フクビ化学工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

                    四半期報告書

    【提出書類】
                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【根拠条文】
                    北陸財務局長

    【提出先】
                    平成31年2月12日

    【提出日】
                    第85期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【四半期会計期間】
                    フクビ化学工業株式会社

    【会社名】
                    FUKUVI    CHEMICAL     INDUSTRY     CO.,LTD.

    【英訳名】
                    代表取締役社長     八 木 誠一郎

    【代表者の役職氏名】
                    福井市三十八社町33字66番地

    【本店の所在の場所】
                    0776(38)8002

    【電話番号】
                    取締役企画管理本部長  柴 田 寿 裕

    【事務連絡者氏名】
                    福井市三十八社町33字66番地

    【最寄りの連絡場所】
                    0776(38)8002

    【電話番号】
                    取締役企画管理本部長  柴 田 寿 裕

    【事務連絡者氏名】
                    株式会社東京証券取引所

    【縦覧に供する場所】
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    株式会社名古屋証券取引所

                     (名古屋市中区栄3丁目8番20号)

                    フクビ化学工業株式会社 東京支店

                     (東京都品川区大井1丁目23番3号(フクビビル))

                    フクビ化学工業株式会社 大阪支店

                     (大阪府吹田市江の木町17番12号(フクビビル))

                    フクビ化学工業株式会社 名古屋支店

                     (名古屋市中区丸の内1丁目16番4号(BPRプレイス名古屋丸の内5F))

                                  1/20




                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第84期           第85期

             回次              第3四半期           第3四半期            第84期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (百万円)            30,081           30,489           40,177
     経常利益                (百万円)            1,168           1,563           1,581

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            1,070           1,079           1,315
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            1,736            600          1,899
     純資産額                (百万円)            30,460           30,854           30,623

     総資産額                (百万円)            48,037           47,665           48,266

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           51.91           52.32           63.79
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            62.2           63.5           62.2
                             第84期           第85期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)           22.34           23.12
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
     な変更はありません。
      また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
      当第3四半期連結会計期間において、新たに設立した当社の子会社であるフクビ岡山株式会社を、連結の範囲に含
     めております。なお、フクビ岡山株式会社の主たる事業セグメントは建築資材事業であります。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
      結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連
      結会計年度との比較・分析を行っております。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

      ① 経営成績の分析
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業業績の回復が続き、設備投資も増加基調で推移しまし
      た。また、雇用・所得環境の改善が進み、個人消費も緩やかに持ち直していることから、総じて景気は回復基調が
      維持されています。なお、通商問題や海外情勢の不透明感、金融資本市場の変動等には引き続き留意が必要な状況
      です。
       住宅業界におきましては、平成30年度4月~12月の新設住宅着工は、貸家の着工減少が続いており、戸数737千
      戸(前年同期比0.5%減)、床面積58,940千㎡(同0.9%減)となりました。
        このような環境の下、当社グループでは、第5次中期経営計画「Vision2019                                    CHALLENGE&CHANGE         目指せ100年企
      業!」(2017年度~2019年度)の2年目として、下記の3つの基本方針に則り具体的施策を実践しています。
      ・成長分野への積極展開
        非住宅分野やリフォーム分野、車両や精密事業、海外事業など成長分野への経営資源の投入を図り、積極的な営
        業活動を展開しています。当期は、住宅のZEH化に対応したフェノバボード事業を積水化学から譲受、また精
        密事業部の低反射樹脂パネル増産に伴う新工場建設、フクビベトナム新工場建設などを進めています。
      ・生産性向上による利益の創造
        業務の標準化・平準化やデジタルの活用により作業の合理化を進め、また樹脂押出工場の再編による生産基盤の
        安定化や、生産効率の改善に注力しています。
      ・挑戦と変革を実現する経営基盤の確立
        総戦力化を図るため人材育成制度や評価制度などを刷新し、社員自身が成長を実感できるような仕組みづくり
        に努めており、今期からは各種研修や新評価制度の運用もスタートしています。
        以上により、当第3四半期連結累計期間の売上高は30,489百万円と前年同期に比べ1.4%の増収となりました。
       一方、利益面につきましては、工場再編等の生産体制の効率化を推し進めた効果が寄与し、収益力が向上したこ
      とにより、営業利益1,374百万円(前年同期比39.1%増)、経常利益1,563百万円(同33.9%増)、親会社株主に帰
      属する四半期純利益1,079百万円(同0.8%増)となりました。
       事業別の売上状況は、以下のとおりであります。

                       前第3四半期累計期間             当第3四半期累計期間                増 減

                              構成比
                        金 額             金 額             金 額      増減比
                                          構成比
                 分 類
                        (百万円)        (%)      (百万円)              (百万円)        (%)
                                           (%)
                                14.3             13.9            △1.1
               外装建材           4,295             4,247             △48
                                28.7             28.1            △0.8
               内装建材           8,623             8,554             △69
                                19.1             20.1             6.8
       建築資材        床関連材           5,750             6,141             391
                                10.0             9.2            △7.2
               システム建材           3,015             2,797            △219
                                72.1             71.3             0.3
                 計        21,683             21,739              56
                                27.9             28.7             4.2
       産業資材                   8,398             8,750             352
                               100.0             100.0              1.4
         合 計                30,081             30,489              408
        [建築資材事業]

                                  3/20

                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
        主力の建築資材事業の売上は、21,739百万円(前年同期比0.3%増)となり、売上高全体の71.3%を占めまし
       た。重点分野として、新築戸建分野とリフォーム、非住宅分野に注力いたしました。
        うち外装建材は、4,247百万円(同1.1%減)でした。換気部材の売上が減少しましたが、樹脂製瓦桟・外壁通気
       工法用防虫部材は順調に推移しました。
        内装建材は、8,554百万円(同0.8%減)でした。大手ビルダー向けの養生材の販売が伸び悩みましたが、浴室改
       修製品の販売拡大に注力した結果、ホテルなど宿泊施設向けの浴室用パネルは需要も旺盛で、順調に推移しまし
       た。
        床関連材は、6,141百万円(同6.8%増)でした。非住宅分野の販売を積極的に推し進めたことにより、事務所施
       設向けの乾式遮音二重床システム部材やフリーアクセスフロアが順調に受注を確保し、売上が伸長しました。
        システム建材は、2,797百万円(同7.2%減)でした。技術提案型営業が奏功し、請負工事付きの木粉入り樹脂建
       材の受注が順調に推移しました。しかしながら、空気循環式断熱システム部材などの販売が低調に推移し、全体の
       売上は減少しました。
        [産業資材事業]
         産業資材事業の売上は、8,750百万円(同4.2%増)となり、売上高全体の28.7%を占めました。窓枠製品や住
       宅設備製品の販売拡大に取り組んだ結果、売上が増加しました。精密分野では、エンジニアリングセールスの強
       化により、車載を中心とした低反射樹脂パネルの受注を確保しております。
      ② 財政状態の分析

       当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ601百万円(前期末比1.2%)減少し、
      47,665百万円となりました。主な増減要因としましては、流動資産では、商品及び製品が325百万円増加、また電子
      記録債権が499百万円増加した一方で、現金及び預金が901百万円減少、また受取手形及び売掛金が174百万円減少し
      たことなどにより、85百万円(同0.3%)の減少となりました。固定資産では、有形固定資産が46百万円増加、また投
      資その他の資産が546百万円減少するなど、516百万円(同3.4%)の減少となりました。
       負債は、前連結会計年度末に比べ832百万円(前期末比4.7%)減少し、16,811百万円となりました。主な増減要因
      としましては、流動負債では、未払費用が95百万円増加した一方で、未払法人税等が318百万円減少、また賞与引当
      金が250百万円減少するなど、783百万円(同4.9%)の減少となりました。固定負債では、リース債務が48百万円増加
      した一方で、繰延税金負債が111百万円減少するなど、49百万円(同3.1%)の減少となりました。
       純資産は、前連結会計年度末に比べ231百万円(前期末比0.8%)増加し、30,854百万円となりました。主な増減要
      因としましては、その他有価証券評価差額金が482百万円減少、また退職給付に係る調整累計額が23百万円減少しま
      した。株主資本合計は、利益剰余金が718百万円増加したことにより、28,794百万円となりました。この結果、自己
      資本は30,266百万円となり、自己資本比率は63.5%となりました。
                                                   (単位:百万円)

                                       当第3四半期
                          前連結会計年度末                          増減額
                                      連結会計期間末
           流 動 資 産                      33,197            33,112              △85
           固 定 資 産                      15,069            14,553            △516

        資  産  合  計                         48,266            47,665            △601

           流 動 負 債                      16,068            15,285            △783

           固 定 負 債                      1,575            1,526            △49

        負  債  合  計                         17,643            16,811            △832

        純 資 産 合  計                         30,623            30,854             231

                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
      (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第3四半期連結累計期間において重要な変更はありません。
        なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
       社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       買収防衛策について

       Ⅰ.当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
        当社は、公開会社である以上、当社株主の判断は、当然に個々の株主の自由意思に基づき、株式市場における自
       由な売買取引を通じて具現されるものと考えております。従いまして、たとえ大規模買付者から当社の支配権の移
       転を伴う買付提案がなされた場合でも、これに応じるべきか否かの判断は、最終的には当社株式を保有する個々の
       株主の判断に委ねられるべきものであると考えます。
        とはいえ、大規模買付行為の中には、①真に会社経営に参加する意思がないにもかかわらず、株価をつり上げて
       高値で会社または会社関係者に引き取らせるもの、②会社経営を一時的に支配して、当該会社の事業経営上必要な
       知的財産権、ノウハウ、企業情報、主要取引先・顧客等を当該買収者やそのグループ会社等に移譲させるもの、③
       会社経営を支配した後に当該会社の資産を当該買収者やそのグループ会社等の債務の担保や弁済原資とするものな
       ど、その目的等からみて、必ずしも企業価値および株主の共同の利益の維持・向上に資するとはいえないものが存
       在します。
        当社は、上記の例を含め、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれのある当社株式の大規模買
       付行為またはこれに類似する行為を行う者は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者としては適切でな
       いと考えます。
       Ⅱ.当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社支配に関する基本方針の実現に資する特別な取
         組み
      Ⅱ-Ⅰ.当社における企業価値向上への取組み

       当社グループは、「化学に立脚し、新たな価値を創造、提案する」、「企業経営を通じて、地域に貢献し、環境
      共生型社会形成に寄与する」の企業理念のもと、プラスチックを中心とする異形押出成形技術をコア技術として、
      常に新しい技術と製品の開発に専念し、企業価値の向上に努めてまいりました。
       今後更に、フクビの絶対主義、即ち「絶対品質、絶対スピード、絶対コスト」に裏付けられた製品とサービスの
      提供を通して、お客様の企業価値の増大に貢献し、開発型メーカーとしての事業基盤を一層強化していくために、
      第5次中期経営計画(平成30年3月期~平成32年3月期)を策定いたしました。
       当中期経営計画では「新たな技術開発と市場創造に絶え間なく挑戦し、快適な社会の実現に貢献する」「一人一
      人の成長と企業の成長が一体となることで、喜びを実感できるフクビグループを目指す」というグループビジョン
      を掲げ、これらを実現すべく3つの基本方針を策定しています。
       ①  成長分野への積極展開
       ②  生産性向上による利益の創造
       ③  挑戦と変革を実現する経営基盤の確立
        当社グループは、上記諸施策を推進することで100年企業への基盤づくりを行い、更には、地域・社会に貢献す
      る経営を継続することで、常にステークホルダーに信頼され、選ばれ続ける企業を目指します。
       Ⅱ-Ⅱ.コーポレート・ガバナンスの強化に向けた取組み

        当社グループにおきましては、コーポレート・ガバナンスの充実・強化を経営の最重要課題の一つと位置付けて
       おります。グループにとっての重要なステークホルダーであります株主、取引先および従業員にとっての企業価値
       の持続的な向上を図り、更に、企業の社会的責任、社会的使命を果たしていくためにも、
        ①意思決定機能と業務執行機能の分離による効率的な企業経営の実践
        ②監視・牽制機能強化による企業経営の透明性・公正性の向上
        ③内部統制システム構築による適時かつ的確なリスクコントロール態勢の整備
        ④役職員の企業倫理・遵法マインドの徹底的な高揚
       を通じて、コーポレート・ガバナンスの強化に向け不断の努力を続けております。
       Ⅲ.会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されるこ

         とを防止するための取組み
        当社は、企業価値および株主の皆様の共同の利益を確保し、かつ向上させることを目的として、議決権割合が
       20%以上となることを目的とする当社株券等の買付行為者に対し、情報開示など事前に定めたルールが守られない
       場合に一定の対抗措置をとることを定めた対応策(以下、「本プラン」という。)を導入することをもって、会社
                                  5/20


                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
       支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止
       するための取組みといたします。
        本プランの詳細につきましては、以下の当社ホームページにてご確認ください。
        http://www.fukuvi.co.jp/
       Ⅳ.本プランが会社支配に関する基本方針に沿うものであり、株主共同の利益を損なうものではないこと、会社役

         員の地位の維持を目的とするものでないこと及びその理由
       Ⅳ-Ⅰ.本プランが会社支配に関する基本方針に沿うものであること

        当社取締役会における会社支配に関する基本方針は、当社株主の共同利益の尊重を前提としており、本プランは
       この基本方針に沿って策定されています。具体的には、大規模買付時のルールの内容、大規模買付行為が為された
       場合の対応策、株主および投資家の皆様に与える影響、独立委員会の設置と権限、並びに本プランの有効期間等を
       規定しています。
        本プランは、大規模買付者に対して、大規模買付行為に関する必要十分かつ適切な情報を当社取締役会に事前に
       提供すること、および一定の評価期間が経過した後にのみ当該大規模買付行為を開始することを求め、これを遵守
       しない大規模買付者に対して当社取締役会が対抗措置を講じることがあることを明記しています。真に、当社の会
       社経営に参加する意思を持ち、当社企業価値の持続的かつ安定的な向上を目的とする者であれば、他の多くの同種
       のプランと同様の内容であり、受け入れできるものであると考えます。
        従いまして、本プランは、会社支配に関する基本方針の考えに沿うものであると考えます。
       Ⅳ-Ⅱ.本プランが当社株主の共同の利益を損なうものではないこと

        本プランは、大規模買付者が出現した場合に、①大規模買付者の身元、②大規模買付行為の目的、方法および内
       容、③大規模買付行為完了後に意図する当社企業価値の持続的かつ安定的な向上策等に関する情報の提供を受ける
       とともに、当社取締役会が意見の提供あるいは代替案の提示を行うために必要な時間を確保し、当社株主の皆様が
       大規模買付行為に応じるか否かを判断するために必要かつ十分な情報を提供することを主たる目的としておりま
       す。従いまして、本プランの実施により、当社株主および投資家の皆様は適切な投資判断が可能となりますので、
       本プランは当社株主の共同の利益を損なうものではなく、むしろその利益に資するものであると考えます。
        更に、本プランの発効並びに更新は、当社株主の皆様の承認を条件としており、また、当社株主の皆様の意向に
       より本プランの廃止も可能であることは、本プランが当社の株主の共同利益を損なわないことを担保していると考
       えます。
       Ⅳ-Ⅲ.本プランが当社役員の地位の維持を目的とするものではないこと

        第一に、本プランは、経済産業省および法務省が平成17年5月27日付で公表した「企業価値・株主共同の利
       益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」に定められた3原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向
       上の原則、事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を全て充足しており、かつ、企業価値研究会
       が平成20年6月30日に発表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」を踏まえております。この
       指針は、企業買収に対する過剰防衛を防止するとともに、企業買収および企業社会の公正なルールの形成を促すた
       めに策定されたものです。
        第二に、本プランは、大規模買付者に賛同するか否かの判断は最終的には当社株主の皆様の判断に委ねられるべ
       きという大原則に則り、大規模買付者に対する大規模買付ルールの遵守の要請や対抗措置の発動は、当社株主全体
       の共同利益を確保するために必要と判断される場合に限定されます。この担保のため、本プランは当社取締役会が
       対抗措置を発動する場合の合理的かつ客観的な要件を予め詳細に開示しており、当社取締役会による恣意的な発動
       を防止するための仕組みを確保しています。
        第三に、本プランには3年の有効期間が定められており、取締役会が単独で有効期間の更新を行うことはでき
       ず、更新する場合には株主の皆様の承認を要することとしています。尚、有効期間内であっても、本プランを取締
       役会の決議により廃止することが可能となっております。
        第四に、大規模買付行為に関して当社取締役会が対抗措置等を検討し決定する際には、当社の業務執行を行う経
       営陣から独立している委員で構成される独立委員会へ諮問し、同委員会の勧告を当社取締役会は最大限尊重するも
       のとされています。更に、独立委員会は、当社の費用で独立した第三者(投資銀行、証券会社、弁護士、公認会計
       士、経営コンサルタント等)の助言を得ることもできます。
        このように、本プランは、政府が企業買収に対する過剰防衛を防止するために策定した上記指針等に準拠してい
                                  6/20


                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
       る一方、当社取締役会による適正な運用を担保するための十分な手続きを掲示しています。以上から、本プランが
       当社役員の地位の維持を目的とするものでないことは明白であると考えております。
      (3)  研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の総額は、758百万円です。
        なお、当第3四半期連結累計期間において研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     63,000,000

                 計                                   63,000,000

       ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (平成30年12月31日)          (平成31年2月12日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                           単元株式数は100株でありま
       普通株式           20,688,425          20,688,425      名古屋証券取引所
                                           す。
                                  (各市場第二部)
        計         20,688,425          20,688,425           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません           。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成30年12月31日                 ―    20,688          ―     2,194         ―     1,511
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/20






                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年12月31日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                          ―          ―          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          ―          ―          ―

     議決権制限株式(その他)                          ―          ―          ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    ―          ―
                     普通株式        72,800
     完全議決権株式(その他)                普通株式     20,602,000           206,020             ―
     単元未満株式                普通株式        13,625             ―  1単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                     20,688,425              ―          ―

     総株主の議決権                          ―       206,020             ―

     (注)   1.当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記

          載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が11,000株含まれておりま
          す。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数110個が含まれておりま
          す。
        3.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式78株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                              平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  福井県福井市三十八社町
                                  72,800          ―    72,800        0.35
                        33字66番地
     フクビ化学工業株式会社
          計              ―          72,800          ―    72,800        0.35
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
     (1)役職の異動
        新役名及び職名             旧役名及び職名                 氏名            異動年月日
      取締役執行役員             取締役執行役員
      生産統括本部副本部長             生産統括本部副本部長
      兼生産企画管理部長             兼生産企画管理部長                加 川  潤 一              平成30年7月27日
      兼本社工場長             兼本社工場長
      兼商品物流管理部管掌 
                                  9/20






                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 9,439              8,538
                                      ※  15,597             ※  15,423
        受取手形及び売掛金
                                       ※  2,509             ※  3,008
        電子記録債権
        有価証券                                  20              60
        商品及び製品                                 2,680              3,005
        仕掛品                                  646              797
        原材料及び貯蔵品                                 1,070              1,072
        未収入金                                 1,168              1,055
        その他                                  73              153
                                          △ ▶             △ 0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                33,197              33,112
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               3,365              3,254
         機械装置及び運搬具(純額)                               1,863              1,743
         工具、器具及び備品(純額)                                239              251
         土地                               1,920              1,920
         リース資産(純額)                                445              510
                                          151              351
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                               7,983              8,029
        無形固定資産
         その他                                207              191
        投資その他の資産
         投資有価証券                               3,971              3,279
         長期前払費用                                161              223
         退職給付に係る資産                               2,466              2,467
         繰延税金資産                                 37              30
                                          243              334
         その他
         投資その他の資産合計                               6,879              6,333
        固定資産合計                                15,069              14,553
      資産合計                                  48,266              47,665
                                 11/20








                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※  12,456             ※  12,382
        支払手形及び買掛金
        短期借入金                                  270              327
        未払金                                  167              161
        未払法人税等                                  424              106
        未払費用                                 1,131              1,226
        賞与引当金                                  532              282
                                         1,090               802
        その他
        流動負債合計                                16,068              15,285
      固定負債
        リース債務                                  420              468
        繰延税金負債                                  806              696
        役員退職慰労引当金                                  302              316
        退職給付に係る負債                                  47              46
        固定負債合計                                 1,575              1,526
      負債合計                                  17,643              16,811
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 2,194              2,194
        資本剰余金                                 1,511              1,511
        利益剰余金                                24,407              25,125
                                         △ 36             △ 36
        自己株式
        株主資本合計                                28,076              28,794
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 1,420               937
        為替換算調整勘定                                  50              65
                                          494              470
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 1,963              1,472
      非支配株主持分                                   583              587
      純資産合計                                  30,623              30,854
     負債純資産合計                                   48,266              47,665
                                 12/20









                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   30,081              30,489
                                        22,276              22,034
     売上原価
     売上総利益                                    7,805              8,455
     販売費及び一般管理費
      運送費及び保管費                                  1,893              1,996
      広告宣伝費                                   180              187
      役員報酬                                   161              157
      従業員給料                                  1,536              1,598
      賞与引当金繰入額                                   407              495
      減価償却費                                   275              264
      賃借料                                   456              497
                                         1,909              1,887
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                  6,818              7,082
     営業利益                                     987             1,374
     営業外収益
      受取利息                                    0              1
      受取配当金                                    94              104
                                        ※1  139            ※1  154
      その他
      営業外収益合計                                   234              259
     営業外費用
      支払利息                                    3              5
      為替差損                                    2              7
                                        ※2  48            ※2  57
      その他
      営業外費用合計                                    53              69
     経常利益                                    1,168              1,563
     特別利益
      固定資産売却益                                   478               -
      投資有価証券売却益                                    0              1
                                           -              8
      保険差益
      特別利益合計                                   478               9
     特別損失
      固定資産売却損                                    1              0
      固定資産除却損                                    7              6
      投資有価証券評価損                                    30               0
                                           0              8
      その他
      特別損失合計                                    37              14
     税金等調整前四半期純利益                                    1,609              1,558
     法人税、住民税及び事業税
                                          347              364
                                          165              106
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     512              470
     四半期純利益                                    1,097              1,088
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     27               9
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    1,070              1,079
                                 13/20




                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                    1,097              1,088
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   634             △ 482
      為替換算調整勘定                                   △ 22              18
                                          26             △ 23
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                   638             △ 488
     四半期包括利益                                    1,736               600
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,715               588
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    21              12
                                 14/20















                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

                           当第3四半期連結累計期間
                      (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        連結の範囲の重要な変更
         当第3四半期連結会計期間より、新たに設立したフクビ岡山株式会社を連結の範囲に含めております。
      (会計方針の変更等)

        該当事項はありません。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       該当事項はありません。
      (追加情報)

                           当第3四半期連結累計期間
                      (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
       債の区分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

        ※ 当第3四半期連結会計期間の末日は金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日決済予定
        の売上債権及び仕入債務が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                         前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                        (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
        受取手形                          130  百万円                116  百万円
        売掛金                         1,561   百万円               1,574   百万円
        電子記録債権                          519  百万円                538  百万円
        支払手形                           6 百万円                 5 百万円
        買掛金                          10  百万円                10  百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

        ※1   営業外収益・その他の主なものは、次のとおりであります                           。
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                               至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                   44  百万円             38  百万円
        販売奨励金受益
        ※2   営業外費用・その他の主なものは、次のとおりであります。

                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                               至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                   30  百万円             ―  百万円
        実施権使用料
                                   12  百万円             12  百万円
        クレーム補償損
                                 15/20


                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第3連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連結
      累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                               至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                   860  百万円            897  百万円
        減価償却費
      (株主資本等関係)

     前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月16日
               普通株式          155       7.5  平成29年3月31日         平成29年6月19日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年11月10日
               普通株式          155       7.5  平成29年9月30日         平成29年12月11日         利益剰余金
     取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月14日
                         206      10.00
               普通株式                    平成30年3月31日         平成30年6月15日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成30年11月9日
                         155       7.5
               普通株式                    平成30年9月30日         平成30年12月10日         利益剰余金
     取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
                                 16/20






                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                              調整額
                                                    計算書計上額 
                                              注1
                                                      注2
                      建築資材        産業資材         計
     売上高

       外部顧客への売上高                    21,683        8,398       30,081          ―     30,081

       セグメント間の内部売上高
                           ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
            計             21,683        8,398       30,081          ―     30,081
     セグメント利益                    1,911         504       2,415       △ 1,428         987

     (注)   1.セグメント利益の調整額△1,428百万円は、主に提出会社の管理部門に係る人件費及び経費であります。

        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                              調整額
                                                    計算書計上額 
                                              注1
                                                      注2
                      建築資材        産業資材         計
     売上高

       外部顧客への売上高                    21,739        8,750       30,489          ―     30,489

       セグメント間の内部売上高
                           ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
            計             21,739        8,750       30,489          ―     30,489
     セグメント利益                    2,015         834       2,850       △  1,476        1,374

     (注)   1.セグメント利益の調整額△1,476百万円は、主に提出会社の管理部門に係る人件費及び経費であります。

        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 17/20








                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
       (金融商品関係)
         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
       (有価証券関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
       (デリバティブ取引関係)

         当社グループはデリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
       (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                項目
                                至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
      1株当たり四半期純利益金額                                 51円    91銭          52円    32銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                         1,070              1,079
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       ―             ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         1,070              1,079
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         20,616              20,616
        なお、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については潜在株式が存在しないため記載しておりません。

       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
    2  【その他】

       第85期(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)中間配当については、平成30年11月9日開催の取締役会に
      おいて、平成30年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決
      議いたしました。
         ①配当金の総額                                 155百万円
                                          7円   50銭
         ②1株当たりの金額
         ③支払請求権の効力発生日及び支払開始日                             平成30年12月10日
                                 18/20





                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                     フクビ化学工業株式会社(E00829)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    フクビ化学工業株式会社
     取締役会      御中
                       太陽有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       山 本    栄 一            印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       石 原    鉄 也            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているフクビ化学工業

    株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日か
    ら平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
    財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
    半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、フクビ化学工業株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。