スターゼン株式会社 四半期報告書 第80期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第80期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:スターゼン株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2019年2月12日

    【四半期会計期間】                 第80期第3四半期(自            2018年10月1日         至   2018年12月31日)

    【会社名】                 スターゼン株式会社

    【英訳名】                 Starzen    Company    Limited

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役会長兼社長 中 津 濵 健

    【本店の所在の場所】                 東京都港区港南二丁目5番7号

    【電話番号】                 03(3471)5521(代表)

    【事務連絡者氏名】                 経理本部長 相 田 邦 明

    【最寄りの連絡場所】                 東京都港区港南二丁目5番7号

    【電話番号】                 03(3471)5521(代表)

    【事務連絡者氏名】                 経理本部長 相 田 邦 明

    【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
    (注)第2四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                           第79期            第80期

            回次              第3四半期            第3四半期             第79期
                         連結累計期間            連結累計期間
                        自 2017年4月1日            自 2018年4月1日            自 2017年4月1日
           会計期間
                        至 2017年12月31日            至 2018年12月31日            至 2018年3月31日
     売上高              (百万円)            260,829            270,704            340,119
     経常利益              (百万円)             6,310            5,433            7,270

     親会社株主に帰属する
                  (百万円)             4,259            3,628            5,120
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は
                  (百万円)             4,783            3,553            5,214
     包括利益
     純資産額              (百万円)            47,431            51,310            47,885
     総資産額              (百万円)            134,055            143,174            122,846

     1株当たり四半期(当期)
                   (円)           451.81            375.83            542.44
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)           413.56            351.49            497.03
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率               (%)            35.4            35.8            39.0
                           第79期            第80期

            回次              第3四半期            第3四半期
                         連結会計期間            連結会計期間
                        自   2017年10月1日          自   2018年10月1日
           会計期間
                        至   2017年12月31日          至   2018年12月31日
     1株当たり四半期純利益               (円)           180.99            184.36
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 当社は第75期より従業員株式所有制度を導入しております。当制度の導入に伴い、資産管理サービス信託銀
          行株式会社(信託E口)(以下、「信託E口」といいます。)が保有する当社株式を、1株当たり四半期(当期)
          純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除
          する自己株式に含めております。
        4  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社の異動については以下のとおりです。
      (その他の事業)

      第1四半期連結会計期間において、スターゼン東京物流センター株式会社はスターゼンロジスティクス株式会社を
     存続会社とする吸収合併により消滅しております。
                                  2/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した
      「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期
      連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で
      前連結会計年度との比較・分析を行っております。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      a.経営成績
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、景気の緩やかな回復基調
      が継続しています。一方で、米国発の通商問題の影響等による景気へのマイナス影響が懸念され、先行きについて
      は注視を要する状況にあります。
       食肉業界では、消費者の低価格志向などにより比較的安価な輸入食肉の需要が高まる傾向にあります。一方で輸
      入食肉は販売競争の激化など、利益面で厳しい状況にあり、また人手不足による物流費や人件費の上昇が重なり、
      厳しい事業環境が続きました。 
       このような状況の中、当社グループは本年度より新中期経営計画(3ヵ年)をスタートさせており、さらなる成
      長への布石を打ち始めております。具体的には、調理現場の人手不足、調理の時短ニーズを背景とした加工食品需
      要の伸びに対応するため、ハンバーグの新工場の稼働を開始いたしました。また、未進出エリアにおける販売網強
      化を目的に、株式会社サニーサイドとの資本業務提携契約を締結いたしました。業務プロセス面では国内初となる
      豚肩甲骨・上腕骨除骨ロボット「ワンダスミニ                      マークⅡ」を子会社のスターゼンミートプロセッサー株式会社青森
      工場三沢ポークセンターに本格導入し、今後のさらなる省人化・省力化が見込まれます。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における                       売上高は2,707億4百万円           (前年同四半期比3.8%増)             と増収とな
      りました。一方利益面につきましては調達コスト高や国内販売競争の激化等による売上総利益率の低下、さらには
      物流費及び人件費の増加により               営業利益は42億20百万円            (前年同四半期比16.6%減)、               経常利益は54億33百万円
      (前年同四半期比13.9%減)、               親会社株主に帰属する四半期純利益は36億28百万円                        (前年同四半期比14.8%減)              と
      減益となりました。
       事業部門別の営業概況は、次のとおりであります。

      <食肉関連事業>

       食肉関連事業は、販売部門と供給部門が連携して営業力を強化したことや、加工食品の販売が拡大した結果、                                                   売
      上高は2,686億64百万円           (前年同四半期比3.8%増)となりました。
       また、部門別の業績は次のとおりであります。

       (食肉)
       国内事業は、取扱量拡大に力を入れ、新規取引先の獲得や、既存取引先との取り組みを強化した結果、前年同四
      半期比で取扱量、売上高ともに伸長いたしました。しかしながら消費者の低価格志向などを背景にコストの上昇を
      販売価格に転嫁しにくい環境が続いており、利益面では苦戦を強いられました。
       また、調達先別の業績は次のとおりであります。
       国産食肉は、輸入食肉への需要シフトの影響もあり、売上高は前年同四半期比で横ばいとなっております。利益
      面では、国産豚肉で12月にかけての安値相場により仕入環境が改善するも、国産牛肉で相場高及び生産農家減少を
      背景とした調達コスト高を販売価格に転嫁しにくい状況が続いており苦戦を強いられました。
       輸入食肉は、国産食肉からの需要シフトの影響もあり、取扱量、売上高ともに大きく伸長しております。利益面
                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
      では、輸入鶏肉で12月にかけて相場が上昇したため販売環境が改善するも、輸入牛肉の調達コストが高値推移した
      ことや、販売競争が激化するなど厳しい状況が続きました。
       輸出事業は、国産牛肉の輸出を中心に前年同四半期比で取扱量、売上高ともに大きく伸長いたしました。三井物
      産株式会社との協業による台湾向けの輸出も順調に推移しております。
       これらの結果、食肉部門の              売上高は2,169億70百万円            (前年同四半期比3.6%増)             となりました。一方、利益面で
      は前述のとおり苦戦を強いられました。
       (加工食品)
       加工食品は、ハンバーグ、ローストビーフを中心に販売が引き続き好調に推移した結果、売上高は前年を上回り
      391億95百万円       (前年同四半期比5.0%増)             となりました。利益面についても販売拡大とともに順調に推移しており
      ます。
       (ハム・ソーセージ)
       ハム・ソーセージは、販促活動を強化し販売数量を確保した結果、売上高は前年を上回り                                           110億8百万円      (前年同
      四半期比2.3%増)         となりました。
       (その他)
       その他の取扱品は、          売上高は14億90百万円          (前年同四半期比16.2%増)             となりました。 
      <その他の事業>

       その他の事業は、         売上高は20億40百万円          (前年同四半期比3.8%減)             となりました。
       b.財務状態

      (資産)
       流動資産は、前連結会計年度末と比べて、                    191億55百万円増加し、           967億24百万円       となりました。これは、主とし
      て現金及び預金や受取手形及び売掛金、商品及び製品が増加したことによります。
       固定資産は、前連結会計年度末と比べて、                     11億80百万円増加し、          464億25百万円       となりました。これは、主として
      建設仮勘定が減少したものの、建物及び構築物や機械装置及び運搬具、投資有価証券が増加したことによります。
       この結果、総資産では、前連結会計年度末に比べて、                          203億28百万円増加し、           1,431億74百万円        となりました。
      (負債)
       流動負債は、前連結会計年度末と比べて、                    125億47百万円増加し、           590億48百万円       となりました。これは、主とし
      て買掛金や短期借入金が増加したことによります。
       固定負債は、前連結会計年度末と比べて、                     43億55百万円増加し、          328億15百万円       となりました。これは、主として
      長期借入金が増加したことによります。
       この結果、負債合計では、前連結会計年度末に比べて、                          169億3百万円増加し、          918億64百万円       となりました。
      (純資産)
       純資産合計は、前連結会計年度末と比べて、                     34億25百万円増加し、          513億10百万円       となりました。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
      ありません。
       なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
      社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりです。
       ① 基本方針の内容の概要
       当社取締役会は、当社株式に対する大規模な買付等が行われた場合でも、その目的等が当社の企業価値ひいては
      株主共同の利益の確保・向上に資するものであれば、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切
      であると考えるものではありません。また、支配権の移転を伴う買収提案に応じるかどうかの判断も、最終的には
      株主の皆様の意思に基づき行われるべきものと考えております。
       しかしながら、株式の大規模な買付等の中には、その目的等から見て企業価値ひいては株主共同の利益に対して
      明白な侵害をもたらすおそれのあるもの、株主の皆様に株式の売却を事実上強制するおそれのあるもの、取締役会
      や株主の皆様が株式の大規模な買付等の内容等について検討し、あるいは取締役会が代替案を提示するために合理
      的に必要十分な時間や情報を提供することのないもの等、買付等の対象とされた会社の企業価値ひいては株主共同
      の利益に資さないものも少なくありません。
                                  4/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
       そこで、当社取締役会は、当社株式に対して大規模な買付行為等が行われた場合に、株主の皆様が適切な判断を
      するために、必要な情報や時間を確保し、買付者等との交渉等が一定の合理的なルールに従って行われることが、
      企業価値ひいては株主共同の利益に合致すると考え、以下の内容の大規模買付時における情報提供と検討時間の確
      保等に関する一定のルール(以下「大規模買付ルール」といいます。)を設定し、会社の支配に関する基本方針に
      照らして不適切な者によって大規模買付行為がなされた場合の対応方針を含めた対抗策を講ずる必要があると考え
      ます。
       ② 会社支配に関する基本方針の実現に関する取り組み
       当社グループは、事業環境の変化への対応強化、顧客価値の創造及び企業価値向上を目指し、2018年度を初年度
      とする3年間を対象とした中期経営計画を策定し、株主共同の利益の一層の向上を追求し、さらには財務体質の強
      化と内部留保の充実を考慮しつつ、株主利益を重視した配当政策を実施してまいります。
       ③  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための
         取り組みの概要
       当社は、会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配され
      ることを防止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させるための取り組みとして、2016年5
      月12日開催の当社取締役会において、「当社株式の大規模買付行為に関する対応策(以下「本プラン」といいま
      す。)」の継続を決議し、2016年6月29日開催の第77回定時株主総会において、本プランの継続についてご承認を
      得ております。
       本プランの対象となる当社株式の買付とは、特定株主グループ(注1)の議決権割合(注2)を20%以上とするこ
      とを目的とする当社株券等(注3)の買付行為、又は結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当
      社株券等の買付行為(いずれについてもあらかじめ当社取締役会が同意したものを除き、また市場取引、公開買付
      け等の具体的な買付方法の如何を問いません。以下、かかる買付行為を「大規模買付行為」といい、かかる買付行
      為を行う者を「大規模買付者」といいます。)とします。
       当社取締役会は、大規模買付行為の評価等の難易度に応じ、大規模買付者が当社取締役会に対し評価必要情報の
      提供を完了した後、対価を現金(円価)のみとする公開買付による当社全株式の買付の場合は最長60日間、その他
      の大規模買付行為の場合は最長90日間を当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成、代替案立案のための期
      間(以下「取締役会評価期間」といいます。)として設定します。従って、大規模買付行為は、かかる取締役会評
      価期間の経過後にのみ開始されるものとします。
       大規模買付者が大規模買付ルールを遵守した場合には、当社取締役会は、仮に当該大規模買付行為に反対であっ
      たとしても、当該買付提案についての反対意見を表明したり、代替案を提示することにより、株主の皆様を説得す
      るに留め、原則として当該大規模買付行為に対する対抗措置は講じません。大規模買付者の買付提案に応じるか否
      かは、株主の皆様において、当該買付提案及び当社が提示する当該買付提案に対する意見、代替案等をご考慮の
      上、ご判断いただくことになります。
       但し、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合や、大規模買付ルールが遵守されている場合で
      あっても、当該大規模買付行為が、結果として会社に回復し難い損害をもたらすなど、当社の企業価値ひいては株
      主共同の利益を著しく損なうと当社取締役会が判断する場合には、例外的に当社取締役会は、当社の企業価値ひい
      ては株主共同の利益を守ることを目的として必要かつ相当な範囲で、対抗措置の発動を決定することができるもの
      とします。
       上記のとおり例外的に対抗措置を発動することについて判断する場合には、その判断の客観性及び合理性を担保
      するため、当社取締役会は、対抗措置の発動に先立ち、独立委員会に対し対抗措置の発動の是非について諮問し、
      独立委員会は対抗措置発動の必要性、相当性を十分検討した上で上記の取締役会評価期間内に勧告を行うものとし
      ます。当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、対抗措置発動又は不発動について判断を行うも
      のとします。
       また、選択した対抗措置の内容によっては、法令及び定款の定めに従って株主総会で決議を求めること、あるい
      は独立委員会の勧告に基づいて株主総会の場で株主承認を求めることがあります。このように株主意思確認手続き
      をとった場合は、株主の皆様の意思を確認の上、対抗措置の発動、不発動の手続きが完了するまでは、大規模買付
      行為は開始できないものとします。
                                  5/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
       なお、本プランの有効期限は2019年6月30日までに開催される当社第80回定時株主総会の終結の時までとしま
      す。ただし、①当社株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合、②当社取締役会により本プラ
      ンを廃止する旨の決議が行われた場合には、その時点で廃止されるものとします。
       また、本プランの有効期間中であっても、当社取締役会は、企業価値ひいては株主共同の利益の向上の観点から
      随時見直しを行い、株主総会の承認を得て本プランの変更を行うことがあります。このように、当社取締役会が本
      プランについて継続、変更、廃止等の決定を行った場合には、当社取締役会は、その内容を速やかに開示します。
       なお、当社取締役会は、本プランの有効期間中であっても、本プランに関する法令、金融商品取引所規則等の新
      設または改廃が行われ、かかる新設または改廃を反映するのが適切である場合、誤字脱字等の理由により字句の修
      正を行うのが適切な場合等、株主の皆様に不利益を与えない場合には、必要に応じて独立委員会の承認を得た上
      で、本プランを修正し、又は変更する場合があります。
     (注)1 特定株主グループとは、

       (i)当社の株券等(金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等をいいます。)の保有者(同法第27条
          の23第3項に基づき保有者に含まれる者を含みます。以下同じとします。)及びその共同保有者(同法第
          27条の23第5項に規定する共同保有者をいい、同条第6項に基づく共同保有者とみなされる者を含みま
          す。以下同じとします。)又は、
       (ii)当社の株券等(同法第27条の2第1項に規定する株券等をいいます。)の買付け等(同法第27条の2第1
          項に規定する買付け等をいい、取引所金融商品市場において行われるものを含みます。)を行う者及びそ
          の特別関係者(同法第27条の2第7項に規定する特別関係者をいいます。)を意味します。
     (注)2 議決権割合とは、
       (i)特定株主グループが、注1の(i)記載の場合は、当該保有者の株券等保有割合(金融商品取引法第27条の
          23第4項に規定する株券等保有割合をいいます。この場合においては、当該保有者の共同保有者の保有株
          券等の数(同項に規定する保有株券等の数をいいます。以下同じとします。)も加算するものとしま
          す。)又は、
       (ii)特定株主グループが、注1の(ii)記載の場合は、当該大規模買付者及び当該特別関係者の株券等所有割合
          (同法第27条の2第8項に規定する株券等所有割合をいいます。)の合計をいいます。
           各議決権割合の算出に当たっては、総議決権の数(同法第27条の2第8項に規定するものをいいます。)
          及び発行済株式の総数(同法第27条の23第4項に規定するものをいいます。)は、有価証券報告書、四半
          期報告書及び自己株券買付状況報告書のうち直近に提出されたものを参照することができるものとしま
          す。
     (注)3 株券等とは、
          金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等又は同法第27条の2第1項に規定する株券等のいずれ
          かに該当するものを意味します。 
       ④  本プランが基本方針に沿い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に合致し、当社の会社役員の地位の維持
        を目的とするものではないことについて
       1)買収防衛策に関する指針の要件を充足していること
       本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保または向上
      のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開示・
      株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しています。
       また、経済産業省に設置された企業価値研究会が2008年6月30日に発表した報告書「近時の諸環境の変化を踏ま
      えた買収防衛策の在り方」及び東京証券取引所が2015年6月1日に公表した「コーポレートガバナンス・コード」
      の「原則1-5いわゆる買収防衛策」の内容も踏まえたものとなっております。
       2)株主共同の利益の確保・向上の目的をもって継続されていること
       本プランは、上記に記載したとおり、当社株式に対する大規模買付行為がなされた際に、当該大規模買付行為に
      応じるべきか否かを株主の皆様が判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や時間を確
      保し、又は株主の皆様のために買付者等と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株
      主共同の利益を確保し、向上させるという目的をもって継続されるものです。
                                  6/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
       3)株主意思を反映するものであること
       本プランは、第77回定時株主総会での承認によりすでに発効継続されており、本プラン継続後、有効期間の満了
      前であっても、株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランはその時点で廃止さ
      れることになり、株主の皆様のご意向が反映されます。
       4)独立性の高い社外者の判断の重視と情報開示
       本プランにおける対抗措置の発動は、上記に記載したとおり、当社の業務執行を行う経営陣から独立している委
      員で構成される独立委員会へ諮問し、同委員会の勧告を最大限尊重するものとされております。また、その判断の
      概要については株主の皆様に適宜公表することとされており、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に適うよう
      に本プランの透明な運用を担保するための手続も確保されております。
       5)デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと
       本プランは、当社株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により、本プランを廃止することが可能で
      す。従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもなお、発動を阻
      止できない買収防衛策)ではありません。
       また、当社は、期差任期制を採用していないため、本プランはスローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の
      交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       60百万円    であります。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当社は、2018年11月6日開催の取締役会において、2019年4月1日を効力発生日として当社の完全子会社である
      スターゼンインターナショナル株式会社及びスターゼン食品株式会社を吸収合併することを決議いたしました。
       (1)   合併の目的

       管理・事務部門の業務のスリム化など組織運営の効率化を図るとともに、コーポレートガバナンス・コンプライ
      アンス・リスク管理の強化を推進することを目的としております。
       (2)   合併の方法

       当社を存続会社とする吸収合併方式で、スターゼンインターナショナル株式会社、スターゼン食品株式会社は解
      散いたします。
       (3)   合併に係る割当の内容

       当社の完全子会社との合併であるため、本合併による株式の割当て、資本金の増加および合併交付金の支払いは
      ありません。
       (4)   合併の日程

       合併決議取締役会             2018年11月6日
       合併契約締結日             2019年1月10日
       合併期日(効力発生日)             2019年4月1日
       (5)   引継資産・負債の状況 

       合併期日(効力発生日)において、スターゼンインターナショナル株式会社、スターゼン食品株式会社の資産・
      負債及び権利義務の一切を引継いたします。
       (6)   吸収合併存続会社となる会社の概要

       商号          スターゼン株式会社
       資本金    11,612百万円(2018年12月31日現在)
       事業の内容  食肉・食肉加工品および食品の販売
                                  7/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          22,000,000

                  計                         22,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)          又は登録認可金融               内容
               (2018年12月31日)           (2019年2月12日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所           単元株式数は100株
       普通株式              9,741,191         同左
                                       (市場第一部)            であります。
        計            9,741,191         同左            ―            ―
     (注)提出日現在発行数には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株

       式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                      0     9,741         0     11,612          0     7,545
     2018年12月31日
     (注)
     (注) 転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の権利行使による増加であります。
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/19





                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                              2018年9月30日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―            ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

     議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―            ―
                      普通株式        1,300
                      普通株式      9,607,200
     完全議決権株式(その他)                                      96,072          ―
                      普通株式       132,471

     単元未満株式                                  ―            ―
     発行済株式総数                       9,740,971            ―            ―

     総株主の議決権                      ―                96,072          ―

    (注)   単元未満株式には、当社所有の自己株式22株が含まれております。なお、「完全議決権株式(自己株式等)」
       の欄には、自己株式のうち、信託E口が所有する当社株式35,700株を含めておりません。
      ②  【自己株式等】

                                              2018年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義
       所有者の氏名                                             総数に対する
                                              所有株式数の
                     所有者の住所            所有株式数       所有株式数
                                               合計(株)
        又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)
                                                     の割合(%)
    (自己保有株式)
                 東京都港区港南二丁目5番7号                   1,300       ―       1,300       0.01
    スターゼン株式会社
          計              ―            1,300       ―       1,300       0.01
     (注)上記には、信託E口が所有する当社株式35,700株を含めておりません。

    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。なお、新日本有限責任監査法人は2018年
     7月1日をもって、名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しております。
                                 10/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                10,065              14,768
                                      ※3  36,597            ※3  46,591
        受取手形及び売掛金
        商品及び製品                                21,896              24,785
        仕掛品                                  334              323
        原材料及び貯蔵品                                 1,716              1,502
        その他                                 7,005              8,814
                                         △ 46             △ 63
        貸倒引当金
        流動資産合計                                77,568              96,724
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               11,352              12,664
         土地                               10,335              10,335
                                         7,092              6,625
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               28,779              29,624
        無形固定資産
         のれん                                483              379
                                          597              679
         その他
         無形固定資産合計                               1,081              1,059
                                      ※1  15,384            ※1  15,741
        投資その他の資産
        固定資産合計                                45,245              46,425
      繰延資産                                    32              24
      資産合計                                 122,846              143,174
                                 11/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                16,156              19,693
        短期借入金                                11,015              20,186
        1年内返済予定の長期借入金                                 6,945              7,886
        未払法人税等                                 1,447               399
        賞与引当金                                 1,709               867
                                         9,226              10,015
        その他
        流動負債合計                                46,500              59,048
      固定負債
        社債                                 3,100              3,100
        転換社債型新株予約権付社債                                 3,769              2,817
        長期借入金                                16,870              21,570
        退職給付に係る負債                                 1,854              1,869
        その他                                 2,866              3,458
        固定負債合計                                28,460              32,815
      負債合計                                  74,961              91,864
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                11,136              11,612
        資本剰余金                                11,991              12,467
        利益剰余金                                23,520              26,005
                                         △ 142              △ 79
        自己株式
        株主資本合計                                46,507              50,006
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 1,632              1,518
        繰延ヘッジ損益                                 △ 94             △ 37
        為替換算調整勘定                                 △ 147             △ 173
                                         △ 12              △ 8
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 1,378              1,298
      非支配株主持分                                    -               ▶
      純資産合計                                  47,885              51,310
     負債純資産合計                                   122,846              143,174
                                 12/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高                                   260,829              270,704
                                        237,174              246,889
     売上原価
     売上総利益                                   23,655              23,815
     販売費及び一般管理費                                   18,594              19,595
     営業利益                                    5,061              4,220
     営業外収益
      受取利息                                    ▶              10
      受取配当金                                    94              97
      不動産賃貸料                                   323              310
      受取保険金及び配当金                                   226              243
      持分法による投資利益                                   915              914
                                          223              212
      その他
      営業外収益合計                                  1,788              1,789
     営業外費用
      支払利息                                   290              335
      不動産賃貸費用                                   111              104
                                          136              136
      その他
      営業外費用合計                                   538              576
     経常利益                                    6,310              5,433
     特別利益
      固定資産売却益                                    1              0
                                          -              24
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    1              25
     特別損失
      固定資産除却損                                    84              32
      減損損失                                    10               0
                                          -              45
      災害による損失
      特別損失合計                                    95              78
     税金等調整前四半期純利益                                    6,217              5,380
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,547              1,263
     法人税等調整額                                     410              483
     法人税等合計                                    1,957              1,747
     四半期純利益                                    4,259              3,633
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     -               ▶
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    4,259              3,628
                                 13/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                    4,259              3,633
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   410             △ 108
      繰延ヘッジ損益                                    20              56
      為替換算調整勘定                                    ▶             △ 11
      退職給付に係る調整額                                    2              9
                                          86             △ 25
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                   524              △ 79
     四半期包括利益                                    4,783              3,553
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  4,783              3,549
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -               ▶
                                 14/19















                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (連結範囲の変更)
        第1四半期連結会計期間において、連結子会社であったスターゼン東京物流センター株式会社は、スターゼンロ
      ジスティクス株式会社を存続会社とする吸収合併により消滅したため連結の範囲から除外しております。
      (追加情報)

      (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
       当社は、従業員への福利厚生を目的として、従業員持株会に信託を通じて自社の株式を交付する取引を行ってお
      ります。
      (1)  取引の概要
      「株式給付信託(従業員持株会処分型)」は、「社員持株会」(以下、「持株会」といいます。)に加入するすべて
      の従業員を対象に、当社株式の株価上昇メリットを還元するインセンティブ・プランです。
       本制度では、当社は、当社を委託者、みずほ信託銀行株式会社を受託者とする「株式給付信託(従業員持株会処
      分型)契約書」(以下、「本信託契約」といいます。)を締結しております。本信託契約に基づいて設定される信託
      を「本信託」といいます。また、みずほ信託銀行株式会社は資産管理サービス信託銀行株式会社との間で、資産管
      理サービス信託銀行株式会社(信託E口)を再信託受託者として有価証券等の信託財産の管理を再信託する契約を
      締結しております。
       本制度では、信託の設定後5年間にわたり持株会が取得する見込みの当社株式を、信託E口が予め一括して取得
      し、持株会の株式取得に際して当社株式を売却していきます。信託終了時までに、信託E口が持株会への売却を通
      じて本信託の信託財産内に株式売却益相当額が累積した場合には、それを残余財産として受益者適格要件を充足す
      る持株会加入者に分配します。また当社は、みずほ信託銀行株式会社が当社株式を取得するための借入に対し保証
      をしているため、信託終了時において、当社株価の下落により当該株式売却損相当の借入残債がある場合には、保
      証契約に基づき当社が当該残債を弁済することとなります。
      (2)  信託に残存する自社の株式
       信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式
      として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度137百万円、50,000株、当第3四
      半期連結会計期間71百万円、25,900株であります。
      (3)  総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
        前連結会計年度5百万円、当第3四半期連結会計期間には該当事項はありません。
      (『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1    資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
       投資その他の資産                       72 百万円                91 百万円
                                 15/19





                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
     2    保証債務

       連結会社以外の会社の金融機関等からの借入に対して、債務保証を行っております。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
       株式会社阿久根食肉流通センター                     1,038   百万円               964  百万円
       株式会社雲仙有明ファーム                      626   〃              729   〃
       有限会社八戸農場                      670   〃              606   〃
       北海道はまなか肉牛牧場株式会社                      570   〃              570   〃
        株式会社栗原農場                       -  〃              492   〃
       その他                      547   〃              445   〃
               計              3,452   百万円              3,809   百万円
     ※3    四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

       なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
      が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
       受取手形                       27 百万円                15 百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
     連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
     りであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                           至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
       減価償却費                     1,801   百万円              1,897   百万円
       のれんの償却額                      103   〃              103   〃
      (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
       配当金支払額

                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2017年6月29日
               普通株式          948      100.00    2017年3月31日         2017年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注) 2017年6月29日定時株主総会決議による配当金の総額には、信託E口が保有する自社の株式に対する配当
       金7百万円が含まれております。
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

       配当金支払額

                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年6月28日
               普通株式         1,143       120.00    2018年3月31日         2018年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注) 2018年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、信託E口が保有する自社の株式に対する配当
       金6百万円が含まれております。
                                 16/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自                          2018年
      4月1日      至   2018年12月31日)
       当社は、生産肥育から食肉の処理加工、製造、販売に至るまでの事業を主に国内で行う「食肉関連事業」を中心
      に事業活動を展開しており、報告セグメントは「食肉関連事業」のみであるため、セグメント情報の記載を省略し
      ております。
      (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
     下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                 項目
                                  至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                        451円81銭              375円83銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                    4,259              3,628

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          4,259              3,628
      四半期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  9,426,936              9,654,506
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                        413円56銭              351円49銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                     -              -

      普通株式増加数(株)                                   871,964              668,653

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

                                                          ―
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   信託E口が保有する当社株式を、「1株当たり四半期純利益」及び「潜在株式調整後1株当たり四半期純利益」

       の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第3四半期連結累計期間
       64,311株、当第3四半期連結累計期間38,611株)。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                 17/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年2月12日

    スターゼン株式会社
     取 締 役 会  御 中
                         EY新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                      公認会計士      鈴 木  聡
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                      公認会計士      大 野 祐 平
                          業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているスターゼン株式

    会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12
    月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、スターゼン株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
    の重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。