株式会社ロイヤルホテル 四半期報告書 第93期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第93期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ロイヤルホテル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               平成31年2月12日

    【四半期会計期間】               第93期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               株式会社ロイヤルホテル

    【英訳名】               THE  ROYAL   HOTEL,    LIMITED

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  蔭 山 秀 一

    【本店の所在の場所】               大阪市北区中之島5丁目3番68号

    【電話番号】               (06)6448―1121(大代表)

    【事務連絡者氏名】               執行役員財務チーム長  坊 傳 康 真

    【最寄りの連絡場所】               大阪市北区中之島5丁目3番68号

    【電話番号】               (06)6448―1121(大代表)

    【事務連絡者氏名】               執行役員財務チーム長  坊 傳 康 真

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第92期           第93期

             回次              第3四半期           第3四半期            第92期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (百万円)            30,241           30,564           41,076
     経常利益                (百万円)            1,504           1,476           2,220

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            1,064           2,645           2,079
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            1,212           2,720           2,234
     純資産額                (百万円)            15,337           19,079           16,358

     総資産額                (百万円)            65,505           64,824           66,207

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           103.89           258.23           203.02
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           61.53          148.25           120.24
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            23.4           29.3           24.7
                             第92期           第93期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           92.64          218.48
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
        4.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。当該
          株式併合が前連結会計年度の開始の日に実施されたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株
          式調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      に重要な変更はありません。
                                  2/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間における、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」について重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものです。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
      連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
      連結会計年度との比較・分析を行っております。
     (1)  経営成績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢が改善するなど、緩やかな回復基調が続
       きました。一方、海外情勢による景気への影響が懸念されたほか、株式市場が下落基調に転じるなど、経済動向に
       変調の兆しも見られました。
        ホテル業界においては、訪日外国人数は前年を上回ったものの、新規ホテルの開業等による競合環境の激化に加
       え、昨年6月以降立て続けに発生した自然災害による訪日旅行のキャンセルなどが業界環境に影響を及ぼしまし
       た。
        こうした環境下、当社グループは、当連結会計年度を最終年度とする中期経営計画の実現に向けて、「コア事業
       の持続的成長」「品質の更なる向上」「経営基盤の強化」を重点施策として、各種施策に取り組んでまいりまし
       た。
        営業面では、堅調な宿泊需要と、企業業績の改善に伴い回復が見られる宴会需要を最大限取り込み、収益機会の
       最大化に努めました。また、施設面では、昨年6月にリーガロイヤルホテル東京の「日本料理なにわ」をリブラン
       ドし、「京料理        たん熊北店      Directed     by  M.Kurisu」、「鉄板焼 みや美」としてオープンするなど、より一層多
       様化するお客様のニーズに応えるとともに、収益基盤の強化を図りました。
        このように収益拡大に向け様々な施策に取り組んだ結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、客室・宴会・
       食堂の主要3部門が前年実績を上回り、30,564百万円と前年同期比322百万円(1.1%)の増収となりました。
        損益面では、営業利益1,649百万円(前年同期比19百万円の減)、経常利益1,476百万円(前年同期比27百万円の
       減)となりました。また、事業用定期借地権設定契約変更契約に関し覚書を締結し一部事項の明確化を図ることに
       伴い、資産除去債務に関する見積りを見直した結果、資産除去債務取崩益1,217百万円を特別利益に計上したこと
       等により、親会社株主に帰属する四半期純利益2,645百万円(前年同期比1,580百万円の増)となりました。
                                  3/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態の状況
        当社グループホテルは、中期経営計画の仕上げの重要な1年と位置付け、当第3四半期連結累計期間においても
       経営基盤の強化を図ってまいりました。
        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ1,383百万円減少し64,824百万円となりまし
       た。
        内訳では流動資産が同1,362百万円増加し8,535百万円となりました。これは連結子会社である㈱リーガロイヤル
       ホテル小倉の建物の賃貸借における敷金の一部返還に伴い、現金及び預金が1,536百万円増加したこと等によりま
       す。固定資産は同2,746百万円減少し56,288百万円となりました。これは(1)経営成績の状況に記載のとおり、資産
       除去債務を取り崩したこと等により有形固定資産が1,697百万円減少したことに加え、敷金の一部返還に伴い、投
       資その他の資産の差入保証金が1,133百万円減少したこと等によります。
        当第3四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ4,103百万円減少し45,745百万円となりま
       した。これは資産除去債務が2,024百万円取り崩し等により減少したことに加え、借入金が、返済により1,222百万
       円減少したこと等によります。
        当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ2,720百万円増加し19,079百万円となりまし
       た。これは親会社株主に帰属する四半期純利益の計上等によります。これにより自己資本比率は、前連結会計年度
       末の24.7%から29.3%になりました。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (4)  研究開発活動

       特記事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/24











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                               200,000,000

              A種優先株式                                  300,000

                 計                              20,300,000

     (注)当社の各種類株式の発行可能種類株式総数の合計は200,300,000株となりますが、上記の「計」の欄では、当社
        定款に定める発行可能株式総数20,300,000株を記載しております。なお、発行可能種類株式総数の合計と発行
        可能株式総数の一致については、会社法上要求されておりません。
      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現在                          上場金融商品取引所
                            提出日現在発行数(株)
        種類          発行数(株)                      名又は登録認可金融             内容
                             (平成31年2月12日)
                (平成30年12月31日)                         商品取引業協会名
                                                  単元株式数は、
                                         東京証券取引所
       普通株式              10,271,651             10,271,651                100株でありま
                                          (市場第二部)
                                                  す。
      A種優先株式                 300,000             300,000         ―       (注)
        計             10,571,651             10,571,651           ―         ―

    (注)A種優先株式の内容は次のとおりであります。

     (A)優先配当金
        当社は、A種優先株式(以下「本優先株式」という。)を有する株主(以下「本優先株主」という。)又は本
       優先株式の登録株式質権者(以下「優先登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普
       通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、本優先
       株式1株につき、下記①に定める額の剰余金(以下「本優先配当金」という。)を配当する。
        但し、下記(B)に定める優先中間配当金を支払ったときは、当該優先中間配当金を控除した額とする。
      ①優先配当金
       イ.本優先配当金の額は、本優先株式1株当たりの払込金額(5万円)にそれぞれの事業年度ごとに下記ロで定
         める配当年率を乗じて算出した金額とする。但し、平成25年3月31日に終了する事業年度までの本優先配当
         金の支払いについては、その上限を1,000円とする。
       ロ.  配当年率は、平成18年7月7日(払込期日)以降、翌年の3月31日までの各事業年度について、下記算式に
         より計算される年率とする。
          配当年率=日本円TIBOR(6ヶ月物)+0.75%
                                  5/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
         日本円TIBOR(6ヶ月物)は、平成19年3月31日までは平成18年7月7日及び同年10月1日の2時点、
         それ以降は、各年4月1日及びその直後の10月1日の2時点において、午前11時における日本円TIBOR
         (6ヶ月物)として、全国銀行協会によって公表される数値の平均値を指すものとする。平成18年7月7
         日、各年4月1日または10月1日に日本円TIBOR(6ヶ月物)が公表されない場合は、同日、ロンドン
         時間午前11時におけるユーロ円LIBOR(6ヶ月物(360日ベース))として、英国銀行協会(BBA)に
         よって公表される数値またはこれに準ずるものと認められるものを日本円TIBOR(6ヶ月物)に代えて
         用いるものとする。
         日本円TIBOR(6ヶ月物)又はこれに代えて用いる数値は、%未満小数第4位まで算出し、その小数第
         4位を四捨五入する。各年4月1日及び10月1日当日が銀行休業日の場合は、直前営業日に公表される数値
         を用いるものとする。
      ②累積条項
       ある事業年度において本優先株主又は本優先登録株式質権者に対して支払う1株当たりの期末配当金の額が本優
       先配当金に達しない場合においても、その差額は翌事業年度に累積しない。
      ③非参加条項
       本優先株主又は本優先登録株式質権者に対しては、本優先配当金を超えて配当を行わない。
     (B)優先中間配当金
       イ.当社は中間配当を行うときは、本優先株主又は優先登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権
         者に先立ち、本優先株式1株当たりの払込金額にそれぞれの事業年度ごとに下記ロで定める中間配当年率を
         乗じて算出した金額の2分の1に相当する金額(以下「本優先中間配当金」という。)を支払う。但し、平
         成25年3月31日に終了する事業年度までの本優先中間配当金の支払いについては、その上限を500円とする。
       ロ.中間配当年率は、平成18年7月7日(払込期日)以降、翌年の9月30日までの各半期事業年度について、下
         記算式により計算される年率とする。
          中間配当年率=日本円TIBOR(6ヶ月物)+0.75%
         日本円TIBOR(6ヶ月物)は、平成18年9月30日までは平成18年7月7日の時点、それ以降は、各年4
         月1日時点において、午前11時における日本円TIBOR(6ヶ月物)として、全国銀行協会によって公表
         される数値を指すものとする。
         その他の規定については、上記(A)優先配当金①ロに準じるものとする。
     (C)残余財産の分配
        残余財産を分配するときは、本優先株主又は本優先登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者
       に先立ち、本優先株式1株につき5万円を支払う。本優先株主又は本優先登録株式質権者に対しては、このほ
       か、残余財産の分配は行わない。
     (D)単元株式数
        本優先株式の単元株式数は、1,000株とする。
     (E)議決権
        本優先株主は、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会において議決権を有しない。
     (F)種類株主総会
        本優先株式については、会社法第322条第1項各号の決議を要しないことを定款に定めている。
     (G)議決権を有しないこととしている理由
        資本増強にあたり、既存株主への影響を考慮したためである。
                                  6/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
     (H)取得請求権
      ①償還請求
       本優先株主は、当社に対して、平成28年7月8日(払込期日後10年を経過した日)以後いつでも(①により取得
       請求をされる日を、以下「償還日」という。)、本優先株式1株につき5万円及び取得日の属する事業年度にお
       ける本優先配当金額(取得日が4月1日から9月30日の場合、優先中間配当金額)に相当する額の合計額をもっ
       て、その有する本優先株式の全部又は一部を取得することを請求することができる。
      ②転換予約権
       本優先株主は、当社に対して、下記に定める条件により、その有する本優先株式の全部又は一部を取得すること
       を請求することができるものとし、当社は当該本優先株主に対して、本優先株式を取得することと引換えに、下
       記に定める条件で、当社の普通株式(以下「当社普通株式」という。)を交付するものとする。
       イ.本優先株式を取得することを請求することができる期間
         平成25年7月8日(払込期日後7年を経過した日)から平成43年7月6日までとする。
       ロ.本優先株式を取得することと引換えに交付する株式の種類及び数の算定方法
          (イ)   本優先株式を取得することと引換えに交付する株式の種類
            当社普通株式
          (ロ)   本優先株式を取得することと引換えに交付する株式の数の算定方法
            本優先株式を取得することと引換えに交付する株式の数は、次の算式により算出されるものとし、本
            優先株式1株の取得と引換えに交付すべき当社普通株式の数は、次の算出式により算出される「取得
            と引換えに交付すべき当社の普通株式数」を本優先株主が取得請求に際して提出した本優先株式の数
            で除した数とする。
                            優先株主が取得請求に際して
              取得と引換えに交付
                         =  提出した優先株式の払込金額               ÷  交付価額
              すべき普通株式数
                            の総額
            交付すべき株式数の算出にあたって1株未満の端数を生じたときは、会社法第167条第3項各号に掲げ
            る場合の区分に応じ、当該各号に定める額にその端数を乗じて得た額に相当する金銭を交付する。
       ハ.交付価額
          (イ)   交付価額
            交付価額は、1,973円90銭とする。
          (ロ)   交付価額の修正
            平成26年4月1日以降平成43年4月1日までの毎年4月1日(以下「決定日」という。)以降、交付
            価額は、決定日に先立つ45取引日に始まる30取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通
            取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)に相当する金額(円単
            位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。以下「決定日価額」という。)に修
            正される(なお、上記45取引日の間に、下記(ハ)で定める交付価額の調整事由が生じた場合には、
            修正後の交付価額は、下記(ハ)に準じて調整される)。但し、かかる算出の結果、決定日価額が
            1,734円(以下「下限交付価額」という。但し、下記(ハ)による調整を受ける。)を下回る場合に
            は、修正後の交付価額は下限交付価額とし、決定日価額が6,936円(以下「上限交付価額」という。但
            し、下記(ハ)による調整を受ける。)を上回る場合には、修正後の交付価額は上限交付価額とする
            (下限交付価額は当初交付価額(346円80銭)の50%、上限交付価額は当初交付価額の200%とそれぞ
            れ定められていた価額を、平成29年10月1日付の当社普通株式10株を1株とする株式併合に伴い調整
            したもの。)。
                                  7/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
          (ハ)   交付価額の調整
          (a)交付価額(上記(ロ)の下限交付価額及び上限交付価額を含む。)は、当社が本優先株式を発行
             後、次の(ⅰ)から(ⅴ)までのいずれかに該当する場合には、次の算式(以下「交付価額調整
             式」という。)により調整される。但し、次の(ⅰ)から(ⅴ)が適用される時点で、下記(c)
             に定める時価が存在しない場合は、時価を調整前交付価額と置き換えて交付価額調整式を適用する
             ものとする。
                                  新規発行・         1株当たり
                                          ×
                                  処分普通株式数         払込金額・処分価額
                           既発行
                                 +
                           普通株式数
                                        1株当たり時価
               調整後      調整前
                    =      ×
               交付価額      交付価額
                             既発行普通株式数+新規発行・処分普通株式数
              調整後交付価額は円単位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。
           (ⅰ)下記(c)に定める時価(上記(a)但書の場合は、調整前交付価額。以下同様とする。)を下
             回る払込金額をもって当社普通株式を新たに発行又は当社の有する当社普通株式を処分する場合
             (但し、本号(ⅲ)又は(ⅳ)に記載の株式、新株予約権、新株予約権付社債その他の証券の転
             換、交換又は行使により当社普通株式が交付される場合を除く。)
             調整後交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最終日。
             以下同様とする。)の翌日以降、また、当社普通株主に当社普通株式の割当てを受ける権利を与え
             る場合には当該割当てにかかる基準日の翌日以降これを適用する。
           (ⅱ)当社普通株式の株式分割をする場合
             調整後交付価額は、株式分割によって増加する普通株式数(但し、株式分割の基準日において当社
             の有する当社普通株式にかかる増加株式数を除くものとする。)をもって新発行・処分株式数とし
             た上で交付価額調整式を準用して算出するものとし、株式分割のための基準日の翌日以降これを適
             用する。
           (ⅲ)当社普通株式の交付を請求できる株式、新株予約権又は新株予約権付社債その他の証券を発行す
             る場合
             調整後交付価額は、発行される新株予約権若しくは新株予約権付社債又はその他証券の全てが当初
             の条件で転換、交換又は行使されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、
             払込期日(新株予約権及び新株予約権付社債の場合は割当日)の翌日以降これを適用する。但し、
             その当社普通株主に当該証券又は権利の割当てを受ける権利を与える場合には当該割当てにかかる
             基準日の翌日以降これを適用する。
             上記にかかわらず、行使に際して交付される当社普通株式の対価が当該証券又は権利が発行された
             時点で確定していない場合は、調整後交付価額は、当該対価の確定時点で残存する証券又は権利の
             全てが当該条件で行使されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対
             価が確定した日の翌日以降これを適用する。
           (ⅳ)下記(c)に定める時価を下回る対価をもって当社普通株式に交換される取得条項付株式(但
             し、本号(ⅲ)に該当するものを除く。)を発行する場合
             調整後交付価額は、発行された取得条項付株式の全てがその時点での条件で当社普通株式に交換さ
             れたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、取得事由の発生日の翌日以降こ
             れを適用する。
                                  8/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
           (ⅴ)上記(ⅰ)乃至(ⅳ)の各取引において、当社普通株主に割当てを受ける権利を与えるための基
             準日が設定され、かつ、各取引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は取締役会その他当社
             の機関の承認を条件としているときには、上記(ⅰ)乃至(ⅳ)にかかわらず、調整後交付価額
             は、当該承認があった日の翌日以降これを適用するものとする。
             この場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日までに、本優先株式の取得に
             換えて当社普通株式を交付する取得請求権の行使をなした者に対しては、次の算出方法により、当
             社普通株式を追加して交付するものとする。
                      (調整前交付価額               調整前交付価額により
                                ×
                     -調整後交付価額)              当該期間内に交付された株式数
              株式数    =
                                調整後交付価額
             この場合に1株未満の端数を生じたときは、その端数に調整後の転換価額を乗じた金額を支払う。
             但し、1円未満の端数は切り捨てる。
           (ⅵ)上記(ⅲ)及び(ⅳ)における対価とは、当該株式又は新株予約権の発行に際して払込みがなさ
             れた額から、その取得又は行使に際して当該株式又は新株予約権の所持人に交付される金銭その他
             の財産の価額を控除した金額を、その取得又は行使に際して交付される当社普通株式の数で除した
             金額をいう。
          (b)当社は、上記(ハ)(a)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に
             は、取締役会の決議により客観的に合理的な交付価額の調整を行うものとする。
           (ⅰ)合併、資本の減少又は普通株式の併合等により交付価額の調整を必要とする場合
           (ⅱ)その他当社普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により交付価額の調整を必要
             とする場合
           (ⅲ)交付価額を調整すべき事項が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後交付価額の算
             出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき 
          (c)交付価額調整式で使用する1株当たり時価は、調整後交付価額を適用する日(但し、上記(a)(ⅴ)
             の場合には基準日)に先立つ45取引日目に始まる30取引日の東京証券取引所における当社の普通株式
             の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)とし、その計算
             は円単位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。なお、上記45取引日の間に、
             上記(a)又は(b)に定める交付価額の調整事由が生じた場合には、上記平均値は上記(a)又は
             (b)に準じて調整される。
          (d)交付価額調整式で使用する調整前交付価額は、調整後交付価額を適用する日の前日において有効な交
             付価額とする。
                                  9/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
          (e)交付価額調整式で使用する既発行普通株式数は、基準日が定められている場合はその日、基準日が定
             められていない場合は調整後交付価額を適用する日の1か月前の日における当社の発行済普通株式数
             (当該日における当社が有する当社普通株式数を除く。)とする。また、上記(a)(ⅱ)の場合に
             は、交付価額調整式で使用する新規発行・処分普通株式数は、基準日における自己株式に係り増加し
             た当社普通株式数を含まないものとする。さらに、上記(a)(ⅰ)乃至(ⅳ)のいずれにかにより
             交付価額の調整を算出するにあたり(以下「現調整時」という。)、当該調整式における調整前交付
             価額が当社の普通株式、当社の普通株式が交付される取得請求権付株式若しくは新株予約権(新株予
             約権付社債を含む。)並びに当社の普通株式が交付される取得条項付株式、取得条項付新株予約権若
             しくは新株予約権付社債(取得条項付新株予約権が付されているものに限る。)の交付により調整さ
             れている場合(又は当該調整が下記(f)但書により考慮されたものである場合)、当該調整を算出
             するために交付されたものとみなされた当社の普通株式数が、現調整時において実際に交付された当
             社の普通株式を上回る限りにおいて、当該交付価額調整式の既発行普通株式数を確定するため、現調
             整時において交付されていない当社の普通株式は、交付されたものとみなすものとする。
          (f)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満にとどまると
             きは、交付価額の調整はこれを行わない。但し、その後交付価額の調整を必要とする事由が発生し、
             交付価額を算出する場合には、交付価額調整式中の調整前交付価額に代えて調整前交付価額からこの
             差額を差引いた額を使用する。
     (I)取得条項
      ①強制償還
       当社は、いつでも当社取締役会において定める日(以下「取得日」という。)に、下記の価額をもって、本優先
       株式の全部又は一部を取得することができる。本優先株式の一部を取得する場合は、抽選による。
       平成18年7月7日から平成25年7月7日まで本優先株式1株につき
              5万円   ×  102%
       平成25年7月8日以降本優先株式1株につき
                       取得日における当社普通株式の時価                  ×  93%
              5万円       ×
                             取得日における交付価額
       但し、以下に定める金額を下限とする。
                       (1+取得日における配当年率(取得日が4月1日から9月30日
              5万円       ×
                       の場合は中間配当年率)(それぞれ、2%を下限とする。))
      ②強制転換
       当社は、平成43年7月6日までに取得請求が行われなかった本優先株式については、平成43年7月7日(以下
       「一斉取得日」という。)をもって、そのすべてを取得するものとする。
       当社は、本優先株式を取得するのと引換えに、当該本優先株式の優先株主に対して、各優先株主の有する本優先
       株式の払込金相当額を、一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の東京証券取引所における当社の普通
       株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(但し、終値のない日数は除き、その計算は円単位
       未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)で除して得られる数の普通株式を交付するもの
       とする。但し、当該平均値が、下限交付価額を下回るときは、各優先株主の有する本優先株式の払込金相当額を
       当該下限交付価額で除して得られる数、又は、当該平均値が上限交付価額を上回るときは、各優先株主の有する
       本優先株式の払込金相当額を当該上限交付価額で除して得られる数の普通株式となる。上記の普通株式の数の算
       出に当たって1株未満の端数が生じたときは、会社法第234条の規定に基づきその端数に応じた金銭を交付する。
                                 10/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
                       普通株式
                        10,271,651
      平成30年12月31日                ―              ―    13,229          ―       ―
                       A種優先株式
                          300,000
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                              平成30年12月31日現在
           区分             株式数(株)         議決権の数(個)               内容
                     A種優先株式
     無議決権株式                                   ―         ―
                            300,000
     議決権制限株式(自己株式等)                          ―         ―         ―
     議決権制限株式(その他)                          ―         ―         ―

                     (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―         ―
                     普通株式       28,700
                     普通株式

     完全議決権株式(その他)                                102,164            ―
                           10,216,400
                     普通株式
     単元未満株式                                   ―         ―
                             26,551
     発行済株式総数(普通株式)                      10,271,651              ―         ―
     発行済株式総数(A種優先株式)                       300,000            ―         ―

     総株主の議決権                          ―      102,164            ―

     (注)   1 「無議決権株式」欄のA種優先株式の内容については、第3〔提出会社の状況〕 1〔株式等の状況〕(1)
          〔株式の総数等〕 ②〔発行済株式〕の(注)に記載しております。
        2 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には証券保管振替機構名義の株式が300株(議決権3個)含まれて
          おります。
                                 11/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
      ②  【自己株式等】
                                              平成30年12月31日現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
    (自己保有株式)
                    大阪市北区中之島
    株式会社ロイヤルホテル                            28,700         ―    28,700          0.27
                    5丁目3番68号
          計              ―         28,700         ―    28,700          0.27
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 12/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 13/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 2,737              4,273
        売掛金                                 2,654              2,733
        原材料及び貯蔵品                                  381              781
        その他                                 1,404               750
                                          △ 3             △ 3
        貸倒引当金
        流動資産合計                                 7,173              8,535
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               71,412              60,589
                                       △ 55,421             △ 46,058
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             15,990              14,531
         土地
                                        27,000              27,000
         リース資産                               1,139              1,092
                                         △ 710             △ 774
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                               428              318
         その他
                                         5,966              5,253
                                        △ 4,719             △ 4,134
           減価償却累計額
           その他(純額)                              1,247              1,119
         有形固定資産合計                               44,665              42,968
        無形固定資産
         リース資産                                148               94
                                          31              128
         その他
         無形固定資産合計                                179              222
        投資その他の資産
         差入保証金                               13,026              11,893
         繰延税金資産                                491              676
         その他                                683              538
                                         △ 12             △ 11
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               14,189              13,096
        固定資産合計                                59,034              56,288
      資産合計                                  66,207              64,824
                                 14/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                 1,226              1,741
        短期借入金                                 1,615              1,567
        賞与引当金                                  428              221
                                         4,588              3,722
        その他
        流動負債合計                                 7,859              7,253
      固定負債
        長期借入金                                30,235              29,060
        長期預り金                                 3,406              3,358
        退職給付に係る負債                                 5,612              5,521
        商品券回収損引当金                                  177              177
        資産除去債務                                 2,063                38
                                          494              333
        その他
        固定負債合計                                41,989              38,491
      負債合計                                  49,848              45,745
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                13,229              13,229
        利益剰余金                                 3,491              6,136
                                         △ 60             △ 60
        自己株式
        株主資本合計                                16,660              19,305
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  56              24
                                         △ 394             △ 333
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 337             △ 308
      非支配株主持分                                    36              82
      純資産合計                                  16,358              19,079
     負債純資産合計                                   66,207              64,824
                                 15/24










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   30,241              30,564
                                         7,367              7,643
     売上原価
     売上総利益                                   22,874              22,921
     販売費及び一般管理費
      水道光熱費                                  1,716              1,715
      人件費                                  10,109              10,253
                                         9,379              9,303
      諸経費
      販売費及び一般管理費合計                                  21,205              21,272
     営業利益                                    1,669              1,649
     営業外収益
      受取利息                                    3              2
      受取配当金                                    ▶              ▶
      受取保険金                                    23               6
      債務勘定整理益                                    9              7
                                          22              29
      その他
      営業外収益合計                                    62              49
     営業外費用
      支払利息                                   202              197
                                          25              25
      その他
      営業外費用合計                                   227              222
     経常利益                                    1,504              1,476
     特別利益
                                                     ※1  1,217
      資産除去債務取崩益                                    -
      投資有価証券売却益                                    74              38
                                        ※2  104
                                                         -
      受取補償金
      特別利益合計                                   178             1,255
     特別損失
                                        ※3  129             ※3  33
      減損損失
      固定資産除却損                                    44              26
                                           8              -
      環境対策費
      特別損失合計                                   182               60
     税金等調整前四半期純利益                                    1,500              2,672
     法人税、住民税及び事業税
                                          219              156
                                          188             △ 175
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     408              △ 19
     四半期純利益                                    1,092              2,691
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     28              46
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    1,064              2,645
                                 16/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                    1,092              2,691
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    19             △ 31
                                          101               60
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                   120               29
     四半期包括利益                                    1,212              2,720
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,182              2,670
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    29              50
                                 17/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

        該当事項はありません。
      (会計方針の変更等)

        該当事項はありません。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

                          当第3四半期連結累計期間
                    (自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
     計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
     に表示しております。
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1 資産除去債務取崩益

      前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       事業用定期借地権設定契約変更契約に関し覚書を締結し一部事項の明確化を図ることに伴い、資産除去債務に関
      する見積りを見直した結果、資産除去債務及び関連する有形固定資産の帳簿価額を取り崩すことにより生じた額を
      特別利益に計上しております。
     ※2 受取補償金 

      前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       当社グループは、東日本大震災に起因する東京電力ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所及び福島第
      二原子力発電所の事故による損害賠償に関し、平成29年5月29日付、及び平成29年7月25日付で、その賠償金額に
      ついて一部合意が成立致しました。
       これにより、当第3四半期連結累計期間において、賠償金104百万円を受取補償金として特別利益に計上しており
      ます。
      当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       該当事項はありません。
                                 18/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
     ※3 減損損失
      前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上しております。
          用途         場所         種類        減損損失
                         建物            100百万円
        ホテル         東京都新宿区         その他             28百万円
                         合計            129百万円
        当社グループは減損損失の算定にあたって、概ね独立のキャッシュ・フローを生み出す最小の単位として、原
       則として個々のホテルを基本単位として資産のグルーピングを行っております。
        今後の業績見通し等を勘案した結果、上記の資産グループについては、将来キャッシュ・フローによって当資
       産グループの帳簿価額を全額回収できる可能性が低いと判断し、当資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで
       減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
        なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローが見込
       めないため、零として評価しております。 
      当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上しております。
          用途         場所         種類        減損損失
                         建物             4百万円
        ホテル         東京都新宿区         その他             28百万円
                         合計             33百万円
        当社グループは減損損失の算定にあたって、概ね独立のキャッシュ・フローを生み出す最小の単位として、原
       則として個々のホテルを基本単位として資産のグルーピングを行っております。
        今後の業績見通し等を勘案した結果、上記の資産グループについては、将来キャッシュ・フローによって当資
       産グループの帳簿価額を全額回収できる可能性が低いと判断し、当資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで
       減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
        なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローが見込
       めないため、零として評価しております。 
                                 19/24










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                              (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                               至   平成29年12月31日)            至   平成30年12月31日)
        減価償却費                          1,233百万円              1,146百万円
      (株主資本等関係)

       該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
      当社グループは、内外顧客の宿泊・料理飲食・貸席等を中心とするホテル経営及びホテル附帯業務を事業内容とし

     ております。商品やサービスの内容、商品の販売方法、サービスの提供方法、販売市場が類似しており、経営資源の
     配分の決定及び業績評価は当社グループ全体で行っていること等から判断して、事業セグメントが単一であるため、
     セグメント情報の記載を省略しております。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

      当社グループは、内外顧客の宿泊・料理飲食・貸席等を中心とするホテル経営及びホテル附帯業務を事業内容とし

     ております。商品やサービスの内容、商品の販売方法、サービスの提供方法、販売市場が類似しており、経営資源の
     配分の決定及び業績評価は当社グループ全体で行っていること等から判断して、事業セグメントが単一であるため、
     セグメント情報の記載を省略しております。
      (金融商品関係)

       四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (有価証券関係)

       四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。 
      (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。  
      (企業結合等関係)

       該当事項はありません。  
                                 20/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                        103.89円             258.23円
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                   1,064              2,645

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     ―             ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         1,064              2,645
       四半期純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                10,243,610              10,242,965
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                        61.53円             148.25円
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                     ―             ―

       普通株式増加数(株)                                 7,052,186              7,599,169

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       ―             ―
     会計年度末から重要な変更があったものの概要
     (注) 当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。当該
        株式併合が前連結会計年度の開始の日に実施されたと仮定して、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整
        後1株当たり四半期純利益を算定しております。 
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 21/24










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 22/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ロイヤルホテル(E04540)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    株式会社ロイヤルホテル
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                          小  野         友  之
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          安      田      智      則
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ロイヤ

    ルホテルの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日
    から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半
    期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
    いて四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ロイヤルホテル及び連結子会社の平成30年12月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。