株式会社ヒガシマル 四半期報告書 第40期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第40期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ヒガシマル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               九州財務局長

    【提出日】               平成31年2月12日

    【四半期会計期間】               第40期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               株式会社ヒガシマル

    【英訳名】               HIGASHIMARU      CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長         東   勤

    【本店の所在の場所】               鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉20番地

    【電話番号】               099-273-3859(代表)

    【事務連絡者氏名】               管理部副部長        田之畑     武

    【最寄りの連絡場所】               鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉20番地

    【電話番号】               099-273-3859(代表)

    【事務連絡者氏名】               管理部副部長        田之畑     武

    【縦覧に供する場所】               証券会員制法人福岡証券取引所

                    (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
                                  1/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第39期           第40期

             回次              第3四半期           第3四半期            第39期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (千円)         11,258,561            9,756,475          13,551,129
     経常利益                (千円)           719,387           602,942           409,437

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           422,767           385,207           131,993
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           480,411           341,221           151,068
     純資産額                (千円)         6,483,224           6,224,758           6,153,882

     総資産額                (千円)         13,441,527           14,374,044           11,946,601

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)           89.85           83.46           28.05

     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            48.1           43.3           51.4
                             第39期           第40期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           47.34           39.39
     (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。 
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
     ん。
      また、主要な関係会社に異動はありません。
                                  2/16





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社、以下
      同じ。)が判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
      連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
      連結会計年度との比較・分析を行っております。
      (1)  業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、一部地域において、夏場に相次いだ自然災害の影響がみら
       れましたが、全体として企業収益の向上や雇用情勢の改善を背景に緩やかな回復傾向を維持しています。しかしな
       がら、消費者マインドは力強さを欠いた状況が続き、また、将来の家計負担増等の不安から、節約・低価格志向は
       根強いこともあり、企業間における価格競争が一層増すなど厳しい経営環境が続いております。
        このような環境の下、当社グループは、「コンプライアンス経営」、「品質・安全の追求」、「研究開発の強
       化」、「海外市場の開拓」に取り組みを推し進めるなか、食品事業及び水産事業の商品に対する信頼性向上やグ
       ローバル化した社会で通用する食品安全規格「ISO22000」認証取得に向けた取り組みを開始しております。
        その結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高                          97億56百万円      (前年同期比      13.3%   減)、営業利益       5億円
       (前年同期比      25.3%   減)、経常利益       6億2百万円      (前年同期比      16.2%   減)、親会社株主に帰属する四半期純利益                    3
       億85百万円     (前年同期比      8.9%   減)と減収減益になりました。
        セグメント別の経営成績は次のとおりです。
       ①水産事業

        水産事業における養魚用配合飼料の販売におきましては、エビ飼料類は、天候不順や養殖池の老朽化等の影響
       から生産不調の煽りを受けるなどして販売が伸びず前年同期を下回りました。また、魚飼料類のヒラメ飼料類及
       びトラフグ飼料類は、既存客先のシェアアップにより前年同期を上回りましたが、ハマチ飼料類及びマダイ飼料
       類は、受託生産販売の大幅な落ち込みがあり前年同期を大きく下回りました。なお、受託製品の販売数量は大き
       く落ち込みましたが、比較的利益率が高い自社製品の販売数量は前年同期を若干上回りました。
        子会社におきましては、マリンテック株式会社(水産用飼料製造販売及び魚介類種苗生産販売)は前年同期を
       下回りましたが、永屋水産株式会社(生鮮魚介類の卸売販売)及び奄美クルマエビ株式会社(エビの養殖生産販
       売)は順調に推移し前年同期を上回りました。
        その結果、売上高は          61億34百万円       (前年同期比       19.5%   減)、セグメント利益は            5億79百万円       (前年同期比
       14.6%   減)となりました。
                                  3/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
       ②食品事業
        食品事業におきましては、即席めん類は、海外販売の展開が足踏み状態で伸びず、皿うどん類は、一部商品が
       終売となったことや特売企画販売が減少したことなどから前年同期を下回りました。また、そうめん類は、前年
       同期並みに推移しましたが、うどん類及びそば類は、前年同期を下回るなど、近年乾麺類は、食の多様化や少子
       高齢化等により乾麺離れが進む傾向にあり厳しい環境が続いております。一方、棒状ラーメンは、顧客ブランド
       の受託生産(OEM生産)が順調に推移し、カップ商品(体にやさしい五穀スープ、カップ皿うどん)は、新規
       取り扱い店も増加したことなどから前年同期を上回りました。
        子会社におきましては、コスモ食品株式会社(カレールー・調味料等の製造販売)及び株式会社向井珍味堂
       (穀粉・香辛料等の製造販売)は前年同期を下回りましたが、なかしま株式会社(冷凍食品の製造販売)は順調
       に推移し前年同期を上回りました。
        その結果、売上高は         36億22百万円      (前年同期比      0.4%   減)、セグメント利益は            3億円   (前年同期比      3.8%   増)と
       なりました。
      (2)  財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ                               24億27百万円      増加し   143億74百万円       となりま
       した。これは、主として現金及び預金が                   4億91百万円      増加したことや季節的要因により受取手形及び売掛金が                          11億
       55百万円    増加、たな卸資産が5億74百万円増加となったほか、生産設備等の増強により有形固定資産が                                            3億2百万
       円 増加したことなどによるものです。
        負債は、前連結会計年度末と比べ                23億56百万円      増加し   81億49百万円      となりました。これは、主として買掛金が                    2
       億99百万円     増加、短期借入金が         12億90百万円      増加、長期借入金が         7億66百万円      増加したことなどによるものです。
        純資産は、前連結会計年度末と比べ                 70百万円    増加し   62億24百万円      となりました。これは、主として利益剰余金が
       3億42百万円      増加した一方、資本効率向上のため、自己株式                      2億28百万円      を取得したことなどによるものです。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
       ありません。
        前事業年度の有価証券報告書に記載のとおり、引き続き「コンプライアンス経営」、「品質・安全の追求」、
       「研究開発の強化」、「海外市場の開拓」に取り組んでまいります。
      (4)  研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間のグループ全体の研究開発費の総額は                              1億87百万円      であります。なお、当第3四半期
       連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)  生産、受注及び販売の実績

        当第3四半期連結累計期間において、水産部門の養魚用配合飼料の生産、受注及び販売の実績が著しく減少して
       おります。これは、主要な販売先であったフィード・ワン株式会社からの受託生産の減少によるものです。なお、
       同社においては、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」(4)主要な顧客についての項をご
       参照ください。
      (※)    当第3四半期連結累計期間は、「第4                  経理の状況」において四半期連結キャッシュ・フロー計算書を掲げて

         いないため、キャッシュ・フローの状況に関する分析・検討内容は記載しておりません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     17,900,000

                 計                                   17,900,000

       ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                         (平成31年2月12日)
              (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                                単元株式数は
       普通株式            4,746,000           4,746,000      福岡証券取引所
                                               100株であります。
        計           4,746,000           4,746,000          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
     平成30年10月1日~
                      ―     4,746         ―    603,900          ―    393,400
     平成30年12月31日
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                              平成30年12月31日現在
           区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                       普通株式      240,800
                       普通株式     4,505,000
     完全議決権株式(その他)                                  45,050           ―
                       普通株式        200

     単元未満株式                                 ―      1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       4,746,000          ―             ―

     総株主の議決権                      ―            45,050           ―

       ②  【自己株式等】

                                              平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  鹿児島県日置市伊集院町
                                 240,800          ―    240,800        5.07
                  猪鹿倉20番地
     株式会社ヒガシマル
          計              ―         240,800          ―    240,800        5.07
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりです。
     (1)役職の異動
         新役名              旧役名              氏名            異動年月日
     代表取締役社長              取締役              東 勤              平成30年10月1日

     取締役
                  代表取締役社長              東 紘一郎              平成30年10月1日
     (グループ会社管掌)
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,069,104              2,560,246
        受取手形及び売掛金                               1,646,410              2,801,612
        商品及び製品                                497,193              558,967
        仕掛品                                137,370              566,473
        原材料及び貯蔵品                                994,621             1,078,485
        その他                                175,648              156,258
                                       △ 11,718             △ 13,289
        貸倒引当金
        流動資産合計                               5,508,628              7,708,754
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,549,465              1,607,527
         機械装置及び運搬具(純額)                              718,517              857,239
         土地                             2,126,315              2,127,540
                                        161,346              265,991
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             4,555,644              4,858,299
        無形固定資産
         のれん                              413,362              359,481
                                        52,226              41,063
         その他
         無形固定資産合計                              465,588              400,544
        投資その他の資産
         投資その他の資産                             1,457,244              1,446,951
                                       △ 40,505             △ 40,505
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,416,739              1,406,445
        固定資産合計                               6,437,972              6,665,290
      資産合計                                11,946,601              14,374,044
                                  8/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                700,420             1,000,057
        短期借入金                               1,924,517              3,215,042
        未払法人税等                                86,047              93,519
        賞与引当金                                155,721               79,865
                                        469,549              455,732
        その他
        流動負債合計                               3,336,255              4,844,215
      固定負債
        長期借入金                               1,678,194              2,445,069
        役員退職慰労引当金                                474,444              492,315
        退職給付に係る負債                                85,994              92,994
                                        217,829              274,691
        その他
        固定負債合計                               2,456,462              3,305,070
      負債合計                                5,792,718              8,149,286
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                603,900              603,900
        資本剰余金                                458,400              458,400
        利益剰余金                               4,987,383              5,330,244
                                       △ 28,968             △ 256,968
        自己株式
        株主資本合計                               6,020,714              6,135,575
      その他の包括利益累計額
                                        118,760               89,026
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                118,760               89,026
      非支配株主持分                                  14,407                155
      純資産合計                                6,153,882              6,224,758
     負債純資産合計                                 11,946,601              14,374,044
                                  9/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 11,258,561               9,756,475
                                       8,837,935              7,480,914
     売上原価
     売上総利益                                  2,420,626              2,275,560
     販売費及び一般管理費
      運賃諸掛                                 362,649              385,569
      貸倒引当金繰入額                                  1,172              1,570
      給料及び賞与                                 447,925              449,908
      賞与引当金繰入額                                  30,384              31,919
      退職給付費用                                  15,130              21,544
      役員退職慰労引当金繰入額                                  18,795              17,871
                                        874,229              866,208
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,750,287              1,774,591
     営業利益                                   670,338              500,969
     営業外収益
      受取利息                                  1,940              3,466
      受取配当金                                  6,961              7,627
      為替差益                                    68             9,881
      受取保険金                                  1,896              41,707
                                        53,335              56,385
      雑収入
      営業外収益合計                                  64,202              119,067
     営業外費用
      支払利息                                  13,520              13,126
                                         1,633              3,967
      雑損失
      営業外費用合計                                  15,153              17,093
     経常利益                                   719,387              602,942
     特別利益
                                         9,345                -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  9,345                -
     特別損失
                                          -             6,988
      投資有価証券売却損
      特別損失合計                                    -             6,988
     税金等調整前四半期純利益                                   728,732              595,954
     法人税、住民税及び事業税
                                        256,680              174,157
                                        49,497              50,841
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   306,178              224,999
     四半期純利益                                   422,554              370,955
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 213            △ 14,251
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   422,767              385,207
                                 10/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                   422,554              370,955
     その他の包括利益
                                        57,856             △ 29,733
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                  57,856             △ 29,733
     四半期包括利益                                   480,411              341,221
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 480,624              355,473
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 213            △ 14,251
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
       (四半期連結損益計算書関係)

       売上高及び売上原価の季節的変動
        前第3四半期連結累計期間(自                 平成29年4月1日           至   平成29年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間
       (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
         養魚用配合飼料の需要は、養殖魚の成長過程に応じ、摂餌が旺盛になる夏から初冬までが多く、水温が低下し
        餌食いが鈍くなる冬から春は少なくなるという季節的変動があります。
         したがって、第2四半期連結累計期間及び第3四半期連結累計期間において売上高及び売上原価が大きく増加
        する傾向にあります。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
       のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        減価償却費                       281,775    千円             297,465    千円
        のれんの償却額                        76,734                 53,880
      (株主資本等関係)

     前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月29日
               普通株式         56,461         12  平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月28日
               普通株式         42,345          9 平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                   四半期連結
                       報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                     合計
                                             (注)1        計上額
                     水産事業        食品事業
                                                    (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                 7,622,169        3,636,392       11,258,561            -    11,258,561

     セグメント利益                  678,680        289,252        967,932       △ 248,545        719,387

     (注)   1   セグメント利益の調整額           △248,545千円       は、各報告セグメントに帰属しない全社費用等であり、提出会社の
          管理部門に係る販売費及び一般管理費                  250,353千円      、営業外収益      12,004千円     、営業外費用      10,196千円     であり
          ます。
        2   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                   四半期連結
                       報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                     合計
                                             (注)1        計上額
                     水産事業        食品事業
                                                    (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                 6,134,114        3,622,361        9,756,475           -    9,756,475

     セグメント利益                  579,710        300,231        879,941       △ 276,999        602,942

     (注)   1   セグメント利益の調整額           △276,999千円       は、各報告セグメントに帰属しない全社費用等であり、提出会社の
          管理部門に係る販売費及び一般管理費                  287,318千円      、営業外収益      19,985千円     、営業外費用      9,665千円     でありま
          す。
        2   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                 13/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                               (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                項目
                                至   平成29年12月31日)            至   平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                   89円85銭              83円46銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                   422,767              385,207

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -              -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        422,767              385,207
     四半期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                    4,705              4,615
     (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/16














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ヒガシマル(E00502)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年2月8日

    株式会社ヒガシマル
     取締役会      御中
                       有限責任監査法人トーマツ

                        指定有限責任社員

                                          竹  之  内  髙  司
                                   公認会計士                 印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          西   元   浩   文
                                   公認会計士                 印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヒ

    ガシマルの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年1
    0月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月3
    1日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益
    計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヒガシマル及び連結子会社の平成30年12月31日現
    在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
    がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。