日亜鋼業株式会社 四半期報告書 第67期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第67期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 日亜鋼業株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               平成31年2月13日

    【四半期会計期間】               第67期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               日亜鋼業株式会社

    【英訳名】               NICHIA    STEEL   WORKS,    LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  国峰 淳

    【本店の所在の場所】               兵庫県尼崎市中浜町19番地

    【電話番号】               06(6416)1021(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長  沖垣 佳宏

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区京橋2丁目5番18号

                     日亜鋼業株式会社 東京支店
    【電話番号】               03(5524)5501
    【事務連絡者氏名】               東京支店長  柏原 隆樹

    【縦覧に供する場所】               日亜鋼業株式会社 東京支店

                     (東京都中央区京橋2丁目5番18号)

                    株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第66期           第67期

              回次               第3四半期           第3四半期            第66期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
             会計期間
                          至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                 (千円)         21,036,260           23,229,489           28,281,124
     経常利益                 (千円)          1,106,472           1,136,630           1,258,720

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           655,863           595,456           764,883
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)          1,576,150           △ 306,203          1,229,679
     純資産額                 (千円)         46,470,186           45,231,061           46,123,666

     総資産額                 (千円)         65,818,047           64,881,101           65,519,730

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)           13.55           12.30           15.80

     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            66.2           65.7           66.0
                             第66期           第67期

              回次               第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
             会計期間
                          至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)            4.94           9.21
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          いない。
       2.売上高には、消費税等は含まれていない。
       3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していな
          い。
       4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
          期連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経
          営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。
    2  【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はな
       い。また、主要な関係会社についても異動はない。
                                  2/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
      業等のリスク」についての重要な変更はない。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものである。
      なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
     連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
     連結会計年度との比較・分析を行っている。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、個人消費や民間設備投資がやや持ち直すとともに、雇用情勢
      が逼迫し企業業績が改善するなど、景気が緩やかに回復している状況にある。
       一方、線材加工製品業界においては、建築向け及び製造業向けの需要が回復傾向にあるものの、土木向けの需要
      低迷に加え、獣害防護柵に関する公共予算の一層の縮小等により、市場環境は依然として厳しい状況が継続してい
      る。また、主原料価格の上昇等の大幅なコストプッシュに直面しており、これらの調達コスト増を製品価格に適切
      に転嫁することが収益を確保する上で不可欠となっている。
       このような状況の中、当社グループは収益改善に向けて積極的に取り組んだ結果、財政状態及び経営成績は以下
      のとおりとなった。
      a.財政状態

      (資産の部)
       当第3四半期連結会計期間末の総資産は64,881百万円となり、前連結会計年度末に比べ638百万円の減少となっ
      た。流動資産は32,127百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,450百万円の増加となった。これは主に受取手形及
      び売掛金と電子記録債権の増加によるものである。固定資産は32,753百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,089
      百万円の減少となった。これは主に投資有価証券と長期貸付金の減少によるものである。
      (負債の部)

       当第3四半期連結会計期間末の負債合計は19,650百万円となり、前連結会計年度末に比べ253百万円の増加となっ
      た。流動負債は12,778百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,535百万円の増加となった。これは主に1年内返済
      予定の長期借入金の増加によるものである。固定負債は6,871百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,281百万円
      の減少となった。これは主に長期借入金の減少によるものである。
      (純資産の部)

       当第3四半期連結会計期間末の純資産合計は45,231百万円となり、前連結会計年度末に比べ892百万円の減少と
      なった。この結果、自己資本比率は65.7%となった。
      b.経営成績

       当第3四半期連結累計期間の経営成績については、売上高は品種構成の好転を含めた販売価格の改善並びに販売
      数量の増加により、23,229百万円と前年同期に比べ2,193百万円(10.4%)の増収となった。
       利益面においては、販価改善や数量増に加え、増産効果及び各種コスト削減等により、営業利益は882百万円と前
      年同期に比べ80百万円(10.0%)の増益、経常利益は1,136百万円と前年同期に比べ30百万円(2.7%)の増益と
      なったものの、親会社株主に帰属する四半期純利益は災害による損失を計上したこと等により、595百万円と前年同
      期に比べ60百万円(△9.2%)の減益となった。なお、被災した資産には保険を付保しており保険金の一部を受取っ
      ている。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりである。 

       また、セグメント利益は、営業利益ベースの数値である。
      普通線材製品

                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
       普通線材を素材とした各種めっき鉄線、また、めっき鉄線を素線とした加工製品からなり、公共土木向けの落石
      防止網、じゃかご及び民間向けの各種フェンス等に使用されている。
       売上高は、販売価格の改善及び国内製造業向けの販売数量の増加等により、7,564百万円と前年同期に比べ492百
      万 円(7.0%)の増収となった。
       セグメント利益は、主原料価格上昇等によるコスト増を販価改善や数量増、コスト削減等の収益改善が上回った
      ことにより、482百万円と前年同期に比べ33百万円(7.6%)の増益となった。
      特殊線材製品

       特殊線材を素材とした硬鋼線、各種めっき鋼線、鋼平線、鋼より線、ワイヤロープ等からなり、電力・通信産業
      向け、自動車産業向け及び公共土木向け等、多岐に渡って使用されている。
       売上高は、販売価格の改善並びに烟台基威特鋼線製品有限公司が新たに連結対象に加わったこと等により、
      11,249百万円と前年同期に比べ796百万円(7.6%)の増収となった。
       セグメント利益は、主原料価格上昇等によるコスト増に対して、販価改善や数量増、コスト削減等の収益改善が
      上回ったものの、在庫評価益の大幅な減少等により、155百万円と前年同期に比べ96百万円(△38.2%)の減益と
      なった。
      鋲螺線材製品

       鋲螺線材を素材としたトルシア形高力ボルト、六角高力ボルト及びGNボルト等からなり、主として建築業向け
      に使用されている。
       売上高は、販売価格の改善及び販売数量の増加等により、3,839百万円と前年同期に比べ859百万円(28.9%)の
      増収となった。
       セグメント利益は、主原料価格上昇等によるコスト増を販価改善や数量増等の収益改善が上回ったことにより、
      185百万円と前年同期に比べ149百万円(422.6%)の増益となった。
      不動産賃貸

       主に賃貸用不動産を所有・経営している。
       売上高は、102百万円と前年同期とほぼ同額(△0.2%)となり、セグメント利益も63百万円と前年同期とほぼ同
      額(1.0%)となった。
      その他

       めっき受託加工及び副産物の売上高は、474百万円と前年同期に比べ44百万円(10.4%)の増収となったが、セグ
      メント損失は4百万円と前年同期に比べ7百万円(前年同期は2百万円の利益)の減益となった。
     (2)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は22百万円である。
       なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
                                  4/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    117,243,000

                 計                                   117,243,000

      ②  【発行済株式】

            第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                       提出日現在発行数(株)
       種類       現在発行数(株)                    名又は登録認可金融                内容
                        (平成31年2月13日)
             (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
      普通株式           51,755,478           51,755,478                単元株式数は100株である。
                                   (市場第一部)
        計          51,755,478           51,755,478           ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項なし。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項なし。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項なし。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年12月31日                 ―  51,755,478            ―  10,720,068            ―  10,888,032
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はない。
                                  5/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿により記載している。
      ①  【発行済株式】
                                              平成30年9月30日現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           ―            ―        ―

     議決権制限株式(自己株式等)                           ―            ―        ―

     議決権制限株式(その他)                           ―            ―        ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       ―        ―
                     普通株式      3,357,000
                     普通株式      48,335,400
                                        483,354
     完全議決権株式(その他)                                               ―
                     普通株式        63,078

     単元未満株式                                       ―        ―
     発行済株式総数                      51,755,478                ―        ―

                                        483,354

     総株主の議決権                           ―                    ―
     (注)   1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,300株(議決権13個)含ま
          れている。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が12株含まれている。
      ②  【自己株式等】

                                               平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                  兵庫県尼崎市中浜町19番地               3,357,000            ―   3,357,000          6.49
     日亜鋼業株式会社
          計              ―         3,357,000            ―   3,357,000          6.49
    2  【役員の状況】

      該当事項なし。
                                  6/20








                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成している。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けている。
                                  7/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              11,510,475              11,826,645
                                    ※1  8,038,867            ※1  8,883,918
        受取手形及び売掛金
                                    ※1  1,914,308            ※1  2,409,241
        電子記録債権
        有価証券                                300,564                 -
        製品                               5,299,852              5,351,415
        仕掛品                                920,071              964,828
        原材料及び貯蔵品                               2,167,471              2,239,952
        その他                                529,989              457,269
                                        △ 4,757             △ 5,450
        貸倒引当金
        流動資産合計                              30,676,842              32,127,821
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             4,048,156              3,901,788
         機械装置及び運搬具(純額)                             3,414,437              3,494,432
         土地                             9,110,955              9,110,955
         建設仮勘定                               44,084              173,748
                                        160,121              151,442
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             16,777,755              16,832,367
        無形固定資産
         ソフトウエア                              513,603              440,518
         ソフトウエア仮勘定                               53,152                 -
                                         4,351              4,009
         その他
         無形固定資産合計                              571,106              444,527
        投資その他の資産
         投資有価証券                             15,592,026              13,879,781
         長期貸付金                              403,742                 -
         退職給付に係る資産                              173,726              183,427
         繰延税金資産                               2,081             139,098
         破産更生債権等                              175,154                 -
         その他                             1,272,701              1,302,897
         貸倒引当金                             △ 125,407              △ 28,821
         投資その他の資産合計                             17,494,025              15,476,384
        固定資産合計                              34,842,887              32,753,280
      資産合計                                65,519,730              64,881,101
                                  8/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                    ※1  3,515,066            ※1  3,684,971
        支払手形及び買掛金
                                    ※1  2,187,462            ※1  2,339,410
        電子記録債務
        短期借入金                               2,012,957              2,076,000
        1年内返済予定の長期借入金                                734,000             2,750,000
        未払金                                799,993              826,203
        未払法人税等                                345,542              229,382
        賞与引当金                                235,171               71,914
        災害損失引当金                                   -           183,169
                                        412,456              617,488
        その他
        流動負債合計                              10,242,650              12,778,540
      固定負債
        長期借入金                               6,001,000              3,861,000
        繰延税金負債                               1,011,928               814,406
        役員退職慰労引当金                                177,632              193,819
        退職給付に係る負債                               1,913,178              1,946,629
                                        49,674              55,643
        その他
        固定負債合計                               9,153,413              6,871,499
      負債合計                                19,396,063              19,650,040
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              10,720,068              10,720,068
        資本剰余金                              10,888,051              10,888,051
        利益剰余金                              20,969,548              21,048,610
                                      △ 1,021,075             △ 1,021,299
        自己株式
        株主資本合計                              41,556,593              41,635,431
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               1,426,527               669,986
        繰延ヘッジ損益                                   -             118
        為替換算調整勘定                                367,517              382,223
                                       △ 96,078             △ 82,803
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               1,697,965               969,524
      非支配株主持分                                2,869,107              2,626,106
      純資産合計                                46,123,666              45,231,061
     負債純資産合計                                 65,519,730              64,881,101
                                  9/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 21,036,260              23,229,489
                                      16,956,384              18,780,881
     売上原価
     売上総利益                                  4,079,876              4,448,608
     販売費及び一般管理費                                  3,277,956              3,566,099
     営業利益                                   801,920              882,509
     営業外収益
      受取利息                                 104,569               92,862
      受取配当金                                 228,351              243,539
      有価証券売却益                                  5,723              5,443
      太陽光売電収入                                  47,235              46,345
      受取賃貸料                                  22,165              24,131
                                        43,428              21,896
      雑収入
      営業外収益合計                                 451,475              434,219
     営業外費用
      支払利息                                  51,851              56,613
      持分法による投資損失                                  59,620              75,156
      太陽光売電原価                                  29,077              26,628
                                         6,372              21,700
      雑支出
      営業外費用合計                                 146,922              180,099
     経常利益                                  1,106,472              1,136,630
     特別利益
      投資有価証券評価益                                    -            16,065
      固定資産売却益                                    -              57
                                                    ※1  65,307
                                           -
      災害による保険金収入
      特別利益合計                                    -            81,430
     特別損失
      投資有価証券評価損                                   111               -
      固定資産除売却損                                  7,132              23,841
      解体撤去費用                                  25,662              35,415
                                                    ※2  321,556
                                           -
      災害による損失
      特別損失合計                                  32,905              380,812
     税金等調整前四半期純利益                                  1,073,566               837,248
     法人税等                                   356,572              352,374
     四半期純利益                                   716,993              484,873
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は
                                        61,130             △ 110,582
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   655,863              595,456
                                 10/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                   716,993              484,873
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 806,192             △ 768,887
      繰延ヘッジ損益                                    54              215
      為替換算調整勘定                                    75           △ 19,869
      退職給付に係る調整額                                  32,083              20,939
                                        20,750             △ 23,475
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 859,156             △ 791,076
     四半期包括利益                                  1,576,150              △ 306,203
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                1,503,797              △ 174,525
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  72,353             △ 131,677
                                 11/20















                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項なし。 
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

                           当第3四半期連結累計期間
                      (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        連結の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間より、重要性が増した烟台基威特鋼線製品有限公司を連結の範囲に含めている。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                  当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        税金費用の計算
                      税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前
                     当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半
                     期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算している。
     (追加情報)

                           当第3四半期連結累計期間
                      (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
        連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固
        定負債の区分に表示している。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1    四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理している。
       なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形を
      満期日に決済が行われたものとして処理している。
                                 前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)               (平成30年12月31日)
        受取手形                          644,754千円               549,695千円
        電子記録債権                          495,986千円               388,295千円
        支払手形                          191,666千円               182,773千円
        電子記録債務                          704,571千円               633,347千円
     2 保証債務

       連結会社以外の会社の金融機関からの借入に対して、次のとおり債務保証を行っている。
                                 前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)               (平成30年12月31日)
        TSN  Wires   Co.,   Ltd.
                                  644,700千円               642,231千円
                                 (189,617千THB)               (188,337千THB)
                                 12/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
     ※1 災害による保険金収入
       平成30年9月の台風被害による損失に対する保険金の一部入金額である。
     ※2 災害による損失

       平成30年9月の台風被害による損失額を計上しており、その内訳は被災した資産の復旧工事費用、固定資産除却
      損、棚卸資産処分損、操業休止期間中の固定費である。このうち、災害損失引当金繰入額は183,169千円である。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。
       なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであ
      る。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                             (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        減価償却費                        1,180,571千円                 1,134,327千円
                                 13/20















                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月29日
              普通株式        145,199          3 平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年11月10日
              普通株式        145,198          3 平成29年9月30日         平成29年12月5日         利益剰余金
     取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
        該当事項なし。
     3.株主資本の著しい変動

        該当事項なし。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月28日
              普通株式         193,596           4  平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成30年11月9日
              普通株式         145,195           3  平成30年9月30日         平成30年12月5日         利益剰余金
     取締役会
     (注)平成30年6月28日定時株主総会における1株当たり配当額には創業110周年記念配当1円が含まれている。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
        該当事項なし。
     3.株主資本の著しい変動

        該当事項なし。
                                 14/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                         その他
                                                      計算書計上額
                                              合計    調整額
                普通線材     特殊線材     鋲螺線材     不動産
                                         (注)1
                                     計
                                                       (注)  2
                 製品     製品     製品     賃貸
    売上高
     外部顧客への売上高           7,072,001     10,452,451      2,979,745     102,419    20,606,618     429,641    21,036,260       ―  21,036,260
     セグメント間の
                   ―     ―     ―    ―      ―    ―      ―   ―      ―
     内部売上高又は振替高
         計       7,072,001     10,452,451      2,979,745     102,419    20,606,618     429,641    21,036,260       ―  21,036,260
    セグメント利益             448,351     252,392      35,436    63,074     799,254     2,665     801,920      ―    801,920

     (注)   1.  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、めっき受託加工等を含んでいる。
        2.    セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致している。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項なし。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                         その他
                                                      計算書計上額
                                              合計    調整額
                普通線材     特殊線材     鋲螺線材     不動産
                                         (注)1
                                     計
                                                       (注)  2
                 製品     製品     製品     賃貸
    売上高
     外部顧客への売上高           7,564,142     11,249,086      3,839,602     102,222    22,755,053     474,436    23,229,489       ―  23,229,489
     セグメント間の
                   ―     ―     ―    ―      ―    ―      ―   ―      ―
     内部売上高又は振替高
         計       7,564,142     11,249,086      3,839,602     102,222    22,755,053     474,436    23,229,489       ―  23,229,489
    セグメント利益又は
                 482,315     155,973     185,198     63,677     887,165    △ 4,655     882,509      ―    882,509
    損失(△)
     (注)   1.  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、めっき受託加工等を含んでいる。
        2.    セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致している。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項なし。
                                 15/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     (金融商品関係)
      前連結会計年度末(平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                         連結
             科目                     時価         差額       時価の算定方法
                      貸借対照表計上額
                         8,038,867         8,038,867              ―
        受取手形及び売掛金                                            (注)1
                         1,914,308         1,914,308
        電子記録債権                                        ―     (注)1
                                  12,636,906
        有価証券及び投資有価証券                 12,636,906                        ―     (注)2
                           403,742         451,109          47,367
        長期貸付金                                            (注)3
        デリバティブ取引(※1)                      ―          ―          ―     (注)4
        (※1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項
          目については( )で示している。
      当第3四半期連結会計期間末(平成30年12月31日)

        企業集団の事業の運営において重要なものとなっており、かつ、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動
       が認められるものは、次のとおりである。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは次表に
       は含めていない。
                                                    (単位:千円)
                       四半期連結
             科目                     時価         差額       時価の算定方法
                      貸借対照表計上額
                         8,883,918         8,883,918
        受取手形及び売掛金                                        ―     (注)1
                         2,409,241         2,409,241
        電子記録債権                                        ―     (注)1
                         11,405,041         11,405,041
        有価証券及び投資有価証券                                        ―     (注)2
        長期貸付金                      ―          ―          ―     (注)3
                             310         310
        デリバティブ取引(※1)                                        ―     (注)4
        (※1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項
          目については( )で示している。
     (注)1.受取手形及び売掛金並びに電子記録債権

          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
     (注)2.有価証券及び投資有価証券
          これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券、投資信託等は取引所の価格又は取引金
         融機関から提示された価格によっている。
          なお、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は、次のとおりである。
                                                    (単位:千円)

               区分              平成30年3月31日                 平成30年12月31日
                                     3,205,683                 2,424,740
        非上場株式
                                      50,000                 50,000
        その他
     (注)3.長期貸付金

          これらの時価については、その将来キャッシュ・フローをスワップレート等適切な指標に信用スプレッド
         を上乗せした利率で割り引いた現在価値より算定している。
     (注)4.デリバティブ取引
          これらの時価については、取引金融機関から提示された価格によっている。
                                 16/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
     (有価証券関係)
      前連結会計年度末(平成30年3月31日)
       その他有価証券
                                    連結貸借対照表
             区分          取得原価(千円)                           差額(千円)
                                     計上額(千円)
                            4,406,200             6,204,962             1,798,762
        株式
        債券
                            4,089,605             4,295,334              205,729
          社債
                            1,865,400             1,904,368              38,968
          その他
                             200,675             232,241             31,566
        その他
                            10,561,880             12,636,906             2,075,025
             計
      当第3四半期連結会計期間末(平成30年12月31日)

        その他有価証券が、企業集団の事業の運営において重要なものとなっており、かつ、当該有価証券の四半期
       連結貸借対照表計上額その他の金額に前連結会計年度の末日に比べて著しい変動が認められる。
       その他有価証券
                                   四半期連結貸借対照表
             区分          取得原価(千円)                           差額(千円)
                                     計上額(千円)
        株式                    4,591,410             5,345,600              754,189
        債券
                            3,889,605             4,055,612              166,007
          社債
                            1,765,400             1,781,767              16,367
          その他
                             189,304             222,060             32,756
        その他
                            10,435,720             11,405,041              969,320
             計
     (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                                 前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                   項目
                                  至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
        1株当たり四半期純利益                                 13円55銭             12円30銭
         (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                  655,863             595,456
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ―
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          655,863             595,456
        四半期純利益(千円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                                48,399,656              48,398,649
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
     (重要な後発事象)

       該当事項なし。
                                 17/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
         平成30年11月9日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議した。
          ① 配当金の総額                                   145,195千円
          ② 1株当たりの金額                                              3円00銭
          ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                             平成30年12月5日
       (注)平成30年9月30日現在の株主名簿に記録された株主に対し、支払を行う。
                                 18/20


















                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項なし。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                       日亜鋼業株式会社(E01287)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    日亜鋼業株式会社
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                          小      林      礼      治
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員
                                          安      田      智      則
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日亜鋼業株式会

    社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
    成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
    財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
    半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日亜鋼業株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
    の重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管している。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク