株式会社中山製鋼所 四半期報告書 第125期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第125期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社中山製鋼所

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     四半期報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     平成31年2月12日

    【四半期会計期間】                     第125期第3四半期(自           平成30年10月1日         至  平成30年12月31日)

    【会社名】                     株式会社中山製鋼所

    【英訳名】                     Nakayama Steel Works, Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  箱 守 一 昭

    【本店の所在の場所】                     大阪市大正区船町一丁目1番66号

    【電話番号】                     (06)6555-3111(代表)

    【事務連絡者氏名】                     執行役員経理本部長 阪 口 光 昭

    【最寄りの連絡場所】                     東京都中央区日本橋二丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア5階

    【電話番号】                     (03)5204-3070

    【事務連絡者氏名】                     常務執行役員東京支店長 齋 藤 日                  出  樹

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社中山製鋼所 東京支店

                          (東京都中央区日本橋二丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア5階)
                                  1/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第124期           第125期

              回次               第3四半期           第3四半期            第124期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
             会計期間
                          至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (百万円)           110,076           115,037           148,719
     経常利益                (百万円)             5,027           3,859           6,329

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)             4,008           1,990           5,443
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)             4,713           1,586           5,223
     純資産額                (百万円)            76,798           78,380           77,309

     総資産額                (百万円)           122,922           123,944           123,793

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            74.03           36.76          100.53
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            62.5           63.2           62.4
                            第124期           第125期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           26.94            3.38
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第125期第1
          四半期連結会計期間の期首から適用しており、第124期第3四半期連結累計期間及び第124期連結会計年度に
          係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)で営まれている事業の内容につい
      て、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/20





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものでありま
      す。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
      連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の分析については、当該会計基準を遡って適用した後の数値で前連
      結会計年度との比較・分析を行っております。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        経営成績の分析
       (売上高)
         当第3四半期連結累計期間の売上高は、前年同期に比べ49億60百万円増加し、1,150億37百万円(前年同期比
        4.5%増)となりました。これは、主に鋼材販売価格が前年同期に比べ上昇したことによるものであります。各
        報告セグメントの外部顧客に対する売上高の連結売上高に占める割合は、鉄鋼が98.7%、エンジニアリングが
        0.9%、不動産が0.4%となりました。
       (営業利益及び経常利益)

         当第3四半期連結累計期間の営業利益は、前年同期に比べ8億69百万円減少し41億26百万円(前年同期比
        17.4%減)、経常利益は前年同期に比べ11億68百万円減少し38億59百万円(前年同期比23.2%減)となりまし
        た。営業利益の減少は、鋼材販売価格は上昇したものの、主原料であるスクラップや購入鋼片の価格上昇、燃料
        調整価格の上昇による燃料費の増加、資材費や輸送費のコストアップなどによるもの、経常利益の減少はそれら
        に加えて持分法による投資損失の増加によるものであります。
       (親会社株主に帰属する四半期純利益)

         当第3四半期連結累計期間の特別利益は、災害による保険金収入6百万円及び固定資産売却益6百万円を計上
        しました(前年同期比8百万円増)。
         特別損失は、当第3四半期連結累計期間において、災害による損失9億60百万円、関係会社株式評価損1億13
        百万円、解体撤去引当金繰入額70百万円、固定資産売却損49百万円、固定資産除却損39百万円、及び環境対策費
        10百万円を計上したことにより、前年同期に比べ10億3百万円増加しました。
         税金費用は、当第3四半期連結累計期間において、法人税、住民税及び事業税4億59百万円(前年同期比1億
        6百万円減)、法人税等調整額1億77百万円(前年同期比39百万円減)を計上したことにより、前年同期に比べ
        1億45百万円減少し、6億37百万円となりました。
         以上の結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期に比べ20億17百万円減少し、19億90百万円(前
        年同期比50.3%減)となりました。
                                  3/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
       財政状態の分析
       (流動資産)
         当第3四半期連結会計期間末における流動資産の残高は、779億80百万円(前連結会計年度末799億45百万円)
        となり、19億65百万円減少しました。その主な要因は、電子記録債権(27億86百万円から37億53百万円へ9億67
        百万円の増加)並びにたな卸資産(商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品)(230億98百万円から258億34百
        万円へ27億36百万円の増加)が増加しましたが、現金及び預金(231億65百万円から177億83百万円へ53億82百万
        円の減少)並びに受取手形及び売掛金(299億69百万円から290億55百万円へ9億13百万円の減少)が減少したこ
        とによるものであります。
       (固定資産)

         当第3四半期連結会計期間末における固定資産の残高は、459億63百万円(前連結会計年度末438億48百万円)
        となり、21億15百万円増加しました。その主な要因は、設備投資による増加46億25百万円、減価償却実施による
        減少13億22百万円並びに投資有価証券の減少(33億28百万円から23億17百万円へ10億11百万円の減少)でありま
        す。
       (流動負債及び固定負債)

         当第3四半期連結会計期間末における負債合計(流動負債及び固定負債)の残高は、455億63百万円(前連結
        会計年度末464億84百万円)となり、9億20百万円減少しました。その主な要因は、未払金(14億12百万円から
        25億49百万円へ11億37百万円の増加)及び災害損失引当金(前期末なしから5億37百万円へ5億37百万円の増
        加)が増加しましたが、支払手形及び買掛金(213億97百万円から205億97百万円へ8億円の減少)、有利子負債
        (短期借入金、長期借入金及び社債)(95億37百万円から88億53百万円へ6億83百万円の減少)、未払法人税等
        (6億31百万円から1億55百万円へ4億76百万円の減少)並びに賞与引当金(7億37百万円から3億42百万円へ
        3億94百万円の減少)が減少したことによるものであります。
       (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における純資産の残高は、783億80百万円(前連結会計年度末773億9百万円)と
        なり、10億70百万円増加しました。その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上(19億90百万
        円)、利益剰余金による配当金の支払(5億14百万円の減少)及びその他有価証券評価差額金の減少(12億88百
        万円から8億59百万円へ4億28百万円の減少)によるものであります。
      (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、事業場及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
       ありません。
        なお、当社は会社の支配に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる

       事項)は次のとおりであります。
       (1)  基本方針の内容の概要

         当社は、大規模買付者が大規模買付行為を行おうとする場合に、これを受け入れるか否かについては、株主
        の皆様によって最終的に決定・判断されるべき事項であると認識しております。
         当社は、当社の企業価値及び株主共同の利益を確保・向上するためには、大規模買付者が意図する経営方針
        や事業計画の内容、株主の皆様や当社グループの経営に与える影響、当社グループを取り巻く多くの関係者に
        対する影響等について、事前の十分な情報開示がなされることが必要であると考えます。また、大規模買付者
        に対して質問や買収条件等の改善を要求し、あるいは株主の皆様にメリットのある相当な代替案が提示される
        機会を確保するため、相応の検討時間・交渉機会等も確保されている必要があると考えます。
         そこで、当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上のため必要かつ相当な手段をとることができるよ
        う、必要なルール及び手続きを定めることとします。
                                  4/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
       (2)  基本方針の実現のための取り組みの概要
       [当社株式の大規模な買付行為に関する適正ルール(買収防衛策)の導入]
         当社は、平成20年6月27日開催の第114回定時株主総会において、特定株主グループの議決権割合を20%以上
        とすることを目的とする当社株券等の大規模な買付行為、または結果として特定株主グループの議決権割合が
        20%以上となる当社株券等の大規模な買付行為(以下、「大規模買付行為」といい、かかる買付行為を行う者
        を「大規模買付者」といいます。)に関する適正ルール(以下、「本プラン」といいます。)の導入を決議
        し、平成23年6月29日開催の第117回定時株主総会、平成26年6月26日開催の第120回定時株主総会及び平成29
        年6月27日開催の第123回定時株主総会において、それぞれ株主の皆様に本プランの継続をご承認いただきまし
        た。
        ①  本プランの概要

         本プランは、大規模買付者に対し、以下に定めるルール(以下、「大規模買付ルール」といいます。)の遵
        守、具体的には①事前に大規模買付者が当社取締役会に対して必要かつ十分な情報を提供し、②当社取締役会
        による一定の評価期間が経過し、③対抗措置の発動の可否等を問うための株主の皆様のご意思を確認する総会
        (以下、「株主意思確認総会」といいます。)が招集された場合には、株主意思確認総会において対抗措置の
        発動等に関する決議がなされた後に大規模買付行為を開始することを求めるもので、以下の手続きを定めてお
        ります。
        a)  大規模買付者による当社への「意向表明書」の提出
        b)  必要情報の提供
        c)  検討期間(「取締役会評価期間」)の確保
         60営業日     :  対価を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付けの場合
         90営業日     :  その他の大規模買付行為の場合
         取締役会評価期間中、当社取締役会は、必要に応じてファイナンシャルアドバイザー、公認会計士、弁護士
        等の社外の専門家の助言を受け、また独立委員会の意見を聴取しながら、提供された大規模買付情報を十分に
        評価・検討し、当社取締役会としての意見を慎重にとりまとめ、開示します。また、必要に応じ、大規模買付
        者との間で大規模買付行為の条件改善について交渉し、当社取締役会として株主の皆様へ代替案を提示するこ
        ともあります。
         独立委員会が対抗措置の発動について勧告を行い、発動の決議について株主の皆様の意思を確認するための
        手続きを要請する場合には、当社取締役会は、当該勧告を最大限尊重した上で、それが相当と判断される場合
        には、株主意思確認総会の招集又は書面投票手続きをとり、対抗措置の発動の可否について株主の皆様の意思
        を確認します。
        ②  大規模買付ルールが遵守されなかった場合の対抗措置

         大規模買付ルールが遵守されない場合には、当社取締役会は、当社及び当社株主共同の利益を守ることを目
        的として、新株予約権の無償割当て等、会社法その他の法律及び当社定款が認める対抗措置をとり、大規模買
        付行為の開始に対抗する場合があります。大規模買付ルールが遵守されている場合には、当社取締役会は仮に
        当該大規模買付行為に反対であったとしても、原則として具体的対抗措置を発動しません。
        ③  本プランの有効期限

         本プランの有効期限は、平成32年6月開催予定の当社定時株主総会終了の時点まで(3年間)とします。ま
        た、本プランは、その有効期間中であっても、当社取締役会または当社株主総会の決議により廃止されるもの
        としています。
       (3)  上記取り組みに対する取締役会の判断及びその理由

         本プランは、当社株主の皆様が大規模買付行為に応じるか否かを判断するために必要な情報や、現に当社の
        経営を担っている当社取締役会の意見を提供し、さらには、当社株主の皆様が代替案の提示を受ける機会を保
        障することを目的としています。これにより、当社株主の皆様は、十分な情報のもとで、大規模買付行為に応
        じるか否かについての適切な判断をすることが可能となり、そのことが当社株主共同の利益の保護に繋がるも
        のと考えます。従いまして、本プランを設定することは、当社株主の共同の利益を損なうものではなく、ま
        た、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものでもありません。
                                  5/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (3)  研究開発活動
        当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は5百万円であります。
      (4)  生産、受注及び販売の実績

        当第3四半期連結累計期間において、前年同期に比べて鉄鋼の受注残高が著しく増加し、エンジニアリングの受
       注高及び受注残高は著しく減少しております。
        鉄鋼の受注残高は、トラックドライバー不足や中継地の置場能力不足で、当第3四半期連結会計期間の鋼材出荷
       量が減少したことなどにより増加(前年同期比12.1%増)しました。
        一方、エンジニアリングにおいては、前年同期に比べて、魚礁及びバルブにかかる受注量が減少したことなどに
       より、受注高は前年同期比で20.6%、受注残高は同22.9%、それぞれ大幅に減少しました。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    150,000,000

                 計                                   150,000,000

       ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (平成30年12月31日)          (平成31年2月12日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                           単元株式数は、100株であり
       普通株式           63,079,256          63,079,256
                                           ます。
                                   市場第一部
        計         63,079,256          63,079,256           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成30年10月1日~
                      ―  63,079,256            ―    20,044          ―    16,977
     平成30年12月31日
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載するこ
       とができませんので、直前の基準日である平成30年9月30日の株主名簿により記載しております。
       ①  【発行済株式】
                                              平成30年9月30日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―
     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―
     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―
                    (自己保有株式)
                    普通株式       274,500
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―             ―
                    (相互保有株式)
                    普通株式      8,666,600
                    普通株式      54,089,700
                                     540,897
     完全議決権株式(その他)                                             ―
                    普通株式        48,456
     単元未満株式                                ―     1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     63,079,256           ―             ―
                                     540,897
     総株主の議決権                     ―                        ―
     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権は1個)含まれており
          ます。
        2 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式52株及び相互保有株式255株の合計307株が含まれており
          ます。
       ②  【自己株式等】

                                              平成30年9月30日現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
    (自己保有株式)
                  大阪市大正区船町1丁目
    ㈱中山製鋼所                            274,500       ―     274,500          0.43
                  1番66号
    (相互保有株式)
                  堺市堺区山本町6丁
    中山三星建材㈱                           2,519,400        ―    2,519,400           3.99
                  124番地
                  大阪市西区南堀江1丁目
    中山通商㈱                           2,266,400        ―    2,266,400           3.59
                  12番19号
                  大阪市西区新町4丁目
    三星海運㈱                           1,947,100        ―    1,947,100           3.08
                  19番9号
                  大阪市西区南堀江1丁目
    三星商事㈱                           1,933,700        ―    1,933,700           3.06
                  12番19号
          計              ―        8,941,100        ―    8,941,100           14.17
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                23,165              17,783
                                      ※2  29,969            ※2  29,055
        受取手形及び売掛金
                                       ※2  2,786            ※2  3,753
        電子記録債権
        商品及び製品                                11,077              12,192
        仕掛品                                 2,777              2,999
        原材料及び貯蔵品                                 9,243              10,642
        その他                                 1,002              1,680
                                         △ 76             △ 127
        貸倒引当金
        流動資産合計                                79,945              77,980
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               4,267              6,281
         機械及び装置(純額)                               7,659              8,812
         土地                               23,972              23,978
                                         1,483              1,445
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               37,382              40,517
        無形固定資産
                                          232              232
        投資その他の資産
         投資有価証券                               3,328              2,317
         差入保証金                               1,859              1,864
         その他                               1,088              1,075
                                         △ 42             △ 44
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               6,233              5,213
        固定資産合計                                43,848              45,963
      資産合計                                 123,793              123,944
                                 10/20










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※2  21,397            ※2  20,597
        支払手形及び買掛金
                                       ※2  1,167             ※2  888
        電子記録債務
        短期借入金                                 8,010              7,655
        1年内償還予定の社債                                  42              42
                                       ※2  1,412            ※2  2,549
        未払金
        未払費用                                 1,579              1,728
        未払法人税等                                  631              155
        賞与引当金                                  737              342
        解体撤去引当金                                  272              263
        環境対策引当金                                  17               0
        災害損失引当金                                   -             537
                                          653              917
        その他
        流動負債合計                                35,922              35,677
      固定負債
        社債                                  195              174
        長期借入金                                 1,290               982
        繰延税金負債                                 2,217              2,220
        再評価に係る繰延税金負債                                 1,113              1,113
        環境対策引当金                                  504              494
        解体撤去引当金                                 1,106               941
        退職給付に係る負債                                 2,433              2,438
        負ののれん                                  559              420
                                         1,141              1,101
        その他
        固定負債合計                                10,562               9,886
      負債合計                                  46,484              45,563
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                20,044              20,044
        資本剰余金                                 7,826              7,826
        利益剰余金                                45,938              47,423
                                         △ 773             △ 775
        自己株式
        株主資本合計                                73,035              74,518
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 1,288               859
        土地再評価差額金                                 3,134              3,125
                                         △ 149             △ 124
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 4,273              3,861
      純資産合計                                  77,309              78,380
     負債純資産合計                                   123,793              123,944
                                 11/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   110,076              115,037
                                        96,537              101,891
     売上原価
     売上総利益                                   13,539              13,145
     販売費及び一般管理費
      販売費                                  4,222              4,591
                                         4,321              4,427
      一般管理費
      販売費及び一般管理費合計                                  8,543              9,018
     営業利益                                    4,996              4,126
     営業外収益
      受取利息                                    25              38
      受取配当金                                    88              87
      負ののれん償却額                                   139              139
      持分法による投資利益                                    9              -
      不動産賃貸料                                    38              43
                                          103               56
      その他
      営業外収益合計                                   404              366
     営業外費用
      支払利息                                   121              123
      持分法による投資損失                                    -             266
      賃借料                                   112              112
                                          138              131
      その他
      営業外費用合計                                   372              633
     経常利益                                    5,027              3,859
     特別利益
                                                       ※1  6
      災害による保険金収入                                    -
                                         ※2  ▶            ※2  6
      固定資産売却益
      特別利益合計
                                           ▶              13
     特別損失
                                                      ※3  960
      災害による損失                                    -
      関係会社株式評価損                                    83              113
      解体撤去引当金繰入額                                    50              70
                                                       ※4  49
      固定資産売却損                                    -
                                        ※5  28            ※5  39
      固定資産除却損
      環境対策費                                    23              10
                                          54               -
      減損損失
      特別損失合計                                   240             1,244
     税金等調整前四半期純利益                                    4,791              2,628
     法人税、住民税及び事業税
                                          565              459
                                          217              177
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     783              637
     四半期純利益                                    4,008              1,990
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -              -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    4,008              1,990
                                 12/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                    4,008              1,990
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   653             △ 427
      繰延ヘッジ損益                                    0              -
      退職給付に係る調整額                                    50              25
                                           0             △ 0
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                   704             △ 403
     四半期包括利益                                    4,713              1,586
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  4,713              1,586
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 13/20















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1 受取手形割引高
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        受取手形割引高                         802  百万円              1,399   百万円
     ※2 期末日満期手形等の処理

       期末日満期手形等の会計処理について、当第3四半期連結会計期間の末日は金融機関の休日でありましたが、満
      期日に決済が行われたものとして処理しております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        受取手形及び売掛金                       2,675百万円                 3,046百万円
        電子記録債権                         641                  780
        支払手形及び買掛金                        2,503                  3,158
        電子記録債務                         451                  173
        未払金                         84                 528
                                 ―
        割引手形                                          150
     3 保証債務

       従業員及び関連会社の金融機関借入金について保証しております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        保証債務残高
         従業員(住宅資金)                         5百万円                 4百万円
         日鉄住金ボルテン㈱                         ―                291
         ㈱サンマルコ                         14                 12
         エヒメシャーリング㈱                         20                 ―
               合計                  40                308
     4 貸出コミットメントライン契約

       当社は中期経営計画の遂行に必要な資金を調達するため、取引金融機関6行と貸出コミットメントライン契約を
      締結しております。
       当該契約に基づく借入未実行残高等は次のとおりであります。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        貸出コミットメントライン契約の
                               5,000百万円                 5,000百万円
        総額
                                 ―                 ―
        借入実行残高
              差引額                 5,000                 5,000
                                 14/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
     ※1 災害による保険金収入
       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        平成30年に発生した台風21号及び24号による被害に伴う保険金収入であります。
     ※2 固定資産売却益

       前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
        主に、土地の売却によるものであります。

       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

        主に、土地の売却によるものであります。
     ※3 災害による損失

       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        平成30年に発生した台風21号及び24号による被害に伴う建物等の原状復旧費用又は除却損801百万円、及びたな
       卸資産の損害159百万円であります。
        なお、この損失額には災害損失引当金繰入額537百万円が含まれており、現時点で合理的な見積りが可能な範囲
       における見積額を計上しております。
     ※4 固定資産売却損

       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
        主に、土地及び建物の売却によるものであります。 
     ※5 固定資産除却損

       前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
        主に、機械及び装置の除却によるものであります。
       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

        主に、機械及び装置の除却によるものであります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
     連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及び負ののれんの償却額は、次
     のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                            至 平成29年12月31日)                 至 平成30年12月31日)
        減価償却費                       1,205百万円                 1,322百万円
        負ののれんの償却額                       △139                 △139
                                 15/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                    (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月27日
              普通株式          314       5.00   平成29年3月31日          平成29年6月28日          利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年11月2日
              普通株式          157       2.50   平成29年9月30日          平成29年12月1日          利益剰余金
     取締役会
     (注)平成29年3月31日を基準日とする1株当たり配当額は、平成28年10月1日を効力発生日とした10株を1株とす
        る株式併合を踏まえております。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                    (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月27日
              普通株式          345        5.50   平成30年3月31日          平成30年6月28日          利益剰余金
     定時株主総会
     平成30年11月6日
              普通株式          251        4.00    平成30年9月30日          平成30年12月3日          利益剰余金
     取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。
                                 16/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    四半期連結
                            報告セグメント
                                              調整額
                                                    損益計算書
                     鉄鋼     エンジニア       不動産       計
                                                     計上額
                           リング
                   (百万円)      (百万円)       (百万円)      (百万円)
                                             (百万円)
                                                    (百万円)
     売上高
      外部顧客への売上高                108,585       1,033       457    110,076          ―    110,076
      セグメント間の内部売上高
                       62      20      198      281      △ 281        ―
      又は振替高
           計          108,648       1,054       656    110,358        △ 281     110,076
     セグメント利益又は損失(△)
                      4,818       △ 16      329     5,131       △ 103      5,027
     (経常利益又は経常損失(△))
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

         内容(差異調整に関する事項)
                            金  額
        利 益 又 は 損 失
                            (百万円)
      報告セグメント計                           5,131
      セグメント間取引消去                           △12
      全社営業外損益(注)                           △91
      四半期連結損益計算書の経常利益                           5,027
     (注)全社営業外損益は、主に報告セグメントに帰属しない営業外収益と営業外費用の差額であります。

       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    四半期連結
                            報告セグメント
                                              調整額
                                                    損益計算書
                     鉄鋼     エンジニア       不動産       計
                                                     計上額
                           リング
                   (百万円)      (百万円)       (百万円)      (百万円)
                                             (百万円)
                                                    (百万円)
     売上高
      外部顧客への売上高                113,480       1,088       468    115,037          ―    115,037
      セグメント間の内部売上高
                       232       66      210      508      △ 508        ―
      又は振替高
           計          113,712       1,154       678    115,545        △ 508     115,037
     セグメント利益又は損失(△)
                      3,696       △ 28      363     4,032       △ 172      3,859
     (経常利益又は経常損失(△))
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

         内容(差異調整に関する事項)
                            金  額
        利 益 又 は 損 失
                            (百万円)
      報告セグメント計                           4,032
      セグメント間取引消去                            △36
      全社営業外損益(注)                           △136
      四半期連結損益計算書の経常利益                           3,859
     (注)全社営業外損益は、主に報告セグメントに帰属しない営業外収益と営業外費用の差額であります。

                                 17/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間                           当第3四半期連結累計期間

            (自 平成29年4月1日                           (自 平成30年4月1日
             至 平成29年12月31日)                             至 平成30年12月31日)
                          74円   3銭                        36円   76銭
     1株当たり四半期純利益                           1株当たり四半期純利益
     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        2 1株当たり四半期純利益の算定上の基礎
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年4月1日             (自 平成30年4月1日
                                  至 平成29年12月31日)              至 平成30年12月31日)
     四半期連結損益計算書上の親会社株主に帰属する
                                                      1,990
                            (百万円)              4,008
     四半期純利益
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                                      1,990
                            (百万円)              4,008
     四半期純利益
                                                        ―
     普通株主に帰属しない金額                       (百万円)                ―
     普通株式の期中平均株式数                        (千株)             54,140             54,138

    2  【その他】

       第125期(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)中間配当について、平成30年11月6日開催の取締役会に
      おいて、平成30年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしまし
      た。
       ① 配当金の総額                                           251百万円
       ② 1株当たりの金額                4円00銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日  平成30年12月3日
                                 18/20











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社中山製鋼所(E01229)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    株式会社中山製鋼所
     取締役会 御中
                          有限責任     あずさ監査法人

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士       小林 礼治         ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士       溝  静太         ㊞
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社中山製

    鋼所の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から
    平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
    結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
    四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社中山製鋼所及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財
    政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
    ての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。