株式会社大分銀行 四半期報告書 第213期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第213期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社大分銀行

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2019年2月12日

    【四半期会計期間】                 第213期第3四半期(自2018年10月1日 至2018年12月31日)

    【会社名】                 株式会社大分銀行

    【英訳名】                 THE  OITA   BANK,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                 取締役頭取  後         藤 富    一  郎

    【本店の所在の場所】                 大分県大分市府内町三丁目4番1号

    【電話番号】                 大分(097)534-1111

    【事務連絡者氏名】                 取締役総合企画部長兼収益管理室長                  高 橋 靖 英

    【最寄りの連絡場所】                 東京都中央区日本橋二丁目3番4号(日本橋プラザビル内)

                     株式会社大分銀行         東京事務所
    【電話番号】                 東京(03)3273-0051

    【事務連絡者氏名】                 東京事務所長  小 野 大 輔

    【縦覧に供する場所】                 株式会社大分銀行         東京支店

                      (東京都中央区日本橋二丁目3番4号)

                     株式会社大分銀行         福岡支店

                      (福岡市博多区上呉服町10番10号)

                     株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                     証券会員制法人福岡証券取引所

                      (福岡市中央区天神二丁目14番2号)

                     (注)東京支店は金融商品取引法の規定による縦覧場所ではありませんが、投資家の便宜のた

                       め縦覧に供する場所としております。
                                  1/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

                             2017年度           2018年度

                             第3四半期           第3四半期            2017年度
                            連結累計期間           連結累計期間
                           (自2017年4月1日           (自2018年4月1日           (自2017年4月1日
                           至2017年12月31日)           至2018年12月31日)           至2018年3月31日)
     経常収益                  百万円           44,890           48,108           60,966

     経常利益                  百万円           10,202            9,099           9,304

     親会社株主に帰属する四半期純利益                  百万円           7,414           6,889             ―

     親会社株主に帰属する当期純利益                  百万円             ―           ―         5,976

     四半期包括利益                  百万円           17,125            △ 345            ―

     包括利益                  百万円             ―           ―         8,012

     純資産額                  百万円          205,474           194,724           196,359

     総資産額                  百万円         3,267,002           3,312,374           3,220,162

     1株当たり四半期純利益                   円          471.30           437.93              ―

     1株当たり当期純利益                   円            ―           ―        379.90

     潜在株式調整後
                       円          407.70           378.29              ―
     1株当たり四半期純利益
     潜在株式調整後
                       円            ―           ―        328.60
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率                   %           6.28           5.86           6.09
                              2017年度第3四半期                 2018年度第3四半期

                                連結会計期間                連結会計期間
                              (自2017年10月1日                 (自2018年10月1日
                               至2017年12月31日)                 至2018年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                   円                55.52                133.23
     (注)   1 当行及び国内連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        2 2017年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を実施いたしました。1株当たり(四半期)当期純利
          益、潜在株式調整後1株当たり(四半期)当期純利益は、2017年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し
          て算出しております。
        3 自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末新株予約権-(四半期)期末非支配株主持分)
         を(四半期)期末資産の部の合計で除して算出しております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当行及び当行の関係会社(以下、「当行グループ」という。)が営む事業の
      内容については、重要な変更はありません。また、主要な関係会社についても、異動はありません。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1 【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
      業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       (財政状態)
       預金及び譲渡性預金の当第3四半期連結会計期間末残高は、前連結会計年度末対比                                       380億円増加      し、  2兆9,565億
      円 となりました。
       貸出金の当第3四半期連結会計期間末残高は、前連結会計年度末対比                                 59億円増加     し、  1兆7,979億円       となりまし
      た。
       有価証券の当第3四半期連結会計期間末残高は、前連結会計年度末対比                                  691億円増加      し、  1兆1,383億円       となりま
      した。
       (経営成績)

       連結ベースの経常収益は、有価証券利息配当金の増加による資金運用収益の増加及び貸倒引当金戻入益や株式等
      売却益の増加によるその他経常収益の増加により、前第3四半期連結累計期間対比                                      32億17百万円増加        し、  481億8百
      万円  となりました。
       一方、経常費用は、営業経費は減少したものの、国債等債券売却損の増加によるその他業務費用の増加や、株式
      等売却損の増加によるその他経常費用の増加により、前第3四半期連結累計期間対比                                       43億19百万円増加        し、  390億8
      百万円   となりました。
       この結果、経常利益は、前第3四半期連結累計期間対比                           11億2百万円減少         し、  90億99百万円      となりました。ま
      た、親会社株主に帰属する四半期純利益は、前第3四半期連結累計期間対比                                    5億25百万円減少        し、  68億89百万円      と
      なりました。
       (セグメント別業績)

       当行グループの中心である「銀行業」では、経常収益は、有価証券利息配当金及び株式等売却益の増加により、
      前第3四半期連結累計期間対比               29億43百万円増加        し、  404億32百万円       となりました。セグメント利益は、経常収益は
      増加したものの、国債等債券売却損の増加による経常費用の増加により、前第3四半期連結累計期間対比                                                 14億30百
      万円減少    し、  81億36百万円      となりました。
       「リース業」では、経常収益は、リース売上高の減少により前第3四半期連結累計期間対比                                           6百万円減少      し、  67
      億44百万円     となりました。セグメント利益は、経常収益は減少したものの、売上原価等の減少による経常費用の減
      少により前第3四半期連結累計期間対比                   2億10百万円増加        し、  3億94百万円      となりました。
       「銀行業」、「リース業」を除く「その他」の経常収益は、貸倒引当金戻入益等の増加により、前第3四半期連
      結累計期間対比       1億74百万円増加        し、  23億1百万円      となりました。セグメント利益は、経常収益の増加により、前
      第3四半期連結累計期間対比             1億36百万円増加        し、  5億78百万円      となりました。
                                  3/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当行グループの経営成績等の状況に関する分析・検討内容は次のとおりであります。
      ①財政状態の分析

                       前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間               増減(百万円)
                       (百万円)(A)              (百万円)(B)             (B)-(A)
        預金等                    2,918,527              2,956,541            38,014
         預金                   2,800,587              2,761,340           △39,246
         譲渡性預金                    117,939              195,200           77,261
        貸出金                    1,791,972              1,797,909             5,936
        有価証券                    1,069,236              1,138,344            69,107
       (預金等)
       預金等は、個人預金、法人預金及び譲渡性預金の増加により、前連結会計年度末対比                                       380億14百万円増加         し、  2兆
      9,565億41百万円        となりました。
       (貸出金)
       貸出金は、県内の公共向け貸出及び外貨貸出が減少したものの、事業性貸出及び個人ローンが増加したことか
      ら、前連結会計年度末対比            59億36百万円増加        し、  1兆7,979億9百万円          となりました。
       (有価証券)
       有価証券は、国債及び株式が減少したものの、地方債の増加により、前連結会計年度末対比                                           691億7百万円増加
      し、  1兆1,383億44百万円          となりました。
       (金融再生法開示債権の状況)
       金融再生法開示債権の状況は以下のとおりであります。
       金融再生法開示債権は、前連結会計年度末対比                      80億22百万円減少        し、  488億79百万円       となりました。
       開示債権比率は、前連結会計年度末対比                   0.45ポイント低下        し、  2.63%   となりました。
       債権区分別では、破産更生債権及びこれらに準ずる債権が                           7億26百万円      、危険債権が      77億72百万円減少        し、要管
      理債権が    4億75百万円増加        しております。
                                         当第3四半期
                               前連結会計年度                   増減(百万円)
                                         連結会計期間
                                (百万円)(A)                   (B)-(A)
                                         (百万円)(B)
        破産更生債権及びこれらに準ずる債権   ①                             5,301         4,575         △726
        危険債権                ②                            51,233         43,461         △7,772
        要管理債権               ③                              367         842         475
        小計   (=①+②+③)                            ④
                                    56,902         48,879         △8,022
        正常債権                ⑤                           1,788,748         1,804,873           16,124
        合計   (=④+⑤)                              ⑥
                                  1,845,650         1,853,752           8,101
        開示債権比率       (=④/⑥)
                                    3.08%         2.63%        △0.45%
                                  4/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
      ②経営成績の分析
       損益の状況
                               前第3四半期          当第3四半期
                                                   増減(百万円)
                               連結累計期間
                                         連結累計期間
                                                    (B)-(A)
                                         (百万円)(B)
                               (百万円)(A)
        連結粗利益                            30,503          27,187          △3,315
          資金利益                         26,540          28,018           1,478
          役務取引等利益                          5,342          5,449           107
          その他業務利益                         △1,379          △6,281          △4,901
        営業経費                                        23,442          21,844          △1,597
        貸倒償却引当費用                             ①
                                    △51           62          114
          貸出金償却                                     12          10          △2
          個別貸倒引当金繰入額                                -          -          -
          一般貸倒引当金繰入額                                -          -          -
          その他                                     △63           52          116
        貸倒引当金戻入益                                       ②
                                    1,136          2,236          1,099
        償却債権取立益                                         ③
                                      0          0          0
        連結与信費用(=①-②-③)                           △1,188          △2,174           △985
        株式等損益                            1,309          1,413           104
        その他                             643          168         △474
        経常利益                            10,202           9,099         △1,102
        特別損益                             △32          △578          △545
        税金等調整前四半期純利益                            10,169           8,521         △1,647
        法人税、住民税及び事業税                                2,575           672        △1,902
        法人税等調整額                                      179          957          778
        非支配株主に帰属する四半期純利益                              0          2          2
        親会社株主に帰属する四半期純利益                            7,414          6,889          △525
       (注)   連結粗利益=(資金運用収益-資金調達費用)+(役務取引等収益-役務取引等費用)
                +(その他業務収益-その他業務費用)
       (連結粗利益)
       連結粗利益は、国債等債券売却損の増加によるその他業務利益の減少等により、前第3四半期連結累計期間対比
      33億15百万円減少        し、  271億87百万円       となりました。
       (営業経費)
       営業経費は、人件費や物件費の減少により、前第3四半期連結累計期間対比                                   15億97百万円減少        し、  218億44百万円
      となりました。
       (連結与信費用)
       連結与信費用は、貸倒引当金戻入益の増加等により、前第3四半期連結累計期間対比                                        9億85百万円減少        し、  21億
      74百万円のマイナス         となりました。
       (株式等損益)
       株式等損益は、株式等売却益の増加等により、前第3四半期連結累計期間対比                                     1億4百万円増加        し、  14億13百万
      円のプラス     となりました。
       (特別損益)
       特別損益は、減損損失の計上等により、前第3四半期連結累計期間対比5億45百万円減少し、5億78百万円のマ
      イナスとなりました。
                                  5/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
      国内・国際業務部門別収支
       資金運用収支は、前第3四半期連結累計期間対比                       14億78百万円増加        して  280億21百万円       、役務取引等収支は、前第
      3四半期連結累計期間対比             1億7百万円増加        して  54億49百万円      、その他業務収支は、前第3四半期連結累計期間対
      比 49億1百万円減少        して  △62億81百万円       となりました。
                               国内業務部門       国際業務部門       相殺消去額(△)          合計
          種類             期別
                               金額(百万円)       金額(百万円)       金額(百万円)       金額(百万円)
                 前第3四半期連結累計期間                22,610        3,932         -     26,543

     資金運用収支
                 当第3四半期連結累計期間                23,693        4,327         -     28,021
                 前第3四半期連結累計期間                23,150        4,665        101      27,714

      うち資金運用収益
                 当第3四半期連結累計期間                24,148        4,918         89     28,978
                 前第3四半期連結累計期間                  540       732       101      1,171

      うち資金調達費用
                 当第3四半期連結累計期間                  455       590        89       956
                 前第3四半期連結累計期間                 5,318         23       -      5,342

     役務取引等収支
                 当第3四半期連結累計期間                 5,421         28       -      5,449
                 前第3四半期連結累計期間                 6,510         68       -      6,579

      うち役務取引等収益
                 当第3四半期連結累計期間                 6,698         71       -      6,770
                 前第3四半期連結累計期間                 1,192         44       -      1,237

      うち役務取引等費用
                 当第3四半期連結累計期間                 1,277         43       -      1,320
                 前第3四半期連結累計期間                  125     △1,505          -     △1,379

     その他業務収支
                 当第3四半期連結累計期間                △1,782       △4,499          -     △6,281
                 前第3四半期連結累計期間                 7,103        240        -      7,343

      うちその他業務収益
                 当第3四半期連結累計期間                 7,088        104        -      7,193
                 前第3四半期連結累計期間                 6,977       1,746         -      8,723

      うちその他業務費用
                 当第3四半期連結累計期間                 8,870       4,603         -     13,474
     (注)   1 国内業務部門は当行及び連結子会社の円建取引、国際業務部門は当行の外貨建取引であります。ただし、円
         建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業務部門に含めております。以下同様であります。
        2 資金調達費用は、金銭の信託運用見合費用(前第3四半期連結累計期間2百万円、当第3四半期連結累計期
         間2百万円)を控除して表示しております。
        3 「相殺消去額」欄は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利息を記載しております。
                                  6/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
      国内・国際業務部門別役務取引の状況
       役務取引等収益は、前第3四半期連結累計期間対比                        1億90百万円増加        して  67億70百万円      となりました。また、役
      務取引等費用は、前第3四半期連結累計期間対比                       83百万円増加      して  13億20百万円      となりました。
                                国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類             期別
                                金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                 前第3四半期連結累計期間                   6,510           68        6,579
     役務取引等収益
                 当第3四半期連結累計期間                   6,698           71        6,770
                 前第3四半期連結累計期間                   2,681           -        2,681
      うち預金・貸出業務
                 当第3四半期連結累計期間                   2,796           -        2,796
                 前第3四半期連結累計期間                   1,992           53        2,046
      うち為替業務
                 当第3四半期連結累計期間                   2,023           56        2,079
                 前第3四半期連結累計期間                    688          -         688
      うち証券関連業務
                 当第3四半期連結累計期間                    667          -         667
                 前第3四半期連結累計期間                    743          -         743
      うち代理業務
                 当第3四半期連結累計期間                    813          -         813
                 前第3四半期連結累計期間                   1,192           44        1,237
     役務取引等費用
                 当第3四半期連結累計期間                   1,277           43        1,320
                 前第3四半期連結累計期間                    654          44         699
      うち為替業務
                 当第3四半期連結累計期間                    667          43         711
                 前第3四半期連結累計期間                    436          -         436
      うち個人ローン業務
                 当第3四半期連結累計期間                    459          -         459
      国内・国際業務部門別預金残高の状況

       ○ 預金の種類別残高(末残)
                                国内業務部門          国際業務部門            合計
          種類             期別
                                金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                 前第3四半期連結会計期間                 2,708,824            9,537        2,718,362
     預金合計
                 当第3四半期連結会計期間                 2,750,105           11,235        2,761,340
                 前第3四半期連結会計期間                 1,774,642             -      1,774,642
      うち流動性預金
                 当第3四半期連結会計期間                 1,831,730             -      1,831,730
                 前第3四半期連結会計期間                  918,376            -       918,376
      うち定期性預金
                 当第3四半期連結会計期間                  895,146            -       895,146
                 前第3四半期連結会計期間                   15,805          9,537         25,342
      うちその他
                 当第3四半期連結会計期間                   23,228          11,235          34,463
                 前第3四半期連結会計期間                  212,824            -       212,824
     譲渡性預金
                 当第3四半期連結会計期間                  195,200            -       195,200
                 前第3四半期連結会計期間                 2,921,649            9,537        2,931,187
     総合計
                 当第3四半期連結会計期間                 2,945,306           11,235        2,956,541
     (注)   1 流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        2 定期性預金=定期預金+定期積金
                                  7/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
      国内・特別国際金融取引勘定別貸出金残高の状況
       ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                         前第3四半期連結会計期間                   当第3四半期連結会計期間
           業種別
                         金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)
     国内(除く特別国際金融取引勘定分)                        1,768,548         100.00          1,797,909         100.00
      製造業                         126,829         7.17          126,642         7.04
      農業、林業                          1,749        0.10           2,589        0.14
      漁業                          5,828        0.33           4,286        0.24
      鉱業、採石業、砂利採取業                           765       0.04            716       0.04
      建設業                         42,323        2.39           39,151        2.18
      電気・ガス・熱供給・水道業                         61,636        3.49           65,884        3.67
      情報通信業                          8,088        0.46           8,993        0.50
      運輸業、郵便業                         66,915        3.78           68,221        3.79
      卸売業、小売業                         138,650         7.84          136,265         7.58
      金融業、保険業                         72,573        4.10           79,461        4.42
      不動産業、物品賃貸業                         209,248        11.83           228,212        12.69
      各種サービス業                         210,942        11.93           221,204        12.30
      地方公共団体                         301,903        17.07           281,458        15.66
      その他                         521,099        29.47           534,827        29.75
     特別国際金融取引勘定分                            -       -            -       -
      政府等                            -       -            -       -
      金融機関                            -       -            -       -
      その他                            -       -            -       -
            合計                 1,768,548        -           1,797,909        -
     (注) 第1四半期連結会計期間より、「その他」に含まれる「個人(住宅・消費・納税資金等)」について、業種分類を
       債務者ベースから債権ベースへ変更し、前第3四半期連結会計期間に遡及して適用しております。この結果、前第
       3四半期連結会計期間において、「不動産業、物品賃貸業」は5,996百万円増加し、「その他」は同額減少してお
       ります。
    3  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                  8/23










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    第3 【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
           種類         発行可能株式総数(株)
          普通株式                 30,000,000

           計               30,000,000

      ②  【発行済株式】

                             提出日現在         上場金融商品取引所
               第3四半期会計期間末
                 現在発行数(株)
         種類                    発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
                (2018年12月31日)
                           (2019年2月12日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
        普通株式            16,243,634           16,243,634       市場第1部           単元株式数:100株
                                      福岡証券取引所
         計           16,243,634           16,243,634           ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
          年月日         総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                   (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       2018年10月1日~
                       ―     16,243         ―      19,598          ―      10,582
       2018年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。 
                                  9/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
       載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①【発行済株式】
                                                  2018年9月30日現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                      ―            ―            ―

      議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

      議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―

                      (自己保有株式)

      完全議決権株式(自己株式等)                                 ―            ―
                             512,300
                      普通株式
                      普通株式      15,606,500

                                            (注)   1
      完全議決権株式(その他)                                 156,065
                             124,834

                      普通株式
      単元未満株式                                 ―     (注)   2
                           16,243,634

      発行済株式総数                                 ―            ―
      総株主の議決権                      ―           156,065              ―

      (注)   1 100株につき、1個の議決権を有しております。
         2    「単元未満株式」の欄には、当行所有の自己株式が60株含まれております。
      ②【自己株式等】

                                                  2018年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                   自己名義      他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                        所有者の住所           所有株式数      所有株式数       の合計
          又は名称                                           所有株式数
                                    (株)      (株)      (株)
                                                      の割合(%)
      (自己保有株式)              大分県大分市府内町
                                     512,300         ―    512,300         3.15
      株式会社大分銀行               三丁目4番1号
            計               ―          512,300         ―    512,300         3.15
    2 【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                 10/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第

     64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(1982
     年大蔵省令第10号)に準拠しております。
    2 当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自2018年10月1日 至2018

     年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)に係る四半期連結財務諸表につい
     て、有限責任監査法人トーマツの四半期レビューを受けております。
                                 11/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      現金預け金                                 229,558              243,272
      コールローン及び買入手形                                  2,124              2,220
      買入金銭債権                                  6,155              6,349
      商品有価証券                                    -               3
      金銭の信託                                  15,220              17,786
      有価証券                                1,069,236              1,138,344
                                    ※1  1,791,972            ※1  1,797,909
      貸出金
      外国為替                                  4,153              3,851
      リース債権及びリース投資資産                                  16,157              16,057
      その他資産                                  58,584              52,929
      有形固定資産                                  33,306              32,128
      無形固定資産                                  1,616              1,395
      退職給付に係る資産                                  12,380              12,547
      繰延税金資産                                   994             1,012
      支払承諾見返                                  9,150              11,446
                                       △ 30,452             △ 24,879
      貸倒引当金
      資産の部合計                                3,220,162              3,312,374
     負債の部
      預金                                2,800,587              2,761,340
      譲渡性預金                                 117,939              195,200
      コールマネー及び売渡手形                                  5,312              7,770
      売現先勘定                                  23,723              25,052
      債券貸借取引受入担保金                                  4,283              2,263
      借用金                                  8,026              67,614
      外国為替                                    22              16
      新株予約権付社債                                  10,624              11,100
      その他負債                                  27,315              22,139
      賞与引当金                                  1,002               263
      退職給付に係る負債                                  7,563              7,417
      役員退職慰労引当金                                    31              33
      睡眠預金払戻損失引当金                                  1,484              1,115
      繰延税金負債                                  2,040               283
      再評価に係る繰延税金負債                                  4,693              4,592
      支払承諾                                  9,150              11,446
      負債の部合計                                3,023,802              3,117,649
     純資産の部
      資本金                                  19,598              19,598
      資本剰余金                                  13,788              13,788
      利益剰余金                                 132,089              137,731
                                        △ 2,322             △ 2,326
      自己株式
      株主資本合計                                 163,154              168,791
      その他有価証券評価差額金
                                        24,061              16,452
      繰延ヘッジ損益                                  △ 712             △ 589
      土地再評価差額金                                  9,018              8,928
                                          599              849
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                  32,967              25,641
      新株予約権
                                          182              234
                                          55              56
      非支配株主持分
      純資産の部合計                                 196,359              194,724
     負債及び純資産の部合計                                  3,220,162              3,312,374
                                 12/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     経常収益                                   44,890              48,108
      資金運用収益                                  27,714              28,978
        (うち貸出金利息)                                17,379              16,962
        (うち有価証券利息配当金)                                10,205              11,870
      役務取引等収益                                  6,579              6,770
      その他業務収益                                  7,343              7,193
                                      ※1  3,252            ※1  5,166
      その他経常収益
     経常費用                                   34,688              39,008
      資金調達費用                                  1,174               959
        (うち預金利息)                                  340              291
      役務取引等費用                                  1,237              1,320
      その他業務費用                                  8,723              13,474
      営業経費                                  23,442              21,844
                                       ※2  110           ※2  1,409
      その他経常費用
     経常利益                                   10,202               9,099
     特別利益
                                           0              6
      固定資産処分益                                    0              6
     特別損失                                     32              584
      固定資産処分損                                    32              16
                                          -              567
      減損損失
     税金等調整前四半期純利益                                   10,169               8,521
     法人税、住民税及び事業税
                                         2,575               672
                                          179              957
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    2,754              1,630
     四半期純利益                                    7,414              6,891
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      0              2
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    7,414              6,889
                                 13/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                    7,414              6,891
     その他の包括利益                                    9,711             △ 7,237
      その他有価証券評価差額金                                  8,900             △ 7,610
      繰延ヘッジ損益                                   147              123
                                          663              249
      退職給付に係る調整額
     四半期包括利益                                   17,125               △ 345
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  17,124               △ 346
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    0              0
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
      当第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
       税金費用の処理
        連結子会社の税金費用は、当第3四半期会計期間を含む年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の
       実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じることにより算定しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1   貸出金のうち、リスク管理債権は次のとおりであります。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                             (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        破綻先債権額                           2,092   百万円              1,625   百万円
        延滞債権額                          48,194   百万円              40,341   百万円
        3ヵ月以上延滞債権額                            - 百万円                - 百万円
        貸出条件緩和債権額                            367  百万円               823  百万円
        合計額                          50,654   百万円              42,789   百万円
       なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1   その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自2017年4月1日                 (自2018年4月1日
                             至2017年12月31日)                 至2018年12月31日)
        株式等売却益                           1,357   百万円              2,428   百万円
        貸倒引当金戻入益                           1,136   百万円              2,236   百万円
     ※2    その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自2017年4月1日                 (自2018年4月1日
                            至2017年12月31日)                 至2018年12月31日)
        株式等売却損                             0百万円                896百万円
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
     連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自2017年4月1日                 (自2018年4月1日
                             至2017年12月31日)                 至2018年12月31日)
        減価償却費                           2,523   百万円              1,651   百万円
                                 15/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
      配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
      2017年6月27日

                普通株式          550      3.50   2017年3月31日         2017年6月28日         利益剰余金
      定時株主総会
      2017年11月13日
                普通株式          550      3.50   2017年9月30日         2017年12月8日         利益剰余金
      取締役会
      (注) 2017年11月13日取締役会決議に基づく1株当たり配当額については、基準日が2017年9月30日であるため、
        2017年10月1日付の株式併合は加味しておりません。
     当第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)

      配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
      2018年6月26日

                普通株式          707      45.00    2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
      定時株主総会
      2018年11月12日
                普通株式          629      40.00    2018年9月30日         2018年12月10日         利益剰余金
      取締役会
                                 16/23














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     前第3四半期連結累計期間(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
      報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                     報告セグメント
                                    その他       合計      調整額     損益計算書
                 銀行業      リース業        計
                                                      計上額
      経常収益
       外部顧客に対する
                  37,305       6,543      43,849       1,332      45,181       △ 290     44,890
       経常収益
       セグメント間の
                    183      207      390      795     1,185     △ 1,185        -
       内部経常収益
          計        37,488       6,751      44,239       2,127      46,367      △ 1,476      44,890
      セグメント利益             9,567       184     9,751       442     10,193         8    10,202

     (注)   1 一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
        2 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業務等であ
         ります。
        3 外部顧客に対する経常収益の調整額                   △290百万円      は、貸倒引当金戻入益の調整であります。
        4 セグメント利益の調整額             8百万円    は、セグメント間取引消去であります。
        5 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     当第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)

      報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                     報告セグメント
                                    その他       合計      調整額     損益計算書
                 銀行業      リース業        計
                                                      計上額
      経常収益
       外部顧客に対する
                  40,283       6,577      46,861       1,491      48,352       △ 244     48,108
       経常収益
       セグメント間の
                    148      167      315      810     1,126     △ 1,126        -
       内部経常収益
          計        40,432       6,744      47,176       2,301      49,478      △ 1,370      48,108
      セグメント利益             8,136       394     8,530       578     9,109       △ 10     9,099

     (注)   1 一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
        2 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業務等であ
         ります。
        3 外部顧客に対する経常収益の調整額                   △244百万円      は、貸倒引当金戻入益の調整であります。
        4 セグメント利益の調整額             △10百万円     は、セグメント間取引消去であります。
        5 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                 17/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (有価証券関係)
    1 満期保有目的の債券
     前連結会計年度(2018年3月31日)
                    連結貸借対照表計上額
                                    時価(百万円)              差額(百万円)
                       (百万円)
      国債                         99             102               3
      地方債                         -              -              -
      短期社債                         -              -              -
      社債                         -              -              -
      その他                         -              -              -
           合計                    99             102               3
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                    四半期連結貸借対照表
                                    時価(百万円)              差額(百万円)
                      計上額(百万円)
      国債                         99             101               2
      地方債                         -             -              -
      短期社債                         -             -              -
      社債                         -             -              -
      その他                         -             -              -
           合計                    99             101               2
    2 その他有価証券

     前連結会計年度(2018年3月31日)
                                  連結貸借対照表計上額
                     取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                     (百万円)
      株式                       42,793              70,482              27,689
      債券                      605,733              614,586               8,853
       国債                      165,892              170,149               4,256
       地方債                      149,756              151,511               1,754
       短期社債                        -              -              -
       社債                      290,084              292,926               2,842
      その他                      377,580              374,916              △2,664
           合計                1,026,107              1,059,985               33,878
                                 18/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
                                 四半期連結貸借対照表
                     取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                   計上額(百万円)
      株式                       41,052             57,150              16,097
      債券                      684,402             692,957               8,555
       国債                     138,293             141,667               3,374
       地方債                     235,034             237,576               2,542
       短期社債                        -             -              -
       社債                     311,074             313,713               2,638
      その他                      379,079             377,695              △1,383
           合計                1,104,534             1,127,804                23,269
      (注) その他有価証券で時価のあるもののうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価
        が取得原価まで回復する見込みがあると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表
        計上額(連結貸借対照表計上額)とするとともに、評価差額を当第3四半期連結累計期間(連結会計年度)の損失と
        して処理(以下、「減損処理」という。)しております。
         前連結会計年度及び当第3四半期連結累計期間における時価のある有価証券の減損処理は、該当ありません。
         なお、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、時価が取得原価に比べて50%程度以上下落した場
        合であります。また、時価が取得原価に比べて30%以上50%未満下落した場合は、金融商品会計に関する実務指
        針に基づき当行が制定した基準に該当するものを時価が「著しく下落した」と判断しております。
     (デリバティブ取引関係)

      企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
     は、次のとおりであります。
    1 金利関連取引

     前連結会計年度(2018年3月31日)
      該当ありません。
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
      該当ありません。
    2 通貨関連取引

     前連結会計年度(2018年3月31日)
       区分         種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
           通貨先物                       -            -            -
      金融商品
      取引所
           通貨オプション                       -            -            -
           通貨スワップ                     65,868             4,867            4,867
           クーポンスワップ                    155,378              115            115
       店頭    為替予約                     74,189             1,989            1,989
           通貨オプション                       -            -            -
           その他                       -            -            -
             合計                ―               6,972            6,972
     (注)   1   上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
        2    時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
                                 19/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
      区分        種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)            評価損益(百万円)
          通貨先物                       -            -             -
     金融商品
      取引所
          通貨オプション                       -            -             -
          通貨スワップ                     86,580             1,983             1,983
          クーポンスワップ                    193,925              150             150
      店頭    為替予約                     41,368              524             524
          通貨オプション                       -            -             -
          その他                       -            -             -
            合計                ―               2,658             2,658
     (注)   1   上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
        2    時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
    3 株式関連取引

     前連結会計年度(2018年3月31日)
      該当ありません。
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
      該当ありません。
    4 債券関連取引

     前連結会計年度(2018年3月31日)
      該当ありません。
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
      該当ありません。
    5 商品関連取引

     前連結会計年度(2018年3月31日)
      該当ありません。
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
      該当ありません。
    6 クレジット・デリバティブ取引

     前連結会計年度(2018年3月31日)
      該当ありません。
     当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
      該当ありません。
                                 20/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、次
     のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                   (自2017年4月1日             (自2018年4月1日
                                    至2017年12月31日)             至2018年12月31日)
      (1)  1株当たり四半期純利益
                               円            471.30             437.93
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益                       百万円             7,414             6,889

       普通株主に帰属しない金額                       百万円               -             -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                              百万円             7,414             6,889
       四半期純利益
       普通株式の期中平均株式数                        千株            15,731             15,731
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                               円            407.70             378.29
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                       百万円               -             -

       普通株式増加数                        千株             2,454             2,479

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
       当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                                       ――             ――
       式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
       ものの概要
      (注) 2017年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を実施いたしました。1株当たり四半期純利益及び潜
        在株式調整後1株当たり四半期純利益は、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定して算出して
        おります。
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
    2  【その他】

       中間配当(会社法第454条第5項の規定による金銭の分配)
       第213期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)中間配当について、2018年11月12日開催の取締役会において、
      2018年9月30日の株主名簿に記録された株主又は登録株式質権者に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議い
      たしました。
       中間配当金総額                              629百万円
       1株当たりの中間配当金                              40円00銭
       支払請求の効力発生日及び支払開始日                           2018年12月10日
                                 21/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大分銀行(E03596)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  2019年2月6日

    株 式 会 社 大 分 銀 行
      取 締 役 会    御 中
                        有限責任監査法人 トーマツ

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       伊  藤  次  男             ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       荒  牧  秀  樹             ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       宮  㟢    健             ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大分銀

    行の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12
    月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
    を行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任 

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。 
    監査人の責任 

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。 
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。 
    監査人の結論 

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大分銀行及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
    重要な点において認められなかった。 
    利害関係 

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。 
                                                       以 上
      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当行(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。