日本シイエムケイ株式会社 四半期報告書 第59期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第59期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:日本シイエムケイ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    平成31年2月12日

                         第59期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)

      【四半期会計期間】
      【会社名】                    日本シイエムケイ株式会社

                         CMK  CORPORATION

      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  大 澤 功

      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

                         03-5323-0231(代表)

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    管理本部 経理部長  岡 部 明 広

      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

                         03-5323-0231(代表)

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    管理本部 経理部長  岡 部 明 広

      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18









                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                                第58期           第59期

               回次               第3四半期           第3四半期            第58期
                              連結累計期間           連結累計期間
                            自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日

              会計期間
                            至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日           至 平成30年3月31日
                       (百万円)            64,289           67,734           86,894
     売上高
                       (百万円)             3,162           2,993           3,917
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                       (百万円)             2,632           1,507           3,638
     四半期(当期)純利益
                       (百万円)             3,540            961          4,751
     四半期包括利益又は包括利益
                       (百万円)            54,704           56,260           55,892
     純資産額
                       (百万円)            96,495          107,811           94,674
     総資産額
                        (円)            44.48           25.47           61.46
     1株当たり四半期(当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                        (%)            53.17           49.05           55.45
     自己資本比率
                                第58期           第59期

               回次               第3四半期           第3四半期
                              連結会計期間           連結会計期間
                            自 平成29年10月1日           自 平成30年10月1日

              会計期間
                            至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日
                                   16.94           5.54
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
           せん。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
           結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
           等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社において営まれている事業の内容について、重要な変
      更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/18





                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間及び本四半期報告書提出日(平成31年2月12日)現在において、前事業年度の有価証券報告
      書に記載した「事業等のリスク」につき、以下の追加すべき事項が生じております。
       なお、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は、「第2 事業の状況」の他の項目においても記載し
      ておりますので、併せてご参照ください。
       また、文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日(平成31年2月12日)現在において、当社グループが判断し
      たものであります。
      (製造工程に関する未承認変更について)

       当社グループでは、あらかじめお客様との間で取り決めた製造工程に変更が生じる場合には、お客様に対し、事前に
      当該製造工程の変更に係る承認申請を行って、その承認を得る旨の取り決めをしております。しかしながら、承認を得
      ずに製造工程が変更されていることについて、内部及び外部からの指摘があり、それを新経営陣において真摯に受け止
      め、平成30年5月から7月にかけ、弁護士も交えて初期的な社内調査を実施しました。調査の結果、当社グループで
      は、一部のお客様に対して、当該製造工程の変更に係る承認申請を行わず、当該変更に係る当該お客様の承認を得ない
      ままに、当該お客様に納入する製品の製造工程において、拠点の変更、または一部の外注委託が行われていることが確
      認されました。
       これを受け、当社グループとしては、この問題を是正すべく対応をしてまいりましたが、問題の重大性に鑑み、本事
      案に係る再発防止策の検討に当たっては、外部専門家の客観的かつ公平な調査が必要であると考え、平成30年11月、外
      部の法律事務所に本事案の調査等を依頼するとともに、当社グループをあげて本事案に取り組むことが喫緊の経営課題
      であると判断しました。
       当社による社内調査では、本事案に関わる製品(以下「本製品」といいます。)について、当社規定に従った検査を実
      施しており、品質に疑いを生じさせる具体的な問題は現時点では確認されておりません。
       当社グループから本製品を納入しているお客様に対しては、これまで確認された事実や調査の内容等をご説明し、順
      次、今後の対応等についてご相談しております。引き続き、お客様との間で、製造工程等の変更に関する承認取得等に
      向けた協議を進めてまいります。
       本事案が平成31年3月期の当社グループ連結業績に与える影響については、現時点では軽微であると判断しておりま
      すが、重要な影響を及ぼすことが明らかになった場合には速やかに公表いたします。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

       ①経営成績
        当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、堅調な企業業績と増加基調となっている設備投資に支えら
       れ、回復基調を維持したものの、世界経済に対する懸念から、不透明感が高まっています。海外においては、米国
       では個人消費の拡大が持続し、欧州では堅調な内需を背景に経済成長が続きましたが、中国では米中貿易摩擦の影
       響を受けて、生産・投資が鈍化し、景気の減速傾向が見受けられました。
        このような環境のもと、当社グループ主力の車載分野においては、ガソリン車の電装化率上昇に加えて、安全意
       識の高まりによる先進運転支援システム(ADAS)の普及、環境規制強化によるPHVやEVへのシフト加速などにより、需
       要拡大を続けております。
        当社グループは、車載向けを中心に受注増加が継続しており、生産能力拡大に向けた設備投資を実施するととも
       に、生産性向上を進めております。これらの結果、当第3四半期連結累計期間における連結売上高は677億34百万円
       (前年同期比5.4%の増収)となりました。
        利益面につきましては、米ドルに対する人民元・タイバーツの通貨高が影響し、中国及び東南アジア地域の業績
       を圧迫しました。この結果、当第3四半期連結累計期間の営業利益は29億19百万円(前年同期比11.9%の減益)とな
       りました。また、営業利益の減少に伴い、経常利益は29億93百万円(前年同期比5.3%の減益)、親会社株主に帰属す
       る四半期純利益は15億7百万円(前年同期比42.7%の減益)となりました。
                                  3/18




                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
       (日本)
        国内の自動車生産は輸出向けが堅調に推移し、自動車の電装化が更に進展したことなどが当社販売に寄与しまし
       た。
        この結果、車載向けの販売が増加し、売上高は387億32百万円(前年同期比2.4%の増収)となりました。
        利益面では、売上高増加に加え、生産性改善が寄与し、セグメント利益は16億88百万円(前年同期比17.3%の減
       益)となりました。
       (中国)
        中国経済は、景気減速の影響を受けて、自動車市場が前年比マイナス成長となっているものの、その中で日系完
       成車メーカーの自動車販売台数は堅調に推移しました。
        このような市場環境の中、当社においてはアミューズメント向けの販売減少に対して、車載向けの販売が増加
       し、売上高は125億71百万円(前年同期比0.8%の減収)となりました。
        利益面では、人民元が対米ドルで通貨高に推移したことなどが影響し、9億35百万円のセグメント利益(前年同期
       比10.6%の減益)となりました。
       (東南アジア)
        東南アジア経済は、内需が底堅さを維持しております。タイにおいては自動車販売台数が増加しており、当社販
       売も車載向けを中心に増加し、売上高は109億70百万円(前年同期比19.8%の増収)となりました。
        利益面では、生産能力増強による売上高増加が寄与し、セグメント利益は3億48百万円(前年同期比64.2%の増
       益)となりました。
       (欧米)
        米国、欧州共に自動車販売台数は横這いの中、当社販売は車載向けで順調に推移し、売上高は54億59百万円(前年
       同期比17.7%の増収)となりました。セグメント利益は3億21百万円(前年同期比17.7%の増益)となりました。
       ②財政状態

        流動資産は、前連結会計年度末に比べて24.5%増加し、651億9百万円となりました。これは、主に現金及び預金
       が117億90百万円、原材料及び貯蔵品が3億24百万円増加したことなどによるものであります。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べて0.8%増加し、426億73百万円となりました。これは、主に有形固定資産
       が12億92百万円増加し、投資有価証券が10億3百万円減少したことなどによるものであります。
        この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて13.9%増加し、1,078億11百万円となりました。
        流動負債は、前連結会計年度末に比べて3.3%増加し、314億11百万円となりました。これは、主に設備未払金が
       6億1百万円、支払手形及び買掛金が2億82百万円増加したことなどによるものであります。
        固定負債は、前連結会計年度末に比べて140.2%増加し、201億38百万円となりました。これは、主に長期借入金
       が115億79百万円増加したことなどによるものであります。
        この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて32.9%増加し、515億50百万円となりました。
        純資産合計は、前連結会計年度末に比べて0.7%増加し、562億60百万円となりました。これは、主に利益剰余金
       が9億15百万円増加し、その他有価証券評価差額金が4億9百万円減少したことなどによるものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っております。
                                  4/18








                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     (2)事業上及び財務上の対処すべき課題
       当第3四半期連結累計期間及び本四半期報告書提出日(平成31年2月12日)現在において、前事業年度の有価証券報
      告書に記載した「経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」につき、以下の追加すべき事項が生じております。
      (製造工程に関する未承認変更について)

       当社グループでは、あらかじめお客様との間で取り決めた製造工程に変更が生じる場合には、お客様に対し、事前
      に当該製造工程の変更に係る承認申請を行って、その承認を得る旨の取り決めをしております。しかしながら、承認
      を得ずに製造工程が変更されていることについて、内部及び外部からの指摘があり、それを新経営陣において真摯に
      受け止め、平成30年5月から7月にかけ、弁護士も交えて初期的な社内調査を実施しました。調査の結果、当社グ
      ループでは、一部のお客様に対して、当該製造工程の変更に係る承認申請を行わず、当該変更に係る当該お客様の承
      認を得ないままに、当該お客様に納入する製品の製造工程において、拠点の変更、または一部の外注委託が行われて
      いることが確認されました。
       これを受け、当社グループとしては、この問題を是正すべく対応をしてまいりましたが、問題の重大性に鑑み、本
      事案に係る再発防止策の検討に当たっては、外部専門家の客観的かつ公平な調査が必要であると考え、平成30年11
      月、外部の法律事務所に本事案の調査等を依頼するとともに、当社グループをあげて本事案に取り組むことが喫緊の
      経営課題であると判断しました。
       当社による社内調査では、本事案に関わる製品(以下「本製品」といいます。)について、当社規定に従った検査を
      実施しており、品質に疑いを生じさせる具体的な問題は現時点では確認されておりません。
       当社グループから本製品を納入しているお客様に対しては、これまで確認された事実や調査の内容等をご説明し、
      順次、今後の対応等についてご相談しております。引き続き、お客様との間で、製造工程等の変更に関する承認取得
      等に向けた協議を進めてまいります。
     (3)研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は3億66百万円であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/18











                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1  【株式等の状況】

       (1)   【株式の総数等】
         ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)

                  種類
                                                      227,922,000
                 普通株式
                                                      227,922,000
                  計
         ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間

                                    上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
               末現在発行数(株)
        種類                            名又は登録認可金融                内容
                          (平成31年2月12日)
               (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                                   単元株式数
                   63,060,164           63,060,164
       普通株式
                                      (市場第一部)
                                                    100株
                   63,060,164           63,060,164          -            -
         計
       (2)   【新株予約権等の状況】

         ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
         ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)   【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数       総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (百万円)        (百万円)
                    (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
                      -   63,060,164            -     22,306         -      13,495

     平成30年12月31日
      (5)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
         ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
                        株式数(株)         議決権の数(個)

            区分                                      内容
                          -          -              -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -          -              -
     議決権制限株式(その他)                     -          -              -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               -
                       普通株式                         単元株式数 100株
                           3,862,900
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 591,424
                                                  同上
                          59,142,400
                       普通株式
     単元未満株式                               -         1単元(100株)未満の株式
                            54,864
                          63,060,164          -              -
     発行済株式総数
                          -            591,424             -
     総株主の議決権
      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式30株が含まれております。
         ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数

                                                   発行済株式総数
                                                    に対する所有
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計
                                                    株式数の割合(%)
                                 (株)      (株)      (株)
     (自己保有株式)

                   東京都新宿区西新宿
                                3,862,900        -     3,862,900            6.13
                   六丁目5番1号
     日本シイエムケイ株式会社
                        -        3,862,900        -     3,862,900            6.13
           計
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)新任役員
         該当事項はありません。
       (2)退任役員

         該当事項はありません。
       (3)役職の異動

         新役名及び職名               旧役名及び職名                氏名           異動年月日

         取締役執行役員               取締役執行役員
      購買担当、内部統制担当、                品質担当、環境担当、                花岡 仁志           平成30年8月1日
          CSR担当            内部統制担当、CSR担当
        取締役常務執行役員               取締役常務執行役員
                                       柴田 栄造           平成30年10月1日
           製造担当               営業担当
                                  7/18



                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成30
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、新宿監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)    【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         16,327              28,118
         現金及び預金
                                        ※2 25,009             ※2 24,800
         受取手形及び売掛金
                                         4,067              4,130
         商品及び製品
                                         3,611              3,738
         仕掛品
                                         2,141              2,465
         原材料及び貯蔵品
                                         1,144              1,879
         その他
                                          △ 23             △ 23
         貸倒引当金
                                         52,277              65,109
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               10,500              10,173
          機械装置及び運搬具(純額)                               13,457              12,911
                                         8,289              8,239
          土地
                                         1,304              3,585
          建設仮勘定
          その他(純額)                               1,236              1,171
                                         34,788              36,081
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           187              161
          のれん
                                           183              189
          その他
                                           371              350
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,751              2,747
          投資有価証券
                                         1,039              1,056
          退職給付に係る資産
                                         2,418              2,460
          その他
                                          △ 23             △ 23
          貸倒引当金
                                         7,185              6,241
          投資その他の資産合計
                                         42,346              42,673
         固定資産合計
       繰延資産
                                           50              28
         社債発行費
                                           50              28
         繰延資産合計
                                         94,674              107,811
       資産合計
                                  9/18








                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         12,972              13,255
         支払手形及び買掛金
                                         5,213              5,198
         短期借入金
                                         5,060              5,102
         1年内償還予定の社債
                                           379              541
         未払法人税等
                                           490              200
         賞与引当金
                                           131              130
         事業構造再編費用引当金
                                         6,150              6,982
         その他
                                         30,397              31,411
         流動負債合計
       固定負債
                                         1,900              2,177
         社債
                                         5,324              16,904
         長期借入金
                                           78              81
         退職給付に係る負債
                                           167              157
         資産除去債務
                                           913              818
         その他
                                         8,384              20,138
         固定負債合計
                                         38,782              51,550
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         22,306              22,306
         資本金
                                         16,628              16,628
         資本剰余金
                                         13,027              13,943
         利益剰余金
                                        △ 3,134             △ 3,134
         自己株式
                                         48,828              49,743
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,131               722
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 0             △ 0
         繰延ヘッジ損益
                                         2,180              2,117
         為替換算調整勘定
                                           358              302
         退職給付に係る調整累計額
                                         3,670              3,140
         その他の包括利益累計額合計
                                         3,393              3,376
       非支配株主持分
                                         55,892              56,260
       純資産合計
                                         94,674              107,811
      負債純資産合計
                                 10/18








                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                         64,289              67,734
      売上高
                                         54,630              57,933
      売上原価
                                         9,658              9,801
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         2,145              2,444
       従業員給料及び賞与
                                          △ 21             △ 42
       賞与引当金繰入額
                                           27              20
       退職給付費用
                                         4,192              4,459
       その他
                                         6,343              6,881
       販売費及び一般管理費合計
                                         3,315              2,919
      営業利益
      営業外収益
                                           37              26
       受取利息
                                           80              89
       受取配当金
                                           -              131
       為替差益
                                           232              234
       その他
                                           350              481
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           200              206
       支払利息
                                           303              201
       その他
                                           503              407
       営業外費用合計
                                         3,162              2,993
      経常利益
      特別利益
                                            6              11
       固定資産売却益
                                           30              10
       投資有価証券売却益
                                            7              -
       受取保険金
                                           17              -
       補助金収入
                                           60              22
       特別利益合計
      特別損失
                                            ▶              ▶
       固定資産売却損
                                           94              168
       固定資産除却損
                                           -              416
       投資有価証券評価損
                                           -              73
       損害賠償金
                                            0              74
       その他
                                           99              737
       特別損失合計
                                         3,123              2,278
      税金等調整前四半期純利益
      法人税等                                     421              402
                                           -              224
      過年度法人税等
                                         2,701              1,651
      四半期純利益
                                           68              143
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                    2,632              1,507
                                 11/18






                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                         2,701              1,651
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           609             △ 409
       その他有価証券評価差額金
                                            0             △ 0
       繰延ヘッジ損益
                                           233             △ 224
       為替換算調整勘定
                                           △ ▶             △ 56
       退職給付に係る調整額
                                           838             △ 690
       その他の包括利益合計
                                         3,540               961
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         3,432               978
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           107              △ 17
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
     (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                   当第3四半期連結累計期間

                             (自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
     税金費用の計算                  税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当
                      期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純
                      利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
     (追加情報)

      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会計
      期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
      表示しております。
     (四半期連結貸借対照表関係)

      1 受取手形裏書譲渡高
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間

                             (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
     受取手形裏書譲渡高                                838  百万円                828  百万円
     ※2 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

        なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が、
       四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間

                             (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
     受取手形                                 45百万円                  47百万円
     受取手形裏書譲渡高                                151 〃                  109 〃
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連結
     累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
     減価償却費                               3,020百万円                  3,170百万円
                                 13/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
      前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月29日
                         384       6.50
               普通株式                    平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後と

      なるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月28日
                         591
               普通株式                10.00    平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後と

      なるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
                                 14/18











                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                             報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                                 (注)1       計上額
                   日本      中国     東南アジア        欧米       計
                                                       (注)2
     売上高

                    37,817      12,675       9,159      4,637      64,289        -    64,289
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    1,655      8,927      6,349        -    16,932     △ 16,932        -
      売上高又は振替高
                    39,473      21,602      15,508       4,637      81,222     △ 16,932      64,289
          計
                    2,042      1,046       212      273     3,574      △ 259     3,315
     セグメント利益
      (注)1.     セグメント利益の調整額△259百万円には、セグメント間取引消去516百万円、全社費用△776百万円が含ま
           れております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                             報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                                 (注)1       計上額
                   日本      中国     東南アジア        欧米       計
                                                       (注)2
     売上高

                    38,732      12,571      10,970       5,459      67,734        -    67,734
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                    1,547      9,580      6,540        -    17,668     △ 17,668        -
      売上高又は振替高
                    40,280      22,152      17,511       5,459      85,403     △ 17,668      67,734
          計
                    1,688       935      348      321     3,293      △ 373     2,919
     セグメント利益
      (注)1.     セグメント利益の調整額△373百万円には、セグメント間取引消去487百万円、全社費用△861百万円が含ま
           れております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 15/18








                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                項目
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   44円48銭               25円47銭

      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                   2,632               1,507

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          2,632               1,507
      四半期純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   59,198               59,197
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18













                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本シイエムケイ株式会社(E01959)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年2月12日

     日本シイエムケイ株式会社
      取  締  役  会 御中
                             新 宿 監 査 法 人

                               指  定  社  員

                                      公認会計士
                                              田 中 信 行  印
                               業務執行社員
                               指  定  社  員

                                      公認会計士
                                              壬 生 米 秋  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本シイエム

     ケイ株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30
     年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月
     31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利
     益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本シイエムケイ株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日
     現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。