豊田合成株式会社 四半期報告書 第96期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第96期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:豊田合成株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第96期第3四半期(自           2018年10月1日         至  2018年12月31日)
      【会社名】                    豊田合成株式会社
      【英訳名】                    TOYODA    GOSEI   CO.,   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長          宮﨑 直樹
      【本店の所在の場所】                    愛知県清須市春日長畑1番地
      【電話番号】                    名古屋(052)400-5131
      【事務連絡者氏名】                    経理部長       後藤 敏夫
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区丸の内二丁目2番1号(岸本ビル)
                         豊田合成株式会社          東京営業所
      【電話番号】                    東京(03)3213-5681
      【事務連絡者氏名】                    東京営業所長        半谷    和彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/45












                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第95期           第96期
                回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第95期
                               累計期間           累計期間
                               自  2017年         自  2018年         自  2017年
                                4月1日            4月1日            4月1日
               会計期間
                               至  2017年         至  2018年         至  2018年
                                12月31日            12月31日            3月31日
                                   595,057           622,863           807,958
       売上収益
                      (百万円)
       (第3四半期連結会計期間)                           ( 205,127    )      ( 217,995    )
       税引前四半期利益又は税引前利
                      (百万円)             26,850           22,168           35,507
       益
       親会社の所有者に帰属する四半
                                   17,576           12,413           21,361
       期(当期)利益               (百万円)
       (第3四半期連結会計期間)                            ( 5,651   )       ( 6,654   )
       親会社の所有者に帰属する四半
                      (百万円)             26,104           11,606           20,774
       期(当期)包括利益
       親会社の所有者に帰属する持分               (百万円)            346,028           342,514           340,546
                      (百万円)            663,628           685,976           679,485

       総資産額
       基本的1株当たり四半期(当
                       (円)            135.79           95.90          165.04
       期)利益
       (第3四半期連結会計期間)                            ( 43.66   )       ( 51.41   )
       希薄化後1株当たり四半期(当
                       (円)              -           -           -
       期)利益
                       (%)             52.1           49.9           50.1
       親会社所有者帰属持分比率
       営業活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)             25,093           36,253           44,004
       ロー
       投資活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)            △ 8,080         △ 36,830          △ 21,832
       ロー
       財務活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)            △ 5,361          △ 7,309           5,966
       ロー
       現金及び現金同等物の四半期末
                      (百万円)             83,359           89,286           97,991
       (期末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移について
           は記載しておりません。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         4.上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)により作成された要約四半期連結財務諸表および
           連結財務諸表に基づいております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、
       重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/45




                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生はありません。また、前事業年度
       の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」につきましても、重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        当社グループは、第1四半期連結累計期間よりIFRSを任意適用しており、前第3四半期連結累計期間の数値も
       IFRSベースに組み替えて比較分析を行っています。
      (1)経営成績に関する説明

         当第3四半期の売上収益は、日本における新型車効果や米州地域での拡販、アジアにおける主要顧客の生産台数
        の増加等により、         6,228億円(前年同四半期比             4.7%増)と増収となりました。
         利益につきましては、日本での新型車を中心とした増販効果や合理化努力等はありましたものの、第2四半期に
        おいて、独禁法関連損失を計上したこと等により、営業利益は                             217億円(前年同四半期比            16.7%減)、親会社の
        所有者に帰属する四半期利益は               124億円(前年同四半期比            29.4%減)と減益となりました。
         セグメントの業績は、次のとおりです。

         ①日本
          主要顧客の新型車向けの増販等により、売上収益は                        2,987億円(前年同四半期比             6.0%増)となりました。
          利益につきましては、第2四半期において、独禁法関連損失を計上したこと等により、セグメント利益は
         33億円(前年同四半期比            40.5%減)となりました。
         ②米州

          日系や外資系メーカーへの拡販等により、売上収益は                         1,847億円(前年同四半期比             4.7%増)となりました。
          利益につきましては、原材料価格の上昇等のマイナス要因を増販効果や合理化努力でカバーし、
         セグメント利益は           121億円(前年同四半期比            3.4%増)となりました。
         ③豪亜

          主に日系メーカー向けの台数増に支えられ、売上収益は                          1,519億円(前年同四半期比             2.1%増)
         となりました。
          利益につきましては、増販効果はありましたものの、前期に固定資産売却益を計上した反動等により、
         セグメント利益は            102億円(前年同四半期比            1.1%減)となりました。
         ④欧州・アフリカ

          売上収益は       333億円(前年同四半期比            1.2%減)となりましたが、利益につきましては、欧州の生産再編費用
         等の増加により、セグメント損失は                 38億円(前年同四半期のセグメント損失                   16億円)となりました。
       (2)   キャッシュ・フローの状況

          当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末に比べ                                            87億円減少
         し、892億円となりました。これは主に、営業活動によるキャッシュ・フローの収入が                                        362億円あったものの、
         投資活動によるキャッシュ・フローの支出が                     368億円、財務活動によるキャッシュ・フローの支出が                          73億円
         あったことによるものです。
          当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりです。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、前年同四半期                          250億円の収入に比べ、362億円の収入となり、111億円
         収入が増加しました。これは主に、売上債権が減少したことなどによるものです。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動によるキャッシュ・フローは、前年同四半期                          80億円の支出に比べ、368億円の支出となり、288億円
         支出が増加しました。これは主に、定期預金の払戻しによる収入が減少したことなどによるものです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同四半期                              53億円の支出に比べ、73億円の支出となり、19億円支
         出が増加しました。これは主に、長期借入れによる収入の減少などによるものです。
                                  3/45


                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
       (3)経営方針・経営戦略等

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の金額は                                    202億円です。
          なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況について重要な変更はありま
         せん。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
        なお、当第3四半期連結会計期間において、契約期間満了により終了した契約は以下の通りです。
        技術援助を与えている契約
        契約会社名          相手方の名称             国名         契約内容            契約期間
                                    導電性フューエルキャッ
               スタントマニュファクチュ                                  平成10年11月17日より
                            米国        プに関する特許・ノウハ
               アリング㈱                                  平成30年12月21日まで
                                    ウライセンス
        豊田合成㈱
        (当社)
                                    導電性フューエルキャッ
               マグナステイルフューエル                                  平成16年2月26日より
                            ドイツ        プに関する特許・ノウハ
               システムズ㈲                                  平成30年12月21日まで
                                    ウライセンス
                                  4/45












                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                   種類                     発行可能株式総数(株)
                  普通株式                          200,000,000

                   計                        200,000,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
          種類     現在発行数(株)                         または登録認可金融商              内容
                             (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                        品取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                          (市場第一部)           単元株式数
         普通株式          130,010,011             130,010,011
                                          名古屋証券取引所            100株
                                          (市場第一部)
           計         130,010,011             130,010,011             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金
                                         資本金残高
            年月日        総数増減数       総数残高       増減額              増減額       残高
                                         (百万円)
                     (千株)       (千株)      (百万円)              (百万円)       (百万円)
        2018年10月1日~
                      -     130,010        -      28,027        -      29,723
        2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/45







                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できず、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載を
          しています。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
              区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

        無議決権株式                          -            -            -

        議決権制限株式(自己株式等)                          -            -            -

        議決権制限株式(その他)                          -            -            -

                         普通株式            617,400

        完全議決権株式(自己株式等)                                     -            -
                         普通株式      129,342,200

        完全議決権株式(その他)                                  1,293,422               -
                                                 一単元(100株)未満
                         普通株式              50,411
        単元未満株式                                     -
                                                 の株式
        発行済株式総数                      130,010,011                -            -
        総株主の議決権                          -        1,293,422               -

       (注)「株式数」の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が                                                100株含ま
          れています。また、「議決権の数」欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれてい
          ます。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数

        所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                  所有者の住所                                  に対する所有株
        または名称                   株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                 愛知県清須市春日
       豊田合成株式会社                      553,100            -     553,100           0.42
                 長畑1番地
                 三重県津市安濃町
       株式会社中勢ゴム                       64,300           -     64,300          0.05
                 内多400番地
           計          -         617,400            -     617,400           0.47
       (注)豊田合成株式会社の当第3四半期会計期間末日現在の「所有株式数の合計」は                                        553,200株です。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/45







                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府例 第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結
       財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作
       成することができる体制の整備を行っています。その内容は以下のとおりです。
       (1)会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、
        公益財団法人財務会計基準機構に加入し、同機構及び監査法人等が主催するセミナー等に参加する等を行ってい
        ます。
       (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の

        把握を行っています。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会
        計方針及び会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っています。
                                  7/45













                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                                     当第3四半期

                                IFRS移行日          前連結会計年度
                                                     連結会計期間
                           注記
                               (2017年4月1日)          (2018年3月31日)
                                                   (2018年12月31日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                             69,918          97,991          89,286
       営業債権及びその他の債権                            159,066          172,480          167,844
       その他の金融資産                             27,685           7,154          10,434
       棚卸資産                             63,334          63,989          64,213
                                     9,973          16,049          21,472
       その他の流動資産
       流動資産合計
                                    329,977          357,666          353,250
      非流動資産
       有形固定資産                            233,659          241,581          249,133
       無形資産                             1,906          2,316          2,280
       その他の金融資産                             46,599          51,826          53,449
       持分法で会計処理されている投資                             13,446          13,470          13,628
       退職給付に係る資産                             4,553          4,435          4,129
       繰延税金資産                             5,304          4,859          6,486
                                     3,438          3,329          3,618
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                            308,909          321,819          332,725
                                    638,887          679,485          685,976
      資産合計
                                  8/45












                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                                     当第3四半期

                                IFRS移行日          前連結会計年度
                                                     連結会計期間
                           注記
                               (2017年4月1日)          (2018年3月31日)
                                                   (2018年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        営業債務及びその他の債務                           125,689          132,758          127,142
        借入金                            31,762          43,722          48,874
        その他の金融負債                            5,777          5,750          6,635
        未払法人所得税                            3,429          3,704          2,194
        引当金                            1,363          1,252          1,102
                                     8,295          8,204          11,229
        その他の流動負債
        流動負債合計
                                    176,317          195,392          197,179
       非流動負債
        社債及び借入金                            58,955          64,511          63,703
        その他の金融負債                            12,123          14,677          17,827
        退職給付に係る負債                            32,033          33,447          33,739
        引当金                              93          92          99
        繰延税金負債                            5,283          3,618          3,667
                                     2,176          2,089          2,327
        その他の非流動負債
        非流動負債合計                           110,665          118,435          121,364
       負債合計
                                    286,983          313,828          318,543
      資本
       資本金                             28,027          28,027          28,027
       資本剰余金                             29,314          29,055          26,926
       自己株式                            △1,216          △1,218          △1,219
       その他の資本の構成要素                             14,688          14,326          13,525
                                    256,467          270,354          275,253
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                    327,282          340,546          342,514
                                    24,621          25,111          24,917
       非支配持分
       資本合計                            351,903          365,657          367,432
                                    638,887          679,485          685,976
      負債及び資本合計
                                  9/45









                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         595,057               622,863
     売上収益                       6
                                        △522,669               △548,439
     売上原価
     売上総利益                                    72,388               74,424
                                        △45,228               △46,754
     販売費及び一般管理費
                                          3,788               1,812
     その他の収益
                                         △4,835               △7,721
     その他の費用                       7
     営業利益                                    26,112               21,760
                                          1,741               2,130
     金融収益
                                         △1,712               △2,209
     金融費用
                                           708               486
     持分法による投資利益
     税引前四半期利益                                    26,850               22,168
                                         △7,086               △7,662
     法人所得税費用
                                         19,763               14,505
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                         17,576               12,413
      親会社の所有者
                                          2,186               2,092
      非支配持分
                                         19,763               14,505
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                                   135.79                95.90
                            10
                                 10/45











                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                           注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         205,127               217,995
     売上収益
                                        △180,423               △191,517
     売上原価
     売上総利益                                    24,703               26,478
                                        △15,573               △15,684
     販売費及び一般管理費
                                          1,652                 628
     その他の収益
                                         △4,222                 △481
     その他の費用
     営業利益                                     6,560               10,940
                                           700               348
     金融収益
                                          △620              △1,006
     金融費用
                                           228               198
     持分法による投資利益
     税引前四半期利益                                     6,868               10,481
                                          △456              △3,171
     法人所得税費用
                                          6,411               7,309
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          5,651               6,654
      親会社の所有者
                                           760               655
      非支配持分
                                          6,411               7,309
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                                    43.66               51.41
                            10
                                 11/45











                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         19,763               14,505
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                          4,099              △1,624
                            8
       定する資本性金融資産
                                          △149                △19
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                            3               2
       益に対する持分
       合計                                   3,952              △1,641
      純損益に振替えられる可能性のある項目

       在外営業活動体の換算差額                                   5,329                 938
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                           42              △57
       益に対する持分
                                          5,372                 880
       合計
                                          9,324               △760
      税引後その他の包括利益
                                         29,088               13,744
      四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                         26,104               11,606
      親会社の所有者
                                          2,984               2,138
      非支配持分
                                         29,088               13,744
      四半期包括利益
                                 12/45










                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                           注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                          6,411               7,309
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                          1,965              △2,934
       定する資本性金融資産
                                           94               189
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                            1              △5
       益に対する持分
       合計                                   2,061              △2,750
      純損益に振替えられる可能性のある項目

                                          1,541              △2,656
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                           128                 5
       益に対する持分
                                          1,669              △2,651
       合計
                                          3,731              △5,401
      税引後その他の包括利益
                                         10,143                1,908
      四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                          9,170               1,247
      親会社の所有者
                                           973               660
      非支配持分
                                         10,143                1,908
      四半期包括利益
                                 13/45











                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                                               その他の
                                               包括利益
                   注記
                        資本金      資本剰余金       自己株式      在外営業     を通じて
                                                   確定給付制
                                          活動体の     公正価値
                                                         合計
                                                   度の再測定
                                          換算差額     で測定す
                                               る資本性
                                               金融資産
                        百万円      百万円      百万円      百万円     百万円     百万円     百万円
                         28,027      29,314      △1,216       -   14,688       -    14,688
     2017年4月1日時点の残高
      四半期利益
                           -      -      -     -     -     -     -
                           -      -      -   4,589     4,102     △163     8,527
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計                    -      -      -   4,589     4,102     △163     8,527
      自己株式の取得
                           -      -      △1     -     -     -     -
      配当金
                    9       -      -      -     -     -     -     -
      支配継続子会社に対する
                           -     △107        -     -     -     -     -
      持分変動
      その他の資本の構成要素から利
                           -      -      -     -     -     163     163
      益剰余金への振替
       所有者との取引額合計                    -     △107       △1     -     -     163     163
     2017年12月31日時点の残高
                         28,027      29,207      △1,217      4,589    18,790       -    23,379
                          親会社の所有者に帰属する持分

                                              非支配持分          合計
                   注記
                          利益剰余金            合計
                          百万円           百万円         百万円         百万円
                              256,467         327,282         24,621         351,903
     2017年4月1日時点の残高
      四半期利益
                               17,576         17,576         2,186         19,763
                                -        8,527         797        9,324
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計                        17,576         26,104         2,984         29,088
      自己株式の取得
                                -         △1         -         △1
      配当金              9          △7,249         △7,249         △2,230         △9,480
      支配継続子会社に対する
                                -        △107         △264         △371
      持分変動
      その他の資本の構成要素から利
                               △163           -         -         -
      益剰余金への振替
       所有者との取引額合計                       △7,413         △7,358         △2,495         △9,853
     2017年12月31日時点の残高
                              266,631         346,028         25,110         371,138
                                 14/45









                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                                               その他の
                                               包括利益
                   注記
                        資本金      資本剰余金       自己株式      在外営業     を通じて
                                                   確定給付制
                                          活動体の     公正価値
                                                         合計
                                                   度の再測定
                                          換算差額     で測定す
                                               る資本性
                                               金融資産
                        百万円      百万円      百万円      百万円     百万円     百万円     百万円
                         28,027      29,055      △1,218     △2,400     16,726       -    14,326
     2018年4月1日時点の残高
      四半期利益
                           -      -      -     -     -     -     -
                           -      -      -    820   △1,621       △5    △806
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計
                           -      -      -    820   △1,621       △5    △806
      自己株式の取得
                           -      -      △1     -     -     -     -
      配当金              9       -      -      -     -     -     -     -
      支配継続子会社に対する
                           -    △2,128         -     -     -     -     -
      持分変動
      その他の資本の構成要素から利
                           -      -      -     -     -     5     5
      益剰余金への振替
       所有者との取引額合計
                           -    △2,128        △1     -     -     5     5
     2018年12月31日時点の残高
                         28,027      26,926      △1,219     △1,580     15,105       -    13,525
                          親会社の所有者に帰属する持分

                                              非支配持分          合計
                   注記
                          利益剰余金            合計
                          百万円           百万円         百万円         百万円
                              270,354         340,546         25,111         365,657
     2018年4月1日時点の残高
      四半期利益
                               12,413         12,413         2,092         14,505
                                -        △806          46        △760
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計                        12,413         11,606         2,138         13,744
      自己株式の取得
                                -         △1         -         △1
      配当金              9          △7,508         △7,508         △2,737         △10,246
      支配継続子会社に対する
                                -       △2,128          406       △1,722
      持分変動
      その他の資本の構成要素から利
                                △5          -         -         -
      益剰余金への振替
       所有者との取引額合計
                              △7,514         △9,638         △2,331         △11,969
     2018年12月31日時点の残高
                              275,253         342,514         24,917         367,432
                                 15/45









                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                            注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         26,850               22,168
      税引前四半期利益
                                         24,326               25,254
      減価償却費及び償却費
                                         △3,308               △2,130
      金融収益
                                          1,584               3,048
      金融費用
      持分法による投資損益(△は益)                                    △708               △486
      固定資産売却損益(△は益)                                    △683                 476
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   △4,008                 △29
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                         △2,056                 5,814
      (△は増加)
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                         △6,833               △9,117
      (△は減少)
                                          △10                654
      その他
               小計                          35,153               45,651
                                          1,054               1,446
      利息の受取額
                                           899              1,041
      配当金の受取額
                                         △1,564               △1,859
      利息の支払額
                                        △10,449               △10,027
      法人所得税の支払額
                                         25,093               36,253
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △5,693               △9,632
      定期預金の預入による支出
                                         29,583                7,936
      定期預金の払戻による収入
                                        △32,985               △35,453
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出
                                          2,100                 456
      有形固定資産及び無形資産の売却による収入
                                         △1,494                 △180
      投資の取得による支出
                                           413                 -
      投資の売却による収入
                                           △5                42
      その他
                                         △8,080               △36,830
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         23,203               24,296
      短期借入金による収入
                                        △13,651               △14,459
      短期借入金の返済による支出
                                          8,478                 563
      長期借入れによる収入
                                        △12,982                △9,601
      長期借入金の返済による支出
                                           △1               △1
      自己株式の取得による支出
                                         △7,245               △7,502
      配当金の支払額                      9
                                         △2,230               △2,737
      非支配株主への配当金の支払額
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の
                                          △29                 -
      取得による支出
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の
                                            -             2,117
      売却による収入
                                          △901                 15
      その他
                                         △5,361               △7,309
      財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         11,651               △7,886
                                         69,918               97,991
     現金及び現金同等物の期首残高
                                          1,788               △818
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         83,359               89,286
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 16/45



                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          豊田合成株式会社(以下、当社)は日本に所在する企業であります。当社の要約四半期連結財務諸表は、2018
         年12月31日を期末日とし、当社およびその子会社、ならびにその関連会社に対する持分(以下、「当社グルー
         プ」という。)により構成されています。
          当社グループは、自動車部品の製造販売を主な事業としております。各事業の内容については注記「5.セグ
         メント情報」に記載しています。
        2.作成の基礎

         (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨および初度適用に関する事項
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府例第64号)第1条の2の「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第
          93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。
           当社グループは、当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)からIFRSを初めて適用して
          おり、IFRSへの移行日は2017年4月1日です。IFRSへの移行日および比較年度において、IFRSへの移行が当社
          グループの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況に与える影響は、注記「14.初度適用」に記
          載しています。
           本要約四半期連結財務諸表は、2019年2月7日に取締役社長 宮﨑直樹によって承認されています。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定
          されている特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しています。
         (3)機能通貨および表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満を切捨てて表示しています。
         (4)重要な会計上の見積りおよび見積りを伴う判断

           IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用ならびに資産、負債、
          収益および費用の報告額に影響を及ぼす判断、見積りおよび仮定を行うことが要求されています。実際の業績
          は、これらの見積りとは異なる場合があります。
           見積りおよびその基礎となる仮定は継続して見直ししています。会計上の見積りの見直しによる影響は、見
          積りを見直した会計期間およびそれ以降の将来の会計期間において認識しています。
           経営者が行った要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断および見積りは以下のとおりで
          す。
           ・有形固定資産の減損(注記3)
           ・繰延税金資産の回収可能性(注記3)
           ・引当金の会計処理と評価(注記3)
           ・確定給付制度債務の測定(注記3)
           ・金融商品の公正価値(注記8)
        3.重要な会計方針

           本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、特段の記載がない限り、この要約四半期連
          結財務諸表(IFRS移行日の連結財政状態計算書を含む)において記載されている全ての期間について適用され
          た会計方針と同一です。
           なお、当社グループが適用した重要な会計方針は、当連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年4
          月 1日から2018年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表注記に記載しています。
                                 17/45





                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        4.未適用の新基準

          要約四半期連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書および解釈指針の新設又は改訂が公表されています
         が、当社グループはこれらを早期適用しておりません。
          なお、これらの適用による影響は検討中であり、現時点では見積ることはできません。
                          強制適用時期
                                   当社グループ
             IFRS
                                               新設・改訂の概要
                         (以降開始年度)
                                   適用時期
     IFRS第16号       リース             2019年1月1日          2020年3月期        リースに関する会計処理の改訂
                                 18/45


















                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
         5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の
          決定および業績を評価するため定期的に検討を行う対象となっているものです。
           当社グループは、自動車部品の製造、販売を行っており、取り扱う製品について国内においては当社および
          国内連結子会社、海外においては現地連結子会社が、それぞれ独立した経営単位として各地域における包括的
          な戦略を立案し、事業活動を展開しています。したがって、当社グループは、自動車部品の製造、販売を基礎
          とした各社の所在地別のセグメントから構成されています。
           具体的には、「日本」、「米州」、「豪亜」、「欧州・アフリカ」の4つを報告セグメントとしています。
         (2)セグメント収益および業績

           当社グループの報告セグメントによる収益および業績は以下のとおりです。
           なお、セグメント間の内部売上収益は、市場実勢価格に基づいています。
           また、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                              合計     調整額      連結
                                   欧州・
                      日本     米州     豪亜          計
                                   アフリカ
     売上収益

      外部顧客への売上収益               257,834     173,710     131,834     31,677    595,057      595,057        -   595,057
                      24,023     2,737    16,940     2,084    45,786      45,786     △45,786        -
      セグメント間の内部売上収益
            合計         281,858     176,448     148,774     33,762    640,844      640,844     △45,786      595,057
     セグメント利益又は損失(△)                 5,594    11,756     10,369    △1,666     26,054      26,054       58    26,112
     金融収益
                                                          1,741
     金融費用
                                                         △1,712
     持分法による投資利益                                                     708
                                                         26,850
     税引前四半期利益
      (注)1 セグメント利益又は損失の合計額は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と一致しています。
         2 調整額は、セグメント間取引消去等です。
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                      (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                              合計     調整額      連結
                                   欧州・
                      日本     米州    アジア          計
                                   アフリカ
     売上収益

      外部顧客への売上収益               276,509     181,817     132,724     31,811    622,863      622,863        -   622,863
                      22,237     2,932    19,241     1,550    45,962      45,962     △45,962        -
      セグメント間の内部売上収益
            合計         298,747     184,749     151,966     33,362    668,826      668,826     △45,962      622,863
     セグメント利益又は損失(△)                 3,326    12,160     10,256    △3,858     21,885      21,885      △125     21,760
     金融収益
                                                          2,130
     金融費用                                                    △2,209
                                                           486
     持分法による投資利益
                                                         22,168
     税引前四半期利益
      (注)1 セグメント利益又は損失の合計額は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と一致しています。
         2 調整額はセグメント間取引消去等です。
         3 前第3四半期連結会計期間より、豊田合成オーストラリア㈱を連結の範囲から除いていますので、当連結会
           計年度より報告セグメントを「アジア」としています。
                                 19/45




                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        6.売上収益
         ①顧客との契約及びその他の源泉から認識した収益
                                                    (単位:百万円)
                          前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                            至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     顧客との契約から認識した収益                                577,382                   600,043
     その他の源泉から認識した収益                                 17,675                   22,820

             合計                         595,057                   622,863

         ②分解した収益とセグメント収益の関連

          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
               ウェザストリップ                            セーフティシステム

                          機能部品         内外装部品                     合計
               製品                            製品
       売上収益            94,022         91,246         227,894          164,217        577,382

          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
               ウェザストリップ                            セーフティシステム

                          機能部品         内外装部品                     合計
               製品                            製品
       売上収益            94,431         94,833         235,650          175,127        600,043

           当社グループは、ウェザストリップ製品・機能部品・内外装部品・セーフティシステム製品を製造販売

          しており、国内外の自動車メーカーを主な顧客としています。
           当社グループの主要な顧客である自動車部品メーカーに対して計上される収益の履行義務は、当社グループ
          の製品が顧客に検収された時点で充足されるものであり、この一時点で収益を計上しています。
           これは当社グループの製品が納入された時点で、顧客は自己の意思で製品を使用することができるように
          なりそこから生じる便益を得ることができることから、製品の支配が移転したと考えられるためです。
           製品の販売から生じる収益は、販売契約における対価から値引き等を控除した金額で測定しています。
        7.その他の費用

         その他の費用のうち、主なものは以下のとおりです。
         前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

        (独禁法関連損失)
          主に、一部の自動車部品について欧州競争法違反に関する、欧州委員会との合意に基づき罰金を
         支払いました。
         その結果、独禁法関連損失として、3,090百万円を「その他の費用」に計上しています。
         当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        (独禁法関連損失)
          主に、米国独占禁止法違反に係る集団訴訟に関連し、カーディーラーおよびエンドユーザーと和解契約を
         締結しました。その結果、和解金である独禁法関連損失として、6,651百万円を「その他の費用」に
         計上しています。
                                 20/45




                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        8.金融商品
         (1)金融商品の公正価値
           公正価値で測定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性および重要性に応じた公正
          価値測定額を、レベル1からレベル3まで分類しています。
           レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格
           レベル2:レベル1以外の、観察可能なインプットを直接又は間接的に使用して算出された公正価値
           レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
          ① 帳簿価額と公正価値
            長期借入金(1年内返済予定の残高を含む)および社債の帳簿価額と公正価値は以下のとおりです。
            なお、長期借入金、社債を除く償却原価で測定される金融商品については、帳簿価額が公正価値の合理的
           な近似値となっていることから以下の表には含めていません。
            また、経常的に公正価値で測定する金融商品についても、公正価値は帳簿価額と一致することから以下の
           表には含めていません。
                          移行日           前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間
                       (2017年4月1日)             (2018年3月31日)             (2018年12月31日)
                      帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値

                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
                       72,624       73,135       79,682       79,783       74,360       74,532
            借入金
                          -       -     9,954      10,011       9,959      10,047
            社債
                       72,624       73,135       89,637       89,794       84,319       84,579
            合計
            公正価値は元利金の合計を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割引いた現在価値により算

           定しています。
          ② 公正価値で測定する金融商品

            公正価値で測定する金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりです。
            移行日(2017年4月1日)

                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         百万円          百万円          百万円          百万円
     資産:
     純損益を通じて公正価値で測定す
     る金融資産
      デリバティブ                       -        1,811           -        1,811
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                           20,317            -        23,967          44,285
      有価証券
                           20,317          1,811         23,967          46,096
            合計
     負債:
     純損益を通じて公正価値で測定す
     る金融負債
                              -          87          -          87
      デリバティブ
                              -          87          -          87
            合計
                                 21/45





                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
            前連結会計年度(2018年3月31日)
                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         百万円          百万円          百万円          百万円
     資産:
     純損益を通じて公正価値で測定
     する金融資産
                              -         836          -         836
      デリバティブ
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                           23,956            -        27,762          51,718
      有価証券
                           23,956           836        27,762          52,555
            合計
     負債:
     純損益を通じて公正価値で測定
     する金融負債
                              -         145          -         145
      デリバティブ
                              -         145          -         145
            合計
        (注)前連結会計年度において、レベル間の重要な振替えが行われた金融商品はありません。
            当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         百万円          百万円          百万円          百万円
     資産:
     純損益を通じて公正価値で測定
     する金融資産
                              -        2,878           -        2,878
      デリバティブ
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                           21,415            -        31,288          52,704
      有価証券
                           21,415          2,878         31,288          55,583
            合計
     負債:
     純損益を通じて公正価値で測定す
     る金融負債
                              -          29          -          29
      デリバティブ
                              -          29          -          29
            合計
        (注)当第3四半期連結会計期間において、レベル間の重要な振替えが行われた金融商品はありません。
            レベル1の金融商品は、上場会社によって発行された株式です。上場株式の公正価値は、活発な市場の

           期末日の価額によっています。
            レベル2の金融商品は、為替予約、金利スワップ、通貨スワップであります。為替予約の公正価値は、先
           物為替相場等に基づき算定しており、また金利スワップ、通貨スワップの公正価値は、取引先金融機関等か
           ら提示された価格を用いて算定してい                  ます。
            レベル3の主な金融商品は、日本の非上場会社によって発行された株式です。非上場株式の公正価値は、
           マーケット・アプロー          チに基づき、類似上場会社比較法(類似上場会社の市場株価に対する各種財務数値の
           倍率を算定し、必要な調整を加える方法)を用いて算定しています。レベル3に区分された金融資産の公正
           価値の測定に関する観察不能なインプットは非流動性ディスカウントであり、類似上場会社比較法による計
           算にあたっては、継続的に複数の類似上場会社を比較対象とするとともに非流動性のディスカウントも考慮
           に入れており、非流動性ディスカウントは、30%で算定しています。
            なお、観察不能なインプットは、将来の不確実な経済条件の変動の結果によって影響を受ける可能性が
           あり、見直しが必要となった場合、金融商品の公正価値に重要な影響を与える可能性があります。
                                 22/45



                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           レベル3に分類した金融商品の期首残高から期末残高への調整表は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                             当第3四半期連結累計期間
                          前第3四半期連結累計期間
                                              (自 2018年4月1日
                            (自 2017年4月1日
                                               至 2018年12月31日)
                            至 2017年12月31日)
     期首残高                                 23,967                   27,762
     購入                                 3,258                   2,695

     その他の包括利益                                 2,254                    830

     期末残高                                 29,480                   31,288

        9.配当金

         配当金支払額
          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
        決議日        配当金の総額        1株当たり配当額            基準日        効力発生日         配当の原資
                 百万円          円

     2017年6月15日
                    3,624           28
                                  2017年3月31日         2017年6月16日          利益剰余金
     定時株主総会
     2017年10月31日
                    3,624           28
                                  2017年9月30日         2017年11月27日          利益剰余金
     取締役会
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        決議日        配当金の総額        1株当たり配当額            基準日        効力発生日         配当の原資
                 百万円          円

     2018年6月15日
                    3,624           28
                                  2018年3月31日         2018年6月18日          利益剰余金
     定時株主総会
     2018年10月31日
                    3,883           30
                                  2018年9月30日         2018年11月27日          利益剰余金
     取締役会
                                 23/45










                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        10.1株当たり四半期利益
          基本的1株当たり四半期利益および算定上の基礎は以下のとおりです。
          なお、希薄化効果を有する潜在的普通株式はありません。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                          17,576              12,413
                                          129,435              129,435

     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                          135.79               95.90

     基本的1株当たり四半期利益(円)
                                 前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                 (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益                  (百万円)
                                           5,651              6,654
                                          129,435              129,435

     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                           43.66              51.41

     基本的1株当たり四半期利益(円)
        11.関連当事者取引

          当社グループと関連当事者との取引は以下のとおりです。
          関連当事者との取引条件については、市場価額、総原価を勘案して希望価額を提示し、毎期価格交渉のうえ
         決定しています。
          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
           種類            会社等の名称               取引内容              取引金額
                   トヨタ自動車㈱および
     重要な影響力を有する企業                              自動車部品等の販売                     339,980
                   その子会社
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
           種類            会社等の名称               取引内容              取引金額
                   トヨタ自動車㈱および
     重要な影響力を有する企業                              自動車部品等の販売                     343,948
                   その子会社
                                 24/45







                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        12.偶発債務
          当第3四半期連結会計期間末における偶発債務の内容は以下のとおりです。
          独占禁止法関連

         (1)国および競争法当局による調査
            期末日時点において損失の発生可能性が高いものはありません。
         (2)集団訴訟対応

            当社および一部の子会社は、一部の自動車部品の取引に関する独占禁止法違反の疑いについて、
           現在米国およびカナダにおいて損害賠償を求める複数の集団訴訟(クラスアクション)の被告の一社に
           なっています。
            米国においては、特定の自動車部品毎に、①直接購入者(例えば、自動車メーカーおよびそれらへの
           一次供給者)、②カーディーラー、③エンドユーザーより、当社および一部の子会社に対して集団訴訟が
           提起されています。これらの訴訟はすべてミシガン州東部連邦裁判所における、自動車部品毎の別個の
           集団訴訟からなる複数裁判地訴訟(multi                      district     litigation)(注)で手続が併合審理されています。
            当社は、直接購入者との間につきましては一部の訴えにつき和解契約を既に締結し、裁判所の最終承認を
           得ました。
           また、カーディーラーおよびエンドユーザーとの間につきましても和解契約を既に締結しております。
           これらの和解契約について、今後、裁判所は最終承認を行う予定です。当社はこれらの和解金を
           営業債務として計上しています。
           直接購入者とのその他の訴えについては、当社グループの財政状態および経営成績に重要な影響を及ぼす
           可能性は低いと考えております。
            カナダにおいては、オンタリオ州、ケベック州、ブリティッシュ・コロンビア州およびサスカチュワン州
           において複数の集団訴訟が提起されています。米国における集団訴訟と同様、自動車部品毎に
           別個の訴訟が提起されています。これらの訴訟は、直接購入者(例えば自動車メーカー)および
           間接購入者(例えば、カーディーラーおよびエンドユーザー)から当社(および訴訟によっては
           子会社の一部)に対して提起されていますが、いずれの訴訟も初期段階です。
         (注)複数裁判地訴訟(multi              district     litigation)とは、ディスカバリーや共通の法律問題についての判断
            など本案前の効率的審理のために、複数の訴訟を単一の裁判官に併合・集約して行う手続です。
         (3)個別の和解交渉

            当社は、一部の自動車部品の取引に関する独占禁止法違反の疑いに関連して、主要顧客(自動車
           メーカー)との間で個別に交渉を行っていますが、当社グループの財政状態および経営成績に重要な影響
           を及ぼす可能性は低いと考えております。
        13.後発事象

          該当事項はありません。
                                 25/45









                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
        14.初度適用
          当社グループは、2017年4月1日を移行日とし、2019年3月31日に終了する連結会計年度よりIFRSに準拠した
         連結財務諸表を作成しています。
         IFRS第1号の免除規定
          IFRSでは、IFRSを初めて適用する会社(以下、初度適用企業)に対して、原則として、IFRSで要求される基準
         を遡及して適用することを求めています。ただし、IFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下、IFRS
         第1号)では、IFRSで要求される基準の一部について強制的に免除規定を適用しなければならないものと任意に
         免除規定を適用するものを定めています。これらの規定の適用に基づく影響は、IFRS移行日において
         利益剰余金、またはその他の資本の構成要素で調整しています。当社グループが日本基準からIFRSへ移行するに
         あたり、採用した主な免除規定は次のとおりです。
          ・企業結合
           IFRS第3号「企業結合」(以下、IFRS第3号)では、移行日以前のすべての企業結合に遡及する方法、
          または移行日もしくは移行日前の特定の企業結合から将来に向けて適用する方法の何れかを選択することが
          できます。
           当社グループは、2011年12月1日以後に行われた企業結合に対して、IFRS第3号を遡及適用する方法を選択
          しました。
          ・在外営業活動体の換算差額

           IFRS第1号では、IFRS移行日現在の在外営業活動体の換算差額の累計額をゼロとみなすことを選択すること
          が認められています。当社グループは、在外営業活動体の換算差額の累計額を移行日現在でゼロとみなすこと
          を選択しています。
                                 26/45













                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           IFRSの初度適用において開示が求められる調整表は以下のとおりです。
           2017年4月1日(IFRS移行日)現在の資本に対する調整
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     資産の部                                          資産
     流動資産                                          流動資産
      現金及び預金              97,553     △27,634         -    69,918           現金及び現金同等物
                                                営業債権及びその他の
      受取手形及び売掛金             131,567       8,196     19,301     159,066      (3)
                                                債権
                      -    52,972      10,361      63,334      (3)     棚卸資産
                                        -
      商品及び製品              11,941     △11,941         -
                                        -
      仕掛品              10,266     △10,266         -
                                        -
      原材料及び貯蔵品              30,764     △30,764         -
                                        -
      繰延税金資産              4,341     △4,341        -
                      -    27,685        -    27,685           その他の金融資産
      その他              19,034     △8,443       △617      9,973          その他の流動資産
                     △195       195      -      -
      貸倒引当金
                                                 流動資産合計
       流動資産合計            305,273      △4,341      29,045     329,977
     固定資産                                          非流動資産

      有形固定資産             245,666        -   △12,007      233,659     (1),(3)      有形固定資産
      無形固定資産              2,324       -    △417      1,906          無形資産
                                                持分法で会計処理されて
                      -    13,446        -    13,446
                                                いる投資
      投資有価証券              51,520     △12,031       7,110     46,599     (4),(5)      その他の金融資産
      退職給付に係る資産              5,057       -    △503      4,553     (2)     退職給付に係る資産
      繰延税金資産              6,275      4,341     △5,312       5,304     (7)     繰延税金資産
      その他              4,650     △1,484        272     3,438          その他の非流動資産
                     △69       69      -      -
      貸倒引当金
       固定資産合計            315,425       4,341    △10,858      308,909            非流動資産合計
                    620,699        -    18,187     638,887
     資産合計                                          資産合計
                                 27/45










                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     負債の部                                          負債
     流動負債                                          流動負債
                                                 営業債務及びその他の
      支払手形及び買掛金              75,656      44,511      5,522     125,689      (2)
                                                 債務
                      -    31,762        -    31,762           借入金
                                        -
      短期借入金              18,092     △18,092         -
      1年内返済予定の長期
                    13,669     △13,669         -      -
      借入金
      未払費用              34,298     △34,298         -      -
      未払法人税等              3,522       -     △93     3,429           未払法人所得税
                                  -
                      -    1,363           1,363           引当金
      役員賞与引当金               181     △181       -      -
      製品保証引当金              1,020     △1,020        -      -
                                                 その他の金融負債
      従業員預り金              4,655       140      981     5,777     (3)
                    19,477     △10,600       △581      8,295
      その他                                          その他の流動負債
       流動負債合計            170,574       △85     5,828     176,317             流動負債合計
     固定負債                                          非流動負債

      長期借入金              57,261        -    1,693     58,955      (5)     借入金
                      -    12,123        -    12,123           その他の金融負債
      繰延税金負債              6,266       85   △1,068       5,283     (7)     繰延税金負債
      退職給付に係る負債              32,943        -    △909     32,033      (2)     退職給付に係る負債
                      -      93      -      93         引当金
                    14,191     △12,216        201     2,176
      その他                                          その他の非流動負債
       固定負債合計            110,663        85     △82    110,665             非流動負債合計
     負債合計                                          負債合計
                    281,237        -    5,745     286,983
     純資産の部                                          資本
      資本金              28,027        -      -    28,027           資本金
      資本剰余金              29,314        -      -    29,314           資本剰余金
      利益剰余金             255,001        -    1,465     256,467      (9)     利益剰余金
      自己株式             △1,216        -      -   △1,216            自己株式
      その他の包括利益累計額                                     (2)
                     3,752       -    10,936      14,688
                                                 その他の資本の構成要素
      合計                                    (4),(6)
                                                 親会社の所有者に帰属す
                    314,879        -    12,402     327,282
                                                 る持分合計
      非支配株主持分              24,582        -      39    24,621           非支配持分
     純資産合計              339,461        -    12,441     351,903           資本合計
                    620,699        -    18,187     638,887
     負債純資産合計                                          負債及び資本合計
                                 28/45






                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           資本に対する主な認識・測定の差異に関する注記
           (1)有形固定資産
             有形固定資産の減価償却方法について、日本基準では主として定率法を採用していましたが、IFRSでは
            定額法を採用しています。また、IFRSの適用に伴い一部の有形固定資産の耐用年数を変更しています。
             主に上記の変更等の結果、有形固定資産の残高が9,544百万円増加しています。
           (2)従業員給付
             未消化の有給休暇について、日本基準では会計処理が求められていませんでしたが、IFRSでは、負債と
            して認識しています。この結果、営業債務及びその他の債務(流動)が5,537百万円増加しています。
             確定給付制度債務の数理計算上の差異について、日本基準では発生時にその他の包括利益に認識し、
            従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額を発生時の翌年度から費用処理して
            いましたが、IFRSでは数理計算上の差異は発生時にその他の包括利益に認識し、直ちに利益剰余金に
            振替えています。
           (3)金型
             日本基準では一定の期間にわたって売上高と売上原価を計上していますが、IFRSでは特定の要件に該当
            する場合、ファイナンスリースとして処理をしています。この結果、有形固定資産が19,187百万円減少
            し、営業債権及びその他の債権(流動)が19,535百万円、棚卸資産が9,977百万円、その他の金融負債
            (流動)が981百万円増加しています。
           (4)  金融商品の測定(非上場株式)
             非上場株式について、日本基準では取得原価を基礎として計上し、発行会社の財政状態の悪化に応じて
            減損処理を行っておりましたが、IFRSではその他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。この
            結果、その他の金融資産(非流動)が5,348百万円、その他の資本の構成要素が3,680百万円増加して
            います。
           (5)  ヘッジ会計(借入金)
             借入金の為替変動リスクを回避するために行っているデリバティブ取引について、日本基準ではヘッジ
            会計による振当処理を採用していましたが、IFRSでは連結会計年度末に公正価値で測定しています。この
            結果、借入金(非流動)が1,693百万円、その他の金融資産(非流動)が1,761百万円増加しています。
           (6)為替換算調整勘定の振替
             IFRS第1号に規定されている免除規定を選択し、在外営業活動体の換算差額の移行日時点の残高1,397
            百万円を、移行日においてすべて利益剰余金へ振り替えています。
           (7)税効果会計
             日本基準からIFRSへの調整に伴い一時差異が発生したこと等により、繰延税金資産および繰延税金負債
            の金額を調整しています。
           表示組替に関する注記

           (8) 表示組替
             主に次の項目について表示組替を行っています。
            ・日本基準において、「現金及び預金」に含めて表示していた預入期間が3ヶ月超の定期預金について、
             IFRSでは「その他の金融資産(流動)」に含めて表示しています。
            ・「繰延税金資産」、「繰延税金負債」について、IFRSではすべて非流動で表示しています。
            ・日本基準において、「その他の流動資産」に含めて表示していた未収入金について、IFRSでは「営業
             債権及びその他の債権」に含めています。
            ・日本基準において区分掲記している「従業員預り金」について、IFRSでは「その他の金融負債(流
             動)」として表示しています。
            ・日本基準において区分掲記している「未払費用」について、IFRSでは「営業債務及びその他の債務」と
             して表示しています。
            ・日本基準において、「その他の固定負債」に含めて表示していた長期リース債務について、IFRSでは
             「その他の金融負債(非流動)」として表示しています。
                                 29/45





                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           2017年12月31日(前第3四半期連結会計期間)現在の資本に対する調整
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     資産の部                                          資産
     流動資産                                          流動資産
      現金及び預金              87,258     △3,898        -    83,359           現金及び現金同等物
                                                 営業債権及びその他の
      受取手形及び売掛金             130,988       9,872     23,463     164,323      (3)
                                                 債権
                      -    56,929      12,698      69,627      (3)     棚卸資産
      商品及び製品              15,027     △15,027         -      -
      仕掛品              10,466     △10,466         -      -
      原材料及び貯蔵品              31,436     △31,436         -      -
      繰延税金資産              4,837     △4,837        -      -
                      -    3,902       -    3,902           その他の金融資産
      その他              22,132     △10,060         47    12,119           その他の流動資産
                     △184       184      -      -
      貸倒引当金
       流動資産合計            301,961      △4,837      36,208     333,333             流動資産合計
     固定資産                                          非流動資産

      有形固定資産             265,289        -   △18,797      246,492     (1),(3)      有形固定資産
      無形固定資産              2,365       -    △367      1,997           無形資産
                                                 持分法で会計処理されて
                      -    12,933        -    12,933
                                                 いる投資
      投資有価証券              59,893     △12,666       9,605     56,832     (4),(5)      その他の金融資産
      退職給付に係る資産              5,452       -   △1,172       4,280     (2)     退職給付に係る資産
      繰延税金資産              4,205      4,837     △4,546       4,496     (7)     繰延税金資産
      その他              3,315      △334       281     3,263           その他の非流動資産
                     △67       67      -      -
      貸倒引当金
       固定資産合計            340,453       4,837    △14,995      330,295             非流動資産合計
                    642,415        -    21,213     663,628
     資産合計                                          資産合計
                                 30/45










                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     負債の部                                          負債
     流動負債                                          流動負債
                                                 営業債務及びその他の
      支払手形及び買掛金              74,700      39,327      5,659     119,688      (2)
                                                 債務
                      -    39,051        -    39,051           借入金
      短期借入金              28,828     △28,828         -      -
      1年内返済予定の長期
                    10,223     △10,223         -      -
      借入金
      未払費用              30,693     △30,693         -      -
      未払法人税等              1,392       -    2,157      3,549     (7)     未払法人所得税
                      -    1,068       -    1,068           引当金
      役員賞与引当金               152     △152       -      -
      製品保証引当金               863     △863       -      -
      従業員預り金              4,904       294     1,048      6,248     (3)     その他の金融負債
                    19,925     △9,073       △781     10,070
      その他                                          その他の流動負債
       流動負債合計            171,684       △92     8,084     179,676             流動負債合計
     固定負債                                          非流動負債

      長期借入金              57,044        -    1,910     58,955      (5)     借入金及び社債
                      -    15,374        -    15,374           その他の金融負債
      繰延税金負債              4,130       92    △682      3,541     (7)     繰延税金負債
      退職給付に係る負債              33,735        -    △880     32,854      (2)     退職給付に係る負債
                      -      84      -      84         引当金
                    17,265     △15,459        195     2,002
      その他                                          その他の非流動負債
       固定負債合計            112,177        92     542    112,813             非流動負債合計
     負債合計                                          負債合計
                    283,862        -    8,627     292,489
     純資産の部                                          資本
      資本金              28,027        -      -    28,027           資本金
      資本剰余金              29,293        -     △85     29,207           資本剰余金
      利益剰余金             264,561        -    2,069     266,631      (9)     利益剰余金
      自己株式             △1,217        -      -   △1,217            自己株式
      その他の包括利益累計額                                     (2)
                    12,658        -    10,721      23,379
                                                 その他の資本の構成要素
      合計                                    (4),(6)
                                                 親会社の所有者に帰属す
                    333,322        -    12,705     346,028
                                                 る持分合計
                    25,230        -    △120     25,110
      非支配株主持分                                          非支配持分
     純資産合計              358,552        -    12,585     371,138             資本合計
                    642,415        -    21,213     663,628
     負債純資産合計                                           負債及び資本合計
                                 31/45






                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           資本に対する主な認識・測定の差異に関する注記
           (1)有形固定資産
             有形固定資産の減価償却方法について、日本基準では主として定率法を採用していましたが、IFRSでは
            定額法を採用しています。また、IFRSの適用に伴い一部の有形固定資産の耐用年数を変更しています。
             主に上記の変更等の結果、有形固定資産の残高が9,441百万円増加しています。
           (2)従業員給付
             未消化の有給休暇について、日本基準では会計処理が求められていませんでしたが、IFRSでは、
            負債として認識しています。この結果、営業債務及びその他の債務(流動)が5,640百万円増加して
            います。
             確定給付制度債務の数理計算上の差異について、日本基準では発生時にその他の包括利益に認識し、
            従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額を発生時の翌年度から費用処理して
            いましたが、IFRSでは数理計算上の差異は発生時にその他の包括利益に認識し、直ちに利益剰余金に
            振替えています。
           (3)金型
             日本基準では一定の期間にわたって売上高と売上原価を計上していますが、IFRSでは特定の要件に該当
            する場合、ファイナンスリースとして処理をしています。この結果、有形固定資産が28,076百万円減少
            し、営業債権及びその他の債権(流動)が23,695百万円、棚卸資産が12,609百万円、その他の金融負債
            (流動)が1,048百万円増加しています。
           (4)  金融商品の測定(非上場株式)
             非上場株式について、日本基準では取得原価を基礎として計上し、発行会社の財政状態の悪化に応じて
            減損処理を行っておりましたが、IFRSではその他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。この
            結果、その他の金融資産(非流動)が7,516百万円、その他の資本の構成要素が5,172百万円増加して
            います。
           (5)  ヘッジ会計(借入金)
             借入金の為替変動リスクを回避するために行っているデリバティブ取引について、日本基準ではヘッジ
            会計による振当処理を採用していましたが、IFRSでは連結会計年度末に公正価値で測定しています。この
            結果、借入金(非流動)が1,910百万円、その他の金融資産(非流動)が2,089百万円増加しています。
           (6)為替換算調整勘定の振替
             IFRS第1号に規定されている免除規定を選択し、在外営業活動体の換算差額の移行日時点の残高1,397
            百万円を、移行日においてすべて利益剰余金へ振り替えています。
           (7)未払法人所得税および税効果会計
             日本基準では、四半期連結会計期間末における未払法人税等については年度決算と同様の方法により算
            定していましたが、IFRSでは未払法人所得税を年間の見積実効税率に基づいて算定しています。
             また、日本基準からIFRSへの調整に伴い一時差異が発生したこと等により、繰延税金資産および繰延税
            金負債の金額を調整しています。
           表示組替に関する注記

           (8) 表示組替
             主に次の項目について表示組替を行っています。
            ・日本基準において、「現金及び預金」に含めて表示していた預入期間が3ヶ月超の定期預金について、
             IFRSでは「その他の金融資産(流動)」に含めて表示しています。
            ・「繰延税金資産」、「繰延税金負債」について、IFRSではすべて非流動で表示しています。
            ・日本基準において、「その他の流動資産」に含めて表示していた未収入金について、IFRSでは
             「営業債権及びその他の債権」に含めています。
            ・日本基準において区分掲記している「従業員預り金」について、IFRSでは「その他の金融負債(流
             動)」として表示しています。
            ・日本基準において区分掲記している「未払費用」について、IFRSでは「営業債務及びその他の債務」と
             して表示しています。
            ・日本基準において、「その他の固定負債」に含めて表示していた長期リース債務について、IFRSでは
             「その他の金融負債(非流動)」として表示しています。
                                 32/45




                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           2018年3月31日(前連結会計年度)現在の資本に対する調整
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     資産の部                                          資産
     流動資産                                          流動資産
      現金及び預金             104,309      △6,318        -    97,991           現金及び現金同等物
                                                 営業債権及びその他の
      受取手形及び売掛金             141,447       9,733     21,299     172,480      (3)
                                                 債権
                      -    50,908      13,081      63,989      (3)     棚卸資産
      商品及び製品              12,769     △12,769         -      -
      仕掛品              10,039     △10,039         -      -
      原材料及び貯蔵品              28,099     △28,099         -      -
      繰延税金資産              5,153     △5,153        -      -
                      -    6,615       539     7,154     (5)     その他の金融資産
      その他              26,882     △10,208       △624     16,049           その他の流動資産
                     △177       177      -      -
      貸倒引当金
       流動資産合計            328,524      △5,153      34,295     357,666             流動資産合計
     固定資産                                          非流動資産

      有形固定資産             259,537        -   △17,955      241,581     (1),(3)      有形固定資産
      無形固定資産              2,555       -    △238      2,316           無形資産
                                                 持分法で会計処理されて
                      -    13,470        -    13,470
                                                 いる投資
      投資有価証券              58,333     △13,194       6,688     51,826      (4)     その他の金融資産
      退職給付に係る資産              5,625       -   △1,190       4,435     (2)     退職給付に係る資産
      繰延税金資産              4,435      5,153     △4,730       4,859     (7)     繰延税金資産
      その他              3,400      △344       273     3,329           その他の非流動資産
                     △69       69      -      -
      貸倒引当金
       固定資産合計            333,819       5,153    △17,153      321,819             非流動資産合計
     繰延資産
      社債発行費                45     △45       -      -
       繰延資産合計               45     △45       -      -
                    662,388       △45     17,142     679,485
     資産合計                                          資産合計
                                 33/45









                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     負債の部                                          負債
     流動負債                                          流動負債
                                                 営業債務及びその他の
      支払手形及び買掛金              80,989      45,704      6,064     132,758      (2)
                                                 債務
                      -    43,722        -    43,722           借入金
      短期借入金              18,595     △18,595         -      -
      1年内返済予定の長期
                    25,126     △25,126         -      -
      借入金
      未払費用              33,279     △33,279         -      -
      未払法人税等              3,704       -      -    3,704           未払法人所得税
                      -    1,252       -    1,252           引当金
      役員賞与引当金               194     △194       -      -
      製品保証引当金               858     △858       -      -
      従業員預り金              4,745       84     920     5,750     (3)     その他の金融負債
                    21,581     △12,802       △573      8,204
      その他                                          その他の流動負債
       流動負債合計            189,075       △93     6,411     195,392             流動負債合計
     固定負債                                          非流動負債

      社債              10,000      54,413        97    64,511      (5)     社債及び借入金
      長期借入金              54,458     △54,458         -      -
                      -    14,532       145    14,677      (5)     その他の金融負債
      繰延税金負債              4,322       93    △798      3,618     (7)     繰延税金負債
      退職給付に係る負債              34,101        -    △654     33,447      (2)     退職給付に係る負債
                      -      92      -      92         引当金
                    16,520     △14,624        193     2,089
      その他                                          その他の非流動負債
       固定負債合計            119,403        48   △1,016      118,435             非流動負債合計
     負債合計                                          負債合計
                    308,479       △45     5,394     313,828
     純資産の部                                          資本
      資本金              28,027        -      -    28,027           資本金
      資本剰余金              29,150        -     △95     29,055           資本剰余金
      利益剰余金             268,930        -    1,424     270,354      (9)     利益剰余金
      自己株式             △1,218        -      -   △1,218            自己株式
      その他の包括利益累計額                                     (2)
                     3,747       -    10,579      14,326
                                                 その他の資本の構成要素
      合計                                    (4),(6)
                                                 親会社の所有者に帰属す
                    328,637        -    11,908     340,546
                                                 る持分合計
                    25,271        -    △160     25,111
      非支配株主持分                                          非支配持分
     純資産合計              353,909        -    11,747     365,657             資本合計
                    662,388       △45     17,142     679,485
     負債純資産合計                                           負債及び資本合計
                                 34/45






                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           資本に対する主な認識・測定の差異に関する注記
           (1)有形固定資産
             有形固定資産の減価償却方法について、日本基準では主として定率法を採用していましたが、IFRSでは
            定額法を採用しています。また、IFRSの適用に伴い一部の有形固定資産の耐用年数を変更しています。
             主に上記の変更等の結果、有形固定資産の残高が9,042百万円増加しています。
           (2)従業員給付
             未消化の有給休暇について、日本基準では会計処理が求められていませんでしたが、IFRSでは、負債と
            して認識しています。この結果、営業債務及びその他の債務(流動)が5,519百万円増加して
            います。
             確定給付制度債務の数理計算上の差異について、日本基準では発生時にその他の包括利益に認識し、
            従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額を発生時の翌年度から費用処理して
            いましたが、IFRSでは数理計算上の差異は発生時にその他の包括利益に認識し、直ちに利益剰余金に
            振替えています。
           (3)金型
             日本基準では一定の期間にわたって売上高と売上原価を計上していますが、IFRSでは特定の要件に該当
            する場合、ファイナンスリースとして処理をしています。この結果、有形固定資産が24,798百万円減少
            し、営業債権及びその他の債権(流動)が21,506百万円、棚卸資産が12,787百万円、その他の金融負債
            (流動)が2,182百万円増加しています。
           (4)  金融商品の測定(非上場株式)
             非上場株式について、日本基準では取得原価を基礎として計上し、発行会社の財政状態の悪化に応じて
            減損処理を行っておりましたが、IFRSではその他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。この
            結果、その他の金融資産(非流動)が6,688百万円、その他の資本の構成要素が4,602百万円増加して
            います。
           (5)  ヘッジ会計(借入金)
             借入金の為替変動リスクを回避するために行っているデリバティブ取引について、日本基準ではヘッジ
            会計による振当処理を採用しておりましたが、IFRSでは連結会計年度末に公正価値で測定しています。
            この結果、借入金(非流動)が97百万円、その他の金融資産(流動)が539百万円、その他の金融負債
            (非流動)が145百万円増加しています。
           (6)為替換算調整勘定の振替
             IFRS第1号に規定されている免除規定を選択し、在外営業活動体の換算差額の移行日時点の残高1,397
            百万円を、移行日においてすべて利益剰余金へ振り替えています。
           (7)税効果会計
             日本基準からIFRSへの調整に伴い一時差異が発生したこと等により、繰延税金資産および繰延税金負債
            の金額を調整しています。
           表示組替に関する注記

           (8) 表示組替
             主に次の項目について表示組替を行っています。
            ・日本基準において、「現金及び預金」に含めて表示していた預入期間が3ヶ月超の定期預金について、
             IFRSでは「その他の金融資産(流動)」に含めて表示しています。
            ・「繰延税金資産」、「繰延税金負債」について、IFRSではすべて非流動で表示しています。
            ・日本基準において、「その他の流動資産」に含めて表示していた未収入金について、IFRSでは
             「営業債権及びその他の債権」に含めています。
            ・日本基準において区分掲記している「従業員預り金」について、IFRSでは「その他の金融負債(流
             動)」として表示しています。
            ・日本基準において区分掲記している「未払費用」について、IFRSでは「営業債務及びその他の債務」と
             して表示しています。
             ・日本基準において、「その他の固定負債」に含めて表示していた長期リース債務について、IFRSでは
             「その他の金融負債(非流動)」として表示しています。
                                 35/45




                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           (9)利益剰余金に対する調整
                                        前第3四半期
                              IFRS移行日                      前連結会計年度
                                        連結会計期間
                           (2017年4月1日)                       (2018年3月31日)
                                       (2017年12月31日)
                               百万円           百万円           百万円
                                   9,674           9,441           9,081
     有形固定資産の計上額の調整
                                   6,429           7,489           6,130
     金型リースの調整
                                  △5,558           △5,651           △5,737
     未払有給休暇に対する調整
                                  △3,252           △2,779           △2,744
     退職給付会計に関する調整
                                  △7,891           △9,328           △7,669
     税効果に関する調整
                                   1,397           1,397           1,397
     在外子会社に係る累積換算差額の振替
                                    667          1,499            967
     その他
                                   1,465           2,069           1,424
               合計
                                 36/45
















                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)の純損益及び包括利益に対する調整
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     売上高              591,819        -    3,238     595,057      (1)    売上収益
                                           (1)
                   △520,761         -   △1,907     △522,669
     売上原価                                          売上原価
                                          (2),(4)
     売上総利益                                          売上総利益
                    71,057        -    1,330     72,388
     販売費及び一般管理費              △45,417         53     135   △45,228      (2),(4)     販売費及び一般管理費
                      -    4,046      △257      3,788          その他の収益
                      -   △4,597       △237     △4,835
                                                その他の費用
     営業利益                                          営業利益
                    25,640      △498       970    26,112
     営業外収益               6,263     △6,263        -      -
     営業外費用              △3,098       3,098       -      -
     特別利益                 226     △226       -      -
     特別損失              △3,322       3,322       -      -
                      -    1,735        6    1,741          金融収益
                      -   △1,822        110    △1,712           金融費用
                      -     708      -     708
                                                持分法による投資利益
     税金等調整前四半期純利益                                          税引前四半期利益
                    25,709        53    1,087     26,850
     法人税、住民税及び事業税              △7,756       1,708     △1,039      △7,086           法人所得税費用
                     1,761     △1,761        -      -
     法人税等調整額
     四半期純利益               19,714        -      48    19,763          四半期利益
     非支配株主に帰属する四半                                          非支配持分に帰属する四半
                     2,430       -    △243      2,186
     期純利益                                          期利益
     親会社株主に帰属する四半                                          親会社の所有者に帰属する
                    17,284        -     292    17,576
     期純利益                                          四半期利益
                               認識・測定

                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     四半期純利益               19,714        -      48    19,763          四半期利益
     その他の包括利益                                          その他の包括利益
                                                純損益に振替えられること
                                                のない項目
                                                 その他の包括利益を通じ
      その他有価証券評価差額
                     2,627       -    1,471      4,099     (3)     て公正価値で測定する資
      金
                                                 本性金融資産
      退職給付に係る調整額              1,513       -   △1,662       △149     (4)     確定給付制度の再測定
                                                 持分法適用会社における
                      -      14     △11       3         その他の包括利益に対す
                                                 る持分
                                                純損益に振替えられる可能
                                                性のある項目
                                                 在外営業活動体の換算
      為替換算調整勘定              5,341       -     △11     5,329
                                                 差額
                                                 持分法適用会社における
      持分法適用会社に対する
                      39     △14       16      42
                                                 その他の包括利益に対す
      持分相当額
                                                 る持分
      その他の包括利益合計              9,521       -    △197      9,324          税引後その他の包括利益
                    29,236        -    △148     29,088
     四半期包括利益                                          四半期包括利益
                                 37/45



                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           損益及び包括利益に対する調整に関する注記
           (1)売上収益および売上原価に係る調整
             日本基準では一定の期間にわたって売上高と売上原価を計上していますが、IFRSでは特定の要件に該当
            する場合、ファイナンスリースとして処理し、リース開始時に売上収益と売上原価を計上しています。
            この結果、売上収益が3,418百万円、売上原価が2,358百万円増加しています。
           (2)減価償却方法の変更

             当社グループは、日本基準では有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法について、主として
            定率法を採用していましたが、IFRSでは定額法を採用しています。当該変更により、減価償却費が
            含まれる売上原価および販売費及び一般管理費を調整しています。
           (3)  金融商品の測定(非上場株式)

             非上場株式について、日本基準では取得原価を基礎として計上し、発行会社の財政状態の悪化に応じて
            減損処理を行っておりましたが、IFRSではその他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。
           (4)退職給付に係る負債の会計処理

             当社グループは、日本基準では数理計算上の差異について、発生時にその他の包括利益で認識し、
            従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額を発生の翌年度から費用処理して
            いましたが、IFRSでは数理計算上の差異は発生時にその他の包括利益に認識し、直ちに利益剰余金に
            認識するものとしています。
           表示組替に関する注記

           (5) 表示組替
             日本基準では「営業外収益」、「営業外費用」、「特別利益」および「特別損失」に表示していた
            項目を、IFRSでは財務関連項目を「                 金融収益」、「金融費用」に、その他の項目については、
            「その他の収益」、「その他の費用」または「持分法による投資利益」に表示しています。
                                 38/45












                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
      前第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)の純損益及び包括利益に対する調整
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     売上高              205,932        -    △804     205,127      (1)    売上収益
                                           (1)
                   △181,731         -    1,308    △180,423
     売上原価                                          売上原価
                                          (2),(3)
     売上総利益                                          売上総利益
                    24,200        -     503    24,703
     販売費及び一般管理費              △15,738         22     142   △15,573      (2),(3)     販売費及び一般管理費
                      -    1,904      △251      1,652          その他の収益
                      -   △4,051       △171     △4,222
                                                その他の費用
     営業利益                                          営業利益
                     8,462     △2,124        222     6,560
     営業外収益               2,605     △2,605        -      -
     営業外費用              △1,448       1,448       -      -
     特別利益                 226     △226       -      -
     特別損失              △3,322       3,322       -      -
                      -     700      -     700         金融収益
                      -    △719       99    △620          金融費用
                      -     228      -     228
                                                持分法による投資利益
     税金等調整前四半期純利益                                          税引前四半期利益
                     6,523       22     322     6,868
     法人税、住民税及び事業税              △1,906       1,857      △407      △456          法人所得税費用
                     1,879     △1,879        -      -
     法人税等調整額
     四半期純利益               6,496       -     △85     6,411          四半期利益
     非支配株主に帰属する四半                                          非支配持分に帰属する四半
                      755      -      ▶     760
     期純利益                                          期利益
     親会社株主に帰属する四半                                          親会社の所有者に帰属する
                     5,741       -     △89     5,651
     期純利益                                          四半期利益
                               認識・測定

                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     四半期純利益               6,496       -     △85     6,411          四半期利益
     その他の包括利益                                          その他の包括利益
                                                純損益に振替えられること
                                                のない項目
                                                 その他の包括利益を通じ
      その他有価証券評価差額
                     1,338       -     627     1,965           て公正価値で測定する資
      金
                                                 本性金融資産
      退職給付に係る調整額               346      -    △251       94    (3)     確定給付制度の再測定
                                                 持分法適用会社における
                      -      1     -      1         その他の包括利益に対す
                                                 る持分
                                                純損益に振替えられる可能
                                                性のある項目
                                                 在外営業活動体の換算
      為替換算調整勘定              1,595       -     △53     1,541
                                                 差額
                                                 持分法適用会社における
      持分法適用会社に対する
                      112      △1      16     128
                                                 その他の包括利益に対す
      持分相当額
                                                 る持分
      その他の包括利益合計              3,393       -     338     3,731          税引後その他の包括利益
                     9,889       -     253    10,143
     四半期包括利益                                          四半期包括利益
                                 39/45



                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           損益及び包括利益に対する調整に関する注記
           (1)売上収益および売上原価に係る調整
             日本基準では一定の期間にわたって売上高と売上原価を計上していますが、IFRSでは特定の要件に該当
            する場合、ファイナンスリースとして処理し、リース開始時に売上収益と売上原価を計上しています。
            この結果、売上収益が733百万円、売上原価が1,156百万円減少しています。
           (2)減価償却方法の変更

             当社グループは、日本基準では有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法について、主として
            定率法を採用していましたが、IFRSでは定額法を採用しています。当該変更により、減価償却費が
            含まれる売上原価および販売費及び一般管理費を調整しています。
           (3)退職給付に係る負債の会計処理

             当社グループは、日本基準では数理計算上の差異について、発生時にその他の包括利益で認識し、
            従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額を発生の翌年度から費用処理して
            いましたが、IFRSでは数理計算上の差異は発生時にその他の包括利益に認識し、直ちに利益剰余金に
            認識するものとしています。
           表示組替に関する注記

           (4) 表示組替
           日本基準では「営業外収益」、「営業外費用」、「特別利益」および「特別損失」に表示していた
           項目を、IFRSでは財務関連項目を「                 金融収益」、「金融費用」に、その他の項目については、
           「その他の収益」、「その他の費用」または「持分法による投資利益」に表示しています。
                                 40/45













                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
      前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)の純損益及び包括利益に対する調整
                               認識・測定
                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     売上高              806,938        -    1,020     807,958      (1)    売上収益
                                           (1)
                   △704,703         -   △1,154     △705,857
     売上原価                                          売上原価
                                          (2),(3)
     売上総利益                                          売上総利益
                    102,235        -    △134     102,101
     販売費及び一般管理費              △61,099         -     532   △60,567      (2),(3)     販売費及び一般管理費
                      -    4,393      △228      4,164          その他の収益
                      -   △9,853       △664    △10,518
                                                その他の費用
     営業利益                                          営業利益
                    41,136     △5,460       △495     35,179
     営業外収益               7,398     △7,398        -      -
     営業外費用              △5,333       5,333       -      -
     特別利益                 226     △226       -      -
     特別損失              △7,651       7,651       -      -
                      -    2,186       -    2,186          金融収益
                      -   △3,132        228    △2,903           金融費用
                      -    1,044       -    1,044
                                                持分法による投資利益
     税金等調整前当期純利益                                          税引前利益
                    35,775        -    △267     35,507
     法人税、住民税及び事業税              △12,790       1,654       154   △10,982           法人所得税費用
                     1,654     △1,654        -      -
     法人税等調整額
     当期純利益               24,638        -    △112     24,525          当期利益
     非支配株主に帰属する当期                                          非支配持分に帰属する当期
                     3,463       -    △299      3,163
     純利益                                          利益
     親会社株主に帰属する当期                                          親会社の所有者に帰属する
                    21,175        -     186    21,361
     純利益                                          当期利益
                               認識・測定

                                     IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                  注記        IFRS表示科目
                               の差異
                    百万円      百万円      百万円      百万円
     当期純利益               24,638        -    △112     24,525          当期利益
     その他の包括利益                                          その他の包括利益
                                                純損益に振替えられること
                                                のない項目
                                                 その他の包括利益を通じ
      その他有価証券評価差額
                     1,121       -     920     2,041           て公正価値で測定する資
      金
                                                 本性金融資産
      退職給付に係る調整額              1,313       -   △1,644       △331     (3)     確定給付制度の再測定
                                                 持分法適用会社における
                      -     155     △11      144          その他の包括利益に対す
                                                 る持分
                                                純損益に振替えられる可能
                                                性のある項目
                                                 在外営業活動体の換算
      為替換算調整勘定             △1,977        -      54   △1,922
                                                 差額
                                                 持分法適用会社における
      持分法適用会社に対する
                      199     △155      △316      △272
                                                 その他の包括利益に対す
      持分相当額
                                                 る持分
      その他の包括利益合計               657      -    △997      △340          税引後その他の包括利益
                    25,295        -   △1,110      24,185
     包括利益                                          当期包括利益
                                 41/45



                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
           損益及び包括利益に対する調整に関する注記
           (1)売上収益および売上原価に係る調整
             日本基準では一定の期間にわたって売上高と売上原価を計上していますが、IFRSでは特定の要件に該当
            する場合、ファイナンスリースとして処理し、リース開始時に売上収益と売上原価を計上しています。
            この結果、売上収益が1,314百万円、売上原価が1,610百万円増加しています。
           (2)減価償却方法の変更

             当社グループは、日本基準では有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法について、主として
            定率法を採用していましたが、IFRSでは定額法を採用しています。当該変更により、減価償却費が含まれ
            る売上原価および販売費及び一般管理費を調整しています。
           (3)退職給付に係る負債の会計処理

             当社グループは、日本基準では数理計算上の差異について、発生時にその他の包括利益で認識し、
            従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数により按分した額を発生の翌年度から費用処理していました
            が、IFRSでは数理計算上の差異は発生時にその他の包括利益に認識し、直ちに利益剰余金に認識するもの
            としています。
           表示組替に関する注記

           (4) 表示組替
             日本基準では「営業外収益」、「営業外費用」、「特別利益」および「特別損失」に表示していた
            項目を、IFRSでは財務関連項目を「                 金融収益」、「金融費用」に、その他の項目については、
            「その他の収益」、「その他の費用」または「持分法による投資利益」に表示しています。
           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)に係るキャッシュ・フローに対する調整

            日本基準に基づく連結キャッシュ・フロー計算書と、IFRSに基づく連結キャッシュ・フロー計算書との
           主な差異は、主として貸手のリース取引の変更によるものです。これにより、営業活動によるキャッシュ・
           フローが16,843百万円減少し、投資活動によるキャッシュ・フローが同額増加しています。
                                 42/45











                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        中間配当に関する取締役会の決議は、次のとおりです。
         (イ)決議年月日                             2018年10月31日
         (ロ)中間配当金の総額                              3,883百万円
         (ハ)1株当たりの金額                                  30円
         (ニ)支払請求の効力発生日および支払開始日                             2018年11月27日
        (注)2018年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行いました。
                                 43/45


















                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 44/45




















                                                           EDINET提出書類
                                                       豊田合成株式会社(E01108)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     豊田合成株式会社

      取締役会       御中

                              PwC   あらた有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              山中     鋭一
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              西村     智洋
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている豊田合成株式会

     社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月
     31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、す
     なわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結
     持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、豊田合成株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期
     連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正
     に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
      利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 45/45



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。