株式会社北洋銀行 四半期報告書 第163期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第163期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社北洋銀行

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    2019年2月12日

      【四半期会計期間】                    第163期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

      【会社名】                    株式会社北洋銀行

      【英訳名】                    North   Pacific    Bank,Ltd.

      【代表者の役職氏名】                    取締役頭取 安田 光春

      【本店の所在の場所】                    札幌市中央区大通西3丁目7番地

      【電話番号】                    (011)261-1311(代表)

      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画部長  進藤 智

      【最寄りの連絡場所】                    札幌市中央区大通西3丁目7番地

      【電話番号】                    (011)261-1311(代表)

      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画部長  進藤 智

      【縦覧に供する場所】                    株式会社北洋銀行東京支店

                         (東京都千代田区丸の内1丁目2番1号)
                         株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         証券会員制法人札幌証券取引所

                         (札幌市中央区南1条西5丁目14番地の1)
                                  1/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                         2017年度第3四半期            2018年度第3四半期
                                                    2017年度
                          連結累計期間            連結累計期間
                        (自 2017年4月1日            (自 2018年4月1日            (自 2017年4月1日
                         至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)             至 2018年3月31日)
                                108,456            104,471            143,611

     経常収益              百万円
                                15,140            14,423            15,143
     経常利益              百万円
     親会社株主に帰属する
                                13,731            10,469         ――
                    百万円
     四半期純利益
     親会社株主に帰属する
                             ――            ――               13,686
                    百万円
     当期純利益
                                30,010            △ 6,647         ――
     四半期包括利益              百万円
                             ――            ――               27,070
     包括利益              百万円
                                433,872            418,960            430,945
     純資産額              百万円
                               9,385,741            9,603,526            9,500,510
     総資産額              百万円
                                 34.41            26.53         ――
     1株当たり四半期純利益               円
                             ――            ――                34.30
     1株当たり当期純利益               円
     潜在株式調整後1株当たり
                                 34.38            26.51         ――
                     円
     四半期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                             ――            ――                34.27
                     円
     当期純利益
                     %             4.5            4.2            4.4
     自己資本比率
                         2017年度第3四半期            2018年度第3四半期

                          連結会計期間            連結会計期間
                        (自 2017年10月1日            (自 2018年10月1日
                         至 2017年12月31日)            至 2018年12月31日)
                                 10.62             8.72

     1株当たり四半期純利益               円
      (注)1.当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         2.自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末新株予約権-(四半期)期末非支配株
           主持分)を(四半期)期末資産の部合計で除して算出しております。
         3.2018年度第2四半期連結会計期間より、役員報酬BIP信託による業績連動型株式報酬制度を導入し、当該
           信託が保有する当行株式を四半期連結財務諸表において自己株式として計上しております。これに伴い、当
           該信託が保有する当行株式は、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定
           上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当行及び当行の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はありま
       せん。
        主要な関係会社の異動について、2018年10月1日付で、上光証券株式会社を株式交換により当行の連結子会社とい
       たしました。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスクの発生や前事業年度
       の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       ・財政状態及び経営成績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、度重なる自然災害に見舞われたものの緩やかな拡大が続きまし
       た。個人消費は雇用・所得環境の着実な改善を背景に、持直しました。設備投資は、企業収益が改善するなかで、増
       加傾向となっています。輸出は、おおむね横ばいの動きにあります。
        金融面では、無担保コールレートはマイナス金利で推移しました。10年国債新発債利回りは、ゼロ近傍で推移しま
       した。対ドル円相場は、概ね110円~114円台で推移しました。
        次に北海道経済をみますと、基調として緩やかに回復しており、北海道胆振東部地震の影響による下押し圧力は緩
       和が続きました。需要項目別では、個人消費は一部に弱い動きがみられるものの、緩やかな増加がみられます。住宅
       投資は横ばい圏の動きとなりました。設備投資は持直しの動きがみられます。公共投資は減少基調で推移しました。
       観光関連は北海道胆振東部地震の影響で国内外の来道客が減少しましたが、国内客を中心に持直しの動きが見られま
       した。
        このような経済環境のもと、当第3四半期連結累計期間における経営成績等は、次のとおりとなりました。
        ① 経営成績の分析

          当第3四半期連結累計期間の経営成績につきましては、経常収益は、貸出金利息及び有価証券利息配当金の減
         少等による資金運用収益の減少を主因に前第3四半期連結累計期間比                                39億円減少     し、  1,044億円     となりました。
         一方、経常費用は、営業経費等の減少により前第3四半期連結累計期間比                                  32億円減少     し、  900億円    となりまし
         た。
          これらの結果、経常利益は前第3四半期連結累計期間比                           7億円減少     し、  144億円    となりました。親会社株主に
         帰属する四半期純利益は前第3四半期連結累計期間比                         32億円減少     し、  104億円    となりました。
          なお、セグメントの業績につきましては、銀行業の経常収益は前第3四半期連結累計期間比                                           55億円減少     し 828
         億円  、経常利益は同       14億円減少     し 138億円    となりました。また、リース業の経常収益は前第3四半期連結累計期
         間比  6億円増加     し 216億円    、経常利益は同       2億円増加     し 5億円   となりました。
        ② 財政状態の分析

          当第3四半期連結会計期間末の財政状態につきましては、貸出金は                                6兆3,055億円       と前連結会計年度比         537億円
         増加  いたしました。預金及び譲渡性預金は                  8兆6,046億円       と前連結会計年度比         1,826億円増加       いたしました。有価
         証券は   1兆2,880億円       と前連結会計年度比         2,017億円減少       いたしました。
          これらの結果、総資産は            9兆6,035億円       と前連結会計年度比         1,030億円増加       し、負債は     9兆1,845億円       と同  1,150
         億円増加    、純資産は     4,189億円     と同  119億円減少      いたしました。
                                  3/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        国内・海外別収支
         国内業務部門では、資金運用収支が貸出金利息の減少等を主因として前第3四半期連結累計期間比                                              16億61百万円
        減少  の 509億93百万円       、役務取引等収支が同          6億18百万円増加        の 131億63百万円       、その他業務収支が同          8億5百万円
        増加  の 19億70百万円      となりました。
         国際業務部門では、資金運用収支が有価証券利息配当金の減少等を主因として前第3四半期連結累計期間比                                                   16億
        34百万円減少      の 6億9百万円      、その他業務収支が国債等債券売却損の減少等を主因として同                             13億18百万円増加        の △
        10億39百万円      となりました。
         この結果、合計では、資金運用収支が前第3四半期連結累計期間比                                32億95百万円減少        の 516億2百万円       、役務取
        引等収支が同      6億13百万円増加        の 132億77百万円       、その他業務収支が同          21億23百万円増加        の 9億31百万円      となり、
        収支合算では同       5億58百万円減少        の 658億11百万円       となりました。
                                             相殺消去額(△)

                               国内業務部門        国際業務部門                 合計
          種類             期別
                              金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                                  52,655        2,243         -      54,898
                 前第3四半期連結累計期間
     資金運用収支
                                  50,993         609        -      51,602
                 当第3四半期連結累計期間
                                  54,371        3,682         13      58,040
                 前第3四半期連結累計期間
      うち資金運用収益
                                  52,616        1,266          ▶     53,878
                 当第3四半期連結累計期間
                                  1,716        1,439         13      3,142
                 前第3四半期連結累計期間
      うち資金調達費用
                                  1,623         657         ▶      2,275
                 当第3四半期連結累計期間
                                  12,545         118        -      12,663
                 前第3四半期連結累計期間
     役務取引等収支
                                  13,163         113        -      13,277
                 当第3四半期連結累計期間
                                  21,587         175        -      21,763
                 前第3四半期連結累計期間
      うち役務取引等収益
                                  21,952         160        -      22,113
                 当第3四半期連結累計期間
                                  9,042         56        -      9,099
                 前第3四半期連結累計期間
      うち役務取引等費用
                                  8,789         47        -      8,836
                 当第3四半期連結累計期間
                                  1,165       △2,357          -     △1,192
                 前第3四半期連結累計期間
     その他業務収支
                                  1,970       △1,039          -       931
                 当第3四半期連結累計期間
                                  21,501         101        -      21,602
                 前第3四半期連結累計期間
      うちその他業務収益
                                  22,216        1,186         -      23,402
                 当第3四半期連結累計期間
                                  20,336        2,458         -      22,795
                 前第3四半期連結累計期間
      うちその他業務費用
                                  20,245        2,226         -      22,471
                 当第3四半期連結累計期間
      (注)1.当行及び連結子会社は海外拠点を有していないので、「国内・海外別貸出金残高の状況」を除き、以下の各
           表とも「国内業務部門」「国際業務部門」に区分して記載しております。なお、「国内業務部門」とは当行
           及び連結子会社の円建取引であり、「国際業務部門」とは当行及び連結子会社の外貨建取引であります。た
           だし、円建対非居住者取引、特別国際金融取引勘定分等は国際業務部門に含めております。
         2.「資金調達費用」は、金銭の信託運用見合費用を控除して表示しております。
         3.相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利息であります。
                                  4/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        国内・海外別役務取引の状況
         国内業務部門の役務取引等収益は                 219億52百万円       、役務取引等費用は         87億89百万円      となりました。
         合計の役務取引等収益は前第3四半期連結累計期間比                          3億50百万円増加        の 221億13百万円       、役務取引等費用は同
        2億63百万円減少        の 88億36百万円      となり、役務取引等収支は同             6億13百万円増加        の 132億77百万円       となりました。
                                   国内業務部門         国際業務部門           合計

            種類               期別
                                   金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                                       21,587          175       21,763
                     前第3四半期連結累計期間
     役務取引等収益
                                       21,952          160       22,113
                     当第3四半期連結累計期間
                                        7,270           6       7,277
                     前第3四半期連結累計期間
      うち預金・貸出業務
                                        7,634           8       7,642
                     当第3四半期連結累計期間
                                        6,008          157        6,166
                     前第3四半期連結累計期間
      うち為替業務
                                        5,881          144        6,026
                     当第3四半期連結累計期間
                                         566         -        566
                     前第3四半期連結累計期間
      うち証券関連業務
                                         606          0        606
                     当第3四半期連結累計期間
                                        4,745          -       4,745
                     前第3四半期連結累計期間
      うち代理業務
                                        5,042          -       5,042
                     当第3四半期連結累計期間
                                         322         -        322
                     前第3四半期連結累計期間
      うち保護預り・貸金庫業務
                                         316         -        316
                     当第3四半期連結累計期間
                                        1,194          11       1,205
                     前第3四半期連結累計期間
      うち保証業務
                                        1,138           7       1,146
                     当第3四半期連結累計期間
                                        9,042          56       9,099
                     前第3四半期連結累計期間
     役務取引等費用
                                        8,789          47       8,836
                     当第3四半期連結累計期間
                                         920         38        958
                     前第3四半期連結累計期間
      うち為替業務
                                         924         33        958
                     当第3四半期連結累計期間
        国内・海外別預金残高の状況

        ○ 預金の種類別残高(末残)
                                   国内業務部門         国際業務部門           合計
            種類               期別
                                   金額(百万円)         金額(百万円)         金額(百万円)
                                      8,065,387          14,854       8,080,242
                     前第3四半期連結会計期間
     預金合計
                     当第3四半期連結会計期間                 8,316,232          12,438       8,328,670
                                      5,979,406            -     5,979,406
                     前第3四半期連結会計期間
      うち流動性預金
                                      6,241,168            -     6,241,168
                     当第3四半期連結会計期間
                                      2,047,434            -     2,047,434
                     前第3四半期連結会計期間
      うち定期性預金
                                      2,005,915            -     2,005,915
                     当第3四半期連結会計期間
                                       38,547         14,854         53,401
                     前第3四半期連結会計期間
      うちその他
                                       69,149         12,438         81,587
                     当第3四半期連結会計期間
                     前第3四半期連結会計期間                  301,397           -      301,397
     譲渡性預金
                                       275,978           -      275,978
                     当第3四半期連結会計期間
                                      8,366,785          14,854       8,381,639
                     前第3四半期連結会計期間
     総合計
                                      8,592,210          12,438       8,604,648
                     当第3四半期連結会計期間
      (注)1.流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
         2.定期性預金=定期預金+定期積金
                                  5/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        国内・海外別貸出金残高の状況
        ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                            前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間
              業種別
                           金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内
                               6,266,575         100.00         6,305,522         100.00
     (除く特別国際金融取引勘定分)
                                360,968         5.76         354,184         5.62
      製造業
                                30,170        0.48         30,946        0.49
      農業,林業
                                 1,212        0.02          1,076        0.02
      漁業
                                 3,989        0.06          4,337        0.07
      鉱業,採石業,砂利採取業
                                238,807         3.81         229,023         3.63
      建設業
                                78,732        1.26         89,701        1.42
      電気・ガス・熱供給・水道業
                                37,736        0.60         51,051        0.81
      情報通信業
                                156,592         2.50         160,321         2.54
      運輸業,郵便業
                                547,207         8.73         531,808         8.44
      卸売業,小売業
                                210,088         3.35         218,708         3.47
      金融業,保険業
                                568,037         9.07         598,911         9.50
      不動産業,物品賃貸業
                                501,164         8.00         503,384         7.98
      各種サービス業
                               1,897,994         30.29        1,839,984         29.18
      地方公共団体等
                               1,633,872         26.07        1,692,082         26.83
      その他
                                  -       -          -       -
     海外及び特別国際金融取引勘定分
                                  -       -          -       -
      政府等
                                  -       -          -       -
      金融機関
                                  -       -          -       -
      その他
                               6,266,575        ――         6,305,522        ――
               合計
      (注) 「国内」とは、当行及び連結子会社であります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約の締結等は行われておりません。
                                  6/23










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                     1,450,000,000
                 普通株式
                                                     1,450,000,000
                   計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
         種類                              又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                          取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                   単元株式数は100株
                    399,060,179             399,060,179         (市場第一部)
        普通株式
                                                   であります。
                                         札幌証券取引所
                    399,060,179             399,060,179            ――           ――
          計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
          年月日
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
                       -   399,060,179            -     121,101          -     50,001

        2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容を確認できないため、記載
          することができませんので、直前の基準日である2018年9月30日の株主名簿により記載しております。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年9月30日現在
                         株式数(株)             議決権の数(個)
             区分                                         内容
                                  -        ――            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                            -        ――            -
      議決権制限株式(その他)                            -              -      -

      完全議決権株式(自己株式等)                        5,788,100            ――            -

                      普通株式
      完全議決権株式(その他)                       393,131,800               3,931,318          -
                      普通株式
                               140,279           ――            -
      単元未満株式                普通株式
                             399,060,179             ――            ――
      発行済株式総数
                            ――                3,931,318          ――
      総株主の議決権
      (注)1.上記の「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が2,500株(議決権
           の数25個)、役員報酬BIP信託が保有する当行株式が478,500株(議決権の数4,785個)含まれておりま
           す。
         2.役員報酬BIP信託が保有する議決権4,785個は、議決権不行使となっております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                自己名義        他人名義       所有株式数
                                                     総数に対する
        所有者の氏名
                               所有株式数        所有株式数         の合計
                    所有者の住所
                                                      所有株式数
         又は名称
                                (株)        (株)        (株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)
                 札幌市中央区大通西3丁目
                                5,788,100           -    5,788,100          1.45
                 7番地
      株式会社北洋銀行
                       ――          5,788,100           -    5,788,100          1.45
           計
      (注)役員報酬BIP信託が保有する当行株式478,500株は、上記の自己保有株式には含めておりません。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                  8/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

       令第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
       (昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
      2.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 

       至 2018年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)に係る四半期連結
       財務諸表について、有限責任              あずさ監査法人の四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
                                       1,409,341              1,410,568
       現金預け金
                                         2,681             220,010
       コールローン及び買入手形
                                         14,481              14,008
       買入金銭債権
                                         4,345              4,533
       商品有価証券
                                      ※2 1,489,802             ※2 1,288,059
       有価証券
                                      ※1 6,251,728             ※1 6,305,522
       貸出金
                                         7,399              5,279
       外国為替
                                         49,490              51,691
       リース債権及びリース投資資産
                                        158,667              189,252
       その他資産
                                         88,412              87,359
       有形固定資産
                                         8,786              7,761
       無形固定資産
       退職給付に係る資産                                    75              153
                                           273              487
       繰延税金資産
                                         52,801              55,416
       支払承諾見返
                                        △ 37,778             △ 36,577
       貸倒引当金
                                       9,500,510              9,603,526
       資産の部合計
      負債の部
                                       8,344,356              8,328,670
       預金
                                         77,667              275,978
       譲渡性預金
                                         31,064               3,205
       売現先勘定
                                        145,169               68,438
       債券貸借取引受入担保金
                                        328,848              357,648
       借用金
                                           125              535
       外国為替
                                         52,122              63,622
       その他負債
                                         1,828               450
       賞与引当金
                                           -              53
       株式給付引当金
                                           228              502
       退職給付に係る負債
                                         1,976              2,161
       睡眠預金払戻損失引当金
                                           384              339
       ポイント引当金
                                           -              19
       特別法上の引当金
                                         30,347              24,925
       繰延税金負債
                                         2,643              2,599
       再評価に係る繰延税金負債
                                         52,801              55,416
       支払承諾
       負債の部合計                                9,069,565              9,184,566
      純資産の部
       資本金                                 121,101              121,101
                                         72,367              72,327
       資本剰余金
                                        133,386              139,994
       利益剰余金
                                           △ 0           △ 1,314
       自己株式
                                        326,854              332,108
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                  92,193              75,438
                                         5,380              5,281
       土地再評価差額金
                                           387               96
       退職給付に係る調整累計額
                                         97,960              80,817
       その他の包括利益累計額合計
                                           128              106
       新株予約権
                                         6,001              5,928
       非支配株主持分
                                        430,945              418,960
       純資産の部合計
                                       9,500,510              9,603,526
      負債及び純資産の部合計
                                 10/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        108,456              104,471
      経常収益
                                         58,040              53,878
       資金運用収益
         (うち貸出金利息)                                46,765              45,072
         (うち有価証券利息配当金)                                10,768               8,334
                                         21,763              22,113
       役務取引等収益
                                         21,602              23,402
       その他業務収益
                                        ※1 7,049             ※1 5,076
       その他経常収益
                                         93,315              90,048
      経常費用
                                         3,142              2,275
       資金調達費用
         (うち預金利息)                                  355              314
                                         9,099              8,836
       役務取引等費用
       その他業務費用                                  22,795              22,471
                                         56,757              54,066
       営業経費
                                        ※2 1,521             ※2 2,397
       その他経常費用
                                         15,140              14,423
      経常利益
                                           378              590
      特別利益
                                           378               6
       固定資産処分益
                                           -              550
       負ののれん発生益
                                           -              33
       段階取得に係る差益
                                           361              266
      特別損失
                                           168              109
       固定資産処分損
                                           193              156
       減損損失
                                         15,157              14,747
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     561             2,135
                                           880             1,874
      法人税等調整額
                                         1,442              4,009
      法人税等合計
                                         13,714              10,737
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                          △ 16              267
      に帰属する四半期純損失(△)
                                         13,731              10,469
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         13,714              10,737
      四半期純利益
                                         16,295             △ 17,385
      その他の包括利益
                                         16,198             △ 17,094
       その他有価証券評価差額金
                                           96             △ 290
       退職給付に係る調整額
                                         30,010              △ 6,647
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         29,564              △ 6,574
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           446              △ 72
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
          当第3四半期連結会計期間より、株式交換により子会社化した上光証券株式会社を連結の範囲に含めており
         ます。
        (追加情報)

         (取締役に対する業績連動型株式報酬制度の導入)
         当行は、第2四半期連結会計期間より、取締役(社外取締役及び国外居住者を除く。以下同じ。)の報酬と、
        当行の業績及び株主価値との連動性をより明確にし、当行の中長期的な業績向上と企業価値の増大への貢献意識
        を高めることを目的に、取締役に対して役員報酬BIP信託による業績連動型株式報酬制度(以下、「本制度」
        という。)を導入しております。
         当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務
        上の取扱い」(実務対応報告第30号                 平成27年3月26日)に準じております。
        (1)取引の概要
          本制度は、当行が拠出する金銭を原資として、当行株式が信託を通じて取得され、当行があらかじめ制定し
         た株式交付規程に基づき、取締役に対し役位及び業績目標の達成度に応じて毎年一定のポイントを付与し、退
         任時に累積ポイントに応じた当行株式及び当行株式の換価処分金相当額の金銭を信託を通じて交付及び給付す
         る制度です。
        (2)信託に残存する当行の株式
          信託に残存する当行株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部におい
         て自己株式として計上しており、当第3四半期連結会計期間末における当該自己株式の帳簿価額は184百万円、
         株式数は478千株であります。
                                 13/23













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
      ※1.貸出金のうち、リスク管理債権は次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (2018年3月31日)                (2018年12月31日)
                                  5,065                5,511
         破綻先債権額                            百万円                百万円
                                  64,230                60,658
         延滞債権額                            百万円                百万円
                                    91                228
         3ヵ月以上延滞債権額                            百万円                百万円
                                  11,681                10,374
         貸出条件緩和債権額                            百万円                百万円
                                  81,069                76,772
         合計額                            百万円                百万円
         なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
      ※2.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の

        額
              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
             (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
               139,293                  142,459
                   百万円                  百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

      ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
                                   618                 -
         貸倒引当金戻入益                            百万円                百万円
                                  3,448                2,957
         株式等売却益                            百万円                百万円
      ※2.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
                                    -                711
         貸倒引当金繰入額                            百万円                百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連
      結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
                                  6,366                5,959
         減価償却費                            百万円                百万円
                                 14/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
       前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
         1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
        (決議)
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2017年6月27日
                         2,393        6.00
                普通株式                     2017年3月31日         2017年6月28日         利益剰余金
       定時株主総会
      2017年11月10日
                         2,393        6.00
                普通株式                     2017年9月30日         2017年12月8日         利益剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

         1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
        (決議)
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      2018年6月26日
                普通株式         1,994        5.00    2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
       定時株主総会
      2018年11月7日
                普通株式         1,966        5.00    2018年9月30日         2018年12月7日         利益剰余金
        取締役会
      (注)2018年11月7日取締役会決議による配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当行株式に対する配当
      金2百万円及び子会社に対する配当金0百万円が含まれております。
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 15/23











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
      1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連結
                                       その他      合計     調整額     損益計算書
                                                        計上額
                      銀行業     リース業       計
     経常収益

                       87,289      20,711     108,000       1,689     109,689      △ 1,233     108,456
      外部顧客に対する経常収益
                       1,125       347     1,473      3,745      5,218     △ 5,218       -
      セグメント間の内部経常収益
                       88,414      21,059     109,473       5,434     114,908      △ 6,451     108,456

            計
                       15,330       328    15,658       121    15,779      △ 639    15,140

     セグメント利益
      (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
         2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業を含んでおりま
           す。
         3.外部顧客に対する経常収益の調整額△1,233百万円は、貸倒引当金戻入益等の調整であります。
         4.セグメント利益の調整額△639百万円には、セグメント間取引消去等が含まれております。
         5.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
        「銀行業」セグメントにおいて、稼働資産(土地、建物等)及び遊休資産(土地、建物等)について減損損失を計
       上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては、193百万円であります。
     当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

      1.報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連結
                                       その他      合計     調整額     損益計算書
                                                        計上額
                      銀行業     リース業       計
     経常収益

                       81,849      21,297     103,147       1,818     104,965       △ 494    104,471
      外部顧客に対する経常収益
                       1,000       384     1,385      3,916      5,302     △ 5,302       -
      セグメント間の内部経常収益
                       82,850      21,681     104,532       5,735     110,267      △ 5,796     104,471

             計
                       13,899       555    14,454       500    14,955      △ 531    14,423

     セグメント利益
      (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
         2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業を含んでおりま
           す。
         3.外部顧客に対する経常収益の調整額                   △494百万円      は、貸倒引当金戻入益等の調整であります。
         4.セグメント利益の調整額             △531百万円      には、セグメント間取引消去等が含まれております。
         5.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                 16/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
        「銀行業」セグメントにおいて、稼働資産(土地、建物等)及び遊休資産(土地、建物等)について減損損失を計
       上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては、                                   156百万円     であります。
        (重要な負ののれん発生益)

        上光証券株式会社を株式交換により連結子会社としたことに伴い、負ののれん発生益550百万円を計上しておりま
       すが、当該負ののれん発生益は報告セグメントに配分しておりません。
                                 17/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (有価証券関係)
      ※1.企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
      ※2.四半期連結貸借対照表の「有価証券」のほか、「現金預け金」中の譲渡性預け金を含めて記載しております。
       その他有価証券

       前連結会計年度(2018年3月31日)
                                    連結貸借対照表
                      取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                    計上額(百万円)
       株式                      37,916             155,927              118,011
                            1,121,985              1,138,928               16,943

       債券
                             498,573              506,679               8,106

        国債
                             290,395              294,877               4,482

        地方債
                              1,999              1,999               △0

        短期社債
                             331,015              335,370               4,354

        社債
                             188,503              187,456              △1,046

       その他
                             124,650              123,527              △1,122

        外国債券
                              63,853              63,928                75

        その他
                            1,348,404              1,482,311               133,907

            合計
       当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                                   四半期連結貸借対照表
                      取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                    計上額(百万円)
                              38,011             134,070              96,058
       株式
                            1,028,110              1,044,077               15,966

       債券
                             387,404              394,390               6,986

        国債
                             312,764              317,342               4,578

        地方債
                              1,999              1,998               △1

        短期社債
                             325,941              330,344               4,403

        社債
                             103,218              100,506              △2,711

       その他
                              29,328              29,430               102

        外国債券
                              73,890              71,076             △2,813

        その他
                            1,169,340              1,278,654               109,313

             合計
       (注) その他有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで
           回復する見込みがあると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額(連
           結貸借対照表計上額)とするとともに、評価差額を当第3四半期連結累計期間(連結会計年度)の損失とし
           て処理(以下、「減損処理」という。)しております。
           前連結会計年度における減損処理額はありません。
           当第3四半期連結累計期間における減損処理額は、192百万円(うち、社債192百万円)であります。
           また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、時価が取得原価より30%以上下落した場合とし
           ており、その銘柄すべてについて減損処理の対象としております。
                                 18/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (デリバティブ取引関係)
         企業集団の事業の運営において重要なものであり、前連結会計年度の末日に比して著しい変動が認められるもの
        は、次のとおりであります。
         通貨関連取引

         前連結会計年度(2018年3月31日)
       区分          種類         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
                                  -            -            -

            通貨先物
     金融商品
     取引所
                                  -            -            -
            通貨オプション
                                  -            -            -

            通貨スワップ
                                174,782             2,254            2,254
            為替予約
     店頭
                                27,117              -            130
            通貨オプション
                                  -            -            -
            その他
                             ――                2,254            2,384

             合計
      (注) 上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
         当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                         契約額等(百万円)             時価(百万円)           評価損益(百万円)
       区分          種類
                                  -            -            -

            通貨先物
     金融商品
     取引所
                                  -            -            -
            通貨オプション
                                  -            -            -

            通貨スワップ
                                172,601              719            719
            為替予約
     店頭
                                34,393              -            139
            通貨オプション
                                  -            -            -
            その他
                             ――                 719            858

             合計
      (注) 上記取引については時価評価を行い、評価損益を四半期連結損益計算書に計上しております。
                                 19/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        当第3四半期連結会計期間(2018年10月1日 至 2018年12月31日)
         当行及び上光証券株式会社(以下「上光証券」という。)は、                              2018年10月1日を効力発生日として、当行を完全
        親会社、上光証券を完全子会社とする株式交換を行いました。その概要は以下のとおりです。
      (1)企業結合の概要
        ①  被取得企業の名称及び事業の内容
          名称:上光証券            事業の内容:証券業
        ②  企業結合を行った主な理由
          銀行と証券会社の連携による商品ラインナップの拡充や相談窓口のワンストップ化などを通して、お客さまの
          多様なニーズに対し、最適なサービスでお応えするため。
        ③  企業結合日
          2018年10月1日
        ④  企業結合の法的形式
          当行を株式交換完全親会社、上光証券を株式交換完全子会社とする株式交換
        ⑤  結合後企業の名称
          上光証券
          なお、当行グループとしての一体感・認知度を高めるため、2019年4月1日から「北洋証券株式会社」へ社名
          変更する予定であります。
        ⑥  取得した議決権比率
          取得直前に所有していた議決権比率                         11.4%
          企業結合日に追加取得した議決権比率                       88.6%
          取得後の議決権比率                                     100.0%
        ⑦  取得企業を決定するに至った主な根拠
          当行が、株式交換により上光証券を完全子会社化し、議決権100%を保有することとなったため。
      (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
         2018年10月1日から2018年12月31日まで
      (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
          企業結合直前に保有していた上光証券の普通株式の企業結合日における時価                                                152百万円
          企業結合日に交付した当行の普通株式の時価                                                                         1,178百万円
          取得原価                                                                                                         1,330百万円
      (4)株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付した株式数
        ①  株式の種類別の交換比率
          当行普通株式       0.5株:上光証券普通株式            1株
        ②  株式交換比率の算定方法
          株式交換比率の算定に当たっては、公正性・妥当性を期すため、当行は野村證券株式会社を、上光証券は株式
          会社大和総研を第三者算定機関としてそれぞれ選定し、提出された報告書に基づき当事者間で慎重に交渉・協
          議を重ねた結果、上記(4)①の株式交換比率が妥当であるとの判断に至り、合意・決定しております。
        ③  交付した株式数
          当行普通株式:3,100千株
          なお、当行が企業結合直前に保有していた上光証券の株式800千株については、株式の割当を行っておりませ
          ん。
      (5)被取得企業の取得原価と取得するに至った取引ごとの取得原価の合計額との差額
          段階取得に係る差益                      33百万円
      (6)負ののれん発生益の金額及び発生原因
        ①  負ののれん発生益の金額
          550百万円
        ②  発生原因
          被取得企業に係る当行の持分額と取得原価との差額により、発生したものであります。
                                 20/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
        次のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
        (1)1株当たり四半期純利益                     円              34.41              26.53

         (算定上の基礎)

                                           13,731              10,469

           親会社株主に帰属する四半期純利益                  百万円
                                             -              -

           普通株主に帰属しない金額                  百万円
           普通株式に係る親会社株主に
                                           13,731              10,469
                            百万円
           帰属する四半期純利益
                                        398,956,580              394,628,795
           普通株式の期中平均株式数                   株
        (2)潜在株式調整後1株当たり
                                           34.38              26.51
                             円
          四半期純利益
         (算定上の基礎)
           親会社株主に帰属する
                                             -              -
                            百万円
           四半期純利益調整額
                                          322,326              308,218
           普通株式増加数                   株
                                          322,326              308,218

            うち新株予約権                  株
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調
        整後1株当たり四半期純利益の算定に含
                                       ――              ――
        めなかった潜在株式で、前連結会計年度
        末から重要な変動があったものの概要
       (注)当行は、第2四半期連結会計期間より役員報酬BIP信託を導入しており、当該信託が保有する当行株式を
         1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において
         控除する自己株式に含めております。控除した当該自己株式の期中平均株式数は265,833株であります。
      2【その他】

        中間配当
         2018年11月7日開催の取締役会において、第163期の中間配当につき次のとおり決議しました。
         中間配当金額                            1,966百万円
         1株当たりの中間配当金       5円00銭
        (注)中間配当金額には、役員報酬BIP信託が保有する当行株式に対する配当金2百万円が含まれております。
                                 21/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社北洋銀行(E03632)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月7日

     株式会社北洋銀行
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士        山下 和俊  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士        宮田 世紀  ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社北洋銀

     行の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月
     31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社北洋銀行及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当行(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。