株式会社エヌ・シー・エヌ 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社エヌ・シー・エヌ

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2019年2月7日
      【会社名】                         株式会社エヌ・シー・エヌ
      【英訳名】                         New  Constructor's       Network    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長執行役員  田鎖 郁夫
      【本店の所在の場所】                         東京都港区港南一丁目7番18号
      【電話番号】                         (03)6872-5601(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役執行役員管理部門長  長屋 充容
      【最寄りの連絡場所】                         東京都港区港南一丁目7番18号
      【電話番号】                         (03)6872-5601(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役執行役員管理部門長  長屋 充容
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                             333,200,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            168,000,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                              84,000,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           560,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1.2019年2月7日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2019年2月22日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         4.上記とは別に、2019年2月7日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
           120,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/125















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        2019年3月5日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
       欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
       受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2019年2月22日開催予
       定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
       額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
       て引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       560,000           333,200,000             180,320,000

         計(総発行株式)                   560,000           333,200,000             180,320,000

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.  資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2019年2月7日開催の取締役会決議に基づき、
           2019年3月5日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(700円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は392,000,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
                                自 2019年3月6日(水)
      未定     未定     未定     未定                        未定
                                                  2019年3月13日(水)
                            100
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至 2019年3月11日(月)             (注)4.
      (注)    1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、2019年2月22日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案したうえで、2019年3月5日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2019年2月22日開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2019年3月
           5日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2019年2月7日開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、2019年3月5日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2019年3月14日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2019年2月26日から2019年3月4日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
        ②【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
     株式会社みずほ銀行 日本橋支店                            東京都中央区日本橋室町四丁目3番18号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【株式の引受け】
                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号

     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号

                                              1.買取引受けによります。
                                              2.  引受人は新株式払込金とし
                                                て、2019年3月13日までに
     三菱UFJモルガン
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
                                                払込取扱場所へ引受価額と
     ・スタンレー証券株式会社
                                                同額を払込むことといたし
                                        未定
                                                ます。
                                              3.引受手数料は支払われませ
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                ん。ただし、発行価格と引
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
     エイチ・エス証券株式会社             東京都新宿区西新宿六丁目8番1号

           計                 -             560,000            -

      (注)    1.2019年2月22日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2019年3月5日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               360,640,000                   11,500,000                  349,140,000

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(700円)を基礎として算出した見込額であり
           ます。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

          上記の手取概算額349,140千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手
         取概算額上限77,280千円と合わせて、当社の事業拡大を見据えた設備資金等に充当する予定であります。
          具体的には、これまでの構造計算により蓄積された2万件以上の間取り図や構造図などのデータベースを整
         理し、リフォームやメンテナンスなどのサービスを既存顧客に提供するビジネスモデルの開発を目的に、基幹
         業務システムを再構築するための設備資金として348,200千円(2020年3月期127,000千円、2021年3月期
         221,200千円)を充当する予定であります。
          また、当社の強みである木造構造設計技術を活用した次世代構造設計システム(動画を用いた耐震シミュ
         レーションシステム、BIM(CADコンテンツ制作)を活用して設計図からのデータ置換の効率化を図るシ
         ステム、データベースを活用した簡易設計システムなど)を開発するための設備資金として62,000千円(2020
         年3月期62,000千円)を充当する予定であります。
          上記以外の残額につきましては、当社の事業拡大を見据えた技術・営業人員の採用及び確保のための資金
         (求人広告、採用コンサルティング費用、研修費用及び人件費など)に充当する予定であります。
          なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。
         (注1)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計

             画」の項をご参照下さい。
         (注2)BIM
              Building     Information      Modeling(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の略称で、コン
             ピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性デー
             タを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用
             を行うためのソリューションであります。
                                   6/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        2019年3月5日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        岐阜県加茂郡白川町
                                        杉山 恒夫         200,000株
                                        岐阜県加茂郡白川町

                                        伊東 洋路                        20,000株
              ブックビルディング
     普通株式                     240,000       168,000,000
              方式
                                        東京都練馬区
                                        新田 和芳                        10,000株
                                        東京都杉並区

                                        杉村 幸一郎                       10,000株
     計(総売出株式)            -        240,000       168,000,000                 -

      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(700円)で算出した見込額であります。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                            申込株数
     売出価格     引受価額                       申込証拠            引受人の住所及び氏          元引受契
                   申込期間         単位          申込受付場所
      (円)     (円)                      金(円)            名又は名称          約の内容
                             (株)
      未定                                引受人の本店       東京都中央区日本橋
                自 2019年3月6日(水)
           未定                       未定                       未定
     (注)1.                         100        及び全国各支       一丁目9番1号
          (注)2.     至 2019年3月11日(月)                  (注)2.                       (注)3.
     (注)2.                                 店       野村證券株式会社
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2019年3月5日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     普通株式                     120,000        84,000,000
              方式                           野村證券株式会社      120,000株
     計(総売出株式)            -        120,000        84,000,000                -
      (注   ) 1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
           に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
           す。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2019年2月7日開催の取締役会において、野村
           證券株式会社を割当先とする当社普通株式120,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野
           村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限
           とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則」により規定されており
           ます。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(700円)で算出した見込額であります。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   9/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

     売出価格                  申込株数単位       申込証拠金             引受人の住所及
              申込期間                      申込受付場所               元引受契約の内容
      (円)                   (株)       (円)            び氏名又は名称
                                    野村證券株式
          自 2019年3月6日(水)
      未定                         未定
                           100         会社の本店及          -         -
     (注)1.     至 2019年3月11日(月)                    (注)1.
                                    び全国各支店
      (注)    1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(2019年3月5日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/125













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定し
       ております。
      2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である田鎖郁夫(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、当社は、2019年2月7日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式120,000株の第三者
       割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上
       の募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数               当社普通株式 120,000株

      (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づ
                        き算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
        増加する資本金及び資本準備金
      (3)                  の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資
        に関する事項
                        本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とす
                        る。 (注)2.
                        2019年3月28日(木)
      (4)   払込期日
      (注)    1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2019年2月22日開催予定の取締役会において決定される予
           定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であり
           ます。
         2.割当価格は、2019年3月5日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
           一とする予定であります。
        また、主幹事会社は、2019年3月14日から2019年3月20日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
       て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
       ない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部または一部につき申込みが行われ
       ず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、または発行そのものが全く行わ
       れない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー
       取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合がありま
       す。
                                  11/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3.ロックアップについて
        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である田鎖郁夫、売出人である杉山恒夫、伊東洋
       路、新田和芳及び杉村幸一郎並びに当社株主である有限会社田杉総行、双日建材株式会社、杉山義久、山河和博、山
       川裕史、鈴間浩、中川勝人、木津正裕、藤代東、福田浩史、松延隆行、纐纈博明、松井忠三、林直美及び岡文昭は、
       主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2019年6月11日までの期間
       中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し
       及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等を除く。)を行わない旨合意して
       おります。
        加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2019年
       9月9日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若
       しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(た
       だし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出し
       に関連し、2019年2月7日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除
       く。)を行わない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
       きる権限を有しております。
                                  12/125















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のロゴマーク(下記)を記載いたします。

       (2)表紙及び裏表紙に当社のロゴマーク(下記)を記載いたします。



       (3)  表紙の次に「1        会社の目標と取り組む課題」~「3                 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。





                                  13/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/125





















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第22期       第23期
             決算年月             2017年3月       2018年3月

                    (千円)       5,894,479       6,083,236
     売上高
                    (千円)        163,704       229,361
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (千円)        126,045       169,384
     利益
                    (千円)        120,576       172,992
     包括利益
                    (千円)        897,970      1,045,872
     純資産額
                    (千円)       3,421,451       3,738,111
     総資産額
                    (円)        350.35       410.05
     1株当たり純資産額
                    (円)        50.24       67.51
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -       -
     期純利益金額
                    (%)         25.7       27.5
     自己資本比率
                    (%)         15.3       17.8
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)         3,406      229,054
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 31,962      △ 71,223
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 25,090      △ 25,090
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)       1,678,148       1,810,889
     高
                              86       83
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 9 )      ( 6 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
           プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は年
           間の平均人員を( )外数で記載しております。
         5.第22期及び第23期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
           太陽有限責任監査法人の監査を受けております。
         6.当社は、      2018年11月15日開催の取締役会決議により、                     2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式
           分割を行っておりますが、第22期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株
           当たり当期純利益金額を算定しております。
                                  21/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第19期       第20期       第21期       第22期       第23期
             決算年月             2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                    (千円)       6,055,305       5,621,389       5,533,340       5,869,542       6,056,571
     売上高
                    (千円)        280,467        98,493       199,385       169,827       198,245
     経常利益
                    (千円)        101,371        71,419       107,998       133,405       136,739
     当期純利益
                    (千円)        100,000       100,000       137,270       137,270       137,270
     資本金
                    (株)        2,000       2,000       25,090       25,090       25,090
     発行済株式総数
                    (千円)        502,604       563,272       686,145       797,941       915,087
     純資産額
                    (千円)       3,353,891       2,966,186       3,082,592       3,319,369       3,601,400
     総資産額
                    (円)      251,302.29       281,636.31        27,347.39         318.03       364.72
     1株当たり純資産額
                           5,000.00       10,000.00        1,000.00       1,000.00       2,200.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     額)
     1株当たり当期純利益金額               (円)      50,685.90       35,709.62        5,074.00         53.17       54.50
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)         15.0       19.0       22.3       24.0       25.4
     自己資本比率
                    (%)         22.2       13.4       17.3       18.0       16.0
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -       -       -
     株価収益率
                    (%)         9.9       28.0       19.7       18.8       40.4
     配当性向
                              66       64       68       84       81
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 7 )      ( 10 )      ( 9 )      ( 9 )      ( 6 )
      (注)    1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は、2018年11月15日開催の取締役会決議により、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式
           分割を行っており、発行済株式総数は2,509,000株となっております。
         3.当社は、2018年11月15日開催の取締役会決議により、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式
           分割を行っておりますが、第22期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株
           当たり当期純利益金額を算定しております。
         4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         5.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         6.第22期及び第23期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限
           責任監査法人の監査を受けております。なお、第19期、第20期及び第21期の財務諸表については、「会社計
           算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しておりますが、当該各数値に
           ついては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく太陽有限責任監査法人の監査を受けておりま
           せん。
         7.従業員数は就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は年間の平均人員を( )外数で記載してお
           ります。
         8.当社は、2016年2月27日付で普通株式1株につき10株の株式分割、2018年12月4日付で普通株式1株につき
           100株の株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
           号)に基づき、第19期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を
           参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第19期、第20期及び第21期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、太陽有
           限責任監査法人の監査を受けておりません。
                                  22/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              回次             第19期       第20期       第21期       第22期       第23期

                         2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

             決算年月
                    (円)
     1株当たり純資産額                       251.30       281.64       273.47       318.03       364.72
                    (円)
     1株当たり当期純利益金額                       50.69       35.71       50.74       53.17       54.50
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -              -       -       -
                                     -
     期純利益金額
     1株当たり配当額                        5.00       10.00       10.00       10.00       22.00
     (うち1株当たり中間配当               (円)
                             (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
     額)
                                  23/125

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        1996年12月       岐阜県美濃加茂市において、             1995年の阪神淡路大震災の悲劇を繰り返さないために、日本に安心・
               安全な木構造を普及させ、資産価値のある住宅を提供する仕組みをつくることを目的として、セブ
               ン工業株式会社と日商岩井株式会社(現双日株式会社)の合弁会社として株式会社エヌ・シー・エ
               ヌを設立
        1997年10月       SE(Safety       Engineering)構法木質フレームシステムの建築基準法第38条建設大臣認定を取得
               SE構法の販売を開始
        1998年11月       7人の建築家によるSE構法住宅展(SELL                    HOUSE展)を開催
        1999年9月       「瑕疵保証制度」に先駆け「SE住宅性能保証制度」を開始
               大阪支店開設
        2000年5月       α-SE構法木質フレームシステムの建築基準法第38条建設大臣認定を取得(軒高制限拡大、燃え
               代設計)
        2001年10月       特定建設業許可(        国土交通大臣許可 第023620号              )を取得
        2002年5月       SE構法専用構造計算プログラムの建築基準法第68条の26国土交通大臣認定を取得
        2003年12月       SE構法を使用した住宅ブランド「重量木骨の家」の供給を開始
        2004年1月       株式会社良品計画との合弁子会社「ムジネット株式会社」(現株式会社MUJI                                    HOUSE、現持分法適用
               関連会社)へ資本参加し関係会社化
        2005年10月       SE構法木質フレームシステムの建築基準法第68条の26国土交通大臣認定を取得(スキップフロ
               ア)
        2006年9月       森林認証PEFC-CoC認証を取得
               設計事務所ネットワーク事業を開始(NDN事業部)
        2008年6月       SE構法を含むシステムが国土交通省の2008年度「超長期住宅先導的モデル事業」に採択
               SE構法で羽柄材及びユニット鉄筋の供給を開始
               SE構法専用意匠CAD「Walk               in  Structure」の販売を開始
        2009年4月       長期優良住宅促進法制定に伴い、「長期優良住宅支援室                          (現新規事業部        長期優良住宅支援課)          」
               を開設
               SE構法による住宅供給システムが「国土交通省 長期優良住宅先導事業」として認定され、補助
               事業として採択
               SE構法の国産材利用を開始
        2010年10月       SE構法を含むシステムが国土交通省の2010年度「長期優良住宅先導事業」に採択
               環境設計サービス(現1次エネルギー消費量計算サービス)を開始
        2012年3月       貸金業の代理業務及び金融商品の仲介業等を目的としてSE住宅ローンサービス株式会社(現連結
               子会社)を設立
               SE構法木質フレームシステムについて、一般社団法人日本建築センターの構造評定を取得
               長期利用におけるSE構法性能を改善(ラグスクリューボルト導入、ラーメンフレーム改良
        2013年3月       設計事務所ネットワーク事業を株式会社エヌ・ディ・エヌとして分社化
        2015年6月       住宅業界向けBIMソリューションの開発と展開を目的として株式会社MAKE                                    HOUSE(現連結子会
               社)を設立
        2016年7月       レジリエンス認証を取得
        2017年2月       株式会社エヌ・ディ・エヌを吸収合併
        2018年2月       本店所在地を東京都港区に移転
        2018年3月       宅地建物取引業免許(東京都知事免許 (01)第101790号)を取得
                                  24/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社及び連結子会社2社(SE住宅ローンサービス株式会社、株式会社MAKE                                    HOUSE)並びに持分法適用関連会社1
       社(株式会社MUJI         HOUSE)により構成される当社グループは、「日本に安心・安全な木構造を普及させる。」「日本
       に資産価値のある住宅を提供する仕組みをつくる。」ことを目標としております。また、主たる事業である木造耐震
       設計事業において、木造建築の耐震性を確保するための高度な構造計算を事業化するとともに、構造計算された耐震
       性の高い木造建築を実現するための当社独自の建築システムである「SE構法」(注1)を、工務店を中心としたS
       E構法登録施工店(以下、「登録施工店」という)ネットワークを通じて提供しております。
        当社グループが創業以来取り組む木造建築の耐震化を取り巻く状況は、住宅分野では、1995年1月に発生した阪神
       淡路大震災において6,400人を超える犠牲者のうち89%が家屋の倒壊による(注2)ものであったことなどから、木
       造住宅の耐震性が問題視されております。しかしながら、建築基準法第6条の4の規定により、「2階建て以下・延
       べ面積500㎡以下・高さ13m以下・軒の高さ9m以下の木造建物」については、建築確認の審査が省略でき構造計算の
       必要がないことから、新耐震基準が導入された1981年以前に建築された住宅を中心として耐震性を有しない住宅が少
       なくない状況であります。国土交通省が2018年6月5日に公表した「国土強靭化アクションプラン2018」では、2008
       年に約79%であった住宅の耐震化率を2020年までに約95%まで引き上げることを重要業績指標としており、今後、新
       築住宅及び既存住宅の耐震性強化に向けた動きが進むものと考えております(下記『「住宅・建築物の耐震化につい
       て」中「住宅の耐震化率」出所:国土交通省』参照)。
        また、非住宅分野では、2010年10月に施行された「公共建築物等木材利用促進法」により、国や地方自治体の関与
       する公共建築物への木材利用が促進されております。病院や保育園など、住宅より規模の大きい建築物はこれまで鉄
       骨造や鉄筋コンクリート造が主流でしたが、今後は木造での建設需要が高まるとともに、それに伴う                                              SE構法を含む
       耐震性の高い建築システムに対する                 需要が高まるものと期待しております。
        このような状況の中、当社グループは創業以来20年以上に亘り木造耐震設計事業を中心とした事業を展開し、構造
       計算から部材供給、温熱計算、性能保証及び金融サポートまで一括管理することで、木造建築の耐震性の向上による
       安全性の確保と資産価値向上に寄与してまいりました。
        当社グループが営む事業の内容は、以下のとおりであります。なお、当社グループは「木造耐震設計事業」が事業
       のほとんどを占めており、新規事業等については「その他」として記載しております。
       (1)木造耐震設計事業







         施主よりSE構法による木造建築を受注した登録施工店に対して、設計段階で構造計算書を出荷するとともに、
        建設段階で構造加工品等を販売しております。また登録施工店からは登録料及び月会費を受領しております。
        当社の構造計算の特徴

         一般の木造住宅ではほとんど構造計算は実施されておりませんが、SE構法では、鉄骨造やRC造と同じ手法で
        ある許容応力度計算         (注3)    による構造計算を実施しております。構造計算においては、構造図面作成用CADと
        連動した立体解析による構造計算プログラムを使用することで、構造図と構造計算の整合性を確保する形で安全性
        を検証しております。
        当社の構造加工品供給の特徴

                                  25/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         SE構法では、構造部材として強度にばらつきのある無垢材ではなく、構造品質が高く一定の強度が保たれた構
        造用集成材(以下、「構造加工品」という)を採用しております。また、接合部には独自開発した金物(以下、
        「SE金物」という)を採用するとともに、耐力壁や床材には構造用合板を採用しております。                                            これにより高い耐
        震 性と大空間を実現させることが可能となっております。
         当社では、構造計算の際に作図される構造データを指定構造加工工場がそのまま加工データとして利用できるシ
        ステムを構築しており、正確に加工された構造加工品を供給するとともに、合わせてSE金物や構造用合板も供給
        することで、木造建築の耐震性と安全性を実現しております。
         木造耐震設計事業では、物件の規模に応じて住宅分野と大規模木造建築(非住宅)分野に区分するとともに、住

        宅分野については、工務店ネットワークを通じて展開するネットワーク展開と、持分法適用関連会社である株式会
        社MUJI    HOUSE等を通じて展開するハウスメーカー対応に分類して事業展開をしております。
        ① 住宅分野
         ・ネットワーク展開
          ネットワーク展開では、工務店を中心とする建設会社を登録施工店としてネットワーク化し、そのネットワー
         クを通じてSE構法による耐震性の確保された木造住宅の普及促進につとめております。また、全国各地の建設
         会社をネットワーク化することにより、地域性を熟知した登録施工店を通じて、地域それぞれの文化慣習と気候
         風土に合わせた機能的かつ資産性の高い住宅を提供しております。
          登録施工店は、当社が実施する講習を受講した上で、当社独自の試験に合格し資格を取得した建設会社であ
         り、各登録施工店にSE構法管理技師を配置し現場検査を実施することで、高品質で耐震性の確保された木造住
         宅が提供できる体制を構築しております。
          当社は、登録施工店向けのサービスとして、各種販促ツールの提供や勉強会での情報提供に加え、構造に関す
         る瑕疵を保証する「SE住宅性能保証」の無償提供や長期優良住宅の認定サポートを提供しております。                                                その
         他、情報誌「ネットワークSE」を定期発行しております。なお、「ネットワークSE」は4,000部を定期発行
         しており、登録施工店だけでなく、設計事務所や学識経験者に定期購読いただいております。
          2018年3月末現在の登録施工店数は514社となっておりますが、登録施工店ネットワークの継続的な拡大に向
         けて、定期的に勉強会やセミナーを通じて新規顧客の開拓につとめております。
         ・ハウスメーカー対応
          ハウスメーカー対応では、規格型住宅を販売するハウスメーカー等パートナー企業に対してSE構法をOEM
         提供しており、パートナー企業が規格型住宅を販売する際に、当社は構造計算書を出荷するとともに構造加工品
         等を販売しております。
          当社の持分法適用関連会社である株式会社MUJI                       HOUSEが企画・開発・販売を行う「無印良品の家」にはSE構
         法が標準採用されているほか、大手ハウスメーカー数社を含むパートナー企業にSE構法を提供しております。
         当社では引き続きパートナー企業の開拓につとめております。
        ② 大規模木造建築(非住宅)分野
          大規模木造建築(非住宅)分野では、延床面積500㎡以上の木造建築を対象にSE構法の提供を行っておりま
         す。
          上述のとおり、「公共建築物等木材利用促進法」の施行等により、構造計算が必要となる大規模木造建築の建
         設需要が高まることが期待されておりますが、当社では創業以来、住宅を中心に2万棟以上の構造計算実績
         (2018年3月末時点)を有しており、その中で培った木造建築の耐震設計ノウハウを大規模木造建築へ転用し、
         事業化を推進しております。
       (2)その他

         当社グループでは、木造耐震設計事業を主軸としながら「日本に資産価値のある住宅を提供する仕組みをつく
        る。」という目標を実現するため、温熱計算サービスや長期優良住宅認定の代行サービス等、住宅の資産価値向上
        に向けた様々なサービスを手がけております。
        ① 新規事業
          当社において、温熱計算サービス、長期優良住宅認定代行サービス等を提供しております。
          温熱計算サービスは、2013年に導入された「改正省エネルギー基準」により一次エネルギー(注4)の消費量
         が評価基準に加わったこと、また、2020年以降の省エネ基準適合住宅が義務化されることを見越して2010年から
         サービス提供を開始しております。SE構法による住宅だけでなく、他の工法による住宅に対してもサービス提
         供を行い、ゼロエネルギー住宅の普及に向けて取り組んでおります。
          また、長期優良住宅認定の代行サービスは、国が認定する「長期優良住宅」の認定取得に係る各種手続きをサ
         ポートする登録施工店向けのサービスとして展開しております。
                                  26/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 住宅ローン事業
          当社の連結子会社であるSE住宅ローンサービス株式会社において、SE構法による住宅専用の住宅ローンを
         代理販売しており、住宅購入者を資金面でバックアップする仕組みを整えております。
        ③ BIM事業
          当社の連結子会社である株式会社MAKE                   HOUSEにおいて、木造住宅に対して3次元CADデータ(BIM(注
         5)データ)生成技術を普及促進する事業を行っております。木造住宅の間取りやデザインに3次元CADデー
         タ(BIMデータ)を用いることにより、構造加工品などの3次元製造図の自動作成、付属する部材のリスト作
         成、施工図の自動生成など、設計から生産までのデータの一元化を実現し、資産価値の高い住宅をより安く市場
         に提供するため、BIMソリューションの開発及び販売を行っております。また、3次元CADデータは、建築
         後のメンテナンスデータとしても利用が可能であり、住宅の資産価値向上に寄与するものでもあります。
       (注1) SE構法

            SE(Safety       Engineering)構法は、従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を木造住宅
            に取り入れ、安全かつ便利に利用できるようにシステム化した当社独自の木造建築用の建築システムであ
            ります。
       (注2) 出所:兵庫県「阪神・淡路大震災の死者にかかる調査」(2005年12月22日記者発表にて)
       (注3) 許容応力度計算
            許容応力度計算とは、小規模な建築物に用いられる構造計算方法であり、建築物にかかる固定荷重や積載
            荷重に地震力などの長期荷重、及び短期荷重を想定して応力(部材等の内部に生じる抵抗力のこと)を算
            出し、それぞれの部材が応力に耐えられるかどうかを許容応力度(限界点)と比較するものです。
       (注4) 一次エネルギー
            化石燃料、原子力燃料、水力・太陽光など自然から得られるエネルギーを「一次エネルギー」、これらを
            変換・加工して得られるエネルギー(電気、灯油、都市ガス等)を「二次エネルギー」といいます。建築
            物では二次エネルギーが多く使用されており、それぞれ異なる計算単位(kWl、l、MJ等)で使用されてい
            ます。それを一次エネルギー消費量へ換算することにより、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位
            (MJ、GJ)で求めることができるようになります。一次エネルギー計算とは、建築物に導入される設備機
            器の仕様から年間の設計一次エネルギー消費量を算出することです。
       (注5) BIM
            Building     Information      Modeling(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の略称で、コン
            ピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データ
            を追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行
            うためのソリューションであります。
                                  27/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
       [ネットワーク相関図]










        以上述べた事項をネットワーク相関図によって示すと次のとおりであります                                   。
                                  28/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                             資本金      主要な事業       有割合又は
          名称           住所                              関係内容
                             (千円)      の内容       被所有割合
                                          (%)
     (連結子会社)

                                                当社登録施工店から紹介を
     SE住宅ローンサービス㈱
                                  住宅ローン事             受け、住宅ローン案件の取
                   東京都港区           30,000              100.0
     (注)1.                             業             次を行っている。
                                                役員の兼任3名。
                                                当社又は当社登録施工店に
     ㈱MAKE    HOUSE
                                                向けBIMソリューション
                   東京都港区           60,000    BIM事業          51.0
     (注)1.                                          を販売している。
                                                役員の兼任1名。
     (持分法適用関連会社)
                                                当社製品をOEM販売して
                                  木造耐震設計
     ㈱MUJI    HOUSE
                   東京都豊島区           149,000               40.0   いる。
                                  事業
                                                役員の兼任2名。
      (注) 1.特定子会社に該当しております。
          2.       有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません                                。
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
         当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業の全セ
        グメントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、従業員の状況のセグメント
        別の記載を省略しております。なお、事業所別の従業員数は次のとおりです。
                                                   2018年12月31日現在
              事業所名(所在地)

                                           従業員数(人)
                                                  77
      東京本社(東京都港区)                                                (6)
                                                  10
      大阪支店(大阪市北区)                                                (1)
                                                  87
      合計                                                (7)
      (注) 従業員数は就業人員(               当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループ
          への出向者を含む。         )であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近
          1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2018年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              85(7)            39.3              7.1           5,828,394
      (注)1.従業員数は就業人員(                 当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む。                               )であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記
           載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  29/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針
         当社グループは、「日本に安心・安全な木構造を普及させる。」「日本に資産価値のある住宅を提供する仕組み
        をつくる。」ことを目標としております。その上で、この国の木造住宅の資産価値を維持向上させることを当社グ
        ループの取り組む課題と捉え、その解決に向け次の5つのテーマを掲げております。
         ・住宅の安全性の確保(大地震発生時の安全性)
         ・住宅の耐久性の確保(経年劣化に対する対策)
         ・住宅の利用価値の確保(間取りの可変性)
         ・住宅の品質に対する第三者による証明(流通価値の確保)
         ・住宅のデザイン品質の確保(時代の変化に耐えられる普遍的デザインの追求)
         これらのテーマを当社グループのみでは解決が困難であることから、全国の住宅供給会社とのネットワークを形
        成し、その問題解決を図り、社会の仕組みとして築き上げてまいります。
       (2)経営戦略等

         当社グループは2019年3月期からの中長期的な経営指針として、「中期経営計画(2019年3月期~2021年3月
        期)」をスタートいたしました。中期経営計画においては、以下の事項を当社グループの成長戦略と位置づけ、事
        業の拡大を図ってまいります。
        ① 大規模木造建築(非住宅)分野での事業拡大
          これまでの実績とノウハウを活用し大規模木造建築の構造計算数と構造加工品出荷棟数が増加することを見込
         んでおります。そのために、大規模木造建築(非住宅)分野での生産体制の強化を図り、全国の協力構造加工工
         場を、2018年12月末現在の9拠点(北海道、栃木、千葉、神奈川、岐阜、京都、大阪、岡山、九州)から2019年
         3月末までには10拠点体制(岡山県内に2拠点目が加わる予定であります。)とする予定です。
        ② 温熱計算サービスの事業拡大
          2020年以降に予定されている省エネ計算義務化に向けて、積極的な獲得活動による市場シェアの拡大を目指し
         ています。
        ③ 住宅分野の安定的な成長
          住宅分野については、今後も安定的な成長を見込んでおります。特に提供先ハウスメーカーにおけるSE構法
         採用率の向上と、OEM提供先の増加による市場シェアの拡大を目指します。
       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループでは主な経営指標として、企業の事業活動の成果を示す営業利益を注視し、収益性の指標に営業利
        益率を掲げているほか、資本及び資産の効率性判断の指標にROE(自己資本利益率)、財務の安定性判断の指標
        に自己資本比率を掲げております。                 達成状況につきましては、月次の取締役会及び月1回以上の執行役員会等で定
        期的にモニタリングを行ってまいります。
       (4)経営環境

         当社グループが属する住宅市場においては、雇用・所得環境が改善していることに加え、政府による住宅取得支
        援策の効果もあり、ここ数年の新設住宅着工戸数は増加傾向にあったものの、低金利の環境が長く続いていること
        などにより新たな住宅購入需要の喚起が鈍化したため、2017年の持家にかかる新設住宅着工戸数は前期比2.7%減
        の28万4,283戸となりました(出所:国土交通省「建築着工統計調査報告 平成29年計」)。しかし、2011年3月
        に発生した東日本大震災や2016年4月に発生した熊本地震により、住宅の耐震性に関する意識は高まっており、当
        社の提供する耐震性の高い住宅には引き続き一定の需要があるものと考えております。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社グループにおける経営方針、経営戦略を実現するための対処すべき課題は以下のとおりであります。
        ① 既存事業の収益の拡大
          当社グループは、木造耐震設計事業を主力事業としておりますが、この事業の安定的・継続的な発展が収益基
         盤の基礎として必要であると考えております。そのためには、登録施工店ネットワークの継続的な拡大に向け
         て、工務店を中心とした新規顧客の開拓を着実に進めていくことが必要不可欠であり、人材採用・育成体制の整
         備等により、営業体制の強化を進めてまいります。今後も、登録施工店ネットワークを通じたSE構法の更なる
         普及により、既存事業の収益基盤の拡大を図ってまいります。
                                  30/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 非住宅分野での収益の拡大
          当社グループは、これまで木造住宅へのSE構法の提供を主力にしておりますが、今後は、集合住宅や病院・
         保育園等の非住宅分野への展開にも注力してまいります。特に国内における木材利用の促進政策として、2010年
         10月に「公共建築物等木材利用促進法」が施行されたことにより、国や地方自治体の関与する公共建築物への木
         材利用が促進されております。これら住宅よりも規模の大きい木造建築においては、当社グループがこれまで
         培った構造計算ノウハウ           が活用できるため、         当社グループが今後事業拡大できる分野であると考えており、受注
         活動をすすめております。今後、大規模木造建築に対応した技術開発及び研究に取り組み、非住宅分野における
         収益の拡大を図ってまいります。
        ③ 資材の調達
          当社グループが登録施工店等に販売する構造加工品の原材料は、その大半を海外から輸入しており、安定的な
         資材調達体制の構築は重要課題と位置付けております。
          当社グループとしましては、木材原産国の国策事情等により、世界的に木材資源の安定確保が難しくなってい
         ることに加え、建材市場の競争が激化するなか、複数の建材商社からの調達ルートを確保するなど、より安定的
         な資材調達体制を構築してまいります。
        ④ 人材の確保
          当社グループが今後更に事業を拡大していくためには、優秀な人材の確保と育成が必要不可欠であると考えて
         おります。特に木造構造計算や温熱計算に関わる設計・技術系スタッフの採用においては、他社との獲得競争が
         激しい状況であり、今後も安定した人材確保には厳しい状況が続くものと思われます。
          当社グループとしましては、採用における競争力の強化を図るとともに、魅力ある職場環境を構築すること
         で、当社グループの事業及び目標に共感する人材の確保に努めてまいります。
        ⑤ 内部管理体制の強化
          当社グループは、更なる事業拡大、継続的な成長を遂げるためには、確固たる内部管理体制構築を通じた業務
         の標準化と効率化の徹底を図ることが重要であると考えております。
          当社グループとしましては、内部統制の環境を適正に整備し、コーポレート・ガバナンスを充実させることに
         よって、内部管理体制の強化を図り、企業価値の最大化に努めてまいります。
        ⑥ コンプライアンス体制の強化
          当社グループは、法令、定款及び社内規程等の遵守は勿論のこと、日々の業務を適正かつ確実に遂行し、ク
         リーンで誠実な姿勢を企業行動の基本として、顧客の信頼を得ると同時に事故やトラブルを未然に防止する取り
         組みを強化してまいります。
          今後、更なる事業拡大と企業価値の向上に向けて、引き続き日常業務における関連法令の遵守を徹底し、各種
         取引の健全性の確保、情報の共有化、並びに再発防止策の策定・徹底等を行うとともに、社内啓蒙活動を実施
         し、透明性のある管理体制の構築を図ってまいります。
                                  31/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)住宅市況及び金利状況、経済情勢の変動について
         当社グループが属する住宅業界は、景気動向、金利動向、地価動向並びに住宅税制等の影響を受けやすいため、
        景気見通しの悪化や大幅な金利上昇、地価の上昇並びに住宅税制等の諸情勢に変化があった場合には、住宅購入者
        の購入意欲を減退させる可能性があります。また、人口動態及び世帯数の推移の影響も受けるため、国内における
        人口及び世帯数が減少する局面においては、国内における住宅需要の減少要因となる可能性があります。これら経
        済情勢等が変動した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)消費税等の増税について

         当社グループが属する住宅業界は、消費税率の動向によって需要が大きく左右される性格を持っており、2014年
        4月に消費税等がそれまでの5%から8%に引き上げられた際には、増税前に駆け込み需要が発生した一方、需要
        の先食いにより増税後には需要が大幅に減退いたしました。今後、2019年10月に消費税等が10%に引き上げられる
        ことが予定されており、消費税等増税前の一時的な需要の先食いは見込まれるものの、中長期的には住宅着工が低
        迷する可能性があり、その場合には、当社グループの受注が減少し、当社グループの業績及び財政状態に影響を及
        ぼす可能性があります。
       (3)法的規制等について

         当社グループの事業は、建築基準法、建設業法、建築士法及び関連する各種法令により規制を受けております。
         当社グループでは、事業継続のため、これらの法令等を含めたコンプライアンスが遵守されるよう、役職員に対
        して研修等を通じて周知徹底を図ることで、これらの適用法令等に対応できる体制を構築しており、現時点で事業
        継続に支障をきたす事項はありませんが、今後、何らかの理由により適用法令等の違反が発生した場合には、処
        罰、処分その他の制裁を受け、当社グループの社会的信用やイメージが毀損することにより、当社グループの業績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、建設業法や建築士法等をはじめ有資格者の選任・配置が義務づけられている場合については、適法に事業
        活動ができるようその確保に努めており、現時点では必要な有資格者を確保できておりますが、今後、何らかの理
        由によりそれらが十分に確保できなかった場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
         さらに、これらの適用法令等の改廃や、新たな法的規制が設けられた場合には、当社グループの業績及び財政状
        態に影響を及ぼす可能性があります。
         なお、適用法令等について、その有効期間やその他の期限が法令等により定められているものは下表のとおりで
        あります。
       許認可等の名称           許認可登録番号            有効期間           関係法令         許認可等の取消事由
                 東京都知事登録           2015年7月8日~
     一級建築士事務所                                 建築士法           同法第26条
                 第53779号           2020年7月7日
                 国土交通大臣許可           2015年7月9日~
     特定建設業許可                                 建設業法           同法第29条
                 (特22)第23620号           2020年7月8日
                 東京都知事(1)           2018年7月8日~
     宅地建物取引業免許                                 宅地建物取引業法           同法第66条
                 第101790号           2023年3月23日
       (4)国や地方自治体の施策による影響について

         当社グループの事業に関連する国の施策として、2010年10月に「公共建築物等木材利用促進法」が施行され、公
        共建築物における木材利用が推進されており、今後住宅だけでなく公共建築物における木材利用や構造設計に関す
        る市場が拡大することが予想されます。
         また、2013年12月に「国土強靭化基本法」が施行され、2014年6月には「国土強靭化基本計画」が閣議決定され
        ました。さらに、取り組むべき具体的な個別施策等を示した「国土強靭化アクションプラン」が策定され、国土強
        靭化の取り組みは本格的な実行段階にあります。2018年6月5日に公表された「国土強靭化アクションプラン
        2018」では、2008年に約79%であった住宅の耐震化率を2020年までに約95%まで引き上げることが重要業績指標と
        されており、今後当社グループが提供する耐震性の高いSE構法に対するニーズが増加していくことが予想されま
        す 。
         しかしながら、今後において、これらの施策が変更された場合には、市場の成長が鈍化し、当社グループの業績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  32/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)原材料価格の変動について
         当社グループでは、SE構法の材料として、集成材、木材及び合板を使用しております。集成材、木材及び合板
        は、主に国内のメーカーから調達していますが、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課
        題等 (5)事業上及び財務上の対処すべき課題 ③ 資材の調達」に記載のとおり、それらの主原料となる木材の
        多くは輸入に頼っており、原産国や国際的な木材相場、為替相場が変動することにより、流通価格が変化します。
        また、国内産の木材においても、伐採量、消費量の変化によって相場が変動することにより、流通価格が変化しま
        す。これらの事象が生じた場合、販売価格への転嫁により適切な利益を確保するよう努めますが、急激な原材料価
        格の上昇等により、販売価格への転嫁がタイムリーに行えない場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能
        性があります。
       (6)競合について

         当社グループが事業を展開する住宅業界においては、大手企業を含む事業者が多数存在し、これら事業者との競
        合が生じております。当社グループは、工務店を中心とした登録施工店ネットワークを通じて、当社が独自に開発
        した木造建築用の建築システムであるSE構法を提供しております。SE構法では、構造計算から構造加工品の供
        給・温熱計算・施工・検査・性能保証等まで一括管理することにより、木造建築の耐震性等において他社に対する
        優位性を確保していると考えておりますが、同業他社においては、当社と比較して、資本力、営業力及びブランド
        力等に優れる企業が多く、これら企業との競合の結果、当社グループが想定どおりの事業拡大を図れない場合に
        は、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)構造加工工場への依存について

         当社グループが提供するSE構法では、構造加工工場で加工した構造加工品を利用するため、加工能力、工期、
        コスト及び品質等を勘案し、一定の技術を有する全国の構造加工工場へ原材料(集成材)の加工を委託しておりま
        すが、構造加工工場の予期せぬ業績不振や事故等により事業を継続できなくなるなどの不測の事態が発生した場合
        は、構造加工品の提供遅延等によりお客様及び登録施工店等への損害賠償等が発生する可能性があり、その場合に
        は、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)物件着工時期の遅れによる業績への影響について

         当社グループの木造耐震設計事業においては、大半の売上が構造加工品の納品時に売上計上されますが、天災地
        変、事故、その他予期し得ない要因により、物件の着工遅延等の不測の事態が発生した場合、当社グループの業績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)システムについて

         当社グループでは、建築図面のデータ入力や構造計算、温熱計算並びに構造加工工場との連携など、事業の基幹
        となる部分に各種システムを活用しております。当社グループでは、今後とも業務の効率化による生産性向上等に
        向けて、新しいシステムを自社開発又は他社への委託、もしくは他社からのシステム購入等により確保していく方
        針でありますが、新システムの開発、購入等には多額の費用が必要となる可能性があり、その結果、当社グループ
        の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループは、システムの冗長化及びデータベースのバックアップを行っておりますが、当該システム
        の障害、大規模広域災害、もしくはコンピュータウイルス等によるデータベースへの影響又はシステムサービスの
        中断等により、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)構造設計及び品質保証等について

         当社グループが提供するSE構法による建物については、すべての建物について構造計算を行っておりますが、
        構造等に関する法改正が行われた場合や、何らかの理由により構造計算書の偽装等、建物の構造に係わる問題が発
        生した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、SE構法による住宅については、当社独自のSE住宅性能保証による長期保証システムを提供し、耐震性
        及び品質管理に万全を期しておりますが、長期にわたるサポート期間の中で、予期せぬ事情により重大な品質問題
        が発生した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)特定人物への依存及び人材確保に係るリスクについて

         当社グループでは、事業拡大に伴い優秀な人材の確保とその育成は重要な課題となっており、人材採用と人材育
        成に関する各種施策を継続的に講じております。しかしながら、十分な人材確保が困難になった場合や、人材が外
        部に流出した場合には、当社グループの今後の事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
         また当社では、代表取締役社長執行役員                    である田鎖郁夫       の木材業界及び住宅業界並びに建築業界における長年の
        経験と豊富な知見に依存している面があります。このため当社グループでは、特定の人物に過度に依存しない体制
        を構築すべく経営組織及び各部門の専門的なスキルを有するスタッフの強化を図っておりますが、これらの役職員
                                  33/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        が何らかの理由で退任、退職し、後任者の採用が困難になった場合には、当社グループの業績及び今後の事業展開
        に影響を及ぼす可能性があります。
      (12)訴訟等の可能性について

         当社グループは、事業展開において建築基準法、建設業法、建築士法及び関連する各種法令を遵守し、事業活動
        を推進しておりますが、お客様又は登録施工店との認識の齟齬その他に起因して、クレーム・トラブル等が発生す
        る可能性があります。当社グループにおいては、弁護士等の関与の下、必要な協議・対応・手続を行っており、現
        在、重大な訴訟事件等は生じておりません。
         しかしながら、今後において、これらクレーム・トラブル等に起因して重大な訴訟等が提起された場合には、当
        社グループに対するお客様からの信頼低下、並びに損害賠償請求訴訟の提起等により、当社グループの業績及び財
        政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (13)個人情報等の漏洩等について

         当社グループは、営業活動に伴い個人情報を取り扱う場合があり、慎重な対応と厳格な情報管理の徹底が求めら
        れております。当社グループは、これらの重要な情報の漏洩、紛失、誤用、改ざん等を防止するため、システムを
        含めて情報管理に対して適切なセキュリティ対策を実施しております。しかしながら、これらの対策にもかかわら
        ず重要な情報が外部に漏洩した場合には、当社グループの社会的信用等に影響を与え、その対応のための多額の費
        用負担やブランド価値の低下により当社グループの業績及び今後の事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
      (14)知的財産権について

         当社グループは、当社グループの提供するサービスの基礎をなす技術について特許権を出願し取得するととも
        に、各種の商標を登録しております。しかし、現時点で権利取得に至っていない権利について、今後これらの権利
        を取得できるという確実性はありません。また、特許申請の必要性について社内検討し、弁護士や弁理士と連携の
        上、速やかに特許申請を行う方針ですが、特許申請をしない方が競争優位に立てると判断した場合は特許申請を行
        わない場合もあります。慎重に判断を行い権利保護に努めておりますが、他社による模倣を効果的に防ぐことがで
        きない可能性もあります。一方で、当社グループの事業分野において、国内外の各種事業者等が特許その他の知的
        財産権を取得した場合、その内容次第では、当社グループに対する訴訟やクレーム等が発生し、当社グループの事
        業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループでは、第三者に対する知的財産権を侵害するこ
        とがないよう慎重に事業活動を行っておりますが、当社グループの事業分野における知的財産権の現状を完全に把
        握することは困難であり、万一当社グループが第三者の知的財産権を侵害した場合には、損害賠償又は使用差止め
        などの請求を受ける可能性があります。これらの事態が発生した場合、当社グループの業績及び今後の事業展開に
        影響を及ぼす可能性があります。
      (15)ソフトウエアの資産計上に伴う費用化についての影響

         当社グループは、「研究開発費等に係る会計基準」(企業会計審議会 平成10年3月13日)に従い、自社利用の
        ソフトウエアについて、適切に資産計上及び減価償却を行っております。しかしながら、各事業の事業収益が悪化
        した場合には、減損会計の適用による減損処理が必要となる場合があり、当社グループの業績及び財政状態に影響
        を及ぼす可能性があります。
      (16)新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

         当社グループは、従業員に対するインセンティブを目的に、2016年2月18日開催臨時株主総会決議に基づき新株
        予約権を付与しております。これら新株予約権が行使された場合、当社の株式が新たに発行され、既存の株主が有
        する株式の価値及び議決権の割合が希薄化する可能性があります。本書提出日現在におけるこれらの新株予約権に
        よる潜在株式数は40,500株であり、発行済株式総数2,509,000株の1.61%に相当しております。
      (17)   事業投資及び子会社株式の評価に係るリスク

         当社グループでは、グループシナジーのある事業への投資を今後も継続してまいりますが、投資先企業の業績が
        悪化し子会社株式、投資有価証券について減損損失の適用対象となった場合には、これら資産の評価切り下げによ
        り損失が発生し、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  34/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
        ① 経営成績の状況
         第23期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          当連結会計年度のわが国経済は、アジア新興国等の景気減速の影響を受け、期の途中から輸出等一部に弱い動
         きがみられたものの、景気は総じて緩やかな回復基調にありました。住宅業界においては、雇用・所得環境が改
         善したことに加え、政府による住宅取得支援策の効果もあり、2017年の持家にかかる新設住宅着工戸数は前期比
         2.7%減の28万4,283戸となりました(出所:国土交通省「建築着工統計調査報告 平成29年計」)。また、2016
         年4月、熊本地震が発生し、特に木造家屋の被害が社会問題となり、木造住宅の耐震化は大きな関心を集めるこ
         ととなりました。
          当社グループはこのような経営環境のなか、登録施工店とともに木造住宅では義務化されていない高度な構造
         計算により安全性を確保した「耐震構法SE構法」による構造加工品の販売を積極的に推進しました。広報活動
         といたしましては、15年目を迎える「重量木骨の家」(注)において、富裕層への訴求と重量木骨ブランド形成
         のために雑誌「モダンリビング」の別冊として重量木骨の家の各パートナーの物件を特集した雑誌「ML                                                Welcome
         (エムエルウェルカム)」を発刊し販売数も順調に推移しております。その結果、構造計算棟数1,620棟、SE
         構法出荷棟数1,577棟という結果となりました。
          また、現在の住宅施策において、住宅に使われるエネルギーを減らす「ゼロエネルギー住宅」が推奨されてお
         ります。当社グループは登録施工店が受注する新設住宅の一次エネルギー消費量を計算するサービスの営業活動
         を本格的にスタートさせました。その結果、一次エネルギー消費量計算の出荷件数は3,628棟となり、大幅に実
         績を伸ばすことができました。
          当連結会計年度の業績は、売上高6,083百万円(前年同期比3.2%増)、売上総利益1,338百万円(同7.8%
         増)、営業利益184百万円(同47.7%増)、経常利益229百万円(同40.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利
         益169百万円(同34.4%増)となり、この結果、連結ベースの営業利益率は3.0%(前年同期比0.9ポイント増
         加)、ROEは17.8%(前期比2.5ポイント増加)となりました。
         (注) 重量木骨の家
             重量木骨の家とは、         SE構法を使用した住宅ブランドです。                   地域の気候や環境を熟知した地域密着の工
             務店・住宅会社に設計・施工を依頼するメリットと、第三者機関による現場検査、完成保証、長期優良
             住宅認定等の性能・品質・保証を併せ持つ家です。
          なお、当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事

         業の全セグメントに占める割合が高く、その他の事業の重要性が乏しいため、セグメント別の記載を省略してお
         ります。
         第24期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          当第3四半期       連結累計期間      におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善が続く中、政府の各種政
         策の効果もあり、景気は緩やかな回復基調で推移しました。しかしながら、海外経済の不確実性や金融資本市場
         の変動等の影響により、その先行きは依然として不透明な状況にあります。                                   住宅業界においては、雇用・所得環
         境が改善したことに加え、低水準の住宅ローン金利や政府による継続的な住宅取得支援策等の効果で、当第3四
         半期  連結累計期間      における新設住宅着工戸数は堅調に推移しました。
          当第3四半期      連結累計期間の主な活動としては、今後注力していく集合住宅や病院・保育園等の非住宅分野で

         の事業展開に向けて、2018年4月に大規模木造建築セミナーを開催いたしました。また                                        、現在の住宅施策におい
         て、住宅に使われるエネルギーを減らす「ゼロエネルギー住宅」が推奨されており、当社グループはその基本と
         なる住宅の一次エネルギー消費量を計算するサービスを前期より本格的にスタートさせております。
          これらの結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は4,880百万円となりました。利益につきまして
         は、経常利益254百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益190百万円となり、                                     連結ベースの営業利益率は
         4.7%、ROEは17.5%となりました。
                                  35/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 財政状態の状況
         第23期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          当連結会計年度末における当社グループの総資産は3,738百万円となり、前連結会計年度末に比べ316百万円増
         加いたしました。これは主に、現金及び預金の増加132百万円、売掛金の増加98百万円及び投資有価証券の増加
         37百万円によるものです。
          当連結会計年度末における負債合計は2,692百万円となり、前連結会計年度末に比べ168百万円増加いたしまし
         た。これは主に、買掛金の増加23百万円、未払法人税等の増加36百万円及び預り保証金の増加48百万円によるも
         のです。
          当連結会計年度末における純資産合計は1,045百万円となり、前連結会計年度末に比べ147百万円増加いたしま
         した。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益169百万円等を計上したことによる利益剰余金の増加144百
         万円によるものです。
          この結果、連結ベースの自己資本比率27.5%(前年同期比1.8ポイント増加)となりました。
         第24期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          当第3四半期連結会計期間末における資産合計は4,192                         百万  円となり、前連結会計年度末に比べ454                  百万  増加い
         たしました。これは主に現金及び預金が349                    百万  円、有償支給未収入金が90            百万  円、商品が6      百万  円、無形固定資
         産が76   百万  円それぞれ増加する一方、売掛金が72                  百万  円減少したこと等によるものです。
          当第3四半期連結会計期間末における                  負債合計は3,021百万円となり、前連結会計年度末に比べ329百万円増加
         いたしました。これは主に買掛金312百万円増加したことによるものです。
          当第3四半期連結会計期間末における                  純資産合計は1,171百万円となり、前連結会計年度末に比べ125百万円増
         加いたしました。これは主に             親会社株主に帰属する四半期純利益190百万円等を計上したことによる                                利益剰余金
         135百万円増加したことに等によるものです。
          この結果、連結ベースの自己資本比率27.6%となりました。
        ③ キャッシュ・フローの状況

         第23期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、営業活動及び構造計算システム開
         発による投資活動、並びに財務活動を行った結果、前連結会計年度末に比べ132百万円増加し1,810百万円となり
         ました。
         [営業活動によるキャッシュ・フロー]
          営業活動で得られた資金は、229百万円(前年同期は3百万円の収入)となりました。これは主に、税金等調
         整前当期純利益227百万円、減価償却費51百万円によるものであります。
         [投資活動によるキャッシュ・フロー]
          投資活動の結果使用した資金は、71百万円(前年同期は31百万円の支出)となりました。これは主に、構造計
         算システムに係るソフトウエア等無形固定資産の取得による支出60百万円によるものであります。
         [財務活動によるキャッシュ・フロー]
          財務活動の結果使用した資金は、25百万円(前年同期は25百万円の支出)となりました。これは配当金の支払
         額25百万円によるものであります。
                                  36/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業の
          全セグメントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、生産実績のセグメ
          ント別の記載を省略しております。
           なお、当社グループにおける生産は、構造計算、一次エネルギー消費量計算等であり、第23期連結会計年度
          及び第24期第3四半期連結累計期間の実績は次のとおりであります。
                                                 第24期第3四半期
                     第23期連結会計年度
                                                  連結累計期間
                    (自 2017年4月1日
                                   前年同期比(%)
                                                (自 2018年4月1日
                     至 2018年3月31日)
                                                 至 2018年12月31日)
      生産実績(千円)
                         236,629                  95.3            187,988
      (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         b.受注実績

           当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業の
          全セグメントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、受注実績のセグメ
          ント別の記載を省略しております。
           なお、当社グループにおける第23期連結会計年度及び第24期第3四半期連結累計期間の受注実績は、次のと
          おりであります。
                                                第24期第3四半期
                        第23期連結会計年度
                                                 連結累計期間
                       (自 2017年4月1日
                                               (自 2018年4月1日
                        至 2018年3月31日)
                                                至 2018年12月31日)
                                      前年同期比
               受注高       前年同期比        受注残高                受注高       受注残高
                                       (%)
               (千円)        (%)       (千円)                (千円)        (千円)
      受注実績         6,006,165         100.9        682,472          98.5    5,121,048         979,563
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         c.販売実績

           当社グループにおける第23期連結会計年度及び第24期第3四半期連結累計期間の販売実績は、次のとおりで
          あります。
                                                  第24期第3四半期
                           第23期連結会計年度
                                                   連結累計期間
                          (自 2017年4月1日
                                       前年同期比(%)
                                                 (自 2018年4月1日
                           至 2018年3月31日)
                                                  至 2018年12月31日)
     木造耐震設計事業(住宅分野)(千円)                           5,553,252            104.6          4,355,958
     木造耐震設計事業(非住宅分野)(千円)                            248,202            84.1           304,318

     その他(千円)                            281,781            97.5           220,433

            合計(千円)                    6,083,236            103.2          4,880,711

      (注)1.最近2連結会計年度及び第24期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
           売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                                 第24期第3四半期
                    第22期連結会計年度              第23期連結会計年度
                                                  連結累計期間
                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                                (自 2018年4月1日
                    至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
         相手先
                                                 至 2018年12月31日)
                  金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)

      ㈱アールシーコア             1,121,976          19.0     1,202,686          19.8      823,914         16.9

      ㈱MUJI    HOUSE
                    895,471         15.2     1,152,328          18.9      898,762         18.4
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  37/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
         当社グループに関する財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析・検討内容は、原則として連結
        財務諸表に基づいて分析した内容であります。文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したもの
        であります。
        ① 重要な会計方針及び見積り
          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ております。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに
         開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りについて過去の実績や現状等を勘
         案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性があるため、これらの見積りとは異な
         る場合があります。
        ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a 財政状態
           財政状態の概況につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
          シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② 財政状態の状況」に記載しております。
         b 経営成績

           経営成績の概況につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
          シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ① 経営成績の状況」に記載しております。
         c キャッシュ・フローの状況

           キャッシュ・フローの概況につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及
          びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③ キャッシュ・フローの状況」に記載
          しております。
         d 資本の財源及び資金の流動性

           当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定
          的に確保することを基本方針としております。運転資金需要のうち主なものは、売上原価に係るもののほか、
          販売費及び一般管理費等の営業費用であります。運転資金は自己資金を基本としており、金融機関からの借入
          は行っておりません。
        ③ 経営成績に重要な影響を与える要因について

          経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2.事業等のリスク」に記載のと
         おりであります。また、今後の経営成績に影響を与える課題につきましては、「第2 事業の状況 1 経営方
         針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、事業環境、法的規制等、様々なリスク要因が当社グルー
         プの経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。そのため、当社は常に市場動向に留意し
         つつ、内部管理体制の強化や、人材の確保と育成等に力を入れ、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分
         散・低減し、適切な対応に努めてまいります。
        ④ 経営者の問題意識と今後の方針について

          経営者の問題意識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課
         題等」に記載のとおりでありますが、今後収益を拡大するためには、既存の事業の更なる拡大、新たなシステム
         及びサービスの開発、事業規模の拡大に合わせた人材の確保等が必要であると認識しており、これらの課題に対
         して最善の事業戦略を立案するよう、努めてまいります。
                                  38/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【経営上の重要な契約等】
       (1)構造加工(プレカット加工)委託契約
      相手方の名称          契約名称        契約締結日             契約内容               契約期間
                               当社が知的財産権を有するSE構法                   2003年10月26日から
     ㈱タツミ        売買取引基本契約         2003年10月26日        用金物の資材供給及び加工委託、完                   2004年10月25日まで
                               成品の買取に関する契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   1997年12月25日から
              プレカット加工契
     セブン工業㈱                  1997年12月25日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2002年12月24日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   1996年4月1日から
              プレカット加工契
     ㈱カナモク                  1996年4月1日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   1997年3月31日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2000年7月19日から
              プレカット加工契
     ㈱岡本銘木店                  2000年7月19日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2001年7月18日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2004年12月1日から
              プレカット加工契
     マルコマ㈱
                       2004年12月1日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2005年11月30日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2003年3月31日から
              プレカット加工契
     ㈱大三商行                  2003年3月31日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2004年3月30日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2009年8月3日から
     ランバー宮崎協        プレカット加工契
                       2009年8月3日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2010年8月2日まで
     同組合        約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2017年3月1日から
              プレカット加工契
     院庄林業㈱
                       2017年3月1日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2022年2月28日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2017年9月1日から
              プレカット加工契
     物林㈱
                       2017年9月1日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2022年8月31日まで
              約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
                               SE構法によるプレカット資材供給                   2018年4月1日から
              プレカット取引基
     銘建工業㈱
                       2018年4月1日        及び加工委託、完成品の買取に関す                   2023年3月31日まで
              本契約書
                               る契約                 以後1年ごとの自動更新
       (2)資材仕入に係る取引基本契約

      相手方の名称          契約名称        契約締結日             契約内容               契約期間
                                                  2005年12月1日から
                               相互の商品売買取引に関する基本契
     双日建材㈱
              売買取引基本契約         2005年12月26日                           2006年11月30日まで
                               約
                                                 以後1年ごとの自動更新
     住友林業㈱
              商取引基本契約         2003年12月15日        相互の商取引に関する基本契約                   契約期間の定めなし
                                                  2009年6月1日から
                               相互の商品売買取引に関する基本契
     ㈱ダイロック        売買取引基本契約         2009年6月1日                           2010年5月31日まで
                               約
                                                 以後1年ごとの自動更新
                                  39/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【研究開発活動】
        当社グループにおける主たる研究開発部門は、当社技術開発部であり、「SE構法」における安全な商品提供を目
       指すため、構造計算ソフトウエア開発、製造用機械及びプログラム開発、金物等の接合部の開発等、木造の構造に関
       する研究開発を手がけております。当社グループにとって研究開発活動は、事業継続と発展に対して重要なものであ
       ると認識しており、今後も市場性を把握し、経営状況とのバランスに留意しながら積極的に研究開発を行っていく考
       えであります。
       第23期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

        当連結会計年度における研究開発活動の概況と成果は次のとおりであり、研究開発費総額は76百万円です。なお、
       当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業の全セグメ
       ントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、研究開発活動の概要と成果は、研
       究開発の項目別に記載しております。
       (1)SE構法Ver.3に向けての接合部開発及びソフト開発(開発完了目標時期:2019年3月)
         新技術による金物による接合部によるフレーム実験及び接合部の評価実験を完了し、実際に運用するためにCA
        Dソフトを開発しております。
       (2)木造住宅用BIMの開発

         主にビルや大規模建築物の設計に使われているBIMについて、株式会社MAKE                                      HOUSEにて、SE構法を活用した
        木造住宅用にカスタマイズする研究開発を行っております。
       第24期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の概況と成果は次のとおりであり、研究開発費総額は63百万円で
       す。なお、当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業
       の全セグメントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、研究開発活動の概要と
       成果は、研究開発の項目別に記載しております。
       (1)SE構法Ver.3に向けての接合部開発及びソフト開発(開発完了目標時期:2019年3月)
         新技術による金物による接合部によるフレーム実験及び接合部の評価実験を完了し、実際に運用するためにCA
        Dソフトを開発しております。
       (2)木造住宅用BIMの開発

         主にビルや大規模建築物の設計に使われているBIMについて、株式会社MAKE                                      HOUSEにて、SE構法を活用した
        木造住宅用にカスタマイズする研究開発を行っております。
                                  40/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第23期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        当社グループでは、CADソフトウエア開発等を中心に60,046千円の設備投資を行いました。
        なお、当連結会計年度の重要な設備の除却又は売却はありません。
       第24期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        当社グループでは、基幹業務システム等を中心に111,510千円の設備投資を行いました。
        なお、当第3四半期連結累計期間の重要な設備の除却又は売却はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業の全セグ
       メントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、主要な設備の状況のセグメント
       別の記載を省略しております。
       (1)提出会社
                                                   2018年3月31日現在
                                        帳簿価額

       事業所名                                                従業員数
                              建物及び構      工具、器具
                   設備の内容
       (所在地)                                   ソフトウエ        合計      (人)
                              築物      及び備品
                                          ア (千円)      (千円)
                               (千円)      (千円)
     東京本社
               事務所設備、設計ソフトウエ
                                10,827      25,056      104,227      140,111       71(5)
     (東京都港区)
               ア、温熱計算ソフトウエア
     大阪支店
                                  749      879      785     2,414      10(1)
               事務所設備、設計ソフトウエア
     (大阪市北区)
      (注)1.現在、休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.従業員数は就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む)であり、臨時雇用
           者数(パートタイマー、アルバイト等を含む)は、年間の平均人員を(外書)で記載しております。
       (2)国内子会社

                                                   2018年3月31日現在
                                        帳簿価額

              事業所名                                         従業員数
                              建物及び構      工具、器具
       会社名               設備の内容
              (所在地)                             ソフトウエ        合計      (人)
                              築物      及び備品
                                          ア (千円)      (千円)
                               (千円)      (千円)
             本社
                     事務所備品、BI
     ㈱MAKE    HOUSE                         -      642     1,039      1,681        1
             (東京都港区)
                     Mソフトウエア
      (注)1.現在、休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.従業員数は就業人員であります。臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト等を含む)はいないため、記載
           しておりません。
                                  41/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (2018年12月31日現在)
        当社グループの事業セグメントは、木造耐震設計事業及びその他の事業でありますが、木造耐震設計事業の全セグ
       メントに占める割合が高く、その他の事業は開示情報としての重要性が乏しいため、設備の新設、除却等の計画につ
       いてセグメント別の記載を省略しております。
       (1)重要な設備の新設
                          投資予定金額                  着手及び完了予定
        事業所名
                                    資金調達方                   完成後の増
                 設備の内容
       (所在地)
                         総額     既支払額      法                   加能力
                                            着手      完了
                        (千円)      (千円)
                基幹業務システ
                         454,400
                                83,836          2018年6月      2020年6月
     東京本社等                               自己資金
                ム
     (東京都港区等)                                 及び                 (注2)
                次世代構造設計
                                     増資資金
                         127,000
                                 9,757          2018年5月      2021年3月
                システム
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  42/125















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        8,000,000

                  計                             8,000,000

      (注) 2018年11月15日開催の取締役会決議により、2018年12月4日付で株式分割に伴う定款の変更を行い、発行可能
          株式総数は7,920,000株増加し、8,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                            上場金融商品取引所名又は登
         種類         発行数(株)                                内容
                            録認可金融商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利関係に何
                                           ら限定のない当社における標準となる
      普通株式             2,509,000          非上場
                                           株式であり、単元株式数は100株であ
                                           ります。
          計         2,509,000                -                -
      (注)1.2018年11月15日開催の取締役会決議により、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式分割を
           行っております。これにより発行済株式総数は2,483,910株増加し、2,509,000株となっております。
         2.2018年11月26日開催の臨時株主総会決議により、2018年12月4日付で1単元を100株とする単元株制度を採
           用しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
      決議年月日                             2016年2月18日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員53

      新株予約権の数(個)※                             405

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 405[40,500](注)5、7

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             23,469[235](注)6、7

      新株予約権の行使期間※                             自 2018年3月1日 至 2026年1月31日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   23,469[235]
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  11,735[118](注)7
      新株予約権の行使の条件※                             (注)2
      新株予約権の譲渡に関する事項※                             (注)3

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)4

      ※ 最近事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2019年1月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
        載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日は1株、提出日の前月末現在は100株であ

           ります。
         2.新株予約権の行使の条件
          ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は当
            社の子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期
            満了により退任または定年退職した場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合にはこの限
            りではない。
          ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。
          ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
                                  43/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要するものとする。
         4.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
           上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
           存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
           社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
           権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
           編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
           約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株
           式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
             の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記(2)に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、前記(2)で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当
             該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             前記(2)に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅
             い日から、前記(2)に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
           ⑥ 新株予約権の行使の条件
             前記(2)に準じて決定する。
           ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             前記(2)に準じて決定する。
           ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨ 新株予約権の取得事由
             前記(2)に準じて決定する。
         5.当社が株式分割(株式無償割当含む)または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調
           整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約
           権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
           る。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         6.当社が株式分割(株式無償割当含む)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1円
           未満の端数は切り上げる。
                                 1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
         7.2018年11月15日開催の取締役会決議により、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式分割を
           行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時
           の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整
           されております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  44/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
       2015年12月31日
                      445      2,445       22,250       122,250          -      8,220
        (注)1
       2016年2月27日
                    22,005       24,450         -     122,250          -      8,220
        (注)2
       2016年3月4日
                      640      25,090       15,020       137,270          -      8,220
        (注)3
       2018年12月4日
                   2,483,910       2,509,000           -     137,270          -      8,220
        (注)4
      (注)1.新株予約権(ストックオプション)の行使による増加であります。
         2.株式分割(1:10)によるものであります。
         3.有償第三者割当増資 640株
           割当先 山河和博、飯島靖、松延隆行、中川勝人、福田浩史
           発行価格  23,469円
           資本組入額 23,469円
         4.株式分割(1:100)によるものであります。
       (4)【所有者別状況】

                                                   2018年12月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
                                                       株式の状
            政府及び
       区分                             外国法人等
                       金融商品     その他の
                                                       況
            地方公共      金融機関                          個人その他        計
                       取引業者     法人
                                                        (株)
                                  個人以外      個人
            団体
     株主数
              -     -     -        2   -     -       31      33    -
     (人)
     所有株式数
              -     -     -      8,600     -     -     16,490      25,090      -
     (単元)
     所有株式数
     の割合         -     -     -      34.28     -     -      65.72       100    -
     (%)
       (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容

      無議決権株式                           -          -         -

      議決権制限株式(自己株式等)                           -          -         -

      議決権制限株式(その他)                           -          -         -

      完全議決権株式(自己株式等)                           -          -         -

                                             権利関係に何ら限定のない当社に
      完全議決権株式(その他)                  普通株式 2,509,000                 25,090    おける標準となる株式であり、単
                                             元株式数は100株であります。
      単元未満株式                           -          -         -
      発行済株式総数                       2,509,000              -         -

      総株主の議決権                           -        25,090           -

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                  45/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は株主の皆様に対しての利益還元を経営の重要な課題として位置付けております。配当につきましては、事業
       計画や事業規模の拡大(成長・発展に必要な研究開発ならびに設備投資用資金を含む)に向けた内部留保資金の充実
       を図りながら、各期の連結ベースの利益水準及びキャッシュ・フローの状況を勘案し、継続的かつ安定的に実施する
       ことを基本的な方針としております。
        また、当社は期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる旨を定款に定
       めております。また、剰余金の配当基準日は、期末配当は3月31日、中間配当は9月30日の年2回のほか、基準日を
       定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。
        内部留保資金につきましては、事業拡大を目的とした中長期的な事業原資として利用していく予定であります。
        第23期事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき期末配当として、1株につき2,200円としております。
        なお、第23期事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)
     2018年6月16日
                                      55,198                   2,200
     定時株主総会決議
      (注) 2018年11月15日開催の取締役会決議により、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っ
          ております。当該株式分割が第23期の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり配当額は22円であります。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  46/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 9名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1951年1月 合名会社丸七白川口製作所(現合名
                                     会社丸七)入社
                                1961年2月 丸七白川口市売木材株式会社(1976
                                     年6月丸七住研工業株式会式に商号
                                     変更)取締役就任
                                1976年6月 丸七住研工業株式会社(現セブン工
                                     業株式会社)専務取締役就任
                                1984年3月 同社 代表取締役社長就任
                                1987年6月 美濃加茂都市開発株式会社監査役就
                                     任
                                1987年12月 白川観光開発株式会社取締役就任
                                1988年5月 株式会社カナモク 代表取締役社長
                                     就任
     取締役会長             杉山 恒夫      1932年3月12日生
             -                                      (注)6       410
                                1990年9月 同社 取締役会長就任
                                1996年12月 当社設立 代表取締役社長就任
                                1997年6月 美濃加茂都市開発株式会社取締役就
                                     任
                                1998年6月 セブン工業株式会社取締役相談役就
                                     任
                                1999年4月 同社 名誉相談役就任
                                2000年1月 株式会社シティホテル美濃加茂代表
                                     取締役就任(現任)
                                2003年6月 白川観光開発株式会社代表取締役就
                                     任(現任)
                                2006年6月 当社 代表取締役会長就任
                                2013年6月 当社 取締役会長就任(現任)
                                  47/125












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1989年4月 日商岩井株式会社(現双日株式会
                                     社)入社
                                1996年12月 当社設立(出向)
                                1999年2月 当社 取締役就任
                                2000年6月 当社 代表取締役常務就任
                                2001年6月 株式会社カナモク 取締役就任
                                2004年1月 日本ユーソニアン21株式会社(現日
                                     本オーガニックアーキテクチャー株
                                     式会社)取締役就任
                                2004年2月 ムジ・ネット株式会社(現株式会社
                                     MUJI  HOUSE)取締役就任
                                2006年6月 当社 代表取締役社長執行役員就任
                                     (現任)
                                2007年8月 フォレストホーム株式会社 監査役
                                     就任
     代表取締役
                                2009年4月 ムジ・ネット株式会社(現株式会社
     社長執行        -     田鎖 郁夫      1965年10月9日生                           (注)6       578
                                     MUJI  HOUSE)専務取締役就任(現
     役員
                                     任)
                                2012年3月 SE住宅ローンサービス株式会社取
                                     締役就任
                                2013年6月 株式会社エヌ・ディ・エヌ取締役就
                                     任
                                2016年5月 一般社団法人木のいえ一番振興協会
                                     理事就任(現一般社団法人木のいえ
                                     一番協会理事)(非常勤)(現任)
                                2016年6月 一般社団法人日本CLT協会理事就
                                     任(非常勤)(現任)
                                2016年8月 株式会社一宮リアライズ 取締役就
                                     任(現任)
                                2017年9月 一般社団法人耐震住宅100パーセン
                                     ト実行委員会代表理事就任(非常
                                     勤)(現任)
                                1992年4月 藤木海運株式会社入社
                                1995年1月 株式会社幸三建設入社
                                1996年8月 日商岩井株式会社(現双日株式会
                                     社)名古屋支社入社
                                1999年3月 当社入社
                                2001年10月 当社 取締役就任
     専務取締役
           耐震構法
     専務執行             杉山 義久      1967年2月18日生        2006年6月 当社 常務取締役就任                    (注)6       199
           部門長
     役員                           2009年6月 当社 専務取締役就任
                                2013年6月 SE住宅ローンサービス株式会社取
                                     締役就任(現任)
                                2013年6月 当社 常務取締役就任
                                2017年6月 当社 専務取締役専務執行役員就任
                                     (現任)
                                  48/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1988年4月 一般社団法人全国農協観光協会入社
                                1990年8月 富山会計事務所(現税理士法人浜松
                                     タックスサポート)入所
                                1992年6月 日本ビニロン株式会社入社
                                1994年2月 株式会社オーエムソーラー協会(現
                                     OMソーラー株式会社)入社
                                2001年7月 同社取締役財務本部長兼経営企画本
                                     部長就任
                                2001年8月 奥陽科技発展(上海)有限公司監査
                                     役就任
                                2001年11月 大連奥邦太陽能新技術有限公司監査
                                     役就任
                                2002年7月 オーエム住宅建設基金株式会社取締
                                     役就任
                                2002年12月 OM出版株式会社 監査役就任
                                2004年6月 株式会社オーエム研究所監査役就任
                                2004年9月 オーエム研究センター株式会社監査
                                     役就任
                                2005年6月 オーエム計画株式会社(現オーエム
     常務取締役
           新規事業
                                     ソーラー株式会社)代表取締役社長
     常務執行             山河 和博      1966年11月1日生
                                                   (注)6       90
           部門長
                                     就任
     役員
                                2007年2月 当社入社
                                2007年6月 当社 取締役管理本部長・長期優良
                                     住宅支援室担当就任
                                2007年8月 株式会社日本住宅構造製作所監査役
                                     就任
                                2008年11月 オリエントパートナーズ株式会社取
                                     締役就任
                                2009年1月 ベネフィット・パートナーズ株式会
                                     社 代表取締役就任
                                2010年7月 オーパス株式会社代表取締役就任
                                2010年8月 フォレストホーム株式会社代表取締
                                     役就任
                                2012年3月 SE住宅ローンサービス株式会社代
                                     表取締役社長就任(現任)
                                2016年5月 株式会社MUJI           HOUSE 監査役就任
                                2016年7月 株式会社MAKE           HOUSE 監査役就任
                                2017年6月 当社常務取締役常務執行役員就任
                                     (現任)
                                1996年10月 山田&パートナーズ会計事務所入所
                                2002年4月 優成監査法人(現太陽有限責任監査
                                     法人)入所
                                2004年6月 監査法人トーマツ(現有限責任監査
                                     法人トーマツ)入所
     取締役
                                2013年12月 KCJ       GROUP株式会社入社
           管理部門長       長屋 充容      1970年4月27日生                           (注)6       -
     執行役員
                                2015年6月 株式会社ビースタイル入社
                                2017年12月 当社入社
                                2018年5月 株式会社MUJI           HOUSE 監査役就任
                                     (現任)
                                2018年6月 当社取締役執行役員就任(現任)
                                  49/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1973年6月 株式会社西友ストアー(現合同会社
                                     西友)入社
                                1993年5月 株式会社良品計画 取締役就任
                                1997年5月 同社 常務取締役就任
                                1999年3月 同社 専務取締役就任
                                2001年1月 同社 代表取締役社長就任
                                2002年2月 同社 代表取締役社長兼執行役員就
                                     任
                                2004年6月 同社 代表取締役社長兼執行役員兼
                                     情報システム担当管掌就任
                                2006年2月 同社 代表取締役社長兼執行役員就
                                     任
                                2008年2月 同社 代表取締役会長兼執行役員就
                                     任
                                2009年5月 ムジ・ネット株式会社(現株式会社
                                     MUJI  HOUSE)代表取締役社長就任
                                2010年10月 株式会社T&T(現株式会社松井オ
     取締役             松井 忠三      1949年5月13日生
                                                   (注)6       10
             -
                                     フィス)代表取締役社長就任(現
                                     任)
                                2013年6月 株式会社りそな銀行 社外取締役就
                                     任
                                2013年9月 株式会社アダストリアホールディン
                                     グス(現株式会社アダストリア)社
                                     外取締役就任(現任)
                                2014年6月 株式会社りそなホールディングス 
                                     社外取締役就任(現任)
                                2014年6月 株式会社大戸屋ホールディングス 
                                     社外取締役就任
                                2015年5月 株式会社ネクステージ 社外取締役
                                     就任(現任)
                                2016年6月 当社 社外取締役就任(現任)
                                2016年11月 株式会社サダマツ(現フェスタリア
                                     ホールディングス株式会社)社外取
                                     締役就任(現任)
                                1977年4月 株式会社東芝入社
                                1992年8月 東芝アメリカ社 副社長就任
                                1998年1月 株式会社東芝 国際部参事
                                1999年1月 同社 国際部グループ長
                                2003年4月 同社 コーポレートコミュニケー
                                     ション部参事
                                2003年12月 ルネサスエレクトロニクス株式会
                                     社 コーポレートコミュニケーショ
                                     ン部長
                                2004年12月 同社 監査役室担当部長
     常勤監査役            石原 研二郎      1955年2月8日生                           (注)7       -
             -
                                2012年11月 株式会社トライネット 内部監査室
                                     長
                                2017年7月 株式会社北里コーポレーション 内
                                     部監査室長
                                2018年1月 当社常勤監査役就任(現任)
                                2018年6月 株式会社MAKE           HOUSE監査役就任(現
                                     任)
                                     SE住宅ローンサービス株式会社監
                                     査役就任(現任)
                                  50/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                2002年10月 中央青山監査法人入所
                                2006年5月 公認会計士登録
                                2007年7月 辻・本郷税理士法人入所
                                2010年8月 峯尾税務会計事務所開設
                                2010年12月 税理士登録
                                2013年12月 イー・ガーディアン株式会社 社外
                                     監査役就任
     監査役             峯尾 商衡      1977年2月14日生                           (注)7       -
             -
                                2015年12月 同社 社外取締役・監査等委員就任
                                     (現任)
                                2016年12月 ゴマブックス株式会社 社外監査役
                                     就任(現任)
                                2017年5月 株式会社ベビーカレンダー 社外監
                                     査役就任(現任)
                                2018年1月 当社 監査役就任(現任)
                                1998年4月 弁護士登録
                                2001年4月 秋野法律事務所設立
                                2003年4月 匠総合法律事務所設立
     監査役             秋野 卓生      1973年8月14日生        2006年1月 弁護士法人匠総合法律事務所設立                    (注)7       -
             -
                                2016年6月 当社 監査役就任(現任)
                                2016年8月 株式会社一宮リアライズ 監査役就
                                     任(現任)
                             計
                                                          1,287
      (注)1.取締役会長 杉山恒夫は、代表取締役社長 田鎖郁夫の配偶者の養親及び専務取締役 杉山義久の養親であ
           ります。
         2.代表取締役社長 田鎖郁夫の配偶者は、取締役会長 杉山恒夫の養子であります。
         3.専務取締役 杉山義久は、取締役会長 杉山恒夫の養子であります。
         4.取締役 松井忠三は、社外取締役であります。
         5.監査役 石原研二郎、峯尾商衡及び秋野卓生は、社外監査役であります。
         6.2018年11月26日開催の臨時株主総会終結の時から、2019年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         7.2018年11月26日開催の臨時株主総会終結の時から、2022年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         8.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各事業部門等の業
           務執行機能を明確に区分し、経営効率の向上を図るために執行役員制度を導入しております。執行役員は9
           名であり、社長執行役員 田鎖郁夫、専務執行役員 杉山義久、常務執行役員 山河和博、管理部門長 長
           屋充容、CN事業部長 中川勝人、BC事業部長 木津正裕、特権事業部長 福田浩史、技術開発部門長 
           藤代東、経営企画室長 松延隆行で構成されております。
                                  51/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         当社グループは、「日本に安心・安全な木構造を普及させる。」「日本に資産価値のある住宅を提供する仕組み
        をつくる。」ことを目標としております。そのために、事業環境の変化に応じ、透明・公正かつ迅速・果断に意思
        決定を行うための仕組みとして、当社グループにとって最適なコーポレート・ガバナンスの在り方を継続的に追求
        していきます。
         当社グループは、事業活動の適法性と経営の透明性を確保し、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制と、
        株主重視の公正な経営システムを構築、維持することをコーポレート・ガバナンスの基本的な考え方としていま
        す。
         当社では、透明性が高く、かつ迅速な意思決定を図るとともに、それに伴う機動的な業務執行並びに監査対応
        を適正に行える体制を構築するため、取締役会による監督及び監査役、監査役会による監査の体制を採用しており
        ます。
        ① 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

         イ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
           当社は、会社機関として、取締役会及び監査役会を設置しております。また社長の意思決定を補助するため
          の執行役員会や各委員会を設置し、重要事項の審議・検討を通じて、ガバナンスの実効性を高めています。会
          社の機関の内容及びコーポレート・ガバナンス体制の概要は以下のとおりであります。
          (取締役会・執行体制)









           取締役会は取締役6名(うち社外取締役1名)で構成しております。原則毎月1回の定時取締役会のほか、
          必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速な経営上の意思決定を行える体制となっております。取締役会で
          は、法令・定款で定められた事項のほか、経営に関する重要事項を決定するとともに、社外取締役は、社外の
          第三者の視点で取締役会への助言及び監視を行っております。
           また、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各事業部門等の業務執
          行機能を明確に区分し、経営効率の向上を図るために執行役員制度を導入しております。
                                  52/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (監査役会・監査役)
           監査役会は3名(常勤1名、非常勤2名)で構成されており、うち3名が社外監査役となっております。各
          監査役は取締役会やその他重要な会議に出席し、取締役の職務執行を監視しております。監査役会は内部監査
          室及び会計監査人と相互に連携しており、監査役は社長との情報交換を随時行い、意見できる環境になってお
          ります。また、監査役会と会計監査人との間で定期的に監査報告会等を開催しており、常勤監査役は内部監査
          担当者とともに、定期的に実施される内部監査に同行するなど連携を図り、必要に応じて連絡・報告等を行っ
          ております。
          (執行役員会)

           執行役員会は、執行役員9名及び代表取締役社長が指名するもので構成され、原則として月1回以上開催
          し、経営計画の進捗状況の情報共有、その他経営に関する重要事項の審議を行っております。
         ロ.内部監査及び監査役監査の状況

           当社は、代表取締役社長直属の機関として内部監査室(専任者1名)を設置し、年度監査計画に基づき、当
          社の全部門及び関係会社を対象として内部監査を実施しております。内部監査人は監査終了後、監査報告書を
          作成し代表取締役社長に提出、改善を要する事項につき社長名による改善指示書を被監査部門に通知し、改善
          状況について必要に応じてフォローアップ監査を実施しております。
           監査役監査については、各監査役は、監査役会の定めた監査計画に従い、取締役の業務執行に関する適正性
          監査、内部統制システムの状況の監査及び検証を行っております。監査役は定例の監査役会において、相互に
          職務の状況について報告を行うことにより認識を共有しております。
           監査役会は内部監査室及び会計監査人と相互に連携しており、監査役会と会計監査人との間で定期的に監査
          報告会等を開催しており、毎月開催される監査役会には内部監査人が出席し、監査計画、監査実施状況、改善
          状況等を報告し、認識の共有を図り緊密な連携を保持しております。また、監査役会、内部監査人、会計監査
          人との間で、必要に応じて意見交換等を行うなど連携を図り、監査の実効性の向上を図っております。
         ハ.会計監査の状況

           当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。同監査法人及び同監査法
          人の業務執行社員と当社の間に特別な利害関係はありません。
          a.業務を執行した公認会計士の氏名
            指定有限責任社員 業務執行社員  田尻 慶太
            指定有限責任社員 業務執行社員  中村 憲一
            (注) 継続監査年数については、7年以内であるため、記載を省略しております。
          b.監査業務に係る補助者の構成

            公認会計士 4名
            その他   11名
         ニ.社外取締役及び社外監査役との関係

           本書提出日現在において、当社は社外取締役を1名、社外監査役を3名選任しております。
           社外取締役松井忠三は、株式会社良品計画で代表取締役社長及び会長を歴任し、取締役としての豊富な経験
          と見識を兼ね備えており、当社グループ経営の重要事項の決定及び業務執行の監督に十分な役割が期待できる
          ため、選任しております。なお、本書提出日現在、同氏は当社普通株式10,000株を保有しておりますが、その
          他の人的・資本的関係、取引関係及びその他利害関係はありません。
           社外監査役石原研二郎は、東芝アメリカ社で副社長、ルネサスエレクトロニクス株式会社で監査役室担当部
          長を歴任しており、会社の業務執行並びに監査役監査に対する豊富な経験と見識を兼ね備えており、当社グ
          ループ経営の業務執行の監査に十分な役割が期待できるため、選任しております。なお、本書提出日現在、当
          社と同氏の間に人的・資本的関係、取引関係及びその他利害関係はありません。
           社外監査役秋野卓生は、住宅、建築分野に精通した弁護士としての豊富な知識と経験によって、客観的かつ
          公正な立場で取締役の職務の執行を監査していただくことを期待しております。なお、本書提出日現在、当社
          と同氏の間に人的・資本的関係、取引関係及びその他利害関係はありません。
           社外監査役峯尾商衡は、公認会計士として培われた高い専門性をもつほか、財務及び会計に関する相当程度
          の知見を有しております。その専門的な知識・経験等を、当社の監査体制に活かしていただくことを期待して
          おります。なお、本書提出日現在、当社と同氏の間に人的・資本的関係、取引関係及びその他利害関係はあり
          ません。
                                  53/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたもの
          はありませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、社外役員として職務を遂行できる十分
          な独立性を確保できることを前提として判断しております。
          社外取締役及び社外監査役は、随時内部監査室による内部監査に関する報告を求めることができるほか、社外
          監査役と内部監査室は、内部監査について実施状況の報告や情報交換を行っております。また、社外監査役と
          内部監査室、会計監査人は、監査の状況や結果等について情報交換を行い、相互連携を図っております。
        ② リスク管理体制の整備の状況

          当社は、持続的な成長を確保するため「リスク管理規程」を制定し、全社的なリスク管理体制の強化を図って
         おります。また、当社は、企業価値の持続的な向上のためには、全社的なコンプライアンス体制の強化・推進が
         不可欠であると認識し、「コンプライアンス規程」を制定し、全従業員に対し周知徹底と遵守を図っておりま
         す。
          代表取締役社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、当社のリスク管理に関する方針、体制
         及び対策に関する事項、リスク防止策の検討、実施に関する事項等を議論しております。また、法令違反その他
         コンプライアンスに関する社内相談・報告体制として「内部通報規程」に基づき、内部通報窓口を設置しており
         ます。
        ③ 役員報酬等の内容

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                       対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                              役員の人数
                   (千円)              ストックオプ
                           基本報酬               賞与      退職慰労金        (人)
                                 ション
     取締役
                     100,693        98,277         -       -      2,416        ▶
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      4,950       4,700         -       -       250       1
     (社外監査役を除く。)
     社外取締役                 8,004       8,004         -       -       -       1
     社外監査役                 6,566       6,566         -       -       -       ▶

         ロ.役員ごとの連結報酬等の総額等

           連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

           該当事項はありません。
         ニ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、取締役の報酬等は、
          株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、取締役会にて決定しております。監査役の報酬等は、株主
          総会で決議された報酬総額の範囲内において、監査役会にて決定しております。
                                  54/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 株式の保有状況
         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          前事業年度
          特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
              銘柄         株式数   (株)                     保有目的
                                     (千円)
                                             取引関係の維持・円滑
          (株)アールシーコア                   46,400           49,787
                                             化のため
          当事業年度

          特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
              銘柄         株式数   (株)                     保有目的
                                     (千円)
                                             取引関係の維持・円滑
          (株)アールシーコア                   46,400           56,793
                                             化のため
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
          該当事項はありません。
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
        ⑤ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
        ⑥ 取締役の定数

          当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
        ⑦ 責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。                   当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、定款により、報酬の3ヶ年
         分又は法令で定める最低責任限度額とのいずれか高い額を限度としております。
        ⑧ 自己の株式の取得

          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって、市場取引等により自己の株式を取得
         することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可
         能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ⑨ 剰余金の配当等の決定機関

          当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず、取締役会の決議によって、会社法第
         459条第1項各号に掲げる事項を定めることができる旨を定款に規定しております。これは、剰余金の配当等を
         取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑩ 取締役の選任の決議要件

          当社は取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
         が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票に
         よらないものとする旨定款に定めております。
                                  55/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
        提出会社             13,000             -         18,000             -

       連結子会社                -           -           -           -

         計            13,000             -         18,000             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査報酬は、監査法人が定めた監査計画に基づく監査予定日数を勘案し、双方協議の上、監査役の同意
         を得て監査報酬額を決定しております。
                                  56/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
       (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2016年4月1日から2017年3月
        31日まで)及び当連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
        (2016年4月1日から2017年3月31日まで)及び当事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸
        表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から
        2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について適切に対応できる体制を整備するため、監査法人やディスクロー
       ジャー支援会社等が主催するセミナーへの参加及び監査法人等との意見交換を通じて、情報収集に努めるとともに、
       決算業務体制の強化を図っております。
                                  57/125













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,778,774              1,911,519
         現金及び預金
                                        802,975              901,606
         売掛金
                                        339,115              358,540
         有償支給未収入金
                                         2,766              6,972
         商品
                                         2,036              3,360
         仕掛品
                                         2,779              5,486
         貯蔵品
                                         24,817              25,993
         繰延税金資産
                                         41,307              43,556
         その他
                                        △ 4,900             △ 2,079
         貸倒引当金
                                       2,989,673              3,254,956
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         31,168              32,834
          建物及び構築物
                                        △ 18,684             △ 21,257
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             12,484              11,577
          工具、器具及び備品                               64,758              70,573
                                        △ 33,001             △ 43,996
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             31,756              26,577
                                         44,240              38,154
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         94,584              114,309
          その他
                                         94,584              114,309
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※ 206,125              ※ 243,289
          投資有価証券
                                         24,098              21,391
          繰延税金資産
                                         70,381              73,541
          その他
                                        △ 7,652             △ 7,531
          貸倒引当金
                                        292,953              330,690
          投資その他の資産合計
                                        431,778              483,154
         固定資産合計
                                       3,421,451              3,738,111
       資産合計
                                  58/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,738,343              1,761,710
         買掛金
                                         7,270              44,164
         未払法人税等
                                         40,847              43,491
         賞与引当金
                                         22,602              21,433
         有償支給差額
                                        161,994              214,636
         その他
                                       1,971,057              2,085,435
         流動負債合計
       固定負債
                                        510,460              559,050
         預り保証金
                                         11,616              14,283
         役員退職慰労引当金
                                         30,347              33,469
         退職給付に係る負債
                                        552,424              606,803
         固定負債合計
                                       2,523,481              2,692,238
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        137,270              137,270
         資本金
                                         10,347              10,347
         資本剰余金
                                        733,485              877,780
         利益剰余金
                                        881,103             1,025,398
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 2,076              3,420
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,076              3,420
         その他の包括利益累計額合計
                                         18,943              17,054
       非支配株主持分
                                        897,970             1,045,872
       純資産合計
                                       3,421,451              3,738,111
      負債純資産合計
                                  59/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,260,716
         現金及び預金
                                        828,951
         売掛金
                                        449,043
         有償支給未収入金
                                         13,059
         商品
                                           818
         仕掛品
                                         6,882
         貯蔵品
                                         40,348
         その他
                                        △ 1,076
         貸倒引当金
                                       3,598,745
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         32,834
          建物及び構築物
                                        △ 22,897
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                              9,937
                                         71,696
          工具、器具及び備品
                                        △ 50,245
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             21,451
                                         31,388
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                190,608
         投資その他の資産
                                        255,839
          投資有価証券
                                         48,894
          繰延税金資産
                                         74,534
          その他
                                        △ 7,440
          貸倒引当金
                                        371,828
          投資その他の資産合計
                                        593,825
         固定資産合計
                                       4,192,570
       資産合計
                                  60/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)

                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       2,074,255
         買掛金
                                         39,646
         未払法人税等
                                         22,828
         賞与引当金
                                         26,936
         有償支給差額
                                        232,006
         その他
                                       2,395,673
         流動負債合計
       固定負債
                                        570,876
         預り保証金
                                         16,935
         役員退職慰労引当金
                                         37,847
         退職給付に係る負債
                                        625,659
         固定負債合計
                                       3,021,333
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        137,270
         資本金
                                         10,347
         資本剰余金
                                       1,013,308
         利益剰余金
                                       1,160,926
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 5,092
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 5,092
         その他の包括利益累計額合計
                                         15,403
       非支配株主持分
                                       1,171,237
       純資産合計
                                       4,192,570
      負債純資産合計
                                  61/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                       5,894,479              6,083,236
      売上高
                                       4,652,774              4,745,182
      売上原価
                                       1,241,705              1,338,054
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 1,116,657           ※1 , ※2 1,153,365
      販売費及び一般管理費
                                        125,047              184,689
      営業利益
      営業外収益
                                           29              44
       受取利息
                                         3,038              2,373
       受取配当金
                                         26,835              32,156
       持分法による投資利益
                                         6,001              4,665
       ソフトウエア売却収入
                                         5,772              5,935
       雑収入
                                         41,677              45,174
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,543               125
       補償費
                                         1,476               376
       雑損失
                                         3,019               501
       営業外費用合計
                                        163,704              229,361
      経常利益
      特別利益
                                         1,000                -
       投資有価証券売却益
                                         1,000                -
       特別利益合計
      特別損失
                                                      ※3 2,000
                                           -
       投資有価証券評価損
                                           -             2,000
       特別損失合計
                                        164,704              227,361
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   42,515              59,844
                                         5,092                21
      法人税等調整額
                                         47,607              59,866
      法人税等合計
                                        117,096              167,495
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                   △ 8,948             △ 1,889
                                        126,045              169,384
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  62/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                        117,096              167,495
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         3,480              5,496
       その他有価証券評価差額金
                                         ※ 3,480              ※ 5,496
       その他の包括利益合計
                                        120,576              172,992
      包括利益
      (内訳)
                                        129,525              174,881
       親会社株主に係る包括利益
                                        △ 8,948             △ 1,889
       非支配株主に係る包括利益
                                  63/125
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
                                       4,880,711
      売上高
                                       3,776,817
      売上原価
                                       1,103,893
      売上総利益
                                        875,985
      販売費及び一般管理費
                                        227,907
      営業利益
      営業外収益
                                           26
       受取利息
                                         1,427
       受取配当金
                                         22,572
       持分法による投資利益
                                           468
       ソフトウエア売却収入
                                         4,109
       雑収入
                                         28,605
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,214
       補償費
                                            ▶
       雑損失
                                           549
       貸倒引当金繰入額
                                         1,768
       営業外費用合計
                                        254,744
      経常利益
                                        254,744
      税金等調整前四半期純利益
                                         65,669
      法人税等
                                        189,075
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 1,650
                                        190,725
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  64/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                至 2018年12月31日)
                                        189,075
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 8,512
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 8,512
       その他の包括利益合計
                                        180,562
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        182,212
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 1,650
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                  65/125
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                       資本金         資本剰余金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高
                          137,270           8,220         632,529          778,020
     当期変動額
      剰余金の配当                                        △ 25,090         △ 25,090
      親会社株主に帰属する当期純利
                                              126,045          126,045
      益
      合併による増加                               2,127                     2,127
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                            -         2,127         100,955          103,083
     当期末残高                     137,270           10,347          733,485          881,103
                         その他の包括利益累計額

                                          非支配株主持分           純資産合計
                   その他有価証券評価差額          その他の包括利益累計額
                   金          合計
     当期首残高
                          △ 5,556         △ 5,556          35,750          808,213
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 25,090
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                         126,045
      益
      合併による増加                                                   2,127
      株主資本以外の項目の当期変動
                           3,480          3,480         △ 16,806         △ 13,326
      額(純額)
     当期変動額合計
                           3,480          3,480         △ 16,806          89,756
     当期末残高                     △ 2,076         △ 2,076          18,943          897,970
                                  66/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                       資本金         資本剰余金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                     137,270           10,347          733,485          881,103
     当期変動額
      剰余金の配当                                        △ 25,090         △ 25,090
      親会社株主に帰属する当期純利
                                              169,384          169,384
      益
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                       -          -        144,294          144,294
     当期末残高                     137,270           10,347          877,780         1,025,398
                         その他の包括利益累計額

                                          非支配株主持分           純資産合計
                   その他有価証券評価差額          その他の包括利益累計額
                   金          合計
     当期首残高                     △ 2,076         △ 2,076          18,943          897,970
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                        △ 25,090
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                         169,384
      益
      株主資本以外の項目の当期変動
                           5,496          5,496         △ 1,889          3,607
      額(純額)
     当期変動額合計
                           5,496          5,496         △ 1,889         147,902
     当期末残高                     3,420          3,420          17,054         1,045,872
                                  67/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        164,704              227,361
       税金等調整前当期純利益
                                         44,962              51,188
       減価償却費
       引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,016              2,368
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  1,365              3,122
                                        △ 3,067             △ 2,417
       受取利息及び受取配当金
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 26,835             △ 32,156
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -             2,000
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 1,000                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 255,926             △ 118,055
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  23,967              △ 8,236
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 11,451              △ 2,449
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 135,133               23,366
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 20,999              45,794
       未払費用の増減額(△は減少)                                  3,851             △ 2,200
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 5,391              11,447
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  1,561             △ 5,971
       預り保証金の増減額(△は減少)                                  48,000              44,000
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                  1,314              3,550
                                         5,340              4,590
       その他の固定負債の増減額(△は減少)
                                        102,511              247,302
       小計
                                         2,163              2,548
       利息及び配当金の受取額
                                         5,965               594
       法人税等の還付額
                                       △ 107,235              △ 21,390
       法人税等の支払額
                                         3,406             229,054
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,610             △ 6,913
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 42,055             △ 60,277
       無形固定資産の取得による支出
                                         20,725                -
       有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 5,730                -
       関係会社株式の取得による支出
                                        △ 2,012             △ 3,223
       保険積立金の積立による支出
                                         △ 278             △ 809
       その他
                                        △ 31,962             △ 71,223
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 25,090             △ 25,090
       配当金の支払額
                                        △ 25,090             △ 25,090
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 53,646              132,741
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,731,794              1,678,148
                                       ※ 1,678,148              ※ 1,810,889
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  68/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.連結の範囲に関する事項
            (1)連結子会社の数 2社
              連結子会社の名称
               SE住宅ローンサービス株式会社
               株式会社MAKE       HOUSE
            (2)主要な非連結子会社の名称等

              該当事項はありません。
           2.持分法の適用に関する事項

            (1)持分法適用の関連会社数 1社
              会社名
               株式会社MUJI       HOUSE
            (2)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸

             表を使用しております。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           4.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ 有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ たな卸資産
               主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)を採用しております。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産
               当社及び連結子会社は定率法を採用しております。
               ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)                                 及び2016年4月1日以降に取得
              した建物附属設備及び構築物について                  は定額法によっております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物    7年~15年
               工具、器具及び備品  2年~15年
             ロ 無形固定資産
               定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
                                  69/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (3)重要な引当金の計上基準
             イ 貸倒引当金
               売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、当社及び連結子会社は、一般債権については貸倒実
              績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計
              上しております。
             ロ 賞与引当金
               当社及び連結子会社は従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計
              年度負担額を計上しております。
             ハ 役員退職慰労引当金
               役員の退職慰労金の支払に備えて、当社は役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上してお
              ります。
            (4)退職給付に係る会計処理の方法

              当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都
             合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
            (5)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (6)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           1.連結の範囲に関する事項
            (1)連結子会社の数 2社
              連結子会社の名称
               SE住宅ローンサービス株式会社
               株式会社MAKE       HOUSE
            (2)主要な非連結子会社の名称等

              該当事項はありません。
           2.持分法の適用に関する事項

            (1)持分法適用の関連会社数 1社
              会社名
               株式会社MUJI       HOUSE
            (2)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸

             表を使用しております。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
                                  70/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           4.会計方針に関する事項
            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ 有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ たな卸資産
               主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)を採用しております。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産
               当社及び連結子会社は定率法を採用しております。
               ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以降に取得
              した建物附属設備及び構築物については定額法によっております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物    7年~15年
               工具、器具及び備品  2年~15年
             ロ 無形固定資産
               定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
            (3)重要な引当金の計上基準

             イ 貸倒引当金
               売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、当社及び連結子会社は、一般債権については貸倒実
              績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計
              上しております。
             ロ 賞与引当金
               当社及び連結子会社は従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計
              年度負担額を計上しております。
             ハ 役員退職慰労引当金
               役員の退職慰労金の支払に備えて、当社は役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上してお
              ります。
            (4)退職給付に係る会計処理の方法

              当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都
             合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
            (5)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (6)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  71/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (会計方針の変更)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
            法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実
           務 対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、2016年4月1日以後に取得した建物
           附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
            なお、これによる連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

          ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」
           (企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計基準委員会)
          ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」
           (企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改正 企業会計基準委員会)
           1.概要

             「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務
            指針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以
            下の見直しが行われたものであります。
            (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
             ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
             ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
           2.適用予定日

             2019年3月期の期首から適用します。
           3.当該会計基準等の適用による影響

             「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現
            時点で評価中であります。
          ・「収益認識に関する会計基準」

           (企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
           (企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
           1.概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関
            する包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいて
            はIFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月
            1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用さ
            れる状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用
            指針と合わせて公表されたものです。
             企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第
            15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原
            則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた
            実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加するこ
            ととされております。
                                  72/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.適用予定日
             2022年3月期の期首から適用します。
           3.当該会計基準等の適用による影響

             「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
            中であります。
         (追加情報)

          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
            「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を
           当連結会計年度から適用しております。
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           該当事項はありません。
         (連結貸借対照表関係)

          ※ 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
     投資有価証券(株式)                               156,338千円                  186,495千円
         (連結損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     役員報酬                               122,144千円                  118,307千円
     給料及び手当                               284,285                  311,812
     賞与引当金繰入額                                50,204                  60,018
     役員退職慰労引当金繰入額                                4,510                  2,666
     退職給付費用                                2,854                  5,069
     販売促進費及び広告宣伝費                               114,630                  118,607
          ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
                                     83,542千円                  76,055千円
          ※3 投資有価証券評価損は、時価及び実質価額の著しく下落している投資有価証券の評価損であります。

                                  73/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               3,480千円                  7,006千円
      組替調整額                                 -                  -
      税効果調整前合計
                                      3,480                  7,006
      税効果額                                 -               △1,509
     その他の包括利益合計
                                      3,480                  5,496
         (連結株主資本等変動計算書関係)

          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       25,090           -         -       25,090

             合計                25,090           -         -       25,090

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

           2.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                     (千円)          (円)
     2016年6月18日
                 普通株式            25,090          1,000    2016年3月31日         2016年6月20日
     定時株主総会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2017年6月17日
               普通株式         25,090    利益剰余金           1,000    2017年3月31日         2017年6月19日
     定時株主総会
                                  74/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       25,090           -         -       25,090

             合計                25,090           -         -       25,090

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

           2.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                     (千円)          (円)
     2017年6月17日
                 普通株式            25,090          1,000    2017年3月31日         2017年6月19日
     定時株主総会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2018年6月16日
               普通株式         55,198    利益剰余金           2,200    2018年3月31日         2018年6月18日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     現金及び預金勘定                              1,778,774千円                  1,911,519千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                              △100,626                  △100,630
     現金及び現金同等物                              1,678,148                  1,810,889
                                  75/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、資金運用については短期的な預金等及び安全性の高い金融資産に限定し、資金調達
             については自己資本の充実を図り無借金経営を行う方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金及び有償支給未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスク
             に関しては、当社グループの社内規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主
             な取引先の信用状況を毎期把握する体制としております。
              有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスク
             に晒されております。
              営業債務である買掛金は、そのほとんどが4ヶ月以内の支払期日であります。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社グループは、与信管理規程及び債権管理細則に従い、営業債権について、各事業部門が主要な
              取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状
              況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             ② 市場リスクの管理
               当社グループは、有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の
              財務状況等を把握しております。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するととも
              に、手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  76/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         1,778,774            1,778,774               -

      (2)売掛金                          802,975            802,975              -
      (3)有償支給未収入金                          339,115            339,115              -

      (4)投資有価証券                           49,787            49,787              -
       資産計                        2,970,652            2,970,652               -

      (1)買掛金                         1,738,343            1,738,343               -

      (2)未払法人税等                           7,270            7,270             -
       負債計                        1,745,613            1,745,613               -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)有償支給未収入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
          (4)投資有価証券
            時価について、株式等は取引所の価格によっております。なお、保有目的ごとの有価証券に関する事項に
            ついては、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払法人税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (2017年3月31日)
          非上場株式 ※1                             156,338

          預り保証金 ※2                             510,460

          ※1.非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
             「(4)投資有価証券」には含めておりません。
          ※2.預り保証金については、償還予定時期が明確でなく、将来キャッシュ・フローの発生時点を合理的に見
             積もることができず、時価を把握することが極めて困難と認められることから上記表には含めておりま
             せん。
           3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,778,774             -         -         -

      売掛金                      802,975            -         -         -

      有償支給未収入金                      339,115            -         -         -

             合計              2,920,865             -         -         -

                                  77/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、資金運用については短期的な預金等及び安全性の高い金融資産に限定し、資金調達
             については自己資本の充実を図り無借金経営を行う方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金及び有償支給未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスク
             に関しては、当社グループの社内規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主
             な取引先の信用状況を毎期把握する体制としております。
              有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスク
             に晒されております。
              営業債務である買掛金は、そのほとんどが4ヶ月以内の支払期日であります。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社グループは、与信管理規程及び債権管理細則に従い、営業債権について、各事業部門が主要な
              取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状
              況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             ② 市場リスクの管理
               当社グループは、有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の
              財務状況等を把握しております。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するととも
              に、手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  78/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         1,911,519            1,911,519               -

      (2)売掛金                          901,606            901,606              -
      (3)有償支給未収入金                          358,540            358,540              -

      (4)投資有価証券                           56,793            56,793              -
       資産計                        3,228,460            3,228,460               -

      (1)買掛金                         1,761,710            1,761,710               -

      (2)未払法人税等                           44,164            44,164              -
       負債計                        1,805,874            1,805,874               -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)有償支給未収入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
          (4)投資有価証券
            時価について、株式等は取引所の価格によっております。なお、保有目的ごとの有価証券に関する事項に
            ついては、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払法人税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (2018年3月31日)
          非上場株式 ※1                             186,495

          預り保証金 ※2                             559,050

          ※1.非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
             「(4)投資有価証券」には含めておりません。
          ※2.預り保証金については、償還予定時期が明確でなく、将来キャッシュ・フローの発生時点を合理的に見
             積もることができず、時価を把握することが極めて困難と認められることから上記表には含めておりま
             せん。
           3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,911,519             -         -         -

      売掛金                      901,606            -         -         -

      有償支給未収入金                      358,540            -         -         -

             合計              3,171,666             -         -         -

                                  79/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前連結会計年度(2017年3月31日)
           1.売買目的有価証券
             該当事項はありません。
           2.満期保有目的の債券

             該当事項はありません。
           3.その他有価証券

                                 連結貸借対照表計
                          種類                 取得原価(千円)          差額(千円)
                                 上額(千円)
                      (1)株式                  -         -         -

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えるもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計              -         -         -

                      (1)株式                49,787         51,863         △2,076

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えないもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            49,787         51,863         △2,076

                  合計                     49,787         51,863         △2,076

           4.売却したその他有価証券

                                     売却益の合計額             売却損の合計額
           種類            売却額(千円)
                                      (千円)             (千円)
     (1)株式                         2,000             1,000               -

     (2)債券                           -             -             -
      ① 国債・地方債等                          -             -             -

      ② 社債                          -             -             -

      ③ その他                          -             -             -

     (3)その他                           -             -             -
           合計                   2,000             1,000               -

                                  80/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(2018年3月31日)
           1.売買目的有価証券
             該当事項はありません。
           2.満期保有目的の債券

             該当事項はありません。
           3.その他有価証券

                                 連結貸借対照表計
                          種類                 取得原価(千円)          差額(千円)
                                 上額(千円)
                      (1)株式                56,793         51,863          4,929

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えるもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            56,793         51,863          4,929

                      (1)株式                  -         -         -

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えないもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計              -         -         -

                  合計                     56,793         51,863          4,929

           4.売却したその他有価証券

             該当事項はありません。
                                  81/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (退職給付関係)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.採用している退職給付制度の概要
             当社   及び連結子会社       は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付制度を採用しておりま
            す。
             当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しておりま
            す。
           2.確定給付制度

            (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                               当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日
                              至 2017年3月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                28,981千円
      退職給付費用                               4,294
      退職給付の支払額                              △2,929
     退職給付に係る負債の期末残高                                30,347
            (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産

              の調整表
                               当連結会計年度
                              (2017年3月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                30,347千円
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                     30,347
     純額
     退職給付に係る負債                                30,347

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                     30,347
     純額
            (3)退職給付費用

              簡便法で計算した退職給付費用 当連結会計年度4,294千円
                                  82/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.採用している退職給付制度の概要
             当社   及び連結子会社       は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付制度を採用しておりま
            す。
             当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しておりま
            す。
           2.確定給付制度

            (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                               当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日
                              至 2018年3月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                30,347千円
      退職給付費用                               6,525
      退職給付の支払額                              △3,402
     退職給付に係る負債の期末残高                                33,469
            (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産

              の調整表
                               当連結会計年度
                              (2018年3月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                33,469千円
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                     33,469
     純額
     退職給付に係る負債                                33,469

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                     33,469
     純額
            (3)退職給付費用

              簡便法で計算した退職給付費用 当連結会計年度6,525千円
                                  83/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                   (単位:千円)
                              当連結会計年度

                            (自 2016年4月1日
                             至 2017年3月31日)
     売上原価の株式報酬費                               -

     一般管理費の株式報酬費                               -

           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                           2016年ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 53名

     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 450株
     数(注)
     付与日                    2016年2月29日
                         付与日(2016年2月29日)以降、権
     権利確定条件                    利確定日(2018年2月28日)まで継
                         続して勤務していること。
                         自 2016年2月29日
     対象勤務期間
                         至 2018年2月28日
                         自 2018年3月1日
     権利行使期間
                         至 2026年1月31日
      (注) 株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(2017年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                           2016年ストック・オプション
     権利確定前               (株)
      前連結会計年度末                                  -

      付与                                 450

      失効                                  15

      権利確定                                  -

      未確定残                                 435

     権利確定後               (株)

      前連結会計年度末                                  -

      権利確定                                  -

      権利行使                                  -

      失効                                  -

      未行使残                                  -

                                  84/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                           2016年ストック・オプション
     権利行使価格               (円)                  23,469

     行使時平均株価               (円)                    -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、当社が未公開企業であるため本源的価値によっ
            ております。また、本源的価値を算出する基礎となる自社の株式の評価方法は、類似業種比準方式により
            算出しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみを反映する方法を
            採用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

             源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日にお
             ける本源的価値の合計額
             ① 当連結会計年度末における本源的価値の合計額 -千円
             ② 当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の
               合計額 -千円
                                  85/125













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                   (単位:千円)
                              当連結会計年度

                            (自 2017年4月1日
                             至 2018年3月31日)
     売上原価の株式報酬費                               -

     一般管理費の株式報酬費                               -

           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                           2016年ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 53名

     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 450株
     数(注)
     付与日                    2016年2月29日
                         付与日(2016年2月29日)以降、権
     権利確定条件                    利確定日(2018年2月28日)まで継
                         続して勤務していること。
                         自 2016年2月29日
     対象勤務期間
                         至 2018年2月28日
                         自 2018年3月1日
     権利行使期間
                         至 2026年1月31日
      (注) 株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(2018年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
             プションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                           2016年ストック・オプション
     権利確定前               (株)

      前連結会計年度末                                 435

      付与                                  -

      失効                                  30

      権利確定                                  -

      未確定残                                 405

     権利確定後               (株)

      前連結会計年度末                                  -

      権利確定                                  -

      権利行使                                  -

      失効                                  -

      未行使残                                  -

                                  86/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                           2016年ストック・オプション
     権利行使価格               (円)                  23,469

     行使時平均株価               (円)                    -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、当社が未公開企業であるため本源的価値によっ
            ております。また、本源的価値を算出する基礎となる自社の株式の評価方法は、類似業種比準方式により
            算出しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみを反映する方法を
            採用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

             源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日にお
             ける本源的価値の合計額
             ① 当連結会計年度末における本源的価値の合計額 -千円
             ② 当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の
               合計額 -千円
                                  87/125













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前連結会計年度(2017年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             1,555千円
             賞与引当金                             12,558
             貸倒引当金                             1,512
             有償支給差額金                             6,974
                                          2,496
             その他
                  計
                                          25,096
            繰延税金資産(固定)
             退職給付に係る負債                             9,292
             貸倒引当金                             2,343
             長期前払費用                             8,837
             敷金償却費                             1,515
             固定資産の未実現利益                             1,598
             電話加入権                              133
             役員退職慰労引当金                             3,557
                                          12,588
             その他
            繰延税金資産(固定)小計
                                          39,866
                                         △15,767
             評価性引当額
            繰延税金資産(固定)合計                              24,098
            繰延税金負債(流動)

                                          △278
             未収配当金
                  計                        △278
            繰延税金資産の純額                              48,915
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)
            法定実効税率
                                           30.9%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              4.4
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.1
             住民税均等割                              1.1
             試験研究費等の特別控除                             △5.8
             持分法による投資利益                             △5.0
             評価性引当額の増減額                              3.7
             税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              0.1
             その他                             △0.3
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           28.9
                                  88/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(2018年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             2,864千円
             賞与引当金                             13,176
             貸倒引当金                              636
             有償支給差額金                             6,562
                                          2,989
             その他
                  計
                                          26,229
            繰延税金資産(固定)
             退職給付に係る負債                             10,248
             貸倒引当金                             2,306
             長期前払費用                             7,171
             敷金償却費                             1,701
             電話加入権                              133
             役員退職慰労引当金                             4,373
             投資有価証券評価損                              612
                                          14,012
             その他
            繰延税金資産(固定)小計
                                          40,559
                                         △17,658
             評価性引当額
            繰延税金資産(固定)合計                              22,901
            繰延税金負債(流動)

                                          △236
             未収配当金
                  計
                                          △236
            繰延税金負債(固定)
                                         △1,509
             その他有価証券評価差額金
                  計                       △1,509
            繰延税金資産の純額                              47,385
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)
            法定実効税率
                                           30.9%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              3.5
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.1
             住民税均等割                              0.7
             試験研究費等の税額控除                             △4.4
             持分法による投資利益                             △4.4
             評価性引当額の増減額                              0.5
             その他                             △0.5
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           26.3
                                  89/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (企業結合等関係)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           共通支配下の取引等
            当社は、2016年11月17日開催の取締役会決議に基づき、2017年2月1日付で当社100%連結子会社である
           株式会社エヌ・ディ・エヌを吸収合併いたしました。
           1.取引の概要
            (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
              結合企業 :株式会社エヌ・シー・エヌ 木造耐震設計事業
              被結合企業:株式会社エヌ・ディ・エヌ 木造耐震設計事業
            (2)企業結合日

              2017年2月1日
            (3)企業結合の法的形式

              当社を存続会社とし、株式会社エヌ・ディ・エヌを消滅会社とする吸収合併を行っております。
            (4)結合後企業の名称

              株式会社エヌ・シー・エヌ
            (5)その他取引の概要に関する事項

              今までの設計事務所ネットワークを活かした事業展開とともに、住宅以外の分野である大規模建築へ
             のアプローチを強化、並びにWEBサービスのさらなる事業拡大を目的に、業務を一体化させ相乗効果
             を得るために、株式会社エヌ・ディ・エヌを吸収合併いたしました。
           2.実施した会計処理の概要

             「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及
            び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づ
            き、共通支配下の取引として処理しております。
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           該当事項はありません。
                                  90/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            当社グループは、報告セグメントが「木造耐震設計事業」のみであり、その他の事業の重要性が乏しいた
           め、セグメント情報の記載を省略しております。
           当 連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            当社   グループは、報告セグメントが「木造耐震設計事業」のみであり、その他の事業の重要性が乏しいた
           め、セグメント情報の記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品及びサービスの区分の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名

     株式会社アールシーコア                               1,121,976      木造耐震設計事業
     株式会社MUJI       HOUSE
                                      895,471     木造耐震設計事業
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品及びサービスの区分の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名

     株式会社アールシーコア                               1,202,686      木造耐震設計事業
     株式会社MUJI       HOUSE
                                     1,152,328      木造耐震設計事業
                                  91/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            該当事項はありません。
                                  92/125














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             連結財務諸表提出会社の関連会社
                                                      (単位:千円)
                              議決権等の
                         事業の内
          会社等の名          資本金又         所有(被所     関連当事者
       種類          所在地         容又は職               取引の内容      取引金額      科目    期末残高
                              有)割合
          称又は氏名          は出資金               との関係
                         業
                               (%)
                                   OEM供給
          ㈱MUJI
                東京都              (所有)
     関連会社                149,000    住宅販売          先及び役員     商品の販売      895,471    売掛金      215,763
                豊島区              直接 40.0
          HOUSE
                                   の兼務
      (注)1.上記の取引金額及び期末残高には消費税等は含まれておりません。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等商品の販売については、一般の取引条件と同様に決定しております。
           2.重要な関連会社に関する注記

            重要な関連会社の要約財務情報
             当連結会計年度において、重要な関連会社は㈱MUJI                         HOUSEであり、その要約財務情報は以下のとおりで
            あります。
                              ㈱MUJI    HOUSE
                              当連結会計年度

     流動資産合計                               1,204,577

     固定資産合計                                195,938
     流動負債合計                               1,032,019

     固定負債合計                                   -

     純資産合計                                368,496

     売上高                               3,893,439

     税引前当期純利益                                106,838

     当期純利益                                 69,568
                                  93/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             連結財務諸表提出会社の関連会社
                                                      (単位:千円)
                              議決権等の
                         事業の内
          会社等の名          資本金又         所有(被所     関連当事者
       種類          所在地         容又は職               取引の内容      取引金額      科目    期末残高
          称又は氏名          は出資金         有)割合     との関係
                         業
                               (%)
                                   OEM供給
          ㈱MUJI
                東京都              (所有)
     関連会社                149,000    住宅販売          先及び役員     商品の販売     1,152,328     売掛金      270,019
                豊島区
                              直接 40.0
          HOUSE
                                   の兼務
      (注)1.上記の取引金額及び期末残高には消費税等は含まれておりません。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等商品の販売については、一般の取引条件と同様に決定しております。
           2.重要な関連会社に関する注記

            重要な関連会社の要約財務情報
             当連結会計年度において、重要な関連会社は㈱MUJI                         HOUSEであり、その要約財務情報は以下のとおりで
            あります。
                              ㈱MUJI    HOUSE
                              当連結会計年度

     流動資産合計                               1,425,453

     固定資産合計                                327,020
     流動負債合計                               1,232,570

     固定負債合計                                 68,534

     純資産合計                                451,368

     売上高                               4,562,095

     税引前当期純利益                                122,274

     当期純利益                                 82,871
                                  94/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                               当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日
                              至 2017年3月31日)
     1株当たり純資産額                              350.35円

     1株当たり当期純利益金額                               50.24円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。当連結会計年度の期
           首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しており
           ます。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日
                              至 2017年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                   126,045
     (千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)
                                      -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                   126,045
     利益金額(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)
                                  2,509,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権1種類(新株予約権の
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      数435個)。
     かった潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第
                           4 提出会社の状況、1 株式等
                           の状況、(2)新株予約権等の状
                           況  ①ストックオプション制度の
                           内容  」に記載のとおりでありま
                           す。
                                  95/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                               当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日
                              至 2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                              410.05円

     1株当たり当期純利益金額                               67.51円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
           るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。前連結会計年度の期
           首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しており
           ます。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日
                              至 2018年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                   169,384
     (千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)
                                      -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                   169,384
     利益金額(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)
                                  2,509,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権1種類(新株予約権の
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      数405個)。
     かった潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第
                           4 提出会社の状況、1 株式等
                           の状況 (2)新株予約権等の状
                           況  ①ストックオプション制度の
                           内容  」に記載のとおりでありま
                           す。
                                  96/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           株式分割及び単元株制度の採用
            当社は、2018年11月15日開催の取締役会決議に基づき、2018年12月4日付をもって株式分割を行っており
           ます。また、上記株式分割に伴い、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
           1.株式分割、単元株制度の採用の目的
             当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単
            元を100株とする単元株制度を採用いたします。
           2.株式分割の概要

            (1)分割方法
              2018年12月3日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき
             100株の割合をもって分割しております。
            (2)分割により増加する株式数

              株式分割前の発行済株式総数                      25,090株
              株式分割により増加する株式数  2,483,910株
              株式分割後の発行済株式総数   2,509,000株
              株式分割後の発行可能株式総数  8,000,000株
            (3)株式分割の効力発生日

              2018年12月4日
            (4)1株当たり情報に与える影響

              「1株当たり情報」は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたものと仮定して算出してお
             りますが、これによる影響については、当該箇所に反映されております。
           3.単元株制度の採用

             単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株としております。
                                  97/125










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
           (税金費用の計算)
             税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効
            果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算してお
            ります。
          (追加情報)

           ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
             「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四
             半期連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税
             金負債は固定負債の区分に表示しております。
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

            当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第
           3四半期連結累計期間に係る減価償却費は次のとおりであります。
                           当第3四半期連結累計期間
                            (自 2018年4月1日
                             至 2018年12月31日)
           減価償却費                         42,355千円
          (株主資本等関係)

           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
           1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
           決議      株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                        (千円)      当額(円)
        2018年6月16日
                         55,198        2,200
                 普通株式                    2018年3月31日        2018年6月18日         利益剰余金
        定時株主総会
           2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期

             間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
                                  98/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
             当社グループは、報告セグメントが「木造耐震設計事業」のみであり、その他の事業の重要性が乏しい
            ため、セグメント情報の記載を省略しております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    当第3四半期連結累計期間
                                    (自 2018年4月1日
                                     至 2018年12月31日)
        1株当たり四半期純利益金額                                  76円02銭

        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 190,725

         普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―

         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                          190,725
         (千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                2,509,000
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四                                 -
        半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前連結
        会計年度末から重要な変動があったものの概要
       (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
            るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
          2.当社は、2018年12月4日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。期首に当該
            株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益を算定しております。
        ⑤【連結附属明細表】

         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

          該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

           該当事項はありません。
                                  99/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,726,963              1,856,170
         現金及び預金
                                        ※ 802,338              ※ 901,584
         売掛金
                                        339,115              358,540
         有償支給未収入金
                                         2,766              6,972
         商品
                                         1,906              3,360
         仕掛品
                                         2,779              5,214
         貯蔵品
                                         2,737              2,708
         前払金
                                         21,439              22,621
         前払費用
                                         24,817              25,993
         繰延税金資産
                                         14,101              15,872
         その他
                                        △ 4,900             △ 2,079
         貸倒引当金
                                       2,934,066              3,196,960
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         31,168              32,834
          建物及び構築物
                                        △ 18,684             △ 21,257
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             12,484              11,577
          工具、器具及び備品                               64,074              69,134
                                        △ 32,606             △ 43,199
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             31,468              25,935
                                         43,952              37,512
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         87,859              105,013
          ソフトウエア
                                         1,798              5,199
          ソフトウエア仮勘定
                                         4,166              3,606
          商標権
                                         93,824              113,819
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         49,787              56,793
          投資有価証券
                                        110,911              108,911
          関係会社株式
                                           550              550
          出資金
                                         2,290              2,451
          長期貸付金
                                         5,960              5,960
          破産更生債権等
                                           102              700
          長期前払費用
                                         24,098              21,391
          繰延税金資産
                                         61,479              63,878
          その他
                                        △ 7,652             △ 7,531
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                              247,526              253,107
                                        385,303              404,439
         固定資産合計
                                       3,319,369              3,601,400
       資産合計
                                100/125






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,738,343              1,761,332
         買掛金
                                         40,113              83,685
         未払金
                                         33,297              31,176
         未払費用
                                         6,910              43,804
         未払法人税等
                                         57,749              69,002
         前受金
                                         7,561              12,043
         預り金
                                         40,694              43,032
         賞与引当金
                                         22,602              21,433
         有償支給差額
                                         21,731              13,998
         その他
                                       1,969,004              2,079,509
         流動負債合計
       固定負債
                                         11,616              14,283
         役員退職慰労引当金
                                         30,347              33,469
         退職給付引当金
                                        510,460              559,050
         預り保証金
                                        552,424              606,803
         固定負債合計
                                       2,521,428              2,686,312
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        137,270              137,270
         資本金
         資本剰余金
                                         8,220              8,220
          資本準備金
                                         8,220              8,220
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         9,509              12,018
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        645,018              754,159
            繰越利益剰余金
                                        654,527              766,177
          利益剰余金合計
                                        800,018              911,667
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        △ 2,076              3,420
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,076              3,420
         評価・換算差額等合計
                                        797,941              915,087
       純資産合計
                                       3,319,369              3,601,400
      負債純資産合計
                                101/125








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                       5,869,542              6,056,571
      売上高
      売上原価
                                         27,832               2,766
       商品期首たな卸高
                                        232,622              228,735
       当期製品製造原価
                                       4,380,468              4,524,583
       当期商品仕入高
                                       4,640,922              4,756,086
       合計
                                         2,766              6,972
       商品期末たな卸高
                                       4,638,155              4,749,113
       売上原価合計
                                       1,231,386              1,307,457
      売上総利益
                                      ※1 1,076,684             ※1 1,121,549
      販売費及び一般管理費
                                        154,701              185,907
      営業利益
      営業外収益
                                           28              43
       受取利息
                                         3,038              2,095
       受取配当金
                                         6,001              4,665
       ソフトウエア売却収入
                                         2,478              2,644
       施設利用料
       貸倒引当金戻入額                                   239             2,942
                                         6,191               447
       雑収入
                                         17,978              12,839
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,543               125
       補償費
                                         1,308               376
       雑損失
                                         2,852               501
       営業外費用合計
                                        169,827              198,245
      経常利益
      特別利益
                                         1,000                -
       投資有価証券売却益
                                         12,300                -
       抱合せ株式消滅差益
                                         13,300                -
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※2 5,523
                                                         -
       固定資産売却修正損
                                                      ※3 2,000
                                           -
       投資有価証券評価損
                                         5,523              2,000
       特別損失合計
                                        177,604              196,245
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   42,005              59,484
                                         2,193                21
      法人税等調整額
                                         44,198              59,506
      法人税等合計
                                        133,405              136,739
      当期純利益
                                102/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
                                      構成比                   構成比

                     注記
                           金額(千円)                   金額(千円)
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号
                               192,627        83.1          169,861        73.8

     Ⅰ 労務費
                                8,844        3.8          10,374        4.5
     Ⅱ 外注加工費
                                30,463                   49,953
                      ※                 13.1                   21.7
     Ⅲ 経費
                                       100.0                   100.0
       当期製造費用                        231,935                   230,189
                                2,593                   1,906
       期首仕掛品たな卸高
                               234,528                   232,096
           合計
                                1,906                   3,360
       期末仕掛品たな卸高
       当期製品製造原価                        232,622                   228,735
         原価計算の方法
          当社の原価計算は、総合原価計算であります。
         (注) ※ 主な内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
             項目              (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
     旅費交通費(千円)                                 4,371                   4,883

     地代家賃(千円)                                 6,300                   6,786

     減価償却費(千円)                                 9,641                  22,195

                                103/125











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                           資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利益剰余金              株主資本合
                    資本金
                              資本剰余金                     利益剰余金     計
                         資本準備金          利益準備金
                              合計          特別償却準     繰越利益剰     合計
                                        備金     余金
     当期首残高               137,270      8,220     8,220     7,000      202   539,009     546,212     691,702
     当期変動額
      剰余金の配当                               2,509         △ 27,599    △ 25,090    △ 25,090
      当期純利益                                        133,405     133,405     133,405
      特別償却準備金の取崩                                    △ 202     202      -     -
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -    2,509     △ 202   106,009     108,315     108,315
     当期末残高               137,270      8,220     8,220     9,509      -   645,018     654,527     800,018
                     評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
                         評価・換算
                   証券評価差
                         差額等合計
                   額金
     当期首残高               △ 5,556    △ 5,556    686,145
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 25,090
      当期純利益                         133,405
      特別償却準備金の取崩                           -
      株主資本以外の項目の当期変動
                      3,480     3,480     3,480
      額(純額)
     当期変動額合計                3,480     3,480    111,795
     当期末残高               △ 2,076    △ 2,076    797,941
                                104/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                           資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利益剰余金              株主資本合
                    資本金
                              資本剰余金                     利益剰余金     計
                         資本準備金          利益準備金
                              合計          特別償却準     繰越利益剰     合計
                                        備金     余金
     当期首残高               137,270      8,220     8,220     9,509      -   645,018     654,527     800,018
     当期変動額
      剰余金の配当                               2,509         △ 27,599    △ 25,090    △ 25,090
      当期純利益
                                              136,739     136,739     136,739
      特別償却準備金の取崩
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -     -     -    2,509      -   109,140     111,649     111,649
     当期末残高               137,270      8,220     8,220     12,018       -   754,159     766,177     911,667
                     評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
                         評価・換算
                   証券評価差
                         差額等合計
                   額金
     当期首残高               △ 2,076    △ 2,076    797,941
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 25,090
      当期純利益
                               136,739
      特別償却準備金の取崩
      株主資本以外の項目の当期変動
                      5,496     5,496     5,496
      額(純額)
     当期変動額合計
                      5,496     5,496    117,146
     当期末残高                3,420     3,420    915,087
                                105/125









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)子会社株式及び関連会社株式
              移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)その他有価証券

              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

             主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
            を採用しております。
           3.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
              定率法を採用しております。
              ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以降に取得し
             た建物附属設備及び構築物については定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物    7年~15年
              工具、器具及び備品  2年~15年
            (2)無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当期負担額を計上しております。
            (3)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
             己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
            (4)役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支払に備えて、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
           5.その他財務諸表作成のための基本となる事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                106/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)子会社株式及び関連会社株式
              移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)その他有価証券

              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

             主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
            を採用しております。
           3.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
              定率法を採用しております。
              ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以降に取得し
             た建物附属設備及び構築物については定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物    7年~15年
              工具、器具及び備品  2年~15年
            (2)無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当期負担額を計上しております。
            (3)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
             己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
            (4)役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支払に備えて、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
           5.その他財務諸表作成のための基本となる事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
            法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実
           務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、2016年4月1日以後に取得した建物附属設
           備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
            なお、これによる財務諸表に与える影響は軽微であります。
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           該当事項はありません。
                                107/125


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
            「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を
           当事業年度から適用しております。
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           該当事項はありません。
         (貸借対照表関係)

          ※ 関係会社項目
            関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
     流動資産
      売掛金                              215,763千円                  270,019千円
         (損益計算書関係)

          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度80%、当事業年度72%、一般管理費に属する費用の
            おおよその割合は前事業年度20%、当事業年度28%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     役員報酬                               114,355千円                  117,547千円
     給与及び手当                               267,661                  290,575
     賞与引当金繰入額                                50,024                  57,414
     役員退職慰労引当金繰入額                                4,510                  2,666
     退職給付費用                                2,821                  5,069
     販売促進費及び広告宣伝費                               113,179                  118,595
     減価償却費                                34,155                  28,304
          ※2 固定資産売却修正損の内容は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     ソフトウエア                               △5,523千円                    -千円
      合計                              △5,523                    -
          ※3 投資有価証券評価損は、時価及び実質価額の著しく下落している投資有価証券の評価損であります。

         (有価証券関係)

          前事業年度(2017年3月31日)
           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額は子会社株式60,600千円、関連会社株式50,311千円)は、
          市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(2018年3月31日)

           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額は子会社株式60,600千円、関連会社株式48,311千円)は、
          市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                108/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2017年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年3月31日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             1,555千円
             賞与引当金                             12,558
             貸倒引当金                             1,512
             有償支給差額金                             6,974
                                          2,496
             その他
                  計
                                          25,096
            繰延税金資産(固定)
             退職給付引当金                             9,292
             貸倒引当金                             2,343
             長期前払費用                             8,837
             敷金償却費                             1,515
             固定資産売却修正損                             1,598
             電話加入権                              133
             役員退職慰労引当金                             3,557
                                           511
             その他
            繰延税金資産(固定)小計
                                          27,788
                                         △3,690
             評価性引当額
            繰延税金資産(固定)合計                              24,098
            繰延税金負債(流動)

                                          △278
             未収配当金
                  計                        △278
            繰延税金資産の純額                              48,915
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年3月31日)
            法定実効税率
                                           30.9%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              4.1
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.1
             住民税均等割                              0.7
             試験研究費等の特別控除額                             △5.4
             評価性引当額の増減額                              0.8
             税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              0.1
             連結子会社の吸収合併による繰越欠損金の利用                             △3.9
             抱合せ株式消滅差益                             △2.1
             その他                             △0.1
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           24.9
                                109/125





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(2018年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2018年3月31日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             2,864千円
             賞与引当金                             13,176
             貸倒引当金                              636
             有償支給差額金                             6,562
                                          2,989
             その他
                  計
                                          26,229
            繰延税金資産(固定)
             退職給付引当金                             10,248
             貸倒引当金                             2,306
             長期前払費用                             7,171
             敷金償却費                             1,701
             電話加入権                              133
             役員退職慰労引当金                             4,373
             投資有価証券評価損                              612
                                          1,474
             その他
            繰延税金資産(固定)小計
                                          28,021
                                         △5,119
             評価性引当額
            繰延税金資産(固定)合計                              22,901
            繰延税金負債(流動)

                                          △236
             未収配当金
                  計
                                          △236
            繰延税金負債(固定)
                                         △1,509
             その他有価証券評価差額金
                  計                       △1,509
            繰延税金資産の純額                              47,385
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
            あるため注記を省略しております。
         (企業結合等関係)

           共通支配下の取引等
            連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を省略しております。
                                110/125







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           株式分割及び単元株制度の採用
            当社は、2018年11月15日開催の取締役会決議に基づき、2018年12月4日付をもって株式分割を行っており
           ます。また、上記株式分割に伴い、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
           1.株式分割、単元株制度の採用の目的
             当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単
            元を100株とする単元株制度を採用いたします。
           2.株式分割の概要

            (1)分割方法
              2018年12月3日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき
             100株の割合をもって分割しております。
            (2)分割により増加する株式数

              株式分割前の発行済株式総数                      25,090株
              株式分割により増加する株式数  2,483,910株
              株式分割後の発行済株式総数   2,509,000株
              株式分割後の発行可能株式総数  8,000,000株
            (3)株式分割の効力発生日

              2018年12月4日
            (4)1株当たり情報に与える影響

              当該株式分割が前事業年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は以下のとおりです。
              前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                            当事業年度
                                    (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     1株当たり純資産額                                                318.03円

     1株当たり当期純利益金額                                                53.17円

      (注) 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場である
          ため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
              当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                            当事業年度
                                    (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                                                364.72円

     1株当たり当期純利益金額                                                54.50円

      (注) 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場である
          ため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
           3.単元株制度の採用

             単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株としております。
                                111/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          【株式】
                                                   貸借対照表計上額
                          銘柄              株式数(株)
             その他有
                                                     (千円)
     投資有価証券
             価証券
                  株式会社アールシーコア                           46,400           56,793
                     計                        46,400           56,793

          【債券】

           該当事項はありません。
          【その他】

           該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物及び構築物
                    31,168       1,666       -    32,834      21,257       2,572      11,577
      工具、器具及び備品              64,074       5,059       -    69,134      43,199      10,611      25,935
        有形固定資産計            95,242       6,726       -    101,969       64,456      13,183      37,512
     無形固定資産
      ソフトウエア
                    392,163       83,363        -    475,526      370,513       36,755      105,013
      ソフトウエア仮勘定              1,798      32,855      29,453       5,199       -      -     5,199
      商標権              5,600       -      -     5,600      1,993       560     3,606
        無形固定資産計            399,561      116,218       29,453      486,326      372,506       37,315      113,819
     長期前払費用
                     478      700       7    1,171       471      102      700
      (注)1.ソフトウエアの主な当期増加額は次のとおりであります。
           増加額 会計ソフトウエア   17,400千円
           増加額 構造計算ソフトウエア 15,000千円
           増加額 CADソフトウエア                  4,900千円
         2.ソフトウエア仮勘定の主な当期増加額は次のとおりであります。
           増加額 CADソフトウエア                  1,303千円
           増加額 基幹業務ソフトウエア                 3,896千円
           増加額 CADソフトウエア                  3,658千円
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                  12,553         2,079         120       4,902        9,610

      賞与引当金                  40,694        43,032        40,694          -      43,032

      役員退職慰労引当金                  11,616         2,666          -        -      14,283

      (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
                                112/125




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                113/125



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年4月1日から翌年3月31日まで

      定時株主総会                  毎事業年度終了後3ヶ月以内

      基準日                  毎年3月31日

      株券の種類                  -

                       毎年9月30日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年3月31日
      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換え(注)1

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号

       取扱場所
                       三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                       三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                 三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店

       名義書換手数料                 無料

       新券交付手数料                 -

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号

       取扱場所
                       三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                       三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                 三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店(注)1

       買取手数料                 無料(注)2

                       電子公告により行う。          ただし、やむを得ない事由により、電子公告によるこ

                       とができない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
      公告掲載方法
                       当社の公告掲載URL         https://www.ncn-se.co.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)1.当社株式は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する

           法律第128条第1項に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
         2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「株式の売買の委託に係る手
           数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
         3.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
           旨、定款に定めております。
           (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
           (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
           (3)募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                114/125



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                115/125


















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                116/125



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エヌ・シー・エヌ(E34716)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者             価格
                移動前所有                 移動後所有            移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)     移動理由
                者の住所                 者の住所            (株)
          称           の関係等      称           の関係等            (円)
                      特別利害関係      双日建材株式
                                  東京都千代
                      者等(大株主      会社           特別利害関係            40,000,000     事業上の関
      2016年          東京都世田                 田区大手町
          田鎖 郁夫           上位10名、当      代表取締役社           者等(大株主         800    (50,000)    係強化のた
      5月19日           谷区                 一丁目7番
                      社代表取締役      長                            め
                                       上位10名)            (注)4.
                                  2号
                      社長)      大西 哲也
                      特別利害関係
                      者等(当社取
                            双日建材株式
                                  東京都千代
                      締役会長の二      会社           特別利害関係            10,000,000     事業上の関
      2016年          兵庫県西宮                 田区大手町
          杉山 義久           親等内の血      代表取締役社           者等(大株主         200    (50,000)    係強化のた
      5月19日           市                 一丁目7番
                      族、大株主上
                            長           上位10名)            (注)4.     め
                                  2号
                      位10名、当社      大西 哲也
                      取締役)
                      特別利害関係
                      者等(大株主                 特別利害関係            5,000,000     経営参画意
      2016年          岐阜県加茂                 東京都葛飾
          杉山 恒夫           上位10名、当      松井 忠三           者等(当社取&nbs