野村マイクロ・サイエンス株式会社 四半期報告書 第50期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第50期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:野村マイクロ・サイエンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第50期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    野村マイクロ・サイエンス株式会社
      【英訳名】                    Nomura    Micro   Science    Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長兼最高執行責任者 八巻 由孝
      【本店の所在の場所】                    神奈川県厚木市岡田二丁目9番8号
      【電話番号】                    (046)228-5195
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長兼最高財務責任者 横川 收
      【最寄りの連絡場所】                    神奈川県厚木市岡田二丁目9番8号
      【電話番号】                    (046)228-5195
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長兼最高財務責任者 横川 收
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第49期           第50期
               回次               第3四半期           第3四半期            第49期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日
              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                      (千円)          13,105,915           18,371,924           21,603,367
     売上高
                      (千円)            633,754           854,849          1,131,044
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            478,357           827,794          1,004,327
     期)純利益
                      (千円)            764,306           769,075          1,075,639
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           8,441,226           9,286,096           8,785,982
     純資産額
                      (千円)          20,829,149           20,542,895           22,096,357
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            52.97           90.85           111.08
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            52.64           90.60           110.39
     (当期)純利益金額
                      (%)             40.4           45.2           39.7
     自己資本比率
                               第49期           第50期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
                                   43.96           53.40

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        第2四半期連結累計期間において、ベトナム社会主義共和国にNomura                                Micro   Science(Vietnam)Co.,Ltdを設立し連
       結子会社が1社増加しました。また、当第3四半期連結会計期間において、中華人民共和国貴州省の                                              黔東南州凱創水
       資源環保科技工程有限公司の出資持分全部を譲渡し連結子会社が1社減少しました。                                       当社グループ(当社及び当社の
       関係会社)は、当社(野村マイクロ・サイエンス株式会社)及び連結子会社6社により構成されております。
        なお、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/16





                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
       事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)   経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善が続くなど、緩やかな回
        復基調で推移いたしました。一方、中国をはじめとするアジア新興国の経済の先行きや米中間の通商問題の動向
        が懸念される状況となり、先行き不透明な状況が続きました。
         当社グループの業績に影響を及ぼす半導体業界は、Semiconductor                               Equipment     and  Materials     International
        (SEMI)が発表した2018年第3四半期の半導体製造装置出荷額によると、                                  中国は前年同期比106%増、日本は同
        40%増、台湾は同23%増、世界全体では同11%増となり、引き続き好調に推移いたしました。また、液晶ディス
        プレイ市場では、有機ELパネルの投資が延期等により減少する一方、中国での大型パネル向け投資が継続してい
        ますが、増産が本格化したこと等により、供給過剰感が強まってきました。
         このような状況下、当社グループは海外では半導体・液晶関連企業、国内では製薬・半導体関連企業を中心に
        積極的な営業活動を展開し、引き続き半導体関連企業の投資意欲が旺盛な韓国、中国市場を中心に受注獲得に努
        めてまいりました。加えて平成30年8月には、                      ベトナム社会主義共和国における超純水製造装置の受注活動並び
        に施工、販売及びメンテナンスを目的として同国内に子会社を設立いたしました。
         一方、平成25年に参画した中国貴州省における浄水並びに汚水処理事業については、現地地方政府からの出資
        持分譲受の申し入れに応じ、平成30年11月に出資持分全部を譲渡いたしました。
         これらの事業活動により、水処理装置については、国内の製薬・半導体関連企業及び韓国、中国、台湾の半導
        体・液晶関連企業から受注した水処理装置の工事が進捗したことにより、売上高は122億8千4百万円(前年同期
        比78.4%増)となりました。また、メンテナンス及び消耗品については、アメリカでの受注が                                            減少したこと等に
        より  、売上高は48億4千3百万円(同11.7%減)となり、その他の事業については、台湾                                        でのPVDF配管材料の受
        注が増加したこと等により、             売上高は12億4千3百万円(同69.2%増)となりました。
         利益面につきましては、水処理装置の売上高が増加したことにより売上総利益率は4.4ポイント低下しました
        が、増収効果及び営業外収益に為替差益を計上したこと並びに特別利益に関係会社出資金売却益1億9千2百万
        円を計上したこと等により増益となりました。
         以上の結果、売上高は183億7千1百万円(同40.2%増)、営業利益は8億2千4百万円(同31.5%増)、経常
        利益は8億5千4百万円(同34.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は8億2千7百万円(同73.0%
        増)となりました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

         ① 日本
           国内の製薬・半導体関連企業、韓国の半導体・液晶関連企業から受注した超純水製造装置の工事が進捗し
          たこと等により、売上高は95億9千5百万円(前年同期比17.4%増)となり、販管費の増加等により営業利
          益は2億8千8百万円(同11.7%減)となりました。
         ② アジア
           韓国、中国及び台湾の半導体・液晶関連企業並びにベトナムへ進出した韓国の液晶関連企業から受注した
          超純水製造装置等の工事が進捗したこと等により、売上高は87億6千4百万円(同91.3%増)となり、営業
          利益は5億6千8百万円(同165.8%増)となりました。
         ③ アメリカ
           半導体関連企業への消耗品販売が減少したことにより、売上高は11百万円(同96.6%減)となり、営業損
          失は3千2百万円(前年同期は8千5百万円の営業利益)となりました。
      (2)   財政状態の状況

         当第3四半期末の総資産は、前連結会計年度末に比べて15億5千3百万円減少し、205億4千2百万円となりま
        した。これは主に、仕掛品が9億7千万円増加した一方で、受取手形及び売掛金が26億9千2百万円減少したこ
        と等によるものであります。
                                  3/16



                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
         負債合計は、前連結会計年度末に比べて20億5千3百万円減少し、112億5千6百万円となりました。これは主
        に、短期借入金が18億2千万円減少したこと等によるものであります。
         また、純資産については、前連結会計年度末に比べて5億円増加し、92億8千6百万円となりました。これは
        主に、利益剰余金が5億5千6百万円増加したこと等によるものであります。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四
        半期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を
        行っております。
      (3)   事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)   研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、1億8千5百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)   経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         当社グループは、主要顧客企業である半導体及び液晶関連産業の設備投資動向により、需要の変動が避けられ
        ない状況にあります。また、近年では半導体及び液晶パネルの価格下落に伴う事業採算の悪化から、投資競争の
        激化とも相俟って、事業の選択と集中による半導体及び液晶メーカーの優劣が鮮明となりつつあり、当社グルー
        プの経営成績が、主要顧客企業の競争力により影響を受ける可能性があります。
         当社グループといたしましては、これらの状況を踏まえて、顧客ニーズへのきめ細かな対応を通じて、競争力
        の高い販売先を確保するとともに、営業力の強化及び受注採算の維持・改善が重要な経営課題であると認識して
        おります。
         加えて、今後の受注拡大を図るためには、継続的な研究開発による競合他社との差別化、新商品の開発を強化
        するとともに、優秀な人材の確保と育成が急務となっております。
         また、当社グループの海外売上高比率は概ね60%となっており、その地域も韓国・台湾を中心とするエリアか
        ら、中国・ベトナム・アメリカ等へと広域化していることから、顧客満足の向上による継続的な受注と迅速な対
        応を実現させるためには、広域化した現場管理を担う技術者の確保と人材育成が重要であると認識しておりま
        す。
      (6)   資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当社グループの資金需要は、主に装置受注に伴う原材料及び消耗品等の仕入や製造費用、販売費及び一般管理
        費等の運転資金のほか、有形・無形固定資産などへの設備資金があります。これらの資金需要に対して、自己資
        金及び長期・短期借入金にて対応しておりますが、借入金につきましては、主要取引銀行と当座貸越契約及びコ
        ミットメントライン契約を締結しており、事業遂行に必要な資金を確保しております。
      (7)   経営者の問題意識と今後の方針について

         当社グループの経営陣は、現在の事業環境、顧客ニーズ及び入手可能な情報に基づき、最善な経営方針を立案
        するよう努めており、アジアの純水市場でリーディング・カンパニーの地位に立つことを中長期的な目標として
        おります。
         しかしながら、水処理装置の中心である超純水装置は、既述のとおり主要顧客企業である半導体及び液晶関連
        産業の設備投資動向により需要の変動が避けられないことに加え、近年では半導体及び液晶パネル価格の下落に
        伴う事業採算の悪化から、事業の選択と集中による半導体及び液晶メーカーの優劣が鮮明になっているため、今
        後も持続的な成長が見込まれる韓国、中国及び台湾を中心とするアジアでの競争力強化、並びに超純水以外の一
        般水処理の強化及び当社グループの事業領域の拡大、周辺ビジネスの展開による長期安定収益の確保が不可欠で
        あると認識しております。
         また、顧客の環境に対するニーズを的確に捉え、環境関連分野を強化することが急務であるとの認識から、こ
        れまでに培ってきた超純水に関する技術・ノウハウを活かし、半導体及び液晶周辺事業に関わるRSシリーズ
        (レジスト剥離剤)、金属除去フィルター等超純水製造装置以外の商品の市場投入に加え、環境に配慮した高付
        加価値製品の投入に積極的に取り組んでいく所存であります。
         この観点から、アジアを中心とした海外と国内の拠点展開により営業力の強化を図っており、併せて優秀な人
        材の確保と育成による同業他社との差別化が急務であると認識しております。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16


                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          32,000,000

                  計                                32,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成31年2月12日)
               (平成30年12月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                     単元株式数
     普通株式              10,152,000             10,152,000        JASDAQ
                                                     100株
                                        (スタンダード)
         計           10,152,000             10,152,000             -          -

     (注)普通株式は完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない、当社における標準となる株式であります。

       (2)  【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
     平成30年10月1日~
                     -   10,152,000            -    2,236,800           -    1,968,194
     平成30年12月31日
       (5)  【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
       (6)  【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式 1,037,000                -            -

     完全議決権株式(その他)                    普通株式 9,112,300                   91,123         (注)

     単元未満株式                    普通株式   2,700                -            -

     発行済株式総数                        10,152,000            -            -

     総株主の議決権                        -               91,123          -

      (注)権利内容に何ら限定のない、当社における標準となる株式であります。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     野村マイクロ・サイエ            神奈川県厚木市岡田二丁
                                 1,037,000           -    1,037,000          10.21
     ンス株式会社            目9番8号
          計             -         1,037,000           -    1,037,000          10.21
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について

         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期
       連結財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,100,540              5,297,350
         現金及び預金
                                      ※1 10,189,625             ※1 7,497,579
         受取手形及び売掛金
                                       ※1 811,828             ※1 490,930
         電子記録債権
                                         77,906              99,731
         商品及び製品
                                        669,501             1,640,293
         仕掛品
                                        189,932              197,310
         原材料及び貯蔵品
                                        748,870             1,714,115
         その他
                                       △ 164,271             △ 109,049
         貸倒引当金
                                       17,623,933              16,828,263
         流動資産合計
       固定資産
                                       3,002,159              1,943,339
         有形固定資産
                                         13,561              12,567
         無形固定資産
                                       1,456,701              1,758,725
         投資その他の資産
                                       4,472,423              3,714,632
         固定資産合計
                                       22,096,357              20,542,895
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                      ※1 3,577,850             ※1 3,090,166
         支払手形及び買掛金
                                       6,148,363              4,327,399
         短期借入金
                                       1,982,831              1,518,476
         未払金
                                        181,673              195,604
         未払法人税等
                                        101,160              136,228
         製品保証引当金
                                         5,880                -
         工事損失引当金
                                        187,462               79,775
         賞与引当金
                                         29,566               3,066
         役員賞与引当金
                                         5,699               933
         損害賠償引当金
                                         35,299              10,808
         資産除去債務
                                        537,163             1,347,825
         その他
                                       12,792,952              10,710,283
         流動負債合計
       固定負債
                                         79,481              93,395
         退職給付に係る負債
                                        246,640              261,246
         役員退職慰労引当金
                                        191,300              191,873
         その他
         固定負債合計                                517,422              546,514
                                       13,310,374              11,256,798
       負債合計
                                  8/16







                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,236,800              2,236,800
         資本金
                                       2,066,466              2,073,336
         資本剰余金
                                       4,284,493              4,841,299
         利益剰余金
                                       △ 504,467             △ 497,275
         自己株式
                                       8,083,292              8,654,159
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        156,847               64,723
         その他有価証券評価差額金
                                        529,623              563,028
         為替換算調整勘定
                                        686,471              627,752
         その他の包括利益累計額合計
                                         16,218               4,185
       新株予約権
                                       8,785,982              9,286,096
       純資産合計
                                       22,096,357              20,542,895
      負債純資産合計
                                  9/16















                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      売上高                                 13,105,915              18,371,924
                                       10,311,102              15,269,167
      売上原価
                                       2,794,812              3,102,756
      売上総利益
                                       2,167,821              2,278,011
      販売費及び一般管理費
                                        626,991              824,745
      営業利益
      営業外収益
                                         14,962               6,359
       受取利息
                                         11,941              11,354
       受取配当金
                                         15,557              16,909
       受取家賃
                                           -            44,803
       為替差益
       保険返戻金                                  17,445                -
                                         5,002              4,138
       その他
                                         64,909              83,565
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  32,211              51,640
                                         23,610                -
       為替差損
                                         2,325              1,820
       その他
                                         58,147              53,461
       営業外費用合計
                                        633,754              854,849
      経常利益
      特別利益
                                           42              615
       固定資産売却益
                                           -             8,296
       新株予約権戻入益
                                           -            192,609
       関係会社出資金売却益
                                           42            201,521
       特別利益合計
      特別損失
                                           877              959
       固定資産除却損
                                           877              959
       特別損失合計
                                        632,919             1,055,411
      税金等調整前四半期純利益
                                        154,665              227,616
      法人税等
                                        478,253              827,794
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 103               -
                                        478,357              827,794
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/16








                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                        478,253              827,794
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        100,356              △ 92,123
       その他有価証券評価差額金
                                        185,696               33,404
       為替換算調整勘定
                                        286,052              △ 58,719
       その他の包括利益合計
                                        764,306              769,075
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        764,372              769,075
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 66              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第2四半期連結累計期間において、ベトナム社会主義共和国にNomura                                Micro   Science(Vietnam)Co.,Ltdを新たに
        設立したため、連結の範囲に含めております。また、当第3四半期連結会計期間において、                                          黔東南州凱創水資源環
        保科技工程有限公司の出資持分全部を譲渡したため、                         連結の範囲から除外しております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
         計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1 四半期連結会計期間末日満期手形等
          四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
        お、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期
        連結会計期間末日残高に含まれております。
                               前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                              (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
         受取手形                         10,146千円                 17,900千円
         電子記録債権                          4,078                 4,972
         支払手形                          2,234                53,736
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                 至 平成30年12月31日)
         減価償却費                         139,461千円                 139,509千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年12月31日)
           配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成29年6月22日
               普通株式        134,061          15  平成29年3月31日         平成29年6月23日          利益剰余金
     定時株主総会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年4月1日 至平成30年12月31日)

           配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成30年6月21日
               普通株式        181,999          20  平成30年3月31日         平成30年6月22日          利益剰余金
     定時株主総会
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年12月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                                        合計
                             日本      アジア      アメリカ        計
            売上高

                            8,170,827       4,581,312        353,775     13,105,915       13,105,915
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高又
                            1,064,668        210,573         -   1,275,242       1,275,242
             は振替高
                            9,235,495       4,791,886        353,775     14,381,157       14,381,157
                  計
                             327,158       213,969       85,863      626,991       626,991
            セグメント利益
           (注)セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年4月1日 至平成30年12月31日)

           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                                        合計
                             日本      アジア      アメリカ        計
            売上高

                            9,595,219       8,764,717        11,987     18,371,924       18,371,924
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高又
                             807,321       777,624         -   1,584,946       1,584,946
             は振替高
                            10,402,540       9,542,341        11,987     19,956,870       19,956,870
                  計
            セグメント利益又は損失(△)                  288,937       568,789      △ 32,982      824,745       824,745
           (注)セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
                                 13/16










                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      (1)1株当たり四半期純利益金額                                 52円97銭               90円85銭
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千
                                       478,357               827,794
        円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       478,357               827,794
        純利益金額(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                9,030               9,111
      (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 52円64銭               90円60銭

       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
        (千円)
        普通株式増加数(千株)                                 56               25
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                               -               -
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16









                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                野村マイクロ・サイエンス株式会社(E01735)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月8日

     野村マイクロ・サイエンス株式会社

      取締役会 御中

                           太陽有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              須永 真樹  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              樹神 祐也  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている野村マイクロ・

     サイエンス株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年
     10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係
     る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記
     について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、野村マイクロ・サイエンス株式会社及び連結子会社の平成30年12月31
     日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
     項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                     含まれておりません。
                                 16/16






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。