京阪ホールディングス株式会社 四半期報告書 第97期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第97期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:京阪ホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】               四半期報告書

      【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】               関東財務局長

      【提出日】               2019年2月12日

      【四半期会計期間】               第97期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

      【会社名】               京阪ホールディングス株式会社

      【英訳名】               Keihan    Holdings     Co.,Ltd.

      【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  加             藤 好    文

      【本店の所在の場所】               大阪府枚方市岡東町173番地の1

                     大阪市中央区大手前1丁目7番31号(本社事務所)

      【電話番号】               06(6944)2527

      【事務連絡者氏名】               経営統括室 経理部長  城                野 教    雄

      【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区有楽町1丁目10番1号                     有楽町ビル内

      【電話番号】               03(3213)4631

      【事務連絡者氏名】               経営統括室 総務部 東京事務所長  黒                       川 慎    一

      【縦覧に供する場所】               京阪ホールディングス株式会社                 本社事務所

                     (大阪市中央区大手前1丁目7番31号)
                     株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第96期           第97期
               回次               第3四半期           第3四半期            第96期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自  2017年4月1日          自  2018年4月1日          自  2017年4月1日
              会計期間
                            至  2017年12月31日          至  2018年12月31日          至  2018年3月31日
     営業収益               (百万円)             222,993           226,665           322,276

                     (百万円)             23,287           24,517           29,630

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期

                     (百万円)             18,222           15,790           22,712
     (当期)純利益
                     (百万円)             20,375           14,500           23,359

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             220,582           234,026           223,559

     純資産額
                     (百万円)             699,597           727,756           698,786

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)

                      (円)            169.98           147.32           211.87
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            169.97           147.29           211.85
     四半期(当期)純利益
                      (%)             31.1           31.7           31.5

     自己資本比率
                               第96期           第97期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自  2017年10月1日          自  2018年10月1日
              会計期間
                            至  2017年12月31日          至  2018年12月31日
                      (円)             53.07           45.17

     1株当たり四半期純利益
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

          おりません。
        2.営業収益には、消費税等を含んでおりません。
        3.当社は、2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の
          期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四
          半期(当期)純利益を算定しております。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標等
          については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)財政状態及び経営成績の状況
       <財政状態>

         当第3四半期連結会計期間末の総資産は、販売土地及び建物や有形固定資産が増加したことなどにより、前連結
        会計年度末から289億7千万円(4.1%)増加し、7,277億5千6百万円となりました。
         負債につきましては、有利子負債が増加したことなどにより、前連結会計年度末から185億3百万円(3.9%)増
        加し、4,937億3千万円となりました。
         純資産につきましては、利益剰余金が増加したことなどにより、前連結会計年度末から104億6千6百万円
        (4.7%)増加し、2,340億2千6百万円となりました。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
        期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っ
        ております。
       <経営成績>

         当第3四半期連結累計期間の営業収益は2,266億6千5百万円(前年同期比36億7千1百万円、1.6%増)、営業
        利益は254     億3千1百万円(前年同期比9億3千5百万円、3.8%増)となり、これに営業                                     外損益を加減した経常利
        益は245億1千7百万円(前年同期比12億3千万円、5.3%増)となりました。さらに、これに特別損益を加減し、
        法人税等及び非支配株主に帰属する四半期純利益を控除した親会社株主に帰属する四半期純利益は157億9千万円
        と、前年同期に比較して24億3千1百万円(13.3%)の減益となりました。
         セグメント別の業績は、次のとおりであります。
       当第3四半期連結累計期間のセグメント別の状況

                          営業収益                     営業利益
                   前第3四半期                     前第3四半期
                           当第3四半期                     当第3四半期
                                   増減率                     増減率
                   連結累計期間                     連結累計期間
                           連結累計期間                     連結累計期間
                      百万円        百万円       %      百万円        百万円       %
       運輸業               69,941        71,057      1.6       9,065        9,930      9.5
       不動産業               64,082        69,549      8.5       9,346       10,136      8.5
       流通業               75,969        74,286     △2.2        2,120        2,320      9.5
       レジャー・サービス業               24,216        23,038     △4.9        4,551        2,825    △37.9
       その他の事業                1,385        1,399      1.0        29       △15      -
            計          235,595        239,332       1.6      25,113        25,197      0.3
          調 整 額           △12,602        △12,667        -      △616         234     -
                              226,665                     25,431
           連  結           222,993               1.6      24,496              3.8
       ①運輸業

         鉄道事業におきましては、台風などの自然災害による運休の影響があったものの、京阪電気鉄道㈱において、定
        期旅客数が増加したほか、前連結会計年度に運行開始した「プレミアムカー」及び「ライナー」列車が通期で寄与
        いたしました。
         これらの結果、運輸業全体の営業収益は710億5千7百万円と、前年同期に比較して11億1千6百万円(1.6%)
        の増収となり、営業利益は99億3千万円と、前年同期に比較して8億6千4百万円(9.5%)の増益となりまし
        た。
                                  3/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
       ②不動産業
         不動産販売業におきましては、「ローズプレイス瀬田唐橋」「ローズプレイスくずは中之芝」などの土地建物を
        販売いたしました。また、マンションでは、「ファインシティ千里津雲台」「ファインシティ枚方」などのほか、
        首都圏におきましても積極的な事業展開に努め、「ファインシティ横浜江ヶ崎ルネ」「ファインシティ東松戸モー
        ル&レジデンス」などを販売いたしました。
         不動産賃貸業におきましては、積極的な営業活動を展開し、既存の賃貸ビルの稼働率向上に努めました。
         これらの結果、不動産業全体の営業収益は695億4千9百万円と、前年同期に比較して54億6千6百万円
        (8.5%)の増収となり、営業利益は101億3千6百万円と、前年同期に比較して7億9千万円(8.5%)の増益と
        なりました。
       ③流通業

         流通業全体の営業収益は、台風などの自然災害による休業のほか、レストラン業やストア業における閉店及び改
        装に伴う休業などの影響により、742億8千6百万円と、前年同期に比較して16億8千2百万円(2.2%)の減収と
        なりましたが、「京阪百貨店守口店」「ユニクロ関西空港出国エリア店」「ユニクロなんばウォーク店」などがイ
        ンバウンド需要を取り込み、好調に推移したことに加え、不採算店舗閉店の効果などもあり、営業利益は23億2千
        万円と、前年同期に比較して2億円(9.5%)の増益となりました。
       ④レジャー・サービス業

         ホテル事業におきましては、「ホテル京阪築地銀座グランデ」「ホテル京阪京都八条口」「ホテル京阪東京四
        谷」の3店を開業したほか、各ホテルにおいて積極的な営業活動を展開し、ビジネス需要や国内外からの観光需要
        の取込みによる稼働率の向上及び収益力の強化に努めました。
         しかしながら、台風などの自然災害や京都センチュリーホテル改修工事などの影響により、レジャー・サービス
        業全体の営業収益は230億3千8百万円と、前年同期に比較して11億7千7百万円(4.9%)の減収となり、営業利
        益は28億2千5百万円と、前年同期に比較して17億2千5百万円(37.9%)の減益となりました。
       ⑤その他の事業

         その他の事業全体の営業収益は前年同期に比較してほぼ横ばいの13億9千9百万円にとどまり、営業損失は1千
        5百万円と、前年同期に比較して4千5百万円の悪化となりました。
                                  4/21











                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題
          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         株式会社の支配に関する基本方針

          (1)基本方針の内容
            当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の財務及び事業の内容や当社の企業価
           値の源泉を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を継続的かつ持続的に確保
           し、向上させていくことを可能とする者である必要があると考えております。
            当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には株主の皆様の全体の意思に
           基づいて行われるべきものと考えております。また、当社は、株式の大量買付であっても、当社の企業価
           値ひいては株主の皆様の共同の利益に資するものであれば、これを否定するものではありません。
            しかしながら、株式の大量買付のなかには、その目的などからみて企業価値ひいては株主共同の利益に
           対する明白な侵害をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取
           締役会や株主が株式の大量買付の内容などについて検討しあるいは対象会社の取締役会が代替案を提案す
           るための十分な時間や情報を提供しないもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもた
           らすために買収者との協議・交渉を必要とするものなど、対象会社の企業価値ひいては株主共同の利益に
           資さないものも少なくありません。
            特に、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させていくためには、①鉄道事
           業をはじめとするライフステージネットワークを展開するなかで培ってきたお客さま、株主の皆様、お取
           引先、従業員、地域社会をはじめとするステークホルダーとの良好な信頼関係の維持・強化、②経営陣と
           従業員による経営理念・公共的使命・経営ビジョンの共有及び経営の品格の向上、③多くのお客さまの人
           命を預かる鉄道事業をはじめとする極めて公共性の高い事業を営む企業グループとして必要とされる、安
           定的な経営基盤の確立、鉄道事業を支える設備・人材・技術などに対する深い理解、安全対策をはじめと
           する中長期的な視点に立った設備投資、日々の安全輸送を完遂するための安全マネジメントや従業員の教
           育訓練、及び安全・安心の確保を最優先する企業風土づくりの継続的な推進、④鉄道事業と各事業の有機
           的な連携による相乗効果の発揮と京阪エリアの魅力向上により、京阪ブランドを醸成してこれを新たな事
           業展開の原動力とし、グループの総合力を最大限発揮していくための手法や発想の蓄積が不可欠であり、
           これらこそが当社の企業価値の源泉であると考えております。当社株式の大量買付を行う者が、当社の財
           務及び事業の内容を理解するのはもちろんのこと、こうした当社の企業価値の源泉を理解したうえで、こ
           れらを中長期的に確保し、向上させられるのでなければ、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利
           益は損なわれることになります。
            当社は、このような当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に資さない大量買付を行う者は、
           当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大量買付に対し
           ては、必要かつ相当な対抗措置をとることにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を確
           保する必要があると考えます。
          (2)当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する特別な取組み

           ①企業価値向上のための取組み
              当社グループは、企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益の最大化をめざして策定した経営ビジョ
             ン「美しい京阪沿線、世界とつながる京阪グループへ」の実現に向け、2026年度を目標年次とした長期
             経営戦略を定め、持続的に成長する企業グループとしての基盤を築くことをめざしております。この長
             期経営戦略に基づく3カ年の具体的な取組みについて、中期経営計画(2018~2020年度)として策定し
             ております。
              長期経営戦略及び中期経営計画の概略は、次のとおりであります。
             1.基本方針

               主軸戦略として、「沿線再耕」「観光共創」「共感コンテンツ創造」の3つの取組みを進めます。
              また、経営ビジョンに向けた布石として、エリアポートフォリオの構築と次世代を見据えたイノベー
              ションの推進にも取り組みます。中期経営計画の3カ年では「くらし・まち・ときめき創造」を掲
              げ、前中期経営計画で第一歩を踏み出した成長ステージで、お客さまのくらしや、京阪沿線のまち
              に、ときめくような新しい価値を創造することに挑戦してまいります。
                                  5/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
             2.主軸戦略
              (a)「沿線再耕」 駅を拠点とする都市再生で美しい京阪沿線へ
                駅を拠点として地域の歴史・文化・産業などの特色を活かした都市開発を推進し、これらを交通
               ネットワークで結ぶことで、魅力あふれる美しい沿線を再生し、沿線の居住・来訪者の拡大を図り
               ます。「大阪東西軸復権とえきから始まるまちづくり」を重点施策に掲げ、淀屋橋、京橋、中之
               島、天満橋といった大阪市内東西軸の拠点開発を推進いたします。また、枚方市や大阪東西軸に連
               なるエリアを中心に、駅と周辺部を地域特性に応じて再生し、都心部のまちづくりと相乗効果をめ
               ざします。
              (b)「観光共創」 地域と当社グループで観光を共創、グローバル交流を促進
                成長する観光市場で、当社グループの総合力を発揮して地域と観光を共創し、京都を中心に魅力
               ある観光体験を提供・発信して、国内外からの来訪者増加を図ります。「京都を中心とした観光・
               インバウンド事業強化」を重点施策に掲げ、京都駅前・四条河原町・三条といった京都市内の拠点
               開発のほか、洛北~東山~伏見・宇治エリアを中心に観光ルート拡大に向けた取組みを推進いたし
                                               みち
               ます。あわせて比叡山・びわ湖から京都を経て大阪につながる「水の路」とも連動させながら、京
               都観光の魅力を高める観光ルートや観光コンテンツを創造してまいります。
              (c)「共感コンテンツ創造」 お客さまに共感いただける商品・サービス・事業を創造
                お客さまのくらしの価値を高めると同時に、環境をはじめとする社会課題の解決にも寄与する商
                                                          ビ オ
               品・サービス・事業の創造に取り組み、共感され、選ばれる京阪グループをめざします。「BIO
               ス タ イ ル
               STYLE―選ばれる京阪をめざして―」を重点施策に掲げ、新たなライフスタイルとして提案す
               る 「BIOSTYLE」の発信拠点として、四条河原町にフラッグシップ施設を開業し、順次コン
               テンツを展開し事業を拡大していきます。また、グループ各事業の商品・サービスにも「BIOS
               TYLE」を取り入れ、お客さまに共感いただける商品・サービスを展開してまいります。
             3.経営ビジョンに向けた布石

              (a)  エリアポートフォリオの構築
                観光事業にとどまらず、京都での事業展開を重視し、当社グループの事業機会の拡大を図りま
               す。
                また、主軸戦略を最優先に取り組みつつ、沿線で培ったノウハウを活用し、沿線外や海外成長市
               場への事業展開を進めることで、当社グループの事業エリアを拡大します。
              (b)  次世代を見据えたイノベーションの推進
                ICT技術の革新をはじめとする環境変化を見据え、商品・サービス・事業のイノベーションを
               進め、生産性が高く創造性豊かな企業グループへ進化することをめざします。
             4.各事業戦略

              (a)運輸業
                将来予想される沿線人口や労働人口の減少に備え、新たな需要創造や交通ネットワーク強化によ
               る収益力の向上と事業の効率化による経営基盤の強化を図り、当社グループの礎である、安全・安
               心ブランドの価値をさらに高める役割を担います。
              (b)不動産業
                短期回転型・長期保有型いずれの事業においても、開発メニューやコンテンツの多角化を進め、
               多様な不動産活用による収益機会の拡大を図ります。また、沿線内外や海外において当社グループ
               各事業の展開基盤となる不動産の調達・開発を進め、グループの成長ドライバーとしての役割を果
               たします。
              (c)流通業
                消費者の価値観が変化する中、お客さまに共感いただけるライフスタイルを提案するため、新業
               態の開発や商品・サービス・店舗のバリューアップを推進します。あわせて、主軸戦略に寄与する
               商業コンテンツを供給することで、収益を拡大します。また、既存事業の体質強化を進め、利益率
               の改善を図ります。
              (d)レジャー・サービス業
                観光市場の成長を確実に取り込み、ホテル事業の収益拡大を進めます。また、当社グループ横断
               で取り組む観光商品のセールス・マーケティングの中心機能を担い、沿線エリアへの誘客や観光コ
               ンテンツの強化を図ります。
                                  6/21



                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
           ②コーポレート・ガバナンスの強化
              当社は、各事業の更なる競争力強化、当社グループ事業の拡大、異業種との提携やM&Aなども活用
             した新たな事業の創出、及び沿線エリアの中長期的視点での価値向上といった課題に取り組み、持続的
             な成長と企業価値の向上を図っていくため、2016年4月1日、持株会社体制へと移行しました。また、
             こうした課題への取組みを更に加速していくため、当社は、重要な業務執行のうち相当な部分の決定を
             取締役に委任することを通じて更なる迅速な経営の意思決定の実現を図るとともに、社外取締役の豊富
             な経験及び卓越した識見を活用することで取締役会の監督機能の充実を図り、また、取締役会において
             議決権を有する監査等委員が監査を担うことで監査・監督機能を強化するなど、コーポレート・ガバナ
             ンスの一層の強化を図るべく、2017年6月20日開催の第95回定時株主総会においてご承認いただいた関
             連議案に基づき、同日をもって監査等委員会設置会社に移行いたしました。なお、当社は、従前から経
             営陣の株主の皆様に対する責任の所在を明確化するため取締役の任期を1年としておりましたが、監査
             等委員会設置会社への移行に伴い、引き続き監査等委員でない取締役の任期は1年であります。
              さらに、現在、当社の取締役13名のうち5名は独立性を有する社外取締役(うち2名は監査等委員で
             ない社外取締役)を選任しております。これら社外取締役による当社経営に対する監督・監視機能の充
             実を図り、透明性の高い経営を実現するなど、コーポレート・ガバナンスの一層の強化を図っておりま
             す。
          (3)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するた

           めの取組み
              当社は、基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されること
             を防止するための取組みとして、2015年6月17日開催の第93回定時株主総会においてご承認をいただき
             更新した当社株式の大量買付行為に関する対応策(買収防衛策)を更新する(以下、「本更新」とい
             い、更新後のプランを「本プラン」といいます。)ことを、2018年5月9日開催の取締役会において決
             定し、これについて、2018年6月19日開催の第96回定時株主総会においてご承認をいただいておりま
             す。本プランの内容は次のとおりであります。
             ①本プランの目的

               本更新は、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させることを目的とし
              て、基本方針に沿って行われたものであります。
               当社は、基本方針に定めるとおり、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に資さない大
              量買付を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えており
              ます。本プランは、こうした不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されること
              を防止し、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に反する大量買付を抑止するとともに、
              大量買付が行われる際に、当社取締役会が株主の皆様に代替案を提案したり、あるいは株主の皆様が
              かかる大量買付に応じるべきか否かを判断するために必要な情報や時間を確保すること、株主の皆様
              のために交渉を行うことなどを可能とすることを目的としております。
             ②手続の設定

               本プランは、(i)当社が発行者である株券等について、保有者の株券等保有割合が20%以上となる買
              付その他の取得、または(ii)当社が発行者である株券等について、公開買付けを行う者の当該公開買
              付けに係る買付け等後の株券等所有割合及びその特別関係者の当該公開買付けに係る買付け等後の株
              券等所有割合の合計が20%以上となる公開買付けに該当する当社株券等の買付その他の取得もしくは
              これに類似する行為またはこれらの提案(以下「買付等」といいます。)がなされる場合を適用対象
              とし、こうした場合に上記①の目的を実現するために必要な手続を定めております。
               当社の株券等について買付等が行われる場合、当該買付等を行おうとする者(以下「買付者等」と
              いいます。)には、買付内容などの検討に必要な情報及び本プランに定める手続を遵守する旨の誓約
              文言などを記載した書面の提出を求めます。その後、買付者等や当社取締役会から提出された情報、
              当社取締役会の代替案などが、独立性の高い社外者のみから構成される企業価値委員会に提供され、
              その評価、検討を経るものとします。企業価値委員会は、買付等の内容の検討、当社取締役会の提示
              する代替案の検討、買付者等との協議・交渉などを行います。
             ③新株予約権の無償割当てによる本プランの発動

               企業価値委員会は、買付者等による買付等が本プランに定める手続を遵守しない買付等である場合
              や、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益に対する明白な侵害をもたらすおそれのある買付等で
              ある場合などにおいて、後述する新株予約権の無償割当てを実施することが相当であると判断した場
              合には、当社取締役会に対して、かかる新株予約権の無償割当てを実施すべき旨の勧告を行います。
              かかる新株予約権(以下「本新株予約権」といいます。)は、1円を下限とし当社株式1株の時価の
              2分の1の金額を上限とする金額の範囲内で会社が別途定める金額を払い込むことにより行使し、当
              社株式1株を取得することができ、また、買付者等を含む非適格者や非居住者による権利行使が原則
                                  7/21

                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
              として認められないとの行使条件及び当社が非適格者以外の者から当社株式1株と引換えに原則とし
              て本新株予約権1個を取得することができる旨の取得条項が付されております。なお、非適格者に金
              銭 等の経済的な利益を交付し非適格者が有する本新株予約権を取得することは想定しておりません。
              当社取締役会は、企業価値委員会の上記勧告を最大限尊重して本新株予約権の無償割当ての実施また
              は不実施などの決議を行うものとします。ただし、当社取締役会は、本プラン所定の場合には株主の
              皆様の意思を確認するための株主総会(以下「株主意思確認株主総会」といいます。)を招集し、新
              株予約権無償割当ての実施に関して株主の皆様の意思を確認することができるものとされており、こ
              の場合には、当社取締役会は、株主意思確認株主総会の決議に従い、決議を行うものとします。
               こうした手続の過程については、適宜株主の皆様への情報開示を通じて透明性を確保することとし
              ております。
               本新株予約権の無償割当てが実施されていない場合、株主の皆様に直接具体的な影響が生じること
              はありません。他方、本プランに従って本新株予約権の無償割当てが実施された場合、株主の皆様が
              本新株予約権の行使手続を行わなければその保有する当社株式が希釈化する場合があります(ただ
              し、当社が当社株式の交付と引換えに本新株予約権の取得を行った場合には、株式の希釈化は生じま
              せん。)。
             ④本プランの有効期間及び廃止

               本プランにおける本新株予約権の無償割当てに関する事項の決定権限の委任期間(以下「有効期
              間」といいます。)は、第96回定時株主総会終結後3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに
              関する定時株主総会の終結の時までとされています。
               ただし、有効期間の満了前であっても、(i)当社の株主総会において本プランに係る本新株予約権の
              無償割当てに関する事項の決定についての取締役会への委任を撤回する旨の決議が行われた場合、ま
              たは、(ii)当社取締役会により本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランはその時
              点で廃止されることになります。
          (4)取組みが基本方針に沿い、当社の株主共同の利益を損なうものではなく、当社役員の地位の維持を目的と

           するものでないことについて
             ①基本方針の実現に資する特別な取組み(上記(2))について
               本計画をはじめとして、上記(2)に記載した取組みは、当社の経営理念や公共的使命を背景に、引き
              続き当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益の確保・向上を図るために策定したものであり、まさ
              に基本方針の実現に資するものです。
               従って、これらの取組みは、基本方針に沿い、当社の株主の皆様の共同の利益に合致するものであ
              り、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
             ②基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止す

              るための取組み(上記(3))について
               本更新は、上記(3)①記載のとおり、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させ
              ることを目的として行われたものであり、基本方針に沿うものです。
               特に、本更新は、株主総会において株主の皆様の承認を得て行われたものであること、その内容と
              して本プランの発動に関する合理的な客観的要件が設定されていること、独立性の高い社外者のみに
              よって構成される企業価値委員会が設置されており、本プランの発動に際しては必ず企業価値委員会
              の判断を経ることが必要とされていること、一定の場合には、本プランの発動の是非について株主意
              思確認株主総会において株主の皆様の意思を確認することとされていること、企業価値委員会は当社
              の費用で第三者専門家の助言を受けることができるとされていること、当社の監査等委員でない取締
              役の任期が1年であること、本プランの有効期間が3年間と定められたうえ、株主総会または取締役
              会によりいつでも廃止できるとされていることなどにより、その公正性・客観性が担保されており、
              当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に資するものであり、当社の会社役員の地位の維持
              を目的とするものではありません。
      (3)研究開発活動

          該当事項はありません。
                                  8/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
      (4)主要な設備
          前連結会計年度末において計画中であった主要な設備の新設、除却等のうち、当第3四半期連結累計期間に完
         了したものは、次のとおりであります。
                                                投資額

         セグメントの名称                   会社名・工事件名                           完了年月
                                               (百万円)
                    (京阪電気鉄道㈱)
                                                  1,657
        運輸業                                              2018年5月
                    京阪線鉄道車両(13000系)14両新造
     3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  9/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                                  319,177,200

                 普通株式
                  計                               319,177,200

       ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
               (2018年12月31日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数

       普通株式           113,182,703             同左
                                          (市場第一部)             100株
                  113,182,703

         計                       同左             -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                発行済株式
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                総数残高                       増減額        残高
                総数増減数
                               (百万円)        (百万円)
                 (千株)
                        (千株)                      (百万円)        (百万円)
     2018年10月1日~
                     -     113,182          -      51,466          -      12,868
     2018年12月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 10/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
       ①【発行済株式】

                                                  (2018年12月31日現在)
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -             -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -             -            -

     議決権制限株式(その他)                        -             -            -

                        普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                                                   単元株式数100株
                               5,992,300
                        普通株式
     完全議決権株式(その他)(注)
                                                     同上
                             106,764,500             1,067,645
                        普通株式
     単元未満株式                                    -            -
                                425,903
     発行済株式総数                                    -

                                                   単元株式数100株
                             113,182,703
                                           1,067,645
     総株主の議決権                        -                         -
     (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式700株(議決権7個)が含まれて
        おります。
       ②【自己株式等】

                                                  (2018年12月31日現在)
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     京阪ホールディングス            大阪市中央区大手前1丁
                                 5,992,300        -      5,992,300           5.29
     株式会社            目7番31号
                                 5,992,300        -      5,992,300           5.29
          計             -
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動
        氏名                                              異動年月日
                    新役名及び職名                    旧役名及び職名
                    経営統括室副室長(経営戦略担

                                       経営統括室副室長(経営戦略担
                    当<全社戦略>・事業推進担当
               取締役                    取締役     当<全社戦略>・事業推進担当
       石丸 昌宏             <マーケティング・デザイン                                  2018年9月1日
             常務執行役員                    常務執行役員      <マーケティング・デザイン
                    >・人事部担当)、経営統括室
                                       >・人事部担当)
                    人事部長
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                 12/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         20,317              19,474
         現金及び預金
                                         31,199              23,447
         受取手形及び売掛金
                                           51               6
         有価証券
                                        105,070              119,537
         販売土地及び建物
                                         1,772              2,211
         商品
                                         10,099              17,829
         その他
                                         △ 243             △ 250
         貸倒引当金
                                        168,266              182,257
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              193,388              194,451
          機械装置及び運搬具(純額)                               16,672              18,093
                                        217,866              218,153
          土地
                                         19,065              28,838
          建設仮勘定
                                         8,632              9,654
          その他(純額)
                                        455,624              469,191
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 9,267              8,702
         投資その他の資産
                                         43,676              45,009
          投資有価証券
                                           689              565
          長期貸付金
                                         9,500              8,950
          繰延税金資産
                                           704             1,126
          退職給付に係る資産
                                         11,340              12,245
          その他
                                         △ 283             △ 293
          貸倒引当金
                                         65,627              67,605
          投資その他の資産合計
                                        530,519              545,499
         固定資産合計
                                        698,786              727,756
       資産合計
                                 13/21










                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         11,588              13,289
         支払手形及び買掛金
                                         80,202              80,253
         短期借入金
                                           -            10,000
         短期社債
                                         10,045              10,045
         1年内償還予定の社債
                                         4,524              1,312
         未払法人税等
                                         7,521              11,331
         前受金
                                         2,555              1,826
         賞与引当金
                                           565              602
         商品券等引換損失引当金
                                         44,596              45,592
         その他
                                        161,600              174,253
         流動負債合計
       固定負債
                                         80,125              80,087
         社債
                                        146,026              151,964
         長期借入金
         長期未払金                                  536              483
                                         10,915              10,370
         繰延税金負債
                                         33,137              33,134
         再評価に係る繰延税金負債
                                           345              326
         役員退職慰労引当金
                                         18,790              18,482
         退職給付に係る負債
                                         23,749              24,626
         その他
                                        313,626              319,476
         固定負債合計
                                        475,226              493,730
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         51,466              51,466
         資本金
                                         28,787              28,787
         資本剰余金
                                        117,384              128,678
         利益剰余金
                                        △ 21,603             △ 21,620
         自己株式
                                        176,033              187,311
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         10,787               9,091
         その他有価証券評価差額金
                                         36,088              36,564
         土地再評価差額金
                                            6              20
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,540             △ 2,564
         退職給付に係る調整累計額
                                         44,341              43,111
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    44              75
                                         3,139              3,527
       非支配株主持分
                                        223,559              234,026
       純資産合計
                                        698,786              727,756
      負債純資産合計
                                 14/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        222,993              226,665
      営業収益
      営業費
                                        168,009              170,689
       運輸業等営業費及び売上原価
                                         30,487              30,544
       販売費及び一般管理費
                                        198,497              201,233
       営業費合計
                                         24,496              25,431
      営業利益
      営業外収益
                                           50              42
       受取利息
                                           782              874
       受取配当金
                                           689              775
       雑収入
                                         1,521              1,692
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,927              1,813
       支払利息
                                           43              68
       持分法による投資損失
                                           760              724
       雑支出
                                         2,731              2,606
       営業外費用合計
                                         23,287              24,517
      経常利益
      特別利益
                                            0             479
       投資有価証券売却益
                                           400              378
       補助金
                                           261               93
       固定資産売却益
                                           -              16
       工事負担金等受入額
                                         3,164                -
       関係会社株式売却益
                                           254              139
       その他
                                         4,081              1,107
       特別利益合計
      特別損失
                                           302              966
       固定資産除却損
                                           -              555
       災害による損失
                                           24              35
       固定資産圧縮損
                                           -               6
       減損損失
                                           -               6
       投資有価証券売却損
                                           152               -
       損害賠償金
                                            8              -
       その他
                                           488             1,570
       特別損失合計
                                         26,880              24,053
      税金等調整前四半期純利益
                                         7,742              7,084
      法人税、住民税及び事業税
                                           532              734
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    8,274              7,819
                                         18,605              16,234
      四半期純利益
                                           383              443
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         18,222              15,790
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/21





                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         18,605              16,234
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         1,341             △ 1,724
       その他有価証券評価差額金
                                           435              △ 23
       退職給付に係る調整額
                                           △ 6              13
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         1,770             △ 1,734
       その他の包括利益合計
                                         20,375              14,500
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         19,960              14,084
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           415              415
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 16/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (追加情報)
        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
        会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
        区分に表示しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務
        下記の連結会社以外の会社の借入金に対して保証予約を行っております。
        保証予約
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (2018年3月31日)                            (2018年12月31日)
     中之島高速鉄道㈱                     22,644百万円       中之島高速鉄道㈱                     21,756百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間
                           (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                            至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
      減価償却費                            14,405百万円                   14,864百万円
       (株主資本等関係)

        Ⅰ    前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
           配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2017年6月20日

               普通株式         1,608        3.0   2017年3月31日         2017年6月21日         利益剰余金
     定時株主総会
     2017年10月30日

               普通株式         1,607        3.0   2017年9月30日         2017年12月1日         利益剰余金
     取締役会
      (注)   当社は、2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。2017年6月20日定時株

        主総会決議及び2017年10月30日取締役会決議に基づく「1株当たり配当額」につきましては、当該株式併合前の金
        額を記載しております。
        Ⅱ    当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

           配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2018年6月19日

               普通株式         2,143        20.0    2018年3月31日         2018年6月20日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年11月5日

               普通株式         1,875        17.5    2018年9月30日         2018年12月3日         利益剰余金
     取締役会
                                 17/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
         1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:百万円)
                                                        四半期連結

                                    レジャー・     その他の          調整額    損益計算書
                      運輸業     不動産業     流通業               合計
                                    サービス業      事業         (注)1     計上額
                                                         (注)2
        営業収益

         外部顧客への営業収益              68,291     54,285     75,621     23,936      856   222,991        2  222,993
         セグメント間の
                       1,649     9,797      348     280     529    12,604    △ 12,604       -
         内部営業収益又は振替高
              計         69,941     64,082     75,969     24,216     1,385    235,595     △ 12,602     222,993
         セグメント利益               9,065     9,346     2,120     4,551      29   25,113     △ 616    24,496
       (注)1.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去及び各報告セグメントに配分していない当社の損益
             であります。
          2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

         1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:百万円)
                                                        四半期連結

                                    レジャー・     その他の          調整額    損益計算書
                      運輸業     不動産業     流通業               合計
                                    サービス業      事業         (注)1     計上額
                                                         (注)2
        営業収益

         外部顧客への営業収益              69,434     59,682     73,922     22,749      873   226,662        2  226,665
         セグメント間の
                       1,622     9,866      364     289     526    12,670    △ 12,670       -
         内部営業収益又は振替高
              計         71,057     69,549     74,286     23,038     1,399    239,332     △ 12,667     226,665
         セグメント利益又は損失(△)               9,930     10,136     2,320     2,825     △ 15   25,197      234    25,431
       (注)1.セグメント利益又は                 損失(△)    の調整額は、セグメント間取引消去及び各報告セグメントに配分していな
             い当社の損益であります。
          2.セグメント利益又は             損失(△)    は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 18/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下の
       とおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益                               169円98銭               147円32銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        18,222               15,790
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        18,222               15,790
       純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                107,198               107,190
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                      169円97銭               147円29銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)                                  11               18
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                          -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
     (注)当社は、2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首
        に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定
        しております。
       (重要な後発事象)

        (無担保社債の発行)
          当社  は、2018年5月28日開催の取締役会における社債発行に関する包括決議に基づき、下記の条件にて第31回
         無担保社債を      発行いたしました。
          (1)  発行総額  10,000百万円
          (2)  発行価格  各社債の金額100円につき金100円
          (3)  払込期日  2019年1月24日
          (4)  償還期限  2029年1月24日
          (5)  利率    年0.455%
          (6)  資金の使途       「THE   THOUSAND     KYOTO(ザ・サウザンド           キョウト)」等の        設備投資資金
     2【その他】

        2018年11月5日開催の取締役会において、第97期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)の中間配当につき
       次のとおり決議いたしました。
      (a)中間配当による配当金の総額                                      1,875,831,195円

      (b)1株当たりの金額                                                         17円50銭
      (c)支払請求の効力発生日及び支払開始日    2018年12月3日
      (注)2018年9月30日現在の株主名簿に記載された株主に対し、支払を行いました。

                                 19/21



                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。

                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                  京阪ホールディングス株式会社(E04105)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2019年2月12日

     京阪ホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              小  市   裕  之        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              髙  田 康    弘   印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている京阪ホールディ

     ングス株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日か
     ら2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書                              、四半期連結包括利益計算書             及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、京阪ホールディングス株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が四半

          期連結財務諸表に添付する形で別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。