不二製油グループ本社株式会社 四半期報告書 第91期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

四半期報告書-第91期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:不二製油グループ本社株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                  四半期報告書

      【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  2019年2月8日
      【四半期会計期間】                  第91期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                  不二製油グループ本社株式会社
      【英訳名】                  FUJI   OIL  HOLDINGS     INC.
      【代表者の役職氏名】                  代表取締役社長CEO  清水 洋史
      【本店の所在の場所】                  大阪府泉佐野市住吉町1番地
                        同所は登記上の本店所在地であり、本社業務は下記の場所で行っております。
                        (本社事務所 大阪市北区中之島3丁目6番32号(ダイビル本館内))
      【電話番号】                  06-6459-0731
      【事務連絡者氏名】                  取締役執行役員CFO  松本 智樹
      【最寄りの連絡場所】                  大阪市北区中之島3丁目6番32号(ダイビル本館内)
      【電話番号】                  06-6459-0731
      【事務連絡者氏名】                  取締役執行役員CFO  松本 智樹
      【縦覧に供する場所】                  不二製油グループ本社株式会社東京支社
                        (東京都港区三田三丁目5番27号(住友不動産三田ツインビル西館内))
                        株式会社東京証券取引所
                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/24












                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                               第90期           第91期
               回次               第3四半期           第3四半期            第90期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日

              会計期間
                           至 2017年12月31日           至 2018年12月31日           至 2018年3月31日
                     (百万円)             230,409           226,657           307,645
     売上高
                     (百万円)             15,588           15,639           19,983
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                     (百万円)             11,070            9,015           13,742
     四半期(当期)純利益
                     (百万円)             12,170            3,536           13,823
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             163,264           159,202           164,897
     純資産
                     (百万円)             274,983           277,321           270,731
     総資産
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            128.79           104.88           159.87
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益
                      (%)             57.7           56.4           59.2
     自己資本比率
     営業活動による
                     (百万円)             16,869           13,301           28,206
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)             △ 9,707          △ 13,577          △ 14,510
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)             △ 6,917           3,077          △ 13,452
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                     (百万円)             13,003           15,199           12,999
     四半期末(期末)残高
                               第90期           第91期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 2017年10月1日           自 2018年10月1日

              会計期間
                           至 2017年12月31日           至 2018年12月31日
                                   61.30           53.85
     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきましては記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/24




                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変
      更はありません。また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの変更を行っております。詳細は、「第4 経理の状況 1 四
      半期連結財務諸表 注記事項              (セグメント情報等)           Ⅱ  当第3四半期連結累計期間」の「3.報告セグメントの変更等
      に関する事項」を参照下さい。
      (製菓・製パン素材事業)

       第2四半期連結会計期間において、INDUSTRIAL                       FOOD   SERVICES     PTY  LIMITEDの発行済普通株式            を100%取得し、同社
      を連結子会社化し        ております。
                                  3/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
      結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っておりま
      す。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

        当第3四半期連結累計期間における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績
       及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。
       ①経営成績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、一時懸念された自然災害の影響も10月以降は縮小し、良好な雇
       用・所得環境を背景に消費は改善基調を持続、緩やかに増加する輸出を受けて企業収益も堅調で、景気は回復を続け
       ております。米国は良好な雇用・所得環境による個人消費の拡大、中国向けで下げ止まりを見せる輸出や税制改革に
       よる景気の押し上げ効果を受け安定した成長を見せております。欧州は内需拡大を受け雇用・所得環境が改善、景気
       は底堅い推移を示しております。中国は堅調な消費に支えられながらも貿易摩擦などを背景に景気は減速傾向となっ
       ております。
        この様な状況の中、当社グループは、世界的な人口増加、健康志向の拡大、高齢化への対応といった社会が直面す
       る課題を植物素材を用いた食の力で解決する“Plant-Based                            Food   Solutions”を掲げ、推進しております。また、中
       期経営計画「Towards          ▶ Further    Leap   2020」(2017年度~2020年度)の2年目にあたり、持続的な成長を果たすた
       め重要な土台づくりの期間として、「コアコンピタンスの強化」「大豆事業の成長」「機能性高付加価値事業の展
       開」「コストダウンとグローバルスタンダードへの統一」を主軸とした成長戦略を推進し、大きく変化する市場を捉
       え、成長する市場・強みを発揮できる市場に展開を図ってまいりました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間における経営成績は、売上高は                                  2,266億57百万円        (前年同期比      1.6%減    )、
       営業利益は159億33百万円            (前年同期比      0.7%増    )、  経常利益は156億39百万円            (前年同期比      0.3%増    )、  親会社株主に
       帰属する四半期純利益は90億15百万円                  (前年同期比      18.6%減    )となりました。
        セグメントごとの経営成績を示すと、次のとおりであります。

        なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの変更を行っております。詳細は、「第4 経理の状況 1 
       四半期連結財務諸表 注記事項               (セグメント情報等)           Ⅱ  当第3四半期連結累計期間」の「3.報告セグメントの変
       更等に関する事項」を参照下さい。以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後の算定方法および変更
       後のセグメント区分にて組み替えた数値で比較をしております。
       (油脂部門)

        売上高は、国内市場ではフライ用油脂などで採算を重視した販売を進める中、流通菓子市場向けに数量が増加する
       などしましたが、微減となりました。海外市場では米州で年初の寒波による工場操業停止の影響や採算を重視した販
       売により減少しました。利益面は、海外市場では上記減収要因などにより僅かに減益となりましたが                                              、 国内市場で
       は採算を重視した販売などによる採算改善により大幅な増益となりました。
        以上の結果、当部門の売上高は              830億83百万円       (前年同期比      1.4%減    )、  セグメント利益(営業利益)は63億10百万
       円 (前年同期比      18.1%増    )となりました。
       (製菓・製パン素材部門)

        売上高は、国内市場ではチョコレート製品が減少し、海外市場では中国でフィリング製品の販売が引き続き大幅に
       増加しましたが、ブラジルが為替変動要因を主として減少するなどし、僅かに減収となりました。利益面は、国内市
       場ではチョコレート製品が採算改善した一方でデザート製品で減少、海外市場では中国の販売好調に加え、ブラジル
       での採算改善、たな卸資産の未実現利益の実現による連結調整上の増益要因がありましたが、アジアでの調製品の採
       算悪化により、減益となりました。
        以上の結果、当部門の売上高は              1,160億25百万円        (前年同期比      0.8%減    )、  セグメント利益(営業利益)は94億15百
       万円  (前年同期比      3.8%減    )となりました。
                                  4/24


                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
       (大豆部門)
        売上高は、国内市場では大豆たん白素材が健康食品や惣菜加工品向け販売で増加しましたが、大豆たん白食品の販
       売減少などにより、減収となりました。海外市場(中国)では増収となりました。利益面は、海外で改善しました
       が、国内市場での大豆たん白食品の販売減少により、減益となりました。
        以上の結果、当部門の売上高は              275億49百万円       (前年同期比      5.5%減    )、  セグメント利益(営業利益)は26億79百万
       円 (前年同期比      11.5%減    )となりました。
       ②財政状態の状況

        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、                     前連結会計年度末に比べ           65億90百万円増加        し、  2,773億21百万円        となり
       ました。
        主な資産の変動は、現金及び預金の                 増加21億99百万円        、受取手形及び売掛金の           増加30億53百万円        、有形固定資産の
       増加15億13百万円        、のれんの     減少7億61百万円        、投資有価証券の        減少13億58百万円        等であります。
        有利子負債(リース債務は除く)は、前連結会計年度末に比べ                              127億58百万円増加         し、  693億71百万円       となりまし
       た。
        主な純資産の変動は、資本剰余金の                 減少31億31百万円        、利益剰余金の       増加47億17百万円        、為替換算調整勘定の          減少
       53億46百万円      、非支配株主持分の         減少19億52百万円        等であります。
        この結果、自己資本比率は            56.4%   、1株当たり純資産は          1,820円29銭      となりました。
       ③キャッシュ・フローの状況

        当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ                                                   21億
       99百万円増加      、前第3四半期連結累計期間末に比べ                  21億95百万円増加        し、  151億99百万円       となりました。各キャッ
       シュ・フローの状況と要因は次のとおりです。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第3四半期連結累計期間における                  営業活動によるキャッシュ・フローは、                   前年同期比で35億67百万円減少し、
       133億1百万円の収入となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益124億18百万円、減価償却費84億27百万
       円、仕入債務の増加額21億64百万円等による収入が、売上債権の増加額36億67百万円、たな卸資産の増加額9億44百
       万円、法人税等の支払額49億81百万円等の支出を上回ったことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第3四半期連結累計期間における                  投資活動によるキャッシュ・フローは、                   前年同期比で38億70百万円支出が増加
       し、135億77百万円の支出となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出117億80百万円、無形固定資産
       の取得による支出11億78百万円、子会社株式の取得による支出20億89百万円等があったことによるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第3四半期連結累計期間における                  財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同期比で99億94百万円収入が増加
       し、  30億77百万円の収入         となりました。これは主に、短期借入金の純増加額                        78億31百万円      、コマーシャル・ペーパー
       の純増加額     50億円   、長期借入れによる収入           27億68百万円      等による収入が、長期借入金の返済による支出                      26億4百万
       円 、配当金の支払額        42億97百万円      、連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による支出                            48億74百万円      、連結の
       範囲の変更を伴わない子会社出資金の取得による支出                         5億17百万円      等の支出を上回ったことによるものです。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
        株式会社の支配に関する基本方針は、以下のとおりであります。

       1.基本方針の内容

         当社取締役会は、上場会社として当社株式の自由な売買を認める以上、当社取締役会の賛同を得ずに行われる、
        いわゆる「敵対的買収」であっても、企業価値・株主共同の利益に資するものであれば、これを一概に否定するも
        のではありません。また、株式会社の支配権の移転を伴う買付提案に応じるかどうかの判断も、最終的には株主全
        体の意思に基づき行われるべきものと考えております。
         当社は、“食の素材の可能性を追求し、食の歓びと健康に貢献します。”をミッションに、独自の技術開発に挑
        戦し、安心・安全で、様々な機能を持つ植物性油脂、製菓製パン素材、大豆製品を国内・海外のお客様に広くお届
        けしています。同時に食品メーカーとして“安全・品質・環境を最優先する。”を経営の前提と位置づけ、安全な
        工場運営、厳格な品質管理、トレーサビリティシステムの拡充、環境保全への対応など積極的に取り組んでいま
        す。なお、当社を取り巻く経営環境等が変化する中、2015年10月1日をもって、新設分割による純粋持株会社体制
                                  5/24


                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
        へ移行し、当社を純粋持株会社、日本を含めた世界のエリア別に地域統括会社を置く体制へ変更し、当社は傘下の
        当社グループ会社の持株の所有を通じて、当社グループ会社の事業運営を管理するグローバル経営体制の継続的構
        築 を最重要責務および目標として考えております。
         このような企業活動を推進する当社および当社グループ(以下「当社グループ」といいます。)にとり、企業価
        値の源泉である①独自の技術開発力、②食のソフト開発力による提案営業、③国内・海外のネットワーク、④食の
        安全・安心を実現する体制および⑤企業の社会的責任を強化するとともに研究開発、生産および販売を支える従業
        員をはじめとする当社を取り巻く全てのステークホルダーとの間に築かれた長年に亘る信頼関係の維持が必要不可
        欠であり、これらが当社の株式の大量取得行為を行う者により中長期的に確保され、向上させられるものでなけれ
        ば、当社グループの企業価値・株主共同の利益は毀損されることになります。
         以上の認識に立ち、当社は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者は、株主をはじめとした様々なス
        テークホルダーとの信頼関係を維持し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を中長期的に確保し、向上させる
        者でなければならないと考えております。
         従って、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれのある不適切な大規模買付行為またはこれに
        類似する行為を行う者は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者として適当ではないと考えます。この
        ような者により当社株式の大規模買付が行われた場合には、必要かつ相当な対抗をすることにより、当社の企業価
        値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えております。
       2.基本方針実現のための取組み

         当社グループは、世界で戦えるための経営基盤の確立、経営インフラ・財務体制の整備、コスト削減・生産性効
        率を最優先課題とする認識のもと、生活者の健康を支援するグローバル企業グループとなることを目指し、2030年
        の「ありたい姿」、2020年の「あるべき姿」を描き、グローバルで存在感を示し世界で抜きん出るための改革と戦
        略の基本方針として①コアコンピタンスの強化②大豆事業の成長③機能性高付加価値事業の展開④コストダウンと
        グローバルスタンダードへの統一することを掲げ、改革を確実にやりきるために2020年度目標を明確化した中期経
        営計画「Towards        ▶ Further    Leap   2020」を策定しております。
         グローバル経営の強化では、グループ本社制移行によるグループシナジーを発揮するガバナンスの強化(求心
        力)と、エリアへの権限委譲(遠心力)のバランスを通じて経営戦略実践のスピードアップを図ります。
         また、エリアごとの開発力の強化と各エリア間の情報共有のために研究開発拠点を整備し、連携強化を目的とす
        る不二製油グループの技術革新の中心拠点となる「不二サイエンスイノベーションセンター」を設立しました。研
        究・開発・生産技術・分析部門を融合させ、不二製油グループの技術・製品の情報収集・発信拠点としてシンガ
        ポールに設置した「アジアR&Dセンター」、つくば研究開発センターと併せて、「技術経営」・「グローバル経
        営」・「サステナブル経営」を推進・加速する実行体制を確立し、グループ一丸となって企業価値の向上、株主共
        同の利益の最大化に、より一層取り組んでおります。
      (3)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、                                    34 億71百万    円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当社は、2018年11月19日付けで、米国の業務用チョコレート製造企業であるBlommer                                        Chocolate     Companyを存続会社
      として、当社が本件買収のために設立した米国子会社Aztec                            Sub  Inc.社との合併を行う逆三角合併の方式により、
      Blommer    Chocolate     Companyの全株式を取得し、当社の完全子会社とすることを内容とする合併契約を締結しておりま
      す。その後、米国独占禁止法に基づく待機期間の終了等、株式取得完了のための条件が充足されたことを受けて、合併
      契約に基づく諸手続きを2019年1月28日付で完了しております。
       詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載のとおりでありま
      す。
                                  6/24





                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                      357,324,000
                 普通株式
                                                      357,324,000
                  計
       ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月8日)
                (2018年12月31日)                          取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                     単元株式数
                     87,569,383            87,569,383
       普通株式
                                         (市場第一部)
                                                      100株
                     87,569,383            87,569,383           -           -
         計
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                       -   87,569,383           -     13,208         -     18,324
     2018年12月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/24








                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
       ①【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
                       株式数(株)           議決権の数(個)

           区分                                        内容
                          -            -              -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -            -              -
     議決権制限株式(その他)                     -            -              -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 -              -
                     普通株式       1,611,400
     完全議決権株式(その他)               普通株式      85,926,300             859,263            -
                     普通株式        31,683             -              -

     単元未満株式
                           87,569,383           -              -
     発行済株式総数
                          -              859,263            -
     総株主の議決権
      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が                                          200  株(議決権     2 個)含ま
          れております。
       ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                      発行済株式

                              自己名義        他人名義        所有株式数
                                                     総数に対する所
                             所有株式数        所有株式数         の合計
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                                                     有株式数の割合
                              (株)        (株)        (株)
                                                       (%)
     (自己保有株式)

     不二製油グループ本社           大阪府泉佐野市
                               1,611,400            -     1,611,400           1.84
     株式会社           住吉町1番地
                     -         1,611,400            -     1,611,400           1.84
          計
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/24








                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について有限責任          あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         13,009              15,209
         現金及び預金
                                        ※2 64,031             ※2 67,085
         受取手形及び売掛金
                                         23,866              23,381
         商品及び製品
                                         24,474              25,390
         原材料及び貯蔵品
                                         5,841              7,189
         その他
                                         △ 419             △ 121
         貸倒引当金
                                        130,805              138,135
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               35,279              35,270
          機械装置及び運搬具(純額)                               35,856              37,141
                                         14,734              14,593
          土地
                                         6,638              6,940
          建設仮勘定
                                         2,374              2,450
          その他(純額)
                                         94,883              96,396
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         11,647              10,885
          のれん
                                         10,430               9,648
          その他
                                         22,077              20,533
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         16,484              15,126
          投資有価証券
                                         2,076              2,621
          退職給付に係る資産
                                           642             1,008
          繰延税金資産
                                         3,915              3,618
          その他
                                         △ 154             △ 119
          貸倒引当金
                                         22,964              22,255
          投資その他の資産合計
                                        139,925              139,185
         固定資産合計
                                        270,731              277,321
       資産合計
                                 10/24









                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※2 25,210             ※2 27,058
         支払手形及び買掛金
                                         19,747              27,413
         短期借入金
                                         5,000              10,000
         コマーシャル・ペーパー
                                         2,263              1,304
         未払法人税等
                                         2,415              1,525
         賞与引当金
                                           86               5
         役員賞与引当金
                                         12,738              12,229
         その他
                                         67,460              79,536
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,000              10,000
         社債
                                         21,865              21,958
         長期借入金
                                         3,221              3,912
         繰延税金負債
                                         2,088              2,144
         退職給付に係る負債
                                         1,196               566
         その他
                                         38,372              38,582
         固定負債合計
                                        105,833              118,118
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         13,208              13,208
         資本金
                                         15,609              12,478
         資本剰余金
                                        129,031              133,748
         利益剰余金
                                        △ 1,750             △ 1,751
         自己株式
                                        156,098              157,683
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         5,543              5,271
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 329              △ 80
         繰延ヘッジ損益
                                         △ 592            △ 5,938
         為替換算調整勘定
                                         △ 509             △ 467
         退職給付に係る調整累計額
                                         4,112             △ 1,215
         その他の包括利益累計額合計
                                         4,686              2,733
       非支配株主持分
                                        164,897              159,202
       純資産合計
                                        270,731              277,321
      負債純資産合計
                                 11/24








                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        230,409              226,657
      売上高
                                        183,099              177,320
      売上原価
                                         47,310              49,337
      売上総利益
                                         31,487              33,403
      販売費及び一般管理費
                                         15,822              15,933
      営業利益
      営業外収益
                                           347              198
       受取利息
                                           175              132
       受取配当金
                                           73              -
       持分法による投資利益
                                           382              423
       その他
                                           978              754
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           583              350
       支払利息
                                           264               -
       為替差損
                                           -               2
       持分法による投資損失
                                           364              696
       その他
                                         1,212              1,049
       営業外費用合計
                                         15,588              15,639
      経常利益
      特別利益
                                           348               -
       短期売買利益受贈益
                                           705               -
       投資有価証券売却益
                                         1,053                -
       特別利益合計
      特別損失
                                           270              424
       固定資産処分損
                                         ※1 570             ※1 567
       関係会社事業再構築損失
                                          ※2 27           ※2 1,728
       減損損失
                                                       ※3 499
                                           -
       災害による損失
                                           868             3,220
       特別損失合計
                                         15,774              12,418
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    4,024              2,868
                                           248              228
      法人税等調整額
                                         4,272              3,097
      法人税等合計
                                         11,501               9,321
      四半期純利益
                                           430              306
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         11,070               9,015
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/24







                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         11,501               9,321
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           804             △ 272
       その他有価証券評価差額金
                                           72              235
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 321            △ 5,690
       為替換算調整勘定
                                           138               41
       退職給付に係る調整額
                                          △ 25             △ 99
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           668            △ 5,785
       その他の包括利益合計
                                         12,170               3,536
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         11,764               3,687
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           405             △ 151
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/24















                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         15,774              12,418
       税金等調整前四半期純利益
                                         8,012              8,427
       減価償却費
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 275             △ 545
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   214              153
                                         △ 522             △ 331
       受取利息及び受取配当金
                                           583              350
       支払利息
                                           27             1,728
       減損損失
                                           570              567
       関係会社事業再構築損失
                                           -              499
       災害による損失
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 704               -
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 8,723             △ 3,667
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  4,020              △ 944
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,528              2,164
                                           92            △ 2,505
       その他
                                         21,598              18,315
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   523              325
                                         △ 593             △ 358
       利息の支払額
                                        △ 4,659             △ 4,981
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         16,869              13,301
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 9,664             △ 11,780
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,024             △ 1,178
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 10             △ 10
       投資有価証券の取得による支出
                                         1,465              1,220
       投資有価証券の売却による収入
                                           -            △ 2,089
       子会社株式の取得による支出
                                           32              -
       子会社出資金の取得による収入
                                         △ 405               -
       関連会社株式取得による支出
                                         △ 100              261
       その他
                                        △ 9,707             △ 13,577
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  1,153              7,831
       コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減少)                                    -             5,000
                                         1,120              2,768
       長期借入れによる収入
                                        △ 5,065             △ 2,604
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 3,868             △ 4,297
       配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                          △ 30            △ 4,874
       よる支出
       連結の範囲の変更を伴わない子会社出資金の取得
                                           -             △ 517
       による支出
                                         △ 123             △ 125
       非支配株主への配当金の支払額
                                         △ 103             △ 102
       その他
                                        △ 6,917              3,077
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 119             △ 600
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     124             2,199
                                         12,681              12,999
      現金及び現金同等物の期首残高
                                           197               -
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                        ※ 13,003              ※ 15,199
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/24




                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      1 連結の範囲の重要な変更
         INDUSTRIAL       FOOD   SERVICES     PTY  LIMITEDは、株式の取得に伴い第2四半期連結会計期間より連結の範囲に含め
        ております。なお、みなし取得日を2018年7月1日としており、第2四半期連結会計期間においては貸借対照表
        のみ連結し、第3四半期連結会計期間より損益計算書を連結しております。
      2 変更後の連結子会社の数

        31社
     (追加情報)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会計
      期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
      示しております。
     (四半期連結貸借対照表関係)

      1 保証債務
        連結会社以外の会社の金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                               (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        UNIFUJI    SDN.   BHD.                                     2,279百万円※1
                                     -百万円
        PT.MUSIM     MAS-FUJI                        956百万円※2                 999百万円※3
        FREYABADI     (THAILAND)      CO.,LTD.                  312百万円※4                 347百万円※5
        3F  FUJI   FOODS   PRIVATE    LIMITED
                                     100百万円                 114百万円
        FUJI   OIL  (PHILIPPINES),INC.
                                     66百万円                 69百万円
                 計                   1,436百万円                 3,810百万円
         ※1 上記のうち693百万円は当社の保証に対し他社から再保証を受けており、892百万円は他社の保証に対し当
            社から再保証を行っております。
         ※2 上記のうち487百万円は当社の保証に対し他社から再保証を受けております。
         ※3 上記のうち509百万円は当社の保証に対し他社から再保証を受けております。
         ※4 上記のうち156百万円は当社の保証に対し他社から再保証を受けております。
         ※5 上記のうち173百万円は当社の保証に対し他社から再保証を受けております。
      ※2 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。

         なお、当第3四半期連結会計期間の末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
        が四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                               (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
         受取手形                           588百万円                 434百万円
         支払手形                            80百万円                 61百万円
                                 15/24






                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     (四半期連結損益計算書関係)
      ※1 関係会社事業再構築損失
         前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          国内の関係会社における大豆事業の再構築に伴い発生した損失額を計上しております。
         当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          海外の関係会社における大豆事業の再構築に伴い発生した損失額を計上しております。
      ※2 減損損失

         前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                 減損損失(百万円)
              用途             種類             場所
                                                         27
          大豆たん白食品製造設備             建物、機械及び装置等               兵庫県尼崎市
          当社グループは、事業の種類別セグメントを主な基準に独立の最小のキャッシュ・フロー単位に基づき、資産
         をグループ化して減損の検討を行っています。
          上記資産につきましては、閉鎖の決定に伴い該当する資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額
         を減損損失として特別損失に計上しております。その内訳は、建物及び構築物20百万円、機械装置及び運搬具7
         百万円、その他0百万円であります。
          減損損失の測定における回収可能価額は正味売却価額によっておりますが、売却や他の転用が困難な資産であ
         るためゼロとして評価し、該当する資産の帳簿価額の全額を減損損失として計上しております。
         当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                 減損損失(百万円)
              用途             種類             場所
                                                       1,728
           大豆たん白製造設備            建物、機械及び装置等               中国吉林省
          当社グループは、事業の種類別セグメントを主な基準に独立の最小のキャッシュ・フロー単位に基づき、資産
         をグループ化して減損の検討を行っています。
          上記資産につきましては、使用停止に伴い該当する資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を
         減損損失として特別損失に計上しております。その内訳は、建物及び構築物816百万円、機械装置及び運搬具793
         百万円、その他118百万円であります。
          減損損失の測定における回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローの回収
         可能性が認められないと判断したため、該当する資産の帳簿価額を備忘価額まで減額し、当該減少額を減損損失
         として計上しております。
      ※3 災害による損失

         前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          該当事項はありません。
         当  第3四半期連結累計期間           (自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          2018年6月に発生した大阪北部地震に伴い、当社の連結子会社である不二製油株式会社の委託倉庫で発生した
         損失等を特別損失として計上しております。
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
       であります。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2017年12月31日)                 至 2018年12月31日)
        現金及び預金                             13,014百万円                 15,209   百万円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              △10百万円                 △10百万円
        現金及び現金同等物                             13,003百万円                 15,199   百万円
                                 16/24



                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
      1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)                       配当額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                               (円)
     2017年6月22日
                         1,891       22.00
                普通株式                     2017年3月31日         2017年6月23日         利益剰余金
     定時株主総会
     2017年11月7日
                         1,977       23.00
                普通株式                     2017年9月30日         2017年12月8日         利益剰余金
     取締役会
      2.株主資本の著しい変動

        該当  事項  は ありません。
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

      1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)                       配当額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                               (円)
     2018年6月21日
                         2,148       25.00
                普通株式                     2018年3月31日         2018年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年11月6日
                         2,148       25.00
                普通株式                     2018年9月30日         2018年12月10日         利益剰余金
     取締役会
      2.株主資本の著しい変動

        当社は、連結子会社であるHARALD                INDÚSTRIA     E COMÉRCIO     DE  ALIMENTOS     S.A.の株式を追加取得いたしました。こ
       の結果、当第3四半期連結累計期間において、資本剰余金が3,070百万円減少しました。
                                 17/24












                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                              報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                            製菓・製
                       油脂             大豆       計
                                                       (注)2
                            パン素材
         売上高

                       84,288      116,956       29,164      230,409         -    230,409
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部
                       12,321        426       303     13,051      △ 13,051         -
           売上高又は振替高
                       96,609      117,383       29,467      243,460      △ 13,051      230,409
              計
                        5,342       9,789       3,028      18,161      △ 2,338      15,822
         セグメント利益
         注)1.セグメント利益の調整額               △2,338百万円       には、各報告セグメントに配分していない全社費用2,338百万円
             が含まれております。全社費用は、提出会社及び一部のエリア統括会社におけるグループ管理に係る費
             用であります。
           2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
           「大豆」において、大豆たん白食品製造設備について閉鎖の決定に伴い減損損失27百万円を計上しておりま
          す。なお、当該減損損失は、当第3四半期連結累計期間における計上額であります。
                                 18/24












                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                              報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                            製菓・製
                       油脂             大豆       計
                                                       (注)2
                            パン素材
         売上高

                       83,083      116,025       27,549      226,657         -    226,657
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部
                       11,150        438       258     11,848      △ 11,848         -
           売上高又は振替高
                       94,234      116,464       27,807      238,505      △ 11,848      226,657
              計
                        6,310       9,415       2,679      18,406      △ 2,472      15,933
         セグメント利益
         ( 注)1.セグメント利益の調整額               △2,472百万円       には、各報告セグメントに配分していない全社費用2,472百万
              円が含まれております。全社費用は、提出会社及び一部のエリア統括会社におけるグループ管理に係
              る費用であります。
            2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          「大豆」セグメントにおいて、大豆たん白製造設備について回収可能価額の低下に伴う減損損失1,728百万円
         を計上しております。なお、当該減損損失は、当第3四半期連結累計期間における計上額であります。
        3.報告セグメントの変更等に関する事項

          第1四半期連結会計期間より、各報告セグメントの経営成績の実態をより的確に把握することを目的に、提出
         会社及び一部のエリア統括会社におけるグループ管理に係る費用を各セグメントに配分せず、調整額として表示
         する方法に変更しております。
          また、連結子会社でありますFUJI                 OIL  (THAILAND)      CO.,LTD.は、従来「油脂」に含めておりましたが、同社に
         おける事業環境の変化を踏まえ、第1四半期連結会計期間より「製菓・製パン素材」の報告セグメントに変更し
         ております。
          なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の利益又は損失の算定方法及び変更後
         の区分方法により作成したものを記載しております。
                                 19/24









                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                  128円79銭               104円88銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         11,070                9,015
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         11,070                9,015
      四半期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   85,958               85,958
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 20/24















                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     (重要な後発事象)
     1.取得による企業結合
       当社は、2018年11月19日開催の臨時取締役会において、米国の業務用チョコレート製造企業であるBlommer
      Chocolate     Companyを存続会社として、当社が本件買収のために設立した子会社Aztec                                   Sub  Inc.社との合併を行う逆三
      角合併の方式により、Blommer              Chocolate     Companyの全株式を取得することを決議し、同日、本件買収に係る合併契約
      を同社と締結しております。
       上記の合併契約に基づき、2019年1月28日付で同社の買収が完了したことにより完全子会社化しております。
     (1)企業結合の概要
       ①被取得企業の名称及び事業の内容
        被取得企業の名称 Blommer             Chocolate     Company
        事業の内容 業務用チョコレートの開発・製造・販売、ココア豆加工事業
       ②企業結合を行った主な理由
        当社は、中期経営計画「Towards                 ▶ Further    Leap   2020」の基本方針のひとつである「コアコンピタンスの強化」
       においてチョコレート事業の拡大・発展を目指しております。
        北米市場は世界有数の消費財市場を形成し、業務用チョコレート市場としては110万トン程度と単一市場では突出
       した世界最大の市場であります。Blommer                    Chocolate     Company(以下、Blommer社)社は、創業家が3世代に渡って経
       営してきた世界3位の規模を誇る業務用チョコレートメーカーであり、世界5位のココア豆加工事業会社でもありま
       す。Blommer社は大手菓子メーカーから中小メーカーに至るまで、幅広くチョコレート及びココア製品の供給実績を
       有しており、不動の地位を確立しております。
        今後、Blommer社に対して、当社グループの油脂技術の導入や原料調達面の統合などにより、当社グループのチョ
       コレート事業の強化を図ってまいります。更に、当社グループが有する他の製品群の投入などを通じ、Blommer社の
       有する北米市場の幅広い顧客に販売していくことを目指してまいります。
       ③企業結合日
        2019年1月28日
       ④企業結合の法的形式
        米国の企業再編法制に基づく逆三角合併による買収
       ⑤結合後企業の名称
        変更はありません。
       ⑥取得した議決権比率
        100%
       ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
        当社による現金を対価とする株式の取得であるため。
     (2)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

       取得の対価        現金          63,716百万円
       取得原価                  63,716百万円
     (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       現時点では確定しておりません。
                                 21/24







                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     2.多額な資金の借入
       当社は下記の借入を行っております。
     (1)使途
       Blommer    Chocolate     Companyの株式取得資金
     (2)借入先の名称
       株式会社三井住友銀行ほか4金融機関
     (3)借入金額
       63,600百万円
     (4)借入利率
       基準金利+スプレッド
     (5)借入実行日
       2019年1月25日
     (6)最終返済期限
       2020年1月(予定)
     (7)担保提供資産
       無
     2【その他】

       2018年11月6日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)中間配当による配当金の総額……………………2,148百万円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………25円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2018年12月10日
      (注) 2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行いました。
                                 22/24













                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                 23/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                  不二製油グループ本社株式会社(E00431)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月8日

     不二製油グループ本社株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              小野 友之  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              大橋 盛子  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている不二製油グルー

     プ本社株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日か
     ら2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、不二製油グループ本社株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在
     の財政状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      1.   重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2018年11月19日付で締結した合併契約に基づき、2019年1月28日
       にBlommer     Chocolate     Companyの株式を取得した。
      2.重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2019年1月25日に資金の借入を実行した。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。