三菱マテリアル株式会社 四半期報告書 第94期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第94期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:三菱マテリアル株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
                          第94期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】                    三菱マテリアル株式会社
                          MITSUBISHI      MATERIALS     CORPORATION
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  小野 直樹
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区大手町一丁目3番2号
                          03(5252)5226
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    経営戦略本部経理・財務部経理室管理グループ長  板垣 秀康
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区大手町一丁目3番2号
                          03(5252)5226
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    経営戦略本部経理・財務部経理室管理グループ長  板垣 秀康
      【縦覧に供する場所】                    三菱マテリアル株式会社 大阪支社
                          (大阪市北区天満橋一丁目8番30号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/25












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第93期           第94期
               回次               第3四半期           第3四半期            第93期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自  2017年4月1日          自  2018年4月1日          自  2017年4月1日
              会計期間
                            至  2017年12月31日          至  2018年12月31日          至  2018年3月31日
                     (百万円)            1,147,047           1,272,555           1,599,533
     売上高
                     (百万円)             68,581           42,067           79,621
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)             43,734           12,831           34,595
     (当期)純利益
                     (百万円)             105,073           △ 17,631           80,068
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             796,767           739,218           768,495

     純資産額
                     (百万円)            2,115,939           1,954,244           2,011,067

     総資産額
     1株当たり
                      (円)            333.91            97.98           264.15
     四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益
                      (%)             33.3           33.2           33.9
     自己資本比率
                               第93期           第94期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自  2017年10月1日          自  2018年10月1日
              会計期間
                            至  2017年12月31日          至  2018年12月31日
     1株当たり四半期純利益又は
                                  180.80
                      (円)                       △ 15.41
     四半期純損失(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業の内容に重要な
       変更はありません。
        なお、当第3四半期連結会計期間より報告セグメントの変更等を行っております。詳細は、「第4 経理の状況 
       1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりです。
                                  2/25





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)財政状態及び経営成績の状況
        ①経営成績
         当第3四半期連結累計期間における世界経済は、アジア地域では、中国において景気に減速傾向がみられたもの
        の、タイ、インドネシアにおいては緩やかな回復がみられました。米国では、着実な景気の回復が続きました。
         わが国経済は、企業収益及び雇用・所得環境が改善傾向にあるなか、個人消費の持ち直しや設備投資に増加の動
        きがみられました。
         当社グループを取り巻く事業環境は、銅価格が上昇した一方で、エネルギーコストが上昇しました。
         このような状況のもと、当第3四半期連結累計期間の連結業績は、売上高は1兆2,725億55百万円(前年同期比
        10.9%増)、営業利益は342億48百万円(同37.7%減)、経常利益は420億67百万円(同38.7%減)、親会社株主に
        帰属する四半期純利益は128億31百万円(同70.7%減)となりました。
         セグメント情報は次のとおりであります。

         当  第3四半期連結会計期間より、報告セグメントの変更等を行っており、以下の前年同四半期比較については、
        前年同四半期の数値を変更区分に組み替えた数値で比較しております。
         なお、前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間の報告セグメントごとの営業利益は、有限責任
        あずさ監査法人の四半期レビューを受けておりません。
        (高機能製品)

                                                      (単位:億円)
                        前第3四半期             当第3四半期
                                                  増減(増減率)
                        連結累計期間             連結累計期間
             売上高
                             3,934             4,353         419    (10.7%)
             営業利益                 146             108       △38   (△26.2%)

             経常利益

                              146             106       △39   (△27.0%)
         銅加工品は、MMCカッパープロダクツ社が期初から連結業績に寄与したことなどにより増収となったものの、

        原材料コストの増加等により、増収減益となりました。
         電子材料は、半導体装置関連製品及び車載向け製品の販売は増加したものの、電子デバイスの一部製品における
        販売価格低下の影響等により、増収減益となりました。
         アルミ製品は、飲料用ボトル缶及び圧延・加工品である印刷版用板製品等の販売数量が減少したものの、アルミ
        地金の価格が上昇したことから売上高は増加しました。また、エネルギーコストが上昇しました。これらにより増
        収減益となりました。
         以上により、前年同期に比べて事業全体の売上高は増加したものの、営業利益は減少しました。経常利益は、営
        業利益が減少したことから、減少しました。
                                  3/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        (加工事業)
                                                      (単位:億円)
                        前第3四半期             当第3四半期
                                                  増減(増減率)
                        連結累計期間             連結累計期間
             売上高               1,196             1,300         103    (8.6%)
             営業利益                 138             137        △1   (△0.7%)

             経常利益                 130             127        △2   (△2.2%)

         超硬製品は、国内、欧米、中国及び東南アジアを中心とした各市場における需要が堅調に推移したことから、増

        収増益となりました。
         焼結製品等は、主要製品である焼結部品が国内及び北米で需要増加となり、増収となりましたが、品質検査及び
        出荷に係る費用の増加により損失が拡大しました。
         以上により、前年同期に比べて事業全体の売上高は増加したものの、営業利益は減少しました。経常利益は、営
        業利益が減少したことから、減少しました。
        (金属事業)

                                                      (単位:億円)
                        前第3四半期             当第3四半期
                                                  増減(増減率)
                        連結累計期間             連結累計期間
             売上高
                             5,080             5,646         565    (11.1%)
         営業利益又は営業損失(△)
                              94           △12       △106      (-%)
             経常利益                 231             39      △192    (△83.0%)

         銅地金は、インドネシア・カパー・スメルティング社において定期炉修があったことにより生産量が減少したほ

        か、製錬コストの増加等により、減収減益となりました。
         金及びその他の金属は、原料中の金の含有量の増加により増産となったことなどから、増収増益となりました。
         以上により、前年同期に比べて事業全体の売上高は増加したものの、営業利益は減少しました。経常利益は、営
        業利益や受取配当金が減少したことから、減少しました。
        (セメント事業)

                                                      (単位:億円)
                        前第3四半期             当第3四半期
                                                  増減(増減率)
                        連結累計期間             連結累計期間
             売上高               1,460             1,510          49    (3.4%)
             営業利益

                              169             117       △52   (△30.7%)
             経常利益                 183             122       △60   (△33.1%)

         国内では、首都圏において東京五輪関連施設等の工事、北陸地区において北陸新幹線延伸工事がそれぞれ堅調に

        推移したものの、エネルギーコスト上昇等の影響により増収減益となりました。
         米国では、生コンの販売価格が上昇したものの、燃料費等が上昇したことから、増収減益となりました。
         以上により、前年同期に比べて事業全体の売上高は増加したものの、営業利益は減少しました。経常利益は、営
        業利益が減少したことから、減少しました。
                                  4/25





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        (その他の事業)
                                                      (単位:億円)
                        前第3四半期             当第3四半期
                                                  増減(増減率)
                        連結累計期間             連結累計期間
             売上高               1,702             1,825         122    (7.2%)
             営業利益                  62             75        12   (20.3%)

             経常利益                  61             90        29   (46.8%)

         エネルギー関連は、石炭の販売数量が減少したものの、石炭の販売価格が上昇したことから、増収増益となりま

        した。
         環境リサイクルは、処理量が増加したことに加え、有価処分単価が上昇したものの、新規事業の立ち上げに伴う
        コストの発生により、増収減益となりました。
         エネルギー関連及び環境リサイクル以外の事業は、合算で増収減益となりました。
         以上により、前年同期に比べてその他の事業全体の売上高及び営業利益は増加しました。経常利益は、営業利益
        が増加したことに加え、持分法による投資損失が減少した影響により、増加しました。
        ②財政状態

         当第3四半期連結会計期間末における総資産は1兆9,542億円となり、前連結会計年度末比568億円減少しまし
        た。これは、投資有価証券が減少したことなどによるものであります。
         負債の部は1兆2,150億円となり、前連結会計年度末比275億円減少しました。これは、支払手形及び買掛金が減
        少したことなどによるものであります。
      (2)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        ①全社課題
         当第3四半期連結累計期間において、事実上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
        ②会社の支配に関する基本方針

        1)会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針の内容の概要
         当社の支配権は、原則として当社株式の市場での自由な取引により決定されるべきものであり、株式の大規模買
        付等(下記3)B.(イ)において定義されます。以下同じとします。)の提案に応じるか否かのご判断について
        も、原則として、個々の株主の皆様の自由なご意思が尊重されるべきであると考えております。
         しかしながら、株式の大規模買付等の中には、企業価値・株主共同の利益、ひいては中長期的な株主価値(以
        下、単に「中長期的な株主価値」といいます。)を著しく損なう可能性のあるものや株主の皆様に株式の売却を事
        実上強要するおそれのあるものなど、当社の中長期的な株主価値に資さないものも想定されます。また、当社は、
        当社株式の大規模買付等を行う者が、当社を取り巻く経営環境を正しく認識し、当社の企業価値の源泉を理解した
        上で、これを中長期的に確保し、向上させなければ、当社の中長期的な株主価値は毀損される可能性があると考え
        ております。
         更に、株主の皆様の投資行動の自由をできる限り尊重すべきであることは言うまでもありませんが、当社として
        は、現在のわが国の公開買付制度は、株主の皆様が一定の大規模買付等に応じるか否かをご判断されるために必要
        な情報を取得し、検討するための時間と手続が必ずしも十分ではなく、中長期的な株主価値が害される可能性もあ
        ると考えております。
         以上のことから、当社は、上記のような当社の中長期的な株主価値を毀損する可能性のある大規模買付等を行う
        者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者としては適切ではないものと考えております。このため、当
        社は、当社の中長期的な株主価値に反する大規模買付等を抑止するため、当社株式の大規模買付等が行われる場合
        に、不適切な大規模買付等でないかを株主の皆様がご判断するために必要な情報や時間を確保したり、株主の皆様
        のために買付者と交渉等を行ったりするための枠組みが必要であると考えております。
                                  5/25



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        2)基本方針の実現に資する特別な取り組みの内容の概要
         当社は、当社の淵源である金属・石炭の鉱山事業で培った技術等をもとに様々な分野において事業を展開してき
        ました。その結果、現在では、高機能製品、加工、金属、セメント等の事業を行う複合事業集団となっておりま
        す。また、当社は、様々な事業活動を通して社会に貢献することを企業理念の基本とし、これまで、総合素材メー
        カーとして、人々が生活する上で欠くことのできない基礎素材を世の中に供給してきました。更に、環境負荷の低
        減や循環型社会システム構築への貢献を目指し、豊かな社会をつくるために不断の努力を行ってまいりました。当
        社は、事業活動の発展はもとより、社会との共生も図りながら、株主、従業員、顧客、地域社会、サプライヤーそ
        の他多数の関係先を含むステークホルダーの皆様から更なる信頼を得ることにより、中長期的な株主価値の確保・
        向上に努めてまいりたいと考えております。
         このようななかにあって、当社グループは、10年後を見据えた長期経営方針において、中長期の目標(目指す
        姿)を「国内外の主要マーケットにおけるリーディングカンパニー」、「高い収益性・効率性の実現」及び「市場
        成長率を上回る成長の実現」とし、その達成に向けた全社方針を「事業ポートフォリオの最適化」、「事業競争力
        の徹底追求」及び「新製品・新事業の創出」としております。今後は、2017年度から2019年度までを対象とした
        「中期経営戦略」に基づき、企業価値の向上に向けて、全社方針を推進するとともに、「イノベーションによる成
        長の実現」、「循環型社会の構築を通じた価値の創造」、「成長投資を通じた市場プレゼンスの拡大」及び「継続
        的な改善を通じた効率化の追求」を重点戦略とし、具体的諸施策を実施してまいります。
        3)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取

         り組みの概要
         当社は、上記2)記載の企業理念と諸施策のもと、今後も当社の中長期的な株主価値の最大化を追求してまいりま
        すが、その一方で、上記1)記載のような当社の中長期的な株主価値を毀損する可能性がある大規模買付等が行われ
        る可能性も否定できないと考えております。そこで、当社は、2016年5月12日開催の当社取締役会において、「当
        社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)」を従前のものから一部改定した上で更新すること(改定後
        の対応策を以下「新対応策」といいます。)を決議し、同年6月29日開催の当社第91回定時株主総会において、株
        主の皆様のご承認をいただきました。
         新対応策の概要は、次のとおりであります。なお、新対応策の詳細につきましては、2016年5月12日付のプレス
        リリース「当社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)の更新について」において公表しておりますの
        で、以下の当社ホームページをご参照下さい。
         http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2016/16-0512b.pdf
          A.新対応策の基本方針

             当社は、中長期的な株主価値の確保・向上を目的として、当社株式の大規模買付等を行い、または行お
           うとする者に対し、遵守すべき手続を設定し、これらの者が遵守すべき手続があること、及び、これらの
           者に対して一定の場合には当社が対抗措置を発動することがあり得ることを事前に警告すること、並び
           に、一定の場合には当社が対抗措置を実際に発動することをもって当社株式の大量取得行為に関する対応
           策(買収防衛策)といたします。
          B.新対応策の内容
           (イ)対象となる大規模買付等
               新対応策は、以下のa.またはb.に該当する当社株券等の買付けまたはこれに類似する行為(以
              下「大規模買付等」といいます。)がなされる場合を適用対象といたします。大規模買付等を行い、
              または行おうとする者(以下「買付者等」といいます。)は、予め新対応策に定められる手続に従わ
              なければならないものといたします。
                a.当社が発行者である株券等について、保有者の株券等保有割合が20%以上となる買付け
                b.当社が発行者である株券等について、公開買付けに係る株券等の株券等所有割合及びその特
                  別関係者の株券等所有割合の合計が20%以上となる公開買付け
           (ロ)意向表明書の当社への事前提出
               買付者等には、大規模買付等の実行に先立ち、当社取締役会に対して、新対応策に定める手続を遵
              守する旨の誓約文言等を日本語で記載した書面(以下「意向表明書」といいます。)を提出していた
              だきます。
                                  6/25




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
           (ハ)情報の提供
               意向表明書をご提出いただいた場合には、当社は、買付者等に対して、当初提出していただくべき
              情報を記載した「情報リスト」を発送いたします。買付者等には、かかる「情報リスト」に従って十
              分な情報を当社に提出していただきます。
               また、上記の「情報リスト」の発送後60日間を、当社取締役会が買付者等に対して情報の提供を要
              請し、買付者等が情報の提供を行う期間(以下「情報提供要請期間」といいます。)として設定し、
              情報提供要請期間が満了した場合には、直ちに取締役会評価期間(下記(ホ)において定義されま
              す。以下同じとします。)を開始するものといたします。ただし、買付者等から合理的な理由に基づ
              く延長要請があった場合には、情報提供要請期間を必要に応じて最長30日間延長することができるも
              のといたします。他方、当社取締役会は、買付者等から提供された情報が十分であると判断する場合
              には、情報提供要請期間満了前であっても、直ちに買付者等に情報提供完了通知(下記(ニ)におい
              て定義されます。以下同じとします。)を行い、取締役会評価期間を開始するものといたします。
           (ニ)情報の開示
               当社は、買付者等から大規模買付等の提案がなされた事実とその概要を開示いたします。また、株
              主の皆様のご判断に必要であると認められる情報がある場合には、適切と判断する時点で開示いたし
              ます。
               また、当社は、買付者等による情報の提供が十分になされたと当社取締役会が認めた場合には、速
              やかにその旨を買付者等に通知(以下「情報提供完了通知」といいます。)するとともに、その旨を
              開示いたします。
           (ホ)取締役会評価期間の設定
               当社取締役会は、情報提供完了通知を行った後または情報提供要請期間が満了した後、大規模買付
              等の評価・検討を開始いたします。当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代替案立案
              のための期間(以下「取締役会評価期間」といいます。)は、大規模買付等の態様に応じて最長60日
              間または最長90日間といたします。
               ただし、取締役会評価期間は当社取締役会が必要と認める場合または独立委員会の勧告を受けた場
              合には最長30日間延長できるものといたします。
           (へ)独立委員会に対する諮問
               新対応策においては、対抗措置の発動等に当たって、当社取締役会の恣意的判断を排除するため、
              当社の業務執行を行う経営陣から独立した者のみから構成される独立委員会を設置しております。
               当社取締役会は、買付者等が新対応策に定める手続を遵守しなかった場合、または買付者等による
              大規模買付等が当社の中長期的な株主価値を著しく損なうものであると認められる場合であって、対
              抗措置を発動することが相当であると判断する場合には、対抗措置の発動の是非について、独立委員
              会に対して諮問するものといたします。
           (ト)対抗措置の発動に関する独立委員会の勧告
               独立委員会は、当社取締役会から対抗措置の発動の是非に関する諮問があった場合には、当社取締
              役会に対して、対抗措置の発動の是非に関する勧告を行うものといたします。
           (チ)取締役会の決議
               当社取締役会は、上記(ト)の独立委員会の勧告を最大限尊重し、対抗措置の発動に関する決議を
              行うものといたします。
           (リ)株主意思確認総会の開催
               当社取締役会は、以下の場合には、株主総会の開催が著しく困難な場合を除き、株主総会を開催
              し、対抗措置の発動に関する議案を付議するものといたします(かかる株主総会を以下「株主意思確
              認総会」といいます。)。
                a.独立委員会が対抗措置の発動についての勧告を行うに際して、対抗措置の発動に関し株主総
                  会の承認を予め得るべき旨の留保を付した場合
                b.当社取締役会が、株主の皆様のご意思を確認することが相当であると判断した場合
               当社取締役会は、株主意思確認総会の決議に従って、対抗措置の発動に関する決議を行うものとい
              たします。
                                  7/25




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
           (ヌ)大規模買付等の開始時期
               買付者等は、当社取締役会が株主意思確認総会を招集することを決定した場合には、当社取締役会
              が株主意思確認総会の決議に基づく対抗措置不発動の決議を行うまでは、大規模買付等を開始するこ
              とはできないものといたします。また、株主意思確認総会が招集されない場合においては、取締役会
              評価期間の経過後にのみ大規模買付等を開始することができるものといたします。
           (ル)対抗措置の中止または撤回
               当社取締役会は、対抗措置の発動を決議した場合であっても、以下の場合には、当該対抗措置の中
              止または撤回について、独立委員会に諮問するものといたします。
                a.買付者等が大規模買付等を中止もしくは撤回した場合
                b.当該対抗措置を発動するか否かの判断の前提となった事実関係等に変動が生じ、かつ、当社
                  の中長期的な株主価値の確保・向上という観点から、当該対抗措置を維持することが相当で
                  ないと考えられる状況に至った場合
               当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重し、当該対抗措置を維持することが相当でないと
              判断するに至った場合には、当該対抗措置の中止または撤回を決議いたします。
           (ヲ)新対応策における対抗措置の具体的内容
               新対応策に基づいて発動する対抗措置は、原則として新株予約権の無償割当てといたします。
               当該新株予約権は、割当て期日における当社の株主に対し、その所有する当社普通株式1株につき
              1個の割合で割り当てられます。また、当該新株予約権には、買付者等別途定める要件に該当する非
              適格者は行使することができないという行使条件のほか、当社が非適格者以外の者が所有する新株予
              約権を取得し、これと引き替えに新株予約権1個につき1株の当社普通株式を交付することができる
              旨の取得条件等が付されることが予定されております。
           (ワ)新対応策の有効期間、廃止及び変更
               新対応策の有効期間は、2019年6月開催予定の当社第94回定時株主総会終結の時までといたしま
              す。
               なお、かかる有効期間の満了前であっても、以下の場合には、新対応策はその時点で廃止されるも
              のといたします。
                a.当社の株主総会において新対応策を廃止する旨の議案が承認された場合
                b.当社の取締役会において新対応策を廃止する旨の決議が行われた場合
               また、当社は、法令等の改正に伴うもの等の形式的な事項について、基本方針に反しない範囲で、
              新対応策を変更する場合があります。
        4)上記2)の取り組みが、上記1)の基本方針に沿い、株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、当社の役員の

         地位の維持を目的とするものではないことに関する取締役会の判断及びその理由
         上記2)の取り組みを通じて、当社の中長期的な株主価値を確保・向上させ、それを当社株式の価値に適正に反映
        させていくことにより、当社の中長期的な株主価値に反する大規模買付等は困難になるものと考えられ、上記2)の
        取り組みは、上記1)の基本方針に沿うものであると考えております。
         従って、上記2)の取り組みは、当社の株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の役員の地位
        の維持を目的とするものではないと考えております。
        5)上記3)の取り組みが、上記1)の基本方針に沿い、株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、当社の役員の

         地位の維持を目的とするものではないことに関する取締役会の判断及びその理由
         上記3)の取り組みは、十分な情報の提供と十分な検討等の期間の確保の要請に応じない買付者等、及び当社の中
        長期的な株主価値を著しく損なう大規模買付等を行おうとする買付者等に対して対抗措置を発動できることとする
        ことで、これらの買付者等による大規模買付等を防止するものであり、上記1)の基本方針に照らして不適切な者に
        よって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取り組みであります。また、上記3)の
        取り組みは、当社の中長期的な株主価値を確保・向上させることを目的として、買付者等に対して、当該買付者等
        が実施しようとする大規模買付等に関する必要な情報の事前の提供、及びその内容の評価・検討等に必要な期間の
        確保を求めるために実施されるものです。更に、上記3)の取り組みにおいては、株主の皆様のご意思を確認する手
        続の導入、独立性の高い委員により構成される独立委員会の設置及びその勧告の最大限の尊重、合理的かつ客観的
        な対抗措置発動要件の設定、株主意思確認総会の決議に基づく対抗措置の発動等の、当社取締役会の恣意的な判断
        を排し、上記3)の取り組みの合理性及び公正性を確保するための様々な制度及び手続が確保されているものであり
        ます。
         従って、上記3)の取り組みは上記1)の基本方針に沿うものであり、当社の株主の皆様の共同の利益を損なうもの
        ではなく、また、当社の役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
                                  8/25


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
      (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間の研究開発活動は、基本的には各事業の基幹となる分野の研究を当社単独で、あるい
        は連結会社と連携をとりながら行い、各社固有の事業及びユーザーニーズに応える研究についてはそれぞれが単独
        で行っております。当社グループの研究開発としては、各セグメントと技術統括本部開発部が協力して、グループ
        開発の全体最適化を進めて、盤石な技術基盤の確立を図ってまいります。また、技術統括本部の各部と協力して既
        存事業の技術・開発支援を行うとともに、これからの新事業や新材料を創りだす等のイノベーションを推進してま
        いります。当社グループには、プロセス型事業とプロダクト型事業があり、それらに応じた研究開発を行ってまい
        ります。特にプロダクト型事業においては、より顧客視点を重視したマーケティングを行うことによって、自社の
        製品、技術及びサービスの差別化を図ってまいります。
         研究開発費の総額は、8,156百万円であり、当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の状況に重要な変
        更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当 第 3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  9/25
















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                             340,000,000

                  計                               340,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末日                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
               (2018年12月31日)                         取引業協会名
                                                     権利内容に何ら
                                                     限定のない当社
                                                     における標準と
                                          東京証券取引所
     普通株式             131,489,535             131,489,535                     なる株式であ
                                          (市場第一部)
                                                     り、単元株式数
                                                     は、100株であ
                                                     ります。
         計          131,489,535             131,489,535              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数         総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     2018年10月1日~
                     -   131,489,535            -     119,457          -      85,654
      2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 10/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、当社は当第3四半期会計期間末日現在の株
          主名簿を作成していないため、記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)現在の株
          主名簿に基づき記載しております。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年9月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                       -             -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

     議決権制限株式(その他)                       -             -            -

                                                 「(1)②発行済株式」
                       (自己保有株式)
                                         -
                                                 の「内容」欄に記載のと
                       普通株式                 531,500
     完全議決権株式(自己株式等)
                                                 おりであります。
                       (相互保有株式)
                                         -            同上
                       普通株式                    7,100
                       普通株式           129,883,000             1,298,830
     完全議決権株式(その他)                                                同上
                       普通株式              1,067,935

     単元未満株式                                    -            同上
                       普通株式           131,489,535

     発行済株式総数                                    -            -
                                          1,298,830

     総株主の議決権                       -                         -
      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の中には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,400株(議決権14個)
           含まれております。
         2.「単元未満株式」には、次の株式が含まれております。
           ・自己株式                                  75株
           ・津田電線株式会社名義の株式                       80株
        ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               対する所有株式数
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
                  東京都千代田区大手町
     (自己保有株式)
                                              531,500           0.40
                                531,500          -
     三菱マテリアル株式会社
                  1丁目3-2
     (相互保有株式)             京都府久世郡久御山町
                                               6,200
                                 6,200         -                0.00
     津田電線株式会社             市田新珠城27番地
     (相互保有株式)             秋田県秋田市茨島1丁
                                  900        -       900         0.00
     東北運輸株式会社             目2-10
           計            -         538,600          -     538,600           0.41
      (注)当第3四半期会計期間末日現在の当社が保有している自己株式は533,955株(うち単元未満株式は55株)であり
         ます。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 11/25




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について有限責任          あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 12/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         93,389              95,924
         現金及び預金
                                       ※4 260,427             ※4 254,912
         受取手形及び売掛金
                                         91,772              93,252
         商品及び製品
                                        132,043              132,847
         仕掛品
                                        142,275              138,609
         原材料及び貯蔵品
                                        227,686              233,121
         その他
                                        △ 2,518             △ 2,906
         貸倒引当金
                                        945,077              945,762
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          機械及び装置(純額)                              204,513              210,993
          土地(純額)                              236,709              237,110
                                        204,336              213,574
          その他(純額)
                                        645,559              661,678
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         44,636              42,269
          のれん
                                         19,938              18,508
          その他
                                         64,574              60,777
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        303,924              236,445
          投資有価証券
                                         56,228              53,624
          その他
                                        △ 4,297             △ 4,044
          貸倒引当金
                                        355,855              286,025
          投資その他の資産合計
                                       1,065,989              1,008,481
         固定資産合計
                                       2,011,067              1,954,244
       資産合計
                                 13/25










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※4 158,369             ※4 137,173
         支払手形及び買掛金
                                        206,142              213,195
         短期借入金
                                         25,000                -
         1年内償還予定の社債
         コマーシャル・ペーパー                                  -            20,000
                                         9,151              6,306
         未払法人税等
                                         13,228               7,106
         引当金
                                        246,227              251,977
         預り金地金
                                        118,880              121,594
         その他
                                        777,001              757,353
         流動負債合計
       固定負債
                                         50,000              50,000
         社債
         長期借入金                                240,292              248,582
                                         37,833              42,179
         環境対策引当金
                                         2,370              2,756
         その他の引当金
                                         51,647              49,736
         退職給付に係る負債
                                         83,427              64,416
         その他
                                        465,570              457,671
         固定負債合計
                                       1,242,571              1,215,025
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        119,457              119,457
         資本金
                                         92,422              92,422
         資本剰余金
                                        361,430              364,514
         利益剰余金
                                        △ 2,089             △ 2,117
         自己株式
                                        571,222              574,277
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         95,487              51,256
         その他有価証券評価差額金
                                         1,068              2,046
         繰延ヘッジ損益
                                         33,071              32,974
         土地再評価差額金
                                        △ 10,312              △ 5,190
         為替換算調整勘定
                                        △ 8,066             △ 6,884
         退職給付に係る調整累計額
                                        111,249               74,202
         その他の包括利益累計額合計
                                         86,023              90,739
       非支配株主持分
                                        768,495              739,218
       純資産合計
      負債純資産合計                                  2,011,067              1,954,244
                                 14/25








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      売上高                                  1,147,047              1,272,555
                                        981,607             1,121,653
      売上原価
                                        165,440              150,901
      売上総利益
                                        110,451              116,653
      販売費及び一般管理費
                                         54,988              34,248
      営業利益
      営業外収益
                                           579              820
       受取利息
                                         18,252              13,169
       受取配当金
                                         2,267              1,525
       持分法による投資利益
                                         3,595              3,746
       固定資産賃貸料
                                         2,081              1,913
       その他
                                         26,776              21,175
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,788              3,579
       支払利息
       鉱山残務整理費用                                  3,029              2,132
                                         2,710              1,373
       固定資産除却損
                                         3,655              6,270
       その他
                                         13,184              13,356
       営業外費用合計
                                         68,581              42,067
      経常利益
      特別利益
                                           -              506
       関係会社清算益
                                         2,365               462
       固定資産売却益
                                           981              269
       投資有価証券売却益
                                         1,145               170
       投資有価証券評価損戻入益
                                            6              -
       その他
                                         4,499              1,409
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             6,530
       環境対策引当金繰入額
                                           41             3,868
       減損損失
                                           -             2,779
       投資有価証券評価損
       固定資産売却損                                   283               41
                                           490               -
       投資有価証券売却損
                                           136              178
       その他
                                           952             13,398
       特別損失合計
                                         72,128              30,077
      税金等調整前四半期純利益
                                         19,746              12,785
      法人税等
      四半期純利益                                   52,381              17,291
                                         8,646              4,460
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         43,734              12,831
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         52,381              17,291
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         47,519             △ 44,444
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,521              1,224
       繰延ヘッジ損益
                                         4,595              7,625
       為替換算調整勘定
                                         2,104              1,188
       退職給付に係る調整額
                                           993             △ 518
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         52,691             △ 34,923
       その他の包括利益合計
                                        105,073              △ 17,631
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         95,360             △ 24,223
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         9,712              6,592
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 16/25















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      1.連結の範囲の重要な変更
        第1四半期連結会計期間より、MMメタルリサイクリング社他3社を連結の範囲に含めております。
        当第3四半期連結会計期間より、マテリアルエネルギー株式会社は清算を結了したため、連結の範囲から除外して
       おります。
      2.持分法適用の範囲の重要な変更

        第2四半期連結会計期間より、日本海洋掘削株式会社は2018年7月25日に東京地裁から会社更生手続開始の決定を
       受けたため、持分法適用の範囲から除いております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

      (税金費用の計算)
       税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後
      の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

      (環境対策引当金)
       当社グループが管理する休廃止鉱山等における特定の鉱害防止対策工事に係る費用及び集積場安定化対策工事に係る
      費用について、工事内容が決定し、見積り金額が確定したものを引当計上しておりますが、大規模集積場の安定化対策
      については、特定の対策工事を必要とするものの、地形に対応した最適な工法が選定できていないことなどにより、工
      事内容が未決定で金額が合理的に算定できないものがありました。当第3四半期連結会計期間において、それらの工事
      内容が決定し見積り金額が確定したことから、特別損失として環境対策引当金繰入額6,530百万円を計上しておりま
      す。
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会計
      期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
      示しております       。
                                 17/25











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
       1 保証債務
         連結会社以外の会社及び従業員の銀行からの借入等に対し、債務保証を行っております。
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
              (2018年3月31日)                            (2018年12月31日)
     シミルコファイナンス社                     12,278百万円       シミルコファイナンス社                     11,860百万円
     ジェコ2社                     2,461       ジェコ2社                     2,084
     カッパーマウンテンマイン社                     1,411       カッパーマウンテンマイン社                     1,359
     湯沢地熱株式会社                      874      湯沢地熱株式会社                     1,269
     従業員                     2,245       従業員                     2,245
     その他(10社)                     1,771       その他(9社)                     1,673
             計            21,043               計            20,492
       2 偶発債務

       (インドネシア国税務に関する件)
        前連結会計年度(2018年3月31日)
         当社の連結子会社であるインドネシア・カパー・スメルティング社(以下、PTS社)は、2014年12月30日付
        で、インドネシア国税当局より、PTS社の2009年12月期の売上取引価格等に関し、47百万米ドル(前連結会計年
        度末日レートでの円換算額5,085百万円)の更正通知を受け取りました。また、PTS社は、2015年1月28日付
        で、追徴額の一部である14百万米ドル(同円換算額1,487百万円)を仮納付しております。
         しかしながら、インドネシア国税当局の指摘は、当局が抽出した企業との利益率の比較により売上高過少とする
        著しく合理性を欠く見解であり、当社及びPTS社にとって当該更正処分は承服できる内容ではないことから、P
        TS社は2015年3月25日にインドネシア国税当局に対して異議申立書の提出を行っておりました。
         PTS社が2015年3月25日に提出した異議申立書は、インドネシア国税当局より2016年3月16日付で棄却されま
        した。そのため、PTS社は2016年6月6日に税務裁判所へ提訴し、当社及びPTS社の見解の正当性を主張して
        おります。
         またPTS社は、2016年12月22日付で、インドネシア国税当局より、PTS社の2011年12月期の原料費計上等に
        関し、34百万米ドル(同円換算額3,637百万円)の更正通知を受け取りました。
         しかしながら、インドネシア国税当局の指摘は、PTS社の原料費計上基準等を一方的に否認する見解であり、
        当社及びPTS社にとって当該更正処分は承服できる内容ではないことから、PTS社は2017年3月20日にインド
        ネシア国税当局に対して異議申立書の提出を行っておりました。
         PTS社が2017年3月20日に提出した異議申立書に対し、インドネシア国税当局より2018年2月28日付で決定通
        知を受領し、28百万米ドル(同円換算額3,012百万円)については、PTS社の異議申立が認められました。異議
        申立が棄却された5百万米ドル(同円換算額625百万円)について、PTS社は2018年5月22日に税務裁判所へ提
        訴し、当社及びPTS社の見解の正当性を主張しております。
         またPTS社は、2017年11月29日付で、インドネシア国税当局より、PTS社の2012年12月期のヘッジ取引損益
        の計上等に関し、22百万米ドル(同円換算額2,425百万円)の更正通知を受け取りました。また、PTS社は、
        2017年12月27日付で、追徴額の一部である6百万米ドル(同円換算額668百万円)を仮納付しております。
         しかしながら、インドネシア国税当局の指摘は、PTS社のヘッジ取引損益の計上等を一方的に否認する見解で
        あり、当社及びPTS社にとって当該更正処分は承服できる内容ではないことから、PTS社は2018年2月27日に
        インドネシア国税当局に対して異議申立書の提出を行っております。
        当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

         当社の連結子会社であるインドネシア・カパー・スメルティング社(以下、PTS社)は、2014年12月30日付
        で、インドネシア国税当局より、PTS社の2009年12月期の売上取引価格等に関し、47百万米ドル(当第3四半期
        連結会計期間末日レートでの円換算額5,313百万円)の更正通知を受け取りました。また、PTS社は、2015年1
        月28日付で、追徴額の一部である14百万米ドル(同円換算額1,554百万円)を仮納付しております。
         しかしながら、インドネシア国税当局の指摘は、当局が抽出した企業との利益率の比較により売上高過少とする
        著しく合理性を欠く見解であり、当社及びPTS社にとって当該更正処分は承服できる内容ではないことから、P
        TS社は2015年3月25日にインドネシア国税当局に対して異議申立書の提出を行っておりました。
         PTS社が2015年3月25日に提出した異議申立書は、インドネシア国税当局より2016年3月16日付で棄却されま
        した。そのため、PTS社は2016年6月6日に税務裁判所へ提訴し、当社及びPTS社の見解の正当性を主張して
        おります。
         またPTS社は、2017年11月29日付で、インドネシア国税当局より、PTS社の2012年12月期のヘッジ取引損益
        の計上等に関し、22百万米ドル(同円換算額2,533百万円)の更正通知を受け取りました。また、PTS社は、
        2017年12月27日付で、追徴額の一部である6百万米ドル(同円換算額698百万円)を仮納付しております。
                                 18/25


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
         しかしながら、インドネシア国税当局の指摘は、PTS社のヘッジ取引損益の計上等を一方的に否認する見解で
        あり、当社及びPTS社にとって当該更正処分は承服できる内容ではないことから、PTS社は2018年2月27日に
        イ ンドネシア国税当局に対して異議申立書の提出を行っております。
         またPTS社は、2018年12月5日付で、インドネシア国税当局より、PTS社の2014年12月期のヘッジ取引損益
        の計上等に関し、15百万米ドル(同円換算額1,688百万円)の更正通知を受け取りました。また、PTS社は、
        2018年12月27日付で、追徴額の一部である5百万米ドル(同円換算額651百万円)を仮納付しております。
         しかしながら、インドネシア国税当局の指摘は、PTS社のヘッジ取引損益の計上等を一方的に否認する見解で
        あり、当社及びPTS社にとって当該更正処分は承服できる内容ではないことから、今後、インドネシア国税当局
        に対して異議申立書の提出を行うこととしております。
       (品質不適合品に関する件)

        前連結会計年度       ( 2018年3月31日       )
         当社の連結子会社である三菱電線工業株式会社、三菱伸銅株式会社、三菱アルミニウム株式会社、立花金属工業
        株式会社及び株式会社ダイヤメットにおいて、過去に製造販売した製品の一部について、検査記録データの書き換
        えや検査の一部不実施等の不適切な行為により顧客の規格値または社内仕様値を逸脱した製品等を出荷した事実が
        判明しました。
         この事実に基づき、上記の一部の事業所において、各認証機関よりJIS認証の取消しやISO認証の取消し等の通知
        を受けました。
         また、当社直島製錬所にて製造した銅スラグ骨材について品質管理上の問題点が判明したことから、一般財団法
        人日本品質保証機構         (以下、「JQA」という。)に事案を報告し、臨時維持審査を受けた結果、JQAより当社直島製
        錬所の銅スラグ骨材のJIS認証が取り消されました。
         これらの事案の今後の進捗次第では、顧客等への補償費用を始めとする損失等の発生により、当社の連結業績に
        影響を及ぼす可能性がありますが、現時点ではその影響額を合理的に見積もることが困難なものについては、連結
        財務諸表には反映しておりません。
        当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

         当社グループにおいて、過去に製造販売した製品の一部について、検査記録データの書き換えや検査の一部不実
        施等の不適切な行為により顧客の規格値または社内仕様値を逸脱した製品等を出荷した事実が判明しました。
         この事実に基づき、当社グループの一部の事業所において、各認証機関よりJIS認証の取消しやISO認証の取消し
        等の通知を受けております。
         本件事案の今後の進捗次第では、顧客等への補償費用を始めとする損失等の発生により、当社の連結業績に影響
        を及ぼす可能性がありますが、現時点でその影響額を合理的に見積もることが困難なものについては、四半期連結
        財務諸表に反映しておりません。
       (公正取引委員会による立入検査に関する件)

        前連結会計年度       ( 2018年3月31日       )
         当社の連結子会社であるユニバーサル製缶株式会社は、2018年2月6日、飲料用空缶の取引に関し、独占禁止法
        違反の疑いがあるとして、公正取引委員会の立入検査を受けました。
         本件事案の今後の進捗次第では、当社の連結業績に影響を及ぼす可能性がありますが、現時点でその影響額を合
        理的に見積もることが困難なため、連結財務諸表に反映しておりません。
        当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

         当社の連結子会社であるユニバーサル製缶株式会社は、2018年2月6日、飲料用空缶の取引に関し、独占禁止法
        違反の疑いがあるとして、公正取引委員会の立入検査を受けました。
         本件事案の今後の進捗次第では、当社の連結業績に影響を及ぼす可能性がありますが、現時点でその影響額を合
        理的に見積もることが困難なため、四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                 19/25





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
       3   受取手形割引高等
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
     受取手形割引高                                275  百万円                204  百万円
                                       0                  0
     受取手形裏書譲渡高
                                     4,169                  3,916
     債権流動化による遡及義務
      ※4    四半期連結会計期間末日満期手形

         四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理は、主として手形交換日をもって決済処理しております。
         なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が
        四半期連結会計期間末日残高に含まれております。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
     受取手形                             2,785百万円                  3,424百万円
     支払手形                             2,675                   836
        (四半期連結損益計算書関係)

       該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
       なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)、のれんの償
      却額は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
      減価償却費                             42,264   百万円              44,490   百万円
      のれんの償却額                              3,271                  3,414
        (株主資本等関係)

      Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
        配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                               (円)
      2017年5月11日
               普通株式          5,239       40.0    2017年3月31日         2017年6月1日         利益剰余金
       取締役会
      2017年11月8日
               普通株式          3,929       30.0    2017年9月30日         2017年12月4日         利益剰余金
       取締役会
      Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                               (円)
      2018年5月10日
               普通株式          6,548       50.0    2018年3月31日         2018年6月1日         利益剰余金
       取締役会
      2018年11月6日
               普通株式          5,238       40.0    2018年9月30日         2018年12月4日         利益剰余金
       取締役会
                                 20/25



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期連結
                  高機能      加工     金属     セメント      その他
                                              計     調整額     損益計算書
                  製品     事業     事業     事業     の事業
                                                        計上額
     売上高
      (1)外部顧客への売上高            383,705     110,954     377,326     143,337     131,722     1,147,047        -  1,147,047

      (2)セグメント間の内部

                   9,759     8,739     130,765      2,706     38,512     190,483     △ 190,483        -
        売上高又は振替高
          計

                   393,465     119,693     508,091     146,044     170,235     1,337,530     △ 190,483     1,147,047
     セグメント利益              14,636     13,036     23,154     18,340      6,195     75,362     △ 6,781     68,581
      (注)1.その他の事業には、原子力関連、環境リサイクル関連、不動産、エンジニアリング関連等を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益の調整額△6,781百万円には、セグメント間取引消去82百万円、各報告セグメントに配分し
           ていない全社費用△6,864百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般
           管理費、基礎的試験研究費及び金融収支であります。
         3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                 21/25













                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期連結
                  高機能      加工     金属     セメント      その他
                                              計     調整額     損益計算書
                  製品     事業     事業     事業     の事業
                                                        計上額
     売上高
      (1)外部顧客への売上高            424,925     120,900     432,163     148,562     146,003     1,272,555        -  1,272,555

      (2)セグメント間の内部

                   10,471      9,105     132,490      2,452     36,502     191,021     △ 191,021        -
        売上高又は振替高
          計        435,397     130,005     564,653     151,014     182,505     1,463,577     △ 191,021     1,272,555

     セグメント利益
                   10,691     12,751      3,936     12,263      9,096     48,739     △ 6,672     42,067
      (注)1.その他の事業には、原子力関連、環境リサイクル関連、不動産、エンジニアリング関連等を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益の調整額△6,672百万円には、セグメント間取引消去△89百万円、各報告セグメントに配分
           していない全社費用△6,583百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一
           般管理費、基礎的試験研究費及び金融収支であります。
         3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
       2.報告セグメント         の 変更等に関する事項

          当社は、2018年8月7日開催の取締役会において、事業部門組織を一部変更することを決議し、同年10月1日
         付で実施いたしました。
          これは、主に重要分野や主要顧客に対し、部門横断で商品企画力・マーケティング力・提案力の強化を図るこ
         とを目的として、金属事業カンパニーに属する銅加工製品、電子材料事業カンパニー及びアルミ事業室を「高機
         能製品カンパニー」として一つに統合するものであります。
          これに伴い、報告セグメントの区分を従来の「セメント事業」、「金属事業」、「加工事業」、「電子材料事
         業」、「アルミ事業」及び「その他の事業」から、「高機能製品」、「加工事業」、「金属事業」、「セメント
         事業」及び「その他の事業」に変更しております。
          なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したもの
         を開示しております。
                                 22/25










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      1株当たり四半期純利益                                 333円91銭                97円98銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                43,734               12,831

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        43,734               12,831
       純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                130,975               130,957
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

       (セグメント区分の変更)
        当社は、2019年2月12日開催の取締役会において、同年4月1日付で事業部門組織を一部変更することを決議いた
       しま  した  。
        これは、「その他の事業」に属する石炭関連事業を熱エネルギーとして石炭を使用している「セメント事業」に移
       管する   ものであり、      より効率的な事業運営を図ることを目的としております                          。
        なお、変更後のセグメント区分による当第3四半期連結累計期間の報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に
       関する情報は以下のとおりであります。
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

       報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期連結
                  高機能      加工     金属     セメント      その他
                                              計     調整額     損益計算書
                   製品     事業     事業     事業     の事業
                                                         計上額
      売上高
      (1)外部顧客への売上高              424,925     120,900     432,163     189,589     104,975     1,272,555         -  1,272,555

      (2)セグメント間の内部

                   10,471      9,105     132,490      3,020     31,513     186,600     △186,600         -
        売上高又は振替高
          計        435,397     130,005     564,653     192,610     136,488     1,459,155     △186,600      1,272,555

      セグメント利益              10,691     12,751      3,936     15,723      5,636     48,739     △6,672      42,067
      (注)1.その他の事業には、原子力関連、環境リサイクル関連、不動産、エンジニアリング関連等を含んでおりま
           す。
         2.セグメント利益の調整額△6,672百万円には、セグメント間取引消去△89百万円、各報告セグメントに配分
           していない全社費用△6,583百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一
           般管理費、基礎的試験研究費及び金融収支であります。
         3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      2【その他】

        第94期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)中間配当については、2018年11月6日開催の取締役会にお                                                    い
       て、2018年9月30日を基準日として、次のとおり実施することを決議いたしました。
         ①    中間配当金の総額                                  5,238百万円
         ②    1株当たり中間配当金                40円
         ③    支払請求権の効力発生日及び支払開始日   2018年12月4日
                                 23/25



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 24/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱マテリアル株式会社(E00021)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     三菱マテリアル株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              浜嶋 哲三  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              上坂 善章  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              高野 浩一郎 印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている三菱マテリアル

     株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
     年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、
     すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
     を行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、三菱マテリアル株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 25/25




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。