株式会社中広 四半期報告書 第41期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第41期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 株式会社中広
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               東海財務局長

    【提出日】               平成31年2月8日

    【四半期会計期間】               第41期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               株式会社中広

    【英訳名】               CHUCO   CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 後藤 一俊

    【本店の所在の場所】               岐阜県岐阜市東興町27番地

    【電話番号】               058-247-2511(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

    【最寄りの連絡場所】               岐阜県岐阜市東興町27番地

    【電話番号】               058-247-2511(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

                    株式会社東京証券取引所

    【縦覧に供する場所】
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    株式会社名古屋証券取引所

                     (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/16







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第40期            第41期

             回次                                       第40期
                          第3四半期累計期間            第3四半期累計期間
                         自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (千円)          5,442,863            5,277,963            7,400,292
     経常利益                (千円)           130,725            11,734           217,957

     四半期(当期)純利益                (千円)            77,482           274,544            148,882

     持分法を適用した場合の
                     (千円)              ―            ―            ―
     投資利益
     資本金                (千円)           404,300            404,300            404,300
     発行済株式総数                 (株)         7,044,000            7,044,000            7,044,000

     純資産額                (千円)          1,886,287            2,600,860            1,957,568

     総資産額                (千円)          3,791,714            4,855,342            4,025,409

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            11.39            40.37           287.88
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              ―            ―            ―
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                 (円)              ―            ―         12.00
     自己資本比率                 (%)            49.7            53.6            48.6

                             第40期            第41期

             回次
                          第3四半期会計期間            第3四半期会計期間
                         自   平成29年10月1日          自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日          至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)            7.83           40.02
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

        2.  持分法を適用した場合の投資利益については、第40期第3四半期累計期間及び第40期は関連会社が存在しな
          いため記載しておりません。また、第41期第3四半期累計期間は、当社の関連会社であった株式会社地域新
          聞社の株式を当第3四半期会計期間に一部売却したことにより、重要な関連会社が存在しなくなったため記
          載しておりません。
        3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
    2  【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容についての重要な変更はありません。
        なお、当社の主要な関連会社であった株式会社地域新聞社は、当第3四半期に当社が保有する株式の一部を売
       却したことにより、当社の関連会社ではなくなりました。
                                  2/16




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投
      資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
      期会計期間の期首から適用しており、財政状態の分析については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
      事業年度との比較・分析を行っております。
      (1)  経営成績の状況
       当第3四半期累計期間は、年度初より当社の主力商品であるハッピーメディア(R)『地域みっちゃく生活情報誌
      (R)』(以下、地域フリーマガジン)の直営新規創刊を抑制し、営業部門を中心とした業務執行体制の強化により、
      前期に落ち込んだ業績の回復に努めてきましたが、人的リソースの確保が業績予想の前提を下回った結果上半期業
      績が下振れし、下半期初に上半期業績見込み及び通期業績予想の下方修正をいたしました。当第3四半期において
      は、人的リソースの確保が困難な状況が継続するなか、地方広告主の従来の販促広告に対する慎重な姿勢や、特に
      都心部における安価なネット広告やプラットフォーマーへの広告料のシフトなどにより、当社の主要支社における
      メディア事業の売上が前年同期を割り込むなど全社収益力が低下しました。この状況を受け、当第3四半期末にお
      いて、前々期末から前期において急拡大した直営フリーマガジン発行拠点の収益性見通しを厳しく検証し、一部の
      地域フリーマガジンの休刊及び統合などを決定いたしました。
       一方、直営地域フリーマガジンの限定的な新規創刊や配布エリア・部数の増加に加えて、VC契約※先が順調に
      拡大したことから、12月末における地域フリーマガジンは32都道府県149誌、月間総発行部数                                            9,369,240部となり、
      岐阜、愛知、三重の中部3県における世帯到達率約8割、同3県を含む全国8県で5割以上の世帯到達率など、各
      戸配布型フリーメディア※としての比類なき地位を確立しております。また、子育てを楽しむママたちのコミュニ
      ティマガジン『ままここっと(R)』に加え、当第3四半期に高校生のための就職応援本『Start!                                             [スタート!]』を
      創刊するなど、「広告業を通して地域社会への貢献」という当社理念を体現する『ハッピーメディア(R)』を日本全
      国各地域のご家庭にお届けすることで、「日本を元気に」する取組み(第41期基本方針テーマ)にまい進しており
      ます。
       当第3四半期累計期間における売上高については、前期同様に広告SP事業の受注が減少するとともに、主力で
      あるメディア事業においても前年同期を下回った結果、売上高は5,277,963千円(前年同期比3.0%減)となりまし
      た。
       また、同期間における経費面では、人的リソースの確保が計画を下回ったことによる人件費の減少、拠点開設関
      連費用の減少などにより、販売費及び一般管理費は2,430,974千円(前年同期比0.6%減)となりました。
       同期間における売上総利益率は前年同期の47.3%から46.2%へと若干の低下に留まったものの、売上高の減少から
      売上総利益が販管費の水準まで低減した結果、営業利益は5,147千円(前年同期比96.0%減)、経常利益は11,734千
      円(同91.0%減)と前年同期比で大幅な減少となりました。一方、四半期純利益に関しては、保有株式の適切な数
      量について随時見直しを行い、株価が高騰した銘柄の売却による投資有価証券売却益404,969千円を特別利益として
      計上した結果、四半期純利益は274,544千円(同254.3%増)となりました。
      ※ VC契約とは

       Voluntary     Chain(ボランタリー・チェーン)契約。お互いの経営責任で同一の編集基準の各戸配布型無料情報誌
      を、ハッピーメディア(R)『地域みっちゃく生活情報誌(R)』ブランドで発行します。この契約により、当社はVC
      加盟契約先企業から商標使用料及び編集サイト(C-side)の使用料を得ております。
       VC契約を推進する目的は、当社のフリーマガジンの考え方(地域みっちゃく・厳格な掲載基準・正確な配布部
      数・レスポンス重視)に賛同する企業とともにフリーマガジン事業を全国展開することで、全世代に安心・安全な
      広告インフラを迅速かつ広域に整備し、全国で広告を通じた地域経済の活性化に資することです。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      ※ フリーメディアとは
       広告の対象となる受け手に無料配布される媒体。広告主からの広告収入により成り立っている。
      セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

     a.メディア事業

       メディア事業においては、前期までに日本全国に展開した営業拠点の収益力強化による業績回復を趣旨として、
      今期は直営の新規創刊及び営業拠点開設は抑制しております。しかし、フリーメディアにおける地位確立のための
      ドミナント戦略推進など、経営戦略上必要な新規創刊については拠点収益見通しを含め個別に検討し、第2四半期
      において地域フリーマガジン『い~ぶるくらぶ』(愛知県東海市、月間発行部数37,500部)を新規創刊いたしまし
      た。
       当社及びVC契約先が発行する地域フリーマガジンの12月末時点の状況は、32都道府県(前年同期末は32都道府
      県)、月間総発行部数936万部(前年同期比4.2%増)となりました。また、季刊誌として園児のいる家庭を配布先
      とするハッピーメディア(R)『ままここっと(R)』は5県、総発行部数26万部(同10.6%増)となりました。
       当第3四半期には、『地域みっちゃく生活情報誌(R)』、『ままここっと(R)』に次ぐ新たなハッピーメディア(R)
      として、年2回(4月、12月)発行の高校生のための就職応援本『Start!                                   [スタート!]』を創刊し、第一弾として
      12月に岐阜版(発行部数13,000部)を県内の高校に配布いたしました。
       セグメント売上は、前期比で売上額を増加させた営業拠点が多い一方、比較的規模の大きな営業拠点が前年同期
      の売上額を下回った結果、メディア事業における広告売上高は3,975,633千円(前年同期比1.0%減)となりまし
      た。またセグメント利益は、売上総利益の減少に加えて、前期までの営業拠点拡大に伴う売上原価や人件費を主と
      する販管費が固定的費用として損益分岐点を押し上げた結果、390,725千円(同21.5%減)となりました。 
       当社は、フリーマガジンなどの紙媒体とインタネットを融合した新たな広告(IoP:                                        Internet     of  Paper)への取
      り組みとして、スマートフォン向けAR(拡張現実)アプリ「フリモAR」を無料配布しております。当アプリの
      総インストール数は119,347件(前年同期比62.5%増)となっております。第2四半期において、YouTube上に『H
      APPY MEDIAちゃんねる』を開設しローカル色満載のフリモAR動画を全国から視聴可能にするなど、継
      続してIоPを推進しております。
       また、フリーマガジンとWebとのメディアミックスとして展開するIT事業、地域みっちゃく生活情報総合
      ポータルサイト「フリモ\FRIMO(R)」(furimo.jp)の会員数は143,471名(前年同期比4.3%増)、掲載店舗数
      は36,664件(同10.2%増)となりました。
     b.広告SP事業

       広告SP事業は、フリーマガジンなど自社媒体を主力商品とした広域エリアでの提案営業などメディア事業との
      統合を図りつつ、新たなハッピーメディア(R)『Start!                           [スタート!]』を率先するなど、収益力拡大に努めまし
      た。しかし、地方広告主を取り巻く事業環境が厳しさを増すなか、旧来のメディアや印刷物などの広告にかかる費
      用支出減少を上回るような代替となる広告や新たな販促ツールの獲得には至らず、セグメント売上、利益とも減少
      傾向が継続しております。
       この結果、売上高は1,302,330千円(前年同期比8.7%減)、セグメント利益は185,120千円(同12.5%減)となり
      ました。
       (注)発行部数、拠点数、会員数、掲載店舗数、ダウンロード件数は平成30年12月末現在

                                  4/16






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
       当社の当第3四半期会計期間末の総資産は、4,855,342千円(前事業年度末から829,932千円の増加)となりまし
      た。これは主に受取手形及び売掛金が202,531千円減少したものの、投資有価証券が738,781千円、現金及び預金が
      218,889千円及び流動資産のその他が136,855千円増加したことによるものです。
       負債は、2,254,481千円(前事業年度末から186,640千円の増加)となりました。これは主に買掛金が77,077千円
      及び賞与引当金が59,300千円減少したものの、繰延税金負債が174,589千円及び短期借入金が150,000千円増加した
      ことによるものです。
       純資産は、2,600,860千円(前事業年度末から643,292千円の増加)となりました。これは主にその他有価証券評
      価差額金が450,349千円及び利益剰余金が192,943千円増加したことによるのもです。
       なお、当第3四半期会計期間末の自己資本比率は53.6%です。
      (3)  経営方針・経営戦略等

       当第3四半期累計期間において、当社の経営方針・経営戦略等について前事業年度の有価証券報告書に記載した
      内容に比べて重要な変更又は新たに定めた事項はありません。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
      はありません。
      (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
      (6)  主要な設備

       当第3四半期累計期間において、主要な設備の著しい変動及び前事業年度末における計画の著しい変更はありま
      せん。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/16










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     24,000,000

                 計                                   24,000,000

       ② 【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                         (平成31年2月8日)
              (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                     (市場第一部)         単元株式数は100株であ
       普通株式            7,044,000           7,044,000
                                              ります。
                                    名古屋証券取引所
                                     (市場第一部)
        計           7,044,000           7,044,000          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年12月31日                 ―   7,044,000           ―    404,300          ―    94,800
      (5)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/16






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
       ① 【発行済株式】
                                              平成30年12月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                    普通株式      243,900
                    普通株式     6,799,600
     完全議決権株式(その他)                               67,996             ―
                    普通株式        500

     単元未満株式                              ―              ―
     発行済株式総数                    7,044,000          ―              ―

     総株主の議決権                    ―           67,996             ―

       ② 【自己株式等】

                                              平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  岐阜市東興町27番地               243,900        ―      243,900        3.46
     株式会社 中広
          計              ―         243,900        ―      243,900        3.46
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                  7/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成30年10月1日から平成30年
     12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸表につい
     て、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  8/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,652,705              1,871,594
        受取手形及び売掛金                                980,467              777,936
        商品                                 8,190              8,880
        仕掛品                                 1,402              9,473
        貯蔵品                                  729              729
        その他                                116,853              253,708
                                        △ 7,802             △ 6,288
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,752,545              2,916,033
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              246,785              238,637
         土地                              567,638              568,548
                                        55,778              40,330
         その他(純額)
         有形固定資産合計                              870,201              847,516
        無形固定資産                                97,676              82,580
        投資その他の資産
         投資有価証券                               69,331              808,112
         差入保証金                              198,752              199,554
         繰延税金資産                               35,411                 -
         その他                               55,944              57,998
                                       △ 54,454             △ 56,454
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              304,986             1,009,211
        固定資産合計                               1,272,863              1,939,308
      資産合計                                4,025,409              4,855,342
                                  9/16










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                830,816              753,739
        短期借入金                                480,000              630,000
        1年内返済予定の長期借入金                                68,808              46,856
        未払金                                52,186              49,456
        未払費用                                103,670              119,381
        未払法人税等                                57,709              114,887
        賞与引当金                                71,600              12,300
                                        164,105              156,246
        その他
        流動負債合計                               1,828,896              1,882,867
      固定負債
        長期借入金                                189,580              156,438
        繰延税金負債                                   -           174,589
        その他                                49,364              40,586
        固定負債合計                                238,944              371,613
      負債合計                                2,067,841              2,254,481
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                404,300              404,300
        資本剰余金                                94,800              94,800
        利益剰余金                               1,468,570              1,661,514
                                       △ 15,802             △ 15,803
        自己株式
        株主資本合計                               1,951,868              2,144,811
      評価・換算差額等
                                         5,699             456,048
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                 5,699             456,048
      純資産合計                                1,957,568              2,600,860
     負債純資産合計                                  4,025,409              4,855,342
                                 10/16










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
       【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                  5,442,863              5,277,963
                                       2,867,821              2,841,841
     売上原価
     売上総利益                                  2,575,042              2,436,121
     販売費及び一般管理費                                  2,446,703              2,430,974
     営業利益                                   128,338               5,147
     営業外収益
      受取利息                                   337              293
      受取配当金                                  1,084              1,575
      受取賃貸料                                  9,516              9,884
                                         3,262              3,554
      その他
      営業外収益合計                                  14,200              15,309
     営業外費用
      支払利息                                  2,228              2,093
      支払手数料                                  4,907              2,158
      車両事故損失                                  4,658              3,715
                                          19              753
      その他
      営業外費用合計                                  11,814               8,721
     経常利益                                   130,725               11,734
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    -           404,969
                                           -            1,924
      投資有価証券清算益
      特別利益合計                                    -           406,893
     特別損失
                                           -            3,957
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                    -            3,957
     税引前四半期純利益                                   130,725              414,670
     法人税、住民税及び事業税
                                        30,718              121,845
                                        22,524              18,280
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   53,242              140,126
     四半期純利益                                   77,482              274,544
                                 11/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

                           当第3四半期累計期間
                    (自    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計期
     間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
     示しております。
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計
       期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおり
       であります。
                            前第3四半期累計期間                当第3四半期累計期間
                            (自 平成29年4月1日                (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年12月31日)                至 平成30年12月31日)
        減価償却費                         49,588千円                41,171千円
        のれんの償却額                         4,205千円                 555千円
      (株主資本等関係)

     前第3四半期累計期間(自              平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月15日
               普通株式         74,800         11  平成29年3月31日         平成29年6月16日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
        該当事項はありません。
     当第3四半期累計期間(自              平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月21日
               普通株式         81,600          12  平成30年3月31日         平成30年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
        該当事項はありません。
      (持分法損益等)

       当社が有している関連会社は、利益基準及び利益剰余金基準からみて重要性の乏しい関連会社であるため、記載
      を省略しております。
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     前第3四半期累計期間(自              平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                   四半期損益
                           報告セグメント
                                            調整額
                                                  計算書計上額
                                            (注)1
                    メディア事業        広告SP事業          計
                                                    (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                 4,015,790        1,427,073        5,442,863            ―    5,442,863
       セグメント間の内部売上高
                         ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
           計          4,015,790        1,427,073        5,442,863            ―    5,442,863
     セグメント利益                  497,870        211,646        709,516       △ 581,178        128,338
     (注)   1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、管理部門及
          びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
        該当事項はありません。
      (のれんの金額の重要な変動)

        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (重要な負ののれん発生益)

        該当事項はありません。
     当第3四半期累計期間(自              平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                   四半期損益
                           報告セグメント
                                            調整額
                                                  計算書計上額
                                            (注)1
                    メディア事業        広告SP事業          計
                                                    (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                 3,975,633        1,302,330        5,277,963            ―    5,277,963
       セグメント間の内部売上高
                         ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
           計          3,975,633        1,302,330        5,277,963            ―    5,277,963
     セグメント利益                  390,725        185,120        575,845       △ 570,698         5,147
     (注)   1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、管理部門及
          びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
        該当事項はありません。
      (のれんの金額の重要な変動)

        該当事項はありません。
      (重要な負ののれん発生益)

        該当事項はありません。
                                 13/16



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期累計期間             当第3四半期累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
      1株当たり四半期純利益金額                                   11円39銭             40円37銭
      (算定上の基礎)
      四半期純利益金額(千円)                                   77,482             274,544
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―
      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                   77,482             274,544
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  6,800,062             6,800,061
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
    2  【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月8日

    株式会社中広
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士        楠元  宏         印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士        大橋 敦司         印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社中広の

    平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第41期事業年度の第3四半期会計期間(平成30年10月1日から平成30年
    12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すな
    わち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
    論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社中広の平成30年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
    る第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
    かった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク