ヤマト・インダストリー株式会社 四半期報告書 第64期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第64期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:ヤマト・インダストリー株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               平成31年2月12日

    【四半期会計期間】               第64期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               ヤマト・インダストリー株式会社

    【英訳名】               YAMATO    INDUSTRY     CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長        杉  浦  大  助

    【本店の所在の場所】               埼玉県川越市大字古谷上4274番地

    【電話番号】               049(235)1234(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部統括          茂  木  久  男

    【最寄りの連絡場所】               東京都台東区上野三丁目9番1号

    【電話番号】               03(3834)3111       (代表)

    【事務連絡者氏名】               執行役員管理本部長          藤  元  勝  利

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/14









                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第63期           第64期

             回次              第3四半期           第3四半期            第63期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
     売上高                (千円)         10,854,636           12,279,367           14,649,156
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           15,245          △  54,905          △ 56,256

     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (千円)          △ 43,862         △ 100,477          △ 141,865
     期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)          △ 75,633          △  211,975          △ 117,350
     純資産額                (千円)         2,387,061           2,133,204           2,345,344

     総資産額                (千円)         8,400,906           8,812,275           8,475,963

     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)          △ 43.65         △ 100.00          △ 14.12
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            28.4           24.2           27.7
                             第63期           第64期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益
                      (円)           17.28          △ 16.86
     又は四半期純損失(△)
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載をしておりませ
          ん。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
        5.平成30年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首
          に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純損失を算定しております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社において営まれている事業の内容について、重要な
     変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。 
                                  2/14




                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等又は、前
      連結会計年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
      (1)  経営成績の分析

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府による積極的な経済政策などを背景に、企業収益や雇
      用・所得環境の改善など緩やかな回復基調が続いております。一方海外は、米国と中国における貿易摩擦や英国の
      EU離脱に関する問題など、依然として先行きは不透明な状況が続いております。
       このような状況の中、当社グループは、前向きな投資戦略、新規事業への挑戦、国内外の体制を再整備し、合理
      化の実行による業績向上をめざしてまいりました。
       その結果、売上は、物流機器製品の大口顧客向け受注が増加したことにより122億79百万円(前年同四半期108億
      54百万円)と増収となりました。利益面では、経費削減等に取組み、営業利益34百万円(前年同四半期損失5百万
      円)と増益となりましたが、為替差損等が発生し経常損失54百万円(前年同四半期利益15百万円)、親会社株主に
      帰属する当期純損失1億円(前年同四半期損失43百万円)と減益となりました。
      セグメントの業績を示すと次のとおりであります。

       (合成樹脂成形関連事業)
       売上高は、堅調に推移し95億71百万円(前年同四半期92億75百万円)と増収なり、利益面では、経費削減に取組
      み、営業損失25百万円(前年同四半期損失40百万円)と損失が減少いたしました。
       (物流機器関連事業)
       競合他社との価格競争が続く中、受注拡大に努め積極的な営業活動を展開してまいりました。その結果大口顧客
      向け受注が増加したことにより売上高は、27億7百万円(前年同四半期15億78百万円)、営業利益59百万円(前年
      同四半期利益34百万円)と増収、増益になりました。
      (2)  財政状態の分析(資産)

       資産合計は88億12百万円となり、前連結会計年度末と比べ3億36百万円増加しました。これは、主に電子記録債
      権が1億98百万円増加、土地が1億75百万円増加、のれんが27百万円減少したことによるものです。
       (負債)
       負債合計は66億79百万円となり、前連結会計年度末と比べ5億48百万円増加しました。これは主に、支払手形及
      び買掛金が3億4百万円減少、電子記録債務が3億22百万円増加、短期借入金が7億53百万円増加、長期借入金が
      2億82百万円減少したことによるものです。
       (純資産)
      純資産合計は21億33百万円となり前連結会計年度末と比べ2億12百万円減少しました。これは主に、利益剰余金が
      1億円減少、為替換算調整勘定が1億円減少したことによるものです。
                                  3/14





                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
       (3)   事業上及び財務上の対処すべき課題
       当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありません。
       (4)   研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/14


















                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     2,296,000

                 計                                    2,296,000

     (注)    平成30年6月28日開催の第63回定時株主総会の決議により、平成30年10月1日を効力発生日として、当社
        普通株式10株を1株とする株式併合に伴う定款変更が行われ、発行可能株式総数は、20,664,000株減少
        し、2,296,000株となっております。
       ②  【発行済株式】
              第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                         (平成31年2月12日)
              (平成30年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            1,017,179           1,017,179       JASDAQ
                                              ります。
                                    (スタンダード)
        計           1,017,179           1,017,179          ―           ―
     (注)   1.平成30年6月28日開催の第63回定時株主総会決議により、平成30年10月1日付けで当社普通株式10株を
          1株に併合いたしました。これにより、発行済株式総数は9,154,618株減少し、1,017,179株となってお
          ります。
        2.平成30年6月28日開催の第63回定時株主総会決議により、平成30年10月1日付で単元株式数を1,000株
          から100株に変更しております。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年10月1日
                △9,154,618        1,017,179           ―    927,623          ―    785,132
     (注)
     (注)    株式併合(10:1)によるものであります。
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/14




                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                              平成30年9月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                         123,000
                    普通株式
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                10,034             ―
                         10,034,000
                     普通株式
     単元未満株式                              ―       1単元(1,000株)未満の株式
                           14,797
     発行済株式総数                    10,171,797           ―              ―
     総株主の議決権                     ―           10,034             ―

     (注)    1「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式                            697株が含まれております。
        2  当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」、「自己株式等」については、株主名簿の記載内容が
         確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株
         主名簿による記載をしております。
        3  平成30年6月28日開催の第63回定時株主総会における決議により、平成30年10月1日を効力発生日とし
         て、当社普通株式10株を1株とする株式併合を実施しております。これに伴い、当社発行済株式総数
         は、9,154,618株減少し、1,017,179株となっております。また、単元株式数が1,000株から100株に変更
         されております。
       ②  【自己株式等】
                                              平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  埼玉県川越市大字古谷上
     ヤマト・インダストリー
                                 123,000        ―       123,000         1.21
                  4274番地
     株式会社
          計              ―          123,000        ―      123,000        1.21
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
    第4   【経理の状況】

    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、監査法人不二会計事務所による四半期レビューを受けております。
                                  6/14



                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,609,009              1,450,885
                                     ※2  2,605,080            ※2  2,577,338
        受取手形及び売掛金
                                      ※2  435,237            ※2  634,205
        電子記録債権
        商品及び製品                                477,570              620,671
        仕掛品                                173,228              163,674
        原材料及び貯蔵品                                339,350              378,271
                                        112,299              209,589
        その他
        流動資産合計                               5,751,776              6,034,636
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              389,218              372,365
         機械装置及び運搬具(純額)                              627,671              562,603
         土地                             1,107,584              1,282,846
         リース資産(純額)                              129,983              139,228
         建設仮勘定                                 -            5,035
                                        92,407              79,638
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             2,346,865              2,441,718
        無形固定資産
         のれん                              110,416               82,812
                                        22,342              32,540
         その他
         無形固定資産合計                              132,759              115,352
        投資その他の資産
         投資有価証券                               51,944              47,569
         その他                              195,448              175,827
                                        △ 2,830             △ 2,830
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              244,562              220,566
        固定資産合計                               2,724,187              2,777,638
      資産合計                                8,475,963              8,812,275
     負債の部
      流動負債
                                     ※2  2,458,843            ※2  2,154,325
        支払手形及び買掛金
                                                    ※2  322,212
        電子記録債務                                   -
                                     ※3  1,151,253            ※3  1,904,675
        短期借入金
        未払法人税等                                16,732              20,120
        賞与引当金                                26,007              13,427
                                        407,808              399,295
        その他
        流動負債合計                               4,060,644              4,814,056
      固定負債
                                     ※3  1,746,599            ※3  1,463,705
        長期借入金
        退職給付に係る負債                                158,500              180,421
                                        164,875              220,886
        その他
        固定負債合計                               2,069,974              1,865,013
      負債合計                                6,130,619              6,679,070
                                  7/14




                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                927,623              927,623
        資本剰余金                                763,504              763,504
        利益剰余金                                487,364              386,886
                                       △ 23,002             △ 23,014
        自己株式
        株主資本合計                               2,155,490              2,055,001
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 2,884              △ 749
        繰延ヘッジ損益                                 △ 218            △ 2,047
        為替換算調整勘定                                177,457               77,106
                                         8,685              2,887
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                188,809               77,197
      非支配株主持分                                  1,044              1,005
      純資産合計                                2,345,344              2,133,204
     負債純資産合計                                  8,475,963              8,812,275
                                  8/14














                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 10,854,636              12,279,367
                                       9,389,745              10,799,266
     売上原価
     売上総利益                                  1,464,891              1,480,100
     販売費及び一般管理費
      荷造運搬費                                 266,448              294,677
      給料及び賞与                                 488,267              460,130
      退職給付費用                                  39,106              39,369
                                        676,790              651,701
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,470,612              1,445,879
     営業利益又は営業損失(△)                                   △ 5,720              34,221
     営業外収益
      受取利息                                  6,499              5,051
      受取配当金                                   415              358
      為替差益                                  35,709                 -
      受取手数料                                  5,840              4,697
      受取賃貸料                                    45              45
      受取設備負担金                                  7,298                -
                                         7,600              10,241
      その他
      営業外収益合計                                  63,408              20,393
     営業外費用
      支払利息                                  37,020              42,498
      為替差損                                    -            56,080
                                         5,422              10,942
      その他
      営業外費用合計                                  42,442              109,520
     経常利益又は経常損失(△)                                   15,245             △ 54,905
     特別利益
                                          602              529
      固定資産売却益
      特別利益合計                                   602              529
     特別損失
      固定資産売却損                                  1,041                -
      固定資産処分損                                  9,949               150
                                           -            12,163
      過年度外国消費税等
      特別損失合計                                  10,990              12,314
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         4,856             △ 66,690
     純損失(△)
     法人税等                                   47,859              33,593
     四半期純損失(△)                                  △ 43,003             △ 100,284
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     859              193
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 43,862             △ 100,477
                                  9/14





                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純損失(△)                                  △ 43,003             △ 100,284
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  1,582             △ 3,634
      繰延ヘッジ損益                                   164            △ 1,828
      為替換算調整勘定                                 △ 40,453             △ 100,430
                                         6,075             △ 5,797
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                 △ 32,630             △ 111,691
     四半期包括利益                                  △ 75,633             △ 211,975
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 71,889             △ 212,089
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 3,743               114
                                 10/14















                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1 受取手形割引高及び受取手形裏書譲渡高
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                           (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        受取手形割引高                       455,180    千円             150,567    千円
        受取手形裏書譲渡高                         443  千円               125  千円
     

      行われたものとして処理しております。 
       なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手
      形、電子記録債権及び電子記録債務を満期日に決済が行われたものとして処理しております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                            (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
        受取手形                        14,657   千円               6,157   千円
        電子記録債権                        3,890   千円              9,939   千円
        支払手形                       237,474    千円             187,518    千円
        電子記録債務                         ―   千円             150,733    千円
     ※3 財務制限条項

       当連結会計年度(平成31年3月31日)において下記の金融機関との金銭消費貸借契約において財務制限条項に
      抵触する恐れがあり、当該条項に抵触した場合は、契約上の全ての債務について期限の利益を喪失する可能性
      があります。
       現在、財務制限条項等に抵触した場合にも期限の利益の喪失に関わる条項を適用することなく、当該融資を
      継続していただくよう取引金融機関との協議を進めており、今後も融資継続について引き続き支援していただ
      けるものと考えております。
      当第3四半期連結会計期間(平成30年12月31日)

       (1)当社の株式会社武蔵野銀行からの長期借入金の前連結会計年度100,000千円(1年以内返済予定額を含
      む)、当第3半期連結会計期間84,970千円(1年以内返済予定額を含む)には、以下の財務制限条項が付され
      ております。
        最終返済日 平成35年3月31日
        財務制限条項
       ①平成30年3月30日から各年度の会計年度末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を平成
       29年3月期の決算期の末日における純資産の部の金額の75%以上に維持すること。
       ②平成30年3月30日から各年度の会計年度末日における連結の損益計算書に示される経常損益を2期連続し
       て損失としないこと。
       (2)当社の株式会社三菱UFJ銀行からの長期借入金の前連結会計年度263,783千円(1年以内返済予定額を含

      む)、当第3四半期連結会計期間200,927千円(1年以内返済予定額を含む)には、以下の財務制限条項が付さ
      れております。
        最終返済日 平成34年12月28日
        財務制限条項
                                 11/14


                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
       ①平成28年3月決算期を初回とする各年度決算期の末日における連結の貸借対照表において、純資産の部の
       合計額を、平成27年3月決算期の年度決算期の末日における純資産の部の合計額又は前年度決算期の末日に
       おける純資産の部の合計額のいずれか大きい方の75%以上に維持すること。
       ②平成28年3月決算期を初回とする各年度決算期の末日における連結の損益計算書において、経常損益の金
       額を0円以上に維持すること。
        但し、上記の①、②のいずれかの同一項目に2期連続して抵触した場合のみ財務制限条項が適用されるこ
       とになります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
      とおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                           (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        減価償却費                       198,156    千円             216,095    千円
        のれんの償却額                        27,604   千円              27,604   千円
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                   四半期連結損益
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                    合成樹脂成形         物流機器
                                      計
                     関連事業        関連事業
     売上高
       外部顧客への売上高                 9,275,871        1,578,765       10,854,636            ─    10,854,636

       セグメント間の内部売上高
                       33,044         124      33,168       △ 33,168          ─
       又は振替高
           計           9,308,915        1,578,889       10,887,804         △ 33,168      10,854,636
     セグメント利益
                      △ 40,040        34,319       △ 5,720          ―     △ 5,720
     又はセグメント損失(△)
     (注)    セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                   四半期連結損益
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                    合成樹脂成形         物流機器
                                      計
                     関連事業        関連事業
     売上高
       外部顧客への売上高                 9,571,953        2,707,414       12,279,367            ―   12,279,367

       セグメント間の内部売上高
                       94,679         290      94,969       △ 94,969          ―
       又は振替高
           計           9,666,632        2,707,704       12,374,336         △ 94,969      12,279,367
     セグメント利益
                      △ 25,238        59,459        34,221          ―     34,221
     又はセグメント損失(△)
     (注)    セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
                                 12/14


                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
       1株当たり四半期純損失(△)
                                       △43円65銭             △100円00銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)

                                        △43,862             △100,477
       普通株式に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        △43,862             △100,477
       四半期純損失(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         1,004              1,004
     (注)    1  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2   当社は、平成30年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結
          会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純損失金額を算定しておりま
          す。
       (重要な後発事象)

      平成31年1月11日付で、当社の主要株主及びその他の関係会社であった明成物流株式会社が、主要株主及びその他の
     関係会社に該当しないこととなりました。
      (1)当該異動に係る主要株主の氏名又は名称
       主要株主でなくなるもの  明成物流株式会社
     (2)当該異動の前後における当該主要株主の所有議決権の数及びその総株主等の議決権に対する割合

       主要株主でなくなるもの
        明成物流株式会社
                         所有議決権の数              総株主等の議決権に対する割合

             異動前                1,500個                  14.93%
             異動後                   -                  -
         ※上記、「総株主の議決権の数に対する割合」は、平成30年9月30日現在の議決権数を基準としております。
         小数点第3位を四捨五入して表記しております。
         議決権を有しない株式として発行済株式総数1,017,179株から控除した株式数は12,369株です。
     (3)   異動の理由

       平成31年1月23日に当社の主要株主及びその他の関係会社である明成物流株式会社より、保有する当社株式の全て
      を平成31年1月11日に譲渡(以下「本譲渡」といいます。)した旨の連絡があり、本譲渡に伴い、同社は当社の主要
      株主及びその他の関係会社に該当しないこととなりました。
     (4)当該異動の年月日

       平成31年1月11日
    2  【その他】

       該当事項はありません。
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

     該当事項はありません。
                                 13/14



                                                           EDINET提出書類
                                                 ヤマト・インダストリー株式会社(E00867)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    ヤマト・インダストリー株式会社
     取 締 役 会         御 中
                       監査法人不二会計事務所

                        代表社員

                                   公認会計士      利 根 川 宣 保           印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているヤマト・インダ

    ストリー株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年
    10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に
    係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
    注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ヤマト・インダストリー株式会社及び連結子会社の平成30年12月
    31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
    る事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 14/14




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。