株式会社丸和運輸機関 四半期報告書 第46期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第46期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社丸和運輸機関

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                     四半期報告書

     【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                     関東財務局長

     【提出日】                     2019年2月12日

     【四半期会計期間】                     第46期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

     【会社名】                     株式会社丸和運輸機関

     【英訳名】                     MARUWA    UNYU   KIKAN   CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  和佐見 勝

     【本店の所在の場所】                     埼玉県吉川市旭7番地1

     【電話番号】                     048-991-1000(代表)

     【事務連絡者氏名】                     取締役常務執行役員 管理統括本部長兼総務本部長  河田 和美

     【最寄りの連絡場所】                     埼玉県吉川市旭7番地1

     【電話番号】                     048-991-1000(代表)

     【事務連絡者氏名】                     取締役常務執行役員 管理統括本部長兼総務本部長  河田 和美

     【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)第46期第2四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                             第45期           第46期
              回次              第3四半期           第3四半期            第45期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日
             会計期間
                          至 2017年12月31日           至 2018年12月31日           至 2018年3月31日
                    (千円)          55,611,738           63,910,821           74,359,861

     売上高
                    (千円)           3,482,048           4,831,095           4,752,366

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期

                    (千円)           2,428,021           3,375,342           3,044,993
     (当期)純利益
                    (千円)           3,155,588           2,817,745           3,692,989

     四半期包括利益又は包括利益
                    (千円)          20,076,462           22,345,456           20,617,223

     純資産額
                    (千円)          40,129,800           44,638,808           39,454,336

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利

                     (円)            75.88           105.36            95.15
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半

                     (円)            75.50           104.93            94.67
     期(当期)純利益
                     (%)             50.0           50.1           52.3

     自己資本比率
                             第45期           第46期

              回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自 2017年10月1日           自 2018年10月1日
             会計期間
                          至 2017年12月31日           至 2018年12月31日
                     (円)            34.12           44.76

     1株当たり四半期純利益
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.当社は、2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。これに伴
          い、第45期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調
          整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
        4.純資産額には、役員向け株式給付信託及び株式給付型ESOPの信託財産として保有する当社株式が自己株
          式として計上されております。また、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期
          (当期)純利益の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて
          おります。
        5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/18




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
      ついて、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       (物流事業)

        第1四半期連結会計期間より、               2018年5月1日       に設立した株式会社NS丸和ロジスティクスを連結の範囲に含め
       ております。
       (その他)
        主要な関係会社の異動はありません。
                                  3/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  経営成績    の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、                        企業収益や雇用環境の改善などを背景に緩やかな回復基調で推
       移いたしました。しかしながら、               世界経済における貿易摩擦のリスク                 や金融市場の変動が         日本経済に及ぼす影響          に加
       え、  大規模自然災害       が相次いだ影響などにより、             引き続き留意を要する状況にあります。
        物流業界においては、          深刻化する人材の不足及び燃料価格の                  高まり   を背景としたコスト上昇により、料金の適正化
       に対する社会的な理解は深まってきたものの、依然として厳しい経営環境で推移しております。
        この様な環境のもと当社グループは、                  「低温食品物流への経営資源の集中投資」「拡大し続けるEC市場への対
       応」「安全・安心・安定した物流基盤の構築」の3つを成長戦略とした中期経営計画を推進しております。中期経営
       計画の最終年度となる当事業年度は、ラストワンマイルにおける当社独自のプラットフォームを構築すべく、個人事
       業主「MQA(Momotaro・Quick                Ace)」の開業支援活動を積極的に推進してまいりました。また、小売業に特化し
       た物流事業の基盤強化に向け、食品スーパーマーケットの3PL業務を強みとした低温食品物流における営業活動を
       一層推進していくとともに、             現場の生産性改革        と日次決算     マネジメントの徹底による経営基盤の強化に努めました。
        更に、高齢化及び労働人口減少の進行を見据えた人材確保のため、新卒の積極的な採用活動を推進すると共に、人
       材不足に起因する稼働車両不足を解消するため、「AZ-COM丸和・支援ネットワーク」のサービスメニュー拡充
       による   会員拡大を図り、輸配送パートナーとの安全・安心・安定した物流基盤の構築に取り組みました。
        以上の結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間における経営成績は、売上高                                         639億10百万円       (前年同四半
       期比  14.9%増    )、  営業利益46億31百万円          (同  40.5%増    )、  経常利益48億31百万円          (同  38.7%増    )、  親会社株主に帰属
       する四半期純利益33億75百万円              (同  39.0%増    )の増   収 増 益 となりました。
       セグメント別の業績は次のとおりです。

       ① 物流事業
        ・食品物流
          低 温食品を中心とした食品物流においては、「AZ-COM7PL」(アズコム セブン・パフォーマンス・
         ロジスティクス/7つの経営支援機能を付加した3PL)戦略に基づく物流改革提案により獲得した新規物流セ
         ンターの稼働や       前連結会計年度に事業を譲り受けたコープ事業                      が食品物流業務の拡大に寄与した結果、売上高は
         272億12百万円(前年同四半期比8.2%増)となりました。
        ・医薬・医療物流
          医薬・医療物流においては、主要取引先であるドラッグストアをはじめとする既存取引先にて、新規出店への
         対応や訪日外国人観光客によるインバウンド消費増、                         EC対応等による        物量の増加が寄与した結果、売上高は
         148億17百万円(前年同四半期比1.1%増)となりました。
        ・常温その他物流
          日用雑貨    を 中心とする     常温その他物流においては            、「ECラストワンマイル当日お届けサービス」の受託エリ
         ア及び車両稼働台数が           順次  拡大したことに加え、既存取引先の深耕による取引拡大が寄与した結果、売上高は
         212億31百万円(前年同四半期比40.0%増)となりました。
         利益面では、労働力         確保に向けた積極採用や           輸送力の確保      に伴う   コストの増加はあるものの、             日次決算マネジメ

        ントの強化による生産性向上をはじめ、料金改定交渉や                          不採算業務の撤退        による効果が表れ        た 結果、   物流事業にお
        ける売上高は       632億61百万円       (前年同四半期比         15.1%増    )、  セグメント利益(営業利益)は44億97百万円                      (同
        45.0%増    )の増収増益となりました。
       ② その他

         文書保管事業においては、既存取引先との取引拡大や新規取引先からのBPO(ビジネスプロセス・アウトソー
        シング)に係る新規案件の受託に努めましたが、                       不動産賃貸事業における修繕費用の増加等                    が影響し、     売上高は    6
        億49百万円     (前年同四半期比        0.9%増    )、  セグメント利益(営業利益)は1億33百万円                     (同  31.4%減    )の  増収  減益
        となりま    した。
                                  4/18



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、                     446億38百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                51億84百万円増加        いた
       しました。流動資産は          206億48百万円       となり、    38億79百万円増加        いたしました。この主な要因は、未収入金が20億67
       百万円減少した一方で、現金及び預金が                   44億6百万円      、受取手形及び売掛金が            14億64百万円増加        したことでありま
       す。また、固定資産は          239億90百万円       となり、    13億5百万円増加        いたしました。この主な要因は、                建物及び構築物が
       7億13百万円      、 機械装置及び運搬具が          3億35百万円増加        したことであります。
        負債につきましては、           222億93百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                34億56百万円増加        いたしました。流動負債
       は 151億34百万円       となり、    22億9百万円増加        いたしました。この主な要因は、支払手形及び買掛金が                          10億63百万円      、
       未払金が7億22百万円、短期借入金が                  6億円   増加したことであります。また、固定負債は                     71億59百万円      となり、    12億
       46百万円増加      いたしました。この主な要因は、長期借入金が                      14億3百万円増加        したことであります。
        純資産につきましては、            223億45百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                17億28百万円増加        いたしました。この主
       な要因は、その他有価証券評価差額金が                   5億78百万円減少        した一方で、利益剰余金が            22億80百万円増加        したことであ
       ります。
        なお、   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、財政状態の分析については、当該会計基準等を遡って適用した後の前連結会計
       年度末の数値にて比較を行っております。
      (3)  経営方針・経営戦略等

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあり
       ません。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
       生じた問題はありません。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                                       発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                     48,000,000
                普通株式
                                                     48,000,000
                  計
       ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在
                                  上場金融商品取引所
              末現在発行数(株)            発行数(株)
        種類                          名又は登録認可金融                内容
              (2018年12月31日)          (2019年2月12日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                             単元株式数は100株でありま
                  32,132,880          32,132,880
       普通株式
                                   (市場第一部)
                                             す。
                  32,132,880          32,132,880          -            -
        計
     (注)提出日現在の発行数には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権(ストックオプション)
        の行使により発行されたものは含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                      増減額        残高
        年月日
                               (千円)       (千円)
                 (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2018年10月1日~
                   1,600     32,132,880           216    2,656,663          216    2,171,085
     2018年12月31日
     (注)1
     (注)   1.新株予約権の権利行使による増加であります。
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)【議決権の状況】

       ①【発行済株式】
                                                 2018年12月31日現在
                       株式数(株)         議決権の数(個)

            区分                                     内容
                          -          -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -          -             -
     議決権制限株式(その他)                     -          -             -

                      普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                               -             -
                             100
                                          単元株式数は100株であります。
                      普通株式
                                          完全議決権株式であり、権利内容
     完全議決権株式(その他)                                320,362
                          32,036,200
                                          に何ら限定の無い、当社の標準と
                                          なる株式であります。
                      普通株式
                                    -             -
     単元未満株式
                            96,580
                          32,132,880          -             -
     発行済株式総数
                          -            320,362            -
     総株主の議決権
     (注)1    .「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式                            68 株が含まれております。
        2 .「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、役員向け株式給付信託及び株式給付型ESOPの信託財産と
          して保有する当社株式          90,400   株(議決権の数       904  個)を含めております。
       ②【自己株式等】

                                                 2018年12月31日現在
                              自己名義       他人名義      所有株式数       発行済株式総数に

                             所有株式数       所有株式数        の合計      対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              (株)       (株)       (株)       の割合(%)
                 埼玉県吉川市旭7番地1                100     -        100         0.00

      株式会社丸和運輸機関
                      -           100     -        100         0.00
          計
     (注)1    .上記の他に単元未満株式として自己株式                    68 株を所有しております。
        2.役員向け株式給付信託及び株式給付型ESOPの信託財産として保有する当社株式は、上記の自己保有株式に
          は含めておりません。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/18







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
      64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
      12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表に
      ついて、    EY 新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
       なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       4,582,429              8,988,546
         現金及び預金
                                       9,343,803              10,807,846
         受取手形及び売掛金
                                         28,787              33,675
         貯蔵品
                                       2,818,026               822,214
         その他
                                        △ 3,388             △ 3,603
         貸倒引当金
                                       16,769,658              20,648,679
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             6,537,313              7,251,209
          機械装置及び運搬具(純額)                              864,094             1,199,718
                                       6,917,694              6,917,694
          土地
                                       2,324,028              2,183,153
          その他(純額)
                                       16,643,130              17,551,775
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                957,140             1,333,474
         投資その他の資産
                                       5,136,918              5,155,987
          その他
                                        △ 52,511             △ 51,108
          貸倒引当金
                                       5,084,406              5,104,878
          投資その他の資産合計
                                       22,684,677              23,990,128
         固定資産合計
                                       39,454,336              44,638,808
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       5,380,350              6,443,479
         支払手形及び買掛金
                                        400,000             1,000,000
         短期借入金
                                       1,687,736              2,202,961
         1年内返済予定の長期借入金
                                        914,422              802,830
         未払法人税等
                                        324,774              108,880
         賞与引当金
                                         1,752                -
         訴訟損失引当金
                                       4,215,781              4,576,085
         その他
                                       12,924,816              15,134,236
         流動負債合計
       固定負債
                                       3,012,388              4,415,796
         長期借入金
                                        609,775              643,923
         退職給付に係る負債
                                        403,095              455,637
         資産除去債務
                                       1,887,037              1,643,758
         その他
                                       5,912,296              7,159,114
         固定負債合計
                                       18,837,113              22,293,351
       負債合計
                                  9/18




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,653,980              2,656,663
         資本金
                                       2,168,402              2,171,085
         資本剰余金
                                       14,991,531              17,272,133
         利益剰余金
                                       △ 103,478             △ 103,616
         自己株式
                                       19,710,436              21,996,266
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       1,056,622               477,803
         その他有価証券評価差額金
                                       △ 149,835             △ 128,613
         退職給付に係る調整累計額
                                        906,787              349,190
         その他の包括利益累計額合計
                                       20,617,223              22,345,456
       純資産合計
                                       39,454,336              44,638,808
      負債純資産合計
                                 10/18














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      売上高                                 55,611,738              63,910,821
                                       49,934,425              56,468,998
      売上原価
                                       5,677,313              7,441,823
      売上総利益
                                       2,380,768              2,810,217
      販売費及び一般管理費
                                       3,296,544              4,631,605
      営業利益
      営業外収益
                                         1,714              2,380
       受取利息
                                         42,217              53,988
       受取配当金
                                         59,062              59,062
       業務受託料
                                         6,130              40,792
       助成金収入
                                        120,219               87,724
       その他
       営業外収益合計                                 229,344              243,948
      営業外費用
                                         24,230              15,565
       支払利息
                                           -             2,552
       投資有価証券売却損
                                         7,716              8,528
       固定資産除却損
                                           -             3,944
       訴訟関連費用
                                         2,632              12,517
       リース解約損
                                         9,260              1,350
       その他
                                         43,840              44,458
       営業外費用合計
                                       3,482,048              4,831,095
      経常利益
                                       3,482,048              4,831,095
      税金等調整前四半期純利益
                                       1,054,027              1,455,753
      法人税等
                                       2,428,021              3,375,342
      四半期純利益
                                           -              -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                       2,428,021              3,375,342
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/18









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       2,428,021              3,375,342
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        713,057             △ 578,819
       その他有価証券評価差額金
                                         14,509              21,222
       退職給付に係る調整額
                                        727,566             △ 557,597
       その他の包括利益合計
                                       3,155,588              2,817,745
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       3,155,588              2,817,745
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                          第3四半期連結累計期間
                     (自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
     (連結の範囲の重要な変更)
      第1四半期連結会計期間より、              2018年5月1日       に設立した株式会社NS丸和ロジスティクスを連結の範囲に含め
     ております。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                         当第3四半期連結累計期間
                     (自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
     税金費用の計算
      税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
     用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
      (追加情報)

                          第3四半期連結累計期間
                     (自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
     ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用   )
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
     計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分                                  に 、繰延税金負債は固定負債の区分に                 そ
     れぞれ含めて      おります。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1 受取手形裏書譲渡高
                          前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                         (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
     受取手形裏書譲渡高                           10,921   千円             10,598   千円
      (四半期連結損益計算書関係)

         前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自 
        2018年4月1日 至 2018年12月31日)
         当該事項はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費               ( のれんを除く      無形固定資産に係る償却費を含む。)                  及びのれんの償却額         は、  次
        のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                            (自    2017年4月1日             (自    2018年4月1日
                             至   2017年12月31日)              至   2018年12月31日)
      減価償却費                             974,874千円                 795,623千円
      のれん償却額                                - 千円             21,954千円
                                 13/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
      1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
      2017年6月29日
                        509,361        31.75
                普通株式                    2017年3月31日         2017年6月30日         利益剰余金
      定時株主総会
      2017年10月31日
                        509,469        31.75
                普通株式                    2017年9月30日         2017年12月8日         利益剰余金
      取締役会
      (注)1.     1株当たり配当額については、基準日が2017年9月30日であるため、2017年10月1日付の株式分割について
           は加味しておりません。
         2.2017年6月29日定時株主総会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金
           1,435千円が含まれております。
         3.2017年10月31日取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金1,435千
           円が含まれております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
        該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

      1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
      2018年6月28日
                        509,953        15.88
                普通株式                    2018年3月31日         2018年6月29日         利益剰余金
      定時株主総会
      2018年10月31日
                        584,786        18.20
                普通株式                    2018年9月30日         2018年12月7日         利益剰余金
      取締役会
      (注)1.     2018年6月28日       定時株主総会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金
           1,435   千円が含まれております。
         2.  2018年10月31日       取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金                                       1,645   千
           円が含まれております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
        該当事項はありません。
                                 14/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
        報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                     報告セグメント
                               その他
                                                    四半期連結損益
                                       合計       調整額
                               (注)
                                                    計算書計上額
                       物流事業
      売上高

                       54,968,543         643,194      55,611,738            -    55,611,738
       (1)外部顧客への売上高
       (2)セグメント間の内部売
                         82,707       287,827        370,534       △ 370,534          -
         上高又は振替高
                       55,051,251         931,021      55,982,272        △ 370,534      55,611,738
             計
                       3,101,469         195,075       3,296,544           -    3,296,544
      セグメント利益
      (注)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、文書保管庫の賃貸事業、不動産賃貸事
         業及びレストラン事業を含んでおります。
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

        報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                     報告セグメント
                               その他
                                                    四半期連結損益
                                       合計       調整額
                               (注)
                                                    計算書計上額
                       物流事業
      売上高

                       63,261,655         649,166      63,910,821            -    63,910,821
       (1)外部顧客への売上高
       (2)セグメント間の内部売
                         79,911       291,121        371,033       △ 371,033          -
         上高又は振替高
                       63,341,566         940,288      64,281,855        △ 371,033      63,910,821
             計
                       4,497,717         133,887       4,631,605           -    4,631,605
      セグメント利益
      (注)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、文書保管庫の賃貸事業及び不動産賃貸
         事業を含んでおります。
                                 15/18









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
       以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                  項目
                                  至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
      (1)1株当たり四半期純利益                                  75円88銭             105円36銭

       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                2,428,021             3,375,342

        普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -             -

        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                        2,428,021             3,375,342
        益(千円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                               31,999,489             32,036,779
      (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  75円50銭             104円93銭

       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -             -
        (千円)
        普通株式増加数(株)                                 161,028             131,181
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                           -             -
      り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前
      連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)1.     当社は、2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。これに伴
           い、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式
           調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
         2.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益及
           び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含
           めております。(前第3四半期連結累計期間90,400株、当第3四半期連結累計期間90,400株)
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2【その他】

       第46期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)中間配当について、2018年10月31日開催の取締役会において、
      2018年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
      ① 配当金の総額                                           584,786    千円
      ② 1株当たりの金額                                         18円20銭
      ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                               2018年12月7日
      (注)   配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金                             1,645   千円が含まれております。
                                 16/18







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社丸和運輸機関(E30443)
                                                             四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社丸和運輸機関
      取締役会 御中
                           EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士        福田 慶久  ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士        山川 幸康  ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社丸和運

     輸機関の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
     わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社丸和運輸機関及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。