株式会社日本触媒 四半期報告書 第107期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第107期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社日本触媒

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年2月12日

    【四半期会計期間】               第107期第3四半期(自            2018年10月1日         至   2018年12月31日)

    【会社名】               株式会社日本触媒

    【英訳名】               NIPPON    SHOKUBAI     CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  五嶋 祐治朗

    【本店の所在の場所】               大阪市中央区高麗橋四丁目1番1号

    【電話番号】               06-6223-9140

    【事務連絡者氏名】               経理部長  小林 髙史

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区内幸町一丁目2番2号

    【電話番号】               03-3506-7475

    【事務連絡者氏名】               東京総務部長  鎌谷 賢二

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第106期           第107期

              回次               第3四半期           第3四半期           第106期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自   2017年4月1日         自   2018年4月1日         自   2017年4月1日
             会計期間
                           至   2017年12月31日         至   2018年12月31日         至   2018年3月31日
     売上高                  (百万円)           243,177           267,811           322,801
     経常利益                  (百万円)           25,179           26,638           32,293

     親会社株主に帰属する
                       (百万円)           18,634           20,052           24,280
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)           24,426           16,346           23,723
     純資産額                  (百万円)           311,468           319,907           310,762

     総資産額                  (百万円)           465,665           469,234           467,386

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                   (円)          467.25           502.82           608.84

     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)            -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                   (%)           66.1           67.5           65.7
     営業活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           28,293           20,332           38,823

     投資活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)          △ 22,324          △ 17,278          △ 27,498

     財務活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           △ 6,230         △ 10,063          △ 9,762

     現金及び現金同等物の
                       (百万円)           50,732           44,847           51,612
     四半期末(期末)残高
                              第106期           第107期

              回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自   2017年10月1日         自   2018年10月1日
             会計期間
                           至   2017年12月31日         至   2018年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                   (円)          166.02           178.63
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/22



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
     連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
     連結会計年度との比較・分析を行っております。 
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当第3四半期連結累計期間(以下、当四半期累計期間)における世界経済は、米国では景気回復が続き、欧州で
      も緩やかに回復しているものの、中国では持ち直しの動きに足踏みがみられ、アジア新興国では一部に弱い動きが
      みられました。また、米中の貿易摩擦による影響や原油情勢の動向など、先行きが不透明な状況が続きました。
        日本経済は、設備投資が増加し、雇用情勢の着実な改善がみられるなど、景気が緩やかに回復しているなかで推
      移しました。
        化学工業界におきましては、需要が底堅く推移したものの、原料価格の動向など先行きが不透明ななかで推移し
      ました。
        このような状況のもと、当社グループの当四半期累計期間の売上高は、原料価格や製品海外市況上昇に伴い販売
      価格を修正したことや、販売数量が増加したことなどにより、前年同四半期連結累計期間(以下、前年同四半期累
      計期間)に比べて        246億3千3百万円増収           ( 10.1%   )の  2,678億1千1百万円          となりました。
        利益面につきましては、販売価格よりも原料価格の上がり幅が大きくスプレッドが縮小しましたが、                                                生産・販
      売数量が増加したことによる数量効果などにより、営業利益は、前年同四半期累計期間に比べて                                             3億7千6百万円
      増益  ( 1.8%   )の  207億6千8百万円         となりました。
        営業外損益は、持分法投資利益の増加などにより、前年同四半期累計期間に比べて10億8千3百万円の増益とな
      りました。その結果、経常利益は前年同四半期累計期間に比べて                              14億5千9百万円増益          ( 5.8%   )の  266億3千8百
      万円  となりました。
        その結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同四半期累計期間に比べて                                         14億1千8百万円増益
      ( 7.6%   )の  200億5千2百万円         となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

       ①  基礎化学品事業

        アクリル酸及びアクリル酸エステルは、販売数量は減少しましたが、原料価格や製品海外市況上昇に伴い販売価
      格を修正したことにより、増収となりました。
       酸化エチレンは、原料価格上昇に伴い販売価格を修正したことや、販売数量を増加させたことにより、増収とな
      りました。
       エチレングリコールは、製品海外市況上昇に伴い販売価格を修正しましたが、販売数量が減少したことにより、
      減収となりました。
       エタノールアミンは、原料価格上昇に伴い販売価格を修正しましたが、販売数量が減少したことにより、減収と
      なりました。
       セカンダリーアルコールエトキシレートは、販売数量を増加させたことや、原料価格上昇に伴い販売価格を修正
      したことにより、増収となりました。
       以上の結果、基礎化学品事業の売上高は、前年同四半期累計期間に比べて                                    11.3%増加     の 989億4千6百万円         とな
      りました。
                                  3/22



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
        営業利益は、製品構成による数量効果がありましたが、販管費が増加したことやスプレッドが縮小したことなど
      により、前年同四半期累計期間に比べて                   3.0%減少     の 88億7千9百万円        となりました。
       ②  機能性化学品事業

        高吸水性樹脂は、原料価格上昇に伴い販売価格を修正したことに加え、販売数量を増加させたことにより、増収
      となりました。
       コンクリート混和剤用ポリマー、洗剤原料などの水溶性ポリマー、塗料用樹脂、粘着加工品、電子情報材料及び
      ヨウ素化合物は、販売数量を増加させたことにより、増収となりました。
       特殊エステルは、販売数量は減少しましたが、原料価格や製品海外市況上昇に伴い販売価格を修正したことによ
      り、増収となりました。
       無水マレイン酸は、販売数量は減少しましたが、販売価格を修正したことにより、増収となりました。
       エチレンイミン誘導品及び樹脂改質剤は、販売数量が減少したことにより、減収となりました。
        以上の結果、機能性化学品事業の売上高は、前年同四半期累計期間に比べて                                    10.4%増加     の 1,464億9千8百万円
      となりました。
        営業利益は、スプレッドが縮小しましたが、生産・販売数量が増加したことや、販管費が減少したことなどによ
      り、前年同四半期累計期間に比べて                 0.3%増加     の 111億6百万円       となりました。
       ③   環境・触媒事業

        自動車触媒は、貴金属価格が上昇しましたが、販売数量が減少したことにより、減収となりました。
        燃料電池材料は、販売数量は増加しましたが、販売価格が低下したことにより、減収となりました。
       プロセス触媒、脱硝触媒、湿式酸化触媒及びリチウム電池材料は、販売数量が増加したことにより、増収となり
      ました。
        排ガス処理触媒は、販売数量が減少したことにより、減収となりました。
        以上の結果、環境・触媒事業の売上高は、前年同四半期累計期間に比べて                                  3.6%増加     の 223億6千7百万円         となり
      ました。
        営業利益は、販売数量が増加したことや、販管費が減少したことなどにより、前年同四半期累計期間に比べて
      34.8%増加の      5億5千1百万円        となりました。
        当第3四半期連結会計期間末における当社グループの財政状態は次のとおりとなりました。

        当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末(以下、前年度末)に比べて                                             18億4千8百万

       円増加   の 4,692億3千4百万円          となりました。流動資産は、前年度末に比べて                      20億4千8百万円増加          しました。現
       金及び預金が減少したものの、原料価格上昇に伴う販売価格の修正により受取手形及び売掛金が増加したことなど
       によるものです。固定資産は、前年度末に比べて                       2億1百万円減少        しました。設備投資により有形固定資産が増加
       したものの、時価の下落により投資有価証券が減少したことによるものです。
        負債は、前年度末に比べて             72億9千7百万円減少          の 1,493億2千7百万円          となりました。借入金を返済したこと
       や未払法人税等が減少したことなどによるものです。
        純資産は、前年度末に比べて              91億4千5百万円増加          の 3,199億7百万円        となりました。その他有価証券評価差額
       金が減少したものの、利益剰余金が増加したことによるものです。
        自己資本比率は、前年度末の              65.7%   から  67.5%   へと1.8ポイント増加しました。なお、1株当たり純資産額は、
       前年度末に比べて241.26円増加の               7,946.31円     となりました。
                                  4/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
        当第3四半期連結累計期間(以下、当四半期累計期間)末における現金及び現金同等物は、設備投資等の投資活
       動によるキャッシュ・フロー及び財務活動によるキャッシュ・フローの支出が、営業活動によるキャッシュ・フ
       ローの収入を上回ったため、前連結会計年度末に比べて                           67億6千4百万円減少           の 448億4千7百万円         となりまし
       た。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは、前第3四半期連結累計期間(以下、前年同四半期累計期間)の                                                282億
        9千3百万円の収入         に対し、当四半期累計期間は              203億3千2百万円の収入            となりました。主に前連結会計年度
        の期末日が金融機関の休日であったため未決済であった仕入債務が、当四半期累計期間に決済されたことなどに
        より減少したこと及び法人税等の支払額が増加したことにより、前年同四半期累計期間に比べて                                             79億6千1百万
        円 の収入の減少となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によるキャッシュ・フローは、前年同四半期累計期間の                              223億2千4百万円の支出            に対し、当四半期
        累計期間は     172億7千8百万円の支出            となりました。前年同四半期累計期間に比べて有形固定資産の取得による
        支出が減少したことなどにより、前年同四半期累計期間に比べて                              50億4千7百万円        の支出の減少となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同四半期累計期間の                              62億3千万円の支出         に対し、当四半期累計期
        間は  100億6千3百万円の支出            となりました。長期借入れによる収入が減少したことなどにより、前年同四半期
        累計期間に比べて        38億3千3百万円        の支出の増加となりました。
       (資本の財源及び資金の流動性)

        当社グループの所要資金は、主に運転資金、設備投資、戦略投資及び研究開発投資に対応するものであり、こ
       れらを自己資金、金融機関からの短期・長期借入金や社債により賄っております。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について、重要な変更又は新たな発生はあ
      りません。
       なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社
      法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
      ⅰ)基本方針の内容の概要

        当社グループは、日本触媒グループ                 企業理念「     TechnoAmenity       ~私たちはテクノロジーをもって人と社会に豊
       かさと快適さを提供します」のもと、「人の暮らしに新たな価値を提供する革進的な化学会社」を目標に、具体
       的な経営戦略を立案・遂行し、企業の競争力や収益力を向上させることにより、企業価値ひいては株主共同の利
       益の向上を目指しております。
        これらの企業理念、経営戦略が当社株式の大規模買付行為等によってゆがめられ、結果として、当社の企業価
       値及び株主共同の利益が損なわれることのないように、当社は、必要な措置(買収防衛策)を講じることといた
       します。(定款第33~35条)
        即ち、第三者から当社株式の大規模買付行為等の提案(買収提案)がなされた場合、これを受け入れるか否か
       の最終的な判断は、その時点における株主の皆様に委ねられるべきものと考えており、株主の皆様が買収提案に
       ついて必要な情報と相当な検討期間に基づき適切な判断を行えるよう、必要なルール及び手続きを定めることと
       いたします。 
                                  5/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
       ⅱ)当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する特別な取組み
       ①中長期経営計画による取組み
        当社グループは、企業理念・経営理念及び社是のもと、2014年4月にスタートさせた長期経営計画「新生日本触
       媒2020」と、2017年度からの具体的な行動計画である後半中期経営計画「新生日本触媒2020                                           NEXT」に取り組んで
       おります。
       ②コーポレート・ガバナンス強化による取組み
        当社は、「     TechnoAmenity       ~私たちはテクノロジーをもって人と社会に豊かさと快適さを提供します」という日
       本触媒グループ        企業理念のもと、「人の暮らしに新たな価値を提供する革進的な化学会社」「社会から信頼され
       る化学会社」「様々なステークホルダーを含めた“皆が誇れる会社”」を目指し、企業価値を高め、持続的成長
       を図っていきたいと考えております。
        そのためには、実効性の高いコーポレート・ガバナンスの実現が重要であると捉え、株主の権利・平等性の確
       保と対話、様々なステークホルダーとの適切な協働、適切な情報開示と透明性の確保、取締役会・経営陣の役
       割・責務の適切な遂行、執行に対する適切な監督、内部統制システムの充実・強化等、コーポレート・ガバナン
       スの強化・充実の取り組みを行っております。
        当社は、3名の社外取締役を招聘し、当社経営に資する有用な意見と提言及び独立した立場からの監督を行っ
       ていただくことにより、コーポレート・ガバナンス体制の強化を図っております。また、執行役員制度を導入
       し、経営の意思決定機能・監督機能と執行機能を分離することにより、コーポレート・ガバナンス体制の強化並
       びに経営意思決定及び業務遂行の迅速化を図っております。
       ⅲ)基本方針に照らして不適切な者によって、当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため
         の取組みの内容の概要
        当社は、2007年6月20日開催の第95期定時株主総会において、当社の企業価値を安定的かつ継続的に維持・向
       上させることにより株主共同の利益を図ることを目的として、特定株主グループによる当社の議決権割合が20%
       以上となる当社株券等の大規模買付行為(以下、単に「大規模買付行為」といいます)に関する対応策(買収防
       衛策)の導入を株主の皆様にご承認いただき、2010年6月22日開催の第98期定時株主総会及び2013年6月20日開
       催の第101期定時株主総会において、この一部改定及び継続について、株主の皆様にご承認いただきました。ま
       た、2016年6月21日開催の第104期定時株主総会において、同総会から3年以内に終了する最終の事業年度に関す
       る定時株主総会まで同一の内容で継続することを諮り、原案どおり承認可決されました(以下、継続された当社
       株式の大規模買付行為に関する対応策を「本ルール」といいます)。
        本ルールは、当社取締役会が、買収行為を行おうとする者(大規模買付者)に、事前に、遵守すべき手続きを
       提示し、必要かつ十分な時間を確保することにより、買収提案内容の検証・評価・検討後、買付情報及び当社代
       替案を株主の皆様に開示した上で、どちらの提案が当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上に結びつく
       かを株主総会で、株主の皆様に直接意思表示していただくものです。ただし、例外的に、①大規模買付者が本
       ルールを遵守しない場合または②大規模買付行為が当社株主全体の利益を著しく損なうことが明らかであると認
       められる場合には、株主総会の決議によらず、当社取締役会の決議により対抗措置が発動されることとなってお
       ります。②を理由とする対抗措置の発動に関して、当社取締役会の恣意的判断を排除するために、当社の業務執
       行を行う経営陣から独立している独立社外取締役及び独立社外監査役(それらの補欠者を含みます)の中の3名
       以上から構成される外部委員会に諮問いたします。外部委員会は、当社取締役会の諮問を受けて、特定の大規模
       買付行為が当社株主全体の利益を著しく損なうことが明らかであるか否かの検討及び判断を行い、対抗措置の発
       動または不発動を当社取締役会に勧告いたします。当社取締役会は、外部委員会の勧告を最大限に尊重して、対
       抗措置の発動または不発動を決定いたします。
        本ルールの詳細については、2016年5月10日付ニュースリリース「当社株式の大規模買付行為に関する対応策
       (買収防衛策)の継続について」を、当社ウェブサイト(http://www.shokubai.co.jp/ja/)に掲載しております。
                                  6/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
       ⅳ)上記取組みについての取締役会の判断及びその判断理由
        本ルールは、買収提案がなされた場合に、対抗措置(新株予約権の発行)を発動するか否かを、株主の皆様
       に、必要な情報と相当な検討期間に基づき判断していただくためのルール及び手続きを定めたものです。本ルー
       ルは、買収提案を受け入れるか否かの最終的な判断を当社株主の皆様に委ねることにより、当社の企業価値及び
       株主共同の利益の確保・向上を図るものであり、当社株主の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会
       社役員の地位の維持を目的にするものでもありません。以上から、本ルールが、上記「当社の財務及び事業の方
       針を支配するものの在り方に関する基本方針」に沿うものであると判断しております。
        また、本ルールは、1回の当社株主総会における通常決議の取締役の選解任を通じて、取締役会により廃止す
       ることが可能です。また、当社の取締役の任期は1年であり、かつ、取締役の選任に関して期差任期制を採用し
       ておりません。
      (4)  研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       97億9百万円      であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)   生産、受注及び販売の実績

       ①生産実績
        当第3四半期連結累計期間における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
            セグメントの名称                  金額(百万円)                 前年同期比(%)

         基礎化学品事業                             101,241                   13.7

         機能性化学品事業                             135,202                   12.3

         環境・触媒事業                              20,403                  13.5

               合計                       256,846                   12.9

        (注)   1.金額は、販売価格によっております。
          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          3.生産実績が増加した主な要因は、ナフサや原料価格の上昇による価格の上昇があったことに加え、販
            売数量増加に伴い生産数量が増加したためであります。
       ②受注状況

        当社グループは、主として見込生産を行っているため、受注状況は記載しておりません。
       ③販売実績

        当第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
            セグメントの名称                  金額(百万円)                 前年同期比(%)

         基礎化学品事業                              98,946                  11.3

         機能性化学品事業                             146,498                   10.4

         環境・触媒事業                              22,367                   3.6

               合計                       267,811                   10.1

        (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  7/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (6)   主要な設備
       当第3四半期連結累計期間において、新たに確定した主要な設備の新設の計画は、次のとおりであります。
                                投資予定額
            事業所名      セグメントの                        資金     着手   完了予定     完成後の
      会社名                  設備の内容
            (所在地)       名称                     調達方法     年月    年月    増加能力
                               総額     既支払額
                                                     アクリル酸製造

     PT.ニッポン
           インドネシア
                                                       設備
                                        自己資金
     ショクバ                   アクリル酸       百万ドル      百万ドル         2018年    2021年
            共和国     基礎化学品
     イ・インド                   製造設備         200       8        10月     11月    100,000トン/年
                                        及び借入金
           (バンテン州)
     ネシア 
     (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、新たに締結した経営上の重要な契約は、次のとおりであります。
     技術援助契約
       契約会社名          相手方の名称                  内容               有効期間
               (インドネシア共和国)            精製アクリル酸製造技術実施権許諾契約

      株式会社日本触媒                                          2018年10月 
               PT.ニッポンショクバ            であり、対価はランニングロイヤリティ
                                               ~プラント存続期間中
        (当社)
               イ・インドネシア            であります。
                                  8/22














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     127,200,000

                 計                                    127,200,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                       上場金融商品取引所

                            提出日現在
                            発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                     名又は登録認可金融               内容
                (2018年12月31日)           (2019年2月12日)           商品取引業協会名
                                       東京証券取引所          単元株式数は100株で
       普通株式             40,800,000           40,800,000
                                       (市場第一部)         あります。
         計           40,800,000           40,800,000           ―           ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                   ―      40,800,000         ―       25,038       ―       22,071
     2018年12月31日
                                  9/22






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)  【議決権の状況】

       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                                2018年9月30日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                       ―            ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                       ―            ―            ―

     議決権制限株式(その他)                       ―            ―            ―

                      (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―            ―
                              921,600
                      普通株式
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                                     397,871          ―
                            39,787,100
                      普通株式
     単元未満株式                                   ―            ―
                              91,300
     発行済株式総数                       40,800,000            ―            ―

                                          397,871

     総株主の議決権                       ―                         ―
     (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式26株が含まれております。

       ②  【自己株式等】

                                                 2018年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)             大阪市中央区高麗橋
                                  921,600              921,600         2.25
                                         ―
     株式会社日本触媒                  四丁目1番1号
                                  921,600              921,600         2.25

           計              ―                 ―
      (注) 株式名簿上、当社名義であるが実質的に所有していない株式はありません。

    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 10/22






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりま
     す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      なお、新日本有限責任監査法人は、名称変更により、2018年7月1日をもって、EY新日本有限責任監査法人となり
     ました。
                                 11/22















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                55,920              48,738
                                      ※2  78,038            ※2  83,523
        受取手形及び売掛金
        商品及び製品                                31,414              34,265
        仕掛品                                 5,437              5,975
        原材料及び貯蔵品                                20,163              18,648
        その他                                 7,440              9,311
                                          △ 9             △ 10
        貸倒引当金
        流動資産合計                                198,403              200,452
      固定資産
        有形固定資産
         機械装置及び運搬具(純額)                               59,751              96,277
         土地                               32,609              32,557
         建設仮勘定                               44,470               5,896
         その他(純額)                               42,965              49,437
                                        △ 4,553             △ 4,570
         減損損失累計額
         有形固定資産合計                              175,241              179,598
        無形固定資産
                                         3,531              3,478
         その他
         無形固定資産合計                               3,531              3,478
        投資その他の資産
         投資有価証券                               74,707              70,324
         その他                               15,570              15,445
                                         △ 66             △ 62
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               90,211              85,707
        固定資産合計                                268,983              268,782
      資産合計                                 467,386              469,234
     負債の部
      流動負債
                                      ※2  58,066            ※2  55,274
        支払手形及び買掛金
        短期借入金                                 8,244              9,359
        1年内返済予定の長期借入金                                 4,438              12,220
        未払法人税等                                 5,489              1,513
        賞与引当金                                 3,405              1,484
        その他の引当金                                 2,614              3,081
                                        10,378              13,908
        その他
        流動負債合計                                92,636              96,840
      固定負債
        社債                                10,000              10,000
        長期借入金                                35,301              23,723
        退職給付に係る負債                                13,607              13,735
                                         5,081              5,029
        その他
        固定負債合計                                63,989              52,487
      負債合計                                 156,624              149,327
                                 12/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                25,038              25,038
        資本剰余金                                22,400              22,452
        利益剰余金                                248,158              261,630
                                        △ 6,263             △ 6,273
        自己株式
        株主資本合計                                289,334              302,847
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                14,786              10,420
        繰延ヘッジ損益                                   3              -
        為替換算調整勘定                                 4,868              4,994
                                        △ 1,719             △ 1,380
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                17,937              14,034
      非支配株主持分                                  3,491              3,026
      純資産合計                                 310,762              319,907
     負債純資産合計                                   467,386              469,234
                                 13/22














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高                                   243,177              267,811
                                        193,200              217,828
     売上原価
     売上総利益                                   49,977              49,982
     販売費及び一般管理費                                   29,585              29,215
     営業利益                                   20,392              20,768
     営業外収益
      受取利息                                   140              205
      受取配当金                                  1,050              1,184
      持分法による投資利益                                  3,249              4,316
      受取技術料                                   340              239
      為替差益                                   123               -
                                         1,142              1,321
      雑収入
      営業外収益合計                                  6,042              7,265
     営業外費用
      支払利息                                   318              369
      為替差損                                    -              275
      租税公課                                   193              185
                                          744              565
      雑損失
      営業外費用合計                                  1,254              1,395
     経常利益                                   25,179              26,638
     特別利益
                                          479               -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                   479               -
     特別損失
      固定資産売却損                                    -              22
                                        ※1  272
      減損損失                                                  -
                                          129               -
      固定資産撤去費
      特別損失合計                                   401               22
     税金等調整前四半期純利益                                   25,258              26,616
     法人税、住民税及び事業税
                                         5,749              4,978
                                          830             1,461
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    6,579              6,439
     四半期純利益                                   18,679              20,177
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     44              125
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   18,634              20,052
                                 14/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                   18,679              20,177
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  4,792             △ 4,369
      繰延ヘッジ損益                                   △ 3             △ 3
      為替換算調整勘定                                  1,285               907
      退職給付に係る調整額                                  △ 652              319
                                          325             △ 684
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  5,748             △ 3,830
     四半期包括利益                                   24,426              16,346
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  24,432              16,149
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   △ 5             197
                                 15/22















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                  25,258              26,616
      減価償却費                                  12,795              14,464
      固定資産売却損益(△は益)                                    -              22
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 479               -
      減損損失                                   272               -
      固定資産撤去費                                   129               -
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,189             △ 1,389
      支払利息                                   318              369
      持分法による投資損益(△は益)                                 △ 3,249             △ 4,316
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 9,653             △ 5,147
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                   401            △ 1,776
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  6,834             △ 2,898
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                   647             △ 166
                                         △ 161             △ 691
      その他
      小計                                  31,922              25,088
      利息及び配当金の受取額                                  2,996              4,409
      利息の支払額                                  △ 377             △ 443
                                        △ 6,248             △ 8,723
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  28,293              20,332
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 23,538             △ 16,410
      投資有価証券の売却による収入                                   735               27
      関係会社株式の取得による支出                                  △ 614            △ 1,111
      出資金の回収による収入                                   730               0
                                          363              216
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 22,324             △ 17,278
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  1,211               751
      長期借入れによる収入                                  8,747               800
      長期借入金の返済による支出                                 △ 10,169              △ 4,366
      自己株式の取得による支出                                   △ 11             △ 10
      配当金の支払額                                 △ 5,982             △ 6,580
      非支配株主への配当金の支払額                                   △ 2             △ 9
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          △ 3            △ 601
      による支出
      その他                                   △ 21             △ 48
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 6,230             △ 10,063
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     708              245
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     446            △ 6,764
     現金及び現金同等物の期首残高                                   51,700              51,612
     連結子会社の決算期変更に伴う現金及び現金同等物
                                        △ 1,414                -
     の増減額(△は減少)
                                      ※1  50,732            ※1  44,847
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
      会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
      区分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1    保証債務
       連結会社以外の会社の社債発行に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                前連結会計年度                        当第3四半期連結会計期間
               (2018年3月31日)                           (2018年12月31日)
                         1,289   百万円                        1,347   百万円
        アメリカン・アクリル           L.P.                アメリカン・アクリル           L.P.
                          (注)1                           (注)2
         (注)1.    保証債務残高のうち         644  百万円については、Arkema             Delaware     Inc.から再保証を受けております。

           2.   保証債務残高のうち         673  百万円については、Arkema             Delaware     Inc.から再保証を受けております。
     ※2    四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

       なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
      が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                             前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
       受取手形                          81 百万円                84 百万円
       支払手形                          19 百万円                20 百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1    減損損失
       前第3四半期連結累計期間(自                 2017年4月1日         至   2017年12月31日)
       前第3四半期連結累計期間において、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                 場所              用途              種類
            姫路製造所

                                       建物、構築物、機械装置、
                         無水マレイン酸製造装置
            (兵庫県姫路市)
                                       工具器具及び備品
        資産のグルーピングは、管理会計上の区分に基づき行っております。

        兵庫県姫路市に所有する無水マレイン酸製造装置については、需給バランスの悪化により同製品の収益性が低下
       し、今後も経常的な損失が予想されますので、当該資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少
       額を減損損失(272百万円)として特別損失に計上しました。その内訳は、建物2百万円、構築物96百万円、機械
       装置173百万円、工具器具及び備品0百万円であります。なお、当該資産グループの回収可能価額は使用価値によ
       り測定しておりますが、将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、備忘価額で評価しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      りであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    2017年4月1日               (自    2018年4月1日
                             至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
       現金及び預金                         54,786   百万円              48,738   百万円
       預入期間が3か月を超える定期預金                        △4,054    百万円              △3,891    百万円

       現金及び現金同等物                         50,732   百万円              44,847   百万円

                                 17/22



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2017年6月21日
               普通株式         2,991       75.00    2017年3月31日         2017年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
     2017年11月7日
               普通株式         2,991       75.00    2017年9月30日         2017年12月5日         利益剰余金
     取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年6月20日
               普通株式         3,390       85.00    2018年3月31日         2018年6月21日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年11月6日
               普通株式         3,190       80.00    2018年9月30日         2018年12月5日         利益剰余金
     取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 18/22











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                             報告セグメント
                                               調整額      損益計算書
                                               (注)1       計上額
                    基礎化学品      機能性化学品       環境・触媒         計
                                                      (注)2
     売上高
      外部顧客への売上高

                      88,935      132,657       21,586      243,177         -    243,177
      セグメント間の内部
                      25,628       4,365       1,742      31,736      △ 31,736         -
      売上高又は振替高
           計           114,563       137,021       23,329      274,913      △ 31,736      243,177
     セグメント利益                  9,150      11,076        409     20,635       △ 243     20,392

     (注) 1.セグメント利益の調整額                 △243   百万円は、セグメント間取引消去によるものであります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

                                                  (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           全社・消去          合計
                 基礎化学品        機能性化学品         環境・触媒
      減損損失                  -        272         -         -        272
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                             報告セグメント
                                               調整額      損益計算書
                                               (注)1       計上額
                    基礎化学品      機能性化学品       環境・触媒         計
                                                      (注)2
     売上高
      外部顧客への売上高

                      98,946      146,498       22,367      267,811         -    267,811
      セグメント間の内部
                      30,038       5,646        822     36,506      △ 36,506         -
      売上高又は振替高
           計           128,984       152,144       23,189      304,317      △ 36,506      267,811
     セグメント利益                  8,879      11,106        551     20,535        233     20,768

     (注) 1.セグメント利益の調整額                 233  百万円は、セグメント間取引消去によるものであります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      該当事項はありません。
                                 19/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                項目
                                 至   2017年12月31日)           至   2018年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  467円25銭             502円82銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                   18,634             20,052
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        18,634             20,052
     四半期純利益金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   39,880             39,878
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

       第107期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)中間配当について、2018年11月6日開催の取締役会におい
      て、2018年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
       ① 配当金の総額                3,190百万円
       ② 1株当たりの金額                                         80円00銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                         2018年12月5日
                                 20/22












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 21/22



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日本触媒(E00811)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年2月12日

    株式会社日本触媒
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       前  川  英  樹             印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       平  岡  義  則             印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社日本触

    媒の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12
    月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー
    計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社日本触媒及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状
    態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。