楽天日本新興市場株ダブル・ブル 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:楽天日本新興市場株ダブル・ブル

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】
      【提出書類】                        有価証券届出書

      【提出先】                        関東財務局長

      【提出日】                        2019年2月12日

      【発行者名】                        楽天投信投資顧問株式会社

      【代表者の役職氏名】                        代表取締役社長 東 眞之

      【本店の所在の場所】                        東京都世田谷区玉川一丁目14番1号

      【事務連絡者氏名】                        石舘 真

                              連絡場所:東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
      【電話番号】                        03-6432-7746

      【届出の対象とした募集(売出)内国投                        楽天日本新興市場株ダブル・ブル

       資信託受益証券に係るファンドの名
       称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投                        2,000億円を上限とします。

       資信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。

                                  1/82











                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

       楽天日本新興市場株ダブル・ブル
       (以下、「ファンド」または「当ファンド」といいます。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託(契約型)の受益権(以下「受益権」といいます。)です。
       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された格付はありません。また、提供され、もし
       くは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       当ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下、「社振法」といいます。)の

       規定の適用を受けており、受益権の帰属は、下記の「(11) 振替機関に関する事項」に記載の振
       替機関(社振法第2条に規定する「振替機関」をいい、以下「振替機関」といいます。)および当
       該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を
       含め以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
       ます(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」とい
       います。)。当ファンドの委託会社である楽天投信投資顧問株式会社(以下「委託会社」といい
       ます。)は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行
       しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       2,000億円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

                      ※
       取得申込受付日の基準価額               です。
       なお、収益分配金の再投資については、各計算期間終了日の基準価額とします。
         㭗﩮陏ꆘ䴰栰漰Ţ閌읏ឌꅵ⌰湽ᒌ익⍽쾘䴰銊ࡻ靥欰䨰儰譓흶쩪⥽콓瀰枖搰地晟霰彏ꆘ

          をいいます。なお、当ファンドでは1万口当たりの価額で表示します。
          基準価額は委託会社または販売会社にてご確認いただけます。また、基準価額は、原則とし
          て、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。なお、基準価額は1万口単位で表示
          されたものが発表されます。
          詳しくは、下記「(8)申込取扱場所」の照会先までお問い合わせください。
                                  2/82







                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【申込手数料】

       申込手数料は、申込金額(取得申込受付日の基準価額に申込口数を乗じて得た金額)に、3.24%
       (税抜3.00%)を上限として販売会社が定める手数料率を乗じて得た金額となります。当該手数
       料には消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)が含まれます。
       なお、「分配金再投資コース」で収益分配金を再投資する場合は無手数料です。
       手数料について、詳しくは販売会社にお問い合わせください。
                                    㯿               㯿

       当ファンドの受益権の取得申込者が「償還乗換え」                              または「償還前乗換え」               により当ファ
       ンドの受益権を取得する場合、申込手数料の優遇を受けることができる場合があります。
       ただし、上記の申込手数料の優遇に関しては、優遇制度の取扱い、優遇の内容、優遇を受けるた
       めの条件等が販売会社毎に異なりますので、詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        

          金等をもって、その支払いを行った販売会社で当ファンドの受益権を取得する場合をいいま
          す。
        
          おいて、当該証券投資信託の一部解約金をもって、その支払いを行った販売会社で当ファンド
          の受益権を取得する場合をいいます。
     (6)【申込単位】

       申込単位は、販売会社またはお申込コースにより異なります。
       お申込コースには、収益の分配時に分配金を受け取るコース(「分配金受取コース」)と、分配
       金が税引後無手数料で再投資されるコース(「分配金再投資コース」。名称の異なる同様の内容
       のコースを含みます。)の2つのコースがあります。「分配金再投資コース」で収益分配金を再投
       資する場合は1口単位となります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のみの取扱いとな
       る場合があります。
       詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (7)【申込期間】

       2019年2月13日から2020年2月6日まで
        
         お問い合わせください。
        ※申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

       販売会社において申込みの取扱いを行います。
       なお、販売会社については、下記照会先にお問い合わせください。
        ≪委託会社のお問い合わせ先≫
        楽天投信投資顧問株式会社
        お客様窓口:電話番号 03-6432-7746
        受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
        ホームページアドレス:http://www.rakuten-toushin.co.jp/
     (9)【払込期日】

       取得申込者は、申込金額に手数料および当該手数料にかかる消費税等を加算した金額を販売会社
       が定める所定の日までにお支払いください。
                                  3/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       各取得申込日の申込金額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日に、委託会社の指
       定する口座を経由して、受託会社の指定する当ファンドの口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

       申込代金は、申込みの販売会社に払い込むものとします。
       なお、販売会社については、上記「(8)申込取扱場所」の照会先までお問い合わせください。
     (11)【振替機関に関する事項】

       ファンドの振替機関は下記の通りです。
       株式会社     証券保管振替機構
     (12)【その他】

       ①お申込代金の利息
         お申込代金には利息は付けません。
       ②日本以外の地域における発行
         ありません。
       ③振替受益権について
         当ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に
         記載の振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則に従って取扱われるものとします。
         当ファンドの分配金、償還金、一部解約金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事
         項」に記載の振替機関の業務規程その他の規則に従って支払われます。
     (参考)投資信託振替制度とは

      ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
      ・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(以下「振替口座簿」といいま
       す。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。
                                  4/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

      ①ファンドの目的
       当ファンドは、わが国の株価指数を対象とした先物取引(以下「株価指数先物取引」といいま
       す。)を積極的に活用することで、日々の基準価額の値動きがわが国の新興株式市場の値動きに
       対して概ね2倍程度となることを目指して運用を行います。
       当ファンドは、投資対象である本邦通貨建の短期公社債および金融商品へ直接投資を行います。

       また、株価指数先物取引を積極的に活用します。その投資成果は収益分配金、一部解約金、償還
       金として、受益者に支払われます。
      ②信託金限度額



       受益権の信託金限度額は200億円です。ただし、受託会社と合意のうえ、当該信託金限度額                                                 を変更
       することができます。
      ③ファンドの基本的性格

       当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品の分類方法において、以下のように分
       類・区分されます。
       ≪商品分類表≫

                                  投資対象資産
         単位型・追加型             投資対象地域                          補足分類
                                 (収益の源泉)
                                  株   式
                      国   内
                                  債   券
                                             インデックス型
          単 位 型
                                  不動産投信
                      海   外
                                  その他資産
                                             特  殊  型
          追 加 型
                                  (     )
                                             (ブル・ベア型)
                      内   外
                                  資  産  複  合
       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
       商品分類表(網掛け表示部分)の定義

       追加型
                    一度設定されたファンドであっても、その後追加設定が行われ従
                    来の投資信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
                                  5/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       国内
                    目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投
                    資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるものを
                    いいます。
       株式
                    目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投
                    資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいま
                    す。
       特殊型
                    目論見書または投資信託約款において、投資者に対して注意を喚
       (ブル・ベア型)
                    起することが必要と思われる特殊な仕組みあるいは運用手法の記
                    載があるものをいいます。
     ≪属性区分表≫

           投資対象資産             決算頻度         投資対象地域              特殊型
        株    式                年  1 回     グ  ロ  ー  バ  ル     ブ  ル  ・  ベ  ア  型
         一     般
                                (日本を含む)
         大  型  株
                         年  2 回     日     本            条件付運用型
         中 小 型 株
                                北     米
        債    券
                                欧     州            ロング・ショート型
                         年  ▶ 回
         一     般
                                ア  ジ  ア            /絶対収益追求型
         公     債
                                オ  セ  ア  ニ  ア
                         年  6 回
         社     債
                                            そ  の  他
                                中  南  米
                        (隔月)
         そ  の  他  債  券
                                            (     )
                                ア フ リ カ
         クレジット属性
                                中  近  東(中東)
                        年  12  回
         (      )
                                エ  マ  ージ   ン  グ
                        (毎月)
        不  動  産  投  信
        そ  の  他  資  産
                        日  々
        (株価指数先物取引)
        資  産  複  合
                        そ  の  他
        (   )
                        (  )
         資産配分固定型
         資産配分変更型
       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
       属性区分表(網掛け表示部分)の定義

       その他資産            目論見書または投資信託約款において、主として株価指数先物取引
       (株価指数先物取            に投資する旨の記載があるものをいいます。なお、組み入れる資産
       引)            そのものは株価指数先物取引ですが、ファンドの収益は株式市場の
                    動向に左右されるものであるため、商品分類上の投資対象資産(収
                    益の源泉)は「株式」となります。
       年1回            目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載が
                    あるものをいいます。
       日本            目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が
                    日本の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
                                  6/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ブル・ベア型            目論見書または投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外
                    に用い、積極的に投資を行うとともに各種指数・資産等への連動も
                    しくは逆連動(一定倍の連動もしくは逆連動を含みます。)を目指
                    す旨の記載があるものをいいます。
        
         き記載しています。商品分類、属性区分の全体的な定義等は、一般社団法人投資信託協会の
         ホームページ(http://www.toushin.or.jp/)をご覧ください。
      ④ファンドの特色

                                  7/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/82





















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/82





















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/82





















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】

      2016年12月7日  投資信託契約締結、当ファンドの設定・運用開始
      2018年2月9日            信託期間を2018年11月9日までから2020年11月9日までに変更
     (3)【ファンドの仕組み】

      ①ファンドの仕組み
      ※1「投資信託契約」












        投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したものです。運用の基本方針、投
        資対象、投資制限、信託報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容等が含まれています。
      ※2「投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」
        投資信託を取扱うルールを委託会社と販売会社の間で規定したものです。販売会社が行う募集の
        取扱い、収益分配金・償還金の支払い、解約請求の受付の業務範囲の取決めの内容等が含まれて
        います。
      ②委託会社の概況

       1)資本金の額 (平成30年12月末日現在)
         資本金    150百万円
                                 11/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2)会社の沿革

         平成18年12月28日           :  「楽天投信株式会社」設立
         平成20年     1月31日      :  金融商品取引業者登録 [関東財務局長(金商)第1724号]
         平成21年     4月  1日    :  株式会社ポーラスター投資顧問と合併、商号を「楽天投信投資
                      顧問株式会社」に変更
       3)大株主の状況(平成30年12月末日現在)

             名称                住所             所有株式数         所有比率
          楽天株式会社          東京都世田谷区玉川一丁目14番1号                     13,000 株         100 %

                                 12/82
















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

       ①投資対象
        わが国の株価指数先物取引およびわが国の短期公社債を主要投資対象とします。
       ②投資態度

        1)  わが国の株価指数先物取引およびわが国の短期公社債を主要投資対象とします。
        2)  株価指数先物取引の買建額が、原則として投資信託財産の純資産総額の概                                        ね2倍   程度となるよ
          うに調整を行います。ただし、相場の急激な変化や追加設定、解約等による純資産総額の大幅
          な増減の影響等のため上記のような運用が困難と判断した場合、一時的に概ね                                           2倍  とは異なる
          調整を行うことがあります。
        3)  利用する株価指数先物取引の種類は、流動性、効率性等を勘案して決定します。
        4)  追加設定・解約がある場合、設定金額と解約金額の差額分に対して、原則として当日中に株
          価指数先物取引の買建額の調整を行います。ただし、その額が当日の純資産総額の                                             30%  を超え
          ている場合は、翌営業日以降にその超過分に対する調整を行うことがあります。
        5)資金動向、市況動向等ならびに投資信託財産の規模によっては、また、やむを得ない事情が
          発生した場合には、上記の運用ができない場合があります。
       ③投資制限

        1)株式への投資割合には制限を設けません。
        2)新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時において投資信託財産の純資
          産総額の20%以下とします。
        3)投資信託証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        4)同一銘柄の株式への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の10%以下とします。
        5)同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総
          額の5%以下とします。
        6)同一銘柄の転換社債、ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当
          該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在
          し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1
          項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」と
          いいます。以下同じ。)への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の10%以下とします。
        7)デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
        8)外貨建資産への投資は行いません。
     (2)【投資対象】

       ①投資の対象とする資産の種類
        当ファンドが投資の対象とする資産(本邦通貨表示のものに限ります。)の種類は、次に掲げる
        ものとします。
        1)次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で
          定めるものをいいます。以下同じ。)
         (イ)有価証券
         (ロ)デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、
             投資信託約款第23条および第24条に定めるものに限ります。)
         (ハ)金銭債権
         (ニ)約束手形
        2)次に掲げる特定資産以外の資産
         (イ)デリバティブ取引にかかる権利と類似の取引に係る権利
                                 13/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (ロ)為替手形
       ②運用の指図範囲等

        1)委託会社は、信託金を、主として次に掲げる有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定に
          より有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。有価証券は、本邦通貨表示のも
          のに限ります。)に投資することを指図します。
         (イ)株券または新株引受権証書
         (ロ)国債証券
         (ハ)地方債証券
         (ニ)特別の法律により法人の発行する債券
         (ホ)社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型
             新株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
         (ヘ)特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをい
             います。)
         (ト)特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6
             号で定めるものをいいます。)
         (チ)協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるも
             のをいいます。)
         (リ)特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品
             取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
         (ヌ)コマーシャル・ペーパー
         (ル)新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同
             じ。)および新株予約権証券
         (ヲ)外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記(イ)から(ル)の証券または
             証書の性質を有するもの
         (ワ)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるも
             のをいいます。)
         (カ)投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号
             で定めるものをいいます。)
         (ヨ)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
             す。)
         (タ)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるもの
             をいい、有価証券にかかるものに限ります。)
         (レ)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         (ソ)外国法人が発行する譲渡性預金証書
         (ツ)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
             の受益証券に限ります。)
         (ネ)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
         (ナ)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信
             託の受益証券に表示されるべきもの
         (ラ)外国の者に対する権利で上記(ナ)の有価証券の性質を有するもの
          なお、上記(イ)の証券または証書、(ヲ)ならびに(レ)の証券または証書のうち(イ)の
          証券または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、(ロ)から(ヘ)までの証券およ
          び(ヲ)ならびに(レ)の証券または証書のうち(ロ)から(ヘ)までの証券の性質を有する
          ものを以下「公社債」といい、(ワ)および(カ)の証券(投資法人債券を除きます。)を以
          下「投資信託証券」といいます。
        2)委託会社は、信託金を、上記1)に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取
          引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)によ
          り運用することを指図することができます。
         (イ)預金
                                 14/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (ロ)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
             す。)
         (ハ)コール・ローン
         (ニ)手形割引市場において売買される手形
         (ホ)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         (ヘ)外国の者に対する権利で上記(ホ)の権利の性質を有するもの
        3)上記1)の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応
          等、委託会社が運用上必要と認めるときは、委託会社は、信託金を、上記2)に掲げる金融商
          品により運用することの指図ができます。
        4)委託会社は、取得時において投資信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の
          時価総額が、投資信託財産の純資産総額の100分の20を超えることとなる投資の指図をしませ
          ん。
        5)委託会社は、投資信託財産に属する投資信託証券の時価総額が、投資信託財産の純資産総額
          の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       ③先物

        1)委託会社は、わが国の取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号
          イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号
          ロに掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項
          第3号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外国の取引所におけるわが国の有価証券にかか
          るこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、
          オプション取引に含めるものとします(以下同じ。)。
        2)委託会社は、わが国の取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに
          外国の取引所におけるわが国の金利にかかるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をす
          ることができます。
       ④スワップ

        1)委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リ
          スクを回避するため、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のも
          とに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができ
          ます。
        2)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えない
          ものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限
          りではありません。
        3)スワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の合
          計額が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、投資信託財産の一部解約
          等の事由により、上記純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が投資信託財
          産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当す
          るスワップ取引の一部の解約を指図するものとします。
        4)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評
          価するものとします。
        5)委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
          は、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
     (3)【運用体制】

       委託会社における運用体制は、以下の通りです。
                                 15/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・  「投資政策委員会」は、代表取締役が直轄する会議体として、運用部門が策定する運用計画、議












       決権等の指図行使に関する事項、ならびに投資信託財産および投資一任契約に基づく受託資産の
       運用に関する運用方針等その他の重要事項を協議・検討します。
      ・  「運用会議」は、決定された運用計画を受けて、投資信託財産、または投資一任契約に基づく受
       託資産ごとの具体的な運用に関する事項、ならびに投資信託財産ごとの分配金支払等について協
       議・検討します。(但し、運用会議において協議・検討された事項で重要なものと判断される事
       項については投資政策委員会に報告します。)
      ・  運用部門は「投資政策委員会」で決定された運用計画に従って運用を実行します。
      ・  「コンプライアンス委員会」は、コンプライアンスおよびリスク管理に関する社内規程等、それ
       らに関する具体的施策、ならびにそれらに関する重要な事項について協議・検討を行います。ま
       た、法令諸規則等の遵守状況および各種リスクに関するモニタリング等の結果報告を受け、それ
       らについて必要な事項を協議・検討します。
      ・  コンプライアンス部は、投資信託財産および投資一任契約に基づく受託資産の投資信託約款およ
       び運用ガイドライン等、法令諸規則等の遵守状況のモニタリングに関する業務ならびに投資信託
       財産および投資一任契約に基づく受託資産の運用リスク管理に関する業務等を行います。
      ※ 運用体制は平成30年12月末現在のものであり、今後、変更になる場合があります。
      ; 当社では、ファンドの適正な運用、受益者との利益相反となる取引の未然防止を目的として「内
       部者取引管理規程」「利益相反管理規程」等の社内規程を設けております。また、「運用の基本
                                 16/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       方針」「運用業務規程」「運用管理規程」等を設け、ファンドの運用に関する基本的な事項を定
       めています。
     (4)【分配方針】

       ①収益分配方針
        毎決算時(毎年11月10日。ただし、休業日の場合は翌営業日。)に原則として以下の方針に基づ
        き分配を行います。ただし、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではあ
        りません。
        1)分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の利子・配当等収益および売買益(評価損
          益を含みます。)等の全額とします。
        2)収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、必
          ず分配を行うものではありません。
        3)留保益の運用については特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいた運用を行います。
       ②収益の分配方式

        投資信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
        1)  配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除
          した額(以下「配当等収益」といいます。)は、諸経費、監査報酬および当該監査報酬にかか
          る消費税等に相当する金額、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を
          控除した後、その残額を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるた
          め、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
        2)  売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、監査
          報酬および当該監査報酬にかかる消費税等に相当する金額、信託報酬および当該信託報酬にか
          かる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって
          補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、分配
          準備積立金として積み立てることができます。
        3)  毎計算期末において、投資信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
         ; 収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
          (当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除
          きます。また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権では取得申込代金支払
          前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者
          とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日までにお支払いを開始します。
          「分配金再投資コース」をお申込みの場合は、収益分配金は税引後無手数料で再投資されます
          が、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
     (5)【投資制限】

       ①投資信託約款に定める投資制限
        1)株式への投資割合
          株式への投資割合には制限を設けません。
        2)新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合
          新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時において投資信託財産の純資産
          総額の20%以下とします。
        3)投資信託証券への投資割合
          投資信託証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        4)同一銘柄への投資割合
         (イ)同一銘柄の株式への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の10%以下とします。
         (ロ)同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、投資信託財産の純資
             産総額の5%以下とします。
                                 17/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (ハ)同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、投資信託
             財産の純資産総額の10%以下とします。
        5)デリバティブ取引等
         (イ)デリバティブの利用はヘッジ目的に限定しません。
         (ロ)デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、
             合理的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。
        6)外貨建資産への投資割合
          外貨建資産への投資は行いません。
        7)投資する株式等の範囲
         (イ)委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、わ
             が国の取引所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、取引所に準ずる市場に
             おいて取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当また
             は社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券について
             は、この限りではありません。
         (ロ)上記(イ)にかかわらず、上場予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目
             論見書等において上場されることが確認できるものについては委託会社が投資すること
             を指図することができるものとします。
        8)信用取引の指図範囲
         (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付け
             ることの指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡
             しまたは買戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
         (ロ)上記(イ)の信用取引の指図は、次の各号に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券
             について行うことができるものとし、かつ次の各号に掲げる株券数の合計数を超えない
             ものとします。
             1.投資信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
             2.株式分割により取得する株券
             3.有償増資により取得する株券
             4.売出しにより取得する株券
             5.投資信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(転換社債型新株予約権
              付社債の新株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
             6.投資信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行
              使、または投資信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予
              約権(前号に定めるものを除きます。)の行使により取得可能な株券
        9)有価証券の貸付の指図および範囲
         (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に属する株式お
             よび公社債を次の各号の範囲内で貸付を行うことの指図をすることができます。
             1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、投資信託財産で保有す
              る株式の時価合計額の50%を超えないものとします。
             2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、投資信託財
              産で保有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         (ロ)上記(イ)各号に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、
             その超える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
         (ハ)委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行
             うものとします。
        10)公社債の借入れ
         (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をする
             ことができます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり、担保の提供が必要と認め
             たときは、担保の提供の指図を行うものとします。
         (ロ)上記(イ)の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総
             額の範囲内とします。
                                 18/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (ハ)投資信託財産の一部解約等の事由により、上記(ロ)の借入れにかかる公社債の時価総
             額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、
             その超える額に相当する借入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとしま
             す。
         (ニ)上記(イ)の借入れにかかる品借料は、投資信託財産中から支弁します。
        11)  信用リスク集中回避のための投資制限
          一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エク
          スポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの投資信託財産の純資産総額に対する比
          率は、原則として、それぞれ                100分の10、合計で100分の20                を超えないものとし、当該比率を超
          えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内
          となるよう調整を行うこととします。
        12)資金の借入れ
         (イ)委託会社は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解
             約に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の
             返済を含みます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当
             てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をするこ
             とができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
         (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日
             から投資信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への
             解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間
             もしくは受益者への解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還
             金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価
             証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借
             入額は、借入指図を行う日における投資信託財産の純資産総額の10%を超えないことと
             します。
         (ハ)収益分配金の再投資にかかる借入期間は、投資信託財産から収益分配金が支弁される日
             からその翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         (ニ)借入金の利息は投資信託財産中から弁します。
        13)利害関係人等との取引等
         (イ)受託会社は、受益者の保護に支障を生じることがないものであり、かつ信託業法、投資
             信託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反しない場合には、委託会社の指図
             により、投資信託財産と、受託会社(第三者との間において投資信託財産のためにする
             取引その他の行為であって、受託会社が当該第三者の代理人となって行うものを含みま
             す。)および受託会社の利害関係人、信託業務の委託先およびその利害関係人または受
             託会社における他の投資信託財産との間で、投資信託約款に掲げる資産への投資等なら
             びに投資信託約款に掲げる取引その他これらに類する行為を行うことができます。
         (ロ)受託会社は、受託会社がこの信託の受託者としての権限に基づいて信託事務の処理とし
             て行うことができる取引その他の行為について、受託会社または受託会社の利害関係人
             の計算で行うことができるものとします。なお、受託会社の利害関係人が当該利害関係
             人の計算で行う場合も同様とします。
         (ハ)委託会社は、金融商品取引法、投資信託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に
             反しない場合には、投資信託財産と、委託会社、その取締役、執行役および委託会社の
             利害関係人等(金融商品取引法第31                    条の4第3項および同条第4項に規定する親法人等ま
             たは子法人等をいいます。)または委託会社が運用の指図を行う他の投資信託財産との
             間で、投資信託約款に掲げる資産への投資等ならびに投資信託約款に掲げる取引その他
             これらに類する行為を行うことの指図をすることができ、受託会社は、委託会社の指図
             により、当該投資等ならびに当該取引、当該行為を行うことができます。
         (ニ)上記(イ)(ロ)(ハ)の場合、委託会社および受託会社は、受益者に対して信託法第
             31条第3項および同法第32              条第3項の通知は行いません。
        14)  受託会社による資金の立替え
                                 19/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (イ)投資信託財産に属する有価証券について、借替え、転換、新株発行または株式割当があ
             る場合で、委託会社の申出があるときは、受託会社は資金の立替えをすることができま
             す。
         (ロ)投資信託財産に属する有価証券にかかる償還金等、株式の清算分配金、有価証券等にか
             かる利子等、株式の配当金およびその他の未収入金で、信託終了日までにその金額を見
             積りうるものがあるときは、受託会社がこれを立替えて投資信託財産に繰り入れること
             ができます。
         (ハ)上記(イ)および(ロ)の立替金の決済および利息については、受託会社と委託会社と
             の協議によりそのつど別にこれを定めます。
       ②法令に定める投資制限
        委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投資信
        託につき投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株式にかかる議決権
        の総数に100       分の50    の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、投資信託財産を
        もって取得することを受託会社に指図しないものとします。
                                 20/82















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【投資リスク】

     (1)   基準価額の変動要因およびその他の留意点
       当ファンドは、公社債等値動きのある証券に投資し、株価指数先物取引を積極的に活用します。
       これらの投資対象証券には、主として次のような性質があり、当ファンドの基準価額を変動させ
       る要因となります。従って、投資家の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額
       の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託財産に生じた利益およ
       び損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。
       投資家の皆様には、ファンドが有するリスクについてご理解のうえ投資判断をしていただくよう
       お願いいたします。なお、以下に記載するリスクは、当ファンドにかかる全てのリスクを網羅し
       ておりませんのでご留意下さい。
       ①価格変動リスク

        株価指数先物取引の価格は、対象指数の値動き、先物市場の需給等を反映して変動します。対象
        指数は、指数を構成する企業の業績や財務状況、株式市場の需給、政治・経済状況等の影響によ
        り変動します。特に、構成銘柄が新興企業の場合は、株式市場全体の動きと比較して価格変動が
        大きくなるのが一般的です。
        ファンドは、株価指数先物取引を積極的に活用して、わが国の新興株式市場の日々の値動きに対
        して概ね2倍程度となる投資成果を目指して運用を行いますので、基準価額は非常に大きく変動
        することがあります。
       ②金利    変動リスク

        金利変動により債券価格が変動するリスクをいいます。一般に金利が上昇した場合には、債券価
        格は下落し、ファンドの基準価額が下落する可能性があります。また、金利水準の大きな変動
        は、株式市場に影響をおよぼす可能性があり、債券市場の他に株式市場を通じてもファンドの基
        準価額に大きな影響をおよぼすことがあります。
       ③信用リスク

        公社債および短期金融商品の発行体が財政難、経営不振、その他の理由により、利息や償還金を
        あらかじめ決められた条件で支払うことができなくなった場合には、投資した有価証券等の価格
        が大きく下落することや、投資資金が回収不能となることがあり、ファンドの基準価額が下落す
        る要因となります。
       ④流動性リスク

        有価証券等を売却または取得する際に、市場規模、取引量、取引規制等により十分な流動性の下
        での取引を行えない場合には、必要な取引ができないリスクや通常よりも不利な価格での取引と
        なるリスク、値動きが大きくなるリスク等があり、これらはファンドの基準価額が下落する要因
        となります。一般に新興株式市場を対象とする株価指数先物取引およびその対象資産である新興
        株式市場は、株式市場全体もしくは大型企業を対象とする株価指数先物取引やその対象資産等に
        比べて市場規模や取引量が小さいため、流動性リスクが高いと考えられます。
         ※ファンドのリスクは、上記に限定されるものではありません。

                                 21/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑤ その他の留意点

        1)当ファンドの取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)
          の適用はありません。
        2)当ファンドに関連する法令・税制・会計等は、今後、変更される可能性があります。これに
          伴い、当ファンドの基準価額に影響がおよぶ場合があります。
        3)市況動向や資金動向等によっては、また、やむを得ない事情が発生した場合には、投資方針
          に沿った運用ができない可能性があります                       。
     (2)投資リスクに対する管理体制

       委託会社におけるリスク管理体制は以下の通りです。
     *全社的リスク管理













      委託会社では、コンプライアンス部を設置し全社的なリスク管理を行っています。法令諸規則等の遵
      守状況やリスク管理状況については、コンプライアンス委員会や事務・システムリスク会議を通じて
      取締役会に報告されます。
                                 22/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      また、コンプラインス部は各種リスク(運用リスク、事務システムリスクなど)に関するモニタリン
      グとその報告やリスクの低減にかかる施策などの構築を行っています。
     *運用状況の評価・分析とリスク管理
      コンプライアンス部は、投資信託財産についての運用状況の評価・分析と運用プロセスおよびリスク
      管理状況のモニタリングを行い、その評価と分析の結果をコンプライアンス委員会に報告し、必要に
      応じて関連部にその対応等を指示し、適切な管理を行います。また、コンプライアンス委員会の内容
      は、毎月取締役会に報告されます。
     *上記体制は、本書提出日現在のものであり、今後、変更となる場合があります。

                                 23/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】

       申込手数料は、申込金額(取得申込受付日の基準価額に申込口数を乗じて得た金額)に、3.24%
       (税抜3.00%)を上限として販売会社が定める手数料率を乗じて得た金額となります。詳細につ
       いては、販売会社にお問い合わせください。
       なお、「分配金再投資コース」で収益分配金を再投資する場合は無手数料です。
       また、販売会社によっては、償還乗換えおよび償還前乗換えの場合、異なる手数料が適用される

       ことがあります。償還乗換えおよび償還前乗換えの取扱いについての詳細は、販売会社にお問い
       合わせください。
       申込手数料は、商品説明ならびに事務手続き等にかかる費用の対価として、販売会社に支払われ
       ます。
     (2)【換金(解約)手数料】

       ①換金(解約)手数料はありません。
       ②信託財産留保額はありません。
       ③換金の詳細については販売会社にご確認ください。
     (3)【信託報酬等】

       信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年1.6524%(税抜
       1.53%)の率を乗じて得た額とします。
       信託報酬の配分および当該信託報酬を対価とする役務の内容は次のとおりとします。
          委託会社          年1.296% (税抜1.2%)                  委託した資金の運用の対価

                                     購入後の情報提供、交付運用報告

          販売会社          年0.324% (税抜0.3%)                  書等各種書類の送付、口座内での
                                     ファンドの管理等の対価
                                     運用財産の管理、委託会社からの

          受託会社         年0.0324% (税抜0.03%)
                                     指図の実行の対価
       信託報酬は、毎計算期間の最初の                  6 ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了時に投資信託財産

       中から支弁するものとします。また、信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を、信託報酬支
       弁のときに投資信託財産中から支弁します。
       *税額は、平成30年12月末日現在のものであり、税法が改正された場合、その内容が変更される

         ことがあります。
     (4)【その他の手数料等】

       ①投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託会社の立替えた立替金の利
        息、法定書類の作成・印刷・交付にかかる費用ならびに当該費用にかかる消費税等に相当する金
        額、およびその他投資信託財産の運営にかかる費用ならびに当該費用にかかる消費税等に相当す
        る金額(「諸経費」といいます。)は、原則として受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁
                                 24/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        します。ただし、委託会社は、投資信託財産の規模等を考慮して、当該諸経費の一部もしくはす
        べてを負担する場合があります。
       ②投資信託財産にかかる監査報酬は、受益者の負担とし、毎計算期間の最初の                                           6 ヵ月終了日および
        毎計算期末または信託終了時に当該監査報酬にかかる消費税等に相当する金額とともに投資信託
        財産中から支弁します。
       ※その他の手数料等については、運用状況により変動するものであり、事前に料率や上限額を表示
        することができません。また、手数料・費用等の合計額は、保有期間や運用の状況等に応じて異
        なり、あらかじめ見積もることができないため表示することができません。
     (5)【課税上の取扱い】

       課税上は、株式投資信託として扱われます。
       ①個人の受益者の場合
        1)収益分配金の取扱い
          収益分配金は、配当所得として課税され、以下の税率で源泉徴収されます。なお、元本払戻金
          (特別分配金)は課税されません。また、申告不要制度を選択せずに、総合課税もしくは申告
          分離課税のいずれかを選択して確定申告を行うこともできます。
        2)一部解約金・償還金の取扱い
          一部解約時および償還時の譲渡益(解約価額または償還価額から取得費(申込手数料(税込)
          を含みます。)を控除した額)については、譲渡所得とみなされ、以下の税率による申告分離
          課税が適用されます。なお、特定口座(源泉徴収あり)においては、以下の税率で源泉徴収さ
          れます。
                                   復興特別

                適用期間             所得税               地方税        合計
                                    所得税
          2037年12月31日まで                     15%      0.315%          5%     20.315%
          2038年1月1日から                     15%         -       5%       20%
          (注1)所得税については、2037年12月31日までの間、別途、所得税の額に対し、2.1%の金額が復興特別所得
             税として徴収されます。
          (注2)少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合
             満20歳以上の方を対象とした少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」をご利用の場合、毎年、年間
             120万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が5年間非
             課税となります。また、20歳未満の方を対象とした非課税制度「ジュニアNISA」をご利用の場合、毎
             年、年間80万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が
             5年間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件
             に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        3)損益通算について

          一部解約時、償還時に生じた損失(譲渡損)は、確定申告を行うことにより上場株式等の譲渡
          益および配当所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)ならびに特定公社債等(公募
          公社債投資信託を含みます。)の譲渡益および利子所得(申告分離課税を選択したものに限り
          ます。)から差し引くこと(損益通算)ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができま
          す。また、一部解約時、償還時に生じた差益(譲渡益)は、上場株式等および特定公社債等の
          譲渡損と損益通算ができます。
       ②法人の受益者の場合

                                 25/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時および償還時の個別元本超過額
        については、以下の税率による源泉徴収が行われます。なお、元本払戻金(特別分配金)は課税
        さ れません。
                適用期間              所得税       復興特別所得税             合計

          2037年12月31日まで                       15%        0.315%          15.315%
          2038年1月1日から                       15%           -         15%
          (注)所得税については、2037年12月31日までの間、別途、所得税の額に対し、2.1%の金額が復興特別所得
            税として徴収されます。
         㭺๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰漰Ŏઊᠰ೿ࠀ㗿ঊ뉺๎ਰ湓홢焰䐰ര湑蕛뤰䱙०唰谰識㑔࠰䰰䈰訰

         す。
         ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家にご確認されることをお勧めします。
                                 26/82















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】

     (1)【投資状況】
                                             (平成30年12月28日現在)
               資産の種類                     時価合計(円)              投資比率(%)
     現先取引                                     60,037,800              49.14
                  内 日本                        60,037,800              49.14
     短期金融資産、その他(負債控除後)                                     62,138,647              50.86
     純資産総額                                     122,176,447              100.00
     その他資産の投資状況

               資産の種類                     時価合計(円)              投資比率(%)
     株価指数先物取引(買建)                                     246,848,000              202.04
                   内 日本                      246,848,000              202.04
     (注1)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
     (注2)株価指数先物取引は、実質エクスポージャーを基に構成比を計算しています。
     (注3)投資資産の内書きの時価および投資比率は、当該資産の地域別の内訳です。
     (注4)株価指数先物取引の時価については、原則として当該日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段
        または最終相場で評価しています。このような時価が発表されていない場合には、当該日にもっとも近い最終相
        場や気配等、原則に準ずる方法で評価しています。
     (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                             (平成30年12月28日現在)
                                                        投資
         銘柄名                    簿価単価(円)         評価単価(円)          利率(%)
                種類       数量
                                                        比率
         地域                    簿価金額(円)         評価金額(円)          償還期限
                                                        (%)
       第794回
                                    -         -        -
     1          債券現先        60,000,000                                  49.14
       国庫短期証券
                                60,037,800         60,037,800            -
           日本
      ②【投資不動産物件】

        該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

                                             (平成30年12月28日現在)
                                                        投資
                               買建/          簿価金額        評価金額
        種類       地域        資産名             数量                    比率
                                売建          (円)        (円)
                                                        (%)
     株価指数先物取引
               日本    東証マザーズ指数先物            買建      304    277,389,876        246,848,000       202.04
     (注1)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
     (注2)株価指数先物取引は、実質エクスポージャーを基に構成比を計算しています。
     (注3)株価指数先物取引の時価については、原則として当該日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段
        または最終相場で評価しています。このような時価が発表されていない場合には、当該日にもっとも近い最終相
        場や気配等、原則に準ずる方法で評価しています。
                                 27/82




                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用実績】

      ①【純資産の推移】
       平成30年12月28日現在および同日前1年以内における各月末営業日および各計算期末の純資産の推
      移は次の通りです。
                          純資産総額                  1口当たりの純資産額
                    (分配落)           (分配付)           (分配落)          (分配付)
                     (円)           (円)           (円)          (円)
         設定時
                       6,432,117               -        1.0000             -
           12月   7日)
      (平成28年
       第1計算期間末
                      118,466,367           118,466,367             1.4750          1.4750
      (平成29年     11月10日)
           12月末日           109,082,788                -        1.6902             -
      平成30年     1月末日          132,953,945                -        1.9075             -
            2月末日          123,658,527                -        1.6661             -
            3月末日          112,248,340                -        1.5629             -
            4月末日           97,742,066                -        1.3961             -
            5月末日          118,444,380                -        1.3717             -
            6月末日          129,893,224                -        1.2531             -
            7月末日          128,432,863                -        1.1289             -
            8月末日          145,271,777                -        1.1383             -
            9月末日          190,217,021                -        1.1955             -
           10月末日           130,701,747                -        0.8297             -
       第2計算期間末
                      165,834,028           165,834,028             0.9354          0.9354
     (平成30年      11月12日)
           11月末日           180,681,968                -        1.0198             -
           12月末日           122,176,447                -        0.6374             -
      ②【分配の推移】

                      1口当たり分配金
                         (円)
         第1計算期間                     0.0000
         第2計算期間                     0.0000
      ③【収益率の推移】

                       収益率(%)
         第1計算期間                      47.5
         第2計算期間                     △36.6
     (注)収益率とは、各計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落の額)を基準とした、各計算期間末の基準価額
        (分配付)の上昇(または下落)率をいいます。なお、収益率は小数第2位を四捨五入しています。
                                 28/82




                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)運用実績

                                 29/82




















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【設定及び解約の実績】

                      設定数量(口)             解約数量(口)             発行済数量(口)
         第1計算期間                 264,137,537             183,820,620              80,316,917
         第2計算期間                 355,013,560             258,048,579              177,281,898
     (注)当初申込期間中の設定数量は6,432,117口です。
                                 30/82


















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】

     (1)取得申込みの受付は、原則として営業日の午後2時までに、販売会社所定の方法で行われます。取

       得申込みが行われ、かつ当該取得申込みの受付にかかる販売会社所定の事務手続きが完了したも
       のを当日の申込受付分として取扱います。なお、受付時間は販売会社によって異なることもあり
       ますので、ご注意ください。これらの受付時間を過ぎてからの取得申込みは翌営業日の取扱いと
       なります。
     (2)当ファンドが行う株価指数先物取引のうち主として取引を行うものについて、次の各号に該当す
       る場合は、委託会社は、当該取得の申込みを中止することおよびすでに受付けた取得の申込みの
       受付を取消すことができます。
       ①委託会社が、当該先物取引にかかる取引所の当日の日中立会が行われないこと、もしくは停止
         されたことにより、その翌営業日の追加信託を行わない措置を取ったとき
       ②委託会社が、当該先物取引にかかる取引所の当日の日中立会終了時における当該先物取引の呼
         値が当該取引所が定める呼値の値幅の限度の値段とされる等やむを得ない事情が発生したこと
         から、当ファンドの当該先物取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取
         引が成立しないことにより、その翌営業日の追加信託を行わない措置を取ったとき
     (3)上記(2)の規定にかかわらず、委託会社は、取引所における取引の停止、決済機能の停止その他
       やむを得ない事情があるときは、委託会社の判断により、受益権の取得申込みの受付を中止する
       ことおよびすでに受付けた取得申込みの受付を取消すことができます。
     (4)ファンドの販売価格は取得申込受付日の基準価額とします。
     (5)申込手数料は、申込金額(取得申込受付日の基準価額に申込口数を乗じて得た金額)に、3.24%
       (税抜3.00%)を上限として販売会社が定める手数料率を乗じて得た金額となります。
        ※税法が改正された場合等には、上記手数料が変更になることがあります。
     (6)申込単位は、販売会社が別途定める単位とします。
       投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、1投資者が購入できる1日当たりの金額に上限を設定
       する等、購入にあたっては制限を設ける場合があります。
     (7)申込代金は、販売会社が定める期日までにお支払いください。
     (8)お申込コースには、収益の分配時に分配金を受け取るコース(「分配金受取コース」)と、分配
       金が税引後無手数料で再投資されるコース(「分配金再投資コース」。名称の異なる同様の内容
       のコースを含みます。)の2つのコースがあります。「分配金再投資コース」で収益分配金を再投
       資する場合は1口単位となります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のみの取扱いとな
       る場合があります。
      ※詳細については、販売会社にお問い合わせください。

      㭓홟靵㎏벀԰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배缰桔౦䈰欰縰弰漰䈰褰䬰堰脰Ɓ渰弰脰殕變ⴰ唰谰弰픰ꄰ

      ドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に係
      る口数の増加の記載または記録が行われます。
                                 31/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【換金(解約)手続等】

     (1)一部解約の実行の請求は、原則として営業日の午後2時までに、販売会社所定の方法で行われま

       す。一部解約の実行の請求が行われ、かつ当該請求の受付にかかる販売会社所定の事務手続きが
       完了したものを当日の申込受付分として取扱います。なお、受付時間は販売会社によって異なる
       こともありますので、ご注意ください。これらの受付時間を過ぎてからの一部解約の実行の請求
       は翌営業日の取扱いとなります。
     (2)当ファンドが行う株価指数先物取引のうち主として取引を行うものについて、次の各号に該当す
       る場合は、委託会社は、この投資信託契約の一部解約の実行の請求の受付を中止することおよび
       すでに受付けた一部解約の実行の請求の受付を取消すことができます。
       ①当該先物取引にかかる取引所の当日の日中立会が行われないときもしくは停止されたとき
       ②当該先物取引にかかる取引所の当日の日中立会終了時における当該先物取引の呼値が当該取引
         所が定める呼値の値幅の限度の値段とされる等やむを得ない事情が発生したことから、この信
         託の当該先物取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しない
         とき
     (3)委託会社は、取引所における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
       は、一部解約の実行の請求の受付を中止することおよびすでに受付けた一部解約の実行の請求の
       受付を取消すことができます。
     (4)一部解約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の
       一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しな
       い場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計
       算日(当該日が一部解約の実行の請求を受付けない日であるときは、当該計算日以降の最初の一
       部解約の請求を受付けることができる日とします。)に一部解約の実行の請求を受付けたものと
       して、請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
     (5)受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものと
       します。委託会社は、一部解約の実行の請求を受付けた場合には、この投資信託契約の一部を解
       約します。ただし、やむを得ない事情のある場合はこの限りではありません。
     (6)一部解約の価額は、解約請求受付日の基準価額とします。
     (7)一部解約の単位は、販売会社が別途定める単位とします。
       換金時の税金につきましては、「第二部ファンド情報 第1ファンドの状況 4手数料等及び税
       金」をご覧下さい。
       投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約には別途制限を設ける場合があります。
       解約代金は、原則として一部解約の実行の請求を受付けた日から起算して4営業日目から、販売会
       社の営業所等においてお支払いいたします。
      ※詳細については、販売会社にお問い合わせください。

      

      かるこの投資信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解約にかかる受益権の
      口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定に従い当該振替機関等の口座において当
      該口数の減少の記載または記録が行われます。
      なお、換金の請求を受益者がするときは、振替受益権をもって行うものとします。
                                 32/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【資産管理等の概要】

     ( 1 )【資産の評価】

       ①基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入公社債を除きま
        す。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価法により評
        価して得た投資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいま
        す。)を計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。
       ②基準価額は、毎営業日に算出されます。委託会社または販売会社にお問い合わせください。ま
        た、基準価額は、原則として翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。なお、基準価額は1万
        口単位で表示されたものが発表されます。
       ③委託会社へのお問い合わせにつきましては、下記にご照会下さい。
         ≪委託会社のお問い合わせ先≫
         楽天投信投資顧問株式会社
         お客様窓口:電話番号 03-6432-7746
         受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで
         ホームページアドレス:http://www.rakuten-toushin.co.jp/
        当ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。

         投資対象           評価方法
                    原則として計算日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値
         株価指数先物取引
                    段等または最終相場で評価
                    原則として基準価額計算日における以下のいずれかの価額で評価
                     ①日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
         公社債等
                     ②金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配相場を除く。)
                     ③価格情報会社の提供する価額
         株式           原則として基準価額計算日の取引所の終値で評価
     ( 2 )【保管】

       該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

       当ファンドの信託期間は、投資信託契約締結日から2020年11月9日までとします。
       ただし、一定の条件により信託期間を延長または繰上償還する場合があります。
     (4)【計算期間】

       計算期間は、原則として毎年11月11日から翌年11月10日までとします。
       ただし、各計算期間終了日が休業日のときは、各計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、その
       翌日より次の計算期間が開始します。
     (5)【その他】

       ①信託の終了(投資信託契約の解約)
        1)委託会社は、投資信託契約の一部を解約することにより、受益権の口数が3億口を下回ること
          となったとき、またはこの投資信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めると
          き、もしくはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この投資信託契約
                                 33/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、
          解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
        2)委託会社は、上記1)の事項について、下記「③書面決議の手続き」の規定に従い行います。
        3)委託会社は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従
          い、投資信託契約を解約し信託を終了させます。
        4)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
          は、委託会社は、この投資信託契約を解約し、信託を終了させます。上記の規定にかかわら
          ず、監督官庁がこの投資信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命
          じたときは、この信託は、下記「③書面決議の手続き」の規定における書面決議が否決となる
          場合を除き、当該委託会社と受託会社との間において存続します。
        5)受託会社は、委託会社の承認を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその
          任務に違反して投資信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託
          会社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任し
          た場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、下記「②投資信託約款の変更
          等」の規定に従い、新受託会社を選任します。なお、受益者は上記によって行う場合を除き、
          受託会社を解任することはできないものとします。
          委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの投資信託契約を解約し、信託を
          終了させます。
       ②投資信託約款の変更等

        1)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
          は、受託会社と合意のうえ、この投資信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との
          併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の
          併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合
          しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
        2)委託会社は、上記1)の事項(変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合に
          限り、併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場
          合を除きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)について、下記「③書面決議の手
          続き」の規定に従います。
        3)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの投資信託約款を変更しようとするときは、上記
          1)および2)の規定に従います。
          ※この投資信託約款は、上記に定める以外の方法によって変更することができないものとしま
           す。
       ③書面決議の手続き

        1)委託会社は、         上記「①信託の終了(投資信託契約の解約)」                          1 )について、または、            「②投資
          信託約款の変更等」1)の事項のうち重大な約款の変更等について、書面による決議(以下
          「書面決議」といいます。)を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日なら
          びに投資信託契約の解約の理由または重大な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を
          定め、当該決議の日の2週間前までに当ファンドにかかる知れている受益者に対し、書面を
          もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        2)上記1)の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の
          受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本項にお
          いて同じ。)は、受益権の口数に応じて議決権を有しこれを行使することができます。なお、
                                 34/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛
          成するものとみなします。
        3)上記1)の書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる
          多数をもって行います。
        4)書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
        5)上記1)から4)までの規定は、委託会社が投資信託契約の解約または重大な約款の変更等に
          ついて提案をした場合において、当該提案につき、当ファンドにかかるすべての受益者が書面
          または電磁的記録により同意の意思表示をしたときおよび上記「①                                     信託の終了(投資信託契
          約の解約)」3)の規定に基づいてこの投資信託契約を解約する場合には適用しません。ま
          た、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、上記
          1)から3)までに規定する当ファンドの解約の手続きを行うことが困難な場合には適用しませ
          ん。
        6)上記1)から5)の規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合
          にあっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否
          決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
     <書面決議の主な流れ>

       ④反対受益者の受益権買取請求の不適用





        当ファンドは、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が投資信託契約の一部の解約を
        することにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払
        われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、投資信託契約の解約または重大な約款
        の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受
        益者による受益権買取請求の規定の適用を受けません。
       ⑤運用報告書の作成

        1)委託会社は、毎計算期間終了後および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および
          有価証券の売買状況等を記載した交付運用報告書を作成し、販売会社を通じて知れている受益
          者に交付します。
        2)委託会社は、投資信託及び投資法人に関する法律第14条第1項に定める運用報告書(全体版)を
          作成し、次のアドレスに掲載します。
                      http://www.rakuten-toushin.co.jp/
        3)上記2)の規定にかかわらず、委託会社は、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求が
          あった場合には、これを交付します。
                                 35/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑥投資信託財産に関する報告

        受託会社は、毎計算期間末に損益計算を行い、投資信託財産に関する報告書を作成して、これを
        委託会社に提出します。また、受託会社は、信託終了時は最終計算を行い、投資信託財産に関す
        る報告書を作成して、これを委託会社に提出します。
       ⑦公告

        委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告により行い、次のアドレスに掲載します。
                      http://www.rakuten-toushin.co.jp/
        なお、電子公告によることができない事故その他のやむを得ない事由が生じたときは、日本経済
        新聞に掲載する方法とします。
       ⑧委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い

        委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この投資信託契約に関
        する事業を譲渡することがあります。また、委託会社は、分割により事業の全部または一部を承
        継させることがあり、これに伴い、この投資信託契約に関する事業を承継させることがありま
        す。
       ⑨投資信託約款に関する疑義の取扱い

        投資信託約款の解釈について疑義を生じたときは、委託会社と受託会社との協議により定めま
        す。
       ⑩関係法人との契約更改に関する手続き

        委託会社と販売会社との間で締結する「投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」
        (別の名称で同様の権利義務関係を規定する契約を含みます。)は、期間満了の3ヵ月前まで
        に、委託会社、販売会社いずれからも、何らの意思表示のないときは、自動的に1年間更新され
        るものとし、自動延長後の取扱いについても同様とします。
                                 36/82









                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【受益者の権利等】

     受益者の有する主な権利は以下のとおりです。なお、受益者は、自己に帰属する受益権の口数に応じ

     て、均等に当ファンドの受益権を保有します。
     ( 1 ) 収益分配金請求権
       ①収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から
        起算して5営業日まで)に受益者に支払います。
       ②受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を
        失い受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
       ③上記にかかわらず、「分配金再投資コース」の受益者の収益分配金は原則として毎計算期間終了
        日の翌営業日に再投資されます。
     ( 2 ) 一部解約請求権

       ①受益者は、販売会社ごとに定める単位で一部解約の実行を請求することができます。
       ②一部解約金は、受益者の請求を受付けた日から起算して原則として、4営業日目から受益者に支
        払います。ただし、当ファンドにおいて、投資を行った有価証券等の換金停止、取引所における
        取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、委託
        会社の判断により、一部解約金の支払いを繰り延べる場合があります。
       ③権利行使の方法等については、前述の「第2                         管理及び運営 2          換金(解約)手続等」をご参照く
        ださい。
     ( 3 ) 償還金請求権

       ①受益者は、持分に応じて償還金を請求する権利を有します。
       ②受益者が信託終了による償還金について、支払開始日から10年間その支払いを請求しないとき
        は、その権利を失い受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
                                 37/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

      (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年

        大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」
        (平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
      (2) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当計算期間(平成29年11月

        11日から平成30年11月12日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を
        受けております。
                                 38/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】
                        【楽天日本新興市場株ダブル・ブル】

     (1)【貸借対照表】

                                   前期                当期
            区                  分
                              平成29年11月10日現在                平成30年11月12日現在
                                 金 額(円)                 金 額(円)
     資産の部
       流動資産
                                     115,617,131                157,033,266
        コール・ローン
                                      18,807,600                4,372,360
        派生商品評価勘定
                                                      1,175,140
                                           -
        前払金
                                      10,865,000                21,060,000
        差入委託証拠金
                                     145,289,731                183,640,766
        流動資産合計
                                     145,289,731                183,640,766
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                         1,774             13,786,158
        派生商品評価勘定
                                      16,563,670
                                                           -
        前受金
                                                       210,312
        未払金
                                           -
                                      9,460,468                2,501,045
        未払解約金
                                        13,556                22,211
        未払受託者報酬
                                        677,671               1,110,184
        未払委託者報酬
                                        106,225                176,828
        その他未払費用
                                      26,823,364                17,806,738
        流動負債合計
                                      26,823,364                17,806,738
       負債合計
     純資産の部
      元本等
                                      80,316,917               177,281,898
        元本
        剰余金
                                      38,149,450               △ 11,447,870
         期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      5,913,198                 328,427
        (分配準備積立金)
                                     118,466,367                165,834,028
       元本等合計
                                     118,466,367                165,834,028
      純資産合計
                                     145,289,731                183,640,766
     負債純資産合計
                                 39/82






                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】
                                   前期                当期
                              自  平成28年12月        7日      自  平成29年11月11日
            区                  分
                              至  平成29年11月10日              至  平成30年11月12日
                                 金 額(円)                 金 額(円)
     営業収益

                                      2,083,652              △ 58,782,356
       派生商品取引等損益
                                                         6,936
                                           -
       その他収益
                                      2,083,652              △ 58,775,420
      営業収益合計
     営業費用
                                        49,882               115,968
       支払利息
                                        18,035                40,332
       受託者報酬
                                       901,411               2,016,039
       委託者報酬
                                       284,219                354,322
       その他費用
                                      1,253,547                2,526,661
      営業費用合計
                                       830,105             △ 61,302,081
     営業利益又は営業損失(△)
                                       830,105             △ 61,302,081
     経常利益又は経常損失(△)
                                       830,105             △ 61,302,081
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額
     又は一部解約に伴う当期純損失金額の分
                                     △ 5,059,701              △ 27,228,954
     配額(△)
                                                      38,149,450
                                           -
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                      97,336,054               100,045,418
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は
                                      97,336,054               100,045,418
       欠損金減少額
                                      65,076,410               115,569,611
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は
                                      65,076,410               115,569,611
       欠損金増加額
                                           -                -
     分配金
                                      38,149,450               △ 11,447,870
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 40/82









                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】
     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.    デリバティブ等の評価基準及                 先物取引
        び評価方法                 個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                         時価評価にあたっては、原則として、計算日に知りうる直近の
                         日の主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場によってお
                         ります。
     2.    収益及び費用の計上基準                 派生商品取引等損益の計上基準

                         約定日基準で計上しております。
     3.    その他財務諸表作成のための                 1.現先取引

        基本となる重要な事項                 現先取引の会計処理については、「金融商品に関する会計基
                         準」(企業会計基準委員会 平成20年3月10日)の規定によって
                         おります。
                         2.ファンドの計算期間

                         ファンドの計算期間は、当期末が休日であることから、平成29
                         年11月11日から平成30年11月12日までとなっております。
     (貸借対照表に関する注記)

                                  前期                 当期
              項 目
                             平成29年11月10日現在                 平成30年11月12日現在
     1.      計算期間末日における受益権                         80,316,917口                177,281,898口
           の総数
     2.      元本の欠損                               -  貸借対照表上の純資産額が

                                           元本総額を下回っており、
                                           その差額は11,447,870円で
                                           あります。
     3.      計算期間末日における1口当

           たり純資産額                           1.4750円                 0.9354円
           (1万口当たり純資産額)                          (14,750円)                 (9,354円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                             前期                   当期
                         自  平成28年     12月   7日         自  平成29年11月11日
           項 目
                         至  平成29年11月10日                  至  平成30年11月12日
         分配金の計算過程            計算期間末における解約に伴う当                   計算期間末における解約に伴う当
                     期純利益金額分配後の配当等収益                   期純利益金額分配後の配当等収益
                     から費用を控除した額(0円)、解                   から費用を控除した額(0円)、解
                     約に伴う当期純利益金額分配後の                   約に伴う当期純利益金額分配後の
                     有価証券売買等損益から費用を控                   有価証券売買等損益から費用を控
                     除し、繰越欠損金を補填した額                   除し、繰越欠損金を補填した額(0
                     (5,913,198円)、投資信託約款に                   円)、投資信託約款に規定される
                     規定される収益調整金                   収益調整金(12,421,044円)及び
                     (32,299,176円)及び分配準備積                   分配準備積立金(328,427円)より
                     立金(0円)より分配対象額は                   分配対象額は12,749,471円(1万口
                     38,212,374円(1万口当たり                   当たり719.16円)であります。分
                     4,757.70円)であります。分配は                   配は行っておりません。
                     行っておりません。
     (金融商品に関する注記)

      Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
                                 41/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.      金融商品に対する           当ファンドは投資信託及び投資法人に関する法律第2条第4項に定める
          取組方針           証券投資信託として、信託約款に規定する「運用の基本方針」に基づ
                     き金融商品を保有しております。
     2.      金融商品の内容及           当ファンドは、売買目的有価証券、株価指数先物のほか、コール・

          び当該金融商品に           ローン等の金銭債権及び金銭債務を保有しております。当該金融商品
          係るリスク           は金利変動リスク、価格変動リスクなどの市場リスク、信用リスク、
                     流動性リスク等に晒されております。デリバティブ取引は、東証マ
                     ザーズ指数先物であり、信託財産に属する資産の効率的な運用に資す
                     ることを目的として、信託約款及びデリバティブ取引に関する社内規
                     定の範囲内で行います。これらの取引には市場価格の変動に係るリス
                     クなどがあります。
     3.      金融商品に係るリ           複数の部署と会議体が連携する組織的な体制によりリスク管理を行

          スク管理体制           なっております。信託財産全体としてのリスク管理を金融商品、リス
                     クの種類ごとに行なっております。
     4.      金融商品の時価等           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない

          に関する事項につ           場合には合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算
          いての補足説明           定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件
                     等によった場合、当該価額が異なることもあります。また、デリバ
                     ティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティ
                     ブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
      Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

                              前期                   当期
           項 目
                         平成29年11月10日現在                   平成30年11月12日現在
     1.      貸借対照表計上額           貸借対照表計上額は原則として時                   貸借対照表計上額は原則として時
          と時価との差額           価で計上されているため、差額は                   価で計上されているため、差額は
                     ありません。                   ありません。
     2.      時価の算定方法           (1)デリバティブ取引                   (1)デリバティブ取引

                       デリバティブ取引に関する注記                   デリバティブ取引に関する注記
                       に記載しております。                   に記載しております。
                     (2)上記以外の金銭債権及び金銭債                   (2)上記以外の金銭債権及び金銭債
                       務                   務
                       短期間で決済されるため、時価                   短期間で決済されるため、時価
                       は帳簿価額にほぼ等しいことか                   は帳簿価額にほぼ等しいことか
                       ら、当該帳簿価額を時価として                   ら、当該帳簿価額を時価として
                       おります。                   おります。
     (有価証券に関する注記)

      該当事項はありません。
     (デリバティブ取引に関する注記)

      取引の時価等に関する事項
      株式関連
                      前期                          当期
                 平成29年11月10日現在                          平成30年11月12日現在
            契約額等           時価       評価損益        契約額等           時価      評価損益
             (円)          (円)        (円)        (円)          (円)        (円)
                   う                         う
      種類
                   ち                         ち
                   1                         1
                   年                         年
                   超                         超
     市場取引
       先物取引

                                 42/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      買建
                                     344,597,060        -
           216,847,050        -  235,664,000        18,816,950                 335,202,000        △9,395,060
     合計
                                     344,597,060        -  335,202,000        △9,395,060
           216,847,050        -  235,664,000        18,816,950
       (注) 1.時価の算定方法
             株価指数先物取引の時価については、以下のように評価しております。
             原則として計算期間末日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段又は
             最終相場で評価しております。このような時価が発表されていない場合には、計算期
             間末日に最も近い最終相場や気配値等、原則に準ずる方法で評価しております。
           2.株価指数先物取引の残高は、契約額ベースで表示しております。
           3.契約額等には手数料相当額を含んでおりません。
           4.契約額等及び時価の合計欄の金額は、各々の合計金額であります。
            ※ 上記取引で、ヘッジ会計が適用されているものはありません。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                 前期                            当期
            自  平成28年     12月   7日                  自  平成29年11月11日
             至  平成29年11月10日                          至  平成30年11月12日
     市場価格その他当該取引に係る価格を勘案して、                            市場価格その他当該取引に係る価格を勘案して、
     一般の取引条件と異なる関連当事者との取引は行                            一般の取引条件と異なる関連当事者との取引は行
     なわれていないため、該当事項はありません。                            なわれていないため、該当事項はありません。
     (その他の注記)

                                  前期                当期
                             自  平成28年     12月   7日      自  平成29年11月11日
              項 目
                              至  平成29年11月10日               至  平成30年11月12日
           元本の推移
             期首元本額                       6,432,117円                80,316,917円
              期中追加設定元本額                        257,705,420円                355,013,560円
             期中一部解約元本額                        183,820,620円                258,048,579円
     (4)【附属明細表】

       第1 有価証券明細表
       (1)      株式
          該当事項はありません。
        (2)  株式以外の有価証券

           該当事項はありません。
       第2 信用取引契約残高明細表

           該当事項はありません。
       第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

          「注記表(デリバティブ取引に関する注記)」に記載しております。
                                 43/82






                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】
                                            (平成30年12月28日現在)
                  項目                        金額または口数
      Ⅰ 資産総額                                             153,702,185円
      Ⅱ 負債総額                                             31,525,738円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                             122,176,447円
      Ⅳ 発行済数量                                             191,680,271口
      Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                0.6374円
                                 44/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     委託会社は、当ファンドの受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消され

     た場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継するものが存在しな
     い場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しませ
     ん。
     (1)投資信託受益証券の名義書換
       受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益
       証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請
       求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
     (2)受益者名簿
       該当事項はありません。
     (3)受益者に対する特典
       該当事項はありません。
     (4)受益権の譲渡
       ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記
        載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益
        権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記
        載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでな
        い場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を
        含みます。)に社振法の規定に従い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記
        録が行われるよう通知するものとします。
       ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
        れている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場
        合等において、委託会社が必要と認めるときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
        振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
     (5)受益権の譲渡の対抗要件
       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
       抗することができません。
     (6)受益権の再分割
       委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところに従い、一定日現在の受益権を均等
       に再分割できるものとします。
       受益権の再分割を行うにあたり、各受益者が保有する受益権口数に1口未満の端数が生じることと
       なる場合には、当該端数を切り捨てるものとし、当該端数処理は口座管理機関ごとに行います。
       また、各受益者が保有することとなる受益権口数の合計数と、受益権の再分割の比率に基づき委
       託会社が計算する受益権口数の合計数との間に差が生じることとなる場合には、委託会社が計算
       する受益権口数を当該差分減らし、当該口数にかかる金額については益金として計上することと
       します。
     (7)償還金
       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
       以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設
       定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権
       については、原則として取得申込者とします。)に支払います。
                                 45/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (8)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
       い、一部解約請求の受付、解約金および償還金の支払い等については、投資信託約款の規定によ
       るほか民法その他の法令等に従って取り扱われます。
                                 46/82



















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

      (1)資本金の額(平成30年12月末日現在)
         資本金                                           150百万円
         発行する株式の総額                                           30,000株
         発行済株式の総数                                           13,000株
         過去5年間における資本金の額の増減                                   該当事項はありません。
      (2)会社の意思決定機構

        ①取締役会 
          取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
         会の終結のときまでとし、補欠のために選任された取締役の任期は、前任者の残任期間としま
         す。
          取締役会は、その決議をもって、取締役中より取締役会長、取締役社長、取締役副社長各1
         名、専務取締役および常務取締役若干名を選任することができます。またその決議をもって、
         代表取締役を選任します。
          取締役会は、取締役会長または取締役社長が招集し、招集者がその議長となります。取締役
         会長および取締役社長に事故があるときは、あらかじめ取締役会の決議により定められた順序
         により、他の取締役がこれに代わります。
          取締役会の招集通知は、会日から原則として1週間前までにこれを発します。ただし、緊急
         のときなどは、この期間を短縮することができます。また各取締役および監査役全員の同意が
         あるときは、これを省略することができます。
          取締役会は、会社の業務執行を決定し、取締役の職務の執行について監督します。その決議
         は、取締役の過半数が出席し、その出席取締役の過半数の賛成をもって行います。
        ②監査役
          経営のチェック機能として、業務監査および会計監査による違法または著しく不当な職務執
         行行為の監査を行います。
                                                 (本書提出日現在)
      (3)投資運用の意思決定プロセス

        ①投資政策委員会において、国内外の経済見通し、市況見通しを検討し、これを基に資産配分の
         基本方針を決定します。
        ②運用部門は、投資政策委員会の決定に基づき、具体的な運用方針を決定します。
        ③運用部門のファンドマネジャーは、上記運用方針および運用にかかる諸規則等に従って、ポー
         トフォリオを構築・管理します。
        ④コンプライアンス部は、投資信託財産の運用にかかるコンプライアンス状況のモニタリングを
         行い、これを運用部門にフィードバックします。
                                 47/82





                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【事業の内容及び営業の概況】

        「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資
       信託の設定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として、その運用(投
       資運用業)を行っています。また、「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業にかかる業
       務の一部および投資助言・代理業務を行っています。
        平成30年12月末日現在における委託会社の運用する証券投資信託は以下の通りです。
               種   類                  本  数              純資産総額
             追加型株式投資信託                        44本            163,602百万円

               合   計                      44本            163,602百万円

                                 48/82
















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】

     1.委託会社である楽天投信投資顧問株式会社(以下「当社」といいます。)の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式

       及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」といいます。)、並びに同規則
       第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成して
       おります。
       当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年8月30日大蔵省令第
       38号、以下「中間財務諸表等規則」という)、並びに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業
       等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
     2.財務諸表及び中間財務諸表に記載している金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

     3.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第12期事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日ま

      で)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人による監査を受けており、中間会計期間(平成30年4月1日から平
      成30年9月30日まで)の中間財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による中間監査を受けております。
                                 49/82














                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

                                                   (単位:千円) 
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                                   617,562               670,928
       金銭の信託                                  1,300,000               1,300,000
       前払費用                                     887              2,915
       未収入金                                  1,648                 -
       未収委託者報酬                                   168,194               173,836
       立替金                                    5,331                 -
       繰延税金資産                                   10,130                9,060
       その他                                    5,001               5,000
       流動資産計                                2,108,756               2,161,741
      固定資産
       有形固定資産                        ※1           43,782    ※1           36,926
        建物(純額)                                   26,421               23,218
         器具備品(純額)                                   17,361               13,707
       投資その他の資産                                    4,324               15,049
        投資有価証券                                    3,351               14,291
        長期前払費用                                     972               644
        繰延税金資産                                     -               112
       固定資産計
                                        48,106               51,975
      資産合計
                                      2,156,863               2,213,716
     負債の部

      流動負債
       預り金                                    7,953               3,131
       未払費用                                   83,642               94,055
       未払消費税等                                    1,601               9,375
       未払法人税等                                   31,595               32,716
       賞与引当金                                   17,642               14,916
       役員賞与引当金                                     388              8,000
       その他                                    7,008                 -
        流動負債計
                                       149,832               162,194
      固定負債
       繰延税金負債                                     611                -
       資産除去債務                                    5,699               5,699
        固定負債計
                                        6,311               5,699
      負債合計
                                       156,143               167,894
     純資産の部

      株主資本
       資本金                                   150,000               150,000
       資本剰余金
                                 50/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        資本準備金                                   400,000               400,000
        その他資本剰余金                                   229,716               229,716
        資本剰余金合計
                                       629,716               629,716
       利益剰余金
        その他利益剰余金
         繰越利益剰余金                                  1,220,760               1,266,597
         利益剰余金合計
                                      1,220,760               1,266,597
        株主資本合計
                                      2,000,476               2,046,314
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                   244              △491
       評価・換算差額合計
                                          244              △491
      純資産合計
                                      2,000,720               2,045,822
     負債・純資産合計
                                      2,156,863               2,213,716
                                 51/82















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)
                                 前事業年度               当事業年度
                               (自平成28年4月1日                (自平成29年4月1日
                                至平成29年3月31日)               至平成30年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                  1,296,283                1,216,403
      営業収益計                                  1,296,283                1,216,403
     営業費用
      支払手数料                                   544,973                491,228
      広告宣伝費                                    2,605               7,342
      通信費                                   65,880                65,818
      協会費                                    2,122               1,766
      諸会費                                      84               18
      営業費用計
                                        615,666                566,173
     一般管理費
                             ※1・2           334,182     ※1・2           364,433
     営業利益 
                                        346,434                285,796
     営業外収益
      受取利息                                      5                6
      有価証券利息                                     551                683
      投資有価証券売却益                                      57               837
       為替差益                                      -                8
      雑収入                                      87               -
      営業外収益計
                                          701              1,535
     営業外費用
      為替差損                                     225                -
      営業外費用計
                                          225                -
     経常利益
                                        346,911                287,332
     特別損失
      固定資産売却損                                     185                -
      その他特別損失                                    7,008               10,492
      特別損失計
                                         7,193               10,492
     税引前当期純利益
                                        339,717                276,840
     法人税、住民税及び事業税
                                        102,622                80,331
     法人税等調整額                                    5,058                 670
     法人税等合計
                                        107,681                81,002
     当期純利益
                                        232,036                195,837
                                 52/82






                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                                           資本剰余金
                      資本金
                                資本準備金          その他資本剰余金            資本剰余金合計
     当期首残高                    150,000           400,000           229,716           629,716
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計                      -           -           -           -
     当期末残高                    150,000           400,000           229,716           629,716
                         株主資本                 評価・換算差額等

                     利益剰余金
                                 株主資本      その他有価証券         評価・換算        純資産合計
                その他利益剰余金          利益剰余金
                                  合計      評価差額金        差額等合計
                           合計
                 繰越利益剰余金
     当期首残高              1,138,723       1,138,723       1,918,439           -        -     1,918,439
     当期変動額
      剰余金の配当             △150,000       △150,000       △150,000                        △150,000
      当期純利益              232,036       232,036       232,036                        232,036
     株主資本以外の項目
                                            244        244        244
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                82,036       82,036       82,036         244        244       82,280
     当期末残高              1,220,760       1,220,760       2,000,476          244        244      2,000,720
                                 53/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                                           資本剰余金
                      資本金
                                資本準備金          その他資本剰余金            資本剰余金合計
     当期首残高                    150,000           400,000           229,716           629,716
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計                      -           -           -           -
     当期末残高                    150,000           400,000           229,716           629,716
                         株主資本                 評価・換算差額等

                     利益剰余金
                                 株主資本      その他有価証券         評価・換算        純資産合計
                その他利益剰余金         利益剰余金
                                  合計      評価差額金        差額等合計
                 繰越利益剰余金          合計
     当期首残高              1,220,760       1,220,760       2,000,476          244        244      2,000,720
     当期変動額
      剰余金の配当             △150,000       △150,000       △150,000                        △150,000
      当期純利益              195,837       195,837       195,837                        195,837
     株主資本以外の項目
                                           △735        △735        △735
     の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                45,837       45,837       45,837        △735        △735        45,102
     当期末残高              1,266,597       1,266,597       2,046,314          △491        △491       2,045,822
                                 54/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [注記事項]

     (重要な会計方針)
     1.資産の評価基準及び評価方法
      (1)有価証券
       ◇その他有価証券
        時価のあるもの
         当事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移
        動平均法により算定)を採用しております。
     (2)金銭の信託

        時価法によっております。
     2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産 
        定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は、以下の通りであります。
           建物              10年
           器具備品        4~20年
        また、取得価額が100千円以上200千円未満の減価償却資産につきましては、3年均等償却によっております。
      (2)長期前払費用

        定額法によっております。
     3.引当金の計上基準

      (1)貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上することとしております。
      (2)賞与引当金

         従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当事業年度に帰属する額を
        計上しております。
      (3)役員賞与引当金

         役員への賞与の支払いに備えるため、役員に対する将来の支給見込額のうち、当事業年度末において負担すべ
        き額を計上しております。
     4.その他財務諸表の作成のための基本となる重要な事項

      ◇消費税等の会計処理方法
        消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (貸借対照表関係)


     ※1.有形固定資産より控除した減価償却累計額
                                 前事業年度              当事業年度
                               (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
        有形固定資産より控除した減価償却累計額                                 12,247千円              18,684千円
                                 55/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (損益計算書関係)

     ※1.役員報酬の範囲

                                 前事業年度               当事業年度
                               (自平成28年4月1日               (自平成29年4月1日
                                至平成29年3月31日)               至平成30年3月31日)
       取締役 年額                                200,000千円              200,000千円
       監査役 年額                                 30,000千円              30,000千円
     ※2.一般管理費の主なもののうち主要な費目及び金額は、以下のとおりであります。

                                 前事業年度               当事業年度
                               (自平成28年4月1日               (自平成29年4月1日
                                至平成29年3月31日)               至平成30年3月31日)
       人件費                                170,093千円               208,027千円
       減価償却費                                 8,127千円               8,196千円
       賞与引当金繰入額                                26,568千円               14,916千円
       役員賞与引当金繰入額                                △1,367千円                8,000千円
     (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

     1.発行済株式に関する事項

         株式の種類         当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末

         普通株式             13,000株                              13,000株
                                   -          -
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.剰余金の配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
          (決議)        株式の種類                 配当額         基準日         効力発生日
                          (百万円)
                                   (円)
       平成28年6月29日
                  普通株式             150     11,538.46       平成28年3月31日          平成28年6月29日
        定時株主総会
      当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     1.発行済株式に関する事項

         株式の種類         当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末

         普通株式             13,000株             -          -       13,000株
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.剰余金の配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                                 56/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                 配当額         基準日         効力発生日
          (決議)                (百万円)
                                   (円)
       平成29年6月29日
                  普通株式             150     11,538.46       平成29年3月31日          平成29年6月29日
        定時株主総会
     (リース取引関係)


       該当事項はありません。
     (金融商品関係)

       1.金融商品の状況に関する事項

        (1)金融商品に対する取組方針
           当社は、投資信託の運用を業として行っております。
           当社では保有する金融資産・負債から生ずる様々なリスクを横断的かつ効率的に管理し、財務の健全性の
          維持を図っております。
           なお、余資運用に関しては、預金等安全性の高い金融資産で運用しております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           現金・預金は、国内通貨による預金等であり、短期間で決済されるため、為替変動リスクや価格変動リス
          クは殆どないと認識しております。金銭の信託は、主に債権等を裏付けとした証券化商品を運用対象として
          おりますが、保有している証券化商品の外部格付機関による格付評価が高いため、価格変動リスクは殆どな
          いと認識しております。
           また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支払われ
          る信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リスクは殆ど無
          いと認識しております。
           投資有価証券は当社運用投資信託であり、当初自己設定および商品性維持を目的に保有しております。当
          該投資信託は為替変動リスクや価格変動リスクに晒されておりますが、投資金額はその目的に応じた額にと
          どめられており、リスクは極めて限定的であると認識しています。
           未払費用につきましては、そのほとんどが一年以内で決済されます。
                                 57/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2.金融商品の時価等に関する事項

          貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前事業年度(平成29年3月31日)                                            (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価          差額
         資産
          (1)  現金・預金                      617,562           617,562            -
                                 1,300,000           1,300,000             -
          (2)  金銭の信託
                                  168,194           168,194            -
          (3)  未収委託者報酬
          (4)  投資有価証券
                                   3,351           3,351           -
             ①その他有価証券
                資産計                 2,089,108           2,089,108             -
         負債
          (1)  未払費用                       83,642           83,642            -
                                   31,595           31,595            -
          (2)  未払法人税等
                負債計                  115,238           115,238            -
        当事業年度(平成30年3月31日)                                           (単位:千円)

                            貸借対照表計上額               時価          差額
         資産
          (1)  現金・預金                      670,928           670,928            -
                                 1,300,000           1,300,000             -
          (2)  金銭の信託
                                  173,836           173,836            -
          (3)  未収委託者報酬
          (4)  投資有価証券
                                   14,291           14,291            -
             ①その他有価証券
                資産計                 2,159,056           2,159,056             -
         負債
          (1)  未払費用                      94,055           94,055            -
                                   32,716           32,716            -
          (2)  未払法人税等
                負債計                  126,771           126,771            -
      (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

         ◇資産
          (1)現金・預金 (2)金銭の信託 (3)未収委託者報酬  
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と類似していることから、当該帳簿価額によってお
           ります。
          (4)投資有価証券
            投資信託は公表されている基準価額によっております。
           また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
         ◇負債
          (1)未払費用 (2)未払法人税等
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と類似していることから、当該帳簿価額によってお
           ります。
         2.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額    
           前事業年度(平成29年3月31日)                              (単位:千円)
                                   1年以内        1年超
                                           5年以内
           現金・預金                         617,562          -
           金銭の信託                        1,300,000           -
           未収委託者報酬                         168,194          -
           投資有価証券
            その他有価証券のうち満期があるもの                            -        -
                  合     計                 2,085,756           -
           当事業年度(平成30年3月31日)                              (単位:千円)

                                   1年以内        1年超
                                           5年以内
           現金・預金                         670,928          -
           金銭の信託                        1,300,000           -
           未収委託者報酬                         173,836          -
           投資有価証券
            その他有価証券のうち満期があるもの                            -        -
                                 58/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  合     計                 2,144,764           -
     (有価証券関係)

        1.その他有価証券
            前事業年度 (平成29年3月31日)
                 区分         貸借対照表計上額             取得原価          差額
                            (千円)           (千円)         (千円)
            貸借対照表計上額が取
            得原価を超えるもの
            (1)株式                      -         -          -
            (2)債券                      -         -          -
            (3)その他                     3,351         3,000           351
                小  計                 3,351         3,000           351
            貸借対照表計上額が取
            得原価を超えないもの
            (1)株式                      -         -          -
            (2)債券                      -         -          -
            (3)その他                      -         -          -
                小  計                   -         -          -
                合  計                 3,351         3,000           351
            当事業年度 (平成30年3月31日)

                 区分         貸借対照表計上額             取得原価          差額
                            (千円)           (千円)         (千円)
            貸借対照表計上額が取
            得原価を超えるもの
            (1)株式                      -         -         -
            (2)債券                      -         -         -
            (3)その他                      -         -         -
                小  計                   -         -         -
            貸借対照表計上額が取
            得原価を超えないもの
            (1)株式                      -         -         -
            (2)債券                      -         -         -
            (3)その他                    14,291         15,000          708 
                小  計                 14,291         15,000           708
                合  計                 14,291         15,000           708
                                 59/82









                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2.売却したその他有価証券

           前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                 種類            売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
                             (千円)            (千円)            (千円)
           (1)株式                        -             -           -
           (2)債券                        -             -           -
           (3)その他                      3,057              87           30
                 合計                 3,057              87           30
           当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                 種類            売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
                             (千円)            (千円)            (千円)
           (1)株式                        -             -           -
           (2)債券                        -             -           -
           (3)その他                      13,837              837           -
                 合計                13,837              837           -
     (デリバティブ取引関係)

       当社はデリバティブ取引を利用していないため、該当事項はありません。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                                 前事業年度               当事業年度

                               (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
     繰延税金資産
      未払費用                                  983千円              1,765千円
      未払事業所税                                  194千円               214千円
      未払事業税                                 1,345千円               2,512千円
      賞与引当金                                 5,444千円               4,567千円
      減価償却超過額                                  542千円               852千円
      繰延資産                                  395千円               308千円
      資産除去債務                                 1,745千円               1,745千円
      その他有価証券評価差額金                                     -            216千円
      その他                                11,184千円               6,576千円
     繰延税金資産小計                                21,835千円               18,760千円
     評価性引当金                               △10,766千円               △8,322千円
     繰延税金資産合計                                11,068千円               10,438千円
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                                  107千円                 -
      建物付属設備                                 1,442千円               1,265千円
     繰延税金負債合計                                 1,549千円               1,265千円
     繰延税金資産純額                                 9,518千円               9,172千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前事業年度               当事業年度
                            (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
     法定実効税率                                30.86%               30.86%
     (調整)
     所得拡大税制の特別控除                                  -           △2.39%
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.48%               0.59%
                                 60/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     住民税均等割等                                0.09%               0.10%
     評価性引当額の増減                                0.88%              △0.88%
     その他                               △0.62%                1.00%
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                31.70%               29.26%
     (資産除去債務関係)


     1.  当該資産除去債務の概要
       建物賃貸借契約に基づき使用する建物等の、退去時における原状回復義務であります。
     2.  当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を10年と見積り、割引率を0%として資産除去債務の金額を計算しております。
     3.  当該資産除去債務の総額の増減

                               前事業年度              当事業年度

                             (自平成28年4月1日              (自平成29年4月1日
                              至平成29年3月31日)              至平成30年3月31日)
     期首残高                               5,699千円              5,699千円
     有形固定資産の取得に伴う増加額                                   -              -
     時の経過による調整額                                   -              -
     見積りの変更による増加額                                   -              -
     資産除去債務の履行による減少額                                   -              -
     期末残高                               5,699千円              5,699千円
     (セグメント情報等)

     [セグメント情報]

      前事業年度 (自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)及び当事業年度 (自 平成29年4月1日 至 平成30
      年3月31日)
       当社は、投資運用業、投資助言・代理業を主とした金融サービスの提供を行う単一セグメントであるため、記載を

       省略しております。
     [関連情報]

      前事業年度 (自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        1 製品及びサービスごとの情報
                                                (単位:千円)
                    投資信託運用業務          投資一任業務         情報提供業務         合  計
         外部顧客への営業収益               1,296,283             -         -   1,296,283
        2 地域ごとの情報

          (1)  営業収益
            本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの
            営業収益の記載は省略しております。 
          (2)  有形固定資産
            本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域
            ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
        3 主要な顧客ごとの情報

          外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
          ん。
                                 61/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度 (自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        1 製品及びサービスごとの情報
                                                (単位:千円)
                    投資信託運用業務          投資一任業務         情報提供業務         合  計
         外部顧客への営業収益               1,216,403             -         -   1,216,403
        2 地域ごとの情報

          (1)  営業収益
            本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの
            営業収益の記載は省略しております。 
          (2)  有形固定資産
            本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域
            ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
        3 主要な顧客ごとの情報

          外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
          ん。
                                 62/82















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

        該当事項はありません。
     [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

        該当事項はありません。
     [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

        該当事項はありません。
     (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引

      ◇財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社
     前事業年度 (自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                         議決権
                              関係内容
                     事業の
               資本金又
       会社等
     種                    等の被                   取引金額     科  期末残高
               は出資金
            所在地         内容又                 取引の内容
                             役員の    事業上
     類                    所有割                   (千円)     目  (千円)
       の名称
               (百万円)
                     は職業
                             兼任等    の関係
                          合
                                     証券投資信託

                                     の代行手数料       245,111
     兄           7,495      インターネット            当社投資                未
            東京都                         等 
     弟  楽天証券         (平成29年     証券取      ―   兼任   信託の募                払
            世田谷                                       24,799
     会  株式会社         3月31日現     引サービス         2人   集の取扱                費
             区
     社            在)     業            い等               用
                                     出向者の人件       13,840
                                     費等
     当事業年度 (自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                         議決権
                              関係内容
                     事業の
               資本金又
       会社等
     種                    等の被                   取引金額     科  期末残高
               は出資金
            所在地         内容又                 取引の内容
                             役員の    事業上
     類                    所有割                   (千円)     目  (千円)
       の名称
               (百万円)
                     は職業
                             兼任等    の関係
                          合
                                     証券投資信託

                                     の代行手数料       225,276
     兄           7,495      インターネット            当社投資                未
            東京都                         等 
     弟  楽天証券         (平成30年     証券取      ―   兼任   信託の募                払
            世田谷                                       22,288
     会  株式会社         3月31日現     引サービス         2人   集の取扱                費
             区
     社            在)     業            い等               用
                                     出向者の人件       16,083
                                     費等
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.証券投資信託の代行手数料については、一般取引先に対する取引条件と同様に決定しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       親会社情報
        楽天株式会社(東京証券取引所に上場)
     (1株当たり情報)

                                  前事業年度               当事業年度

                                (自平成28年4月1日               (自平成29年4月1日
                                 至平成29年3月31日)               至平成30年3月31日)
                                 63/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        1株当たり純資産額                             153,901円56銭               157,370円98銭

        1株当たり当期純利益金額                             17,848円94銭               15,064円45銭

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度               当事業年度

                               (自平成28年4月1日               (自平成29年4月1日
              項  目
                                至平成29年3月31日)               至平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額

                                       232,036               195,837

      当期純利益金額(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る当期純利益金額(千円)                                 232,036               195,837

      普通株式の期中平均株式数(株)                                 13,000.00               13,000.00

     (重要な後発事象)


       該当事項はありません。
                                 64/82











                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表

     (1)中間貸借対照表
                                            (単位:千円) 
                                    当中間会計期間
                                   (平成30年9月30日)
     資産の部
      流動資産
                                                724,327
       現金・預金
                                               1,300,000
       金銭の信託
                                                 4,769
       前払費用
                                                205,045
       未収委託者報酬
                                                 3,464
       立替金
                                                 5,000
       その他
                                               2,242,607
       流動資産計
      固定資産
                                                 35,964
       有形固定資産                  ※1
        建物(純額)                                          21,617
        器具備品(純額)                                         14,346
       投資その他の資産                                          52,407
        投資有価証券                                         42,101
        長期前払費用                                          484
        繰延税金資産                                         9,821
                                                 88,371
       固定資産計
                                               2,330,979
       資産合計
                                            (単位:千円) 

                                    当中間会計期間
                                   (平成30年9月30日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                          2,115
       未払費用                                         106,172
       未払消費税等                                          11,796
       未払法人税等                                          45,641
       賞与引当金                                          21,932
                                                 4,360
       役員賞与引当金
       流動負債計                                         192,018
      固定負債
                                                 5,699
       資産除去債務
       固定負債計                                          5,699
      負債合計                                          197,717
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                         150,000
       資本剰余金
        資本準備金                                         400,000
                                                229,716
        その他資本剰余金
        資本剰余金合計                                         629,716
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                               1,353,252
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                        1,353,252
                                 65/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       株主資本合計                                        2,132,968
      評価・換算差額等
                                                  293
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額合計                                           293
      純資産合計                                         2,133,261
     負債・純資産合計                                           2,330,979
                                 66/82



















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)中間損益計算書

                                            (単位:千円) 
                                    当中間会計期間
                            (  自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日                     )
     営業収益
                                                612,723
      委託者報酬
      営業収益計                                          612,723
     営業費用
      支払手数料                                          226,719
      広告宣伝費                                           2,568
      通信費                                           36,983
      協会費                                            857
                                                   36
      諸会費
      営業費用計                                          267,165
     一般管理費                    ※1                        218,997
     営業利益                                           126,560
     営業外収益
      受取利息                                             3
      有価証券利息                                            167
                                                  215
      雑収入
      営業外収益計                                            387
     営業外費用
      有価証券売却損                                            671
                                                  127
      為替差損
      営業外費用計                                            798
     経常利益                                           126,149
     特別損失
                                                   6
      その他特別損失
      特別損失計                                             6
     税引前中間純利益                                           126,142
     法人税、住民税及び事業税
                                                 40,482
     法人税等調整額
                                                 △994
     中間純利益                                            86,654
                                 67/82









                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)中間株主資本等変動計算書

     当中間会計期間(自 平成30年4月1日  至 平成30年9月30日)

                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                                           資本剰余金
                      資本金
                                資本準備金          その他資本剰余金            資本剰余金合計
      当期首残高                   150,000           400,000           229,716           629,716
      当中間期変動額
       剰余金の配当
       中間純利益
       株主資本以外の項目の当
       中間期変動額(純額)
      当中間期変動額合計                      -           -           -           -
      当中間期末残高                   150,000           400,000           229,716           629,716
                         株主資本                評価・換算差額等

                     利益剰余金
                                 株主資本                     純資産合計
                                       その他有価証       評価・換算
                 その他利益剰余金         利益剰余金
                                       券評価差額金       差額等合計
                                  合計
                           合計
                 繰越利益剰余金
      当期首残高              1,266,597       1,266,597       2,046,314         △491      △491      2,045,822
      当中間期変動額
       剰余金の配当
       中間純利益               86,654       86,654       86,654                      86,654
       株主資本以外の項
       目の当中間期変動                                     784      784        784
       額(純額)
      当中間期変動額合計                86,654       86,654       86,654         784      784      87,438
      当中間期末残高              1,353,252       1,353,252       2,132,968          293      293     2,133,261
     注記事項

     (重要な会計方針)
     1.資産の評価基準及び評価方法
      (1)有価証券
       ◇その他有価証券
        時価のあるもの
         中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
        移動平均法により算定)を採用しております。 
     (2)金銭の信託

           時価法によっております。
     2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産
       定額法によっております。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物                 10年
          器具備品                5年~20年 
       また、取得価額が100千円以上200千円未満の減価償却資産につきましては、3年均等償却によっております。
     (2)長期前払費用

       定額法によっております。
                                 68/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.引当金の計上基準
     (1)貸倒引当金
       債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
      は個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上することとしております。
     (2)賞与引当金

       従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当中間会計期間に帰属する額を
      計上しております。
     (3)役員賞与引当金

       役員への賞与の支払いに備えるため、将来の支給見込額のうち当中間会計期間末において負担すべき額を計上して
      おります。
     4.その他中間財務諸表作成の為の基本となる重要な事項

     (1)消費税等の会計処理方法
       消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、資産に係る控除対象外消費税及び地方消費税は当中間
      会計期間の費用として処理しております。
                                 69/82















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当中間会計期間の期首
     から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更し
     ております。
     (追加情報)

      当社は、平成30年6月27日開催の定時株主総会で「定款一部変更の件」が承認されたことを受けまして、決算期を3月31
     日から12月31日に変更いたしました。したがって第13期事業年度は平成30年4月1日から平成30年12月31日までとなってお
     ります。
     (中間貸借対照表関係)

     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                                 当中間会計期間(平成30年9月30日)

      有形固定資産の減価償却累計額
                                                   21,945千円
     (中間損益計算書関係)

     ※1 減価償却実施額
                                      当中間会計期間
                                    (自   平成30年4月      1日
                                      至    平成30年9月30日)
      有形固定資産                                              3,812千円
         合    計
                                                   3,812千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)

      当中間会計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

     1.発行済株式に関する事項

         株式の種類         当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末

         普通株式             13,000株             -          -        13,000株
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.剰余金の配当に関する事項  

       該当事項はありません。
     (リース取引関係)

       該当事項はありません。
     (金融商品関係)

       当中間会計期間 (自 平成30年4月1日  至 平成30年9月30日) 
       金融商品の時価等に関する事項
       平成30年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価、並びにこれらの差額については次の通りです。
                                                   (単位:千円)
                            中間貸借対照表計上額                時価          差額
                                 70/82


                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         資産
          (1)  現金・預金                       724,327          724,327            -
                                  1,300,000          1,300,000             -
          (2)  金銭の信託
                                   205,045          205,045            -
          (3)  未収委託者報酬
          (4)  投資有価証券
                                    42,101          42,101            -
            ① その他有価証券
                資産計                   2,271,475          2,271,475             -
         負債
          (1)  未払費用                       106,172          106,172            -
                                    45,641          45,641            -
          (2)  未払法人税等
                負債計                    151,813          151,813            -
      (注)金融商品の時価算定の方法
         ◇資産
          (1)現金・預金 (2)金銭の信託 (3)未収委託者報酬  
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と類似していることから、当該帳簿価額によってお
           ります。          
          (4)投資有価証券
            投資信託は公表されている基準価額によっております。
            また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照くださ
           い。
         ◇負債
          (1)未払費用 (2)未払法人税等
            未払費用及び未払法人税等は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と類似していることから、当該
           帳簿価額によっております。
     (有価証券関係)

      その他有価証券 
        当中間会計期間 (自 平成30年4月1日  至 平成30年9月30日)
                区分            中間貸借対照表             取得原価            差額
                            計上額(千円)             (千円)           (千円)
         中間貸借対照表計上額が取得原価
         を超えるもの
         (1)株式                          -           -           -
         (2)債券                          -           -           -
         (3)その他                        36,059           35,600             459
               小  計                  36,059           35,600             459
         中間貸借対照表計上額が取得原価
         を超えないもの
         (1)株式                          -           -           -
         (2)債券                          -           -           -
         (3)その他                         6,042           6,078            △36
               小  計                   6,042           6,078            △36
               合  計                  42,101           41,678             422
                                 71/82







                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。
     (資産除去債務関係)

       当該資産除去債務の総額の増減
                                        当中間会計期間

                                      (自   平成30年4月      1日
                                        至    平成30年9月30日)
         期首残高                                         5,699千円
                                                     -
         有形固定資産の取得に伴う増加額
         時の経過による調整額                                            -
         見積りの変更による増加額                                            -
         中間期末残高
                                                  5,699千円
     (セグメント情報等)

     [セグメント情報]
       当中間会計期間 (自 平成30年4月1日  至 平成30年9月30日)
        当社は、投資運用業、投資助言・代理業を主とした金融サービスの提供を行う単一セグメントであるため、記載
        を省略しております。
     [関連情報]

       当中間会計期間 (自 平成30年4月1日  至 平成30年9月30日)
        1.  製品及びサービスごとの情報
                                               (単位:千円)
                           投資信託運用業務                 合  計
         外部顧客への営業収益                         612,723               612,723
        2.  地域ごとの情報

          (1)  営業収益
            本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ご
            との営業収益の記載は省略しております。 
          (2)  有形固定資産
            本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
        3.  主要な顧客ごとの情報

          外部顧客への売上高のうち、中間損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありま
          せん。
     [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

       該当事項はありません。
     [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

       該当事項はありません。
     [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]


       該当事項はありません。
                                 72/82

                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1株当たり情報)

                                     当中間会計期間

                             (  自  平成30年4月1日 至          平成30年9月30日        )
         1株当たり純資産額                                      164,097円3銭

         1株当たり中間純利益金額                                      6,665円70銭

        (注)1.潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており

            ません。
           2.1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                        当中間会計期間

                                (  自  平成30年4月1日 至          平成30年9月30日        )
                   項目
         1株当たり中間純利益金額

          中間純利益金額(千円)                                            86,654

          普通株主に帰属しない金額(千円)                                              -

          普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                            86,654

          普通株式の期中平均株式数(株)                                          13,000.00

     (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 73/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ
       る行為が禁止されています。
       (1)自己またはその取締役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者
          の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
          れがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠
          け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないも
          のとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社
          の親法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商
          品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者を
          いいます。以下(4)および(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の
          議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法
          人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券
          の売買その他の取引または店頭デリバティブ取引を行うこと。
       (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の
          方針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運
          用を行うこと。
       (5)上記(3)および(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する
          行為であって、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の
          信用を失墜させるおそれがあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

      (1)定款の変更
         委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
      (2)訴訟事件その他の重要事項
         委託会社および当ファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はあり
         ません。
                                 74/82









                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
      (1)受託会社
       名称               資本金の額                事業の内容
                      (平成30年12月末日現在)
       三井住友信託銀行株式会               三井住友信託銀行                 銀行法に基づき銀行業を営むととも
       社                    342,037百万円          に、金融機関の信託業務の兼営等に
       (再信託受託会社:               (日本トラスティ・                関する法律(兼営法)に基づき信託
       日本トラスティ・サービ                 サービス信託銀行                業務を営んでいます。
       ス信託銀行株式会社)                     51,000百万円)
        <再信託受託会社の概要>

         名称     : 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
         設立年月日  : 平成12年6月20日
         業務の概要  : 銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営に関す
                    る法律に基づき信託業務を営んでいます。
      (2)販売会社

       名称                  資本金の額               事業の内容
                         (平成30年12月末日現在)
                                         金融商品取引法に定める第一種
       楽天証券株式会社                          7,495百万円
                                         金融商品取引業を営んでいま
       マネックス証券株式会社                          12,200百万円
                                         す。
       松井証券株式会社                          11,945百万円
     2【関係業務の概要】

      (1)受託会社
         当ファンドの受託者として、投資信託財産の保管・管理・基準価額の計算などを行います。な
         お、信託業務の一部につき日本トラスティ・サービス信託銀行に再信託することができます。
      (2)販売会社
         当ファンドの取扱販売会社として、受益権の募集の取扱い、販売および一部解約に関する事
         務、収益分配金の再投資に関する事務、一部解約金・収益分配金・償還金の支払いに関する事
         務等を行います。
     3【資本関係】

      (1)    受託会社
          該当事項はありません。
      (2)    販売会社
         該当事項はありません。
     第3【その他】

                                 75/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( 1 )目論見書の表紙および裏表紙に、委託会社の名称および本店の所在地、委託会社および当ファン
        ドのロゴマークや図案を表示し、イラストや写真等を採用することがあります。また、目論見書
        の表紙に、当ファンドの概略的性格を表示する文言を記載することがあります。
     ( 2 )目論見書の表紙~本文の前までの記載等について
       ①金融商品取引法(昭和             23年法律第25号)第13条             の規定に基づく目論見書である旨を記載すること
         があります。
       ②目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論
         見書)」という名称を使用することがあります。
       ③委託会社等の情報、受託会社に関する情報を記載することがあります。
       ④詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載することがあります。
         ・委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間帯等
         ・請求目論見書の入手方法および投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨
       ⑤使用開始日を記載することがあります。
       ⑥届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。
         ・届出をした日および当該届出の効力発生の有無を確認する方法
         ・届出をした日および届出が効力を生じている旨、効力発生日
       ⑦次の事項を記載することがあります。
         ・投資信託財産が受託会社において、信託法に基づき分別管理されている旨
         ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合
          にはその旨の記録をしておくべき旨
         ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
       ⑧ファンドの形態等を記載することがあります。
     ( 3 )交付目論見書に記載する運用状況に関する情報等は、適宜更新することがあります。
     ( ▶ )請求目論見書に当ファンドの投資信託約款の全文を記載することがあります。
                                 76/82










                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                                平成30年5月21日
     楽  天  投  信  投  資  顧  問  株  式  会  社
      取 締 役 会  御 中
                        新日本有限責任監査法人
                        指定有限責任社員

                                     公認会計士  伊 藤  志 保 印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員
                                     公認会計士  福 村    寛 印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委

     託会社等の経理状況」に掲げられている楽天投信投資顧問株式会社の平成29年4月1日から平成
     30年3月31日までの第12期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主
     資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基
     準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどう
     かについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求
     めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見
     表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な
     監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
     監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評
     価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、楽天投信投資顧問株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                       以  上
                                 77/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (※)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保
          管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                 78/82



















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                              平成30年12月27日

     楽天投信投資顧問株式会社

      取締役会  御 中

                        EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                     公認会計士  伊 藤  志 保 印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員
                                     公認会計士  福 村    寛 印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、

     「ファンドの経理状況」に掲げられている                        楽天日本新興市場株ダブル・ブル                   の平成29年11月1
     1日から平成30年11月12日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰
     余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基
     準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどう
     かについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求
     めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見
     表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な
     監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
     監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評
     価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、楽天日本新興市場株ダブル・ブルの平成30年11月12日現在の信託財産の状態及
     び同日をもって終了する計算期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているも
     のと認める。
     利害関係

      楽天投信投資顧問株式会社及びファンド                       と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士
     法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
                                 79/82



                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (※)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別

          途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                 80/82


















                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告書

                                              平成30年11月14日

     楽天投信投資顧問株式会社

      取締役会  御 中

                        EY新日本有限責任監査法人
                        指定有限責任社員

                                     公認会計士  伊 藤  志 保 印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員
                                     公認会計士  福 村    寛 印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委

     託会社等の経理状況」に掲げられている楽天投信投資顧問株式会社の平成30年4月1日から平成
     30年12月31日までの第13期事業年度の中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年
     9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資
     本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な
     虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統
     制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表
     に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる
     中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には
     全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示
     がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中
     間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査
     と比べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判
     断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的
     手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目
     的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用
     な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及
     びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討する
     ことが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断して
     いる。
                                 81/82




                                                           EDINET提出書類
                                                    楽天投信投資顧問株式会社(E15787)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
     表の作成基準に準拠して、楽天投信投資顧問株式会社の平成30年9月30日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)の経営
     成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                       以  上
     (※)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別

          途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                 82/82














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。