東海ソフト株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:東海ソフト株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         東海財務局長
      【提出日】                         平成31年1月23日
      【会社名】                         東海ソフト株式会社
      【英訳名】                         TOKAI SOFT CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  伊藤 秀和
      【本店の所在の場所】                         名古屋市西区新道二丁目15番1号
      【電話番号】                         052-563-3572(代表)
      【事務連絡者氏名】                         執行役員 経営企画本部長 兼経営企画室室長 市野 雄志
      【最寄りの連絡場所】                         名古屋市西区新道二丁目15番1号
      【電話番号】                         052-563-3572(代表)
      【事務連絡者氏名】                         執行役員 経営企画本部長 兼経営企画室室長 市野 雄志
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集      635,970,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            25,800,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し     116,100,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         東海ソフト株式会社 東京支店
                               (東京都港区浜松町二丁目2番12号JEI浜松町ビル)
                               東海ソフト株式会社 大阪支店
                               (大阪市中央区安土町二丁目3番13号大阪国際ビルディング)
                               東海ソフト株式会社 三重支店
                               (三重県四日市市富士町1番27号)
                                   1/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           580,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1.平成31年1月23日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、平成31年1月23日開催の取締役会において決議された公募による新株式発行に係る募集
           株式数521,800株及び公募による自己株式の処分に係る募集株式数58,200株の合計であります。したがっ
           て、本有価証券届出書の対象とした募集(以下「本募集」という。)のうち自己株式の処分に係る募集は、金
           融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み又は買付けの申
           込みの勧誘であります。なお、平成31年2月6日開催予定の取締役会において変更される可能性がありま
           す。
         3.当社は、野村證券株式会社に対し、上記引受株式数のうち、30,000株を上限として、福利厚生を目的に、当
           社従業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。
           なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
           に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であり
           ます。
         4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         5.上記とは別に、平成31年1月23日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
           90,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        平成31年2月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当
       該引受価額と異なる価額(発行価格)で本募集を行います。引受価額は平成31年2月6日開催予定の取締役会におい
       て決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、
       本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払
       いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「東証」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条及び株式会社名古屋証券取引所(以下「名証」という。)の定める「上場前の公募又は売出し等に関する規則」
       第3条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
               区分             発行数(株)        発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                           -           -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                           -           -             -

                                       572,153,700             311,318,925
                   新株式発行           521,800
     ブックビルディング方式
                               58,200         63,816,300                  -
                   自己株式の処分
                                                     311,318,925
           計(総発行株式)                   580,000         635,970,000
      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、東証の定める「有価証券上場規程施行規則」及び名証の定
           める「上場前の公募又は売出し等に関する規則」(以下「取引所の有価証券上場規程施行規則等」と総称す
           る。)により規定されております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成31年1月23日開催の取締役会決議に基づき、
           平成31年2月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
           る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
           あります。なお、本募集における自己株式の処分に係る払込金額の総額は資本組入れされません。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,290円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は748,200,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定         自 平成31年2月19日(火)              未定
                            100                     平成31年2月26日(火)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成31年2月22日(金)             (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、平成31年2月6日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
           ク等を総合的に勘案した上で、平成31年2月18日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成31年2月6日開催予定の取締役会において決定される予定で
           あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成31年
           2月18日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
           の手取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成31年1月23日開催の取締役会におい
           て、増加する資本金の額は、平成31年2月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第
           14条第1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
           じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額か
           ら増加する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金及び自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成31年2月27日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成31年2月8日から平成31年2月15日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、東証の「有価証券上場規程」及び名証の「株券上場審査基準」に定める株主数基準
           の充足、上場後の株式の流通性の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われるこ
           とがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/123




                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
     株式会社りそな銀行 名古屋駅前支店                            名古屋市中村区名駅一丁目1番3号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                      引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                              2.引受人は新株式払込金及び
                                                自己株式の処分に対する払
     三菱UFJモルガン・スタ
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
     ンレー証券株式会社
                                                込金として、平成31年2月
                                                26日までに払込取扱場所へ
     むさし証券株式会社             さいたま市大宮区桜木町四丁目              333番地13
                                                引受価額と同額を払込むこ
                                                とといたします。
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号                      未定
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
     東海東京証券株式会社             名古屋市中村区名駅四丁目7番1号

     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号

     エース証券株式会社             大阪市中央区本町二丁目6番11号

           計                 -            580,000            -

      (注)1.平成31年2月6日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成31年2月18日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/123









                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               692,085,000                    9,000,000                  683,085,000

      (注)1.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における新株式発行及び自己株式の処
           分に係るそれぞれの合計額であります。
         2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新株式発行及び自己株式の処分に際して当社に
           払い込まれる引受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,290円)を基礎とし
           て算出した見込額であります。
         3.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         4.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

         上記の手取概算額683,085千円については、「1                        新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取

        概算額上限107,392千円と合わせて、設備資金、借入金の返済及び運転資金に充当する予定であります。具体的に
        は、以下の通りであります。
        ①設備資金
          本社エレベータ及び本社貨物エレベータ等の改修(平成31年5月期に35,000千円、平成32年5月期に35,000
         千円)、基幹業務システムの改修(平成31年5月期に6,000千円、平成32年5月期に35,000千円、平成33年5月
         期以降に9,000千円)及びサーバ等IT投資(平成31年5月期に44,000千円、平成32年5月期に44,000千円、平
         成33年5月期以降に45,000千円)の合計253,000千円の一部241,237千円を充当する予定であります。
        ②借入金の返済
          長期借入金の返済として平成31年5月期に312,898千円                          を充当する予定であります。
        ③運転資金
          人材採用費(平成31年5月期に22,000千円、平成32年5月期に22,000千円、平成33年5月期以降に22,000千
         円)、広告宣伝費(平成31年5月期に10,500千円、平成32年5月期に10,500千円、平成33年5月期以降に
         10,500千円)、研究開発費(平成31年5月期に10,000千円、平成32年5月期に10,000千円、平成33年5月期以
         降に10,000千円)及び当社業務システム及びITインフラの維持管理費(平成32年5月期に21,000千円、平成33
         年5月期以降に21,000千円)の169,500千円を充当する予定であります。
         また、残額につきましては、教育研修費及び研究開発費のための運転資金に充当する方針でありますが、具体

        化している事項はありません。
         なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
         (注) 設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計

              画」の項をご参照下さい。
                                   6/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成31年2月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        三重県桑名市
              ブックビルディング
     普通株式                     20,000       25,800,000
              方式
                                        水谷 多嘉士         20,000株
     計(総売出株式)            -         20,000       25,800,000                -

      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則等により規定されており
           ます。
         2.「第1 募集要項」における新株式発行及び自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による
           売出しも中止いたします。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,290円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/123









                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                自 平成31年
      未定                                    東京都中央区日本橋一丁目
           未定     2月19日(火)              未定    引受人の本店及                       未定
     (注)1.                     100                9番1号
          (注)2.      至 平成31年             (注)2.     び全国各支店                      (注)3.
     (注)2.                                     野村證券株式会社
                2月22日(金)
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(平成31年2月18日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     普通株式                     90,000       116,100,000
              方式                           野村證券株式会社       90,000株
     計(総売出株式)            -         90,000       116,100,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
           に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
           す。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、平成31年1月23日開催の取締役会において、野
           村證券株式会社を割当先とする当社普通株式90,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野
           村證券株式会社は、東京証券取引所又は名古屋証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに
           係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場
           合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則等により規定されており
           ます。
         4.「第1 募集要項」における新株式発行及び自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメント
           による売出しも中止いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,290円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   9/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
             自 平成31年
                                   野村證券株式
       未定      2月19日(火)                 未定
                         100          会社の本店及           -         -
      (注)1.       至 平成31年                (注)1.
                                   び全国各支店
             2月22日(金)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(平成31年2月18日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所及び名古屋証券取引所への上場について
        当社は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式につ
       いて、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所及び名古屋証券取引所への上場を予定しております。
      2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である水谷慎介(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、当社は、平成31年1月23日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式90,000株の第三者
       割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上
       の募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数               当社普通株式 90,000株
      (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づ
                        き算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
        増加する資本金及び資本準備金
      (3)                  の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資
        に関する事項
                        本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とす
                        る。 (注)2.
      (4)   払込期日               平成31年3月26日(火)
      (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、平成31年2月6日開催予定の取締役会において決定される
           予定の「第1 募集要項」における新株式発行及び自己株式の処分の払込金額(会社法上の払込金額)と同
           一とする予定であります。
         2.割当価格は、平成31年2月18日に決定される予定の「第1 募集要項」における新株式発行及び自己株式の
           処分の引受価額と同一とする予定であります。
        また、主幹事会社は、平成31年2月27日から平成31年3月18日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的と
       して、   東京証券取引所又は名古屋証券取引所                  においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限
       とするシンジケートカバー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
       ない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部または一部につき申込みが行われ
       ず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、または発行そのものが全く行わ
       れない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー
       取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合がありま
       す。
      3.  ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である水谷多嘉士及び貸株人である水谷慎介並び
       に当社株主である伊藤秀和、大川稔、長尾正己、株式会社りそな銀行、株式会社大垣共立銀行、株式会社三菱UFJ
       銀行、三井住友信託銀行株式会社、仲原龍、水谷茂斗子及び山下一浩は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から
       上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成31年5月27日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意
       なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しの
       ために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)は行わない旨合意しております。
        当社株主である株式会社OKBキャピタルは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当
       日を含む)後90日目の平成31年5月27日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売
       却等(ただし、その売却価格が「第1                  募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う
       売却等は除く。)を行わない旨合意しております。
        また、当社の株主である東海ソフト社員持株会は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日
       (当日を含む)後180日目の平成31年8月25日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株
       式の売却等を行わない旨合意しております。
        加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31
       年8月25日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは
       交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本
       募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連
       し、平成31年1月23日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除
       く。)を行わない旨合意しております。
                                  11/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
       きる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の有価証券上場規程施行規則等の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株
       式等の割当等に関し、当社株式の割当を受けた者(株式会社ネクスティエレクトロニクス)との間に継続所有等の確
       約を行っております。その内容については、「第四部                         株式公開情報       第2   第三者割当等の概況」をご参照下さい。
     第3【その他の記載事項】

       新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のロゴマーク                             を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1.当社について」~「4.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  12/123
















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/123





















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
               回次              第45期       第46期       第47期       第48期       第49期
              決算年月             平成26年5月       平成27年5月       平成28年5月       平成29年5月       平成30年5月

                       (千円)     4,174,213       4,516,119       5,407,113       5,450,465       5,790,964
     売上高
                       (千円)      113,751       226,289       308,492       219,054       312,263
     経常利益
                       (千円)       56,069       28,338      234,369       156,903       221,879
     当期純利益
                       (千円)         -       -       -       -       -
     持分法を適用した場合の投資利益
                       (千円)      221,150       221,150       221,150       221,150       221,150
     資本金
                       (株)      172,500       172,500       172,500       172,500       172,500
     発行済株式総数
                       (千円)      877,508       917,706      1,192,392       1,333,094       1,531,004
     純資産額
                       (千円)     2,513,800       2,728,498       3,017,888       2,908,573       3,270,524
     総資産額
                       (円)     5,792.14       6,057.47       7,383.24        825.44       947.99
     1株当たり純資産額
                               120       120       160       160       160
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
                       (円)      370.09       187.05      1,537.28        97.15      137.38
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後
                       (円)        -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益
                       (%)       34.91       33.63       39.51       45.83       46.81
     自己資本比率
                       (%)       6.55       3.16      22.21       12.43       15.49
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -       -       -       -
     株価収益率
                       (%)       32.42       64.15       10.41       16.47       11.65
     配当性向
     営業活動による
                       (千円)         -       -       -   △ 139,247       392,716
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       (千円)         -       -       -    △ 45,969       62,407
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       (千円)         -       -       -   △ 164,335       24,892
     キャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -    564,232      1,044,248
     現金及び現金同等物の期末残高
                               347       366       392       417       455
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、第48期以前は関連会社がありましたが、利益基準及び利益剰
           余金基準等において重要性が乏しいため、また第49期においては関連会社がないため、記載を省略しており
           ます。
         4.当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っており、発行済株式総数は
           1,725,000株となっております。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、                          潜在株式が存在しない          ため記載しておりません。
         6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.  当社は、第47期まではキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・フローに係る各
           項目については記載しておりません。
         8.従業員数は就業人員数であり、契約社員を含み、当社から社外への出向者を除いております。なお、臨時従
           業員数はその総数が従業員の総数の100分の10未満であるため、記載を省略しております。
                                  20/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         9.当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っております。第48期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         10.第48期及び第49期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任
           監査法人トーマツの監査を受けております。
           なお、第45期、第46期及び第47期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づ
           き算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項
           の規定に基づく有限責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
         11.当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っております。そこで、東京証券取
           引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券
           報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)及び株式会社名
           古屋証券取引所の引受担当者宛通知「『上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点に
           ついて」(平成20年4月4日付名証自規G第8号及び平成24年10月1日付同取扱い)に基づき、第45期の期
           首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下
           のとおりとなります。なお、第45期、第46期及び第47期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数
           値)については、有限責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
                  回次            第45期      第46期      第47期      第48期      第49期

                              平成26年5月      平成27年5月      平成28年5月      平成29年5月      平成30年5月
                決算年月
                          (円)     579.21      605.75      738.32      825.44      947.99
           1株当たり純資産額
                          (円)      37.01      18.71      153.73       97.15      137.38
           1株当たり当期純利益
           潜在株式調整後
                                  -      -      -      -      -
                          (円)
           1株当たり当期純利益
                                  12      12      16      16      16
           1株当たり配当額                (円)
           (うち1株当たり中間配当額)
                                (-)      (-)      (-)      (-)      (-)
                                  21/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        当社は、コンピュータを取りまく産業の中で、日本におけるソフトウエア開発事業の重要性と市場の将来性に着目

       して、コンピュータシステムの開発を通じて日本の産業の近代化を支えたいとの思いから、設立されました。
         年 月                           事     項

       昭和45年5月        産業向けコンピュータシステム(注)1                  開発を目的として、名古屋市中区錦二丁目9番2号に資本
               金1,000万円で東海ソフト株式会社を設立
       昭和53年5月        金融・公共関連事業の請負体制強化を目的として、東京支店開設
       昭和54年8月        請負開発の拡充を目的として、本社を名古屋市中村区名駅に移転
       昭和55年6月        民生機器向け組込み関連事業を開始
       平成元年7月        請負体制強化を目的として、静岡事業所開設
       平成3年1月        SE派遣事業推進を目的として、当社100%出資子会社、株式会社ネオ設立
       平成9年6月        西日本の顧客請負体制強化を目的として、関西支店(現大阪支店)開設
       平成13年5月        本社を名古屋市西区新道二丁目15番1号(現在地)に移転
       平成13年6月        組込み関連事業の一環として車載関連開発(注)2                       を開始
       平成13年10月        新市場獲得戦略と海外での開発推進を目的として、株式会社グローバル・アドバンテージ設立
       平成13年10月        民生機器組込み関連事業の拡充を目的として、三重支店開設
       平成13年11月        関東地方の組込み関連開発の請負体制強化を目的として、横浜事業所開設
       平成13年12月        海外での開発推進を目的として、中国(蘇州)に合弁会社宏智科技有限公司を設立
       平成16年6月        業容拡大を目的として、横浜事業所を横浜支店に昇格
       平成17年4月        海外の開発パートナーの選択と集中の結果により、株式会社グローバル・アドバンテージ売却
       平成19年5月        情報セキュリティ確保を目的として、東京支店にて、ISO27001認証取得
       平成21年5月        情報セキュリティ確保を目的として、本社、横浜支店にてISO27001認証取得
       平成23年2月        業務の効率化を目的として、横浜支店を東京支店に統合し廃止
       平成23年3月        情報セキュリティ確保を目的として、東京支店にてISO9001認証取得
       平成23年9月        技術者派遣事業への転換により当社とのシナジー効果が無くなり、株式会社ネオ売却
       平成28年6月        海外の開発パートナーの選択と集中の結果により、合弁会社宏智科技有限公司売却
       平成30年6月        株式会社ネクスティエレクトロニクスと車載組込みソフトウエア開発の分野で資本業務提携
                                  22/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社は、独立系ソフトウエア開発会社でありますが、多くのソフトウエア開発の協力会社を活用し、ソフトウエア
       受託開発(注)3       及びソフトウエア開発に係る役務(注)4                   の提供を主たる事業としております。当社はソフトウエア開
       発事業の単一セグメントであるため、当社事業戦略上、組込み関連事業、製造・流通及び業務システム関連事業、金
       融・公共関連事業の3つの事業に区分して、以下に記載いたします。
       (1)   組込み関連事業
         組込み関連事業は、自動車をはじめ船舶・工事及び農業用特殊車両等に搭載されるECU(注)5                                            のソフトウエア開
        発に係る車載関連開発及びデジタル家電から自動販売機やATM(現金自動預け払い機)等の制御ソフトウエア 
        (注)6   の開発に係る民生・産業機器(注)7                 関連開発を主たる事業としております。
        ①  車載関連開発
          車載関連開発では、自動車をはじめ船舶・工事及び農業用特殊車両等に搭載される動力系を制御するECUか
         ら、車体関連機器を制御するECUや情報・セキュリティ系ECUのソフトウエア開発(プログラムの設計・開発・テ
         スト等)を受託又は派遣の形態で行っており、これまでに、エアバッグ制御、電源制御、ドア・照明制御、ステ
         アリング制御、変速機制御関連、ナビゲーション関連、キーリモコン制御のECU開発実績があります。事業の特
         徴としましては、一般的に開発規模が大きく開発期間・開発要員も多く必要とされるため、本開発に係る事業に
         おいては、機動的な開発要員の確保・投入とプロジェクトマネジメント(注)8                                    ノウハウ、また開発プロセス 
         (注)9   と呼ばれる開発手法の理解と適用が事業の重要な成功要因となりますが、当社は、継続的に取引のある車
         載ECUメーカーとの開発協力を通じて顧客の品質管理手法を身に着け、開発要員の技術力向上と開発手法や開発
         体制の整備を進め、定常的・安定的に開発案件を受注・開発できる状況にあると考えております。
          また、平成27年11月からは欧州発車載ECU開発の標準プラットフォーム(注)10                                     とされるAUTOSAR(注)11           の国産
         開発を行うAPTJ株式会社(注)12               に資本参加し当該プラットフォームの量産開発を受託するなど、次期車載関連
         ソフトウエア開発技術の習得に努めており、今後の普及に合わせて事業の拡大を目指しております。
        ②  民生・産業機器関連開発

          民生・産業機器関連開発では、デジタル家電から自動販売機やATM(現金自動預け払い機)まで様々な民生・
         産業機器の制御ソフトウエア開発を行っております。事業の特徴としましては、複数年にわたる顧客の製品に関
         するソフトウエア開発の安定的かつ継続的な取引を通じて、当社が顧客製品や当該製品の顧客事業についての知
         見を深め、開発ノウハウを蓄積してきたことを強みとしております。この結果、前記のように安定的・継続的な
         取引関係にある定常顧客が売上の多くを占めております。その他顧客につきましては、開発規模・期間が様々で
         あり、定常的な顧客となりにくいという問題がある反面、定常顧客からは得られない様々な新技術や制御技術の
         ノウハウを得る機会と捉え可能な限り対応すると共に、定常顧客のための開発の空き工数(開発案件の狭間にで
         きる仕事の空白期間)を埋め事業全体の売上の平準化に寄与する事業であると位置づけております。
       (2)   製造・流通及び業務システム関連事業

         製造・流通及び業務システム関連事業は、工場の生産ライン(注)13                                や物流システム(注)14           の搬送装置(注)15
        等を監視・制御(注)16           するソフトウエア開発を中心とした製造・流通システム関連開発及び製造業向けの生産管
        理、在庫管理、品質管理等を中心とした業務システム関連開発を主たる事業としております。
        ①  製造・流通システム関連開発
          製造・流通システム関連開発では、長年培った通信や様々なメーカーの制御機器との接続技術を活かし、工
         場の生産ラインや物流システムの搬送装置等を監視・制御するソフトウエアを中心に、近年、開発が活発化し
         ているIoT(注)17        や産業向けのAI(注)18           利用を支える開発も手掛けております。また、過去のIoT関連開発の
         成果を基に工場設備のIoT化を簡単に実現するソフトウエアパッケージ「FlexSignal(注)19                                          」を開発・製品化
         しております。事業の特徴としまして、製造・流通システム関連開発は適用するノウハウ及び基礎的技術は同
         様なものが多いものの、ほとんどが新規顧客あるいは数年以上の間隔を経たリピート顧客で、年間を通じて取
         引企業や案件数が多く、年度毎の顧客の入れ替わりが多いことから、顧客毎の特性を捉えた柔軟な対応が求め
         られます。また、顧客の業務システムを一括して受託する開発案件が多く、開発プロジェクトのマネジメント
         の成否により、高い利益率を稼ぐことが可能な反面、顧客との仕様や工程の調整等に係るプロジェクトマネジ
         メントの問題により、想定外の開発工数が掛かり、開発案件が不採算化する可能性もあり、当社品質保証部が
         主導してPMBOK(注)20          の手法を取り入れ品質改善とプロジェクト管理を強化しております。
        ②  業務システム関連開発
          業務システム関連開発では、当社の主たる顧客である製造業の生産管理、在庫管理、工程管理を中心に、物
         販・サービス業における顧客向けの販売管理、在庫管理に加え、Eコマース(注)21                                       に関連するソフトウエアの
         開発等も行っております。事業の特徴としましては、製造・流通システム関連開発同様、ノウハウ及び基礎的技
         術は同様なものが多いものの、年間を通じて取引企業及び案件数が多く、ほとんどが新規顧客あるいは数年以上
         の間隔を経たリピート顧客で、年度毎の顧客の入れ替わりが多いことが挙げられます。また、顧客の業務システ
         ムを一括して受託する開発案件が多く、開発プロジェクトのマネジメントの成否により、高い利益率を稼ぐこと
                                  23/123

                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         が可能な反面、顧客との仕様や工程の調整等に係るプロジェクトマネジメントの問題により、想定外の開発工数
         が掛かり、開発案件が不採算化する可能性もあり、当社品質保証部が主導してPMBOKの手法を取り入れ品質改善
         と プロジェクト管理を強化しております。
       (3)   金融・公共関連事業

         金融・公共関連事業は、大手SIer(注)22                    の協力会社として、主に大手金融機関向けのソフトウエア開発及び各
        種省庁、地方自治体、大学、公益法人等のソフトウエア開発を主たる事業としております。
        ①  金融関連開発
          金融関連開発では、大手SIerのパートナー企業の一員として、主に大手金融機関向けソフトウエア開発を受
         託しており、長年に渡り総合振込業務を中心に銀行業務に関するノウハウを蓄えております。
        ②  公共関連開発
          公共関連開発では、大手SIerのパートナー企業の一員として、継続して様々な省庁、地方自治体、大学、公
         益法人等のソフトウエア開発を受託しており、これら官公庁の特定業務についてノウハウを蓄えております。
         これら事業の特徴としましては、開発が大規模かつ長期間で複数の企業が参加するプロジェクト型の事業が大

        半であり、受託開発会社には、まとまった規模の開発人員とプロジェクトマネジメント能力とSIer固有の開発手
        法や品質管理手法のノウハウ及びプラットフォーム活用のノウハウの蓄積が要求されます。当社は、金融・公共
        関連事業における長年の開発実績を評価され、発注先であるSIerからこれらの要求を満たす開発会社として、安
        定的、継続的な受注・売上が可能な状況にあり、これら事業は当社業績に安定的に貢献しております。当社は、
        これら大型プロジェクトに要求される、品質管理・セキュリティマネジメント、個人情報保護などの要件に対
        し、QMS(注)23       、ISMS(注)24       、Pマーク(注)25        などを取得し、一層の受注拡大に向け開発体制を整えておりま
        す。
       [事業系統図]

        組込み関連事業

                                  24/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        製造・流通及び業務システム関連事業
        金融・公共関連事業








                                  25/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [用語説明]
                           業務処理(販売管理、人事管理、会計等)向けコンピュータシステムに

         産業向けコンピュータシステム
      注1                     対比し、製造・物流等の機器や設備と一体になって業務を行うために使
         さんぎょうむけコンピュータシステム
                           用されるコンピュータシステムのこと
                           自動車に搭載されているエンジン・変速機・室内照明・カーナビゲー
         車載関連開発
      注2
         しゃさいかんれんかいはつ
                           ションなどの機器を制御・管理するソフトウエア開発
                           顧客との契約(見積書等)により、成果物(コンピュータシステムや特
         ソフトウエア受託開発
                           定機器の制御ソフトウエア等)を定義し、価格・納期を定めた上で、当
      注3
         ソフトウエアじゅたくかいはつ
                           該成果物の完成責任を請負うソフトウエア開発
                           ソフトウエア請負開発以外の準委任又は派遣契約によるソフトウエア開
         ソフトウエア開発に係る役務
      注4
         ソフトウエアかいはつにかかわるえきむ
                           発の労働力の提供であり、成果物の完成責任を負わない。
                           自動車等に搭載され、エンジン・変速機・室内照明などを制御する、
         ECU
                           CPU(   コンピュータシステムの中核をなす中央処理装置と呼ばれる半導
      注5
                           体素子   )や電子部品が搭載された電子制御基板(近年の自動車には数十
         イーシーユー
                           から百程度が搭載されている)
         制御ソフトウエア
                           機器・装置を安全、正確かつ高機能に動作させるためのソフトウエア
      注6
         せいぎょソフトウエア
                           民生機器とは、一般消費者が使用する機器・装置(スマートフォン、テ
         民生・産業機器
                           レビ等)、産業機器とは、事業を行う者が使用する機器・装置(ロボッ
      注7
         みんせい・さんぎょうきき
                           ト、各種製造装置等)
                           ソフトウエア開発を効率化・標準化・高品質化するために、プログラム
         プロジェクトマネジメント
      注8
                           の作成工程を管理すること又は、その手法のこと
                           ソフトウエア開発を効率化・標準化・高品質化するために、プログラム
         プロセス
      注9
                           の作成工程を管理するために定められた開発工程の一部又は全体のこと
                           ソフトウエア開発を効率化・標準化・高品質化するために用意された基
         プラットフォーム
      注10
                           本ソフトウエア(製品の一部として販売・使用される。)
         AUTOSAR                  欧州の自動車産業関連企業が作った、車載ソフトウエア開発プラット
      注11
         オートザー                  フォーム規格の標準の名称
                           車載ソフトウエア開発プラットフォームの標準の1つであるAUTOSARに
         APTJ株式会社
                           準拠した、国産プラットフォームを開発・提供する目的で設立された、
      注12
         エイ・ピー・ティー・ジェー
                           名古屋大学発のベンチャー企業
                           製造業において、製造物を作り上げていくために用いられる、製造設備
         生産ライン
      注13
         せいさんライン
                           や製造工程の流れのこと
                           個人向けの商品から大型の機器設備などを製造現場や倉庫から効率よ
         物流システム
      注14
         ぶつりゅうシステム
                           く、顧客へ配送する仕組みで近年はコンピュータによる自動化が著しい
                           物流や製造業のシステムにおいて、商品や製造物を移動・分別仕分けす
         搬送装置
      注15
         はんそうそうち
                           るための装置
                           センサー等を通じ機器や装置の動作状況をモニターしたり、結果をもと
         監視・制御
      注16
         かんし・せいぎょ
                           に当該機器・装置のコントロールを行うこと
                           工場をはじめ駅・高速道路など社会で使用されている様々な装置のデー
         IoT
      注17                     タをインターネットを経由して収集し、そのデータを分析・加工するこ
         インターネットオブシングス
                           とで新しいサービスを産出する仕組み
         AI(人工知能)                  ソフトウエア技術を使って、人間の思考・判断に相当する処理を行わせ
      注18
         アーティフィシャル・インテリジェンス                  る技術の総称
                           株式会社パトライトが製造販売する回転灯(工場の機器などに設置され
         FlexSignal
      注19                     る警告灯)のデータを収集し、コンピュータ上で一括して表示・監視す
         フレックス・シグナル
                           る当社ソフトウエア製品
                           Project    Management      Body   Of  Knowledgeの略。
         PMBOK
      注20
         ピンボック
                           ソフトウエア開発プロジェクトを管理する様々な手法を体系化したもの
         Eコマース
      注21                     インターネットを経由して処理される商品・サービス取引
         イーコマース
                                  26/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                           顧客ニーズに合ったソフトウエア(開発含む)やハードウエア(サー
         SIer
                           バーやネットワーク機器など)を取りまとめ、一括して顧客に提供する
      注22
         エス・アイ・ヤー
                           企業(株式会社日立製作所、富士通株式会社など)
                           製造物や提供されるサービスの品質を管理監督する仕組みを定めた国際
         QMS
      注23
                           規格(ISO(JIS        Q)  9001)
         キュー・エム・エス
                           事業体の情報セキュリティに係る制度の整備と運用を定めた国際規格
         ISMS
      注24
                           (ISO(JIS      Q)  27001)
         アイ・エス・エム・エス
                           JIS  Q 15001に適合した個人情報保護体制を整備・運用可能とした事業体
         Pマーク
      注25                     に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会                       (JIPDEC)     が使用を許
         ピー・マーク
                           諾する登録商標
                           ソフトウエアシステムの開発において、開発システムのコンサルテー
         ワンストップソリューション
      注26
                           ションから開発及び運用・保守までを一括して提供すること
                           自動車に搭載されるコンピュータソフトウエアを標準化し、開発効率と
         車載SPF
      注27                     品質を高める目的で作られた、ソフトウエア開発及び実行のための標準
         しゃさいエス・ピー・エフ
                           基本ソフトウエア
         MBD(モデルベース開発)                  試作品を作ることなくソフトウエア上で設計されたモデルをもとに性
      注28
         エム・ビー・デー                  能・耐久性などを評価する開発手法
                           カメラ・電波や赤外線のセンサーとコンピュータソフトウエアにより、
         自動運転
      注29
         じどううんてん
                           自動車の運転を補助又は自動化すること
                           コンピュータシステムを構築する際に必要となる、通信ネットワークや
         インフラ
      注30
                           ネットワークにつながるサーバー等のこと
                           生産・物販・サービス・医療等の社会活動から得られた大量のデータ
         ビッグデータ
                           で、コンピュータによる統計処理や人工知能による分析により新しい知
      注31
                           見やサービスを創出するために用いられる
         アプリケーション
                           顧客業務を実行するソフトウエア(アプリケーションソフトウエア)
      注32
                           ソフトウエア開発において、作成するプログラムの最小単位であり、通

         モジュール
      注33
                           常特定の機能毎に定義される
       [ソフトウエア受託開発の形態について]

              顧客との契約(見積書等)に定めたソフトウエア開発に係る一切の業務を当社の責任により実施し成

      受託
              果物を提供すること
              顧客との契約(見積書等)により、顧客ソフトウエア開発に係る業務について、顧客と定めた範囲の
      準委任
              業務を実施する目的で当社の管理監督下で労働者の役務を提供すること
              顧客と定めた労働者派遣法の定める派遣契約により、顧客ソフトウエア開発に係る業務について、顧
      派遣
              客の指揮命令の下で労働者の役務を提供すること
                                  27/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
        該当する事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
         当社の事業は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、                                 部門別   に記載しております。
                                                  平成30年    12 月31日現在
        従業員数(人)               平均年齢             平均勤続年数            平均年間給与(円)

               446                                     5,613,102
                        36歳3ヶ月             11年11ヶ月
                部門  の名称                         従業員数(人)

                                                      421
      事業部門
                                                      25
      全社(共通部門)
                                                      446
                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員数であり、契約社員を含み、当社から社外への出向者を除いております。なお、臨時従

           業員数はその総数が従業員の総数の100分の10未満であるため、記載を省略しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.平均年間給与は、当社から社外への出向者、休職者を除く平成30年12月31日在籍者を基に計算しておりま
           す。
       (2)労働組合の状況

         当社は労働組合を有しておりませんが、労使関係は良好であり、特記すべき事項はありません。
                                  28/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。本項目を含む、本書におけ
       る当社に関連する見通し、計画、目標等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報に基づき本書提出日時
       点における予測等を基礎としてなされたものであり、実際の内容は、記載内容と大きく異なる可能性があります。
       (1)会社の経営の基本方針

         当社は、「東海ソフトは顧客に信頼される誠実な企業である」、「東海ソフトは技術・商品を常に研く企業であ
        る」、「東海ソフトは社員に信頼される誠実な企業である」を経営理念とし、日本の製造業をソフトウエア技術で
        支えることを経営の中心として、以下の経営方針を掲げて事業を進めております。
         1.顧客に価値を提供し続けるために、
          ・新しい技術への挑戦と提案を行います。
          ・トレンドを先取りしたビジネス展開を目指します。
          ・提案から開発・運用までのワンストップソリューション(注)26                              を提供します。
         2.顧客・社員・社会すべてに信頼される会社であるために、
          ・高品質な製品と高信頼なサービスを提供します。
          ・良好な労働環境と安定雇用に努めます。
          ・コンプライアンス・セキュリティ・環境保全へ真摯に対応します。
       (2)目標とする経営指標

         当社事業であるソフトウエア受託開発及びソフトウエア開発に係る役務の提供は、開発に係る人材と営業利益が
        非常に強い関係を持っております。優秀な人材による高付加価値の開発案件の受注とプロジェクト管理力・品質管
        理力の向上が利益を生み、将来の利益につながる人材教育と新技術習得の余裕を生み出します。以上のことから、
        当社では利益の社員への還元と株主の皆様への還元を図るためにも収益力の向上を目標として、売上高営業利益率
        を重要な経営指標としております。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

         ソフトウエア業を含む情報サービス業は、コンピュータ技術の劇的な進化と共に日本及び世界のあらゆる産業と
        共に拡大・成長し、また成長した産業のニーズに牽引される形でさらに拡大・成長するという好循環のもとに、発
        展を続けてまいりました。当社事業のソフトウエア受託開発及びソフトウエア開発に係る役務の提供は、日本の製
        造業を支えることを目的に、製造業のお客様の製品開発、製造設備、生産システムの開発・導入に係るソフトウエ
        ア開発を行ってまいりました。昨今、日本の製造業は海外との技術競争や発展途上国との価格競争により、厳しい
        事業展開の局面を迎えておりますが、当社は、全社を挙げて、常に新しい技術の習得とこれを支える人材の採用と
        育成に努め、技術・品質・コストのあらゆる面で、日本の製造業を支え社会に貢献して参ります。
         当社は、中期経営計画における中期経営目標として、「変革に挑み新たな安定と成長のステージへ」をスローガ
        ンに掲げ、以下の経営戦略の下、事業活動を進めております。
         1.既存事業の強化・拡大(収益性・効率性の追求)

           ①組込み主要顧客と中核技術への更なる選択と集中
           ②金融・公共関連事業での業種・業務分野の選択と集中
           ③製造・流通及び業務システム関連事業の拡大と効率化
         2.新たな事業基盤の確立(新たな事業モデルの創造)

           ①製造業向けパッケージメーカーとの技術連携と協業
           ②IoT事業におけるワンストップソリューション提供と当社ソフトウエアの利用料から得られる課金収益モ
            デルの試行
           ③車載SPF(注)27        をベースとした車載関連開発へのシフト
           ④関東地区への組込み開発・産業向け開発の事業展開
         3.新技術・新事業の開拓と創出(中長期の成長)

           ①MBD(注)28      による事業価値向上
           ②健康保険システム等の公共ヘルスケア関連開発へのチャレンジ
           ③AIを中核とした高付加価値なソフトウエアシステムの提案
                                  29/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.生産体制の強化(品質と効率性の追求)
           ①ソフトウエア開発技術の競争力向上
           ②開発パートナーの開拓と協力関係の強化
           ③積極的な採用活動と社内教育体制の強化
       (4)会社の対処すべき課題

         当社ソフトウエア開発事業の顧客を取り巻く経営環境は、製品の製造・販売から利用価値を売るサービス化へと
        収益構造を変化させており、この変化は海外企業を含むグローバルな潮流となって、当社ソフトウエア開発事業の
        受注環境も大きく変化しております。当社では直面する課題に対処するだけではなく、今後さらなる飛躍をするた
        めの課題として、以下の取り組みを行ってまいります。
        ①営業力の強化と引き合い案件の増加

          取引高の大きい既存・定常の顧客からの安定受注を継続すると共に、新規顧客からの受注拡大に必要な開発要
         員を確保するために、技術教育に注力し、様々な開発案件に開発人材を柔軟かつ機動的に配置できるよう、努め
         てまいります。また、新規顧客を開拓するために、当社の得意な技術分野での提案力を強化し、営業と技術が一
         体となった受注体制の強化を図ってまいります。
        ②プロジェクトの請負化・大規模化の推進

          売上と収益の拡大を目指し、大型プロジェクトの一括請負を行うため、品質保証部主導によるプロジェクト管
         理強化活動を推進し、プロジェクト管理力を強化することにより請負業務のリスクを軽減し、大規模システムの
         請負能力を強化してまいります。加えて、品質保証部主導で開発プロセスを標準化し、安定した品質と生産性の
         向上を図ると共に技術者教育を強化し、必要な技術を持つ技術者を流動的にプロジェクトに結集させるために事
         業部間の連携も強化してまいります。
        ③コスト競争力の強化

          プロジェクト管理の強化により品質と開発効率を向上させコスト競争力を強化すると共に、国内外の協力会社
         を活用し開発力の向上と原価低減を進めてまいります。
        ④優秀な人材の確保、育成

          当社のソフトウエア開発事業における競争力の源泉である人材育成に関しましては、引き続き社内外の人材育
         成プログラムを活用して、最優先事項として取り組んでまいります。また、採用活動においても、人材の多様性
         に配慮し広い視野で実施し、将来を担う優秀な人材の確保に努めてまいります。
        ⑤新しい技術へのチャレンジ

          技術革新の激しいソフトウエア業界において、近年、IoT・人工知能・クラウドコンピューティング・自動運
         転(注)29     等の新技術が産業界に留まらず社会の仕組みまでを変えてしまうような状況が進行しており、当社の
         ソフトウエア開発事業にとって大きなビジネスチャンスと捉えております。今後は、新技術に係る積極的な人材
         育成と共に、新技術を活用した開発提案を加速させてまいります。
        ⑥働き方改革の実践

          当社の従業員に対しては、政府の働き方改革の方針を受けた心身の健康とワーク・ライフ・バランスに配慮し
         た労務管理を実践してまいります。具体的には、ノー残業dayの実施とその浸透、衛生委員会を通じた職場・労
         務環境の管理と整備、プロジェクトマネジメントの強化による工程遅れやトラブルによる残業の増加防止等の施
         策を全社を挙げて進めてまいります。
                                  30/123






                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        当社の事業その他に関するリスクについて、投資家の判断に影響を及ぼす可能性があると考えられる主なものとし
       ては、以下の内容が挙げられます。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資家に対
       する積極的な情報開示の観点から、以下に開示しております。本項においては、将来に関する事項が含まれておりま
       すが、当該事項は本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       ①景気変動によるリスク

         当社が提供するソフトウエア受託開発及びソフトウエア開発に係る役務の提供は、景気の影響を受けやすい傾向
        にあります。国内外の政治・経済の大幅な変動による国内景気の悪化等がもたらす、顧客企業の設備投資の縮小や
        製品開発計画の遅れ、事業縮小、システム開発の内製化等により、当社の事業に係る市場の規模が縮小され、当社
        の業績や財政状態に影響を与える可能性があります。
       ②不採算プロジェクト及びトラブル・クレーム発生に関するリスク

         ソフトウエアによるシステム開発においては、開発規模の大型化、顧客の要求の高度化、複数のメーカーのソフ
        トウエア製品を組み合わせて活用するソフトウエアのオープン化の進展等によるシステムの複雑化が進み、開発の
        難易度がますます高くなっております。当社はプロジェクト開発に関するリスク管理を目的として、商談発生時か
        らPMBOK等の工程管理手法を活用しプロジェクトの進行を監視しておりますが、顧客の要求するシステムに係る開
        発は、社会的にも重要性が高く、納期厳守と高い品質の確保が要求されるため、これらシステム開発における品質
        や納期遅延の問題は、顧客の信頼を失うと共に大きな赤字を計上するだけでなく、顧客との間でトラブル・クレー
        ムとなり訴訟や商流の喪失・風評被害につながる可能性があり、当社の業績や財政状態に影響を与える可能性があ
        ります。
       ③情報等漏洩のリスク

         当社は、顧客の情報システムや顧客の製品開発等に係るソフトウエア開発を行うにあたり、顧客の個人情報、機
        密情報、及び重要な顧客情報等を含んだ情報資産を取り扱っております。当社では、このような顧客情報資産の漏
        洩、紛失、破壊のリスクに対処するために、ISMSの認証取得やプライバシーマークの認定取得に加えて、各部門担
        当者と管理者で構成される情報セキュリティ委員会を設置し、従業員教育及び各種の情報セキュリティ対策を講
        じ、常に情報漏洩のリスクの回避を図っております。しかし、万が一にも、当社又はその協力会社(外注先)より
        顧客情報資産の漏洩が発生した場合は、顧客からの損害賠償請求や当社の信用失墜等により、当社の業績や財政状
        態に影響を与える可能性があります。
       ④情報システムに関するリスク

         当社は、業務効率化や社内情報共有のため、情報システムを構築・運用しております。情報システム運営に当
        たっては、ISMSの認証取得やプライバシーマークの認定取得に加えて、各部門担当者と管理者で構成される情報セ
        キュリティ委員会を設置し、従業員教育及び各種の情報セキュリティ対策を講じ危機管理対応に取り組んでおりま
        すが、外部からの予期せぬ不正アクセスやコンピューターウィルス侵入、自然災害・事故等による情報システムの
        深刻なトラブルが発生した場合には、業務効率性の低下を招くほか、被害の規模によっては、当社の業績や財政状
        態に影響を与える可能性があります。
       ⑤大口顧客依存に関するリスク

         当社の各事業部門には、それぞれ大口取引先が存在します。当社は、大口取引先との取引関係を継続するため
        に、品質・コスト・納期等に対する顧客満足度の向上を通して信頼関係の維持に努めると共に、新規顧客開拓を進
        めることにより顧客基盤の拡大に努める方針であります。しかし、大口取引先の事業方針及びソフトウエア開発投
        資計画の変更など、何らかの理由により、大口取引先との取引が終了又は大幅に縮小した場合には、当社の業績や
        財政状態に影響を与える可能性があります。
         日立グループとの大口取引実績

                    売上高(千円) 売上比率(%)
          平成29    年5月期         1,167,404          21.4
          平成30    年5月期         1,452,113          25.1
        (注)ここでは、当社取引先別売上高の上位20社の範囲において、単独での売上高又はグループ関係にある取引先

           に対する売上高の合計が、当社売上高の20%を超える取引実績のある大口取引先について、その売上高及び
           当社売上に占める割合を掲載しております。「日立グループ」とは、株式会社日立製作所、その子会社、関
           連会社及び子会社の100%子会社を対象としており、同グループに対する売上高の大半は、金融・公共関連
           事業に関するものであります。
                                  31/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑥協力会社依存に関するリスク

         当社は、生産性向上及び外部企業の持つ専門性の高いノウハウ活用等の目的で、受託したシステム開発における
        一部プログラム作成業務を協力会社(外注先)に外部委託又は派遣による役務の提供を受けることがあります。ま
        た、協力会社への委託は、受注の機会損失を無くし顧客要請への迅速な対応を可能にすることから、当社の事業拡
        大において協力会社の確保や良好な取引関係の維持は不可欠であります。当社では、協力会社との取引関係をより
        強固なものにするために協力会社社員の教育・研修等の施策を実施しておりますが、今後、協力会社技術者の需給
        バランスの変化による、協力会社の要員の確保難や発注価格の高騰等が、当社の業績や財政状態に影響を与える可
        能性があります。
       ⑦人材確保のリスク

         当社事業の継続、拡大、及び付加価値向上において、一定水準以上のスキルを有する優秀な技術者の確保は不可
        欠なものであります。当社では、新人・中途採用を問わず計画的かつ継続的に人材の採用と育成を行い技術者の要
        員確保及び技術レベルの向上に努めております。しかし、こうした技術者の獲得競争は年々厳しさを増し、収益の
        要となるプロジェクトマネジメント技術を有する技術者の育成にも時間がかかるのが現状であります。こうした中
        で、景気変動をはじめ諸般の事情により採用人員が計画数を大きく下回った場合及びプロジェクトマネジメントや
        プロジェクトを支える技術の要となる従業員が離職した場合には、ソフトウエア開発力の低下を招き、当社の業績
        や財政状態に影響を与える可能性があります。
       ⑧労務管理のリスク

         ソフトウエアによるシステム開発は、知識集約型かつ労働集約型の業務であります。また、顧客の要求するシス
        テムに係る開発は、社会的な重要性が高く、納期厳守と高い品質の確保が要求されるため、ソフトウエア開発にあ
        たるエンジニアへの負担が増加するケースが多く、精神的なストレスや長時間労働による健康問題につながる可能
        性があります。当社では政府の掲げる働き方改革の方針を受け、過重労働の撲滅を最重要課題とし、常に従業員の
        健康に配慮した労働環境の整備に努めておりますが、予想外のトラブルや開発環境等の変化により、一時的に特定
        の従業員に業務負荷がかかるリスクがあります。こうした状況が労務問題に発展した場合には、他の従業員の士気
        の低下をはじめ、風評被害を含む社会的・法的問題につながり、当社の業績や財政状態に影響を与える可能性があ
        ります。
       ⑨業績の季節変動のリスク

         当社事業のソフトウエア受託開発は、顧客のシステム投資予算並びに新製品開発予算の対象となる他、顧客企業
        の予算執行のタイミングや開発システムの工期との兼ね合いから毎年度3月と9月に売上計上が集中し営業利益が
        偏重する傾向があります。なお、当社は納期管理を徹底しておりますが、顧客の都合等により検収時期が遅延し、
        計画通りに売上計上ができない場合があります。特に期末月の5月に予定されていた検収が翌期以降に遅れる場合
        には、当該期間での業績や財政状態に影響を与える可能性があります。
       ⑩価格競争に関するリスク

         当社は、価格による差別化が競争優位を確保する要因の一つである、ソフトウエア業界に属しておりますが、今
        後はソフトウエア開発のグローバル化により国内企業に限らず海外企業を交えた価格競争が激化することが予想さ
        れます。当社では、こうした価格競争に対して継続的なプロジェクト管理や品質管理の強化を通じて開発コストの
        低減及び価格競争に左右されない技術の習得等により、常に収益性の向上に努めておりますが、競合相手との価格
        競争により収益性の低下や受注量の減少など、価格競争が当社の業績や財政状態に影響を与える可能性がありま
        す。
       ⑪法的規制に関するリスク

         当社は、顧客先に社員を派遣してシステム開発等を行う場合があります。当社は「労働者派遣事業の適正な運営
        の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」を遵守し、労働者派遣事業者として監督官庁への必要な届出を行っ
        ております。前記の他法令等を遵守しておりますが、法的規制の変更があった場合や法令に違反した場合等におい
        て、当社が的確に対応できなかった場合には、当社の事業活動が制限されると共に、社会的な信用の失墜により当
        社の業績や財政状態に影響を与える可能性があります。
                                  32/123




                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑫知的財産権に関するリスク
         当社は、ソフトウエア開発等において、他社の所有する著作権及び特許権を侵害しないように、社内に対し十分
        な啓蒙活動を行い、常に注意を払っておりますが、近年のソフトウエア開発は、多様化・複雑化しており、商業用
        に開発されたものではなく、比較的自由に参照・利用できるソフトウエアであるオープンソースの利用等により、
        当社の認識の範囲外で他者の所有する著作権及び特許権を侵害する可能性があります。このように、第三者の知的
        財産権を侵害してしまった場合、多額の費用負担の発生や損害賠償請求を受けるなど、当社の業績や財政状態に影
        響を与える可能性があります。
                                  33/123


















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状
        況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         第49期事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
          当事業年度におけるわが国経済は、円安基調がわずかに円高へシフトする動きを見せましたが、潤沢な資金に
         裏付けられる国内企業の生産設備やサービスインフラ(注)30                            への継続的かつ積極的な投資が支えとなり堅調に
         推移いたしました。一方では、米国の保護主義政策による貿易交渉の成り行きや緊張の高まる近隣の地政学的リ
         スク等により、国内外の経済状況の急激な変化が懸念される状況が続きました。
          当社の属するソフトウエア業界におきましては、国内企業が堅調な業績を背景に、サービスを主体とする事業
         構造への変革や競争力の強化を目的とした製品開発や設備投資を進め、関連するIT投資が活発な状況となりまし
         た。また、数年来拡大を続けてきたクラウドやビッグデータ                            (注)31    に加えてIoT・AI等の新技術を活用した                  開発
         需要も増加傾向にあるなど、             企業の競争力の要となるIT投資は今後とも堅調に推移するものと見込まれます。
          当社は中期経営計画(平成29年6月~平成32年5月)に基づき、今後の当社事業の強みとすることを目的とし
         た各事業分野の取組としまして、1)組込み関連事業につきましては、従来からの民生分野の開発に加え車載向
         け組込み関連開発体制の強化を目指し、ニーズの拡大する車載制御システムや車載情報システムの開発力強化の
         ため、新たな開発手法を有する人材の育成を進めてまいりました。2)製造・流通及び業務システム関連事業で
         は、産業向けパッケージソフトウエアを活用し安定的な案件の確保を行うと共に、                                      当社が多くの開発経験を持つ
         IoTの産業向けシステムへの適用を目的として、IoT・AI・クラウド等の技術を融合したお客様の実験的な開発プ
         ロジェクトへの参画を進めてまいりました。                     3)金融・公共関連事業につきましては、個々の業務アプリケー
         ション(注)32       ノウハウの蓄積のため、メガバンク向け開発が終息に向かう中、活発化してきた公共関連開発に
         対応できる要員の拡充を行うべく協力会社の人材教育と増員を進め開発体制の充実に努めてまいりました。4)
         全社的取組みとしましては、技術開発力の持続的な発展のために人材育成へ注力することを主要なテーマに、
         PMBOKの積極的活用を推進し、プログラム開発業務の改善による品質管理の向上を図りながら生産性と収益性の
         向上に取組み、業務改善の側面から働き方改革に沿った労働時間の削減に注力してまいりました。また、当社事
         業の根幹をなす開発技術者の採用・育成におきましても、新卒中心の採用に加え中途採用を強化するとともに、
         開発体制の強化に努めてまいりました。
          なお、当社はソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、                                当社事業区分別の業績について、以下に記
         載いたします。
         <組込み関連事業>
           車載関連開発及び民生・産業機器関連開発を行っておりますが、車載関連開発において、将来の事業展開を
          見据えて顧客及び事業対象技術領域の見直し・再編を目的とした人員の再配置・再教育等を進めた結果、受
          注・売上ともに伸び悩み、組込み関連事業の売上高は、2,221,888千円(前事業年度比8.3%減)となりまし
          た。
         <製造・流通及び業務システム関連事業>
           製造・流通システム関連開発及び業務システム関連開発共に、国内企業の旺盛な設備投資に牽引され開発請
          負の増加と本事業における開発体制強化による開発効率の向上により、受注・売上共に好調に推移したことか
          ら、製造・流通及び業務システム関連事業の売上高は、2,493,881千円(前事業年度比21.1%増)となりまし
          た。
         <金融・公共関連事業>
           金融関連開発がメガバンクの大規模開発が終了に向かう中、売上も減少傾向となりましたが、公共関連開発
          において、大手SIerからの安定的な受注が継続したことから、金融・公共関連事業の売上高は、1,075,195千
          円(前事業年度比11.1%増)となりました。
          この結果、当事業年度の            売上高は5,790,964千円(前年同期比6.2%増)、営業利益は309,879千円(前年同期
         比42.1%増)、経常利益は312,263千円(前年同期比42.6%増)、当期純利益は221,879千円(前年同期比41.4%
         増)となりました。
         (資産)

          当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べ                          361,951千円増加        の 3,270,524千円       となりました。これは
         主に、現金及び預金         480,016千円の増加         、仕掛品    121,260千円の増加         、電子記録債権の        76,210千円の減少        、投資不
         動産93,882千円の減少等によるものであります。
                                  34/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (負債)
          当事業年度末における負債合計は、前事業年度末に比べ                           164,042千円増加        の 1,739,520千円       となりました。これ
         は主に、長期借入金         73,508千円の増加        、未払費用     36,881千円の増加        、未払法人税等       29,122千円の増加        等によるも
         のであります。
         (純資産)
          当事業年度末       における純資産合計は、           前事業年度末      に比べ197,909千円増加の1,531,004千円となりました。こ
         れは主に、当期純利益の計上による利益剰余金196,039千円の増加等によるものであります。
         第50期第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

          当第2四半期累計期間における我が国経済は、為替が再び円安へ移行する中、潤沢な資金に裏付けられる国内
         企業の生産設備やサービスインフラへの継続的かつ積極的な投資が支えとなり堅調に推移いたしました。一方で
         は、米国の保護主義が生んだ米中貿易摩擦における高関税政策の余波、及び今後の日米貿易交渉による貿易への
         直接的影響による国内外の経済状況の急激な変化が懸念される状況にあります。
          当社の属するソフトウエア業界におきましては、国内企業が堅調な業績を背景に、サービスを主体とする事業
         構造への変革や競争力の強化を目的とした製品開発や設備投資を進め、関連するIT投資が活発な状況となりまし
         た。また、数年来拡大を続けてきたクラウドやビッグデータに加えてIoT・AI等の新技術を活用した開発需要も
         増加傾向にあるなど、企業の競争力の要となるIT投資は今後も堅調に推移するものと見込まれます。
          当第2四半期累計期間における各事業分野の取組みとしまして、1)組込み関連事業につきましては、継続し
         て車載向け組込み関連開発体制の強化を目指した、株式会社ネクスティエレクトロニクスとの資本事業提携に従
         い、新たな開発手法を有する人材の育成を進めると共に、AUTOSAR準拠の国産車載ソフトウエアプラットフォー
         ムに関する受託開発を拡大してまいりました。2)製造・流通                             及び業務システム        関連事業につきましては、従来
         からの産業向けパッケージソフトウエアの活用に加え、新たに取組んだ製造管理のパッケージソフトウエアの関
         連開発が受注へつながりました。また、当社IoT関連の受託開発の成果を基に製品化した「FlexSignal」の引合
         いが拡大する等、今後新たな領域での受注・売上の拡大を目指してまいります。3)金融・公共関連事業につき
         ましては、大型金融機関向け開発が終息に向かう中、活発化してきた公共関連開発に対応できる要員の拡充を行
         うべくパートナー企業の人材教育と増員を進め開発体制の充実に努めてまいりました。4)全社的取組みにつき
         ましては、技術開発力の持続的な発展のために人材育成へ注力することを主要なテーマに、PMBOKの積極的活用
         を推進し、プログラム開発業務の改善による品質管理の向上を図りながら生産性と収益性の向上に継続して取組
         み、業務改善の側面から働き方改革に沿った労働時間の削減に注力してまいりました。また、当社事業の根幹を
         なす開発技術者の採用・育成におきましても、新卒中心の採用に加え中途採用を強化するとともに、開発体制の
         強化に努めてまいりました。
          なお、当社はソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、当社事業区分別の業績について、以下に記
         載いたします。
         <組込み関連事業>
          車載関連開発、民生・産業機器関連開発共に、エンドユーザーであるメーカーの開発需要が旺盛であり、組込
         み 関連事業の売上高は、          1,199,792     千円となりました。
         <製造・流通及び業務システム関連事業>
          製造・流通業における設備投資とこれに関連する製造関連業務システム開発は活発でありますが、案件拡大に
         必要な当社開発体制の整備に時間を要したことから、製造・流通及び業務システム関連事業の売上高は、
         1,202,338     千円となりました。
         <金融・公共関連事業>
          直接の顧客である国内大手SIerからの発注量が増加し、金融・公共関連事業の売上高は、                                          500,024    千 円となり
         ました。
          この結果、当第2四半期累計期間における業績は、売上高                            2,902,155千円、営業利益207,414千円、経常利益
         202,826千円、四半期純利益132,311千円となりました。
         (資産)

          当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ440,073千円増加の3,710,598千円となりまし
         た。これは主      に、現金及び預金123,273千円の増加、受取手形及び売掛金125,324千円の増加、仕掛品160,681千
         円の増加等によるものであります。
         (負債)
          当第2四半期会計期間末における負債は、前事業年度末に比べ252,664千円増加の1,992,184千円となりまし
         た。これは主に、支払手形及び買掛金65,905千円の増加、短期借入金90,000千円の増加、未払法人税等33,815千
         円の増加等によるものであります。
                                  35/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (純資産)
          当第2四半      期会計期間末における純資産は、前事業年度末に比べ187,409千円増加の1,718,413千円となりまし
         た。これは主に、資本剰余金69,345千円の増加、四半期純利益の計上による利益剰余金106,471千円の増加等に
         よるものであります。
        ②キャッシュ・フローの状況

         第49期事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
          当事業年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、                                    前事業年度末に比べ480,015千円
         増加し、1,044,248千円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の
         とおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          当事業年度において営業活動の結果獲得した資金は392,716千円(前事業年度は139,247千円の使用)となりま
         した。これは主に、税引前当期純利益が313,877千円、売上債権の減少額が141,721千円、たな卸資産の増加額が
         124,383千円あったことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          当事業年度において投資活動の結果獲得した資金は62,407千円(前事業年度は45,969千円の使用)となりまし
         た。これは主に、投資不動産の売却による収入が95,000千円、有形固定資産の売却による収入が21,711千円あっ
         た一方で、有形固定資産の取得による支出が21,044千円、差入保証金の差入による支出が17,308千円あったこと
         によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          当事業年度において財務活動の結果獲得した資金は24,892千円(前事業年度は164,335千円の使用)となりま
         した。これは主に、長期借入れによる収入260,000千円によるものであります。
         第50期第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

          当第2四半期累計期間           における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前事業年度末に比べ
         123,272千円増加し、1,167,521千円となりました。これは主に、営業活動によるキャッシュ・フローが24,207千
         円の使用、投資活動によるキャッシュ・フローが26,448千円の使用、財務活動によるキャッシュ・フローが
         173,929千円の獲得となったことによるものであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          当第2四半期累計期間において営業活動の結果使用した資金は24,207千円となりました。これは主に、たな卸
         資産の増加額188,436千円があった一方で、税引前四半期純利益202,826千円を計上したことによるものでありま
         す。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          当第2四半期累計期間において投資活動の結果使用した資金は26,448千円となりました。これは主に、有形固
         定資産の取得による支出20,986千円があったことによるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          当第2四半期累計期間において財務活動の結果獲得した資金は173,929千円となりました。これは主に、短期
         借入金90,000千円の増加、自己株式の処分による収入87,975千円があったことによるものであります。
        ③生産・受注及び販売の実績

         a.生産実績
           当社は、     ソフトウエア開発事業の           単一セグメントでありますので、セグメント別の記載に代えて、当社事業
          戦略上の事業区分別に記載しております。
                             第49期事業年度                  第50期第2四半期累計期間

                                        前年同期比
                           (自 平成29年6月1日                     (自 平成30年6月1日
                 事業区分
                                         (%)
                            至 平成30年5月31日)                     至 平成30年11月30日)
           組込み関連事業(千円)                      1,880,021

                                           91.2            999,698
           製造・流通及び
                                          107.7             869,233
                                 1,691,188
           業務システム関連事業(千円)
           金融・公共関連事業(千円)                                            425,559
                                  821,056        107.5
                                 4,392,266         100.0            2,294,491
                合計  (千円)
          (注)上記の金額は製造原価によっており、消費税等は含まれておりません。
                                  36/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         b.受注実績
           当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントでありますので、セグメント別の記載に代えて、当社事業
          戦略上の事業区分別に記載しております。
          第49期事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

                                   前年同期比                 前年同期比
               事業区分          受注高(千円)                 受注残高(千円)
                                    (%)                 (%)
           組込み関連事業                 2,280,310         93.9         416,263       118.9
           製造・流通及び
                            2,479,059        114.7          401,921        92.7
           業務システム関連事業
                                              128,338       111.0
           金融・公共関連事業                 1,094,846        111.9
                            5,854,216        105.1          946,522       105.2
                合計
          第50期第2四半期累計期間            (自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

               事業区分          受注高(千円)         受注残高(千円)
                            1,159,927           376,398
           組込み関連事業
           製造・流通及び
                            1,457,789           657,372
           業務システム関連事業
                             679,505          307,819
           金融・公共関連事業
                            3,297,223          1,341,590
                合計
          (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         c.販売実績

           当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントでありますので、セグメント別の記載に代えて、当社事業
          戦略上の事業区分別に記載しております。
                              第49期事業年度                 第50期第2四半期累計期間

                                         前年同期比
                            (自 平成29年6月1日                    (自 平成30年6月1日
                 事業区分
                                          (%)
                             至 平成30年5月31日)                    至 平成30年11月30日)
           組込み関連事業(千円)                       2,221,888                    1,199,792

                                           91.7
           製造・流通及び
                                                      1,202,338
                                  2,493,881        121.1
           業務システム関連事業(千円)
           金融・公共関連事業(千円)                                            500,024
                                  1,075,195        111.1
                                                      2,902,155
                 合計  (千円)               5,790,964        106.2
          (注)   1 .最近2事業年度及び第50期第2四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
               売実績に対する割合は次のとおりであります。
                       第48期事業年度             第49期事業年度           第50期第2四半期累計期間
                     (自 平成28年6月1日             (自 平成29年6月1日
                                                (自 平成30年6月1日
               相手先
                      至 平成29年5月31日)             至 平成30年5月31日)             至 平成30年11月30日)
                     金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
             株式会社日立
             社会情報サー
                      523,579        9.6     607,701        10.5      311,289        10.7
             ビス (注)      2
             富士電機株式
                      557,147        10.2      605,659        10.5      329,281        11.3
             会社
             2.  株式会社日立社会情報サービスは、平成30年4月1日に株式会社日立公共システムと日立アイ・エ
               ヌ・エス・ソフトウェア株式会社とが合併し発足した会社であります。                                 上記の金額は、対象期間に
               おける3社を相手先とする販売実績の合算金額であります。
             3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  37/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

          当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
         この財務諸表の作成にあたりまして、経営者により、一定の会計基準の範囲内で、かつ合理的と考えられる見積
         りが行われている部分があり、資産・負債、収益・費用の金額に反映されております。これらの見積りについて
         は、過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれら
         の見積りと異なる場合があります。
        ②経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.財政状態
          第49期事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
           当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べ                          361,951千円増加        の 3,270,524千円       となりました。これ
          は主に、    現金及び預金      480,016千円の増加         、 仕掛品   121,260千円の増加         、電子記録債権       76,210千円の減少        、投資
          不動産93,882千円の減少等によるものであります。また                          負債合計は、前事業年度末に比べ               164,042千円増加        の
          1,739,520千円       となりました。これは主に、長期借入金                   73,508千円の増加        、未払費用     36,881千円の増加        、未払
          法人税等    29,122千円の増加        等によるものであります。純資産合計は、前事業年度末に比べ                             197,909千円増加        の
          1,531,004千円       となりました。これは主に、利益剰余金                   196,039千円の増加         等によるものであります。
           以上により、自己資本比率は、前事業年度末の45.83%に対して当事業年度末の46.81%と0.98ポイント増加
          しております。
          第50期第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

           当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ440,073千円増加                                      の3,710,598千円となりま
          した。これは主に、         現金及び預金123,273千円の増加、                受取手形及び売掛金125,324千円の増加、仕掛品
          160,681千円の増加等          によるものであります。また             負債合計は、前事業年度末に比べ               252,664千円増加の
          1,992,184千円となりました。              これは主に、      支払手形及び買掛金65,905千円の増加、短期借入金90,000千円の
          増加、未払法人税等33,815千円の増加等によるものであります。                              純資産合計は、前事業年度末に比べ                 187,409
          千円増加の1,718,413千円となりました。                   これは主に、      資本剰余金69,345千円の増加、四半期純利益の計上に
          よる利益剰余金106,471千円の増加等によるものであります。
           以上により、自己資本比率は、前事業年度末の46.81%に対して                              当第2四半期累計期間末           の46.31%と0.50ポ
          イント減少しております。
         b.経営成績

         第49期事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
         (売上高、売上原価及び売上総利益)
           当事業年度の売上高は5,790,964千円(前年同期比6.2%増)であり、前事業年度より340,498千円増加いた
          しました。主な要因としましては、当社事業区分の内、製造・物流及び業務システム関連事業において国内企
          業の旺盛な設備投資に牽引され開発請負の増加と本事業における開発体制強化による開発効率の向上により、
          受注・売上共に好調に推移したことに加え、金融・公共関連開発事業において、金融関連開発がメガバンクの
          大規模開発の終了により売上が減少しましたが、公共関連開発において、大手SIerからの安定的な受注が継続
          したことによるものであります。また、売上原価は、4,631,077千円(前年同期比4.0%増)、売上総利益は、
          1,159,886千円(前年同期比16.2%増)となり、開発効率の向上による売上総利益の改善が進んでおります。
         (販売費及び一般管理費並びに営業利益)

           当事業年度の販売費及び一般管理費は850,007千円                        (前年同期比8.9%増)           であり、前事業年度より69,633千
          円増加いたしました。その主な要因は、営業支援費の増加及び決算賞与の支給等によるものであります。その
          結果、営業利益は309,879千円              (前年同期比42.1%増)           となり、前事業年度より91,852千円増加いたしまし
          た。
         (営業外損益及び経常利益)

           当事業年度の営業外収益は8,417千円であり、前事業年度より6,446千円減少いたしました。これは投資不動
          産売却による不動産賃貸料7,541千円の減少等によるものであります。当事業年度の営業外費用は6,033千円で
          あり、前事業年度より7,803千円減少いたしました。これは投資不動産売却による不動産賃貸費用4,726千円の
                                  38/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          減少及び固定資産除却損3,634千円の減少等によるものであります。その結果、経常利益は312,263千円                                               (前年
          同期比42.6%増)        となり、前事業年度より93,209千円増加いたしました。
         ( 当期純利益     )

           特別利益にて、投資不動産売却益1,799千円を計上しております。特別損失にて、固定資産売却損186千円を
          計上しております。以上の結果より、当期純利益は221,879千円                             (前年同期比41.4%増)           となり、前事業年度
          より64,975千円増加いたしました。
         第50期第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

         (売上高、売上原価及び売上総利益)
           当第2四半期累計期間の売上高は2,902,155千円、売上原価は、2,255,291千円、売上総利益は、646,864千
          円となりました。当社事業区分の内、製造・物流及び業務システム関連事業において、国内企業の旺盛な設備
          投資に牽引され収益性の高い開発請負が増加し、またプロジェクト管理の改善により収益性が向上しておりま
          す。
         (販売費及び一般管理費並びに営業利益)

           当第2四半期累計期間の販売費及び一般管理費は439,449千円であり、これは主に人件費であります。その
          結果、営業利益は207,414千円となりました。
         (営業外損益及び経常利益)

           当第2四半期累計期間の営業外収益は2,324千円であり、投資不動産売却により不動産賃貸料が減少しまし
          た。当第2四半期累計期間の営業外費用は6,912千円であり、上場関連費用が発生しました。その結果、経常
          利益は202,826千円となりました。
         (法人税等・四半期純          利益  )

           当第2四半期累計期間において特別利益及び特別損失は発生しておりません。
           法人税、住民税及び事業税85,112千円、法人税等調整額△14,597千円を計上した結果、四半期純利益は
          132,311千円となりました。
         c. キャッシュ・フローの状況

           キャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要                                      ②キャッシュ・フローの状
          況」に記載のとおりであります。
                                  39/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         d.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
           国内景気につきましては、雇用や所得環境及び企業収益の改善が継続し、国内企業の設備投資や製品開発に
          対する積極的な姿勢と合わせ、景気は拡大基調を維持するものと期待されます。一方では、米国発の自動車輸
          入関税や米中相互の貿易施策が国際的な自由貿易を脅かし、我が国の製造業全般に大きな影響を及ぼす懸念が
          膨らんでおります。
           当社の属するソフトウエア業界におきましては、国内企業が堅調な業績を背景に、サービスを主体とする事
          業構造への変革と競争力の強化を目的とした製品開発や設備投資を進め、これに関連するIT投資が活発な状況
          となりました。また、我が国の主力産業である自動車産業においては、自動運転に代表される車載組込みソフ
          トウエアの開発競争が活発化し、産業界全般においても数年来拡大を続けてきたクラウドやビッグデータに加
          えてIoT・AI等の新技術を活用した開発案件が増加傾向にあるなど、企業の競争力の要となるIT投資は今後と
          も堅調に推移するものと見込まれます。
           このような状況の中で当社は、政府の働き方改革推進の流れを受けた労働時間の上限規制が法制化される
          中、労働集約型の産業であるソフトウエア業にとって、法令遵守と競争力強化の両面においてより一層の開発
          効率と品質の向上が急務であると考えており、全社を挙げてプロジェクトマネジメント及び品質管理の強化と
          新しい技術の習得に努めると共に、成長力の高い事業ドメインの開拓に積極的に取り組み、長期的な成長につ
          ながるビジネス基盤の構築に注力してまいります。
           なお、第49期事業年度における売上高営業利益率は、5.35%であり第48期より改善傾向にあり、第50期第2
          四半期累計期間における売上高営業利益率につきましても、7.15%と継続して改善が進んでおります。これ
          は、製造・流通及び業務システム関連事業において製造・流通関連の受注環境が良く採算性の高い案件を多く
          受注できたことに加え、全社的取組である開発プロジェクトの管理改善が原価低減に効果を上げた結果であり
          ます。
         e.資本の財源及び資金の流動性についての分析

           当社は、事業上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており、営業活動による
          キャッシュ・フローのほか、一部資金を銀行借入等により調達しております。なお、当事業年度末における現
          金及び現金同等物の残高は1,044,248千円、当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物の残高は
          1,167,521千円となっており、当面事業を継続していくうえで十分な流動性を確保しております。
                                  40/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【経営上の重要な契約等】
        該当する事項はありません。
      5【研究開発活動】

       第49期事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
        当社事業であるソフトウエア受託開発においては、一般の製造業等とは異なり、販売を目的として製品を事前に研
       究開発することはありません。
        但し、以下のような場合においては研究開発を行っております。
        (a)  当社事業に関連して受託開発したソフトウエアにおいて、再利用可能な技術・ノウハウやソフトウエアの製作
        物が明らかになった場合には、当該技術・ノウハウ及びソフトウエアの製作物に対し、研究開発行為を成して再利
        用可能なソフトウエアモジュール(注)33                   を製品化する。
        (b)  当社事業に関連して、新技術・新手法及び他社製品の利用技術等の習得を目的として当該技術・手法・製品に
        関する調査・研究を行う。
       a.研究開発体制

         当社の研究開発は、研究開発専任の部署を置かず、当社事業の発展・拡大を目指す上で業務上必要とされる事案
        について、当該研究開発を実施する必要のある部門からの提案申請に基づき、未来投資委員会(注)による稟議・審
        査の上実施が決定され、その都度申請部門において必要な研究開発体制を整えて実施しております。
        (注)未来投資委員会は、当社事業の中長期の発展を目的とした研究開発や教育に関する投資事案、新しい事業モ
        デルの検討及び他社との事業提携事案等を審議・審査する機関として、社長を委員長とし本部長及び社内有識者を
        委員として、原則月1回(事案が無いときは非開催)経営企画室が招集・運営しています。なお、本委員会で承認
        された事案は、稟議書による役員決裁、又は必要に応じて取締役会による承認の後、実行されます。
       b.研究開発方針

         当社では、当社事業が受託ソフトウエア開発という性格上、会社主導で先行して研究開発を行っているものでは
        ありませんが、業務部門が中長期の事業予算を達成する目的で、必要に応じ研究開発予算の申請を行うボトムアッ
        プ方式で研究開発を行っております。なお、年間の開発予算は20,000千円を未来投資予算として計上し、申請され
        た開発事案につきまして、社長・本部長・有識者等が出席する未来投資委員会において、当社中長期の事業戦略に
        とって有効なものかどうかを審議・判断の上、決裁いたしております。
        なお、当事業年度における研究開発費の総額は、10,652千円であります。

        以下に当事業年度における研究開発の内容について記載します。当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメント
       でありますので、全社を一括して記載しております。
                                  41/123









                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   個別研     期別研
          研究開発                                         究開発     究開発
      決算期            目的            組織        成果
          テーマ                                         費     費
                                                   (千円)     (千円)
                                     近年、個人情報保護の観
                                     点から収集した顧客の名
                                     刺をサーバーへ一括管理
                                     するニーズが高まりつつ
                                     あり、当社のサーバー関
                                     連アプリケーションのノ
                              ソリューショ
                                     ウハウをパッケージ化し
                 当社パッケージソフト
                              ン・産業技術
          名刺ファイリ                           た当該製品への関心は高
                 ウエア「名刺ファイリ
                              本部
          ングサーバー                           いものがあります。当該
                                                    4,079
                 ングサーバー」の機能
                              (ソリュー
          バージョン                           製品の当社売上高に占め
                 強化を行い、市場競争
                              ション技術
          6.0の開発                           る割合は軽微(平成30年5
                 力を高める。
                              部)
                                     月期において1%未満)で
                                     ありますが、当該製品を
                                     中心とした関連アプリ
                                     ケーション開発による受
                                     注・売上への貢献を期待
                                     しております。
                                     当社が出資している車載

                 名古屋大学を中心とし                    ECU向けAUTOSARプラット
                 た、コネクテッドカー                    フォームに続く、次期車
                 (インターネットにつ                    載開発の要になる技術で
                              エンベデッド
          名古屋大学
                 ながる車)のソフトウ                    あり、当該コンソーシア
                              技術本部
          AUTOSARコン
                                                    2,376
      第49期            エア開発プラット                    ムには当社開発者1名を出                   10,652
                              (エンベデッ
          ソーシアム共
                 フォームの共同研究に                    向者として参加させてお
                              ド第2技術部)
          同開発
                 参画し、将来の車載関                    り、当該技術の習得と社
                 連開発事業の拡大を目                    内への情報提供が進んで
                 指す。                    おります。
                                     産業界におけるIoT技術導

                                     入のニーズの高まりに合わ
                                     せ、商材化した
                                     FlexSignalは、導入の容
                                     易さ及び低価格が好評で
                                     引き合いも多く、市場性
                                     が高いと捉えておりま
                             ソリューショ
                 平成29年5月期に開発                    す。当該製品の売上高が
                             ン・産業技術
          FlexSignal
                 した、FlexSignalの機                    当社売上高全体に占める
                             本部                       4,196
          バージョン
                 能アップにより市場競                    割合は軽微(平成30年5月
                             (産業システム
          アップ開発
                 争力を高める。                    期において約1%)であり
                             第2技術部)
                                     ますが、本製品の導入に
                                     合わせた関連開発は1,000
                                     万円を超えるケースもあ
                                     り、本製品の市場性を保
                                     つためにも機能アップは
                                     必要と考えております。
                                  42/123




                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第50期第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)
        当第2四半期累計期間における当社の研究開発費は3,950千円であります。
        なお、    当第2四半期累計期間において研究開発体制及び研究開発方針について変更はありません。
       以下に   当第2四半期累計期間          における研究開発の内容について記載します。当社は、ソフトウエア開発事業の単一セ
       グメントでありますので、全社を一括して記載しております。
                                                   個別研     期別研

          研究開発                                         究開発     究開発
      決算期            目的            組織        成果
          テーマ                                         費     費
                                                   (千円)     (千円)
                 平成29年5月期に開発
                              ソリューショ
                 したFlexSignalについ                    FlexSignalをクラウド
                              ン・産業技術
          FlexSignal       て平成30年5月期に引                    サービス機能を追加し、
                              本部
                                                    2,463
          バージョン       続き機能アップを行                    クラウドサービスによる
                              (ソリュー
          アップ開発       い、市場競争力を高め                    課金型の収益モデルを確
                              ション技術
                 新しい収益モデルを作                    立する計画であります。
                              部)
                 る。
                                     当社が出資している車載
                 名古屋大学を中心とし                    ECU向けAUTOSARプラット
                 た、コネクテッドカー                    フォームに続く、次期車
                 (インターネットにつ                    載開発の要になる技術で
                              エンベデッド
          名古屋大学
                 ながる車)のソフトウ                    あり、当該コンソーシア
                              技術本部
          AUTOSARコン
                                                    1,018
                 エア開発プラット                    ムには当社開発者1名を出
      第50期
                              (エンベデッ
          ソーシアム共
                 フォームの共同研究に                    向者として参加させてお
      第2四
                              ド第2技術部)
          同開発
                                                         3,950
                 参画し、将来の車載関                    り、当該技術の習得と社
      半期累
                 連開発事業の拡大を目                    内への情報提供が進んで
      計期間
                 指す。                    おります。
                                     当社の受託ソフトウエア開

                                     発プロジェクト管理の仕組
                                     みであるPMBOKの運用をサ
                                     ポート及び可視化する社内
          プロジェクト       当社の受託ソフトウエ
                                     ソフトウエアシステムを開
                                                     469
          状況監視シス       ア開発プロジェクト管             品質保証部
                                     発し、プロジェクト管理の
          テムの開発       理を強化する。
                                     強化を行い、ソフトウエア
                                     開発の効率化と品質の向上
                                     を推進する計画でありま
                                     す。
                                  43/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第49期事業年度       (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
        当事業年度における設備投資については、総額30,395千円であります。主なものは、業務拡大に伴う開発環境の
       整備・拡張によるハードウエア及びソフトウェアの取得によるものであります。
        なお、   当社はソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、                            セグメント別の記載は省略しております。
        また、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
       第50期第2四半期累計期間            (自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

        当第2四半期累計期間における設備投資については、総額12,476千円であります。主なものは、人員の増加に
       伴う事務所の増床による建物附属設備等の取得によるものであります。
        なお、   当社はソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、                            セグメント別の記載は省略しております。
        また、   当第2四半期累計期間          において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社における主要な設備は、次の通りであります。
                                                 平成30年5月31日現在

                                   帳簿価額
       事業所名                                                従業員数
                               工具、器具
             設備の内容                         土地
                          構築物
                     建物                      ソフトウエア        合計
       (所在地)                                                (人)
                                      (千円)
                                及び備品
                    (千円)                        (千円)      (千円)
                          (千円)
                                      (面積㎡)
                                (千円)
     本社        本社機能                          123,243
                     173,664        393     12,779            11,205      321,285      208
             開発設備
     (名古屋市西区)                                 (537.80)
     名駅オフィス
             開発  設備
                      18,256        -    16,022        -    18,579      52,858      94
     (名古屋市中村区)
     東京支店
             開発  設備       14,659        -     4,919       -      654     20,233      97
     (東京都港区)
     三重支店
             開発  設備        823      -     3,457       -      282     4,563      28
     (三重県四日市市)
     大阪支店
             開発  設備       6,598       -      375      -      -     6,973      15
     (大阪市中央区)
     静岡事業所
             開発  設備       1,716       -     1,695       -      283     3,696      13
     (静岡県三島市)
     (注)1.従業員数は就業人員数であり、契約社員を含み、当社から社外への出向者を除いております。なお、臨時従業
          員数はその総数が従業員の総数の100分の10未満であるため、記載を省略しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3.本社以外の建物は賃借しており、年間の賃借料は96,145千円であります。
        4.  当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、                             セグメントの名称については省略しておりま
          す。
                                  44/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成30年12月31日現在)
       (1)重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の改修

                        投資予定額                   着手及び完了予定年月日
       事業所名                                                完成後の
               設備の内容                   資金調達方法
       (所在地)                 総額    既支払額                            増加能力
                                             着手      完了
                           (千円)
                      (千円)
     本社                             増資資金及び

            エレベータ2基等改修           70,000      -             平成31年2月      平成32年2月      (注)2
     (名古屋市西区)                            自己株式処分資金
                                自己資金、増資資金及び
     全社       基幹業務   システム                           平成30年6月      平成32年12月
                        50,000     2,750                           (注)3
                                 自己株式処分資金
                                自己資金、増資資金及び
     全社       サーバ等IT投資           133,000     9,013              平成30年6月      平成33年5月      (注)3
                                 自己株式処分資金
     (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
       2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       3.完成後の業務の効率化については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       4.当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、セグメントの名称については省略しております。
       5.  投資予定額については、資産計上されない費用部分を含んでおります。
       (3)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  45/123













                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        5,200,000

                  計                             5,200,000

     (注)平成30年10月1日開催の取締役会決議に基づき、平成30年10月19日付で普通株式1株につき                                             10株の割合で株式分割
        を行っております。これにより発行可能株式総数は4,680,000株増加し、                                  5,200,000     株となっております。
        ②【発行済株式】

                           上場金融商品取引所名又は登録
          種類         発行数(株)                                内容
                           認可金融商品取引業協会名
                                          完全議決権株式であり、権利内容に何
                                          ら限定のない当社における標準となる
      普通株式               1,725,000       非上場
                                          株式であります。なお単元株式数は100
                                          株であります。
          計           1,725,000             -                 -
     (注)1.平成30年10月1日開催の取締役会決議に基づき、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の割合で株式
          分割を行っております。これにより発行済株式総数は1,552,500株増加し、1,725,000株となっております。
        2.平成30年10月17日開催の臨時株主総会決議により、同日付で定款の変更を行い、平成30年10月19日付で1単元
          を100株とする単元株制度を導入しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成  30 年10月19日
                   1,552,500       1,725,000           -     221,150          -     168,150
       (注)
     (注)普通株式1株に10株の割合の株式分割により発行済株式総数は1,552,500株増加しております。
                                  46/123






                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (4)【所有者別状況】
                                                    平成30年12月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -     ▶     -     2   -     -        10      16    -

     所有株式数
                -    1,500       -     817    -     -      14,930      17,247      300
     (単元)
     所有株式数の割
                -    8.70       -    4.74    -     -      86.56      100    -
     合(%)
      (注)自己株式58,250株は「個人その他」に582単元、「単元未満株式の状況」に50株を含めて記載しております。
       (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
               区分              株式数(株)         議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -          -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -          -            -

      議決権制限株式(その他)                         -          -            -

                                              権利内容に何ら限定のない当
                            (自己保有株式)
                                              社における標準となる株式で
      完全議決権株式(自己株式等)                                   -
                                              あります。なお、単元株式数
                           普通株式         58,200
                                              は100株であります。
                           普通株式     1,666,500           16,665
      完全議決権株式(その他)                                              同上
                           普通株式           300
      単元未満株式                                   -            -
                               1,725,000
      発行済株式総数                                   -            -
                                          16,665
      総株主の議決権                         -                      -
     (注)完全議決権株式(自己株式等)の自己保有株式58,200株は単元未満株式の50株を除いて記載しております。
        ②【自己株式等】
                                                  平成30年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に対

      所有者の氏名又は                    自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                  する所有株式数の割
      名称                    株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   合(%)
                名古屋市西区
                             58,200                58,200
     東海ソフト株式会社                                   -                 3.37
                新道二丁目15番1号
                             58,200                58,200
         計          -                    -                 3.37
                                  47/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法            第 155条第3号による         普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 最近事業年度                 最近期間

                 区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                株式数(株)
                                       (円)                (円)
        引き受ける者の募集を行った取得自己株
                                  -         -      5,175      87,975,000
        式
                                  -         -        -         -
        消却の処分を行った取得自己株式
        合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                  -         -        -         -
        行った取得自己株式
        その他
                                  -         -        -         -
        ( - )
                                11,000           -      58,250           -
        保有自己株式数
        (注)平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行ったことにより、最近期間における
           保有自己株式数は、当該株式分割による分割後の株式数を記載しております。
      3【配当政策】

        当社の配当政策は、株主への利益還元を経営における重要課題の一つと位置づけ、将来の事業展開と経営体質の強
       化のために必要な内部留保を確保しつつ、業績向上に応じて継続的かつ安定的な利益還元を行っていくことを基本方
       針としております。
        当社は定款の定めにより、会社法第459条第1項に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、
       株主総会の決議によらず、取締役会の決議によって定めることとしております。また、剰余金の配当の基準日として
       期末配当の基準日(5月31日)及び中間配当の基準日(11月30日)の年2回のほか、基準日を定めて剰余金の配当を
       行うことができる旨を定款に定めております。
        配当を実施する場合の回数につきましては、年1回の期末配当を行うことを基本方針としております。
        当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づき当期の業績及び中長期計画を勘案した結果、1株当たり
       160円の期末配当とすることを決定いたしました。
        内部留保資金につきましては、技術者の新規採用や教育及び新技術・新事業に係る研究開発等に充当する方針であ
       ります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。
        決議年月日           配当金の総額(千円)           1株当たり配当額(円)

        平成30年8月30日
                           25,840             160
        定時株主総会決議
       (注)平成30年10月17日の臨時株主総会で定款変更を決議し、剰余金の配当について、取締役会を決定機関とするこ
          とを定めております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  48/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 9名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                      所有株式数
       役名       職名      氏名    生年月日               略歴             任期
                                                       (株)
                             昭和57年4月      当社入社
                             平成13年6月      当社第2技術部部長
                             平成14年6月      当社本社技術統括部長
     取締役社長                   昭和34年                            (注)
                   伊藤 秀和                                    163,250
                             平成16年8月      当社取締役(本社営業・技術担当)
     (代表取締役)                   8月18日生                             ▶
                             平成19年8月      当社常務取締役(西日本担当)
                             平成22年8月      当社代表取締役社長(現任)
                             昭和45年9月      株式会社日立製作所入社
                             昭和62年12月      株式会社システムアプローチ入社
                                   取締役
                             平成4年10月      当社入社
                             平成7年6月      当社第1技術部部長
                         昭和26年                            (注)
     取締役会長              長尾 正己                                    67,000
                             平成8年8月      当社本社統括部長
                        4月30日生
                                                      ▶
                             平成10年8月      当社取締役
                             平成16年8月      当社常務取締役(西日本担当)
                             平成18年8月      当社専務取締役(管理担当)
                             平成28年8月      当社取締役会長(現任        )
                             昭和51年3月      和光化成工業株式会社入社
                             昭和51年9月      当社入社
                             平成12年6月      当社東京支店技術部部長
                             平成16年6月      当社横浜支店長
            営業担当             昭和30年     平成16年8月      当社取締役     横浜支店長             (注)
     常務取締役               大川 稔                                    72,000
            兼営業本部本部長            7月9日生                             ▶
                             平成21年7月      当社取締役
                                   東京支店長・横浜支店長兼務
                             平成22年8月      当社常務取締役(営業担当)
                             平成28年6月      当社常務取締役(営業担当)
                                  兼営業本部本部長       (現任)
                             平成7年4月      日本ミニコンピュータシステム株式会
                                   社入社
                         昭和46年                            (注)
                             平成10年8月      セイコーエプソン株式会社へ出向
     取締役      情報システム担当        水谷 慎介                                    432,000
                        8月31日生
                                                      ▶
                             平成12年8月      当社入社
                             平成24年8月      当社取締役(情報システム担当)(現任              )
                             平成2年10月      旭エレクトロニクス株式会社入社
                             平成9年12月      アクティブティ株式会社入社
                             平成11年10月      当社入社
                             平成24年6月      当社ソリューション技術部部長
            技術担当
                         昭和37年                            (注)
     取締役      兼エンベデッド技        仲原 龍         平成27年6月      当社ソリューション・産業技術本部                     24,820
                        3月15日生
                                                      ▶
            術本部本部長
                                   副本部長
                             平成28年8月      当社取締役(技術担当)
                             平成30年6月      当社取締役(技術担当)
                                  兼 エンベデッド技術本部本部長(現任)
                             昭和63年4月      大正製薬株式会社入社
                             平成元年8月      当社入社
                             平成19年6月      当社経営企画室次長
            管理担当
                         昭和39年                            (注)
     取締役      兼管理本部本部長        山下 一浩          平成22年6月      当社管理本部本部長                     21,850
                        7月25日生                             ▶
            兼経理部部長
                             平成28年8月      当社取締役(管理担当)         兼 管理本部本部長
                             平成29年6月      当社取締役(管理担当)         兼 管理本部本部長
                                  兼経理部部長     (現任  )
                             昭和54年4月      当社入社
                             平成9年6月      当社第一技術部システム2課課長
     取締役                   昭和30年                            (注)
                   齋藤 敏男                                      -
                             平成19年6月      当社内部監査室室長
     (監査等委員)                   7月24日生                             5
                             平成29年8月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                                  49/123




                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
       役名      職名     氏名    生年月日                略歴              任期
                                                       (株)
                           昭和40年4月      日本電信電話公社入社
                           平成2年11月      東海NTTデータ通信システムズ株式会社出向
                           平成5年4月      同社システム企画部長
                           平成11年6月      同社取締役システム営業部長
                           平成15年7月      株式会社NTTデータ東海         転籍
                                 法人事業部      法人ビジネス部      営業担当部長
                           平成20年6月      同社取締役法人事業部長兼営業部長
                           平成23年4月      同社取締役法人事業部長
     取締役
                      昭和22年                              (注)
                 加藤 勝也                                         -
                           平成25年6月      同社法人事業部嘱託シニア・アドバイザー
     (監査等委員)                 3月18日生                                5
                           平成25年11月      有限会社アイティーエム          代表取締役(現任)
                           平成26年4月      株式会社ジークホールディングス入社
                                 企画営業部長
                           平成27年4月      ニュートラル株式会社         執行役員    名古屋事業所
                                 長
                           平成28年10月      株式会社エムジエク入社
                                 システムソリューション本部長
                           平成29年8月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                           昭和47年4月      三菱電機株式会社入社
                           平成14年12月      三菱電機システムサービス株式会社出向
                           平成15年4月      同社産業システムセンター
                                 システムエンジニアリング部長
     取締役
                      昭和24年                              (注)
                上久保 博幸                                         -
     (監査等委員     )            11月22日生     平成16年6月      同社産業システムセンター長
                                                      5
                           平成22年4月      三和株式会社入社       大和工場副工場長
                           平成22年7月      同社取締役     大和工場長
                           平成29年8月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                             計                          780,920
      (  注)1.平成29年8月30日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって
           監査等委員会設置会社に移行しております。
         2.取締役 加藤 勝也、上久保 博幸は、社外取締役であります。
         3.当社の監査等委員会の体制は次の通りであります。
           委員長 齋藤 敏男、委員 加藤 勝也、委員 上久保 博幸
            なお、齋藤 敏男は、常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定している理由は                                            、十分な
           情報収集により監査の実効性を高めるためであります。
         4.平成30年8月30日開催の定時株主総会終結の時から、平成31年5月期に係る定時株主総会の終結の時までで
           あります。
         5.平成    30 年8月30日開催の定時株主総会終結の                  時から、平成32年5月期に係る定時株主総会の終結の時までで
           あります。
         6.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
           す。執行役員は2名で、経営企画本部長兼経営企画室室長 市野 雄志、                                  内部監査室室長 小田 洋哉で構
           成されております。
                                  50/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、企業の社会的責任を十分に認識し、事業活動を
        通じた社会への貢献並びに株主、従業員、取引先及び地域社会等のステークホルダーへの適切な利益の還元を行
        うことであります。この考え方に従い、企業経営における透明性を高め、コンプライアンスの実践を通じて公正
        な企業活動を進めることを重要課題として、業務執行に対する監視体制の整備を進め、コーポレート・ガバナン
        スの強化を推進してまいります。
        ①  企業統治の体制

          当社経営方針等の重要事項に関する意思決定機関及び監督機関として取締役会を設置しております。また、当
         社は監査等委員会及び会計監査人設置会社を採用しており、取締役である監査等委員3名(常勤監査等委員1名
         及び独立役員かつ社外取締役である非常勤監査等委員2名)が、取締役会に出席し取締役の業務執行及び取締役
         会の運用について、適法性・妥当性の観点から常時監視を行うと共に、常勤監査等委員は内部監査室及び会計監
         査人と三様監査等を通じて、監査の有効性を高める様、常に連携しております。また、社外の専門家を活用し、
         顧問弁護士から必要に応じて助言・指導を受け、法的リスクを回避できる体制、顧問社労士から必要に応じて助
         言・指導を受け、働き方改革をはじめとする労務問題へ適切に対応できる体制、顧問税理士から必要に応じて助
         言を得て会計、税務に対応する体制を整備しております。
          a.取締役会







            取締役会は独立役員でありかつ監査等委員である社外取締役2名と常勤監査等委員1名を含む9名の取締
           役で構成され、毎月1回開催される定時取締役会において、経営の基本方針や法令で定められた経営に関す
           る重要な事項を審議・決定するとともに、監査等委員3名が代表取締役社長並びに取締役の職務執行に関す
           る監視を行っております。なお、株主が業績結果に基づいた取締役評価をよりタイムリーに行えるように、
           取締役の任期は1年となっております。(監査等委員である取締役の任期は2年)
          b. 監査等委員会
            当社は、監査等委員会設置会社であり、独立役員である社外取締役2名を含む3名の監査等委員で構成さ
           れる監査等委員会を設置し、監査等委員全員が株主総会・取締役会に出席し、当社のコーポレート・ガバナ
           ンスの状況とその管理・運営について監視すると共に、取締役会の職務執行を含む日常的な経営活動の監査
           を行っております。監査等委員会は、内部監査室から内部監査及び内部統制システムのモニタリングの結果
           報告を受け、必要に応じて調査を求め、又は具体的指示を出すなど、内部監査室等と日常的かつ機動的な連
           携を図っております。また、監査の有効性を高めるため、常勤監査等委員が、内部監査室、会計監査人と連
           携し、三様監査を実施しております。
                                  51/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          c.内部監査
            当社は、独立した内部監査室を設けており、代表取締役社長の命を受けた内部監査担当者2名(執行役員
           内部監査室     室 長1名と内部監査室課長1名)が当社全部門に渡り法令及び諸規程の遵守状況及び業務活動の
           効率性などについて、内部監査及び内部統制システムのモニタリングを実施し代表取締役社長にその結果を
           報告するとともに被監査部門に対して業務改善に向け具体的に助言・勧告を行っております。また、監査の
           有効性を高めるため、内部監査室は、常勤監査等委員、会計監査人と連携し、三様監査を実施しておりま
           す。
          d.経営会議
            経営会議は、代表取締役社長を議長とし、監査等委員を除く取締役及び執行役員で構成され、業務執行に
           関わる重要な意思決定及び取締役会への付議事項を含む諮問を行う機関として、必要に応じて開催しており
           ます。
          e.リスク管理体制の整備の状況
            当社は、全社横断的・網羅的なリスク管理を行う機関として、経営企画本部長を委員長とするリスク・コ
           ンプライアンス委員会を設置し、事業部門より報告される当社事業活動に関するリスクの報告・確認・対応
           を実施しております。同委員会で審議・指摘された業務運営上のリスクについては、必要に応じて取締役会
           に報告・審議を行うと共に、顧問弁護士や公認会計士等、社外の複数の専門家から、参考とするアドバイス
           を受けられる体制を整えております。
          f.内部統制システムの整備の状況
            当社は、内部統制システムの整備にあたり、取締役会において「内部統制の整備及び運用に係る基本方
           針」を定め、業務の有効性及び適正性を確保する体制の構築を行っております。具体的には、取締役、使用
           人の職務の執行が法令及び諸規程に適合することを確保するための規程・体制やリスク管理に関する規程・
           体制の整備を行うと共に、本方針で定めた内容を実現するために整備された諸規程を必要に応じて見直して
           おります。また、内部監査室が所定の内部統制が有効に機能しているかを定期的に検証し、継続的にその改
           善及び強化に努めております。
          「内部統制の整備及び運用に係る基本方針」は、以下の通りです。
           (a)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
              当社は、各部門において諸規程が経営の実情に合致しているか常に点検し、諸規程の見直しを行うと
             ともに、法令及び諸規程を遵守した業務執行の徹底と実施状況の監視を各部門長の重要な職務と位置付
             ける。また、「コンプライアンス規程」により業務の執行に当たり対応する法令及び諸規程の遵守に関
             するチェック、並びに役職員に対する教育・研修を実施する。当社は、コンプライアンス違反行為の早
             期把握、早期是正を行う体制を、「コンプライアンス規程」において定め、社内の内部通報体制を整
             備・運用する。
           (b)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
              当社は、「文書管理規程」及び「情報セキュリティ管理規程」に従って情報を保存・管理し、当該情
             報を職務の執行のために必要とする者に対して適切に開示する体制をとる。また、機密情報、個人情報
             そしてインサイダー情報などの漏洩のリスクに的確に対処するため、その教育や監査体制にも重点を置
             いた情報管理体制の整備、強化に努める。
           (c)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
              当社は、管理本部、経営企画本部、営業本部、各技術本部が本部内の各部門のリスクを統制すると同
             時にそれぞれが相互に牽制を行う体制をとる。その業務執行状況については「内部監査規程」により業
             務監査を行い、その結果は代表取締役社長に報告され、                          必要に応じ改善実施を講じる             体制とする。当社
             全体のリスク管理は代表取締役社長が統括し、必要な規程の整備を推進するとともに想定されるリスク
             の低減及び緊急事態への対応が可能なリスク管理体制の整備に努める。
           (d)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
              当社は、原則として毎月1回取締役会を開催し、経営上の重要事項の決定及び執行の監督を行う。取
             締役、幹部社員、監査等委員で構成する                   部長会   を毎月1回開催し、経営意思の伝達及び各部門の業務遂
             行状況と問題点の把握、対応策の討議を行う。また、年度予算制度により、予算の執行は各部門が立案
             した業績目標に基づく実行計画に従って遂行し、目標の進捗・達成状況を定期的に代表取締役社長に報
             告し、適宜、計画及び社内諸規程などのシステムの有効性についての確認を行って継続的な改善に努め
             る体制をとる。
           (e)当社における業務の適正を確保するための体制
              当社は、取締役及び使用人の職務遂行の適合性を確保するため、代表取締役社長直轄の内部監査室を
             設置し、「内部監査規程」に基づき内部監査を実施する。また、内部監査室は                                    適宜、   会計監査人及び監
             査等委員と情報交換し、効率的な内部監査を実施する。
                                  52/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (f)監査等委員がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
              当社は、監査等委員より監査事務の補助の求めがあった場合、使用人を監査等委員補助スタッフとし
             て配置するよう努める。配置する使用人の任命については、取締役と監査等委員が協議して決定する。
           (g)前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項、及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関す
             る事項
              監査等委員補助スタッフとして使用人を配置した場合、その使用人に対する指揮命令権は監査等委員
             に属するものとする。また、当該使用人の人事考課は監査等委員が実施し、人事異動については、取締
             役と監査等委員が協議して決定する。
           (h)監査等委員に報告をするための体制、及び報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り
             扱いを受けないことを確保するための体制
              当社の取締役及び使用人は、当社取締役会又は                       部長会   で業務執行状況及びリスクとなる問題点とその
             対応策について監査等委員に報告する体制とする。また、当社においては、前述の体制以外に「コンプ
             ライアンス規程」において内部通報制度を定め監査等委員、内部監査室室長及び当社顧問弁護士への通
             報、相談の窓口を設けることにより、監査等委員への報告が可能な体制とする。また、これらの報告を
             した者が、当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けることを「コンプライアンス規程」
             により禁止する。
           (i)その他監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制
              監査等委員は、監査等委員会監査が実効的に行なわれることを目的として、会計監査人及び内部監査
             室と定期的に情報交換を行い、相互の意思疎通を図るとともに、定期的に代表取締役社長と監査等委員
             との意見交換を行うための会議を開催する。また、監査等委員の職務の執行について生じる費用につい
             ては、速やかに会社で費用を負担する。
           (j)財務報告の信頼性及び資産保全の適正性を確保するための体制
              財務報告の信頼性を確保するために必要な体制及び有する資産の取得・保管・処分が適正になされる
             ために必要な体制を金融商品取引法等の法令に準拠して整備する。また、財務報告に係る内部統制の有
             効性を自ら評価し、外部に向けて報告する体制を整備する。
           (k)反社会的勢力排除に向けた基本方針
              当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切
             関係を持たないことを宣言し、反社会的勢力排除について「反社会的勢力排除規程」を設けその対応に
             ついて定める。
        ②  会計監査の状況

          当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、会計監査を受けるとともに、重要な会計課題につい
         ては適時・適切な助言を受けております。当社の会計監査業務を執行した公認会計士の氏名及び監査業務に係る
         補助者の構成については、以下の通りであります。
          会計監査業務を執行した公認会計士は、水上圭祐及び神野敦生の2名であります。当社の監査業務に係る補助
         者は公認会計士8名、その他23名であります。なお、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行
         者と当社との間には、特別な利害関係はありません。また、監査継続年数が7年以内のため、年数の記載を省略
         しております。
        ③  社外取締役との関係

          当社は、監査等委員である社外取締役を2名選任しております。当社は、コーポレート・ガバナンスの強化充
         実を経営上の重要な課題の一つとして位置づけており、経営の健全性及び透明性を向上させることを目的とし
         て、社外取締役が中立的な立場から有益に監督及び監査を行える体制を整備し、経営監視機能の強化に努めてお
         ります。社外取締役加藤勝也は、当社事業と同じソフトウエア業での豊富な経験、専門性の高い知識など幅広い
         知見を持ちシステムの受注・開発側の視点により、また社外取締役上久保博幸は、当社事業の多くの顧客と同じ
         製造業において豊富な経験と幅広い知見を持ち、業務システムを発注・利用する立場の目線から、それぞれ多様
         な経験・価値観に基づいて当社の取締役会に参加し、業務執行に関する意思決定について助言を行うと共に、他
         の取締役の業務執行の監督を行っております。当社では、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は
         方針は定めておりませんが、選任にあたっては株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を
         参考にしております。なお、当社と社外取締役との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
         はありません。
                                  53/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④  役員報酬等
          a.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額          (千円)
                     報酬等の総額                           対象となる役
              役員区分
                                 ストック・
                      (千円)                         員の員数(人)
                           基本報酬           賞与    退職慰労金
                                 オプション
           取締役(監査等委員及び社
                       131,931      131,931        -     -     -      6
           外取締役を除く)
           監査等委員である取締役
                        5,400      5,400       -     -     -      1
           (社外取締役を除く)
           監査等委員である取締役
                        4,500      4,500       -     -     -      2
           のうち社外取締役
           監査役
                        4,835      1,995       -     -    2,840        1
           (注)1.当社は、平成29年8月30日付で監査等委員会設置会社に移行しました。
             2.監査役に対する支給額は監査等委員会設置会社移行前の期間に係るものであり、取締役(監査等委
              員である取締役)に対する支給額は監査等委員会設置会社移行後の期間に係るものであります。
             3.取締役(監査等委員及び社外取締役を除く)の報酬限度額は、平成29年8月30日開催の定時株主総会
              において年額200百万円以内と決議いただいております。
             4.監査等委員である取締役の報酬限度額は、平成29年8月30日開催の定時株主総会において年額20百
           万   円以内と決議いただいております。
         b.役員ごとの報酬等の総額等
           報酬等の総額が100,000千円以上の役員が存在しないため、記載しておりません。
         c.使用人兼役員の使用人分給与のうち重要なもの
           該当事項はありません。
         d.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
           取締役の報酬につきましては、株主総会の決議により定められた報酬総額の限度内で、職務及び会社の業績
          等を勘案し、取締役会にて決定しており、監査等委員である取締役につきましては、株主総会の決議により定
          められた報酬総額の限度内で、職務内容及び役割を勘案し、監査等委員会にて決定しております。
        ⑤  株式の保有状況等

         a.保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           銘柄数13銘柄
           貸借対照表計上額81,022千円
         b.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
          (前事業年度)
           特定投資株式
                                   貸借対照表
                              株式数(株)
                   銘柄                             保有目的
                                   計上額(千円)
           株式会社日立製作所                              円滑な取引関係の維持
                                55,524      37,129
           株式会社愛知銀行                              円滑な金融取引の維持
                                2,598     15,927
           株式会社大垣共立銀行                              円滑な金融取引の維持
                                8,000      2,496
          (当事業年度)

           特定投資株式
                                   貸借対照表
                              株式数(株)
                   銘柄                             保有目的
                                   計上額(千円)
           株式会社日立製作所                              円滑な取引関係の維持
                                56,589      45,079
           株式会社愛知銀行                              円滑な金融取引の維持
                                2,760     13,664
           CKD株式会社                              業界動向の把握
                                1,000      2,263
           株式会社大垣共立銀行                              円滑な金融取引の維持
                                 800     2,253
           (注)株式会社大垣共立銀行は、平成29年10月1日付で普通株式10株を1株の割合で株式併合しております。
                                  54/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         c.保有目的が純投資目的である投資株式
           該当事項はありません。
        ⑥  取締役の定数

          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、8名以内とし、監査等委員である取締役は、4名以内
         とする旨定款に定めております。
        ⑦  取締役の選任決議

          当社は、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、議決権を行
         使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及
         び累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
        ⑧  責任限定契約

          当社は、監査等委員が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して期待される役割を果たしうる環境
         を整備することを目的として、会社法第427条第1項の規定に基づき、監査等委員との間において、同法第423条
         第1項の損害賠償責任について、責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときは、
         「役員就業規則」であらかじめ定めた額又は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額のいずれか高い額を
         限度とする契約を締結しております。
        ⑨  取締役の責任免除

          当社は、取締役が職務を遂行するにあたり、期待される役割を十分に発揮することを目的として、会社法第
         426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、
         法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。
        ⑩  株主総会の特別決議要件

          当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項の定めによる株主総会の特別決議要件につ
         いて、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の
         2以上をもって行う旨を定款で定めております。
        ⑪  自己株式の取得

          当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行する
         ことを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己
         の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
        ⑫  剰余金の配当等の決定機関

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、株主への機動的な
         利益還元を行うことを目的とするものであります。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
             最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              11,500              11,000              18,000                 ―

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
         該当事項はありません。
         (最近事業年度)

         該当事項はありません。
                                  55/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
         (最近事業年度の前事業年度)
         非監査業務の内容は、財務報告に係る内部統制構築に関する助言・指導業務、財務調査費用等であります。
         (最近事業年度)

         該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査日数、当社事業の規模・特性等を勘案した監査計画(監査
         範囲・所要日数)による監査公認会計士等の見積り報酬額に基づき、その妥当性の精査を行ったうえで、監査等
         委員会の同意を得て決定しております。
                                  56/123

















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
       (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基
         づいて作成しております。
       (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
         第63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(平成28年6月1日から平成29年5月
         31日まで)及び当事業年度(平成29年6月1日から平成30年5月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
         法人トーマツにより監査を受けております。
       (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成30年9月1日から平成
         30年11月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成30年6月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期財務
         諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、各種団体の主催する
       研修等への参加や会計専門書の購読を行っております。
                                  57/123













                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        682,780             1,162,797
         現金及び預金
                                         92,043              61,574
         受取手形
                                        100,348               24,137
         電子記録債権
                                        743,620              708,579
         売掛金
                                                     ※2 370,144
                                        248,883
         仕掛品
                                         5,040              8,164
         原材料及び貯蔵品
                                         5,652              5,749
         前渡金
                                         57,807              60,708
         前払費用
                                        104,018              117,885
         繰延税金資産
                                         10,476               9,893
         その他
                                       2,050,673              2,529,634
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        385,351              389,772
          建物
                                       △ 160,678             △ 174,053
            減価償却累計額
                                       ※1 224,672             ※1 215,718
            建物(純額)
          構築物                               8,746              7,873
                                        △ 8,256             △ 7,479
            減価償却累計額
                                         ※1 490             ※1 393
            構築物(純額)
          工具、器具及び備品                              155,040              165,732
                                       △ 107,529             △ 126,482
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             47,511              39,249
                                       ※1 145,950             ※1 123,243
          土地
                                        418,625              378,605
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         27,009              31,005
          ソフトウエア
                                         3,812              3,812
          その他
                                         30,821              34,817
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 84,924             ※1 91,022
          投資有価証券
                                         2,656               446
          長期前払費用
                                         95,151              84,828
          繰延税金資産
                                        140,900                 -
          投資不動産
                                        △ 47,018                -
            減価償却累計額
                                        ※1 93,882
            投資不動産(純額)                                              -
                                       ※1 134,286
          その他                                             153,618
                                        △ 2,450             △ 2,450
          貸倒引当金
                                        408,452              327,466
          投資その他の資産合計
                                        857,899              740,890
         固定資産合計
                                       2,908,573              3,270,524
       資産合計
                                  58/123





                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         47,834              45,834
         支払手形
                                        209,951              207,979
         買掛金
                                         10,000                -
         短期借入金
                                        ※1 20,000
                                                         -
         1年内償還予定の社債
                                       ※1 125,140             ※1 132,364
         1年内返済予定の長期借入金
                                         60,232              60,291
         未払金
                                        390,552              427,433
         未払費用
                                         39,831              68,953
         未払法人税等
                                         34,115              29,979
         前受金
                                         17,291              32,509
         預り金
                                         1,425               741
         前受収益
                                                      ※2 1,099
                                           -
         受注損失引当金
                                         36,110              64,708
         その他
         流動負債合計                                992,484             1,071,895
       固定負債
                                       ※1 123,431             ※1 196,939
         長期借入金
         退職給付引当金                                309,415              307,695
                                        125,964              140,618
         役員退職慰労引当金
                                         21,606              21,730
         資産除去債務
                                         2,576               640
         その他
                                        582,993              667,624
         固定負債合計
                                       1,575,478              1,739,520
       負債合計
                                  59/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        221,150              221,150
         資本金
         資本剰余金
                                        168,150              168,150
          資本準備金
                                         41,000              41,000
          その他資本剰余金
                                        209,150              209,150
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         25,400              25,400
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        140,000              140,000
            別途積立金
                                        756,419              952,458
            繰越利益剰余金
                                        921,819             1,117,858
          利益剰余金合計
                                        △ 39,600             △ 39,600
         自己株式
                                       1,312,519              1,508,558
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         20,575              22,445
         その他有価証券評価差額金
                                         20,575              22,445
         評価・換算差額等合計
                                       1,333,094              1,531,004
       純資産合計
                                       2,908,573              3,270,524
      負債純資産合計
                                  60/123













                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期会計期間
                                (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,286,071
         現金及び預金
                                        895,477
         受取手形及び売掛金
                                         21,283
         電子記録債権
                                         6,084
         商品及び製品
                                        530,825
         仕掛品
                                         29,833
         原材料及び貯蔵品
                                         73,721
         その他
                                       2,843,297
         流動資産合計
       固定資産
                                        378,698
         有形固定資産
                                         30,115
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        220,105
          繰延税金資産
                                        240,830
          その他
                                        △ 2,450
          貸倒引当金
                                        458,486
          投資その他の資産合計
                                        867,300
         固定資産合計
                                       3,710,598
       資産合計
                                  61/123













                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)

                                当第2四半期会計期間
                                (平成30年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        319,719
         支払手形及び買掛金
                                         90,000
         短期借入金
                                        145,469
         1年内返済予定の長期借入金
                                        434,309
         未払費用
                                        102,769
         未払法人税等
                                         30,812
         受注損失引当金
                                         3,429
         資産除去債務
                                        177,652
         その他
                                       1,304,163
         流動負債合計
       固定負債
                                        205,628
         長期借入金
                                        307,739
         退職給付引当金
                                        149,978
         役員退職慰労引当金
                                         22,306
         資産除去債務
                                         2,369
         その他
                                        688,021
         固定負債合計
                                       1,992,184
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        221,150
         資本金
                                        278,495
         資本剰余金
                                       1,224,329
         利益剰余金
                                        △ 20,970
         自己株式
                                       1,703,004
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         15,408
         その他有価証券評価差額金
                                         15,408
         評価・換算差額等合計
                                       1,718,413
       純資産合計
                                       3,710,598
      負債純資産合計
                                  62/123









                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                       5,450,465              5,790,964
      売上高
      売上原価
                                         5,791                -
       商品期首たな卸高
                                         36,968              34,029
       当期商品仕入高
                                                    ※1 4,597,048
                                       4,409,305
       当期製品製造原価
                                       4,452,064              4,631,077
       合計
                                           -              -
       商品期末たな卸高
                                                    ※2 4,631,077
                                       4,452,064
       商品及び製品売上原価
                                        998,400             1,159,886
      売上総利益
                                     ※3 , ※4 780,373           ※3 , ※4 850,007
      販売費及び一般管理費
                                        218,027              309,879
      営業利益
      営業外収益
       受取利息                                    22              31
                                         1,201              1,394
       受取配当金
                                         1,040              1,040
       受取手数料
                                         10,288               2,747
       不動産賃貸料
                                           -             1,146
       修繕積立金戻入益
                                         2,311              2,056
       その他
                                         14,864               8,417
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,398              2,495
       支払利息
                                           533              934
       支払保証料
                                         3,634                0
       固定資産除却損
                                         6,098              1,371
       不動産賃貸費用
                                           -              819
       リース解約損
                                           172              412
       その他
                                         13,836               6,033
       営業外費用合計
                                        219,054              312,263
      経常利益
      特別利益
                                         37,142                -
       関係会社出資金売却益
                                           -             1,799
       投資不動産売却益
                                         37,142               1,799
       特別利益合計
      特別損失
                                                       ※5 186
                                           -
       固定資産売却損
                                        ※6 10,213
                                                         -
       減損損失
       特別損失合計                                  10,213                186
                                        245,982              313,877
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   84,685              97,933
                                         4,393             △ 5,935
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   89,078              91,998
                                        156,903              221,879
      当期純利益
                                  63/123






                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【製造原価明細書】
                               前事業年度
                                                 当事業年度
                          (自 平成28年6月1日
                                             (自 平成29年6月1日
                           至 平成29年5月31日)
                                              至 平成30年5月31日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ材料費                          67,953        1.5          85,235        1.8

     Ⅱ労務費                         2,398,211         53.4         2,620,403         54.8
                              2,023,223
                                                 2,070,957
     Ⅲ経費                ※1                  45.1                   43.4
      当期総製造費用                                100.0                   100.0

                              4,489,388                   4,776,596
                               220,692                   248,883
      期首仕掛品たな卸高
       合計

                              4,710,080                   5,025,480
                               248,883
      期末仕掛品たな卸高                                           370,144
                                38,444                   59,386
      他勘定振替高               ※2
                                  -
      受注損失引当金繰入額                                            1,099
                                13,447                     -
      受注損失引当金戻入額
      当期製品製造原価                        4,409,305
                                                 4,597,048
      原価計算の方法
       原価計算の方法は、          実際原価による個別原価計算を採用しております。
     (注)※1 主な内訳は次の通りであります。

                              前事業年度
                                                 当事業年度
                          (自 平成28年6月1日
     項目                                        (自 平成29年6月1日
                            至 平成29年5月31日)
                                              至 平成30年5月31日)
     外注加工費(千円)                                1,671,895                   1,699,770
     旅費交通費(千円)                                 98,078                  106,571

     賃借料(千円)                                 71,414                   75,715

       ※2 他勘定振替高の内訳は次の通りであります。

                              前事業年度
                                                 当事業年度
                          (自 平成28年6月1日
     項目                                        (自 平成29年6月1日
                            至 平成29年5月31日)
                                              至 平成30年5月31日)
                                                         50,162
     給料及び手当(千円)                                 26,601
                                                         8,276
     研究開発費(千円)                                 9,779
                                                          948
     修繕費(千円)                                 2,062
                                      38,444                   59,386
     合計
                                  64/123






                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第2四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成30年6月1日
                                至 平成30年11月30日)
                                       2,902,155
      売上高
                                       2,255,291
      売上原価
                                        646,864
      売上総利益
                                        ※ 439,449
      販売費及び一般管理費
                                        207,414
      営業利益
      営業外収益
                                           13
       受取利息
                                           776
       受取配当金
                                           540
       受取手数料
                                           994
       その他
                                         2,324
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  1,276
                                         5,000
       上場関連費用
                                           636
       その他
                                         6,912
       営業外費用合計
                                        202,826
      経常利益
                                        202,826
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   85,112
                                        △ 14,597
      法人税等調整額
                                         70,515
      法人税等合計
                                        132,311
      四半期純利益
                                  65/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                              剰余金     合計               繰越利益     合計
                                             別途積立金
                                                  剰余金
     当期首残高               221,150     168,150      41,000     209,150      25,400     140,000     625,355     790,755
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                   △ 25,840    △ 25,840
      当期純利益                                             156,903     156,903
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -     -     -     -     -     -   131,063     131,063
     当期末残高               221,150     168,150      41,000     209,150      25,400     140,000     756,419     921,819
                         株主資本               評価・換算差額等

                                                      純資産合計
                                   その他有価証券評価         評価・換算差額等
                     自己株式       株主資本合計
                                   差額金         合計
     当期首残高                  △ 39,600      1,181,455          10,937         10,937       1,192,392
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 25,840                         △ 25,840
      当期純利益
                               156,903                          156,903
      株主資本以外の項目の当期変動
                                        9,638         9,638         9,638
      額(純額)
     当期変動額合計                    -      131,063         9,638         9,638        140,701
     当期末残高
                       △ 39,600      1,312,519          20,575         20,575       1,333,094
                                  66/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                              剰余金     合計               繰越利益     合計
                                             別途積立金
                                                  剰余金
     当期首残高               221,150     168,150      41,000     209,150      25,400     140,000     756,419     921,819
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 25,840    △ 25,840
      当期純利益
                                                    221,879     221,879
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -     -     -   196,039     196,039
     当期末残高
                     221,150     168,150      41,000     209,150      25,400     140,000     952,458    1,117,858
                         株主資本               評価・換算差額等

                                                      純資産合計
                                   その他有価証券評価         評価・換算差額等
                     自己株式       株主資本合計
                                   差額金         合計
     当期首残高                  △ 39,600      1,312,519          20,575         20,575       1,333,094
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 25,840                         △ 25,840
      当期純利益                         221,879                          221,879
      株主資本以外の項目の当期変動
                                        1,870         1,870         1,870
      額(純額)
     当期変動額合計                    -      196,039         1,870         1,870        197,909
     当期末残高                  △ 39,600      1,508,558          22,445         22,445       1,531,004
                                  67/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        245,982              313,877
       税引前当期純利益
                                         44,699              44,569
       減価償却費
                                         10,213                -
       減損損失
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  1,789             △ 1,719
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  16,180              14,654
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 13,447               1,099
                                        △ 1,223             △ 1,426
       受取利息及び受取配当金
                                         3,398              2,495
       支払利息
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    -              186
       投資不動産売却損益(△は益)                                    -            △ 1,799
       関係会社出資金売却損益(△は益)                                 △ 37,142                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 190,639              141,721
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 26,702             △ 124,383
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 2,554             △ 2,892
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  11,835              △ 5,475
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 16,559               4,704
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 8,971              36,950
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 44,854              28,598
       前受金の増減額(△は減少)                                  16,316              △ 2,936
       預り金の増減額(△は減少)                                 △ 8,442              15,218
                                         12,139              △ 1,545
       その他
                                         12,018              461,894
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,230              1,426
                                        △ 3,691             △ 2,624
       利息の支払額
                                       △ 148,805              △ 67,980
       法人税等の支払額
                                       △ 139,247              392,716
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 154,047             △ 154,049
       定期預金の預入による支出
                                        154,045              154,047
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 52,328             △ 21,044
       有形固定資産の取得による支出
                                           -            21,711
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 16,037             △ 13,653
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,988             △ 1,837
       投資有価証券の取得による支出
       関係会社出資金の売却による収入                                  45,216                -
                                           -            95,000
       投資不動産の売却による収入
                                        △ 20,012             △ 17,308
       差入保証金の差入による支出
                                         △ 815             △ 458
       その他
                                        △ 45,969              62,407
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -           △ 10,000
                                         90,000              260,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                △ 208,495             △ 179,268
                                        △ 20,000             △ 20,000
       社債の償還による支出
                                        △ 25,840             △ 25,840
       配当金の支払額
                                       △ 164,335               24,892
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 349,551              480,015
                                        913,784              564,232
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 564,232             ※ 1,044,248
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  68/123




                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成30年6月1日
                                至 平成30年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        202,826
       税引前四半期純利益
                                         22,101
       減価償却費
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                    43
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  9,360
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                  29,713
                                         △ 789
       受取利息及び受取配当金
                                         1,276
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 122,469
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 188,436
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  70,111
       未払費用の増減額(△は減少)                                  6,848
                                        △ 2,538
       その他
                                         28,046
       小計
                                           790
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 1,263
       利息の支払額
                                        △ 51,780
       法人税等の支払額
                                        △ 24,207
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 79,938
       定期預金の預入による支出
                                         79,937
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 20,986
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 266
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 441
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 4,752
       その他
                                        △ 26,448
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  90,000
                                        100,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 78,206
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 25,840
       配当金の支払額
                                         87,975
       自己株式の処分による収入
                                        173,929
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   123,272
                                       1,044,248
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,167,521
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                  69/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
              その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

           (1)仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
             おります。
           (2)原材料
              主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を
             採用          しております。
           (3)貯蔵品
              最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を
             採用し   ております。
           3. 固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産
              定率法により償却しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を
               除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用
               しております。
              なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
               建物        15年から43年
               工具、器具及び備品 4年から10年
           (2)無形固定資産

              定額法により償却しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によ
             り償却しております。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
              の債権については、個別に回収可能性を勘案して回収不能見込額を計上しております。
            (2)受注損失引当金
              受注契約に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上し
              ております。
           (3)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき
              当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。
              ①退職給付見込額の期間帰属方法
               退職給付の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
               は、期間定額基準によっております。
              ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
               過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法に
               より費用処理しております。
               数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
               (10年)による定額法により按分した額を発生の翌事業年度から費用処理しております。
           (4)役員退職慰労引当金

                                  70/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              役員及び執行役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく当事業年度末における要支給額
              を計上しております。
           5. 重要な収益及び費用の計上基準

             受注制作ソフトウエアに係る収益及び原価の計上基準
             (1)  当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるソフトウエア制作に係る請負契約
               進行基準(進捗度の見積りは原価比例法)
            (2)   その他のソフトウエア制作に係る請負契約
              完成基準
           6. ヘッジ会計の方法

           (1)ヘッジ会計の方法
              金利スワップについて特例処理を採用しております。
           (2)ヘッジ手段・ヘッジ対象
              ヘッジ手段…金利スワップ
              ヘッジ対象…借入金の支払利息
           (3)ヘッジ方針
              借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。
           (4)ヘッジ有効性の評価
             特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、有効性の判定を省略しております。
           7.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手元現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動に対して僅少なリ
            ス クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
         (未適用の会計基準等)

           ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
           (1)  概要

             収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
             ステップ1:顧客との契約を識別する。
             ステップ2:契約における履行義務を識別する。
             ステップ3:取引価格を算定する。
             ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
             ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
           (2)  適用予定日

             平成34年3月期の期首より適用予定であります。
           (3)  当該会計基準等の適用による影響

             影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                  71/123





                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
              その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

           (1)仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
             おります。
           (2)    原材料
              主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を
             採用  しております。
           (3)貯蔵品
              最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を
             採用し   ております。
           3. 固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産
              定率法により償却しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を
               除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用
               しております。
              なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
               建物        15年から43年
               工具、器具及び備品 4年から10年
           (2)無形固定資産
              定額法により償却しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によ
             り償却しております。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
              の債権については、個別に回収可能性を勘案して回収不能見込額を計上しております。
            (2)受注損失引当金
              受注契約に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上し
              ております。
           (3)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき
              当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。
              ①退職給付見込額の期間帰属方法
               退職給付の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
               は、期間定額基準によっております。
              ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
               過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法に
               より費用処理しております。
               数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
               (10年)による定額法により按分した額を発生の翌事業年度から費用処理しております。
           (4)役員退職慰労引当金
              役員及び執行役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく当事業年度末における要支給額
              を計上しております。
           5. 重要な収益及び費用の計上基準

                                  72/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             受注制作ソフトウエアに係る収益及び原価の計上基準
             (1)  当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるソフトウエア制作に係る請負契約
               進行基準(進捗度の見積りは原価比例法)
            (2)   その他のソフトウエア制作に係る請負契約
              完成基準
           6. ヘッジ会計の方法

           (1)ヘッジ会計の方法
              金利スワップについて特例処理を採用しております。
           (2)ヘッジ手段・ヘッジ対象
              ヘッジ手段…金利スワップ
              ヘッジ対象…借入金の支払利息
           (3)ヘッジ方針
              借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。
           (4)ヘッジ有効性の評価
             特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、有効性の判定を省略しております。
           7.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手元現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動に対して僅少なリ
            ス クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  73/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当
          事業年度から適用しております。
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

          該当事項はありません。
                                  74/123


















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
             担保に供している資産は、次の通りであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     建物                               178,419千円                  173,664千円
     構築物                                  459                  393
     土地                               123,243                  123,243
     投資有価証券                                11,332                  5,294
     投資不動産                                93,161                    -
     その他(投資その他の資産)                                2,500                   -
               計                      409,114                  302,595
             担保付債務は、次の通りであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     1年内償還予定の社債                                20,000千円                    -千円
     1年内返済予定の長期借入金                               101,359                  102,172
     長期借入金                               100,440                  183,303
               計                      221,799                  285,475
             (注)   銀行保証付私募債の銀行保証に対して担保提供しております。
          ※2 たな卸資産及び受注損失引当金の表示

             損失が見込まれる受注契約に係るたな卸資産と受注損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しておりま
            す。損失の発生が見込まれる受注契約に係るたな卸資産のうち、受注損失引当金に対応する額は次の通り
            であります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     仕掛品                                  -千円                1,099千円
                                  75/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (損益計算書関係)
          ※1 売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額は、次の通りであります。
                                                  当事業年度
                                前事業年度
                                              (自 平成29年6月1日
                            (自 平成28年6月1日
                                               至 平成30年5月31日)
                             至 平成29年5月31日)
                                       -千円                1,099千円
          ※2 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま

             れております。
                                                  当事業年度
                                前事業年度
                                              (自 平成29年6月1日
                            (自 平成28年6月1日
                                               至 平成30年5月31日)
                             至 平成29年5月31日)
                                       -千円                12,702千円
          ※3 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度26%、当事業年度25%、一般管理費に属する費用の

            おおよその割合は前事業年度74%、当事業年度75%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次の通りであります。
                                                  当事業年度
                                前事業年度
                                              (自 平成29年6月1日
                            (自 平成28年6月1日
                                               至 平成30年5月31日)
                             至 平成29年5月31日)
     給料及び手当                               371,716千円                  404,333千円
     賞与                                56,484                  69,099
     退職給付費用                                8,649                  9,060
     役員退職慰労引当金繰入額                                16,440                  17,494
     減価償却費                                11,174                  11,581
          ※4 一般管理費に含まれる研究開発費は、次の通りであります。

                                                  当事業年度
                                前事業年度
                                              (自 平成29年6月1日
                            (自 平成28年6月1日
                                               至 平成30年5月31日)
                             至 平成29年5月31日)
                                      9,779千円                 10,652千円
          ※5 固定資産売却損の内容は、次の通りであります。

                                                  当事業年度
                                前事業年度
                                              (自 平成29年6月1日
                            (自 平成28年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                  至 平成30年5月31日)
     土地                                  -千円                 186千円
                                  76/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ※6 減損損失
             前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
              当事業年度において、当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                  場所              用途              種類
              愛知県名古屋市中川区              遊休資産              土地
              当社は事業全体で        資産のグルーピングを行っており、                 事業の用に供していない遊休資産については
             個別資産ごとにグルーピングを行っております。
              当事業年度において、遊休資産の売却を意思決定し、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失(10,213千円)として特別損失に計上いたしま                                 した。
              なお、   回収可能価額は正味売却価額によっており、正味売却価額は売却予定価額に基づき算定してお
             ります。
             当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

              該当事項はありません。
                                  77/123
















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

                                        -         -
      普通株式                      172,500                            172,500
                                        -         -
             合計               172,500                            172,500
     自己株式

                                        -         -
      普通株式                       11,000                            11,000
                                        -         -
             合計                11,000                            11,000
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        (決議)
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     平成28年8月30日
                  普通株式           25,840           160   平成28年5月31日         平成28年8月31日
     定時株主総会
           (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
       (決議)
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)             当額(円)
     平成29年8月30日
               普通株式         25,840     利益剰余金           160   平成29年5月31日         平成29年8月31日
     定時株主総会
          (注)当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っておりますが、上記
              配当金については、株式分割前の株数を基準に記載しております。
                                  78/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

                                        -         -
      普通株式                      172,500                            172,500
                                        -         -
             合計               172,500                            172,500
     自己株式

                                        -         -
      普通株式                       11,000                            11,000
                                        -         -
             合計                11,000                            11,000
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        (決議)
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     平成29年8月30日
                  普通株式           25,840           160   平成29年5月31日         平成29年8月31日
     定時株主総会
           (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
       (決議)
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)             当額(円)
     平成30年8月30日
               普通株式         25,840     利益剰余金           160   平成30年5月31日         平成30年8月31日
     定時株主総会
          (注)当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っておりますが、上記
              配当金については、株式分割前の株数を基準に記載しております。
                                  79/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                  至 平成30年5月31日)
     現金及び預金                               682,780    千円             1,162,797千円
     預入期間が3ケ月を超える定期預金                              △118,547                  △118,549
     現金及び現金同等物                               564,232                 1,044,248
                                  80/123


















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
               当社は、設備投資計画と資金計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入や社債発行)を調達して
              おります。一時的な余資は、主に流動性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借
              入により調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機
              的な取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

               営業債権である受取手形、電子記録債権及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式等であり、市場価格の変動リスクに晒されて
              おります。
               営業債務である支払手形、買掛金及び未払金は、そのほとんどが5ヶ月以内の支払期日でありま
              す。
               借入金及び社債は、主に設備投資及び長期運転資金に係る資金調達を目的としたものであり、返済
              日は、最長で決算日後4年であります。このうち一部は、金利の変動リスクに晒されておりますが、
              デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
               デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワッ
              プ取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性
              評価の方法等については、前述の重要な会計方針「6.ヘッジ会計の方法」をご参照ください。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
                当社は、与信管理規程に従い、営業債権について、営業部が主要な取引先の状況を定期的にモニ
               タリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸
               念の早期把握や軽減を図っております。
                デリバティブ取引については、取引相手先を高格付けを有する金融機関に限定しているため信用
               リスクはほとんどないと認識しております。
             ② 市場リスク(金利の変動リスク)の管理
                当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用してお
               ります。
                投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や
               取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
                デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限及び取引権限を定めた管理規程に従い、担
               当部署が決裁権限者の承認を得て行っております。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
                当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手
               許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

               金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された
              価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条
              件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取
              引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引
              に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  81/123





                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。なお、時価を把握するこ
            とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.をご参照ください。)。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          682,780            682,780              -

      (2)受取手形                           92,043            92,043              -
      (3)電子記録債権                          100,348            100,348              -

      (4)売掛金                          743,620            743,620              -

      (5)投資有価証券                           63,934            63,934              -
       資産計                        1,682,727            1,682,727               -

      (1)支払手形                           47,834            47,834              -

      (2)買掛金                          209,951            209,951              -
                                            10,000
      (3)短期借入金                           10,000                          -
                                            20,037
      (4)1年内償還予定の社債                           20,000                          37
      (5)未払金                           60,232            60,232              -

                                 39,831            39,831
      (6)未払法人税等                                                     -
                                 17,291            17,291
      (7)預り金                                                     -
      (8)長期借入金(*)
                                248,571            248,733              162
       負債計                         653,712            653,911              199

       デリバティブ取引                            -            -            -

      (*)1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)電子記録債権、(4)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
            ります。
          (5)投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。                               また、保有目的ごとの有価証券に関す
            る事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
         負 債
          (1)支払手形、(2)買掛金、              (3)短期借入金、(5)未払金、(6)                 未払法人税等      、 (7)預り金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
            ります。
          (4)1年内償還予定の社債
             1年内償還予定の社債の時価は、               市場価格のない社債のため、元利金の合計額を当該社債の残存期間及
            び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
          (8)長期借入金
             長期借入金の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
            現在価値により算定しております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされて
            おり(下記「デリバティブ取引」参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同
            様の借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いた現在価値により算定しておりま
            す。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
                                  82/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                     (単位:千円)
                                 当事業年度

                 区分
                               (平成29年5月31日)
          非上場株式等                              20,990

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、
          「(5)投資有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      682,780            -         -         -
      受取手形                       92,043           -         -         -
      電子記録債権                      100,348            -         -         -
      売掛金                      743,620            -         -         -
      投資有価証券
       その他有価証券のうち満期がある
       もの
        その他                       -         -       10,000           -
             合計              1,618,793             -       10,000           -
        4.社債、長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              10,000         -       -       -       -       -

      1年内償還予定の社債              20,000         -       -       -       -       -
      長期借入金              125,140        73,132       35,316       14,983         -       -
          合計          155,140        73,132       35,316       14,983         -       -

          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
               当社は、設備投資計画と資金計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。
              一時的な余資は、主に流動性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調
              達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は
              行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

               営業債権である受取手形、電子記録債権及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式等であり、市場価格の変動リスクに晒されて
              おります。
               営業債務である支払手形、買掛金及び未払金は、そのほとんどが5ヶ月以内の支払期日でありま
              す。
               借入金は、主に設備投資及び長期運転資金に係る資金調達を目的としたものであり、返済日は、最
              長で決算日後5年であります。このうち一部は、金利の変動リスクに晒されておりますが、デリバ
              ティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
               デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワッ
              プ取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性
              評価の方法等については、前述の重要な会計方針「6.ヘッジ会計の方法」をご参照ください。
                                  83/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
                当社は、与信管理規程に従い、営業債権について、営業部が主要な取引先の状況を定期的にモニ
               タリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸
               念の早期把握や軽減を図っております。
                デリバティブ取引については、取引相手先を高格付けを有する金融機関に限定しているため信用
               リスクはほとんどないと認識しております。
             ② 市場リスク(金利の変動リスク)の管理
                当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用してお
               ります。
                投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や
               取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
                デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限及び取引権限を定めた管理規程に従い、担
               当部署が決裁権限者の承認を得て行っております。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
                当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手
               許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

               金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された
              価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条
              件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取
              引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引
              に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  84/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。なお、時価を把握するこ
            とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.をご参照ください。)。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         1,162,797            1,162,797               -

      (2)受取手形                           61,574            61,574              -
      (3)電子記録債権                           24,137            24,137              -

                                708,579            708,579
      (4)売掛金                                                     -
      (5)投資有価証券                           70,032            70,032              -
       資産計                        2,027,121            2,027,121               -

      (1)支払手形                           45,834            45,834              -

      (2)買掛金                          207,979            207,979              -
      (3)未払金                           60,291            60,291              -

                                 68,953            68,953
      (4)未払法人税等                                                     -
                                 32,509            32,509
      (5)  預り金                                                  -
      (6)長期借入金(*)                          329,303            329,350              47
                                744,871            744,919              47

       負債計
                                   -            -            -
       デリバティブ取引
      (*)1年内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)電子記録債権、(4)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
            ります。
          (5)投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。                               また、保有目的ごとの有価証券に関す
            る事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
         負 債
          (1)支払手形、(2)買掛金、              (3)未払金、(4)         未払法人税等      、 (5)預り金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
            ります。
          (6)長期借入金
             長期借入金の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
            現在価値により算定しております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされて
            おり(下記「デリバティブ取引」参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同
            様の借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いた現在価値により算定しておりま
            す。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
                                  85/123




                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                     (単位:千円)
                                 当事業年度

                 区分
                               (平成30年5月31日)
          非上場株式等                              20,990

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、
          「(5)投資有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,162,797             -         -         -
      受取手形                       61,574           -         -         -
      電子記録債権                       24,137           -         -         -
                            708,579
      売掛金                                  -         -         -
      投資有価証券
       その他有価証券のうち満期がある
       もの
        その他                       -         -       10,000           -
             合計              1,957,089             -       10,000           -
        4.長期借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              132,364        95,347       64,292       25,920       11,380         -

          合計          132,364        95,347       64,292       25,920       11,380         -

                                  86/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前事業年度(平成29年5月31日)
           その他有価証券
                                 貸借対照表計上額
                          種類                 取得原価(千円)          差額(千円)
                                   (千円)
                                      63,934                   26,959

                      (1)株式                          36,974
                                        -         -         -
                      (2)債券
     貸借対照表計上額が取得原価を超
     えるもの
                                        -         -         -
                      (3)その他
                          小計            63,934         36,974         26,959

                                        -         -         -

                      (1)株式
                                        -         -         -
                      (2)債券
     貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの
                                        -         -         -
                      (3)その他
                          小計              -         -         -

                  合計                     63,934         36,974         26,959

      (注)    非上場株式等(貸借対照表計上額20,990千円)については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と
         認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          当事業年度(平成30年5月31日)

           その他有価証券
                                 貸借対照表計上額
                          種類                 取得原価(千円)          差額(千円)
                                   (千円)
                                      70,032         38,812

                      (1)株式                                   31,219
                                        -         -         -
                      (2)債券
     貸借対照表計上額が取得原価を超
     えるもの
                                        -         -         -
                      (3)その他
                          小計            70,032         38,812         31,219

                                        -         -         -

                      (1)株式
                                        -         -         -
                      (2)債券
     貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの
                                        -         -         -
                      (3)その他
                          小計              -         -         -

                  合計                     70,032         38,812         31,219

      (注)    非上場株式等(貸借対照表計上額20,990千円)については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と
         認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  87/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (デリバティブ取引関係)
          前事業年度(平成29年5月31日)
           1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
              該当事項はありません。
           2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

            金利関連
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)                 (千円)
                                              (千円)
                 金利スワップ取引

     金利スワップの特例処
     理
                  受取変動・支払固定            長期借入金            83,321        54,991      (注)
      (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         当事業年度(平成30年5月31日)

           1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
              該当事項はありません。
           2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

            金利関連
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)                 (千円)
                                              (千円)
                 金利スワップ取引

     金利スワップの特例処
     理
                  受取変動・支払固定            長期借入金            54,991        34,987      (注)
      (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  88/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (退職給付関係)
          前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           1.採用している退職給付制度の概要
             当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付型の制度として、規約型確定給付企業年金制度及び
            退職一時金制度を採用しております。加えて複数事業主制度の企業年金基金制度に加入しております。当
            該企業年金基金制度は自社の拠出に対する年金資産の額を合理的に計算することができない制度であるた
            め、確定拠出制度と同様の会計処理をしております。
           2.確定給付制度

            (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                       当事業年度
                                   (自 平成28年6月1日
                                    至 平成29年5月31日)
             退職給付債務の期首残高                               739,769千円
              勤務費用                               39,363
              利息費用                               1,362
              数理計算上の差異の発生額                               1,824
              退職給付の支払額                              △33,278
             退職給付債務の期末残高                               749,041
            (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                       当事業年度
                                   (自 平成28年6月1日
                                    至 平成29年5月31日)
             年金資産の期首残高                               331,866千円
              期待運用収益                               9,955
              数理計算上の差異の発生額                               18,001
              事業主からの拠出額                               18,617
              退職給付の支払額                              △14,420
             年金資産の期末残高                               364,020
            (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                       当事業年度
                                    (平成29年5月31日)
             積立型制度の退職給付債務                               359,291千円
             年金資産                              △364,020
                                            △4,728
             非積立型制度の退職給付債務                               389,750
             未積立退職給付債務                               385,021
             未認識数理計算上の差異                               △35,257
             未認識過去勤務費用                               △40,348
             貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               309,415
             退職給付引当金                               309,415

             貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               309,415
                                  89/123





                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                       当事業年度
                                   (自 平成28年6月1日
                                    至 平成29年5月31日)
             勤務費用                                39,363千円
             利息費用                                1,362
             期待運用収益                               △9,955
             数理計算上の差異の費用処理額                                5,764
                                             2,730
             過去勤務費用の費用処理額
                                            △1,289
             その他
             確定給付制度に係る退職給付費用                                37,976
            (5)年金資産に関する事項

             ① 年金資産の主な内訳
               年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次の通りであります。
                                       当事業年度
                                    (平成29年5月31日)
             債券                                   42%
             株式                                   56
             その他                                    2
                                               100
              合計
             ② 長期期待運用収益率の設定方法

               年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産
              を構成する多様な資産から現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
            (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

              主要な数理計算上の計算基礎
              退職一時金割引率   0.456%
              規約型確定給付割引率 0.475%
              長期期待運用収益率   3.0%
           3.複数事業主制度

             確定拠出制度と同様に会計処理する複数事業主制度の企業年金基金制度への要拠出額は30,449千円であ
             ります。
            (1)複数事業主制度の直近の積立状況

                                       当事業年度

                                   (平成29年3月31日現在)
            年金資産の額                               709,327    千円

            年金財政計算上の数理債務の額と
                                          1,068,032
            最低責任準備金の額との合計額
                                          △358,705
            差引額
            (2)複数事業主制度の掛金に占める当社の割合

               当 事業年度 23.94%         (平成29年3月31日現在)
            (3)補足説明

            上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高193,341千円及び当事業年度不足金
           165,363千円であります。
            本制度における過去勤務債務の償却方法は元利均等方式であり、残存償却期間は4年11カ月(平成29年3
           月31日現在)であります。
            なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致しません。
          当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

                                  90/123

                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           1.採用している退職給付制度の概要
            当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付型の制度として、規約型確定給付企業年金制度及び退
            職一時金制度を採用しております。加えて複数事業主制度の企業年金基金制度に加入しております。当該
            企業年金基金制度は自社の拠出に対する年金資産の額を合理的に計算することができない制度であるた
            め、確定拠出制度と同様の会計処理をしております。
           2.確定給付制度

            (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                       当事業年度
                                   (自 平成29年6月1日
                                    至 平成30年5月31日)
             退職給付債務の期首残高                               749,041千円
              勤務費用                               38,960
              利息費用                               3,483
              数理計算上の差異の発生額                               9,201
              退職給付の支払額                              △45,183
             退職給付債務の期末残高                               755,504
            (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                       当事業年度
                                   (自 平成29年6月1日
                                    至 平成30年5月31日)
             年金資産の期首残高                               364,020千円
              期待運用収益                               10,920
              数理計算上の差異の発生額                               10,634
              事業主からの拠出額                               17,896
              退職給付の支払額                              △19,278
             年金資産の期末残高                               384,193
            (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                       当事業年度
                                    (平成30年5月31日)
             積立型制度の退職給付債務                               368,342千円
             年金資産                              △384,193
                                           △15,850
             非積立型制度の退職給付債務                               387,161
             未積立退職給付債務                               371,310
             未認識数理計算上の差異                               △27,468
             未認識過去勤務費用                               △36,146
             貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               307,695
             退職給付引当金                               307,695

             貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               307,695
                                  91/123






                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                       当事業年度
                                   (自 平成29年6月1日
                                    至 平成30年5月31日)
             勤務費用                                38,960   千円
             利息費用                                3,483
                                           △10,920
             期待運用収益
                                             6,356
             数理計算上の差異の費用処理額
                                             4,201
             過去勤務費用の費用処理額
                                            △1,468
             その他
                                            40,614
             確定給付制度に係る退職給付費用
            (5)年金資産に関する事項

             ① 年金資産の主な内訳
               年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次の通りであります。
                                       当事業年度
                                    (平成30年5月31日)
             債券                                   42%
             株式                                   56
             その他                                    2
                                               100
              合計
             ② 長期期待運用収益率の設定方法

               年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産
              を構成する多様な資産から現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
            (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

              主要な数理計算上の計算基礎
              退職一時金割引率   0.403%
              規約型確定給付割引率 0.424%
              長期期待運用収益率   3.0%
           3.複数事業主制度

             確定拠出制度と同様に会計処理する複数事業主制度の企業年金基金制度への要拠出額は32,389千円であ
             ります。
            (1)複数事業主制度の直近の積立状況

                                       当事業年度

                                    (平成30年3月31日現在)
             年金資産の額                               778,202    千円

             年金財政計算上の数理債務の額と
                                           1,110,215
             最低責任準備金の額との合計額
                                           △332,013
             差引額
            (2)複数事業主制度の掛金に占める当社の割合

              当事業年度 25.07%          (平成30年3月31日現在)
            (3)補足説明

            上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高330,664千円及び当事業年度不足金
           1,348千円であります。
            本制度における過去勤務債務の償却方法は元利均等方式であり、残存償却期間は8年8カ月(平成30年3
           月31日現在)であります。
            なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致しません。
                                  92/123


                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(平成29年5月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成29年5月31日)
            繰延税金資産
             未払賞与                             91,881   千円
                                          94,324
             退職給付引当金
             役員退職慰労引当金                             38,381
                                          57,639
             その他
            繰延税金資産小計                             282,227
            評価性引当額                             △71,548
            繰延税金資産合計                             210,678
            繰延税金負債
                                         △6,383
             その他有価証券評価差額金
                                         △5,125
             その他
            繰延税金負債合計                             △11,508
            繰延税金資産の純額                             199,169
           (注) 繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                      当事業年度
                                    (平成29年5月31日)
            流動資産-繰延税金資産
                                         104,018    千円
            固定資産-繰延税金資産                              95,151
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成29年5月31日)
            法定実効税率
                                           30.7%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              2.4
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.0
             住民税均等割                              0.9
             評価性引当額の増減                              2.3
                                          △0.1
             その他
                                           36.2
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                  93/123








                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(平成30年5月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成30年5月31日)
            繰延税金資産
             未払賞与                             98,830千円
             退職給付引当金                             94,155
             役員退職慰労引当金                             43,029
                                          37,008
             その他
            繰延税金資産小計                             273,022
            評価性引当額                             △56,925
            繰延税金資産合計
                                         216,097
            繰延税金負債
             その他有価証券評価差額金                            △8,774
                                         △4,609
             その他
            繰延税金負債合計                             △13,383
            繰延税金資産の純額                             202,713
           (注) 繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                      当事業年度
                                    (平成30年5月31日)
            流動資産-繰延税金資産
                                         117,885千円
            固定資産-繰延税金資産                              84,828
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で

            あるため注記を省略しております。
                                  94/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (持分法損益等)
          前事業年度      (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           当社が有している関連会社は、利益基準及び利益剰余金基準からみて重要性の乏しい関連会社であるため、
         記載を省略しております。
          当事業年度      (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

           当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
         (企業結合等関係)

          前事業年度      (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
          該当事項はありません。
          当事業年度      (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

          該当事項はありません。
                                  95/123
















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (賃貸等不動産関係)
          前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           当社では、名古屋市中村区と中川区において、賃貸用のアパート(土地を含む)及び遊休不動産を有して
          おります。当事業年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は3,980千円(賃貸収益は営業外収益に、
          賃貸費用は営業外費用に計上)、減損損失は10,213千円(特別損失に計上)であります。
           また、当該賃貸不動産の貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次の通りであります。
                                    (単位:千円)
                                当事業年度

                             (自 平成28年6月1日
                              至 平成29年5月31日)
     貸借対照表計上額

         期首残高                              130,395

         期中増減額                             △13,805

         期末残高                              116,590

     期末時価                                 121,300
      (注)1.貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
         2.  期中増減額のうち、主な減少額は減損損失10,213千円であります。
         3.期末の時価は、主として「不動産鑑定評価表」に基づいて算定した金額であります。
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

          当事業年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は2,373千円(賃貸収益は営業外収益に、賃貸費用
         は営業外費用に計上)、売却損益は1,613千円(特別損益に計上)であります。
          また、当該賃貸不動産の貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次の通りであります。
                                    (単位:千円)

                                当事業年度

                             (自 平成29年6月1日
                              至 平成30年5月31日)
     貸借対照表計上額

         期首残高                              116,590

         期中増減額                             △116,590

         期末残高                                -

     期末時価                                    -

      (注)期中増減額については、売却による減少であります。
                                  96/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
             省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
              顧客の氏名又は名称                   売上高             関連するセグメント名
            富士電機株式会社                            557,147     ソフトウエア開発事業

           当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
             省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
                顧客の氏名又は名称                   売上高           関連するセグメント名
                                       607,701
            株式会社日立社会情報サービス                                ソフトウエア開発事業
                                       605,659
            富士電機株式会社                                ソフトウエア開発事業
             (注)   株式会社日立社会情報サービスは、平成30年4月1日に株式会社日立公共システムと日立アイ・
               エヌ・エス・ソフトウェア株式会社とが合併し発足した会社であります。                                  上記の金額は、対象期間
               における3社を相手先とする販売実績の合算金額であります。
                                  97/123





                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
            前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
             当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
            当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

             該当事項はありません。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
             該当事項はありません。
            当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

             該当事項はありません。
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
             該当事項はありません。
            当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

             該当事項はありません。
                                  98/123














                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
        前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
          関連当事者との取引
     財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                 資本金又は
                               議決権等の所有                   取引金額       期末残高
         会社等の名称                            関連当事者との
                 出資金
     種類         所在地        事業の内容又は職業                      取引の内容          科目
          又は氏名                             関係
                              (被所有)割合(%)                    (千円)       (千円)
                 (千円)
                                           当社銀行借入に
                                (被所有)
                                           対する債務被保
     役員    伊藤秀和             当社代表取締役社長                債務被保証
               ―    ―                               92,638    ―    ―
                               直接  10.10
                                           証 (注2)
                                (被所有)
     役員の
         水谷多嘉士             当社顧問                顧問契約
               ―    ―                        顧問報酬(注3)        7,650    ―    ―
     近親者
                               直接  12.19
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.当社の銀行借入に対する債務保証の取引金額につきましては、期末被保証残高を記載しております。
         なお、保証料等の支払いは行っておりません。
        3.  顧問報酬については、過去の経験等を総合的に勘案し、双方協議のうえ締結した契約書に基づき決定しておりま
         す。
        当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

     財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                 資本金又は
                               議決権等の所有                   取引金額       期末残高
         会社等の名称                            関連当事者との
                 出資金
     種類         所在地        事業の内容又は職業                      取引の内容          科目
          又は氏名                             関係
                              (被所有)割合(%)                    (千円)       (千円)
                 (千円)
                                (被所有)
     役員の
         水谷多嘉士             当社顧問                顧問契約
               ―    ―                        顧問報酬(注2)       9,800    ―    ―
     近親者
                               直接  12.19
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.顧問報酬については、過去の経験等を総合的に勘案し、双方協議のうえ締結した契約書に基づき決定してお
         ります。
                                  99/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
     前事業年度     (自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
                                当事業年度
                             (自 平成28年6月1日
                              至 平成29年5月31日)
     1株当たり純資産額                              825.44円

     1株当たり当期純利益                               97.15円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っておりますが、当事業年度の期首
           に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                当 事業年度

                             (自 平成28年6月1日
                              至 平成29年5月31日)
                                   156,903

     当期純利益(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                -

                                   156,903
     普通株式に係る当期純利益(千円)
                                  1,615,000
     普通株式の期中平均株式数(株)
     当事業年度     (自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

                                当事業年度
                             (自 平成29年6月1日
                              至 平成30年5月31日)
     1株当たり純資産額                              947.99   円

     1株当たり当期純利益                              137.38円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っておりますが、前事業年度の期首
           に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                 当事業年度

                             (自 平成29年6月1日
                              至 平成30年5月31日)
     当期純利益(千円)                              221,879

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                -

     普通株式に係る当期純利益(千円)                              221,879

     普通株式の期中平均株式数(株)                             1,615,000

                                100/123






                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
          1.資本業務提携に関する契約の締結及び第三者割当による自己株式の処分について

          当社は、自己株式の処分により、第三者割当による募集株式発行を行うことを平成30年3月13日開催の臨時株
         主総会において決議しております。
          本臨時株主総会の決議を受けて、平成30年6月13日開催の取締役会において、株式会社ネクスティエレクトロ
         ニクス(以下「ネクスティエレクトロニクス社」という。)に対する自己株式の処分及び同社に対する資本業
         務提携を決議しました。また、平成30年6月28日付でネクスティエレクトロニクス社と資本業務提携契約を締結
         しております。
         (1)資本業務提携の目的及び理由
            資本業務提携の目的は、当社組込み関連開発事業の主要分野である車載関連ソフトウエア開発において、
           豊田通商グループのエレクトロニクス事業の中核を担い車載組込み型ソフトウエア開発において業績・業容
           を拡大しているネクスティエレクトロニクス社と当社がそれぞれに有する経営資源を有効活用し互いの事業
           を補完することにより、両社の事業を拡大させ企業価値を向上させることにあります。
         (2)資本業務提携の内容
           ①資本提携の内容
             当社は、自己株式処分により、ネクスティエレクトロニクス社に当社普通株式5,175株(自己株式処分
            後の総議決権数に対する割合3.10%、発行済株式総数に対する割合3.00%)を割り当てました。
           ②業務提携の内容
             当社とネクスティエレクトロニクス社は車載ソフトウエア事業における先進安全、情報コネクテッド分
            野等の開発力強化に必要とされるモデルベース開発(※)技術に関し、当社が開発人材や開発・品質管理
            体制を提供し、ネクスティエレクトロニクス社が有する海外オフショア開発拠点の大規模開発力や広い顧
            客ネットワークとのシナジー効果により、開発技術力の向上及び開発期間の短縮を目指し、次世代オート
            モーティブ社会の実現に向けての協力関係を築いてまいります。
           ※モデルベース開発とは、実際の製品(試作品を含む)を作ることなく数学的・物理的に記述した数式をプ
            ログラミングし、その動作をシミュレーションして製品開発を行うもので、試作とテストを何度も繰り
            返す従来の開発手法に比べ手間(時間)と費用を低減できる開発手法であります。
         (3)業務提携の相手先の概要

           名称                株式会社ネクスティエレクトロニクス
                           東京都港区港南2丁目3番地13号               品川フロントビル
           所在地
           代表者役職       氏名          代表取締役社長         青木    厚
                           半導体・エレクトロニクス製品販売、
           事業内容
                           組み込みソフト開発、自社製品開発等
           資本金                52億8,400万円
         (4)日程

           取締役会決議                平成30年6月13日
           資本業務提携契約締結日                平成30年6月28日

           自己株式処分の払込期日                平成30年7月20日

         (5)自己株式処分の概要

           処分期日                平成30年7月20日
           処分株式数                普通株式5,175株

                           1株につき     17,000円
           処分価額
           資本調達の額                87,975,000円

           処分方法                第三者割当の方法による

           処分先                株式会社ネクスティエレクトロニクス

                                101/123



                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.株式分割及び単元株制度の採用
         平成30年10月1日開催の取締役会決議に基づき、平成30年10月19日付で株式分割を行っております。また、平成
         30年10月17日開催の臨時株主総会決議により、同日付で定款の変更を行い、平成30年10月19日付で単元株制度を
         導入しております。
         (1)株式分割及び単元株制度採用の目的

           株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元を100
          株とする単元株制度を採用いたしました。
         (2)株式分割の概要

           ①分割方法
           平成30年10月18日(基準日)最終の株主名簿に記載された株主に対し、その所有株式1株につき10株の割
           合をもって分割しております。
           ②分割により増加する株式数

           株式分割前の発行済株式総数     172,500株
           今回の分割により増加する株式数  1,552,500株
           株式分割後の発行済株式総数    1,725,000株
           株式分割後の発行可能株式総数   5,200,000株
          ③株式分割の効力発生日

           平成30年10月19日
          ④1株当たり情報に及ぼす影響

            「1株当たり情報」は、当該株式分割が前事業年度の期首に行われたものと仮定して算出しております
            が、これによる影響については、当該箇所に反映されております。
         (3)単元株制度の採用

           単元株制度を採用し、普通株式の単元株数を100株といたしました。
                                102/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (追加情報)
           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を第1四半期
           会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
          (四半期損益計算書関係)

           ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                   当第2四半期累計期間
                                  (自 平成30年6月1日
                                   至 平成30年11月30日)
           給料及び手当                               218,458千円
                                           29,536
           賞与
                                            9,360
           役員退職慰労引当金繰入額
                                            4,425
           退職給付費用
          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、下記
            のとおりであります。
                                    当第2四半期累計期間
                                  (自 平成30年6月1日
                                   至 平成30年11月30日)
           現金及び預金勘定                              1,286,071千円
                                          △118,550
           預入期間が3ヶ月を超える定期預金
                                          1,167,521
           現金及び現金同等物
          (株主資本等関係)

           当第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)
           1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成30年8月30日
                        25,840         160
               普通株式                     平成30年5月31日         平成30年8月31日         利益剰余金
     定時株主総会
           (注)当社は、平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。1株当た
           りの配当額については、           株式分割前の株数を基準に記載しております。
                                103/123









                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            当第2四半期累計期間          (自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)
            当社は、ソフトウエア開発事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     当第2四半期累計期間
                                    (自 平成30年6月1日
                                     至 平成30年11月30日)
          1株当たり四半期純利益                                 80円04銭

          (算定上の基礎)
           四半期純利益(千円)                                 132,311

           普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―

           普通株式に係る四半期純利益(千円)                                 132,311

           普通株式の期中平均株式数(株)                                1,652,893

      (注)1.     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.  平成30年10月19日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
           当事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益を算定しております。
                                104/123













                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          【株式】
                                                  貸借対照表計上額

                          銘柄              株式数(株)
                                                     (千円)
                                             56,589           45,079
                  株式会社日立製作所
                                             2,760           13,664
                  株式会社愛知銀行
                  APTJ株式会社                            666          9,990

                  CKD株式会社                           1,000           2,263

                  株式会社大垣共立銀行                            800          2,253

             その他
                  株式会社三菱UFJフィナンシャル・
     投資有価証券
                                             3,000           1,967
             有価証券
                  グループ
                                             1,100           1,367
                  沖電気工業株式会社
                                               200
                  オークマ株式会社                                       1,274
                                               20
                  株式会社名古屋ソフトウェアセンター                                       1,000
                                             1,000
                  富士電機株式会社                                        777
                                             1,500
                  その他(計3銘柄)                                       1,385
                           計                  68,636           81,022

          【その他】

                                                  貸借対照表計上額

                                       投資口数等(口)
                        種類及び銘柄
                                                     (千円)
             その他
                  (合同運用指定金銭信託)
     投資有価証券
                                                1         10,000
             有価証券
                  OKBファンドⅡ
                           計                     1         10,000
                                105/123










                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
       建物              385,351       4,420       -    389,772      174,053       13,374      215,718
       構築物              8,746        -      873     7,873      7,479       68      393
       工具、器具及び備品              155,040       13,209       2,518     165,732      126,482       21,471      39,249
       土地              145,950        -    22,707      123,243        -      -    123,243
        有形固定資産計            695,089       17,630      26,098      686,621      308,015       34,913      378,605
     無形固定資産
       ソフトウエア              75,912      12,764       2,272      86,405      55,400       8,768      31,005
       その他              3,812        -      -     3,812       -      -     3,812
                                 2,272
        無形固定資産計            79,725      12,764            90,218      55,400       8,768      34,817
     投資不動産              140,900        204    141,104        -    47,904       886       -
     (注)投資不動産の当期減少額141,104千円は、売却によるものです。
                                106/123














                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【社債明細表】
                            当期首残高       当期末残高
          銘柄         発行年月日                             担保      償還期限
                                         利率(%)
                            (千円)       (千円)
                              20,000         -
     第3回銀行保証付私募債             平成25年2月12      日                        なし    平成30年2月9日
                                            0.59
                             (20,000)         (-)
                              20,000         -
          合計           -                        -    -       -
                             (20,000)         (-)
     (注)1.( )内で内数表示した金額は、1年以内に償還されるものであります。
        2.銀行保証に対して土地及び建物を担保提供しております。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                            10,000         -       -      -

                                 125,140       132,364
     1年以内に返済予定の長期借入金                                           0.65       -
                                                     平成31年~
                                 123,431
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                                  196,939         0.66
                                                      平成34年
     その他有利子負債                              -       -       -      -
                合計                258,571       329,303          -      -

      (注)1.平均利率については、期末借入残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下の通りであ
           ります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                                95,347
           長期借入金                             64,292        25,920        11,380
                                107/123











                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【引当金明細表】
                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                  2,450          -        -        -       2,450

      受注損失引当金                    -       1,099          -        -       1,099
      役員退職慰労引当金                 125,964         17,494         2,840          -      140,618
         【資産除去債務明細表】

          当事業年度期首及び当事業年度末における資産除去債務の金額が、当事業年度期首及び当事業年度末にお
          け る負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第125条の2の規定により記載を
          省略しております。
                                108/123
















                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
                                                      1,368
      現金
      預金

                                                     973,839
       当座預金
       普通預金                                              69,040

                                                     104,549
       定期預金
       定期積立                                              14,000
                  小計                                  1,161,428

                  合計                                  1,162,7    97

         ロ.受取手形

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      トーヨーカネツソリューションズ株式会社                                               48,485

      アルメックスPE株式会社                                                8,370
      株式会社近藤インスツルメンツ                                                2,118

      株式会社荏原電産                                                1,404

                                                      1,195
      株式会社進和
                  合計                                    61,574

           期日別内訳

                 期日別                          金額(千円)
                                                     12,123

      平成30年6月
                                                      1,231

          7月
                                                     26,332

          8月
                                                     21,887
          9月
                  合計                                    61,574

                                109/123







                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ハ.電子記録債権
           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      大陽日酸エンジニアリング株式会社                                                7,866

      アイレス電子工業株式会社                                                5,923
      富士物流株式会社                                                5,065
      愛知時計電機株式会社                                                2,900

      オムロンフィールドエンジニアリング株式会社                                                1,028

      その他                                                1,353
                  合計                                    24,137

           期日別内訳

                 期日別                          金額(千円)
                                                      3,805

      平成30年6月
          7月                                               12,750

                                                      6,616

          8月
                                                       -
          9月
                                                       964
          10月
                  合計                                    24,137

                                110/123












                                                           EDINET提出書類
                                                      東海ソフト株式会社(E34663)
                                                     有価