りそなJリート・アクティブ・オープン 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:りそなJリート・アクティブ・オープン

カテゴリ:訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      訂正有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2019年2月12日       提出
      【発行者名】                      アセットマネジメントOne株式会社
      【代表者の役職氏名】                      取締役社長      菅野 暁
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
      【事務連絡者氏名】                      三木谷 正直
      【電話番号】                      03-6774-5100
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      りそなJリート・アクティブ・オープン
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      継続募集額(2018年9月22日から2019年3月25日まで)
      信託受益証券の金額】
                             3兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/40














                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       2018年9月21日付をもって提出した有価証券届出書(以下「原届出書」といいます。)につい

      て、運用管理費用(信託報酬)の委託会社と販売会社の配分基準において、ファンドの純資産総額
      に応じて変化するとの内容で説明をすべきところ、作成時の誤認により各販売会社の取扱純資産額
      に応じて変化するとの内容で記載し、確認者におきましても当該誤記載を発見できないまま提出に
      至りました。つきましてはこれを訂正し、差替えを行うため、本訂正届出書を提出するものです。
       また、委託会社の経理状況につきまして、本書提出日現在、第34期中間財務諸表を追加した情
      報が直近の情報となるため、併せて当該経理状況の更新を行います。
     2【訂正の内容】

       原届出書の下記事項のうち、「第二部 ファンド情報 第1 ファンドの状況 4 手数料等

      及び税金」につき、運用管理費用(信託報酬)の委託会社と販売会社の配分基準の項目に関する記
      載を訂正するため、以下に記載した箇所を、<訂正前>の内容から<訂正後>の内容に訂正しま
      す。
       また、「第三部 委託会社等の情報 第1 委託会社等の概況 3 委託会社等の経理状況」
      につきまして、直近の情報にするため、<更新後>の内容に更新いたします。
           部分は訂正部分を示し、<更新後>に記載している内容は原届出書が更新されます。
                                  2/40













                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     4【手数料等及び税金】

     (3)【信託報酬等】

      <訂正前>

          ファンドの日々の純資産総額に対して年率1.08%(税抜1.0%)

          信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
          㮐䭵⡻ꅴڌ뭵⣿ࡏ᝘㆑泿र漰ū칥ࡎਰ唰谰ū캊ࡻ靧ὧ⬰縰弰潏᝽䉎蘰渰栰䴰픰ꄰ
           から支払われます。
          㮐䭵⡻ꅴڌ뭵⣿ࡏ᝘㆑泿र溑䵒ذ漰                      各販売会社の取扱純資産額               に応じて、以下の通りと
           します。
                        運用管理費用(信託報酬)の配分(税抜)
           各販売会社の
                          委託会社              販売会社              受託会社
           取扱純資産額
         100億円未満の部分                年率0.55%              年率0.40%
           100億円以上
                         年率0.50%              年率0.45%
         300億円未満の部分
                                                     年率0.05%
           300億円以上
                         年率0.45%              年率0.50%
         500億円未満の部分
         500億円以上の部分                年率0.40%              年率0.55%
                                   購入後の情報提供、交付
                      信託財産の運用、目論見                            運用財産の保管・管理、
                                   運用報告書等各種書類の
            主な役務          書等各種書類の作成、基                            委託会社からの運用指図
                                   送付、口座内でのファン
                      準価額の算出等の対価                            の実行等の対価
                                   ドの管理等の対価
          
           (株式会社りそな銀行)に対する投資顧問報酬(年率0.15%(税抜))が含まれます。
          㬰픰ꄰ줰䱢閌읛ﺌ愰栰夰譎੘㑎൒핵⍢閌읏ដ㱒㣿ࣿ⫿෿㋿◿⧿㓿र欰搰䐰昰漰Şɘ㐰
           需給により価格が形成されるため、その費用を表示することができません。
      <訂正後>

          ファンドの日々の純資産総額に対して年率1.08%(税抜1.0%)

          信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
          㮐䭵⡻ꅴڌ뭵⣿ࡏ᝘㆑泿र漰ū칥ࡎਰ唰谰ū캊ࡻ靧ὧ⬰縰弰潏᝽䉎蘰渰栰䴰픰ꄰ
           から支払われます。
          㮐䭵⡻ꅴڌ뭵⣿ࡏ᝘㆑泿र溑䵒ذ漰                      ファンドの純資産総額             に応じて、以下の通りとしま
           す。
                        運用管理費用(信託報酬)の配分(税抜)
           ファンドの
                          委託会社              販売会社              受託会社
           純資産総額
                                  3/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         100億円未満の部分                年率0.55%              年率0.40%
           100億円以上
                         年率0.50%              年率0.45%
         300億円未満の部分
                                                     年率0.05%
           300億円以上
                         年率0.45%              年率0.50%
         500億円未満の部分
         500億円以上の部分                年率0.40%              年率0.55%
                                   購入後の情報提供、交付
                      信託財産の運用、目論見                            運用財産の保管・管理、
                                   運用報告書等各種書類の
            主な役務          書等各種書類の作成、基                            委託会社からの運用指図
                                   送付、口座内でのファン
                      準価額の算出等の対価                            の実行等の対価
                                   ドの管理等の対価
          
           (株式会社りそな銀行)に対する投資顧問報酬(年率0.15%(税抜))が含まれます。
          㬰픰ꄰ줰䱢閌읛ﺌ愰栰夰譎੘㑎൒핵⍢閌읏ដ㱒㣿ࣿ⫿෿㋿◿⧿㓿र欰搰䐰昰漰Şɘ㐰
           需給により価格が形成されるため、その費用を表示することができません。
                                  4/40















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     3【委託会社等の経理状況】

      <更新後>

     1.委託会社であるアセットマネジメントOne株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表は、「財務諸

      表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同規則第2条の規定に基
      づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しておりま
      す。
      また、中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第
      38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成
      19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
     2.財務諸表及び中間財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

     3.委託会社は、第33期事業年度(自平成29年4月1日至平成30年3月31日)の財務諸表について、新日本有限責

      任監査法人の監査を受け、第34期中間会計期間(自平成30年4月1日至平成30年9月30日)の中間財務諸表につ
      いて、EY新日本有限責任監査法人の中間監査を受けております。
     (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:千円)

                                第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
            (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                              27,972,477                  49,071,217
       金銭の信託                              12,366,219                  12,083,824
       有価証券                               297,560                    -
       未収委託者報酬                              10,164,041                  11,769,015
       未収運用受託報酬                              7,250,239                  4,574,225
       未収投資助言報酬                               316,414                  341,689
       未収収益                                52,278                  59,526
       前払費用                               533,411                  569,431
       繰延税金資産                               678,104                  842,996
       その他                               445,717                  427,238
                   流動資産計                 60,076,462                  79,739,165
                                  5/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      固定資産
       有形固定資産                              1,900,343                  1,643,826
        建物                       ※1      1,243,812           ※1       1,156,953
        器具備品                       ※1       656,235          ※1        476,504
        建設仮勘定                                295                10,368
       無形固定資産                              1,614,084                  1,934,700
        商標権                                 5                 -
        ソフトウエア                             1,511,558                  1,026,319
        ソフトウエア仮勘定                               98,483                 904,389
        電話加入権                               3,934                  3,931
        電信電話専用施設利用権                                103                  60
       投資その他の資産                              10,055,336                  7,427,316
        投資有価証券                             3,265,786                  1,721,433
        関係会社株式                             3,306,296                  3,229,196
        長期差入保証金                             1,800,827                  1,518,725
        前払年金費用                              686,322                    -
        繰延税金資産                              893,887                  856,537
        その他                              102,215                  101,425
                   固定資産計                 13,569,764                  11,005,844
             資産合計                       73,646,227                  90,745,010
                                                     (単位:千円)

                                第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
            (負債の部)
      流動負債
       預り金                              1,169,128                  1,003,550
       未払金                              4,745,195                  5,081,728
        未払収益分配金                               1,027                  1,031
        未払償還金                               57,332                  57,275
        未払手数料                             4,062,695                  4,629,133
        その他未払金                              624,140                  394,288
       未払費用                              7,030,589                  7,711,038
       未払法人税等                              1,915,556                  5,153,972
       未払消費税等                               891,476                 1,660,259
       賞与引当金                              1,432,264                  1,393,911
       役員賞与引当金                                27,495                  49,986
       本社移転費用引当金                                  -               156,587
                   流動負債計                 17,211,706                  22,211,034
      固定負債
       退職給付引当金                              1,305,273                  1,637,133
       時効後支払損引当金                               216,466                  199,026
                                  6/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       本社移転費用引当金                               942,315                    -
                   固定負債計                  2,464,055                  1,836,160
             負債合計                       19,675,761                  24,047,195
           (純資産の部)
      株主資本
       資本金                              2,000,000                  2,000,000
       資本剰余金                              19,552,957                  19,552,957
        資本準備金                             2,428,478                  2,428,478
        その他資本剰余金                             17,124,479                  17,124,479
       利益剰余金                              31,899,643                  44,349,855
        利益準備金                              123,293                  123,293
        その他利益剰余金                             31,776,350                  44,226,562
         別途積立金                            24,580,000                  24,580,000
         研究開発積立金                             300,000                  300,000
         運用責任準備積立金                             200,000                  200,000
         繰越利益剰余金                            6,696,350                 19,146,562
                   株主資本計                 53,452,601                  65,902,812
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               517,864                  795,002
               評価・換算差額等計                       517,864                  795,002
             純資産合計                        53,970,465                  66,697,815
           負債・純資産合計                         73,646,227                  90,745,010
     (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)

                              第32期                   第33期
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                     56,355,754                   84,705,447
       運用受託報酬                     12,834,241                   19,124,427
       投資助言報酬                     1,002,482                   1,217,672
       その他営業収益                      378,715                   117,586
                営業収益計                   70,571,194                  105,165,133
      営業費用
       支払手数料                     24,957,038                   37,242,284
       広告宣伝費                      838,356                   379,873
       公告費                        991                 1,485
       調査費                     15,105,578                   23,944,438
        調査費                    7,780,474                  10,677,166
        委託調査費                    7,325,104                  13,267,272
       委託計算費                      891,379                 1,073,938
       営業雑経費                     1,102,921                   1,215,963
        通信費                      51,523                   48,704
        印刷費                     926,453                   947,411
                                  7/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        協会費                      37,471                   64,331
        諸会費                        74                22,412
        支払販売手数料                      87,399                  133,104
                営業費用計                   42,896,265                   63,857,984
      一般管理費
       給料                     8,517,089                  11,304,873
        役員報酬                     220,145                   189,022
        給料・手当                    7,485,027                   9,565,921
        賞与                     811,916                 1,549,929
       交際費                       66,813                   58,863
       寄付金                       13,467                   5,150
       旅費交通費                      297,237                   395,605
       租税公課                      430,779                   625,498
       不動産賃借料                     1,961,686                   1,534,255
       退職給付費用                      358,960                   595,876
       固定資産減価償却費                      825,593                 1,226,472
       福利厚生費                       39,792                   49,797
       修繕費                       27,435                   4,620
       賞与引当金繰入額                     1,432,264                   1,393,911
       役員賞与引当金繰入額                       27,495                   49,986
       役員退職慰労金                       63,072                     -
       機器リース料                        210                   148
       事務委託費                     1,530,113                   3,037,804
       事務用消耗品費                      127,265                   144,804
       器具備品費                      271,658                    5,253
       諸経費                      129,981                   149,850
               一般管理費計                    16,120,918                   20,582,772
      営業利益                             11,554,010                   20,724,376
                                                    (単位:千円)

                              第32期                   第33期
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      営業外収益
       受取利息                        537                  1,430
       受取配当金                       51,036                   74,278
       時効成立分配金・償還金                        103                   256
       為替差益                       7,025                   8,530
       投資信託解約益                         2                236,398
       投資信託償還益                         -                 93,177
       雑収入                 ※1      18,213             ※1      10,306
       時効後支払損引当金戻入額                         -                 17,429
                営業外収益計                      76,918                  441,807
      営業外費用
       投資信託解約損                       31,945                   4,138
       投資信託償還損                       47,201                   17,065
       金銭の信託運用損                      552,635                   99,303
       時効成立後支払分配金・償還金                         39                   -
       時効後支払損引当金繰入額                      209,210                     -
                営業外費用計                     841,031                   120,507
      経常利益                              10,789,897                   21,045,676
      特別利益
       固定資産売却益                 ※2      2,348            ※2        1
       投資有価証券売却益                         -                479,323
       関係会社株式売却益                 ※1        -           ※1    1,492,680
                                  8/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       貸倒引当金戻入益                       8,883                    -
       訴訟損失引当金戻入益                       21,677                     -
       本社移転費用引当金戻入額                         -                138,294
       その他特別利益                        746                   350
                 特別利益計                     33,655                 2,110,649
      特別損失
       固定資産除却損                 ※3      23,600             ※3      36,992
       固定資産売却損                 ※4      10,323             ※4       134
       投資有価証券評価損                       12,085                     -
       ゴルフ会員権評価損                       4,832                    -
       訴訟和解金                       30,000                     -
       本社移転費用                 ※5    1,511,622              ※5        -
       退職給付制度終了損                         -                690,899
       システム移行損失                         -                 76,007
       その他特別損失                         -                   50
                 特別損失計                   1,592,463                    804,083
      税引前当期純利益                              9,231,089                  22,352,243
      法人税、住民税及び事業税                              2,965,061                   6,951,863
      法人税等調整額                              △177,275                   △249,832
      法人税等合計                              2,787,786                   6,702,031
      当期純利益                              6,443,302                  15,650,211
     (3)【株主資本等変動計算書】

     第32期(自平成28年4月1日至平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                     利益剰余金
                                               その他利益剰余金
              資本金
                          その他     資本剰余金       利益
                                                    運用責
                   資本準備金
                                          別途    研究開発          繰越利益
                                     準備金
                         資本剰余金       合計
                                                    任準備
                                          積立金     積立金          剰余金
                                                    積立金
     当期首残高          2,000,000      2,428,478         -   2,428,478      123,293     22,030,000      300,000     200,000     5,347,047
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △2,544,000
      別途積立金の
                                          2,550,000              △2,550,000
      積立
      当期純利益                                                   6,443,302
      合併による
                         17,124,479      17,124,479
      増加
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額
                  -      -  17,124,479      17,124,479        -   2,550,000        -     -  1,349,302
     合計
     当期末残高          2,000,000      2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000     6,696,350
                  株主資本           評価・換算差額等

              利益剰余金
                                         純資産
                            その他
                     株主資本            評価・換算
                                         合計
                           有価証券
              利益剰余金
                      合計            差額等合計
                           評価差額金
               合計
                                  9/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期首残高          28,000,340      32,428,818        153,956      153,956     32,582,775
     当期変動額
      剰余金の配当         △2,544,000      △2,544,000                   △2,544,000
      別途積立金の
                  -      -                   -
      積立
      当期純利益         6,443,302      6,443,302                   6,443,302
      合併による
                     17,124,479                   17,124,479
      増加
      株主資本以外の
      項目の当期変動                   -    363,907      363,907      363,907
      額(純額)
     当期変動額
               3,899,302      21,023,782        363,907      363,907     21,387,689
     合計
     当期末残高          31,899,643      53,452,601        517,864      517,864     53,970,465
     第33期(自平成29年4月1日至平成30年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                      利益剰余金
                                               その他利益剰余金
              資本金
                         その他     資本剰余金      利益
                                                    運用責
                   資本準備金
                                          別途     研究開発          繰越利益
                         資本剰余金       合計     準備金
                                                    任準備
                                         積立金     積立金          剰余金
                                                    積立金
     当期首残高         2,000,000      2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000     6,696,350
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △3,200,000
      当期純利益                                                   15,650,211
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計            -      -      -      -    -      -     -     -  12,450,211
     当期末残高         2,000,000      2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000    19,146,562
                  株主資本           評価・換算差額等

              利益剰余金
                            その他             純資産
                     株主資本            評価・換算
                                         合計
                            有価証券
              利益剰余金
                      合計            差額等合計
                           評価差額金
               合計
     当期首残高          31,899,643       53,452,601        517,864      517,864     53,970,465
     当期変動額
      剰余金の配当        △3,200,000       △3,200,000                   △3,200,000
      当期純利益         15,650,211       15,650,211                   15,650,211
      株主資本以外の
      項目の当期変動                   -    277,137      277,137       277,137
      額(純額)
     当期変動額合計          12,450,211       12,450,211        277,137      277,137     12,727,349
                                 10/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期末残高          44,349,855       65,902,812        795,002      795,002     66,697,815
     重要な会計方針

     1.  有価証券の評価基準及び評価方法                    (1)子会社株式及び関連会社株式
                                    :移動平均法による原価法
                           (2)その他有価証券
                            時価のあるもの:決算日の市場価格等に基づく時価法
                            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
                            動平均法により算定)
                            時価のないもの:移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及び評価方法                    時価法

     3.  固定資産の減価償却の方法                    (1)有形固定資産

                            定率法を採用しております。
                             ただし、     平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備につい
                            ては  、定額法を採用しております。
                           (2)無形固定資産
                            定額法を採用しております。
                            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利
                            用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     4.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨へ                    外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に

                           換算し、換算差額は損益として処理しております。
      の換算基準
     5.  引当金の計上基準                    (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充て

                            るため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計
                            上しております。
                           (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充
                            てるため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を
                            計上しております。
                           (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職
                            一時金制度について、当事業年度末における退職給付債務の見
                            込額に基づき計上しております。
                            ①退職給付見込額の期間帰属方法
                             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年
                             度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式
                             基準によっております。
                            ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                             過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存
                             勤務期間内の一定の年数(5年または10年)による定額法に
                             より按分した額を費用処理しております。
                             数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業
                             員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)に
                             よる定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年
                             度から費用処理しております。
                           (4)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益
                            分配金及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備
                            えるため、過去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上し
                            ております。
                           (5)本社移転費用引当金は、本社移転に関連して発生する損失
                            に備えるため、発生すると見込まれる額を計上しております。
     6.消費税等の会計処理                      消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっておりま

                           す。
                                 11/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     会計上の見積りの変更

                    第33期    (自平成29年4月1日           至平成30年3月31日)
      当社は、当事業年度においてシステム統合計画を決定したことに伴い、利用不能となる固定資産について

     耐用年数を短縮し、将来にわたり変更しております。
      これにより、従来の方法と比べて、当事業年度末の減価償却費が413,260千円増加し、営業利益、経常利
     益及び税引前当期純利益はそれぞれ同額減少しております。
     追加情報

                    第33期    (自平成29年4月1日           至平成30年3月31日)
      当社は、平成       29 年 10 月 1 日付で確定給付企業年金制度を確定拠出年金制度等に移行したことにより、「退

     職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第                                    1 号 平成     28 年 12 月 16 日)及び「退職
     給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」                              ( 実務対応報告第        2 号 平成     19 年 2 月 7 日 ) を適用
     し、確定給付年金制度の終了の処理を行いました。
      本移行に伴う影響額は、特別損失に退職給付制度終了損として690,899千円を計上しております                                                 。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
      建物                                53,098                 140,580
      器具備品                                734,064                 847,466
     (損益計算書関係)

     ※1.  関係会社に対する事項
                                                       (千円)
                                 第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      雑収入                                 8,183                   -
      関係会社株式売却益                                   -             1,492,680
     ※2.固定資産売却益の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      建物                                  546                  -
      車両運搬具                                  696                  -
      器具備品                                 1,104                   1
     ※3.固定資産除却損の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      建物                                   -                 298
      器具備品                                 4,727                 8,217
                                 12/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ソフトウエア                                 2,821                 28,472
      電話加入権                                16,052                    3
     ※4.固定資産売却損の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      建物                                  543                  -
      器具備品                                 9,779                  134
     ※5.本社移転費用の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      本社移転費用引当金繰入額                                 942,315                    -
      旧本社不動産賃借料                                418,583                    -
      賃貸借契約解約損                                150,723                    -
     (株主資本等変動計算書関係)

      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
      発行済株式の種類            当事業年度期首            当事業年度           当事業年度           当事業年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
        普通株式               24,000            490            -         24,490

        A種種類株式                  -        15,510              -         15,510

          合計              24,000           16,000              -         40,000

     (注)普通株式及びA種種類株式の発行済株式総数の増加は、当社統合に伴う新株の発行による増加でありま
        す。
      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
          決議        株式の     配当金の総額        1株当たり配当            基準日          効力発生日
                  種類      (千円)        額(円)
       平成28年6月29日

                 普通株式        2,544,000         106,000       平成28年3月31日           平成28年6月30日
        定時株主総会
     (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議       株式の     配当の     配当金の総       1株当たり配          基準日         効力発生日
                 種類     原資    額(千円)        当額(円)
                 普通

                 株式
      平成29年6月21日                利益
                           3,200,000         80,000     平成29年3月31日          平成29年6月22日
       定時株主総会              剰余金
                A種種類
                 株式
      第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

                                 13/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
      発行済株式の種類            当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
        普通株式               24,490             -           -         24,490

        A種種類株式                15,510             -           -         15,510

          合計              40,000             -           -         40,000

      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
          決議        株式の     配当金の総額        1株当たり配当            基準日          効力発生日
                   種類      (千円)        額(円)
                 普通株式

       平成29年6月21日
                         3,200,000          80,000      平成29年3月31日           平成29年6月22日
                  A種種類
        定時株主総会
                   株式
     (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         平成30年6月20日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
          決議       株式の     配当の     配当金の総       1株当たり配          基準日         効力発生日
                 種類     原資    額(千円)       当額(円)
                 普通

                 株式
      平成30年6月20日                利益
                           12,520,000         313,000      平成30年3月31日          平成30年6月21日
       定時株主総会              剰余金
                A種種類
                 株式
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
     ( 1 ) 金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、短期的な預金等に限定しております。
        当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するため、当該投資信託を特定金外信託を通じて、ま
       たは直接保有しております。なお、特定金外信託を通じて行っているデリバティブ取引は後述するリスク
       を低減する目的で行っております。当該デリバティブ取引は、実需の範囲内でのみ利用することとしてお
       り、投機的な取引は行わない方針であります。
     ( 2 ) 金融商品の内容及びそのリスク

        金銭の信託の主な内容は、当社運用ファンドの安定運用を主な目的として資金投入した投資信託及びデ
       リバティブ取引であります。金銭の信託に含まれる投資信託は為替及び市場価格の変動リスクに晒されて
       おりますが、デリバティブ取引(為替予約取引及び株価指数先物取引)を利用して一部リスクを低減して
       おります。
        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、相手先の信用リスクに晒されております。
        有価証券及び投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の株式で
       あり、発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である未払手数料は、1年以内の支払期日であります。
     ( 3 ) 金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          預金の預入先については、余資運用規程に従い、格付けの高い預入先に限定することにより、リスク
         の軽減を図っております。
                                 14/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          営業債権の相手先の信用リスクに関しては、当社の信用リスク管理の基本方針に従い、取引先ごとの
         期日管理及び残高管理を行うとともに、主な相手先の信用状況を把握する体制としています。
          有価証券及び投資有価証券の発行体の信用リスクに関しては、信用情報や時価の把握を定期的に行う
         ことで管理しています。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          組織規程における分掌業務の定めに基づき、リスク管理担当所管にて、取引残高、損益及びリスク量
         等の実績管理を行い、定期的に社内委員会での報告を実施しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          取引実行担当所管からの報告に基づき、資金管理担当所管が資金繰りを確認するとともに、十分な手
         許流動性を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     ( ▶ ) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
       が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
       用することにより、当該価額が変動することがあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
       第32期(平成29年3月31日現在)
                          貸借対照表計上額                時価           差額
                            (千円)            (千円)           (千円)
       (1)現金・預金                        27,972,477            27,972,477               -
       (2)金銭の信託                        12,366,219            12,366,219               -
       (3)未収委託者報酬                        10,164,041            10,164,041               -
       (4)未収運用受託報酬                        7,250,239            7,250,239               -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                    3,225,878            3,225,878               -
              資産計                 60,978,855            60,978,855               -
       (1)未払手数料                         4,062,695            4,062,695               -
              負債計                  4,062,695            4,062,695               -
       第33期(平成30年3月31日現在)

                          貸借対照表計上額                時価           差額
                            (千円)            (千円)           (千円)
       (1)現金・預金                        49,071,217            49,071,217               -
       (2)金銭の信託                        12,083,824            12,083,824               -
       (3)未収委託者報酬                        11,769,015            11,769,015               -
       (4)未収運用受託報酬                        4,574,225            4,574,225               -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                    1,448,968            1,448,968               -
              資産計                 78,947,251            78,947,251               -
       (1)未払手数料                         4,629,133            4,629,133               -
              負債計                  4,629,133            4,629,133               -
      (注1)金融商品の時価の算定方法

        資 産
        (1)現金・預金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
        (2)金銭の信託

          有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券
                                 15/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         について、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関より
         提示された価格によっております。
        (3)未収委託者報酬及び(4)未収運用受託報酬

          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
         おります。
        (5)有価証券及び投資有価証券

          これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっておりま
         す。
        負 債

        (1)未払手数料
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                      (千円)
                                第32期                 第33期
               区分
                           (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
       ①非上場株式                              337,468                 272,464
       ②関係会社株式                             3,306,296                 3,229,196
        ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を
        把握することが極めて困難と認められるため、「(5)                            有価証券及び投資有価証券              その他有価証券」には
        含めておりません。
        ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価
        を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
      (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       第32期(平成29年3月31日現在)
                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
       (1)現金・預金                     27,972,477             -         -         -
       (2)金銭の信託                     12,366,219             -         -         -
       (3)未収委託者報酬                     10,164,041             -         -         -
       (4)未収運用受託報酬                     7,250,239             -         -         -
       (5)有価証券及び投資有価証券
                              297,560         320,736         888,110         12,660
          その他有価証券(投資信託)
       第33期(平成30年3月31日現在)

                           1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
       (1)現金・預金                     49,071,217             -         -         -
       (2)金銭の信託                     12,083,824             -         -         -
       (3)未収委託者報酬                     11,769,015             -         -         -
       (4)未収運用受託報酬                     4,574,225             -         -         -
       (5)有価証券及び投資有価証券
                                -       3,995           -         -
          その他有価証券(投資信託)
     (有価証券関係)

     1.  子会社株式及び関連会社株式
                                 16/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       関係会社株式(第32期の貸借対照表計上額3,306,296千円、第33期の貸借対照表計上額3,229,196千円)
      は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     2.  その他有価証券

      第32期(平成29年3月31日現在)
                                                       (千円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                      609,710               146,101              463,608
       ②投資信託                     2,384,278              2,091,387               292,891
       小計                     2,993,988              2,237,489               756,499
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                         -              -              -
       ②投資信託                      231,889              241,951             △10,061
       小計                      231,889              241,951             △10,061
       合計                     3,225,878              2,479,440               746,438
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額337,468千円)については、市場価格がなく、時価を把握                                                 すること
         が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      第33期(平成30年3月31日現在)

                                                       (千円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                     1,267,157               146,101             1,121,055
       ②投資信託                      177,815              153,000              24,815
       小計                     1,444,972               299,101             1,145,870
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                         -              -              -
                                                          △  ▶
       ②投資信託                       3,995              4,000
                                                          △  ▶
       小計                       3,995              4,000
       合計                     1,448,968               303,101             1,145,866
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額                   272,464    千円)については、市場価格がなく、時価を把握                         すること
         が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3.当該事業年度中に売却したその他有価証券

      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
                          売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (千円)             (千円)             (千円)
       投資信託                      717,905                2          79,146
       (注)投資信託の「売却額」、「売却益の合計額」及び「売却損の合計額」は、解約又は償還によるもの
         であります。
                                 17/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

                          売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                         (千円)             (千円)             (千円)
       株式                      544,326             479,323                -
       投資信託                     2,480,288              329,576             21,204

       (注)投資信託の「売却額」、「売却益の合計額」及び「売却損の合計額」は、解約又は償還によるもの
         であります。
     4.減損処理を行った有価証券

       第32期において、有価証券について12,085千円(その他有価証券)減損処理を行っております。
       第33期において、該当事項はありません。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処
      理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理
      を行っております。
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度(非積立型制度であります)を採用しております。確定
      拠出型の制度としては確定拠出年金制度を採用しております。
       なお、   当社は平成      29 年 10 月 1 日付で、     確定給付企業年金制度を確定拠出年金制度等に移行するとともに、
      退職一時金制度を改定しました。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                                (自   平成28年4月       1日     (自   平成29年4月       1日
                                 至  平成29年3月31日)             至  平成30年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                 1,086,550               2,718,372
        勤務費用                                 189,127               269,128
        利息費用                                 10,905                7,523
        数理計算上の差異の発生額                                 89,303               61,792
        退職給付の支払額                                △144,062               △111,758
        合併による増加                                1,486,547                   -
        確定拠出制度への移行に伴う減少額                                    -          △1,316,796
        退職一時金制度改定に伴う増加額                                    -            526,345
       退職給付債務の期末残高                                 2,718,372               2,154,607
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                                (自   平成28年4月       1日     (自   平成29年4月       1日
                                 至  平成29年3月31日)             至  平成30年3月31日)
       年金資産の期首残高                                     -           1,363,437
          期待運用収益                                16,033               17,042
          数理計算上の差異の発生額                                 1,894                 -
          事業主からの拠出額                                37,402               36,672
          退職給付の支払額                               △28,876                  -
          合併による増加                              1,336,984                   -
          確定拠出制度への移行に伴う減少額                                  -          △1,417,152
                                 18/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       年金資産の期末残高                                 1,363,437                   -
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

      調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
       積立型制度の退職給付債務                                 1,275,346                   -
       年金資産                                △1,363,437                    -
                                        △88,090                   -
       非積立型制度の退職給付債務                                 1,443,026               2,154,607
       未積立退職給付債務                                 1,354,935               2,154,607
       未認識数理計算上の差異                                 △430,203               △204,636
       未認識過去勤務費用                                  △4,852              △312,836
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  919,879              1,637,133
       退職給付引当金                                 1,245,019               1,637,133

       前払年金費用                                 △325,140                   -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  919,879              1,637,133
      (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (自   平成28年4月       1日     (自   平成29年4月       1日
                                至  平成29年3月31日)              至  平成30年3月31日)
       勤務費用                                  189,127               269,128
       利息費用                                   10,905                7,523
       期待運用収益                                  △16,033               △17,042
       数理計算上の差異の費用処理額                                   78,229               88,417
       過去勤務費用の費用処理額                                   4,852               39,611
       退職一時金制度改定に伴う費用処理額                                     -             70,560
       その他                                   7,498              △1,620
       確定給付制度に係る退職給付費用                                  274,580               456,577
       制度移行に伴う損失(注)                                     -            690,899
       (注)特別損失に計上しております。
      (5)年金資産に関する事項

         ①年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                    第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
         株式
                                         31.5%                  -
         債券
                                         29.0%                  -
         共同運用資産
                                         24.1%                  -
         生命保険一般勘定
                                         10.5%                  -
         現金及び預金
                                          4.6%                 -
         合計
                                         100.0%                  -
         ②長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
         構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                 19/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項
         主要な数理計算上の計算基礎
                                   第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
       割引率                              0.02%~1.09%                    0.09  %
       長期期待運用収益率                                  2.50%                 -
       予想昇給率                              1.00%~8.73%               1.00%~4.42%
     3.簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (自   平成28年4月       1日      (自   平成29年4月       1日
                                至  平成29年3月31日)              至  平成30年3月31日)
       退職給付引当金の期首残高                                     -           △300,927
         退職給付費用
                                         22,562               53,156
         退職給付の支払額                                   -               -
         制度への拠出額
                                        △36,177               △35,640
         合併による増加
                                        △287,313                   -
         確定拠出制度への移行に伴う減少額
                                            -            391,600
         退職一時金制度改定に伴う振替額
                                            -           △108,189
       退職給付引当金の期末残高                                 △300,927                   -
      (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

      調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
       積立型制度の退職給付債務                                  789,261                  -
       年金資産                                △1,150,443                    -
                                        △361,181                   -
       非積立型制度の退職給付債務                                   60,254                  -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △300,927                   -
       退職給付引当金                                   60,254                  -

       前払年金費用                                 △361,181                   -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △300,927                   -
      (3)退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用 前事業年度                       22,562千円 当事業年度53,156千円
     4.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度61,817千円、当事業年度                                       86,141   千円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
       繰延税金資産                              (千円)                  (千円)
        未払事業税                         124,081                  290,493
        未払事業所税                         11,054                  11,683
                                 20/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        賞与引当金                         441,996                  426,815
        未払法定福利費                         84,152                  81,186
        資産除去債務                         86,421                  90,524
        減価償却超過額(一括償却資産)                         10,666                  11,331
         減価償却超過額                       116,920                  176,791
        繰延資産償却超過額(税法上)                        32,949                  34,977
        退職給付引当金                         399,808                  501,290
        時効後支払損引当金                         66,282                  60,941
        ゴルフ会員権評価損                         14,295                  13,173
         関係会社株式評価損                       166,740                  166,740
         投資有価証券評価損                        69,683                  28,976
         未払給与                        12,344                  9,186
         本社移転費用引当金                       289,865                  47,947
                                 14,309                  29,193
         その他
       繰延税金資産小計
                               1,941,573                  1,981,254
                                   -                  -
         評価性引当額
       繰延税金資産合計                       1,941,573                  1,981,254
       繰延税金負債
         前払年金費用                      △210,151                      -
                               △159,429                  △281,720
         その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                       △369,581                  △281,720
       繰延税金資産の純額                       1,571,992                  1,699,533
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下である
      ため、注記を省略しております。
     ( 企業結合等関係        )

      当社(以下「AMOne」という)は、平成28年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社(以
     下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式会社(以下
     「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4社」という)間の
     「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日付で統合いたしました。
     1.結合当事企業

       結合当事企業             DIAM           MHAM            TB         新光投信
                 投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
       事業の内容
                 資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
     2.企業結合日

      平成28年10月1日
     3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、吸収合
     併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分割、③DIAMを
     吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
                                 21/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4.結合後企業の名称
      アセットマネジメントOne株式会社
     5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「                              MHFG  」という)及び第一生命ホールディングス
     株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミットメントのも
     と、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、                                      MHFG  と第一生命両社グループとの
     連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバルな運用会社としての飛
     躍を目指してまいります。
     6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                          DIAM                      MHAM
         会社名
                        (存続会社)                      (消滅会社)
       合併比率(*)                    1                     0.0154
      (*)   普通株式と種類株式を合算して算定しております。
     7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、                         DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所有する
     MHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式15,510株を交
     付しました。
     8.経済的持分比率(議決権比率)

      MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                     50.00%
      MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                     20.00%
      MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                     70.00%
      なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
     9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社である                                              MHFG  が、結合後
     企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当し、DIAMが被
     取得企業となるものです。
     10.会計処理

      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計
     基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)
     に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下の取引として処理
     し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
     11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

       (1)財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
         平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
       (2)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価        MHAMの普通株式           144,212,500千円
          取得原価                   144,212,500千円
       (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224,837千円
                               被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負
          b.発生原因
                               債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
       (4)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
                                 22/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          a.資産の額        資産合計                    40,451,657千円
                    うち現金・預金                   11,605,537千円
                    うち金銭の信託                   11,792,364千円
          b.負債の額
                   負債合計                    9,256,209千円
                    うち未払手数料及び未払費用                   4,539,592千円
          (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額には含
             まれておりません。
       (5)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種類別の
          加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額                            53,030,000千円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産                           53,030,000千円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産                                16.9年
     12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

       (1)貸借対照表項目
       流動資産                           -千円
       固定資産                     114,270,495千円
       資産合計                     114,270,495千円
       流動負債                           -千円
       固定負債                      13,059,836千円
       負債合計                      13,059,836千円
       純資産                     101,210,659千円
       (注)固定資産及び資産合計には、のれんの金額70,507,975千円及び顧客関連資産の金額45,200,838千
          円が含まれております。
       (2)損益計算書項目
       営業収益                           -千円
       営業利益                     △9,012,128千円
       経常利益                     △9,012,128千円
       税引前当期純利益                     △9,012,128千円
       当期純利益                     △7,419,617千円
       1株当たり当期純利益                     △185,490円43銭
       (注)営業利益には、のれんの償却額3,811,241千円及び顧客関連資産の償却額5,233,360千円が含まれ
          ております。
     (資産除去債務関係)

       当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有し
      ているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
       なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債計
      上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負
      担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
     (セグメント情報等)

     1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)           及び  第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)
      (1)サービスごとの情報
                                 23/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごとの営業
       収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報
        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
       略しております。
     (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引
     (1)親会社及び法人主要株主等
     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
     該当はありません。
     第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

     該当はありません。
     (2)子会社及び関連会社等

     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
     該当はありません。
     第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

     該当はありません。
     (3)兄弟会社等

     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
                資本金    事業の    議決権      関係内容
                                            取引金額      科目    期末残高
       会社等の      住所    又は    内容又    等の所             取引の内容
     属
                                            (千円)           (千円)
        名称        出資金    は職業    有(被
                            役員の     事業上
     性
                        所有)
                            兼任等     の関係
                         割合
       株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の       4,530,351      未払       767,732

       みずほ銀     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
       行     区                    の販売     数料
       資産管理     東京都     500   資産管     -    -   当社信託     信託元本の        100,000    金銭の     12,366,219

     親
       サービス     中央区     億円   理等            財産の運     払戻(純             信託
     会
       信託銀行                         用     額)
     社
       株式会社                              信託報酬の         7,080
     の
                                     支払
     子
       みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の       5,061,766      未払      1,166,212
     会
       券株式会     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
     社
       社     区                    の販売     数料
       みずほ信     東京都    2,473    信託銀     -    -   投資一任     運用受託報       2,520,431      未収運      2,722,066

       託銀行株     中央区     億円   行業            契約の締     酬の受取             用受託
       式会社                         結                  報酬
                                 24/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

                資本金    事業の    議決権      関係内容
                                            取引金額      科目    期末残高
       会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内容
     属
                                            (千円)           (千円)
        名称        出資金    は職業    有(被
                            役員の     事業上
     性
                        所有)
                            兼任等     の関係
                         割合
     親  株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の       6,470,802      未払       894,336

     会  みずほ銀     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
     社  行     区                    の販売     数料
     の
       みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の       9,079,083      未払     1,549,208
     子
       券株式会     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
     会
       社     区                    の販売     数料
     社
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)   投資信託の販売代行手数料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注2)   信託報酬は、一般的取引条件を勘案した料率が適用されております。
     (注3)   運用受託報酬は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注4)   上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
       (東京証券取引所及びニューヨーク証券取引所に上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務諸表

       該当はありません。
     (1株当たり情報)

                               第32期                  第33期
                          (自   平成28年4月       1日         (自   平成29年4月       1日
                           至  平成29年3月31日)                 至  平成30年3月31日)
      1株当たり純資産額                          1,349,261     円 64 銭           1,667,445     円 37 銭
      1株当たり当期純利益金額                            201,491    円 22 銭            391,255    円 29 銭

     (注1)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりま
        せん。
     (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              第32期                   第33期
                         (自   平成28年4月       1日         (自   平成29年4月       1日
                          至  平成29年3月31日)                 至  平成30年3月31日)
      当期純利益金額                           6,443,302千円                   15,650,211千円
      普通株主及び普通株主と同等

                                       -                   -
      の株主に帰属しない金額
      普通株式及び普通株式と同等

                                 6,443,302千円                   15,650,211千円
      の株式に係る当期純利益金額
      普通株式及び普通株式と同等

      の株式の期中平均株式数                              31,978株                   40,000株
                                 25/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                   (24,244株)                   (24,490株)
      (うち普通株式)
      (うちA種種類株式)                              (7,734株)                   (15,510株)

     (注1)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を有して
        いるため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
     (1)中間貸借対照表

                                                    (単位:千円)
                                          第34期中間会計期間末
                                         (平成30年9月30日現在)
                 (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                                               34,067,025
       金銭の信託                                               18,936,052
       未収委託者報酬                                               12,755,452
       未収運用受託報酬                                               3,856,616
       未収投資助言報酬                                                346,291
       未収収益                                                 58,816
       前払費用                                                722,476
       その他                                                443,661
                             流動資産計                        71,186,392
      固定資産

       有形固定資産                                               1,564,959
        建物                                  ※1            1,139,616
        器具備品                                  ※1             425,343
       無形固定資産                                               2,666,559
        ソフトウエア                                               875,280
        ソフトウエア仮勘定                                              1,787,307
        電話加入権                                                3,931
        電信電話専用施設利用権                                                  40
       投資その他の資産                                               8,242,396
        投資有価証券                                              2,436,769
        関係会社株式                                              3,229,196
        長期差入保証金                                              1,318,800
        繰延税金資産                                              1,167,835
        その他                                                89,794
                             固定資産計                        12,473,915
                  資産合計                                    83,660,307
                                                    (単位:千円)

                                 26/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                          第34期中間会計期間末
                                         (平成30年9月30日現在)
                 (負債の部)
      流動負債
       預り金                                               2,420,695
       未払金                                               5,448,301
        未払収益分配金                                                1,091
        未払償還金                                                48,968
        未払手数料                                              4,999,441
        その他未払金                                               398,799
       未払費用                                               6,877,637
       未払法人税等                                               3,090,099
       未払消費税等                                                599,967
       前受収益                                                 70,778
       賞与引当金                                               1,310,878
       役員賞与引当金                                                 25,584
                             流動負債計                        19,843,940
      固定負債
       退職給付引当金                                               1,739,495
       時効後支払損引当金                                                177,842
                             固定負債計                         1,917,338
                  負債合計                                    21,761,279
                (純資産の部)
      株主資本
       資本金                                               2,000,000
       資本剰余金                                               19,552,957
        資本準備金                                              2,428,478
        その他資本剰余金                                              17,124,479
       利益剰余金                                               39,054,769
        利益準備金                                               123,293
        その他利益剰余金                                              38,931,475
         別途積立金                                             31,680,000
         繰越利益剰余金                                             7,251,475
                             株主資本計                        60,607,726
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                               1,291,302
                         評価・換算差額等計                             1,291,302
                 純資産合計                                    61,899,028
                負債・純資産合計                                      83,660,307
     (2)中間損益計算書

                                                    (単位:千円)
                                 27/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                        第34期中間会計期間
                                  (自平成30年4月1日至平成30年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                42,913,511
       運用受託報酬                                 8,532,726
       投資助言報酬                                  628,443
       その他営業収益                                  58,808
                        営業収益計                              52,133,489
      営業費用
       支払手数料                                18,339,539
       広告宣伝費                                  179,085
       公告費                                    125
       調査費                                12,096,339
        調査費                                4,887,455
        委託調査費                                7,208,884
       委託計算費                                  514,718
       営業雑経費                                  613,114
        通信費                                 23,463
        印刷費                                 467,622
        協会費                                 31,454
        諸会費                                 17,206
        支払販売手数料                                 73,367
                        営業費用計                              31,742,923
      一般管理費
       給料                                 4,854,622
        役員報酬                                 92,217
        給料・手当                                4,634,136
        賞与                                 128,268
       交際費                                  26,068
       寄付金                                   5,806
       旅費交通費                                  164,824
       租税公課                                  284,716
       不動産賃借料                                  779,131
       退職給付費用                                  256,835
       固定資産減価償却費                              ※1    294,442
       福利厚生費                                  22,384
       修繕費                                  12,644
       賞与引当金繰入額                                 1,310,878
       役員賞与引当金繰入額                                  25,584
       機器リース料                                    60
       事務委託費                                 1,757,115
       事務用消耗品費                                  70,698
       器具備品費                                   3,043
       諸経費                                  98,264
                       一般管理費計                               9,967,124
      営業利益                                                10,423,441
                                                    (単位:千円)

                                        第34期中間会計期間
                                  (自平成30年4月1日至平成30年9月30日)
      営業外収益
       受取利息                                    887
       受取配当金                                  49,212
                                 28/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       時効成立分配金・償還金                                   8,482
       時効後支払損引当金戻入額                                  19,806
       雑収入                                  12,895
                       営業外収益計                                 91,283
      営業外費用
       為替差損                                  19,977
       金銭の信託運用損                                  23,814
       雑損失                                   3,708
                       営業外費用計                                 47,500
      経常利益                                                10,467,225
      特別損失
       固定資産除却損                                  18,830
                        特別損失計                                18,830
      税引前中間純利益                                                10,448,394
      法人税、住民税及び事業税                                                2,910,819
      法人税等調整額                                                 312,661
      法人税等合計                                                3,223,481
      中間純利益                                                7,224,913
     (3)中間株主資本等変動計算書

      第34期中間会計期間(自平成30年4月1日至平成30年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                              その他利益剰余金
              資本金
                         その他     資本剰余金      利益
                                                   運用責
                  資本準備金
                                         別途    研究開発          繰越利益
                        資本剰余金       合計    準備金
                                                   任準備
                                         積立金     積立金          剰余金
                                                   積立金
     当期首残高         2,000,000      2,428,478      17,124,479      19,552,957     123,293    24,580,000      300,000     200,000    19,146,562
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                                 △ 12 ,520,000
      中間純利益                                                  7, 224,913
      別途積立金
                                        7,100,000
      の積立
      研究開発
                                             △300,000
      積立金の取崩
      運用責任準備
                                                  △200,000
      積立金の取崩
      繰越利益剰余金
                                                       △6,600,000
      の取崩
      株主資本以外の
      項目の当中間期
      変動額(純額)
     当中間期変動額
                 -      -      -      -    -  7,100,000     △300,000     △200,000    △11,895,086
     合計
     当中間期末残高         2,000,000      2,428,478      17,124,479      19,552,957     123,293    31,680,000         -     -  7,251,475
                   株主資本            評価・換算差額等

                                 29/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                           純資産
               利益剰余金
                              その他
                       株主資本            評価・換算
                                           合計
                             有価証券
               利益剰余金
                        合計           差額等合計
                             評価差額金
                合計
     当期首残高            44,349,855      65,902,812        795,002      795,002       66,697,815
     当中間期変動額
      剰余金の配当          △12,520,000      △12,520,000                    △12,520,000
      中間純利益           7,224,913      7,224,913                    7,224,913
      別途積立金
                 7,100,000      7,100,000                    7,100,000
      の積立
      研究開発
                 △300,000      △300,000                    △300,000
      積立金の取崩
      運用責任準備
                 △200,000      △200,000                    △200,000
      積立金の取崩
      繰越利益剰余金
                △6,600,000      △6,600,000                    △6,600,000
      の取崩
      株主資本以外の
      項目の当中間期                         496,300      496,300        496,300
      変動額(純額)
     当中間期変動額
                △5,295,086      △5,295,086        496,300      496,300      △4,798,786
     合計
     当中間期末残高            39,054,769      60,607,726       1,291,302      1,291,302        61,899,028
     重要な会計方針

                      (1)子会社株式及び関連会社株式
     1.有価証券の評価基準及び評
                               :移動平均法による原価法
       価方法
                      (2)その他有価証券
                       時価のあるもの:中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
                        法により算定)
                       時価のないもの:         移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び                 時価法

       評価方法
                      (1)有形固定資産

     3.固定資産の減価償却の方法
                       定率法を採用しております。
                        ただし、     平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については                             、
                        定額法を採用しております。
                       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                        建物        …   6~18年
                        器具備品        …   2~20年
                      (2)無形固定資産
                        定額法を採用しております。
                        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能
                       期間(5年)に基づく定額法によっております。
                       外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物等為替相場により円貨に換算

     4.外貨建の資産及び負債の本
                       し、換算差額は損益として処理しております。
       邦通貨への換算基準
                                 30/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるた
     5.引当金の計上基準
                       め、将来の支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を計上して
                       おります。
                      (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充てるた
                       め、将来の支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を計上して
                       おります。
                      (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職一時金
                       制度について、        当事業年度末       における退職給付債務の見込額に基づき
                       当中間会計期間末において発生していると認められる額を計上してお
                       ります。
                        ①退職給付見込額の期間帰属方法
                         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間
                         末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準に
                         よっております。
                        ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                         過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期
                         間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額を費用処
                         理しております。
                         数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業員の平
                         均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)による定額法に
                         より按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理して
                         おります。
                      (4)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益分配金
                       及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備えるため、過
                       去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
     6.消費税等の会計処理                  消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。

     表示方法の変更

                           第34期中間会計期間
                     (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当中間会計

     期間の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
     分に表示する方法に変更しました。
      注記事項

     (中間貸借対照表関係)
               項目                       第34期中間会計期間末

                                      (平成30年9月30日現在)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額                         建物           …    184,810千円

                               器具備品           …    860,618千円
     (中間損益計算書関係)

               項目                        第34期中間会計期間

                                 (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
                                 31/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※1.減価償却実施額                         有形固定資産           …    112,547千円
                               無形固定資産           …    181,894千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)

      第34期中間会計期間(自平成30年4月1日                     至平成30年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
     発行済株式の種類           当事業年度期首

                            当中間会計期間           当中間会計期間           当中間会計期間末
                 株式数(株)
                           増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
        普通株式               24,490             -           -         24,490

       A種種類株式               15,510             -           -         15,510

         合計             40,000             -           -         40,000

     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
         決議        株式の
                       配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日
                 種類
                         総額       配当額
                       (千円)        (円)
                普通株式

     平成30年6月20日
                        12,520,000         313,000       平成30年3月31日           平成30年6月21日
      定時株主総会
                A種種類
                 株式
     (2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

         該当事項はありません。
     (金融商品関係)

     第34期中間会計期間末(平成30年9月30日現在)
     金融商品の時価等に関する事項
     平成30年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                              中間貸借対照表計上額                 時価        差額
                                 (千円)             (千円)        (千円)
     (1)現金・預金                                34,067,025         34,067,025            -
     (2)金銭の信託                                18,936,052         18,936,052            -
     (3)未収委託者報酬                                12,755,452         12,755,452            -
     (4)未収運用受託報酬                                3,856,616         3,856,616           -
     (5)有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                              2,164,304         2,164,304           -
              資産計                       71,779,451         71,779,451            -
     (1)未払手数料                                 4,999,441         4,999,441           -
              負債計                       4,999,441         4,999,441           -
     (注1)金融商品の時価の算定方法

     資 産
                                 32/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)現金・預金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (2)金銭の信託

       有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券につ
      いて、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関より提示され
      た価格によっております。
     (3)未収委託者報酬及び(4)未収運用受託報酬

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (5)有価証券及び投資有価証券

       これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっております。
     負 債

     (1)未払手数料
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                       中間貸借対照表計上額
                区分
                                          (千円)
      ①非上場株式                                                  272,464
      ②関係会社株式                                                 3,229,196
      ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握
       することが極めて困難と認められるため、「(5)                          有価証券及び投資有価証券 その他有価証券」には含め
       ておりません。
      ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把
       握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
     (有価証券関係)

                           第34期中間会計期間末
                          (平成30年9月30日現在)
                                 33/40







                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.子会社株式
       関係会社株式(中間貸借対照表計上額                    3,229,196     千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが
       極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     2.その他有価証券

                       中間貸借対照表               取得原価             差額
            区 分
                       計上額(千円)               (千円)            (千円)
       中間貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                     1,976,064             146,101           1,829,962
       ②投資信託                       184,247            153,000             31,247
       小計                     2,160,311             299,101           1,861,209
       中間貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                          -            -            -
       ②投資信託                        3,993            4,000              △6
       小計                        3,993            4,000              △6
       合計                     2,164,304             303,101           1,861,202
      (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額                      272,464    千円)については、市場価格がなく、時価を把握す
       ることが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     (企業結合等関係)

      当社(以下「AMOne」という)は、平成28年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社(以
     下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式会社(以下
     「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4社」という)間の
     「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日付で統合いたしました。
     1.結合当事企業

     結合当事企業               DIAM           MHAM            TB         新光投信
                投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
     事業の内容
                資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
     2.企業結合日

      平成28年10月1日
     3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、吸収合
     併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分割、③DIAMを
     吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
     4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
     5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「                              MHFG  」という)及び第一生命ホールディングス
     株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミットメントのも
     と、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、                                      MHFG  と第一生命両社グループとの
     連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバルな運用会社としての飛
                                 34/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     躍を目指してまいります。
     6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                          DIAM                      MHAM
         会社名
                        (存続会社)                      (消滅会社)
       合併比率(*)                    1                    0.0154
      (*)   普通株式と種類株式を合算して算定しております。
     7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、                         DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所有する
     MHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式15,510株を交
     付しました。
     8.経済的持分比率(議決権比率)

       MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                      50.00%
       MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                      20.00%
       MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                      70.00%
       なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
     9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社である                                              MHFG  が、結合後
     企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当し、DIAMが被
     取得企業となるものです。
     10.会計処理

      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計
     基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)
     に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下の取引として処理
     し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
     11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

       (1)中間財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
         平成30年4月1日から平成30年9月30日まで
       (2)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価        MHAMの普通株式           144,212,500千円
          取得原価                   144,212,500千円
       (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224,837千円
                               被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負
          b.発生原因
                               債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
       (4)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          a.資産の額         資産合計                     40,451,657千円
                    うち現金・預金                    11,605,537千円
                    うち金銭の信託                    11,792,364千円
          b.負債の額
                   負債合計                     9,256,209千円
                    うち未払手数料及び未払費用                    4,539,592千円
          (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額には含
             まれておりません。
       (5)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種類別の
                                 35/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額                              53,030,000千円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産                             53,030,000千円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産                                 16.9年
     12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

       (1)貸借対照表項目
       流動資産                           -千円
       固定資産                     109,432,950千円
       資産合計                     109,432,950千円
       流動負債                           -千円
       固定負債                      11,942,856千円
       負債合計                      11,942,856千円
       純資産                      97,490,094千円
       (注)固定資産及び資産合計には、のれんの金額68,602,354千円及び顧客関連資産の金額42,580,212千
          円が含まれております。
       (2)損益計算書項目

       営業収益                           -千円
       営業利益                     △4,521,569千円
       経常利益                     △4,521,569千円
       税引前中間純利益                     △4,521,569千円
       中間純利益                     △3,720,565千円
       1株当たり中間純利益                      △93,014円14銭
       (注)営業利益には、のれんの償却額1,905,620千円及び顧客関連資産の償却額2,620,626千円が含まれ
          ております。
     (資産除去債務関係)

      当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有して

     いるため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
      なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債計上
     に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に
     属する金額を費用計上し、直接減額しております。
     (セグメント情報等)

     第34期中間会計期間(自平成30年4月1日                     至平成30年9月30日)
     1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

     (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごとの営業
       収益の記載を省略しております。
     (2)地域ごとの情報

                                 36/40

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
     (3)主要な顧客ごとの情報

        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
       略しております。
     (1株当たり情報)

                            第34期中間会計期間
                      (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
      1株当たり純資産額                                   1,547,475円72銭

      1株当たり中間純利益金額                                    180,622円83銭

     (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
        ん。
      1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                        第34期中間会計期間
                                   (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
      中間純利益金額                                   7,224,913千円
      普通株主及び普通株主と同等の株主に帰属し

                                                -
      ない金額
      普通株式及び普通株式と同等の株式に係る中

                                          7,224,913千円
      間純利益金額
      普通株式及び普通株式と同等の株式の期中平

                                           40,000株
      均株式数
      (うち普通株式)                                    (24,490株)

      (うちA種種類株式)                                    (15,510株)

     (注)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び                         残余財産     分配請求権について普通株式と同等の権利を有して
        いるため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
     (重要な後発事象)

                           第34期中間会計期間
                     (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
                                 37/40




                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      アセットマネジメントOne株式会社(取締役社長:菅野                             暁、以下「AM-One」)は、平成30年6月1日に株式
     会社みずほ銀行(頭取:藤原                弘治)と締結した株式譲渡基本合意書に基づき、平成30年11月1日に株式譲
     渡契約を締結の上、同日付でみずほグローバルオルタナティブインベストメンツ株式会社(取締役社長:
     安藤   学、以下「MGAI」)の発行済株式の全てを取得し、子会社化しました。本再編に伴いMGAIは、商号を
     アセットマネジメントOneオルタナティブインベストメンツ株式会社(取締役社長:安藤                                                  学、以下
     「AMOAI」)に改称しました。
     1.株式取得の目的

      本再編により、AM-OneとAMOAI(旧MGAI)は両社のオルタナティブ投資のゲートキーピング(※)に係る機
     能について一体運営を行ない、ゲートキーピング能力と受託体制の強化を実現するとともに、株式会社み
     ずほフィナンシャルグループ及び第一生命ホールディングス株式会社とも連携し、お客さまの多様なニー
     ズに応えるものであります。
      (※)外部の運用会社およびファンドを調査し、優良なファンドを選定・管理すること
     2.株式取得対象会社の概要

      (1)   商号       : アセットマネジメントOneオルタナティブインベストメンツ株式会社
      (2)   事業内容:投資運用業務、投資助言・代理業務
      (3)   資本金      :10億円(平成30年11月1日現在)
     3.株式取得の時期

      平成30年11月1日
     4.取得する株式の数、取得原価及び取得後の議決権比率

      (1)取得株式数                      : 20,000株
      (2)取得原価                     :12億7千万円
      (3)取得後の議決権比率              :100  %
                                 38/40











                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         独立監査人の監査報告書
                                                  平成30年5月30日

     アセットマネジメントOne株式会社

      取 締 役 会          御 中
                            新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社         員

                                        公認会計士         湯原  尚          印
                            業務執行社        員
                            指定有限責任社         員

                                        公認会計士         山野  浩          印
                            業務執行社        員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

     経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31
     日までの     第33期事業年度の財務諸表               、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な
     会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して                                              財務諸表を作成し
     適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
     示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
     することにある。         当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準          は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
     は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択
     及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当
     監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と
     適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並
     びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計                                               の基準に準拠し
     て、アセットマネジメントOne株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
     年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上
     (注1)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

      ております。
     (注2)XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。

                                 39/40


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の中間監査報告書

                                                 平成30年11月30日
     アセットマネジメントOne株式会社
      取 締 役 会           御 中
                            EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         湯原  尚 印
                            業務執行社       員
                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         山野  浩 印
                            業務執行社       員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

     経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31
     日までの第34期事業年度の中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る中間
     財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間                       損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びそ
     の他の注記について中間監査を                行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に                                              準拠して中間財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬に                                       よる重要な虚偽表示のない中間財
     務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と                               判断した内部統制を整備及び運用することが含ま
     れる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務                                                 諸表に対する意
     見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
     して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に                              中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、
     中間監査に係る監査計画を              策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監
     査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤
     謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づ                                 いて、分析的手続等を中心とした監査手続に必
     要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。                          中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明す
     るためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立
     案するために、        中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務
     諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
     に準拠して、アセットマネジメントOne株式会社の平成30年9月30日現在の                                         財政状態及び同日をもって終了
     する中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表
     示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注1)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保

      管しております。
     (注2)XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                 40/40




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。