株式会社ティーケーピー 四半期報告書 第14期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第14期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ティーケーピー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年1月15日
      【四半期会計期間】                    第14期第3四半期(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ティーケーピー
      【英訳名】                    TKP  Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  河野 貴輝
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区市谷八幡町8番地
      【電話番号】                    03-5227-7321
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部長  髙木 寛
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区市谷八幡町8番地
      【電話番号】                    03-5227-7321
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部長  髙木 寛
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ティーケーピー 横浜支店
                         (神奈川県横浜市神奈川区金港町3番地1)
                         株式会社ティーケーピー 関西支店
                         (大阪府大阪市福島区福島5丁目4番21号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/15












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第13期           第14期
               回次               第3四半期           第3四半期            第13期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年3月1日           自平成30年3月1日           自平成29年3月1日

              会計期間
                           至平成29年11月30日           至平成30年11月30日           至平成30年2月28日
                     (百万円)              21,301           26,662           28,689
     売上高
                     (百万円)              2,821           3,295           3,200

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              1,984           1,095           2,071
     (当期)純利益
                     (百万円)              2,136           1,260           2,025
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              8,763           9,922           8,655

     純資産額
                     (百万円)              29,857           48,637           34,530

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             61.41           33.59           63.95
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             60.43           32.85           62.84
     期(当期)純利益金額
                      (%)              29.2           20.3           24.9
     自己資本比率
                               第13期           第14期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年9月1日           自平成30年9月1日

              会計期間
                           至平成29年11月30日           至平成30年11月30日
                      (円)             13.31           15.30
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.  当社は、    平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の割合で株式分割を行っております。                                       前連結会計年
           度の期首    に当該株式分割が行われたと仮定し、                  1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1
           株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
         4.  当社は、平成29年3月27日に東京証券取引所マザーズに上場したため、第13期第3四半期連結累計期間及び
           第13期の潜在      株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額は、新規上場日から第13期                                   第3四半期連結会
           計 期間末及び第13期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/15





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日~平成30年11月30日)における当社グループを取り巻く環境は、
        労働需給の逼迫によって企業の採用活動が積極化・通年化したことや社員教育研修等が増加したことにより、当社
        グループの運営する貸会議室・宴会場の需要は大きく増加しております。また、国内の企業業績が全体的に好調で
        あることから企業のパーティー等のイベント開催数も増加しており、それに伴って従来よりも更に高品質な貸会議
        室・宴会場の需要が増加し、当社グループが運営する貸会議室・宴会場の中でも上位グレードである「ガーデンシ
        ティPREMIUM」「ガーデンシティ」「カンファレンスセンター」の利用が大きく増加いたしました。加え
        て、インバウンド旅行客や宿泊研修の増加によって、当社グループの運営するビジネスホテルや宿泊研修ホテルの
        需要も大きく伸長いたしました。
         このような状況の中、当第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日~平成30年11月30日)において、当社グ
        ループは、複合商業ビル内への「TKPガーデンシティ岡山」、仙台駅直結の「アパホテル〈TKP仙台駅北〉」
        及び「TKPガーデンシティ仙台駅北」、都市部の宿泊研修ホテルとして当社市ヶ谷本社に直結した「ファースト
        キャビンTKP市ヶ谷」など、全国で積極的に出店を行いました。
         当第3四半期連結会計期間における主な出店は以下のとおりであります。

        期間      開設月               施設名                   区分        地域

               9月    TKPガーデンシティ岡山                         貸会議室・ホテル宴会場            岡山
               9月    TKPガーデンシティPREMIUM大宮                         貸会議室・ホテル宴会場            埼玉
               9月    TKP西新宿カンファレンスセンター                         貸会議室・ホテル宴会場            東京
               10月    アパホテル〈TKP仙台駅北〉                         ビジネスホテル            宮城
       第3四半期
     (平成30年9月~11月)
               10月    TKPガーデンシティ仙台駅北                         貸会議室・ホテル宴会場            宮城
               11月    TKP広島本通駅前カンファレンスセンター                         貸会議室・ホテル宴会場            広島
               11月    ファーストキャビンTKP市ヶ谷                         ビジネスホテル            東京
               11月    TKP虎ノ門駅前カンファレンスセンター                         貸会議室・ホテル宴会場            東京
         当第3四半期連結会計期間末日において、当社グループが全国の大都市圏を中心に運営しております貸会議室・

        宴会場は、前期末比12.7%増の合計2,094室へと拡大することができました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高26,662百万円(前年同期比25.2%増)、営業利益3,493
        百万円(前年同期比14.8%増)、経常利益3,295百万円(前年同期比16.8%増)と事業においては前年同期比で伸
        長いたしましたが、投資有価証券評価損821百万円を計上したことにより、親会社株主に帰属する四半期純利益は
        1,095百万円(前年同期比44.8%減)となりました。
         なお、当社グループは空間再生流通事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりま
        す。
                                  3/15





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
        (流動資産)
         当第3四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ9,058百万円増加し、18,774百万円
         となりました。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益を1,095百万円計上できたことに加え、借入や
         社債等による調達により現金及び預金の増加8,612百万円等によるものであります。
        (固定資産)

         当第3四半期連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ5,048百万円増加し、29,863百万円
         となりました。主な要因は、建物及び構築物の増加5,418百万円、敷金及び保証金の増加971百万円等によるも
         のであります。
        (流動負債)

         当第3四半期連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ1,671百万円増加し、9,643百万円
         となりました。主な要因は、新規借入に伴う1年内返済予定の長期借入金の増加865百万円、業容拡大に伴う買
         掛金の増加202百万円、社債発行に伴う1年内償還予定の社債の増加200百万円等によるものであります。
        (固定負債)

         当第3四半期連結会計期間末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ11,168百万円増加し、29,072百万
         円となりました。主な要因は、長期借入金の増加8,939百万円、社債の増加2,113百万円等によるものでありま
         す。
        (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ1,266百万円増加し、9,922百万円と
         なりました。主な要因は、利益剰余金の増加1,095百万円等によるものであります。
       (3)  経営方針・経営戦略等

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  4/15









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       84,000,000
     普通株式
                                                       84,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成31年1月15日)
               (平成30年11月30日)                        取引業協会名
                                       東京証券取引所           単元株式数
                     33,110,000            33,142,200
     普通株式
                                       マザーズ           100株
                     33,110,000            33,142,200           -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数       総数残高                      増減額       残高
         年月日
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     平成30年9月1日~
                       -   33,110,000           -       287        -       242
     平成30年11月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/15








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年11月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                            504,700
                           普通株式
     完全議決権株式(その他)                                   326,013              -
                           32,601,300
                           普通株式
                                         -            -
     単元未満株式
                            4,000
     発行済株式総数                     33,110,000               -            -
     総株主の議決権                        -           326,013              -

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年11月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義       他人名義       所有株式数
                                                     に対する所有株
                               所有株式数       所有株式数       の合計
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                                     式数の割合
                                 (株)       (株)       (株)
                                                       (%)
                   東京都新宿区市谷八幡町
                                  504,700          -     504,700          1.52
     株式会社ティーケーピー
                   8番地
                        -          504,700          -     504,700          1.52
           計
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      (1)新任役員
                                                    所有株式
                                                        就任年月
      役名    職名     氏名      生年月日               略歴            任期     数
                                                          日
                                                    (株)
                          平成11年6月 さくら債権回収サービス株式会社
                          (現SMBC債権回収株式会社)代表取締役社長
                          平成18年4月 株式会社陽栄代表取締役会長
                          平成18年6月 株式会社フレックス非常勤監査役                              平成30年
     監査役     -   府川 太郎      昭和19年1月1日                            (注)     500
                          平成18年11月 当社監査役                              11月24日
                          平成19年10月 当社社外取締役
                          平成29年5月 同退任
                          平成30年11月       当社監査役就任(現任)
      (注)退任した監査役の補欠として就任したため、任期は前任者の任期満了の時である平成32年2月期に係る定時株主
         総会の終結の時までであります。
      (2)退任役員

         役名            職名               氏名              退任年月日
         監査役             -             関原 健夫               平成30年11月24日

                                  6/15



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日から平
       成30年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/15

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年2月28日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         5,706              14,318
         現金及び預金
                                         2,879              3,025
         売掛金
                                         1,153              1,454
         その他
                                          △ 23             △ 23
         貸倒引当金
                                         9,715              18,774
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               5,551              10,969
                                         8,356              7,989
          土地
                                         3,113              2,225
          その他(純額)
                                         17,021              21,184
          有形固定資産合計
                                           273              256
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         4,983              5,955
          敷金及び保証金
                                         2,537              2,467
          その他
                                         7,521              8,423
          投資その他の資産合計
                                         24,815              29,863
         固定資産合計
                                         34,530              48,637
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                           591              793
         買掛金
                                         1,123               675
         未払法人税等
                                           840             1,040
         1年内償還予定の社債
                                         3,154              4,019
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,261              3,114
         その他
                                         7,971              9,643
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,696              5,810
         社債
                                         13,668              22,607
         長期借入金
                                           320              418
         資産除去債務
                                           218              236
         その他
                                         17,904              29,072
         固定負債合計
                                         25,875              38,715
       負債合計
                                  8/15








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年2月28日)              (平成30年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                           287              287
         資本金
                                         2,302              2,302
         資本剰余金
                                         5,998              7,093
         利益剰余金
                                          △ 17             △ 17
         自己株式
                                         8,571              9,666
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            8             195
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 7             △ 31
         繰延ヘッジ損益
                                           34              33
         為替換算調整勘定
                                           34              197
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    5              11
                                           43              46
       非支配株主持分
                                         8,655              9,922
       純資産合計
                                         34,530              48,637
      負債純資産合計
                                  9/15














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                         21,301              26,662
      売上高
                                         12,977              16,250
      売上原価
                                         8,324              10,412
      売上総利益
                                         5,282              6,918
      販売費及び一般管理費
                                         3,042              3,493
      営業利益
      営業外収益
                                            6              56
       受取利息及び配当金
                                           38              -
       貸倒引当金戻入額
                                           21              46
       その他
                                           66              103
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           107              147
       支払利息
                                           136               48
       支払手数料
                                           43              105
       その他
                                           287              301
       営業外費用合計
                                         2,821              3,295
      経常利益
      特別利益
                                           487               -
       固定資産売却益
                                           487               -
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              821
       投資有価証券評価損
                                           -              821
       特別損失合計
                                         3,308              2,473
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,297              1,296
      法人税、住民税及び事業税
                                           25              79
      法人税等調整額
                                         1,322              1,376
      法人税等合計
                                         1,985              1,097
      四半期純利益
                                            0              2
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         1,984              1,095
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/15









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                         1,985              1,097
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           153              186
       その他有価証券評価差額金
                                            ▶             △ 23
       繰延ヘッジ損益
                                           △ 7              0
       為替換算調整勘定
                                           150              163
       その他の包括利益合計
                                         2,136              1,260
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         2,134              1,257
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            1              3
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/15















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
         当座貸越契約及び貸出コミットメント
           当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため、金融機関と当座貸越契約及び貸出コミットメント契
          約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年2月28日)                  (平成30年11月30日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                     8,100百万円                  9,910百万円
     総額
                                     2,000                  4,655
     借入実行残高
                                     6,100                  5,255
      差引額
        (四半期連結損益計算書関係)

         業績の季節的変動
           当社グループは、顧客企業における採用活動や新入社員研修を中心とした利用が、利用目的の比較的多くを
          占める傾向にあることから、業績は季節的に変動し、売上高・営業利益ともに下期より上期、特に第1四半期
          連結会計期間の割合が大きくなる傾向があります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                            (自 平成29年3月1日                  (自 平成30年3月1日
                             至 平成29年11月30日)                  至 平成30年11月30日)
     減価償却費                                429百万円                  557百万円
                                       8                 24
     のれんの償却額
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                 平成29年3月1日 至           平成29年11月30日)
          1.  配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動

             当社は、平成29年3月26日を払込期日とする公募による普通株式に係る自己株式の処分、並びに平成29
            年4月25日を払込期日とする第三者割当による普通株式に係る自己株式の処分を行い、自己株式処分差益
            が2,060百万円発生したことにより、当第3四半期連結累計期間において、資本剰余金が同額増加すると
            ともに、自己株式が93百万円減少しております。
             この結果、当第3四半期連結会計期間末において、資本剰余金が2,302百万円、自己株式が17百万円と
            なっております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 平成30年3月1日 至           平成30年11月30日)

             該当事項はありません。
                                 12/15




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
         基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自   平成29年3月1日             (自   平成30年3月1日
                                至  平成29年11月30日)              至  平成30年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   61円41銭               33円59銭

       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                          1,984               1,095
        (百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                          1,984               1,095
        純利益金額(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 32,316               32,605
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   60円43銭               32円85銭

       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
        (百万円)
        普通株式増加数(千株)                                   524               726
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                           -               -
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
      (注)   1.  当社は、平成29年3月27日に東京証券取引所マザーズへ上場したため、前第3四半期連結累計期間の潜在                                                株
           式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から前第3四半期連結累計期間末までの平均株価を期
           中平均株価とみなして算定しております。
         2.当社は、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の割合で                                株式分割を行っております。前連結会計年
           度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり
           四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         (資金の借入)
          当社は、平成30年12月13日開催の取締役会において、下記の資金調達を行うことを決議し、平成30年12月28日
          に資金の借入を行いました。
          ①  資金使途     :  設備投資資金及び運転資金
          ②  借入先    :  株式会社三井住友銀行
          ③  借入金額・返済条件          :  30億円、元金均等返済(6ヶ月毎)
          ④  借入れの実施時期         :  平成30年12月28日
          ⑤  返済期限     :  平成37年12月30日
          ⑥  担保   :  無
          ⑦  保証人    :  無
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 13/15



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。

                                 14/15




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年1月11日

     株式会社ティーケーピー
        取締役会 御中
                            有限責任監査法人 トーマツ

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              森田 浩之  印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              佐々田 博信 印
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ティー

     ケーピーの平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日か
     ら平成30年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ティーケーピー及び連結子会社の平成30年11月30日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。