株式会社 ヒマラヤ 四半期報告書 第44期第1四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

四半期報告書-第44期第1四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社 ヒマラヤ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    2019年1月15日
      【四半期会計期間】                    第44期第1四半期(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日)
      【会社名】                    株式会社     ヒマラヤ
      【英訳名】                    HIMARAYA     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  後藤 達也
      【本店の所在の場所】                    岐阜県岐阜市江添一丁目1番1号
      【電話番号】                    058(271)6622(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  大野 輝文
      【最寄りの連絡場所】                    岐阜県岐阜市江添一丁目1番1号
      【電話番号】                    058(271)6622(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  大野 輝文
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
      (注)当第1四半期連結会計期間より、日付の表示方法を和暦表示から西暦表示に変更しております。
                                  1/16












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第43期           第44期

               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第43期
                              累計期間           累計期間
                              自2017年           自2018年           自2017年

                               9月1日            9月1日            9月1日
              会計期間
                              至2017年           至2018年           至2018年
                               11月30日            11月30日            8月31日
                     (百万円)             15,384           15,026           67,960
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)               28          △ 236          1,305
     親会社株主に帰属する四半期純
                     (百万円)              △ 62          △ 183           728
     損失(△)又は親会社株主に帰
     属する当期純利益
                     (百万円)              △ 48          △ 195           837
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             13,723           14,168           14,486
     純資産額
                     (百万円)             42,829           40,093           35,087
     総資産額
     1株当たり四半期純損失(△)
                      (円)            △ 5.05          △ 14.88           59.13
     又は1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             32.0           35.3           41.3
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存
           在しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
      2【事業の内容】

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、
        重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記
        載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものです。
        (1)経営成績の分析
           当第1四半期連結累計期間(2018年9月1日~2018年11月30日)における我が国の経済は、通商問題の動向
          が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性などに対する懸念が残る中、政府の経済政策や金融政策によ
          り緩やかな回復基調で推移しました。企業の景況感は改善へと向かい、個人消費にも緩やかな持ち直しの動き
          が続いております        。
           当社グループ      が属しておりますスポーツ用品販売業界におきましては、健康への意識の高まりによるスポー
          ツ参加の動きが堅調に推移しており、2年後の2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて大き
          な期待が高まっております。一方、EC市場の拡大により、お客様の購買動向の変化が進行しております                                                。
           このような状況下、当社グループはEC販売システムへの投資により、販売サイトの利便性を高め、EC市
          場でのシェアの獲得を推し進めるとともに、拡大するEC市場のお客様をリアル店舗へ送客する仕組みを整え
          るなど、市場変化への対応を進めております。出退店の状況は、株式会社ヒマラヤにて1店舗を出店し1店舗
          を閉店いたしました。その結果、2018年11月末時点で当社グループの店舗数は全国で109店舗、売場面積は
          227,067㎡となり、前年同期比で店舗数は31店舗減、売場面積は19,159㎡減となりました。
           商品別の売上げの状況については、一般スポーツ用品は、同カテゴリーを主力とする子会社の異動の影響に
          より、前年同期比90.5%となりました。ゴルフ用品は、気温低下の遅れがゴルフウェアの販売に影響し、前年
          同期比98.3%となりました。アウトドア用品は、キャンプ用品、アウトドアウェアが好調に推移し、前年同期
          比134.7%となりました           。
           連結売上総利益率は、価格競争の影響が強いインターネット販売が大きく成長していることなどから、
          34.6%となり、前年同期に比べ1.5ポイント低下いたしました。
           販売費及び一般管理費については、計画内で推移いたしました。
           以上の結果、当第1四半期連結累計期間における連結業績は売上高15,026百万円(前年同期比2.3%減)、
          営業損失263百万円(前年同期は8百万円の営業利益)、経常損失236百万円(前年同期は28百万円の経常利
          益)、親会社株主に帰属する四半期純損失183百万円(前年同期は62百万円の親会社株主に帰属する四半期純
          損失)となりました         。
           (注)2017年12月28日に株式会社ビーアンドディーの全株式を譲渡し、連結子会社から除外しておりま

          す。株式会社ビーアンドディーの業績は、2017年11月30日までを連結決算の対象とし、2017年12月1日から連
          結対象外となります。なお、連結対象期間中の株式会社ビーアンドディーの売上は全て一般スポーツ用品に含
          まれます。
        (2)財政状態の分析

          ①資産
            当第1四半期連結会計期間末における流動資産は26,949百万円となり、前連結会計年度末に比べ4,940百
           万円増加いたしました。これは主に商品が4,906百万円増加したことによるものであります。固定資産は
           13,143百万円となり、前連結会計年度末に比べ65百万円増加いたしました。これは主に繰延税金資産が83百
           万円増加したことによるものであります                   。
            この結果、総資産は40,093百万円となり、前連結会計年度末に比べ5,005百万円増加いたしました。
          ②負債
            当第1四半期連結会計期間末における流動負債は21,116百万円となり、前連結会計年度末に比べ6,394百
           万円増加いたしました。これは主に買掛金が6,676百万円増加したことによるものであります。固定負債は
           4,808百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,070百万円減少いたしました。これは主に長期借入金が
           1,051百万円減少したことによるものであります。
            この結果、負債合計は25,924百万円となり、前連結会計年度末に比べ5,324百万円増加いたしました                                               。
          ③純資産
            当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は14,168百万円となり、前連結会計年度末に比べ318百
           万円減少いたしました。これは主に利益剰余金の減少によるものであります                                   。
            この結果、自己資本比率は35.3%(前連結会計年度末は41.3%)となりました                                     。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
        (3)事業上および財務上の対処すべき課題
           当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更ならびに新たに生
          じた課題はありませんが、当社は財務および事業の方針を支配する者の在り方に関する基本方針を定めてお
          り、その内容(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        株式会社の支配に関する基本方針

        1.当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

          当社は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者は、当社の財務および事業の内容や当社の企業価値
         の源泉を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を継続的かつ持続的に確保、向上して
         いくことを可能とする者である必要があると考えています。
          当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には当社の株主全体の意思に基づいて
         行われるべきものと考えております。また、当社は、当社株式の大量買付であっても、当社の企業価値ひいては
         株主共同の利益に資するものであれば、これを否定するものではありません。
          しかしながら、株式の大量買付の中には、その目的等から見て企業価値や株主共同の利益に対する明白な侵害
         をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株主が株式の大
         量買付の内容等について検討しあるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するための十分な時間や情報を提供
         しないもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との協議・交渉を必要
         とするもの等、対象会社の企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
          特に、当社が、今後もスポーツ小売業界の中で事業を成長させ、企業価値・株主共同の利益を確保・向上させ
         ていくためには、「お客様第一主義」の企業理念に則りスポーツを愛する人々のニーズに応える品揃えやサービ
         スの充実により同業他社との差別化を図り、出店周辺地域との連携をより密にした地域密着型の営業を展開する
         ことで、お客様ならびに地域からの信頼を勝ち取ると共に、収益基盤の強化に向けて中期事業計画に基づく諸施
         策を適時・適切に実行していくことが不可欠であり、当社株式の大量買付を行う者が、当社の財務および事業の
         内容を理解するのは勿論のこと、こうした当社の企業価値の源泉を理解した上で、これらを中長期的に確保し、
         向上させられるのでなければ、当社の企業価値ひいては株主共同の利益は毀損されることになります。
          また、外部者である買収者が大量買付を行う場合に、株主の皆様が最善の選択を行うためには、買収者の属
         性、大量買付の目的、買収者の当社の事業や経営についての意向、既存株主との利益相反を回避する方法、従業
         員その他のステークホルダーに対する対応方針等の買収者の情報を把握した上で、買付が当社の企業価値や株主
         共同の利益に及ぼす影響を判断する必要があり、かかる情報が明らかにされないまま大量買付が強行される場合
         には、当社の企業価値・株主共同の利益が毀損される可能性があります。
          当社は、このような当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大量買付を行う者は、当社の財務および事業
         の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大量買付に対しては、必要かつ相当な対抗
         措置を採ることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えます(以上の当社
         の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する考え方について、以下「本基本方針」といいま
         す。)。
        2.本基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止するた

          めの取組み等
         (中期事業計画等による企業価値向上に向けた取組み)
          当社の中長期の経営戦略の主眼は、国内のスポーツ用品販売業界において、売上高トップグループの地位を盤
         石なものにし、事業基盤を強化することにあります。そのために、多様化する消費活動に対応した新たな販売
         チャネルの構築に取り組み、市場動向、お客様要望を踏まえたサービスの拡充を図り、質を伴った成長と事業拡
         大のための基盤作りに取り組みます。さらに、革新的な技術の進歩に対応できる専門知識を兼ね備えた人材の継
         続的な教育を行うとともに、商品構成の見直し、参加型イベントの定期的開催等を通じて、より専門性が高くお
         客様のお買い物がより楽しくなるよう力を注いでまいります。これらを含めて、既存店の活性化、採算性の低い
         店舗の改善、在庫効率の向上、売上総利益率の改善に取り組み、広告宣伝費、物流費や労務費などの効率的な使
         い方によって、収益力の向上とキャッシュ・フローの増加を図ります                                。
          一方、コーポレート・ガバナンスは社会との信頼関係構築の基本であり、その確立を最も重要な経営課題の一
         つと考えております。そのために、内部統制システムの構築とコンプライアンスの徹底に真摯に取り組んでまい
         ります。
        以上の中期事業計画を基にした取組みが基本方針に沿うものであり、株主の共同の利益を損なうものではな

       く、当社の役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
                                  4/16


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
        (4)研究開発活動
           該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  5/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          40,000,000

                  計                                40,000,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末現在                            上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
        種類     発行数(株)                            又は登録認可金融商品              内容
                             (2019年1月15日)
               (2018年11月30日)                          取引業協会名
                                            東京証券取引所

                                                      単元株式数
       普通株式            12,320,787              12,320,787          名古屋証券取引所
                                                       100株
                                            各市場第一部
        計           12,320,787              12,320,787             -          -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)        (株)                     (百万円)       (百万円)
     2018年9月1日~
                      ―   12,320,787            ―     2,544          ―     3,998
     2018年11月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
            当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないた
           め、記載することができないことから、直前の基準日(2018年8月31日)に基づく株主名簿による記載を
           しております。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年11月30日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

      無議決権株式                       -             -             -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

      議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                       (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                        普通株式    200
                        普通株式     12,316,600
      完全議決権株式(その他)                                     123,166                 -
      単元未満株式                  普通株式       3,987             -             -

                            12,320,787

      発行済株式総数                                   -             -
      総株主の議決権                       -               123,166                 -

      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式400株および自己株式の失念株
         式1,000株が含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数
         4個および自己株式の失念株式に係る議決権の数10個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                所有者の住所                                   対する所有株式数
      又は名称                   株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                   の割合(%)
               岐阜市江添
      株式会社ヒマラヤ                         200      -           200        0.00
                一丁目1番1号
         計          -            200      -           200        0.00
      (注)上記のほか、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に保有していない株式が1,000株(議決権10
         個)あります。なお、当該株式数は上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に含まれております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                  7/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年9月1日から2018
       年11月30日まで)および第1四半期連結累計期間(2018年9月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年8月31日)              (2018年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,689              3,978
         現金及び預金
                                         1,714              2,343
         売掛金
                                         14,430              19,337
         商品
                                           13               9
         貯蔵品
                                         1,160              1,280
         その他
                                         22,009              26,949
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               4,187              4,153
                                         1,444              1,444
          土地
          リース資産(純額)                                 38              34
                                           386              410
          その他(純額)
                                         6,055              6,042
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           564              565
          ソフトウエア
                                           47              52
          その他
                                           611              618
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         1,273              1,295
          投資有価証券
                                           769              751
          長期貸付金
                                         3,023              3,038
          差入保証金
                                         1,025              1,108
          繰延税金資産
                                           333              304
          その他
                                          △ 15             △ 15
          貸倒引当金
                                         6,410              6,482
          投資その他の資産合計
                                         13,077              13,143
         固定資産合計
                                         35,087              40,093
       資産合計
                                  9/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年8月31日)              (2018年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         10,095              16,771
         買掛金
                                         2,555              2,345
         1年内返済予定の長期借入金
                                           21              21
         リース債務
                                           72              43
         未払法人税等
                                           398              591
         賞与引当金
                                            9              -
         店舗閉鎖損失引当金
                                           25              19
         株主優待引当金
                                           25               ▶
         資産除去債務
                                         1,517              1,319
         その他
                                         14,721              21,116
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,580              3,528
         長期借入金
                                           26              20
         リース債務
         退職給付に係る負債                                  40              37
                                           862              886
         資産除去債務
                                           369              335
         その他
                                         5,878              4,808
         固定負債合計
                                         20,600              25,924
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,544              2,544
         資本金
                                         4,004              4,004
         資本剰余金
                                         7,951              7,644
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         14,499              14,193
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           49              27
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 0             △ 0
         繰延ヘッジ損益
                                          △ 61             △ 51
         退職給付に係る調整累計額
                                          △ 12             △ 24
         その他の包括利益累計額合計
                                         14,486              14,168
       純資産合計
                                         35,087              40,093
      負債純資産合計
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      売上高                                   15,384              15,026
                                         9,832              9,821
      売上原価
                                         5,551              5,205
      売上総利益
                                         5,543              5,469
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                      8            △ 263
      営業外収益
                                            3              2
       受取利息
                                           -               1
       受取配当金
                                           44              30
       受取賃貸料
                                           28              28
       その他
                                           77              63
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            6              3
       支払利息
                                           46              30
       不動産賃貸費用
                                            3              1
       その他
                                           56              35
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                     28             △ 236
      特別利益
                                           -               0
       固定資産売却益
                                           -               0
      特別利益合計
      特別損失
                                           13              -
       減損損失
                                           13              -
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                           15             △ 235
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                     76              21
                                            1             △ 73
      法人税等調整額
                                           77             △ 52
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                    △ 62             △ 183
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 62             △ 183
                                 11/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      四半期純損失(△)                                    △ 62             △ 183
      その他の包括利益
                                           △ 0             △ 22
       その他有価証券評価差額金
                                            0              0
       繰延ヘッジ損益
                                           13               9
       退職給付に係る調整額
                                           13             △ 11
       その他の包括利益合計
                                          △ 48             △ 195
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          △ 48             △ 195
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」)等の適用
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                             (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                              至   2017年11月30日)               至   2018年11月30日)
         減価償却費                             196百万円                 176百万円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年9月1日 至 2017年11月30日)
          1.配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
                 株式の種類                     基準日        効力発生日       配当の原資
                       (百万円)
                              配当額(円)
        (決議)
        2017年11月29日
                 普通株式         123     10.00    2017年8月31日         2017年11月30日        利益剰余金
        定時株主総会
          2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日)

          1.配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
                 株式の種類                     基準日        効力発生日       配当の原資
                       (百万円)
                              配当額(円)
        (決議)
        2018年11月28日
                 普通株式         123     10.00    2018年8月31日         2018年11月29日        利益剰余金
        定時株主総会
          2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
                                 13/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年9月1日 至 2017年11月30日)
           当社グループは、一般小売事業以外の重要なセグメントはありませんので、セグメント情報の記載を省略
          しております。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日)

           当社グループは、一般小売事業以外の重要なセグメントはありませんので、セグメント情報の記載を省略
          しております。
        (金融商品関係)

          四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、記載を省略しております。
        (有価証券関係)

          四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、記載を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

          四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、記載を省略しております。
        (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純損失金額および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                               (自 2017年9月1日                (自 2018年9月1日
                                至 2017年11月30日)                至 2018年11月30日)
     1株当たり四半期純損失                                  5円05銭               14円88銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失
                                          62               183
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                          62               183
       純損失(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                12,320                12,320
         (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が
            存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 14/16





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社 ヒマラヤ(E03271)
                                                             四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年1月11日

     株式会社ヒマラヤ
       取締役会 御中
                           仰   星   監   査   法   人

                            指  定  社  員

                                      公認会計士
                                            元雄 幸人  印
                            業務執行社員
                            指  定  社  員

                                      公認会計士
                                            堤  紀彦  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヒマラ

     ヤの2018年9月1日から2019年8月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年9月1日から2018年11月
     30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年9月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる                                             。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している                                 。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヒマラヤ及び連結子会社の2018年11月30日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.      XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれていません。
                                 16/16





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。