パイプドHD株式会社 四半期報告書 第4期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第4期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:パイプドHD株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年1月11日
      【四半期会計期間】                    第4期第3四半期(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)
      【会社名】                    パイプドHD株式会社
      【英訳名】                    PiPEDO    HD,  Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 佐谷宣昭
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂二丁目9番11号
      【電話番号】                    (03)6744-8039
      【事務連絡者氏名】                    取締役 大屋重幸
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂二丁目9番11号
      【電話番号】                    (03)6744-8039
      【事務連絡者氏名】                    取締役 大屋重幸
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第3期           第4期
               回次               第3四半期           第3四半期            第3期
                             連結累計期間           連結累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               3月1日            3月1日            3月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               11月30日            11月30日            2月28日
                      (千円)           3,808,872           4,030,231           5,143,643
     売上高
                      (千円)            602,965           275,259           749,630
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            372,010           161,163           457,678
     期)純利益
                      (千円)            371,292           189,601           441,996
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,310,148           2,463,938           2,388,349
     純資産額
                      (千円)           4,751,451           5,531,560           5,107,080
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            48.97           21.19           60.24
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            48.83           21.15           60.07
     (当期)純利益金額
                      (%)             48.4           44.1           46.4
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            325,098           202,131           647,307
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 381,928          △ 337,964          △ 461,806
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 415,859           224,280          △ 413,262
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,671,262           2,004,637           1,916,190
     (期末)残高
                               第3期           第4期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                              自平成29年           自平成30年

                               9月1日           9月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年
                               11月30日           11月30日
                                   10.50           11.23

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
                                  2/22





                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        第1四半期連結会計期間より、              現在の当社グループの事業群の位置付けと方向性をより適切に表現するために、事
       業セグメントを再編いたしました。大分類として「機能別事業群」と「分野別事業群」を設け、各分類のもとに、商
       品・サービス特性が近しいものを事業セグメントとして整理して位置付けております。
        機能別事業群には、「情報資産プラットフォーム事業」、「販促CRMソリューション事業」、「広告事業」の3つ
       の事業セグメントが、分野別事業群には、「xTech事業」、「社会イノベーション事業」の2つの事業セグメントが
       属しております。各事業セグメントの詳細については、「第2事業の状況                                   3.財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローの状況の分析             (1)連結経営成績に関する定性的情報」に記載をしております。
        また、平成30年3月26日に当社連結子会社で電子地域通貨プラットフォーム事業を行う株式会社エルコインが株式
       会社シモキタコインを設立し、連結の範囲に含めており、平成30年4月1日に当社連結子会社である株式会社フレン
       ディットを存続会社、当社連結子会社である株式会社アズベイスを消滅会社とする吸収合併を行った結果、平成30年
       11月30日現在における当社グループは、当社、連結子会社14社及び持分法適用関連会社1社により構成されることと
       なりました。
        以上の主な事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
                                  3/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)連結経営成績に関する定性的情報
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済状況は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、政府の各種政策
        の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されております。ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影
        響や、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意が必要な状況にあります。また、相次いでいる自然
        災害の経済に与える影響にも留意が必要な状況にあります。
         インターネット業界においては、総務省の平成29年「通信利用動向調査」によると、クラウドサービスを利用し
        ている企業の割合は、56.9%と前年度の利用企業割合から10.0ポイント上昇しており、引き続き普及が進んでおり
        ます。さらに、モバイルサービス市場の持続的拡大やセキュリティ対策への関心の高まり等、当社グループにとっ
        て追い風とも言える事業環境が継続しております。
         当社グループは、「明日のあるべき豊かな情報生活に貢献する企業集団」として、ITを取り巻く環境や社会の価
        値観が変化し続ける状況のなかで、世の中に必要とされる商品・サービスを次々に創出、提供し続けてゆくことを
        使命と捉えております。「中期経営計画2020」の2年目に当たる当連結会計年度は、同計画の最終年度である2020
        年2月期の業績見通し達成に向け、当社グループの収益の柱であるストック型売上を積上げるとともに、同計画中
        に新たに提供を開始したサービスの収益モデルの確立に注力しております。
         当第3四半期連結累計期間の主な活動としては、平成30年3月に株式会社ipocaが第三者割当により発行する普
        通株式を取得いたしました。また、株式会社シモキタコインを設立し、連結の範囲に含めております。株式会社シ
        モキタコインは、当社連結子会社である株式会社エルコインが提供する電子地域通貨プラットフォームにおける発
        行事業者第1号として主に下北沢で行われるイベントや商業施設、飲食店等で利用される電子地域通貨を発行して
        おります。
         同4月に当社連結子会社である株式会社フレンディットを存続会社、当社連結子会社である株式会社アズベイス
        を消滅会社とする吸収合併をいたしました。また、マッコーリ―・バンク・リミテッドを割当先とする第三者割当
        による新株予約権を発行いたしました。
         なお、「中期経営計画2020」の実現を目指すため、積極的な人材投資を行っております。初年度に当たる前連結
        会計年度は、グループ採用により90名を採用いたしました。また、当第3四半期連結累計期間においては、グルー
        プ採用により76名を採用いたしました。グループ採用により採用した人材は、約半年に及ぶ集中的な研修を通して
        当社グループのサービスやシステムを習得した後、主に営業人員として現場に配属されます。平成30年11月30日ま
        でに112名が現場に配属されております。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高は4,030百万円(前年同期比5.8%増)、
        営業利益は281百万円(同53.3%減)、経常利益は275百万円(同54.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益
        は161百万円(同56.7%減)となりました。
         セグメント別の業績は次のとおりであります。

         当連結会計年度より、現在の当社グループの事業群の位置付けと方向性をより適切に表現するために、事業セグ
        メントを再編することといたしました。大分類として「機能別事業群」と「分野別事業群」を設け、各分類のもと
        に、商品・サービス特性が近しいものを事業セグメントとして整理して位置付けております。従前は、純粋持株会
        社の管理費用、グループ採用及び育成に係る費用を各セグメントに按分しておりましたが、各事業セグメントの実
        態をより正確に把握することを目的に、今回のセグメント再編に際して上記の間接費用を「グループ共通」として
        区分することといたしました。また、前連結会計年度のセグメント別の業績についても再編後の各セグメントに属
        するものとして前年同期比を算出しております。
        1)機能別事業群

         クラウドやSNS等のIT基盤の利活用により、CRM、販売促進、EC等の業務効率化に大きな伸びしろが期待される企
        業・団体全般をターゲット顧客とした事業セグメント群です。各セグメントの詳細は以下のとおりです。
                                  4/22



                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
         ①情報資産プラットフォーム事業
          昨今の人手不足社会における課題解決の一助として、顧客企業・団体のコスト低減・業務効率化に資するシス
         テムの開発・提供等を行っております。グループ採用で獲得した人材の現場への配属が進んでおりますが、業績
         貢献に想定より時間がかかったことや、人員増加に伴う賃料等の販管費負担が増加したため増収減益となり、売
         上高は2,737百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益は645百万円(同27.3%減)となりました。その主なサー
         ビスは以下のとおりです。
         ⅰ)情報資産プラットフォーム「スパイラル®」
            平成30年3月に「LINE配信」オプションとして「LINE1:1トーク」を、同9月に「Flex                                        Message」及び
            「LINE    Bot」をそれぞれ追加いたしました。同5月に経済産業省が推進するITツールの導入費用の一部を
            国が補助する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」の対象サービスとなりました。
            同8月にPHPバージョンアップ作業を支援する新機能を実装した新版1.12.5の提供を開始し、ボットの不
            正ログインへの対策ツール「Capy                パズル    CAPTCHA」と連携いたしました。この結果、「スパイラル®」の
            有効アカウント数は3,580件となりました。
         ⅱ)アパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC®」
         ⅲ)クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラルプレース®」
         ⅳ)コールセンタープラットフォーム「BizBase®」
            平成30年11月に自動発信と自動音声応答を兼ね備え、電話応対業務を効率化する「オートコールBB」の提
            供を開始いたしました。
         ⅴ)その他の情報資産プラットフォーム
          ・現場に最適なマイナンバー管理を実現する「スパイラル®マイナンバー管理サービス」
            平成30年11月に「第12回ASPIC              IoT・AI・クラウドアワード2018」の「ASP・SaaS部門」において準グラン
            プリを受賞いたしました。
          ・クラウド型ストレスチェックサービス「こころの健診センター®」
            同アワード、同部門においてベスト社会貢献賞を受賞いたしました。
          ・ソーシャルマネジメントプラットフォーム「sprinklr®」
         ②販促CRMソリューション事業

          顧客企業・団体におけるITを活用した業務最適化、顧客との接点機会創出や接点強化を支援するサービスの提
         供及び顧客に応じた最適なITシステムの開発請負等を行っております。前期に獲得した大型のスポット案件によ
         る影響や、人員増に伴う費用負担の増加等により減収減益となり、売上高は761百万円(前年同期比7.6%減)、
         営業利益は31百万円(同71.2%減)となりました。その主なサービスは以下のとおりです。
         ⅰ)デジタルCRM事業及びBtoBマーケティング支援サービス「ITレンジャー®」
         ⅱ)Webシステムの開発業務等の請負
         ⅲ)アパレル・ファッションに特化したECサイト・アプリの構築、運営及びコンサルティング
         ③広告事業

          顧客サービスの認知度、集客力、ブランド力の向上等を目的としたプロモーション設計や広告コンテンツの制
         作・開発・運用、インターネット広告の代理販売等を行っております。売上高は343百万円(前年同期比147.6%
         増)、営業利益は58百万円(前年同期の営業損失は18百万円)となりました。
          既存顧客へ多面的な提案を実践し、顧客単価の向上に努めました。また、平成28年4月に共同出資により設立
         した株式会社jekiインタラクティブ・コミュニケーションズへ人員を出向させており、同社の拡販活動を支援す
         る一方、同社経由の売上獲得、拡大に努め、新規案件の獲得に寄与いたしました。この結果、広告事業は好調な
         成長を維持しております。
          なお、広告事業の売上高については、広告枠の仕入高を売上高から控除する純額で表示(ネット表示)してお
         り、広告枠の仕入高控除前の総額で表示(グロス表示)した場合の売上高は2,764百万円となります。その主な
         サービスは以下のとおりです。
         ⅰ)インターネット広告の代理販売
         ⅱ)アフィリエイトASP一括管理サービス「スパイラルアフィリエイト®」
        2)分野別事業群

         クラウドやSNS等のIT基盤を活用した新たな情報共有モデルの実現によってイノベーションが期待される業界・
        分野をターゲットとした事業セグメント群です。各セグメントの詳細は以下のとおりです。
                                  5/22



                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
         ①xTech事業
          IT技術の利活用により企業や団体の垣根を越えて情報を共有することで、業界に革新的なサービスを創出する
         ことが期待できる事業を行っております。売上高は125百万円(前年同期比5.3%減)、営業損失は39百万円(前
         年同期の営業損失は9百万円)となりました。その主なサービスは以下のとおりです。
         ⅰ)ArchiTech:BIM建築情報プラットフォーム「ArchiSymphony®」
         ⅱ)BeauTech:お客様と美容師のための電子ヘアカルテアプリ「美歴®」
         ⅲ)HRTech:企業の育成を革新する「オーダーメイド人材育成代行事業」
            平成30年3月に厚生労働大臣の許可を得て有料職業紹介事業を開始いたしました。
         ⅳ)FinTech:電子地域通貨プラットフォーム
         ②社会イノベーション事業

          個々の企業や業界の内部にある問題の解決だけでなく、それらの枠を超えて存在する社会的課題の解決を図る
         ことを目的とした公益性の高い事業を行っております。売上高は62百万円(前年同期比31.1%増)、営業損失は
         26百万円(前年同期の営業損失は22百万円)となりました。その主なサービスは以下のとおりです。
         ⅰ)自治体向け広報紙オープン化・活用サービス「マイ広報紙®」
            平成30年11月に掲載自治体数が国内の自治体数の3分の1を超える630となりました。また、「マイ広報
            紙®」に蓄積された記事を株式会社NTTドコモの「iコンシェル®」、ヤフー株式会社の「Yahoo!                                            MAP」や
            「Yahoo!ロコ」に配信する等、情報の一層の活用を推進しております。
         ⅱ)インターネット投票関連事業及び政治・選挙情報サイト「政治山®」
            平成30年8月に国内初となるマイナンバーカードとブロックチェーンを用いたネット投票の実証実験にお
            いて、マイナンバーカードを用いた本人認証により「投票の正当性」を証明し、公開鍵暗号基盤により
            「秘密投票」を実現いたしました。また、ブロックチェーン技術により「データの非改ざん性」を証明い
            たしました。
         ⅲ)地域密着型Webサイト「I              LOVE   下北沢」及び「I        LOVE   下北沢アプリ」の提供並びにネット社会における地
           域・商店街の活性化支援事業
            平成30年    3月に世界の料理を食べ歩く「シーズニングマジック!下北沢ワールドグルメフェス」、同6月
            及び同8月に呑み友に出会えるはしご酒イベント「ばるばる下北沢」、同10月に下北沢の128店舗のオリ
            ジナルカレーが楽しめる「下北沢カレーフェスティバル                          ® 2018」を開催いたしました。
         ⅳ)下北沢地域で還流する電子地域通貨「シモキタコイン®」
            平成30年    8月に関東財務局長より、第三者型前払式支払手段の発行者としての登録を受け                                     、 同9月に電子
            地域通貨「シモキタコイン®」の発行を開始いたしました。
      (2)財政状態の分析

        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ424百万円増加し、5,531百万円となり
        ました。これは主に、現金及び預金の増加88百万円、受取手形及び売掛金                                  の増加38    百万円、無形固定資産の増加24
        百万円、投資有価証券の増加186百万円によるものです。
        (負債)
         当第3四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べ348百万円増加し、3,067百万円となりま
        した。これは主に、短期借入金の増加603百万円、長期借入金の減少264百万円によるものです。
        (純資産)
         当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ75百万円増加し、2,463百万円となり
        ました。これは主に、利益剰余金の増加39百万円、その他有価証券評価差額金の増加29百万円、新株予約権の増加
        5百万円によるものです。
      (3)キャッシュ・フローの状況

        当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
       88百万円増加し、2,004百万円となりました。
        当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第3四半期連結累計期間における営業活動の結果得られた資金は、202百万円となりました。これは主に、税
        金等調整前四半期純利益の計上275百万円、減価償却費160百万円、法人税等の支払額202百万円によるものです。
                                  6/22



                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第3四半期連結累計期間における投資活動の結果支出した資金は、337百万円となりました。これは主に、無
        形固定資産の取得による支出158百万円、投資有価証券の取得による支出159百万円、敷金及び保証金の差入による
        支出7百万円によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第3四半期連結累計期間における財務活動の結果得られた資金は、224百万円となりました。これは主に、借
        入れによる収入603百万円、借入金の返済による支出264百万円、配当金の支払額121百万円によるものです。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社及び連結子会社が対処すべき課題に重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間における研究開発費の金額は127百万円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  7/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                                  32,000,000
       普通株式
                  計                                32,000,000
        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間                        上場金融商品取引所名
                        提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                        又は登録認可金融商品                 内容
                        (平成31年1月11日)
            (平成30年11月30日)                           取引業協会名
                                      東京証券取引所              単元株式数
      普通株式           8,107,664            8,107,664
                                      (市場第一部)               100株
       計         8,107,664            8,107,664            -            -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成31年1月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高        資本準備金        資本準備金
        年月日
                増減数(株)        残高(株)        (千円)        (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
     平成30年9月1日~
                    2,400      8,107,664           350      503,854          350      503,854
     平成30年11月30日
     (注)新株予約権の行使による増加です。
       (6)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/22








                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の株主名簿が確認できないため、                              直前の基準日(平成30年8月31日)現在の株主
        名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年8月31日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -
     議決権制限株式(その他)                       -             -             -
                         普通株式  499,900
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -             -
     完全議決権株式(その他)                    普通株式 7,603,900                   76,039         -
     単元未満株式                    普通株式   1,464                -             -
     発行済株式総数                         8,105,264                -             -
     総株主の議決権                       -                76,039         -
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年8月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                           自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
     所有者の氏名又は名称            所有者の住所                                  対する所有株式数
                           株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                     の割合(%)
                 東京都港区赤坂
     パイプドHD株式会社                        499,900        -          499,900          6.16
                 二丁目9番11号
          計          -          499,900        -          499,900          6.16
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/22










                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております                                       。
        なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりま
       す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日から平
       成30年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,916,190              2,004,637
         現金及び預金
                                        994,673             1,033,519
         受取手形及び売掛金
                                         15,855              15,696
         たな卸資産
                                         50,946              32,587
         繰延税金資産
                                        163,189              284,069
         その他
                                        △ 7,046             △ 7,884
         貸倒引当金
                                       3,133,808              3,362,625
         流動資産合計
       固定資産
                                        120,720              103,888
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         59,645              24,004
          のれん
                                        481,939              542,244
          その他
                                        541,585              566,248
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       1,015,645              1,201,888
          投資有価証券
                                         17,734              14,560
          関係会社株式
                                         1,617               717
          長期貸付金
                                        256,448              261,437
          差入保証金
                                         8,935              21,472
          破産更生債権等
                                         19,460              20,133
          繰延税金資産
                                           60              60
          その他
                                        △ 8,935             △ 21,472
          貸倒引当金
                                       1,310,966              1,498,796
          投資その他の資産合計
                                       1,973,271              2,168,934
         固定資産合計
                                       5,107,080              5,531,560
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        500,000             1,103,000
         短期借入金
                                        267,832              763,880
         1年内返済予定の長期借入金
                                        621,850              695,695
         未払金
                                         54,543              47,223
         未払費用
                                         96,624              22,731
         未払法人税等
                                         55,342              79,480
         未払消費税等
                                        143,276               91,986
         賞与引当金
                                         92,234              137,352
         その他
                                       1,831,702              2,941,348
         流動負債合計
       固定負債
                                        885,712              125,615
         長期借入金
                                         1,316               658
         リース債務
                                        887,028              126,273
         固定負債合計
                                       2,718,730              3,067,621
       負債合計
                                 11/22





                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        503,153              503,854
         資本金
                                        264,125              264,915
         資本剰余金
                                       2,544,159              2,583,667
         利益剰余金
                                       △ 894,000             △ 893,857
         自己株式
                                       2,417,438              2,458,579
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 48,806             △ 19,646
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 245              243
         為替換算調整勘定
                                        △ 49,051             △ 19,403
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  2,921              8,768
                                         17,041              15,993
       非支配株主持分
                                       2,388,349              2,463,938
       純資産合計
      負債純資産合計                                  5,107,080              5,531,560
                                 12/22














                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      売上高                                  3,808,872              4,030,231
                                       1,160,613              1,222,968
      売上原価
                                       2,648,259              2,807,262
      売上総利益
                                       2,045,190              2,525,841
      販売費及び一般管理費
                                        603,068              281,420
      営業利益
      営業外収益
                                         3,084               321
       受取利息
                                         1,191              1,306
       受取手数料
                                           -              570
       助成金収入
                                           332               -
       持分法による投資利益
       未払配当金除斥益                                  1,179               759
                                           295              246
       その他
                                         6,083              3,203
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  2,710              2,569
                                           -             3,173
       持分法による投資損失
                                         2,515              2,675
       投資事業組合運用損
                                           961              946
       その他
                                         6,186              9,364
       営業外費用合計
                                        602,965              275,259
      経常利益
      特別利益
                                           704               -
       新株予約権戻入益
                                           704               -
       特別利益合計
      特別損失
                                           73              -
       固定資産除却損
                                         6,134                -
       損失補償金
                                         6,207                -
       特別損失合計
                                        597,462              275,259
      税金等調整前四半期純利益
                                        184,125               97,620
      法人税、住民税及び事業税
                                         40,705              17,685
      法人税等調整額
                                        224,830              115,306
      法人税等合計
                                        372,632              159,952
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           621            △ 1,210
      に帰属する四半期純損失(△)
                                        372,010              161,163
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/22







                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                        372,632              159,952
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 1,349              29,159
       その他有価証券評価差額金
                                           10              488
       為替換算調整勘定
                                        △ 1,339              29,648
       その他の包括利益合計
                                        371,292              189,601
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        370,671              190,811
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           621            △ 1,210
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        597,462              275,259
       税金等調整前四半期純利益
                                        133,871              160,683
       減価償却費
                                           73              -
       固定資産除却損
                                         2,710              2,569
       支払利息
       投資事業組合運用損益(△は益)                                  2,515              2,675
                                        △ 3,084              △ 321
       受取利息及び受取配当金
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 332             3,173
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   214             13,375
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 54,010             △ 51,290
       売上債権の増減額(△は増加)                                  60,339             △ 38,846
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 16,349                158
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 7              -
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 38,253              24,138
       未払金の増減額(△は減少)                                  38,863              81,152
                                        △ 49,602             △ 154,495
       その他
       小計                                 674,408              318,233
       利息及び配当金の受取額                                  3,706               295
                                         16,584                -
       保険金の受取額
                                        △ 2,957             △ 2,965
       利息の支払額
                                        △ 6,134                -
       損失補償金の支払額
                                       △ 434,244             △ 202,954
       法人税等の支払額
                                         73,735              89,522
       法人税等の還付額
                                        325,098              202,131
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 30,113             △ 14,596
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 183,378             △ 158,743
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 102,000             △ 159,960
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 88,573              △ 7,518
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         5,927                -
       敷金及び保証金の回収による収入
                                         16,209               2,852
       貸付金の回収による収入
                                       △ 381,928             △ 337,964
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,800              5,872
       新株予約権の発行による収入
                                           -            603,000
       借入れによる収入
       借入金の返済による支出                                △ 264,890             △ 264,049
                                         △ 658             △ 658
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                         4,362              1,377
       ストックオプションの行使による収入
                                       △ 159,474             △ 121,655
       配当金の支払額
       非支配株主からの払込みによる収入                                  2,000               250
                                           -              180
       自己株式の処分による収入
                                           -             △ 36
       自己株式の取得による支出
                                       △ 415,859              224,280
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 472,689               88,447
                                       2,143,951              1,916,190
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,671,262              ※ 2,004,637
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/22





                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

         (連結の範囲の重要な変更)
         (1)連結の範囲の変更
           第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社シモキタコインを連結の範囲に含めております。
           また、連結子会社であった株式会社アズベイスは、平成30年4月1日付で連結子会社である株式会社フレン
          ディットを存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
         (2)変更後の連結子会社の数
           14社
        (会計方針の変更)

          (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用)
          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
         号 平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を平成30年4月1日以後適用し、従業員等
         に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会
         計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
          ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに
         従っており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与
         した取引については、従来採用していた会計処理を継続しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成29年3月1日             (自    平成30年3月1日
                                 至   平成29年11月30日)              至   平成30年11月30日)
          現金及び預金勘定                          1,671,262千円               2,004,637千円
                                    1,671,262               2,004,637
          現金及び現金同等物
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年11月30日)
          (1)配当に関する事項
                              1株当たり
                       配当金の総額
       (決    議)
                株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                               (円)
      平成29年5月30日
                         91,051       12.00
                普通株式                    平成29年2月28日          平成29年5月31日          利益剰余金
      定時株主総会
      平成29年9月29日
                         68,422       9.00
                普通株式                    平成29年8月31日          平成29年11月10日          利益剰余金
      取締役会
     (注)1.基準日が平成29年2月28日の配当金の総額は、連結子会社が所有する自己株式(当社株式)に係る配当金を
          控除しております。なお、控除前の金額は97,051千円であります。
        2.基準日が平成29年8月31日の配当金の総額は、連結子会社が所有する自己株式(当社株式)に係る配当金を
          控除しております。なお、控除前の金額は72,922千円であります。
          (2)   株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
                                 16/22



                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年11月30日)
          (1)配当に関する事項
                              1株当たり
                       配当金の総額
       (決    議)
                株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                               (円)
      平成30年4月25日
                         91,234       12.00
                普通株式                    平成30年2月28日          平成30年5月14日          利益剰余金
      取締役会
      平成30年9月28日
                         30,421       4.00
                普通株式                    平成30年8月31日          平成30年11月12日          利益剰余金
      取締役会
     (注)基準日が平成30年2月28日の配当金の総額は、連結子会社が所有する自己株式(当社株式)に係る配当金を控除
        しております。なお、控除前の金額は97,234千円であります。
          (2)   株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                平成29年3月1日         至  平成29年11月30日)
         (1)報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                    機能別事業群               分野別事業群
                                                 グループ共通      損益計算書
              情報資産                         社会
                     販促CRM
                                                   (注)1      計上額
                                              計
              プラット     ソリューション       広告事業      xTech事業     イノベーション
                                                        (注)2
              フォーム事業        事業                  事業
      売上高
      外部顧客への
              2,665,851       824,237      138,703      132,564       47,516    3,808,872         -  3,808,872
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高
                  -      -      -      -      -      -      -      -
      又は振替高
         計
              2,665,851       824,237      138,703      132,564       47,516    3,808,872         -  3,808,872
      セグメント利益
               887,549      109,496     △ 18,543     △ 9,522     △ 22,026     946,953     △ 343,885      603,068
      又は損失(△)
        (注)1.「グループ共通」の区分は各セグメントの事業とは直接結びつかない純粋持株会社の管理費用、グルー
             プ採用及び育成に係る費用が含まれております。
           2.セグメント利益又は損失(△)の合計額は四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
         (2)報告セグメントごとの資産に関する情報

          該当事項はありません。
         (3)報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
                                 17/22






                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                平成30年3月1日         至  平成30年11月30日)
         (1)報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                    機能別事業群               分野別事業群
                                                 グループ共通      損益計算書
              情報資産      販促CRM                  社会
                                                        計上額
                                                   (注)1
                                              計
              プラット     ソリューション       広告事業      xTech事業     イノベーション
                                                        (注)2
              フォーム事業        事業                  事業
      売上高
      外部顧客への
              2,737,670       761,312      343,422      125,526       62,299    4,030,231         -  4,030,231
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は
                  -      -      -      -      -      -      -      -
      振替高
         計
              2,737,670       761,312      343,422      125,526       62,299    4,030,231         -  4,030,231
      セグメント利益又
               645,323       31,491      58,558     △ 39,401     △ 26,824     669,148     △ 387,727      281,420
      は損失(△)
        (注)1.「グループ共通」の区分は各セグメントの事業とは直接結びつかない純粋持株会社の管理費用、グルー
             プ採用及び育成に係る費用が含まれております。
           2.セグメント利益又は損失(△)の合計額は四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
         (2)報告セグメントごとの資産に関する情報

          該当事項はありません。
         (3)報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
         (4)報告セグメントの変更等に関する事項

          当連結会計年度より、現在の当社グループの事業群の位置付けと方向性をより適切に表現するために、事業
         セグメントを再編することといたしました。大分類として「機能別事業群」と「分野別事業群」を設け、各分
         類のもとに、商品・サービス特性が近しいものを事業セグメントとして整理して位置付けております。従前
         は、純粋持株会社の管理費用、グループ採用及び育成に係る費用を各セグメントに按分しておりましたが、各
         事業セグメントの実態をより正確に把握することを目的に、今回のセグメント再編に際して上記の間接費用を
         「グループ共通」として区分することといたしました。
          なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については変更後の区分方法により作成したものを記載
         しております。
                                 18/22








                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日               (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 48円97銭               21円19銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       372,010               161,163
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       372,010               161,163
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               7,596,684               7,604,236
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 48円83銭               21円15銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                22,240               16,776
                                              第5回新株予約権
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
                                               新株予約権の数        2,499個
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     ―
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも                                        第6回新株予約権
     のの概要                                         新株予約権の数        2,500個
                                 19/22












                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        平成30年9月28日開催の取締役会において、当期中間配当を次のとおり決議いたしました。
        1.配当金の総額………………………………………30,421千円
        2.1株当たりの金額…………………………………4円00銭
        3.支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成30年11月12日
        (注)平成30年8月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主を対象といたします。
                                 20/22



















                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                      パイプドHD株式会社(E31585)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年1月11日

     パイプドHD株式会社

      取締役会 御中
                         有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              守谷 徳行        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              平山 謙二  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているパイプドHD株

     式会社の平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日から
     平成30年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、パイプドHD株式会社及び連結子会社の平成30年11月30日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。