株式会社ベクトル 四半期報告書 第27期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第27期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ベクトル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年1月11日
      【四半期会計期間】                    第27期第3四半期(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ベクトル
      【英訳名】                    VECTOR    INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  西江 肇司
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂四丁目15番1号
      【電話番号】                    03-5572-6080 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員  山本 高太郎
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂四丁目15番1号
      【電話番号】                    03-5572-6080 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員  山本 高太郎
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号) 
      (注)   第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第26期           第27期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第26期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年3月1日           自2018年3月1日           自2017年3月1日
              会計期間
                            至2017年11月30日           至2018年11月30日           至2018年2月28日
                      (千円)          14,464,380           21,222,146           20,090,010
     売上高
                      (千円)           2,564,309           2,761,726           2,950,786
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           1,441,671           1,182,659           1,425,381
     期)純利益
                      (千円)           1,628,881           1,069,075           2,054,391
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          10,834,800           13,790,310           11,422,691
     純資産額
                      (千円)          16,468,374           28,033,716           18,595,117
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            31.71           25.59           31.29
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            30.73           24.98           31.06
     (当期)純利益金額
                      (%)             60.7           40.6           56.3
     自己資本比率
                               第26期           第27期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                            自2017年9月1日           自2018年9月1日
              会計期間
                            至2017年11月30日           至2018年11月30日
                                   15.72            3.92
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
                                  2/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、              主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
        第1四半期連結会計期間より、株式会社イレクションを設立したため、また、100キャピタル1号投資事業有限責
       任組合を組成したため連結の範囲に含めております。
        株式会社スリーズ及び株式会社ichieを設立したため持分法適用の範囲に含めており、VR                                         Project    Limitedの株式
       をすべて売却したため持分法適用の範囲から除外しております。
        第2四半期連結会計期間より、株式会社あしたのチームの株式を取得したため、同社及びその子会社4社並びに
       ラグル株式会社を連結の範囲に含めております。                       また、株式会社HAIR及び株式会社Vecrutingを設立したため、持分
       法適用の範囲に含めております。
        なお、連結子会社の株式会社メディコマがカウモ株式会社を吸収合併し、また、株式会社OPENERS、株式会社
       LAUGH   TECH及び株式会社JIONの3社が合併し、株式会社スマートメディアに商号を変更しております。
        当第3四半期連結会計期間より、株式会社ダズル及びMicroAd                             Taiwan    Ltdの株式を取得したため、持分法適用の
       範囲に含めております。
        この結果、2018年11月30日現在では、当社グループは、当社及び子会社36社並びに関連会社9社の合計46社で構
       成されることになりました。
        なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 
       1.四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  3/22














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連       結累計期間において         、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断したものであり
       ます。
       (1)業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、全体として緩やかな回復基調で推移しておりましたが、海外の
       地政学的リスクに関する懸念により先行き不透明な状況が続きました。
        このような市場環境のもと、当社グループは、従来の中核事業である戦略PRサービスだけでなく、顧客のマーケ
       ティング戦略を総合的にサポートする「FAST                     COMPANY」として、顧客の「いいモノを世の中に広める」ための実効性
       の高いサービスをタイムリーかつ幅広くワンストップで提供するマーケティングインフラとしての体制の強化を継続
       的に進めながら、総じて堅調に推移しました。
        顧客に対するコンサルティングサービスを基本とする戦略PRサービスが安定的に業績を積み上げるとともに、ビ
       デオリリース配信事業を含むデジタル領域のサービスは特に大きな成長を遂げたほか、ダイレクトマーケティング事
       業についても、期初に重点的に投入した広告宣伝費をこなして大きな成長を達成しました。
        一方、当社は、グループの成長の過程で、特に最近はM&Aなども実行しながらPR事業の分野を中心に積極的に
       サービスの強化や拡充を推し進めてまいりましたが、そのなかで、2016年以降拡充を進めていたWebメディアの分野
       において広告収入が想定を下回ったことや、PR事業以外については、2018年7月に子会社となった株式会社あした
       のチームの事業分野が想定を下回ったこと、さらにそれらを含む事業や会社の取得により生じるのれんの償却の影響
       もあり、利益面においては前年同期を下回る水準となりました。
        その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は                       21,222百万円(前年同期比46.7%増)、営業利益は2,176百万円
       (同10.9%減)、経常利益は2,761百万円(同7.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,182百万円(同
       18.0%減)となりました。
        また、当社グループが取り組むインベストメントベンチャー活動(ベンチャー企業等への出資)に関連して、出資
       先に対してPRおよびIRをあわせたサポートを提供しており、その結果として、株式会社ピアラが2018年12月11日に
       東京証券取引所マザーズ市場への上場を果たしました。
        セグメント業績は、次のとおりであります。

        なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分変更を行っており、以下の前年同期比較については、
       前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
       ・PR事業

        PR事業においては、ひきつづき安定的に案件を獲得し順調に推移しました。一方、近年当社グループがM&A等に
       より強化を進めていたWebメディアを含むコンテンツマーケティング分野の事業が当セグメントに含まれております
       が、これら比較的新しいWebメディアの事業分野は、上期に生じた検索エンジンの表示順位変更等により特に広告収
       入が想定を下回る結果となりました。また、当セグメントにおいて実行したM&Aにより生じたのれんの償却額が前年
       同期を大きく上回る水準となったこともあり、当セグメントの当第3四半期連結累計期間における営業利益は、選挙
       関連の大型案件の獲得などにより大きな成長を達成した前年度の水準を下回る結果となりました。
        その結果、PR事業全体では、売上高は13,095百万円(前年同期比21.1%増)、営業利益は1,375百万円(同
       23.0%減)となりました。
        なお、Webメディア以外のPR事業は引き続き堅調であり、営業利益からのれんの償却の影響を調整した額につい
       ては前年度との比較で順調に成長を継続しております。
       ・ニュースリリース配信事業

        株式会社PR      TIMESが手掛けるニュースリリース配信事業においては、ニュースリリース配信サイト「PR                                          TIMES」を
       はじめとした多数のWebサイトにニュースリリースを配信・掲載し、2018年11月には利用企業社数が26,000社を突破
       しました。
        以上の結果、ニュースリリース配信事業における売上高は1,690百万円(前年同期比34.1%増)、営業利益は410百
       万円(同43.1%増)となりました。
                                  4/22


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
       ・ビデオリリース配信事業

        株式会社NewsTVが手掛けるビデオリリース配信事業は、アドテクノロジーを活用した動画コンテンツ配信サービス
       「NewsTV」が引き続き順調に業績を積み上げました。「広告・マーケティング業界にビデオリリースという商習慣を
       創る」というビジョンを掲げ、引き続き積極的に営業活動を推進し、売上面および利益面いずれも大きな成長を達成
       しました。
        以上の結果、ビデオリリース配信事業における売上高は1,278百万円(前年同期比58.0%増)、営業利益は311百万
       円(同59.4%増)となりました。
       ・ダイレクトマーケティング事業

        株式会社ビタブリッドジャパンが手掛けるダイレクトマーケティング事業においては、同社が取扱う「ビタブリッ
       ドC」の販売が順調であり、売上高は前年同期比で130%を上回る成長率を達成しました。営業利益に関しても、期初
       に重点的に広告宣伝費を投入したことから第1四半期において損失を計上しておりましたが、広告宣伝の効果もあり
       当第3四半期連結累計期間では前年同期比で80%を超える成長率を達成するに至りました。
        以上の結果、ダイレクトマーケティング事業における売上高は4,410百万円(前年同期比124.3%増)、営業利益は
       327百万円(同86.1%増)となりました。
       ・その他

        当社は、企業の人事評価制度の導入や運用を支援する人事関連クラウドサービスを展開する株式会社あしたのチー
       ムを2018年7月に子会社化しました。同社は、2018年3月までにすべての都道府県に営業拠点の設置を完了するなど
       積極的に事業を展開しており飛躍的な成長が期待されておりますが、当第3四半期連結累計期間においては、営業拠
       点の体制整備を含めた運営費用が先行するかたちとなり、また、同社の子会社化により生じるのれんの償却も業績を
       下振れさせる要因となりました。その結果、上記のセグメントに含まれない同社事業を含むその他の事業分野におけ
       る売上高は1,143百万円、営業損失は248百万円となりました。
        なお、現時点においては、株式会社あしたのチームは、当社グループとしての運営体制の強化と効率化も順調に進
       展しており、また、各拠点の人員の拡充を含む営業体制についても整備されつつある状況であり、2018年11月は単月
       での営業利益ベースでの黒字化を達成しました。政府が推進する「働き方改革」などによる同社サービス分野の需要
       の拡大とあわせて今後堅調に成長するものと見込んでおり、将来的には当社グループの主要な収益源としての貢献が
       期待できるものと考えております。
                                  5/22











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
       (資産の部)
        当第3四半期連結会計期間末における総資産は前連結会計年度末に比べ9,438百万円増加し、28,033百万円となり
       ました。
        流動資産におきまして当第3四半期連結会計期間末残高は、14,210百万円と前連結会計年度末に比べ5,083百万円
       の増加となりました。これは、現金及び預金が1,471百万円、受取手形及び売掛金が1,103百万円、営業投資有価証券
       が903百万円、商品及び製品が194百万円、未成業務支出金が169百万円増加したことが主な要因となります。
        固定資産におきまして当第3四半期連結会計期間末残高は、13,823百万円と前連結会計年度末に比べ4,355百万円
       の増加となりました。これは、のれんが2,211百万円、投資有価証券が1,377百万円、敷金及び保証金が251百万円増
       加したことが主な要因となります。
       (負債の部)

        当第3四半期連結会計期間末における負債は前連結会計年度末に比べ7,070百万円増加し、14,243百万円となりま
       した。
        流動負債におきまして当第3四半期連結会計期間末残高は、9,621百万円と前連結会計年度末に比べ2,920百万円の
       増加となりました。これは、支払手形及び買掛金が304百万円、短期借入金が1,231百万円、1年内返済予定の長期借
       入金が1,050百万円増加したことが主な要因となります。
        固定負債におきまして当第3四半期連結会計期間末残高は、4,622百万円と前連結会計年度末に比べ4,150百万円の
       増加となりました。これは、長期借入金が4,099百万円増加したことが主な要因となります。
       (純資産の部)

        純資産におきまして当第3四半期連結会計期間末残高は、13,790百万円と前連結会計年度末に比べ2,367百万円の
       増加となりました。これは、資本金が415百万円、利益剰余金が906百万円、非支配株主持分が1,268百万円増加した
       こと及びその他有価証券評価差額金が385百万円減少したことが主な要因となります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上および財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  6/22











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          131,400,000

                  計                               131,400,000

      ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年1月11日)
                (2018年11月30日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数
     普通株式               46,807,500            46,807,500
                                         (市場第一部)             100株
         計           46,807,500            46,807,500           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年1月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
         れた株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
      (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                          発行済株式
                  発行済株式                             資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                          総数残高
        年 月 日          総数増減数                              増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)                            (千円)       (千円)
                           (株)
       2018年9月1日~
                                   385,225
       2018年11月30日             386,400      46,807,500               2,580,425        385,225      2,540,425
          (注)
      (注)新株予約権の行使による増加であります。
      (6)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2018年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①【発行済株式】

                                                   2018年11月30日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                       -             -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

     議決権制限株式(その他)                       -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式         261,800          -            -

                                           461,544

     完全議決権株式(その他)                 普通株式       46,154,400                       -
                                 4,900         -
     単元未満株式                 普通株式                               -
     発行済株式総数                         46,421,100           -            -
     総株主の議決権                       -              461,544           -

     (注)「単元未満株式」欄には、当社保有の自己株式45株が含まれております。
      ②【自己株式等】

                                                   2018年11月30日現在
                                                    発行済株式総数に

                        自己名義所有株式         他人名義所有株式         所有株式数の合計
     所有者の氏名又は
                                                    対する所有株式数
                所有者の住所
                        数(株)         数(株)         (株)
        名称
                                                    の割合(%)
               東京都港区赤坂四
     株式会社ベクトル                       261,800            -       261,800           0.56
                丁目15番1号
                  -
         計                   261,800            -       261,800           0.56
      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)  退任役員
           役 名           職 名           氏 名          退任年月日
           取締役            -         中島 謙一郎           2018年11月5日

       (2)  異動後の役員の男女別人員数及び女性の比率

        男性6名 女性1名 (役員のうち女性の比率14.3%)
                                  8/22






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
       1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
       2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年9月1日から2018
       年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年3月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年2月28日)              (2018年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       4,320,804              5,792,112
         現金及び預金
                                       3,783,050              4,886,352
         受取手形及び売掛金
                                            -           903,494
         営業投資有価証券
                                        208,123              403,074
         商品及び製品
                                        127,449              296,926
         未成業務支出金
                                        217,720              232,178
         繰延税金資産
                                        606,942             1,804,731
         その他
                                       △ 137,180             △ 108,614
         貸倒引当金
                                       9,126,911              14,210,256
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        332,185              492,604
          建物及び構築物
                                         6,619              13,357
          機械装置及び運搬具
                                        452,876              537,144
          工具器具備品
                                         78,815              161,066
          リース資産
                                       △ 472,494             △ 580,700
          減価償却累計額
                                        398,003              623,473
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                       3,043,410              5,254,901
          のれん
                                        274,896              470,127
          ソフトウエア
                                        181,708              243,271
          その他
                                       3,500,015              5,968,299
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       5,017,765              6,394,819
          投資有価証券
                                         43,675              42,965
          繰延税金資産
                                        459,382              710,815
          敷金及び保証金
                                         53,969              84,657
          その他
                                        △ 4,606             △ 1,570
          貸倒引当金
                                       5,570,186              7,231,686
          投資その他の資産合計
                                       9,468,205              13,823,459
         固定資産合計
                                       18,595,117              28,033,716
       資産合計
                                 10/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年2月28日)              (2018年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        784,012             1,088,365
         支払手形及び買掛金
                                       2,858,784              4,089,987
         短期借入金
                                         3,180            1,053,662
         1年内返済予定の長期借入金
                                         5,000              5,000
         1年内償還予定の社債
                                         16,243              31,275
         リース債務
                                        851,575              712,077
         未払法人税等
                                        229,068               81,030
         賞与引当金
                                         28,800                 -
         株主優待引当金
                                       1,923,680              2,559,617
         その他
                                       6,700,345              9,621,015
         流動負債合計
       固定負債
                                         13,250             4,112,282
         長期借入金
                                            -            50,000
         社債
         リース債務                                26,814              86,983
                                        339,416              177,697
         繰延税金負債
                                         92,599              195,426
         その他
                                        472,080             4,622,389
         固定負債合計
                                       7,172,425              14,243,405
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,164,607              2,580,425
         資本金
                                       2,642,854              2,615,630
         資本剰余金
                                       5,041,197              5,947,591
         利益剰余金
                                       △ 259,531             △ 259,778
         自己株式
                                       9,589,128              10,883,869
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        841,825              456,189
         その他有価証券評価差額金
                                         36,288              35,968
         為替換算調整勘定
                                        878,114              492,158
         その他の包括利益累計額合計
                                         8,414             198,811
       新株予約権
                                        947,035             2,215,470
       非支配株主持分
                                       11,422,691              13,790,310
       純資産合計
                                       18,595,117              28,033,716
      負債純資産合計
                                 11/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
      【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      売上高                                 14,464,380              21,222,146
                                       5,199,215              7,979,167
      売上原価
                                       9,265,164              13,242,979
      売上総利益
                                       6,821,976              11,066,690
      販売費及び一般管理費
                                       2,443,188              2,176,288
      営業利益
      営業外収益
                                         12,110              19,240
       受取利息及び配当金
                                        190,045              659,942
       投資有価証券売却益
                                         17,439              321,670
       投資事業組合運用益
                                         37,150                 -
       受取補償金
                                         9,839              44,720
       その他
                                        266,584             1,045,574
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,783              30,803
       支払利息
       為替差損                                  38,163               7,610
                                         9,535              14,236
       貸倒引当金繰入額
                                           750            105,652
       支払手数料
                                         3,866              2,921
       投資事業組合運用損
                                         39,999              240,665
       投資有価証券評価損
                                         41,417              48,386
       持分法による投資損失
                                         5,945              9,860
       その他
                                        145,463              460,136
       営業外費用合計
                                       2,564,309              2,761,726
      経常利益
      特別利益
                                         2,102                -
       固定資産売却益
                                         3,394              4,512
       負ののれん発生益
                                            -           111,687
       段階取得に係る差益
                                            -            16,858
       持分変動利益
                                         5,497             133,058
       特別利益合計
      特別損失
       固定資産除却損                                  9,529              20,617
                                            -             344
       関係会社株式売却損
                                            -            9,942
       リース解約損
                                         1,379                -
       段階取得に係る差損
                                         20,046              16,278
       減損損失
                                         30,955              47,182
       特別損失合計
                                       2,538,852              2,847,602
      税金等調整前四半期純利益
                                        889,334             1,392,571
      法人税等
                                       1,649,517              1,455,031
      四半期純利益
                                        207,846              272,371
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                       1,441,671              1,182,659
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
      【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
                                       1,649,517              1,455,031
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 49,163             △ 385,635
       その他有価証券評価差額金
                                         28,527               △ 319
       為替換算調整勘定
                                        △ 20,636             △ 385,955
       その他の包括利益合計
                                       1,628,881              1,069,075
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       1,421,884               796,703
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        206,996              272,371
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (1)連結の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間より、株式会社イレクションを設立したため、また、100キャピタル1号投資事業有限
        責任組合を組成したため連結の範囲に含めております。
         第2四半期連結会計期間より、株式会社あしたのチームの株式を取得したため、同社及びその子会社4社並び
        にラグル株式会社を連結の範囲に含めております。当該連結範囲の変更は、当第3四半期連結会計期間の属する
        連結会計年度の連結財務諸表に重要な影響を与える見込みです。当該影響は、連結貸借対照表における総資産及
        び総負債額の増加、連結損益計算書における売上高等の増加であります。
         なお、連結子会社の株式会社メディコマがカウモ株式会社を吸収合併し、また、株式会社OPENERS、株式会社
        LAUGH   TECH及び株式会社JIONの3社が合併し、株式会社スマートメディアに商号を変更しております。
      (2)持分法適用の範囲の重要な変更

         第1四半期連結会計期間より、               株式会社スリーズ及び株式会社ichieを設立したため持分法適用の範囲に含めて
        おります。また、前連結会計年度に持分法適用関連会社であったVR                               Project    Limitedは、第1四半期連結会計期間
        においてその持分のすべてを売却したため、持分法適用の範囲から除外しております。
         第2四半期連結会計期間より、株式会社HAIR及び株式会社vecrutingを設立したため持分法適用の範囲に含めて
        おります。
         当第3四半期連結会計期間より、株式会社ダズル及びMicroAd                             Taiwan    Ltdの株式を取得したため、持分法適用
        の範囲に含めております。
      (会計方針の変更)

       従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用
        「従業員に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号                                                  平成
       30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を2018年4月1日以後適用し、従業員等に対して権利確
       定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計
       基準第8号      平成17年12月27日)等に準拠した会計処理を行うこととしました。
        ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取り扱いに従っ
       ており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与した取引
       については、従来採用していた会計処理を継続しております。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       税金費用の計算
        税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用
       後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
      (追加情報)

       表示方法の変更
        前第3四半期連結累計期間において、「営業外費用」の「その他」に含めて表示しておりました「支払手数料」
       は、金額的重要性が増したため、当第3四半期連結累計期間より独立掲記しております。この表示方法の変更を反
       映させるため、前第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表の組替を行っております。この結果、前第3四半
       期連結累計期間の四半期連結損益計算書において、「営業外費用」の「その他」6,695千円は、「支払手数料」750
       千円、「その他」5,945千円として組み替えております。
                                 14/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
       1.当座貸越契約及びコミットメントライン契約
        当社グループにおいては、運転資金の効率的な調達を行うため当第3四半期連結会計期間末において取引銀行18行
       と当座貸越契約及びコミットメントライン契約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のと
       おりであります。
                               前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間
                              (2018年2月28日)              (2018年11月30日)
       当座貸越極度額及びコミットメントライン
                                  7,250,000千円              6,150,000千円
       契約の総額
       借入実行残高                           2,710,000              3,929,000
                差引額                  4,540,000              2,221,000
       2.財務制限条項

        当社子会社の㈱あしたのチームは、2018年9月25日付で取引銀行4行とシンジケーション方式のコミットメントラ
       イン契約を締結しており、当該契約には以下の財務制限条項が付されております。
       (1) 各年度の決算期の末日における借入人の貸借対照表における純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期
        の末日または2018年3月に終了した決算期の末日における借入人の貸借対照表における純資産の部の金額のいず
        れか高い方の75%の金額以上に維持すること。
       (2) 各年度の決算期にかかる借入人の損益計算書上の経常損益に関して、2期連続して損失を計上しないこと。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のと
       おりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自   2017年3月1日               (自   2018年3月1日
                              至  2017年11月30日)                至  2018年11月30日)
      減価償却費                             152,979千円                  174,999千円
      のれんの償却額                             179,466                  646,840
                                 15/22











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
       前第3四半期連結累計期間(自 2017年3月1日 至 2017年11月30日)
       1.配当支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決 議)        株式の種類              配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             (円)
      2017年5月25日
                普通株式       226,327         5   2017年2月28日          2017年5月26日         利益剰余金
       定時株主総会
       2.株主資本の金額の著しい変動

         該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年11月30日)

       1.配当支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決 議)        株式の種類              配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             (円)
      2018年5月24日
                                6
                普通株式       276,264            2018  年2月28日        2018年5月25日         利益剰余金
       定時株主総会
       2.株主資本の金額の著しい変動

          当第3四半期連結累計期間において、新株予約権の権利行使による資本金415,817千円、資本剰余金415,817千
         円の増加、及び連結子会社である株式会社メディコマの株式の追加取得よる資本剰余金428,349千円の減少が主
         な要因となり、当第3四半期連結会計期間末において資本金が2,580,425千円、資本剰余金が2,615,630千円と
         なっております。
                                 16/22












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自 2017年3月1日 至 2017年11月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント

                                                        四半期連結
                                         その他           調整額      損益計算書
                                               合計
                    ニュース 
                         ビデオリ     ダイレクト                          計上額 
                                         (注)1          (注)2
               PR事業     リリース      リース配信     マーケティ       計                   (注)3
                          事業    ング事業
                    配信事業
     売上高
      外部顧客への売上
               10,793,350      1,140,049      564,900    1,966,079     14,464,380         - 14,464,380         - 14,464,380
      高
      セグメント間の内
      部売上高又は振替          22,490     120,488     244,476        -   387,456        -   387,456    △ 387,456        -
      高
          計     10,815,841      1,260,538      809,376    1,966,079     14,851,836         - 14,851,836      △ 387,456    14,464,380
      セグメント利益         1,785,860      286,740     195,617     175,834    2,444,052      △ 1,264   2,442,788        400   2,443,188

     (注)1.     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、投資事業を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額400千円は、セグメント間取引消去400千円であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
         当第3四半期連結累計期間において、「PR事業」セグメントにおいて16,000千円、「ビデオリリース事業」セ
        グメントにおいて6,833千円の減損損失を計上し、連結決算において2,787千円の消去が生じております。
        (のれんの金額の重要な変動)

         「PR事業」セグメントにおいて、当第1四半期連結会計期間から株式会社メディコマ(旧㈱Alpaca)を、当第
        2四半期連結会計期間から株式会社OPENERSを、当第3四半期連結会計期間からMicroAd                                         Korea   Inc.を連結の範囲
        に含めております。当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間においては646,742千円であり
        ます。
                                 17/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      当第3四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年11月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント

                                                        四半期連結
                                         その他           調整額      損益計算書
                                               合計
                    ニュース 
                                                        計上額 
                         ビデオリ     ダイレクト           (注)1          (注)2
               PR事業     リリース      リース配信     マーケティ       計                   (注)3
                          事業    ング事業
                    配信事業
     売上高
      外部顧客への売上
               13,046,352      1,546,265     1,075,903     4,410,264     20,078,786      1,143,360     21,222,146         - 21,222,146
      高
      セグメント間の内
      部売上高又は振替          48,880     144,300     202,695        -   395,875        -   395,875    △ 395,875        -
      高
          計     13,095,232      1,690,565     1,278,598     4,410,264     20,474,662      1,143,360     21,618,022      △ 395,875    21,222,146
      セグメント利益

               1,375,595      410,421     311,845     327,141    2,425,004     △ 248,955    2,176,048        239   2,176,288
     (注)1.     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、人事コンサルティング事業等を含
         んでおります。
        2.セグメント利益の調整額239千円は、セグメント間取引消去239千円であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

        第1四半期連結会計期間から、従来、「その他」に含まれていた㈱starbank及び㈱LAUGH                                         TECH(現㈱スマートメ
       ディア)は「PR事業」セグメントに含めております。また、「PR事業」セグメントに区分していた㈱100キャピ
       タルは「その他」に含めております。
        また、第2四半期連結会計期間に連結の範囲に含めておりますラグル㈱は「PR事業」セグメントに、㈱あしたの
       チームは「その他」に含めております。
        なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第3四半期連結累計期間の報告セグメントの区分に基づ
       き作成したものを開示しております。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
         当第3四半期連結累計期間において、「PR事業」セグメントにおいて15,074千円、「ビデオリリース事業」セ
        グメントにおいて1,204千円の減損損失を計上しております。
        (のれんの金額の重要な変動)

         「 PR事業」セグメントにおいて、               当第2四半期連結会計期間から              ラグル株式会社を、その他事業において株式
        会社あしたのチームを連結の範囲に含めております。当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期
        間においては2,667,913千円であります。
                                 18/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年3月1日               (自 2018年3月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 31円71銭               25円59銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                      1,441,671               1,182,659
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      1,441,671               1,182,659
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              45,462,374               46,221,030
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 30円73銭               24円98銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                               1,445,367               1,116,734
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 19/22










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 20/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクトル(E26428)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年1月11日

     株式会社ベクトル
      取 締 役 会  御中
                                     東 陽 監 査 法 人

                                     指定社員

                                            公認会計士
                                                    本橋 隆夫
                                     業務執行社員
                                     指定社員
                                            公認会計士
                                                    辻村 茂樹
                                     業務執行社員
                                     指定社員
                                            公認会計士
                                                    三浦 貴司
                                     業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ベク

     トルの2018年3月1日から2019年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年9月1日から2018
     年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年3月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
     結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
     質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
     当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ベクトル及び連結子会社の2018年11月30日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 22/22





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。