株式会社ウェザーニューズ 四半期報告書 第33期第2四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第33期第2四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ウェザーニューズ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年1月11日
      【四半期会計期間】                    第33期第2四半期(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ウェザーニューズ
      【英訳名】                    WEATHERNEWS      INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  草開 千仁
      【本店の所在の場所】                    千葉市美浜区中瀬一丁目3番地 幕張テクノガーデン
      【電話番号】                    043(274)5536(代表)
      【事務連絡者氏名】                    広報・IRリーダー  四宮 進吾
      【最寄りの連絡場所】                    千葉市美浜区中瀬一丁目3番地 幕張テクノガーデン
      【電話番号】                    043(274)5536(代表)
      【事務連絡者氏名】                    広報・IRリーダー  四宮 進吾
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/28













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第32期           第33期
               回次               第2四半期           第2四半期            第32期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年6月1日           自 2018年6月1日           自 2017年6月1日

              会計期間
                           至 2017年11月30日           至 2018年11月30日           至 2018年5月31日
                                 7,552,367           8,129,815           15,874,028
     売上高
                      (千円)
     (第2四半期連結会計期間)                           ( 3,853,364     )      ( 4,190,003     )
                      (千円)           1,190,184            882,163          2,490,953
     営業利益
                      (千円)           1,174,140            876,058          2,495,193
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                            218,309           638,897          1,138,630
                      (千円)
     する四半期純損失(△)
     (第2四半期連結会計期間)                           (△  95,110   )       ( 486,928    )
                      (千円)            283,007           562,499          1,153,220
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          13,295,849           13,706,394           13,618,685
     純資産額
                      (千円)          14,992,831           15,331,152           15,106,315
     総資産額
                      (円)           1,211.29           1,247.01           1,241.38
     1株当たり純資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                                   20.03           58.58           104.49
     金額又は四半期純損失金額(△)
                      (円)
     (第2四半期連結会計期間)                            (△  8.72  )        ( 44.63   )
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            19.97           58.42           104.17
     (当期)純利益金額
                      (%)             88.0           88.8           89.6
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)            712,242           870,330          1,873,891
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)           △ 617,122          △ 533,270          △ 450,357
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)           △ 548,130          △ 545,121         △ 1,132,605
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)           6,460,159           6,991,404           7,186,108
     四半期末(期末)残高
     従業員数                              855           943           914
                      (名)
     [外、平均臨時従業員数]                              [ 71 ]          [ 76 ]          [ 74 ]
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
           結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
           等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        当第2四半期連結会計期間において、WEATHERNEWS                        AUSTRALIA     PTY.   LTD.は清算が結了したため、連結の範囲から除
       外しております。この結果、2018年11月30日現在、当社グループは、当社及び13社の連結子会社並びに3社の持分法
       適用関連会社により構成されております。
                                  2/28


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等又は、前
       事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績の分析
        ① 当第2四半期連結累計期間の業績の状況
          気象サービスの市場規模は全世界で6,000億円以上と想定されます。気象リスクへの関心の高まりとネット技
         術の発展によって、気象サービス市場は今後も成長を続けると当社は考えています。
          当社では「全世界76億人の情報交信台」という夢のもと、第1成長期(1986年6月から1995年5月)は「事業
         の成長性」、第2成長期(1995年6月から2004年5月)は「ビジネスモデルの多様性」、第3成長期(2004年6
         月から2012年5月)は「経営の健全性」をテーマとし、事業活動を行ってきました。当期は、「革新性」をテー
         マに掲げ本格的なグローバル展開を目指す第4成長期の7年目として、次の項目に取り組んでおります。
        <1>ビジネス展開
         ・航海気象
          船隊計画全体の最適化を推薦する船種毎のサービスや二酸化炭素排出量の規制導入に対応したサービスのア
          ジア及びヨーロッパの市場を中心とした積極的な海外営業
         ・航空気象
          アジアのエアラインを中心としたサービス展開の拡大及びヨーロッパにおけるマーケティングの推進
         ・道路及び鉄道気象
          国内サービスの強化やアジアにおける運行規制基準策定の共創等
         ・環境気象
          Weathernews      France    SASを中心とした環境気象の立ち上げの促進
         ・BtoS(個人・分衆:Sはサポーター)
          広告投資や配信コンテンツの拡充によるトラフィックの最大化に向けた取り組み及び気象情報と関連する自
          社独自の個人向けインターネット広告事業
       <2>投資状況
         ・設備投資
          ビッグデータを活用したサービス開発の基礎となる蓄積データを効果的に解析できる基幹インフラ、サービ
          ス提供数の増加を見据えた効率的なサービス運営システム及び新興国の観測網を整備する独自観測インフラ
         ・人材投資
          アジア・ヨーロッパ展開を加速するサービススタッフ、AIやグロースハックの技術をもつエンジニア及び新
          サービスを継続的に創出していくIT人材及びグローバル化に対応する管理部門スタッフの強化
         ・事業投資
          ネットメディアを中心とした広告掲載及びSEO・ASO(ウェブやアプリが上位に検索されるための最適化)を
          通じたサーチエンジン広告の実施
         当第2四半期連結累計期間の売上高は                   8,1  29百万円と、前年同期比7.6%の増収                 となりました。BtoB市場の売上高

        では、航海気象で        の、アジア及びヨーロッパを中心とした船隊計画全体の最適化推薦サービスであるT-MAX                                         の採用
        増加  、航空気象でのアジアを中心とした新規受注の増加、道路気象での新規顧客の獲得や既存顧客への通行規制可
        否判断サービス追加により、前年同期比                   5.7%増収の4,765百万円           となりました。個人向けサービスであるBtoS市場
        の売上高は、広告投資によるトラフィックの最大化や自社配信コンテンツの充実と継続的なUI/UXの改善に伴う継
        続利用率の向上によって、スマートフォンのレベニューシェアモデル売上が好調であったことに加えて、広告事業
        の本格化により、前年同期            比10.6%増収の3,363百万円             となりました。
         利益については、グローバル展開を加速するサービススタッフや新サービスを創出する開発スタッフの積極採
        用、サービスソフトウェアを中心としたシステム開発費の増加および広告投資の増加に加え、国内における極端気
        象の増加やグローバルでの新たなニーズを受け、中長期を見据えた新たなシステム開発を行った影響により、                                                   営業
        利益は前年同期比25.9%減益の882百万円、経常利益は前年同期比25.4%減益の876百万円となりました。また、放
        送気象サービスの品質維持に向けたシステムの入れ替えによるソフトウェアの減損損失                                        およびそれに伴う製品保証
        費用等を特別損失に、関係会社の清算結了に伴う関係会社清算益を特別利益に計上したことにより、親会社株主に
        帰属する四半期純利益は前年同期比                 192.7%増益の638百万円となりました。
                                  3/28



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        ② 市場別の状況
          当第2四半期連結累計期間における市場別売上高は以下のとおりです。当社は継続的にコンテンツを提供する
         トールゲート型ビジネスを主に展開しています。一方、将来のトールゲート売上につながる一時的な調査やシス
         テムを販売する機会があり、当社はこれらをSRS(Stage                          Requirement      Settings)と称しています。
                   前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間

                    (自 2017年6月1日                   (自 2018年6月1日
                                                        増減率
                     至 2017年11月30日)                   至 2018年11月30日)
                                                        (%)
        市場区分
                              (百万円)                   (百万円)
                  SRS                   SRS
                       トールゲート         合計           トールゲート         合計      合計
                    164      3,264      3,428       168      3,466      3,635       6.0
      交通気象
                     35     1,047      1,082        49     1,0  80     1,1  30      4.4
      交通気象以外
                    199      4,311      4,510       218      4,547      4,765       5.7
        BtoB市場
      モバイル・インター
                     -     1,707      1,707        1     2,124      2,125       24.4
      ネット
                    218      1,115      1,333       107      1,131      1,238      △7.1
      その他メディア
                    218      2,823      3,041       108      3,255      3,363       10.6
        BtoS市場
                    417      7,134      7,552       326      7,802      8,129       7.6
         合計
         (参考)地域別売上高

                   前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                    (自 2017年6月1日                   (自 2018年6月1日
                                                        増減率
                     至 2017年11月30日)                   至 2018年11月30日)
                                                        (%)
                              (百万円)                   (百万円)
                  SRS                   SRS
                       トールゲート         合計           トールゲート         合計      合計
                    393      5,270      5,664       298      5,695      5,993       5.8
     日本
                     -      677      677       -      932      932      37.7
     アジア・豪州
                     23      957      980       28     1,023      1,052       7.3
     欧州
                     -      229      229       -      151      151     △34.2
     米州
                    417      7,134      7,552       326      7,802      8,129       7.6
         合計
        <BtoB(企業・法人)市場>

         BtoB市場においては、社会のインフラとして企業のニーズが高く、かつグローバルな成長が見込まれる交通気象
        (航海気象、航空気象、道路気象、鉄道気象、海上気象)を重点事業と位置づけております。なかでも、当社サー
        ビスの原点である海運会社向け航海                 気象では、安全性を向上すると同時に燃料消費量を抑え、運航効率を改善する
        OSR(Optimum       Ship   Routeing)をコンテナ船、自動車船、ばら積み船及びタンカー向けに展開しています。
         当第2四半期連結累計期間は、航海気象では                      海運  市場のIT化の流れを         捉えた   船隊計画全体の最適化推薦サービス
        であるT-MAXの導入が進           み 、アジア及び      ヨーロッパの市場を中心にサービス提供数が増加したことにより増収とな
        りました。     また、   航空気象ではアジアを中心とした新規受注により                       Go  or  NG  Decision     Support    Serviceの提供先
        が増加し    た こと  、 道路気象では新規顧客の獲得、および局地豪雨・台風対策として高速道路の通行規制可否判断
        サービス導入      により増収となりました。
         この結果、交通気象の売上高は前年同期比6.0%の増収となり、BtoB市場全体の売上高は、前年同期比5.7%増収
        の4,765百万円となりました。
                                  4/28




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        <BtoS(個人・分衆)市場>
         当第2四半期連結累計期間のBtoS市場においては、モバイル・インターネットでの広告キャンペーン等の引き込
        み施策の多様化によるDAU(Daily                Active    Users)の増加や自社配信コンテンツの充実と継続的なUI/UXの改善に伴
        う継続利用率の向上によって、スマートフォンのレベニューシェアモデル売上が好調であったことに加えて、今期
        から本格化した広告事業も順調に成長したことにより、                          前年同期比24.4%の増収となりました。
         一方、放送局向けでは、キャスター派遣サービスが市場のニーズを捉えて成長したものの、放送局向けのシステ
        ム更新のタイミングによる初期型売上SRSの減少により、前年同期比7.1%の減収となりました。
         この結果、BtoS市場全体では前年同期比10.6%増収の3,363百万円とな                                  りました。
       (2)財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末の総資産は、仕掛品などの増加により、前連結会計年度末に比べて224百万円増加
        し、15,331百万円となりました。また、負債合計額は未払法人税等などの増加により、前連結会計年度末に比べて
        137百万円増加し、1,624百万円となりました。純資産合計額は、前連結会計年度末の配当544百万円を行った一方
        で、親会社株主に帰属する四半期純利益638百万円を計上したことなどにより、前連結会計年度末に比べて87百万
        円増加し、13,706百万円となりました。
         これらにより、自己資本比率は88.8%となりました。
       (3)キャッシュ・フローの分析

         営業活動によるキャッシュ・フローは、法人税等169百万円を支払う一方で、税金等調整前四半期純利益842百万
        円を計上したことなどにより、870百万円の収入(前年同期712百万円の収入)となりました。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産や無形固定資産の取得による支払などにより、533百万円
        の支出(前年同期617百万円の支出)となりました。
         また、財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払などにより、545百万円の支出(前年同期548百万円
        の支出)となりました。
         以上により、現金及び現金同等物の当第2四半期末残高は6,991百万円(前年同期6,460百万円)となりました。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社グループでは、中期ビジョンをもとに事業に取り組んでおります。なお、当第2四半期連結累計期間におい
        て、対処すべき課題について重要な変更はありません。
        ① 実現すべきミッション

          当社グループの基本コンセプトは、気象から気候変動、環境に関するあらゆるコンテンツを官営サービスに依
         存することなく、自らが主体的にデータを収集し配信する「フルサービス・ウェザーカンパニー」となることで
         す。これに加え、およそ気象が有意義なコンテンツとなりうるあらゆる分野においてサービスを提供することが
         できる「Full       Services(フルサービシズ)」となり、多くの新しい市場とサービスの立ち上げを目指していま
         す。当社グループが実現すべきミッションは以下の5つであると捉えております。
         1)全世界76億人の一人ひとりとともに、最多、最速、最新の気象コンテンツサービスを創造・提供する世界最

          強・最大の「気象コンテンツ・メーカー」になること。
         2)気象コンテンツ市場のフロントランナーとして、独創的に新たな市場を創造しながら、「サポーター価値創
          造」と企業価値の最大化を実現すること。
         3)サポーター(個人、企業)が感測、予報、配信に参加する世界初の双方向型の気象情報交信ネットワークを
          本格的に軌道に乗せ、従来の気象のあり方を革新的に変えること。
         4)気象をベースに、気候変動、そして環境問題まで領域を広げ、サポーター(個人、企業)とともに、新たな
          価値創造(ことづくり)を、実現すること。
         5)常識にとらわれない革新的なインフラを積極的に開発し、利用することで従来にないコンテンツをサポー
          ターに提供すること。
                                  5/28





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        ② 中期ビジョン
          当社は「全世界76億人の情報交信台」という夢に向かって、第1成長期(1986年6月から1995年5月)は「事
         業の成長性」、第2成長期(1995年6月から2004年5月)は「ビジネスモデルの多様性」、第3成長期(2004年
         6月から2012年5月)は「経営の健全性」をテーマに掲げ、事業を展開してまいりました。第4成長期(2012年
         6月から2022年5月)は「革新性」をテーマに掲げ、サービスを本格的にグローバル展開することを目指しま
         す。
         〔第4成長期のビジョン〕

          <第4成長期の基本戦略>
           「Service     CompanyからService          & Infra   Company    with   the  Supporterへ」
           当社には、RC(Risk           Communication)サービスを組織的に運営すると同時に顧客とともに革新的なインフラ
          を整備し、交通気象を中心としたビジネスを立ち上げてきた経験があります。この経験を基にアジア、欧州、
          アメリカにおいて新たなグローバルビジネスを展開してまいります。
         1)注力する販売市場(Marketing)

          <交通気象>
           海の交通気象(航海気象)は国によるサービスが行われていない「公認民間市場(顕在化市場)」と言えま
          す。当社は既にグローバル市場において航海気象サービスを展開しておりますが、サービス提供船は世界の外
          航船約20,000隻のうち30%程度です。第4成長期にはサービスの質を改善するとともに新サービスを開始し、
          10,000隻へのサービス展開を目指します。
           次に、空の交通気象(航空気象)は、現在、すでに日本、アジアのエアラインを中心にサービスを提供して
          いますが、第4成長期後半では、欧州、アメリカにおいてサービスを拡大し、グローバルでシェアを高めてい
          きます。
           陸の交通気象(道路気象、鉄道気象)は、現在展開している日本でのサービスをアジア各国に適用すること
          により、高速道路と高速鉄道市場をターゲットにアジアからグローバルに展開していきます。
           加えて、全世界的な自然エネルギー利活用へ向けた構造変革を受け、自然エネルギーに関して先進的に取り
          組んでいるヨーロッパの企業との積極的なコラボレーションを通じ、新たな環境気象の立ち上げを目指しま
          す。
          <モバイル・インターネット>

           WNI衛星やWITHレーダー等のObservation(観測)インフラだけでなく、サポーターとともに、Eye-
          servation(感測)インフラをグローバルに展開します。多様化する全てのプラットフォームに最適なコンテ
          ンツを提供するトランスプラットフォーム展開を通して、サポーターが参加し、交信するネットワーク型の気
          象及び分衆コンテンツサービスを創造し、有料サービスをグローバル展開します。
           また、気象と相関性の強いコンテンツを提供するオリジナルの個人向けインターネット広告事業を開始し、
          個人が求める有用な情報に総合的にリーチできるプラットフォームを志向します。
          (各事業別の戦略)

          事業分野                            事業戦略
                    ・OSRのグローバル展開 第4成長期には10,000隻へ拡大
          航海気象
                    ・北極海航路等の新しい価値創造サービスの創出
          航空気象          ・アジアをはじめとしたグローバル市場への展開
          道路気象          ・日本での実績をもとに高速道路におけるサービスのグローバル展開

          鉄道気象          ・高速鉄道分野におけるサービスのグローバル展開

                    ・需要予測を基にした電力・ガス会社等のエネルギー市場展開
          環境気象
                    ・販売量予測を基にした流通小売市場展開
                    ・多様化する全てのプラットフォームに最適なコンテンツを提供するトランスプラット
      モバイル・インターネット               フォーム展開
                    ・サポーター参加型、ネットワーク型コンテンツサービスのグローバル展開
                                  6/28



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
         2)サービス運営(Service             MarketingとInfra         Marketing)
          <マーケットインの発想と「無常識」インフラ開発>
           気象情報サービスのグローバル展開には、サポーターのニーズに応える価値あるコンテンツサービスの創造
          が重要です。設備投資から始める従来型のアプローチではなく、顧客と一体となって進める「ことづくり」に
          よるアプローチが有効と考えます。「ことづくり」とは社会の共感を得ながらサービスを事業化することであ
          り、実際に対応策を必要としている人々と協力してサービスを設計し、運営を始めるという事業化プロセスが
          求められます。
           上記の市場のニーズに応えるうえで、重要となるのが革新的かつ「無常識」なインフラの開発です。これら
          の実現に向け、オクラホマ大学等の世界の研究機関、企業、サポーターと連携し、WNI衛星をはじめとする革
          新的なインフラに積極的かつ継続的に投資してまいります。
          <エリア展開>

           アジア、欧州、アメリカの順に着手してまいります。それぞれ3~5年程度の時間をかけ、市場開拓とイン
          フラ構築を進める計画です。
        ③ 会社の支配に関する基本方針

         1)当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針の内容の概要
           当社グループは、民間の気象情報会社として「全世界76億人の情報交信台」という夢を掲げ、気象が「水、
          電気、交通、通信」に続く第5の公共資産=公共インフラであると考え、世界中のあらゆる企業、個人の生
          命、財産に対するリスクを軽減し、機会を増大させることを実現する気象サービスを目指しております。ま
          た、当社グループは、サポーター自身が主体的に気象の観測(感測)、分析、予測、配信・共有に参加し、当
          社とともに価値を共創していく新しい気象サービスのあり方を追求していくことにより、社会や地球環境に貢
          献していきます。当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業価値の源泉を理解
          し、当社グループの企業価値及び株主の皆様の共同の利益を継続的かつ持続的に確保、向上していくことを可
          能とする者でなければならないと考えております。言うまでもなく、上場会社である当社の株券等について
          は、株主及び投資家の皆様による自由な取引が認められており、当社取締役会としては、当社の財務及び事業
          の方針の決定を支配する者は、最終的には株主の皆様全体のご意思により決定されるべきであり、当社の株券
          等に対する大量取得行為の提案又はこれに類似する行為があった場合に、当社の株券等を売却するかどうかの
          判断も、最終的には当社の株券等を保有する株主の皆様の判断に委ねられるべきものであると考えます。しか
          しながら、近年わが国の資本市場においては、対象となる企業の経営陣の賛同を得ずに、一方的に株券等の大
          量取得行為の提案又はこれに類似する行為を強行する動きが顕在化しております。そして、かかる株券等の大
          量取得行為の中には、その目的等から見て企業価値及び株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、
          株主に株券等の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株主が株券等の大量取得行為
          の内容等について検討しあるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するための十分な時間や情報を提供しな
          いもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との協議・交渉を必要と
          するもの等、対象会社の企業価値及び株主共同の利益を毀損するものも少なくありません。そこで、当社とし
          ては、当社グループの企業価値及び株主の皆様の共同の利益を毀損する大量取得行為を行う者は、当社の財務
          及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大量取得行為に対しては必要か
          つ相当な対抗措置を講じることにより、当社グループの企業価値及び株主の皆様の共同の利益を確保する必要
          があると考えます。
         2)基本方針の実現に資する特別な取組みの内容の概要

           当社は、中長期にわたり企業価値を持続・発展させていくことこそが株主の皆様の共同の利益の向上のため
          に最優先されるべき課題であると考え、当社グループの企業価値及び株主の皆様の共同の利益の向上を目的
          に、上記1)記載の基本方針の実現に資する特別な取組みとして、当社の中期経営計画の策定及びその実施、
          コーポレート・ガバナンスの強化、更に、業績に応じた株主の皆様に対する利益還元を進めてまいる所存で
          す。
                                  7/28





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
         3)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため
          の取組みの内容の概要
           当社は、上記1)記載の基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配さ
          れることを防止するための取組みの一つとして、2017年8月11日開催の第31期定時株主総会において、当社株
          券等の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)の更新について株主の皆様のご承認をいただきました(当
          該更新により導入される買収防衛策を、以下「本プラン」といいます。)。本プランは、当社が発行者である
          株券等について、(i)保有者の株券等保有割合が20%以上となる買付けその他の取得若しくはこれに類似す
          る行為、若しくは、(ⅱ)公開買付けに係る株券等の株券等所有割合及びその特別関係者の株券等所有割合の
          合計が20%以上となる公開買付け若しくはこれに類似する行為、又はこれらの提案(買付等)を行おうとする
          者(買付者等)に対し、当社取締役会が、事前に当該買付等に関する情報の提供を求め、当該買付等について
          の情報収集・検討等を行う時間を確保した上で、株主の皆様に当社経営陣の計画や代替案等を提示したり、買
          付者との交渉等を行っていくための手続を定めています。なお、買付者等は、本プランに係る手続の開始後、
          (i)当社取締役会による評価、検討、交渉及び意見形成のための期間が終了するまでの間、又は、(ⅱ)取
          締役会により株主意思確認手続が実施された場合には、同手続が完了するまでの間、買付等を開始することが
          できないものとします。買付者等が本プランにおいて定められた手続に従うことなく買付等を行う場合等、当
          社の企業価値及び株主の皆様の共同の利益が毀損されるおそれがあると認められる場合には、当社は対抗措置
          (買付者等による権利行使は認められないとの行使条件及び当社が当該買付者等以外の者から当社株式と引換
          えに新株予約権を取得する旨の取得条項が付された新株予約権(本新株予約権)の無償割当ての実施)を講じ
          ることがあります。本プランにおいては、本新株予約権の無償割当ての実施又は不実施について、取締役の恣
          意的判断を排するため、(i)株主意思確認手続を実施することにより株主の皆様のご意思を確認するか、
          (ⅱ)当社経営陣から独立した者のみから構成される独立委員会の判断を経るか、のいずれかの手続を履践す
          ることとし、当社取締役会は、株主意思確認手続の結果又は独立委員会の勧告を最大限尊重し、本新株予約権
          の無償割当ての実施又は不実施に関する会社法上の機関としての決議を速やかに行うものとします。なお、当
          社は、上記1)記載の基本方針、上記2)記載の取組み及び本プランの内容を、以下のウェブサイトにて公表
          しております。
           https://jp.weathernews.com/
         4)本プランに対する取締役会の判断及びその理由

           当社は、中長期にわたる企業価値を持続・発展させていくことこそが株主の皆様の共同の利益の向上のため
          に最優先されるべき課題であると考え、当社グループの企業価値及び株主の皆様の共同の利益の向上を目的
          に、上記2)記載の取組みを行ってまいります。上記2)記載の取組みを通じて、当社グループの企業価値及
          び株主の皆様の共同の利益を向上させ、その向上が株主及び投資家の皆様による当社株式の評価に適正に反映
          されることにより、当社グループの企業価値及び株主の皆様の共同の利益を毀損するおそれのある当社の株券
          等の大量取得行為は困難になるものと考えられます。したがって、これらの取組みは、上記1)記載の基本方
          針に資するものであると考える所存です。また、本プランは、当社株券等に対する買付等が行われる場合に、
          当該買付等に応じるべきか否かを株主の皆様が判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提案するために必要
          な情報や時間を確保し、株主の皆様のために買付者等と協議・交渉等を行うことを可能とすることにより、当
          社の企業価値及び株主の皆様の共同の利益を確保するための枠組みであり、上記1)記載の基本方針に沿うも
          のであると考えております。さらに、本プランは、買収防衛策に関する指針の要件等を完全に充足しているこ
          と、株主意思を重視するものであること、取締役の恣意的判断を排除するために本プランの発動及び廃止等の
          運用に際しての実質的な判断を客観的に行う機関として独立委員会が設置されていること、合理的かつ詳細な
          客観的要件が充足されなければ発動されないように設定されていること、独立委員会は外部専門家の意見を取
          得できる仕組みとなっていること、当社取締役の任期は1年であること、有効期間満了前であっても株主総会
          又は取締役会によりいつでも廃止することができるものとされていること等の理由から、株主の皆様の共同の
          利益を損なうものでなく、また、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
       (5)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は224,305千円であります。
                                  8/28




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       (6)従業員数
        ① 連結会社の状況
                       2018年11月30日現在
     従業員数(名)                       943[76]

      (注)1.従業員数は就業人員であります。
         2.従業員数欄の[外書]は臨時従業員の平均雇用人数であります。
           上記のほか、派遣社員156名(前期比 3名増加)が従事しております。
        ② 提出会社の状況

                       2018年11月30日現在
     従業員数(名)                       796[76]

      (注)1.従業員数は就業人員であります。
         2.従業員数欄の[外書]は臨時従業員の平均雇用人数であります。
           上記のほか、派遣社員156名(前期比 3名増加)が従事しております。
      3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                  9/28














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       47,000,000
                 普通株式
                                                       47,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

            第2四半期会計期間末              提出日現在
                                  上場金融商品取引所名
             現在発行数(株)            発行数(株)
       種類                           又は登録認可金融商品                  内容
            (2018年11月30日)           (2019年1月11日)             取引業協会名
                                             株主としての権利内容に制限の
                                    東京証券取引所
                 11,844,000           11,844,000
      普通株式                                       ない、標準となる株式
                                    (市場第一部)
                                             単元株式数は100株であります。
                 11,844,000           11,844,000           -             -
       計
      (注)「提出日現在発行数」には、2018年1月1日からこの四半期報告書提出日までの間に新株予約権の行使により増
         加した株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
        年月日
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)        (千円)
     2018年9月1日~
                     -   11,844,000            -    1,706,500           -        -
     2018年11月30日
                                 10/28








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2018年11月30日現在
                                                    発行済株式(自己

                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
            氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                     株式数の割合
                                                      (%)
                         千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
                                              1,700,000           15.57
     一般財団法人WNI気象文化創造センター
                         幕張テクノガーデン
     株式会社ダブリュー・エヌ・アイ・イン
                         千葉県千葉市緑区あすみが丘6-15-3                     1,700,000           15.57
     スティテュート
                         千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
                                               434,700           3.98
     ウェザーニューズ社員サポーター持株会
                         幕張テクノガーデン
                         東京都千代田区丸の内2-7-1                      360,000           3.30
     株式会社三菱UFJ銀行
                         千葉県千葉市中央区千葉港1-2                      360,000           3.30
     株式会社千葉銀行
                                               353,800           3.24
     石橋 忍子                    千葉県千葉市緑区
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都港区浜松町2-11-3                      297,200           2.72
     (信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都港区浜松町2-11-3                      286,100           2.62
     (ウェザーニューズ役員信託口)
                         東京都千代田区丸の内1-6-6                      200,000           1.83
     日本生命保険相互会社
                         東京都千代田区丸の内1-1-2                      180,000           1.65
     株式会社三井住友銀行
                                 -             5,871,800           53.77
              計
      (注)1.上記のほか、自己株式が923,747株であります。
         2.日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)及び日本マスタートラスト信託銀行株式会社(ウェザー
           ニューズ役員信託口)の所有株式数は、すべて信託業務に係る株式であります。
         3.日本マスタートラスト信託銀行株式会社(ウェザーニューズ役員信託口)は、株式会社ウェザーニューズの
           役員及び執行役員が役員持株会を通して所有する株式数を含んでおります。
         4.2018年4月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書に関する変更報告書において、株式会社三菱
           UFJ銀行及びその共同保有者が2018年4月9日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
           の、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主
           の状況には含めておりません。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                保有株券等       株券等保有
                  氏名又は名称                    住所
                                                の数(株)       割合(%)
                                 東京都千代田区丸の内2-7-1                 360,000        3.04

            株式会社三菱UFJ銀行
                                 東京都千代田区丸の内1-4-5                 281,000        2.37
            三菱UFJ信託銀行株式会社
                                 東京都千代田区有楽町1-12-1                 22,800        0.19
            三菱UFJ国際投信株式会社
                                 東京都千代田区大手町1-3-2                 13,695        0.12
            カブドットコム証券株式会社
                                 東京都千代田区丸の内2-5-2                 38,900        0.33
            三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
                                       -           716,395        6.05
                     計
                                 11/28





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年11月30日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)

           区分                                         内容
                          -             -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -
     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)               普通株式                 923,700          -             -

     完全議決権株式(その他)               普通株式            10,913,200               109,132          -

                     普通株式                    7,100         -             -

     単元未満株式
                            11,844,000            -             -
     発行済株式総数
                          -                109,132          -
     総株主の議決権
      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式47株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年11月30日現在
                                                      発行済株式

                                  自己名義       他人名義      所有株式数
                                                      総数に対する
                                 所有株式数       所有株式数        の合計
      所有者の氏名又は名称                所有者の住所
                                                      所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
                   千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
                                   923,700          -    923,700         7.80
     株式会社ウェザーニューズ
                   幕張テクノガーデン
                         -          923,700          -    923,700         7.80
           計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 12/28










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、四半期連結財務諸表規則第64条第3項及び第83条の2第3項により、四半期連結会計期間に係る四半期連結
       損益計算書及び四半期連結包括利益計算書を作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年9月1日から2018
       年11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年6月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 13/28

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年5月31日)              (2018年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       7,188,106              6,993,450
         現金及び預金
                                       2,988,759              2,934,799
         売掛金
                                         3,992              25,599
         完成業務未収入金
                                        341,108              562,292
         仕掛品
                                        141,499              149,826
         貯蔵品
                                        233,564              330,581
         その他
                                        △ 32,486             △ 21,528
         貸倒引当金
                                       10,864,544              10,975,022
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※1 929,487             ※1 923,811
          建物及び構築物(純額)
                                       ※1 468,244             ※1 482,943
          工具、器具及び備品(純額)
                                       ※1 238,081             ※1 197,079
          通信衛星設備(純額)
                                        413,062              413,062
          土地
          建設仮勘定                               15,157              41,620
                                          ※1 38             ※1 33
          その他(純額)
                                       2,064,072              2,058,550
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        787,009              676,478
          ソフトウエア
                                        222,786              235,018
          ソフトウエア仮勘定
                                         25,803              25,807
          その他
                                       1,035,598               937,305
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        314,692              478,559
          投資有価証券
                                        204,947              264,769
          繰延税金資産
                                        665,259              659,043
          その他
                                        △ 42,800             △ 42,097
          貸倒引当金
                                       1,142,099              1,360,274
          投資その他の資産合計
                                       4,241,771              4,356,130
         固定資産合計
                                       15,106,315              15,331,152
       資産合計
                                 14/28









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年5月31日)              (2018年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        214,911              211,791
         買掛金
                                        261,915              241,438
         未払金
                                        195,614              297,163
         未払法人税等
                                         2,561              75,250
         受注損失引当金
                                         2,866              51,197
         製品保証引当金
                                        809,355              747,502
         その他
                                       1,487,224              1,624,343
         流動負債合計
       固定負債
                                           404              414
         その他
                                           404              414
         固定負債合計
                                       1,487,629              1,624,758
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,706,500              1,706,500
         資本金
                                        951,400              998,128
         資本剰余金
                                       11,808,338              11,902,281
         利益剰余金
                                      △ 1,026,424             △ 1,002,989
         自己株式
                                       13,439,815              13,603,920
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         90,176              13,779
         為替換算調整勘定
                                         90,176              13,779
         その他の包括利益累計額合計
                                         88,694              88,694
       新株予約権
                                       13,618,685              13,706,394
       純資産合計
                                       15,106,315              15,331,152
      負債純資産合計
                                 15/28











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
         【四半期連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
                                       7,552,367              8,129,815
      売上高
                                       4,554,733              5,198,110
      売上原価
                                       2,997,634              2,931,705
      売上総利益
                                      ※1 1,807,449             ※1 2,049,541
      販売費及び一般管理費
                                       1,190,184               882,163
      営業利益
      営業外収益
                                         1,595              1,844
       受取利息
                                           708              704
       受取配当金
                                           -             4,071
       為替差益
                                         1,058              2,088
       その他
                                         3,361              8,707
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           258               6
       支払利息
                                         7,328              7,353
       コミットメントライン関連費用
                                           232               -
       為替差損
                                           -               6
       固定資産除却損
                                         10,126               5,491
       持分法による投資損失
                                         1,459              1,955
       その他
                                         19,405              14,812
       営業外費用合計
                                       1,174,140               876,058
      経常利益
      特別利益
                                                     ※2 129,775
                                           -
       関係会社清算益
                                           -            129,775
       特別利益合計
      特別損失
                                       ※3 569,030             ※3 111,783
       減損損失
                                                      ※4 51,180
                                           -
       製品保証費用
                                        569,030              162,963
       特別損失合計
                                        605,109              842,871
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   370,052              263,772
                                         16,748             △ 59,798
      法人税等調整額
                                        386,800              203,974
      法人税等合計
                                        218,309              638,897
      四半期純利益
                                           -              -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        218,309              638,897
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 16/28







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
         【四半期連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
                                        218,309              638,897
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         61,141             △ 86,944
       為替換算調整勘定
                                         3,556              10,547
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※ 64,698             ※ △ 76,397
       その他の包括利益合計
                                        283,007              562,499
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        283,007              562,499
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 17/28
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
         【四半期連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
                                       3,853,364              4,190,003
      売上高
                                       2,253,392              2,573,147
      売上原価
                                       1,599,972              1,616,855
      売上総利益
                                        899,961              982,036
      販売費及び一般管理費
                                        700,011              634,818
      営業利益
      営業外収益
                                         1,149               720
       受取利息
                                         7,184                -
       為替差益
                                           812             2,000
       その他
                                         9,146              2,720
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           136               6
       支払利息
                                           -            19,559
       為替差損
                                           -               6
       固定資産除却損
       コミットメントライン関連費用                                  3,627              3,656
                                         6,403              15,219
       持分法による投資損失
                                         1,164               384
       その他
                                         11,330              38,833
       営業外費用合計
                                        697,827              598,706
      経常利益
      特別利益
                                           -            129,775
       関係会社清算益
                                           -            129,775
       特別利益合計
      特別損失
                                        569,030               35,472
       減損損失
                                           -            49,740
       製品保証費用
                                        569,030               85,212
       特別損失合計
                                        128,796              643,269
      税金等調整前四半期純利益
                                        241,141              199,634
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 17,233             △ 43,292
      法人税等調整額
                                        223,907              156,341
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 95,110              486,928
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           -              -
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 95,110              486,928
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 18/28







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 95,110              486,928
      その他の包括利益
                                         19,936             △ 114,618
       為替換算調整勘定
                                         2,264              6,226
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         22,200             △ 108,391
       その他の包括利益合計
                                        △ 72,909              378,536
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 72,909              378,536
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 19/28
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        605,109              842,871
       税金等調整前四半期純利益
                                        325,421              346,295
       減価償却費
                                         37,055                -
       のれん償却額
                                           -            12,839
       株式報酬費用
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    7           △ 12,294
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 479             72,688
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                    -            48,331
                                        △ 2,303             △ 2,548
       受取利息及び受取配当金
                                           258               6
       支払利息
                                         7,328              7,353
       コミットメントライン関連費用
                                           -               6
       固定資産除却損
       持分法による投資損益(△は益)                                  10,126               5,491
       関係会社清算損益(△は益)                                    -           △ 129,775
                                        569,030              111,783
       減損損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 174,817               63,166
       完成業務未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 63,652             △ 21,606
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 124,420             △ 229,482
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  65,541              △ 3,508
                                        △ 74,114             △ 70,837
       その他
                                       1,180,092              1,040,780
       小計
                                         2,286              2,534
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 258              △ 6
       利息の支払額
                                        △ 3,085             △ 3,085
       コミットメントライン関連費用の支払額
                                       △ 466,793             △ 169,893
       法人税等の支払額
                                        712,242              870,330
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 44,040                -
       定期預金の預入による支出
                                       △ 235,338             △ 200,221
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 333,084             △ 171,478
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 158,592
       関係会社株式の取得による支出
                                        △ 9,825             △ 6,172
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         5,166              3,207
       敷金及び保証金の回収による収入
                                           -             △ 13
       その他
                                       △ 617,122             △ 533,270
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  4,179                -
                                        △ 8,329                -
       長期借入金の返済による支出
       配当金の支払額                                △ 543,981             △ 544,664
                                           -             △ 457
       自己株式の取得による支出
                                       △ 548,130             △ 545,121
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         16,448              13,358
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 436,562             △ 194,703
                                       6,896,722              7,186,108
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 6,460,159              ※ 6,991,404
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 20/28





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更に関する注記)
          当第2四半期連結会計期間において、WEATHERNEWS                         AUSTRALIA     PTY.   LTD.は清算が結了したため、連結の範囲
         から除外しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結
         会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
         の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1.有形固定資産の減価償却累計額(減損損失累計額を含む)は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年5月31日)                 (2018年11月30日)
         有形固定資産の減価償却累計額                           3,886,331     千円            3,892,297     千円
        2.当社は運転資金の効率的な調達を行うため、取引金融機関4行とコミットメントライン契約及び取引金融機関

         3行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約に基づく当第2四半期連結会計期間末の借入未実行残高
         は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年5月31日)                 (2018年11月30日)
         貸出コミットメント                           2,000,000千円                 2,000,000千円
         当座貸越極度額                            613,052千円                 613,214千円
         借入実行残高                               -千円                 -千円
                 差引                    2,613,052千円                 2,613,214千円
        (四半期連結損益計算書関係)

       ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                              (自 2017年6月1日                 (自 2018年6月1日
                               至 2017年11月30日)                   至 2018年11月30日)
         給料手当                            597,196    千円             691,749    千円
         役員報酬                             84,386   千円              92,816   千円
         販売手数料                            149,795    千円             197,482    千円
         広告宣伝費                            192,785    千円             260,881    千円
         貸倒引当金繰入額                               19 千円             △ 7,125   千円
         貸倒損失                               -千円                321  千円
       ※2.関係会社清算益

          前第2四半期連結累計期間(自 2017年6月1日 至 2017年11月30日)
           該当事項はありません。
          当第2四半期連結累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)

           当社連結子会社であるWEATHERNEWS                  AUSTRALIA     PTY.   LTD.の清算が結了したことに伴う為替換算調整勘定取
          崩額などによるものです。
                                 21/28





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
       ※3.減損損失
          前第2四半期連結累計期間(自 2017年6月1日 至 2017年11月30日)
           当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
                                                  減損損失(千円)
              場所             用途             種類
                                                          908
         フランス             事業用資産             工具、器具及び備品
                                                        171,942
         フランス             事業用資産             ソフトウエア
         -             -                                  396,179
                                   のれん
                                                        569,030
              合計
           当社グループは、事業用資産について、他の資産または資産グループのキャッシュ・フローから概ね独立し
          たキャッシュ・フローを生み出す最小単位で会社単位を基準として、グルーピングを行っております。
           当社連結子会社であるWeathernews                  France    SASの株式取得時の固定資産及び超過収益力を前提にのれんを計
          上しておりましたが、当初想定していた事業計画と比較し、その事業計画を下回って推移していることから、
          今後の収益見通し等を検討した結果、当初想定の収益達成には時間を要すると判断し、固定資産及びのれんの
          未償却残高の全額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額を零として算定してお
          ります。
          当第2四半期連結累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)

           当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
                                                  減損損失(千円)
              場所             用途             種類
                                                         45,675
         日本             事業用資産             ソフトウエア
                                                         66,108
         日本             事業用資産             ソフトウエア仮勘定
                                                        111,783
              合計
           当社グループは、事業用資産について、内部管理上、キャッシュ・フローを生み出す最小単位を基礎として
          資産のグルーピングを行っております。
           当社が放送気象サービスの顧客に提供している映像送出製品について、一部不具合が生じたことから後継版
          を開発し、入れ替える方針となりました。また、当初予定していた収益を見込めなくなった製品について、資
          産性を有しないと判断しました。以上の点を受け、当該ソフトウエア及びソフトウエア仮勘定の帳簿価額の全
          額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、零と
          して算定しております。
       ※4.製品保証費用

          前第2四半期連結累計期間(自 2017年6月1日 至 2017年11月30日)
           該当事項はありません。
          当第2四半期連結累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)

           製品保証費用は、当社が放送気象サービスの顧客に提供している映像送出製品の一部に不具合があり、同シ
          ステムに対して無償改修を行う為の費用であります。
                                 22/28







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結包括利益計算書関係)
       ※ その他の包括利益に係る組替調整額
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2017年6月1日               (自 2018年6月1日
                                至 2017年11月30日)                 至 2018年11月30日)
         為替換算調整勘定:
          当期発生額                             61,141千円               42,876千円
                                         -千円            △129,821千円
          組替調整額
           為替換算調整勘定                             61,141千円              △86,944千円
         持分法適用会社に対する持分相当額:
          当期発生額                              3,556千円               10,547千円
                                         -千円               -千円
          組替調整額
           持分法適用会社に対する持分相当額                              3,556千円               10,547千円
                  その他の包括利益合計                     64,698千円              △76,397千円
                                 23/28
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとお
        りであります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                              (自 2017年6月1日                 (自 2018年6月1日
                               至 2017年11月30日)                 至 2018年11月30日)
         現金及び預金勘定                           7,234,637千円                 6,993,450千円
         預入期間が3ヶ月超の定期預金                           △774,478千円                  △2,046千円
         現金及び現金同等物                           6,460,159千円                 6,991,404千円
        (株主資本等関係)

       前第2四半期連結累計期間(自 2017年6月1日 至 2017年11月30日)
       1.配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
                                配当額
          決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                                (円)
       2017年8月11日
                          544,804        50.00
                 普通株式                    2017年5月31日         2017年8月14日         利益剰余金
       定時株主総会
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
                               1株当たり
                       配当金の総額
                                配当額
          決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                                (円)
       2017年12月27日
                          544,804        50.00
                 普通株式                    2017年11月30日         2018年1月26日         利益剰余金
       取締役会
       当第2四半期連結累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)

       1.配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
                                配当額
          決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                                (円)
       2018  年8月11日
                          544,954        50.00
                 普通株式                    2018年   5月31日      2018  年8月13日       利益剰余金
       定時株主総会
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
                               1株当たり
                       配当金の総額
                                配当額
          決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                                (円)
       2018  年12月27日
                          546,012        50.00
                 普通株式                    2018  年11月30日       2019  年1月25日       利益剰余金
       取締役会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社及び連結子会社は気象情報を中心とした総合的なコンテンツ提供サービスを事業内容としており、当該事
         業の単一セグメントであります。そのため、セグメント情報については記載を省略しております。
                                 24/28




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当た
        り四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
         ≪第2四半期連結累計期間≫

                                  前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                   (自 2017年6月1日             (自 2018年6月1日
                   項目
                                    至 2017年11月30日)             至 2018年11月30日)
       (1)1株当たり四半期純利益金額                                   20円03銭             58円58銭

        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 218,309             638,897

         普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -             -

         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                           218,309             638,897
         金額(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                10,896,093             10,905,230
       (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   19円97銭             58円42銭

        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                    -             -

         普通株式増加数(株)                                  33,491             30,491

         (うち新株予約権(株))                                 (33,491)             (30,491)

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                             -             -
       四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前
       連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
                                 25/28











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
         ≪第2四半期連結会計期間≫
                                  前第2四半期連結会計期間             当第2四半期連結会計期間
                                   (自 2017年9月1日             (自 2018年9月1日
                   項目
                                    至 2017年11月30日)             至 2018年11月30日)
       (1)1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                          △8円72銭              44円63銭
         純損失金額(△)
        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会社
                                          △95,110              486,928
         株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
         普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -             -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
         金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金額                                 △95,110              486,928
         (△)(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                10,896,093             10,909,833
                                             -

       (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                                44円50銭
        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                             -             -
         (千円)
         普通株式増加数(株)                                    -           30,491
         (うち新株予約権(株))                                    -           (30,491)

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                             -             -
       四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前
       連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
        (注)前第2四半期連結会計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        2018年12月27日開催の取締役会において、第33期(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)の中間配当につ
       き、次のとおり決議しております。
       ① 中間配当金の総額             546,012千円
       ② 1株当たり配当金                                           50円
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                       2019年1月25日
       (注)当社定款第46条の規定に基づき、2018年11月30日の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株
          式質権者に対し、支払いを行います。
                                 26/28







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ウェザーニューズ(E05162)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019  年1月10日

     株式会社 ウェザーニューズ
      取締役会 御中
                               有限責任監査法人トーマツ

                                指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                 早稲田 宏  印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                 山田 知輝  印
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ウェ

     ザーニューズの2018年6月1日から2019年5月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年9月1日から
     2018年11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年6月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ウェザーニューズ及び連結子会社の2018年11月30日現在の財
     政状態、同日をもって終了する第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累
     計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
     かった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 28/28



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。