株式会社ジンズ 四半期報告書 第32期第1四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第32期第1四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ジンズ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成31年1月11日

     【四半期会計期間】               第32期第1四半期(自            平成30年9月1日          至   平成30年11月30日)

     【会社名】               株式会社ジンズ

                    JINS     Inc.

     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】               代表取締役CEO            田   中         仁

     【本店の所在の場所】               群馬県前橋市川原町二丁目26番地4

                    (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行って
                    おります。)
     【電話番号】               該当事項はありません。

     【事務連絡者氏名】               該当事項はありません。

     【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区富士見二丁目10番2号 飯田橋グラン・ブルーム30F

     【電話番号】               03-5275-7001(代表)

     【事務連絡者氏名】               管理本部長          荒   川         幸   典

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第31期           第32期

              回次              第1四半期           第1四半期            第31期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自  平成29年9月1日         自  平成30年9月1日         自  平成29年9月1日
             会計期間
                          至  平成29年11月30日         至  平成30年11月30日         至  平成30年8月31日
     売上高                (百万円)            11,695           13,506           54,872
     経常利益                (百万円)             426           900          5,627

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)             166           501          3,097
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)             189           488          3,055
     純資産額                (百万円)            16,842           19,032           19,707

     総資産額                (百万円)            30,790           32,649           31,499

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            6.94          20.90          129.17
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            54.7           58.3           62.6
      (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下「当社グループ」という。)が
      営む事業の内容について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
      のリスク」について重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものであ
      ります。
       (1)  経営成績の状況

         当第1四半期連結累計期間(平成30年9月1日~平成30年11月30日)における国内経済は、相次ぐ自然災害を背
        景にした消費者マインドの低下及びインバウンド需要の減少があったものの、平成30年10月以降は個人消費も回
        復が見られ緩やかに持ち直しつつあります。一方、世界経済に目を向けると、依然として米国を中心とした貿易
        摩擦の深刻化の懸念があり、中国における景気の減速が顕著となっているものの、全体として緩やかな景気回復
        傾向が続きました。
         また、国内眼鏡小売市場(視力矯正眼鏡)は、平成28年3月以降、前年同期比マイナスの傾向が継続してお
        り、足元は引き続き弱含みに推移しております。
         このような市場環境の中で、当社グループのアイウエア事業では、経営課題として掲げている商品ラインアッ
        プの多様化及び接客力、店舗オペレーション力の向上などの取り組みを継続的に推進しております。
         また国内アイウエア事業において更なる成長を実現していくために、イノベーティブなプロダクトの開発や
        ショールーミング化をはじめとした店舗オペレーションの効率化に注力しております。店舗戦略につきまして
        は、ショッピングモール形態での出店を継続しながらも郊外ロードサイドへの出店を加速し、更なる店舗基盤の
        強化に努めてまいりました。
         なお、前連結会計年度まで当社の非連結子会社でありました台灣睛姿股份有限公司につきましては、重要性が
        増したため、当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めており、報告セグメントは「海外アイウエア事
        業」であります。
         店舗展開につきましては、当第1四半期連結会計期間末におけるアイウエア専門ショップの店舗数は、国内直
        営店362店舗、海外直営店164店舗(中国136店舗、台湾22店舗、香港1店舗、米国5店舗)の合計526店舗となり
        ました。
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高は既存店売上高が好調だったこと等により                                               13,506   百
        万円(前年同期比        15.5%増    )となり、営業利益は売上高の増加に伴い売上総利益が増加したこと及び広告宣伝費
        を前期と比べて使用しなかったこと等により                     1,005   百万円(前年同期比         83.6%増    )、経常利益      900  百万円(前年同
        期比  111.3%増     )、親会社株主に帰属する四半期純利益                   501  百万円(前年同期比         201.0%増     )となりました。
                                  3/19







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
       (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         セグメント業績の概況
        〈国内アイウエア事業〉
         国内アイウエア事業につきましては、秋冬物の新作として発売した「Classic」シリーズやイタリアを代表する
        建築家Michele       De  Lucchi(ミケーレ・デ・ルッキ)氏と協業した「JINS×Michele                              De  Lucchi」といった商品を
        展開するとともに、好評につき第2弾を発売した英国リバティ社との「LIBERTY                                     PRINT」、フランスの石鹸ブラン
        ド2社との「JINS×LE           BAIGNEUR(ル・ベヌール)」「JINS×Senteur                      et  Beaute(サンタール・エ・ボーテ)」
        を始めとしたコラボレーション商品が好評を博し、売上を牽引しました。
         店舗展開につきましては、概ね計画通りに進捗し、国内直営店舗数は362店舗(出店13店舗、退店なし)となり
        ました。
         以上の結果、国内アイウエア事業の業績は、売上高                        10,389   百万円(前年同期比         9.4%増    )、営業利益      1,037   百万
        円(前年同期比       75.9%増    )となりました。
        〈海外アイウエア事業〉

         海外アイウエア事業につきましては、中国においては、出店数及び既存店売上高は順調に増加しております
        が、為替環境が見込みより元安だったこと等により利益の押し下げ要因となりました。
         当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に追加いたしました台湾においては、平成27年11月の台湾1号店の
        出店から順調に伸長しております。
         香港においては、平成30年9月に香港特別行政区九龍区に香港1号店を出店しました。これにより、出店費用
        が先行して発生しております。
         米国においては、引き続き既存店売上高の高成長が継続していることから出店を再開し、平成30年8月にカリ
        フォルニア州トーランス市に新店を出店しました。
         店舗展開につきましては、中国直営店136店舗(出店8店舗、退店2店舗)、台湾直営店22店舗(出店1店舗、
        退店なし)、香港直営店1店舗(出店1店舗、退店なし)、米国直営店5店舗(出店1店舗、退店なし)の合計
        164店舗となりました。
         以上の結果、海外アイウエア事業の業績は、売上高                        2,571   百万円(前年同期比          57.2%増    )、営業利益      35 百万円
        (前年同期比      34.4%減    )となりました。
        〈雑貨事業〉

         雑貨事業を取り巻く環境は、引き続き通販サイト及び中古市場の台頭等により厳しさが増しており、市況の変
        化に対応できるよう店舗オペレーション及び商品戦略の見直しを行い、業績の回復に注力してまいります。
         店舗につきましては、メンズ雑貨専門ショップ21店舗(出店、退店なし)、レディス雑貨専門ショップ19店舗
        (出店、退店なし)となっております。
         以上の結果、雑貨事業の業績は、売上高                   545  百万円(前年同期比         3.2  %減)、営業損失        66 百万円(前年同期は         営業
        損失95百万円      )となりました。
                                  4/19







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
        財政状態の分析
        (イ)資産
          流動資産は、      16,129   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   637百万円増加       いたしました。
          これは主に、      商品及び製品      が 894百万円増加       したことによるものであります。
          固定資産は、      16,465   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   518百万円増加       いたしました。
          これは主に、新規出店等に伴い建物及び構築物等の有形固定資産が                               860百万円増加       したことによるものであり
         ます。
          以上により、総資産は          32,649   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   1,149百万円増加        いたしました。
        (ロ)負債 

          流動負債は、      10,004   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   1,552百万円増加        いたしました。
          これは主に、短期借入金が            1,937百万円増加        したことによるものであります。
          固定負債は、      3,612   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   273百万円増加       いたしました。
          これは主に、新規出店に伴いリース債務が267百万円増加したことによるものであります。
          以上により、負債合計は           13,617   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   1,825百万円増加        いたしました。
        (ハ)純資産

          純資産合計は、       19,032   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   675百万円減少       いたしました。
          これは主に、配当金の支払い1,150百万円があったことによるものであります。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  5/19












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     73,920,000

                  計                                   73,920,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年11月30日)          (平成31年1月11日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
       普通株式           23,980,000          23,980,000                  単元株式数 100株
                                    (市場第一部)
         計         23,980,000          23,980,000           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成30年9月1日~
                      ―  23,980,000            ―     3,202         ―     3,157
     平成30年11月30日
      (5)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年11月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                           3,400
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               239,728         単元株式数 100株
                         23,972,800
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                            3,800
     発行済株式総数                    23,980,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          239,728             ―

      (注)    単元未満株式数には、当社所有の自己株式91株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  群馬県前橋市川原町
     株式会社ジンズ                             3,400       ―       3,400       0.01
                  二丁目26番地4
           計              ―          3,400       ―       3,400       0.01
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年9月1日から平成
      30年11月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年8月31日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
        現金及び預金                                 5,531              6,019
        受取手形及び売掛金                                 3,418              2,987
        商品及び製品                                 4,756              5,651
        原材料及び貯蔵品                                  245              295
        その他                                 1,540              1,175
                                          △ 0             △ 0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                15,491              16,129
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               6,932              7,375
                                         1,792              2,210
          その他(純額)
          有形固定資産合計                               8,725              9,585
        無形固定資産
                                         1,848              1,805
        投資その他の資産
          敷金及び保証金                               3,867              3,898
                                         1,504              1,175
          その他
          投資その他の資産合計                               5,372              5,073
        固定資産合計                                15,946              16,465
       繰延資産
                                           61              54
        開業費
        繰延資産合計                                  61              54
       資産合計                                  31,499              32,649
                                  9/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年8月31日)              (平成30年11月30日)
      負債の部
       流動負債
        買掛金                                 1,484              1,581
        短期借入金                                 1,223              3,160
        1年内返済予定の長期借入金                                  369              364
        未払金及び未払費用                                 3,087              3,254
        未払法人税等                                 1,301               375
        資産除去債務                                  20              20
                                          966             1,246
        その他
        流動負債合計                                 8,452              10,004
       固定負債
        長期借入金                                 1,225              1,136
        資産除去債務                                  479              482
                                         1,634              1,994
        その他
        固定負債合計                                 3,339              3,612
       負債合計                                  11,792              13,617
      純資産の部
       株主資本
        資本金                                 3,202              3,202
        資本剰余金                                 3,179              3,179
        利益剰余金                                13,401              12,764
                                          △ 1             △ 1
        自己株式
        株主資本合計                                19,781              19,144
       その他の包括利益累計額
                                          △ 74             △ 112
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 74             △ 112
       純資産合計                                  19,707              19,032
      負債純資産合計                                   31,499              32,649
                                 10/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年9月1日              (自 平成30年9月1日
                                 至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      売上高                                   11,695              13,506
                                         2,784              3,125
      売上原価
      売上総利益                                    8,911              10,380
                                        ※  8,363             ※  9,374
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                     548             1,005
      営業外収益
       受取利息                                    0              5
       受取手数料                                    -              10
       受取賃貸料                                    ▶              1
                                           2              6
       その他
       営業外収益合計                                    7              24
      営業外費用
       支払利息                                    37              31
       支払手数料                                    0              1
       為替差損                                    33              19
       不動産賃貸費用                                    46              62
       開業費償却                                    8              8
                                           2              5
       その他
       営業外費用合計                                   129              130
      経常利益                                     426              900
      特別損失
       倉庫移転費用                                    42              -
       固定資産除却損                                    28              19
       店舗閉鎖損失                                    -               0
                                           1              -
       その他
       特別損失合計                                    72              19
      税金等調整前四半期純利益                                     353              880
      法人税、住民税及び事業税
                                          140              269
                                           46              109
      法人税等調整額
      法人税等合計                                     187              379
      四半期純利益                                     166              501
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                     -              -
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                     166              501
                                 11/19







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年9月1日              (自 平成30年9月1日
                                 至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      四半期純利益                                     166              501
      その他の包括利益
                                           22             △ 12
       為替換算調整勘定
       その他の包括利益合計                                    22             △ 12
      四半期包括利益                                     189              488
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                   189              488
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (連結の範囲の重要な変更)
        当第1四半期連結会計期間より、重要性が増したため、台灣睛姿股份有限公司を連結の範囲に含めております。
       (追加情報)

       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
        結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

       Ⅰ  保証債務
        一部の賃借物件の敷金及び保証金について、当社、貸主及び金融機関との間で代預託契約を締結しております。
        当該契約に基づき、金融機関は貸主に対し敷金及び保証金相当額を預託しており、当社は貸主が金融機関に対し
       て負う当該預託金の返還債務を保証しております。 
                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (平成30年8月31日)                  (平成30年11月30日)
                                     274  百万円                274  百万円
       Ⅱ  財務制限条項

       前連結会計年度(平成30年8月31日)
        当社は、運転資金及び店舗出店等に関する設備資金の機動的かつ安定的な調達を可能にするため、取引銀行とコ
       ミットメントライン契約を締結しており、これらの契約には下記の財務制限条項が付されております。
        (1)  平成29年8月29日付コミットメントライン契約
          融資枠契約の総額
                                     8,000   百万円
          連結会計年度末借入可能残高
                                     4,000   百万円
          借入実行残高(当連結会計年度末借入金残高)
                                        - 百万円
          差引未実行残高
                                     4,000   百万円
          以上の契約にかかる財務制限条項
          ①   契約締結日以降の各決算期末日における連結、単体の貸借対照表の純資産の部の合計金額を、契約締結
            日直前の決算期末日における金額の75%、または直近の各決算期末日における金額の75%のうち、いず
            れか高い方の金額以上に維持すること。
          ②   契約締結日以降の各決算期末日における連結、単体の損益計算書の経常損益の額を2期連続して損失と
            しないこと。
                                 13/19








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結会計期間(平成30年11月30日)
        当社は、運転資金及び店舗出店等に関する設備資金の機動的かつ安定的な調達を可能にするため、取引銀行とコ
       ミットメントライン契約を締結しており、これらの契約には下記の財務制限条項が付されております。
        (1)  平成29年8月29日付コミットメントライン契約
          融資枠契約の総額
                                     8,000   百万円
          当四半期連結会計期間末借入可能残高
                                     4,000   百万円
          借入実行残高(当四半期連結会計期間末借入金残高)
                                     2,000   百万円
          差引未実行残高
                                     2,000   百万円
          以上の契約にかかる財務制限条項
          ①   契約締結日以降の各決算期末日における連結、単体の貸借対照表の純資産の部の合計金額を、契約締結
            日直前の決算期末日における金額の75%、または直近の各決算期末日における金額の75%のうち、いず
            れか高い方の金額以上に維持すること。
          ②   契約締結日以降の各決算期末日における連結、単体の損益計算書の経常損益の額を2期連続して損失と
            しないこと。
       (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    平成29年9月1日              (自    平成30年9月1日
                            至   平成29年11月30日)               至   平成30年11月30日)
     給与手当                               2,440   百万円              2,801   百万円
     地代家賃                               2,074                 2,374
     広告宣伝費                                631                 437
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
        なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
       す。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    平成29年9月1日              (自    平成30年9月1日
                            至   平成29年11月30日)               至   平成30年11月30日)
     減価償却費                               549  百万円               592  百万円
       (株主資本等関係)

      Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成29年9月1日          至   平成29年11月30日)
        配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年11月27日
               普通株式          863      36.00   平成29年8月31日         平成29年11月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成30年9月1日          至   平成30年11月30日)

        配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成30年11月29日
               普通株式         1,150       48.00   平成30年8月31日         平成30年11月30日         利益剰余金
     定時株主総会
                                 14/19




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成29年9月1日          至   平成29年11月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      四半期連結
                                          その他           損益計算書
                  国内      海外
                                                 調整額
                                          (注)1            計上額
                 アイウエア      アイウエア       雑貨事業        計
                                                       (注)2
                  事業      事業
     売上高
      外部顧客への売上高             9,495      1,636       563     11,695         0      -    11,695
      セグメント間の内部
                     14      -      -      14      -     △ 14      -
      売上高又は振替高
          計          9,509      1,636       563     11,709         0     △ 14    11,695
     セグメント利益又は損
                    589       53     △ 95      547       0      -      548
     失(△)
      (注) 1 「その他」の区分は、全社部門等であります。
          2 セグメン卜利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          該当事項はありません。
         (のれんの金額の重要な変動)

          該当事項はありません。
         (重要な負ののれん発生益)

          該当事項はありません。
                                 15/19










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成30年9月1日          至   平成30年11月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      四半期連結
                                          その他           損益計算書
                  国内      海外
                                                 調整額
                                          (注)1            計上額
                 アイウエア      アイウエア       雑貨事業        計
                                                       (注)2
                  事業      事業
     売上高
      外部顧客への売上高             10,389       2,571       545     13,506         0      -    13,506
      セグメント間の内部
                    103       2      -      106       -     △ 106       -
      売上高又は振替高
          計         10,492       2,574       545     13,612         0    △ 106     13,506
     セグメント利益又は損
                   1,037        35     △ 66     1,005        0      -     1,005
     失(△)
      (注) 1 「その他」の区分は、全社部門等であります。
          2 セグメン卜利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
          該当事項はありません。
         (のれんの金額の重要な変動)

          該当事項はありません。
         (重要な負ののれん発生益)

          該当事項はありません。
                                 16/19











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                 (自    平成29年9月1日           (自    平成30年9月1日
                                 至   平成29年11月30日)           至   平成30年11月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                    6円94銭             20円90銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                           166             501
      普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                           -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           166             501
      四半期純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       23,976,509             23,976,509
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。 
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 17/19













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ジンズ(E03471)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年1月11日

     株式会社ジンズ
      取締役会      御中
                        EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                           片      岡      直      彦
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                           三      木      練  太  郎
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジンズ

     の平成30年9月1日から平成31年8月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年9月1日から平成30
     年11月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジンズ及び連結子会社の平成30年11月30日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。