マックスバリュ東北株式会社 四半期報告書 第47期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第47期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:マックスバリュ東北株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東北財務局長
      【提出日】                    2019年1月10日
      【四半期会計期間】                    第47期第3四半期(自2018年9月1日 至2018年11月30日)
      【会社名】                    マックスバリュ東北株式会社
      【英訳名】                    MAXVALU    TOHOKU    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  佐々木 智佳子
      【本店の所在の場所】                    秋田県秋田市土崎港北一丁目6番25号
      【電話番号】                    018(847)0111
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長 古谷 憲介
      【最寄りの連絡場所】                    秋田県秋田市土崎港北一丁目6番25号
      【電話番号】                    018(847)0111
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長 古谷 憲介
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                      第46期         第47期
                   回次                  第3四半期         第3四半期          第46期
                                     累計期間         累計期間
                                     自2017年         自2018年         自2017年

                                     3月1日         3月1日         3月1日
                  会計期間
                                     至2017年         至2018年         至2018年
                                     11月30日         11月30日         2月28日
                             (百万円)           77,658         76,686        103,418

     売上高
                             (百万円)             757         761        1,245
     経常利益
                             (百万円)             173         297         303
     四半期(当期)純利益
                             (百万円)             -         -         -
     持分法を適用した場合の投資利益
                             (百万円)           3,688         3,693         3,688
     資本金
                              (株)        13,129,650         13,142,050         13,129,650
     発行済株式総数
                             (百万円)           4,075         4,515         4,203
     純資産額
                             (百万円)           22,533         21,680         21,534
     総資産額
                              (円)           9.54        16.35         16.64
     1株当たり四半期(当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益
                              (円)           9.53        16.32         16.61
     金額
                              (円)            -         -         -
     1株当たり配当額
                              (%)           17.9         20.6         19.4
     自己資本比率
                                      第46期         第47期

                   回次                  第3四半期         第3四半期
                                     会計期間         会計期間
                                     自2017年         自2018年

                                     9月1日         9月1日
                  会計期間
                                     至2017年         至2018年
                                     11月30日         11月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半
                                                  1.06
                              (円)          △ 1.10
     期純損失金額(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していないため、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移について
           は記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社及び関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生はありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当社、イオンリテール株式会社及びイオン株式会社は、2018年10月10日付で当社とイオンリテール株式会社の東北
       カンパニーの経営統合に関する基本合意書を締結いたしました。
        詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載しております。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)業績の概況
         当第3四半期累計期間における経営環境は、政府の経済政策により景気は緩やかな回復基調にあるものの、景
        気動向は依然として先行き不透明な状況が続いております。当社がスーパーマーケットとして営業基盤とする東
        北エリアにおいても、人口減少と個人消費の停滞が長期化するとともに、お客さまの生活防衛志向や節約志向が
        依然として継続しております。また、競合各社との価格競争に加え業種・業態を超えた競争が激化するなど厳し
        い状況が続いております。
         こうした環境の中で当社は、「お客さま第一」の基本に立ち返り、お客さまのニーズにこだわった品揃えによ
        る営業力の強化、収益力の改善に取り組んでまいりました。
         営業力の強化については、生鮮売場の品揃えの充実、地場商品の販売や生産から販売までの時間短縮のための
        物流の見直しによる商品鮮度の改善、即食・簡便調理商品の品揃え拡大等による生鮮部門の強化に取り組んでま
        いりました。また、単品大量販売商品の展開、夕刻のサービスレベル向上のための人員シフトの見直し、週末の
        大容量商品の展開、地元の調味料やかまぼこを使用した商品開発等によりお客さま1人当たりの買上点数アップ
        に取り組んでまいりました。加えて、地域に合った商品の品揃えを強化した店舗改装を9店舗で実施し、当該店
        舗の売上は前年を上回り推移しております。また、その他の店舗においても、改装店舗の好調商品の導入による
        売場強化を行ってまいりました。
         固定客づくりについては、現金支払いでポイントがたまるWAON                               POINTカードの会員登録を継続的に実
        施し、登録された会員の顧客分析に基づく対策やWAONカード販促による集客力の向上に取り組んでまいりま
        した。
         収益力の改善については、マックスバリュ事業とディスカウント事業の共同仕入れによる商品競争力の強化及
        び店舗の商品在庫の適正化と売価変更ロスの削減に取り組んでまいりました。
         これらの取り組みを致しましたが、当第3四半期累計期間においては、売上高対前年同期比は98.7%となりま
        した。
         一方、収益力の改善に向けた取り組みの結果、売上総利益率は対前年同期比0.3ポイント改善し23.1%となった
        ことにより、営業総利益は対前年同期比100.2%となりました。
         販売費及び一般管理費は、継続したコスト構造改革に取り組んでおりますが、新レジの更新及び店舗活性化投
        資に伴う経費の増加により対前年同期比100.4%となりました。
         以上の結果、当第3四半期累計期間の業績は営業収益781億1百万円(対前年同期比98.8%)、営業利益7億7
        百万円(対前年同期比96.5%)、経常利益7億61百万円(対前年同期比100.5%)となり、四半期純利益は2億97
        百万円(対前年同期比171.4%)となりました。
                                  3/21






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態
       (資産)
         流動資産は、前事業年度末に比べ4億7百万円増加し、75億7百万円となりました。増加の主な内訳は、商品
        が2億62百万円、未収入金が63百万円、売掛金が30百万円増加したこと等によります。
         固定資産は、前事業年度末に比べ2億61百万円減少し、141億73百万円となりました。減少の主な内訳は、有形
        固定資産が2億11百万円、長期前払費用が41百万円減少したこと等によります。
         この結果、総資産は前事業年度末に比べ1億46百万円増加し、216億80百万円となりました。
       (負債)
         流   動負債は、前事業年度末に比べ1億88百万円増加し、144億50百万円となりました。増減の主な内訳は、買掛
        金が3億53百万円、設備関係支払手形が1億97百万円、賞与引当金が1億39百万円増加し、未払法人税等が3億
        20百万円、流動負債その他が1億14百万円、短期借入金が80百万円減少したこと等によります。
         固定負債は、前事業年度末に比べ3億55百万円減少し、27億14百万円となりました。これは、主に長期借入金
        が3億円減少したこと等によります。
         この結果、負債合計は前事業年度末に比べ1億66百万円減少し、171億64百万円となりました。
       (純資産)
         純資産合計は、前事業年度末に比べ3億12百万円増加し、45億15百万円となりました。これは、主に四半期純
        利益を2億97百万円計上したこと等によります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/21












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           47,999,550

       A種種類株式                                               450

                  計                                48,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                           上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
       種類       現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品              内容
                            (2019年1月10日)
              (2018年11月30日)                          取引業協会名
                                          東京証券取引所           単元株式数
     普通株式            13,141,600              13,141,600
                                          (市場第二部)             100株
     A種種類株式
     (当該優先株
     式は行使価額
     修正条項付新                450              450         非上場         (注)1~3
     株予約権付社
     債券等であり
       ます。)
        計          13,142,050              13,142,050              -          -
     (注)1.行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質は以下のとおりであります。
          (1)A種種類株式の普通株式への転換価額に関する取得価額は、A種種類株式の発行から5年後以降に決定
            いたします。
          (2)普通株式の下落により、当該取得請求権の対価として交付される当社株式の数は増加する場合があり
             ます。
          (3)取得価額の修正の基準及び頻度
            ①修正の頻度:2016年5月21日以降、毎年5月20日及び11月20日
             (但し、当該日が取引日ではない場合には直前の取引日。以下、それぞれ「修正基準日」といいま
              す。)
            ②修正の基準:各修正基準日(同日を含む。)までの直近の5連続取引日の東京証券取引所における当社
             普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値
          (4)取得価額の下限及び取得請求権の行使により交付されることとなる株式数の上限
            ①取得価額の下限 295円
            ②取得請求権の行使により交付されることとなる普通株式数の上限
             15,254,237株(2011年5月19日発行のA種種類株式発行済株式数450株に基づき算定、同日の普通株式
             の発行済株式総数の127.12%)
          (5)当社の決定によりA種種類株式の全部の取得を可能とする旨の条項があります。
        2.行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に関する事項は以下のとおりであります。

          (1)A種種類株式に表示された権利の行使に関する事項についての割当先との間の取り決めの内容
             該当事項ありません。
          (2)当社の株券の売買に関する事項についての割当先との取り決め内容
             該当事項ありません。
          (3)当社の株券の貸借に関する事項についての割当予定先と当社の特別利害関係者等との間の取決めの内容
             該当事項はありません。
          (4)その他投資者の保護を図るために必要な事項
             該当事項はありません。
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
         3.A種種類株式の内容は次のとおりであります。
         ①剰余金の配当
         (ⅰ)A種期末配当金
          (a)  当社は、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)または普通株式の登録株式質権者(以下
            「普通登録株式質権者」という。)に対して剰余金の期末配当を行うときは、当該剰余金の期末配当に
            係る基準日の最終の株主名簿に記載または記録されたA種種類株式を有する株主(以下「A種種類株
            主」という。)またはA種種類株式の登録株式質権者(以下「A種種類登録株式質権者」という。)に
            対し、A種種類株式1株につき、下記(b)に定める額(以下「A種期末配当金」という。)を、剰余金の
            期末配当として、普通株主または普通登録株式質権者に対する剰余金の期末配当と同順位にて支払う。
          (b)  A種期末配当金の額は、普通株式1株当たりの期末配当額を、当該剰余金の期末配当に係る基準日に先立
            つ45取引日(株式会社東京証券取引所(その承継人を含み、以下「東京証券取引所」という。また、当
            社の普通株式が東京証券取引所に上場していない場合は、当社の普通株式を上場または登録している他
            の金融商品取引所または店頭売買有価証券市場(複数ある場合は、当社の普通株式の出来高、値付率等
            を考慮しても最も適切と判断される金融商品取引所または店頭売買有価証券市場)をいう。以下同
            じ。)が開設されている日をいい、終値が発表されない日を含まない。以下同じ。)目に始まる30連続
            取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。以下同
            じ。)の平均値で除した値に、10,000,000円を乗じた額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第
            1位を四捨五入する。)とする。
         (ⅱ)A種中間配当金
          (a)  当社は、普通株主または普通登録株式質権者に対して中間配当を行うときは、当該中間配当に係る基準日
            の最終の株主名簿に記載または記録されたA種種類株主またはA種種類登録株式質権者に対し、A種種
            類株式1株につき、下記(b)に定める額(以下「A種中間配当金」という。)を、中間配当として、普通
            株主または普通登録株式質権者に対する中間配当と同順位にて支払う。
          (b)  A種中間配当金の額は、普通株式1株当たりの中間配当額を、当該中間配当に係る基準日に先立つ45取引
            日目に始まる30連続取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値
            で除した値に、10,000,000円を乗じた額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を四捨五入
            する。)とする。
         ②残余財産の分配

          当社は、残余財産を分配するときは、A種種類株主またはA種種類登録株式質権者に対し、普通株主または普
          通登録株式質権者に先立ち、A種種類株式1株につき10,000,000円を支払う。A種種類株主またはA種種類登
          録株式質権者に対しては、上記のほか残余財産の分配を行わない。
         ③議決権

          A種種類株主は、株主総会において議決権を有しない。
         ④普通株式を対価とする取得請求権

          A種種類株主は、2016年5月21日以降2031年5月20日(同日を含む。)までの間(以下「取得請求期間」とい
          う。)いつでも、法令の定める範囲内において、当社に対して、次に定める数の普通株式(以下「請求対象普
          通株式」という。)の交付と引換えに、その有するA種種類株式の全部または一部を取得することを請求する
          ことができるものとし、当社は、当該請求に係るA種種類株式を取得するのと引換えに、請求対象普通株式
          を、当該A種種類株主に対して交付するものとする。但し、取得請求の日において、請求対象普通株式数が、
          当社の発行可能普通株式総数から発行済普通株式数を控除して得られた株式数を上回る場合には、当社は、当
          該株式数の範囲内において、A種種類株主に対して交付する普通株式の数が最大となるように、取得請求され
          たA種種類株式の数に応じた比例按分その他当社の取締役会が決定する方法により、当該取得請求に係るA種
          種類株式の一部を取得する。なお、かかる方法に従い取得されなかったA種種類株式については、取得請求が
          なされなかったものとみなす。
                                  6/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
         (ⅰ)A種種類株式の取得と引換えに交付する普通株式の数
            A種種類株式の取得と引換えに交付する普通株式の数は、取得請求に係るA種種類株式の数に10,000,000
            円を乗じて得られる額を、下記(ⅱ)乃至(ⅳ)で定める取得価額で除して得られる数とする。なお、A種種
            類株式の取得と引換えに交付する普通株式の数に1株に満たない端数があるときは、これを切り捨てるも
            のとし、この場合においては、会社法第167条第3項に定める金銭の交付はしない。
         (ⅱ)当初取得価額
            取得価額は、当初、取得請求期間の初日に先立つ5連続取引日(以下、本(ⅱ)において「当初取得価額
            算定期間」という。)の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位
            未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)(以下「当初取得価額」という。)とす
            る。但し、当初取得価額が下記(ⅲ)に定める下限取得価額を下回る場合は、当初取得価額は下限取得価
            額とし、当初取得価額が下記(ⅲ)に定める上限取得価額を上回る場合は、当初取得価額は上限取得価額
            とする。なお、当初取得価額算定期間中に下記(ⅳ)に規定する事由が生じた場合、上記の終値の平均値
            は下記(ⅳ)に準じて当社が適当と判断する値に調整される。
         (ⅲ)取得価額の修正
            取得価額は、取得請求期間中、毎年5月20日及び11月20日(但し、当該日が取引日でない場合にはその直
            前の取引日。以下、それぞれ「修正基準日」という。)の翌日以降、修正基準日における時価(以下に定
            義される。)に相当する額に修正される(以下、かかる修正後の取得価額を「修正後取得価額」とい
            う。)。但し、修正後取得価額が下限・上限取得価額算定基準価額(以下に定義される。)の50%に相当
            する額(但し、下記(ⅳ)に規定する事由が生じた場合、下記(ⅳ)に準じて調整されるものとし、以下
            「下限取得価額」という。)を下回る場合には、修正後取得価額は下限取得価額とし、修正後取得価額が
            下限・上限取得価額算定基準価額の150%に相当する額(但し、下記(ⅳ)に規定する事由が生じた場
            合、下記(ⅳ)に準じて調整されるものとし、以下「上限取得価額」という。)を上回る場合には、修正
            後取得価額は上限取得価額とする。
            「下限・上限取得価額算定基準価額」は、2011年5月19日(同日を含む。)までの直近の5連続取引日
            (以下、本(ⅲ)において「下限・上限取得価額算定基準価額算定期間」という。)の東京証券取引所に
            おける当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1
            位を四捨五入する。)または251円のいずれか高い金額とする。なお、下限・上限取得価額算定基準価額
            算定期間中に下記(ⅳ)に規定する事由が生じた場合、下限・上限取得価額算定基準価額は下記(ⅳ)に
            準じて当社が適当と判断する値に調整される。
            「修正基準日における時価」は、各修正基準日(同日を含む。)までの直近の5連続取引日(以下、本
            (ⅲ)において「取得価額算定期間」という。)の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の
            毎日の終値の平均値(円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)とする。な
            お、取得価額算定期間中に下記(ⅳ)に規定する事由が生じた場合、上記の終値の平均値は下記(ⅳ)に
            準じて当社が適当と判断する値に調整される。
         (ⅳ)取得価額の調整
          (a)  以下に掲げる事由が発生した場合には、それぞれ以下のとおり取得価額(下限取得価額及び上限取得価額
            を含む。以下同じ。)を調整する。
            (ア)    普通株式につき株式の分割または株式無償割当てをする場合、次の算式により取得価額を調整す
               る。なお、株式無償割当ての場合には、次の算式における「分割前発行済普通株式数」は「無償割
               当て前発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式を除く。)」、「分割後発行
               済普通株式数」は「無償割当て後発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式を
               除く。)」とそれぞれ読み替える。
                                 分割前発行済普通株式数
                調整後取得価額=調整前取得価額×
                                 分割後発行済普通株式数
               調整後取得価額は、株式の分割に係る基準日または株式無償割当ての効力が生ずる日(株式無償割
               当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日)の翌日以降これを適用する。
            (イ)普通株式につき株式の併合をする場合、株式の併合の効力が生ずる日をもって次の算式により、取
               得価額を調整する。
                                 併合前発行済普通株式数
                調整後取得価額=調整前取得価額×
                                 併合後発行済普通株式数
                                  7/21



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
            (ウ)下記(d)に定める普通株式1株当たりの時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行または当社
               が保有する普通株式を処分する場合(株式無償割当ての場合、普通株式の交付と引換えに取得され
               る株式もしくは新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本(ⅳ)において同
               じ。)の取得による場合、普通株式を目的とする新株予約権の行使による場合または合併、株式交
               換もしくは会社分割により普通株式を交付する場合を除く。)、次の算式(以下「取得価額調整
               式」という。)により取得価額を調整する。調整後取得価額は、払込期日(払込期間を定めた場合
               には当該払込期間の最終日)の翌日以降、また株主への割当てに係る基準日を定めた場合は当該基
               準日(以下「株主割当日」という。)の翌日以降これを適用する。なお、当社が保有する普通株式
               を処分する場合には、次の算式における「新たに発行する普通株式の数」は「処分する当社が保有
               する普通株式の数」、「当社が保有する普通株式の数」は「処分前において当社が保有する普通株
               式の数」とそれぞれ読み替える。
                                              新たに発行する普通株式の数
                                               ×1株当たり払込金額
                              (発行済普通株式数
                                            +
                               -当社が保有する普通株式の数)
                                              普通株式1株当たりの時価
                調整後取得価額=調整前取得価額×
                                 (発行済普通株式数-当社が保有する普通株式の数)
                                      +新たに発行する普通株式の数
            (エ)当社に取得をさせることによりまたは当社に取得されることにより、下記(d)に定める普通株式1
               株当たりの時価を下回る普通株式1株当たりの取得価額をもって普通株式の交付を受けることがで
               きる株式を発行または処分する場合(株式無償割当ての場合を含む。)、かかる株式の払込期日
               (払込期間を定めた場合には当該払込期間の最終日。以下本(エ)において同じ。)に、株式無償
               割当ての場合にはその効力が生ずる日(株式無償割当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日。
               以下本(エ)において同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行または処分される
               株式の全てが当初の条件で取得され普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式において
               「1株当たり払込金額」としてかかる価額を使用して計算される額を、調整後取得価額とする。調
               整後取得価額は、払込期日の翌日以降、株式無償割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以
               降、また株主割当日がある場合にはその日の翌日以降、これを適用する。
            (オ)行使することによりまたは当社に取得されることにより、普通株式1株当たりの新株予約権の払込
               価額と新株予約権の行使に際して出資される財産の合計額が下記(d)に定める普通株式1株当たり
               の時価を下回る価額をもって普通株式の交付を受けることができる新株予約権を発行する場合(新
               株予約権無償割当ての場合を含む。)、かかる新株予約権の割当日に、新株予約権無償割当ての場
               合にはその効力が生ずる日(新株予約権無償割当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日。以下
               本(オ)において同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行される新株予約権全て
               が当初の条件で行使されまたは取得されて普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式に
               おいて「1株当たり払込金額」として普通株式1株当たりの新株予約権の払込価額と新株予約権の
               行使に際して出資される財産の普通株式1株当たりの価額の合計額を使用して計算される額を、調
               整後取得価額とする。調整後取得価額は、かかる新株予約権の割当日の翌日以降、新株予約権無償
               割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以降、また株主割当日がある場合にはその翌日以降、
               これを適用する。但し、本(オ)による取得価額の調整は、当社または当社の子会社の取締役、監
               査役または従業員に対してストック・オプション目的で発行される普通株式を目的とする新株予約
               権には適用されないものとする。
          (b)  上記(a)に掲げた事由によるほか、下記(ア)乃至(ウ)のいずれかに該当する場合には、当社はA種種
            類株主及びA種種類登録株式質権者に対して、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整後取
            得価額、適用の日及びその他必要な事項を通知したうえ、取得価額の調整を適切に行うものとする。
            (ア)合併、株式交換、株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得、株式移転、吸収分割、
               吸収分割による他の会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部の承継または新設
               分割のために取得価額の調整を必要とするとき。
            (イ)取得価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の取得価額の算
               出に当たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
            (ウ)その他、発行済普通株式数(但し、当社が保有する普通株式の数を除く。)の変更または変更の可
               能性を生ずる事由の発生によって取得価額の調整を必要とするとき。
          (c)  取得価額の調整に際して計算が必要な場合は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五
            入する。
                                  8/21



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
          (d)  取得価額調整式に使用する普通株式1株当たりの時価は、調整後取得価額を適用する日に先立つ45取引日
            目に始まる30連続取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値
            (円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)とする。
          (e)  取得価額の調整に際し計算を行った結果、調整後取得価額と調整前取得価額との差額が1円未満にとどま
            るときは、取得価額の調整はこれを行わない。
         (ⅴ)取得請求受付場所
            株主名簿管理人事務取扱場所 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
            三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
         (ⅵ)取得請求をしようとするA種種類株主は、当社の定める取得請求書に、当該取得請求に係るA種種類株式
            を表示し、その他必要事項を記載した上、取得請求期間中に上記(ⅴ)に記載する取得請求受付場所に提出
            しなければならない。
         (ⅶ)取得の効力は、取得請求書が上記(ⅴ)に記載する取得請求受付場所に到着したときに発生し、当社は、A
            種種類株式を取得し、当該取得請求をしたA種種類株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株
            式の株主となる。
         (ⅷ)当社は、取得の効力発生後、当該取得請求をしたA種種類株主に対して、当該A種種類株主が指定する株
            式会社証券保管振替機構または口座管理機関における振替口座簿の保有欄に振替株式の増加の記録を行う
            ことにより普通株式を交付する。
         ⑤金銭を対価とする取得条項

         (ⅰ)当社は、会社法第168条第2項の規定に従い、強制償還日(以下に定義する。)の少なくとも15日前にA
            種種類株主及びA種種類登録株式質権者に書面により通知することにより、2016年5月21日以降いつで
            も、当社の取締役会が別に定める日(以下「強制償還日」という。)の到来をもって、法令の定める範囲
            内において、A種種類株式の全部または一部を取得することができるものとし、当社は、A種種類株式を
            取得するのと引換えに、下記(ⅱ)に定める額(以下「強制償還価額」という。)の金銭をA種種類株主
            及びA種種類登録株式質権者に対して交付するものとする。なお、A種種類株式の一部を取得するとき
            は、抽選、按分比例その他の方法による。
         (ⅱ)強制償還価額は、A種種類株式1株につき、(a)払込金額相当額、及び、(b)払込金額相当額に、払込期日
            (同日を含む。)から強制償還日(同日を含む。)までの期間につき、年率1.0%の利率で計算される金
            額(上記期間の実日数につき、1年365日として日割計算により算出される金額とし、円位未満小数第5
            位まで算出し、その小数第5位を四捨五入する。なお、当該利率で計算される金額について、さらに当該
            利率を乗じた金額を加算することはないものとする。)の合計額とする。但し、強制償還価額が
            10,000,000円の110%に相当する額(以下「上限強制償還価額」という。)を上回る場合には、強制償還
            価額は上限強制償還価額とする。
         ⑥普通株式を対価とする取得条項

         (ⅰ)当社は、取得請求期間中に取得請求のなかったA種種類株式の全部を、取得請求期間の末日の翌日(以下
            「一斉取得日」という。)をもって普通株式の交付と引換えに取得するものとし、かかるA種種類株式を
            取得するのと引換えに、A種種類株主に対して、その有するA種種類株式数に10,000,000円を乗じた額を
            下記(ⅱ)に定める価額(以下「一斉取得価額」という。)で除した数の普通株式を交付するものとす
            る。A種種類株式の取得と引換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社
            法第234条に従ってこれを取扱う。
         (ⅱ)一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ5連続取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取
            引 の毎日の終値の平均値(円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)とす
            る。但し、一斉取得価額が下限取得価額を下回る場合は、一斉取得価額は下限取得価額とし、一斉取得価
            額が上限取得価額を上回る場合は、一斉取得価額は上限取得価額とする。なお、一斉取得価額算定期間中
            に上記④(ⅳ)に規定する事由が生じた場合、上記の終値の平均値は上記④(ⅳ)に準じて当社が適当と
            判断する値に調整される。
                                  9/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数        発行済株式総        資本金増減       資本金残高      資本準備金増        資本準備金残

        年月日
               増減数(株)        数残高(株)        額(百万円)       (百万円)      減額(百万円)        高(百万円)
     2018年9月1日       ~

                   5,800     13,142,050            2    3,693          2     4,074
     2018年11月30日
     (注)
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 10/21














                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2018年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                2018年11月30日現在
                  区分             株式数(株)          議決権の数(個)             内容

                              A種種類株式
          無議決権株式                                   -         (注)1
                                    450
          議決権制限株式(自己株式等)                        -           -          -
          議決権制限株式(その他)                        -           -          -

                              普通株式
          完全議決権株式(自己株式等)                                   -          -
                                    300
                              普通株式
          完全議決権株式(その他)                                    131,315        (注)2
                                 13,131,500
                              普通株式
          単元未満株式                                   -          -
                                   4,000
          発行済株式総数                       13,136,250            -          -
          総株主の議決権                        -            131,315          -

        (注)1.A種種類株式の内容は、「1 株式等の状況                            (1)株式の総数等 ②発行済株式」の注記に記載
              されております。
           2.「完全議決権株式(その他)」の「株式数」欄には、証券保管振替機構名義の株式が800株が含まれ
              ており、「議決権の数」欄には、当該株式に係る議決権の数8個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                 2018年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に
         所有者の氏名又                   自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                    所有者の住所                                対する所有株式数
         は名称                   株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
         マックスバリュ         秋田県秋田市土崎港

                                 300        -       300        0.00
         東北株式会社         北一丁目6番25号
             計          -           300        -       300        0.00

      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)退任役員
             役名         職名         氏名        退任年月日
            取締役          -       伊藤 文夫         2018年7月12日
      (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性8名 女性1名(役員のうち女性の比率11.1%)
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
       第63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2018年9月1日から2018年11
       月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年3月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期財務諸表について、
       有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 12/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年2月28日)              (2018年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                           785              793
         現金及び預金
                                           168              199
         売掛金
                                         2,901              3,164
         商品
                                           34              36
         貯蔵品
                                           206              231
         前払費用
                                           99              121
         繰延税金資産
                                         2,791              2,854
         未収入金
                                           113              108
         その他
                                           △ 2             △ 2
         貸倒引当金
                                         7,099              7,507
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               6,134              5,851
          工具、器具及び備品(純額)                               1,277              1,361
                                         4,735              4,717
          土地
                                            0              5
          建設仮勘定
                                         12,147              11,936
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  37              32
         投資その他の資産
                                           158              157
          投資有価証券
                                           246              205
          長期前払費用
                                         1,205              1,193
          差入保証金
                                           615              625
          繰延税金資産
                                           23              21
          その他
                                         2,249              2,204
          投資その他の資産合計
                                         14,435              14,173
         固定資産合計
                                         21,534              21,680
       資産合計
                                 13/21










                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年2月28日)              (2018年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         8,039              8,392
         買掛金
                                         1,180              1,100
         短期借入金
                                           400              400
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,083              2,106
         未払金及び未払費用
                                           436              116
         未払法人税等
                                           150              149
         未払消費税等
                                           136              275
         賞与引当金
                                           21              12
         役員業績報酬引当金
                                           224              421
         設備関係支払手形
                                         1,588              1,474
         その他
                                         14,261              14,450
         流動負債合計
       固定負債
                                           600              300
         長期借入金
         退職給付引当金                                  298              278
                                         1,140              1,097
         長期預り保証金
                                         1,021              1,030
         資産除去債務
                                            9              7
         その他
         固定負債合計                                 3,069              2,714
                                         17,330              17,164
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,688              3,693
         資本金
                                         4,069              4,074
         資本剰余金
                                        △ 3,664             △ 3,366
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         4,092              4,401
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           75              74
         その他有価証券評価差額金
                                           75              74
         評価・換算差額等合計
                                           35              39
       新株予約権
                                         4,203              4,515
       純資産合計
                                         21,534              21,680
      負債純資産合計
                                 14/21









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
                                         77,658              76,686
      売上高
                                         59,989              58,988
      売上原価
                                         17,669              17,697
      売上総利益
                                         1,404              1,415
      その他の営業収入
                                         19,074              19,113
      営業総利益
                                         18,341              18,406
      販売費及び一般管理費
                                           733              707
      営業利益
      営業外収益
                                            1              1
       受取利息
                                            ▶              ▶
       受取配当金
                                            7              6
       債務勘定整理益
                                            8              38
       補助金収入
                                            0              1
       違約金収入
                                            6              12
       受取保険金
                                            9              3
       その他
                                           38              67
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            8              7
       支払利息
                                            1              1
       シンジケートローン手数料
                                            3              ▶
       その他
                                           13              13
       営業外費用合計
                                           757              761
      経常利益
      特別損失
                                          ※ 291              ※ 214
       減損損失
                                           291              214
       特別損失合計
                                           466              547
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     350              281
                                          △ 57             △ 31
      法人税等調整額
                                           292              249
      法人税等合計
                                           173              297
      四半期純利益
                                 15/21









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         当社、イオンリテール株式会社(以下「イオンリテール」といいます)及びイオン株式会社(以下「イオン」と
        いいます)は、2018年10月10日付で当社とイオンリテールの東北カンパニーの経営統合(以下「本経営統合」とい
        います)に関する基本合意書(以下「本基本合意書」といいます)を以下のとおり締結いたしました。
         なお、本基本合意書は本経営統合の実行に関して法的拘束力を有するものではなく、今後、当社、イオンリテー
        ル及びイオンで協議をした上、取締役会決議その他必要な手続きを経て、別途法的拘束力のある正式契約を締結す
        る予定です。
        1.本経営統合の目的

         スーパーマーケット(以下「SM」といいます)事業においては、ドラッグストアやコンビニエンスストア、E
        コマースなど競争のボーダレス化による競合環境の激化、人口動態やお客さまの生活スタイルの変化、健康志向、
        低価格志向、即食需要の増加など嗜好の変化等に対応するために、地域ごとに一定以上の規模を有する企業体とな
        り、地域商品の開発、物流、デジタル化への投資を強化し、お客さまへの便利さを提供し続け、最も地域に貢献す
        る企業に成長する必要があります。
         このような中、当社の親会社であり、イオンリテールの完全親会社であるイオンは、2017年12月に2020年に向け
        てのグループ中期経営方針において、SM改革の今後の方向性を示しました。
         これを踏まえ、東北エリアでSM事業を運営する当社及びイオンリテールは、お客さまの食に対するニーズの変
        化やデジタル化に対応するため、東北エリアにおける市場シェアNO.1を目指して相互の経営資源・ノウハウの
        共有化を推進し、当事者のシナジーの極大化を実現することにより、お客さまに豊かな暮らしをご提供し、東北で
        最も貢献するSM企業となるために経営統合に向けた基本合意に至りました。
        2.本経営統合の方式及び日程

         経営統合の方式については、当社、イオンリテール及びイオンの3社で協議を進めており、本経営統合の完了は
        2020年3月頃を目指しております。
                                 16/21












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
        (四半期損益計算書関係)
         ※ 減損損失
           以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
           前第3四半期累計期間(自 2017年3月1日 至 2017年11月30日)

           (1)減損損失を認識した資産グループの概要
                                          金額
            用途      種類        場所      店舗等の数
                                         (百万円)
                        秋田県
                                       ▶      291
           店舗等     土地及び建物等
                        (潟上市他)
                                       ▶      291
                     合計
           (2)減損損失の認識に至った経緯

            店舗の営業活動から生ずる損益が継続してマイナスまたは継続してマイナスとなる見込みであること及び
           賃貸用不動産の地価が下落したことにより減損の兆候を識別し、当該資産グループについて、その帳簿価額
           を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
           (3)減損損失の金額

                種類          金額(百万円)
           建物                      112

           構築物                       3

           工具、器具及び備品                       33

           土地                      142

           合計                      291

           (4)資産のグルーピングの方法

            当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗を基礎としてグルーピングしております。
           また、賃貸用不動産については個別の物件毎にグルーピングしております。
           (5)回収可能価額の算定方法

            資産グループの回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しております。正味売却価額は、
           土地は固定資産税評価額等を基に算定した金額または不動産鑑定評価額により評価しております。また、使
           用価値は、将来キャッシュ・フローを7.3%で割り引いて算定しております。
                                 17/21








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年11月30日)
           (1)減損損失を認識した資産グループの概要
                                          金額
            用途      種類        場所      店舗等の数
                                         (百万円)
                        岩手県
                                       1        5
           店舗     建物等
                        (奥州市)
                        山形県
                                       1       40
           店舗     建物等
                        ( 尾花沢市)
                        秋田県
                                       2      168
           店舗等     土地及び建物等
                        ( 秋田市他)
                                       ▶      214
                     合計
           (2)減損損失の認識に至った経緯

            店舗の営業活動から生ずる損益が継続してマイナスまたは継続してマイナスとなる見込みである資産グ
           ループ、閉店の意思決定をした店舗の資産グループ及び売却の意思決定をした遊休資産について、その帳簿
           価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
           (3)減損損失の金額

                種類          金額(百万円)
           建物                      138

           構築物                       15

           工具、器具及び備品                       55

           土地                       1

           その他(注)                       2

           合計                      214

          (注)その他は、無形固定資産及び長期前払費用であります。
           (4)資産のグルーピングの方法

            当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗を基礎としてグルーピングしております。
           また、賃貸用不動産については個別の物件毎にグルーピングしております。
           (5)回収可能価額の算定方法

            資産グループの回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しております。正味売却価額は、
           土地は固定資産税評価額等を基に算定した金額または不動産鑑定評価額により評価しております。また、使
           用価値は、将来キャッシュ・フローを6.3%で割り引いて算定しております。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間

                             (自    2017年3月1日             (自    2018年3月1日
                              至   2017年11月30日)              至   2018年11月30日)
         減価償却費                         1,022百万円                  932百万円
                                 18/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当社は、スーパーマーケット事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                    前第3四半期累計期間             当第3四半期累計期間

                                   (自 2017年3月1日             (自 2018年3月1日
                                    至 2017年11月30日)             至 2018年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    9円54銭            16円35銭

      (算定上の基礎)

       四半期純利益金額(百万円)                                    173             297

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -             -

       普通株式に係る四半期純利益金額(百万円)                                    173             297

       普通株式の期中平均株式数(株)                                 18,210,524             18,220,090

     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    9円53銭            16円32銭

      (算定上の基礎)

       四半期純利益調整額(百万円)                                     -             -

       普通株式増加数(株)                                   35,317             36,751

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半
     期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前事業年度                                       -             -
     末から重要な変動があったものの概要
     (注)当社の発行しているA種種類株式は、転換仮定方式に準じて算定された株式数を、普通株式の期中平均株式数に
        加えて、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 19/21








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ東北株式会社(E03348)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年1月8日

     マックスバリュ東北株式会社

      取締役会 御中

                            有限責任監査法人           ト ー マ ツ

                            指定有限責任社員

                                             青  柳  淳  一          印
                                      公認会計士
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                             宮  澤  義  典          印
                                      公認会計士
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているマックスバ

     リュ東北株式会社の2018年3月1日から2019年2月28日までの第47期事業年度の第3四半期会計期間(20
     18年9月1日から2018年11月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年3月1日から2018年11月
     30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビュー
     を行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正
     に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して
     四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、マックスバリュ東北株式会社の2018年11月30日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点にお
     いて認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.       XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。