株式会社 プレサンスコーポレーション 四半期報告書 第22期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第22期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社 プレサンスコーポレーション

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第22期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社プレサンスコーポレーション
      【英訳名】                    PRESSANCE     CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  山岸 忍
      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区城見一丁目2番27号
      【電話番号】                    06-4793-1650
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長  土井 豊
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区城見一丁目2番27号
      【電話番号】                    06-4793-1650
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長  土井 豊
      【縦覧に供する場所】                    株式会社プレサンスコーポレーション東京支店
                         (東京都中央区日本橋三丁目2番9号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第21期           第22期
               回次               第3四半期           第3四半期            第21期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日
              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                      (千円)          101,024,238           138,987,289           134,059,492
     売上高
                      (千円)          16,557,366           26,447,597           19,858,526
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)          11,247,087           17,933,693           13,757,713
     期)純利益
                      (千円)          11,247,775           17,932,109           13,768,527
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          71,777,633           94,142,612           75,172,692
     純資産額
                      (千円)          224,490,244           268,150,684           245,399,170
     総資産額
                      (円)            190.56           291.02           232.58
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            183.79           279.47           222.29
     (当期)純利益
                      (%)             31.1           34.4           29.8
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)         △ 27,592,429           △ 4,575,295          △ 40,184,188
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)          △ 1,814,869          △ 1,696,820          △ 1,905,878
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)          30,242,617           13,513,849           42,963,842
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)          29,305,242           36,580,433           29,314,433
     (期末)残高
                               第21期           第22期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日
              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
                                   67.61            8.57

     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりま
           す。
         4.当社は株式給付型ESOPを導入しており、株主資本において自己株式として計上されている株式給付型E
           SOPに残存する自社の株式は、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期
           (当期)純利益       の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/20



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、引き続き、企業収益や所得・雇用環境の改善を背景に、個
        人消費の持ち直しにより景気は緩やかな回復基調で推移しました。一方、米国の保護貿易主義的政策などによる貿
        易摩擦の影響及び金融市場の変動の影響には留意が必要な状況にあります。
         当社グループの属する不動産業界におきましては、三大都市圏及び地方中枢都市の公示地価の上昇が継続して
        おり、開発用地の取得費や建築工事費が上昇していること等、懸念材料があるものの、住宅ローン金利が引き続き
        低い水準で推移しており、住宅ローン減税政策等の住宅取得支援制度が継続して実施されていること、都市の生活
        利便性を求める傾向が強まっており都市中心部への人口流入が続いていること等から分譲マンション市場は引き続
        き堅調に推移しております。
         このような環境の下、当社は、当社の主要販売エリアである近畿圏、東海・中京圏及び地方中枢都市の中心部に
        おいて、選別した事業エリアでの用地を取得することに努め、主要都市中心部への分譲マンション供給に注力して
        まいりました。
         これらの結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高                            138,987百万円(前年同期比37.6%増)、営業利益
        26,842百万円(同58.9%増)、経常利益26,447百万円(同59.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益17,933
        百万円(同59.5%増)となりました。
         セグメントの経営成績は次のとおりであります。

        (不動産販売事業)
          不動産販売事業におきましては、ファミリーマンション「プレサンス レジェンド シリーズ」のレジェンド
         琵琶湖(総戸数        486戸)やワンルームマンション「プレサンスシリーズ」のプレサンス立売堀パークシティ(総
         戸数   148戸)等の販売が順調に推移いたしました。その結果、ワンルームマンション売上高34,202百万円
         (1,883戸)、ファミリーマンション売上高68,933百万円(1,839戸)、一棟販売売上高10,872百万円(765
         戸)、ホテル販売売上高17,625百万円(980戸)、その他住宅販売売上高803百万円(62戸)、その他不動産販売
         売上高986百万円、不動産販売附帯事業売上高1,443百万円となり、不動産販売事業の合計売上高は134,867百万
         円(前年同期比38.3%増)、セグメント利益は26,318百万円(同61.5%増)となりました。
        (その他)
          その他の不動産賃貸事業等におきましては、自社保有の賃貸不動産が順調に稼働いたしました。その結果、受
         取家賃収入が増加したこと等から、その他の売上高は4,120百万円(前年同期比18.6%増)、セグメント利益は
         1,395百万円(同2.8%増)となりました。
         資産、負債及び純資産の状況は次のとおりであります。

         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
        期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については、遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を
        行っております。
        (流動資産)
          当第3四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べて21,889百万円増加し、249,051
         百万円(前期末比9.6%増)となりました。その主な要因は、積極的に開発用地を取得したこと等によりたな卸
         資産が15,186百万円増加したことであります。
        (固定資産)
          当第3四半期連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べて861百万円増加し、19,099百万
         円(前期末比4.7%増)となりました。その主な要因は、関係会社長期貸付金が664百万円増加したことでありま
         す。
                                  3/20




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        (負債)
          当第3四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べて3,781百万円増加し、174,008百万円
         (前期末比2.2%増)となりました。その主な要因は、支払期日の到来により電子記録債務が5,754百万円減少し
         たこと及びマンションの引渡しに伴い前受金が4,586百万円減少したことに対して、金融機関からの借入金が
         15,372百万円増加したことであります。
        (純資産)
          当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べて18,969百万円増加し、94,142百万
         円(前期末比25.2%増)となりました。その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上等に伴い、
         利益剰余金が15,825百万円増加したことであります。
       (2)  キャッシュ・フローの状況

          当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末と
         比べ  7,266   百万円増加し、       36,580   百万円(前期末比24.8%増)となりました。
          当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果、減少した資金は               4,575   百万円(    前年同期は27,592百万円の減少              )となりました。
           これは主に、税金等調整前四半期純利益が26,446百万円あったことにより資金が増加したのに対して、積極
          的に開発用地を取得したこと等によりたな卸資産が15,104百万円増加したこと、法人税等を7,205百万円支
          払ったこと、大規模な工事代金に関する電子記録債務の支払期日が到来したこと等により仕入債務が6,075百
          万円減少したことにより、資金が減少したためであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果、減少した資金は               1,696   百万円   (前年同期は1,814百万円の減少)となりました。
           これは主に、関係会社への貸付けにより653百万円、定期預金への預入により500百万円、関係会社への出資
          により455百万円資金が減少したためであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果、増加した資金は               13,513   百万円(    前年同期は30,242百万円の増加              )となりました。
           これは主に、配当金を2,105百万円支払ったことにより資金が減少したのに対して、                                       金融機関からの借入金
          が純額で15,372百万円増加したことにより資金が増加したことによるものであります。
       (3)  経営方針・経営戦略等

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)  研究開発活動

          該当事項はありません。
       (6)  従業員数

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループの従業員数に著しい増減はありません。
       (7)  生産、受注及び販売の実績

          当第3四半期連結累計期間において、生産、受注及び販売実績の著しい変動はありません。
       (8)  主要な設備

          当第3四半期連結累計期間において、主要な設備について著しい変動はありません。
                                  4/20





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
       (9)  経営成績に重要な影響を与える要因について
          当社グループの主力事業である不動産販売事業は、各種不動産関連法規の改廃、景気変動、原材料価格、土地
         価格、金利動向及び住宅税制並びにその他税制の影響を受けやすいため、景気の悪化、金利の上昇、税制の改
         正、マンション開発用地の価格上昇及び原材料価格の上昇が発生した場合には、顧客の購買意欲の低下につなが
         り、当社グループの経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
       (10)   資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当社グループの資金需要の主なものは不動産販売事業における用地取得費用であり、その調達手段は主として
         銀行からの借入金によっております。用地取得費用以外の運転資金につきましては、自己資金で対応することを
         原則とし、金融費用を低減するよう努めております。銀行借入金による資金調達の実施にあたっては、調達時
         期、条件について最も有利な手段を選択するべく検討することとしております。
       (11)   経営者の問題意識と今後の方針について

         (不動産販売事業)
          不動産販売事業については、ワンルームマンション・ファミリーマンションの分譲を柱として経営基盤を拡充
         し、安定した収益の向上に努めてまいります。
          ワンルームマンションの分譲につきましては、年金問題、単独世帯数の増加及び都心部への人口回帰現象と
         いった社会的側面があること、比較的リスクが少ない資産運用の商品として市場に定着していること等から、堅
         調に推移するものと考えております。今後も変化する顧客のニーズに的確に対応し、収益性を重視しつつ事業規
         模の拡大を図ってまいります。
          ファミリーマンションの分譲につきましては、継続的な住宅取得支援制度の実施により、都心部の顧客ニーズ
         に合致したマンションに対する需要は、堅調に推移しておりますので、今後も三大都市圏を中心にファミリーマ
         ンション供給戸数の増加を図ってまいります。
         (その他)
          その他不動産賃貸事業等につきましては、今後も事業規模を拡大し、継続的かつ安定的な収益の確保を図って
         まいります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/20











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                       192,000,000

                  計                            192,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
        種類     現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品                内容
                          (平成31年2月12日)
              (平成30年12月31日)                        取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株で
     普通株式             62,847,785            62,879,385
                                                 あります。
                                      (市場第一部)
        計           62,847,785            62,879,385           -           -

       (2)  【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総                             資本準備金増
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                             減額
                         数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     平成30年10月1日~
     平成30年12月31日               29,200     62,847,785         19,465      2,341,650         19,465      2,271,650
     (注)1
     (注)1.株式予約権の行使による増加であります。
        2.平成31年1月1日から平成31年2月12日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が31,600株、
          資本金及び資本準備金がそれぞれ21,065千円増加しております。
       (5)  【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/20






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
       (6)  【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年12月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                        普通株式         549,700

     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 62,265,600                   622,656          -

                        普通株式           3,285

     単元未満株式                                    -            -
     発行済株式総数                        62,818,585            -            -

     総株主の議決権                        -              622,656          -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式給付型ESOP導入に伴い日本トラスティ・サービス信託銀
           行株式会社(信託口)が保有する当社株式313,900株(議決権の数                               3,139個)を含めております。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が4,000株含まれております。また、
          「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数40個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                          自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       発行済株式総数に対する

     所有者の氏名又は名称            所有者の住所
                          株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       所有株式数の割合(%)
      株式会社プレサンス           大阪市中央区城見

                            549,700          -     549,700              0.88
      コーポレーション           一丁目2番27号
          計          -        549,700          -     549,700              0.88
      (注)株式給付型ESOP導入に伴い                  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(                      信託口)が保有する当社株式
         313,900株につきましては、上記の自己株式等に含まれておりませんが、会計処理上は当社と株式給付型ESO
         Pを一体としていることから、四半期連結貸借対照表においては自己株式として処理をしております。
      2【役員の状況】

        (1)  退任役員
         役名         職名              氏名                 退任年月日
      取締役         東京支店長           永嶋 芳典                  平成30年7月31日

        (2)  異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

          男性10名 女性1名(役員のうち女性の比率9.1%)
                                  7/20





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
        閣府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成してお
        ります。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から
        平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四
        半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
         なお、新日本有限責任監査法人は、名称変更により、平成30年7月1日をもってEY新日本有限責任監査法人と
        なりました。
                                  8/20
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       31,374,433              39,140,433
         現金及び預金
                                         79,318              95,017
         売掛金
                                       11,275,614              16,523,919
         販売用不動産
                                      180,461,550              190,321,237
         仕掛販売用不動産
                                        207,921              286,700
         原材料及び貯蔵品
                                       3,762,667              2,683,953
         その他
                                      227,161,506              249,051,262
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          賃貸不動産(純額)                             13,935,823              13,398,809
                                        557,927              810,626
          その他(純額)
                                       14,493,751              14,209,435
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                431,820              353,542
                                       3,312,092              4,536,443
         投資その他の資産
                                       18,237,664              19,099,422
         固定資産合計
                                      245,399,170              268,150,684
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        796,037              377,292
         支払手形及び買掛金
                                       5,955,930               201,690
         電子記録債務
                                       7,965,955              8,880,352
         短期借入金
                                       32,507,172              39,611,972
         1年内返済予定の長期借入金
                                       4,190,984              5,555,621
         未払法人税等
                                       12,492,345               7,906,279
         前受金
                                        170,067               90,683
         賞与引当金
                                       3,458,537              4,161,728
         その他
                                       67,537,029              66,785,619
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※ 6,400,000              ※ 3,500,000
         新株予約権付社債
                                       95,621,800              102,975,600
         長期借入金
                                        569,350              609,808
         役員退職慰労引当金
                                         89,905              118,339
         株式給付引当金
                                         8,393              18,704
         その他
                                      102,689,448              107,222,452
         固定負債合計
                                      170,226,478              174,008,072
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,973,996              2,341,650
         資本金
                                       2,113,852              3,343,841
         資本剰余金
                                       71,588,931              87,414,401
         利益剰余金
                                      △ 2,471,817              △ 887,796
         自己株式
                                       73,204,962              92,212,097
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         6,980              △ 211
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,840              5,410
         為替換算調整勘定
                                         4,139              5,199
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                 180,329              144,699
                                       1,783,260              1,780,616
       非支配株主持分
                                       75,172,692              94,142,612
       純資産合計
                                      245,399,170              268,150,684
      負債純資産合計
                                  9/20


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                      101,024,238              138,987,289
      売上高
                                       73,692,429              99,618,805
      売上原価
                                       27,331,808              39,368,483
      売上総利益
                                       10,440,775              12,526,093
      販売費及び一般管理費
                                       16,891,033              26,842,389
      営業利益
      営業外収益
                                         2,384               943
       受取利息
                                         1,350              1,440
       受取配当金
                                         4,246               318
       仕入割引
                                         37,853              100,056
       為替差益
                                         51,040              49,796
       受取手数料
                                         86,137              40,007
       違約金収入
                                         50,597              55,428
       その他
                                        233,610              247,991
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        458,231              535,054
       支払利息
                                         32,181              63,242
       持分法による投資損失
                                         64,631              30,877
       支払手数料
                                         12,232              13,608
       その他
                                        567,277              642,783
       営業外費用合計
                                       16,557,366              26,447,597
      経常利益
      特別利益
                                         3,708              3,440
       固定資産売却益
                                         3,708              3,440
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              584
       固定資産売却損
                                         7,307              3,546
       固定資産除却損
                                         7,307              4,131
       特別損失合計
                                       16,553,767              26,446,907
      税金等調整前四半期純利益
                                       5,307,396              8,515,857
      法人税等
                                       11,246,370              17,931,049
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 717            △ 2,644
                                       11,247,087              17,933,693
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/20








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       11,246,370              17,931,049
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         1,404             △ 7,191
       その他有価証券評価差額金
                                           -             3,661
       為替換算調整勘定
                                           -             4,590
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         1,404              1,060
       その他の包括利益合計
                                       11,247,775              17,932,109
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       11,248,492              17,934,753
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 717            △ 2,644
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/20
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
       (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       16,553,767              26,446,907
       税金等調整前四半期純利益
                                        293,406              351,010
       減価償却費
                                         75,159              75,159
       のれん償却額
                                        △ 3,735             △ 2,384
       受取利息及び受取配当金
                                        458,231              535,054
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 37,853             △ 100,056
       持分法による投資損益(△は益)                                  32,181              63,242
       たな卸資産の増減額(△は増加)                               △ 37,151,633             △ 15,104,281
       仕入債務の増減額(△は減少)                               △ 2,450,351             △ 6,075,178
                                         52,091                -
       株式報酬費用
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 52,390             △ 79,383
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  33,675              40,458
       株式給付引当金の増減額(△は減少)                                  24,434              28,434
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 3,708             △ 2,855
                                         7,307              3,546
       固定資産除却損
       前受金の増減額(△は減少)                                △ 853,800            △ 4,572,062
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                 916,368              654,377
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 290,133             1,106,503
                                       △ 586,102             △ 156,560
       その他
                                      △ 22,402,816               3,211,931
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  3,735              2,384
                                       △ 456,724             △ 584,150
       利息の支払額
                                      △ 4,736,623             △ 7,205,461
       法人税等の支払額
                                      △ 27,592,429              △ 4,575,295
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 604,170             △ 101,749
       固定資産の取得による支出
                                         3,708              15,783
       固定資産の売却による収入
                                        △ 1,643             △ 1,728
       投資有価証券の取得による支出
                                      △ 1,084,850              △ 653,567
       関係会社貸付けによる支出
                                           -           △ 455,760
       関係会社出資金の払込による支出
                                           -           △ 500,000
       定期預金の預入による支出
                                         35,010                -
       定期預金の払戻による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                       △ 162,993                 -
       支出
                                           70              200
       その他
                                      △ 1,814,869             △ 1,696,820
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       46,506,000              61,506,800
       長期借入れによる収入
                                      △ 30,781,249             △ 47,048,199
       長期借入金の返済による支出
       株式の発行による収入                                 547,008              199,679
                                      △ 1,476,293             △ 2,105,182
       配当金の支払額
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                6,666,000               914,397
                                       1,782,000                  -
       非支配株主からの払込みによる収入
                                           -            46,355
       自己株式の処分による収入
                                       6,990,279                  -
       新株予約権付社債の発行による収入
                                         8,873                -
       その他
                                       30,242,617              13,513,849
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         30,845              24,266
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   866,164             7,266,000
                                       28,439,078              29,314,433
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 29,305,242             ※1 36,580,433
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/20



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

          (1)  連結の範囲の重要な変更
            該当事項はありません。
          (2)  持分法適用の範囲の重要な変更
            重要な変更はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
         計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
         (たな卸資産の保有目的の変更)

          たな卸資産の一部について、販売から賃貸へ保有目的を変更したことに伴い、仕掛販売用不動産3,158,387千
         円を賃貸不動産等に振替えております。
         (有形固定資産の保有目的の変更)

          賃貸不動産の一部について、賃貸から販売へ保有目的を変更したことに伴い、賃貸不動産3,141,578千円を販
         売用不動産に振替えております。
         (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)

          当社は、当社及び当社グループ会社の従業員(以下、「従業員」といいます。)の新しい福利厚生制度として
         当社の株式を給付し、株価上昇及び業績向上へ従業員の意欲や士気を高めることを目的として、株式給付型ES
         OP(以下、「本制度」といいます。)を導入しております。
         (1)取引の概要
          本制度は、予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした従業員に対し当社株式を給付す
         る仕組みです。
          当社は、従業員に対し貢献度等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給権を取得したときに当該
         付与ポイントに相当する当社株式を給付します。従業員に対し給付する株式については、予め信託設定した金
         銭により将来分も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。
         (2)信託に残存する自社の株式
          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く)により純資産の部に自己株式
         として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度末325,361千円、313,980
         株、当第3四半期連結会計期間末325,361千円、313,980株であります。
                                 13/20






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
      ※ 偶発債務
          無担保転換社債型新株予約権付社債(前連結会計年度末残高6,400,000千円、当第3四半期連結会計期間末残
         高3,500,000千円)には年0.95%の利率が付されており、平成32年9月3日において残存している本新株予約権
         付社債については、平成32年9月4日に一括して利息が支払われます。ただし、平成32年9月3日よりも前に償
         還又は行使等により消滅した本新株予約権付社債については、上記利息を支払う必要はありません。従って、現
         時点で金額を合理的に見積もることができないため、引当金を計上しておりません。
        (四半期連結損益計算書関係)

          該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        ※1    現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
         とおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                至   平成29年12月31日)             至   平成30年12月31日)
     現金及び預金勘定                                31,365,242千円               39,140,433千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △2,060,000千円               △2,560,000千円
     現金及び現金同等物                                29,305,242千円               36,580,433千円
         2 重要な非資金取引の内容

          新株予約権に関するもの
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                至   平成29年12月31日)             至   平成30年12月31日)
     新株予約権の行使による資本金の増加額                                      -           250,000千円
     新株予約権の行使による資本剰余金の増加額                                      -          1,065,978千円
     新株予約権の行使による自己株式の減少額                                      -          1,584,021千円
     新株予約権の行使による新株予約権付社債の減少額                                      -          2,900,000千円
                                 14/20










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
         配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年5月29日
       取締役会        普通株式        733,191        12.40    平成29年3月31日         平成29年6月26日          利益剰余金
       (注)1
     平成29年11月27日
       取締役会
               普通株式        743,699        12.50    平成29年9月30日         平成29年12月5日          利益剰余金
       (注)2
     (注)1.配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式に対する配当
          金3,909千円が含まれております。
        2.配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式に対する配当
          金3,941千円が含まれております。
        Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

         配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年5月24日
       取締役会        普通株式       1,018,519         16.90    平成30年3月31日         平成30年6月25日          利益剰余金
       (注)1
     平成30年11月22日
       取締役会
               普通株式       1,089,704         17.50    平成30年9月30日         平成30年12月4日          利益剰余金
       (注)2
     (注)1.配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式に対する配当
          金5,306千円が含まれております。
        2.配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式に対する配当
          金5,494千円が含まれております。
                                 15/20










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                           その他
                                                      合計
                                           (注)
                     不動産販売事業             計
     売上高

                        97,550,141          97,550,141           3,474,097         101,024,238
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                            -          -          -          -
      又は振替高
                        97,550,141          97,550,141           3,474,097         101,024,238
           計
                        16,293,561          16,293,561           1,357,805          17,651,367

     セグメント利益
     (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸・仲介・管理、家賃等債
        務保証業、損害保険代理事業、マンションの内装工事等を含んでおります。
         2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

           内容(差異調整に関する事項)
                                  (単位:千円)
                               金額
             利益
      報告セグメント計                             16,293,561

      「その他」の区分の利益                             1,357,805

      全社費用(注)                             △760,334

      四半期連結損益計算書の営業利益                             16,891,033

      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          「不動産販売事業」セグメントにおいて、第1四半期連結会計期間より、株式会社ララプレイスの全株式取
         得による連結子会社化に伴い、のれんが発生しております。
          なお、当該事象によるのれんの発生額は219,149千円であります。
                                 16/20








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                           その他
                                                      合計
                                           (注)
                     不動産販売事業             計
     売上高

                       134,867,261          134,867,261           4,120,028         138,987,289
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                            -          -          -          -
      又は振替高
                       134,867,261          134,867,261           4,120,028         138,987,289
           計
                        26,318,287          26,318,287           1,395,201          27,713,489

     セグメント利益
     (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸・仲介・管理、家賃等債
        務保証業、損害保険代理事業、マンションの内装工事等を含んでおります。
         2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

           内容(差異調整に関する事項)
                                  (単位:千円)
                               金額
             利益
      報告セグメント計                             26,318,287

      「その他」の区分の利益                             1,395,201

      全社費用(注)                             △871,099

      四半期連結損益計算書の営業利益                             26,842,389

      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
                                 17/20










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 190円56銭               291円02銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                      11,247,087               17,933,693
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   ―               ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      11,247,087               17,933,693
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              59,021,861               61,623,911
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 183円79銭               279円47銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          ―               ―
       (千円)
       普通株式増加数(株)                               2,172,265               2,547,323
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                         第5回新株予約権                       ―
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式                          新株予約権の数 15,790個
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの                         (普通株式          1,579,000株)
     の概要
     (注)   株式給付型ESOP導入に伴い、               日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(                      信託口)が保有する当社株式を1
        株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除
        する自己株式に含めております(前第3四半期連結累計期間314,882株、当第3四半期連結累計期間313,980株)。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

        平成30年11月22日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)配当金の総額………………………………………1,089,704千円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………17円50銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成30年12月4日
      (注)1.平成30年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行いました。
         2.配当金の総額には、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式に対する配
           当金5,494千円が含まれております。
                                 18/20






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社 プレサンスコーポレーション(E04047)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月8日

     株式会社プレサンスコーポレーション

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              石田 博信  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              福竹  徹  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社プレサ

     ンスコーポレーションの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30
     年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に
     係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半
     期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社プレサンスコーポレーション及び連結子会社の平成30年12月
     31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適
     正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

            告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。