株式会社京進 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書 子会社化

提出日:

提出者:株式会社京進

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社京進(E05053)
                                                              臨時報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年12月28日
      【会社名】                    株式会社京進
      【英訳名】                    KYOSHIN    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長        福澤   一彦
      【本店の所在の場所】                    京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1
      【電話番号】                    075(365)1500(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務本部長         兼  経営企画部長       松本   敏照
      【最寄りの連絡場所】                    京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1
      【電話番号】                    075(365)1500(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務本部長         兼  経営企画部長       松本   敏照
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2














                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社京進(E05053)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社は、平成30年12月7日開催の取締役会において、日本語学校の運営を行う株式会社ダイナミック・ビジネス・カ
      レッジの発行済全株式を取得し、連結子会社化することを決議いたしました。金                                     融商品取引法第24条の5第4項及び企
      業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第8号の2の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】
     (1)取得対象子会社の商号、本店の所在地、代表者の氏名、資本金の額、純資産の額、総資産の額及び事業の内容
       ① 商号    : 株式会社ダイナミック・ビジネス・カレッジ
       ② 本店の所在地: 東京都荒川区西日暮里二丁目51番8号
       ③ 代表者の氏名: 代表取締役 小野寺                    伸司
       ④ 資本金の額 : 20百万円
       ⑤ 純資産の額 : 133百万円
       ⑥ 総資産の額 : 650百万円
       ⑦ 事業の内容 :           日本語学校の運営
     (2)取得対象子会社の最近3年間に終了した各事業年度の売上高、営業利益、経常利益及び純利益

                                                    (単位:百万円)
              決算期           平成28年3月期            平成29年3月期           平成30年3月期
         売上高                   356百万円            348百万円           361百万円
         営業利益                    22百万円            17百万円           92百万円
         経常利益                    31百万円            32百万円          108百万円
         当期純利益                    22百万円            3百万円          68百万円
     (3)取得対象子会社の当社との間の資本関係、人的関係及び取引関係

         資本関係       当社と取得対象子会社との間には、記載すべき資本関係はありません。
         人的関係       当社と取得対象子会社との間には、記載すべき人的関係はありません。
         取引関係       当社と取得対象子会社との間には、記載すべき取引関係はありません。
     (4)取得対象子会社に関する子会社取得の目的

        当社は、創業以来、経営理念に「日本と世界の教育・文化の向上、社会の進歩と善良化に貢献します」と謳ってお
       り、これまで40年以上、教育というフィールドで社会への貢献を目指して事業を展開してまいりました。当社は、グ
       ループとして国内9校海外1校の日本語学校を運営し、「日本と世界の架け橋となる人材を育成する」というミッ
       ションステートメントをかかげ、主に日本の大学・大学院・専門学校への進学を希望する留学生を対象に日本語教育
       を行っております。
        取得対象子会社である株式会社ダイナミック・ビジネス・カレッジは、日本語教育のノウハウと学校設備を有して
       おり、お互いのノウハウとリソースを共有することで、当社の日本語教育事業の新規サービス展開、及び、その他語
       学関連事業と相互にシナジー効果を生み、事業拡大が図れると考えております。
        このような理由から、当社の中長期的な業容拡大に加え、当社の株主にとっての価値向上に寄与するものと考え、
       当社は、平成30年12月7日の当社取締役会において本子会社取得を決定いたしました。
        なお、平成31年1月11日付で当社は、株式譲渡契約を締結し、株式会社                                  ダイナミック・ビジネス・カレッジ                 の発行
       済全株式を取得する予定です。
     (5)取得対象子会社に関する子会社取得の対価の額

         株式会社ダイナミック・ビジネス・カレッジの普通株式                                      1,051百万円

         アドバイザリー費用等(概算額)
                                                3百万円
         合計(概算額)
                                              1,054百万円
                                                         以 上

                                 2/2




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。