ビー・ピー・シー・イー・エス・エー 訂正半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正半期報告書

提出日:

提出者:ビー・ピー・シー・イー・エス・エー

カテゴリ:訂正半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                  半期報告書の訂正報告書
     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成31年1月8日
     【中間会計期間】                  自 2018年1月1日 至 2018年6月30日
     【会社名】                  ビー・ピー・シー・イー・エス・エー
                      ( BPCE   S.A.  )
     【代表者の役職氏名】                  ローランド・シャボンネル
                      ( Roland    Charbonnel      )
                      資金調達・投資家向け広報部門 取締役
                      (Director      of  Group    Funding     and   Investor      Relations
                      Department)
     【本店の所在の場所】                  フランス国パリ市75013ピエール・マンデス=フランス通
                      り50番地
                      (50  avenue    Pierre    Mendès-France
                      75013    Paris,    France)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  梅 津   立
     【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号
                      大手町パークビルディング
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03(6775)1000
     【事務連絡者氏名】                  弁護士  永 井   亮
                       同   山 田 智 己
                       同   石 川 皓 一
                       同   中 川 祥 汰
     【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号
                      大手町パークビルディング
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03(6775)1000
     【縦覧に供する場所】                  該当なし
                                   1/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     1  【提出理由】

       平成30年9月27日に提出致しました半期報告書に訂正すべき箇所がありますので、これを訂正するた

      め、訂正報告書を提出するものであります。
     2  【報告内容】

       訂正箇所は、下線を付して表示しております(なお、当初提出いたしました半期報告書において付され

      ていた下線は、訂正箇所の明示のため、本半期報告書の訂正報告書においては表示しておりません。)。
                                   2/141

















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
      第一部【企業情報】

      第1【本国における法制等の概要】

     1【会社制度等の概要】

     (2)提出会社の定款等に規定する制度

     配当請求権

       <訂正前>

     当行の事業年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。                               取締役会     は、各事業年度終了時に、当該時点で

     存在している各種資産および負債の目録を作成する。                            取締役会     はまた、効力を有する法令および規則に従
     い、損益計算書、貸借対照表、および附属書類を作成し、過去の事業年度における当行の財政状態および事
     業に関する報告書を発行する。
     分配可能額は、年間の利益から前年の損失および法定準備金として要求される計上を差し引き、繰越利益を

     加えて得た額とする。分配可能額の合計は、分配可能額に当行の裁量によって準備金を加えて得た額とす
     る。定時株主総会は、            取締役会     の提言により、それが適切であると思料されるところに従い計上した全額を
     翌年度に繰り越すことを予定するか、または一つ以上の臨時もしくは特別準備金として割り当てる権利を有
     する。かかる準備金は、             取締役会     の提言により定時株主総会によって決定された割当てを受けることが可能
     である。当該株主総会は、              取締役会     の提言により、定款に定める条項に従い分配可能額のすべてまたは一部
     から配当を分配することができる。分配される配当のすべてもしくはその一部につき、定時株主総会は、                                                       取
     締役会   の提案により、各株主に対して配当を現金または株式で支払うオプションを付与する権利を有する。
     かかるオプションは、中間配当の支払の場合についても付与することができる。
                              (後略)

       <訂正後>

     当行の事業年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。                               役員会   は、各事業年度終了時に、当該時点で存

     在している各種資産および負債の目録を作成する。                           役員会   はまた、効力を有する法令および規則に従い、損
     益計算書、貸借対照表、および附属書類を作成し、過去の事業年度における当行の財政状態および事業に関
     する報告書を発行する。
     分配可能額は、年間の利益から前年の損失および法定準備金として要求される計上を差し引き、繰越利益を

     加えて得た額とする。分配可能額の合計は、分配可能額に当行の裁量によって準備金を加えて得た額とす
     る。定時株主総会は、            役員会   の提言により、それが適切であると思料されるところに従い計上した全額を翌
     年度に繰り越すことを予定するか、または一つ以上の臨時もしくは特別準備金として割り当てる権利を有す
     る。かかる準備金は、            役員会   の提言により定時株主総会によって決定された割当てを受けることが可能であ
     る。当該株主総会は、            役員会   の提言により、定款に定める条項に従い分配可能額のすべてまたは一部から配
     当を分配することができる。分配される配当のすべてもしくはその一部につき、定時株主総会は、                                                   役員会   の
     提案により、各株主に対して配当を現金または株式で支払うオプションを付与する権利を有する。かかるオ
     プションは、中間配当の支払の場合についても付与することができる。
                              (後略)

     当行の経営

                                   3/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     監査役会の使命

       <訂正前>

                              (前略)

       -株主総会に対し、          取締役会     による報告書および年次財務書類に関する検査結果を提示すること。

       <訂正後>

                              (前略)

       -株主総会に対し、          役員会   による報告書および年次財務書類に関する検査結果を提示すること。

     単純過半数による監査役会の決定

       <訂正前>

                              (前略)

       (vii)   最高経営責任者および            取締役会     のメンバーは年齢が65歳を超えてはならず、                       取締役会     、運営委員

          会および監査役会の会長は70歳を超えてはならないという年齢制限を含む、拡大当行グループの
          関連機関の管理者が運営上充足すべき、承認を得る必要がある総合的基準(いずれの者も、初選
          任の時点で会長としての任期の少なくとも半分を上記の上限年齢に達することなく務めることが
          できない場合は、取締役会会長または運営委員会および監査役会の会長に任命されないと定めら
          れている。但し、本段落で定める年齢制限を承認した監査役会会議の時点で継続中の任期につい
          ては、上限年齢は引き続き68歳とされている。)に対する承認。
                              (中略)

       (x)   取締役会     によって定義される、グループBPCEおよび各ネットワークのリスクの主要な制限に対す

          る検査および承認、グループBPCEのリスク・エクスポージャーおよびその進展に関する定期的な
          検査・監査、およびそれらの制御のため計画された対策および手順、ならびにグループBPCEの一
          般検査部の使命から学んだ主要な教訓に対する定期的な検査・監査。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

       (vii)   最高経営責任者および            役員会   のメンバーは年齢が65歳を超えてはならず、                       役員会   、運営委員会お

          よび監査役会の会長は70歳を超えてはならないという年齢制限を含む、拡大当行グループの関連
          機関の管理者が運営上充足すべき、承認を得る必要がある総合的基準(いずれの者も、初選任の
          時点で会長としての任期の少なくとも半分を上記の上限年齢に達することなく務めることができ
          ない場合は、取締役会会長または運営委員会および監査役会の会長に任命されないと定められて
          いる。但し、本段落で定める年齢制限を承認した監査役会会議の時点で継続中の任期について
          は、上限年齢は引き続き68歳とされている。)に対する承認。
                              (中略)

       (x)   役員会   によって定義される、グループBPCEおよび各ネットワークのリスクの主要な制限に対する

          検査および承認、グループBPCEのリスク・エクスポージャーおよびその進展に関する定期的な検
                                   4/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
          査・監査、およびそれらの制御のため計画された対策および手順、ならびにグループBPCEの一般
          検査部の使命から学んだ主要な教訓に対する定期的な検査・監査。
                              (後略)

                                   5/141



















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第2【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

     BPCE   S.A.   グループ

     BPCE   S.A.   グループにおける過去の要約連結貸借対照表データ

       <訂正前>

                             2016  年12月     2017  年12月      2016  年6月     2017  年6月      2018  年6月

                              31 日現在      31 日現在      30 日現在      30 日現在      30 日現在
     単位:百万ユーロ
                               (中略)

     償却原価で測定      される  金融機関   及び同種の機関      に対する貸付金         123,323       121,585       120,711       120,521       123,898
     および債権     …………………………………………
     償却原価で測定      される  顧客に対する貸付金                  247,770       241,331       255,042       232,846       177,231
     および債権     …………………………………………
                               (中略)
     資産  総額  …………………………………………                      765,069       759,621       751,927       749,908       769,970
                              (中略)

     金融機関   及び同種の機関      に対する債務および類似項目           …………      113,698       122,098       99,705      124,372       113,302
                               (中略)
     負債および    資本  の合計   …………………………                 765,069       759,621       751,927       749,908       769,970
       <訂正後>

                             2016  年12月     2017  年12月      2016  年6月     2017  年6月      2018  年6月

                              31 日現在      31 日現在      30 日現在      30 日現在      30 日現在
     単位:百万ユーロ
                               (中略)

     償却原価で測定      する  金融機関に対する貸付金                   123,323       121,585       120,711       120,521       123,898
     および債権    ならびに類似項目       ……………………
     償却原価で測定      する  顧客に対する貸付金                   247,770       241,331       255,042       232,846       177,231
     および債権     …………………………………………
                               (中略)
     資産  合計  …………………………………………                      765,069       759,621       751,927       749,908       769,970
                              (中略)

     金融機関に対する債務および類似項目              …………            113,698       122,098       99,705      124,372       113,302
                                   6/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                               (中略)
     負債および    株主持分   の合計   ……………………                765,069       759,621       751,927       749,908       769,970
     グループBPCE

     グループBPCEにおける過去の要約連結貸借対照表データ

       <訂正前>

                             2016  年12月     2017  年12月      2016  年6月     2017  年6月      2018  年6月

                              31 日現在      31 日現在      30 日現在      30 日現在      30 日現在
     単位:百万ユーロ
                               (中略)

     償却原価で測定      される  金融機関に対する貸付金                  96,664       92,061       108,423       93,611       94,876
     および債権……………………………………………
     償却原価で測定      される  顧客に対する貸付金                  666,898       693,128       662,379       669,858       642,856
     および債権……………………………………………
                               (中略)
     資産  総額  ……………………………………………                     1,235,240       1,259,850       1,219,744       1,238,251       1,287,007
                               (中略)

     負債および    資本  の合計   ……………………………                1,235,240       1,259,850       1,219,744       1,238,251       1,287,007
       <訂正後>

                             2016  年12月     2017  年12月      2016  年6月     2017  年6月      2018  年6月

                              31 日現在      31 日現在      30 日現在      30 日現在      30 日現在
     単位:百万ユーロ
                               (中略)

     償却原価で測定      する  金融機関に対する貸付金                   96,664       92,061       108,423       93,611       94,876
     および債権    ならびに類似項目       ………………………
     償却原価で測定      する  顧客に対する貸付金                   666,898       693,128       662,379       669,858       642,856
     および債権……………………………………………
                               (中略)
     資産  合計  ……………………………………………                     1,235,240       1,259,850       1,219,744       1,238,251       1,287,007
                               (中略)

     負債および    株主持分   の合計   ………………………               1,235,240       1,259,850       1,219,744       1,238,251       1,287,007
     グループBPCEにおける過去の要約連結損益計算書データ

                                   7/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

                       2016  年12月31日       2017  年12月31日       2016  年6月30日      2017  年6月30日      2018  年6月30日

                        終了事業年度        終了事業年度         終了半期        終了半期        終了半期
     単位:百万ユーロ
                              (中略)
     営業総利益……………………                     7,485        6,621        3,966        3,414        3.410
                              (後略)
       <訂正後>

                       2016  年12月31日       2017  年12月31日       2016  年6月30日      2017  年6月30日      2018  年6月30日

                        終了事業年度        終了事業年度         終了半期        終了半期        終了半期
     単位:百万ユーロ
                              (中略)
     営業総利益……………………                     7,485        6,621        3,966        3,414        3,410
                              (後略)
                                   8/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4【事業等のリスク】
     4.1   リスクの概要

     4.1.1    主要な指標

       適正自己資本

       <訂正前>

                              (前略)

                              (後略)






       <訂正後>

                              (前略)

                              (後略)






     4.2   資本管理および適正自己資本

     4.2.1    規制の枠組み

                                   9/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

                              (前略)

     ・  バーゼルⅢ規定の段階的な組み込み:

         - 新しい規制では、調整項目の大多数、特に                      持分  金融商品およびその他の包括利益を通じて公正価

         値で測定する負債証券の未実現のキャピタル・ゲイン及びロスに関連するものを除外している。こ
         の除外は、普通株式等Tier-1資本に毎年20%ずつ徐々に実施されている。したがって、2018年1月
         1日から未実現のキャピタル・ゲインは完全に含まれる。2014年度より未実現キャピタル・ロスが
         含まれている。
                              (中略)

         - 将来の利益に左右され税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産は、2015年度から                                         毎年  10%ずつ

         徐々に控除されている。2016年3月14日付のECB規則(EU)2016/445の第19条に従い、2018年1月
         1日から繰延税金資産は80%の控除を受け、2019年に完全に控除される。
                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     ・  バーゼルⅢ規定の段階的な組み込み:

         - 新しい規制では、調整項目の大多数、特に                      資本性   金融商品およびその他の包括利益を通じて公正

         価値で測定する負債証券の未実現のキャピタル・ゲイン及びロスに関連するものを除外している。
         この除外は、普通株式等Tier-1資本に毎年20%ずつ徐々に実施されている。したがって、2018年1
         月1日から未実現のキャピタル・ゲインは完全に含まれる。2014年度より未実現キャピタル・ロス
         が含まれている。
                              (中略)

         - 将来の利益に左右され税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産は、2015年度から10%ずつ                                              増加し

         て 徐々に控除されている。2016年3月14日付のECB規則(EU)2016/445の第19条に従い、2018年1
         月1日から繰延税金資産は80%の控除を受け、2019年に完全に控除される。
                              (後略)

     会計上の貸借対照表から規制上の貸借対照表への移行

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日時点の資産                          BPCE  法定の範囲      健全性に基づく再           BPCE  健全性の

     百万ユーロ                                           表示         範囲
                              (中略)

     ・ / 持分  金融商品

                                     35,889            -      35,889
                              (中略)

     繰 越 税金資産                               2,931           -41        2,890

                              (中略)

                                  10/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2018  年6月30日時点の負債                          BPCE  法定の範囲       健全性に基づく再           BPCE  健全性の
     百万ユーロ                                           表示         範囲
                              (中略)

     繰 越 税金負債                                557         -223         334

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年6月30日時点の資産                          BPCE  法定の範囲      健全性に基づく再           BPCE  健全性の

     百万ユーロ                                           表示         範囲
                              (中略)

     ・ / 資本性   金融商品                           35,889            -      35,889

                              (中略)

     繰 延 税金資産                               2,931           -41        2,890

                              (中略)

     2018  年6月30日時点の負債                          BPCE  法定の範囲       健全性に基づく再           BPCE  健全性の

     百万ユーロ                                           表示         範囲
                              (中略)

     繰 延 税金負債                                557         -223         334

                              (後略)

     4.2.2    規制目的上の自己資本

       <訂正前>

                              (前略)

                                        2018  年6月30日

                                                    2017  年12月31日
                                        (バーゼルⅢの
                                                    (バーゼルⅢの
                                             (1)
                                                         (1)
     百万ユーロ                                段階的実施による          )
                                                 段階的実施による          )
     株式資本および       準備  金                              22,881            22,722
                              (中略)

     ・/  予期された     損失への信用リスク調整の不足                                 -329           -1,285

                              (中略)

                              (中略)

                                  11/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     (2)
       売却目的     に 保有として分類される           販売用   非流動資産および事業体を含む。
                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

                                        2018  年6月30日

                                                    2017  年12月31日
                                        (バーゼルⅢの
                                                    (バーゼルⅢの
                                             (1)
                                                         (1)
     百万ユーロ                                段階的実施による          )
                                                 段階的実施による          )
     株式資本および       資本剰余    金                            22,881            22,722
                              (中略)

     ・/  予想  損失への信用リスク調整の不足                                    -329           -1,285

                              (中略)

                              (中略)

     (2)

       売却目的保有として分類される                売却目的で保有する          非流動資産および事業体を含む。
                              (後略)

     Tier-2   資本の変動

       <訂正前>

     百万ユーロ                                                  Tier-2   資本

                              (中略)

     健全性の観点からの         減額                                            -129

                              (後略)

       <訂正後>

     百万ユーロ                                                  Tier-2   資本

                              (中略)

     健全性の観点からの         ヘアカット                                            -129

                              (後略)

     4.2.3    規制目的上の自己資本要件およびリスク加重資産

     信用リスクおよびカウンターパーティー・リスクに対する規制目的上の自己資本要件

                                  12/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

                              (前略)

                                           2018  年6月30日         2017  年12月31日

                                               自己資本要

                                          RWA  額             RWA
     百万ユーロ                                            件
                              (中略)

     ・ /  カウンターパーティー信用リスクの                 標準的手法

                                              -      -         -
     ・ /  CCR/   内部モデル手法(IMM)
                                              -      -         -
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

                                           2018  年6月30日         2017  年12月31日

                                               自己資本要

                                          RWA  額             RWA
     百万ユーロ                                            件
                              (中略)

     ・ /標準的手法

                                              -      -         -
     ・ /内部モデル手法(IMM)
                                              -      -         -
                              (後略)

     4.2.4    適正自己資本の管理


     金融コングロマリット

     金融コングロマリット比率

       <訂正前>

                              (前略)

     2  2018年6月30日現在の          推定値‐経過措置を考慮に入れ、EU規則575/2013の26.2条の規定に従う。

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2  推定値‐経過措置を考慮に入れ、EU規則575/2013の26.2条の規定に従う。

                              (後略)

                                  13/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     TLAC  比率

       <訂正前>

       <訂正後>






     適正自己資本

     高いレベルの適正自己資本および損失吸収力:TEC2020戦略計画において決定された目標TLAC比率は既に達成
     された。
     適正自己資本、総損失吸収力については「第3-7財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「手法に






     対する注記」を参照のこと。
     1  2018年6月30日現在の推定値-経過措置なしのCRR/CRD                          IV
     2  監督当局の指示を受けて、取消不能の支払約束の形で認識される単一破綻処理基金および預金保証基金への拠出の一
      部の控除
     3  ECBの同意を条件とし、欧州連合一般裁判所の2018年7月13日付の決定を受けて、比率の分母の計算から規制対象の貯
      蓄の集約残高を除外するとレバレッジ比率は5.3%に達する。
     ▶  現在進行中の法的なおよび規制上の性質の変化を考慮して修正されるMRELの要件およびレベルの決定
    次へ

                                  14/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.3   信用リスクおよびカウンターパーティー・リスク
       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日時点でのコミットメントの内訳

                              (後略)






       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年6月30日時点でのコミットメントの内訳

                              (後略)






                                  15/141



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     リスクコスト

       <訂正前>

     リスクコストは低水準に維持

                              (後略)

       <訂正後>

     2018  年度上半期の実績-リスクコスト

     リスクコストは低水準に維持

                              (後略)

                                  16/141















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.5   流動性リスク、金利リスクおよび外国為替リスク

       <訂正前>

     2018  年6月30日現在の流動性準備金および短期資金調達                          額

       <訂正後>

     2018  年6月30日現在の流動性準備金および短期資金調達

     感応度指標の変動

       <訂正前>

     ±200ベーシス・ポイントの金利変動に対する拡大当行グループの貸借対照表上における                                             現在の純価額       の感応

     度(標準外値テスト)は、規制上の自己資本制限値である20%を大きく下回っている。グループBPCEの金利
     の引上げに対する感応度は、2017年12月31日現在では-1.9%であったのに対し、2018年6月30日現在では-
     4.7%であった。
                              (後略)

       <訂正後>

     ±200ベーシス・ポイントの金利変動に対する拡大当行グループの貸借対照表上における                                             正味現在価値       の感応

     度(標準外      れ 値テスト)は、規制上の自己資本制限値である20%を大きく下回っている。グループBPCEの金
     利の引上げに対する感応度は、2017年12月31日現在では-1.9%であったのに対し、2018年6月30日現在では
     -4.7%であった。
                              (後略)

    次へ

                                  17/141










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.6   法律上のリスク
     4.6.2    訴訟・仲裁手続-ナティクシス

     マドフの不正行為

       <訂正前>

     2017  年12月31日現在、保険資産を差引き後のマドフの推定資産残高は388.8百万ユーロであり、現時点で全額

     に対し引当金が積まれている。このエクスポージャーに実質的にどのような影響があるかは、ナティクシス
     名義で投資された資産の回収の範囲、および当行の講じる主に法的な対応策の結果の双方に左右される。こ
     れを念頭に、ナティクシスは、かかる回収努力を支援する法律事務所を指名した。また2011年には、本件に
     おける専門家の責任に(保険会社と                  相次ぎ   締結していた総額123百万ユーロの)保険約款を適用するかをめ
     ぐって紛争が生じた。2016年11月、パリ控訴裁判所は(以前の商業裁判所と同様に)、マドフの不正行為に
     よりナティクシスが被った損失について保険でカバーされた金額について                                      最初  の保険会社の責任を認めた。
     全保険会社によるこの判決の履行は進行中である。2017年1月および2月に、最初の保険会社はいずれも破
     棄院に控訴を行った。2018年1月31日に審理が行われた。現在評議中であり、本訴訟は破棄院の商業関連部
     局の民事第2部へと移送された。審理が7月3日に実施され、9月19日に判決が下される予定である。
     バーナード・L・マドフ・インベストメント・セキュリティーズLLC(「BMIS」)の裁判所指名受託人である

     アーヴィング・H・ピカールは、ニューヨーク州南部地区米国連邦破産裁判所において、金融機関数社を相
     手取って提訴することで、不正行為の発見以前に受領した清算金に関する賠償請求を行った(これには、ナ
     ティクシスに対する400百万米ドルの請求も含まれた。)。ナティクシスは、自らに対して行われる主張を否
     定し、自身の立場を弁護し、権利を守るために必要な措置を講じている。ナティクシスは、請求を事前段階
     で 棄却  するか本件の判決が出される前に                 棄却  することを求め        た棄却の     申立および一部の案件を米国地方裁判
     所に  移行  する  照会  の却下申立を含め、控訴を行った。これらの手続は多数の判決および控訴                                      に従うことが前
     提となり     、現在も係属中である。破産裁判所による2016年11月の判決では、管轄外を理由に、受託人が提起
     した多数の賠償請求を却下した。本件は現在も係属中である。
     さらに、フェアフィールド・セントリー・リミテッドおよびフェアフィールド・シグマ・リミテッドの清算

     人は、従前に株式の償還にかかる同ファンドから支払いを受領した投資家に対し多数の手続を開始した(200
     件を超える手続がニューヨークで提訴されている)。ナティクシスの企業の一部は、かかる手続のいくつか
     に被告として挙げられている。ナティクシスは、これらの訴訟は全く根拠のないものであると考えており、
     自らの立場を積極的に防御する構えである。これらの手続は何年かにわたり中断しており、2016年10月、破
     産裁判所は      受託人   に対し、当初の請求を変更する権限を付与した。被告は2017年5月および6月に共同で                                             対
     応 しており、審理日の公表を待っている。
       <訂正後>

     2017  年12月31日現在、保険資産を差引き後のマドフの推定資産残高は388.8百万ユーロであり、現時点で全額

     に対し引当金が積まれている。このエクスポージャーに実質的にどのような影響があるかは、ナティクシス
     名義で投資された資産の回収の範囲、および当行の講じる主に法的な対応策の結果の双方に左右される。こ
     れを念頭に、ナティクシスは、かかる回収努力を支援する法律事務所を指名した。また2011年には、本件に
     おける専門家の責任に(保険会社と                  継続的に     締結していた総額123百万ユーロの)保険約款を適用するかをめ
     ぐって紛争が生じた。2016年11月、パリ控訴裁判所は(以前の商業裁判所と同様に)、マドフの不正行為に
     よりナティクシスが被った損失について保険でカバーされた金額について                                      一次保険     の保険会社の責任を認め
     た。全保険会社によるこの判決の履行は進行中である。2017年1月および2月に、最初の保険会社はいずれ
     も破棄院に控訴を行った。2018年1月31日に審理が行われた。現在評議中であり、本訴訟は破棄院の商業関
     連部局の民事第2部へと移送された。審理が7月3日に実施され、9月19日に判決が下される予定である。
                                  18/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     バーナード・L・マドフ・インベストメント・セキュリティーズLLC(「BMIS」)の裁判所指名受託人である
     アーヴィング・H・ピカールは、ニューヨーク州南部地区米国連邦破産裁判所において、金融機関数社を相
     手取って提訴することで、不正行為の発見以前に受領した清算金に関する賠償請求を行った(これには、ナ
     ティ  クシスに対する400百万米ドルの請求も含まれた。)。ナティクシスは、自らに対して行われる主張を否
     定し、自身の立場を弁護し、権利を守るために必要な措置を講じている。ナティクシスは、請求を事前段階
     で 却下  するか本件の判決が出される前に                 却下  することを求め        る 申立および一部の案件を米国地方裁判所に                      移
     送 する  レファレンス       の却下申立を含め、控訴を行った。これらの手続は多数の判決および控訴                                      を経て   、現在
     も係属中である。破産裁判所による2016年11月の判決では、管轄外を理由に、受託人が提起した多数の賠償
     請求を却下した。本件は現在も係属中である。
     さらに、フェアフィールド・セントリー・リミテッドおよびフェアフィールド・シグマ・リミテッドの清算

     人は、従前に株式の償還にかかる同ファンドから支払いを受領した投資家に対し多数の手続を開始した(200
     件を超える手続がニューヨーク                州 で提訴されている)。ナティクシスの企業の一部は、かかる手続のいくつ
     かに被告として挙げられている。ナティクシスは、これらの訴訟は全く根拠のないものであると考えてお
     り、自らの立場を積極的に防御する構えである。これらの手続は何年かにわたり中断しており、2016年10
     月、破産裁判所は         管財人   に対し、当初の請求を変更する権限を付与した。被告は2017年5月および6月に共
     同で  応訴  しており、審理日の公表を待っている。
     ユニヨン・ミュテュアリスト・ルトレット

       <訂正前>

                              (前略)

     2016  年10月25日、パリ商業裁判所は、関連する2つの保険制度に対し、AEW                                     SAについて、訴訟に関連してUMR

     を支持する判決がなされる可能性のある保険約款で補償される制裁を                                    尊重し   、AEW   SAが負担した防御費用を
     支払うように命じた。           該当  する保険会社の数社は、この決定に控訴した。
     2018  年6月26日、パリ控訴裁判所は、AEW                   SAおよびその保険会社への異議申立手続について、現在パリ商業

     裁判所で係属中のUMRおよびAEW                 SAへの異議申立訴訟の最終決定待ちとした。2016年10月25日付のパリ商業裁
     判所による判決で定められた保険会社による補償範囲の問題、およびAE                                     E SAのリーガルコストの補償につい
     ては、パリ控訴裁判所によって特に異議申立てはなされなかった。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2016  年10月25日、パリ商業裁判所は、関連する2つの保険制度に対し、AEW                                     SAについて、訴訟に関連してUMR

     を支持する判決がなされる可能性のある保険約款で補償される制裁を                                    科し  、AEW   SAが負担した防御費用を支
     払うように命じた。          関係  する保険会社の数社は、この決定に控訴した。
     2018  年6月26日、パリ控訴裁判所は、AEW                   SAおよびその保険会社への異議申立手続について、現在パリ商業

     裁判所で係属中のUMRおよびAEW                 SAへの異議申立訴訟の最終決定待ちとした。2016年10月25日付のパリ商業裁
     判所による判決で定められた保険会社による補償範囲の問題、およびAE                                     W SAのリーガルコストの補償につい
     ては、パリ控訴裁判所によって特に異議申立てはなされなかった。
                              (後略)

                                  19/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ソシエテ・ワロンヌ・デュ・ロジュマン

       <訂正前>

                              (前略)

     SWL  の請求はすべてシャルルロワ商業裁判所による2014年11月28日の判決で棄却された。2016年9月12日、モ

     ンス控訴裁判所は当該スワップ契約を無効とし、ナティクシスに対し、SWLがスワップ契約の一環で支払った
     金額からナティクシスが同契約に基づきSWLに支払った金額                              および   従前のスワップ契約が終了しなかった場合
     に支払われるはずであった金額を                 差し引いた      額をSWLに返金するよう命じた。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     SWL  の請求はすべてシャルルロワ商業裁判所による2014年11月28日の判決で棄却された。2016年9月12日、モ

     ンス控訴裁判所は当該スワップ契約を無効とし、ナティクシスに対し、SWLがスワップ契約の一環で支払った
     金額からナティクシスが同契約に基づきSWLに支払った金額                              を差し引き、       従前のスワップ契約が終了しなかっ
     た場合に支払われるはずであった金額を                     考慮した     額をSWLに返金するよう命じた。
                              (後略)

     SFF  /コンタンゴ・トレーディングSA

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年3月、SFFは、南アフリカ最高裁判所(西ケープ州、ケープタウン)において、当該契約を無効とする

     ことおよび公正かつ公平な補償金の支払いを求めて、ナティクシスおよびコンタゴ・トレーディングSAを主
     な相手方とした法的手続を提起した。
       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年3月、SFFは、南アフリカ最高裁判所(西ケープ州、ケープタウン)において、当該契約を無効とする

     ことおよび公正かつ公平な補償金の支払いを求めて、ナティクシスおよびコンタ                                          ン ゴ・トレーディングSAを
     主な相手方とした法的手続を提起した。
    次へ

                                  20/141



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.8   テクニカル保険リスク
     4.8.1    ナティクシス・アシュアランシズ

     市場リスク

       <訂正前>

     市場リスクは、子会社であるBPCE                 ヴィー   が、元本・収益保証付きの自社のコミットメントを担保する金融資

     産(ユーロ建て保険契約:2018年6月30日現在の主要な資金貸借対照表上で50.5十億ユーロ)について主に
     負っている。同社は、元本に関して、また、保証利回りを実現する上で不足額を生じさせるおそれのある資
     産減価リスク(株式相場または不動産相場の落ち込み、スプレッドの拡大、金利の上昇)および金利下落リ
     スクに晒される。こうしたリスクに対処するために、BPCEビーは、最低保証利回りが設定されていない保険
     商品のみを近年販売しており、保険商品の94%超は最低保証利回りがゼロである。最低保証利回りは、平均
     で0.15%である。
       <訂正後>

     市場リスクは、子会社であるBPCE                 ビー  が、元本・収益保証付きの自社のコミットメントを担保する金融資産

     (ユーロ建て保険契約:2018年6月30日現在の主要な資金貸借対照表上で50.5十億ユーロ)について主に
     負っている。同社は、元本に関して、また、保証利回りを実現する上で不足額を生じさせるおそれのある資
     産減価リスク(株式相場または不動産相場の落ち込み、スプレッドの拡大、金利の上昇)および金利下落リ
     スクに晒される。こうしたリスクに対処するために、BPCEビーは、最低保証利回りが設定されていない保険
     商品のみを近年販売しており、保険商品の94%超は最低保証利回りがゼロである。最低保証利回りは、平均
     で0.15%である。
     カウンターパーティー           ・リスク

       <訂正前>

                              (前略)

     ・ ナティクシス・アシュアランシズは、国際的に認知されている格付機関3社のうち少なくとも1社から

       財務格付けが付与されて             おり  、 かつ  、スタンダード・アンド・プアーズのAマイナス以上の格付けに相
       当する格付けを有         する再保険会社と取引           している。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     ・ ナティクシス・アシュアランシズは、国際的に認知されている格付機関3社のうち少なくとも1社から

       財務格付けが付与されて             いる再保険会社と取引しており                、 同再保険会社は        、スタンダード・アンド・プ
       アーズのAマイナス以上の格付けに相当する格付けを有している。
                              (後略)

     4.8.3    CEGC

       <訂正前>

                                  21/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     コンパニー・ウーロペエンヌ・ドゥ・ギャランティー・エ・コションは拡大当行グループの複数の事業ライ
     ンの保証プラットフォームであり、引受リスク、市場リスク、再保険会社の債務不履行リスクおよびオペ
     レー  ショナル・リスクに晒される。
     2016  年1月1日に施行されたソルベンシーIIの監督制度に基づき、CEGCは、部分的内部モデルを利用してい

     る。ACPR(フランス銀行・保険部門健全性監督                        破綻処理     機構)は、2017年3月にこのモデルを承認した。し
     たがって、CEGCの部分的内部モデルは、住宅資金貸付に関するフランスの金融システムの頑健性を高めるこ
     とを目的として抵当貸付保証人に適用される具体的要件を満たしている。
       <訂正後>

     コンパニー・ウーロペエンヌ・ドゥ・ギャランティー・エ・                               ドゥ・   コションは拡大当行グループの複数の事

     業ラインの保証プラットフォームであり、引受リスク、市場リスク、再保険会社の債務不履行リスクおよび
     オペレーショナル・リスクに晒される。
     2016  年1月1日に施行されたソルベンシーIIの監督制度に基づき、CEGCは、部分的内部モデルを利用してい

     る。ACPR(フランス銀行・保険部門健全性監督機構)は、2017年3月にこのモデルを承認した。したがっ
     て、CEGCの部分的内部モデルは、住宅資金貸付に関するフランスの金融システムの頑健性を高めることを目
     的として抵当貸付保証人に適用される具体的要件を満たしている。
                                  22/141














                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       <訂正前>

     2018  年6月30日現在の半期財務成績

     7.1   2018  年度  上半期中の経済環境および財務環境

                              (前略)

     2017  年度における       活動  成長率が2.3%であり、年間およそ1%である趨勢成長率をはるかに上回ったフランス

     の成長は、特に雇用面において供給に関する問題に直面した。そのため、それまでの成長の勢いは、2018年
     度第1四半期に突然止まり、2016年度末以降、毎年2.4%から3.2%までの四半期成長を堅調に達成していた
     にもかかわらず、年間GDP成長率がわずか0.7%となった。輸出高は明らかに下落したものの、                                                 特別な   航空輸
     送 量 のおかげで昨年度末に急上昇した。投資高はこれよりも大幅に減少したが、これは家庭および特に企業
     の両方に起因した。消費は、ブレント価格の引上げ、石油製品およびタバコ製品への増税、ならびに1月1
     日付のCSG(一般社会保障税)の1.7ポイントの引上げによる打撃を受けた。他方、CSGの引上げを相殺する予
     定であった給与関連費用の引下げは一部しか実行されず、その残りは10月に実施予定である。2018年度第2
     四半期の事業成長は、第1四半期の低迷後に盛り返し、年率1.8%まで回復した。インフレ率は、6月に年率
     2.1%へと上昇した。これは、11月に米国が対イラン制裁を更新することが発表されたことを受けて原油価格
     が高騰したためである。ただし、年間コアインフレ率は、5月時点で1%のままであった。
     連邦準備制度理事会は、2015年12月以降6回目(3月21日)、そして7回目(6月13日)の主要政策金利の

     引上げを行って現在の金利幅を1.75%~2%とし、引き続き段階的なバランスシートの規模縮小を図ってい
     る。これとは反対に、欧州中央銀行は、月次の資産買入                              純額を(9月までは30十億ユーロであったのに対
     し)次   の10月から12月        までに   15十億ユーロへと縮小する旨を6月14日付で発表したにもかかわらず、超金融
     緩和政策を維持して          きたが、2019年1月1日に打ち切ることとなった。ただ                             、2019年夏より前に主要政策金
     利の引締めは実施しない。長期金利は非常に低い状態が続いているが、金融緩和政策が段階的に撤回されて
     いるまたは撤回が予想されるため、経済が回復しているため、およびインフレ率が上昇しているため、特に
     米国において当初穏やかに上昇した。10年物国債の金利は、2月15日に1.02%の高値に達した後、米中貿易
     摩擦による緊張の高まりへの不信の増長および欧州中央銀行による超金融緩和政策への支持再確認を受けて
     6月末現在に約0.7%となった。
       <訂正後>

     7.1   2018  年度  上半期中の経済環境および財務環境

                              (前略)

     2017  年度における       経済  成長率が2.3%であり、年間およそ1%である趨勢成長率をはるかに上回ったフランス

     の成長は、特に雇用面において供給に関する問題に直面した。そのため、それまでの成長の勢いは、2018年
     度第1四半期に突然止まり、2016年度末以降、毎年2.4%から3.2%までの四半期成長を堅調に達成していた
     にもかかわらず、年間GDP成長率がわずか0.7%となった。輸出高は明らかに下落したものの、航空輸送                                                     の特
     需 のおかげで昨年度末に急上昇した。投資高はこれよりも大幅に減少したが、これは家庭および特に企業の
     両方に起因した。消費は、              北海  ブレント価格の引上げ、石油製品およびタバコ製品への増税、ならびに1月
     1日付のCSG(一般社会保障税)の1.7ポイントの引上げによる打撃を受けた。他方、CSGの引上げを相殺する
     予定であった給与関連費用の引下げは一部しか実行されず、その残りは10月に実施予定である。2018年度第
     2四半期の事業成長は、第1四半期の低迷後に盛り返し、年率1.8%まで回復した。インフレ率は、6月に年
     率2.1%へと上昇した。これは、11月に米国が対イラン制裁を更新することが発表されたことを受けて原油価
     格が高騰したためである。ただし、年間コアインフレ率は、5月時点で1%のままであった。
     連邦準備制度理事会は、2015年12月以降6回目(3月21日)、そして7回目(6月13日)の主要政策金利の

     引上げを行って現在の金利幅を1.75%~2%とし、引き続き段階的なバランスシートの規模縮小を図ってい
                                  23/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     る。これとは反対に、欧州中央銀行は、月次の資産買入                             を2019年1月1日に打ち切るまで                 の10月から12月        に
     かけて、その額を(9月までは30十億ユーロであったのに対し)                                  15十億ユーロへと縮小する旨を6月14日付
     で 発表したにもかかわらず、超金融緩和政策を維持して                            おり  、2019年夏より前に主要政策金利の引締めは実
     施しない。長期金利は非常に低い状態が続いているが、金融緩和政策が段階的に撤回されているまたは撤回
     が予想されるため、経済が回復しているため、およびインフレ率が上昇しているため、特に米国において当
     初穏やかに上昇した。10年物国債の金利は、2月15日に1.02%の高値に達した後、米中貿易摩擦による緊張
     の高まりへの不信の増長および欧州中央銀行による超金融緩和政策への支持再確認を受けて6月末現在に約
     0.7%となった。
     7.2   2018年度上半期のハイライト

       <訂正前>

     グループの      金融  格付の引上げ

     格付機関のムーディーズは、当グループの長期信用格付をA2からA1(見通し:安定的)へと引き上げた。

     ムーディーズは、当グループによる                   絶え間ない      財政基盤の改善および特にその資本力の強化を認めた。また
     ムーディーズは、当グループが収益源の分散化を成功させたことも指摘している。
       <訂正後>

     グループの      財務  格付の引上げ

     格付機関のムーディーズは、当グループの長期信用格付をA2からA1(見通し:安定的)へと引き上げた。

     ムーディーズは、当グループによる                   継続的な     財政基盤の改善および特にその資本力の強化を認めた。また
     ムーディーズは、当グループが収益源の分散化を成功させたことも指摘している。
     グループBPCEによるクレディ・フォンシエのチームおよび事業の統合計画の開始

       <訂正前>

     新しい体制案は、主にクレディ・フォンシエの技量、専門知識および能力の寄与、ならびに展開地域におけ

     るポピュレール銀行とケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のネットワークの実力により、                                            当 グループの不動産金
     融市場における主導的な地位を強化する。当該体制は、顧客間における銀行業サービスのさらなる浸透を図
     る。当該プロジェクトは、以下の2つの要件に注力する。
      - 当 グループは、特に初めて住宅を購入する低所得者層を含むすべての顧客における地位の拡大を目指

       す。
                              (後略)

       <訂正後>

     新しい体制案は、主にクレディ・フォンシエの技量、専門知識および能力の寄与、ならびに展開地域におけ

     るポピュレール銀行とケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のネットワークの実力により、                                            拡大当行     グループの不
     動産金融市場における主導的な地位を強化する。当該体制は、顧客間における銀行業サービスのさらなる浸
     透を図る。当該プロジェクトは、以下の2つの要件に注力する。
      - 拡大当行     グループは、特に初めて住宅を購入する低所得者層を含むすべての顧客における地位の拡大を

       目指す。
                              (後略)

                                  24/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     グループBPCE、フランス国内でサムスンペイを導入する初の銀行グループとなる

       <訂正前>

     サムスンペイのモバイル決済ソリューションは、サムスンペイと互換性のあるサムスンのスマートフォンを

     通じて、     ポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)の顧客専用に提供される。ポピュレール銀
     行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)の顧客は、この新規モバイル決済ソリューションを通じ、Visaの非
     接触型支払サービスが利用可能な                 フランス国内および海外において                 スマートフォンを利用した買い物ができ
     ることになる。
       <訂正後>

     サムスンペイのモバイル決済ソリューションは、サムスンペイと互換性のあるサムスンのスマートフォンを

     持つ  ポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)の顧客専用に提供される。ポピュレール銀行お
     よびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)の顧客は、この新規モバイル決済ソリューションを通じ、Visaの非接触
     型支払サービスが利用可能なスマートフォンを利用した買い物が                                  フランス国内および海外において                 できるこ
     とになる。
     ケス・デパーニュ・アルザスおよびケス・デパーニュ・ロレーヌ・シャンパーニュ・アルデンヌの合併によ

     るケス・デパーニュ・グラン・テスト・ウーロップの設立
       <訂正前>

     2018  年6月23日、ケス・デパーニュ・アルザスおよびケス・デパーニュ・ロレーヌ・シャンパーニュ・アル

     デンヌの定時株主総会において、両社間の合併契約を全会一致で承認した。同社の登記事務所はストラス
     ブールに所在し、グラン・テスト地域圏における10                          つ の部門を擁する。
                              (後略)

       <訂正後>

     2018  年6月23日、ケス・デパーニュ・アルザスおよびケス・デパーニュ・ロレーヌ・シャンパーニュ・アル

     デンヌの定時株主総会において、両社間の合併契約を全会一致で承認した。同社の登記事務所はストラス
     ブールに所在し、グラン・テスト地域圏における10の部門を擁する。
                              (後略)

     職人向けの指針および支援提供を目的とした、産業および専門技能職会議所常任議会とグループBPCEによる

     「専門技能職契約」の開始
       <訂正前>

     専門技能職契約では、以下の5つの事項が約定されている。

      ・   10 億ユーロに上る職人向けの中長期ローンの供与

                              (後略)

       <訂正後>

                                  25/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     専門技能職契約では、以下の5つの事項が約定されている。
      ・   1十  億ユーロに上る職人向けの中長期ローンの供与

                              (後略)

     ナティクシス、フェンチャーチ・アドバイザリー・パートナーズ(英国)、ヴァーミリオン・パートナーズ

     (中国)、クリッパートン(フランス)に対する戦略的投資を通じてM&Aコンサルタント業を強化
       <訂正前>

     それぞれの市場部門(金融サービス、中国におけるM&A事業、およびテクノロジー)で主導的な地位を確立し

     ている独立したM&Aコンサルタント会社3社への戦略的投資は、既に完了した2015年度のLeonardo                                                     & Co
     Franceおよび360コーポレート(ナティクシス・パートナーズおよびナティクシス・パートナーズ・エスパー
     ニャへと商号変更)の買収ならびに2016年度のPJソロモンの買収の仕上げとして実施される。ナティクシス
     は、これらの新規投資により、欧州およびアジア太平洋における事業拡大をさらに追                                            及 するとともに、事業
     の国際化を加速させ、金融サービスおよびテクノロジー分野におけるM&Aコンサルティング業を成長させる。
       <訂正後>

     それぞれの市場部門(金融サービス、中国におけるM&A事業、およびテクノロジー)で主導的な地位を確立し

     ている独立したM&Aコンサルタント会社3社への戦略的投資は、既に完了した2015年度のLeonardo                                                  & Co
     Franceおよび360コーポレート(ナティクシス・パートナーズおよびナティクシス・パートナーズ・エスパー
     ニャへと商号変更)の買収ならびに2016年度の                        ニューヨークにおける           PJソロモンの買収の仕上げとして実施
     される。ナティクシスは、これらの新規投資により、欧州およびアジア太平洋における事業拡大をさらに追
     求 するとともに、事業の国際化を加速させ、金融サービスおよびテクノロジー分野におけるM&Aコンサルティ
     ング業を成長させる。
    次へ

                                  26/141










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

     7.3   経営成績に関するプレス・リリース

                              (前略)

     グループ     BPCE  の役員会     会長ローラン・ミニョンは、               次のように述べた:

     「拡大当行グループは、2018年度上半期について一連の好調な経営成績を公表しており、この経営成績は、
     もっぱら顧客に注力する多岐にわたる継続的な収益基盤に基づく拡大当行グループの普遍的な協同バンキン
     グモデルの有効性を裏付ける。アセット・アンド・ウェルス・マネジメント部、支払業務、およびリテー
     ル・バンキングセクターにおいて拡大当行グループの活動による手数料収益の割合が大幅に増加したこと
     は、拡大当行グループがこれまでになく幅広い付加価値のあるソリューションを顧客に提供する能力を表し
     ている。拡大当行グループの財務面の力強さはさらに向上し、これはムーディーズによる格付決定に反映さ
     れ、拡大当行グループの信用格付はA1にアップグレードされた。拡大当行グループの転換は、資産運用にお
     ける新たな買収または即時振込サービスの開始といった数多くの分野において進み続けている。また、当年
     度第2四半期には、クレディ・フォンシエのノウハウおよび専門技術をすべて再配置する壮大な計画が開始
     したが、これは、拡大当行グループ、顧客および従業員のための新たな価値の創設を可能とする計画であ
     る。全員が積極的に寄与したことにより、グループBPCEは一定水準の業績を達成し、これによ                                                  リ グループ
     BPCEは発展をさらに加速させ、顧客のために革新をもたらし、転換を追求し、TEC2020年度戦略プランに定め
     られた目標を達成することができた。」
                              (後略)

       <訂正後>

     7.3   経営成績に関するプレス・リリース                   (2018年8月2日)

                              (前略)

     グループ     BPCE  の役員会     会長ローラン・ミニョンは、               次のように述べた:

     「拡大当行グループは、2018年度上半期について一連の好調な経営成績を公表しており、この経営成績は、
     もっぱら顧客に注力する多岐にわたる継続的な収益基盤に基づく拡大当行グループの普遍的な協同バンキン
     グモデルの有効性を裏付ける。アセット・アンド・ウェルス・マネジメント部、支払業務、およびリテー
     ル・バンキングセクターにおいて拡大当行グループの活動による手数料収益の割合が大幅に増加したこと
     は、拡大当行グループがこれまでになく幅広い付加価値のあるソリューションを顧客に提供する能力を表し
     ている。拡大当行グループの財務面の力強さはさらに向上し、これはムーディーズによる格付決定に反映さ
     れ、拡大当行グループの信用格付はA1にアップグレードされた。拡大当行グループの転換は、資産運用にお
     ける新たな買収または即時振込サービスの開始といった数多くの分野において進み続けている。また、当年
     度第2四半期には、クレディ・フォンシエのノウハウおよび専門技術をすべて再配置する壮大な計画が開始
     したが、これは、拡大当行グループ、顧客および従業員のための新たな価値の創設を可能とする計画であ
     る。全員が積極的に寄与したことにより、グループBPCEは一定水準の業績を達成し、これによ                                                  り グループ
     BPCEは発展をさらに加速させ、顧客のために革新をもたらし、転換を追求し、TEC2020年度戦略プランに定め
     られた目標を達成することができた。」
                              (後略)

                                             6

     1.TEC2020年度戦略プランの好調な滑り出しを可能とした一定水準の経営成績
       <訂正前>

                              (前略)

                                  27/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     手数料収益の増加および保険業務の堅調な発展は、低金利環境の影響を受け続けている受取利息の減少を相
     殺した。その結果、拡大当行グループの銀行業務純収益は2018年度上半期中僅かに増加し、12,244百万ユー
     ロ となった(プラス0.5%、または恒常為替レートでプラス2.0%)。                                   ポピュレール銀行         およびケス・デパー
     ニュ(貯蓄銀行)のリテール・バンキング・ネットワークからもたらされた手数料の基本額(期限前償還手
     数料を除く。)は、2018年度上半期に4.5%増加した一方、アセット・アンド・ウェルス・マネジメント業務
     および支払業務からもたらされた収益はそれぞれ、17.7%(恒常為替レートによる。)の大幅増および15%
     増となった。一方、保険業務の収益は7.8%増加した。
                              (中略)

     当6ヵ月間中のもう一つのハイライトは、グループBPCEの転換の継続的な動きに対応する動きとして、クレ

     ディ・フォンシエの業務および専門技術を統合する計画が2018年6月26日に発表されたことである。クレ
     ディ・フォンシエの従業員              の 代表  者 への通知/協議の手続きが2018年7月20日に開始した。この統合計画
     は、拡大当行グループの中核的価値に沿って、クレディ・フォンシエの業務および専門技術の拡大当行グ
     ループ内での長期的将来を保証する一方で、拡大当行グループの従業員および顧客、とりわけ持ち家を促進
     するためのソリューションに関心を有する低所得世帯に対して、信頼できるソリューションを提供すること
     をねらいとしている。
     相乗効果により発生した収益は、2018年6月30日現在、126百万ユーロに上った(2020年度の目標額は750百

     万ユーロである。)。バンカシュアランスのさらなる成功を反映して、この相乗効果のうち64%を保険業務
     ラインが占めていた。
                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     手数料収益の増加および保険業務の堅調な発展は、低金利環境の影響を受け続けている受取利息の減少を相

     殺した。その結果、拡大当行グループの銀行業務純収益                             の基本額     は2018年度上半期中僅かに増加し、12,244
     百万ユーロとなった(プラス0.5%、または恒常為替レートでプラス2.0%)。                                         ポピュレール銀行          およびケ
     ス・デパーニュ(貯蓄銀行)のリテール・バンキング・ネットワークからもたらされた手数料の基本額(期
     限前償還手数料を除く。)は、2018年度上半期に4.5%増加した一方、アセット・アンド・ウェルス・マネジ
     メント業務および支払業務からもたらされた収益はそれぞれ、17.7%(恒常為替レートによる。)の大幅増
     および15%増となった。一方、保険業務の収益は7.8%増加した。
                              (中略)

     当6ヵ月間中のもう一つのハイライトは、グループBPCEの転換の継続的な動きに対応する動きとして、クレ

     ディ・フォンシエの業務および専門技術を統合する計画が2018年6月26日に発表されたことである。クレ
     ディ・フォンシエの          労働組合の      従業員代表への通知/協議の手続きが2018年7月20日に開始した。この統合
     計画は、拡大当行グループの中核的価値に沿って、クレディ・フォンシエの業務および専門技術の拡大当行
     グループ内での長期的将来を保証する一方で、拡大当行グループの従業員および顧客、とりわけ持ち家を促
     進するためのソリューションに関心を有する低所得世帯に対して、信頼できるソリューションを提供するこ
     とをねらいとしている。
     相乗効果により発生した収益は、2018年6月30日現在、126百万ユーロに上った(2020年度の目標額は750百

     万ユーロである。)。バンカシュアランスの                       ビジネスモデルの         さらなる成功を反映して、この相乗効果のう
     ち64%を保険業務ラインが占めていた。
                              (後略)

     グループBPCEの2018年度上半期の連結経営成績

                                  28/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

                                   非経済的項目

                                      および      2018  年度上半期
                        2018  年度上半期
     百万ユーロ
                                   特別損益項目             基本額
                                      の影響
                          (中略)

                            - 8,501                   - 8,339

     営業費用(SRFを除く。)
                          (中略)

     試算値:(後記の手法に           対 する注記を参照)

     修正再表示数値:        後記の   非経済的項目および特別損益項目の内訳
       <訂正後>

                                   非経済的項目

                                      および      2018  年度上半期
                        2018  年度上半期
     百万ユーロ
                                   特別損益項目             基本額
                                      の影響
                          (中略)

                            - 8,501          - 162        - 8,339

     営業費用(SRFを除く。)
                          (中略)

     試算値:(後記の手法に           関 する注記を参照)

     修正再表示数値:非経済的項目および特別損益項目の内訳                           については後記を参照。
     グループBPCEの2018年度第2四半期の連結経営成績

       <訂正前>

                              (前略)

     試算値:(後記の手法に           対 する注記を参照)
     修正再表示数値:        後記の   非経済的項目および特別損益項目の内訳
       <訂正後>

                              (前略)

     試算値:(後記の手法に           関 する注記を参照)
     修正再表示数値:非経済的項目および特別損益項目の内訳                           については後記を参照。
                                  29/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.高い自己資本比率および損失吸収力
                                         10
     2.1   2つの単発事由の影響にもかかわらず高水準の普通株式等Tier-1
       <訂正前>

     グループBPCEのCET1比率は、2018年度                    第2四半期      に僅かに低下し、2018年6月30日現在の推定レベルは2017

     年12月31日現在の15.4%から低下して15.2%(試算値)である。この低下は、主に2つの単発事由(一つ目
     は、IFRS第9号の初めての適用(マイナス17ベーシス・ポイントの悪影響を及ぼした。)であり、二つ目
     は、監督当局の要求に基づき取消不能支払コミットメント(IPC)の形で認識された単一破綻処理基金および
     預金保証・破綻処理基金(FGDR)への拠出額の規制上の自己資本からの控除(マイナス12ベーシス・ポイン
     トの影響)である。)の影響によって説明できる。
       <訂正後>

     グループBPCEのCET1比率は、2018年度                    上半期   に僅かに低下し、2018年6月30日現在の推定レベルは2017年12

     月31日現在の15.4%から低下して15.2%(試算値)である。この低下は、主に2つの単発事由(一つ目は、
     IFRS第9号の初めての適用(マイナス17ベーシス・ポイントの悪影響を及ぼした。)であり、二つ目は、監
     督当局の要求に基づき取消不能支払コミットメント(IPC)の形で認識された単一破綻処理基金および預金保
     証・破綻処理基金(FGDR)への拠出額の規制上の自己資本からの控除(マイナス12ベーシス・ポイントの影
     響)である。)の影響によって説明できる。
            10  11

     2.2   TLAC比率        :TEC2020年度戦略プランの目標は既に達成されている
       <訂正前>

                      4

     拡大当行グループの総損失吸収力                  (TLAC)は2018年3月末時点で85.1十億ユーロであった(IPCの控除の影
     響を含む。)。TLAC比率(リスク加重資産の割合で表示される)は、2018年6月30日現在で推定21.6%であ
     り、2017年12月31日の20.8%から上昇している。これは2019年度初めまでに                                        19.5%以上      を目指すという、
     TEC2020年度戦略プランに定められた目標水準を上回っている。
                              (後略)

       <訂正後>

                      4

     拡大当行グループの総損失吸収力                  (TLAC)は2018年3月末時点で85.1十億ユーロであった(IPCの控除の影
     響を含む。)。TLAC比率(リスク加重資産の割合で表示される)は、2018年6月30日現在で推定21.6%であ
     り、2017年12月31日の20.8%から上昇している。これは2019年度初めまでに                                         21.5%超     を目指すという、
     TEC2020年度戦略プランに定められた目標水準を上回っている。
                              (後略)

     2.4   2018年度の中長期ホールセール資金調達プランの84%が2018年7月5日現在で既に完了

        <訂正前>

                              (前略)

     12  2014年10月10日付で欧州委員会が公表した委任法令の規則                            -経過措置を除いたCRR/CRD              Ⅳ を使用して算出した推定

       値。レバレッジ比率は、ECBの同意を条件として、かつ欧州連合の一般裁判所による2018年7月13日付の決定に基づ
       き、同比率の分母の計算から規制貯蓄の集約残高を除いた後では、5.3%に上る。
                                  30/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              ( 後略  )
        <訂正後>

                              ( 前略  )

     12  2014年10月10日付で欧州委員会が公表した委任法令の規則を使用して算出した推定値。レバレッジ比率は、ECBの同

       意を条件として、かつ欧州連合の一般裁判所による2018年7月13日付の決定に基づき、同比率の分母の計算から規制
       貯蓄の集約残高を除いた後では、5.3%に上る。
                              (後略)

    次へ

                                  31/141
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                  14

     3.  事業ラインの経営成績
     グループBPCEの経営成績に対する事業ラインの寄与

       <訂正前>

                              (前略)

       ・2018年度上半期のグループBPCEの銀行業務純収益総額に対する                                 リテール・バンキングおよび保険                 部の寄

        与は、71%を占めた(2017年度上半期:73%)。また、同部のグループBPCEの営業総利益総額に対する
        寄与は、68%を占めた(2017年度上半期:70%)。
       ・ アセット&ウェルス・マネジメント部                   は、好調な成長モメンタムを享受しており、2018年度上半期にお
        いて、グループBPCEの銀行業務純収益総額に対する寄与は13%を占め(2017年度同期:11%)、グルー
        プBPCEの営業総利益総額に対する寄与は13%を占めた(2017年上半期の10%から増加)。
       ・2018年度上半期の          拡大当行     グループの銀行業務純収益に対する                   コーポレート・投資銀行業務               部の寄与
        は、16%を占め(業績は2017年度上半期における寄与とほぼ同水準であった。)、営業総利益に対                                                  する
        19%を占めた(2017年度上半期:20%)。
       <訂正後>

                              (前略)

       ・2018年度上半期のグループBPCEの                  事業ラインの       銀行業務純収益総額に対する               リテール・バンキングおよ

        び保険   部の寄与は、71%を占めた(2017年度上半期:73%)。また、同部のグループBPCEの                                           事業ライン
        の 営業総利益総額に対する寄与は、68%を占めた(2017年度上半期:70%)。
       ・ アセット&ウェルス・マネジメント部                   は、好調な成長モメンタムを享受しており、2018年度上半期にお
        いて、グループBPCEの            事業ラインの       銀行業務純収益総額に対する寄与は13%を占め(2017年度同期:
        11%)、グループBPCEの             事業ラインの       営業総利益総額に対する寄与は13%を占めた(2017年上半期の
        10%から増加)。
       ・2018年度上半期のグループ               BPCE  の 事業ラインの       銀行業務純収益        総額  に対する     コーポレート・投資銀行業
        務 部の寄与は、16%を占め(業績は2017年度上半期における寄与とほぼ同水準であった。)、営業総利
        益に対   して  19%を占めた(2017年度上半期:20%)。
                                               15

     3.1   リテール・バンキングおよび保険:税引前利益2.4十億ユーロを維持と好成績
       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日現在のリテール・バンキングおよび保険部の                             預金および貯蓄        の総額は、2017年6月30日から

     2.9%増加し、702十億ユーロとなった。オンバランスの預金および貯蓄(中央集中型貯蓄商品を除く。)は、
     とりわけ要求払預金総額が10.8%増加したことにより、当該年度に15十億ユーロに達した。結果として、オン
     バランスの預金および貯蓄(中央集中型貯蓄商品を除く。)は、対前年同期比で3.7%増加した。
     14  2017年度上半期の経営成績は、試算(後記「手法に                         対 する注記」を参照)により表示している。別段の記載がない限

       り、変動はすべて、2017年6月30日の同じ比較基準を用いている。
     15  IFRIC第21号の影響          の 修正再表示後。
       <訂正後>

                                  32/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (前略)
     2018  年6月30日現在のリテール・バンキングおよび保険部の                             預金および貯蓄        の総額は、2017年6月30日から

     2.9%増加し、702十億ユーロとなった。オンバランスの預金および貯蓄                                    の流入   (中央集中型       規制対象     貯蓄商品
     を除く。)は、とりわけ要求払預金総額が10.8%増加したことにより、当該年度に15十億ユーロに達した。結
     果として、オンバランスの預金および貯蓄(中央集中型貯蓄商品を除く。)は、対前年同期比で3.7%増加し
     た。
     14  2017年度上半期の経営成績は、試算(後記「手法に                         関 する注記」を参照)により表示している。別段の記載がない限

       り、変動はすべて、2017年6月30日の同じ比較基準を用いている。
     15  IFRIC第21号の影響          を会計処理するための          修正再表示後。
     リテール・バンキングおよび保険部:2018年度上半期および第2四半期の財務成績

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年度上半期のリテール・バンキングおよび保険部                         の銀行業務純収益         ( 住宅購入貯蓄制度のための引当金の

     変動を除く。)        は、対前年同期比で1.1            % 減少し、8,464百万ユーロとなった。                   ポピュレール銀行およびケス・
     デパーニュ(貯蓄銀行)の純               受取利息     の総額は、1.8%下落した(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除
     いた場合。)。
     この下落は、低金利環境による純受取利息の減少に起因するものである。                                      純受取利息      は、  手数料(早期償還手
     数料を除く。)が2017年度上半期と比較して4.5%増加したが、一方で                                   早期償還手数料が大幅に減少したことに
     より一部相殺されている。専門的金融サービスの収益(支払関連業務を含む。)は6.1%増加して733百万ユー
     ロとなった。また、保険部の収益は、7.8%増加して397百万ユーロとなった。2018                                          年度第2四半期の         銀行業務
     純収益   ( 住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)                          は、  対前年同期比で0.9%増加し、4,281                  百万ユー
     ロとなった。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年度上半期のリテール・バンキングおよび保険部                         の銀行業務純収益         ( 住宅購入貯蓄制度のための引当金の

     変動を除く。)        は、対前年同期比で1.1            % 減少し、8,464百万ユーロとなった。                   ポピュレール銀行およびケス・
     デパーニュ(貯蓄銀行)の              リテール・バンキング・ネットワークの                    純 収益  の総額は、1.8%下落した(住宅購入
     貯蓄制度のための引当金の変動を除いた場合。)。
     この下落は、低金利環境による純受取利息の減少に起因するものである。                                      かかる下落      は、早期償還手数料が大
     幅に減少した       ものの、手数料(早期償還手数料を除く。)が2017年度上半期と比較して4.5%増加した                                            ことによ
     り一部相殺されている。専門的金融サービスの収益(支払関連業務を含む。)は6.1%増加して733百万ユーロ
     となった。また、保険部の収益は、7.8%増加して397百万ユーロとなった。2018                                         年度第2四半期の         銀行業務純
     収益  ( 住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)                          は、  対前年同期比で0.9%増加し、4,281                  百万ユーロ
     となった。
                              (後略)

     3.1.1    ポピュレール銀行:正のジョーズ効果

       ・  顧客基盤(対前年同期比)

                                  33/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

     ポピュレール銀行の          リテール・バンキング・             ネットワークの個人顧客にバンキング・サービスを提供する戦略

     は、2018年度上半期にも実施され、主要稼働顧客数が2.3%増加した(すなわち、85,800名の新規顧客が加わっ
     た。)。プライベート・バンキングおよびウェルス・マネジメントの顧客は、5.5%増加した(すなわち、
     20,000名の新規顧客が加わった。)。専門顧客市場のセグメントでは、稼働顧客数が0.8%増加した(対前年同
     期比で3,500名の増加に相当)。法人顧客のセグメントでは、稼働顧客数が3.4%増加した(1,500名の増加に相
     当)。
       <訂正後>

     ポピュレール銀行のネットワークの個人顧客にバンキング・サービスを提供する戦略は、2018年度上半期にも

     実施され、主要稼働顧客数が2.3%増加した(すなわち、85,800名の新規顧客が加わった。)。プライベート・
     バンキングおよびウェルス・マネジメントの顧客は、5.5%増加した(すなわち、20,000名の新規顧客が加わっ
     た。)。専門顧客市場のセグメントでは、稼働顧客数が0.8%増加した(対前年同期比で3,500名の増加に相
     当)。法人顧客のセグメントでは、稼働顧客数が3.4%増加した(1,500名の増加に相当)。
       ・ 財務成績

       <訂正前>

                              ( 前 略)

     2018  年度上半期の       銀行業務純収益        (住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)は、2017年度上半期と

     比べて0.5%増加して3,229百万ユーロとなった。この増加は、主に純                                   金利差益     (住宅購入貯蓄制度のための引
     当金の変動を除く。)の1.0%の減少に起因している。金融資産の処分により実現したキャピタル・ゲイン
     (IFRS第9号の効果的な実施に備えて、2017年度上半期に高水準に達した。)を除外するために修正再表示し
     た場合、当該期間において純               金利差益     は3.6%増加した(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)。
     早期償還手数料(当該期間内に55.7%減)を除外するために修正再表示した場合、手数料収入は2017年度上半
     期と比較して4.4%増加した。               2018  年度第   2 四半期の銀行業務純収益(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動
     を除く。)は、1,640百万ユーロとなり、対前年度比で2.6%増加した。
                              (後略)

       <訂正後>

                              ( 前 略)

     2018  年度上半期の       銀行業務純収益        (住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)は、2017年度上半期と

     比べて0.5%増加して3,229百万ユーロとなった。この増加は、主に純                                   受取利息     (住宅購入貯蓄制度のための引
     当金の変動を除く。)の1.0%の減少に起因している。金融資産の処分により実現したキャピタル・ゲイン
     (IFRS第9号の効果的な実施に備えて、2017年度上半期に高水準に達した。)を除外するために修正再表示し
     た場合、当該期間において純               受取利息     は3.6%増加した(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)。
     早期償還手数料(当該期間内に55.7%減)を除外するために修正再表示した場合、手数料収入は2017年度上半
     期と比較して4.4%増加した。               2018  年度第   2 四半期の銀行業務純収益(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動
     を除く。)は、1,640百万ユーロとなり、対前年度比で2.6%増加した。
                              (後略)

     3.1.2    ケス・デパーニュ(貯蓄銀行)

       <訂正前>

                                  34/141



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     バンク・ポピュレール・ダルザス                および   ドゥ  ・ロレーヌ・シャンパーニュ・アルデンヌ間の合併後、2018年6月23日にケ
     ス・デパーニュ・        オー・ド・フランス         が設立され、ケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のネットワークは、15の各ケス・デパー
     ニュ(貯蓄銀行)およびそれらの子会社で構成される。
                              (後略)

       <訂正後>

     ケス・デパーニュ・アルザス             および   ケス・デパーニュ        ・ロレーヌ・シャンパーニュ・アルデンヌ間の合併後、2018年6月23

     日にケス・デパーニュ・           グラン・テスト・ウーロップ             が設立され、ケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のネットワークは、15の
     各ケス・デパーニュ(貯蓄銀行)およびそれらの子会社で構成される。
                              (後略)

       ・  財務成績

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年度上半期の       営業費用     (特別損益項目を除く。)              は、引き続き強い引き締めが行われており、対前年同期

     比で2.0%減の        2,343   百万ユーロとなった。2018年度第2四半期には、3.1%減少して1,133百万ユーロとなっ
     た。
     2018  年度上半期の       営業総利益      (特別損益項目を除く。)              は、  2017  年度上半期と比べて7.7%減の1,131百万ユー

     ロとなった。2018年度第2四半期には、対前年同期比で0.6%と若干減少し628百万ユーロとなった。
                              (中略)

       ・2018年度上半期の          費用/収益比率        は、1.4パーセンテージ・ポイント                 減少  して66.6%となった。2018年度

        第2四半期には、0.7パーセンテージ・ポイント改善して65.2%となった。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年度上半期の       営業費用     は、引き続き強い引き締めが行われており、対前年同期比で2.0%減の                                     2,343   百万

     ユーロとなった。2018年度第2四半期には、3.1%減少して1,133百万ユーロとなった。
     2018  年度上半期の       営業総利益      は、  2017  年度上半期と比べて7.7%減の1,131百万ユーロとなった。2018年度第2

     四半期には、対前年同期比で0.6%と若干減少し628百万ユーロとなった。
                              (中略)

       ・2018年度上半期の          費用/収益比率        は、1.4パーセンテージ・ポイント                 増加  して66.6%となった。2018年度

        第2四半期には、0.7パーセンテージ・ポイント改善して65.2%となった。
                              (後略)

     3.1.3    専門的金融サービス:支払事業活動の大幅な成長

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年度第2四半期には、           銀行業務純収益        は、2017年度       上半期   と比べて7.0%増加し371百万ユーロとなった。

                              (後略)

                                  35/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年度第2四半期には、           銀行業務純収益        は、2017年度       第2四半期      と比べて7.0%増加し371百万ユーロとなっ

     た。
                              (後略)

     3.1.4    保険:全事業ラインで維持される商業活動

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年度上半期の       銀行業務純収益        は、生命保険および個人補償保険(当期稼得保険料2%増)ならびに                                   共済  保

     険(当期稼得保険料8%増)の両方に牽引され、2017年上半期と比べて7.8%増の397百万ユーロとなった。こ
     の結果は、世界売上高が対前年同期比3%増の6.6十億ユーロとなったことを反映している(CNPアシュランシ
     ズとの再保険取決めを除く。)。2018年度第2四半期の銀行業務純収益は、7.9%増の193百万ユーロとなっ
     た。
     2018  年度上半期の       営業費用     は、2017年度上半期と比べて7.7%増の225百万ユーロとなった。この増加は、特

                    16
     に、法人社会連帯寄与(C3S)                における5百万ユーロの増加に起因する。かかる納付を除いた場合の営業費用
     は、事業成長に伴う6%の増加に留まる。2018年度第2四半期においては、2017年度                                           上半期   と比べて6.8%増の
     107百万ユーロとなった。
                              (中略)

     16  本項目の計算は、前年度の事業活動の水準に基づいている。2017年度は、ケス・デパーニュのネットワークによる保険

       活動の初の通年度であった。
       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年度上半期の       銀行業務純収益        は、生命保険および個人補償保険(当期稼得保険料2%増)ならびに                                   損害  保

     険(当期稼得保険料8%増)の両方に牽引され、2017年上半期と比べて7.8%増の397百万ユーロとなった。こ
     の結果は、世界売上高が対前年同期比3%増の6.6十億ユーロとなったことを反映している(CNPアシュランシ
     ズとの再保険取決めを除く。)。2018年度第2四半期の銀行業務純収益は、7.9%増の193百万ユーロとなっ
     た。
     2018  年度上半期の       営業費用     は、2017年度上半期と比べて7.7%増の225百万ユーロとなった。この増加は、特

                    16
     に、法人社会連帯寄与(C3S)                における5百万ユーロの増加に起因する。かかる納付を除いた場合の営業費用
     は、事業成長に伴う6%の増加に留まる。2018年度第2四半期においては、2017年度                                           第2四半期      と比べて6.8%
     増の107百万ユーロとなった。
                              (中略)

     16  本項目の計算は、前年度の事業活動の水準に基づいている。2017年度は、ケス・デパーニュ                                           (貯蓄銀行)      のネットワー

       クによる保険活動の初の通年度であった。
                                  36/141



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.2   アセット・アンド・ウェルス・マネジメント:報酬率の継続的な引上げおよび堅調な収益の増加
       <訂正前>

                              (前略)

                                    恒常為替レートによ

     (単位:百万ユーロ)
                         2018  年   2017  年上半期                2018  年   2017  年第  2 四半期
                                     る2017年上半期
                         上半期     からの変動率                 第2四半期       からの変動率
                                      からの変動率
                              (中略)

     2018  年度上半期の       銀行業務純収益         は、2017年度上半期と比べて10.2%(恒常為替レートベースでプラス

     17.7%)と大幅に増加し、1,596百万ユーロとなった。2018年上半期の運用報酬は、アセット・マネジメント収
     益のほぼ8%に匹敵する119百万ユーロに達したが、これは主に                                H O による好業績によるものであった。同時期
                                      2
     に、ウェルス・マネジメント収益は、対前年同期比17%と著しい成長を遂げた。2018年第2四半期の純収益
     は、2017年度       上半期   と比べて10.2%増の819百万ユーロとなった。この増加傾向は、2018年第2四半期に31ベー
     シス・ポイント以上、または対前年同期比プラス3.3ベーシス・ポイントを示した資産運用業務の全体的な報酬
     率の改善(運用報酬を除く。)によるものである。
     2018  年度上半期の       営業費用     は、事業活動の成長に伴い、2017年度上半期と比べて3.7%増(恒常為替レートベー

     スでプラス10.5%)の1,077百万ユーロとなった。2018年度第2四半期においては、2017年度                                                上半期   と比べて
     5.5%増の549百万ユーロとなった。
                              (中略)

       ・2018年度上半期の          費用/収益比率        は、4.3パーセンテージ・ポイント(恒常為替レートベースで4.4ポイ

        ント)改善し、67.3%となった。2018年度第2四半期においては、2017年度                                      上半期   と比べて3.0パーセン
        テージ・ポイント改善し、67.2%となった。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

                                    恒常為替レートによ

     (単位:百万ユーロ)
                         2018  年   2017  年上半期                2018  年   2017  年第  1 四半期
                                     る2017年上半期
                         上半期     からの変動率                 第2四半期       からの変動率
                                      からの変動率
                              (中略)

     2018  年度上半期の       銀行業務純収益         は、2017年度上半期と比べて10.2%(恒常為替レートベースでプラス

     17.7%)と大幅に増加し、1,596百万ユーロとなった。2018年上半期の運用報酬は、アセット・マネジメント収
     益のほぼ8%に匹敵する119百万ユーロに達したが、これは主に                                H2O  による好業績によるものであった。同時期
     に、ウェルス・マネジメント収益は、対前年同期比17%と著しい成長を遂げた。2018年第2四半期の純収益
     は、2017年度       第2四半期      と比べて10.2%増の819百万ユーロとなった。この増加傾向は、2018年第2四半期に31
     ベーシス・ポイント以上、または対前年同期比プラス3.3ベーシス・ポイントを示した資産運用業務の全体的な
     報酬率の改善(運用報酬を除く。)によるものである。
     2018  年度上半期の       営業費用     は、事業活動の成長に伴い、2017年度上半期と比べて3.7%増(恒常為替レートベー

     スでプラス10.5%)の1,077百万ユーロとなった。2018年度第2四半期においては、2017年度                                               第2四半期      と比べ
     て5.5%増の549百万ユーロとなった。
                              (中略)

                                  37/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       ・2018年度上半期の          費用/収益比率        は、4.3パーセンテージ・ポイント(恒常為替レートベースで4.4ポイ
        ント)改善し、67.3%となった。2018年度第2四半期においては、2017年度                                      第2四半期      と比べて3.0パー
        セ ンテージ・ポイント改善し、67.2%となった。
                              (後略)

     3.3   コーポレート・投資銀行業務:対前年同期比で1パーセンテージ・ポイント増加し17%となったROEをはじ

     めとする持続可能な価値の創造
       <訂正前>

                              (前略)

       ・ 費用/収益比率        は、2018年度上半期において2.0パーセンテージ・ポイント(                               恒常為替レート        ベースでは

        1.1  % 増 ) 上昇し、57.4%となった。2018年度第2四半期においては、当該レートは同一推移をたどり、
        57.3%(    2017  年第2四半期比で1.9パーセンテージ・ポイント                        増 ) を計上した。
                              (中略)

     グループBPCEの2018年6月30日終了期間の四半期財務諸表は、2018年                                    6 月30日に招集された役員会の承認を

     経て、2018年8月2日に招集された監査役会により認証および精査された。本「                                         7.3   経営成績に関するプレ
     ス・リリース」        に記載されている経営成績は、法定監査役によるレビューを受けていない。
       <訂正後>

                              (前略)

       ・ 費用/収益比率        は、2018年度上半期において               対前年同期比で        2.0パーセンテージ・ポイント(                恒常為替

        レート   ベースでは1.1       ポイント     増 ) 上昇し、57.4%となった。2018年度第2四半期においては、当該レー
        トは同一推移をたどり、57.3%(                2017  年第2四半期比で1.9パーセンテージ・ポイント                        増 ) を計上した。
                              (中略)

     グループBPCEの2018年6月30日終了期間の四半期財務諸表は、2018年                                    7 月30日に招集された役員会の承認を

     経て、2018年8月2日に招集された監査役会により認証および精査された。本「                                         7.3   経営成績に関するプレ
     ス・リリース」        に記載されている経営成績は、法定監査役によるレビューを受けていない。
     免責事項


       <訂正前>

                              (前略)

     グループBPCE以外の当事者に関する情報または外部の情報源から入手された本                                        「 7.3   経営成績に関するプレ

     ス・リリース」        の情報は、独立検証の対象ではない。拡大当行グループは、かかる第3者の情報についていか
     なる言及も約束も行わず、本               「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                     の情報または意見の正確性、公正
     性、精密性、または完全性についての保証も一切提供しない。グループBPCEおよびその代表者はいずれも、作
     為もしくは不作為、または              本 「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                    、本  「 7.3   経営成績に関するプレ
     ス・リリース」        の内容または本        「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                    において言及される書類または情
     報の使用により被った損害に関して責任を有                      する  ものとする。
                                  38/141



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2018  年6月30日終了期間に関して、本                 「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                    で開示される財務情報は、
     IFRSガイドライン(欧州連合に採択された。)に準拠して作成されている。かかる財務情報は、中間                                                   略式  財務
     諸表  (IAS第34号「期中財務報告」において定義される。)に                             準拠している       。
                              (中略)

     グループBPCEの2018年6月30日終了期間の四半期財務諸表は、2018年                                    6 月30日に招集された役員会の承認を

     経て、2018年8月2日に招集された監査役会により認証および精査された。当経営成績は、法定監査役が行
     う限定的なレビューの対象である。
       <訂正後>

                              (前略)

     グループBPCE以外の当事者に関する情報または外部の情報源から入手された本                                        「 7.3   経営成績に関するプレ

     ス・リリース」        の情報は、独立検証の対象ではない。拡大当行グループは、かかる第3者の情報についていか
     なる言及も約束も行わず、本               「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                     の情報または意見の正確性、公正
     性、精密性、または完全性についての保証も一切提供しない。グループBPCEおよびその代表者はいずれも、作
     為もしくは不作為、または、本                「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                    の内容または本        「 7.3   経営成績
     に関するプレス・リリース」               において言及される書類または情報の使用により被った損害に関して責任を有                                        し
     ない  ものとする。
     2018  年6月30日終了        会計  期間に関して、本         「 7.3   経営成績に関するプレス・リリース」                    で開示される財務情報

     は、IFRSガイドライン(欧州連合に採択された。)に準拠して作成されている。かかる財務情報は、                                                   要約  中間
     財務  書類  (IAS第34号「期中財務報告」において定義される。)に                             相当する    。
                              (中略)

     グループBPCEの2018年6月30日終了期間の四半期財務諸表は、2018年                                    7 月30日に招集された役員会の承認を

     経て、2018年8月2日に招集された監査役会により認証および精査された。当経営成績は、法定監査役が行
     う限定的なレビューの対象である。
     代替的な業績測定値-非経済的項目および特別損益項目

       <訂正前>

     (単位:百万ユーロ)

                                           2018  年上半期        2017  年上半期
                              (中略)

     (単位:百万ユーロ)


                                          2018  年第2四半期        2017  年第2四半期
                              (後略)

       <訂正後>


                                  39/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                                                     2017  年上半期

     (単位:百万ユーロ)
                                           2018  年上半期         (試算)
                              (中略)

                                                    2017  年第2四半期


     (単位:百万ユーロ)
                                          2018  年第2四半期          (試算)
                              (後略)

                                  40/141
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

     手法に   対 する注記

       <訂正後>

     手法に   関 する注記

     試算による四半期の経営成績の表示

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年1月1日以降、グループBPCEは、欧州連合によって採択されたIFRS                                     第9号    を 金融商品に適用してき

     た。拡大当行グループは、過去の会計年度に関する比較数値を再表示しないという同基準によって提供され
     たオプションを使用する選択肢を選択した。その結果、金融商品に関して、2018年度に関する数値と併せて
     表示される2017年度の比較数値は、IAS                     第39号に定める規定に従って               今後も   作成され     るものとする       。
     2017  年度第1四半期の業績が公表された際、拡大当行グループの                               単一破綻処理基金         に対する拠出金として認

     識された金額は、試算に基づいていた。2017年度第2四半期の実現金額の通知後、2017年度第1四半期の営
     業 利益  として認識されたSRF            の金額は、合計で3百万ユーロ増加した。2018年度に関する                                SRFの拠出金の最
     終的な金額は、2018年度第1四半期の業績として認識される。
       <訂正後>

                              (前略)

     2018  年1月1日以降、グループBPCEは、欧州連合によって採択されたIFRS                                    第9号   「 金融商品     」 に適用してき

     た。拡大当行グループは、過去の会計年度に関する比較数値を再表示しないという同基準によって提供され
     たオプションを使用する選択肢を選択した。その結果、金融商品に関して、2018年度に関する数値と併せて
     表示される2017年度の比較数値は、IAS                     第39号に定める規定に従って作成され                   ている   。
     2017  年度第1四半期の業績が公表された際、拡大当行グループの                               単一破綻処理基金         に対する拠出金として認

     識された金額は、試算に基づいていた。2017年度第2四半期の実現金額の通知後、2017年度第1四半期の営
     業 費用  として認識されたSRF            の金額は、合計で3百万ユーロ増加した。2018年度に関する                                SRFの拠出金の最
     終的な金額は、2018年度第1四半期の業績として認識される。
     銀行業務純収益

       <訂正前>

     顧客純   受取利息     (規制上の住宅貯蓄制度を除く。)は、顧客取引から稼得した利息(中央集中型の貯蓄商品

     (リヴレA、リヴレ・デブロプマンおよびリヴレ・エパーニュ・ロジュマンの通帳式預金口座)に係る純受取
     利息に加え、規制住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)を基礎として算出される。
     中央集中型の貯蓄に係る             純受取利息      は、手数料として組み込まれている。
                                  41/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正後>

     顧客純   受取利息     (規制上の住宅貯蓄制度を除く。)は、顧客取引から稼得した利息(中央集中型の貯蓄商品

     (リヴレA、リヴレ・デブロプマン                  ・デュラブル       およびリヴレ・エパーニュ・ロジュマンの通帳式預金口座)
     に係る純受取利息に加え、規制住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)を基礎として算出され
     る。
     中央集中型の貯蓄に係る             純受取利息      は、手数料として組み込まれている。
     営業費用

       <訂正前>

     営業費用は、「営業費用」(2017年度有価証券報告書におけるグループBPCEの連結財務書表に付帯する注記

     6.6に記載される。)と「有形                ・ 無形  固定  資産  に係る   減価償却     費 、償却   費 および減損      費用  」との合計に一致す
     る。
       <訂正後>

     営業費用は、「営業費用」(2017年度有価証券報告書におけるグループBPCEの連結財務書表に付帯する注記

     6.6に記載される。)と「有形               固定資産および        無形資産     の 減価償却、償却および減損」との合計に一致する。
     リ スクコスト

       <訂正前>

     リ スクコストは、べーシス・ポイントで表示され、事業ラインごとのリスクのレベルを                                            借入  金残高に対する

     割合として測定する。これは、期間の信用リスクに関して計上された引当金の純額と、期首時点における顧
     客ローンの残高の総額とを比較することで計算される。
       <訂正後>

     リ スクコストは、べーシス・ポイントで表示され、事業ラインごとのリスクのレベルを                                            貸付  金残高に対する

     割合として測定する。これは、期間の信用リスクに関して計上された引当金の純額と、期首時点における顧
     客ローンの残高の総額とを比較することで計算される。
       <訂正前>

     適 性 資本

     普通株式等      Tier-1   は、適用あるCRR/CRD            IVのルールに従って決定される。                 完全所有持分       は、移行措置を適用
     することなく表示される。
     追加の   Tier-1   資本  については、非適格となり、現在有効な段階的廃止の比率における上限が適用される劣後
     債務  に関する問題       を考慮する。
     レバレッジ比率        は、移行措置を適用することなく、欧州委員会により2014年10月10日付で公表された                                            「 委任
     行為」   規則を使用して算出される。清算機関によって実行された有価証券                                  資金調達業務       は、IAS第32号に定め
     る基準に基づき、満期および通貨の基準を考慮することなく相殺される。欧州連合一般裁判所により下され
     た2018年7月13日付の決定に続いて、グループBPCEは,ECBに対し、当該比率の分母の計算から規制対象貯蓄
     の集中管理された残高を除外することに関する合意を再度要求した。
       <訂正後>

                                  42/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     適 正 資本
     普通株式等      Tier-1   は、適用あるCRR/CRD            IVのルールに従って決定される。                 資本  は、移行措置を適用すること
     なく  完全実施基準で        表示される。
     その他   Tier-1   資本  については、非適格となり、現在有効な段階的廃止の比率における上限が適用される劣後
     債務  の発行   を考慮する。
     レバレッジ比率        は、移行措置を適用することなく、欧州委員会により2014年10月10日付で公表された委任                                              法
     令の  規則を使用して算出される。清算機関によって実行された有価証券                                  金融取引     は、IAS第32号に定める基準
     に基づき、満期および通貨の基準を考慮することなく相殺される。欧州連合一般裁判所により下された2018
     年7月13日付の決定に続いて、グループBPCEは,ECBに対し、当該比率の分母の計算から規制対象貯蓄の集中
     管理された残高を除外することに関する合意を再度要求した。
     総損失吸収力

       <訂正前>

                              (前略)

     ・適用あるCRR/CRD          IVのルールに従った          追加的   Tier-1資本、

                              ( 中 略)

        - 普通株式等として認識されない                追加的   Tier-1資本証券(すなわち、段階的廃止を含む。)、

                              ( 後 略)

       <訂正後>

                              (前略)

     ・適用あるCRR/CRD          IVのルールに従った          その他   Tier-1資本、

                              ( 中 略)

        - 普通株式等として認識されない                その他   Tier-1資本証券(すなわち、段階的廃止を含む。)、

                              ( 後 略)

     流動性

       <訂正前>

     流動性準備の合計         は、以下から構成される。

     ・以下を含む、中央銀行適格資産。
        - ECB  評価(ECBによる減額後)において、                   LCR  に不適格な      ECB  適格有価証券
        - 利用可能かつ       ECB評価(ECBによる減額後)において                    ECB適格とされる保有有価証券(証券化およびカ
         バードボンド)
                              (中略)

     ・ LCR評価において         拡大当行グループのLCR準備を構成するLCR適格資産

                              (中略)

     短期資金調達       は、当初満期日が1年以下の資金調達                   に相当   する。

     中・長期債務       の短期満期      は、当初満期日が1年超であり、かつその満期日が翌12ヶ月以内に到来する                                       資金調
     達に相当     する。
     拡大当行グループ         の 預貸率(顧客預金に対する貸出金の割合)                      は、分子を顧客への貸出金および中央集中型
     の規制   預金通帳上の預金         勘定とし、分母を顧客預金としたときの比率である。計算の範囲において、SCF(                                          コ
                                  43/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエ                        、 拡大当行グループ         の ソシエテ・      デ ・ クレディ・フォンシエ
     およびフランスのカバード・ボンドの発行体)は除かれる。これらの                                    事 項は、持分      方式  を利用して保険事業
     体 を会計処理後、        拡大当行グループ         の会計上の      貸借対照表から取得される。
     顧客預金は、以下の調整に服する。
        ・ バンク・     ポピュレールおよびケス・デパーニュ                    の顧客と     のリテール・バンキング・ネットワークに
         よる追加の有価証券           の発行    、および顧客預金に相当する取引相手方とともに実行する一定の                                   オペ
         レーション
        ・ナティクシスが自らの仲介業務を追求するなかで                           回収  した、特定の金融顧客により保有される短期
         預金の引出し
       <訂正後>

     流動性準備の合計         は、以下から構成される。

     ・以下を含む、中央銀行適格資産。
        - LCR  の適用要件を満たさない             ECB  適格有価証券       のECBによる評価額(ECBのヘアカット適用後)
        - 利用可能かつECB適格とされる保有有価証券(証券化およびカバードボンド)                                         のECBによる評価額
         (ECBのヘアカット適用後)
                              (中略)

     ・拡大当行グループのLCR準備を構成するLCR適格資産                            のLCRにおける評価額

                              (中略)

     短期資金調達       に は、当初満期日が1年以下の資金調達                   が該当   する。

     短期満期の      中・長期債務       に は、当初満期日が1年超であり、かつその満期日が翌12ヶ月以内に到来する                                       債務
     が該当   する。
     拡大当行グループ         の 預貸率(顧客預金に対する貸出金の割合)                      は、分子を顧客への貸出金および中央集中型

     の規制   対象通帳式貯蓄        勘定とし、分母を顧客預金としたときの比率である。計算の範囲において、SCF(                                          拡大
     当行グループ       の ソシエテ・      ドゥ  ・ クレディ・フォンシエ            およびフランスのカバード・ボンドの発行体                       である
     コンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエ                          )は除かれる。これらの項              目 は、持分     法 を利用して保険事
     業体を会計処理後、          拡大当行グループ         の会計上の      貸借対照表から取得される。
     顧客預金は、以下の調整に服する。
        ・ポピュレール        銀行  およびケス・デパーニュ             (貯蓄銀行)       のリテール・バンキング・ネットワークに
         よ り顧客に発行され         る追加の有価証券、および顧客預金に相当する取引相手方とともに実行する一
         定の  取引
        ・ナティクシスが自らの仲介業務を追求するなかで                           集客  した、特定の金融顧客により保有される短期
         預金の引出し
     貸付金残高および預金・貯蓄

       <訂正前>

     帳簿上の残高から運用残高への移管についての修正再表示(貸付金および預金・貯蓄)は、次の通りであ

     る。
     預金・貯蓄:運用残高の範囲からは、債務証券(預金証書および貯蓄債券)は除かれる。
     貸付金残高:運用残高の範囲からは、顧客貸付金および                            受取債券     として分類される有価証券              および   その他の金
     融 オペレーションとみなされる               有価証券は除かれる。
       <訂正後>

     帳簿上の残高から運用残高への移管についての修正再表示(貸付金および預金・貯蓄)は、次の通りであ

     る。
                                  44/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ・ 預金・貯蓄:運用残高の範囲からは、債務証券(預金証書および貯蓄債券)は除かれる。
     ・ 貸付金残高:運用残高の範囲からは、顧客貸付金および                            債権  として分類される有価証券              ならびに     その他の金
      融 取引として分類される           有価証券は除かれる。
    次へ


                                  45/141


















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     7.4   BPCE   S.A.  グループ     の財務データ
       <訂正前>

                              (前略)

     百万ユーロ                                                2018  年度上半期

                                (1)

     異なる方法のもとでの          連結対象外企業または連結対象企業                                          -1,127
                              (中略)

                   リテール・バンキング
                                                        BPCE  S.A.
                            アセット&ウェルスマ        コーポレート・投資銀          コーポレート・
                         *
                              ネジメント         行業務        センター
                                                        グループ
                     および保険
                        2017  年度       2017  年度       2017  年度       2017  年度       2017  年度
     百万ユーロ               2018  年度   上半期   2018  年度   上半期   2018  年度   上半期   2018  年度   上半期   2018  年度   上半期
                     上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算
                            (中略)

     持分法   で 会計処理   される   関連会社の純                                          115    123
                                                    110
     利益に対する持分                  ▶    8    0    0    6    5   105
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     百万ユーロ                                                2018  年度上半期

                                (1)

     連結対象外企業または          会計処理方法の異なる          連結対象企業                               -1,127
                              (中略)

                   リテール・バンキング
                                                        BPCE  S.A.
                            アセット&ウェルスマ        コーポレート・投資銀          コーポレート・
                         *
                              ネジメント         行業務        センター
                                                        グループ
                     および保険
                        2017  年度       2017  年度       2017  年度       2017  年度
     百万ユーロ               2018  年度   上半期   2018  年度   上半期   2018  年度   上半期   2018  年度   上半期   2018  年度   2017  年度
                     上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算   上半期    上半期
                            (中略)

     持分法   により   会計処理   をしている    関連                                      115    123
                                                    110
     会社の純利益に対する持分                  ▶    8    0    0    6    5   105
                              (後略)
     7.5   対象期間後の事由

       <訂正前>

                              (前略)

     -  新規貸付は拡大当行グループ各社に                  おいて再編される         (ポピュレール銀行傘下銀行およびケス・デパー

      ニュ(貯蓄銀行)         の個人金融      、公営住宅      について     はケス・デパーニュ(貯蓄銀行)およびポピュレール銀
      行傘下銀行      の法人金融      、また、プロジェクト・ファイナンスおよびインフラストラクチャーについてはナ
      ティクシス)。
                              (中略)

                                  46/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     -  クレディ・フォンシエは、拡大当行グループがコンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエを通じて
      実施する公共部門の資産のための資金提供および現在未返済となっている貸付の管理に再び重点を置く。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     -  新規貸付は拡大当行グループ各社に(                   個人向け金融は        ポピュレール銀行傘下銀行およびケス・デパーニュ

      (貯蓄銀行)       へ 、公営住宅      向けの法人向け金融          はケス・デパーニュ(貯蓄銀行)およびポピュレール銀行
      傘下銀行     へ 、また、プロジェクト・ファイナンスおよびインフラストラクチャーについてはナティクシス
      へ ) 再編される      。
                              (中略)

     -  クレディ・フォンシエは、拡大当行グループが                        組成し   コンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエを

      通じて実施する公共部門の資産のための資金提供および現在未返済となっている貸付                                            金 の管理に再び重点
      を置く。
                              (後略)

                                  47/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     7.6   見通し
     経済見通し

       <訂正前>

     2018  年下半期および2019年は、サイクルの適切な動きが少なくともサイクルを減速させるおそれのある出来

     事に直面する。賃金上昇に伴う新たなインフレの影響が懸念される中、イランに対する禁輸措置の延長によ
     り均衡原油価格は当然上昇した(2018年は1バレル75ドル、2019年は1バレル85ドル)。ブレグジット後、
     イタリアは再びユーロ圏崩壊をめぐる不安材料となった。海外では、主として米中間の貿易戦争、さらにカ
     ナダや欧州との貿易戦争の脅威がより明白になりつつある。また、米国が連邦準備制度理事会の予想しな
     かった追加金融引締めや拡大性のあるボンドクラッシュに繋がりかねないインフレの影響を受けるととも
     に、中国が過度の民間債務による普遍的な金融リスクに悩まされ、米国と中国のサイクルが突如停止するリ
     スクが依然として存在する。さらに、周期的なインフレの再発および2019年10月31日に見込まれるマリオ・
     ドラギの任期終了のために、金融政策は以前よりも予測しづらくなった感がある。多額の債務を負っている
     世界経済は、緊張状態を悪化させることなく、激しいインフレが生じるリスクを抑制する秩序ある減速期
     (2019年初めに        明確に宣言される         と思われる。)に入ると予想される。
     フランスは、その構造的弱点により本来の勢いが抑えられているため、世界の経済情勢に引き続き大きく依

     存している。したがって、世界経済および欧州経済の鈍化は、専らフランス経済の軌道に影響を及ぼす可能
     性がある。但し、景気調査によれば、こうした景気減速が一段と激しくなっている様子はない。建設以外の
     すべての産業分野で明らかに景気が下向いているが、注視している各種指標はその長期平均値をまだ上回っ
     ている。2018年下半期は小幅に反発                  し 、通年の成長率が2019年に年1.4%とより大きく減速する                             前に1.7%程
     度となる可能性すらある             。雇用創出(2018年は183,000の職)はサービス部門を中心に好調を維持すると見込
     まれるが、経済活動を受けて鈍化する可能性がある。この数ヶ月は物価上昇が見られたが、消費は、好調な
     企業収益、堅調な雇用創出数や賃上げの可能性などの様々な理由によるインフレ率の上昇(2018年-2019年
     は年平均で約1.8%)にかかわらず、2018年下半期および2019年に若干持ち直す見通しである。購買力は、従
     業員拠出額の減少や住宅減税により特に2018年の最終四半期に増大すると予想される。また、採用難は、製
     造業の生産能力(1976年-2017年の平均値(82.5%)と比べて高い(85%超)。)への圧力と同じく、企業
     の投資意欲をさらに掻き立てるものと予想される。現在の融資条件も金利圧力の小ささから極めて有利にな
     ると見込まれる。
                              (後略)

       <訂正後>

     2018  年下半期および2019年は、サイクルの適切な動きが少なくともサイクルを減速させるおそれのある出来

     事に直面する。賃金上昇に伴う新たなインフレの影響が懸念される中、イランに対する禁輸措置の延長によ
     り均衡原油価格は当然上昇した(2018年は1バレル75ドル、2019年は1バレル85ドル)。ブレグジット後、
     イタリアは再びユーロ圏崩壊をめぐる不安材料となった。海外では、主として米中間の貿易戦争、さらにカ
     ナダや欧州との貿易戦争の脅威がより明白になりつつある。また、米国が連邦準備制度理事会の予想しな
     かった追加金融引締めや拡大性のあるボンドクラッシュに繋がりかねないインフレの影響を受けるととも
     に、中国が過度の民間債務による普遍的な金融リスクに悩まされ、米国と中国のサイクルが突如停止するリ
     スクが依然として存在する。さらに、周期的なインフレの再発および2019年10月31日に見込まれるマリオ・
     ドラギの任期終了のために、金融政策は以前よりも予測しづらくなった感がある。多額の債務を負っている
                                  48/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     世界経済は、緊張状態を悪化させることなく、激しいインフレが生じるリスクを抑制する秩序ある減速期
     (2019年初めに        かなり顕著になる         と思われる。)に入ると予想される。
     フランスは、その構造的弱点により本来の勢いが抑えられているため、世界の経済情勢に引き続き大きく依

     存している。したがって、世界経済および欧州経済の鈍化は、専らフランス経済の軌道に影響を及ぼす可能
     性がある。但し、景気調査によれば、こうした景気減速が一段と激しくなっている様子はない。建設以外の
     すべての産業分野で明らかに景気が下向いているが、注視している各種指標はその長期平均値をまだ上回っ
     ている。2018年下半期は小幅に反発                  する可能性すらあると考えており                 、 その場合2018年の         通年の成長率       は
     1.7%程度となる         が 、 2019年に年1.4%とより大きく減速する                    ことになる      。雇用創出(2018年は183,000の職)
     はサービス部門を中心に好調を維持すると見込まれるが、経済活動を受けて鈍化する可能性がある。この
     数ヶ月は物価上昇が見られたが、消費は、好調な企業収益、堅調な雇用創出数や賃上げの可能性などの様々
     な理由によるインフレ率の上昇(2018年-2019年は年平均で約1.8%)にかかわらず、2018年下半期および
     2019年に若干持ち直す見通しである。購買力は、従業員拠出額の減少や住宅減税により特に2018年の最終四
     半期に増大すると予想される。また、採用難は、製造業の生産能力(1976年-2017年の平均値(82.5%)と
     比べて高い(85%超)。)への圧力と同じく、企業の投資意欲をさらに掻き立てるものと予想される。現在
     の融資条件も金利圧力の小ささから極めて有利になると見込まれる。
                              (後略)

                                  49/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第6【経理の状況】

     1【中間財務書類】

     BPCE   S.A.グループの連結財務書類2018年6月30日現在
     中間財務書類

     5.3   BPCE      S.A.グループの連結財務書類 2018年6月30日現在
     5.3.3     包括利益
     IAS  第39号に準拠して作成した2017事業年度上半期のデータ

       <訂正前>

                                               20 17 事業年度上半期

                                               百万ユーロ           百万円

                              (中略)

     関連会社のその他の包括利益に直接認識される利得および損失に対する持分のう

     ち純損益に    振り替えら    れる可能性のあるもの                                    (20)        (2 ,621)
                              (後略)

       <訂正後>

                                               20 17 事業年度上半期

                                               百万ユーロ           百万円

                              (中略)

     関連会社のその他の包括利益に直接認識される利得および損失に対する持分のう
     ち純損益に    再分類さ   れる  可能性のあるもの                                   (20)        (2 ,621)
                              (後略)

    次へ

                                  50/141







                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
     5.3.4      持分   変動計算書

       <訂正前>

                 株式資本および資本剰余金                           その他の包括利益に直接認識される利得および損失

                                      純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                   (1)     (1)
     百万ユーロ            株式資本     資本剰余金       後債  利益剰余金    為替換算調整額       金融資産      資産   価値の変動    金融 商品       額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

                                            (後略)

       <訂正後>

                                                51/141





                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
                 株式資本および資本剰余金                           その他の包括利益に直接認識される利得および損失
                                      純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                   (1)     (1)
     百万ユーロ            株式資本     資本剰余金       後債  利益剰余金    為替換算調整額       金融資産      資産   価値の変動    金融 資産       額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

                                            (後略)

                                                52/141








                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
       <訂正前>

                 株式資本および資本剰余金                           その他の包括利益に直接認識される利得および損失

                                      純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                   (1)     (1)
     百万 円          株式資本     資本剰余金       後債  利益剰余金    為替換算調整額       金融資産      資産   価値の変動    金融 商品       額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

     201 8年 6 月3 0日現在株主持分         20,707     1,654,633     89,514    604,973     19,921     117,954     117,954     (37,221)     (16,776)     (5,636)     (14,023)     69,855    2,507,309     865,258    3,372,567

                                            (後略)

       <訂正後>

                                                53/141





                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
                 株式資本および資本剰余金                           その他の包括利益に直接認識される利得および損失
                                      純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                   (1)     (1)
     百万 円          株式資本     資本剰余金       後債  利益剰余金    為替換算調整額       金融資産      資産   価値の変動    金融 資産       額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

     201 8年 6 月3 0日現在株主持分         20,707     1,654,633     89,514    604,973     19,921      3,408    117,954     (37,221)     (16,776)     (5,636)     (14,023)     69,855    2,507,309     865,258    3,372,567

                                            (後略)

    次へ

                                                54/141






                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
      5.3.5     連結キャッシュ・フロー計算書

       <訂正前>

                                         201 8事業年度上半期        201 7事業年度上半期

                                        百万ユーロ       百万円   百万ユーロ       百万円

                              (中略)

      投資活動   の 正味  利得/損失                               (378)    (49,541)      (254)    (33,289)

                              (中略)

      為替レート変動の影響額(D)-            非 継続事業                         405    53,079     (1,078)     (141,283)

                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                                         201 8事業年度上半期        201 7事業年度上半期

                                        百万ユーロ       百万円   百万ユーロ       百万円

                              (中略)

      投資活動   による   正味  キャッシュ・フロー                             (378)    (49,541)      (254)    (33,289)

                              (中略)

      為替レート変動の影響額(D)-継続事業                                     405    53,079     (1,078)     (141,283)

                              (中略)

                              (後略)

                                  55/141







                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     5.3.6     IFRS第9号の初度適用

     1.  IFRS   第9号の2018年1月1日付け適用の影響

     分類および測定

       <訂正前>

     IAS第39号に基づき償却原価で測定されていた大部分の金融資産は、IFRS第9号に基づき償却原価で測定するための条件を引き続き充

     足する。同様にIAS第39に基づき公正価値で測定されていた大部分の金融資産(売却可能金融資産および                                           準 損益を通じて公正価値で測
     定する金融資産)もIFRS第9号に基づき引き続き公正価値で測定される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき償却原価で測定され、貸付金および債権として分類されていた特定の金融商品。これらの金融商品は契約上の
       キャッシュ・フローが元本および元               品 残高に対する利息の支払いのみから構成されないためIFRS第9号のもとでは純損益を通じて
       公正価値で認識される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき純損益を通じて公正価値で測定                     すると指定     され  た 金融資産(公正価値オプション)として分類される一方で、
       IFRS第9号のもとではトレーディングの事業モデルの一部とみなされたレポ取引は、純損益を通じて公正価値で資産に認識され
       る。
                              (後略)
       <訂正後>

     IAS第39号に基づき償却原価で測定されていた大部分の金融資産は、IFRS第9号に基づき償却原価で測定するための条件を引き続き充

     足する。同様にIAS第39          号 に基づき公正価値で測定されていた大部分の金融資産(売却可能金融資産および                                  純 損益を通じて公正価値で
     測定する金融資産)もIFRS第9号に基づき引き続き公正価値で測定される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき償却原価で測定され、貸付金および債権として分類されていた特定の金融商品。これらの金融商品は契約上の
       キャッシュ・フローが元本および元               本 残高に対する利息の支払いのみから構成されないためIFRS第9号のもとでは純損益を通じて
       公正価値で認識される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき純損益を通じて公正価値で測定され                       る 金融資産(公正価値オプション)として分類される一方で、IFRS第9号
       のもとではトレーディングの事業モデルの一部とみなされたレポ取引は、純損益を通じて公正価値で資産に認識される。
                              (後略)
     減損

       <訂正前>

                              (前略)

     IFRS第9号は、企業がIAS第39号より早い段階での(すなわち当該金融商品の当初認識日から)減損の認識を要求する。したがって新
     IFRS第9号の引当金        設 設定モデルの適用は、償却原価によって純損益への事後的分類変更が可能なその他の包括利益を通じて公正価値
     によって計上される貸付金および有価証券に係る減損金額ならびに供与している金融コミットメント、保証コミットメント(純損益を
     通じて公正価値で計上されるものは除かれる。)およびリース債権に係る減損金額の増加につながる。
     新 ら たな引当金設定モデルの実施に伴うIFRS第9                   条 の初度適用が期首株主         資本  に与えた影響額は、税引前でマイナス504百万ユーロ
     (税  効果考慮    後:マイナス341百万ユーロ)であった。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

                                  56/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     IFRS第9号は、企業がIAS第39号より早い段階での(すなわち当該金融商品の当初認識日から)減損の認識を要求する。したがって新
     IFRS第9号の引当金設定モデルの適用は、償却原価によって                         または   純損益への事後的分類変更が可能なその他の包括利益を通じて公正
     価値によって計上される貸付金および有価証券に係る減損金額ならびに供与している金融コミットメント、保証コミットメント(純損
     益 を通じて公正価値で計上されるものは除かれる。)およびリース債権に係る減損金額の増加につながる。
     新たな引当金設定モデルの実施に伴うIFRS第9                    号 の初度適用が期首株主         持分  に与えた影響額は、税引前でマイナス504百万ユーロ(税
     引 後:マイナス341百万ユーロ)であった。
                              (後略)
    次へ

                                  57/141


















                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
       <訂正前>

                                             (前略)

     資産                    IAS 第39号に基づ     保険業務関連       再分類     再分類後合計          変更の影響        IFRS 第9号に基づく貸                         資産

                          く貸借対照表                                   借対照表(2018年1月
     (百万ユーロ)                                                                              (百万ユーロ)
                         (2017年12月31日                                      1日現在)
                                                   (1)        (2)
     IAS 第39号                                                                               IFRS 第9号
                                                 評価    信用損失の評価調整
                           現在)
                                             (中略)

     資産合計                      759,620                  759,620              (419)      759,425                     資産合計
                                             (後略)

       < 訂正後   >

                                             (前略)

     資産                    IAS 第39号に基づ     保険業務関連       再分類     再分類後合計          変更の影響        IFRS 第9号に基づく貸                         資産

                          く貸借対照表                                   借対照表(2018年1月
     (百万ユーロ)                                                                              (百万ユーロ)
                         (2017年12月31日                                      1日現在)
                                                   (1)        (2)
     IAS 第39号                                                                               IFRS 第9号
                                                 評価    信用損失の評価調整
                           現在)
                                             (中略)

     資産合計                      759,620                  759,620      224        (419)      759,425                     資産合計
                                             (後略)

                                                58/141




                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
       <訂正前>

     負債                    IAS 第39号に基づ     保険業務関連       再分類     再分類後合計          変更の影響        IFRS 第9号に基づく貸                         負債

                          く貸借対照表                                   借対照表(2018年1月
     (百万ユーロ)                                                                              (百万ユーロ)
                         (2017年12月31日                                      1日現在)
                                                   (1)        (2)
     IAS 第39号                                                                               IFRS 第9号
                                                 評価    信用損失の評価調整
                           現在)
                                             (中略)

     売却目的で保有する      非流動  資産に関連する負債                                                               売却目的で保有する非流動資産に関する負債
                             717                  717                    717
                                             (中略)

                                             (後略)

       <訂正後>

     負債                    IAS 第39号に基づ     保険業務関連       再分類     再分類後合計          変更の影響        IFRS 第9号に基づく貸                         負債

                          く貸借対照表                                   借対照表(2018年1月
     (百万ユーロ)                                                                              (百万ユーロ)
                         (2017年12月31日                                      1日現在)
                                                   (1)        (2)
     IAS 第39号                                                                               IFRS 第9号
                                                 評価    信用損失の評価調整
                           現在)
                                             (中略)

     売却目的で保有する資産に関連する負債                                                                 売却目的で保有する非流動資産         および非継続事業     に関する負債
                             717                  717                    717
                                             (中略)

                                             (後略)

    次へ

                                                59/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.  IAS第39号およびIFRS第9号間の資産・負債区分別再分類の概要
     金融資産
       <訂正前>

                                                   2018 年1月1日

     IAS 第39号のもとでの金融資産                  IFRS 第9号のもとでの区分
                                            注記
                                               IAS 第39号のもとで      IFRS 第9号のもと
                                                の帳簿価額       での帳簿価額
                                                (百万ユーロ)       (百万ユーロ)
                              (中略)

        貸付金および債権                 その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産                                   25
                        償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権                            32       2
                              (中略)
     合計                                             7,59,620       759,425
                              (中略)
     (b)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定と指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた変動利付証券                                                242 百万
      ユーロが   IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。
     (c)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定すると指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されてきた貸付金および債
      権 2,421  百万ユーロが     IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。貸付金および債権2,397百万ユーロ
      が、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとで「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に再分類された。
                              (中略)
     (e)  IAS 第39号のもとで「売却可能金融資産」として分類された負債性金融商品15百万ユーロがSPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとでは
      「純損益を通じて公正価値で測定            の 金融資産」に分類された。
     (f)  主に手元流動性の有価証券ポートフォリオに該当する、回収および売却目的保有の事業モデルの中で管理されている負債性金融商品14,025百万ユーロ
      がIFRS第9号のもとでは「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類された。この再分類は期首株主持分に何ら影響を与
      えなかった。
      IAS 第39号のもとで「売却可能金融資産」として分類されていた負債性金融商品2,546百万ユーロがIFRS第9号のもとで償却原価で測定される資産とし
      て再分類された。当該再分類は期首株主持分に                 何ら  影響を与えなかった。
                              (中略)
     (j) これらは、IAS第39号のもとで「貸付金および債権」に分類されていた                         貸付金および債権      であるが、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもと
      で47百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類されている。
                              (中略)
     分類変更および新規引当金規則の実施の影響は本財務類                       書 のセクション5.3.6        §1に記載されている         。
       <訂正後>

                                                   2018 年1月1日

     IAS 第39号のもとでの金融資産                  IFRS 第9号のもとでの区分
                                            注記
                                               IAS 第39号のもとで      IFRS 第9号のもと
                                                の帳簿価額       での帳簿価額
                                                (百万ユーロ)       (百万ユーロ)
                              (中略)

        貸付金および債権                 その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産                            32       25
                        償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権                                   2
                              (中略)
     合計                                             759,620       759,425
                              (中略)
     (b)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定          する  と指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた変動利付証券                                      242
      百万ユーロが     IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。
     (c)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定すると指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されてきた貸付金および債
      権 2,421  百万ユーロが     IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。貸付金および債権2,397百万ユーロ
      が、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとで「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産                                      」 に再分類された。
                                  60/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     (e)  IAS 第39号のもとで「売却可能金融資産」として分類された負債性金融商品15百万ユーロがSPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとでは
      「純損益を通じて公正価値で測定            する  金融資産」に分類された。
     (f)  主に手元流動性の有価証券ポートフォリオに該当する、回収および売却目的保有の事業モデルの中で管理されている負債性金融商品14,025百万ユーロ
      がIFRS第9号のもとでは「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類された。この再分類は期首株主持分に何ら影響を与
      えなかった。
      IAS 第39号のもとで「売却可能金融資産」として分類されていた負債性金融商品2,546百万ユーロがIFRS第9号のもとで償却原価で測定される資産とし
      て再分類された。当該再分類は期首株主持分に                 重要な  影響を与えなかった。
                              (中略)
     (j) これらは、IAS第39号のもとで「貸付金および債権」に分類されていた                         負債性金融商品      であるが、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとで
      47百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類されている。
                              (中略)
     分類変更および新規引当金規則の実施の影響は本財務                      書 類のセクション5.3.6         §1に記載されている。
                                  61/141
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     金融負債

       <訂正前>

                              (前略)

     (a)  IAS 第 39 号のもとで「純損益を通じて公正価値で測定                に 指定された金融負債」に分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた買戻し条
      件付売却有価証券は、        IFRS  第9号のもとでは34,966百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類されている。
                              ( 後略  )
       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     (a)  IAS 第 39 号のもとで「純損益を通じて公正価値で測定                すると  指定された金融負債」に分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた買戻
      し条件付売却有価証券は、          IFRS  第9号のもとでは34,966百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類されている。
                              (後略)
                                  62/141















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.  予想信用損失の減損または引当金に対する適用変更の影響

       <訂正前>

                              (前略)

                             IAS 第39号        再分類       IFRS  第9号の       IFRS  第9号

     減損および引当金の調整表(百万ユーロ               )
                            のもとでの減損                   影響      のもとでの減損
                            または引当金                         または引当金

                              (中略)

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性                            59        (58)         11        12

     金融商品でその後に純損益に分類可能なもの
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

                             IAS 第39号        再分類       IFRS  第9号の       IFRS  第9号

     減損および引当金の調整表(百万ユーロ               )
                            のもとでの減損                   影響      のもとでの減損
                            または引当金                         または引当金

                              (中略)

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する                  売却可          59        (58)         11        12

     能 負債性金融商品でその後に純損益に分類可能なもの
                              (後略)

                                  63/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記1 一般的背景

     1.2   保証の仕組

       <訂正前>

                              (前略)

     各LSCの流動性および適正自己資本は、まず個々のLSCのレベルで当該LSC                              の 株主であるケス・デパーニュ(貯蓄銀行)により保証され
     る。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     各LSCの流動性および適正自己資本は、まず個々のLSCのレベルで当該LSC                              が 株主であるケス・デパーニュ(貯蓄銀行)により保証され
     る。
                              (後略)
     1.4   後発事象

     グループBPCEへのクレディ・フォンシエ業務の統合プロジェクト

     当該プロジェクトの範囲および位置づけ
       <訂正前>

     BPCE監査委員会およびクレディ・フォンシエ取締役会は、それぞれ2018年6月25日および26日に、クレディ・フォンシエの事業セク

     ターおよび顧客のニーズに応える目的でクレディ・フォンシエ業務および従業員のグループBPCEへの統合プロジェクトをスタートさせ
     ることを原則的に承認した。当該プロジェクトは、クレディ・フォンシエの知識および専門的ノウハウをグループBPCE各社に統合させ
     ることに重点を置く。
                              (後略)
       <訂正後>

     BPCE監査委員会およびクレディ・フォンシエ取締役会は、それぞれ2018年6月25日および26日に、クレディ・フォンシエの事業セク

     ターおよび顧客の        新たな   ニーズに応える目的でクレディ・フォンシエ業務および従業員のグループ                               の BPCEへの統合プロジェクトをス
     タートさせることを原則的に承認した。当該プロジェクトは、クレディ・フォンシエの知識および専門的ノウハウをグループBPCE各社
     に統合させることに重点を置く。
                              (後略)
                                  64/141







                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記2 適用する会計基準および比較可能性

     2.2   会計基準

       < 訂正前   >

                              ( 前略  )

     IFRS第9号はIAS第39号を置き換えるものであり、金融資産および負債の分類および測定についての新規則、金融資産の信用リスクに
     関する新減損規則、ならびにヘッジ取引の会計処理(ただし目下IASが検討を進めている別個の会計基準が適用されることになるマク
     ロ・ヘッジは除かれる)を定める。
                              (中略)
     2017年11月3日付の規則に従って、当グループは保険部門と当グループの他の部門との間のあらゆる金融商品の移転(かかる移転を行
     えば移転企業側において認識の中止がもたらされる。)を禁止するための必要措置を実施した。ただしかかる禁止は関与する二つの部
     門が純損益を通じて公正価値で測定する金融商品を移転させる場合には適用されない。
                              (中略)
     ● 取引価格を算定する。
                              ( 後略  )
       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     IFRS第9号はIAS第39号を置き換えるものであり、金融資産および負債の分類および測定についての新規則、金融資産の信用リスクに
     関する新減損規則、ならびにヘッジ取引の会計処理(ただし目下IAS                            Bが検討を進めている別個の会計基準が適用されることになるマク
     ロ・ヘッジは除かれる)を定める。
                              (中略)
     2017年11月3日付の規則に従って、当グループは保険部門と当グループの他の部門との間のあらゆる金融商品の移転(かかる移転を行
     えば移転企業側において認識の中止がもたらされる。)を禁止するための必要措置を実施した。ただしかかる禁止は関与する二つの部
     門が純損益を通じて公正価値で測定する金融商品を移転させる場合には適用されない。
     IFRS  第9号において利用可能なオプションの下、グループBPCEは財務諸表内の比較情報として記載している過年度数値について修正再
     表示をしないこととした。
                              (中略)
     ● 全体的な    取引価格を算定する。
                              ( 後略  )
       < 訂正前   >

     IFRS  第 16 号

     IFRS第16号「リース」は、IAS第17号「リース」およびリース契約の会計処理に関連する解釈指針を置き換えるものである。当該会計
     基準は欧州     連合  によって2017年10月31日に採用された。同会計基準は2019年1月1日付で適用される。
                              (後略)
       <訂正後>

     公表済みかつ未適用の新しい基準

     IFRS  第 16 号
     IFRS第16号「リース」は、IAS第17号「リース」およびリース契約の会計処理に関連する解釈指針を置き換えるものである。当該会計
     基準は欧州     委員会   によって2017年10月31日に採用された。同会計基準は2019年1月1日付で適用される。
                              (後略)
     IFRS  第 17 号

       <訂正前>

                                  65/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (前略)
     IFRS第17号のもとでの変更の重要性に鑑み、グループBPCEの各保険会社は影響分析を開始し、2018事業年度上半期                                               は IFRS第17号が適用
     された際にあらゆる側面から同基準を理解できるよう、特別の組織的取組みを                                以下の分野で      展開した。モデリング、システムおよび組
     織の調整、財務書類の作成、インベスター・リレーションズおよび変更管理である。
       <訂正後>

                              (前略)

     IFRS第17号のもとでの変更の重要性に鑑み、グループBPCEの各保険会社は影響分析を開始し、2018事業年度上半期                                               に IFRS第17号が      以下
     の各種プロジェクトに         適用された際にあらゆる側面から同基準を理解できるよう、特別の組織的取組みを展開した。モデリング、シス
     テムおよび組織の調整、財務書類の作成、インベスター・リレーションズおよび変更管理である。
     2.3   見積および判断の行使

       <訂正前>

                              (前略)

     将来の実際の      経 結果は、これらの見積と異なる可能性がある。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     将来の実際の結果は、これらの見積と異なる可能性がある。
                              (後略)
                                  66/141











                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記3 会計方針および測定の方法

     3.1   金融資産および負債

       <訂正前>

     LIFRS第9号は、IAS第39号が引き続き適用される保険子会社を除いてグループBPCEに適用される。

       <訂正後>

     IFRS第9号は、IAS第39号が引き続き適用される保険子会社を除いてグループBPCEに適用される。

     3.1.1    金融資産の分類の原則

     分類および測定
     契約上のキャッシュ・フローの種類:SPPI(元本および利息の支払いのみ)テスト
       <訂正前>

                              (前略)

     ノンリコースローン(例:インフラ・ファイナンス型のプロジェクト・ファイナンス)は、物上担保のみによって担保されている貸付
     金である。借入人に対する求償の可能性がないのであれば、当該貸付金がSPPI資産として区分されるためには、以下のような他に可能
     な求償またはプロテクション・メカニズムのストラクチャーを貸手のために検討しなければならない。原資産の取得、担保の徴求(保
     証金、マージン・コール等)、信用補完措置の確保等である。
       <訂正後>

                              (前略)

     ノンリコースローン(例:インフラ・ファイナンス型のプロジェクト・ファイナンス)は、物上担保のみによって担保されている貸付
     金である。借入人に対する求償の可能性がないのであれば、当該貸付金がSPPI資産として区分されるためには、                                              デフォルトに際して        以
     下のような他に可能な求償またはプロテクション・メカニズムのストラクチャーを貸手のために検討しなければならない。原資産の取
     得、担保の徴求(保証金、マージン・コール等)、信用補完措置の確保等である。
     3.1.2    償却原価で測定する金融資産

       <訂正前>

     償却原価で測定する金融資産には、金融機関および顧客に対する貸付金および債権ならびに財務省証券および債券などの有価証券が含

     まれる。
                              (中略)
     新規に実行した貸付金に直接帰属する収益は、主に顧客に賦課する案件組成報酬、付替え費用およびコミットメント手数料(貸付実行
     の可能性が高い場合)である。実行に至る可能性の低い金融コミットメントについて受領したコミットメント手数料は、定額法でコ
     ミットメント期間にわたり償却される。
                              (後略)
       <訂正後>

     償却原価で測定する金融資産には、金融機関および顧客に対する貸付金および債権ならびに財務省証券および債券などの                                                  償却原価で測

     定する   有価証券が含まれる。
                              (中略)
                                  67/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     新規に実行した貸付金に直接帰属する収益は、主に顧客に賦課する案件組成報酬、付替え費用およびコミットメント手数料(貸付実行
     の可能性    の方  が 実行しない可能性より         高い場合)である。実行に至る可能性の低い金融コミットメントについて受領したコミットメン
     ト手数料は、定額法でコミットメント期間にわたり償却される。
                              (後略)
     3.1.3    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     これらの資産は、当初認識日および各貸借対照表日に公正価値で測定される。これらの金融商品の公正価値の期中の変動、利息、配当
     金、売却による利得または損失は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」に計上される。ただし非
     SPPIの負債性金融       商品  はその限りでなく、その利息は「受取利息」に計上される。
       <訂正後>

                              (前略)

     これらの資産は、当初認識日および各貸借対照表日に公正価値で測定される。これらの金融商品の公正価値の期中の変動、利息、配当
     金、売却による利得または損失は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」に計上される。ただし非
     SPPIの負債性金融       資産  はその限りでなく、その利息は「受取利息」に計上される。
     3.1.4    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

      純損益への事後的振替が不能なその他の包括利益を通じて測定の指定は、売買目的保有ではない資本性金融商品のみについて金融商

      品ごとに適用される取消不能のオプションである。                     実現および未実現の減損損失は資本勘定に計上されるため損益計算書には影響し
      ない。当該金融      商品  は減損処理を行わない。
                              (中略)
      配当金は、これらが投資に対するリターンに該当する場合に限り損益計算書に影響を及ぼす。当該配当金は、「その他の包括利益を
      通じて公正価値      を 測定する金融商品の正味利得または損失」に計上する。
       <訂正後>

                              (前略)

      純損益への事後的振替が不能なその他の包括利益を通じて                        公正価値での      測定の指定は、売買目的保有ではない資本性金融商品のみに

      ついて金融商品ごとに適用される取消不能のオプションである。実現および未実現の減損損失は資本勘定に計上されるため損益計算
      書には影響しない。当該金融            資産  は減損処理を行わない。
                              (中略)
      配当金は、これらが投資に対するリターンに該当する場合に限り損益計算書に影響を及ぼす。当該配当金は、「その他の包括利益を
      通じて公正価値      で 測定する金融商品の正味利得または損失」に計上する。
     3.1.6    負債性金融商品および資本性金融商品

     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
       <訂正前>

                              (前略)

     これらの負債は、当初認識時点および各貸借対照表日の公正価値で測定される。当該金融商品の期間中の公正価値の変動、利息、利得
     または損失は「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」で認識される。ただし、自己の信用リスクの変動
     に起因する公正価値の変動はこの限りでなく、これは2016年1月1日以降、「資本に直接認識される利得および損失」の「純損益を通
                                  68/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     じて公正価値で測定すると指定された金融負債に係る自己の信用リスクの再評価差額金」に計上されている。当該負債が満期日より前
     に認識が中止された場合(例えば期限前償還)、自己の信用リスクに帰属する公正価値の利得または損失は、資本の部の利益剰余金に
     直 接振り替えられる。
       <訂正後>

                              (前略)

     これらの負債は、当初認識時点および各貸借対照表日の公正価値で測定される。当該金融商品の期間中の公正価値の変動、利息、利得
     または損失は「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」で認識される。ただし、                                             純損益を通じて公正価値
     で測定する金融負債に係る           自己の信用リスクの変動に起因する公正価値の変動はこの限りでなく、これは2016年1月1日以降、「資本
     に直接認識される利得および損失」の「純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融負債に係る自己の信用リスクの再評価差
     額金」に計上されている。当該負債が満期日より前に認識が中止された場合(例えば期限前償還)、自己の信用リスクに帰属する公正
     価値の利得または損失は、資本の部の利益剰余金に直接振り替えられる。
    次へ

                                  69/141
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.1.8    デリバティブ金融商品およびヘッジ会計

     ヘッジ目的デリバティブ
       <訂正前>

     ヘッジ開始時においてヘッジ関係に関する公式文書が存在し、その文書がヘッジ戦略、ヘッジされるリスク、ヘッジの対象項目の指定

     と特性およびヘッジ手段を識別している場合には、当該ヘッジ関係はヘッジ会計の要件を満たす。加えて開始時にヘッジの有効性を立
     証し、開始後も確認をする必要がある。
                              (後略)
       <訂正後>

     ヘッジ開始時においてヘッジ関係に関する公式文書が存在し、その文書がヘッジ戦略、ヘッジされるリスク                                            の種類   、ヘッジの対象項目

     の指定と特性およびヘッジ手段を識別している場合には、当該ヘッジ関係はヘッジ会計の要件を満たす。加えて開始時にヘッジの有効
     性を立証し、開始後も確認をする必要がある。
                              (後略)
     公正価値ヘッジ
       <訂正前>

     公正価値ヘッジは、貸借対照表に計上されている資産もしくは負債または確定したコミットメント契約                                          (特に固定金利の資産もしくは

     負債の金利リスク)        の公正価値の変動に対するエクスポージャーの削減を意図している。
                              (後略)
       <訂正後>

     公正価値ヘッジは、貸借対照表に計上されている資産もしくは負債または確定したコミットメント契約の公正価値の変動に対するエク

     スポージャー      (特に固定金利の資産もしくは負債の金利リスク)                     の削減を意図している。
                              (後略)
     ポートフォリオ・ヘッジ(マクロヘッジ)の個別事例

     キャッシュ・フロー・ヘッジとしての文書化
       <訂正前>

                              (前略)

     事後的検証では実施したヘッジの事後的な有効性について各                         報告  日に計算を行う。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     事後的検証では実施したヘッジの事後的な有効性について各                         貸借対照表     日に計算を行う。
                              (後略)
       <訂正前>

     在外営業活動体       の純投資ヘッジ

                              (後略)
       <訂正後>

     外国通貨    の純投資ヘッジ

                                  70/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)
     3.1.9    公正価値の決定

     公正価値ヒエラルキー
     単純な   金融商品    :

       <訂正前>

     ほとんどの店頭デリバティブ、スワップ、                  信用デリバティブ、        金利先渡契約、キャップ、フロアーおよび                  単純な   オプションは、活発な

     市場(すなわち売買が経常的に発生する流動性の高い市場)で売買されている。
                              (後略)
       <訂正後>

     ほとんどの店頭デリバティブ、スワップ、                  信用デリバティブ、        金利先渡契約、キャップ、フロアーおよび                  プレーン・バニラ・        オプショ

     ンは、活発な市場(すなわち売買が経常的に発生する流動性の高い市場)で売買されている。
                              (後略)
     レベル3    : 観察不能の市場インプットを用いる評価
       <訂正前>

                              (前略)

     IFRS第9号のもとでは、デイワン利益は、市場参加者が値付けにおいて考慮する要素の変動によって発生した場合においてのみ(すな
     わち評価に使用するモデルおよびインプットが観察可能な場合に限り)認識されるものとしている。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     IFRS第9号のもとでは、デイワン利益は、市場参加者が値付けにおいて考慮する要素の変動によって発生した場合においてのみ(すな
     わち評価に使用するモデルおよび              パラメータ・      インプットが観察可能な場合に限り)認識されるものとしている。
                              (後略)
     3.1.10     金融商品の予想信用損失の減損または引当金

     償却原価およびその他の包括利益を通じて公正価値で測定する資産の減損ならびに金融コミットメントおよび保証コ
     ミットメントの引当金設定
       <訂正前>

                              (前略)

     個別に減損の客観的な証拠のない金融商品についても、観察された過去の損失                                の損失   だけでなく合理的かつ正当と認められる割引将来
     キャッシュ・フロー予測に基づき、予想信用損失に対して減損または引当金が計上される。これらの金融商品は、それぞれの当初認識
     以降に観察された信用リスクの増大に応じて三つのカテゴリーに区分される。減損または引当金は以下の各カテゴリーの残高について
     認識される。
                              (中略)
     ステージ3(S3)
     ● IFRS第9号の意義の範囲内の不良債権はこのカテゴリーに移される。当該金融商品の当初認識後に発生した信用リスクを示す事象に
      より減損損失の客観的な証拠が存在している。このカテゴリーは、IAS第39号のもとでそうであったように、金融機関の健全性要件
      に関する2013年6月26日付EU規則第178条に定義されるとおり、債務不履行事象が識別された債権もカバーする。
     ● 信用リスクに係る減損および引当金は、当該債権の回収可能価額(すなわち担保の効果を勘案した見積                                            将来  回収可能将来キャッ
      シュ・フローの現在価値)を基礎に置く当該金融商品の全期間の予想信用損失に基づいて計算される。
                              (中略)
                                  71/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     またIFRS第9号は、購入または組成した信用減損のある(POCI)金融商品を区別して扱う。購入または組成した金融資産であって当初
     認識時に信用リスク        があり   、かつ企業が当該認識時に契約上のキャッシュ・フローのすべてが回収可能とは期待していない金融資産が
     こ れにあたる。当初認識に際し信用の質に基づき実効金利は調整される必要があり、見積回収可能キャッシュ・フローは予想信用損失
     を考慮に入れる。当該回収可能キャッシュ・フローは、各報告日に企業により再見積もりされる。当初認識時に見積もられた回収可能
     キャッシュ・フローの水準との比較で変動があれば、損益計算書に減損費用または戻入を認識する。これらの金融資産は当初認識時に
     ステージ3に区分されるが、当該信用リスクが改善すればステージ2に振り替えられるオプションがある。
                              (中略)
     これらの少数の例外を除き、信用リスクの著しい増大は、すべての合理的かつ正当な情報を考慮し、さらに事業年度末の当該金融                                                      資産
     のデフォルト・リスクと当初認識時のデフォルト・リスクを比較することにより、個別ベースで評価される。カウンターパーティー・
     ベース・アプローチ(対象カウンターパーティーに対するすべての貸付金への直接感染原理の適用)も同じような結果が得られるので
     あれば有効である。リスクの増             大 の測定   は ほとんどの場合、取引が個別に減損する(ステージ3)前にステージ2                             の増加をもたらす       。
                              (中略)
     ● 個別ベースまたはポートフォリオベースで減損の客観的証拠が存在すること。当該貸付金の当初認識後に発生したカウンターパー
      ティー・リスクを識別する「トリガー事象」または「損失事象」が存在していること。個別ベースでは、かなり確度での信用リスク
      は、金融機関の健全性要件に関する2013年6月26日付欧州規則第575-2013号の第178条に定義されるデフォルト事象から発生する。
      減損の客観的証拠には、少なくとも3ヵ月の支払延滞が生じていること、または延滞の有無を問わずカウンターパーティーの債務の
      一部もしくは全部が回収されない事態や法的手続の開始につながる財政上の困難にカウンターパーティーが遭遇していることが含ま
      れる。
                              (中略)
     予想信用損失を測定する目的のために、金融商品の契約条件と一体部分を構成し                                 金融商品から切り離されているとの認識を                  企業  も有  し
     ていない担保資産およびその他の信用補完が予想キャッシュ・フローの不足額の見積にあたり斟酌される。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     個別に減損の客観的な証拠のない金融商品についても、観察された過去の損失だけでなく合理的かつ正当と認められる割引将来キャッ
     シュ・フロー予測に基づき、予想信用損失に対して減損または引当金が計上される。これらの金融商品は、それぞれの当初認識以降に
     観察された信用リスクの増大に応じて三つのカテゴリーに区分される。減損または引当金は以下の各カテゴリーの残高について認識さ
     れる。
                              (中略)
     ステージ3(S3)
     ● IFRS第9号の意義の範囲内の不良債権はこのカテゴリーに移される。当該金融商品の当初認識後に発生した信用リスクを示す事象に
      より減損損失の客観的な証拠が存在している                   債権を指す     。このカテゴリーは、IAS第39号のもとでそうであったように、金融機関の
      健全性要件に関する2013年6月26日付EU規則第178条に定義されるとおり、債務不履行事象が識別された債権もカバーする。
     ● 信用リスクに係る減損および引当金は、当該債権の回収可能価額(すなわち担保の効果を勘案した見積回収可能将来キャッシュ・フ
      ローの現在価値)を基礎に置く当該金融商品の全期間の予想信用損失に基づいて計算される。
                              (中略)
     またIFRS第9号は、購入または組成した信用減損のある(POCI)金融商品を区別して扱う。購入または組成した金融資産であって当初
     認識時に信用リスク        により既に減損が発生しており             、かつ企業が当該認識時に契約上のキャッシュ・フローのすべてが回収可能とは期
     待していない金融資産がこれにあたる。当初認識に際し信用の質に基づき実効金利は調整される必要があり、見積回収可能キャッ
     シュ・フローは予想信用損失を考慮に入れる。当該回収可能キャッシュ・フローは、各報告日に企業により再見積もりされる。当初認
     識時に見積もられた回収可能キャッシュ・フローの水準との比較で変動があれば、損益計算書に減損費用または戻入を認識する                                                     が、実
     効金利には影響しない         。これらの金融資産は当初認識時にステージ3に区分されるが、当該信用リスクが改善すればステージ2に振り
     替えられるオプションがある。
                              (中略)
     これらの少数の例外を除き、信用リスクの著しい増大は、すべての合理的かつ正当な情報を考慮し、さらに事業年度末の当該金融                                                      商品
     のデフォルト・リスクと当初認識時のデフォルト・リスクを比較することにより、個別ベースで評価される。カウンターパーティー・
     ベース・アプローチ(対象カウンターパーティーに対するすべての貸付金への直接感染原理の適用)も同じような結果が得られるので
     あれば有効である。リスクの増             加 の測定   により、    ほとんどの場合、取引が個別に減損する(ステージ3)前にステージ2                              に認識され
     る 。
                              (中略)
     ● 個別ベースまたはポートフォリオベースで減損の客観的証拠が存在すること。当該貸付金の当初認識後に発生したカウンターパー
      ティー・リスクを識別する「トリガー事象」または「損失事象」が存在していること。個別ベースでは、かなり確度での信用リスク
      は、金融機関の健全性要件に関する2013年6月26日付欧州規則第575-2013号の第178条に定義されるデフォルト事象から発生する。
      減損の客観的証拠には、少なくとも3ヵ月の支払延滞が生じていること、または延滞の有無を問わずカウンターパーティーの債務の
      一部もしくは全部が回収されない事態                の予想   や法的手続の開始につながる財政上の困難にカウンターパーティーが遭遇していること
      が含まれる。
                              (中略)
                                  72/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     予想信用損失を測定する目的のために、金融商品の契約条件と一体部分を構成し                                 、 企業  が別個に認識      していない担保資産およびその他
     の信用補完が予想キャッシュ・フローの不足額の見積にあたり斟酌される。
                              (後略)
     3.1.12     金融資産および負債の認識の中止

       <訂正前>

                              (前略)

     ある金融資産の      全額について      認識を中止した場合、処分損益(当該資産の帳簿価額と受領対価の差額を反映)が損益計算書に計上され
     る。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     ある金融資産の認識を中止した場合、処分損益(当該資産の帳簿価額と受領対価の差額を反映)が損益計算書に計上される。
                              (後略)
     金融負債に重要な変更をもたらす取引

       <訂正前>

                              (前略)

     当グループは上記以外に発行体の変更(同一グループ間であっても)や通貨の変更も重要な変更と考える

       <訂正後>

                              (前略)

     当グループは上記以外に発行体の変更(同一グループ間であっても)や通貨の変更も重要な変更と考える                                           ことができる。

     3.7   保険業務


     3.7.2    証券

     満期保有目的金融資産
       <訂正前>

                              (前略)

     満期保有目的金融資産は、直接取引費用を含めて当初時点に公正価値で計上される。その後は、重要度に応じて、プレミアム、ディス
     カウントおよび取得手数料を含めて実効金利法を用いて償却原価で測定される。
       <訂正後>

                              (前略)

     満期保有目的金融資産は、           その取得に     直接  起因する    取引費用を含めて当初時点に公正価値で計上される。その後は、重要度に応じて、
     プレミアム、ディスカウントおよび取得手数料を含めて実効金利法を用いて償却原価で測定される。
                                  73/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.7.3    純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融資産および負債
       <訂正前>

     業績管理および測定         と の会計処理     の調和

     このオプションは公正価値で管理・測定される資産および/または負債グループに適用される。ただし当該オプションが正式に文書化
     されたリスク管理または投資戦略に基づき、かつ当グループに関する情報が公正価値ベースで社内的に報告されていることが条件にな
     る。
     かかる状況は主にナティクシスの資本市場業務に関連して発生する。
       <訂正後>

     業績管理および測定         の会計処理     の調和

     このオプションは公正価値で管理・測定される資産および/または負債グループに適用される。ただし当該オプションが正式に文書化
     されたリスク管理または投資戦略に基づき、かつ当グループに関する情報が公正価値ベースで社内的に報告されていることが条件にな
     る。
     注4 貸借対照表に対する注記

     ▶ . 2  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     (2)  非支配分に帰属する部分を含む(2018年6月30日現在:4百万ユーロ、2017年12月31日現在:11百万ユーロ)

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     (2)  非支配  持 分に帰属する部分を含む(2018年6月30日現在:4百万ユーロ、2017年12月31日現在:11百万ユーロ)

                              (後略)

                                  74/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.3   金融資産および負債の公正価値

     4.3.2    公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された金融資産および負債の状況
       <訂正前>

                              (前略)

                      当期中に認識された利得および損失

                            (1)

                      損益計算書に計上             当期中に実行した取引         当期中に行った振替
                     報告日時点

                          報告日時点
                      において                      他の報告
                          に貸借対照表
                                                     その他の
                 2018 年   進行中の                      区分への    他のレベル          2018 年
                          から除かれた               売却/
                                                      (2)
     百万ユーロ
                 1月1日     取引    取引    資本に計上     購入/発行     買戻し     振替    との振替    変動    6月30日
     金融負債

                              (中略)

     株式デリバティブ               3                           (3)

                              (中略)

                              (中略)

     (2) その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産から                   IFRS 第5号に基づ    く 「売却目的で保有する金融資産」グループ             への75百万ユーロの      再分類を含む。その他の変動に

      は特に連結範囲の変更および為替換算差額が含まれる。
                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

                      当期中に認識された利得および損失             当期中に実行した取引         当期中に行った振替

                            (1)

                      損益計算書に計上
                     報告日時点

                          報告日時点
                      において                      他の報告
                          に貸借対照表
                                                     その他の
                 2018 年   進行中の                      区分への    他のレベル          2018 年
                          から除かれた               売却/
                                                      (2)
     百万ユーロ
                 1月1日     取引    取引    資本に計上     購入/発行     買戻し     振替    との振替    変動    6月30日
     金融負債

                              (中略)

     株式デリバティブ               3                           (3)

     為替デリバティブ

     信用デリバティブ

     その他デリバティブ

                              (中略)

                                  75/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     (2) IFRS 第5号に基づ    き、 その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産から                   「売却目的で保有する金融資産」グループ             に 再分類  された75百万ユーロ      を含む。その他の変

      動には特に連結範囲の変更および為替換算差額              による影響   が含まれる。
                              (後略)

                                  76/141



















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.3.3    公正価値ヒエラルキー間の振替状況

       <訂正前>

                                       2018  年6月30日終了上半期

                                 レベル1        レベル2        レベル2        レベル3

                          ~から
                           ~へ      レベル2        レベル1        レベル3        レベル2

     金融資産

                              (中略)

     為替デリバティブ                                                     121

     その他デリバティブ                               ▶

                              (後略)

       <訂正後>

                                       2018  年6月30日終了上半期

                                 レベル1        レベル2        レベル2        レベル3

                          ~から
                           ~へ      レベル2        レベル1        レベル3        レベル2

     百万ユーロ
     金融資産
                              (中略)

     為替デリバティブ                                                     121

     信用デリバティブ

     その他デリバティブ                               ▶

                              (後略)

       <訂正前>


                                       2018  年6月30日終了上半期

                                 レベル1        レベル2        レベル2        レベル3

                          ~から
                           ~へ      レベル2        レベル1        レベル3        レベル2

     金融負債                              15        23        1       90

     デリバティブ

      株式デリバティブ                              12        22        1        1

                              (中略)

                                  77/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
            *
     - 非 売買目的保有                             15        23        1       90
                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                                       2018  年6月30日終了上半期

                                 レベル1        レベル2        レベル2        レベル3

                          ~から
                           ~へ      レベル2        レベル1        レベル3        レベル2

     百万ユーロ
     金融負債                              15        23        1       90
     デリバティブ

      金利デリバティブ

      株式デリバティブ                              12        22        1        1

                              (中略)

     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

           *
     -売買目的保有                              15        23        1       90
                              (中略)

                              (後略)

    次へ


                                  78/141









                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.4   償却原価で測定する資産

     4.4.1    償却原価で測定する有価証券

       <訂正前>

                              (前略)

     償却原価で測定する負債証券の             2018年6月30日現在の         内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     償却原価で測定する負債証券の内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
     4.4.2    償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権

       <訂正前>

                              (前略)

     償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権の                        2018年6月30日現在の         内訳は以下のとおりである。

                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権の内訳は以下のとおりである。

                              (後略)

     4.4.3    償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権

       <訂正前>

                              (前略)

     償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権の                      2018年6月30日現在の         内訳は以下のとおりである。
                              ( 後略  )
       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権の内訳は以下のとおりである。
                              ( 後略  )
     4.6   のれん

                                  79/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

     2018  事業年度上半期      の事業に関連するのれんは、連結範囲に関する注記                     の枠組み    に沿って分析している         。

                              (中略)

     (1)  バーミリオン     の取得で計上した      10 百万ユーロ、フェンチャーチの取得で計上した                 37 百万ユーロおよび      Alter  CE (Comit  éo) の取得で計上した18百万ユー

      ロを含む。
                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

     2018  事業年度上半期      の事業に関連するのれんは、連結範囲に関する注記に沿って分析している                              。

                              (中略)

     (1)  バーミリオン     の取得で   のれんとして     計上した   10 百万ユーロ、フェンチャーチの取得で              のれんとして     計上した   37 百万ユーロおよび      Alter  CE (Comit  éo) の

      取得で  のれんとして     計上した18百万ユーロを含む。
                              ( 後略  )

                                  80/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.13    金融資産と金融負債の相殺


       <訂正前>

                              (前略)

     これらの金融商品について、            下表の欄の     「関連金融資産および担保として差入れた金融商品」および「関連金融負債および担保として
     徴求した金融商品」に該当するのは特に次のものである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     これらの金融商品について、「関連金融資産および担保として差入れた金融商品」および「関連金融負債および担保として徴求した金
     融商品」に該当するのは特に次のものである。
                              (後略)
                                  81/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.13.1     金融資産

     貸借対照表で相殺されたネッティング契約上の金融資産

       <訂正前>

                          2018  年6月30日                    20 18 年1月1日

                          貸借対照表で相殺       貸借対照表に計上               貸借対照表で相殺       貸借対照表に計上
                          された金融負債の       された金融資産の               された金融負債の       された金融資産の
     百万ユーロ
                   金融資産の総額           総額       純額   金融資産の総額           総額       純額
                              (中略)
     レポ取引                 98,647       20,860       77,788       44,551        8,465       36,098
                              (後略)
       <訂正後>

                          2018  年6月30日                    20 18 年1月1日

                          貸借対照表で相殺       貸借対照表に計上               貸借対照表で相殺       貸借対照表に計上
                          された金融負債の       された金融資産の               された金融負債の       された金融資産の
     百万ユーロ
                   金融資産の総額           総額       純額   金融資産の総額           総額       純額
                              (中略)
     レポ取引                 98,647       20,860       77,788       44,551        8,465       36,086
                              (後略)
     注記5 損益計算書に対する注記


     5 .2   受取報酬および手数料ならびに支払報酬および手数料

       <訂正前>

                              (前略)

     この勘定科目には、継続的サービス(支払処理手数料、証券保管料など)および非継続的サービス(資金振込、違約金支払など)の受
     取報酬および手数料または支払報酬および手数料、重要な取引の執行に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料、なら
     びに当グループの顧客のために管理している信託資産に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料が含まれる。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     この勘定科目には、        主に  継続的サービス(支払処理手数料、証券保管料など)および非継続的サービス(資金振込、違約金支払など)
     の受取報酬および手数料または支払報酬および手数料、重要な取引の執行に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料、
     ならびに当グループの顧客のために管理している信託資産に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料が含まれる。
                              (後略)
     5.3   純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失


       <訂正前>

                                  82/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (前略)
     百万ユーロ                                              201 8事業年度   上半期

                              (中略)

       公正価値ヘッジの公正価値の変動             額                                      (245)

                              (中略)

                              (中略)

     「ヘッジ取引の利得および損失」は、主に金利のマクロ・ヘッジ取引における超過ヘッジが生じた場合に計上した利得および損失から
     構成され、2018事業年度上半期はマイナス50百万ユーロがヘッジ関係の一部指定解除                                    および   非有効性の測定に照らして計上されてい
     る。当該超過ヘッジは主に、近時の低金利状況のもとで貸付金について大幅な条件再交渉や期限前返済が発生していることにより発生
     したものである。
       <訂正後>

                              (前略)

     百万ユーロ                                              201 8事業年度   上半期

                              (中略)

       公正価値ヘッジの公正価値の変動                                                   (245)

                              (中略)

                              (中略)

     「ヘッジ取引の利得および損失」は、主に金利のマクロ・ヘッジ取引における超過ヘッジが生じた場合に計上した利得および損失から
     構成され、2018事業年度上半期はマイナス50百万ユーロがヘッジ関係の一部指定解除                                    または   非有効性の測定に照らして計上されてい
     る。当該超過ヘッジは主に、近時の低金利状況のもとで貸付金について大幅な条件再交渉や期限前返済が発生していることにより発生
     したものである。
     5.6   その他の活動からの収益および費用


       <訂正前>

                              (前略)

     ● 投資不動産の収益および費用(賃貸               料、賃借料     、処分による利得および損失、減価償却費、償却費および減損損失)
                              (中略)
                                          201 8事業年度   上半期

     百万ユーロ                                  収益         費用         純額

     不動産事業からの収益および費用                                   2         (1)         (1)

                              (中略)

                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                                  83/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              ( 前略  )
     ● 投資不動産の収益および費用(賃貸               による収益および費用         、処分による利得および損失、減価償却費、償却費および減損損失)
                              (中略)
                                          201 8事業年度   上半期

     百万ユーロ                                  収益         費用         純額

     不動産事業からの収益および費用                                   2         (1)          1

                              (中略)

                              ( 後略  )

                                  84/141
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記6 保険業務

     6.1   貸借対照表に対する注記

     6.1.1    保険業務関連投資

     6.1.1.2     売却可能金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     (1)  2018  事業年度上半期の変動利付証券の恒久的減損                損失  は15百万ユーロであった。当該費用の89%は据置利益分配金により相殺された。2018事業年度上
      半期の費用の内訳は、既に減損処理している証券の追加的減損損失12百万ユーロおよび証券関連の新規減損引当金3百万ユーロである。
       <訂正後>

                              (前略)

     (1)  2018  事業年度上半期の変動利付証券の恒久的減損は15百万ユーロであった。当該費用の89%は据置利益分配金により相殺された。2018事業年度上半期
      の費用の内訳は、既に減損処理している証券の追加的減損損失12百万ユーロおよび証券関連の新規減損引当金3百万ユーロである。
                                  85/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     6.1.2    保険業務関連投資の公正価値ヒエラルキー


       <訂正前>

                                         2018 年6月30日

                            活発な市場における        観察可能なデータを用い        観察不能なデータを用い

                              公表価格        る評価技法        る評価技法
                              (レベル1)        (レベル2)        (レベル3)         合計
     百万ユーロ
                              (中略)

      債券                           33,999         4,032        2,268        42,199

                              (中略)

     売却可能金融資産                            39,534         705       2,877        47,604

       <訂正後>

                                         2018 年6月30日

                            活発な市場における        観察可能なデータを用い        観察不能なデータを用い

                              公表価格        る評価技法        る評価技法
                              (レベル1)        (レベル2)        (レベル3)         合計
     百万ユーロ
                              (中略)

      債券                           33,999         4,032        2,268        40,299

                              (中略)

     売却可能金融資産                            39,534         5,193        2,877        47,604

                                  86/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された保険業務関連投資の状況

       <訂正前>

                      当期中に認識された利得および損失               当期中に実行した取引         当期中に行った振替

                          損益計算書に計上

                                                   他の
                       報告日時点
                            報告日時点
                                                           2018 年
                                              他の報告     レベル
                        において
                           に貸借対照表
                   2018 年                                  その他の変    6月30日
                                              区分への    との振替
                                 資本に
                                     購入/     売却/
                        進行中の
                           から除かれた
                                                       動
     百万ユーロ              1月1日                            振替
                                 計上
                         取引     取引        発行    買戻し
                               (中略)

     純 損 損益を通じて公正価値で測定すると

     指定された証券
                    1,461      (13)     (2)             (363)         (23)      1,060
                               (中略)

       <訂正後>

                      当期中に認識された利得および損失               当期中に実行した取引         当期中に行った振替

                          損益計算書に計上

                                                   他の
                       報告日時点
                            報告日時点
                                                           2018 年
                                              他の報告     レベル
                        において
                           に貸借対照表
                   2018 年                                  その他の変    6月30日
                                              区分への    との振替
                                 資本に
                                     購入/     売却/
                        進行中の
                           から除かれた
                                                       動
     百万ユーロ              1月1日                            振替
                                 計上
                         取引     取引        発行    買戻し
                               (中略)

     純損益を通じて公正価値で測定すると指

     定された証券
                    1,461      (13)     (2)             (363)         (23)      1,060
                               (中略)

     注記8 セグメント報告

       <訂正前>

     BPCE  S.A.グループは、2017年11月29日に提出されたTEC                     2020戦略計画      の一環として      同グループの事業ラインを再編し、わけ                 ても  投資

     ソリューション部門、コーポレート&投資銀行業務部門および専門的金融サービス部門のそれぞれを分割する決定を行った。すなわち
     投資ソリューションのサブ部門である保険業務ラインおよび                         同じくサブ部門である         専門的金融サービスを「リテール銀行業務・保険業
     務」  事業  部門に移管した。
     今や当グループは、次の三つの中核的な                 事業  部門で編成される。
     「リテール銀行業務・保険業務」              事業  部門:同    事業  部門は以下を含む。
      ● 専門的金融サービス(SFS):ナティクシスの事業ラインの一つであり、専門的金融                                   サービス    (ファクタリング、リース金融、消
       費者金融、引受、金融保証)、決済業務および財務サービスをカバーする。
                              (中略)
                                  87/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     「アセット&ウェルス・マネジメント」                 事業  部門:ナティクシスの事業部門の一つであり以下から構成される。
      ● 資産管理:投資管理および商品販売の                ノウハウを結び付けて世界の各             市場で業務を展開する。
                              (中略)
     「コーポレート&投資銀行業務」              事業  部門:ナティクシスの         一つの   部門として以下の業務に従事する。
      ● コーポレート&投資銀行業務は、企業、機関投資家、保険会社、銀行および公的セクターに助言および支援を提供する。
                              (中略)
     2017年度上半期業績の発表時点で事業部門の表示はこれらのセグメント報告上の変更を反映している。また、同表示はナティクシスが
     適用する資本分配基準の変更(バーゼルⅢの平均RWA                      に対して    従来の10%から10.5%に引き上げ)および資本利益率の変更(従来の
     3%から2%に引き下げ)も反映している。
                              (後略)
       <訂正後>

     BPCE  S.A.グループは、2017年11月29日に提出されたTEC                      2020戦略計画      において    同グループの事業ラインを再編し、               とり  わけ投資ソ

     リューション部門、コーポレート&投資銀行業務部門および専門的金融サービス部門のそれぞれを分割する決定を行った。すなわち投
     資ソリューションのサブ部門である保険業務ラインおよび専門的金融サービス                                のサブ部門     を「リテール銀行業務・保険業務」部門に移
     管した。
     今や当グループは、次の三つの中核的な                 業務  部門で編成される。
     「リテール銀行業務・保険業務」部門:同部門は以下を含む。
      ● 専門的金融サービス(SFS):ナティクシスの事業ラインの一つであり、専門的金融                                   業務  (ファクタリング、リース金融、消費者
       金融、引受、金融保証)、決済業務および財務サービスをカバーする。
                              (中略)
     「アセット&ウェルス・マネジメント」部門:ナティクシスの事業部門の一つであり以下から構成される。
      ● 資産管理:投資管理および商品販売の                専門性を組み合わせて複数の国際              市場で業務を展開する。
                              (中略)
     「コーポレート&投資銀行業務」部門:ナティクシスの部門                         の一つ   として以下の業務に従事する。
      ● コーポレート&投資銀行業務は、企業、機関投資家、保険会社、銀行および公的セクター                                     の事業体    に助言および支援を提供する。
                              (中略)
     2017年度上半期業績の発表時点で事業部門の表示はこれらのセグメント報告上の変更を反映している。また、同表示はナティクシスが
     適用する資本分配基準の変更(バーゼルⅢの平均RWA                      は 従来の10%から10.5%に引き上げ)および資本利益率の変更(従来の3%から
     2%に引き下げ)も反映している。
                              (後略)
                                  88/141









                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記9 コミットメント

     9.1   金融コミットメント

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日現在で       供与している金融コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     供与している金融コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
     9.2   保証コミットメント

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日現在で       供与している保証コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     供与している保証コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
     注記10 連結範囲

     10.1    2018   事業年度上       半期中の連結範囲の変更

     ナティクシスに対する当グループの持分比率の変更
     子会社に対する支配持分の取得

       <訂正前>

                              (前略)

     2018事業年度上半期にナティクシスは、中国向けクロスボーダー                           案件  のスペシャリストであり、インバウンド/アウトバウンドの両方
     において    M&A取引に助言を行うバーミリオン・パートナーズ・グループの取得も完了した。当該取引の完了に伴い当グループはバー
     ミリオン・パートナーズの51%の資本を保有し、IFRS第10号に基づき支配しているため同社を完全連結している。当グループは2018年
     6月30日現在において15百万ユーロと評価される非支配持分を買収するオプションも保有している。
                              (後略)
       <訂正後>

                                  89/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (前略)
     2018事業年度上半期にナティクシスは、中国向けクロスボーダー                           取引  のスペシャリストであり、インバウンド/アウトバウンドの両方
     の M&A取引に      関して   助言を行うバーミリオン・パートナーズ・グループの取得も完了した。当該取引の完了に伴い当グループはバー
     ミリオン・パートナーズの51%の資本を保有し、IFRS第10号に基づき支配しているため同社を完全連結している。当グループは2018年
     6月30日現在において15百万ユーロと評価される非支配持分を買収するオプションも保有している。
                              (後略)
     10.2    証券化取引

     全部または一部認識の中止を伴って実行された非連結の証券化取引

       <訂正前>

     参考事例として、クレディ・フォンシエは住宅担保ローンを裏付け資産とする2件の公募証券化取引(2014年5月にクレディ・フォン

     シエ・ホームローンズNo.1および2015年8月にクレディ・フォンシエ・ホームローンズNo.2)を                                        まとめ上げ     た。
     債権管理者としてのクレディ・フォンシエは、変動リターンに影響を与えるパワーを                                   行使でき    ない。したがってクレディ・フォンシエ
     はIFRS第10号の意義の範囲内で当該証券化ファンドを支配しておらず、したがって同ファンドは連結されない。
     しかしながら、クレディ・フォンシエのCFHL-2との関係が存続するため、IFRS第9号のもとでの資産の全額の認識を中止する要件を
     充足していない。結果として当該取引はIFRS第10号に従い連結から除外され、IFRS第9号に従い一部認識が中止される。
     譲渡資産は、クレディ・フォンシエの継続的関与の範囲内で貸借対照表において資産に認識され、その結果、当該ファンドへのそれぞ
     れの継続的関与(スワップ、クリーンアップ・コール、管理費用)に応じて当該資産の最大損失額が認識される。
                              (中略)
     2018事業年度上半期のCFHL-2取引              の再評価    による正味の影響額はプラス2百万ユーロであった。
       <訂正後>

     参考事例として、クレディ・フォンシエは住宅担保ローンを裏付け資産とする2件の公募証券化取引(2014年5月にクレディ・フォン

     シエ・ホームローンズNo.1および2015年8月にクレディ・フォンシエ・ホームローンズNo.2)を                                        実行し   た。
     債権管理者としてのクレディ・フォンシエは、変動リターンに影響を与えるパワーを                                    用いる能力を有してい          ない。したがってクレ
     ディ・フォンシエはIFRS第10号の意義の範囲内で当該証券化ファンドを支配しておらず、したがって同ファンドは連結されない。
     しかしながら、クレディ・フォンシエのCFHL-2との関係が存続するため、IFRS第9号のもとでの資産の全額の認識を中止する要件を
     完全には    充足していない。結果として当該              証券化   取引はIFRS第10号に従い連結から除外され、IFRS第9号に従い一部認識が中止され
     る。
     譲渡資産は、クレディ・フォンシエの継続的関与の範囲内で貸借対照表において資産に認識され、その結果、当該ファンドへのそれぞ
     れの継続的関与(スワップ、クリーンアップ・コール、管理費用)に応じて当該資産の最大損失額が                                         引き続き    認識される。
                              (中略)
     2018事業年度上半期のCFHL-2取引による正味の影響額はプラス2百万ユーロであった。
                                  90/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2【その他】
     (1)    グループ     BPCE  の IFRS連結     財務  書類201    8 年 6 月30日現在
     5 中間財務書類

     5.1   グループBPCEのIFRS連結財務書類 2018年6月30日現在

     5.1.1     連結貸借対照表

     資産

       <訂正前>

                              (前略)

     (1)  IAS 第39号に基づく2017年12月31日現在の貸借対照表からIFRS第9号に基づく2018年1月1日現在の貸借対照表への移行については本財務書類のセク

      ション5.   3.6に記載している。
     (2)  2017  年12月31日の各金額は、再分類後に(ただし金融資産および負債の評価方法は変えていない。)IFRS第9号のフォーマットの表示により公表され
      ている貸借対照表に対応している(本財務書類のセクション5.                      3.6§1参照)。
       <訂正後>

                              (前略)

     (1)  IAS 第39号に基づく2017年12月31日現在の貸借対照表からIFRS第9号に基づく2018年1月1日現在の貸借対照表への移行については本財務書類のセク

      ション5.   1.6に記載している。
     (2)  2017  年12月31日の各金額は、再分類後に(ただし金融資産および負債の評価方法は変えていない。)IFRS第9号のフォーマットの表示により公表され
      ている貸借対照表に対応している(本財務書類のセクション5.                      1.6§1参照)。
                                  91/141










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     負債および株主持分
       <訂正前>

                              (前略)

     (1)  IAS 第39号に基づく2017年12月31日現在の貸借対照表からIFRS第9号に基づく2018年1月1日現在の貸借対照表への移行については本財務書類のセク

      ション5.   3.6に記載している。
     (2)  2017  年12月31日の各金額は、再分類後に(ただし金融資産および負債の評価方法は変えていない。)IFRS第9号のフォーマットの表示により公表され
      ている貸借対照表に対応している(本財務書類のセクション5.                      3.6§1参照)。
       <訂正後>

                              (前略)

     (1)  IAS 第39号に基づく2017年12月31日現在の貸借対照表からIFRS第9号に基づく2018年1月1日現在の貸借対照表への移行については本財務書類のセク

      ション5.   1.6に記載している。
     (2)  2017  年12月31日の各金額は、再分類後に(ただし金融資産および負債の評価方法は変えていない。)IFRS第9号のフォーマットの表示により公表され
      ている貸借対照表に対応している(本財務書類のセクション5.                      1.6§1参照)。
    次へ


                                  92/141











                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
     5.  1 .4   持分   変動計算書

       <訂正前>

                  株式資本および資本剰余金                          その他の包括利益に直接認識される利得および損失

                                      純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                    (1)     (1)
     百万ユーロ             株式資本     資本剰余金       後債  利益剰余金    為替換算調整額      金融資産      資産   価値の変動    金融 商品       額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

     IFRS 第9号の初度適用に関連する変更

       (7)
     の影響                            (796)         (1,824  )         59     (46)                   (1,552)      (67)    (1,619)
                                            (中略)

     支払配当金                            (335)                                            (355 )   (511)     (846)

                                            (中略)

                                            (中略)

     (7) IFRS 第9号の初度適用が2018年1月1日付期首貸借対照表に与えた影響は、本財務書類のセクション5.                              3.6に詳述されている。

       <訂正後>

                                                93/141


                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
                  株式資本および資本剰余金                          その他の包括利益に直接認識される利得および損失
                                      純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                    (1)     (1)
     百万ユーロ             株式資本     資本剰余金       後債  利益剰余金    為替換算調整額      金融資産      資産   価値の変動    金融 資産       額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

     IFRS 第9号の初度適用に関連する変更

       (7)
     の影響                            (796)          (769 )         59     (46)                   (1,552)      (67)    (1,619)
                                            (中略)

     支払配当金                            (335)                                            (335 )   (511)     (846)

                                            (中略)

                                            (中略)

     (7) IFRS 第9号の初度適用が2018年1月1日付期首貸借対照表に与えた影響は、本財務書類のセクション5.                              1.6に詳述されている。

                                                94/141




                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
       <訂正前>

                 株式資本および資本剰余金                           その他の包括利益に直接認識される利得および損失

                                       純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                    (1)     (1)
     百万 円           株式資本     資本剰余金       後債   利益剰余金    為替換算調整額      金融資産      資産   価値の変動    金融 商品      額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

     201 7年 6 月 30 日現在株主持分         2,430,377      502,484    161,204    4,755,643      39,318     250,456          46,002          (11,271)     (29,226)     209,172    8,262,153     972,334    9,234,488

                                            (中略)

     IFRS 第9号の初度適用に関連する変更

                                (104,324)          (239,053  )        7,733     (6,029)                   (203,405)     (8,781)    (212,186)
       (7)
     の影響
                                            (中略)

     支払配当金                           (43,905)                                            (46,526  )  (66,972)    (110,877)

                                                95/141


                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
                                            (中略)

                                            (中略)

     (7) IFRS 第9号の初度適用が2018年1月1日付期首貸借対照表に与えた影響は、本財務書類のセクション5.                              3.6に詳述されている。

       <訂正後>

                 株式資本および資本剰余金                           その他の包括利益に直接認識される利得および損失

                                       純損益に再分類される可能性のある項目                  純損益に再分類されることのない項目

                                                            純損益を通じ

                                                            て公正価値で
                                                            測定すると指
                                        その他の包括               その他の包括     定された金融
                                        利益を通じて          ヘッジ目的デ     利益を通じて     負債に係る自          親会社の持分
                                        公正価値で測     保険業務にお     リバティブ金     公正価値で測     己の信用リス          所有者に帰属     親会社の持分
                                                                  従業員給付
                           永久超劣             定する負債性     ける売却可能     融商品の公正     定する資本性     クの再評価差          する当期純利     所有者に帰属
                    (1)     (1)
     百万 円           株式資本     資本剰余金       後債   利益剰余金    為替換算調整額      金融資産      資産   価値の変動    金融 資産      額金  再評価差額金        益 する 持分合計    非支配持分     連結持分合計
                                            (中略)

     201 7年 6 月 30 日現在株主持分         2,430,377      502,484    161,204    4,755,643      39,318     250,456         (46,002  )        (11,271)     (29,226)     209,172    8,262,153     972,334    9,234,488

                                            (中略)

     IFRS 第9号の初度適用に関連する変更

                                (104,324)          (100,785  )        7,733     (6,029)                   (203,405)     (8,781)    (212,186)
       (7)
     の影響
                                                96/141


                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
                                            (中略)

     支払配当金                           (43,905)                                            (43,905  )  (66,972)    (110,877)

                                            (中略)

                                            (中略)

     (7) IFRS 第9号の初度適用が2018年1月1日付期首貸借対照表に与えた影響は、本財務書類のセクション5.                              1.6に詳述されている。

    次へ

                                                97/141









                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
      5.1.5     連結キャッシュ・フロー計算書

       <訂正前>

                                         201 8事業年度上半期        201 7事業年度上半期

                                        百万ユーロ       百万円   百万ユーロ       百万円

                              (中略)

      投資活動   の 正味  利得/損失                               (642)    (84,141)      (396)    (51,900)

                              (中略)

      為替レート変動の影響額(D)-            非 継続事業                         410    53,735     (1,091)     (142,986)

                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                                         201 8事業年度上半期        201 7事業年度上半期

                                        百万ユーロ       百万円   百万ユーロ       百万円

                              (中略)

      投資活動   による   正味  キャッシュ・フロー                             (642)    (84,141)      (396)    (51,900)

                              (中略)

      為替レート変動の影響額(D)-継続事業                                     410    53,735     (1,091)     (142,986)

                              (中略)

                              (後略)

     5.1.6     IFRS第9号の初度適用

     1.  IFRS   第9号の2018年1月1日付け適用の影響

     分類および測定

       <訂正前>

     IAS第39号に基づき償却原価で測定されていた大部分の金融資産は、IFRS第9号に基づき償却原価で測定するための条件を引き続き充

     足する。同様にIAS第39に基づき公正価値で測定されていた大部分の金融資産(売却可能金融資産および                                           準 損益を通じて公正価値で測
     定する金融資産)もIFRS第9号に基づき引き続き公正価値で測定される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき償却原価で測定され、貸付金および債権として分類されていた特定の金融商品。これらの金融商品は契約上の
       キャッシュ・フローが元本および元               品 残高に対する利息の支払いのみから構成されないためIFRS第9号のもとでは純損益を通じて
       公正価値で認識される。
                                  98/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき純損益を通じて公正価値で測定                     すると指定     され  た 金融資産(公正価値オプション)として分類される一方で、
       IFRS第9号のもとではトレーディングの事業モデルの一部とみなされたレポ取引は、純損益を通じて公正価値で資産に認識され
       る。
                              (後略)
       <訂正後>

     IAS第39号に基づき償却原価で測定されていた大部分の金融資産は、IFRS第9号に基づき償却原価で測定するための条件を引き続き充

     足する。同様にIAS第39          号 に基づき公正価値で測定されていた大部分の金融資産(売却可能金融資産および                                  純 損益を通じて公正価値で
     測定する金融資産)もIFRS第9号に基づき引き続き公正価値で測定される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき償却原価で測定され、貸付金および債権として分類されていた特定の金融商品。これらの金融商品は契約上の
       キャッシュ・フローが元本および元               本 残高に対する利息の支払いのみから構成されないためIFRS第9号のもとでは純損益を通じて
       公正価値で認識される。
                              (中略)
      - IAS第39号に基づき純損益を通じて公正価値で測定され                       る 金融資産(公正価値オプション)として分類される一方で、IFRS第9号
       のもとではトレーディングの事業モデルの一部とみなされたレポ取引は、純損益を通じて公正価値で資産に認識される。
                              ( 後略  )
     減損

       < 訂正前   >

                              (前略)

     IFRS第9号は、企業がIAS第39号より早い段階での(すなわち当該金融商品の当初認識日から)減損の認識を要求する。したがって新
     IFRS第9号の引当金        設 設定モデルの適用は、償却原価によって純損益への事後的分類変更が可能なその他の包括利益を通じて公正価値
     によって計上される貸付金および有価証券に係る減損金額ならびに供与している金融コミットメント、保証コミットメント(純損益を
     通じて公正価値で計上されるものは除かれる。)およびリース債権に係る減損金額の増加につながる。
     新 ら たな引当金設定モデルの実施に伴うIFRS第9                   条 の初度適用が期首株主         資本  に与えた影響額は、税引前でマイナス2,078百万ユーロ
     (税  効果考慮    後:マイナス1,619百万ユーロ)であった。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     IFRS第9号は、企業がIAS第39号より早い段階での(すなわち当該金融商品の当初認識日から)減損の認識を要求する。したがって新
     IFRS第9号の引当金設定モデルの適用は、償却原価によって                         または   純損益への事後的分類変更が可能なその他の包括利益を通じて公正
     価値によって計上される貸付金および有価証券に係る減損金額ならびに供与している金融コミットメント、保証コミットメント(純損
     益を通じて公正価値で計上されるものは除かれる。)およびリース債権に係る減損金額の増加につながる。
     新たな引当金設定モデルの実施に伴うIFRS第9                    号 の初度適用が期首株主         持分  に与えた影響額は、税引前でマイナス2,078百万ユーロ
     (税  引 後:マイナス1,619百万ユーロ)であった。
                              (後略)
    次へ

                                  99/141





                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
       <訂正前>

     負債                 IAS 第39号に基づく      保険業務関連       再分類     再分類後合計          変更の影響        IFRS 第9号に基づく貸                         負債

                       貸借対照表(2017                                      借対照表(2018年1月
     (百万ユーロ)                                                                              (百万ユーロ)
                                                   (1)         (2)
                                                 評価    信用損失の評価調整
                       年12月31日現在)                                        1日現在)
     IAS 第39号                                                                               IFRS 第9号
                                             (中略)

     売却目的で保有する      非流動  資産に関連する負債                                                               売却目的で保有する非流動資産に関する負債
                           717                   717                    717
                                             (中略)

      未実現利益および損失                                                                    その他の包括利益に直接認識される利得および損失
                          1,309                   1,399     (749)               650
                                             (中略)

                                             (中略)

     (2) 新規減損規則の初度適用の影響は本財務書類の5.               3.6 §3に記載されている。

       <訂正後>

     負債                 IAS 第39号に基づく      保険業務関連       再分類     再分類後合計          変更の影響        IFRS 第9号に基づく貸                         負債

                      貸借対照表(2017年                                       借対照表(2018年1月
     (百万ユーロ)                                                                              (百万ユーロ)
                                                   (1)         (2)
                                                 評価    信用損失の評価調整
                       12月31日現在)                                        1日現在)
     IAS 第39号                                                                               IFRS 第9号
                                             (中略)

     売却目的で保有する資産に関連する負債                                                                      売却目的で保有する非流動資産に関する負債
                           717                   717                    717
                                             (中略)

      未実現利益および損失                                                                    その他の包括利益に直接認識される利得および損失
                          1,399                   1,399       (749)              650
                                             (中略)

                                             (中略)

     (2) 新規減損規則の初度適用の影響は本財務書類の5.               1.6 §3に記載されている。

                                               100/141


                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                                                        訂正半期報告書
    次へ


                                               101/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.  IAS第39号およびIFRS第9号間の資産・負債区分別再分類の概要
     金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     (b)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定と指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた変動利付証券                                                242 百万
      ユーロが   IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。
     (c)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定すると指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されてきた貸付金および債
      権 2,421  百万ユーロが     IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。貸付金および債権3,691百万ユーロ
      が、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に再分類された。
                              (中略)
     (e)  IAS 第39号のもとで「売却可能金融資産」として分類された負債性金融商品325百万ユーロがSPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとでは
      「純損益を通じて公正価値で測定            の 金融資産」に分類された。
     (f)  主に手元流動性の有価証券ポートフォリオに該当する、回収および売却目的保有の事業モデルの中で管理されている負債性金融商品32,073百万ユーロ
      がIFRS第9号のもとで「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類された。この再分類は期首株主持分に何ら影響を与え
      なかった。
      IAS 第39号のもとでは「売却可能金融資産」として分類されていた負債性金融商品15,212百万ユーロがIFRS第9号のもとで償却原価で測定される資産と
      して再分類された。当該再分類は期首株主持分に                  何ら  影響を与えなかった。
                              (中略)
     (j) これらは、IAS第39号のもとで「貸付金および債権」に分類されていた                         貸付金および債権      であるが、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもと
      で149百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類されている。
                              (中略)
     分類変更および新規引当金規則の実施の影響は本財務書類のセクション5.                              3.6 §1に記載されている。
       <訂正後>

                              (前略)

     (b)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定          する  と指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた変動利付証券                                      242
      百万ユーロが     IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。
     (c)  IAS 第 39 号のもとで「公正価値で測定すると指定された金融資産」として分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されてきた貸付金および債
      権 2,421  百万ユーロが     IFRS  第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として分類された。貸付金および債権3,691百万ユーロ
      が、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとでは「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産                                       」 に再分類された。
                              (中略)
     (e)  IAS 第39号のもとで「売却可能金融資産」として分類された負債性金融商品325百万ユーロがSPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとでは
      「純損益を通じて公正価値で測定            する  金融資産」に分類された。
     (f)  主に手元流動性の有価証券ポートフォリオに該当する、回収および売却目的保有の事業モデルの中で管理されている負債性金融商品32,073百万ユーロ
      がIFRS第9号のもとで「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類された。この再分類は期首株主持分に何ら影響を与え
      なかった。
      IAS 第39号のもとでは「売却可能金融資産」として分類されていた負債性金融商品15,212百万ユーロがIFRS第9号のもとで償却原価で測定される資産と
      して再分類された。当該再分類は期首株主持分に                  重要な  影響を与えなかった。
                              (中略)
     (j) これらは、IAS第39号のもとで「貸付金および債権」に分類されていた                         負債性金融商品      であるが、SPPIテストを満たさなかったためIFRS第9号のもとで
      149百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」として再分類されている。
                              (中略)
     分類変更および新規引当金規則の実施の影響は本財務書類のセクション5.                              1.6 §1に記載されている。
     金融負債

       <訂正前>

                                102/141



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                                                   2018 年1月1日
     IAS 第39号のもとでの金融負債                  IFRS 第9号のもとでの区分
                                           注記
                                               IAS 第39号のもとで      IFRS 第9号のもと
                                                の帳簿価額       での帳簿価額
                                                (百万ユーロ)       (百万ユーロ)
                              (中略)

     合計                                            1,259,850       1,258,973
     (a)  IAS 第 39 号のもとで「純損益を通じて公正価値で測定に指定された金融負債」に分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた買戻し条
      件付売却有価証券は、        IFRS  第9号のもとでは34,965百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融                             資産  」として分類されている。
     (b)  IAS 第 39 号のもとで「金融機関および顧客に対する債務」に分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた買戻し条件付売却有価証券
      は、  IFRS  第9号のもとでは63,165百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融                             資産  」として分類されている。
       <訂正後>

                                                   2018 年1月1日

     IAS 第39号のもとでの金融負債                  IFRS 第9号のもとでの区分
                                           注記
                                               IAS 第39号のもとで      IFRS 第9号のもと
                                                の帳簿価額       での帳簿価額
                                                (百万ユーロ)       (百万ユーロ)
                              (中略)

     合計                                            1,259,850       1,258,873
     (a)  IAS 第 39 号のもとで「純損益を通じて公正価値で測定に指定された金融負債」に分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた買戻し条
      件付売却有価証券は、        IFRS  第9号のもとでは34,965百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融                             負債  」として分類されている。
     (b)  IAS 第 39 号のもとで「金融機関および顧客に対する債務」に分類され、トレーディング事業モデルの中で管理されていた買戻し条件付売却有価証券
      は、  IFRS  第9号のもとでは63,165百万ユーロの「純損益を通じて公正価値で測定する金融                             負債  」として分類されている。
                                103/141











                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.  予想信用損失の減損または引当金に対する適用変更の影響

       <訂正前>

                              (前略)

                             IAS 第39号        再分類       IFRS  第9号の       IFRS  第9号

     減損および引当金の調整表(百万ユーロ               )
                            のもとでの減損                   影響      のもとでの減損
                            または引当金                         または引当金

                              (中略)

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債                           107        (53)         3        57

     性金融商品でその後に純損益に分類可能なもの
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

                             IAS 第39号        再分類       IFRS  第9号の       IFRS  第9号

     減損および引当金の調整表(百万ユーロ               )
                            のもとでの減損                   影響      のもとでの減損
                            または引当金                         または引当金

                              (中略)

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する                   売却        107        (53)         3        57

     可能  負債性金融商品でその後に純損益に分類可能な
     もの
                              (後略)

                                104/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記1 一般的背景

     1.2   保証の仕組

       <訂正前>

                              (前略)

     共同保証会社(ポピュレール銀行が行った貸付金に保証を与えることを唯一の目的とする会社)は、                                          フランス通貨金融法典第R.515-1
     条に基づき共同認可された           当該ポピュレール銀行による流動性および適正自己資本の保証適用対象となる。
                              (中略)
     各LSCの流動性および適正自己資本は、まず個々のLSCのレベルで当該LSC                              の 株主であるケス・デパーニュ(貯蓄銀行)により保証され
     る。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     共同保証会社(ポピュレール銀行が行った貸付金に保証を与えることを唯一の目的とする会社)は、当該ポピュレール銀行による流動
     性および適正自己資本の保証適用対象となる。
                              (中略)
     各LSCの流動性および適正自己資本は、まず個々のLSCのレベルで当該LSC                              が 株主であるケス・デパーニュ(貯蓄銀行)により保証され
     る。
                              (後略)
     1.3   重要な事象

     ケス・デパーニュ・グラン・テスト・ウロップの設立

       <訂正前>

     2018年6月23日にケス・デパーニュ・ダルザスおよびロレーヌ・シャンパーニュ=アルデンヌの年次株主総会は、両貯蓄銀行間の合併

     を承認した。ケス・デパーニュ・グラン・テスト・ウロップの設立は、最初のケス・デパーニュ(貯蓄銀行)がフランスで設立されて
     から実に200年後にあたる。
       <訂正後>

     2018年6月23日にケス・デパーニュ・ダルザスおよびロレーヌ・シャンパーニュ=アルデンヌの年次株主総会は、両貯蓄銀行間の合併

     契約  を承認した。ケス・デパーニュ・グラン・テスト・ウロップの設立は、最初のケス・デパーニュ(貯蓄銀行)がフランスで設立さ
     れてから実に200年後にあたる。
     1.4   後発事象

     グループBPCEへのクレディ・フォンシエ業務の統合プロジェクト

     当該プロジェクトの範囲および位置づけ
       <訂正前>

     BPCE監査委員会およびクレディ・フォンシエ取締役会は、それぞれ2018年6月25日および26日に、クレディ・フォンシエの事業セク

     ターおよび顧客のニーズに応える目的でクレディ・フォンシエ業務および従業員のグループBPCEへの統合プロジェクトをスタートさせ
     ることを原則的に承認した。当該プロジェクトは、クレディ・フォンシエの知識および専門的ノウハウをグループBPCE各社に統合させ
     ることに重点を置く。
                                105/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)
       <訂正後>

     BPCE監査委員会およびクレディ・フォンシエ取締役会は、それぞれ2018年6月25日および26日に、クレディ・フォンシエの事業セク

     ターおよび顧客の        新たな   ニーズに応える目的でクレディ・フォンシエ業務および従業員のグループ                               の BPCEへの統合プロジェクトをス
     タートさせることを原則的に承認した。当該プロジェクトは、クレディ・フォンシエの知識および専門的ノウハウをグループBPCE各社
     に統合させることに重点を置く。
                              (後略)
     注記2 適用する会計基準および比較可能性

     2.2   会計基準

       < 訂正前   >

                              ( 前略  )

     IFRS第9号はIAS第39号を置き換えるものであり、金融資産および負債の分類および測定についての新規則、金融資産の信用リスクに
     関する新減損規則、ならびにヘッジ取引の会計処理(ただし目下IASが検討を進めている別個の会計基準が適用されることになるマク
     ロ・ヘッジは除かれる)を定める。
                              (中略)
     2017年11月3日付の規則に従って、当グループは保険部門と当グループの他の部門との間のあらゆる金融商品の移転(かかる移転を行
     えば移転企業側において認識の中止がもたらされる。)を禁止するための必要措置を実施した。ただしかかる禁止は関与する二つの部
     門が純損益を通じて公正価値で測定する金融商品を移転させる場合には適用されない。
                              (中略)
     ● 取引価格を算定する。
                              ( 後略  )
       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     IFRS第9号はIAS第39号を置き換えるものであり、金融資産および負債の分類および測定についての新規則、金融資産の信用リスクに
     関する新減損規則、ならびにヘッジ取引の会計処理(ただし目下IAS                            Bが検討を進めている別個の会計基準が適用されることになるマク
     ロ・ヘッジは除かれる)を定める。
                              (中略)
     2017年11月3日付の規則に従って、当グループは保険部門と当グループの他の部門との間のあらゆる金融商品の移転(かかる移転を行
     えば移転企業側において認識の中止がもたらされる。)を禁止するための必要措置を実施した。ただしかかる禁止は関与する二つの部
     門が純損益を通じて公正価値で測定する金融商品を移転させる場合には適用されない。
     IFRS  第9号において利用可能なオプションの下、グループBPCEは財務諸表内の比較情報として記載している過年度数値について修正再
     表示をしないこととした。
                              (中略)
     ● 全体的な    取引価格を算定する。
                              ( 後略  )
       < 訂正前   >

     IFRS  第 16 号

     IFRS第16号「リース」は、IAS第17号「リース」およびリース契約の会計処理に関連する解釈指針を置き換えるものである。当該会計
     基準は欧州     連合  によって2017年10月31日に採用された。同会計基準は2019年1月1日付で適用される。
                              (後略)
       <訂正後>

                                106/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     公表済みかつ未適用の新しい基準
     IFRS  第 16 号
     IFRS第16号「リース」は、IAS第17号「リース」およびリース契約の会計処理に関連する解釈指針を置き換えるものである。当該会計
     基準は欧州     委員会   によって2017年10月31日に採用された。同会計基準は2019年1月1日付で適用される。
                              (後略)
     IFRS  第17号

       <訂正前>

                              (前略)

     IFRS第17号のもとでの変更の重要性に鑑み、グループBPCEの各保険会社は影響分析を開始し、2018事業年度上半期                                               は IFRS第17号が適用
     された際にあらゆる側面から同基準を理解できるよう、特別の組織的取組みを                                以下の分野で      展開した。モデリング、システムおよび組
     織の調整、財務書類の作成、インベスター・リレーションズおよび変更管理である。
       <訂正後>

                              (前略)

     IFRS第17号のもとでの変更の重要性に鑑み、グループBPCEの各保険会社は影響分析を開始し、2018事業年度上半期                                               に IFRS第17号が      以下
     の各種プロジェクトに         適用された際にあらゆる側面から同基準を理解できるよう、特別の組織的取組みを展開した。モデリング、シス
     テムおよび組織の調整、財務書類の作成、インベスター・リレーションズおよび変更管理である。
     注記3 会計方針および測定の方法

     3.1   金融資産および負債

     3.1.1    金融資産の分類の原則

     契約上のキャッシュ・フローの種類:SPPI(元本および利息の支払いのみ)テスト
       <訂正前>

                              (前略)

     定性的分析により明確に決定することができない場合には定量的分析(ベンチマーク・テスト)                                        により   が実施される。テストにおいて
     は当該資産の契約上のキャッシュ・フローとベンチ・マーク資産の契約上のキャッシュ・フローとの比較を必要とする。
                              ( 中略  )
     ノンリコースローン(例:インフラ・ファイナンス型のプロジェクト・ファイナンス)は、物上担保のみによって担保されている貸付
     金である。借入人に対する求償の可能性がないのであれば、当該貸付金がSPPI資産として区分されるためには、以下のような他に可能
     な求償またはプロテクション・メカニズムのストラクチャーを貸手のために検討しなければならない。原資産の取得、担保の徴求(保
     証金、マージン・コール等)、信用補完措置の確保等である。
       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     定性的分析により明確に決定することができない場合には定量的分析(ベンチマーク・テスト)が実施される。テストにおいては当該
     資産の契約上のキャッシュ・フローとベンチ・マーク資産の契約上のキャッシュ・フローとの比較を必要とする。
                              ( 中略  )
     ノンリコースローン(例:インフラ・ファイナンス型のプロジェクト・ファイナンス)は、物上担保のみによって担保されている貸付
     金である。借入人に対する求償の可能性がないのであれば、当該貸付金がSPPI資産として区分されるためには、                                              デフォルトに際して        以
     下のような他に可能な求償またはプロテクション・メカニズムのストラクチャーを貸手のために検討しなければならない。原資産の取
     得、担保の徴求(保証金、マージン・コール等)、信用補完措置の確保等である。
     3.1.2    償却原価で測定する金融資産

       <訂正前>

                                107/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     償却原価で測定する金融資産には、金融機関および顧客に対する貸付金および債権ならびに財務省証券および債券などの有価証券が含

     まれる。
                              (中略)
     新規に実行した貸付金に直接帰属する収益は、主に顧客に賦課する案件組成報酬、付替え費用およびコミットメント手数料(貸付実行

     の可能性が高い場合)である。実行に至る可能性の低い金融コミットメントについて受領したコミットメント手数料は、定額法でコ
     ミットメント期間にわたり償却される。
                              (後略)
       <訂正後>

     償却原価で測定する金融資産には、金融機関および顧客に対する貸付金および債権ならびに財務省証券および債券などの                                                  償却原価で測

     定する   有価証券が含まれる。
                              (中略)
     新規に実行した貸付金に直接帰属する収益は、主に顧客に賦課する案件組成報酬、付替え費用およびコミットメント手数料(貸付実行

     の可能性    の方  が 実行しない可能性より         高い場合)である。実行に至る可能性の低い金融コミットメントについて受領したコミットメン
     ト手数料は、定額法でコミットメント期間にわたり償却される。
                              (後略)
     3.1.3    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     これらの資産は、当初認識日および各貸借対照表日に公正価値で測定される。これらの金融商品の公正価値の期中の変動、利息、配当

     金、売却による利得または損失は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」に計上される。ただし非
     SPPIの負債性金融       商品  はその限りでなく、その利息は「受取利息」に計上される。
       <訂正後>

                              (前略)

     これらの資産は、当初認識日および各貸借対照表日に公正価値で測定される。これらの金融商品の公正価値の期中の変動、利息、配当

     金、売却による利得または損失は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」に計上される。ただし非
     SPPIの負債性金融       資産  はその限りでなく、その利息は「受取利息」に計上される。
     3.1.4    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     純損益への事後的振替が不能なその他の包括利益を通じて測定の指定は、売買目的保有ではない資本性金融商品のみについて金融商品

     ごとに適用される取消不能のオプションである。実現および未実現の減損損失は資本勘定に計上されるため損益計算書には影響しな
     い。当該金融      商品  は減損処理を行わない。
                              (中略)
     配当金は、これらが投資に対するリターンに該当する場合に限り損益計算書に影響を及ぼす。当該配当金は、「その他の包括利益を通

     じて公正価値      を 測定する金融商品の正味利得または損失」に計上する。
       <訂正後>

                              (前略)

                                108/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     純損益への事後的振替が不能なその他の包括利益を通じて                        公正価値での      測定の指定は、売買目的保有ではない資本性金融商品のみにつ

     いて金融商品ごとに適用される取消不能のオプションである。実現および未実現の減損損失は資本勘定に計上されるため損益計算書に
     は 影響しない。当該金融         資産  は減損処理を行わない。
                              (中略)
     配当金は、これらが投資に対するリターンに該当する場合に限り損益計算書に影響を及ぼす。当該配当金は、「その他の包括利益を通

     じて公正価値      で 測定する金融商品の正味利得または損失」に計上する。
     3.1.6    負債性金融商品および資本性金融商品

     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

       <訂正前>

                              (前略)

     これらの負債は、当初認識時点および各貸借対照表日の公正価値で測定される。当該金融商品の期間中の公正価値の変動、利息、利得

     または損失は「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」で認識される。ただし、自己の信用リスクの変動
     に起因する公正価値の変動はこの限りでなく、これは2016年1月1日以降、「資本に直接認識される利得および損失」の「純損益を通
     じて公正価値で測定すると指定された金融負債に係る自己の信用リスクの再評価差額金」に計上されている。当該負債が満期日より前
     に認識が中止された場合(例えば期限前償還)、自己の信用リスクに帰属する公正価値の利得または損失は、資本の部の利益剰余金に
     直接振り替えられる。
       <訂正後>

                              (前略)

     これらの負債は、当初認識時点および各貸借対照表日の公正価値で測定される。当該金融商品の期間中の公正価値の変動、利息、利得

     または損失は「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失」で認識される。ただし、                                             純損益を通じて公正価値
     で測定する金融負債に係る           自己の信用リスクの変動に起因する公正価値の変動はこの限りでなく、これは2016年1月1日以降、「資本
     に直接認識される利得および損失」の「純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融負債に係る自己の信用リスクの再評価差
     額金」に計上されている。当該負債が満期日より前に認識が中止された場合(例えば期限前償還)、自己の信用リスクに帰属する公正
     価値の利得または損失は、資本の部の利益剰余金に直接振り替えられる。
    次へ


                                109/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.1.8    デリバティブ金融商品およびヘッジ会計

     ヘッジ目的デリバティブ
       <訂正前>

     ヘッジ開始時においてヘッジ関係に関する公式文書が存在し、その文書がヘッジ戦略、ヘッジされるリスク、ヘッジの対象項目の指定

     と特性およびヘッジ手段を識別している場合には、当該ヘッジ関係はヘッジ会計の要件を満たす。加えて開始時にヘッジの有効性を立
     証し、開始後も確認をする必要がある。
                              (後略)
       <訂正後>

     ヘッジ開始時においてヘッジ関係に関する公式文書が存在し、その文書がヘッジ戦略、ヘッジされるリスク                                            の種類   、ヘッジの対象項目

     の指定と特性およびヘッジ手段を識別している場合には、当該ヘッジ関係はヘッジ会計の要件を満たす。加えて開始時にヘッジの有効
     性を立証し、開始後も確認をする必要がある。
                              (後略)
     公正価値ヘッジ

       <訂正前>

     公正価値ヘッジは、貸借対照表に計上されている資産もしくは負債または確定したコミットメント契約                                          (特に固定金利の資産もしくは

     負債の金利リスク)        の公正価値の変動に対するエクスポージャーの削減を意図している。
                              (後略)
       <訂正後>

     公正価値ヘッジは、貸借対照表に計上されている資産もしくは負債または確定したコミットメント契約の公正価値の変動に対するエク

     スポージャー      (特に固定金利の資産もしくは負債の金利リスク)                     の削減を意図している。
                              (後略)
     ポートフォリオ・ヘッジ(マクロヘッジ)の個別事例

     キャッシュ・フロー・ヘッジとしての文書化
       <訂正前>

                              (前略)

     事後的検証では実施したヘッジの事後的な有効性について各                         報告  日に計算を行う。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     事後的検証では実施したヘッジの事後的な有効性について各                         貸借対照表     日に計算を行う。
                              (後略)
       <訂正前>

     在外営業活動体       の純投資ヘッジ

                              (後略)
       <訂正後>

                                110/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     外国通貨    の純投資ヘッジ
                              (後略)
     3.1.9    公正価値の決定

     公正価値ヒエラルキー
     単純な   金融商品    :

       <訂正前>

     ほとんどの店頭デリバティブ、スワップ、                  信用デリバティブ、        金利先渡契約、キャップ、フロアーおよび                  単純な   オプションは、活発な

     市場(すなわち売買が経常的に発生する流動性の高い市場)で売買されている。
                              (後略)
       <訂正後>

     ほとんどの店頭デリバティブ、スワップ、                  信用デリバティブ、        金利先渡契約、キャップ、フロアーおよび                  プレーン・バニラ・        オプショ

     ンは、活発な市場(すなわち売買が経常的に発生する流動性の高い市場)で売買されている。
                              (後略)
     レベル3    : 観察不能の市場インプットを用いる評価

       <訂正前>

                              (前略)

     IFRS第9号のもとでは、デイワン利益は、市場参加者が値付けにおいて考慮する要素の変動によって発生した場合においてのみ(すな
     わち評価に使用するモデルおよびインプットが観察可能な場合に限り)認識されるものとしている。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     IFRS第9号のもとでは、デイワン利益は、市場参加者が値付けにおいて考慮する要素の変動によって発生した場合においてのみ(すな
     わち評価に使用するモデルおよび              パラメータ・      インプットが観察可能な場合に限り)認識されるものとしている。
                              (後略)
     3.1.10     金融商品の予想信用損失の減損または引当金

     償却原価およびその他の包括利益を通じて公正価値で測定する資産の減損ならびに金融コミットメントおよび保証コ
     ミットメントの引当金設定
       <訂正前>

                              (前略)

     ステージ2(S2)
                              (中略)
     ● 受取利息は、帳簿価額総額に適用される実効金利法によって純損益に認識する。
     ステージ3(S3)
     ● IFRS第9号の意義の範囲内の不良債権はこのカテゴリーに移される。当該金融商品の当初認識後に発生した信用リスクを示す事象に
      より減損損失の客観的な証拠が存在している。このカテゴリーは、IAS第39号のもとでそうであったように、金融機関の健全性要件
      に関する2013年6月26日付EU規則第178条に定義されるとおり、債務不履行事象が識別された債権もカバーする。
     ● 信用リスクに係る減損および引当金は、当該債権の回収可能価額(すなわち担保の効果を勘案した見積                                          将来  回収可能キャッシュ・フ
      ローの現在価値)を基礎に置く当該金融商品の全期間の予想信用損失に基づいて計算される。
                                111/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     またIFRS第9号は、購入または組成した信用減損のある(POCI)金融商品を区別して扱う。購入または組成した金融資産であって当初
     認識時に信用リスク        があり   、かつ企業が当該認識時に契約上のキャッシュ・フローのすべてが回収可能とは期待していない金融資産が
     これにあたる。当初認識に際し信用の質に基づき実効金利は調整される必要があり、見積回収可能キャッシュ・フローは予想信用損失
     を考慮に入れる。当該回収可能キャッシュ・フローは、各報告日に企業により再見積もりされる。当初認識時に見積もられた回収可能
     キャッシュ・フローの水準との比較で変動があれば、損益計算書に減損費用または戻入を認識する。これらの金融資産は当初認識時に
     ステージ3に区分されるが、当該信用リスクが改善すればステージ2に振り替えられるオプションがある。
                              (中略)
     これらの少数の例外を除き、信用リスクの著しい増大は、すべての合理的かつ正当な情報を考慮し、さらに事業年度末の当該金融                                                      資産
     のデフォルト・リスクと当初認識時のデフォルト・リスクを比較することにより、個別ベースで評価される。カウンターパーティー・
     ベース・アプローチ(対象カウンターパーティーに対するすべての貸付金への直接感染原理の適用)も同じような結果が得られるので
     あれば有効である。リスクの増加の測定                 は ほとんどの場合、取引が個別に減損する(ステージ3)前にステージ2                             の増加をもたらす       。
                              (中略)
     これらのすべてのローン・ポートフォリオについて、リスクの増大の測定に使用する格付けは、社内システムによる格付けが利用可能
     であればこれに相当し、社内格付けが利用不能の場合には外部格付けがこれに相当する。
                              (中略)
     ● 個別ベースまたはポートフォリオベースで減損の客観的証拠が存在すること。当該貸付金の当初認識後に発生したカウンターパー
      ティー・リスクを識別する「トリガー事象」または「損失事象」が存在していること。個別ベースでは、かなり確度での信用リスク
      は、金融機関の健全性要件に関する2013年6月26日付欧州規則第575-2013号の第178条に定義されるデフォルト事象から発生する。
      減損の客観的証拠には、少なくとも3ヵ月の支払延滞が生じていること、または延滞の有無を問わずカウンターパーティーの債務の
      一部もしくは全部が回収されない事態や法的手続の開始につながる財政上の困難にカウンターパーティーが遭遇していることが含ま
      れる。
                              (中略)
     予想信用損失を測定する目的のために、金融商品の契約条件と一体部分を構成し                                 金融商品から切り離されているとの認識を                  企業  も有  し
     ていない担保資産およびその他の信用補完が予想キャッシュ・フローの不足額の見積にあたり斟酌される。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     ステージ2(S2)
                              (中略)
     ● 受取利息は、      当該金融商品の減損前の          帳簿価額総額に適用される実効金利法によって純損益に認識する。
     ステージ3(S3)
     ● IFRS第9号の意義の範囲内の不良債権はこのカテゴリーに移される。当該金融商品の当初認識後に発生した信用リスクを示す事象に
      より減損損失の客観的な証拠が存在している                   債権を指す     。このカテゴリーは、IAS第39号のもとでそうであったように、金融機関の
      健全性要件に関する2013年6月26日付EU規則第178条に定義されるとおり、債務不履行事象が識別された債権もカバーする。
     ● 信用リスクに係る減損および引当金は、当該債権の回収可能価額(すなわち担保の効果を勘案した見積回収可能                                              将来  キャッシュ・フ
      ローの現在価値)を基礎に置く当該金融商品の全期間の予想信用損失に基づいて計算される。
                              (中略)
     またIFRS第9号は、購入または組成した信用減損のある(POCI)金融商品を区別して扱う。購入または組成した金融資産であって当初
     認識時に信用リスク        により既に減損が発生しており             、かつ企業が当該認識時に契約上のキャッシュ・フローのすべてが回収可能とは期
     待していない金融資産がこれにあたる。当初認識に際し信用の質に基づき実効金利は調整される必要があり、見積回収可能キャッ
     シュ・フローは予想信用損失を考慮に入れる。当該回収可能キャッシュ・フローは、各報告日に企業により再見積もりされる。当初認
     識時に見積もられた回収可能キャッシュ・フローの水準との比較で変動があれば、損益計算書に減損費用または戻入を認識する                                                     が、実
     効金利には影響しない         。これらの金融資産は当初認識時にステージ3に区分されるが、当該信用リスクが改善すればステージ2に振り
     替えられるオプションがある。
                              (中略)
     これらの少数の例外を除き、信用リスクの著しい増大は、すべての合理的かつ正当な情報を考慮し、さらに事業年度末の当該金融                                                      商品
     のデフォルト・リスクと当初認識時のデフォルト・リスクを比較することにより、個別ベースで評価される。カウンターパーティー・
     ベース・アプローチ(対象カウンターパーティーに対するすべての貸付金への直接感染原理の適用)も同じような結果が得られるので
     あれば有効である。リスクの増加の測定                 により、    ほとんどの場合、取引が個別に減損する(ステージ3)前にステージ2                              に認識され
     る 。
                              (中略)
     これらのすべてのローン・ポートフォリオについて、リスクの増大の測定に使用する格付けは、社内システムによる格付けが利用可能
     であれば    それにより作成される格付けが             これに相当し、社内格付けが利用不能の場合には外部格付けがこれに相当する。
                              (中略)
                                112/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ● 個別ベースまたはポートフォリオベースで減損の客観的証拠が存在すること。当該貸付金の当初認識後に発生したカウンターパー
      ティー・リスクを識別する「トリガー事象」または「損失事象」が存在していること。個別ベースでは、かなり確度での信用リスク
      は、  金融機関の健全性要件に関する2013年6月26日付欧州規則第575-2013号の第178条に定義されるデフォルト事象から発生する。
      減損の客観的証拠には、少なくとも3ヵ月の支払延滞が生じていること、または延滞の有無を問わずカウンターパーティーの債務の
      一部もしくは全部が回収されない事態                の予想   や法的手続の開始につながる財政上の困難にカウンターパーティーが遭遇していること
      が含まれる。
                              (中略)
     予想信用損失を測定する目的のために、金融商品の契約条件と一体部分を構成し                                 、 企業  が別個に認識      していない担保資産およびその他
     の信用補完が予想キャッシュ・フローの不足額の見積にあたり斟酌される。
                              (後略)
     3.1.12     金融資産および負債の認識の中止

       <訂正前>

                              (前略)

     ある金融資産の      全額について      認識を中止した場合、処分損益(当該資産の帳簿価額と受領対価の差額を反映)が損益計算書に計上され
     る。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     ある金融資産の認識を中止した場合、処分損益(当該資産の帳簿価額と受領対価の差額を反映)が損益計算書に計上される。
                              (後略)
     金融負債に重要な変更をもたらす取引

       <訂正前>

                              (前略)

     当グループは上記以外に発行体の変更(同一グループ間であっても)や通貨の変更も重要な変更と考える

       <訂正後>

                              (前略)

     当グループは上記以外に発行体の変更(同一グループ間であっても)や通貨の変更も重要な変更と考える                                           ことができる。

     3.7   保険業務


     3.7.2    証券

     満期保有目的金融資産
       <訂正前>

                              (前略)

     満期保有目的金融資産は、直接取引費用を含めて当初時点に公正価値で計上される。その後は、重要度に応じて、プレミアム、ディス
     カウントおよび取得手数料を含めて実効金利法を用いて償却原価で測定される。
                                113/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正後>

                              (前略)

     満期保有目的金融資産は、           その取得に     直接  起因する    取引費用を含めて当初時点に公正価値で計上される。その後は、重要度に応じて、
     プレミアム、ディスカウントおよび取得手数料を含めて実効金利法を用いて償却原価で測定される。
     3.7.3    純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融資産および負債

       <訂正前>

     業績管理および測定         と の会計処理     の調和

     このオプションは公正価値で管理・測定される資産および/または負債グループに適用される。ただし当該オプションが正式に文書化
     されたリスク管理または投資戦略に基づき、かつ当グループに関する情報が公正価値ベースで社内的に報告されていることが条件にな
     る。
     かかる状況は主にナティクシスの資本市場業務に関連して発生する。
       <訂正後>

     業績管理および測定         の会計処理     の調和

     このオプションは公正価値で管理・測定される資産および/または負債グループに適用される。ただし当該オプションが正式に文書化
     されたリスク管理または投資戦略に基づき、かつ当グループに関する情報が公正価値ベースで社内的に報告されていることが条件にな
     る。
     注4 貸借対照表に対する注記

     4.1   純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および負債

     ▶ .1.2    純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

       <訂正前>

                              (前略)

                           2018 年6月30日                   2018 年1月1日

                    トレーディング目       純損益を通じて公             トレーディング目       純損益を通じて公

                    的で発行された金       正価値で測定する         合計     的で発行された金       正価値で測定する         合計
                        融負債   と指定された金融               融負債     と指定された金融
     百万ユーロ                          負債                  負債
                              (中略)

     非劣後負債証券                    302      23,893       24,285        303      22,690       22,993

                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

                                114/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                           2018 年6月30日                   2018 年1月1日
                    トレーディング目       純損益を通じて公             トレーディング目       純損益を通じて公

                    的で発行された金       正価値で測定する         合計     的で発行された金       正価値で測定する         合計
                        融負債   と指定された金融               融負債     と指定された金融
     百万ユーロ                          負債                  負債
                              (中略)

     非劣後負債証券                    302      23,983       24,285        303      22,690       22,993

                              (中略)

                              (後略)

                                115/141
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ▶ . 2  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     (2)  非支配分に帰属する部分を含む(2018年6月30日現在:                   僅少 、2017年12月31日現在:6百万ユーロ)

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     (2)  非支配  持 分に帰属する部分を含む(2018年6月30日現在:                重要でない金額     、2017年12月31日現在:6百万ユーロ)

                              (後略)

     4.3   金融資産および負債の公正価値

     4.3.1    金融資産および負債の公正価値ヒエラルキー

       <訂正前>

                              (前略)

                                          2018 年6月30日

                             活発な市場における        観察可能なデータを用

                                            観察不能なデータを用
                               公表価格       いる評価技法
                                              いる評価技法
     百万ユーロ                          (レベル1)        (レベル2)                 合計
                                              (レベル3)
     金融資産
                              (中略)

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産                             32,075        1,713        2,131        35,919

                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

                             活発な市場における        観察可能なデータを用

                                            観察不能なデータを用
                               公表価格       いる評価技法
                                              いる評価技法
     百万ユーロ                          (レベル1)        (レベル2)                 合計
                                              (レベル3)
     金融資産
                              (中略)

                                116/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産                             32,044        1,744        2,131        35,919
                              (中略)

                              (後略)

                                117/141



















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

                                        観察可能な

                                         データを
                                 活発な市場
                                          用いる
                                 における
                                                観察不能な
                                                 データを
                                 公表価格        評価技法
                                                  用いる
                                                 評価技法
     百万ユーロ                            (レベル1)        (レベル2)                  合計
                                                (レベル3)
     金融負債
                              (中略)

     デリバティブ                                      778        529       1,298

     金利デリバティブ                                      728        520       1,298

                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                                        観察可能な

                                         データを
                                 活発な市場
                                          用いる
                                 における
                                                観察不能な
                                                 データを
                                 公表価格        評価技法
                                                  用いる
                                                 評価技法
     百万ユーロ                            (レベル1)        (レベル2)                  合計
                                                (レベル3)
     金融負債
                              (中略)

     デリバティブ                                      778        520       1,298

     金利デリバティブ                                      728        520       1,248

                              (中略)

                              (後略)

                                118/141





                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.3.2    公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された金融資産および負債の状況

       <訂正前>

                              (前略)

                       当期中に認識された利得および損失

                            (1)

                       損益計算書に計上            当期中に実行した取引         当期中に行った振替
                      報告日時点

                           報告日時点
                      において                     他の報告
                           に貸借対照
                                                    その他の
               2018 年      進行中の                     区分への    他のレベル
                           表から除か             売却/                2018 年6月30
                                                      (2)
     百万ユーロ
               1月1日         取引    れた取引    資本に計上    購入/発行     買戻し     振替    との振替    変動     日
     金融負債

                              (中略)

     純損益を通じて公正価値で

     測定する金融    資産 - 売買目
     的保有           3,232        425    (373)        1,402    (1,230)     (110)     (90)    0    3,256
                              (中略)

                              (中略)

     (2) その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産から                   IFRS 第5号に基づ    く 「売却目的で保有する金融資産」グループ             への75百万ユーロの      再分類を含む。その他の変動に

      は特に連結範囲の変更および為替換算差額が含まれる。
                              ( 後略  )

       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

                       当期中に認識された利得および損失

                            (1)

                       損益計算書に計上            当期中に実行した取引         当期中に行った振替
                      報告日時点

                           報告日時点
                      において                     他の報告
                           に貸借対照
                                                    その他の
               2018 年      進行中の                     区分への    他のレベル
                           表から除か             売却/                2018 年6月30
                                                      (2)
     百万ユーロ
               1月1日         取引    れた取引    資本に計上    購入/発行     買戻し     振替    との振替    変動     日
     金融負債

                              (中略)

     純損益を通じて公正価値で

     測定する金融    負債 - 売買目
       (3)
     的保有           3,232        425    (373)        1,402    (1,230)     (110)     (90)    0    3,256
                              (中略)

                                119/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     (2) IFRS 第5号に基づ    き、 その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産から                   「売却目的で保有する金融資産」グループ             に 再分類  された75百万ユーロ      を含む。その他の変

      動には特に連結範囲の変更および為替換算差額              による影響   が含まれる。
                              (後略)

                                120/141



















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.3.3    公正価値ヒエラルキー間の振替状況
         <訂正前>

                              (前略)

                                       2018  年6月30日終了上半期

                          ~から       レベル1        レベル2        レベル2        レベル3

                           ~へ      レベル2        レベル1        レベル3        レベル2

     百万ユーロ
     金融  資産                             15        23        1       90
                              (中略)

                              ( 後 略)

         <訂正後>

                              (前略)

                                       2018  年6月30日終了上半期

                          ~から       レベル1        レベル2        レベル2        レベル3

                           ~へ      レベル2        レベル1        レベル3        レベル2

     百万ユーロ
     金融  負債                             15        23        1       90
                              (中略)

                              ( 後 略)

    次へ


                                121/141








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.4   償却原価で測定する資産

     4.4.1    償却原価で測定する有価証券

       <訂正前>

                              (前略)

     償却原価で測定する負債証券の             2018年6月30日現在の         内訳は以下のとおりである。
                              ( 後略  )
       < 訂正後   >

                              ( 前略  )

     償却原価で測定する負債証券の内訳は以下のとおりである。
                              ( 後略  )
     4.4.2    償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権

       <訂正前>

                              (前略)

     償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権の                        2018年6月30日現在の         内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権の内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
     4.4.3    償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権

       <訂正前>

                              (前略)

     償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権の                      2018年6月30日現在の         内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     償却原価で測定する顧客に対する貸付金および債権の内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
                                122/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.6   のれん

       <訂正前>

     2018  事業年度上半期      の事業に関連するのれんは、連結範囲に関する注記                     の枠組み    に沿って分析している         。

                              (中略)

     (1)  バーミリオン     の取得で計上した      10 百万ユーロ、フェンチャーチの取得で計上した                 37 百万ユーロおよび      Alter  CE (Comit  éo) の取得で計上した18百万ユー

      ロを含む。
                              (後略)

       < 訂正後   >

     2018  事業年度上半期      の事業に関連するのれんは、連結範囲に関する注記に沿って分析している                              。

                              (中略)

     (1)  バーミリオン     の取得で   のれんとして     計上した   10 百万ユーロ、フェンチャーチの取得で              のれんとして     計上した   37 百万ユーロおよび      Alter  CE (Comit  éo) の

      取得で  のれんとして     計上した18百万ユーロを含む。
                              (後略)

                                123/141













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.13    金融資産と金融負債の相殺

       <訂正前>

                              (前略)

     これらの金融商品について、            下表の欄の     「関連金融資産および担保として差入れた金融商品」および「関連金融負債および担保として
     徴求した金融商品」に該当するのは特に次のものである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     これらの金融商品について、「関連金融資産および担保として差入れた金融商品」および「関連金融負債および担保として徴求した金
     融商品」に該当するのは特に次のものである。
                              (後略)
     注記5 損益計算書に対する注記


     5 .2   受取報酬および手数料ならびに支払報酬および手数料

       <訂正前>

                              (前略)

     この勘定科目には、継続的サービス(支払処理手数料、証券保管料など)および非継続的サービス(資金振込、違約金支払など)の受
     取報酬および手数料または支払報酬および手数料、重要な取引の執行に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料、なら
     びに当グループの顧客のために管理している信託資産に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料が含まれる。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     この勘定科目には、        主に  継続的サービス(支払処理手数料、証券保管料など)および非継続的サービス(資金振込、違約金支払など)
     の受取報酬および手数料または支払報酬および手数料、重要な取引の執行に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料、
     ならびに当グループの顧客のために管理している信託資産に係る受取報酬および手数料または支払報酬および手数料が含まれる。
                              (後略)
     5.3   純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失

       <訂正前>

                              (前略)

     百万ユーロ                                              201 8事業年度   上半期

                              (中略)

                                124/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       公正価値ヘッジの公正価値の変動             額                                      (94)
                              (中略)

                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     百万ユーロ                                              201 8事業年度   上半期

                              (中略)

       公正価値ヘッジの公正価値の変動                                                   (94)

                              (中略)

                              (後略)

     5.6   その他の活動からの収益および費用

       <訂正前>

                              (前略)

     ● 投資不動産の収益および費用(賃貸               料、賃借料     、処分による利得および損失、減価償却費、償却費および減損損失)
                              ( 後略  )
       <訂正後>

                              (前略)

     ● 投資不動産の収益および費用(賃貸               による収益および費用         、処分による利得および損失、減価償却費、償却費および減損損失)
                              ( 後略  )
     注記6 保険業務

     6.1   貸借対照表に対する注記

     6.1.1    保険業務関連投資

     6.1.1.2     売却可能金融資産

       <訂正前>

                              (前略)

     (1)  2018  事業年度上半期の変動利付証券の恒久的減損                損失  は15百万ユーロであった。当該費用の89%は据置利益分配金により相殺された。2018事業年度上
      半期の費用の内訳は、既に減損処理している証券の追加的減損損失12百万ユーロおよび証券関連の新規減損引当金3百万ユーロである。
       <訂正後>

                              (前略)

                                125/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     (1)  2018  事業年度上半期の変動利付証券の恒久的減損は15百万ユーロであった。当該費用の89%は据置利益分配金により相殺された。2018事業年度上半期
      の費用の内訳は、既に減損処理している証券の追加的減損損失12百万ユーロおよび証券関連の新規減損引当金3百万ユーロである。
     6.1.2    保険業務関連投資の公正価値ヒエラルキー

       <訂正前>

                                         2018 年6月30日

                            活発な市場における        観察可能なデータを用い        観察不能なデータを用い

                              公表価格        る評価技法        る評価技法
                              (レベル1)        (レベル2)        (レベル3)         合計
     百万ユーロ
                              (中略)

      株式およびUCITS                            540        465                805
                              (後略)

       <訂正後>

                                         2018 年6月30日

                            活発な市場における        観察可能なデータを用い        観察不能なデータを用い

                              公表価格        る評価技法        る評価技法
                              (レベル1)        (レベル2)        (レベル3)         合計
     百万ユーロ
                              (中略)

      株式およびUCITS                            540        465                1,005
                              (後略)

                                126/141










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された保険業務関連投資の状況

       <訂正前>

                      当期中に認識された利得および損失               当期中に実行した取引         当期中に行った振替

                          損益計算書に計上

                       報告日時点

                            報告日時点
                        において
                           に貸借対照表
                                              他の報告
                                                   他の
                   2018 年
                                 資本に     購入/     売却/                 2018 年
                        進行中の
                           から除かれた
                                              区分への     レベル
                                                      その他の変
     百万ユーロ              1月1日
                         取引     取引   計上     発行    買戻し                6月30日
                                               振替    との振替     動
                               (中略)

     純 損 損益を通じて公正価値で測定すると

     指定された証券
                    1,461      (13)     (2)             (363)         (23)       1,060
                               (中略)

       <訂正後>

                      当期中に認識された利得および損失               当期中に実行した取引         当期中に行った振替

                          損益計算書に計上

                       報告日時点

                            報告日時点
                        において
                           に貸借対照表
                                              他の報告
                                                   他の
                   2018 年
                                 資本に     購入/     売却/                 2018 年
                        進行中の
                           から除かれた
                                              区分への     レベル
                                                      その他の変
     百万ユーロ              1月1日
                         取引     取引   計上     発行    買戻し                6月30日
                                               振替    との振替     動
                               (中略)

     純損益を通じて公正価値で測定すると指

     定された証券
                    1,461      (13)     (2)             (363)         (23)       1,060
                               (中略)

     注記8 セグメント報告

       <訂正前>

     グループBPCEは、2017年11月29日に提出されたTEC                      2020戦略計画      の一環として      同グループの事業ラインを再編し、わけ                 ても  投資ソ

     リューション部門、コーポレート&投資銀行業務部門および専門的金融サービス部門のそれぞれを分割する決定を行った。すなわち投
     資ソリューションのサブ部門である保険業務ラインおよび                        同じくサブ部門である         専門的金融サービスを「リテール銀行業務・保険業
     務」  事業  部門に移管した。
     今や当グループは、次の三つの中核的な                 事業  部門で編成される。
     「リテール銀行業務・保険業務」              事業  部門:同    事業  部門は以下を含む。
                              (中略)
      ● 専門的金融サービス(SFS):ナティクシスの事業ラインの一つであり、専門的金融                                   サービス    (ファクタリング、リース金融、消
       費者金融、引受、金融保証)、決済業務および財務サービスをカバーする。
                                127/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     「アセット&ウェルス・マネジメント」                 事業  部門:ナティクシスの事業部門の一つであり以下から構成される。
      ● 資産管理:投資管理および商品販売の                ノウハウを結び付けて世界の各             市場で業務を展開する。
                              (中略)
     「コーポレート&投資銀行業務」              事業  部門:ナティクシスの         一つの   部門として以下の業務に従事する。
      ● コーポレート&投資銀行業務は、企業、機関投資家、保険会社、銀行および公的セクターに助言および支援を提供する。
                              (中略)
     2017年度上半期業績の発表時点で事業部門の表示はこれらのセグメント報告上の変更を反映している。また、同表示はナティクシスが
     適用する資本分配基準の変更(バーゼルⅢの平均RWA                      に対して    従来の10%から10.5%に引き上げ)および資本利益率の変更(従来の
     3%から2%に引き下げ)も反映している。
                              (後略)
       <訂正後>

     グループBPCEは、2017年11月29日に提出されたTEC                      2020戦略計画      において    同グループの事業ラインを再編し、               とり  わけ投資ソリュー

     ション部門、コーポレート&投資銀行業務部門および専門的金融サービス部門のそれぞれを分割する決定を行った。すなわち投資ソ
     リューションのサブ部門である保険業務ラインおよび専門的金融サービス                              のサブ部門     を「リテール銀行業務・保険業務」部門に移管し
     た。
     今や当グループは、次の三つの中核的な                 業務  部門で編成される。
     「リテール銀行業務・保険業務」部門:同部門は以下を含む。
                              (中略)
      ● 専門的金融サービス(SFS):ナティクシスの事業ラインの一つであり、専門的金融                                   業務  (ファクタリング、リース金融、消費者
       金融、引受、金融保証)、決済業務および財務サービスをカバーする。
                              (中略)
     「アセット&ウェルス・マネジメント」部門:ナティクシスの事業部門の一つであり以下から構成される。
      ● 資産管理:投資管理および商品販売の                専門性を組み合わせて複数の国際              市場で業務を展開する。
                              (中略)
     「コーポレート&投資銀行業務」部門:ナティクシスの部門                         の一つ   として以下の業務に従事する。
      ● コーポレート&投資銀行業務は、企業、機関投資家、保険会社、銀行および公的セクター                                     の事業体    に助言および支援を提供する。
                              (中略)
     2017年度上半期業績の発表時点で事業部門の表示はこれらのセグメント報告上の変更を反映している。また、同表示はナティクシスが
     適用する資本分配基準の変更(バーゼルⅢの平均RWA                      は 従来の10%から10.5%に引き上げ)および資本利益率の変更(従来の3%から
     2%に引き下げ)も反映している。
                              (後略)
     注記9 コミットメント

     9.1   金融コミットメント

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日現在で       供与している金融コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     供与している金融コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                                128/141

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)
     9.2   保証コミットメント

       <訂正前>

                              (前略)

     2018  年6月30日現在で       供与している保証コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     供与している保証コミットメントの内訳は以下のとおりである。
                              (後略)
     注記10 連結範囲

     10.1    2018   事業年度上       半期中の連結範囲の変更

     ナティクシスに対する当グループの持分比率の変更
     子会社に対する支配持分の取得

       <訂正前>

                              (前略)

     2018事業年度上半期にナティクシスは、中国向けクロスボーダー                           案件  のスペシャリストであり、インバウンド/アウトバウンドの両方
     において    M&A取引に助言を行うバーミリオン・パートナーズ・グループの取得も完了した。当該取引の完了に伴い当グループはバー
     ミリオン・パートナーズの51%の資本を保有し、IFRS第10号に基づき支配しているため同社を完全連結している。当グループは2018年
     6月30日現在において評価額にして15百万ユーロの非支配持分を買収するオプションも保有している。
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)

     2018事業年度上半期にナティクシスは、中国向けクロスボーダー                           取引  のスペシャリストであり、インバウンド/アウトバウンドの両方
     の M&A取引に      関して   助言を行うバーミリオン・パートナーズ・グループの取得も完了した。当該取引の完了に伴い当グループはバー
     ミリオン・パートナーズの51%の資本を保有し、IFRS第10号に基づき支配しているため同社を完全連結している。当グループは2018年
     6月30日現在において評価額にして15百万ユーロの非支配持分を買収するオプションも保有している。
                              (後略)
     10.2    証券化取引

     グループBPCE内の証券化取引

       <訂正前>

     参考事例として、グループBPCEは、2017事業年度に特別目的事業体2社(2件の証券化ファンド)(すなわちBPCEホームローンズFCT

     2017_5およびBPCEホームローンズFCT                2017_5    Demut)を連結した。両          社 はポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)に
     よるグループ間の証券化取引の             もと  に2017年5月22日に設立された。
                                129/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     この取引では約10.5十億ユーロの住宅ローンがBPCEホームローンズFCT                              2017_5に譲渡され、当該特別目的事業体が発行した有価証券
     を、当該ローンを譲渡した           金融  機関が引き受けた。
                              (中略)
     この取引は、グループBPCEがユーロシステムから資金調達する際の適格担保を高水準に維持しつつ、同時に同種オペレーションに利用
     可能な資産の多様化を確実に図るのに役立った。
       <訂正後>

     参考事例として、グループBPCEは、2017事業年度に特別目的事業体2社(2件の証券化ファンド)(すなわちBPCEホームローンズFCT

     2017_5およびBPCEホームローンズFCT                2017_5    Demut)を連結した。両          ファンド    はポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀
     行)によるグループ間の証券化取引の                ため  に2017年5月22日に設立された。
     この取引では約10.5十億ユーロの住宅ローンがBPCEホームローンズFCT                              2017_5に譲渡され、当該特別目的事業体が発行した有価証券
     を、当該ローンを譲渡した機関が引き受けた。
                              (中略)
     この取引は、グループBPCEがユーロシステムから資金調達する際の適格担保                               額 を高水準に維持しつつ、同時に同種オペレーションに利
     用可能な資産の多様化を確実に図るのに役立った。
     全部または一部認識の中止を伴って実行された非連結の証券化取引

       <訂正前>

     参考事例として、クレディ・フォンシエは住宅担保ローンを裏付け資産とする2件の公募証券化取引(2014年5月にクレディ・フォン

     シエ・ホームローンズNo.1および2015年8月にクレディ・フォンシエ・ホームローンズNo.2)を                                        まとめ上げ     た。
     債権管理者としてのクレディ・フォンシエは、変動リターンに影響を与えるパワーを                                   行使でき    ない。したがってクレディ・フォンシエ
     はIFRS第10号の意義の範囲内で当該証券化ファンドを支配しておらず、したがって同ファンドは連結されない。
     しかしながら、クレディ・フォンシエのCFHL-2との関係が存続するため、IFRS第9号のもとでの資産の全額の認識を中止する要件を
     充足していない。結果として当該取引はIFRS第10号に従い連結から除外され、IFRS第9号に従い一部認識が中止される。
     譲渡資産は、クレディ・フォンシエの継続的関与の範囲内で貸借対照表において資産に認識され、その結果、当該ファンドへのそれぞ
     れの継続的関与(スワップ、クリーンアップ・コール、管理費用)に応じて当該資産の最大損失額が認識される。
                              (中略)
     2018事業年度上半期のCFHL-2取引              の再評価    による正味の影響額はプラス2百万ユーロであった。
       <訂正後>

     参考事例として、クレディ・フォンシエは住宅担保ローンを裏付け資産とする2件の公募証券化取引(2014年5月にクレディ・フォン

     シエ・ホームローンズNo.1および2015年8月にクレディ・フォンシエ・ホームローンズNo.2)を                                        実行し   た。
     債権管理者としてのクレディ・フォンシエは、変動リターンに影響を与えるパワーを                                    用いる能力を有してい          ない。したがってクレ
     ディ・フォンシエはIFRS第10号の意義の範囲内で当該証券化ファンドを支配しておらず、したがって同ファンドは連結されない。
     しかしながら、クレディ・フォンシエのCFHL-2との関係が存続するため、IFRS第9号のもとでの資産の全額の認識を中止する要件を
     完全には    充足していない。結果として当該              証券化   取引はIFRS第10号に従い連結から除外され、IFRS第9号に従い一部認識が中止され
     る。
     譲渡資産は、クレディ・フォンシエの継続的関与の範囲内で貸借対照表において資産に認識され、その結果、当該ファンドへのそれぞ
     れの継続的関与(スワップ、クリーンアップ・コール、管理費用)に応じて当該資産の最大損失額が                                         引き続き    認識される。
                              (中略)
     2018事業年度上半期のCFHL-2取引による正味の影響額はプラス2百万ユーロであった。
    次へ

                                130/141




                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     (2)  訴訟および規制上の手続

       <訂正前>

     該当事項なし。

       <訂正後>

     第3「事業の状況」4「事業等のリスク」4.6「法律上のリスク」を参照のこと。

     (3)  後発事象

     プレス・リリースおよび2018年8月30日(2017年度年次報告書の第2次アップデートの公表日)以後に発生
     した出来事
     2018  年9月12日付プレス・リリース

       <訂正前>

     消費者金融、ファクタリング、リース、連帯保証および保証ならびに証券サービス事業の、2.7十億ユーロで

     のナティクシスによる処分計画およびBPCE                      SA による取得計画
                              (中略)

     グループBPCEは、ユニバーサル・バンキング・モデルを強化し、新たな顧客の利用方法に取り組み、ならび

     にポピュレール銀行傘下銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のネットワーク内の顧客のニーズをより
     充足させるため、消費者金融、ファクタリング、リース、連帯保証および保証ならびに証券サービス事業を
     BPCE   SA 内に統合し、組織を簡略化することを計画している。この目的を達成するため、BPCE                                            SA は総額2.7十
     億ユーロに及ぶ        ナティクシスからの          かかる事業の取得を計画している。
     本 事業  により、ナティクシスは最大1.5十億ユーロの特別配当                            金 を支払うことになる(本取引の締結までに発

     生する可能性のある重大な取得計画に左右される。)。
                                                         (1)

     計画された取引は、締結された場合、                    今回目標が上向きに見直された(ナティクシスの14%から15.5%                                   の
     2020年度RoTE目標と、以前の13%から14.5%を比較)                            それぞれのTEC        2020および新次元(New             Dimension)戦
     略プランに記載の、グループBPCEおよびナティクシスの野心に著しく貢献する。
     取引の完了に成功した場合、ナティクシスは、予想される取引により同社のアセット・ライト・モデルの                                                       開

     発 を加速させることができる。ナティクシスは新次元(New                              Dimension)戦略プラン            、 主にアセット・マネジ
     メントに当初計画されていた1十億ユーロと比較して最大2.5十億ユーロを投資することになる。
     ナティクシスの社外取締役は、計画された取引について通知を受け、モルガン・スタンレーに本                                                  事業  につい

     ての公正意見書の作成を任命した。社外取締役は、モルガン・スタンレーの支援を得て、数回にわたる会議
     において提案された取引の条件を評価し、本日付のナティクシスの取締役会会議にてかかる計画に賛成する
     決議を行った。
     BPCE   SA の監査役会は、本日付で取引計画を承認した。ナティクシスの取締役を兼任するメンバーは、議決に

     参加し   ていない     。
                              (中略)

                                131/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     取引の実現は、ポピュレール銀行傘下銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)が引き受けるBPCE                                                   SA の 増資

     を示唆する      可能性がある       。
                              (後略)

       <訂正後>

     消費者金融、ファクタリング、リース、連帯保証および保証ならびに証券サービス事業の、2.7十億ユーロで

     のナティクシスによる処分計画およびBPCE                      S.A.  による取得計画
                              (中略)

     グループBPCEは、ユニバーサル・バンキング・モデルを強化し、新たな顧客の利用方法に取り組み、ならび

     にポピュレール銀行傘下銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のネットワーク内の顧客のニーズをより
     充足させるため、         ナティクシスの        消費者金融、ファクタリング、リース、連帯保証および保証ならびに証券
     サービス事業をBPCE           S.A.  内に統合し、組織を簡略化することを計画している。この目的を達成するため、
     BPCE   S.A.  は ナティクシスから         総額2.7十億ユーロに及ぶかかる事業の取得を計画している。
     本 取引  により、ナティクシスは最大1.5十億ユーロの特別                          現金  配当を支払うことになる(本取引の締結までに

     発生する可能性のある重大な取得計画に左右される。)。
     計画された取引は、締結された場合、それぞれのTEC                            2020および新次元(New             Dimension)戦略プランに記載

     の、グループBPCEおよびナティクシスの野心に著しく貢献する                                 ことになり、本件に際して目標が上向きに
                                 (1)
     (ナティクシスの2020年度ROTEの目標で以前の13-14.5                              %に対して14-15.5%へと)見直されている                      。
     取引の完了に成功した場合、ナティクシスは、予想される取引により同社のアセット・ライト・モデルの展

     開を加速させることができる。ナティクシスは新次元(New                               Dimension)戦略プラン            ( 主にアセット・マネジ
     メント   ) に当初計画されていた1十億ユーロと比較して最大2.5十億ユーロを投資することになる。
     ナティクシスの社外取締役は、計画された取引について通知を受け、モルガン・スタンレーに本                                                  取引  につい

     ての公正意見書の作成を任命した。社外取締役は、モルガン・スタンレーの支援を得て、数回にわたる会議
     において提案された取引の条件を評価し、本日付のナティクシスの取締役会会議にてかかる計画に賛成する
     決議を行った。
     BPCE   S.A.  の監査役会は、本日付で取引計画を承認した。ナティクシスの取締役を兼任するメンバーは、議決

     に参加し     なかった     。
                              (中略)

     取引の実現は、ポピュレール銀行傘下銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)が引き受けるBPCE                                                   S.A.  によ

     る 増資を示唆する。
                              (後略)

     価値創造の原動力

       <訂正前>

                              (前略)

                                132/141


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ナティクシスは、         最大1.5十億ユーロの特別配当金(本取引の締結までに発生する可能性のある重大な取得計

     画に左右される。)の支払後、2020年度のCET1比率の目標である11%が予定よりも早く達成され、                                                   戦略機動
     力 を強化することになる            。かかる配当金の分配にかかわらず、資本およびリスク費用をほとんど消費しない
     高い付加価値のある専門分野内で、ナティクシスのアセット・ライト戦略の                                       開発  を加速させる       ために計画変
     更する余地は       、グループBPCEが必要に応じてナティクシスの成長への意欲をサポートし                                      、増加する      。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     ナティクシスは、         最大1.5十億ユーロの特別配当金(本取引の締結までに発生する可能性のある重大な取得計

     画に左右される。)の支払後、2020年度のCET1比率の目標である11%が予定よりも早く達成され、                                                   戦略機動
     力を強化することになる             。かかる配当金の分配にかかわらず、資本およびリスク費用をほとんど消費しない
     高い付加価値のある専門分野内で、ナティクシスのアセット・ライト戦略の                                       展開  を加速させる       方策の可能性
     は広がり     、グループBPCEが必要に応じてナティクシスの成長への意欲をサポートし                                      ていく   。
                              (後略)

     グループのBPCE役員会会長ローラン・ミニョンは、以下のとおり述べた。

       <訂正前>

     「今後10年以内に、我々のチームの拡大当行クループ全体におけるコミットメントおよび努力によって、そ

     れぞれが特異な顧客の焦点を有する強力な理念に基づく                             世界  的な協同のバンキング・モデルを築くことに成
     功するだろう。この計画され