ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド 有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  有価証券報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成31年1月7日

     【事業年度】                  自 2017年10月1日 至 2018年9月30日

     【会社名】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド

                       (ABN   12  004  044  937)
                       (National      Australia      Bank   Limited)
                       (ABN   12  004  044  937)
     【代表者の役職氏名】                  最高財務責任者

                       (Chief    Financial      Officer)
                       ゲイリー・レノン
                       (Gary   Lennon)
     【本店の所在の場所】                  オーストラリア連邦 ビクトリア州 3008 ドックランズ

                       バークストリート          800 1階
                       (Level     1,  800   Bourke     Street,     Docklands,       Victoria,      3008,
                       Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士 梅 津  立

     【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                       アンダーソン・毛利・友常              法律事務所
     【電話番号】                  03―6775―1000

     【事務連絡者氏名】                  弁護士 中村 慎二

                       弁護士 大木 彩衣里
                       弁護士 上石 涼太
                       弁護士 今枝 泰郎
     【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                       アンダーソン・毛利・友常              法律事務所
     【電話番号】                  03―6775―1000

     【縦覧に供する場所】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド東京支店

                       (東京都中央区日本橋室町2丁目2番1号 
                       室町東三井ビルディング18階)
                                   1/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第一部      【企業情報】

      (注)   1 本報告書において、別段の記載がある場合を除き、「当社」とはナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッ

          ドを指し、「当社グループ」とは全体としてみたナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドおよびその被
          支配会社を指す。別段の注記が付されている場合を除き、本報告書中の情報は当社の2018年度年次財務報告書の日
          付である2018年11月16日時点のものである。
        2 本報告書に記載の金額は、別段の記載がない限り、オーストラリア・ドルで表示される。「百万豪ドル」は、百万
          オーストラリア・ドルを指す。本報告書において便宜上記載されている日本円への換算は、1豪ドル=82.76円の
          換算レート(2018年11月16日現在の三菱UFJ銀行の対顧客電信直物売買相場仲値)により換算されている。
        3 本有価証券報告書の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
        4 将来の見通しに関する記述
          本報告書(「第2-3 事業の内容」の「戦略的ハイライト」の「当社の戦略の促進」を含むがこれに限定されな
          い。)には、1934年米国証券取引所法第21E条で定義された一定の「将来の見通しに関する記述」が含まれてい
          る。1995年米国証券民事訴訟改革法は、企業が訴訟リスクを負うことなく当該企業に関する予測情報を発表するの
          を促す目的で、当該予測情報が将来の見通しであることが見分けられるようにし、かつ、実際の結果を当該予測情
          報の内容から大幅に異ならせる可能性のある重要な諸要因をしかるべき注意書きにおいて識別している場合には、
          その限りにおいて将来の見通しに関する情報についてセーフハーバーを設けている。従って、「予想する」、「確
          信する」、「期待する」、「計画する」、「予測する」、「予定する」、「だろう」、「可能性がある」、「~こ
          とがある」、「目標とする」、「目標」、「目的」、「計画」、「展望」、またはこれらの不利なもしくはその他
          の変動その他同様の用語は、将来の見通しに関する記述に関連して使用されている。
          本報告書の「第2-3 事業の内容」の「戦略的ハイライト」の「当社の戦略の促進」は、一定の将来の見通しに

          関する記述を含む当社グループの戦略的課題に関する一定のイニシアティブ(「本プログラム」)を説明してい
          る。これらの記述は、以下を含む多くのリスク、推定および制限に服している。(1)詳細な事業計画は本プログ
          ラム全体については展開されておらず、本プログラムの範囲およびコストの全体は計画の展開および第三者の関与
          によって変化することがあること。(2)順序立っており、統制され、かつ効果的な方法で、また関連するプロ
          ジェクトおよび事業計画(展開後)に基づいて本プログラムを実行および管理する当社グループの能力。(3)本
          プログラムの計画(CTIおよびROEの目標に関しては、現在の本プログラムの計画の改善の拡大を含む。)に基づい
          て生産性イニシアティブを実行し、業務上のシナジー、費用節減および収益の恩恵を実現する当社グループの能
          力。(4)内部純フルタイム相当従業員削減目標を達成する当社グループの能力。(5)本プログラムのイニシア
          ティブを達成するために必要な技能および経験を有するフルタイム相当従業員および契約社員を採用し、留任させ
          る当社グループの能力。(6)当社グループの財務実績またはオーストラリアおよびニュージーランドにおける経
          済状況を含む経営環境の重大な変化、金融市場および当社グループの資金調達能力および当該資金調達コストの変
          化、競争の激化、金利の変化、顧客行動の変化がないこと。(7)法令の変更、または当社グループの資本および
          流動性要件に関するものを含む、規制政策もしくは解釈の変更がないこと。(8)フルタイム相当従業員の費用節
          減および人員整理費用の計算のため、当社グループは、グループ全体の平均に基づいてフルタイム相当従業員の平
          均費用を負担しており、当該費用は、特定の生産性イニシアティブまたは個別の従業員給付金を参照して計算され
          たものではないこと。(9)当社が提案する資産運用業務(JBウェアおよびナブトレードを除く。)の売却が本プ
          ログラムの時期、範囲およびコストに影響を与える可能性があること(ただし、その影響は現時点で数値化するこ
          とはできない。)。
          実際の結果を当該記述の内容から大幅に異ならせる可能性のある重要な諸要因に関する詳細は、「第3-2 事業

          等のリスク」に記載されている。
                                   2/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
          本報告書中、将来の見通しに関する記述は、以下の事項に関する記述に関係するが、これらに限定されない。
          ●  取締役の財務内容の検討・報告書を含むがこれらに限定されない、経済・財務予測。
          ●  リスク管理において記載されたものを含むがこれらに限定されない一定の管理制度・プログラムの実行の見通
            し。
          ●  一定の経営の計画、戦略および目的。
          将来の見通しに関する記述は、将来の業績の保証ではなく、既知・未知のリスク、不確定要素その他の要素を伴
          い、その多くが当社グループの制御の範囲を超えるものであり、これらの要素により実際の結果が本報告書中に明
          示または黙示された表現と大幅に異なる可能性がある。実際の結果がかかる記述と大きく異ならないという保証は
          ない。
        5 本報告書の表における「大」とは、100%を超える割合を指す。
                                   3/401

















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
     1  【会社制度等の概要】

      (1)  【提出会社の属する国・州等における会社制度】
        ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(以下「当社」という。)は、オーストラリア連邦の会社
       を規制する法律である、2001年会社法(以下「会社法」という。)により規制される。会社法はオーストラリア
       証券投資委員会(以下「ASIC」という。)が統制している。
        オーストラリア連邦の諸法律(以下「連邦法」という。)および当社が業務を行うオーストラリア各州の法律

       は当社の業務の運営面に種々の影響を与えているが、とくに当社に関係の深い重要な連邦法は現行の連邦銀行
       法を構成する諸法であり、これには1959年銀行法(以下「銀行法」という。)、1998年オーストラリア金融監督
       権限法および1998年金融部門(株式保有)法(以下「FSSA」という。)が含まれる。オーストラリア証券取引所
       (以下「ASX」という。)の上場規則(以下「上場規則」という。)もまた当社の業務の一部に影響を及ぼす。
        当社に適用のある会社法の主要な規定の概略は以下の通りである。

        会社の定款は、会社法およびコモンローの規定とともに、会社内部の業務を規制する。会社法は種々の置き

       替え可能な規則を置いており、置き換え可能なこれらの規則を置き換えるか変更する定款を会社が採択するま
       で会社の内部規則として機能する。当社は定款(以下「当社定款」という。)を採択し、当社定款には置き換え
       可能な規則として適用される会社法の規定が当社に適用されないことを明示的に記載している。
        当社定款には、当社の業務、事務、権利および権限ならびに株主、取締役その他の役員の権利および権限に

       関して、法律の規定と矛盾しないあらゆる事項を定めることができる。当社定款は、株主総会において本人が
       出席しているかまたはその他の者が代表して議決権を有する株主の75%以上の多数をもって決議される場合に
       のみ改訂することができる。
                                   4/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        当社定款はとりわけ次の事項に関する規定を含んでいる。
        -株式の名義書換および譲渡を含む会社の株式に付随する権利および義務。

        -株主総会の投票および運営方法。
        -取締役、取締役の人数、権限、義務および任免に関する手続ならびに取締役会の議事の運営。
        -会社秘書役の任命および社印の使用。
        -配当の宣言およびその支払。
        -株主への通知手続。
        -当社の清算に際しての資産の分配。
        会社法は、会社に対し、その取引および財務状況および業績を正確に記録しかつこれを説明し、真正かつ公

       正な財務諸表の作成および監査を可能にする書面による会計帳簿を保持することを要求している。会社はま
       た、会社法に基づき事業期間終了後に財務報告書(会計基準に基づき要求される財務諸表およびその注記、財
       務諸表およびその注記についての取締役会の宣言から成る)、取締役会の報告書ならびに監査報告書を所定の
       期限前に     株主に   提出することを要する。上場規則はまた、定期的な財務報告                               の要求   を規定する。財務報告書は
       オーストラリア会計基準、オーストラリア会計解釈指針および2001年会社規則を遵守の上、会社法に則り、当
       社の財務状況および業績を真正かつ公正に表示していなければならない。個別財務諸表に加え、当社の場合の
       ようにグループ内の親会社である会社は、オーストラリアの会計基準に基づき、親会社と事業期間を通して随
       時親会社が支配していた会社の連結財務諸表の作成を要する。その場合、財務報告書は連結会社の財務状況お
       よび業績について真正かつ公正な見解を示さなければならない。監査人は独立の公認会計士とし、少なくとも
       1名の監査法人のメンバーが会社法に基づき登録されたオーストラリアに通常居住する会社監査人でなければ
       ならない。監査人は財務報告書について以下の事項に関する意見を述べる義務を有する。
       -財務報告書がオーストラリア会計基準に従って作成されており財務状況および業績について真実かつ公正な

        概観を示していることを含み、財務報告書が会社法に則していること。
       -監査人は、監査の実施にすべて必要な情報、説明および支援を得ていること。
       -当社が財務報告書の作成および監査を可能にするため十分な会計帳簿を保持していること。
       -当社が会社法の要求するその他すべての記録および登録簿を保持していること。
        これらの事項の欠如、不履行または不足についての詳細は監査報告書に記載されなければならない。

                                   5/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        取締役は、会社法で特定された事項に関する株主宛の報告書を作成しなければならない。これらの事項に
       は、会計年度中支払われた配当額、会計年度中推奨されたが支払われなかった配当額、当該会計年度の業績お
       よびこれらの業績の結果の検討、会計年度中に行われた主要な業務についての記載、これらの業務の性質の重
       要な変更、ならびに当社の将来の会計年度における業務、業績または経営状態に重大な影響を及ぼした、また
       はその可能性のある会計年度末から生じた事項の詳細が含まれる。
        (当社のように)ASXに上場されている会社の取締役会の報告書には、当該会社の株主が自社の経営、財務状

       況および事業戦略ならびに翌会計年度以降に対する展望について十分な知識に基づく評価を行うために合理的
       に必要とされる情報、さらに取締役会メンバーおよび上級経営陣の報酬の決定に関する取締役会の方針の検
       討、かかる方針と会社の業績との関係の検討ならびに報酬の性質および額の詳細をも含まなければならない。
        取締役会は、ASIC         およびASX     に会計年度末から3ヶ月以内に年次財務報告書の写しを提出しなければならな

       い。株主は、年次財務報告書の写しをハードコピーまたは電子媒体のいずれかで受領することを選択できる。
       株主の選択により、当社はかかる株主に対して、次の定時株主総会から21日前までまたは会計年度末から4ヶ
       月後のいずれか早い方までにかかる報告書の写し(ハードコピーまたは電子媒体のいずれか該当する方)を送
       付しなければならない。別の方法として、株主は、当社のウェブサイトにて年次財務報告書を入手することが
       できる。半期報告書はASICには半期終了から75日以内に、またASXには2ヶ月以内に提出しなければならな
       い。半期報告書を株主に送付する義務はないが、かかる半期報告書はASXに提出され、ASXのウェブサイトで公
       衆の縦覧に付され、通常は当社のウェブサイトに掲載される。
        定款には、最終配当の支払は株主総会の承認事項とする旨の規定を設けることがあるが、これはオーストラ

       リアでは通常当てはまらない。中間配当については、定款は通常、株主の承認を要することなく取締役がこれ
       を実行し得ることを定めている。当社では、全ての配当を宣言し、支払う権限は取締役に付与されている。会
       社法は、配当金の宣言の直前における会社の資産が負債を上回っており、かつかかる超過分が配当金の支払に
       十分であり、かつ配当金の支払が会社の株主全体にとって公平かつ合理的であり、かつ会社の債権者に対する
       支払能力を著しく損なわない限り会社は配当金を支払ってはならない旨規定する。
       株主

        会社法の規定に従い、公開会社(当社等)は、株主総会を毎暦年少なくとも1回は開催しなければならな
       い。この総会は、定時株主総会と称される。定時株主総会の議事は、一般的に取締役の選任または再選ならび
       に財務諸表および報告書の審議である。その他の議事は、会社法の通知に関する規定に従い提案される。これ
       に加え、取締役または一定比率の                 議決権付き      株式を保有する株主は、その他の株主総会を招集することができ
       る。この総会は、単に株主総会と称されている。
                                   6/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        会社の株式に付随する議決権は、株主総会におけるその行使方法とともに、定款                                          および会社法2G章          に定め
       られている。
        株主総会への出席権および議決権を有する株主は、代理人、アトーニー、あるいは適切な場合は法人の代表

       者によって株主総会に出席することができる。この場合のかかる代理人等は当社の株主たることを要しない。
       当社定款には、株主総会の定足数および総会の議長の任命等株主総会に係る規定がある。
        株主総会の決議は、通常一般の決議方法、すなわち株主総会に出席しておりかつ議決権を有する株主の投票

       (本人、代理人または代表者によるものかを問わない。)の50%以上によって採択される。しかし特定の事項
       (例えば当社定款の変更)については、会社法または当社定款によって、特別決議、すなわち出席しておりかつ
       議決権を有する株主の投票(本人、代理人または代表者によるものかを問わない。)の75%以上による決議承
       認を経ることが必要とされている。
       経営および運営

        公開会社(例えば当社)は3名以上の取締役によって運営されることが要求されている。取締役は自然人でな
       ければならない。当社定款は取締役の数を5人以上14人以下と規定している。そのうち少なくとも2名はオー
       ストラリアに通常居住する者でなければならない。取締役の当社運営権限(およびこの権限に対する全ての制
       限)は定款で定められている。取締役は、定款に基づき当社の業務を運営する権限を付与されており、会社法
       または定款により当社の株主総会において行使することが要求されていない権限についてすべて行使できる。
        取締役は、取締役会として行為しなければならず、取締役会は諸決議を会議で行うほか、会議を開催するこ

       となく持回り決議の方法によりこれを行うことができる。個々の取締役は、取締役会の決議で付与された範囲
       内においてのみ当社を代表して行為する権限を有する。
        (当社のような)公開会社は少なくとも1名の秘書役を置くことを義務づけられているが、会社法はその他

       の特定の役職員の任命を要求していない。秘書役は自然人でなくてはならず、会社法および取締役会の決定に
       基づき特定の機能と責任を有している。少なくとも1名の秘書役は、オーストラリア国内に通常居住していな
       ければならない。
        当社定款は、当社の業務運営権を取締役に付与するのみならず、取締役が業務運営権限を専有するものと定

       めており、これによって、株主全体が会社業務の運営方法につき取締役会に指示を与え、業務遂行につき取締
       役会の決定した事項を覆すことを排除している。ただし、株主は次の事項により最終的決定権を保持してい
       る。
                                   7/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       (a)  取締役会に諸権限を付与している当社定款を株主総会                            の特別決議を経て         修正すること。
       (b)  取締役の解任または不再任を決議すること。
        当社定款によって付与された権利および権限を行使するに際しては、取締役は必要な注意と勤勉さをもって

       これに当り、当社の最善の利益のために正しい目的で誠実に行為する義務を負っている。業務上の判断を行う
       場合、取締役は、かかる判断を誠実かつ正しい目的で行い、かつ会社法が要求するその他の一定の条件を満た
       す場合は、必要な程度の技術と注意をもって行為をしたとみなされる。
       株式の発行

        会社法、上場規則、当社定款、株主に付与される特別な権利に従うことを条件として、あらゆる種類の株式
       の発行は全て取締役の管理下にあり、取締役は、適切と判断した条件によりこれら株式を発行することができ
       る。
      (2)  【提出会社の定款等に規定する制度】

        以下は、当社定款の重要な事項の概要である。
       目的

        当社は1893年6月23日にオーストラリア、ビクトリア州で設立された。当社はASICに登録されており、当社
       のオーストラリア事業番号は12                 004  044  937である。当社定款は当社の目的を特定していない。会社法に基づ
       き、当社は法人としての法的な能力および権限を有している。
       取締役

        当社定款は当社の取締役に関する様々な事項を規制している。
       (a)  取締役が重大な個人的利益を有する事項

         取締役会において審議された事項に重大な個人的利益を有する取締役は、当社定款および会社法に規定さ
        れた以下の4つの状況における場合を除き、かかる事項が審議されている間は会議に出席できず、かかる事
        項に投票することはできない。
        (ⅰ)かかる事項に重大な個人的利益を有しない取締役が、かかる事項に利益を有する取締役の氏名、かかる

         取締役のかかる事項に対する利益の性質および範囲ならびに当社の業務との関係を明らかにし、かかる利
         益を有する取締役の利益によりかかる取締役による決議参加および出席の資格を剥奪するべきでないこと
         を残りの取締役が認める旨述べた決議を採択した場合、
        (ⅱ)ASICが会社法に基づき、取締役による重大な個人的利益があってもかかる取締役に出席および決議参加
         を許可する宣言または命令を行った場合、
                                   8/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        (ⅲ)個人的利益を有する取締役の欠格のために取締役会の定足数を満たすに十分な数の取締役がいない場合
         (この場合、1名以上の取締役(重大な個人的利益を有する取締役を含む)がかかる事項を審議するために
         株主総会を招集することができる。)、
        (ⅳ)かかる事項が、取締役の重大な個人的利益があってもかかる事項の検討中に取締役による取締役会にお
         ける決議参加および出席を会社法が特別に許可する種類の事項であった場合。
       (b)  非業務執行取締役の報酬

           非業務執行取締役の報酬総額は当社が株主総会においてこれを決定する。報酬総額は非業務執行取締
          役間での合意に基づきまたは合意がなされない場合には同等に配分される。非業務執行取締役間の報酬
          総額  は、非業務      執行取締役間での合意に基づき(または合意がなされない場合                                 には同等に)配分され、
          会社による      別の  決定は   必要ない。
           さらに、各取締役は、会議出席のため往復するにあたってまたは同様に当社業務に従事した場合に発

          生した合理的な出張費、宿泊費その他の費用について払い戻しを受ける権利を有する。
       (c)  取締役により行使可能な借入権限

           当社定款に基づき、当社の業務は、会社法または当社定款により、株主総会において行使されること
          が要求されていない当社の権限をすべて行使できる取締役により運営される。取締役は、金銭の借入ま
          たは調達をし、当社の資産もしくは事業または未払込資本金の全部もしくは一部に対し担保権を設定
          し、および債券を発行しまたは当社もしくはその他の者の負債、債務もしくは義務のため債券を付与す
          る当社のあらゆる権限を、当社のために行使する権限を明示的に付与されている。これらの権限は当社
          定款の修正によってのみ変更でき、株主総会において当社株主による特別決議の採択により承認を受け
          る必要がある。
       (d)  株式に関する資格

           取締役の任命から6ヶ月以内に、取締役はかかる取締役自身の権利として当社の全額払込済普通株式
          を最低2,000株は保有しなければならない。
       株主権-普通株式

        普通株式の保有者は取締役会が随時宣言する株式の配当金を受領する権利を有する。支払済みであるが未請
       求の配当金は、請求または未請求金額に関する法律に従い取り扱いが要求されるまでは取締役会がこれを当社
       の利益のために投資できる。一部払込済普通株式の保有者は、当該株式の発行規程により、引受時に払込まれ
       た額(あるいは、一定の状況下では引受後に随時払い込まれる額)に比例して普通株式配当を受領する権利を
       有する。
                                   9/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        配当金は、配当金の宣言の直前における当社の資産が負債を上回っており、かつかかる超過分が配当金の支
       払に十分であり、かつ配当金の支払が当社の株主全体にとって公平かつ合理的であり、かつ当社の債権者に対
       する支払能力を著しく損なわない場合にのみ支払われる。配当金の支払の前に、取締役会は当社の利益から取
       締役会が適正な目的のためにあてることがその裁量で適切と考える準備金をとりおくことができ、配当金とし
       て分配するべきでないと考える残余利益を準備金に移転せずに繰り越すことができる。
        各普通株主は(本人または代理人もしくは代表者により)株主総会において挙手により1議決権を行使する権

       利を有し、投票による場合は保有する全額払込済普通株式1株につき1議決権を行使する権利を有する。投票
       により議決権を行使する一部払込済株式の保有者は、払込請求に基づき払込済である資本額が株式の総発行価
       格に占める割合に応じた数の議決権を行使できる。
        当社の清算の際には、普通株主は他の種類の株主全員および債権者より劣位にランクされ、清算の際の剰余

       資産に対する完全な権限を有する。
        普通株主は保有する株式を償還する権利を有しない。

        全額払込済普通株式の保有者は当社による資本の払込の追加的な要請に対する義務を有しない。一部払込済

       普通株式の保有者は株式の発行の条件および当社定款に従ってなされた払込請求に基づき株式の未払額を支払
       う義務を負う。
        当社定款には、普通株式の既存または将来の保有者に対する株式の大量保有による差別的取扱に関する規定

       はない。
        法定のマネジャーは、銀行法に従い、あるADI(NABはそのうちの1つである。)について、そのADIがその

       義務を履行することができなくなる可能性があるとオーストラリア健全性規制庁(以下「APRA」という。)が
       みなす状況を含む特定の状況において任命される。とりわけ、法定のマネジャーは、NABの定款、会社法、NAB
       が当事者である契約の条件もしくはNABが上場リストに名を連ねる金融市場(ASXを含む。)の上場規則に関わ
       らず、NABの株式および株式を取得する権利を消却しまたは株式に付随する権利を変更もしくは消却すること
       ができる。
       株主権-普通株式を表章する米国預託株式

        米国預託株式(以下「ADS」という。)1株は預託機関または保管機関に預託された全額払込済当社株式1
       株で構成される。ADSを構成する全額払込済株式に付された権利は、上記の全額払込済普通株式に付された権
       利と同じである。これらの権利は全額払込済普通株式の保有者としての預託機関あるいは保管機関に帰属す
       る。但し、ADSを証する米国預託証券(以下「ADR」という。)の保有者はADRの発行に適用される規程に基づ
       き預託機関または保管機関に対する一定の権利を有する。
                                  10/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       株主権-ナショナル・インカム・セキュリティーズ
        1999年6月29日、当社は、ナショナル・インカム・セキュリティーズ(以下「NIS」という。)20百万株を1
       株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を通じて発行した100豪ドルの全額払込済1
       ノートおよび当社が発行した未払優先株式(以下「NIS優先株式」という。)1株から成るステープル証券
       (stapled      securities)である。NIS優先株式の未払額は、一定の限定された状況(不履行事由の発生等)の下
       でその支払期日が到来する。NISの各保有者は、四半期毎に後払いされる                                      3ヶ月物     オーストラリア銀行手形の
       利率に年率1.25%を加えた利率による非累積的分配を受ける権利を有する。
        APRAから事前に書面で同意を得て、当社は1ノート当たり100豪ドル(発生した配当金を付す)で償還し、か

       かるノートに非分離のものとして付されたNIS優先株式を無償で買い戻すか消却することができる。NISには満
       期日はなく、ASXに上場されている。                   NISは、バーゼルⅢの経過措置に従いその他Tier1資本として適格となっ
       た。
       株主権-信託優先証券

        2003年9月29日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストIによる信託優先証券400,000口の
       1口当たり1,000英ポンドでの発行を通じて当社ロンドン支店が使用する資金4億英ポンドを調達した。                                                      信託
       優先証券は、バーゼルⅢの経過措置に従いその他Tier1資本として適格となった。                                           各信託優先証券には           (初
       回の任意償還日である)             2018年12月17日まで半年毎に後払いされる年率5.62%の非累積配当が付き、その後
       は5年の期間毎にかかる期間当初の5年物英国国債の指標銘柄の償還利回りに1.93%を加えた合計の率によ
       る非累積配当が付き、半年毎に後払いされる。
        2018年10月18日に当社グループは、事前にAPRAの承認を得た上で、400百万英ポンドの信託優先証券を2018

       年12月17日に償還するオプションを行使することを発表した。各信託優先証券は、1,000英ポンドの額面金額
       に未払分配金を付して償還される                 。
       株主権-転換優先株式

        当社は、2013年3月20日に1,510百万豪ドルの転換優先株式(以下「NAB                                      CPS」という。)および2013年12月
       17日に1,720百万豪ドルの転換優先株式(以下「NAB                           CPS  II」という。)を発行した。これらの転換優先株式
       は、  特定の条件が満たされた場合、                強制転換日である2021年3月22日(NAB                     CPS)および2022年12月19日(NAB
       CPS  II)に普通株式に強制的に転換される。
                                  11/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        当社は、事前にAPRAの書面による同意を得た上で、一定の条件の充足を条件として、NAB                                                CPSについては
       2019年3月20日、NAB            CPS  IIについては2020年12月17日、または特定の事象の発生時に、これらを転換、償還
       または再販売する選択権を有する。NAB                     CPSおよびNAB        CPS  IIは特定の状況において健全性規制要件により必
       要とされる場合にも転換が可能である。利息は、NAB                            CPSについては90日銀行手形交換レート(以下「BBSW」
       という。)を3.20%上回る利率(年率)で、NAB                         CPS  IIについては90日BBSWを3.25%上回る利率(年率)で、
       四半期ごとに後払いで            任意で    支払われる。       NAB  CPSおよびNAB        CPS  IIは、   バーゼルⅢの経過措置に従いその他
       Tier1資本として適格となった。
       株式および業績連動型新株引受権

        株式(様々な制限に服する)、業績連動型オプションおよび業績連動型新株引受権は、従業員に短期および
       長期のインセンティブを与える方法として当社グループにより随時利用されている。
        当社グループが運営する株式およびオプションのプランは、「第6-1 財務書類」の注記                                               34 「 株式報酬     」

       に記載されている。
       社印

        当社は当社定款に規定された社印を持つ。社印は、取締役会の権限または取締役会が社印の使用の権限を付
       与する取締役会委員会の権限に従ってのみ使用されるものとし、社印押捺済の書類には取締役1名が署名し、
       他の取締役、秘書役、またはその他かかる書類                        もしくはかかる書類が含まれる一連の書類                      の副署のため取締役
       会が選任した者による副署を添える。
      (3)  【オーストラリアの金融制度】

        オーストラリアの金融制度の規制および監督の責任は、APRA、ASIC、オーストラリア準備銀行、およびオー
       ストラリア財務省の4つの別個の機関が負う。                         201  8 年11月    19 日現在のオーストラリアの              金融  制度は、     88の銀
       行 、47の信用組合、3の住宅金融組合、および7のその他認可預金受入機関(ADIs)                                          から成る。
                                  12/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2  【外国為替管理制度】
       当社の定款は、非居住者であるかまたは外国の普通株式の保有者が保有証券についての権益を有するかまたは
      議決権を行使することを制限していない。
       ASXに上場されているオーストラリアの公開会社(当社等)の合併、買収および売却は、詳細かつ広範囲に及

      ぶ法律およびASXの規則の規制を受ける。
       要約すると、会社法に基づき、ある取引の結果、概ね、その者またはその他の者が保有するオーストラリアの

      上場会社の議決権が20%以下から20%超に増加する場合、または当初から議決権が20%超90%未満である場合
      は、その者は当該会社の発行済議決権付株式の関連持分を取得してはならない。但し、株式が法律により特別に
      許可される方法で取得される場合は除かれる。この制限は、オーストラリアの上場会社における20%超の保有株
      式の売却を希望する株主が有する選択権を制限することにもなる。
       オーストラリアの法律は、オーストラリアの市場における競争を大幅に減少させる効果を及ぼすかまたは及ぼ

      す可能性のある買収を規制している。
       外国会社によるオーストラリアの会社に対する一定の利権の買収もまたオーストラリア連邦の財務大臣(以下

      「オーストラリアの財務大臣」という。)による検討および承認を受けなければならない。
       さらに、FSSAに基づき、銀行の株式の取得に対して特定の制限が課される。FSSAの下で、ある者(会社を含

      む)が、オーストラリアの金融部門会社に対する持分を取得することにより、かかる者が保有するかかる金融部
      門会社の議決権(かかる者の関係者の議決権を含む)がかかる金融部門会社の議決権の15%を上回ることとなる
      場合、かかる者は、最初にオーストラリアの財務大臣の承認を得ることなくそのような取得を行ってはならな
      い。ある者の保有する議決権が15%未満の場合であっても、オーストラリアの財務大臣は、かかる者がかかる会
      社に対する実質的な支配権を有する旨を宣言する権限を有し、オーストラリア連邦裁判所の裁定を申請すること
      により、かかる者に対してかかる支配権を放棄するよう要求することができる。金融部門会社の定義には、当社
      をはじめとする銀行が含まれる。                 2018年改正財務省(金融部門規制)法の施行により、FSSAの下で許容されてい
      た15%の数値が20%に変更されることになる。本書の日付現在、当該立法の効力発生日は明らかではないが、
      2019年1月1日以降であると予想されている。
                                  13/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3  【課税上の取扱い】
       下記の税務に関する検討は、単なる概要の記述であり、完全な技術的分析または当社株式もしくは当社社債の
      日本の実質保有者に対するオーストラリアおよび日本のすべての税効果を列挙することを意図するものではな
      い。同検討は、現在有効な法律、規則および決定に基づいており、オーストラリアおよび日本の法律の改正の影
      響を受ける。税務は複雑な法分野であり、保有者の税効果は、保有者がおかれる特有の状況によっては本解説に
      おいて詳述されたものとは異なる可能性がある。その場合、保有者は、当社の株式または社債の保有者であるこ
      とによる税効果について自分自身で別途税務上の助言を求めるべきである。
      (1)  株式

       オーストラリアの居住者と日本の居住者との間で発生する所得(配当金を含む。)に対するオーストラリアおよ
      び日本両国の所得税については、「所得に対する租税に関する二重課税の回避および脱税の防止のための日本国
      とオーストラリアとの間の条約」(以下「租税条約」という。)がこれを規定している。
       日本国居住者でかつオーストラリアの非居住者である者(かつオーストラリアにおける恒久的施設を通じて行

      われる取引または事業の一環として株式を保有しない者)が実質的に保有する当社株式に対して支払われる配当
      金については、租税条約の規定により原則として配当金総額の10%がオーストラリアの源泉徴収税として徴収さ
      れる。しかしながら、オーストラリアの配当帰属方式の下で、100%税額控除の対象となる配当金は、オースト
      ラリアの源泉徴収税を免除されている。源泉徴収税は、導管体からの外国所得として申告されていない課税配当
      にのみ適用される。
       当社の日本における実質株主は、当社株式の売却により実現した資産譲渡益については、オーストラリアにお

      ける恒久的施設を通じて行われる取引または事業の一部として、株式が保有されている場合を除き、オーストラ
      リアの所得税を課されることはない。
       通常、オーストラリアの非居住者であってオーストラリアにおける恒久的施設を通じて行われる取引または事

      業の一環として株式を保有する日本の当社株式の実質株主は、かかる株式の売却からの利益もしくは収益がオー
      ストラリアを源泉とする場合(かかる株主によるオーストラリア国外の証券取引所を通じたかかる株式の受益権
      の売却においては通常、売却からの利益もしくは収益がオーストラリアを源泉とすることにはならない)は、か
      かる利益または収益はオーストラリアの所得税の課税対象となる。かかる場合には、処分によって発生する利益
      または収益は恒久的施設に帰する範囲内で通常の所得税が課される。同様に、損失は、恒久的施設に帰する範囲
      内で、許容される限度で控除される。
                                  14/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       配当金に対するオーストラリアの源泉徴収税に服する当社の日本における実質株主は、租税条約の第25条第1
      項に基づき、日本における税額控除の適用を受けることができる。
       日本における課税については、「第8 本邦における提出会社の株式事務等の概要」を参照のこと。

      (2)  社債

        (イ)オーストラリアにおける課税
          以下の条件が充足される場合、オーストラリア税法に基づき、社債に関してオーストラリアの利息に対
         する源泉徴収は免除される。
         (ⅰ)社債を発行し、利息が支払われる時に発行会社がオーストラリアの居住者であること。利息は、利子
          の性質を有するかまたは利子に代わる額その他一定の額を含むものとされる。
         (ⅱ)社債の募集は、以下の条件のうち一つを満たす方法でなされなければならない。
          - 金融市場において業務を営む過程において融資または投資もしくは証券取引を業として行う                                               関係を有
            しない10以上の金融機関または証券                  ディーラー      に対する募集、
          -100以上の投資家に対する募集、
          -証券取引所への上場が認められる                  社債の募集      、
          -公衆が入手可能な情報源を通じての募集、
          -上記のいずれかの方法で30日以内に社債を売出すディーラー、幹事会社または引受会社に対する募
            集、または、
          -グローバル・ボンドの形式による募集。
         (ⅲ)発行の時点で、社債が発行会社の関係者(社債の販売に関してディーラー、幹事会社または引受会社
          としての資格の範囲における場合を除く。)により取得されているか取得が予定されている(直接または
          間接を問わない。)ことを発行会社が知らないかまたは推測する合理的な理由がないこと。
         (ⅳ)利息の支払の時点で、受取人が発行会社の関係者であることを発行会社が知らないかまたは推測する
          合理的な理由がないこと。
          公募書類に別段の規定がある場合を除き、当社は、発行会社として、上述の公募基準(またはグローバ
         ル・ノート/ボンドの条件)を満たし、かつ、その他利息に対する源泉徴収の免除についての関連あるオー
         ストラリア税法の条件を満たす方法で社債を発行する。
          オーストラリアの非居住者であってオーストラリアにおける恒久的施設を通じて行われる取引または事
         業の一環として社債を保有するのではない日本の実質保有者は、社債の売却もしくは償還から実現された
         利益もしくは収益がオーストラリアを源泉としない場合(オーストラリアの非居住者による別のオースト
         ラリアの非居住者に対する社債の売却からの利益もしくは収益は、社債がオーストラリア国外で売却さ
         れ、かつ交渉がすべてオーストラリア国外でなされ、かつ文書がオーストラリア国外で締結された場合
         は、オーストラリアを源泉とすることにはならない)は、かかる利益または収益はオーストラリアの所得
         税の課税対象とならない。
                                  15/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        (ロ)日本における課税
          日本国の居住者または日本国の法人が支払を受ける社債の利息は、日本国の租税に関する現行法令の定
         めるところにより課税対象となる。社債の譲渡によって生じる所得については、その譲渡人が内国法人で
         ある場合は、益金となる。譲渡人が日本国の居住者である個人である場合には、2016年1月1日よりも前
         に行われた社債の譲渡によって生じる所得については一定の場合を除いて日本国の租税に服さないが、
         2016年1月1日以降に行われた社債の譲渡によって生じる所得については日本国の租税に服する。かかる
         社債の利息および社債の譲渡に関する所得の計算においては、一定の範囲内で、上場株式等(2016年1月
         1日以降は、一定の公社債等が含まれる。)の譲渡損益や配当金・利子等との損益通算をすることができ
         る。
     4  【法律意見】

       当社の法務担当ジェネラル・カウンシルであるジョン・ドナルドソン氏により、以下の趣旨の法律意見が提出
      されている。
      (1)  当社は、オーストラリア連邦法およびビクトリア州法に基づく銀行として適法に設立されかつ有効に存続し
       ており、資産を保有し、本報告書(第八号様式)に記載された銀行業務を遂行するための権能を完全に具備し
       ていること。
      (2)  当社と取引を行う者は、2001年会社法第128条に基づき、当社における発行済普通株式が当社の定款に従い
       すべて有効に発行されていると推定する資格を有すること。ただし、かかる者が取引時に推定が誤りであると
       知っているかまたは誤りである疑いがある場合はこの限りでない。および
      (3)  同氏の知り得た限り、かつその信ずる範囲内においては、本報告書(第八号様式)第1-1、2、3節にそ
       れぞれ記載の本国における法制等の概要の記載は真実かつ正確であること。
                                  16/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       下表は最近5事業年度における当社グループの主要な経営指標等の推移を示している。
       注-下表の数値は、当社グループの2014年度から2018年度までの監査済み連結財務報告書および/または未監査の通期業

       績発表に基づいている。したがって、かかる数値は当該監査済み財務書類および/または未監査の通期業績発表と合わせ
       て読まれ、またそれらを参照することにより完全となるものとする。
               国際財務報告基準に基づく財務データ-2014年度から2018年度

                                  当社グループ
                   2018年度         2017年度        2016年度        2015年度        2014年度
     税引前利益(百万豪ド
                       8,400        8,661        8,978        9,515        7,782
       (1)
     ル)
     当社株主に帰属する当
     期純利益(百万豪ドル)
                       5,554        5,285         352       6,338        5,295
     (1)
     払込資本(百万豪ドル)
                      35,982        34,627        34,285        34,651        28,380
     (2)
     払込資本を構成する発
     行済証券総数
                   2,746,744,934        2,696,269,306        2,667,929,953        2,583,281,182        2,331,378,557
     (内 全額払込済普通株
                  (2,734,119,600)        (2,685,469,050)        (2,656,975,856)        (2,625,764,110)        (2,365,790,790)
           (2)
     式総数)    (株)
     純資産(百万豪ドル)
                      52,712        51,317        51,315        55,513        47,908
     (3)
     資産合計(百万豪ドル)                 806,510        788,325        776,710        955,052        883,301
            (4)
                      14.12   %      14.58%        14.14%        14.15%        12.16%
     総自己資本比率
         (1)(5)
                      94.1  %      79.4%        80.8%        79.5%        92.5%
     配当性向
     従業員数
              (1)
                      33,283        33,422        34,263        33,894        41,420
     (フルタイム相当)
     (6)
     (1)
       情報は、継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       「払込資本」および「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(ⅰ)全額払込済普通株式、(ⅱ)一部払込済普通株式、
       (ⅲ)優先株式、(ⅳ)NISおよび              (ⅴ)信託優先証券から成る。ナショナル・キャピタル・インストルメンツは2016年10月4日
       に全額償還された。「第5-1 株式等の状況」を参照のこと。「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(2016年7
       月1日の承継ファンド合併まで)当社グループの連結投資業務において保有されていた当社自己株式および従業員インセ
       ンティブ制度の要件を満たすために当社グループの被支配会社により信託保管されている自己株式について調整されてい
       る。株価の変動から生じた値洗い価値の未実現変動、配当収益および当社グループの連結投資業務により保有されていた
       株式の売却から発生した実現損益は、法定報告上除外されている。
     (3)
       純資産額は、資産合計から負債合計を引いたものである。
     (4)
       APRAの定義による。
     (5)
       2018年度、2017年度、2016年度および2015年度の配当性向は、当該期間の配当額を継続事業からの現金収益ベースの1株
       当たり利益で除して計算されている。2014年度の配当性向は、当該期間の配当額を当社株主に帰属する法定当期純利益
       ベースの1株当たり利益で除して計算されている。当グループの現金収益の詳細は、「第6-1 財務書類」の注記2
       「セグメント情報」を参照のこと。
     (6)
       フルタイム相当従業員(「FTE」)数には、パートタイム従業員(フルタイム換算済)および従業員名簿に記載されてい
       ないフルタイム相当従業員(契約社員等)が含まれる。
                                  17/401



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       当社グループは包括的かつ総合的な金融商品および金融サービスを提供する金融サービス組織である。
       当社の歴史は1858年に設立されたザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアに遡る。ナショナル・

      オーストラリア・バンク・リミテッドは当社の本拠地であるオーストラリアで1893年6月23日に設立された株式
      会社である。
       登録事務所の住所はオーストラリア連邦                     ビクトリア州 3008、ドックランズ、バークストリート                              800、1階

      である。当社は1959年銀行法(連邦法)および2001年会社法(連邦法)の規定に基づき業務を行っている。
       1981年、ザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアは、1834年に設立されたザ・コマーシャル・バ

      ンキング・コーポレーション・オブ・シドニーと合併した。
     3  【事業の内容】

      戦略的ハイライト
      注力、構想および目的
       当社グループの戦略の焦点は、卓越したサービスで顧客に信頼されているオーストラリアの一流銀行になると
      いう最近刷新された構想を支えるものである。この構想の達成は以下の4つの主要な長期的目標によって支えら
      れている。
                       (1)(2)

       1.ネットプロモータースコア                      (「NPS」)の上昇および優先セグメントについてはオーストラリ
         アの主要銀行のうち第1位となること
       2.35%を目標とする対収益費用比率
       3.ROEがオーストラリアの主要銀行のうち第1位となること
       4.上位4分の1の従業員の参画意欲
       当社グループがこの構想および目的を達成する能力にとって極めて重要なのは、強固な基盤、すなわちバラン

      スシート(資本、資金調達および流動性を含む。)、リスク(信用リスクおよびオペレーショナルリスクを含
      む。)および技術を維持することである。
     (1)

        ネット・プロモーター®およびNPS®は、登録商標であり、ネットプロモータースコアおよびネットプロモーターシステム
       は、ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの商標である。
     (2)
        優先セグメントNPSは、4つの優先セグメント(自家所有者、投資家、小規模企業(10万豪ドル以上500万豪ドル未満)
       および中規模事業(500万豪ドル以上50百万豪ドル未満))のNPSスコアの単純平均である。優先セグメントNPSのデータ
       は、ロイ・モーガン・リサーチおよびDBM                    BFSM・リサーチによる6ヶ月間の移動平均に基づいている。
                                  18/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社の戦略の加速
       2017  年11月2日、当社グループは、恒常的で、変化の早い環境を鑑みて、構想および目的を達成するための戦
      略を加速することを発表した。
       当社グループの戦略の加速には、2020年9月までの3年間で投資額を15億豪ドル増加することが目標として含

      められており、これにより同期間中の投資支出総額は約45億豪ドルとなる。当年度通年については、投資支出は
      1,519百万豪ドルであった。この3年間における投資額の増加は下記に概要を示す4つの主要な分野に向けられ
      ている。
      最高の事業者向け銀行

       当社グループは業界トップのオーストラリアの中小企業(「SME」)フランチャイズの変革に引き続き投資し
      ており、顧客にとって一層の簡略化および容易化をもたらしている。当年度通年において以下を含む良好な進歩
      がみられた。
       ● バンカーが当社グループのより複雑な顧客のビジネス上および個人的なニーズを理解し、支援する能力が
          向上し、バンカー一人当たりの収益が10%増加した。
       ● 大都市を基盤とする小規模企業顧客が、週7日間、それまでよりも長い時間営業する新たな顧客サービス
         の拠点に移行した。
                                             (1)
       ● デジタル機能および決定機能が改善され、単純事業用決済勘定の顧客                                         のうち80%が、2017年9月時
         点では8日間かかったのに比して今では新たなデジタルプラットフォームを通じて30分未満で口座を開設
         できる。さらに、クイックビズ・デジタルプラットフォームを通じて申請から決定までの所要時間が10分
         未満で設定された新規の小規模事業貸付勘定の割合は、20%から35%に増加した。
      簡略化および迅速化

       当社グループは卓越した顧客サービスの提供、生産性の向上ならびにオペレーショナルリスクおよび規制リス
      クの削減に注力している。当年度通年の主な進歩は以下を含む。
       ● 商品数が約600から495に削減され、デジタル・オリジネーションが可能な商品が10%から19%に増加し
         た。
       ● エブリデー・コンシューマー・アカウント開設の所要時間が最長48時間から7分未満に短縮され、定期預
         金の預入れの継続(支店およびオンラインの両方)が単純化されてワンクリックで可能となり、処理時間
         が70%短縮された。
       ● 805台のスマートATMの展開が完了した後、支店の店頭取引が15%減少した。
       ● 従業員の94%(2017年9月現在66%)にとって組織構造がフラット化され、CEOと顧客の間が7階層と
         なった。
                                  19/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      新たに出現する成長機会
       当社グループの能力および強い立場を利用することにより新たに出現する成長機会をとらえることは重点事項
      である。当年度通年における進歩は以下を含む。
                                            (2)
       ● グレーター・ウェスタン・シドニーおよびグレーター・メルボルン                                        で大きな人口増加が予測されて
         いることを考慮し、当社グループは、7の新規のまたは刷新したポイント・オブ・プレゼンスに加え、都
         市部の成長回廊でサービスを提供するために40名のバンカーを追加または異動の形で配置した。
                        (3)
       ● 当社グループがインフラ金融                    で世界上位15位以内に入っていることを利用し、プロジェクト負債総
         額が約480億豪ドルに相当する63件のグローバルインフラ取引が完了した。
       ● 当社グループのデジタル銀行であるユー・バンクの顧客数が17%増加し、当年度下半期において住宅貸付
         が業界全体の増加率の4倍で増加した。
     (1)

        単純  事業用決済勘定の顧客は、販売業者および個人事業顧客を指す。
     (2)
        グレーター・ウェスタン・シドニーおよびグレーター・メルボルンにおいて5年間で0.9百万人の増加が予想されている
       (出所:メルボルンについては、「2016年のビクトリア」(環境土地水道計画部門)、シドニーについては、「2016年
       ニューサウスウェールズ州地方政府の地域人口予測」(ニューサウスウェールズ州政府―計画・環境)。)
     (3)
        IJ グローバル・リーグの表(2018年)。
      素晴らしい人々、人材および文化

       当社グループは、高い業績を導く文化をもたらすために才能ある人材を惹きつけ、育成し、鼓舞することに熱
      心に取り組んでいる。当年度通年における主な動向は、以下を含む。
       ● 350名を超えるシニアマネジャーが昇進を早めてより早く上級の役職に就くために現在の能力と将来の可
         能性を確認する人材プログラムに参加した。
       ● 「ザ・ブリッジ」を通じて当社を退職する従業員に支援および転職サービスを提供したところ、84%が利
         用した。ザ・ブリッジの運用開始後6ヶ月以内でブリッジのユーザーの40%が新たな役職、職業訓練、自
         営業または退職等、望んだ道に無事進んだ。
       ● 2019年の新卒者の応募は前年比で27%増加した。当社グループのグラジュエート・プログラムの変容によ
         り、現在ではより多くの地域が対象となっている。
       戦略の加速の一環として、当社グループは、プロセスを大幅に簡略化および自動化し、調達コストおよび第三

      者コストを削減し、よりフラットな組織構造をもって顧客との距離を縮めるため、累積費用の節減(現時点で
      2020年9月30日までに10億豪ドル超を目標とする。)を行う予定である。当年度通年において、約320百万豪ド
      ルのコスト節減を達成した。
                                  20/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループは、顧客に成果をもたらすことができるように労働力を再形成している。当社グループは2020年
      9月30日までの3年間において最高2,000の新たなポジションを創設し、当社グループの業務がさらに自動化お
      よび簡略化されることから約6,000の既存のポジションを削減することを目指している。これは、現時点で2020
      年9月30日までに約4,000名の従業員の純減をもたらすと予想されている。このプロセス全体を通じて、当社グ
      ループは従業員に配慮と敬意をもって接し、ザ・ブリッジのサービスを通じて将来のために備えさせる予定であ
      る。当年度通年にわたり1,897のポジションが削減された一方、195の新たなポジションが追加され、当社グルー
      プの成長計画を支援する新たなスキルおよび能力をもたらした。
       加速する投資の影響を反映して、当社グループは当年度通年における5%から8%の費用(事業再編関連費用

      および多額の臨時費用を除く。)の増加予想の概略を述べた。当年度通年の費用増加率は、当年度上半期に計上
      された755百万豪ドルの事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除き、6.4%であった。当社グループは、来
                                    (1)
      年度および再来年度通年における費用の増加(多額の費用                                 を除く。)が概ね横ばいとなるよう引き続き努
      めている。
      ウェルスマネジメント業務の再編

       2018年5月3日、当社グループは、簡略化および迅速化の計画に沿ってウェルスマネジメント業務のサービス
      提供を再編する予定を発表した。9ヶ月超にわたって行われた詳細な検討の結果、当社グループはより焦点を
      絞った形でウェルスマネジメント業務のサービス提供を維持し、これに投資することで顧客のニーズに最もよく
      応え、株主に長期的価値をもたらすことができると判断した。これには、自己運用型顧客をサポートする急速に
      成長している当社グループのオンライン投資プラットフォームであるナブトレードの他、富裕層の顧客がビジネ
      ス上の利益とともに個人資産を運用できるよう支援するための当社グループの事業者向け・プライベートバンキ
      ング業務の主要な営業拠点網の一部であるJBウェアを維持することが伴う。
       当社グループは、現在MLCその他のブランド(「MLC」)で営業している助言、年金・投資プラットフォームお

      よび資産運用業務から撤退する予定である。所有者が別となることで、同業務は、顧客により良いサービス提供
      を行い、競争地位を高めるために自己の戦略および投資優先順位を決定できるようになる。当社グループは、ト
      レードセールの選択肢を検討する柔軟性を維持しつつ、会社分割および株式公開(「IPO」)を含む公開市場に
      おける選択肢を通じて2019暦年末までの分離を目標としている。ウェルネスマネジメントの需要を満たすための
      助言および商品への継続的なアクセスを当社の顧客に提供するため、当社およびMLC間で継続的な取り決めが結
      ばれると予想されている。
       2018年5月にウェルス業務の再編を発表して以来、MLCの分離に必要な当社グループの業務(ジェフ・ロイド

      のMLCのCEO任命を含む。)は良好な進歩をとげた。
                                  21/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      主要な長期目標に対する成果
       当社グループは、顧客経験価値を理解し、改善できるよう、リアルタイムで対象とするフィードバックにアク
                (2)
      セスするためにNPS             システムを使用している。2018年9月30日終了の12ヶ月間については、優先セグメント
        (2)(3)
      NPS       は、王立委員会に関する業界全体の低下を一部反映して、-12から-16に低下し、現在オーストラ
      リアの主要銀行の中で第2位である。
       当社グループの長期目標は依然として優先セグメントNPSを上昇させ、オーストラリアの主要銀行のうち第1

      位となることであり、当社グループはこの目標を顧客のためのよりよい銀行を作り上げることに注力することで
      達成する予定である。当年度通年におけるこの注力を支援する主要な計画は以下を含む。
       ● 顧客の問題をより迅速に解決するために顧客保護改善センターを開設すること
       ● 農業顧客および地域顧客を干ばつ支援パッケージによってサポートすること(干ばつ宣言地域において支
         店を閉店しないことを含む。)
       ● 2018年10月1日から、スタッフの97%(当年度通年の85%から上昇)がスペシャリスト販売奨励金ではな
         くグループ変動報酬制度の下で結果と行動のバランスに基づき報酬を受ける。
       当年度通年中、当社グループの対収益費用比率(「CTI」)は730ベーシス・ポイント上昇して50.0%となっ

      た。事業再編関連費用と顧客関連救済措置を除くと、CTIは、当社グループの戦略の加速に関連する顧客および
      技術力に対する投資の増加を主に反映して、190ベーシス・ポイント上昇して44.6%となった。
       当年度通年にわたり、当社グループの株主資本利益率(「ROE」)は230ベーシス・ポイント低下して11.7%と

      なった。事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除いた場合も、ROEは、当社グループの戦略の加速に関連
      する顧客および技術力に対する投資の増加を主に反映して、70ベーシス・ポイント低下し、13.3%となった。
                                  22/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループは 上位4分の1の従業員の参画意欲を目標としている。当社グループの2018年9月現在の年間
                                                         (4)
      従業員参画意欲の結果は、1年間で59%から54%に低下したが、2018年4月の「パルス」サーベイ                                                      の調査
      結果の48%からは回復した。2018年9月のスコアは54%であるが、これは当社グループの外部の評判に対して王
      立委員会が及ぼした影響を反映したことおよび2017年11月の当社グループの再編成の発表が一因となり、上位4
                  (5)
      分の1の基準である68%               を下回っている。
     (1)

        多額の費用は、多額の顧客関連救済措置を含む。
     (2)
        ネット・プロモーター®およびNPS®は、登録商標であり、ネットプロモータースコアおよびネットプロモーターシステム
       は、ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの商標である。
     (3)
        優先セグメントNPSは、4つの優先セグメント(自家所有者、投資家、小規模企業(10万豪ドル以上500万豪ドル未満)
       および中規模事業(500万豪ドル以上50百万豪ドル未満))のNPSスコアの単純平均である。優先セグメントNPSのデータ
       は、ロイ・モーガン・リサーチおよびDBM                    BFSM・リサーチによる6ヶ月間の移動平均に基づいている。
     (4)
        無作為に選ばれた組織のサブセクションを対象とするパルスサーベイ(2018年4月)。
     (5)
        オーストラリアおよびニュージーランドの上位4分の1の会社に基づいている(出所:エーオンヒューイット2018
       年)。
      強固な基盤の維持

       当社グループは、当年度通年において、十分な資本を維持しており、APRAの「疑いなく堅固」な資本ベンチ
      マークである10.5%を2020年1月1日までに順序立てて達成する予定である。2018年9月30日現在の当社グルー
      プの普通株式等Tier1(「CET1」)資本比率は、10.20%であった。
       当社グループは、当年度通年中、強力な流動性を維持し、安定調達比率(「NSFR」)は113%、四半期平均流

      動性カバレッジ比率(「LCR」)は129%で、双方ともAPRAの規制要件である100%を上回っている。
       ポートフォリオの集中は、引き続き確立された当社グループのリスク選好の枠組みを基準として管理されてお

      り、当社グループのポートフォリオ全体の信用リスクは、依然として健全である。当年度通年の信用減損費用は
      貸付金および支払承諾総額の0.13%に相当しており、1年間で4%減少した。貸付金および支払承諾総額に対す
      る90日超期日経過の減損貸付金の割合は当年度通年にわたり0.71%で概ね安定していた。
       信用減損引当金は健全さが保たれ、引当金合計は当年度中7%増加し、3,729百万豪ドルとなった。信用リス

      ク加重資産に対する一括引当金の割合は0.86%から0.92%に上昇した。
       当社グループは引き続き深い技術的な専門知識に支えられ、迅速、機敏、能率的、強靱および適切であるよう

      に技術環境を強化している。これらの目的を適時に実現する当社グループの戦略の加速の一環として技術的投資
      支出が増加した。当年度通年にわたり、
       ● 新たなテクノロジーリーダーシップ・チームが集められ、10名の新たな幹部が世界的な大手金融サービス
         企業およびテクノロジー企業から採用され、強固な技術経験をもたらした。
       ● 主としてテクノロジーおよび営業関連の542のポジションを新たに設置した。
                                  23/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 当社従業員にクラウドコンピューティング技術を身につけさせるため、NABクラウド・ギルドを設立し
         た。3,000名超の従業員がこのプログラムを終了し、当社のクラウド認定資格を有する従業員の数はオー
         ストラリアおよびニュージーランドのどの組織よりも多い。
       ● ITアプリケーションは120すなわち5%減少し、ITアプリケーションのうち70すなわち3%がクラウドに
         移行された。当社グループはITアプリケーションを15%から20%削減することおよび35%をクラウドに移
         行することを目標としている。
     4  【関係会社の状況】

      (1)  親会社
        当社は別の法人もしくは自然人または外国政府によって直接または間接的に支配されていない。
      (2)  子会社

        子会社に関する情報は「第6-1 財務書類」の注記31「子会社および他の企業への関与」に記載されてい
       る。
     5  【従業員の状況】

     フルタイム相当従業員
                       2018  年     2018  年     2017  年     2018  年 9月    2018  年 9月

                       9月30日       3月31日       9月30日        対2017年       対2018年
                        現在       現在       現在       9月(%)       3月(%)
     フルタイム相当従業員
                         33,283       33,944       33,422        (0.4%)       ( 1 . 9 %)
     (「FTE」)数(スポット)
     フルタイム相当従業員
                         33,618       33,904       33,464         0. 5 %     (0.  8 %)
                (1)
     (「FTE」)数(平均)
     (1)
       FTE数平均は、各基準日までの半年間について計算されている。
                                  24/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】


       下記「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および「第6-
      1 財務書類」の注記29「偶発債務および与信コミットメント」を参照のこと。
       下記「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記29「偶

      発債務および与信コミットメント」に記載されている情報は、2018年9月30日時点のものである。下記「第3-
      3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記29「偶発債務および与
      信コミットメント」に関するそれ以降の情報については、第6-3および「第6-1 財務書類」の注記38「後
      発事象」を参照のこと。
       当社グループの今後の業務、財務状況および財務成績に関する当社グループの展望および将来への期待につい

      ては、「第2-3 事業の内容」の「戦略的ハイライト」の「当社の戦略の加速」を参照のこと。同記述は、当
      社が2018年度通年業績報告をオーストラリアで発表した日である2018年11月1日現在の当社の判断または推定に
      基づいている。
                                  25/401












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】

       一般銀行業務、経済情勢および財務状況に関連するものを含む当社グループ特有のリスク

       以下は、当社および被支配会社(「当社グループ」)に関連する主要なリスクおよび                                            不確定性に関する記述で
      ある。これらのリスクおよび不確定性は、重要度の順に記載されておらず、これらのリスクが発生する可能性を
      判断することは不可能である。これらのリスクの一または複数が具体化した場合、当社グループの評判、戦略、
      事業、営業、財務状況および将来の業績は重大な悪影響を被る可能性がある。
       風評被害によって当社グループが短期的または長期的に顧客または従業員をひきつけ維持する能力および新規

      の事業機会を追求する能力が悪影響を被る可能性がある。その結果、当社グループに適用されるリスクプレミア
      ムが上昇し、当社グループの事業の資金調達コストまたは財政状態に影響を及ぼす可能性がある。さらに規制当
      局が当社グループに対して追加資本の維持、制裁金の支払いまたは救済措置の実施コストを含む追加コストの負
      担を要求する可能性がある。これらによって当社グループの事業活動の一部または全部の存続可能性に影響が及
      ぶ可能性がある。
       当社グループのリスク管理体制および内部統制は、当社グループが直面しているリスクの正確な特定、評価ま

      たは取扱にあたり十分または効果的でない場合がある。その他、現在は不明であるかまたは重要でないとみなさ
      れているが、後に判明するかまたは重要なものとなる可能性のあるリスクがある。これらは個別にまたはあわせ
      て、当社グループに悪影響を及ぼす可能性がある。                          そのため、当社グループは、将来の業績、収益性、収益の分
      配または資本収益率について補償または保証しない。
      銀行・金融サービス業界特有のリスク

       通常、この外部リスクの性質および影響については、予測不能であり、かつ当社グループの直接の支配が及ば
      ない。
      当社グループはマクロ経済および地政学的リスクならびに金融市場の状況から悪影響を受ける可能性がある。

       当社グループの金融業務の大半は、オーストラリアおよびニュージーランドで行われており、アジア、英国お
      よび米国に支店が置かれている。当社グループの事業活動は、世界各地の顧客が要求する銀行・財務サービスお
      よび商品の性質および程度に左右される。とりわけ、借入水準は、顧客心理、雇用動向、市場金利ならびにその
      他の経済・金融市場の状況および予測に非常に大きく左右される。
       国内外の経済状況および経済予測は、経済成長率、資本の利用可能性およびコスト、中央銀行の介入、インフ

      レ率およびデフレ率、ならびに市場の不安定性および不確実性等の数多くのマクロ経済要因の影響を受ける。こ
      れらの要因の悪化により、以下の事象が起こる可能性がある。
                                  26/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 資金調達費用の増加または利用可能な資金の欠如
       ● 資産(担保を含む。)の価値の低下および資産(担保を含む。)の流動性の悪化
       ● 一部の資産に係る価格決定不能
       ● 顧客または契約相手方の債務不履行および信用損失の増加
       ● 貸倒引当金の増加
       ● 株式ポジションおよび売買ポジションにおける値洗い損
       ● 利用可能なまたは適切なヘッジ目的のデリバティブ商品の欠如
       ● 営業収益および利益における成長率の低下。とりわけ、当社グループのウェルス業務の収益は資産価値
         (主に上場株式の価値)への依存度が高い。
       ● 保険コストの増加、利用可能なもしくは適切な保険の欠如または保険業者の破綻
       経済状況はまた、気候変動ならびに自然災害、戦争・テロ、政治・社会不安ならびに公的債務の再編および不

      履行等の大きな衝撃をもたらす事象の影響を受ける。
       以下は、現在当社グループと関わりがあり当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性の

      あるマクロ経済・金融市場の状況の例である。
       ● 過去の水準を超えるグローバル規模の成長が続いていることにより、失業率および余剰生産能力が低下し
         ている。主要な中央銀行が政策金利を過去の水準に照らして低い水準で維持することを可能とした緩やか
         なインフレは、デフレに転じ始めている。政策金利の引き上げは米国で最も急激であったが、カナダおよ
         び英国においても引き上げられた。欧州中央銀行は、金利をまだ引き上げていないものの、2018年末まで
         に同行の資産購入制度を終了させ、金融刺激策を減らす予定であると述べた。世界的な金融政策が徐々に
         標準化していることから、政策金利のさらなる引き上げが進むと予想されている。
       ● 中央銀行による低い政策金利の維持は、いくつかの地域における従来にない金融政策と相俟って、多くの
         地域における高い負債水準および資産価格の上昇を伴い世界全体にわたる相当程度の金融的脆弱性を生み
         出した。潜在的に重大なリスクは、資産の金利再設定および資産と負債の満期ミスマッチの両面で金利の
         上昇に関連している。米国のインフレ率および金利の上昇が市場により現在想定される緩やかな上昇率を
         上回る場合、これらのリスクは増大する。世界中の債券イールドの上昇によって、オーストラリアおよび
         ニュージーランドの市場も影響を受ける。銀行間取引金利と翌日物インデックス・スワップレートとの間
         のスプレッドの拡大により潜在的な資金調達コストが増加しており、今後どの程度の期間にわたりこうし
         た高スプレッドでの価格設定が継続するのかは明らかではない。
                                  27/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 経済規模の大きな先進国経済全体にわたり政府の負債水準は極めて高く、ソブリンの信用格付けおよび資
         金調達コストに影響を与えている。オーストラリアおよびニュージーランドの政府の負債は依然として先
         進国経済のベンチマークよりも低いものの、これらの国のソブリン信用格付けが低下すると両国に所在す
         る当社グループの事業が悪影響を被る可能性がある。グローバル経済はレバレッジの水準が高く、債券の
         利率が上昇していることにより、主要な輸出市場において事業リスクが上昇している。家計における負債
         もオーストラリアおよびニュージーランドを含む新興国経済および先進国経済の両方にわたり高水準であ
         る。
       ● 規制当局は、歴史的な評価基準または伝統的な評価基準のいずれからも多数の評価が実態と乖離している
         と見受けられる点を注意喚起している。米国株式、米国および英国の商業用不動産ならびに環太平洋地域
         の大都市の都心部における住宅不動産の価格が高値で評価されているように見受けられる。金利の上昇ま
         たは収入の低下により担保価値の下落を引き起こす可能性がある。
       ● 中央銀行の低い政策金利および縮小したリスクプレミアムにより、投資家はイールドの追求のため、より
         多くのリスクを引き受けることとなった。これにより、金利の引き上げが始まり、デフォルトに対してよ
         り脆弱になるリスクの高い政府および法人の借手の範囲に資本が流入することとなった。
       ● 新興国通貨は、同地域における株式市場同様、2018年度第1四半期以降急激に下落した。
         現在、懸念は少数の国に集中しているものの、センチメントの悪さは地域全体に波及する可能性があり、
         金融市場に圧力をかけ得る資本流出をもたらす。多額の外貨建債務を抱える国は特にこのリスクにさらさ
         れる。
       ● 特に借入国が経常赤字を計上しており、対外純債務を有する場合、米国への資本移動により借入国の各地
         において現地通貨安となり、金利が上昇し信用格付けが低下する可能性がある。ラテンアメリカ、アフリ
         カ、アジアおよび東ヨーロッパの諸国は、イールドが上昇することに伴う米国への資本移動の変動に対し
         て脆弱である。
       ● 新興国経済の安定性に関する懸念が過去数ヶ月で生じている。限られた経済(特にトルコ、アルゼンチン
         およびブラジル)における特定の国内問題に大きく関係しているところ、新興国市場の広い範囲にわたる
         クレジット・デフォルト・スワップ・スプレッドは2018年初頭以降大幅に上昇している。これらの措置は
         しばしば経済における金融ストレスの早期警戒指標である。
       ● 東アジアにおいては銀行セクターのリスクが増大している。中国の銀行は負債比率の高い企業および不動
         産にさらされており、中国の不良債権化したローンに対する見通しについては不確実性がある。香港、シ
         ンガポール及び中国に存在する国内総生産の伸び以上の不動産価格の高騰と与信の増加は、これらの地域
         経済にマイナスのショックが発生した場合の潜在的な問題を示している。中国の広範かつ複雑なシャドー
         バンキングセクターはさらなるリスクをもたらしている。
                                  28/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 世界中の銀行セクターには依然として懸念される地域がある。東アジアの新興国市場に加え、ユーロ圏の
         一部、特にイタリア、スペインおよびポルトガルにおいては依然として銀行の健全性に対する不安が存在
         する。
       ● 米国と主要な取引相手(特に中国)との貿易摩擦は、両国における一連の関税措置の導入を受けて、エス
         カレートし続けている。中国が引き続き米国の主要なターゲットであるものの、 バリューチェーン内の
         連鎖は(主にアジアにおける)その他の新興国市場も影響を受けることを意味している。これらの貿易措
         置に対する中国の政策対応は不確実性の程度も示している。中国の金融政策の緩和および財政支出の増加
         の可能性を示す証拠がいくつかあり、中国経済に現存する不均衡を悪化させる可能性がある。これにより
         既に高水準である負債に対処する試みが損なわれる可能性があり、中期的リスクが増加する。
       ● オーストラリアとニュージーランドにおいては、継続中の貿易および投資が中国の急速な経済成長の速度
         の急激な低下に常にさらされていることから、中国の継続的な経済成長は、オーストラリアとニュージー
         ランドにとって重要である。中国の多額かつ増加し続ける債務負担は、中国の中期的な成長の見通しに対
         するリスクを示している。オーストラリア経済は、その輸出構成により、特に中国による事業、インフラ
         または住宅への投資の突発的な低迷にさらされている。
       ● オーストラリアおよびニュージーランドは、商品輸出経済として、国際商品価格の変動にさらされてお
         り、かかる変動は突発的、大規模かつ予測困難なものとなる可能性がある。商品相場の変動は、国民所
         得、税収および為替レート等の主要な経済変数に影響を及ぼす可能性がある。過去におけるオーストラリ
         アおよびニュージーランドでの商品価格の急激な低下は、トレンドを下回る世界的な成長による需要の抑
         制と商品供給の増加とが相俟ってもたらされた。商品価格の変動性は依然として大きいところ、当社グ
         ループは商品生産およびトレーディング事業に対する大きなエクスポージャーがある。
       ● オーストラリアおよびニュージーランドの特定の大規模な都市部における住宅用不動産の価格は、標準的
         な住宅取得能力基準と比較して高い。高水準の移民が住宅需要の上昇の下支えとなり、これらの不動産市
         場価格に寄与している。幅広い要因が住宅不動産価格の下落に寄与する可能性がある。これは、信用の状
         態に影響を及ぼす可能性のある規制上の変更、移住および対外投資にとってより不利な政治方針の変更、
         ネガティブ・ギアリングおよび資産譲渡益課税に関する方針の変更ならびに失業率の上昇を含む。
       ● 地政学的リスクは引き続き経済情勢の不確実性を示している。主要な民主的経済の多くにおける分断の拡
         大およびポピュリズムの増加は、政策実行上の問題をもたらした。英国が離脱協定の合意なしに欧州連合
         を離脱する可能性が増し、欧州地域の経済の不確実性を増大させている。さらに、米国の対外方針の性質
         の変化は、朝鮮半島、南シナ海および対イラン核関連制裁にまつわる不確実性が続いていることを特に考
         慮すると、地政学的リスクの増加の要因となった。
                                  29/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループは広範囲にわたる規制に服する。規制の変更は当社グループの評判、業務ならびに財務実績および
      財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループは、当社グループが事業を行うか、取引を行うかまたは資金を調達する法域における厳格な規制
      に服し、またいくつかの規制当局および業界の実務指針の監督に服する。規制内容は、法域毎に異なり、顧客、
      保険契約者、有価証券の保有者、および銀行・金融サービスシステム全体の利益の保護を目的としている。法律
      および規則の変更または規制方針もしくは解釈の変更は、予測不能かつ当社グループの支配が及び得ないもので
      あり、当社グループが事業を行う法域間で調整されない可能性がある。規制の変更は、多額の資本・コンプライ
      アンス費用、企業構造の変更、経営陣、従業員およびITシステムに対する要求の増加をもたらす可能性がある。
      また、その結果として、当社グループの特定の市場への参加の実現可能性が変化し、または当社グループの事業
      の一部を処分する必要が生じる可能性がある。
       オーストラリアおよびニュージーランドの金融サービスおよび銀行業界は現在、規制上および国政上の監視が

      強化されている環境で営業を行っている。検討および調査に基づく勧告ならびに規制上および法律上の変更は、
      金融サービスおよび銀行業界に大幅な改革をもたらす可能性がある。例えば、
       ● 2017年12月、オーストラリア政府は、「銀行業務、年金および金融サービス業界の不正行為」を調査する
         王立委員会を設置した。王立委員会は、オーストラリア政府の行政機関によってのみ開始され、付託条項
         の指示を受ける正式な公的調査機関である。2018年中、王立委員会は、個人貸付、事業貸付、財務アドバ
         イスの提供および金融規制当局の措置を含む当社グループの事業および経営に関連する広範囲の事項に関
         して公聴手続を実施した。王立委員会の最終報告書の提出期限は2019年2月である。2018年9月28日に発
         表された中間報告において、王立委員会の委員長は、それまでの王立委員会による調査から発生した一連
         の疑問点を明らかにした。これらの疑問点は、過去の措置がとられた理由および今後違法行為を防止する
         ために金融サービス業界においてどのような変更をなし得るかについて、更なる議論を生む予定である。
         王立委員会は、最終報告書において勧告を行う予定であり、これが実施された場合、当社グループの業務
         に影響を及ぼす可能性がある。当社グループは、王立委員会による調査を完了させるために同委員会への
         全面的な協力に引き続き取り組んでいる。
       ● 2018年5月、ニュージーランド準備銀行(RBNZ)およびニュージーランド金融市場局はニュージーランド
         銀行業界の措置および文化の見直しを開始し、業界全体に対するいくつかの勧告が2018年11月5日に発表
         された報告書に組み込まれた。ニュージーランドの個々の銀行(バンク・オブ・ニュージーランドを含
         む。)に対する具体的な勧告は、2018年11月に行われる予定である。この見直しの結果は、ニュージーラ
         ンドの銀行業界に対する国政上または規制上の監視のさらなる強化につながる可能性があり、バンク・オ
         ブ・ニュージーランドに悪影響を及ぼし得る。
       ● 2018年4月、APRAは「コモンウェルス・バンク・オブ・オーストラリアに対する健全性調査」に関する最
         終報告書を発表した。APRAは他の主要銀行(当社を含む。)に同報告書が提起する各問題に対する自己評
         価を行うよう要請した。
                                  30/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 贈賄・腐敗防止、反マネーロンダリング(「AML」)およびテロ資金対策(「CTF」)法令および貿易制裁
         に関する監督、規制および執行が増加した。2018年6月、オーストラリアの金融情報機関であるAUSTRAC
         は、他のオーストラリアの主要銀行との間でAML/CTF法令の重大な違反に関する700百万豪ドルの罰金に
         ついて合意に達した。
       ● 銀行役員責任体制を実施する法律が2018年7月から当社グループについて効力を生じた。この法律はADI
         ならびにその取締役および上級執行役員の責任および説明責任を強化することを意図している。
       ● 2018年9月、可決された場合は金融商品の設計および販売に関する追加義務を当社グループに課すことと
         なる法案が議会に提出された。また同法案は、ASICが消費者に重大な損害をもたらすと判断する場合に商
         品に介入する権限を付与する。
       ● ASICは2018年8月に、執行および監督の機能を強化する予定であることを発表し、これにはガバナンスお
         よび法令遵守の監視のために大規模金融機関に専任監督スタッフを配属することが含まれる。
       ● 2018年3月、金融セクターの企業に影響を及ぼす危機に対処するため、APRAの権限を拡張し強化する法律
         が可決された。当該法律はADI(および一定の場合にはその子会社)の経営への介入に関してAPRAに大幅
         な権限を授与している。
       ● 下院の経済常設委員会の「主要4行の見直し」、生産性委員会の「オーストラリアの金融制度における競
         争」調査ならびにオーストラリア自由競争消費者委員会の「住宅ローン商品価格調査」および「為替業務
         調査」等、他に数件の継続的調査が行われた。
       オーストラリアおよび当社グループの関連するその他の法域においてバーゼル銀行監督委員会(「BCBS」)の

      規制改革の実行が今後続く予定である。2017年12月、BCBSはバーゼルIIIの枠組みを最終確定した。その後の規
      制上の変更には以下のものが含まれる。
       ● オーストラリアにおいて、APRAは、2018年2月に自己資本の枠組みの改訂に関する協議を開始し、「疑い

         なく堅固な」自己資本比率を確立することによる銀行システムの強靭性の強化を行なう意向を再確認し
         た。オーストラリアの大手銀行は2020年1月までに普通株式等Tier1自己資本比率を10.5%以上とするこ
         とが期待されている。協議は2019年まで継続すると見られ、これまでに「資本力の基準」、「リスク感受
         性」および資本枠組の「透明性、比較可能性および柔軟性」の検討が行なわれた。改訂された健全性要件
         は、2021年1月1日から開始する予定である。
                                  31/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● ニュージーランドでは、RBNZがニュージーランドにおいて設立された登録銀行に適用される自己資本健全
         性の枠組みの見直しを実施している。その目的は、現行の枠組みの運用状況および銀行の自己資本要件の
         国際的な進展を考慮しながら、ニュージーランドの銀行向けの自己資本の要件を設定するための枠組みを
         特定することである。2017年12月、RBNZは補完資本となる商品の除外を含む資本の定義に関する「原則
         論」の決定を公表し、その後リスク加重資産の計算に関する「原則論」の決定を公表した。RBNZは、これ
         までの決定の潜在的なコストおよび利益の分析を実施し、最低自己資本比率の設定について更なる協議を
         行なう。
       当社グループに影響を及ぼすその他の現行のかつ潜在的な規制の変更の例は、以下のとおりである。

       ● オーストラリア政府は、「オーストラリアにおけるオープン・バンキング体制の見直し」に関する報告書

         の公表および公開協議から生じた勧告に対する支持を表明した。これは、消費者および第三者による銀行
         商品およびデータへのアクセスを増加させるように設計されている。当該体制のエクスポージャー法案に
         ついての協議が開始され、2019年7月から改革が段階的に実施される予定である。これは、「銀行」とい
         う名称の使用に関する規制を緩和する法律の可決とともに、銀行業界への新規参入者に対する障壁を低下
         させ同業界の競争を増加させると予測されている。
       ● 2018年11月8日、APRAは、ADIの損失吸収力を高めるための提案を概略した審議文書を公表した。この提
         案は、オーストラリアのADIの秩序ある破綻処理を促進し、公的資金投入による支援を最小限に抑えるの
         に十分な枠組みを実施する金融制度審議会の勧告と一致している。この文書は、国内のシステム上重要な
         銀行(「D-SIBs」)におけるリスク加重資産の4~5%の総自己資本要件の増加について概略している。
         D-SIBs(当社グループを含む。)は、主にTier2資本の追加によってこの要件を充足することが見込まれ
         ており、これによって当社グループの継続的な資金コストが増加することが予想される。APRAの協議プロ
         セスは2019年に完了する予定であり、調整後の資本要件は2023年までに適用される。
       ● 2018年7月、APRAは、関連法人のエクスポージャーの限度および拡張認可法人の枠組みを更新する提案を
         含む、関連当事者の枠組みの改訂に関する協議を開始した。最終的な枠組みは、2020年1月から実施され
         る予定である。
       ● RBNZは2017年9月にニュージーランドの登録銀行により外注されたサービス(オフショアの親銀行が提供
         するサービスを含む。)に焦点を当てた修正外注指針を発行した。当該指針の遵守は2022年9月までに要
         求される。最終版の指針の実施および遵守によって当社グループの経営が影響を被る可能性がある。
                                  32/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 老齢退職年金の説明責任を強化するための法律の導入。さらに、APRAの規制を受ける老齢退職年金信託受
         託者の運営ガバナンスの慣行を向上するための年金健全性枠組みに関する変更も提案されている。
       ● 財務指標(その監督および規制を含む。)、支払、データ保護およびプライバシー法、データの質、会
         計・報告要件、税法制定および銀行固有の課税における変更。これには、2017年7月に発効した大手銀行
         税ならびにオーストラリアの州・準州政府が導入する可能性のある同様の課税が含まれる。
       これらのような現行のかつ潜在的な調査および規制改革の全容、スケジュールおよび効果または(実施される

      としたならば)どのように実施されるかは、不明である。要件の特性およびそれがどのように実施されるかに
      よっては、かかる要件は当社グループの事業、経営、構造、コンプライアンス費用または資本要件、そして最終
      的には評判、財務実績および財政的見通しに悪影響を及ぼす可能性がある。
      当社グループは、激しい競争にさらされており、当社グループの財務実績および競争上の地位に悪影響を及ぼす

      可能性がある。
       当社グループが活動する市場全体にわたり熾烈な競争が繰り広げられている。顧客の獲得競争が激化した場
      合、利益マージンが圧縮されるかマーケット・シェアを失う可能性がある。当社グループはより低コストのかつ
      新たな経営およびビジネスモデルを有する外国銀行およびノンバンクの競合他社を含む新規市場参入者に加え
      て、有力な金融サービス提供者との競争にも直面している。進化する業界の傾向および予想される急速な技術の
      変化は、顧客のニーズおよび志向に影響を及ぼす可能性がある。当社グループは、これらの変化を正確にもしく
      は十分な速さで予想し、または業界の動きに後れをとらずに十分な余裕をもって適応し、顧客の期待に応えるた
      めの資源と柔軟性を備えていない可能性がある。
      当社グループ特有のリスク

       銀行業界および金融サービス業界の主要な金融機関である当社グループの事業および当社グループ特有の構造
      には、それぞれ直接起因する複数のリスクが存在する。当社グループの財務実績および財務状況は、以下に記載
      した当該リスクの影響を受けており、今後も受け続ける可能性がある。
      当社グループは評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある信用リスクにさらされている。

       信用リスクとは、顧客が当社グループに対して契約条件に従った債務の履行が不可能となる可能性をいう。当
      社グループの信用リスクの大半は貸付事業によるものである。銀行勘定およびトレーディング勘定、その他の金
      融商品および貸付金、コミットメントおよび保証の供与ならびに取引決済において、その他の信用リスク要因が
      存在する。
                                  33/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループの貸付ポートフォリオは、当社グループの貸付金および支払承諾総額の重要な要素である住宅
      ローンならびに商業用不動産ローン(大半がオーストラリアおよびニュージーランドに所在)を含む。厳しい事
      業状況または経済状況(住宅不動産および商業用不動産の評価もしくは価格の低下を含む。)、雇用水準の悪
      化、政治環境の不安定化またはオーストラリアおよびニュージーランドにおける高い水準の家計の負債により、
      信用リスクが増加する可能性がある。
       また、金利が近年の記録上最低またはそれに近い水準から上昇した場合は、当社グループはカウンター・パー

      ティーまたは顧客の債務不履行リスクの増加にさらされる可能性がある。とりわけ、当社グループのリテールお
      よび非リテールセグメントにわたる金利限定返済義務付のローンのポートフォリオおよび住宅投資家向けの住宅
      抵当貸付ポートフォリオは、金利が上昇した場合または不動産価格が下落した場合には、損失を受けやすい可能
      性がある。当社グループはまた、集合住宅市場が悪化した場合は、不動産開発業者に対するリテール貸付および
      非リテール貸付を通じて、カウンター・パーティーによる債務不履行リスクの増加にさらされる可能性がある。
       当社グループのオーストラリアおよびニュージーランドにおける事業貸付のマーケット・シェアが大きいこと

      により、非リテールセグメントの顧客の状況が悪化した場合は、当社グループは潜在的損失および評判の失墜に
      さらされる。同様に、当社グループはオーストラリアおよびニュージーランドの農業部門(とりわけニュージー
      ランドの酪農部門)において大きなマーケット・シェアを占めている。商品価格の乱高下、為替変動、病気およ
      び病原菌や害虫の流入、輸出および検疫にかかる規制ならびにその他のリスクが、同部門および当社グループの
      財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       現在、潜在的な信用リスクの主要な要因には以下のものが含まれる。

       ● オーストラリアの数多くの地域で住宅不動産の価格の低下が確認されている。この傾向が続いた場合、当

         社グループは、これらの資産によって担保される貸付からの信用損失の増加の影響を受ける可能性があ
         る。
       ● リテール販売部門は、一部のリテール販売業者およびリテール資産の所有者が債務返済能力に影響を及ぼ
         す可能性がある課題に直面している。これらには低い家計収入の伸び率、国際的な新規参入およびオンラ
         インチャンネルの成長が含まれる。
       ● 気候変動によって、資産または事業の経営に影響を及ぼす異常気象現象、気候変動を軽減させるために策
         定された新規の法律および政府の指針の影響ならびに再生可能かつ低排出の技術に経済が移行することに
         よる一定の顧客セグメントに及ぼす影響によってリスクが生じる可能性がある。その結果、当社グループ
         が、構造的な減少がみられ、流動性が限られた部門の資産によって担保される顧客に資金を供給するリス
         クが生じる。
                                  34/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● オーストラリア東部の地域では深刻な干ばつが発生している。この影響は、第一次生産者のみならず、農
         業部門に対する供給者である顧客ならびに地方コミュニティに居住し事業を行なう顧客にまで及ぶと予測
         される。
       ● ニュージーランドの乳製品部門は、2015年/2016年の乳固形分に係る受取単価の割合の低下による経済的
         圧力を受けた。乳固形分に係る受取単価の割合は近年改善したが、世界的な乳製品の価格は2018年5月以
         降わずかに低下した。世界的な乳製品価格または乳固形分に係る受取単価の割合の大幅な低下は、同部門
         の負債の支払能力に悪影響を及ぼす可能性がある。オーストラリアの酪農産業も乳価の下落および産業の
         混乱に直面した。
       当社グループは、貸付金、前渡金その他の資産に関連する貸倒損失に備えて引当を行っている。貸出金ポート

      フォリオ上の損失の見積は、その性質上不確実である。かかる見積の正確性は、一般的な経済情勢、予測および
      仮定を含む多くの要因に左右され、複雑なモデリングおよび判断を伴う。評価の前提条件となる情報や仮定が不
      正確であることが判明した場合、信用減損に係る引当金を修正する必要が生じる。これは、当社グループの財務
      実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
      当社グループはオペレーショナルリスクにさらされていることにより損失を被り、その結果当社グループの評

      判、財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
       オペレーショナルリスクは、不十分な、または欠陥のある内部手続、人員およびシステムまたは外部事象に起
      因する損失のリスクである。これは、法的リスクを含むが、戦略リスクおよび風評リスクを含まない。オペレー
      ショナルリスクは、戦略プロジェクトおよび事業変革の取組みに加えて当社グループの日々の事業活動から発生
      する事業遂行における中核的要素である。オペレーショナルリスクが完全に緩和できないことに鑑みて、当社グ
      ループは潜在的損失の負担と緩和コストの負担との間の適切なバランスを決定する。
       オペレーショナルリスク事由は、経済的損失、罰金、課徴金、身体傷害、風評被害、マーケット・シェアの喪

      失、財産または情報の喪失、顧客救済、訴訟および当社の株価下落を含む相当な損失をもたらす可能性がある。
      さらに、当該事由は一般大衆、株主、投資家、顧客、規制当局または格付機関の当社グループに対する印象に悪
      影響を及ぼす可能性がある。ソーシャル・メディアもまた当社グループに対する印象に影響を及ぼす。オペレー
      ショナルリスク事由による損失は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能
      性がある。オペレーショナルリスク事由の例には、以下のものがある。
       ● 従業員、請負業者および外部者による詐欺的または不正な行為

       ● システム、技術およびインフラの故障、サイバー攻撃(サービスの拒否および悪質なソフトウェア攻撃を
         含む。)または顧客もしくは機密のデータへの不正アクセス
                                  35/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 人為的ミス(不正確または不完全なデータ収集および記録管理を含む。)または手順もしくは制御の不適
         切な設計に基づく処理の誤りまたは失敗
       ● 第三者(オフショアおよび外部委託によるサービス提供者を含む。)による処理上の失敗
       ● 雇用慣行(多様性、差別、職場の健康・安全を含む。)の脆弱性
       ● 商品の設計の欠陥または保守の不備
       ● 自然災害、気候変動、生物学的危害またはテロ行為等の事象から生じる業務の混乱および物的損害
       さらに、当社グループは、主要な経営陣および業務を行う人員を維持し惹きつける能力に左右されている。主

      要人的資源が予期せず流失した場合、または適切な経験を有する人材を惹きつけることができなかった場合、当
      社グループが効果的かつ効率的に事業を展開しまたは戦略的目標を達成する能力が悪影響を受ける可能性があ
      る。
       モデルは、当社グループの業務の遂行(例えば、資本要件の計算ならびにエクスポージャーに係る測定および

      ストレス負荷)において広く使用されている。使用されたモデルが不十分であるかまたは誤ったもしくは妥当で
      ない仮定、判断もしくは情報に基づいていることが判明した場合は、当社グループの財務実績および財務状況に
      悪影響を及ぼすことがある。
      当社グループはコンプライアンス・リスクおよびコンダクト・リスクにさらされるおそれがあり、かかるリスク

      は当社グループの評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある                                         。
       コンプライアンス・リスクとは、適用ある法律、規則、免許の条件、監督上の要求事項、自主規制的な業界の
      行動規範、自主的な取組みならびに当社グループの内部方針、基準、手続および枠組みの理解不足および不遵守
      のリスクをいう。これには、当社グループが事業を行う法域における金融犯罪義務の遵守が含まれる。コンダク
      ト・リスクとは、当社グループまたは当社グループを代理する者の行為が顧客への不公平な結果を招くリスクを
      いう。これには、以下のような有害な慣行が含まれることがある。
       ● 顧客の需要を満たさずまたは不適切な商品・サービスの販売、顧客に対して当該商品・サービスを購入さ
         せるための不当な影響力の行使
       ● 不適切な市場慣行の実施または詐欺的もしくは違法な取引の当事者となること
       ● 適用ある受託者責任の不遵守または不適切なもしくは顧客の最善の利益とならない財務アドバイスの提供
       ● 規制上の問題の適切な上申の遅延
       ● 時宜に適った問題解決および顧客関連救済措置の不履行
                                  36/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       行為地の規制当局および政府による重大な規制の変更およびグローバルな金融サービス業界に対する公開調査
      により、基準が多数設定され、顧客の期待度が上昇している。
       2009  年全国消費者クレジット保護法に基づく責任ある貸付義務の解釈および当該貸付義務に関するガイダンス

      は、近年発展し、王立委員会の最近の注力事項となっている。これらの規制もしくはその解釈の変更、またはこ
      れらの義務に関する規制上および公開調査の増加の可能性により、個人貸付けに関する手順または手続の変更が
      必要となる可能性がある。
       当社グループのコンプライアンスおよび行為に関する統制に重大な不備があり、不適切に設定され、または法

      律上、規制上もしくは共同体の期待に満たない場合、当社グループは以下のような不利益を被る可能性がある。
       ● コンプライアンス費用、罰金、追加資本要件、世間の非難、訴訟、和解および顧客に対する損害賠償の増
         加
       ● 規制当局もしくはその他の利害関係者の監督、監視または執行の強化
       ● ローン、保証その他の担保関連書類等の契約の執行不能
       ● 強制的な営業停止、免許条件の変更または当社グループの業務の全部もしくは一部を行うための免許の取
         消
       ● 強制的約束など、その他の強制的または行政上の行為または合意
       これにより、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。

       数多くの国内金融機関および国際金融機関が、法令違反に対して、注目度の高い執行行為(多額の罰金を含

      む。)を受けた。
       当社グループ会社は随時、規制上の審査の対象となるが、これは業界全体のものか当社グループの個別のもの

      かを問わない。また、当社グループは、自身でまたは第三者の補助を受けて一定の行為の調査を行っている。
       現在、当社グループに対して多数の審査、調査および訴訟手続が行われている。これには、財務アドバイスの

      提供、顧客に提供されていない可能性のあるサービスの手数料の賦課、消費者クレジット保険商品に関する販売
      慣行およびアドバイス、ならびにAML/CTFのコンプライアンス課題および弱点の特定、通知および改善に関する
      事項が含まれる。上記の事項の詳細、その他の規制上のコンプライアンスおよび行為の調査および審査の詳細、
      ならびに当社グループに対して提起された集団訴訟および訴訟手続の詳細については、「第6-1 財務書類」
      の注記29「偶発債務および与信コミットメント」を参照のこと。これらの調査、審査および訴訟手続に関連する
      潜在的結果および合計費用は現時点では不確定であり、これらに関連した追加の集団訴訟が発生する可能性があ
      る。
                                  37/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       2018  年8月、原告法律事務所のスレーター&ゴードンは、銀行が所有する退職年金基金に対する一連の集団訴
      訟の開始を発表した。当該訴訟は、一定の財務アドバイスの料金、および老齢退職年金信託受託者が構成員の最
      善の利益のために行為しなかった(例えば、現金投資において利用可能な最も競争力のある金利を取得しないこ
      とによる。)と訴えられている状況に焦点を当てる。現在までに、かかる性質の集団訴訟が他の主要な銀行に対
      して1件提訴されている。
       適切な場合、過去の実績、予測、業界内での比較および外部専門家の助言(適切な場合)に基づく主観的判断

      の行使の組み合わせから導かれる数多くの仮定に基づいて、行為および訴訟問題に関して引当金が設定される。
      これらの仮定および当社グループが負う損害賠償請求の最終的なコストにはあくまでリスクおよび不確定性が存
      在する。これらの要因は、コンダクト・リスクおよびコンプライアンス関連事項の最終コストが予想とは大幅に
      異なり、追加の引当金を要する可能性があり、これにより当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況
      が悪影響を被る可能性があることを意味している。
      技術システムの混乱またはデータ・セキュリティーの侵害は、当社グループの評判、業務ならびに財務実績およ

      び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの日常業務の大半は情報技術を利用して行われているため、当社グループの情報技術のシステム
      および基盤の信頼性および安全性は、業務にとって不可欠である。技術環境の複雑性、これらのシステムが効果
      的に稼働できないこと、これらのシステムの許容時間内に修復または回復できないこと、技術を最新の状態に保
      てないこと、データ・セキュリティーの侵害その他の形でのサイバー攻撃または物理的攻撃を含む数々の要因か
      ら、技術的リスクが発生する可能性がある。これらの要因の全部または一部は当社グループの制御の範囲外であ
      る。かかる事由は業務の混乱、顧客への賠償、評判の毀損、変化および革新をもたらすスピードおよび機敏性へ
      の悪影響、訴訟、顧客データの滅失もしくは盗失または規制当局による調査および課徴金をもたらす可能性があ
      る。これらのリスクは、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       金融サービス業界における技術の急速な進展、オンデマンドのインターネットおよびモバイルサービスへの顧

      客の期待の増加により、当社グループはこれらの分野で新たな挑戦にさらされている。
                                  38/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループは、コンピューター・システムおよびネットワークを通じて大量の個人情報および機密情報を処
      理し、保管し、送信している。当社グループはこれらの情報の機密性および完全性の保護に対して多額の資金を
      投資している。しかし、情報セキュリティーに対する脅威はますます進化しており、サイバー攻撃の実行に使用
      される技術は一層高度化している。当社グループは、セキュリティーに対する脅威を予測できない可能性があ
      り、また、結果として生じる損害を防止または最小限とするための有効な措置を講じることができない可能性も
      ある。情報セキュリティー侵害は、業務の混乱、規制当局による執行行為、財務損失、顧客データの盗失もしく
      は滅失、またはプライバシー法の違反をもたらすおそれがあり、これらはすべて、当社グループの評判ならびに
      財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       その他の事業活動と同様、当社グループは、機密情報を保管し、また技術的解決法を開発および提供する(ク

      ラウドインフラの使用の増加を含む。)ために厳選した外部技術提供者(オーストラリア国内および海外)を使
      用している。これらの外部提供者が当社グループに対する義務を履行できなかった場合または当社グループがこ
      れらの提供者を適切に管理できなかった場合は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響
      を及ぼす可能性がある。
      買収または売却を含む戦略的決定が当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能

      性がある。
       戦略リスクとは、当社グループの戦略的目標の追求に伴うリスクをいい、当社グループが選択した戦略を履行
      できないリスクを含む。当社グループの戦略的決定の基礎となる前提が不正確である(または不正確であると判
      明する)おそれまたはそれらの戦略的決定を支えている条件が変更されるおそれがある。当社グループはこうし
      た変更に迅速に適応するリソースおよび柔軟性を有していない可能性(またはそもそも適応するリソースおよび
      柔軟性をまったく有していない可能性)がある。さらに、当社グループの戦略的取組みのうち、効果的な実施が
      著しく困難であるかまたは実施のための費用がかさむと判明するものがある可能性がある。当社グループは買
      収、売却、ジョイントベンチャーおよび投資を含む様々な会社の機会を定期的に検討している。追求した機会
      は、当社グループのリスク構成および資本構成を変え、またその性質上、買収対象の過大評価(もしくは売却対
      象の過小評価)を含む取引リスク、風評被害の可能性および財務リスクを伴う可能性がある。
                                  39/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       事業の統合または分離(期待したシナジーが実現できないこと、業務の中断、経営資源の転換または予想を上
      回る費用を含む。)を通じてリスクが発生する可能性がある。さらに、当社グループは売却した事業の継続的な
      エクスポージャー(継続的なサービスおよびインフラ(CYBGピーエルシー(「CYBG」)およびMLCリミテッドに
      提供されている移行サービス等)の提供を通じたものを含む。)または債務の維持(販売契約(CYBGとの金融行
      動損害賠償証書等)に基づく保証および補償を通じたものを含む。)にさらされる可能性がある。「第6-1 
      財務書類」の注記29「偶発債務および与信コミットメント」の「契約上のコミットメント―英国における金融行
      動問題および『金融行動損害賠償証書』」の項を参照のこと。
       上記のリスクに加え、日本生命保険相互会社(「日本生命」)に対するMLCリミテッドの80%の売却に関連す

      る多くの特有のリスクが存在する。当社は、日本生命のために一定の契約を行い、保証および補償を提供した。
      これらについて違反した場合またはトリガーが働いた場合、当社は日本生命に対して責任を負うこととなる可能
      性がある。当社はまた、生命保険商品の販売およびMLCリミテッドによるMLCブランドの使用の継続に関して長期
      契約を締結した。これらの契約の期間および性質により一定のリスクが生じる。かかるリスクには、規制環境ま
      たは商業環境の変化によりこれらの契約の商業的な魅力に影響が生じ、非競争的な取決めによって当社の将来の
      機会が制限されるリスクが含まれる。
       当社はMLCリミテッドを独立の事業体として設立するために一定の措置(移行サービスの提供、データ移行お

      よび技術システム開発を含む。)を講じることに同意した。かかる措置はまだ完了していないため、実行コスト
      が最終的に予想を上回ることとなるリスクがある。当社はまた、これらの事項に関連する合意に従って義務を履
      行しなかった場合、MLCリミテッドに対して責任を負うことがある。「第6-1 財務書類」の注記29「偶発債
      務および与信コミットメント」の「MLCリミテッドの生命保険業務」の項を参照のこと。
       2018  年5月3日の発表のとおり、当社グループは、助言、プラットフォーム・年金および資産運用業務の売却

      (「MLCウェルスの売却」)を目指す予定である。当社グループのMLCウェルスの売却の推進の決定およびその履
      行能力は、市況、王立委員会による調査結果の影響、分離のコストおよび複雑性、ならびに取締役会の承認およ
      び規制上の承認の獲得を含む多数の要因に左右される。当社グループがMLCウェルスの売却を推進する場合、当
      社グループは当該取引に伴うコストを負担することとなり、当該取引の条件および分離の実行は、当社グループ
      ならびにその顧客、提携アドバイザー、従業員、供給業者およびその他の当事者にとってのリスクおよび不確実
      性を生じさせる可能性がある。当社グループがMLCウェルスの売却を推進しないことを決定するまたは推進でき
      ない場合、当社グループは、当該未完了の取引に伴うコストを負担することとなり、顧客、提携アドバイザー、
      従業員、供給業者および助言、プラットフォーム・年金および資産運用業務のその他の当事者にとっての不確実
      性が生じる可能性がある。
                                  40/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループ全体にわたる変革および変更の計画は期待された利益の全部または一部をもたらさず、当社グルー
      プの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループは組織全体にわたる変化(技術、インフラおよび文化の変革を含む。)に対して多額の投資を行
      う。これらの計画は、期待された利益の全部または一部を実現しないリスクがある。また当社グループは、戦略
      的目標を達成し、変化する顧客の期待に応え、競争圧力に対処するために、引き続き業務プロセス改善計画を追
      求し、技術に対して投資を行う。これらのプロセスの変更は、オペレーショナルリスクおよびコンプライアンス
      およびその他のリスクを増加させ、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能
      性がある。
      重要な会計上の判断および見積りの誤りが後に判明した場合、当社グループは損失を被る可能性があり、それが

      当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの財務書類を作成するにあたっては、経営陣は、見積りおよび仮定を用い、会計原則を適用して
      判断を行う必要があり、それぞれが資産、負債、収益および費用の報告額に影響を及ぼす可能性がある。高度な
      判断を伴うかあるいは仮定が財務書類にとって重要な分野には、引当金(コンダクト・リスクに関するものを含
      む。)の計算において使用される推定、のれんおよび無形資産の評価ならびに金融商品の公正価値が含まれる。
       連結財務諸表の作成にあたり当社グループが使用した判断、見積りおよび仮定に誤りがあることが後に判明し

      た場合、当社グループは予想または引当金の設定を上回る多大な損失を被る可能性がある。これは、当社の評
      判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
      当社グループの業務遂行から生じる訴訟および偶発債務は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状

      況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループ内の企業は、自社の業務遂行に起因する法的手続に随時巻き込まれる場合がある。当該法的手続
      に関する潜在的な債務およびコストの総額は正確に評価できない。
       当社グループの重要な法的手続および偶発債務に関する詳細については、「第6-1 財務書類」の注記29

      「偶発債務および与信コミットメント」を参照のこと。
      資本不足は、当社グループの評判、事業ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

       資本リスクは、当社グループが健全性の要件を満たすため、戦略的計画および目標を達成するため、自らがさ
      らされるリスクをカバーするため、または予期せぬ損失から自らを防御するための十分な資本を有していないリ
      スクをいう。当社グループは、法域全体における当社グループの事業のバランスシートの規模およびリスク構成
      に相応の最小限の資本を保持する義務を負う。
                                  41/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       健全性資本要件およびこれらの要件における提案された変更は、
       ● 当社グループが当社グループ内の企業全体における資本を管理する能力を制限するか、
       ● 株式およびハイブリッド商品の配当金もしくは分配金の支払を制限するか、または
       ● 当社グループに対し、より質の高い資本のより多くの調達もしくは使用またはバランスシートの増大の制
         限を要求する可能性がある。
       さらに、資本要件の評価の根拠とされた情報または前提が不正確であることが判明した場合、当社グループの

      業務ならびに財務実績および財務状況は悪影響を被る可能性がある。
      当社グループの資金調達および流動性水準は、世界の資本市場の混乱から悪影響を受ける可能性がある。

       資金調達リスクは、当社グループが継続事業、戦略的計画および目標を支援するための短期・長期の資金調達
      ができないリスクである。当社グループは、その事業運営に必要な資金を調達するため、顧客預金を集めること
      に加えて、国内外の資本市場にアクセスしている。これらの資本市場のいずれかに混乱が生じた場合または当社
      グループの証券を保有することもしくは資金を預け入れることへの投資家および顧客の意欲が低下した場合、当
      社グループの資金調達能力が悪影響を被るかまたはより高いコストもしくは不利な条件で資金を調達しなければ
      ならなくなる可能性がある。
       流動性リスクとは、当社グループが金銭債務を満期到来時に履行できないリスクをいう。これらの債務には、

      要求時または契約上の満期日における預金支払、満期のホールセール借入金および借入資本の期日弁済、借入利
      息の支払が含まれる。当社グループの流動性水準の大幅な悪化は、当社グループの資金調達コストの増加をもた
      らすか、新規貸付高を抑制するかまたは当社グループによるオーストラリア準備銀行の流動性約定融資枠の利用
      をもたらす可能性がある。これは、当社グループの評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があ
      る。
      当社グループの信用格付の大幅な引下げは、当社グループの資金調達コスト、市場アクセスおよび競争力に悪影

      響を及ぼす可能性がある。
       信用格付は、借入人の一般的信用度に関する見解であり、市場参加者が当社グループならびにその商品、サー
      ビスおよび証券を評価するにあたって重要な参考指標となり得る。格付機関は、当社グループまたは当社グルー
      プが業務を行う国の政府の信用格付の設定および見通しに変更をもたらす可能性がある継続的な格付見直し業務
      を行っている。信用格付は、業務上のおよび市場の要因ならびに格付機関が使用する格付方法の変更から影響を
      受ける。
                                  42/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループもしくは当社グループの発行する有価証券の信用格付または当社グループが事業を行う一もしく
      は複数の国の国債の格付が引き下げられた場合、当社グループの資金調達コストが増加するかまたは資本市場へ
      のアクセスが制限される可能性がある。この結果、流動性水準の低下をもたらし、デリバティブ契約その他の保
      証付資金調達において担保の追加が要求される可能性もある。当社グループの信用格付の引下げにより、当社グ
      ループの競争力が悪影響を被る可能性がある。
      金利変動は当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

       金利リスクは、金利変動に起因する当社グループの財務実績および財務状況に対するリスクをいう。当社グ
      ループが業務を行う国におけるマイナス金利を含め、時間とともに金利およびイールド・カーブが変化するにつ
      れ、当社グループは、バランスシート上の金利構成によって、収益および経済的価値で損失を被る可能性があ
      る。銀行業界では、かかるエクスポージャーは通常銀行の貸付ポートフォリオと預金ポートフォリオ(およびそ
      の他資金調達源)の満期日構成のミスマッチから生じる。金利リスクはまた様々な金利再設定条項付の金利関連
      商品に対する顧客需要から生じるリスクを含む。短期金利および長期金利双方とも、当社グループが正確に予想
      していない方法で変動する可能性がある。
      当社グループは財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある外国為替リスクおよび換算リスクにさら

      されている。
       外国為替リスクおよび換算リスクは、世界中の金融市場および国際的な事業運営に参入しているために、当社
      グループのキャッシュ・フロー、損益、資産および負債の価値に対する為替変動の影響に起因する。
       当社グループの所有構造は、海外子会社および関連会社に対する投資および確定した為替取引からのエクス

      ポージャー(海外子会社からの資本の本国送還および配当金等)を含む。当社グループはオーストラリア国外で
      も事業を行っており、顧客、銀行その他の相手方と多数の通貨建てで取引を行っている。したがって、当社グ
      ループの事業は、為替レート変動またはこれらの通貨のいずれかの準備金の状況の変更の影響を受ける可能性が
      ある。外国為替相場の不利な変動は当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの財務書類は豪ドル建てで作成かつ表示されており、当社グループが投資または取引を行い、利

      益を稼得する(または損失を被る)際に用いる他通貨と豪ドルとの為替変動が生じた場合には、当社グループの
      財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
                                  43/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループはトレーディング活動からの多額の損失を被る可能性があり、それが当社グループの評判ならびに
      財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       トレーディング市場リスクは、当社グループのトレーディング活動(自己勘定を含む。)から発生する損失リ
      スクをいう。市場価格の悪化により、金融商品のポジションの価値の変動またはヘッジから損失が発生する可能
      性がある。これには金利、為替相場、商品および株式の価格ならびに信用スプレッドの変動が含まれる。
      引受リスクを転嫁できない場合、当社グループは損失を被り、当社グループの評判ならびに財務実績および財務

      状況が悪影響を受ける可能性がある。
       当社グループ会社は、金融仲介業者として、上場および非上場の債券、株価指数連動型有価証券および株式の
      募集を含む数多くの各種取引、リスクおよび結果を引受けまたは保証している。引受けの義務または保証は、当
      該証券の価格設定および発行に関するものである場合もあるため、当社グループは、当該リスクの全部または一
      部を他の市場参加者に転嫁できなかった場合に潜在的な損失にさらされる可能性がある。
                                  44/401















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     概況
      当社グループは、包括的かつ統合的な範囲の金融商品およびサービスを提供している国際的金融サービスグルー
     プである。
      当社の歴史は、1858年のザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアの創業にさかのぼる。ナショナ

     ル・オーストラリア・バンク・リミテッドは、1893年6月23日に、当社の主たる所在地であるオーストラリアにお
     いて設立された株式公開会社である。
      2018  年9月30日現在、当社グループは、全世界で、

     -806,510百万豪ドルの資産合計
     -1,447億豪ドルの運用・管理資産
     -33,283名のフルタイム相当従業員
     を有していた。
     グループの事業および業績の概観

         (1)
     財務分析
     当年度と前年度との比較

      現金収益     は、530百万豪ドルの事業再編関連費用および261百万豪ドルの顧客関連救済措置の影響を反映して、
     940百万豪ドルすなわち14.2%減少した。これらの費用を除くと、現金収益は、149百万豪ドルすなわち2.2%減少
     した。
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                       は、事業再編関連費用および顧客関連救済措置の影響を反映して、

     25ベーシス・ポイント低下した。これらの費用を除くと、平均リスク加重資産に対する現金収益の比率は、現金収
     益の減少が主因となり5ベーシス・ポイント低下した。
      純利息収益      は、301百万豪ドルすなわち2.3%増加した。この結果には、その他の収益における経済的ヘッジの変

     動により相殺された246百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、増加金額のうちの547百万豪ドルすなわ
     ち4.2%分は、過年度の金利再設定業務の通年の影響、預金コストの減少および長期ホールセール資金調達コスト
     の減少と併せて、住宅貸付高および事業貸付高双方の増加によってもたらされた。これらの変動は、住宅貸付マー
     ジンに対する競争圧力および商品構成の影響が短期ホールセール資金調達コストの増加および2017年度最終四半期
     に導入された銀行税の通年の影響と相俟って、一部相殺された。
                                  45/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      その他の収益       は、219百万豪ドルすなわち4.6%減少した。この結果には、純利息収益における経済的ヘッジの変
     動により相殺された246百万豪ドルの増加が含まれる。この増加および249百万豪ドルの顧客関連救済措置を除く
     と、減少金額のうちの216百万豪ドルすなわち4.6%分の主な要因は、マーケッツ業務のトレーディング収益の減
     少、トレジャリー業務におけるNABリスク管理収益の減少および過年度の資産売却に起因する収益の減少である。
     これは顧客リスク管理商品の売上の増加およびコーポレート・ファイナンス業務の手数料収入の増加により一部相
     殺された。
      営業費用     は、1,357百万豪ドルすなわち17.8%増加した。755百万豪ドルの事業再編関連費用および111百万豪ド

     ルの顧客関連救済措置を除くと、営業費用はテクノロジーに対する投資の加速ならびに関連する減価償却費および
     償却費、法令遵守および統制環境の向上、年間給与の増加の影響ならびにマーケティング費用の増加により、491
     百万豪ドルすなわち6.4%増加した。この結果は、当社グループの業務の簡略化に関連する人員のリストラを含む
     生産性向上からの利益および第三者支出の減少により一部相殺された。
      信用減損費用       は、個別信用減損費用の減少を主因として、31百万豪ドルすなわち3.8%減少した。この結果は、

     より将来を考慮したアプローチを取り入れるためのモーゲージモデルの充実に係る一括引当金および一括引当金の
     取り崩しの水準の低下により一部相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      現金収益      は、当年度上半期における530百万豪ドルの事業再編関連費用の影響および当年度下半期における261百
     万豪ドルの顧客関連救済措置を反映して、184百万豪ドルすなわち6.7%増加した。これらの費用を除くと、現金収
     益は、85百万豪ドルすなわち2.6%減少した。
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                        は、当年度上半期における事業再編関連費用の影響を反映して、5

     ベーシス・ポイント上昇した。この結果は、当年度下半期に発生した顧客関連救済措置により一部相殺された。こ
     れらの費用を除くと、平均リスク加重資産に対する現金収益の比率は、現金収益の減少および平均リスク加重資産
     の増加に起因して10ベーシス・ポイント低下した。
      純利息収益      は、33百万豪ドルすなわち0.5%減少した。この結果には、その他の収益における経済的ヘッジの変

     動により相殺された124百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、増加金額のうちの91百万豪ドルすなわ
     ち1.3%分は、住宅貸付高および事業貸付高双方の増加、預金コストの減少およびNABリスク管理収益の増加によっ
     てもたらされた。この結果は、競争圧力、商品構成の影響および短期ホールセール資金調達コストの増加(これら
     のすべてが住宅貸付ポートフォリオに影響を及ぼした。)により一部相殺された。
                                  46/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      その他の収益       は、176百万豪ドルすなわち7.5%減少した。この結果には、124百万豪ドルの増加が含まれるが、
     純利息収益における経済的ヘッジの変動により相殺された。この変動および当年度下半期における249百万豪ドル
     の顧客関連救済措置を除くと、減少金額のうちの51百万豪ドルすなわち2.2%分の主な要因は、マーケッツ業務に
     おけるトレーディング収益の減少、トレジャリー業務におけるNABリスク管理収益の減少および顧客リスク管理商
     品の売上の減少である。
      営業費用     は、当年度上半期における755百万豪ドルの事業再編関連費用の影響を反映して、496百万豪ドルすなわ

     ち10.5%減少した。この結果は、当年度下半期における111百万豪ドルの顧客関連救済措置により一部相殺され
     た。これらの費用を除くと、営業費用は、テクノロジーに対する投資の加速ならびに関連する減価償却費および償
     却費、法令遵守および統制環境の向上、年間給与の増加の影響ならびにマーケティングの増加により、148百万豪
     ドルすなわち3.7%増加した。この結果は、当社グループの業務の簡略化に関連する人員のリストラを含む生産性
     向上からの利益および第三者支出の減少により一部相殺された。
      信用減損費用       は、リテール貸付ポートフォリオにおける個別信用減損費用の増加が当年度下半期における一括引

     当金の取り崩しの水準の低下と相俟って、33百万豪ドルすなわち8.8%増加した。この結果は、より将来を考慮し
     たアプローチを取り入れるためのモーゲージモデルの充実により一部相殺された。
     (1)

       情報は継続事業ベースで表示されている。
     純利息収益

                            (1)                     (1)

                          年度                     半期
                                 2018  年                   2018  年
                                 9月終了                     9月終了
                    2018  年    2017  年            2018  年     2018  年
                                 対2017年                     対2018年
                    9月終了      9月終了              9月終了       3月終了
                                 9月終了                     3月終了
                                 (%)                     (%)
     純利息収益
                     13,467       13,166        2.3       6,717       6, 750      (0.5)
     (百万豪ドル)
     期中平均利付資産
                      726.7      711.3        2.2       728.2       725.1        0.4
     (十億豪ドル)
                                                       (3  bps)
     純利息マージン(%)                 1.85       1.85        -      1.84       1.87
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  47/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      純利息収益      は、301百万豪ドルすなわち2.3%増加した。この結果には、その他の収益における経済的ヘッジの変
     動により相殺された246百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、増加金額のうちの547百万豪ドルすなわ
     ち4.2%分は、以下の要因に起因している。
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおいて当社グループが優先セグメントに注力したことを反映した、住
      宅貸付高および事業貸付高の増加
     -オーストラリアにおける過年度の住宅貸付および事業貸付のポートフォリオの金利再設定の通年の影響および
      ニュージーランドにおける貸付マージンの改善
     -預金コストおよび長期ホールセール資金調達コストの減少を反映した、資金調達および流動性コストの減少。こ
      の結果は、短期ホールセール資金調達コストの増加および2017年度最終四半期に導入された銀行税の通年の影響
      により一部相殺された。
      基礎的増加分は以下の要因により一部相殺された。

     -住宅貸付マージンに影響を及ぼした競争圧力および商品構成の影響
     -低金利環境に伴う、利益率の低下による投下資本収益の減少
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      純利息収益      は、33百万豪ドルすなわち0.5%減少した。この結果には、その他の収益における経済的ヘッジの変
     動により相殺された124百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、増加金額のうちの91百万豪ドルすなわ
     ち1.3%分は、以下の要因に起因している。
     -オーストラリアおよびニュージーランドにおいて当社グループが優先セグメントに注力したことを反映した、住
      宅貸付高および事業貸付高の増加
     -マージンの改善および商品構成の好ましい変化の双方による預金コストの減少
     -マーケッツ業務およびトレジャリー業務におけるNABリスク管理収益の増加
     -保有資本の水準の上昇による投下資本収益の増加
      基礎的増加分は以下の要因により一部相殺された。

     -住宅貸付マージンに影響を及ぼした競争圧力および商品構成の影響
     -オーストラリアの住宅貸付ポートフォリオに多大な影響を与えた、短期ホールセール資金調達コストの増加
                                  48/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     純利息マージン
                              (1)                   (1)

                            年度                   半期
                                  2018  年                 2018  年
                      2018  年    2017  年   9月終了       2018  年    2018  年    9月終了
                      9月終了      9月終了      対2017年       9月終了      3月終了      対2018年
                      (%)      (%)     9月終了       (%)      (%)      3月終了
                                  (%)                   (%)
                                                 1.87     (3  bps)
     当社グループの純利息マージン                   1.85      1.85        -     1. 84
     事業者向け・プライベートバン

                                    7 bps                  (4  bps)
                        2.95      2.88             2.93      2.97
     キング業務
                                   (7  bps)             2.06     (12  bps)
     消費者金融・資産運用業務                   2.00      2.07             1.94
                                   (4  bps)             0.79
     法人・機関投資家向け銀行業務                   0.79      0.83             0.79              -
                                    9 bps             2.24      5 bps
     ニュージーランド銀行業務                   2.27      2.18             2.29
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、横ばいであった。
     -住宅貸付および事業貸付双方のポートフォリオにおける過年度の金利再設定の通年の利益に起因して、貸付マー
      ジンが2ベーシス・ポイント上昇。この結果は、競争圧力および住宅貸付マージンに対する商品構成の影響によ
      り相殺された。
     -預金コストの減少および長期ホールセール資金調達コストの減少によってもたらされた資金調達コストおよび流
      動性コストの減少に起因して、2ベーシス・ポイント上昇。この結果は、短期ホールセール資金調達コストの増
      加および2017年度最終四半期に導入された銀行税の通年の影響により一部相殺された。
     -低金利環境による資本収益率の低下に起因して、1ベーシス・ポイント低下。
     -トレジャリー業務のヘッジ活動からの純利息収益の減少(その他の収益において相殺された。)および銀行税の
      通年の影響に起因して、マーケッツ業務およびトレジャリー業務において3ベーシス・ポイント低下。この低下
      は、より強固なNABリスク管理収益により一部相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、3ベーシス・ポイント低下した。
     -競争圧力および住宅貸付マージンに対する商品構成の影響に起因して、貸付マージンが2ベーシス・ポイント低
      下。
     -オーストラリアおよびニュージーランド双方における預金コストの減少に起因して、2ベーシス・ポイント上
      昇。
     -短期ホールセール資金調達コストの増加により、2ベーシス・ポイント低下。この結果は、オーストラリアの住
      宅貸付ポートフォリオに多大な影響を及ぼした。
     -当社グループ全体にわたる資産構成の好ましい変化により、1ベーシス・ポイント上昇。
     -トレジャリー業務のヘッジ活動からの純利息収益の減少(その他の収益において相殺された。)を主因として、
      マーケッツ業務およびトレジャリー業務において2ベーシス・ポイント低下。
                                  49/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     その他の収益
                             (1)                     (1)

                           年度                     半期
                                    2018  年                2018  年
                     2018  年      2017  年            2018  年    2018  年
                                   9月終了                  9月終了
                    9月終了        9月終了              9月終了      3月終了
                                   対2017年                  対2018年
                     ( 百万        ( 百万             (百万      (百万
                                   9月終了                  3月終了
                    豪ドル)        豪ドル)              豪ドル)      豪ドル)
                                    (%)                  (%)
     手数料等                  2,185       2,131        2.5     1,097      1,088       0.8
     トレーディング収益                  1,266       1,240        2.1      656      610      7.5
        (2)
                                                  645
                       1,308       1,358       (3.7)       663           2.8
     その他
             (3)
                                                    -
                        ( 249  )       -      大     (249)            大
     顧客関連救済措置
     その他の収益                  4,510       4,729       (4.6)      2,167      2,343      (7.5)
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       顧客関連救済措置を除く。
     (3)
       追加情報については         「第6-1 財務書類」の注記4「その他収益」                       を参照のこと。
     当年度と前年度との比較

      その他の収益       は、219百万豪ドルすなわち4.6%減少した。顧客関連救済措置を除くと、その他の収益は30百万豪
     ドルすなわち0.6%増加した。
      手数料等     は、54百万豪ドルすなわち2.5%増加した。この増加の主な要因は、コーポレート・ファイナンス業務

     の手数料収入の増加である。
      トレーディング収益          は、26百万豪ドルすなわち2.1%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する

     246百万豪ドルの増加が含まれるが、純利息収益において相殺された。減少金額のうち220百万豪ドルは、マーケッ
     ツ業務におけるトレーディング収益の減少およびトレジャリー業務におけるNABリスク管理収益の減少が原因と
     なってもたらされた。この結果は、顧客リスク管理商品の売上の増加により一部相殺された。
      その他   は、50百万豪ドルすなわち3.7%減少した。この減少は、過年度における資産運用業務の売却からの収益

     の減少を主因としてもたらされた。
                                  50/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      その他の収益       は、176百万豪ドルすなわち7.5%減少した。顧客関連救済措置を除くと、その他の収益は73百万豪
     ドルすなわち3.1%増加した。
      手数料等     は、9百万豪ドルすなわち0.8%増加した。この増加の主な要因は、消費者金融・資産運用業務の手数

     料収入の増加である。この結果は、ニュージーランド銀行業務における手数料収入の減少により一部相殺された。
      トレーディング収益          は、46百万豪ドルすなわち7.5%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する

     124百万豪ドルの増加が含まれるが、純利息収益において相殺された。減少金額のうちの78百万豪ドルは、マー
     ケット業務におけるトレーディング収益の減少、トレジャリー業務におけるNABリスク管理収益の減少および顧客
     リスク管理商品の売上の減少に起因する。
      その他   は、18百万豪ドルすなわち2.8%増加した。この増加は主として、当社グループ内企業の簡略化からの利

     益に起因する。この結果は、当年度下半期においてコーポレート・ファイナンス業務における大口の顧客取引が減
     少したことにより一部相殺された。
                                  51/401














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     マーケッツ・トレジャリー業務の収益
                             年度                   半期

                                  2018  年                 2018  年
                      2018  年    2017  年           2018  年    2018  年
                                  9月終了                   9月終了
                      9月終了      9月終了             9月終了      3月終了
                                  対2017年                   対2018年
                      (百万      (百万             (百万      (百万
                                  9月終了                   3月終了
                      豪ドル)      豪ドル)             豪ドル)      豪ドル)
                                  (%)                   (%)
     純利息収益                    370      615     (39.8)        157      213     (26.3)
     その他の収益                   1,368      1,318       3.8       705      663      6.3
     マーケッツ・トレジャリー業務
                        1,738      1,933      (10.1)        862      876      (1.6)
     の収益合計
              (1)(2)

     顧客リスク管理収益
      為替変動リスク                    492      519     (5.2)        249      243      2.5
      金利変動リスク                    323      238     35.7        149      174     (14.4)
     顧客リスク管理収益合計                    815      757      7.7       398      417      (4.6)
              (3)(4)
     NABリスク管理収益
      マーケッツ業務                    460      574     (19.9)        231      229      0.9
      トレジャリー業務                    494      578     (14.5)        241      253      (4.7)
     NABリスク管理収益合計                    954     1,152      (17.2)        472      482      (2.1)
                 (5)

                         ( 31 )     24      大       (8)      ( 23 )    (65.2)
     デリバティブの評価調整
     マーケッツ・トレジャリー業務
                        1,738      1,933      (10.1)        862      876      (1.6)
     の収益合計
     マーケッツ業務トレーディング

                         8.2      8.3     (1.2)        8.2      8.3      (1.2)
              (6)
     市場リスクVaR平均
     (1)
       顧客リスク管理収益は、その他の収益を構成する。NABリスク管理収益は、純利息収益およびその他の収益を構成し、当
      社グループの営業拠点網を支援するための銀行勘定の金利リスク、ホールセール資金調達および流動性要件ならびにトレー
      ディング市場リスクの管理収益と定義される。
     (2)
       オーストラリア銀行業務(消費者金融・資産運用業務、事業者向け・プライベートバンキング業務および法人・機関投資
      家向け銀行業務)ならびにニュージーランド銀行業務に関する顧客リスク管理を反映している。
     (3)
       顧客リスク管理収益は、その他の収益を構成する。NABリスク管理収益は、純利息収益およびその他の収益を構成し、当
      社グループの営業拠点網を支援するための銀行勘定の金利リスク、ホールセール資金調達および流動性要件ならびにトレー
      ディング市場リスクの管理収益と定義される。
     (4)
       マーケッツ業務の収益は、法人・機関投資家向け銀行業務の売上高の一部を構成する。トレジャリー業務の収益は、コー
      ポレート機能・その他業務の収益の一部を構成する。
     (5)
       デリバティブの評価調整は、信用評価調整および資金調達評価調整を含む。
     (6)
       マーケッツ業務トレーディング市場リスクVaR平均は、デリバティブの評価調整に関するヘッジ活動の影響を含まない。
                                  52/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      マーケッツ・トレジャリー業務の収益                    は、NABリスク管理収益の減少に起因して、195百万豪ドルすなわち10.1%
     減少した。
      顧客リスク管理収益          は、金利リスク管理業務の売上増により、58百万豪ドルすなわち7.7%増加した。

      NABリスク管理収益          は、以下に起因して、198百万豪ドルすなわち17.2%減少した。

     -マーケッツ業務のリスク管理収益は、予想変動率の低下、銀行税の通年の影響および安定調達比率要件に関連す
     るマーケッツ業務に係る資金調達コストの増加により、114百万豪ドルすなわち19.9%減少した。
     -トレジャリー業務のリスク管理収益は、規制に係るコストの増加に加えて、当年度中に信用スプレッドが僅かに
     拡大した結果、84百万豪ドルすなわち14.5%減少した。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      マーケッツ・トレジャリー業務の収益                   は、14百万豪ドルすなわち1.6%減少した。
      顧客リスク管理収益          は、金利リスク管理業務の売上減が主因となり、19百万豪ドルすなわち4.6%減少した。

      NAB  リスク管理収益        は、トレジャリー業務の収益の減少が主因となり、10百万豪ドルすなわち2.1%減少した。

     営業費用

                          (1)                      (1)

                        年度                      半期
                               2018  年                    2018  年
                 2018  年     2017  年             2018  年     2018  年
                               9月終了                      9月終了
                 9月終了       9月終了               9月終了       3月終了
                               対2017年                      対2018年
                 ( 百万       ( 百万              ( 百万       ( 百万
                               9月終了                      3月終了
                 豪ドル)       豪ドル)               豪ドル)       豪ドル)
                               (%)                      (%)
     人件費              4,847       4,320        12.2       2,199       2,648       (17.0)
     設備関連費               737       681       8.2        353       384      (8.1)
     一般費              3,408       2,634        29.4       1,696       1,712       (0.9)
     営業費用合計              8,992       7,635        17.8       4,248       4,744       (10.5)
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  53/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                     (1)
     営業費用(事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除く)
                          (1)                      (1)

                        年度                      半期
                               2018  年                     2018  年
                 2018  年     2017  年             2018  年     2018  年
                               9月終了                       9月終了
                 9月終了       9月終了               9月終了       3月終了
                               対2017年                       対2018年
                 ( 百万       ( 百万               ( 百万       ( 百万
                               9月終了                       3月終了
                 豪ドル)       豪ドル)               豪ドル)       豪ドル)
                               (%)                       (%)
     人件費              4,420       4,320        2.3       2,199       2,221        (1.0)
     設備関連費               702       681       3.1        353       349       1.1
     一般費              3,004       2,634        14.0        1,585       1,419        11.7
     営業費用合計              8,126       7,635        6.4       4,137       3,989        3.7
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      営業費用     は、1,357百万豪ドルすなわち17.8%増加した。事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除くと、
     営業費用は491百万豪ドルすなわち6.4%増加した。
      人件費   は、事業再編関連費用を除くと、100百万豪ドルすなわち2.3%増加した。この増加は技術力に対する投資

     の加速、法令遵守および統制環境の向上、インソーシングならびに年間給与の増加の影響によってもたらされた。
     この結果は、当社グループの業務の簡略化関連の人員のリストラによる生産性向上による節減により一部相殺され
     た。
      設備関連費      は、事業再編関連費用を除くと、21百万豪ドルすなわち3.1%増加した。この増加は、主として不動

     産賃貸料の増加によってもたらされた。
      一般費   は、事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除くと、370百万豪ドルすなわち14.0%増加した。この

     増加は、テクノロジーに対する投資の加速および関連する減価償却費および償却費、法令遵守および統制環境の向
     上ならびに弁護士費用およびマーケティング費用の増加によりもたらされた。この結果は、第三者支出の減少およ
     びインソーシングを通じてもたらされた生産性向上からの利益により一部相殺された。
                                  54/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      営業費用     は、496百万豪ドルすなわち10.5%減少した。事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除くと、営
     業費用は148百万豪ドルすなわち3.7%増加した。
      人件費   は、事業再編関連費用を除くと、22百万豪ドルすなわち1.0%減少した。この減少は、生産性向上の利益

     によってもたらされたが、法令遵守および統制環境の向上ならびに年間給与の増加を含む顧客および技術力に対す
     る投資の加速により一部相殺された。
      設備関連費      は、事業再編関連費用を除くと、不動産賃料の増加が主因となり、4百万豪ドルすなわち1.1%増加

     した。
      一般費   は、事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除くと、166百万豪ドルすなわち11.7%増加した。この

     増加は、テクノロジーに対する投資の加速および関連する減価償却費および償却費、法令遵守および統制環境の向
     上ならびに弁護士費用およびマーケティング費用の増加によってもたらされた。この結果は、第三者支出の減少を
     通じてもたらされた生産性向上からの利益により一部相殺された。
     (1  )

       追加情報については         「第6-1 財務書類」の注記5「営業費用」                      を参照のこと。
     投資支出

                           (1)                    (1)

                         年度                    半期
                                2018  年                  2018  年
                   2018  年    2017  年            2018  年    2018  年
                                9月終了                    9月終了
                   9月終了      9月終了              9月終了       3月終了
                                対2017年                    対2018年
                    ( 百万      ( 百万              ( 百万      ( 百万
                                9月終了                    3月終了
                   豪ドル)      豪ドル)              豪ドル)       豪ドル)
                                (%)                    (%)
     インフラストラクチャー                 542       448      21.0        278      264       5.3
     コンプライアンスおよび
                      456       352      29.5        267      189      41.3
     リスク
     顧客経験価値、効率性お
                      521       414      25.8        282      239      18.0
     よび持続可能な収益
     投資支出合計                1,519      1,214       25.1        827      692      19.5
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
      投資支出     は、顧客経験価値を向上させること、法律および規制の要件を遵守すること、当社グループの業務プロ

     セスの機能および効率性を改善することを企図したプロジェクトおよび取組みに係る支出である。2017年11月、当
     社グループは戦略の促進および投資支出のプロファイルを発表した。当事業年度通年の投資支出は、前事業年度通
     年に比して305百万豪ドルすなわち25.1%増の1,519百万豪ドルであった。
                                  55/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      インフラストラクチャー             関連プロジェクトへの投資は、94百万豪ドルすなわち21.0%増加した。この増加の主要
     な要因は、継続的な簡素化および技術刷新活動、サイバーセキュリティー機能の向上、戦略的な顧客関係管理およ
     びクラウドベースのインフラに関する支出である。この結果は、新たな支払プラットフォームに関する支出の減少
     により一部相殺された。
      コンプライアンスおよびリスク                のプロジェクトへの投資は、104百万豪ドルすなわち29.5%増加した。この増加

     の主要な要因は、コンプラインスおよび統制の環境の向上に関するNABの能力の向上、「より強力で特別な」改革
     ならびに金融商品市場指令(MiFID                  II)の実施である。
      顧客経験価値、効率性および持続可能な収益                        プロジェクトへの投資は、107百万豪ドルすなわち25.8%増加し

     た。この増加の主要な要因は、デジタルプラットフォームを刷新し、高め、顧客経験価値を単純化するための当社
     グループによる継続的なコミットメントである。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      インフラストラクチャー             関連プロジェクトへの投資は、14百万豪ドルすなわち5.3%増加した。この増加の主な
     要因は、継続的な簡素化および技術刷新活動ならびにクラウドベースのインフラの展開である。この結果は、新た
     な支払プラットフォームに関する支出の減少により一部相殺された。
      コンプライアンスおよびリスク                のプロジェクトへの投資は、78百万豪ドルすなわち41.3%増加した。この増加の

     主な要因は、法令遵守および統制環境に関するNABの能力の向上である。
      顧客経験価値、効率性および持続可能な収益                       プロジェクトへの投資は、43百万豪ドルすなわち18.0%増加した。

     この増加の主な要因は、デジタルプラットフォームを革新し、高め、顧客経験価値を単純化するための当社グルー
     プの継続的なコミットメントである。
     課税

                           (1)                    (1)

                         年度                    半期
                                2018  年                  2018  年
                                       2018  年
                   2018  年    2017  年    9月終了              2018  年    9月終了
                                      9月終了
                  9月終了      9月終了       対2017年             3月終了      対2018年
                               9月終了                    3月終了
     法人税(百万豪ドル)               2,404       2,710      (11.3%)        1,236      1,168       5.8%
                                 60  bps             29.4     (20  bps)
     実効税率(%)                29.3      28.7              29.2
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  56/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      現金収益に係る法人税            は、306百万豪ドルすなわち11.3%減少した。この減少の主な要因は、事業再編関連費用
     および顧客関連救済措置の影響によってもたらされた税引前現金収益の減少である。
      現金収益に係る実効税率             は、60ベーシス・ポイント上昇し、29.3%であった。この上昇の主な要因は、課税され

     ない海外支店収益額の減少、過年度における過大/不足計上額の変動および両年度におけるその他臨時項目であ
     る。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      現金収益に係る法人税            は、68百万豪ドルすなわち5.8%増加した。この増加の主な要因は、税引前現金収益の増
     加である。
      現金収益に係る実効税率             は、20ベーシス・ポイント低下し、29.2%であった。この減少の要因は、両期間におけ

     る臨時項目である。
     貸付

                           2018  年    2018  年    2017  年

                                               2018  年    2018  年
                          9月30日       3月31日       9月30日
                                               9月      9月
                            (1)       (1)       (1)
                                              対2017年       対2018年
                          現在       現在      現在
                                               9月      3月
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                               (%)      (%)
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
     住宅貸付
      事業者向け・プライベートバンキング
                            90,793      90,625       90,438         0.4      0.2
      業務
      消費者金融・資産運用業務                     212,157       206,994       202,508         4.8      2.5
      法人・機関投資家向け銀行業務                       168      174     2,171       (92.3)       (3.4)
      ニュージーランド銀行業務                      36,422      35,965       34,417         5.8      1.3
     住宅貸付合計                      339,540       333,758       329,534         3.0      1.7
     非住宅貸付
      事業者向け・プライベートバンキング
                           108,724       105,775       103,288         5.3      2.8
      業務
      消費者金融・資産運用業務                      6,643       6,893      6,875        (3.4)       (3.6)
      法人・機関投資家向け銀行業務                      91,215      85,277       85,852         6.2      7.0
      ニュージーランド銀行業務                      39,208      39,173       38,350         2.2      0.1
      コーポレート機能・その他業務                       260      364     1,247       (79.1)      (28.6)
     非住宅貸付合計                      246,050       237,482       235,612         4.4      3.6
     支払承諾を含む貸付金
                           585,590       571,240       565,146         3.6      2.5
     および前渡金総額
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  57/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、住宅貸付および事業貸付の伸びを要因として、204億豪ド
     ルすなわち3.6%増加した。
      住宅貸付     は、以下を主因として、100億豪ドルすなわち3.0%増加した。

     -ブローカー販売経路の伸びを主因として、消費者金融業務において96億豪ドルすなわち4.8%増加
     -ブローカー販売経路および自社販売経路の伸びを反映して、ニュージーランド銀行業務において20億豪ドルすな
      わち5.8%増加
     -アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却に起因して、法人・機関投資家向け銀行業務において20億豪
      ドルすなわち92.3%減少
      非住宅貸付      は、以下を主因として、104億豪ドルすなわち4.4%増加した。

     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、その業界の深い専門性および主要な地理的地域全体にわた
      る好調な市場ポジションを活用することにより、54億豪ドルすなわち5.3%増加
     -法人・機関投資家向け銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びおよび豪ドル安を反映して、54億豪
      ドルすなわち6.2%増加。この結果は、利益重視のポートフォリオ管理により一部相殺された。
     -ニュージーランド銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びを反映して、9億豪ドルすなわち2.2%
      増加
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、住宅貸付および事業貸付の伸びに起因して、144億豪ドル
     すなわち2.5%増加した。
      住宅貸付      は、以下を主因として、58億豪ドルすなわち1.7%増加した。

     -消費者金融業務において、ブローカー販売経路の伸びを主因として、52億豪ドルすなわち2.5%増加
     -ニュージーランド銀行業務において、自社販売経路およびブローカー販売経路双方の伸びを反映して、5億豪ド
      ルすなわち1.3%増加。この結果は、ニュージーランド・ドル安により一部相殺された。
      非住宅貸付      は、以下を主因として、86億豪ドルすなわち3.6%増加した。

     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、その業界の深い専門性および主要な地理的地域全体におけ
      る好調な市場ポジションを活用することにより、29億豪ドルすなわち2.8%増加
     -法人・機関投資家向け銀行業務において、主要セグメント全体にわたる伸びを反映して、59億豪ドルすなわち
      7.0%増加。この結果は、利益重視のポートフォリオ管理により一部相殺された。
                                  58/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     のれんおよびその他無形資産
      のれんは、為替変動の影響に起因して、2017年度通年に比して1百万豪ドル増加した。
      無形資産は、資産計上ソフトウェアおよびその他の無形資産から構成される。無形資産は、2017年度通年に比し

     て185百万豪ドルすなわち6.8%増加した。この増加の主な要因は、ソフトウェアに対する継続的投資である。これ
     は、146百万豪ドルの事業再編関連のソフトウェアの償却費およびソフトウェアの配備に伴う償却費の増加により
     一部相殺された。
      当社グループは、顧客重視の戦略的目標(前出「投資支出」参照。)を支えるために引き続きソフトウェアに対

     する投資を行っている。現在行われている主な投資は、以下のとおりである。
     -オーストラリアでは、規制コンプライアンスの取り組みに加え、オーストラリアの営業拠点網のデジタル機能向
      上、技術回復力の向上および顧客経験価値の変革に対して更なる投資が行われている。
     -ニュージーランドでは、ニュージーランド銀行戦略計画、とりわけ、デジタル化および自動化の課題の実行を支
      えるための機能に対して投資が続けられている。
      資産計上ソフトウェアの変動は、以下のとおりである。

                           (1)                    (1)

                         年度                    半期
                   2018  年 9月終了       2017  年 9月終了        2018  年 9月終了       2018  年 3月終了
                   (百万豪ドル)          (百万豪ドル)           (百万豪ドル)          (百万豪ドル)
     期首残高                   2,706          2,344           2, 713         2,706
     追加                    819          766           469          350
     処分および償却                    (172)          (20)           (24)          (148)
     償却費                    (457)          (377)           (259)          (198)
     為替換算調整勘定                     (1)          (7)           (4)           3
     資産計上ソフトウェア                   2,895          2,706           2,895          2,713
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     顧客預金

                           2018  年    2018  年    2017  年

                                               2018  年    2018  年
                          9月30日       3月31日       9月30日
                                               9月      9月
                            (1)       (1)       (1)
                                              対2017年       対2018年
                          現在       現在      現在
                                               9月      3月
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                               (%)      (%)
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
     事業者向け・プライベートバンキング
                           132,487       132,698       129,979         1.9      (0.2)
     業務
     消費者金融・資産運用業務                      120,640       118,475       116,318         3.7      1.8
     法人・機関投資家向け銀行業務                       97,981      89,617       96,966         1.0      9.3
     ニュージーランド銀行業務                       53,542      54,807       50,685         5.6      (2.3)
     コーポレート機能・その他業務                       4,324      12,807       13,637        (68.3)      (66.2)
     顧客預金合計                      408,974       408,404       407,585         0.3      0.1
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
                                  59/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      顧客預金     は、14億豪ドルすなわち0.3%増加した。この増加は、当社グループが安定的かつ質の高い顧客預金の
     増加を含む資金調達計画の実行を続けた結果、もたらされた。この増加の要因は、以下のとおりである。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務では、定期預金の3億豪ドルの増加に加え、無利子事業用決済勘定の
      22億豪ドルの継続的増加に起因して、25億豪ドルすなわち1.9%増加した。
     -消費者金融・資産運用業務では、9億豪ドルの住宅貸付相殺勘定に加えて競争力のある価格設定に起因する通知
      預金の31億豪ドルの増加により、43億豪ドルすなわち3.7%増加した。
     -法人・機関投資家向け銀行業務では、国内事業通知預金の17億豪ドルの増加に加えて、金融機関からの34億豪ド
      ルの定期預金の増加により、10億豪ドルすなわち1.0%増加した。この結果は、アジアのプライベート・ウェル
      ス業務の売却額39億豪ドルの影響により一部相殺された。
     -ニュージーランド銀行業務では、ニュージーランドで業界全体が好調に伸びた結果、定期預金の12億豪ドルの増
      加、要求払短期預金の10億豪ドルの増加および無利子預金の6億豪ドルの増加を主因として、29億豪ドルすな
      わち5.6%増加した。
     -コーポレート機能・その他業務では、トレジャリー業務における要求払預金および定期預金の減少に起因して、
      93億豪ドルすなわち68.3%減少した。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      顧客預金     は、以下に起因して、6億豪ドルすなわち0.1%増加した。
     -事業者向け・プライベートバンキング業務では、要求払企業貯蓄における18億豪ドルの減少により、2億豪ドル
      すなわち0.2%減少した。この結果は、無利子事業用決済勘定の10億豪ドルの継続的増加および定期預金の6億
      豪ドルの増加により一部相殺された。
     - 消費者金融・資産運用業務では、競争力のある価格設定および4億豪ドルの決済勘定に起因する通知預金の17億
      豪ドルの増加により、22億豪ドルすなわち1.8%増加した。
     -法人・機関投資家向け銀行業務では、定期預金の53億豪ドルの増加および通知預金における金融機関からの国内
      事業での31億豪ドルの増加により、84億豪ドルすなわち9.3%増加した。
     -ニュージーランド銀行業務では、ニュージーランド・ドルの価値の下落16億豪ドルを主因として、13億豪ドルす
      なわち2.3%減少した。この結果は、銀行業界全体の伸びに起因する要求払預金の3億豪ドルの増加により一部
      相殺された。
     -コーポレート機能・その他業務では、                     トレジャリー業務における要求払預金および定期預金の減少に起因して、
      85億豪ドルすなわち66.2%減少した。
                                  60/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     資産の質
     信用減損費用
                            (1)                     (1)

                          年度                     半期
                                  2018  年                  2018  年
                   2018  年     2017  年             2018  年    2018  年
                                 9月終了                    9月終了
                  9月終了       9月終了               9月終了      3月終了
                                 対2017年                    対2018年
                   ( 百万       ( 百万               ( 百万     ( 百万
                                 9月終了                    3月終了
                   豪ドル)       豪ドル)               豪ドル)      豪ドル)
                                  (% )                   (% )
     個別信用減損費用
                      753      1,049       (28.2)        387      366      5.7
      -新規および増加
     個別信用減損費用
                      (193)       (242)       (20.2)        (99)      (94)      5.3
      -戻入
     個別信用減損費用
                      (73)       (111)       (34.2)        (28)      (45)     (37.8)
      -回収
     個別信用減損費用                 487       696      (30.0)        260      227      14.5
     一括信用減損費用                 292       114        大       146      146       -
     信用減損費用      合計           779       810       (3.8)        406      373      8.8
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
                            (1)                      (1)

                          年度                      半期
                                  2018  年                   2018  年
                   2018  年     2017  年     9月終了        2018  年    2018  年    9月終了
                  9月終了       9月終了       対2017年        9月終了      3月終了      対2018年
                                 9月終了                     3月終了
     貸付金および支払承諾
     総額に対する信用減損
                                    (1  bp)                   1 bp
                     0.13  %     0.14  %             0.14  %    0.13  %
     費用の割合
     (年度換算ベース)
     貸付金および支払承諾
     に対する純償却額の割
     合
                                   (4  bps)                   3 bps
                     0.09  %     0.13  %             0.10  %    0.07  %
     (年度換算ベース)
     (2)
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
     当年度と前年度との比較

      信用減損費用       は、31百万豪ドルすなわち3.8%減の779百万豪ドルであった。
      個別信用減損費用         は、以下の要因により、209百万豪ドル減の487百万豪ドルであった。

     -法人・機関投資家向け銀行業務において、減損する大口エクスポージャーの数の減少を主因として同費用が減少
      したこと
     -事業者向け・プライベートバンキング業務において、各減損エクスポージャーの数の減少により、同費用が減少
      したこと
                                  61/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度の        一括信用減損費用         は、以下の要因により、178百万豪ドル増の292百万豪ドルであった。
     -より将来を考慮したアプローチを取り入れるためのモーゲージモデルの充実に係る一括引当金費用
     -少数の大口エクスポージャーの減損に起因する前事業年度における一括引当金の取崩しの増加。
      これは、対象セクターのために設定された一括引当金に係る将来の見通しに関する調整(「FLA」)の水準の低
      下により一部相殺された。
      当社グループの         貸付金および支払承諾総額に対する純償却額                       の比率は、前事業年度にみられた法人・機関投資家

     向け銀行業務における償却額の増加が発生しなかったことから、4ベーシス・ポイント低下して0.09%となった。
      移動ベースの12ヵ月でみたリテール貸付ポートフォリオの純償却額の比率(個人向け貸付金総額の0.09%)は、

     住宅貸付ポートフォリオの同比率(住宅貸付金総額の0.02%)を含み、引き続き安定している。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      信用減損費用       は、33百万豪ドルすなわち8.8%増の406百万豪ドルであった。
      個別信用減損費用         は、季節的要因に起因するリテール貸付ポートフォリオの費用の増加を主因として、33百万豪

     ドル増の260百万豪ドルであった。
      当年度下半期の        一括信用減損費用         は、当年度下半期における、より将来を考慮したアプローチを取り入れるため

     のモーゲージモデルの充実により、146百万豪ドルで安定していた。この結果は、少数の大口エクスポージャーの
     再評価に関する一括引当金の取崩しの水準の低下により一部相殺された。
      当上半期の当社グループの               貸付金および支払承諾総額に対する純償却額                       の比率は、3ベーシス・ポイント上昇し

     て0.10%となった。この結果の主な原因は、償却の水準が低水準から僅かに上昇したことであった。
      移動ベースの12ヵ月でみたリテール貸付ポートフォリオの純償却額の比率(個人向け貸付金総額の0.09%)は、

     住宅貸付ポートフォリオの同比率(住宅貸付金総額の0.02%)を含み、引き続き安定している。
                                  62/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     信用減損引当金
                           2018  年    2018  年    2017  年

                                               2018  年    2018  年
                          9月30日       3月31日       9月30日
                                              9月終了       9月終了
                            (1)       (1)       (1)
                                              対2017年       対2018年
                          現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                                (% )     (% )
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
     償却原価の貸付金に対する一括引当金                       2,840       2,699      2,535        12.0       5.2
     公正価値による貸付金に対する
                              80       92      114      (29.8)      (13.0)
     一括引当金
     公正価値によるデリバティブに対する
                              134      147       149      (10.1)       (8.8)
     一括引当金
     一括信用減損引当金合計                       3,054       2,938      2,798        9.1      3.9
                 (2)
                              675      710       691       (2.3)       (4.9)
     個別信用減損引当金合計
     信用減損引当金合計                       3,729       3,648      3,489        6.9      2.2
                                               2018  年    2018  年

                           2018  年    2018  年    2017  年
                                              9月終了       9月終了
                          9月30日       3月31日       9月30日
                                              対2017年       対2018年
                            (1)       (1)       (1)
                          現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 2 bps
                            0.64  %    0.64  %    0.62  %              -
     引当金合計の割合
     純償却額に対する引当金合計の割合
                             746  %     862  %     473  %       大      大
              (3)(4)
     (年度換算ベース)
     減損資産総額に対する個別引当金の
                                               (110   bps)    (190   bps)
                            44.4  %    46.3  %    45.5  %
       (5)
     比率
     信用リスク加重資産に対する
                                                 6 bps     3 bps
                            0.92  %    0.89  %    0.86  %
     一括引当金の割合
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 2 bps      1 bp
                            0.52  %    0.51  %    0.50  %
     一括引当金の割合
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       2百万豪ドル(2018年3月:1百万豪ドル、2017年9月:2百万豪ドル)の公正価値による貸付金に対する個別引当金が
       含まれる。
     (3)
       2018年9月および2017年9月の数値は通年の割合を指している。2018年3月の数値は年度換算された半期の割合を指して
       いる。
     (4)
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
     (5)
       同比率は、保有担保ベースで現在損失ではないと評価されている2百万豪ドル(3百万ニュージーランド・ドル)(2018
       年3月:76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル)、2017年9月:205百万豪ドル(222百万ニュージーランド・ド
       ル))のニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャーを含まない。一括引当金はこれらの貸付金のために準備され
       ている。
                                  63/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      信用減損引当金        は、240百万豪ドルすなわち6.9%増加して3,729百万豪ドルとなった。
      個別引当金      は、新たに減損した資産の水準の低下に起因して、16百万豪ドル減少して675百万豪ドルとなった。

      一括引当金      は、256百万豪ドル増加し、3,054百万豪ドルであった。この結果は主として、以下の要因に起因す

     る。
     -リテール取引、農業および住宅抵当貸付ポートフォリオを含む対象セクターのために設定された一括引当金に係
      るFLA
     -より将来を考慮したアプローチを取り入れるためのモーゲージモデルの充実に係る一括引当金費用
      信用リスク加重資産に対する一括引当金                     の割合は、一括引当金の増加を主因として、当年度中6ベーシス・ポイ

     ント上昇し、0.92%となった。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      信用減損引当金        は、81百万豪ドルすなわち2.2%増加して3,729百万豪ドルとなった。
      個別引当金      は、新たに減損した資産の水準の低下および償却の水準の上昇に起因して、35百万豪ドル減少して

     675百万豪ドルとなった。
      一括引当金      は、116百万豪ドル増加し、3,054百万豪ドルであった。この結果は主として、以下の要因に起因す

     る。
     -農業および住宅抵当貸付ポートフォリオを含む対象セクターのために設定された一括引当金に係るFLA
     -より将来を考慮したアプローチを取り入れるためのモーゲージモデルの充実に係る一括引当金費用
      信用リスク加重資産に対する一括引当金                     の割合は、一括引当金の増加に起因して、当年度下半期中3ベーシス・

     ポイント上昇し、0.92%となった。
                                  64/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     90 日以上期日経過の貸付金および減損資産総額
                           2018  年    2018  年    2017  年

                                               2018  年    2018  年
                          9月30日       3月31日       9月30日
                                              9月終了       9月終了
                             (1 )     (1 )     (1 )
                                              対2017年       対2018年
                          現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                               (%)      (%)
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)
     90日以上期日経過(「DPD」)の貸付金
                             2,648       2,427      2,245        18.0       9.1
           (2)
                             1,521       1,609      1,724       (11.8)       (5.5)
     減損資産総額
     90日以上DPDの貸付金および
                             4,169       4,036      3,969        5.0      3.3
     減損資産総額
                                               2018  年    2018  年

                           2018  年    2018  年    2017  年
                                              9月終了       9月終了
                          9月30日       3月31日       9月30日
                                              対2017年       対2018年
                             (1 )     (1 )     (1 )
                          現在       現在      現在
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 5 bps     2 bps
                            0.45  %    0.43  %    0.40  %
     90日以上DPDの貸付金の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                (4  bps)     (2  bps)
                            0.26  %    0.28  %    0.30  %
     減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                                 1 bp
     90日以上DPDの貸付金および                       0.71  %    0.71  %    0.70  %              -
     減損資産総額の比率
     (1)
       情報は継続事業ベースで表示されている。
     (2  )
       減損資産総額は、保有担保ベースで現在損失ではないと評価されている2百万豪ドル(3百万ニュージーランド・ドル)
       (2018年3月:76百万豪ドル(81百万ニュージーランド・ドル)、2017年9月:205百万豪ドル(222百万ニュージーラン
       ド・ドル))のニュージーランド銀行業務の酪農業に係るエクスポージャーを含む。一括引当金はこれらの貸付金のため
       に準備されている。
     当年度と前年度との比較

      当社グループの        貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金                              の比率は、5ベーシス・ポイント上昇
     し、0.45%となった。この結果は主に全州において延滞が僅かに増加したオーストラリアの住宅抵当貸付ポート
     フォリオからもたらされた。
      当社グループの          貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額                          の比率は、4ベーシス・ポイント低下し、

     0.26%となった。この結果は主に、ニュージーランドの酪農業界の状況の持続的な改善による酪農業の減損ポート
     フォリオの減少によってもたらされた。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      当社グループの         貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの貸付金                              の比率は、2ベーシス・ポイント上昇
     し、0.45%となった。この結果の主な要因は、大半の州で延滞が僅かに増加したオーストラリアの住宅抵当貸付
     ポートフォリオである。
      当社グループの          貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額                          の比率は、2ベーシス・ポイント低下し、

     0.26%となった。この低下は主に、ニュージーランドの酪農業界の状況の持続的な改善による酪農業の減損ポート
     フォリオの減少によってもたらされた。
                                  65/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     資本管理および資金調達
     貸借対照表の管理の概観
      当社グループは、バランスシートの健全性に対する継続的なコミットメントに基づき、強力な資本、資金調達お
     よび流動性の水準の維持を目指している。これには、以下が含まれる。
     -各種市場      にわたる幅広い資金調達方法および資本の選択肢を利用する適切に分散されたホールセール資金調達
      ポートフォリオを維持しようと努めていること。
     -市況の変化および規制の変更に順応できるようにこれらの水準の監視および評価を今後も継続すること。
     規制改革

      当社グループは引き続き規制上の変更の対象となる各分野にも注目している。当社グループの資本および資金調
     達に影響を及ぼす可能性の              ある主な改革は、以下を含む。
     「疑いなく堅固」およびバーゼルIIIの修正:

     -2017年12月、バーゼル銀行監督委員会(「BCBS」)は、バーゼルIII資本枠組を確定させた。その後APRAは2018
      年2月に国内の資本枠組の修正を検討し始め、「疑いなく堅固」な自己資本比率を確立することによって銀行
      制度の耐性を強化する意思を再確認した。APRAは、オーストラリアの主要銀行の普通株式等Tier1(「CET
      1」)資本比率が2020年1月1日までに現行のリスク加重資産(「RWA」)による計算方法に基づき少なくとも
      10.5%となることを期待している。
     -APRAによる資本枠組の修正の検討には、「資本力の基準」、「資本枠組のリスク感受性」および「資本枠組の透
      明性、比較可能性および柔軟性」が含まれる。検討は2019年も続き、APRAは現在施行日として2021年1月1日を
      提案している。オーバーレイの適用可能性を含む提案の多様な側面を調整するために、APRAは定量的影響調査を
      行っている。
     -APRAはまた、2019年7月1日以降について、IRBアプローチをとるADIに関する4%の最低レバレッジ比率要件お
      よび修正版レバレッジ比率エクスポージャー計測手法を提案した。2018年9月30日現在(現手法に基づき)
      5.4%である当社グループのレバレッジ比率については、2018年9月のピラー3レポートにおいてさらなる詳細
      が開示される。
     -APRAは、相手方信用リスクに対する標準化されたアプローチ(「SA-CCR」)に係る健全性要件を確定させた。同
      アプローチにより、新たなAPRA健全性基準APS180「相手方信用リスク」が導入される。これらの要件は2019年7
      月1日から有効となる。
                                  66/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     総損失吸収力(「TLAC」)
     -金融安定理事会は、2015年11月に世界的なシステム上重要な銀行に係るTLAC基準を発表し、2018年6月にTLAC基
      準の技術的実行に関する意見を公募した。現段階では、APRAはTLACの実施方法にかかる指針をまだ発表していな
      い。
      当社グループに変更を及ぼす規制上の変更の詳細は、当社の2018年9月のピラー3レポートに概要が示される。

     資本管理

      当社グループの資本管理戦略は、適正性、効率性および柔軟性に注力している。自己資本比率の目標は、社内の
     リスク評価に基づく資本要件および規制上の要件を超える十分な資本を保有すること、そして資本が当社グループ
     のバランスシート上のリスク選好の範囲内であることを確保することである。このアプローチは、当社グループの
     子会社間で一貫してとられている。
      当社グループの自己資本比率の運用目標は、バランスシートの健全性を維持するため、外部経済の状況および規

     制の見通しに照らして定期的に見直されている。当社グループは2020年1月1日までには「疑いなく堅固」という
     APRAの新たな資本基準である10.5%を正しく達成できると予想している。
     ピラー3に基づく開示

      自己資本比率およびリスク管理については、APRA健全性基準APS330「公表」が要求するとおり、2018年9月のピ
     ラー3レポートにおいてさらに開示される。
     自己資本比率

                           2018  年    2018  年    2017  年     2018  年    2018  年

                          9月30日       3月31日       9月30日        9月      9月
     自己資本比率
                           現在       現在      現在      対2017年       対2018年
                           ( %)      ( %)      ( %)       9月      3月
                                                14  bps     (1  bp)
     普通株式等Tier1(「CET1」)資本                 比率      10.20       10.21      10.06
                                                (3  bps)     (2  bps)
     Tier  1資本比率                     12.38       12.40      12.41
                                                (46  bps)    (31  bps)
     総自己資本比率                       14.12       14.43      14.58
                           2018  年    2018  年    2017  年     2018  年    2018  年

                          9月30日       3月31日       9月30日        9月      9月
     リスク加重資産(「RWA」)
                           現在       現在      現在      対2017年       対2018年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万       9月      3月
                           豪ドル)       豪ドル)      豪ドル)       (%)      (%)
     信用リスク                      331,381       329,882       325,969         1.7      0.5
     市場リスク                       9,460       8,656      7,766        21.8       9.3
     オペレーショナルリスク                       37,500      39,027       37,575        (0.2)       (3.9)
     銀行勘定の金利リスク(「IRRBB」)                       11,343       9,850      10,804         5.0      15.2
     リスク加重資産合計                      389,684       387,415       382,114         2.0      0.6
                                  67/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期中の資本の変動
      2018年9月30日現在の当社グループのCET1比率は、10.20%であった。当年度下半期における自己資本の主要な
     変動は、以下を含む。
     -配当再投資プラン(「DRP」)への参加分を控除した配当金を差し引いた現金収益は、17ベーシス・ポイントの
      上昇をもたらした。
     -RWAの純増額により、CET1比率が9ベーシス・ポイント低下した。信用リスク、IRRBBおよび市場リスクの増加
      は、オペレーショナルリスクRWAの減少により一部相殺された。
     -314百万豪ドル(税引後)の顧客関連救済措置引当金は、8ベーシス・ポイントの低下をもたらした。
     配当金および配当再投資プラン

      当社グループは、自己資本比率および見通しを反映させるために定期的にDRPを調整している。当年度の最終配
     当金は99豪セントで維持され、DRPの割引率は参加制限なしに1.5%である。
     ナショナル・インカム・セキュリティーズ

      ナショナル・インカム・セキュリティーズに係る分配金は、健全性規制上Tier1資本として適格な商品に特に適
     用される税法上の規定により、現在税額控除適格とならない。ナショナル・インカム・セキュリティーズは、2021
     年12月31日以降Tier1資本として適格ではなくなるところ、その後の分配金に対する税額控除は、当社の普通株式
     に対する税額控除と同程度となると予想されている。2018年8月、ハイブリッド・ミスマッチ取決めを排除するた
     めのいくつかの措置の一環として、2018年財政法改正(税の公正性およびその他の措置第2号)法案が可決された
     (「改正財政法」)。当社は、改正財政法の可決によって、ナショナル・インカム・セキュリティーズまたは当社
     の他のASX上場ハイブリッド証券に支払われる分配金の扱いが変わることを予定していない。
     Tier2資本イニシアティブ

      当年度中の当社グループのTier2資本イニシアティブには、以下の減資が含まれる。
     -2017年11月28日、当社は劣後債を950百万豪ドル償還した。
     -2018年6月12日、当社は劣後債を350百万ポンド償還した。
     -2018年6月26日、当社は劣後債を500百万ユーロ償還した。
     -また、当社グループは、1986年10月9日に発行された永久劣後債を総額39百万米ドル買い戻し、償却のために引
      き渡した。永久劣後債の額面残存金額は、2018年9月30日現在77百万米ドルである。
                                  68/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     資金調達および流動性
      当社グループは、APRAのLCRおよびNSFRの規制要件の充足を含む取締役会が承認したリスク選好を通じて、資金
     調達および流動性の構成および安定性を監視している。NSFRの遵守は2018年1月1日に充足された。
      当社グループは引き続き保有流動資産および資金調達手段をさらに向上させ、多様化させる機会を追求してい

     る。
     資金調達

      当社グループは、リスク選好の設定およびバランスシートの健全性の計測のために、一連の尺度を採用してい
     る。9月30日現在の当社グループのNSFRは、規制最低必要値の100%を上回る113%であった。この状況は、中長期
     ホールセール資金調達が中長期ホールセール資金調達の満期を超えて発行されたことおよび当年度にわたり安定的
     な顧客預金の割合が上昇したことによって支えられた。
      当社グループが使用している1つの主要な構造的尺度は、安定資金調達指標(「SFI」)であり、同指標は、顧

     客資金調達指標(「CFI」)および中長期資金調達指標(「TFI」)から構成される。CFIは、顧客預金により調達
     された当社グループのコア資産の割合を表している。同様に、TFIは、満期までの残存期間が12ヵ月超の中長期
     ホールセール資金調達により調達された当社グループのコア資産の割合を表している。SFIは、CFIの低下がTFIの
     上昇により相殺されたことから、当年度にわたり安定していた。
     グループ資金調達測定指標

                                2017  年                 2015  年

                       2018  年                 2016  年
                                                       (1)
                               9月30日現在
                     9月30日現在                   9月30日現在
                                                 9月30日現在
                                 ( %)
                       ( %)                   ( %)
                                                    ( %)
     顧客資金調達指標                      69          70          69          71
     中長期資金調達指標                      24          23          22          21
     安定資金調達指標                      93          93          91          92
     安定調達比率                      113          108       該当なし          該当なし
     (1)
       過年度の数値は、継続事業を除外するために修正再表示されていない。
     顧客資金調達

      当社は、市況、資金調達の要件および顧客関係を元に安定した確実な預金基盤を育てる預金戦略をとっている。
      APRAが発表する銀行業務統計月報は、2018年                        9 月 30 日 終了の12ヶ月間に、          当社が以下の増加(銀行業界全体の増

     加に対する割合として)をみせたことを示している。
     -オーストラリアの国内世帯の預金が4.8%増加(業界全体の増加の0.8倍)
     -事業預金(金融会社および世帯の預金を除く。)が2.2%増加(業界全体の増加の0.5倍)
     -金融機関からの預金が3.3%増加
                                  69/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     中長期ホールセール資金調達
      2018年度中、一定期間予想変動率の上昇がみられ、全世界の資金調達の状況は中長期ホールセール資金調達発行
     を概ね促進した。これにより中長期資金調達発行スプレッドがいくらか拡大した。中長期資金調達市場は、引き続
     き投資家のセンチメント、金融政策の見通しおよび各種デリバティブ市場のスプレッドの影響を受ける。
      当社グループは、           発行の種類、通貨、投資家の所在地および投資期間が様々な                                適切に分散された資金調達プロ

     ファイルを維持しており、当年度にわたり284億豪ドルを調達した。
      当社は、216億豪ドルの無担保シニア債券および35億豪ドルの担保付債券(カバードボンドおよび住宅ローン債

     権担保証券(「RMBS」)により構成される。)を含む251億豪ドルを調達した。バンク・オブ・ニュージーランド
     は当年度にわたり33億豪ドルを調達した。
      当年度にわたり当社グループが調達した中長期ホールセール資金の加重平均償還期間は、初回の繰上早期償還日

     まで約5.2年であった。当社グループの中長期ホールセール資金調達のポートフォリオの加重平均残存償還期間
     は、3.4年である。
     取引類型別中長期ホールセール資金調達

                          2018  年 9月30日        2018  年 3月31日        2017  年 9月30日

                            現在            現在            現在
     シニア債公募(海外)                           47 %           44 %           49 %
     シニア債公募(国内)                           25 %           16 %           21 %
     担保付公募(海外)                            ▶ %            -           14 %
     担保付公募(国内)                           12 %           26 %            -
     私募                           12 %           14 %           13 %
     劣後債公募                            -            -           3 %
     合計                           100  %          100  %          100  %
     通貨別中長期ホールセール資金調達

                          2018  年9月30日          2018  年3月31日          2017  年 9月30日

                            現在            現在            現在
     米ドル                           26 %           35 %           47 %
     豪ドル                           38 %           44 %           24 %
     ユーロ                           22 %           12 %           14 %
     英ポンド                            3 %           3 %           7 %
     日本円                            5 %            -           ▶ %
     その他                            6 %           6 %           ▶ %
     合計                           100  %          100  %          100  %
                                  70/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     短期ホールセール資金調達
      当社グループは、当年度にわたり、一貫して国内外の短期ホールセール資金調達市場に参入を続け、一部の期間
     において変動率の上昇がみられた。
      さらに、レポ取引は主に市場および取引活動の支援に利用されている。約定されたレポ取引は、同様の契約条件

     を有する売戻条件付契約によって大幅に相殺され、当社の中核業務の資金調達には利用されていない。
     流動資産のポートフォリオ

      当社グループは、業務を行う様々な地域において、規制要件および内部的要件を満たすため、適切に分散された
     質の高い流動資産のポートフォリオを維持している。2018年9月30日現在の貸借対照表上の流動資産合計の時価
     は、1,260億豪ドル(偶発資産を除く。)であった。これは、2017年9月30日から20億豪ドルの増加である。
      保有流動資産には、2018年9月30日現在1,110億豪ドルの規制流動資産(質の高い流動資産(「HQLA」)および

     流動性約定融資枠(「CLF」)適格資産の両方で構成される。)が含まれている。
      当社グループはさらに、偶発資産の源泉として、かつCLFを補強するために、グループ内RMBSを保有している。

     2018年9月30日現在保有されている第三者の権利設定のないグループ内RMBSは、(適用ある中央銀行による控除後
     で)400億豪ドルであった。
      当社グループのLCRに算入することのできる流動資産およびグループ内RMBS(適用規制上の控除後)は、2018年

     9月30日終了の四半期中平均1,420億豪ドルであった。その結果、平均グループLCRは129%であった。
     信用格付

      当社グループは、格付機関の動向を緊密に監視し、主要な格付機関と定期的に連絡をとっている。当社グループ
     に属する会社は、S&Pグローバル・レーティングス(「S&P」)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス
     (「ムーディーズ」)およびフィッチ・レーティングス(「フィッチ」)によって格付を付与されている。
     ナショナル・オーストラリア・バンクの信用格付

                                       長期        短期    アウトルック

     S&Pグローバル・レーティングス                                  AA-        A-1+     ネガティブ
     ムーディーズ・インベスターズ・サービス                                  Aa3        P-1       安定的
     フィッチ・レーティングス                                  AA-        F1+       安定的
     次へ

                                  71/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     部門別業績の概要

                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2018  年9月30日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     事業年度               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   5,539       3,964       1,882       1,698        384      13,467
          (2)(3)
                        1,068       1,541       1,451        520       179      4,759
     その他の収益
            (4)
                         -       -       -       -      (249)       (249)
     顧客関連救済措置
     純営業収益                   6,607       5,505       3,333       2,218        314      17,977
         (5)
                        (2,230)       (3,046)       (1,297)        (869)       (684)      (8,126)
     営業費用
            (6)
                         -       -       -       -      (755)       (755)
     事業再編関連費用
            (6)
                         -       -       -       -      (111)       (111)
     顧客関連救済措置
     基礎収益                   4,377       2,459       2,036       1,349       (1,236)        8,985
     信用減損(費用)/戻入れ                    (207)       (271)        43       (70)       (274)       (779)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        4,170       2,188       2,079       1,279       (1,510)        8,206
     失)
     法人税(費用)/控除                   (1,259)        (649)       (538)       (357)        399      (2,404)
     分配前現金収益/(損失)                   2,911       1,539       1,541        922      (1,111)        5,802
     分配金                    -       -       -       -      (100)       (100)
     現金収益/(損失)                   2,911       1,539       1,541        922      (1,211)        5,702
     現金収益/(損失)
     (事業再編関連費用および顧客関連                   2,911       1,539       1,541        922       (420)       6,493
     救済措置を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   199.5       218.8        91.4       75.6        0.3      585.6
     顧客預金                   132.5       120.6        98.0       53.5        4.4      409.0
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (3)
       顧客関連救済措置を除く。
     (4)
       詳細については、「第6-1 財務書類」の注記4「その他収益」を参照のこと。
     (5)
       事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除く。
     (6)
       詳細については、「第6-1 財務書類」の注記5「営業費用」を参照のこと。
                                  72/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2017  年9月30日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     事業年度               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   5,257       3,884       1,972       1,586        467      13,166
          (2)
                        1,062       1,597       1,368        530       172      4,729
     その他の収益
     純営業収益                   6,319       5,481       3,340       2,116        639      17,895
     営業費用                   (2,084)       (2,910)       (1,236)        (827)       (578)      (7,635)
     基礎収益                   4,235       2,571       2,104       1,289         61      10,260
     信用減損費用                    (180)       (267)        (37)       (67)       (259)       (810)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        4,055       2,304       2,067       1,222        (198)       9,450
     失)
     法人税(費用)/控除                   (1,214)        (671)       (532)       (340)        47      (2,710)
     分配前現金収益/(損失)                   2,841       1,633       1,535        882       (151)       6,740
     分配金                    -       -       -       -       (98)       (98)
     現金収益/(損失)                   2,841       1,633       1,535        882       (249)       6,642
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   193.7       209.4        88.0       72.8        1.2      565.1
     顧客預金                   130.0       116.3        97.0       50.7       13.6       407.6
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
                                  73/401













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2018  年9月30日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     下半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,783       1,950        936       870       178      6,717
          (2)(3)
                         536       771       714       257       138      2,416
     その他の収益
            (4)
                          -       -       -       -      (249)       (249)
     顧客関連救済措置
     純営業収益                   3,319       2,721       1,650       1,127         67      8,884
         (3)
                        (1,139)       (1,536)        (660)       (443)       (359)      (4,137)
     営業費用
            (5)
                          -       -       -       -      (111)       (111)
     顧客関連救済措置
     基礎収益/(損失)                   2,180       1,185        990       684       (403)       4,636
     信用減損(費用)/戻入れ                    (133)       (138)        36       (32)       (139)       (406)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,047       1,047       1,026        652       (542)       4,230
     失)
     法人税(費用)/控除                    (618)       (312)       (263)       (182)        139      (1,236)
     分配前現金収益/(損失)                   1,429        735       763       470       (403)       2,994
     分配金                    -       -       -       -       (51)       (51)
     現金収益/(損失)                   1,429        735       763       470       (454)       2,943
     現金収益/(損失)
                        1,429        735       763       470       (193)       3,204
     (顧客関連救済措置を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   199.5       218.8        91.4       75.6        0.3      585.6
     顧客預金                   132.5       120.6        98.0       53.5        4.4      409.0
     (1)

       コ ー ポレ  ー ト機能・その他業務には、当社グル                 ー プ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (3)
       顧客関連救済措置を除く。
     (4)
       詳細については、「第6-1 財務書類」の注記4「その他収益」を参照のこと。
     (5)
       詳細については、「第6-1 財務書類」の注記5「営業費用」を参照のこと。
                                  74/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     部門別業績の概要
                                                 コーポレート

                    事業者向け・               法人・機関投資       ニュージーラン
                           消費者金融・                             当社グループの
                                                 機能・その他
     2018  年3月31日に終了した             プライベート               家       ド
                           資産運用業務                             現金収益
                                                   (1)
     上半期               バンキング業務               向け銀行業務       銀行業務
                                                 業務
                           (百万豪ドル)                             (百万豪ドル)
                    (百万豪ドル)              (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                                 (百万豪ドル)
     純利息収益                   2,756       2,014        946       828       206      6,750
          (2)
                         532       770       737       263        41      2,343
     その他の収益
     純営業収益                   3,288       2,784       1,683       1,091        247      9,093
         (3)
                        (1,091)       (1,510)        (637)       (426)       (325)      (3,989)
     営業費用
            (4)
                          -       -       -       -      (755)       (755)
     事業再編関連費用
     基礎収益                   2,197       1,274       1,046        665       (833)       4,349
     信用減損(費用)/戻入れ                    (74)       (133)        7       (38)       (135)       (373)
     税引前および分配前現金収益/(損
                        2,123       1,141       1,053        627       (968)       3,976
     失)
     法人税(費用)/控除                    (641)       (337)       (275)       (175)        260      (1,168)
     分配前現金収益/(損失)                   1,482        804       778       452       (708)       2,808
     分配金                    -       -       -       -       (49)       (49)
     現金収益/(損失)                   1,482        804       778       452       (757)       2,759
     現金収益/(損失)
                        1,482        804       778       452       (227)       3,289
     (事業再編関連費用を除く。)
     貸借対照表の主要項目(十億豪ド
                                                             合計
     ル)
     貸付金および支払承諾総額                   196.4       213.9        85.5       75.1        0.3      571.2
     顧客預金                   132.7       118.5        89.6       54.8       12.8       408.4
     (1)

       コーポレート機能・その他業務には、当社グループ内の消去が含まれる。
     (2)
       消費者金融・資産運用業務には、純投資収益が含まれる。
     (3)
       事業再編関連費用を除く。
     (4)
       詳細については、「第6-1 財務書類」の注記5「営業費用」を参照のこと。
     次へ

                                  75/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     事業者向け・プライベートバンキング業務

      事業者向け・プライベートバンキング業務は、当社の優先顧客セグメントのうち3つ(小規模企業、中規模企業

     および投資家)のニーズに対応することに注力している。顧客へのサービス提供は、事業者向け銀行業務センター
     および小規模企業顧客ハブを通してマネージング・パートナーが地域的に主導する統合された銀行モデルを通じて
     行われる。これには、健康、アグリビジネス、政府、教育、コミュニティおよびフランチャイズ(GECF)の専門
     家、専門サービスおよび商業用不動産が含まれる。当該部門は、プライベートバンキングおよびJBウェアを通じて
     富裕層の顧客にもサービスを提供している。
                               年度                  半期

                                    2018  年                2018  年
                        2018  年    2017  年          2018  年    2018  年
                                   9月終了                  9月終了
                        9月終了      9月終了            9月終了      3月終了
                                   対2017年                  対2018年
                        ( 百万豪ド     ( 百万豪ド            ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                   9月終了                  3月終了
                         ル)      ル)            ル)      ル)
                                    ( %)                 ( %)
     純利息収益                     5,539      5,257       5.4     2,783      2,756       1.0
     その他の収益                     1,068      1,062       0.6      536      532      0.8
     純営業収益                     6,607      6,319       4.6     3,319      3,288       0.9
     営業費用                    (2,230)      (2,084)       7.0     (1,139)      (1,091)       4.4
     基礎収益                     4,377      4,235       3.4     2,180      2,197      (0.8)
     信用減損費用                     (207)      (180)      15.0      (133)      (74)     79.7
     税引前現金収益                     4,170      4,055       2.8     2,047      2,123      (3.6)
     法人税                    (1,259)      (1,214)       3.7      (618)      (641)      (3.6)
     現金収益                     2,911      2,841       2.5     1,429      1,482      (3.6)
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                     90.8      90.4      0.4      90.8      90.6      0.2
     事業貸付                     105.3      100.0       5.3     105.3      102.4       2.8
     その他貸付                      3.4      3.3      3.0      3.4      3.4       -
     貸付金および支払承諾総額                     199.5      193.7       3.0     199.5      196.4       1.6
     期中平均利付資産                     187.7      182.7       2.7     189.4      185.9       1.9
     資産合計                     199.8      192.8       3.6     199.8      196.2       1.8
     顧客預金                     132.5      130.0       1.9     132.5      132.7      (0.2)
     リスク加重資産合計                     116.2      112.2       3.6     116.2      114.4       1.6
     パフォーマンス指標

                                                       (9  bps)
     期中平均資産に対する現金収益                    1.49  %    1.49%        -    1.44  %    1.53%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                     2 bps                (18  bps)
                         2.55  %    2.53%            2.46  %    2.64%
     現金収益
                                     7 bps                (4  bps)
     純利息マージン                    2.95  %    2.88%            2.93  %    2.97%
                                     80  bps                110  bps
     対収益費用比率                    33.8  %    33.0%            34.3  %    33.2%
                                  76/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                               年度                  半期
                                    2018  年                2018  年
                        2018  年    2017  年   9月終了       2018  年    2018  年   9月終了
     資産の質
                        9月終了      9月終了      対2017年      9月終了      3月終了      対2018年
                                   9月終了                  3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                     2 bps                 3 bps
     90日以上DPDの資産および減損資産総                    0.78  %    0.76%            0.78  %    0.75%
     額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                      1 bp                5 bps
     信用減損費用の比率(年度換算ベー                    0.10  %    0.09%            0.13  %    0.08%
     ス)
     事業者向け・プライベートバンキング業務

     財務分析
     当年度と前年度との比較
      現金収益は、貸付ポートフォリオのバランスシートの増大および通年度の金利再設定の利益により70百万豪ドル
     すなわち2.5%増加したが、2017年に発表された投資支出の促進および信用減損費用の増加を原因とする営業費用
     の増加によって一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、当社がその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活
     282  百万豪ドル           用し続けることで、事業貸付が増加し、50億豪ドルすなわち2.7%増加した。
     すなわち5.4%増加           ・顧客預金は、質の高い預金の増加を継続的に重視したことを反映して、25億豪ドルす
                  なわち1.9%増加した。
                 ・純利息マージンは、主に金利再設定の利益が有利な預金コストと相俟って、7ベーシ
                  ス・ポイント上昇した。これは、住宅貸付の商品構成の変更および競争圧力が銀行税
                  の通年度の影響と相俟って、一部相殺された。
     その他の収益           ・貸付手数料および外国為替収益の増加。
     6百万豪ドル           ・2017年9月30日のナショナル・オーストラリア・トラスティーズ・リミテッドの売却
     すなわち0.6%増加            による収入の減少。
     営業費用           ・テクノロジー投資の促進ならびに関連する減価償却費および償却費、法令遵守および
     146  百万豪ドル           統制環境の向上、年間給与の増加の影響ならびにマーケティングの増加。これは、当
     すなわち7.0%増加            社グループの業務の簡略化に関連する人員の再編成を含む生産性向上による利益およ
                  び第三者支出の削減によって一部相殺された。
     信用減損費用           ・資産の質は、貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総
     27 百万豪ドル           額の比率が住宅抵当貸付ポートフォリオを主因とする90日以上DPDの資産の増加によっ
     すなわち15.0%増加            て2ベーシス・ポイント上昇し、減損資産の減少によって一部相殺されたものの、引
                  き続き良好である。
                 ・一括引当金費用は、貸付金および支払承諾総額の増加を原因として増加した。個別引
                  当金繰入額は、個別減損エクスポージャーの削減を主因として減少した。
     リスク加重資産           ・貸付金および支払承諾総額の増加を原因とする増加。
     40 億豪ドル
     すなわち3.6%増加
                                  77/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      現金収益は、信用減損費用の増加が投資支出の促進による営業費用の増加と相俟って、53百万豪ドルすなわち
     3.6%減少したが、バランスシートの増大により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、当社がその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活
     27 百万豪ドル           用し続けることで、事業貸付が増加し、35億豪ドルすなわち1.9%増加した。
     すなわち1.0%増加           ・純利息マージンは、住宅貸付の商品構成の不利な変化および継続的な競争圧力が、短
                  期ホールセール資金調達コストの増加と相俟って、4ベーシス・ポイント低下し、主
                  に住宅貸付ポートフォリオに影響した。これらの変化は、有利なマージンを原因とす
                  る預金コストの減少によって一部相殺された。
     その他の収益           ・季節的な外国為替収益の増加。
     4百万豪ドル
     すなわち0.8%増加
     営業費用           ・テクノロジー投資の促進ならびに関連する減価償却費および償却費、法令遵守および
     48 百万豪ドル           統制環境の向上ならびにマーケティングの増加。これは、当社グループの業務の簡略
     すなわち4.4%増加            化に関連する人員の再編成を含む生産性向上による利益および第三者支出の削減に
                  よって一部相殺された。
     信用減損費用           ・資産の質は、貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総
     59 百万豪ドル           額の比率が主に住宅抵当貸付ポートフォリオを原因とする90日以上DPDの資産の増加に
     すなわち79.7%増加            よって3ベーシス・ポイント上昇し、引き続き良好である。
                 ・一括引当金費用は、貸付金および支払承諾総額の増加ならびに当年度上半期にみられ
                  た取崩しが発生しなかったことを原因として増加した。個別引当金繰入額は、個別減
                  損エクスポージャーの増加を主因として増加した。
     リスク加重資産           ・貸付金および支払承諾総額の増加を原因とする増加。
     18 億豪ドル
     すなわち1.6%増加
                                  78/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     消費者金融・資産運用業務
      消費者金融・資産運用業務は、当社およびユー・バンクの消費者金融部門ならびにアドバイス、資産管理および

     年金業務を行う資産運用部門からなる。また、同部門は、住宅ローン・ブローカーを含むアドバイザーならびに
     オーストラリアの自営業アドバイザー、提携アドバイザーおよび有給アドバイザーのファイナンシャル・プランニ
     ング・ネットワークへのアクセスを顧客に提供している。
                               年度                  半期

                                    2018  年                2018  年
                        2018  年    2017  年          2018  年    2018  年
                                   9月終了                  9月終了
                        9月終了      9月終了            9月終了      3月終了
                                   対2017年                  対2018年
                        ( 百万豪ド     ( 百万豪ド            ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                   9月終了                  3月終了
                         ル)      ル)            ル)      ル)
                                    ( %)                 ( %)
     純利息収益                     3,964      3,884       2.1     1,950      2,014      (3.2)
     純投資収益                      949      987     (3.9)       463      486     (4.7)
     その他の収益                      592      610     (3.0)       308      284      8.5
     純営業収益                     5,505      5,481       0.4     2,721      2,784      (2.3)
     営業費用                    (3,046)      (2,910)       4.7     (1,536)      (1,510)       1.7
     基礎収益                     2,459      2,571      (4.4)      1,185      1,274      (7.0)
     信用減損費用                     (271)      (267)      1.5      (138)      (133)      3.8
     税引前現金収益                     2,188      2,304      (5.0)      1,047      1,141      (8.2)
     法人税                     (649)      (671)      (3.3)      (312)      (337)      (7.4)
     現金収益                     1,539      1,633      (5.8)       735      804     (8.6)
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                     212.2      202.5       4.8     212.2      207.0       2.5
     その他貸付                      6.6      6.9     (4.3)       6.6      6.9     (4.3)
     貸付金および支払承諾総額                     218.8      209.4       4.5     218.8      213.9       2.3
     期中平均利付資産                     198.5      188.0       5.6     200.9      196.0       2.5
     資産合計                     228.7      217.6       5.1     228.7      223.4       2.4
     顧客預金                     120.6      116.3       3.7     120.6      118.5       1.8
     リスク加重資産合計                     79.0      78.2      1.0      79.0      78.3      0.9
                                  79/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     パフォーマンス指標
                                     (9  bps)                (8  bps)
     期中平均資産に対する現金収益                    0.70  %    0.79%            0.66  %    0.74%
     期中平均リスク加重資産に対する
                                    (28  bps)                (16  bps)
                         1.69  %    1.98%            1.62  %    1.78%
     現金収益(消費者金融)
                                     (7  bps)                (12  bps)
     純利息マージン(消費者金融)                    2.00  %    2.07%            1.94  %    2.06%
                                    270  bps                170  bps
     対収益費用比率(消費者金融)                    53.1  %    50.4%            54.0  %    52.3%
                                     60  bps                470  bps
     対収益費用比率(資産運用)                    65.3  %    64.7%            67.7  %    63.0%
     運用・管理資産(該当時点における
                         119,145      112,935        5.5    119,145      116,090        2.6
     残高)(百万豪ドル)
     運用・管理資産(平均)(百万豪ド
                         117,371      110,106        6.6    118,046      116,695        1.2
     ル)
     運用資産(該当時点における残高)
                         206,704      195,258        5.9    206,704      199,309        3.7
     (百万豪ドル)
     運用資産(平均)(百万豪ドル)                    201,386      192,655        4.5    203,349      199,422        2.0
     平均運用・管理資産に対する投資収
                                     (4  bps)                (3  bps)
                           58      62            56      59
     益の比率(bps)(資産運用)
     平均運用資産に対する投資収益の比
                                     (3  bps)                 (1  bp)
                           13      16            13      14
     率(bps)(資産運用)
                               年度                  半期

                                    2018  年                2018  年
                        2018  年    2017  年   9月終了       2018  年    2018  年   9月終了
     資産の質
                        9月終了      9月終了      対2017年      9月終了      3月終了      対2018年
                                   9月終了                  3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                     10  bps                 ▶ bps
     90日以上DPDの資産および減損資産総                    0.84  %    0.74%            0.84  %    0.80%
     額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する
                                     (1  bp)                 1 bp
     信用減損費用の比率(年度換算ベー                    0.12  %    0.13%            0.13  %    0.12%
     ス)
                                  80/401












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     消 費者金融・資産運用業務
     財務分析
     当年度と前年度との比較
      現金収益は、2017年に発表された投資支出の促進を原因とする営業費用の増加によって94百万豪ドルすなわち
     5.8%減少したが、バランスシートの増大および住宅貸付ポートフォリオの金利再設定の利益により一部相殺され
     た。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付の増加により、105億豪ドルすなわち5.6%増加した。
     80 百万豪ドル          ・顧客預金は、質の高い預金の増加を継続的に重視したことを反映し、すべての主要な
     すなわち2.1%増加            商品において伸びがみられ、43億豪ドルすなわち3.7%増加した。
                 ・純利息マージンは、住宅貸付の商品構成の変更および競争圧力によって、7ベーシ
                  ス・ポイント低下したが、金利再設定による利益によって一部相殺された。資金調達
                  コストおよび流動性コストは、資金調達および預金コストの低下が銀行税の通年度の
                  影響を相殺して、概ね横ばいであった。
     純投資収益           ・過年度の資産運用業務からの収益の減少。
     38 百万豪ドル          ・事業構成が低マージンの商品に移行したことによるマージンの圧縮。
     すなわち3.9%減少           ・強力な投資市場に牽引され、平均運用・管理資産(73億豪ドルすなわち6.6%の増加)
                  および平均運用資産(87億豪ドルすなわち4.5%の増加)が増加したことによる収益増
                  加によって一部相殺された。
     その他の収益           ・ATM手数料の廃止が海外送金手数料の低下と相俟ったことによる、手数料収入の減少。
     18 百万豪ドル
     すなわち3.0%減少
     営業費用           ・法令遵守および統制環境の向上の費用の増加と相俟った、顧客経験価値を改善し新た
     136  百万豪ドル           な支払いプラットフォームを導入する新たな能力を含む投資の促進。
     すなわち4.7%増加           ・人員の再編成を含む生産性向上による利益および過年度に認識された資産管理事業の
                  部分的売却を原因とする費用の減少により一部相殺された。
     信用減損費用           ・住宅抵当貸付の延滞比率の上昇により増加したが、無担保貸付の費用の減少により一
     4百万豪ドル            部相殺された。
     すなわち1.5%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の比率は、
                  住宅抵当貸付の延滞の増加を反映して、10ベーシス・ポイント上昇して0.84%となっ
                  た。
     リスク加重資産           ・住宅貸付高の増加を原因として増加した。
     8億豪ドル
     すなわち1.0%増加
                                  81/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      現金収益は、短期資金調達コストの増加によって収益が減少したことと、住宅貸付および資産運用ポートフォリ
     オのマージンの圧縮が相俟って、69百万豪ドルすなわち8.6%減少した。これは、バランスシートの増大による収
     益の増加によって一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付の増加を原因として、49億豪ドルすなわち2.5%増加し
     64 百万豪ドル           た。
     すなわち3.2%減少           ・顧客預金は、質の高い預金の増加を継続的に重視したことを反映し、すべての主要な
                  商品において伸びがみられ、21億豪ドルすなわち1.8%増加した。
                 ・純利息マージンは、短期ホールセール資金調達コストの増加、住宅貸付の商品構成の
                  不利な変更および競争圧力によって、12ベーシス・ポイント低下した。
     純投資収益           ・事業構成が低マージンの商品に移行したことによるマージンの圧縮を原因とする収入
     23 百万豪ドル           の減少。
     すなわち4.7%減少           ・当年度上半期の貸付関連費用の増加。
                 ・強力な投資市場に牽引され、平均運用・管理資産(14億豪ドルすなわち1.2%の増加)
                  および平均運用資産(39億豪ドルすなわち2.0%の増加)が増加したことによる収益増
                  加によって一部相殺された。
     その他の収益           ・貸付高の増加を原因とする住宅貸付手数料の増加。
     24 百万豪ドル          ・季節的な外国為替収益の増加。
     すなわち8.5%増加
     営業費用           ・法令遵守および統制環境の向上の費用の増加と相俟った、顧客経験価値を改善し新た
     26 百万豪ドル           な支払いプラットフォームを導入する新たな能力を含む投資の促進。
     すなわち1.7%増加           ・人員の再編成を含む生産性向上による利益を原因とするコストの低下。
     信用減損費用           ・無担保貸付の延滞比率の上昇により増加。
     5百万豪ドル           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の比率は、
     すなわち3.8%増加            住宅抵当貸付の延滞の増加を反映して、半年間で4ベーシス・ポイント上昇して
                  0.84%となった。
     リスク加重資産           ・住宅貸付高の増加を原因として増加した。
     7億豪ドル
     すなわち0.9%増加
                                  82/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     消費者金融
                               年度                  半期

                                    2018  年                2018  年
                        2018  年    2017  年          2018  年    2018  年
                                   9月終了                  9月終了
                        9月終了      9月終了            9月終了      3月終了
                                   対2017年                  対2018年
                        ( 百万豪ド     ( 百万豪ド            ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                   9月終了                  3月終了
                         ル)      ル)            ル)      ル)
                                    ( %)                 ( %)
     純利息収益                     3,964      3,884       2.1     1,950      2,014      (3.2)
     その他の収益                      547      565     (3.2)       285      262      8.8
     純営業収益                     4,511      4,449       1.4     2,235      2,276      (1.8)
     営業費用                    (2,397)      (2,242)       6.9     (1,207)      (1,190)       1.4
     基礎収益                     2,114      2,207      (4.2)      1,028      1,086      (5.3)
     信用減損費用                     (271)      (267)      1.5      (138)      (133)      3.8
     税引前現金収益                     1,843      1,940      (5.0)       890      953     (6.6)
     法人税                     (554)      (581)      (4.6)      (269)      (285)      (5.6)
     現金収益                     1,289      1,359      (5.2)       621      668     (7.0)
     資産運用

                               年度                  半期

                                    2018  年                2018  年
                        2018  年    2017  年          2018  年    2018  年
                                   9月終了                  9月終了
                        9月終了      9月終了            9月終了      3月終了
                                   対2017年                  対2018年
                       ( 百万豪ド     ( 百万豪ド            ( 百万豪ド     ( 百万豪ド
                                   9月終了                  3月終了
                         ル)      ル)            ル)      ル)
                                    ( %)                 ( %)
     純投資収益                      949      987     (3.9)       463      486     (4.7)
     その他の収益                      45      45      -      23      22     4.5
     純営業収益                      994     1,032      (3.7)       486      508     (4.3)
     営業費用                     (649)      (668)      (2.8)      (329)      (320)      2.8
     税引前現金収益                      345      364     (5.2)       157      188     (16.5)
     法人税                      (95)      (90)      5.6      (43)      (52)     (17.3)
     現金収益                      250      274     (8.8)       114      136     (16.2)
                                  83/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     法人・機関投資家向け銀行業務
      法人・機関投資家向け銀行業務は、金融および債券市場、特殊資本、保管ならびに代替的投資に関連する幅広い

     貸付および取引の商品およびサービスを提供する。同部門は、専門的な産業上の関係および商品チームを通じて、
     オーストラリアの顧客ならびに米国、英国およびアジアの支店を含む世界の顧客にサービスを提供している。
                           年度                    半期

                                 2018  年                  2018  年
                    2018  年    2017  年    9月終了        2018  年    2018  年    9月終了
                    9月終了      9月終了       対2017年       9月終了       3月終了       対2018年
                   ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                                  ( %)                    ( %)
     純利息収益                 1,882       1,972       (4.6)        936      946      (1.1)
     その他の収益                 1,451       1,368        6.1       714      737      (3.1)
     純営業収益                 3,333       3,340       (0.2)       1,650      1,683       (2.0)
     営業費用                (1,297)       (1,236)        4.9       (660)       (637)       3.6
     基礎収益                 2,036       2,104       (3.2)        990     1,046       (5.4)
     信用減損(費用)/戻入れ                   43      (37)       大       36       7      大
     税引前現金収益                 2,079       2,067        0.6      1,026      1,053       (2.6)
     法人税                 (538)      (532)       1.1       (263)       (275)      (4.4)
     現金収益                 1,541       1,535        0.4       763      778      (1.9)
     純営業収益

     貸付および預金収益                 2,093       1,986        5.4      1,045      1,048       (0.3)
     マーケッツ収益(デリバ
     ティブの評価調整を除                  841      903      (6.9)        405      436      (7.1)
     く。)
     デリバティブの評価調整
                       (32)       24      大       (9)      (23)     (60.9)
     (1)
     その他収益                  431      427       0.9       209      222      (5.9)
     純営業収益合計                 3,333       3,340       (0.2)       1,650      1,683       (2.0)
     (1)

       デリバティブの評価調整は、信用評価調整および資金調達評価調整からなる。
     残高

     (十億豪ドル)
     コーポレート・ファイナン
                      30.8      26.8       14.9       30.8       26.9      14.5
      (1)
     ス
     事業貸付                 60.1      58.7       2.4       60.1       58.1       3.4
     その他貸付                  0.5      2.5     (80.0)        0.5       0.5        -
     貸付金および支払承諾総額                 91.4      88.0       3.9       91.4       85.5       6.9
     期中平均利付資産                 237.6       239.0       (0.6)       236.0      239.2       (1.3)
     資産合計                 263.8       259.3        1.7      263.8      250.1        5.5
     顧客預金                 98.0      97.0       1.0       98.0       89.6       9.4
     リスク加重資産合計                 112.3       114.7       (2.1)       112.3      114.8       (2.2)
     (1)

       コーポレート・ファイナンスは、従前のキャピタル・ファイナンス業務を表している。
                                  84/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     パフォーマンス指標
     期中平均資産に対する現金
                                   3 bps
                     0.58  %    0.55%              0.58  %    0.58%         -
     収益
     期中平均リスク加重資産に
                                   ▶ bps                   (4  bps)
                     1.34  %    1.30%              1.32  %    1.36%
     対する現金収益
                                  (4  bps)
     純利息マージン                0.79  %    0.83%              0.79  %    0.79%         -
     純利息マージン(マーケッ
                                  11  bps                   5 bps
                     1.67  %    1.56%              1.69  %    1.64%
     ツを除く。)
                                  190  bps                  220  bps
     対収益費用比率                38.9  %    37.0%              40.0  %    37.8%
                           年度                    半期

                                 2018  年                  2018  年
                    2018  年    2017  年    9月終了        2018  年    2018  年    9月終了
                    9月終了       9月終了       対2017年       9月終了       3月終了       対2018年
     資産の質                           9月終了                    3月終了
     貸付金および支払承諾総額
     に対する90日以上DPDの資
                                   5 bps
                     0.39  %    0.34%              0.39  %    0.39%         -
     産および減損資産総額の比
     率
     貸付金および支払承諾総額
                                  (9  bps)                   (6  bps)
     に対する信用減損費用の比                (0.05   %)    0.04%             (0.08   %)    (0.02%)
     率(年度換算ベース)
                                  85/401














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     法人・機関投資家向け銀行業務
     財務分析
     当年度と前年度との比較
      現金収益は、与信の質の改善により6百万豪ドルすなわち0.4%増加した。これは、2017年に発表された投資支
     出の促進による営業費用の増加により一部相殺された。収益は、トレーディング収益の低下、アジアにおけるプラ
     イベート・ウェルス業務の売却および銀行税の年度を通じた影響を反映して概ね横ばいであるが、取引活動の増加
     により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・その他の収益において相殺された経済的ヘッジの変動による117百万豪ドルの減少を含
     90 百万豪ドル           む。
     すなわち4.6%減少           ・27百万豪ドルの基礎的増加分は、純利息マージン(マーケッツを除く。)の上昇なら
                  びに貸付金および支払承諾総額の増加を反映している。これは、マーケッツ収益の減
                  少により一部相殺された。
                 ・純利息マージン(マーケッツを除く。)は、ポートフォリオ収益への継続的な注力お
                  よび資金調達コストの減少によって11ベーシス・ポイント上昇したが、銀行税の年度
                  を通じた影響によって一部相殺された。
                 ・貸付金および支払承諾総額は、より高いマージンのコーポレート・ファイナンス貸付
                  の40億豪ドルの増加、およびアジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却によ
                  るその他貸付(主に抵当貸付)の20億豪ドルの減少を反映して34億豪ドルすなわち
                  3.9%増加した。
                 ・顧客預金は、機関投資家向け預金の増加を反映して10億豪ドルすなわち1%増加した
                  が、アジアにおけるプライベート・ウェルス業務の売却により一部相殺された。
     その他の収益           ・純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動による117百万豪ドルの増加を含
     83 百万豪ドル           む。
     すなわち6.1%増加           ・トレーディング収益の減少およびデリバティブの評価調整の不利な変動による34百万
                  豪ドルの基礎的減少分。これは、コーポレート・ファイナンス手数料の増加および顧
                  客リスク管理商品の売上増加により一部相殺された。
     営業費用           ・技術への投資の促進ならびに関連する減価償却費および償却費、ならびに法令遵守お
     61 百万豪ドル           よび統制環境の向上。これは、当社グループの営業の簡略化および第三者支出の削減
     すなわち4.9%増加            に関連する人員再編成を含む、生産性向上による利益により一部相殺された。
     信用減損費用           ・与信の質の改善(戻入れを含む。)、および少数の大口エクスポージャーの減損に関
     80 百万豪ドル     減少      する費用の減少。
     リスク加重資産           ・リスク加重資産は、継続的な利益重視のポートフォリオ管理を反映して減少した。
     24 億豪ドル
     すなわち2.1%減少
                                  86/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      現金収益は、取引活動の減少および技術への投資の促進を反映した営業費用の増加により15百万豪ドルすなわち
     1.9%減少した。これは、与信の質の改善により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・その他の収益において相殺された経済的ヘッジの変動による46百万豪ドルの減少を含
     10 百万豪ドル           む。
     すなわち1.1%減少           ・36百万豪ドルの基礎的増加分は、純利息マージン(マーケッツを除く。)の上昇なら
                  びに貸付金および支払承諾総額の増加を反映している。
                 ・純利息マージン(マーケッツを除く。)は、預金および資金調達コストの減少を主因
                  として、5ベーシス・ポイント上昇した。
                 ・貸付金および支払承諾総額は、より高いマージンのコーポレート・ファイナンス貸付
                  および事業貸付の増加を反映して59億豪ドルすなわち6.9%増加した。
                 ・顧客預金は、機関投資家向け預金の増加を反映して84億豪ドルすなわち9.4%増加し
                  た。
     その他の収益           ・純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動による46百万豪ドルの増加を含
     23 百万豪ドル           む。
     すなわち3.1%減少           ・コーポレート・ファイナンスにおける取引活動の減少およびマーケッツ収益の減少に
                  よる69百万豪ドルの基礎的減少分。
     営業費用           ・テクノロジーへの投資の促進ならびに関連する減価償却費および償却費、ならびに法
     23 百万豪ドル           令遵守および統制環境の向上。これは、当社グループの営業の簡略化および第三者支
     すなわち3.6%増加            出の削減に関連する人員再編成を含む、生産性向上による利益により一部相殺され
                  た。
     信用減損費用           ・与信の質の改善(戻入れを含む。)、および少数の大口エクスポージャーの減損に関
     29 百万豪ドル     減少      する費用の減少。
     リスク加重資産           ・リスク加重資産は、継続的な利益重視のポートフォリオ管理ならびに分配およびその
     25 億豪ドル           他の資本イニシアティブを反映して減少した。
     すなわち2.2%減少
                                  87/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ニュージーランド銀行業務
      ニュージーランド銀行業務は、「バンク・オブ・ニュージーランド」のブランド名で運営されているニュージー

     ランドにおける消費者金融業務、資産運用業務、事業金融業務、アグリビジネス業務、法人向け業務、保険フラン
     チャイズ業務およびマーケッツ・セールス業務からなる。ニュージーランド銀行業務には、バンク・オブ・ニュー
     ジーランドのマーケッツ部門のトレーディング業務は含まれない。
      数値は現地通貨で表示されている。豪ドル建ての数値は後出表を参照のこと。
                          年度                     半期

                                2018  年                   2018  年
                   2018  年     2017  年            2018  年     2018  年
                                9月終了                     9月終了
                  9月終了       9月終了              9月終了       3月終了
                                対2017年                     対2018年
                  (百万NZド       (百万NZド              (百万NZド       (百万NZド
                                9月終了                     3月終了
                   ル)       ル)              ル)       ル)
                                (%)                     (%)
     純利息収益               1,848       1,692        9.2       943       905       4.2
     その他の収益                566       565       0.2       279       287      (2.8)
     純営業収益               2,414       2,257        7.0      1,222       1,192        2.5
     営業費用                (946)       (882)       7.3       (481)       (465)       3.4
     基礎収益               1,468       1,375        6.8       741       727       1.9
     信用減損費用                (76)       (71)       7.0       (35)       (41)      (14.6)
     税引前現金収益               1,392       1,304        6.7       706       686       2.9
     法人税                (388)       (363)       6.9       (196)       (192)       2.1
     現金収益               1,004        941       6.7       510       494       3.2
     残高

     (十億NZドル)
     住宅貸付                39.8       37.4       6.4       39.8       38.2       4.2
     事業貸付                41.5       40.4       2.7       41.5       40.3       3.0
     その他貸付                1.3       1.3        -      1.3       1.3        -
     貸付金および支払承諾
                     82.6       79.1       4.4       82.6       79.8       3.5
     総額
     期中平均利付資産                81.6       77.7       5.0       82.3       80.9       1.7
     資産合計                86.4       82.6       4.6       86.4       84.0       2.9
     顧客預金                58.5       55.1       6.2       58.5       58.2       0.5
     リスク加重資産合計                61.2       57.8       5.9       61.2       59.0       3.7
     パフォーマンス指標

     期中平均資産に対する
                                   1 bp                    1 bp
                    1.19  %     1.18%              1.20  %     1.19%
     現金収益
     期中平均リスク加重資
                                  7 bps                    (2  bps)
                    1.70  %     1.63%              1.69  %     1.71%
     産に対する現金収益
                                  9 bps                    5 bps
     純利息マージン               2.27  %     2.18%              2.29  %     2.24%
                                  10  bps                    40  bps
     対収益費用比率               39.2  %     39.1%              39.4  %     39.0%
     フルタイム相当従業員
     (該当時点における人               4,655       4,732       (1.6)       4,655       4,676       (0.4)
     数)
                                  88/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     資産の質
                          年度                     半期

                                2018  年                   2018  年
                   2018  年     2017  年    9月終了        2018  年     2018  年    9月終了
                  9月終了       9月終了       対2017年        9 月終了      3 月終了      対2018年
                                9月終了                     3月終了
     貸付金および支払承諾
     総額に対する90日以上
                                 (33  bps)                   (16  bps)
                    0.46  %     0.79%              0.46  %     0.62%
     DPDの資産および減損資
           (1)
     産総額の比率
     貸付金および支払承諾
     総額に対する信用減損
                                                       (2  bps)
                    0.09  %     0.09%         -     0.08  %     0.10%
     費用の比率(年度換算
     ベース)
     (1)

       減損資産総額は、保有証券に基づき現時点で損失ではないと評価されている3百万NZドル(2018年3月現在81百万NZド
       ル、2017年9月現在222百万NZドル)のニュージーランド銀行業務の酪農業に係るエクスポージャーを含む。一括引当金は
       これらの貸付のために準備されている。
          (1)

     市場シェア
                                 2018  年 9月30日      2018  年 3月31日      2017  年 9月30日

                                   現在         現在         現在
     住宅貸付                                15.7  %       15.6%         15.7%
     アグリビジネス                                22.3  %       22.5%         22.6%
     事業貸付                                23.8  %       23.5%         23.8%
     リテール預金                                18.1  %       18.5%         18.2%
     (1)

       出典:RBNZ。
     販売

                                 2018  年 9月30日      2018  年 3月31日      2017  年 9月30日

                                   現在         現在         現在
     リテール支店数                                 153         155         158
     ATM台数                                 633         618         549
                            (1)
                                       731         712         695
     インターネットバンキング顧客数(単位:千人)
     (1)

       定義の変更により、2017年9月は再表示されている。
                                  89/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ニュージーランド銀行業務
     (現地通貨による)財務分析
     当年度と前年度との比較
      現金収益は、収益増加により63百万NZドルすなわち6.7%増加したが、事業への投資の促進に起因する費用の増
     加により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、当年度、事業貸付において銀行業界全体が伸び悩んだ中でも、
     156  百万NZドル           住宅貸付および事業貸付の成長により39億NZドルすなわち5.0%増加した。
     すなわち9.2%増加           ・顧客預金は、需要および定期預金の大幅な成長により34億NZドルすなわち6.2%増加し
                  た。
                 ・純利息マージンは、貸付マージンの改善および資金調達コストの減少を主因として9
                  ベーシス・ポイント上昇した。これは、投下資本収益の減少によって一部相殺され
                  た。
     その他の収益           ・ライン手数料収入および運用資産による収益の増加。
     1百万NZドル           ・2018年4月1日以降のATM手数料を含む特定の手数料の削減および廃止により相殺され
     すなわち0.2%増加            た。
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への投資の促
     64 百万NZドル           進。これは、事業全体の生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち7.3%増加           ・優先セグメントおよびデジタルへの投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・対象セクターにおける一括引当金に係るFLAを含む。これは、酪農業のポートフォリオ
     5百万NZドル            の改善により一部相殺された。
     すなわち7.0%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の比率は、
                  酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の顕著な減少を主因として、
                  33ベーシス・ポイント低下した。
     リスク加重資産合計           ・エクスポージャーの増加は、ポートフォリオの質の改善により一部相殺された。
     34 億NZドル
     すなわち5.9%増加
                                  90/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      現金収益は、収益の改善により16百万NZドルすなわち3.2%増加したが、事業への投資の促進による費用の増加
     により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、住宅貸付および事業貸付の両方における成長により、14億NZド
     38 百万NZドル           ルすなわち1.7%増加した。住宅貸付および事業貸付の成長は、当年度下半期において
     すなわち4.2%増加            銀行業界全体の伸びを上回った。
                 ・顧客預金は、当年度上半期のより堅固な成長により3億NZドルすなわち0.5%増加し
                  た。
                 ・純利息マージンは、預金およびホールセール資金調達コストの減少を主因として5
                  ベーシス・ポイント上昇した。これは、住宅貸付マージンの低下により一部相殺され
                  た。
     その他の収益           ・2018年4月1日以降のATM手数料を含む特定の手数料の削減および廃止。
     8百万NZドル           ・運用資産による収益の改善により一部相殺された。
     すなわち2.8%減少
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への投資の促
     16 百万NZドル           進。これは、事業全体の生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち3.4%増加           ・優先セグメントおよびデジタルへの投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・ほとんどのポートフォリオにおける堅固な資産の質の継続、および酪農業に係るエク
     6百万NZドル            スポージャーの継続的な改善。
     すなわち14.6%減少           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の比率は、
                  酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の減少を主因として、16ベー
                  シス・ポイント低下した。
     リスク加重資産合計           ・エクスポージャーの増加は、ポートフォリオの質の改善により一部相殺された。
     22 億NZドル
     すなわち3.7%増加
                                  91/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ニュージーランド銀行業務
      数値は豪ドルで表示されている。現地通貨建ての数値については前出表を参照のこと。
                          年度                     半期

                                2018  年                   2018  年
                   2018  年     2017  年    9月終了        2018  年     2018  年    9月終了
                  9月終了       9月終了       対2017年       9月終了       3月終了       対2018年
                 ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                                (%)                     (%)
     純利息収益               1,698       1,586        7.1       870       828       5.1
     その他の収益                520       530      (1.9)        257       263      (2.3)
     純営業収益               2,218       2,116        4.8      1,127       1,091        3.3
     営業費用                (869)       (827)       5.1       (443)       (426)       4.0
     基礎収益               1,349       1,289        4.7       684       665       2.9
     信用減損費用                (70)       (67)       4.5       (32)       (38)      (15.8)
     税引前現金収益               1,279       1,222        4.7       652       627       4.0
     法人税                (357)       (340)       5.0       (182)       (175)       4.0
     現金収益                922       882       4.5       470       452       4.0
     外国為替相場の変動の影響

                                    2018  年               2018  年

                                   9月終了                 9月終了
                           2017  年 9月              2018  年 3月
     2018  年 9月における                           対2017年                 対2018年
                          終了後の年度                 終了後の半期
     プラス/(マイナス)                              9月終了                 3月終了
                          ( 百万豪ドル)                ( 百万豪ドル)
                                  ( 為替変動を                ( 為替変動を
                                   除く)(%)                 除く)(%)
     純利息収益                          (35)        9.3          6       4.3
     その他の収益                          (10)         -         2       (3.0)
     営業費用                           18        7.3         (3)        3.3
     信用減損費用                           1       6.0          -      (15.8)
     法人税(費用)/控除                           7       7.1         (2)        2.9
     現金収益                          (19)        6.7          3       3.3
                                  92/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     コーポレート機能・その他業務
      当社グループの「コーポレート機能」部門には、トレジャリー業務、技術・オペレーション業務、サポート部門

     および消去業務をはじめ、全事業部門を支援する機能が含まれる。トレジャリー業務は、資本管理、バランスシー
     ト管理および流動資産ポートフォリオとともに、当社グループの業務を支援する資本および構造的資金の移動を担
     当する中央機関としての役割を務める。
                          年度                     半期

                                2018  年                   2018  年
                         2017  年
                   2018  年           9月終了        2018  年     2018  年    9月終了
                            (1)
                  9月終了              対2017年       9月終了       3月終了       対2018年
                        9月終了
                 ( 百万豪ドル)              9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                        ( 百万豪ドル)
                                (%)                     (%)
          (2)
                     563       639      (11.9)         316       247      27.9
     純営業収益
             (3)
                     (249)        -      大      (249)        -      大
     顧客関連救済措置
     純営業収益                314       639      (50.9)         67      247      (72.9)
         (4)
                     (684)       (578)       18.3       (359)       (325)       10.5
     営業費用
             (5)
                     (755)        -      大        -     (755)        大
     事業再編関連費用
             (5)
                     (111)        -      大      (111)        -      大
     顧客関連救済措置
     基礎収益/(損失)               (1,236)         61       大      (403)       (833)      (51.6)
     信用減損費用                (274)       (259)       5.8       (139)       (135)       3.0
     税引前および分配前現
                    (1,510)        (198)        大      (542)       (968)      (44.0)
     金(損失)/収益
     法人税控除額                399       47       大       139       260      (46.5)
     分配前現金損失               (1,111)        (151)        大      (403)       (708)      (43.1)
     分配                (100)       (98)       2.0       (51)       (49)       4.1
     現金損失               (1,211)        (249)        大      (454)       (757)      (40.0)
     現金損失(事業再編関
     連費用および顧客関連                (420)       (249)      (68.7)        (193)       (227)       15.0
     救済措置を除く。)
     (1)

       2017年9月現在の比較情報は、当社グループの消去業務を含めるため再表示された。
     (2)
       顧客関連救済措置を除く。
     (3)
       詳細は、「第6-1 財務書類」の注記4「その他収益」を参照。
     (4)
       事業再編関連費用および顧客関連救済措置を除く。
     (5)
       詳細は、「第6-1 財務書類」の注記5「営業費用」を参照。
                                  93/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     財務分析
     当年度と前年度との比較
      現金損失は、事業再編関連費用および顧客関連救済措置、資金調達およびリスク管理業務からの収益の減少、弁
     護士費用およびコンプライアンス費用(王立委員会関連費用を含む。)の増加                                         を主因として、962          百万豪ドル増加
     した。
     主な変動           主な要因

     純営業収益           ・249百万豪ドルの顧客関連救済措置を含む。
     325  百万豪ドル          ・76百万豪ドルの基礎的減少分は、主に資金調達およびリスク管理業務からの収益の減
     すなわち50.9%減少            少を反映している。
     営業費用           ・755百万豪ドルの事業再編関連費用および111百万豪ドルの顧客関連救済措置を含む。
     972  百万豪ドル     増加     ・106百万豪ドルの基礎的増加分は、弁護士費用およびコンプライアンス費用(王立委員
                  会関連費用を含む。)の増加を反映している。
     信用減損費用           ・モーゲージのモデルの改善に係る一括引当金の水準の上昇。これは、昨年度と比較し
     15 百万豪ドル           た対象セクターにおける一括引当金に係るFLAの水準の低下により一部相殺された。
     すなわち5.8%増加
     分配           ・分配は安定している。
     2百万豪ドル
     すなわち2.0%増加
     当年度下半期と当年度上半期               との比較

      現金損失は、当年度上半期比で303百万豪ドル減少した。この減少は、主に事業再編関連費用によるものであっ
     たが、顧客関連救済措置により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純営業収益           ・249百万豪ドルの顧客関連救済措置を含む。
     180  百万豪ドル          ・69百万豪ドルの基礎的増加分は、当社グループの組織簡素化による利益を含む資金調
     すなわち72.9%減少            達およびリスク管理業務からの収益の増加を反映している。
     営業費用           ・当年度上半期に認識された755百万豪ドルの事業再編関連費用を含む。これは、111百
     610  百万豪ドル           万豪ドルの顧客関連救済措置により一部相殺された。
     すなわち56.5%減少           ・34百万豪ドルの基礎的増加分は、弁護士費用およびコンプライアンス費用(王立委員
                  会関連費用を含む。)の増加を反映している。
     信用減損費用           ・農業および住宅抵当貸付ポートフォリオを含む対象セクターにおいて引き上げられた
     4百万豪ドル            一括引当金に係るFLAの水準の上昇、ならびにその他のマクロ経済的要因。これは、
     すなわち3.0%増加            モーゲージのモデルの改善に係る一括引当金の水準の低下により一部相殺された。
     分配           ・分配は安定している。
     2百万豪ドル
     すなわち4.1%増加
     前へ

                                  94/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     4  【経営上の重要な契約等】

       経営上の重要な契約等はない。
     5  【研究開発活動】

       「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
       2018年度中のソフトウェア投資の概要は上記「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・

      フローの状況の分析」に記載されている。
                                  95/401

















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第4    【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       2018年度中、当社グループは設備の更改の必要性から1,033百万豪ドルの設備投資を行なった。この金額は、
      2018事業年度における当社グループの不動産、施設、設備およびソフトウェア購入額である。
     2  【主要な設備の状況】

       当社グループは、911の支店および事業者向け銀行業務センターを有している。
       当社グループの建物は継続的な維持および改築を受けており、当社グループの現在および予見可能な将来の条
      件に適合しかつ十分であると考えられている。
       「第3-3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「投資支出」を参照
      のこと。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループは、銀行の支店および関連設備に関する継続的な保守・改修計画を有しており、設備需要を継続
      的に見直している。上記2をあわせて参照のこと。
                                  96/401













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第5    【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】         (2018年9月30日現在)

      ①【株式の総数】
          オーストラリア法上、会社は授権株式資本を持つ必要がなくなった。

                                  97/401
















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
               (1)
      ②【発行済株式】
                                  上場金融商品

                                  取引所名又は
      記名・無記名の別
                    種類      発行数(千株)        登録認可金融               詳細
     及び額面・無額面の別
                                  商品取引業
                                    協会名
                                          普通株式(完全議決権株式であ
                                          り、権利内容に何ら限定のない標
                                          準となる株式である。)
                                          米国預託株式(ADS)(預託機関ま
                                 オーストラリア         たは保管機関に預託された当社の
        記名式株式         普通株式           2,734,119
                                 証券取引所         全額払込済普通株式である。ADSを
                                          構成する各全額払込済普通株式に
                                          は、全額払込済普通株式に付され
                                          たものと同じ権利が付されてい
                                          る。)
                一部払込済
                                          (1)
        記名式株式                        25
                (0.25豪ドル)株式
                                 オーストラリア
        記名式株式         自己株式             (7,800)             当社が支配する株式
                                 証券取引所
                ナショナル・インカ
                                 オーストラリア
                                          (2)
        記名式株式         ム・セキュリティー             20,000
                                 証券取引所
                ズ
                                 ルクセンブルグ
                                          (3)
        記名式株式         信託優先証券              400
                                 証券取引所
          計           ―      2,746,744          ―             ―
     (1)

       従業員持株制度における一部払込済株式は発行済であるが上場されていない。
     (2)

       1999年6月29日、当社は、NIS20,000,000株を1株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を通じ
      て発行した100豪ドルの全額払込済社債1単位および未払NIS優先株式1株から成るステープル証券である。NIS優先株式の
      未払額は、一定の限られた状況(不履行事由の発生等)のもとで支払義務が発生する。NISの各保有者は、四半期ごとの後払
      いでオーストラリアの90日銀行手形の利率プラス1.25%に相当する年率で非累積分配金を受領する権利を有する。APRAの事
      前の同意によって、当社は社債を1単位当たり100豪ドル(未払分配金がある場合はこれを加算した金額)で償還し、かかる
      社債に抱き合わされたNIS優先株式を対価なしで買い戻すか消却することができる。NISには満期日はなく、オーストラリア
      証券取引所(「ASX」)に上場している。
     (3)

       2003年9月29日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストⅠによる1株当たり1,000英ポンドの信託優先証
      券400,000株の発行を通じて、当社のロンドン支店が使用する資金400百万英ポンドを調達した。各信託優先証券については
      2018年12月17日まで半年ごとに後払いされる年率5.62%の非累積分配金が付き、その後は5年ごとの各期間に、かかる期間
      の開始時における5年物英国国債の指標銘柄の最終利回りに1.93%を加えた利率による非累積分配金が、半年ごとに後払い
      される。信託優先証券はAPRAの事前の同意によって2018年12月17日およびそれ以降の各5年目の応当日に償還可能であり、
      その場合1信託優先証券当たり1,000英ポンドに過去6か月間の分配期間の未払分配金を加えた償還価格で償還される。
                                  98/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債等の行使状況等】
          該当なし
      (3)  【発行済株式総数及び資本金の推移】

                                   資本金

                    発行済株式総数(千株)
                               (単位:百万豪ドル、
                        (1)
                                カッコ内十億円)
                                      27,944
     2013年9月30日現在                    2,568,936
                                      (2,313)
                                        436
     期中異動                     (237,557)
                                        (36)
                                      28,380
     2014年9月30日現在                    2,331,379
                                      (2,349)
                                       6,271
     期中異動                     251,902
                                       (519)
                                      34,651
     2015年9月30日現在                    2,583,281
                                      (2,868)
                                       △366
     期中異動                      84,648
                                       (△30)
                                      34,285
     2016年9月30日現在                    2,667,929
                                      (2,837)
                                        342
     期中異動                      28,340
                                        (28)
                                      34,627
     2017年9月30日現在                    2,696,269
                                      (2,866)
                                       1,355
     期中異動                      50,475
                                       (112)
                                      35,982
     2018年9月30日現在                    2,746,744
                                      (2,978)
     (1)
       1,000株未満四捨五入。
     (注)

       上記の発行済株式および証券数は、従業員持株制度に基づく一部払込済株式を含む。全額払込済発行済株式総数(1000株
       未満四捨五入)は、2,746,744株(NIS証券および信託優先証券を含む。)である。「払込資本を構成する発行済証券総
       数」は、当社グループの連結投資事業により(2016年7月1日の承継ファンド合併まで)保有され、従業員インセンティ
       ブ制度の要件を充足するために当社グループの被支配会社により信託で保有されている当社の自己株式について調整され
       ている。株価の変動により発生する値洗い価値の未実現変動、配当収入および当社グループの連結投資事業によって保有
       される株式の売却によって発生する実現損益は、法定報告上消去される。
                                  99/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      (4)  【所有者別状況】
        2018年10月31日現在、ブラックロック・グループおよびその関連会社は、当社の大量保有株主であり、
       149,354,409      株の  全額払込済普通株式を保有している。
     全額払込済普通株式の所有者の状況

                              株主総数に                   株式総数に対する

          区分          株主数(名)                    株式数(株)
                             対する割合(%)                      割合(%)
     1株~1,000株                   339,779           57.71       129,178,962              4.73
     1,001株~5,000株                   196,956           33.45       442,432,735             16.18
     5,001株~10,000株                   32,547           5.53       227,060,133              8.30
     10,001株~100,000株                   19,047           3.23       391,289,200             14.31
     100,001株以上                     458          0.08      1,544,159,730              56.48
           計             588,787           100.00       2,734,120,760              100.00
     市場性を有する単位
                        17,494                    153,570
     (500豪ドル)未満
      (5)  【大株主の状況】

        2018年10月31日現在、下記が普通株式名簿上で発行済普通株式の1%超を保有している主要株主6社であ
       る。
                                                   発行済普通株式

                                           所有普通株式数
             氏名または名称                     住所                 総数に対する
                                             (株)
                                                     割合(%)
     HSBCカストディ・ノミニーズ(オーストラリア)                        ニューサウスウェールズ州
                                            606,705,777           22.19
     リミテッド                        シドニー
     JPモルガン・ノミニーズ・オーストラリア・リミ                        ニューサウスウェールズ州
                                            357,937,393           13.09
     テッド                        シドニー
     シティコープ・ノミニーズ・ピーティーワイ・リ
                             ビクトリア州メルボルン               159,706,856            5.84
     ミテッド
     ナショナル・ノミニーズ・リミテッド                        ビクトリア州メルボルン               106,474,671            3.89
     BNPパリバ・ノミニーズ・ピーティーワイ・リミ                        ニューサウスウェールズ州
                                             52,480,632           1.92
     テッド                        ロイヤル・エクスチェンジ
     BNPパリバ・ノムズ・ピーティーワイ・リミテッ                        ニューサウスウェールズ州
                                             29,939,787           1.10
     ド                        ロイヤル・エクスチェンジ
                合計                            1,313,245,116            48.03
                                100/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2  【配当政策】
       普通株式に対する配当金
     取締役会は、2018年12月14日に支払われるべき最終配当として、全額払込済普通株式1株当たり99豪セント(100
      パーセント税額控除対象)とすると宣言した。支払予定額は、約2,707百万豪ドルに上る。当社グループは、自己
      資本比率および見通しを反映するため、配当再投資プラン(DRP)を定期的に調整している。当社グループは、
      参加枠の上限なく、DRPに1.5%の割引を提供する予定である。
       前事業年度末以降に支払われた配当は以下の通りである。
       ● 2017年9月30日終了の事業年度の最終配当として全額払込済普通株式1株当たり99豪セント(100パーセ
         ント税額控除対象)が2017年12月13日に支払われた。支払額は2,659百万豪ドルであった。
       ● 2018年9月30日終了の事業年度の中間配当として全額払込済普通株式1株当たり99豪セント(100パーセ
         ント税額控除対象)が2018年7月5日に支払われた。支払額は2,696百万豪ドルであった。
       現在までに支払済および決定済の配当金に関する情報は、「第6-1 財務書類」の注記28「配当金および分
      配金」に含まれている。
       これらの適格配当に対する税額控除の割合は、現行のオーストラリア法人税率が30%であることを反映して、
      オーストラリアの税額控除30%となる。
       オーストラリアの課税上、将来の配当金に対する税額控除対象の範囲は、オーストラリアの所得税の対象とな
      る当社グループの利益の割合および今後のオーストラリアの事業税制度における変更を含む数多くの要因に左右
      される。
                                101/401













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3  【株価の推移】
                                      (1)
       ASXにおける当社普通株式の株価の推移は下記のとおりである                                 。
      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
                            9月30日に終了した年度

                2014年        2015年        2016年        2017年        2018年
     最高(豪ドル)           37.07        39.15        31.61        34.09        32.98
     最低(豪ドル)           31.90        29.15        23.82        25.14        25.90
      (2)  【当該事業年度中最近6月間の月別最高・最低株価】

                                2018年

                4月       5月       6月       7月       8月       9月
     最高(豪ドル)          29.23       29.64       27.85       28.49       29.00       28.51
     最低(豪ドル)          28.11       26.61       25.90       27.33       27.22       27.22
     (1)

       当社普通株式は、2006年9月10日に東京証券取引所から上場廃止された。
                                102/401














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     4  【役員の状況】

       本報告書提出日現在在職中の(または当年度中に在職していた)当社取締役に関する詳細、ならびに各取締役
      の資質、経験ならびにその他の取締役職および利害関係については下記の通りである。
       取締役会は、各取締役が当社の責務を完璧に果たすため十分な時間と労力を費やす能力を有していることを条
      件に、各取締役が幅広いガバナンスの役職への関与により利益を得、当該活動を支援することを承認している。
      会長は、指名・ガバナンス委員会の助力を得て、各取締役のその他のコミットメントを考慮に入れた上で、当社
      での責務を果たすために各取締役が十分な時間と労力を費やす能力を有していると判断した。
       女性取締役の人数:3名(女性取締役の割合:30%)
       男性取締役の人数:7名(男性取締役の割合:70%)
         氏名       年齢               主要略歴

     ケネス・R・ヘン          60   在職期間    :2011年11月から取締役。2015年12月から会長。取
     リー博士             締役会指名・ガバナンス委員会の会長。
     (Dr.   Kenneth     R
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     Henry)    [男性]
                  技能・経験     :経済、政策および規制、ガバナンスならびに

                  リーダーシップの分野で30年以上の経験を有する。ヘンリー
                  博士は、2001年から2011年までトレジャリー部門の秘書役を
                  務めた。2011年6月から2012年11月まで、首相の特別アドバ
                  イザーを務め、アジアの世紀におけるオーストラリア白書を
                  促進する責任を負っていた。オーストラリア準備銀行の理事
                  会、税務審議会、金融規制者委員会およびオーストラリアの
                  インフラ委員会の元メンバーであり、ハワード政権の課税タ
                  スクフォース(「ニュー・タックス・システム」、1997年-
                  1998年)およびラッド政権により委託されたオーストラリア
                  のフューチャー・タックス・システム・レビュー(「ヘン
                  リー・タックス・レビュー」)(2008年-2009年)のどちらも
                  議長を務めていた。同氏は、2007年に豪コンパニオン勲章を
                  受章し、2001年にセンテナリー・メダルを受章した。当社の
                  先住民諮問グループの共同議長である。
                  上場会社の取締役職         :

                  ASXリミテッド(2013年2月から)
                  ヘンリー博士のその他の取締役職および利害関係には、

                  サー・ローランド・ウィルソン・ファウンデーション(委員
                  長)、ケープ・ヨーク・パートナーシップ、オーストラリア
                  経済開発委員会(理事)、プロジェクト・リーダーシップの
                  ためのジョン・グリル・センターの諮問委員会およびオース
                  トラリア・中国 シニア・ビジネスリーダーズ・フォーラム
                  が含まれる。
                                103/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     アンドリュー・          53   在職期間    : 2014年8月から取締役。
     G・ソーバーン氏
     (Mr.    Andrew     ▶     独立/非独立取締役の別           : 非独立取締役
     Thorburn)     [男性]
                  技能・経験     : 銀行業務および金融の分野で31年超の勤務経験
                  を有する。ソーバーン氏は、2005年1月にリテール・バンキ
                  ング業務部門長として当社に入社し、2008年にBNZのマネージ
                  ング・ディレクター兼CEOに任命され、2009年1月に当社グ
                  ループのエグゼクティブ・リーダーシップ・チームに加入し
                  た。2014年8月、同氏はグループ最高経営責任者兼マネージ
                  ング・ディレクターとしての現在の役職に任命された。
                                104/401

















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     デイヴィッド・          60   在職期間    : 2014年8月から取締役。取締役会監査委員会の会
     H・アームストロ             長およびリスク委員会の委員。
     ング氏
     (Mr.    David    H     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     Armstrong)      [男性]
                  技能・経験      : プライスウォーターハウス・クーパーズ
                  (「PwC」)のパートナーを含む、専門的なサービス分野で30
                  年超の経験を有する。アームストロング氏は、銀行業務およ
                  びキャピタル・マーケット、不動産およびインフラに関する
                  相当の知識ならびに理解を有しており、業界が直面する報
                  告、規制およびリスクに関する問題に精通している。
                  アームストロング氏のその他の取締役職および利害関係に

                  は、ジョージ国際保健研究所、オペラ・オーストラリア・
                  キャピタル・ファンド・リミテッド、オーストラリア博物館
                  (館長)およびリザード・アイランド・リーフ・リサーチ・
                  ファウンデーションが含まれる。
                                105/401















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     フィリップ・W・          62   在職期間    : 2016年5月から取締役。取締役会リスク委員会の
     クロニカン氏             会長および報酬委員会の委員。BNZ(当社の子会社)の取締
     (Mr.    Philip     W     役。
     Chronican)      [男性]
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
                  技能・経験     : オーストラリアおよびニュージーランドの銀行

                  および融資業務において35年以上の経験を有する。クロニカ
                  ン氏は、最近の幹部職としては、オーストラリア・アンド・
                  ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド
                  (ANZ)のオーストラリア部門の責任者を務め、特にANZのリ
                  テールおよび商業事業の責任者であった。ANZに入社する以前
                  は、ウェストパック・バンキング・コーポレーション(ウェ
                  ストパック)において長期の勤務経験を有し、ウェストパッ
                  クでは、ウェストパック・インスティチューショナル・バン
                  クのグループ業務執行役員および最高財務責任者を含む幹部
                  役職を務め、主要なオーストラリアの銀行の幹部の一人とし
                  て評判を確立した。同氏は、M&A活動および合併後の統合の幅
                  広い経験を有している。さらに、銀行業務におけるさらなる
                  透明性および倫理の向上ならびに労働力の多様性の推進にお
                  いて積極的かつ公的な役割を担ってきた。
                  クロニカン氏のその他の取締役職には、ニューサウスウェー

                  ルズ州トレジャリー・コーポレーション(TCorp)(会長)、
                  若年糖尿病研究財団(オーストラリア)、ウェストミード医
                  学研究所およびバンキング・アンド・ファイナンス・オース
                  が含まれる。
                                106/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     ピーユシュ・K・          59   在職期間    : 2014年11月から取締役。取締役会リスク、報酬お
     グプタ氏             よび指名・ガバナンス委員会の委員。一部のNABウェルスおよ
     (Mr.   Peeyush     K     びBNZ子会社の取締役。
     Gupta)    [男性]
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
                  技能・経験     : 資産活用の分野で30年超の経験を有する。グプ

                  タ氏は、フィナンシャル・アドバイスから機関投資家のポー
                  トフォリオ管理を扱う有数の資産活用会社であり、AXAにより
                  買収されたIPACセキュリティーズの共同創業者かつ初代CEOで
                  ある。同氏は、1990年代より多数の企業、非営利団体、トラ
                  スティーおよび責任会社の取締役会において取締役を務めた
                  経験があるため、広範なコーポレート・ガバナンスの経験を
                  有する。
                  上場会社の取締役職         :

                  リンク・アドミニストレーション・ホールディングス・リミ
                  テッド(リンク・グループ)(2016年11月から)
                  チャーター・ホール・ウェール・リミテッド(2016年5月か
                  ら)
                  グプタ氏のその他の取締役職には、インシュアランス・アン

                  ド・ケア・NSW(iCare)、スペシャル・ブロードキャスティ
                  ング・サービス・コーポレーションおよびチャーター・ホー
                  ル・ディレクト・プロパティ・マネジメント・リミテッド
                  (会長)が含まれる。
                                107/401












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     アン・J・ラブ          57   在職期間    : 2015年12月から取締役。取締役会報酬委員会の会
     リッジ氏             長および指名・ガバナンス委員会の委員。
     (Ms.    Anne    J
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     Loveridge)      [女性]
                  技能・経験     : PwCにおいて金融サービス業務のシニアパート

                  ナーを務めた経験を含めて専門的サービスの分野において30
                  年超の経験を有する。ラブリッジ氏は、銀行、不動産および
                  資産運用セクターの専門性を有している。同氏は、人材の主
                  導および開発、財務・規制上の報告ならびにリスク管理に関
                  する幅広い知識および理解を有している。PwC在職中、同氏は
                  PwCオーストラリアの副会長を含む指導的立場を担い、財務成
                  績、リスクおよび品質の問題、従業員およびパートナーの開
                  発、報酬ならびに多様性のプログラムを管理していた。企業
                  および非営利団体の取締役会および委員会において取締役お
                  よび会長を務めており、多くのコーポレート・ガバナンスの
                  経験を有する。
                  上場会社の取締役職

                  nibホールディングス・リミテッド(2017年2月から)
                  プラチナ・アセット・マネジメント・リミテッド(2016年9
                  月から)
                  ラブリッジ氏のその他の取締役職および利害関係には、ザ・

                  ベル・シェイクスピア・カンパニー・リミテッド(会長)、
                  チーフ・エグゼクティブ・ウィメン(CEW)および女性フォー
                  ラム(オーストラリア)のメンバーが含まれる。
                                108/401











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     ジェラルディー          57   在職期間    : 2014年3月から取締役。取締役会監査委員会の委
     ン・C・マクブラ             員。
     イド氏
     (Ms.   Geraldine     C     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     McBride)     [女性]
                  技能・経験     : 27年を超える技術業界および国際ビジネスの経
                  験を有する。世界的なソフトウェア会社であるSAPの北米法人
                  の元代表取締役であり、アジア太平洋地域および日本のSAPに
                  おいて役員を務める一方で、デルおよびIBMでも役職に就いて
                  いた。
                  マクブライド氏はマイウェーブの創業者兼CEOである。マイ

                  ウェーブは企業向けの人工知能を基礎にした技術プラット
                  フォームを開発するIT企業である。
                  上場会社の取締役職         :

                  スカイ・ネットワーク・テレヴィジョン・リミテッド(2013
                  年8月から)
                  フィッシャー・アンド・パイケル・ヘルスケア・コーポレー
                  ション・リミテッド(2013年7月から)
                                109/401














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     ダグラス・A・          63   在職期間    : 2016年2月から取締役。取締役会監査および指
     マッケイ氏             名・ガバナンス委員会の委員。BNZ(当社の子会社)の会長。
     (Mr.    Doug    A
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     McKay)    [男性]
                  技能・経験     :

                  上級職として30年超の商業および営業の経験を有し、マーケ
                  ティングおよびプライベート・エクイティでの経験も有して
                  いる。オークランド・カウンシル、ライオン・ネイサン、
                  カーター・ホルト・ハーベイ、グッドマン・フィールダー、
                  シーロードおよびインディペンデント・リカーを含む、主要
                  なトランス・タスマン企業においてCEOやマネージング・ディ
                  レクターの役職についていたため、ニュージーランドおよび
                  オーストラリアの市場に深い理解を持っている。
                  上場会社の取締役職         :

                  ジェネシス・エナジー・リミテッド(2014年6月から)
                  フレッチャー・ビルディング・リミテッド(2018年9月か
                  ら)
                  マッケイ氏のその他の取締役職および利害関係には、エデ

                  ン・パーク・トラスト(会長)ならびにIAG(ニュージーラン
                  ド)ホールディングス・リミテッドが含まれる。
                                110/401













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     アン・C・シェ          64   在職期間    : 2017年11月から取締役。取締役会報酬委員会の委
     リー氏             員。
     (Ms.    Ann    C
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     Sherry)    [女性]
                  技能・経験     :

                  オーストラリアおよびニュージーランドの銀行業、観光業お
                  よび運送業界において執行役員の役職を務めた20年超の経
                  験、また、政府および公共サービスにおいての多くの経験も
                  有する。シェリー氏は、オーストラレーシア最大のクルーズ
                  船事業者である、カーニバル・オーストラリアの会長を務め
                  ており、以前はCEOおよび経営執行役会長を務めていた。カー
                  ニバル・オーストラリアに入社する以前は、ウェストパック
                  にて12年間の経験があり、ウェストパック・ニュージーラン
                  ドのCEO、メルボルン銀行のCEOおよびピープル・アンド・パ
                  フォーマンスのグループ業務執行役員を含む執行役員の職を
                  務めた。最近まで、同氏はINGグループ(アムステルダム)の
                  監査役会に所属しており、INGディレクト(オーストラリア)
                  の取締役を務めていた。同氏は、2004年にオーストラリア勲
                  章を授与された。
                  上場会社の取締役職         :

                  シドニー空港(2014年5月から)
                  シェリー氏のその他の取締役職および利害関係には、カーニ

                  バル・オーストラリア(会長)、ユニセフ・オーストリア
                  (会長)、パラディアム・グループ、ケープ・ヨーク・パー
                  トナーシップ、ミュージアム・オブ・コンテンポラリーアー
                  ト、インフラストラクチャー・ヴィクトリア、ラグビー・
                  オーストラリア、トランス・タスマン・ビジネス協議会のANZ
                  リーダーシップ・フォーラム(オーストラリア会長)が含ま
                  れる。
                                111/401










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
         氏名       年齢               主要略歴
     アンソニー・KT          68   在職期間    : 2010年3月から取締役。取締役会監査およびリス
     ・ユエン氏             ク委員会の委員。
     (Mr.   Anthony    K T
                  独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     Yuen)   [男性]
                  技能・経験     : 国際銀行・金融業界において40年を越える経験

                  を有する。2006年にロイヤル・バンク・オブ・スコットラン
                  ド・ピーエルシーの代理としてバンク・オブ・チャイナの戦
                  略的投資運用の役割を担う前は、バンク・オブ・アメリカ・
                  コーポレーション、ナショナル・ウェストミンスター・バン
                  ク・ピーエルシーおよびザ・ロイヤル・バンク・オブ・ス
                  コットランド・ピーエルシーでアジア一帯の責任を担う上級
                  執行役員であった。
                  ユエン氏のその他の利害関係には、香港赤十字社の委員会お

                  よびABF・ホンコン・ボンド・インデックス・ファンドの委員
                  会が含まれる。
     取締役の利益

       下表は、2018年11月16日現在、各取締役が所有する当社の全額払込済普通株式数を示している。
                        当社の全額払込済普通株式

                             (株)
     取締役
     ケネス・ヘンリー(会長)                             10,360
     デイビッド・アームストロング                             11,227
     フィリップ・クロニカン                             31,000
     ピーユシュ・グプタ                              7,480
     アン・ラブリッジ                             10,000
     ジェラルディーン・マクブライド                              5,960
     ダグ・マッケイ                             10,000
     アン・シェリー                              7,456
     アンドリュー・ソーバーン                             273,600
     アンソニー・ユエン                             12,464
     次へ

                                112/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     報酬報告書

     2018  年の主要な報酬支給結果

     より簡易な           ● 2018年、当社は、グループCEOと上級執行役員のより一層簡易な執行役員の報酬体制を

     執行役員の             導入した。
     報酬体制           ● 当該体制は、2017年10月1日付で適用された。
                ● 新体制により、複雑性が排除され、当社のすべての利害関係者の利益を反映するような
                  業績を奨励する。その開発には、投資家、議決権行使助言会社、規制当局および執行役
                  員が参画した。新体制は、長期的な決定を促し、当社が優れた顧客サービスを提供し、
                  執行役員の変動報酬を株主のための成果と一致させるよう設計されている。
                ● グループCEOおよび上級執行役員は、現在、2つの構成要素のみから成る報酬を受給し
                  ている。第一の構成要素は、固定報酬(実質的な基本給与)である。第二の構成要素
                  は、変動報酬である。変動報酬は、「アットリスク(リスクがある)」(すなわち、保
                  証なし)であり、個人の業績および当社グループの業績に基づいて、取締役会の裁量に
                  委ねられている。
                詳細はセクション2を参照のこと。
     その他の           ● 2018年、当社は、数多くの従来の売上ベースの報酬制度を廃止した。現在、当社の従業
     従業員の             員の97%は、執行役員に適用されるものと同様の構造を有する単一の変動報奨制度に加
     報酬体制の変更             入している。
                ● 2018年10月1日以降、当社は、2020年の期限に先立ち、セジウィック・レポートのリ
                  テール・バンキングの報酬に関連する勧告を完全に遵守している。
     グループCEOの           過去3年間にわたって、取締役会は、グループCEOの目標報酬の引下げおよび報酬の一部に
     目標報酬の引下げ           適用される最短繰延期間の延長によって、外部利害関係者からのフィードバックに応えてき
                た。
     固定報酬           ● グループCEOについては増加なし。
                ● 役職の拡大を反映しおよび/または外部市場との整合性を維持するため、アンソニー・
                  ヒーリー(18.5%)、シャロン・クック(12.5%)、ゲイリー・レノン(10%)、パト
                  リック・ライト(15.4%)については増加した。
                ● その他の上級執行役員については増加なし。
     非業務執行           ● 取締役会および取締役会委員会の2018年度の報酬については増加なし。
     取締役の報酬           ● 取締役会および取締役会委員会の報酬は2016年度以降増加していない。
                      (1)(2)
     2018  年度                    現金株主資本利益率          総割当株主資本利益率           生産性向上による節減
                  現金収益
     当社グループ                             (1)          (1)       106.7   %
                  57 億豪ドル
                            (現金ROE)           (ROTAE)
     業績                                           300  百万豪ドルの計画
                2017  年度から14.2%の
                              11.7  %         12.1  %
                                                 に対し320百万豪ドル
                    減少
                           2017  年度から230ベー
                                                優先セグメント・ネッ
                           シス・ポイント減少
                                                トプロモータースコア
                                                     (3)
                                                    -15
                                                2017  年8月から2018年
                                                8月までに2ポイント
                                                    減少
     執行役員の           ● 各執行役員が獲得した実際の変動報酬は、当社グループの業績、執行役員の個別業績お
     2018  年度  変動報酬支         よび執行役員の目標変動報酬機会に基づいて決定された。
     給結果           ● 取締役会は、王立委員会で取り上げられた事項を含めた上記の業績指標および数多くの
                  質的指標に対して当社グループの業績を評価し、当社グループの適格従業員の取締役会
                  調整後の「One       NABスコア」を80%とした。
                ● 取締役会は、裁量を行使し、執行役員のOne                       NABスコアをさらに10%引き下げて70%と
                    (4)
                  した    。取締役会は、当社が顧客にとって常に正しいことを確実に行うためには執
                  行役員が個別および全体としてより多くのことを行なう必要があると考え、この決定を
                  行なった。
                業績指標           加重           成果           結果
                                113/401


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                現金収益               25 %         95 % 達成      ● 60.2豪ドルの計
                                                   画に対し57億豪
                                                   ドル
                現金ROE               25 %         96 % 達成      ● 12.2%の計画に
                                                   対し11.7%
                ROTAE               25 %         95 % 達成      ● 12.7%の計画に
                                                   対し12.1%
                変革               25 %         50 % 達成      ● 生産性向上によ
                                                   る節減:300百万
                                                   豪ドルの計画に
                                                   対し320百万豪ド
                                                   ル
                                                 ● -15の優先セグ
                                                   メント平均NPSス
                                                   コアは、目標ス
                                                   コアである-10を
                                                   下回る(2017年
                                                   8月から2018年
                                                   8月)
                取締役会による調整                         80 %
                後のOne    NABスコア
                取締役会による調整                         70 %
                後の執行役員のOne
                NABスコア
                ● 王立委員会で取り上げられた事項に対する説明責任と同様、個々の執行役員の責任は異
                  なる。
                ● 取締役会は、各執行役員の業績を個々の業績計画(リスク業績の見直しを含む。)に対
                  して評価する際に判断を下し、個々の変動報酬の支給結果が目標の17.5%から105%の
                                           (4)
                  範囲となるよう各執行役員の個人スコアを決定した。
                詳細については、セクション2.6および2.9を参照のこと。
     (1)
        情報は、継続事業ベースで表示されている。
     (2)
        法定当期純利益と現金収益の調整については「第6-1 財務書類」の注記2「セグメント情報」を参照のこと。
     (3)
        ネットプロモーター®およびNPS®は登録商標であり、ネットプロモータースコアおよびネットプロモーターシステムは、
       ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの登録商標である。優先セ
       グメントNPSとは、住宅所有者、投資家、小規模企業(0.1百万豪ドル以上5百万豪ドル未満)および中規模企業(5百万
       豪ドル以上50百万豪ドル未満)から成る4つの優先セグメントのNPSの単純平均である。優先セグメントのNPSデータは、
       ロイ・モーガン・リサーチおよびDBM                  BFSM・リサーチによる6ヶ月の移動平均に基づいている。執行役員の2018年度NPSの
       目標および業績は、2017年8月から2018年8月までの期間中に測定された。
     (4)
        2018  年8月に当社を退職したアントニー・ケーヒルおよび2018年8月から顧客向け商品・サービス担当グループ業務執
       行役員の代理を務めていたレイチェル・スレイド(このため以前の役職に基づき評価されている。)を除く。
                                114/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     執行役員報酬支給結果
      下表は、2018年度中、執行役員であった間に執行役員に支給された報酬の概要を示している。示される額は、固
     定報酬、現金で支払われる変動報酬、変動報酬繰延株式として支給される変動報酬および各執行役員に割り当てら
     れる変動報酬繰延株式の数を示している。
                                                      変動報酬

                                    実際の      実際の            目標額に
                  固定
                       実際の変動      現金で受領
                                    変動報酬      変動報酬      報酬合計       対する
                   (1)
                       報酬現金      した報酬
                 報酬
                                   繰延株式数       繰延株式            実際の変動
                                                      報酬の割合
     氏名            (豪ドル)      (豪ドル)      (豪ドル)       (株)     (豪ドル)      (豪ドル)       (%)
     グループCEO
     アンドリュー・ソーバー
                 2,282,511       837,200     3,119,711        45,450     1,255,800      4,375,511        45.5
     ン
     上級執行役員
     マイク・ベアード
                 1,222,965       571,200     1,794,165        31,009      856,800     2,650,965        70.0
     シャロン・クック
                  803,013      362,880     1,165,893        19,700      544,320     1,710,213        84.0
     デイビッド・ゴール
                 1,306,557       305,760     1,612,317        16,599      458,640     2,070,957        49.0
     アンドリュー・ハガー
                 1,198,529       142,800     1,341,329         -    214,200     1,555,529        17.5
     (2)
     アンソニー・ヒーリー
                 1,519,003       571,200     2,090,203        31,009      856,800     2,947,003        70.0
     ゲイリー・レノン
                 1,104,291       418,880     1,523,171        22,740      628,320     2,151,491        56.0
     アンジェラ・メンティス
                 1,583,239       571,200     2,154,439        31,009      856,800     3,011,239        70.0
     ロレーン・マーフィー
                  763,351      285,600     1,048,951        15,504      428,400     1,477,351        52.5
     レイチェル・スレイド
                   52,665      19,347      72,012       1,050      29,020      101,032       120.0
     (3)
     パトリック・ライト
                 1,734,833      1,071,000      2,805,833        58,143     1,606,500      4,412,333        105.0
     元上級執行役員
     アントニー・ケーヒル
                 1,109,554         -   1,109,554         -      -   1,109,554         -
     (1)
        固定報酬には、現金給与、非金銭給付の現金価値、ならびにセクション5.1の法定報酬表と一致した年金額およびその他
       の長期給付が含まれる。
     (2)
        ハガー氏は、2018年10月1日にKMPを退任し、2018年11月14日に当社グループでの雇用を終了した。同氏の退職の取決め
       についてはセクション5.1に記載されている。ハガー氏は、繰延期間の終了時に変動報酬繰延株式部分を現金で受領する予
       定であり、その支払いは、変動報酬繰延株式と同様の失権、繰延延長およびクローバック条件の対象となる。
     (3)
        スレイド氏は、顧客向け商品・サービス担当グループ業務執行役員の代理を務めていた間も、以前の役職の報酬の取り
       決めを継続した。表示されている金額は、スレイド氏が顧客向け商品・サービス担当グループ業務執行役員の代理を務め
       ていた2018年度の一部に関連する。
     2017  年度に付与された報酬との直接的な比較は、新たな執行役員報酬の枠組み、公正価値から額面価額への調整、

     上級執行役員の職に就いていた期間および実際の業績の影響を受ける。以下は、2018年度にグループCEOに付与さ
     れた報酬と、公正価値ベースで示された2017年度の報酬との比較である。下記に概説するとおり、2018年度にグ
     ループCEOに付与された報酬総額は、2017年度より約2.1百万ドル(32%)減少した。
                                115/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     グループCEOの報酬の公正価値比較
                                         将来付与

                           実際の変動        現金で             年度中に      2017  年度から
                     固定
                                         される
                           報酬現金/       受領した             付与された       2018  年度の
                      (1)
                                           (2)
                    報酬
                           STI 現金      報酬            報酬総額        変動
                                        繰延株式
     氏名               (豪ドル)       (豪ドル)       (豪ドル)        (株)      (豪ドル)       (豪ドル)
     アンドリュー・ソーバー
                 2018    2,282,511        837,200      3,119,711       1,255,800       4,375,511      (2,072,656)
     ン
                 2017    2,300,368        977,500      3,277,868       3,170,299       6,448,167          -
     (1)
        固定報酬には、現金給与、非金銭給付の現金価値、ならびにセクション5.1の法定報酬表と一致した年金額およびその他
       の長期給付が含まれる。
     (2)
        2018  年度の繰延株式は、その付与には外部市場の業績基準がなく、執行役員は繰延期間中に配当を受領するため、2018
       年9月30日現在の公正価値の合理的近似値である額面価額で表示されている。2017年度には、STI繰延業績連動型新株引受
       権(949,022豪ドル)(その半数は約1年間制限され、残りの半数は約2年間制限される。)および4年間制限されるLTI
       (2,221,277豪ドル)が含まれる。2017年度のLTIは額面価額ベースで割り当てられたが、公正価値の金額が比較目的で使
       用されている。STI繰延業績連動型新株引受権およびLTI業績連動型新株引受権は、セクション5.3に示された報酬付与日の
       公正価値に基づいて計算されている。
      同様の基準で上級執行役員に付与された報酬を比較することで、2017年度に比べて、2018年度は上級執行役員の

     大半について大幅な減額があったことが示される。
                                116/401














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     セクション1-       主要経営陣
     (a)   2018年度主要経営陣

      主要経営陣(KMP)は、当社および当社グループ双方の活動を計画、指図および管理する権限と責任を有する当
     社の取締役兼当社グループの従業員である。下表は、2018年度中のKMPを示している。
     非業務執行取締役

     会長
     ケネス・ヘンリー
     デイビッド・アームストロング
     フィリップ・クロニカン
     ピーユシュ・グプタ
     アン・ラブリッジ
     ジェラルディーン・マクブライド
     ダグラス・マッケイ
     アン・シェリー(2017年11月8日以降)
     アンソニー・ユエン
     執行役員

     業務執行取締役兼       グループ最高経営責任者         (グループCEO)
     アンドリュー・ソーバーン
     最高顧客担当役員-法人・機関投資家向け銀行業務
     マイク・ベアード
     最高執行責任者
     アントニー・ケーヒル(2018年8月28日まで)
     最高法務・商務担当カウンシル
     シャロン・クック
     最高リスク管理担当役員
     デイビッド・ゴール
     最高顧客担当役員-消費者金融・資産運用業務
     アンドリュー・ハガー
     最高顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務
     アンジェラ・メンティス(2017年12月31日まで)
     アンソニー・ヒーリー(2018年1月1日以降)
     最高財務責任者
     ゲイリー・レノン
     バンク・オブ・ニュージーランドのマネージング・ディレクター兼
     CEO
     アンソニー・ヒーリー(2017年12月31日まで)
     アンジェラ・メンティス(2018年1月1日以降)
     最高人事担当役員
     ロレーン・マーフィー
     顧客向け商品・サービス担当グループ業務執行役員
     レイチェル・スレイド(2018年8月28日以降代理)
     最高技術・オペレーション担当役員
     パトリック・ライト
                                117/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     (b)   2018年9月30日以降のKMPの変更
      2018  年9月17日、当社の          エグゼクティブ・         リーダーシップ・チームの変更が発表された。2018年10月1日付で、
     以下の変更が実施される。
     ● マイク・ベアードは、最高顧客担当役員-消費者金融に就任し、KMPとして留任した。
     ● デイビッド・ゴールは、最高顧客担当役員-法人・機関投資家向け銀行業務に就任し、KMPとして留任した。
     ● ショーン・ドゥーリーは、最高リスク管理担当役員に就任し、KMPとなった。
     ● レイチェル・スレイドは、最高顧客経験担当役員に就任し、KMPとして留任した。
     ● アンドリュー・ハガーは、KMPを退任した。ハガー氏は、2018年11月14日に当社グループを退社した。
     (c)   定義

      本書では、KMPの異なるグループについて説明するために、以下の用語が使用される。
     用語          意味

     執行役員          グループCEOおよび上級執行役員(総称して、エグゼクティブ・リーダーシップ・チームとい
               う)
     上級執行役員          グループCEOを除くエグゼクティブ・                 リーダーシップ・チーム
     従業員          執行役員を除く当社グループの従業員
     セクション2-新たな執行役員の報酬体制

      2018年、当社は、グループCEOおよび上級執行役員のためのより簡易な執行役員の報酬体制を導入した。

      取締役会および報酬委員会は、2017年から2018年にわたって、執行役員の報酬制度の検討に多大な時間を費やし
     た。それは正しいことであった。新体制は、複雑さを排除し、当社の全利害関係者の利益を反映するような業績を
     奨励する。その開発には、投資家、議決権行使助言会社、規制当局および執行役員が参画した。最も重要なこと
     は、新体制が、顧客、株主、規制当局およびより幅広い利害関係者に対応し、当社が優れた顧客サービスを提供で
     きるように設計されていることである。
      新体制は、銀行役員責任体制(「BEAR」)に準拠している。
      新体制は、2017年10月1日付で適用され、当社の2017年度報酬報告書で通知されたグループCEOの2018年度報酬
     の変更に取って代わるものである。
                                118/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.1   報酬体制の変更理由
      取締役会は、当社の戦略を実行し長期的な業績を達成するために、当社グループのあらゆるレベルで優れた顧客
     サービスに焦点を当てることを決定した。顧客の信頼を獲得し、株主のために持続可能な業績を実現するために
     は、執行役員の業績を評価する際に、顧客重視の証拠を財務指標とともに考慮する必要がある。顧客を最優先に行
     動しなければ、持続可能な事業の基盤を提供できず、当社の株主と調和することができない。
      執行役員の変動報酬(株式報酬)の大部分を4年間繰り延べることで、繰延部分が蓄積されて執行役員の報酬総
     額(総額は株主利益に沿って変動する。)の大部分を占めるに至ることから、株主との調和を強調することにな
     る。この調和は重要であり、上級執行役員については、BEARが要求する繰延の水準を上回るものである。
      新たな執行役員の報酬枠組みは、執行役員(または当社)が顧客、株主および地域社会の期待を下回った場合
     に、取締役会が執行役員に責任を負わせる手段をさらに透明化する。
     1.  より簡易な枠組み、報酬の減額                          2.  株主と調和し、人材を引き寄せる

     ● 報酬は、      固定報酬    および   変動報酬    の2つの構成要素         ● 持続可能な顧客、株主および事業成果を提供するた
       (「短期」および「長期」報奨に取って代わる。)                           めに好業績の人材を招致、保持し、報酬を与えるよ
       でのみ提供される。                           う設計された総合報酬パッケージ
     ● 報酬総額は減額された(グループCEOの目標報酬が                           ● 長期的な意思決定により大きな焦点を当てるため
       過去2年間で18%減額されたことに例示され                           に、短期的に受給される変動報酬の削減(および長
       る。)。                           期の割合の増加)
     ● 減額にあたっては、公正価値法から額面価額法への                           ● 4年間にわたって変動報酬の60%を繰り延べると相
       変更、繰延部分の増加およびその後の特定の業績基                           当な保有株式になるため、執行役員は報酬の大部分
       準の撤廃が考慮される。                           について株主と同様に成果を分かち合う。
     ● 変動報酬は4年間繰り延べられ、また繰延期間の延
       長、クローバック、または失権処理が行われること
       がある。
     ● 額面価額を使用することで変動報酬額がどのように
       計算されているかがより明確になる。
     3.  多くの「アットリスク」報酬を提供する                          4.  変動報酬の支給結果のさらなる差別化を可能にする
     ● 「アットリスク」変動報酬の加重は、取締役会の業                           ● この設計により、執行役員間で変動報酬の支給結果
       績ベースの報酬に対するコミットメントを反映して                           が大きく異なる。
       いる。                         ● 2018年度の執行役員の変動報酬の支給結果は、変動
                                  報酬目標の17.5%から105%であった。これは、業
                                  績の差異および取締役会の裁量の行使を反映してい
                                  る。
                                ● 取締役会は、(個人および集団としての)執行役員
                                  の業績および説明責任が報酬支給結果に反映されて
                                  いると確信している。
                                119/401








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.2   新体制の仕組み
      現在、グループCEOおよび上級執行役員は、固定報酬および変動報酬の2つの構成要素のみからなる報酬を受給
     している。
     固定報酬          ● 年間現金給与(退職年金を含む)

               ● 任務の複雑性および責任、能力、経験および知識、個人の業績、市場内外での役割の相
                 対性を考慮して設定される。
               ● 固定報酬の調整は、市場の競争力を維持するため、または任務の範囲変更を反映する場
                 合にのみ行われる。
               ● 当社の主要競合他社を含むASX上場企業20社の同業グループからの市場データを基準に評
                 価される。
     変動報酬          ● グループCEOおよび上級執行役員は、(「短期」および「長期」報酬に取って代わる)単
                 一の変動報酬を受け取る資格を有する。
               ● 変動報酬の40%は現金で支払われる。
               ● 60%は当社株式(変動報酬繰延株式)で支給される。
               ● 変動報酬繰延株式は、最低4年間の繰延期間の対象となる。ただし、取締役会は、辞
                 任、正当解雇、最低行動要件の未達成の場合、または取締役会が裁量権を行使すべきで
                 あると判断した場合、繰延期間の延長または繰延期間中の変動報酬繰延株式の失権処理
                 を行なう裁量を有する。
               ● 繰延期間中、執行役員は、
               ● 変動報酬繰延株式について支払われる配当金を受け取る。
               ● 変動報酬繰延株式の売却またはその他の取引を行なうことができない。
     2.3   新体制における報酬の割当スケジュール

      変動報酬の大部分を4年間繰り延べることは、長期的な意思決定を確実にし、取締役会に必要に応じて変動報酬
     を調整する能力を与える一方で(セクション3.4を参照のこと。)執行役員の報酬を株主の経験と一致させ、執行
     役員の保持を支援する。
     2.4   執行役員の変動報酬支給結果の計算方法

      各事業年度の各執行役員の変動報酬支給結果は、次の計算式に従って決定される。この計算式は、執行役員の目
     標変動報酬機会とともに、当社グループの業績および執行役員の事業年度中の個人の業績を考慮している。
                                                One  NAB  スコア

                           執行役員の個人スコア
      執行役員の目標変動報酬機会
                      ×    (事業年度中の執行役員               ×
                                            (当社グループの事業年度中
          (豪ドル)
                            の業績を反映)
                                               の業績を反映)
      執行役員の実際の変動報酬支給結果は、目標変動報酬機会を上回ることも下回ることもあるが、最大変動報酬機

     会を上回ることはなく、取締役会が決定する執行役員の個人スコアおよびOne                                        NABスコアによって決定される。
      取締役会は、変動報酬の支給結果を適切に調整する裁量を有している。取締役会は、その裁量を行使し、2018年
     度さらなる削減を適用した。
                                120/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.5   2018年度の目標変動報酬機会
      各執行役員には、各自の固定報酬およびその役職に基づいて、目標変動報酬機会および最大変動報酬機会が付与
     される。2018年度の機会は、固定報酬に対する割合として下表に概略されている。
      執行役員または当社グループの業績が期待値を上回る場合、執行役員は、目標を上回る変動報酬支給結果を受け
     取ることがある。
      同様に、執行役員または当社グループが、事業年度の期首に設定された期待値を達成できなかった場合、執行役
     員の変動報酬支給結果は、目標を下回り、ゼロとなる可能性もある。
                                目標  変動報酬    機会       最大変動報酬機会

     役職                         ( 固定報酬に対する割合          )  ( 固定報酬に対する割合          )
     グループCEO                             200%              300  %
     最高リスク管理担当役員および
                                  120%              180  %
     最高法務・商務担当カウンシル
     その他の上級執行役員すべて                             170%              255%
      レイチェル・スレイドは、顧客向け商品・サービス担当グループ業務執行役員の代理を務めていた間も、以前の

     役職の報酬の取り決めを継続した。
     2.6   One   NABスコア-グループ業績

     (a)  概要
      One  NAB  スコアは、事業年度中の当社グループの業績の指標である。
      取締役会は、事業年度の期首に取締役会が決定した一定の業績指標に対して、当社グループの業績を評価する。
     これには、財務および非財務の指標が含まれ、取締役会によって毎年見直される。最終的なOne                                                  NABスコアは、質
     的事項(財務実績の質、リスク管理、人材および評判、株主の期待ならびに持続可能性および環境等)を考慮し
     て、取締役会の裁量に付される。
      2018  年度について、取締役会は、4つの均等に加重された業績指標に基づいてOne                                        NABスコアを決定した。
                                                   事業の変革

                    現金株主資本利益率              総割当株主資本利益率               (NPS  の改善および
        現金収益
                      ( 現金ROE)              (ROTAE)           生産性向上による節減
                                                 によって示される)
                 取締役会による調整後の2018年度One                  NABスコアは80%であった

                取締役会は執行役員の2018年度One                 NABスコアを70%に下方修正した
      当社グループの業績は安定していたが目標を下回った。当社の変革戦略は良好に進展し、当社グループは取締役

     会が設定した変革生産性業績指標を達成した(セクション2.6(b)の表を参照のこと)。しかし、当社は(NPSで
     測定される)顧客営業成果の取締役会による目標上昇を達成しておらず、顧客関連救済措置の改善プログラムの解
     決に関連して費用が発生した。
                                121/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      王立委員会で取り上げられた事項を含め、設定された業績指標および多数の質的指標に対して当社グループの業
     績を考慮し、取締役会は、2018年度のOne                      NABスコアを80%に決定した。
      下表は、各期間における配当支払、株価変動およびその他の資本調整を考慮に入れた過去5年間の当社グループ
     の年間財務実績および株主価値への影響を示している。
     財務業績指標                         2018       2017      2016      2015     2014

     基本的1株当たり利益(豪セント)                        215.6       228.2      242.4      271.7     214.1
     現金収益(百万豪ドル)                        5,702       6,642      6,483      6,222     5,055
     1株当たり配当金支払い額(豪ドル)                         1.98       1.98      1.98      1.98     1.96
     期首当社株価(豪ドル)                        31.50       27.87      29.98      32.54     34.32
     期末当社株価(豪ドル)                        27.81       31.50      27.87      29.98     32.54
     年間完全株主総利益率(TSR)                        ( 5.4%)       20.1%      (0.7%)      (2.0%)     0.4%
     (b)取締役会の裁量権行使後の執行役員についての削減

                            (1)
      2018  年度、グループCEOおよび上級執行役員                       について、取締役会は、One               NABスコアをさらに10%削減して
     70%にすべきであると決定した。
      取締役会は、当社が顧客にとって正しいことを確実に行うため、グループCEOおよび上級執行役員が個人および
     集団として最も責任を持ち、より多くのことを行う必要があると考え、当該決定を行なった。これは当社の中核的
     な価値観である。2018年度について、取締役会は、王立委員会でその多くが取り上げられた当社が直面している顧
     客の行動の問題に、より適切かつ迅速に対処すべきであったと考えた。取締役会は、グループCEOおよび上級執行
     役員が、優れたサービスによって顧客から信頼されるオーストラリアの主要銀行となる理想を追求して、当社グ
     ループを主導していくことを期待している。グループCEOおよび上級執行役員はこれに同意し、これを行なうこと
     を全面的に誓約している。
     業績指標            加重       成果        結果

     現金収益              25 %      95%  達成     ● 60.2億豪ドルの計画に対し              57 億豪ドル
     現金  ROE            25 %      96 % 達成     ● 12   . 2 % の計画に対し11.7%
     ROTAE              25%       95 %達成      ● 12.7%の計画に対し12.1%
     変革              25%       50%達成
                                 ● 生産性向上による節減:              300  百万豪ドルの計画に
                                   対し320百万豪ドル
                                 ● -15の優先セグメント平均NPSスコアは、目標スコア
                                   である-10を下回る(2017年8月から2018年8月)
     取締役会による調整後                      80 %
     のOne   NABスコア
     取締役会による調整後                      70 %
     の執行役員のOne        NABス
     コア
     (1)

        顧客向け商品・サービス担当グループ業務執行役員の代理を務めていた間も、変動報酬制度を含めて、以前の報酬を継
       続して受給したレイチェル・スレイドを除く。
                                122/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.7   2019年度One        NABスコアの算出方法の変更
      取締役会は、簡易性、透明性およびリスク感応度をさらに向上させるため、2019年度のOne                                                NABスコアの計算方
     法の変更を承認した。取締役会は、この変更によってリスク実績およびさらなる変動性がOne                                                 NABスコアにおいて
     より重視されると考えている。スコアは主要な財務指標および変革指標を含む数量的な指標に基づいており、引き
     続き取締役会の裁量に委ねられる。
      業績指標に対する変更が行なわれ、現金収益(25%)、リスク調整後ROTAE(50%)および変革(25%)とな
     る。2018年度と同様に、変革業績指標は、当社グループの変革戦略の成功を測る重要な指標で構成される。
     2.8   個人スコア

      事業年度の始めに、各執行役員は、特定の主要分野について当該事業年度中の執行役員に対する取締役会の期待
     を定めた個別の業績計画を取締役会から受領する。各執行役員の個別業績計画は、それぞれのBEAR説明責任表明に
     定められている説明責任を補完するものである。個別業績計画の対象となる重要な分野は、取締役会が持続可能な
     顧客、株主および事業成果を提供するための当社の戦略にとって重要だと考えている事項である。
      2018  年度の執行役員の個別業績計画には5つの主要分野があり、それぞれ均等な加重を与えられた。
       顧客営業成果          リスク       人材管理        戦略の実行         財務実績

          20 %        20 %       20 %       20 %        20 %
      各事業年度末に、取締役会は、執行役員の個別業績計画に対して執行役員の業績を評価する。また、取締役会

     は、執行役員が、当社の理想および戦略を達成するための重要な部分である当社の価値観および行動を当該事業年
     度中にどの程度実践したかを考慮する。
               当社の価値基準を実践する

                   優秀な人材
       顧客  への           共に            勇敢で
        情熱           勝利する            あること
               人々への         正しい
                敬意       ことをする
      この評価の後、各執行役員には、「未達成」、「一部達成」、「達成」、「十分に達成」および「優秀」の評価

     尺度を使用して、個別の業績評価が与えられる。その後、業績評価は、当該事業年度の執行役員の変動報酬支給結
     果を計算するために使用される個人スコアに変換される。
                                123/401







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.9   2018年の執行役員の変動報酬支給結果
     (a)グループCEOの変動報酬支給結果
      下表は、2018年度のグループCEOの実際の変動報酬支給結果ならびにその支給結果と変動報酬機会の目標および
     最大値との比較を概略している。
                              目標値に対する       最大値に対する

                                                   変動報酬繰延
                 目標変動報酬      実際の変動報酬       実際の変動報酬       実際の変動報酬       変動報酬現金
                                                    株式
                               の割合       の割合
     氏名            (豪ドル)       (豪ドル)        (%)       (%)      (豪ドル)       (豪ドル)
     アンドリュー・ソーバーン
                  4,600,000       2,093,000         45.5       30.3     837,200      1,255,800
      (b)グループCEOの業績評価および個人スコア

      取締役会は、特に、(i)変革の主導、(ii)事業者向け銀行業務および法人・機関投資家向け銀行業務の双方での
     成長の機会の追求、(iii)顧客中心の文化の構築、(iv)ビジネスリーダーの育成、(v)承継計画の積極的な管理、
     (vi)提供製品の簡素化、(vii)当社グループの技術強化のための事業変革の主導、ならびに(viii)顧客および株
     主のリスク軽減の面で、グループCEOが困難な環境の中でも堅調な成果を上げたと考えた。これらがグループCEOの
     業績の評価に関連する唯一の要因であったならば、取締役会は、グループCEOに「達成」の成果の範囲でできる限
     り高いスコアを与えることが適切であると考えたであろう。
      しかし、グループCEOは、誤りの迅速な修正、素早い顧客の救済措置および諸事項の是正における当社の失敗に
     ついて説明責任を負った。これらの失敗は当社の評判に影響を与えた。さらに、当社の元従業員および供給業者に
     よる当社に対する不正行為の疑惑の調査中に、いくつかの問題が浮かび上がった。これには、管理上の欠陥、CEO
     室の方針違反およびグループCEOの意図しないわずかな方針違反などが含まれていた。これらの問題は解決、終結
     し、取締役会も納得している。取締役会およびグループCEOはこれらの問題をすべて深刻に受け止め、グループCEO
     の個人スコアを65%に削減することが適切であると考えた。この個人スコアに取締役会調整後の70%のOne                                                        NABス
     コアを乗じると、変動報酬目標の45.5%の変動報酬支給結果が得られる。
      2018  年度について、この支給結果は、グループCEOが目標報酬総額を下回る2.51百万豪ドル(36.3%)を付与さ
     れたことを意味する。例示的配当金を含めると、これは、グループCEOの目標報酬総額を下回る3.03百万豪ドル
     (38.2%)に相当する。
                                124/401









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      以下は、グループCEOの2018年度の業績に関する取締役会の評価の要約である。
     指標               成果

     顧客               ● 顧客を中心に据えた当社グループの新たな目的を立ち上げた
     ● 顧客文化を根付かせる               ● 事業上のNPSの向上をもたらす顧客の経験
     ● 優先セグメントNPS               ● 農村および地方部の戦略の実施‐干ばつを経験している農家を先駆けて支援
                      すること(農業経営負債の相殺、延滞利息の撤廃)および干ばつ地域におけ
                      る支店閉鎖の一時停止
                    ● 顧客のロイヤルティーに報いる住宅ローンの標準変動金利戦略
                    ●   -15  の優先セグメント平均NPSスコアは、目標スコアである-10を下回る(2017
                      年8月から2018年8月)
                    ● 王立委員会で取り上げられた顧客営業成果の低さ
     財務実績               ● 60.2億豪ドルの計画に対して57億豪ドルの現金収入を達成
     ● 現金収入               ● 貸付高の増加および安定したマージンによる収益の増加
     ● 現金ROE               ● 320百万豪ドルの生産性向上による節減
     ● 生産性および投資利益               ● 資本:「疑いなく堅固」への明確な道筋
     ● バランスシートの健全性               ● 十分に管理されたマージン
                    ● 安定した資産の質
     リーダーシップおよび人材               ● 事業者向け銀行業務、リスクおよび営業における人材能力への多額の投資、
     ● 人材管理                 世界クラスの技術チームの構築
     ● バンカー能力の育成               ● 強力な承継計画の結果としての主要上級執行役員の任命
     ● 従業員エンゲージメント               ● 新しいE.P.I.Cリーダーシップ・フレームワークの立ち上げを含むリーダー
     ● 性別多様性指標                 シップ能力への注力
                    ● 54%の従業員のエンゲージメントスコアは、当社グループの2018年度目標を
                      下回り、上位25%に入っていないが、中期的確認時の48%からは改善がみら
                      れた
                    ● 2018年度の性別多様性の指標を達成していないが、2020年度の目標に向けて
                      進展している
     戦略の提供               ● 3年間の変革アジェンダの1年目の完了(1年目の簡素化の目標の達成を含
     ● 戦略マイルストーン                 む)
                    ● 改善された顧客体験を推進するための3年間の技術および人材戦略の1年目
                      の完了
                    ● 最善の事業者向け銀行戦略は明確であり、中小企業への貸付は主要な同業他
                      行の平均の2倍を上回った
                    ● 資産運用戦略は明確で、MLCの売却計画およびJBWere、プライベートバンキン
                      グ業務およびナブトレードによるさらに焦点を絞った提供
     リスク               ● リスク管理の水準および成果の引き上げおよび改善について、トップから
     ● リスク枠組みの遵守                 ロールモデルおよび強い意向を示した
                    ● リスク管理の優先事項の進展とリスク枠組みの適切性と営業効率の向上
                    ● 統制、救済措置および評判によいてさらなる改善が求められており、王立委
                      員会で取り上げられた事項について迅速な救済措置が必要である
     価値観               ● 取締役会は、リーダーシップ、価値観および行動を一貫して実践したと評価
     ● 当社の価値観と行動の実                 された
       践
     総合評価               達成
                                125/401





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     (c)上級執行役員の変動報酬支給結果
      下表は、2018年度の各上級執行役員の実際の変動報酬支給結果ならびに支給結果の変動報酬機会と目標値および
     最大値との比較を概説している。個々のスコアの差異は、個別業績計画の主要分野における各上級執行役員の業績
     の差異を反映している。
                                  目標値に対       最大値に対

                            実際の     する実際の       する実際の       変動報酬       変動報酬
                   目標  変動報酬
                            変動報酬      変動報酬の       変動報酬の        現金      繰延株式
                                   割合       割合
     氏名               (豪ドル)       (豪ドル)       (%)      (%)     (豪ドル)       (豪ドル)
     マイク・ベアード                2 , 040,000     1 , 428,000        70.0      46.7     571  , 200     856,800
     シャロン・クック                1 , 080,000      907,200        84.0      56.0     362,880       544,320
     デイビッド・ゴール                1 , 560,000      764,400        49.0      32.7     305,760       458,640
     アンドリュー・ハガー
                      2 , 040,000      357,000        17.5      11.7     142,800       214,200
     (1)
     アンソニー・ヒーリー                2 , 040,000     1 , 428,000        70.0      46.7     571,200       856,800
     ゲイリー・レノン                1 , 870,000     1 , 047,200        56.0      37.3     418,880       628,320
     アンジェラ・メンティス                2 , 040,000     1 , 428,000        70.0      46.7     571,200       856,800
     ロレーン・マーフィー                1 , 360,000      714,000        52.5      35.0     285,600       428,400
     レイチェル・スレイド
                       40,306      48,367       120.0       80.0     19,347       29,020
     (2)
     パトリック・ライト                2 , 550,000     2,677,500         105.0       70.0    1 , 071,000      1 , 606,500
     元上級執行役員
     アントニー・ケーヒル                     ‐      ‐       ‐      ‐       ‐       ‐
     (1)
        2018  年11月14日に当社での雇用を終了したハガー氏は、繰延期間の終了時に変動報酬繰延株式部分を現金で受領する予
       定であり、その支払いは、変動報酬繰延株式と同様の失権、繰延延長およびクローバック条件の対象となる。
     (2)
        スレイド氏は、顧客向け商品・サービス担当グループ業務執行役員の代理を務めていた間も、以前の役職の報酬の取り
       決めを継続した。表示されている金額は、スレイド氏がKMPを務めていた2018年度の一部に関連する。
      上級執行役員の個人の支給結果は、顧客営業成果、当社グループおよび部門別財務実績、人材管理の成果、戦略

     の実行およびリスクに対する個人の業績を反映して、17.5%から105%(アントニー・ケーヒルおよびレイチェ
     ル・スレイドを除く。)の間で変動した。また、取締役会は、顧客、リスクおよび評判の問題のため、特定の執行
     役員の個人スコアについて数多くの引下げを行った。
     2.10   変動報酬繰延株式の割当方法

      グループCEO(株主承認の対象となる。)およびその他の上級執行役員に割り当てられる変動報酬繰延株式の数
     は、額面価額を用いて決定された。具体的には、執行役員の実際の変動報酬支給結果の60%を27.63豪ドル(2018
     年9月24日から9月28日(同日を含む。)までの期間の当社の加重平均株価)で割ることで決定された。執行役員
     が割り当てられた変動報酬繰延株式から受領する実際の価値は、4年間の繰延期間の終了時に権利確定する変動報
     酬繰延株式数、当該時点の当社株価および繰延期間中に当社が支払う配当によって決定する。
                                126/401






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.11   株式保有義務の要件
                                                          (1)
      執行役員は、KMPとしての雇用開始から5年間にわたり、下記に相当する額に達するまで、当社株式                                                      を蓄
     積・保持する義務を負う。
     ● グループCEOについては、固定報酬の2倍

     ● その他上級執行役員については、固定報酬の1倍
      新たな執行役員の報酬体制は、株式保有要件が2年以内に超過し維持されるよう、繰延水準(目標)を設定す

     る。執行役員が4年間にわたって変動報酬目標の100%を毎年受領した場合、現在の年間固定報酬の要素として受
     け取ることになる変動報酬繰延株式の金額(株価変動の影響を受ける。)は、以下のとおりである。
     ● グループCEOについては、4.8倍

     ● 最高リスク管理担当役員および最高法務・商務担当カウンシルについては、2.9倍
     ● その他のすべての上級執行役員については、4.1倍
     (1)

        執行役員が保有する当社株式、当社の従業員株式制度に基づき受領され権利確定済であり執行役員によって保持される
       株式、権利未確定の繰延STI業績連動型新株引受権ならびに変動報酬繰延株式を含む。
                                127/401













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.12   実現報酬
      下表は、2018年度に執行役員が受領した(または受領する資格を有していた)実現報酬を示す自主的な法定外の
     開示である。示される金額は、固定報酬、2018年度について支払われる現金変動報酬、権利確定した前年度の繰延
     STI、2018年度中に権利確定したLTIおよびその他の株式報酬(TSR業績基準が部分的に達成された後、2017年12月
     に部分的に権利確定した2012年度LTIを含む。)を含む。株式報酬の価値は、権利確定日または失権日もしくは失
     効日の当社の株価の終値を用いて計算されている。すべての金額が会計基準に従って作成されているわけではな
     く、この情報は、会計基準に従って権利確定済および未確定の報酬の費用を示している法定報酬表(セクション
     5.1)と異なる。
                      2018  年度関連報酬             過年度の関連報酬

                                            権利確定/
                                  権利確定     権利確定     支払済の           失権/
                     固定   変動報酬          した繰延       した   その他の          失効した
                                                 実現報酬
                     (1)    (2)          (3)     (4)     (5)          (6)
                   報酬    現金           STI     LTI     報酬          株式
                               合計                    総額
     氏名             (豪ドル)     (豪ドル)     (豪ドル)     (豪ドル)     (豪ドル)     (豪ドル)     (豪ドル)     (豪ドル)
     グループCEO
     アンドリュー・ソーバーン             2, 282,511     837,200    3, 119,711    1,670,292    1,412,502       -  6,202,505     (752,048)
     上級執行役員
     マイク・ベアード             1,222,965      571,200    1,794,165        -     -     -  1,794,165        -
     シャロン・クック              803,013     362,880    1,165,893        -     -     -  1,165,893        -
     デイビッド・ゴール             1,306,557      305,760    1,612,317      452,510     337,275       -  2,402 ,102   (179,535)
              (7)
                   1,198,529      142,800    1,341,329      816,715    1,329,400        -  3, 487,444     (707 ,810 )
     アンドリュー・ハガー
     アンソニー・ヒーリー             1,519,003      571,200    2, 090,203     587,547     197,935      1,101   2,876,786     (105 ,310 )
     ゲイリー・レノン             1,104,291      418,880    1,523,171      307,852     381,274     123,677    2, 335,974     (202 ,961 )
     アンジェラ・メンティス             1,583,239      571,200    2, 154,439     680,287     293,276     557,189    3, 685 ,191   (156 ,140 )
     ロレーン・マーフィー              763,351     285,600    1,048,951      215,484       -   298,228    1,562,663        -
     レイチェル・スレイド
                    52,665     19,347     72,012       -     -     -   72,012       -
     (年度の一部)
     パトリック・ライト             1,734,833     1,071,000    2, 805,833       -     -   698,852    3, 504,685       -
     元上級執行役員
     アントニー・ケーヒル
                   1,109,554        -  1,109,554      742,462     281 ,575   557 ,189  2, 690,780    (7, 715,95   2)
     (年度の一部)
     (1)
        固定報酬には、現金給与、非金銭給付の現金価値、ならびにセクション5.1の法定報酬表と一致した年金額およびその他
       の長期給付が含まれる。
     (2)
        2018  年度について付与される変動報酬の現金部分は、オーストラリアでは2018年12月12日に、ニュージーランドでは
       2018年11月28日に支払われた。
     (3)
        2017  年11月に完全に権利確定した2015年度のトランシェ2および2016年度のトランシェ1からのSTIプログラムの繰延
       STI金額。
     (4)
        権利確定した2012年度LTI業績連動型新株引受権の価値。2012年度LTI業績連動型新株引受権は、2017年12月に部分的に
       権利確定した。詳細はセクション4に記載されている。
     (5)
        2018  年度中に権利確定しまたは支払われた報酬に関連する金額。これには、過年度からの株式ベースのプログラム
       ((3)で言及された繰延STI株式および(4)で言及されるLTI業績連動型新株引受権を除く。)が含まれる。この金額
       には、2016年3月にレノン氏に提供されたカスタマー・アドボカシー報奨(CAI)株式、2014年12月にヒーリー氏に提供さ
       れ2017年12月に完全に権利確定した通常の従業員株式、2016年にケーヒル氏およびメンティス氏に提供され2018年7月に
       完全に権利確定した留任報酬、2018年9月に完全に権利確定したマーフィー氏の雇用開始報酬の最終トランシェならびに
       2018年3月に支払われたライト氏の雇用開始報酬の第3トランシェが含まれる。権利未確定の株式報酬について2018年度
       中に執行役員が受領した配当金も含まれている。金額は、2017年度の最終配当99豪セント(2017年11月10日の基準日)お
       よび2018年度の中間配当99豪セント(2018年5月16日の基準日)のために計算される。これらの配当金は、100%税額控除
       の対象となる。
                                128/401




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     (6)
        金額には、適格な執行役員に対する失効した2012年度LTI業績連動型新株引受権の価値、ハガー氏の雇用終了時に失効し
       たLTI業績連動型新株引受権、退任時に失効したケーヒル氏のSTI業績連動型新株引受権およびLTI業績連動型新株引受権が
       含まれる。
     (7)
        ハガー氏は、2018年10月1日にKMPを退任し、2018年11月14日に当社グループでの雇用を終了した。ハガー氏は、雇用終
       了時に退職金(同氏の契約に基づく雇用終了手当であった。)の支払いを受けた。
     セクション3-報酬ガバナンスおよび体制

     3.1   報酬委員会の役割

      当委員会は、良好な顧客営業成果、持続可能な企業営業成果を奨励し、長期的な株主利益を向上させ、強力な文
     化を構築し、適用ある規制要件および世界的な規制傾向に従う報酬方針および慣行の審査、評価および取締役会へ
     の勧告について責任を負っている。当委員会は、その責任の遂行に当たりすべての利害関係者の利益を考慮する。
     3.2   2018年度の当委員会活動

      2018  年度において、当委員会の活動は以下のものを含んでいた。
     ● 当社の執行役員の報酬の体制および慣行の戦略上の審査を完遂すること。変更は、BEARを含む法令に従う。
     ● 2020年の要件に先立ち、多数の従来の売上ベースの報酬制度の停止を承認し、セジウィック・レポートのリ
       テール・バンキング報酬関連の勧告の2018年10月1日以降の遵守を達成すること。
     ● 当社グループのリスク選好、望まれる文化、行動規範または価値基準と矛盾する行動の実行、規制および健全
       性に関する違反ならびに事件の結果管理の成果を監視すること。
     ● 個人リスク管理実績および個人変動報酬の成果への影響を検討すること。2018年度に関しては、取締役会は自
       身の裁量を行使し、顧客、リスクおよび評判に関する事象の結果、過去の執行役員を含む多数の個人への繰延
       変動報酬を失権させた。
     ● リスク管理体制、リスク選好および質的要因に対する当社グループの財務成績の全般的な健全性を考慮の上、
       (取締役会のリスク委員会の協力を得て)取締役会への当社グループ報酬成果勧告を検討すること。                                                     これに
       は、健全性要件の遵守、違反および事件、上申の適時性、ならびに事件および違反の管理についての検討が含
       まれた。顧客、リスクおよび評判への影響も検討された。これにより、取締役会は、当社グループのOne                                                       NAB
       スコアを80%に決定し、さらに執行役員ついては70%に引き下げた。
     ● 2018年度の当委員会に付託された権限の拡大の一環として厳選された人材戦略に関する議題を検討すること。
       この拡大は、大規模な変革の時期に当社グループの人材戦略へのより深い注力を促進することを目的としてい
       た。
     &