有馬冨士開発株式会社 半期報告書 第56期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書-第56期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:有馬冨士開発株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    半期報告書

      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年12月25日
      【中間会計期間】                    第56期中(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    有馬冨士開発株式会社
      【英訳名】                    Arimafuji     Kaihatsu     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  大島 均
      【本店の所在の場所】                    兵庫県三田市香下字ユルシケ谷2003番地
      【電話番号】                    079(563)2362
      【事務連絡者氏名】                    副支配人             吉田 公昭
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県三田市香下字ユルシケ谷2003番地
      【電話番号】                    079(563)2362
      【事務連絡者氏名】                    副支配人             吉田 公昭
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       提出会社の経営指標等
              回次            第54期中       第55期中       第56期中        第54期       第55期
                         自平成28年       自平成29年       自平成30年       自平成28年       自平成29年

                          4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
             会計期間
                         至平成28年       至平成29年       至平成30年       至平成29年       至平成30年
                          9月30日        9月30日        9月30日        3月31日        3月31日
                    (千円)       209,897       226,665       196,428       397,038       415,104
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)        14,083       24,510      △ 308,851        14,361       24,641
     中間(当期)純利益又は中間純
                    (千円)        13,040       20,839      △ 310,890        11,356       20,457
     損失(△)
     持分法を適用した場合の投資
                    (千円)          -       -       -       -       -
     利益
                    (千円)        77,385       77,385       77,385       77,385       77,385
     資本金
                    (千株)        1,902       1,902       1,902       1,902       1,902
     発行済株式総数
                    (千円)      2,504,151       2,523,308       2,212,036       2,502,468       2,522,926
     純資産額
                    (千円)      2,824,163       3,175,908       2,815,448       3,210,858       3,151,663
     総資産額
                    (円)       733.77       763.79       609.53       741.73       787.53
     1株当たり純資産額
     1株当たり中間(当期)純利
     益金額又は1株当たり中間純               (円)        7.86       12.55      △ 187.28        6.84       12.32
     損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり中
                    (円)         -       -       -       -       -
     間(当期)純利益金額
                    (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (%)        88.7       79.5       78.6       77.9       80.1
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)        34,835       44,975       12,390       67,334       58,777
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 1,962      △ 42,162      △ 49,960      △ 275,362       △ 53,009
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 23,544      △ 15,516      △ 18,762       312,729       △ 33,599
     フロー
     現金及び現金同等物の中間期
                    (千円)        43,635       126,304        54,842       139,008       111,176
     末(期末)残高
     従業員数                        25       20       18       19       21
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 28 )     ( 22 )     ( 24 )     ( 26 )     ( 25 )
      (注)1.当社は中間連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
           は記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益は、該当する関連会社がありませんので記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
           せん。
                                  2/29




                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】
        当中間会計期間において、当社が営む事業の内容について重要な変更はありません。また、主要な関係会社におけ
        る異動もありません。
      3【関係会社の状況】

        当中間会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
      4【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況                   平成30年9月30日現在
        従業員数(人)                  18(24)

      (注) 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー)は、当中間会計期間の平均人数を( )外数で
          記載しております。
       (2)労働組合の状況

         当社の労働組合は昭和46年4月6日に結成された単一の労働組合であります(組合の名称は:有馬冨士開発労働
        組合)。上部団体は連合(UAゼンセン同盟)であり、組合員数は12名であります。
                                  3/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
         当中間連結会計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等若しくは経営上の目標の達成
        状況を判断するための客観的な指標等に重要な変更はありません。
         また、新たに定めた経営方針・経営戦略等若しくは指標等はありません。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当中間連結会計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありませ
         ん。
         また、新たに生じた事業上及び財務上の対処すべき課題はありません。
      2【事業等のリスク】

        当中間会計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありま
       せん。
        当中間会計期間において新たに発生した事業等のリスクは、次のとおりであります。なお、以下の見出しに付され
       た項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事業の状況 2 事業等のリス
       ク」の項目番号に対応したものです。
       (5)重要事象等

        当社は当中間会計期間において中間純損失310,890千円を計上しており、当事業年度においても当期純損失を計上
       することが見込まれております。また、当中間会計期間のキャッシュ・フローはマイナスとなっており、当事業年度
       もマイナスとなることが見込まれております。
        加えて、当社の営業上重要な財産について、関係会社等の資金調達に関連して担保権が設定されており、その実行
       が不明な状況となっております。そのため、当社は可能な限りの支援を関係会社等に行っておりますが、営業キャッ
       シュ・フローを大きく超過する支援を実施することが必要となっており、当社の今後の資金環境は厳しい状況になる
       ことが見込まれます。
        これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事情又は状況が存在しております。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       業績等の概要
       (1)業績
         当中間会計期間におけるわが国経済は、海外経済の回復が続く下、後段で示す政策効果もあいまって、雇用・
        所得環境の改善が続き、経済の好循環が更に進展する中で、民需を中心とした景気回復が見込まれます。
        物価については、景気回復により、需要が引き締まる中で上昇し、デフレ脱却に向け前進が見込まれます。
        この結果、平成30年度の実質GDP成長率は1.8%程度、名目GDP成長率は2.5%程度と見込まれます。
         また、消費者物価は1.1%程度の上昇と見込まれます。
         一方、わがゴルフ業界におきましては、国内景気が回復に向かいつつある中で、ゴルフがオリンピックの正式
        種目に決まり、ゴルフ熱の高まりを期待するところではありますが、依然、少子高齢化の波は如何ともしがたく、
        今後とも各ゴルフ場の生き残りをかけた競争は、ますます激化するものと覚悟しなければなりません。特に、プ
        レー費の価格下落には歯止めがかからない状況です。
         このような状況下で、当社におきましては、来場者の増加並びに黒字体質の維持と経営基盤の安定を図るべく従
        業員一同傾注しております。顧客満足度を高めるために、サービスの原点であります「顧客第一主義」の徹底を、
        従来にも増して実施し、来場されたお客様が「楽しんでプレーされて、喜んで帰っていただける」ように、従業員
        一人ひとりがそれぞれの持ち場でお客様の立場に立って、誠意を持って対応するとともに、お客様のご意見・ご要
        望に対しては迅速に対応するよう努めてまいりました。
         その結果、当中間会計期間の来場者は24,341名となり、前年同期比3,231名の減少となりました。営業収入は来
        場者数の減少により196,428千円(前年同期比13.3%減)となりました。
         また、損益面では営業外費用の貸倒引当金繰入額307,082千円により308,851千円の経常損失(前年同期は経常利
         益24,510千円)となりました。中間純損失は310,890千円(前年同期は経常利益20,839千円)となりました。
                                  4/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       (2)キャッシュ・フロー
         当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ56,333千円減少
        し、当中間会計期間末には54,842千円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間会計期間における営業活動の結果、獲得した資金は12,390千円(前年同期比72.4%減)となりました。
          これは主に貸倒引当金の増加額307,082千円と税引前中間純損失308,851千円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間会計期間における投資活動の結果、使用した資金は49,960千円(前年同期比18.5%増)となりました。
          これは主に関係会社貸付けによる支出48,417千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          当中間会計期間における財務活動の結果、使用した資金は18,762千円(前年同期比20.9%増)となりました。
          これは主に長期借入金の返済による支出14,571千円及びリース債務の返済による支出4,191千円によるもので
          あります。
                                  5/29
















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       営業の実績
       (1)入場者数
              年 度       前中間会計期間              当中間会計期間
                   (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日                前年同期比(%)
      内 訳              至 平成29年9月30日)              至 平成30年9月30日)
        メンバー(人)                     3,589              3,193              89.0

        ビジター(人)                    23,983              21,148               88.2
         合 計(人)                    27,572              24,341               88.3

       (2)営業収入

              年 度       前中間会計期間              当中間会計期間
                   (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日                前年同期比(%)
      内 訳              至 平成29年9月30日)              至 平成30年9月30日)
      来場者収入

       メンバーフィー(千円)                      5,154              4,704              91.3

       ビジターフィー(千円)                     88,055              75,064               85.2

       キャディフィー(千円)                     92,451              82,000               88.7

       競技参加料(千円)                      3,182              2,067              65.0

       その他(千円)                      8,465              6,745              79.7

       来場者収入計(千円)                     197,309              170,580               86.5

      年会費収入

       会費(千円)                     15,382              14,145               92.0

       年会費収入計(千円)                     15,382              14,145               92.0

      登録手数料収入

                              10              8

       件数                                                  80.0
       登録手数料収入
                             2,500              2,000              80.0
       (千円)
       登録手数料収入計
                             2,500              2,000              80.0
       (千円)
      その他の収入
       食堂・売店施設利用料
                            11,473              9,702              84.6
       (千円)
       その他の収入計(千円)                     11,473              9,702              84.6
      営業収入合計(千円)                      226,665              196,428               86.7

      (注) 上記金額には消費税等は含まれておりません。
                                  6/29






                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
       (1)   重要な会計方針及び見積り
         当社の中間財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。
       (2)財政状態

        ①資産の部
         資産合計は2,815,448千円(前事業年度3,151,663千円)となり、336,215千円減少しました。
         これは、現金及び預金が56,333千円減少したことが主な要因であります。
        ②負債・純資産の部
         負債合計は603,412千円(前事業年度628,736千円)となり、25,324千円減少しました。
         これは、未払金が11,015千円減少したことが主な要因です。
         純資産合計は2,212,036千円(前事業年度2,522,926千円)となり、310,890千円減少しました。
         これは中間純損失310,890千円によるものであります。
       (3)経営成績の分析

         当中間会計期間の経営成績は、来場者数24,341名で前年同期比3,231名の減少により、営業収入は
         196,428千円で前年同期比30,237千円の減少となりました。
       (4)キャッシュ・フローの状況

         キャッシュ・フローの状況につきましては、「業績等の概要(2)キャッシュ・フロー」に記載しております。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因について

         わが国経済は、海外経済の回復が続く下、後段で示す政策効果もあいまって、雇用・所得環境の改善が続き、
        経済の好循環が更に進展する中で、民需を中心とした景気回復が見込まれます。
         物価については、景気回復により、需要が引き締まる中で上昇し、デフレ脱却に向け前進が見込まれます。
         この結果、平成30年度の実質GDP成長率は1.8%程度、名目GDP成長率は2.5%程度と見込まれます。また
        消費者物価は1.1%程度の上昇と見込まれます。
         一方、わがゴルフ業界におきましては、国内景気が回復に向かいつつある中で、ゴルフがオリンピックの正式種
        目に決まり、ゴルフ熱の高まりを期待するところではありますが、依然、少子高齢化の波は如何ともしがたく、今
        後とも各ゴルフ場の生き残りをかけた競争は、ますます激化するものと覚悟しなければなりません。特に、プレー
        費の価格下落には歯止めがかからない状況です。
         現在かかえている深刻な問題としては、団塊の世代が約800万人いると言われていますが、高齢者の仲間入り
        を果たし、年金の先細りや、体力の低下で、今後、ゴルフ人口が漸減することです。当然、各ゴルフ場の生き残り
        をかけた競争は、激化する事は必至であり、決して楽観できる状況ではありません。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  7/29







                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】
      1【主要な設備の状況】
        当中間会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      2【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等
        該当事項はありません。
                                  8/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            1,800,000

       優先株式                                             300,000

                  計                                2,100,000

        ②【発行済株式】

              中間会計期間末現在発行
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                  数(株)
                            (平成30年12月25日)
                                        取引業協会名
               (平成30年9月30日)
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     普通株式              1,660,000             1,660,000            非上場
                                                      りません。
                                                      (注)1,2
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
                                                      りません。
     優先株式               242,377             242,377           非上場
                                                      (注)1,2
                                                         3,4
         計           1,902,377             1,902,377             -           -
      (注)1.当社の株式を譲渡するには、株主総会の承認を要します。
         2.当社の株式(自己株式の処分による株式を含む。)の募集において、募集株式の種類が譲渡制限株式である
           ときは、当該種類の株式の募集事項の決定は、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の決
           議を要しません。
         3.優先株式は現物出資(入会金相当額の受入)によって、発行されたものであります。
         4.優先株式の内容は次のとおりであります。
          (1) 残余財産の分配
             (イ)当社は、残余財産を分配するときは、優先株主に対し普通株主に先立ち、その優先株式の発行価額
               相当額を支払う。
             (ロ)優先株主は、前項の優先分配が行われた後の残余の財産に対しては、分配を受ける権利を有しな
               い。
          (2) 議決権
             優先株主は、株主総会における議決権を有しない。
          (3) 議決権を有しないこととしている理由
             入会金の株式化を実施するにあたり、既存株主への影響並びに経営の安定化を考慮したためでありま
             す。
          (4) 剰余金の配当
             優先株主は、剰余金の配当請求権を有しない。
         (5)   会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
             会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                  9/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      平成30年4月1日~

                    -
                         1,902,377          -          77,385         -          1,750
     平成30年9月30日
       (5)【大株主の状況】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                       所有株式数(株)
                                                     (自己株式を
                                                     除く。)の総
        氏名又は名称                住所
                                                     数に対する所
                                                     有株式数の割
                                  普通株式       優先株式        合計
                                                     合(%)
     株式会社アイランドゴル
                  愛知県名古屋市中区栄町1-2-7                1,660,000          -   1,660,000          90.85
     フ
                  東京都中央区新川1-23-4                    -     1,940       1,940        0.10
     日鉄住金物流株式会社
     日鉄住金レールウェイテ
                  大阪市此花区島屋5-1-109                    -     1,120       1,120        0.06
     クノス株式会社
                  大阪市北区東天満2-6-5                    -     1,120       1,120        0.06
     宝産業株式会社
                  東京都品川区西五反田7-1-1
     住友重機械エンバイロメ
                                      -     1,120       1,120        0.06
     ント株式会社
                  東京都港区三田1-4-28
     NECネクサソリューショ
                                      -      920       920       0.05
     ンズ株式会社
                  大阪市西区立売堀5-8-11                    -      746       746       0.04
     住電商事株式会社
                  東京都中央区佃2-1-6                    -      740       740       0.04
     三井住友建設株式会社
     日鉄住金精密加工株式会
                  大阪府柏原市河原町1-22                    -      700       700       0.03
     社
                  東京都中央区日本橋小網町1-8                    -      700       700       0.03
     住化アルケム株式会社
                         -         1,660,000         9,106    1,669,106          91.35

          計
      (注)上記のほか、自己株式(優先株式)が75,279株あります。
       なお、所有株式に係る議決権の個数は以下のとおりであります。

                                                  平成30年9月30日現在
                                                   総株主の議決権に対
                                          所有議決権数
                                                   する所有議決権数の
         氏名又は名称                    住所
                                           (個)
                                                   割合(%)
                    愛知県名古屋市中区栄1-2-7                        1,660,000            100.00

     株式会社アイランドゴルフ
                             -              1,660,000            100.00
           計
                                 10/29




                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

                                                 「1(1)②発行済株
      無議決権株式                   優先株式 242,377                 -       式」の「(注4)」
                                                 の記載を参照
      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                 権利の内容につき何
      完全議決権株式(その他)                   普通株式 1,660,000                1,660,000
                                                 らの制限もない株式
      単元未満株式                        -            -            -
      発行済株式総数                        1,902,377            -            -

      総株主の議決権                        -           1,660,000            -

        ②【自己株式等】

                                                 平成30年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は          所有者の住所        自己名義所有株式         他人名義所有株式         所有株式数の合計
                                                   対する所有株式数
        名称                 数(株)         数(株)          (株)
                                                    の割合(%)
         -         -         -         -         -         -

         計         -         -         -         -         -

      2【株価の推移】

        当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
      3【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日において、役員の異動はありません。
                                 11/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】
      1.中間財務諸表の作成方法について
        当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)
       に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月
       30日まで)の中間財務諸表について、矢野公認会計士事務所 公認会計士 矢野武夫により中間監査を受けておりま
       す。
       なお、当社の監査人は次のとおり交代しております。
       第55期事業年度の財務諸表  仰星監査法人
       第56期中間会計期間の中間財務諸表 矢野公認会計士事務所 公認会計士 矢野武夫
      3.中間連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、中間連結財務諸表を作成しておりません。
                                 12/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      1【中間財務諸表等】
       (1)【中間財務諸表】
        ①【中間貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        111,176               54,842
         現金及び預金
                                         5,000              49,082
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                         21,514              21,338
         未収入金
                                         5,803              5,620
         商品
                                           102              948
         前払費用
                                         1,495                -
         繰延税金資産
                                         1,028                -
         その他
                                           -           △ 49,082
         貸倒引当金
                                        146,120               82,750
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※1 1,096,067             ※1 1,102,083
          建物
                                       △ 801,319             △ 810,324
            減価償却累計額
                                       ※1 294,748             ※1 291,758
            建物(純額)
          構築物                              817,750              818,960
                                       △ 587,531             △ 594,515
            減価償却累計額
            構築物(純額)                             230,218              224,445
                                        110,928              111,295
          機械及び装置
                                       △ 103,377             △ 103,825
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                              7,550              7,469
                                         11,120              10,920
          車両運搬具
                                        △ 10,575             △ 10,604
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               545              316
          工具、器具及び備品                              128,186              128,318
                                        △ 99,500             △ 101,324
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             28,686              26,994
                                       ※1 568,380             ※1 568,380
          土地
                                      ※1 1,584,676             ※1 1,584,676
          コース勘定
                                         38,152              38,446
          リース資産
                                        △ 17,706             △ 21,551
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             20,446              16,895
                                       2,735,252              2,720,936
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,268              1,900
          リース資産
                                           145              145
          その他
                                         2,414              2,046
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         2,000              2,000
          出資金
                                         6,563              6,483
          差入保証金
                                         1,312              1,232
          長期前払費用
                                        258,000              258,000
          関係会社長期貸付金
                                           -           △ 258,000
          貸倒引当金
                                        267,875               9,715
          投資その他の資産合計
                                       3,005,542              2,732,698
         固定資産合計
                                       3,151,663              2,815,448
       資産合計
                                 13/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         30,499              16,114
         買掛金
                                        ※1 29,416             ※1 29,942
         1年内返済予定の長期借入金
                                         8,771              8,903
         リース債務
         未払金                                14,997               3,982
                                         1,111               568
         未払法人税等
                                                      ※2 8,171
                                         1,746
         未払消費税等
                                         3,211              3,087
         預り金
                                         3,900              3,900
         賞与引当金
                                         93,656              74,671
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※1 494,435             ※1 479,338
         長期借入金
                                         15,719              11,713
         リース債務
                                         13,343              14,606
         退職給付引当金
                                           -            12,000
         その他の引当金
                                         9,750              9,750
         入会金
                                         1,832              1,332
         その他
                                        535,080              528,741
         固定負債合計
                                        628,736              603,412
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         77,385              77,385
         資本金
         資本剰余金
                                         1,750              1,750
          資本準備金
                                       3,174,635              3,174,635
          その他資本剰余金
                                       3,176,385              3,176,385
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         40,000              40,000
            別途積立金
                                       △ 412,093             △ 722,983
            繰越利益剰余金
                                       △ 372,093             △ 682,983
          利益剰余金合計
                                       △ 358,750             △ 358,750
         自己株式
         株主資本合計                               2,522,926              2,212,036
       純資産合計                                2,522,926              2,212,036
                                       3,151,663              2,815,448
      負債純資産合計
                                 14/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        ②【中間損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        226,665              196,428
      営業収入
                                       ※1 199,278             ※1 182,853
      営業費用
                                         27,387              13,574
      営業利益
                                        ※2 5,279             ※2 5,972
      営業外収益
                                        ※3 8,155            ※3 328,398
      営業外費用
      経常利益又は経常損失(△)                                   24,510             △ 308,851
                                        ※4 3,128
                                                         -
      特別損失
      税引前中間純利益又は税引前中間純損失(△)                                   21,381             △ 308,851
      法人税、住民税及び事業税                                     543              543
                                           -             1,495
      法人税等調整額
                                           543             2,038
      法人税等合計
      中間純利益又は中間純損失(△)                                   20,839             △ 310,890
                                 15/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        ③【中間株主資本等変動計算書】
          前中間会計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                 株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                                        純資産合計
                                 その他利益剰余金                  株主資本
              資本金                                 自己株式
                   資本準備     その他資     資本剰余              利益剰余         合計
                   金     本剰余金     金合計         繰越利益     金合計
                                別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高          77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 432,551    △ 392,551    △ 358,750    2,502,468     2,502,468
     当中間期変動額
      中間純利益                                20,839     20,839         20,839     20,839
     当中間期変動額合
                 -     -     -     -     -   20,839     20,839      -   20,839     20,839
     計
     当中間期末残高
               77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 411,711    △ 371,711    △ 358,750    2,523,308     2,523,308
          当中間会計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

                                                       (単位:千円)
                                 株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                                        純資産合計
                                 その他利益剰余金                  株主資本
              資本金                                 自己株式
                   資本準備     その他資     資本剰余              利益剰余         合計
                   金     本剰余金     金合計         繰越利益     金合計
                                別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高          77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 412,093    △ 372,093    △ 358,750    2,522,926     2,522,926
     当中間期変動額
      中間純損失(△)                               △ 310,890    △ 310,890         △ 310,890    △ 310,890
     当中間期変動額合
                 -     -     -     -     -  △ 310,890    △ 310,890       -  △ 310,890    △ 310,890
     計
     当中間期末残高          77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 722,983    △ 682,983    △ 358,750    2,212,036     2,212,036
                                 16/29










                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        ④【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前中間純利益又は税引前中間純損失(△)                                  21,381             △ 308,851
                                         22,691              22,620
       減価償却費
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 △ 8,614              1,262
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    -            307,082
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                    -            12,000
                                        △ 4,741             △ 5,036
       受取利息及び受取配当金
                                         8,110              9,154
       支払利息
                                         3,128                -
       固定資産除却損
       営業債権の増減額(△は増加)                                   995              374
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 327              183
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  3,610             △ 14,385
                                         7,934             △ 1,739
       その他
                                         54,168              22,665
       小計
       利息の支払額                                 △ 8,110             △ 9,192
                                            3              3
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 1,086             △ 1,086
       法人税等の支払額
                                         44,975              12,390
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -           △ 48,417
       関係会社貸付けによる支出
                                         2,000                -
       関係会社貸付金の回収による収入
                                        △ 42,082              △ 6,713
       有形固定資産の取得による支出
                                           -             5,089
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 2,000                -
       出資金の払込による支出
                                          △ 80              -
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           -              80
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 42,162             △ 49,960
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,726             △ 4,191
       リース債務の返済による支出
                                        △ 11,790             △ 14,571
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 15,516             △ 18,762
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 12,703             △ 56,333
                                        139,008              111,176
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 126,304              ※ 54,842
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 17/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
           当社は当中間会計期間において中間純損失310,890千円を計上しており、当事業年度においても当期純損失
          を計上することが見込まれております。また、当中間会計期間のキャッシュ・フローはマイナスとなってお
          り、当事業年度もマイナスとなることが見込まれております。
           加えて、当社の営業上重要な財産について、関係会社等の資金調達に関連して担保権が設定されており、そ
          の実行が不明な状況となっております。そのため、当社は可能な限りの支援を関係会社等に行っております
          が、営業キャッシュ・フローを大きく超過する支援を実施することが必要となっており、当社の今後の資金環
          境は厳しい状況になることが見込まれます。
          これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
           当社及び関係会社等は、当該事象または状況を解消すべく、資金収支を改善する計画を策定し、当該計画に
          基づく施策を実行しております。しかしその結果は未だ不明確であり、継続企業の前提に関する重要な不確実
          性が認められます。
          なお、中間財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を
          中間財務諸表に反映しておりません。
         (重要な会計方針)

          1. たな卸資産の評価基準及び評価方法
              商品
               最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)によっております。
          2. 固定資産の減価償却の方法
           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                 建物    15~50年
                 構築物   15~45年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)
              自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
             ります。
           (3)リース資産
              所用権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          3. 引当金の計上基準
           (1)貸倒引当金
              債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
             ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金
              従業員賞与の支払に充てるため、支給見込額の当中間会計期間負担額に基づき計上しております。
           (3)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務(当事業年度末時点の自己都合
             要支給額を退職給付債務とする簡便法)及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において発
             生していると認められる額を計上しております                      。
           (4)その他の引当金
             (関係会社支援損失引当金)
              関係会社等の支援に対する損失に備えるため、当該会社の財政状態を勘案し、損失見込み額を計上し
              おります。
          4. 中間キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          5. その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
             消費税等の会計処理
              税抜方式によっております。
                                 18/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (中間貸借対照表関係)
       ※1    担保に供している資産は、次のとおりであります。
                             前事業年度                  当中間会計期間
                          (平成30年3月31日)                   (平成30年9月30日)
       建物                           207,509千円                   230,547千円
       土地                           568,380千円                   568,380千円
       コース勘定                          1,584,676千円                   1,584,676千円
              計                   2,360,565千円                   2,383,603千円
       担保付債務は、次のとおりであります。
                             前事業年度                  当中間会計期間

                          (平成30年3月31日)                   (平成30年9月30日)
       1年内返済予定の長期借入金                            29,416千円                   29,942千円
       長期借入金                           494,435千円                   479,338千円
              計                    523,852千円                   509,281千円
       ※2 消費税等の取扱い

         当中間会計期間において、仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、流動負債の「未払消費税等」として
        表示しております。
         (中間損益計算書関係)

       ※1    営業費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成29年4月1日                (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年9月30日)                 至   平成30年9月30日)
       外注費                             295千円                   -千円
       コース維持費                            14,334千円                   15,015千円
       給与及び賞与                            62,691千円                   55,411千円
       退職給付費用                            1,064千円                   2,283千円
       租税公課                            6,380千円                   5,826千円
       業務委託費                            6,736千円                  20,902千円
       減価償却費                            22,691千円                   22,620千円
       ※2    営業外収益のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                            前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成29年4月1日                (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年9月30日)                 至   平成30年9月30日)
       間接税報奨金                              96千円                  310千円
       受取利息                            4,741千円                   5,036千円
       ※3    営業外費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年9月30日)                 至   平成30年9月30日)
       支払利息                             8,110千円                   9,154千円
       貸倒引当金繰入額                              -千円                307,082千円
       その他の引当金繰入額                                -千円                 12,000千円
                                 19/29




                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       ※4    特別損失のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年9月30日)                 至   平成30年9月30日)
       固定資産除却損                             3,128千円                    - 千円
        建物                             2,557千円                    - 千円
        工具、器具及び備品                              571千円                   - 千円
       ※5    減価償却実施金額は次のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年9月30日)                 至   平成30年9月30日)
       有形固定資産                            22,297千円                   22,252千円
       無形固定資産                              393千円                   367千円
                                 20/29
















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (中間株主資本等変動計算書関係)
         前中間会計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当中間会計期間増          当中間会計期間減          当中間会計期間末
                      式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   1,660,000             -          -      1,660,000

      優先株式                    242,377            -          -       242,377

            合計             1,902,377             -          -      1,902,377

      自己株式

      優先株式(注)

                           68,182          1,577           -        69,759
            合計               68,182          1,577           -        69,759

      (注)優先株式の自己株式数の増加1,577株は、株式を無償で譲り受けたことによる増加であります。
         当中間会計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当中間会計期間増          当中間会計期間減          当中間会計期間末
                      式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   1,660,000             -          -      1,660,000

      優先株式                    242,377            -          -       242,377

            合計             1,902,377             -          -      1,902,377

      自己株式

      優先株式(注)

                           72,162          3,117           -        75,279
            合計               72,162          3,117           -        75,279

      (注)優先株式の自己株式数の増加3,117株は、株式を無償で譲り受けたことによる増加であります。
         (中間キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※    現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおりであ
        ります。
                               前中間会計期間                 当中間会計期間
                            (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年9月30日)              至   平成30年9月30日)
         現金及び預金勘定                           126,304千円                 54,842千円
         現金及び現金同等物                           126,304千円                 54,842千円
                                 21/29






                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外のファイナンス・リース取引
          (1)リース資産の内容
            ①有形固定資産
             主として、カートナビシステムであります。
            ②無形固定資産
             ゴルフ場管理システムのソフトウエアであります。
          (2)リース資産の減価償却の方法

            重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                 22/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (金融商品関係)
           金融商品の時価等に関する事項
            中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
           す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前事業年度(平成30年3月31日)

                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                               (千円)
                                 111,176          111,176
           (1)現金及び預金                                              -
           (2)1年内回収予定の関係会社
                                  5,000          5,000
                                                         -
              長期貸付金
                                            16,372
           (3)未収入金                      16,372                        -
           (4)関係会社長期貸付金                      258,000          258,000              -
            資産計                      390,548          390,548              -
                                 30,499          30,499
           (1)買掛金                                              -
                                 29,416          29,416
           (2)1年内返済予定の長期借入金                                              -
                                 24,490          24,490
           (3)リース債務                                              -
                                 14,997          14,997
           (4)未払金                                              -
                                  1,111          1,111
           (5)未払法人税等
                                  1,746          1,746
           (6)未払消費税等                                              -
           (7)預り金                       3,211          3,211             -
           (8)長期借入金                                              -
                                 494,435          494,435
            負債計                      599,910          599,910              -
            当中間会計期間(平成30年9月30日)

                           中間貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                               (千円)
                                 54,842          54,842
           (1)現金及び預金                                              -
           (2)1年内回収予定の関係会社
                                 49,082          49,082
                                                         -
              長期貸付金
                                           21,338
           (3)未収入金                      21,338                        -
                                           258,000
           (4)関係会社長期貸付金                     258,000                        -
                                           383,264
            資産計                     383,264                        -
                                 16,114          16,114
           (1)買掛金                                              -
                                 29,942          29,942
           (2)1年内返済予定の長期借入金                                              -
                                 20,617          20,617
           (3)リース債務                                              -
                                  3,982          3,982
           (4)未払金                                              -
                                   568          568
           (5)未払法人税等                                              -
                                  8,171          8,171
           (6)未払消費税等                                              -
                                  3,087          3,087
           (7)預り金                                              -
           (8)長期借入金                                              -
                                 479,338          479,338
            負債計                     561,823          561,823              -
           (注)1.金融商品の時価の算定方法

               資産
               (1)現金及び預金、(3)未収入金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
                 よっております。
               (2)1年内回収予定の関係会社長期貸付金(4)関係会社長期貸付金
                 未回収の貸付金残高を新規契約を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定して
                 おります。
                                 23/29


                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
               負債
                (1)買掛金、(4)未払金、(5)未払法人税等、(6)未払消費税等、(7)預り金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
                 よっております。
                (2)1年内返済予定の長期借入金、(8)長期借入金
                 これらの時価は、元利金の合計額を新規に同様の借り入れを行った場合に想定される利率で割
                 り引いた現在価値により算定しております。
                (3)リース債務
                 これらの時価は、元利金の合計額を新規に同様のリース取引を行った場合に想定される利率で
                 割り引いた現在価値により算定しております。
             2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品            (単位:千円)

                                 前事業年度               当中間会計期間
                  区分
                               (平成30年3月31日)                (平成30年9月30日)
            出資金                            2,000                 2,000
            差入保証金                            6,563                 6,483
            入会金                            9,750                 9,750
              これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時価
             を把握することが極めて困難と認められるため、上記には含めておりません。
             3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              該当事項はありません。
         (有価証券関係)

          重要性が乏しいため記載を省略しております。
         (デリバティブ取引関係)

          当社はデリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
         (持分法損益等)

          該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          該当事項はありません。
         (賃貸等不動産関係)

          該当事項はありません。
                                 24/29






                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
            当社は、ゴルフ場事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           Ⅰ 前中間会計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             当社は、ゴルフ場事業として単一のサービスを提供しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            (3)主要な顧客ごとの情報
              外部顧客への売上高のうち、中間損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、
              記載を省略しております。
           Ⅱ 当中間会計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             当社は、ゴルフ場事業として単一のサービスを提供しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            (3)主要な顧客ごとの情報
              外部顧客への売上高のうち、中間損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、
              記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            該当事項はありません。
                                 25/29







                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (1株当たり情報)
         1株当たり中間純利益金額又は1株当たり中間純損失金額(△)及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前中間会計期間               当中間会計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      1株当たり中間純利益金額又は1株当たり中間
                                       12.55円              △187.28円
      純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       中間純利益金額又は中間純損失金額(千円)                                  20,839              △310,890

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

       普通株式に係る中間純利益金額又は中間損失金
                                        20,839              △310,890
       額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                   1,660               1,660
      (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          1株当たり純資産額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前事業年度              当中間会計期間
                                (平成30年3月31日)               (平成30年9月30日)
      1株当たり純資産額                                 787.53円               609.53円

      (算定上の基礎)

      純資産の部の合計額(千円)                                2,522,926               2,212,036

      純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                1,215,620               1,200,220

                                     (1,215,620)
      (うち優先株式払込金額)(千円)                                              (1,200,220)
      普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額(千
                                      1,307,306               1,011,816
      円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた中間期末
                                        1,660               1,660
      (期末)の普通株式の数(千株)
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

          該当事項はありません。
                                 26/29







                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第6【提出会社の参考情報】
      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     1.有価証券報告書及びその添付書類
       事業年度(第55期)(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)平成30年6月29日 近畿財務局長に提出
     2.有価証券報告書の訂正報告書

       平成30年8月7日近畿財務局長に提出
       事業年度(第55期)(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書であり
       ます。
       平成30年12月25日近畿財務局長に提出
       事業年度(第55期)(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書であり
       ます。
     3.臨時報告書

       平成30年5月31日近畿財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。
       平成30年11月29日近畿財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査公認会計士等の異動)の規定に基づく臨時報告書で
       あります。
                                 27/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 28/29




















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                    平成30年12月18日

     有馬冨士開発株式会社

     代表取締役 大島 均 殿

                                    矢野公認会計士事務所

                                     公認会計士         矢野 武夫     印

      私は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている有馬

     冨士開発株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第56期事業年度の中間会計期間(平成30年4月1日か
     ら平成30年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算
     書、中間キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      私の責任は、私が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。
      しかしながら、「意見不表明の根拠」に記載した事項により、私は意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入
     手することができなかった。
     意見不表明の根拠

     1.会社はゴルフ場施設に関し減損処理の検討を行っていない。これにつき経営者からは、私の判断に資する十分な根拠
      資料を入手することができなかった。このため、ゴルフ場施設に関する減損につき、合理的な検討を行うことができ
      なかった。
     2.継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は当中間会計期間において多額の中間純損失、キャッ
      シュ・フローのマイナスを計上し、また営業上の重要な財産について担保権の実行が不明確となっており、継続企業
      の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在している。
      当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されているが、経営者からは
      資金調達計画等に関する十分な根拠資料を入手できず、合理的な検討を行うことができなかった。
     意見不表明

      私は、「意見不表明の根拠」に記載した事項の中間財務諸表に及ぼす可能性のある影響の重要性に鑑み、中間監査意見
     の基礎を与える十分かつ適切な監査証拠を入手することができなかったため、中間財務諸表に対して意見を表明しない。
     その他の事項

      会社の平成30年3月31日をもって終了した前事業年度の中間会計期間に係る中間財務諸表並びに前事業年度の財務諸表
     は、それぞれ、前任監査人によって中間監査及び監査が実施されている。前任監査人は当該中間財務諸表に対して平成29
     年12月18日付けで有用な情報を表示している旨の意見を表明しており、当該財務諸表に対して平成30年6月29日付けで限
     定付適正意見を表明している。
      なお、限定付結論を表明した理由は、親会社である株式会社アイランドゴルフに対する貸付金263百万円につき、貸付
     金の回収可能性に関する十分かつ適切な監査証拠を入手することができず、貸倒引当金の計上が必要となるかどうかにつ
     いて判断することができなかったためとしている。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                 まれておりません。
                                 29/29



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。