MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2019年2月28日       提出
      【発行者名】                      アセットマネジメントOne株式会社
      【代表者の役職氏名】                      取締役社長      菅野 暁
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
      【事務連絡者氏名】                      三木谷 正直
      【電話番号】                      03-6774-5100
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      継続募集額(2019年3月1日から2019年8月30日まで)
      信託受益証券の金額】
                             5兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/85














                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

       MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド) (以下「当ファンド」といいます。)

     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託の振替内国投資信託受益権(以下「受益権」と称することがあります。)です。

       ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定の適用を
      受けることとし、受益権の帰属は、後述の「(11)                          振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替
      機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振
      替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿
      に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社であるアセッ
      トマネジメントOne株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券
      を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
       また、当ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供され
      た信用格付けまたは信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付けはありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       5兆円を上限とします。

     (4)【発行(売出)価格】

      ① 販売会社が、取得申込受付日における販売会社が別に定める時間(2019年2月28日現在は午後3時30分)以

       前に取得申込金の受領を確認した場合は、取得申込受付日の前日の基準価額とします。
       (注)取得申込受付日は、委託会社の営業日とします。
       (ただし、この場合において、取得申込受付日の前日の基準価額が1口当たり1円を下回っているとき
        は、取得申込みに応じないものとします。)
        㬰0౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰İ픰ꄰ줰溌익⍽쾘䴰䬰覌ꁐ땽쾘䴰鉣Ꞗ搰地晬䈰脰徑톘䴀⡽ᒌ익⍽쾘䴀⤰鈰Ɗࡻ靥欰䨰儰譓
          益権総口数で除した価額をいいます。ただし、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されることがありま
          す。
      ② 販売会社が、取得申込受付日における販売会社が別に定める時間(2019年2月28日現在は午後3時30分)を
       過ぎて取得申込金の受領を確認した場合は、取得申込受付日の翌営業日の前日の基準価額とします。
       (ただし、この場合において、取得申込受付日の翌営業日の前日の基準価額が1口当たり1円を下回った
        ときは、取得申込受付日の翌営業日以降、最初に追加信託にかかる基準価額が1口当たり1円となった
        計算日の基準価額による取得申込みとみなします。)
      ③ 基準価額については、販売会社または委託会社にお問い合わせください。なお、委託会社に対する照会
       は下記においてできます。
                                                       ※
       照会先の名称                        ホームページアドレス
                                                  電話番号
       アセットマネジメントOne株式会社                        http://www.am-one.co.jp/                   0120-104-694
       注:電話番号はコールセンターのものです(以下同じ)。
        ※ 電話によるお問い合わせは、営業日の午前9時~午後5時までとさせていただきます。(以下同じ。)
                                  2/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【申込手数料】

       ありません。

     (6)【申込単位】

       1円以上1円単位

        ※当初元本は1口当たり1円です。
     (7)【申込期間】

       2019年3月1日から2019年8月30日まで

        ※ 申込期間は、上記期間終了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

       当ファンドの申込取扱場所(以下「販売会社」といいます。)については、下記の委託会社の照会先までお

      問い合わせください。
       照会先の名称                       ホームページアドレス                  電話番号
       アセットマネジメントOne株式会社                       http://www.am-one.co.jp/                  0120-104-694
     (9)【払込期日】

       取得申込金額は、販売会社が定める期日までに、販売会社にお支払いいただきます。

       各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、販売会社により、アセットマネジメントOne
      株式会社(「委託者」または「委託会社」といいます。)の指定する口座を経由して、みずほ信託銀行株式
      会社(「受託者」または「受託会社」といいます。)の指定するファンド口座(受託会社が再信託している場
      合は、当該再信託受託会社の指定するファンド口座)に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

       取得申込金額はお申込みの販売会社にお支払いください。なお、払込取扱場所については、下記の委託会

      社の照会先までお問い合わせください。
       照会先の名称                        ホームページアドレス                  電話番号
       アセットマネジメントOne株式会社                        http://www.am-one.co.jp/                  0120-104-694
     (11)【振替機関に関する事項】

       ファンドの受益権にかかる振替機関は以下の通りです。

          株式会社証券保管振替機構
                                  3/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (12)【その他】

      ○ 投資信託振替制度における振替受益権について

        当ファンドの受益権は、2007年1月4日より投資信託振替制度(以下「振替制度」といいます。)に移
       行しており、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)                            振替機関に関する事項」に記載の振替機関の振替業
       にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
        ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)                                   振替機関に関する事項」に記載の振
       替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        振替制度においては、ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
       ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)への記
       載・記録によって行われます。
                                  4/85
















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

        ① 内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資を行い、安定した収益の確保をめざして

         安定運用を行います。
       <ファンドの特色> 

        Ⅰ 信用度が高く、残存期間の短い内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーを主要投資対象とし
         て、安定運用を行います。
        Ⅱ 株式への投資は行いません。
        Ⅲ 毎日決算を行い、原則として、信託財産から生ずる利益の全額を分配します。
        ② 1兆円を上限に信託金を追加することができます。なお、信託金の上限については、受託会社と合

         意のうえ変更することができます。
        ③ 一般社団法人投資信託協会が定める分類方法において、以下のように分類・区分されます。
        <商品分類>

         ・商品分類表
                                     投資対象資産

           単位型・追加型             投資対象地域                           独立区分
                                  (収益の源泉となる資産)
                                      株   式
                                      債   券

                         国  内                           MMF
              単位型
                                      不動産投信
                         海  外                           MRF
              追加型
                                      その他資産
                         内  外                           ETF
                                      (   )
                                       資産複合

        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
         ・商品分類定義

                    一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信

         追加型
                    託財産とともに運用されるファンドをいう。
                    目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益
         国内
                    が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
                    目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益
         債券
                    が実質的に債券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
                    「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
         MRF
                                  5/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        <属性区分>
         ・属性区分表
             投資対象資産
                              決算頻度              投資対象地域
           (実際の組入資産)
         株式
          一般
                         年1回
          大型株
                                        グローバル
          中小型株
                         年2回
                                        日本
         債券
                                        北米
          一般
                         年4回
          公債
                                        欧州
          社債
                         年6回
                                        アジア
          その他債券
                         (隔月)
          クレジット属性
                                        オセアニア
                 ※
          (高格付債)
                         年12回
                                        中南米
                         (毎月)
         不動産投信
                                        アフリカ
         その他資産
                         日々                中近東
         (    )
                                        (中東)
         資産複合
                         その他
                                        エマージング
         (    )
                         (  )
          資産配分固定型
          資産配分変更型
         ; 高格付債とは、投資対象とする債券の格付け(信用格付け)についてA格相当以上(取得時)を基準
          とするものをいい、委託会社独自の基準によるものです。
        (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
         ・属性区分定義

         債券・一般                目論見書又は投資信託約款において、主として債券に投資する旨
                         の記載があるもので、公債、社債、その他債券属性にあてはまら
                         ない全てのものをいう。
            クレジット属性             目論見書又は投資信託約款において、一般、公債、社債、その他
                         債券の「発行体」による区分のほか、特にクレジットに対して明
                         確な記載があるものをいう。
         日々                目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があ
                         るものをいう。
         日本                目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が
                         日本の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
        (注1)商品分類および属性区分は、委託会社が目論見書または約款の記載内容等に基づいて分類して

            います。
        (注2)当ファンドが該当しない商品分類および属性区分の定義につきましては、一般社団法人投資信
            託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でご覧いただけます。
     (2)【ファンドの沿革】

        1998年7月3日            信託契約締結、ファンドの設定・運用開始

        2007年1月4日            投資信託振替制度へ移行
        2007年7月1日            ファンドの名称を「DKAのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)」から
                    「MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)」に変更
        2016年10月1日            ファンドの委託会社としての業務をみずほ投信投資顧問株式会社からア
                    セットマネジメントOne株式会社に承継
                                  6/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【ファンドの仕組み】

       ① 当ファンドの運営の仕組み

       ② 委託会社の概況









        名称:アセットマネジメントOne株式会社
        本店の所在の場所:東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
        資本金の額 

          20億円(2018年11月30日現在)
        委託会社の沿革

          1985年7月1日           会社設立
          1998年3月31日           「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
          1998年12月1日           証券投資信託法の改正に伴う証券投資信託委託業のみなし認可
          1999年10月1日           第一ライフ投信投資顧問株式会社を存続会社として興銀エヌダブリュ・ア
                     セットマネジメント株式会社および日本興業投信株式会社と合併し、社名を
                     興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社とする。
          2008年1月1日           「興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社」から「DIAMアセッ
                     トマネジメント株式会社」に商号変更
          2016年10月1日           DIAMアセットマネジメント株式会社、みずほ投信投資顧問株式会社、新
                     光投信株式会社、みずほ信託銀行株式会社(資産運用部門)が統合し、商号
                     をアセットマネジメントOne株式会社に変更
                                  7/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        大株主の状況
                                                 (2018年11月30日現在)
                株主名                     住所            所有株数      所有比率
                                                       ※1     ※2
        株式会社みずほフィナンシャルグループ                     東京都千代田区大手町一丁目5番5号
                                                  28,000株      70.0%
                                                            ※2
        第一生命ホールディングス株式会社                     東京都千代田区有楽町一丁目13番1号                     12,000株
                                                        30.0%
        ※1:A種種類株式(15,510株)を含みます。
        
           ルディングス株式会社49.0%
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

       ① 基本方針

         この投資信託は、内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資し、安定した収益の確保
        をめざして安定運用を行います。
       ② 運用方法

        1.投資対象
         a.内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーを主要投資対象とします。
         b.投資することができる有価証券は、(2)投資対象①に定める有価証券ならびに(2)投資対象②
          4.から6.に掲げる有価証券とみなされる権利とします(これらの有価証券および有価証券とみな
          される権利のうち、わが国の国債証券および政府保証付債券以外の有価証券で、1社以上の信用格
          付業者等(金融商品取引法第2条第36項に規定する信用格付業者および金融商品取引業等に関する
          内閣府令第116条の3第2項に規定する特定関係法人をいいます。以下同じ。)から第三位(A-相
          当)以上の長期信用格付けまたは第二位(A-2相当)以上の短期信用格付けを受けているもの、もし
          くは信用格付けのない場合には委託会社が当該信用格付けと同等の信用度を有すると判断したもの
          を、以下「適格有価証券」といいます。)。
         c.外貨建資産への投資については、その取引において円貨で約定し円貨で決済するもの(為替リスク
          の生じないもの)に限るものとします。
         d.投資することができる金融商品は、(2)投資対象②に定める金融商品とします((2)投資対象②
          に定める金融商品(取引の相手方から担保金その他の資産の預託を受けているものを除きます。)の
          うち、上記適格有価証券の規定に準ずる範囲の金融商品を、以下「適格金融商品」といいます。)。
        2.投資態度
         a.内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資し、安定した収益の確保をはかりま
          す。
         b.私募により発行された有価証券(短期社債等を除きます。)および取得時において償還金等が不確
          定な仕組債等(償還金額が指数等に連動するもの、償還金額または金利が為替に連動するもの、金利
          が長期金利に連動するもの、金利変動に対して逆相関するもの、レバレッジのかかっているもの等)
          への投資は行わないものとします。
                                  8/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ ファンドの投資プロセス
        1.当ファンドの運用は、投資環境会議によるマクロ経済分析、投資方針会議による公社債・短期金融








         市場分析を基に行われます。
        2.マクロ経済予測を前提に市場予測等を行い、これに基づき平均残存期間戦略(ポートフォリオ全体の
         平均残存期間をどの程度の長さにするか=金利変動リスクをどの程度とるか)、残存期間別構成戦略
         (償還までの期間がどの程度の長さの銘柄に投資の重点を置くか)、種別構成戦略(国債、事業債、コ
         マーシャル・ペーパーなど、それぞれの種別にどの程度投資するか)をそれぞれ策定します。
        3.以上のプロセスにより決定された3つの戦略を基に、当ファンドに組入れる銘柄を決定し、ポート
         フォリオを構築します。個別銘柄の選択にあたっては、割高・割安の分析に加え、信用リスク・流動
         性リスクを十分に勘案します。
         ※ 上記のプロセスおよび会議名称は今後変更される場合があります。
     (2)【投資対象】

       ① 有価証券の指図範囲

         委託会社は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券
        とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。ただし、私募により
        発行された有価証券(短期社債等を除きます。)に投資することを指図しません。
        1.国債証券
        2.地方債証券
        3.特別の法律により法人の発行する債券
        4.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券および新株予約権付社債券を
         除きます。)
        5.コマーシャル・ペーパー
                                  9/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        6.外国または外国の者の発行する証券で、1.から5.の証券の性質を有するもの
        7.外国の者の発行する証券または証書で、銀行業を営む者その他の金銭の貸付けを業として行う者の
         貸付債権を信託する信託の受益権またはこれに類する権利を表示するもの                                       (以下「外国貸付債権信託
         受益証券」といいます。)
        8.外国法人が発行する譲渡性預金証書
        9.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
         券に限ります。)
        10.貸付債権信託受益権(銀行、信託会社、協同組織金融機関、金融商品取引法施行令第1条の9各号
         に掲げる金融機関または主として住宅の取得に必要な長期資金の貸付けを業として行う者の貸付債権
         を信託する信託の受益権をいいます。以下同じ。)であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定
         める受益証券発行信託の受益証券に表示されるべきものおよび外国の者に対する権利で同様の有価証
         券の性質を有するもの
         なお、1.から4.までの証券および6.の証券のうち1.から4.までの証券の性質を有するものを以下
        「公社債」といいます。
       ② 金融商品の指図範囲

         委託会社は、信託金を、①に掲げる有価証券のほか、次の1.から3.に掲げる金融商品ならびに
        4.から6.に掲げる金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる権利により運用
        することを指図することができます。また、①の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投
        資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を以下に掲
        げる金融商品により運用することの指図ができます。
        1.預金
        2.コール・ローン
        3.手形割引市場において売買される手形
        4.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6.外国の者に対する権利で5.の権利の性質を有するもの
     (3)【運用体制】

      a.ファンドの運用体制

                                 10/85






                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ① 投資環境見通しおよび運用方針の策定







          経済環境見通し、資産別市場見通し、資産配分方針および資産別運用方針は月次で開催する「投資環
        境会議」および「投資方針会議」にて協議、策定致します。これらの会議は運用本部長・副本部長、運
        用グループ長等で構成されます。
       ② 運用計画の決定
          各ファンドの運用は「投資環境会議」および「投資方針会議」における協議の内容を踏まえて、ファ
        ンド毎に個別に任命された運用担当者が行います。運用担当者は月次で運用計画書を作成し、運用本部
        長の承認を受けます。運用担当者は承認を受けた運用計画に基づき、運用を行います。
       ③ 売買執行の実施
          運用担当者は、売買計画に基づいて売買の執行を指図します。トレーディング担当者は、最良執行を
        めざして売買の執行を行います。
       ④ モニタリング
          運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署(60~70人程度)は、運用に関す
        るパフォーマンス測定、リスク管理および法令・信託約款などの遵守状況等のモニタリングを実施し、
        必要に応じて対応を指示します。
          定期的に開催されるリスク管理に関する委員会等において運用リスク管理状況、運用実績、法令・信
        託約款などの遵守状況等について検証・報告を行います。
       ⑤ 内部管理等のモニタリング
          内部監査担当部署(10~20人程度)が運用、管理等に関する業務執行の適正性・妥当性・効率性等の
        観点からモニタリングを実施します。
      b.ファンドの関係法人に関する管理

        ファンドの関係法人である受託会社に対して、その業務に関する委託会社の管理担当部署は、内部統制
       に関する外部監査人による報告書等の定期的な提出を求め、必要に応じて具体的な事項に関するヒアリン
       グを行う等の方法により、適切な業務執行体制にあることを確認します。
      c.運用体制に関する社内規則

                                 11/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        運用体制に関する社内規則として運用管理規程および職務責任権限規程等を設けており、運用担当者の
       任務と権限の範囲を明示するほか、各投資対象の取り扱いに関して基準を設け、ファンドの商品性に則っ
       た 適切な運用の実現を図ります。
        また、売買執行、投資信託財産管理および法令遵守チェック等に関する各々の規程・内規を定めていま
       す。
         ※運用体制は2018年11月30日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

       ① 収益分配方針

         収益分配は、原則として、信託財産から生ずる利益の全額を毎日分配します。
         ※ 将来の収益分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
       ② 収益の分配方式

         信託財産から生ずる利益(下記1.に掲げる収益等の合計額が下記2.に掲げる経費等の合計額を超える場
        合の当該差額をいいます。)は、その全額を毎計算期末に当該日の受益者への収益分配金として信託財産
        に計上します。ただし、計算期末において損失(下記1.の合計額が下記2.の合計額に満たない場合の当該
        差額をいいます。)を生じた場合は、当該損失額を繰越欠損金として次期に繰越すものとします。
        1.毎計算期間における利子、貸付有価証券にかかる品貸料またはこれに類する収益、売買・償還等に
         よる利益、評価益、解約差益金およびその他収益金
        2.毎計算期間における信託報酬、売買・償還等による損失、評価損、繰越欠損金補てん額およびその
         他費用
       ③ 収益分配金の再投資

        1.収益分配金は、毎月の最終営業日に1ヵ月分(原則として、前月の最終営業日から当月の最終営業
         日の前日までの各計算期間にかかる収益分配金)をまとめて、収益分配金に対する税金を差し引いた
         後で自動的に再投資されます。
        2.再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
        3.販売会社と「分配金再投資に関する契約」を結んだ受益者が、当該契約を解除する場合において、
         当該受益者が保有する収益分配金があるとき、あるいは信託終了時において受益者が保有する収益分
         配金があるときは、上記の規定にかかわらず、その際に当該収益分配金を当該受益者に支払います。
     (5)【投資制限】

       約款で定める投資制限

       ① 適格有価証券に該当しない有価証券(約款                        運用の基本方針         運用制限)
         わが国の国債証券および政府保証付債券以外の有価証券で、適格有価証券に該当しないものへの投資
        は行いません。
       ② 適格金融商品に該当しない金融商品(約款                        運用の基本方針         運用制限)

         指定金銭信託および取引の相手方から担保金その他の資産の預託を受けている金融商品以外の金融商
        品で、適格金融商品に該当しないものへの投資は行いません。
                                 12/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 有価証券等の平均残存期間等(約款                     運用の基本方針         運用制限)

         信託財産に組入れられた有価証券および金融商品(以下「有価証券等」といいます。)の平均残存期間
        (一有価証券等の残存期間に当該有価証券等の組入れ額を乗じて得た額の合計額を、計算日における有価
                                                         ※
        証券等の組入れ額の合計額で除して求めた期間をいいます。)は90日を超えないものとします。
         有価証券等については、当該取引の受渡日から償還日または満期日までの期間が1年を超えないよう
        に投資します。
          㯿㟿⇿ⷿࠀ圀攀椀最栀琀攀          Average     Maturity:加重平均満期)方式では60日を超えないものとします(一般
          社団法人投資信託協会規則)。平均残存期間は、一般に保有する有価証券等の残存期間(償還日ま
          たは満期日までの期間)を加重平均したものですが、WAM方式においては、変動利付債の残存期
          間を受渡日から次回金利適用日の前日までの日数とし、以後次回金利適用日まで日々日数を減じた
          期間として算出するなど、変動金利の投資対象については、金利調整までの日を残存期間として算
          出します。
       ④ 有価証券取得時の約定日から受渡日までの期間(約款                              運用の基本方針         運用制限)

         有価証券を取得する際における約定日から当該取得にかかる受渡日までの期間は、10営業日を超えな
        いものとします。
       ⑤ 同一法人等が発行した第一種適格有価証券等(約款                             運用の基本方針         運用制限)

         適格有価証券のうち、2社以上の信用格付業者等から第二位(AA格相当)以上の長期信用格付けまたは
        最上位(A-1格相当)の短期信用格付けを受けているもの、もしくは信用格付けのない場合には委託会社
        が当該信用格付けと同等の信用度を有すると判断したもの(以下「第一種適格有価証券」といいま
        す。)、または適格金融商品のうち、第一種適格有価証券と同等に位置付けられるもので、同一法人等が
        発行した有価証券等(同一法人等を相手方とするコール・ローン、預金等を含みます。下記⑥および⑦に
        おいて同じ。)への投資は、これらの合計額が信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑥ 第二種適格有価証券等および同一法人等が発行した第二種適格有価証券等(約款                                            運用の基本方針         運

        用制限)
         適格有価証券のうち、第一種適格有価証券以外のもの(以下「第二種適格有価証券」といいます。)お
        よび適格金融商品のうち第二種適格有価証券と同等に位置付けられるものへの投資は、これらの合計額
        が信託財産の純資産総額の5%以下とします。また、この場合において、同一法人等が発行した有価証
        券等への投資は、これらの合計額が信託財産の純資産総額の1%以下とします。
       ⑦ 適格金融商品であるコール・ローンのうち取引期間が5営業日以内のものおよび同一法人等が発行し

        た当該コール・ローン等(約款                運用の基本方針         運用制限)
         適格金融商品であるコール・ローンのうち、取引期間が5営業日以内のものによる運用については、
        上記⑤および⑥の規定を適用しません。また、同一法人等が発行した有価証券等で当該コール・ローン
        および上記⑤または⑥の適用を受ける有価証券等への投資は、これらの合計額が信託財産の純資産総額
        の25%以下とします。
       ⑧ 組入比率が限度を超えた場合の調整(約款                        運用の基本方針         運用制限)

         上記⑤、⑥および⑦に規定する組入比率にかかる制限については、やむを得ない事情により超えるこ
                                 13/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ととなった場合、その営業日を含め5営業日以内に所定の限度内になるように調整するものとします。
       ⑨ 有価証券の貸付(約款第17条)

        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する公社債について貸付の指図
         をすることができます。この場合において、取引先リスク(取引の相手方の契約不履行その他の理由に
         より発生し得る危険をいいます。)については、適格金融商品にかかる「(1)投資方針                                             ②運用方法      1.
         投資対象」の規定を準用します。
        2.委託会社は、信託財産に属する公社債を貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信
         託財産で保有する公社債の額面金額の合計額を超えない範囲内で貸付の指図をすることができます。
        3.前記2.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかにその超える額に相当す
         る契約の一部の解約を指図するものとします。
        4.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとし
         ます。
       ⑩ 公社債の借入れ(約款第17条の2)

        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができま
         す。この場合において、借入れができる公社債は、国債、政府保証付き債券および適格有価証券とし
         ます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指
         図を行うことができるものとします。
        2.前記1.の借入れは、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内で行う
         ものとします。
        3.信託財産の一部解約等の事由により、前記2.の借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資
         産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかにその超える額に相当する借入れた公社債
         の一部を返還するための指図をするものとします。
        4.前記1.の借入れにかかる品借料は信託財産中から支弁します。
       ⑪ 外貨建資産(約款           運用の基本方針         運用方法、約款第18条)

         外貨建資産への投資については、その取引において円貨で約定し円貨で決済するもの(為替リスクの生
        じないもの)に限るものとし、投資割合には制限を設けません。
         ただし、外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認めら
        れる場合には、制約されることがあります。
       ⑫ 外国為替予約(約款第19条)

         委託会社は、円貨で約定し、円貨で決済する取引により取得した、外国において発行された有価証券
        が、円貨での決済が困難になる事態が発生した場合に限り、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国
        為替の売買の予約を指図することができます。ただし、この場合においては、可能な限り速やかに当該
        外貨建資産を売却することとします。
       ⑬ 資金の借入れ(約款第27条)

        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴なう支払資
         金の手当て(一部解約に伴なう支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的と
         して、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を
                                 14/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用
         は行わないものとします。
        2.一部解約に伴なう支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払日から信託財産
         で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払日から信託財産で
         保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託財産
         で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借
         入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。
        3.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
         までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        4.借入金の利息は信託財産中から支弁します。
       ⑭ 株式、新株引受権証券および新株予約権証券

         株式、新株引受権証券および新株予約権証券への投資は行いません。
     3【投資リスク】

      (1)  当ファンドにおける主として想定されるリスクと収益性に与える影響度合い

       ・当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。した
        がって、元本や一定の投資成果が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被るこ
        とがあります。
       ・運用により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者の皆様に帰属します。
       ・投資信託は預金商品や保険商品ではなく、預金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではありませ
        ん。
       ・登録金融機関が取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
       ・投資信託は預貯金とは異なります。
       ・当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適
        用はありません。
        当ファンドにおいて主として想定されるリスクは以下の通りですが、基準価額の変動要因はこれらに限

       定されるものではありません。
       ① 金利変動リスク

         金利変動リスクとは、金利変動により公社債の価格が下落するリスクをいいます。一般に金利が上昇
        した場合には、既に発行されて流通している公社債の価格は下落します。金利上昇は、当ファンドが投
        資する公社債の価格に影響を及ぼし、当ファンドの基準価額が下落する場合があります。
       ② 信用リスク

         信用リスクとは、公社債等の発行体が財政難、経営不振、その他の理由により、利息や償還金をあら
        かじめ決められた条件で支払うことができなくなる(債務不履行)リスクをいいます。一般に債務不履行
        が生じた場合、またはその可能性が高まった場合には、当該発行体が発行する公社債および短期金融商
        品(コマーシャル・ペーパー等)の価格は下落します。当ファンドが投資する公社債等の発行体がこうし
        た状況に陥った場合には、当ファンドの基準価額が下落する場合があります。
                                 15/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③ 流動性リスク

         流動性リスクとは、有価証券を売却(または購入)しようとする際に、需要(または供給)がないため、
        有価証券を希望する時期に、希望する価格で売却(または購入)することができなくなるリスクをいいま
        す。一般に規模が小さい市場での売買や、取引量の少ない有価証券の売買にあたっては、流動性リスク
        への留意が特に必要とされます。また、一般に市場を取り巻く外部環境の急変があった場合には、市場
        実勢価格での売買ができなくなる可能性が高まります。当ファンドが投資する公社債等の流動性が損な
        われた場合には、当ファンドの基準価額が下落する要因となる可能性があります。
       <その他>

        ・有価証券の貸付等においては、取引相手先の倒産等による決済不履行リスクを伴います。
        ・当ファンドは、証券取引所における取引の停止等があるときには、一部解約の実行の請求の受付けを
         中止すること、およびすでに受け付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消すことがあります。
      (2)  リスク管理体制

         委託会社におけるファンドの投資リスクに対する管理体制については、以下のとおりです。
        ・運用リスクの管理:運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署が、運用リス
         クを把握、管理し、その結果に基づき運用担当部署へ対応の指示等を行うことにより、適切な管理を
         行います。
        ・運用パフォーマンス評価:運用担当部署から独立したリスク管理担当部署が、ファンドの運用パ
         フォーマンスについて定期的に分析を行い、結果の評価を行います。
        ・リスク管理に関する委員会等:上記のとおり運用リスクの管理状況、運用パフォーマンス評価等の報
         告を受け、リスク管理に関する委員会等は総合的な見地から運用状況全般の管理・評価を行います。
          ※ リスク管理体制は2018年11月30日現在のものであり、今後変更となる場合があります。







                                 16/85



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】
















     (1)【申込手数料】

        ありません。

     (2)【換金(解約)手数料】

        ありません。

                                 17/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【信託報酬等】

       ① 信託報酬の総額は、信託元本の額に、年10,000分の101.81以内の率で次に掲げる率(以下「信託報酬

        率」といいます。)を乗じて得た額とし、毎計算期末に計上します。
        1.各週の最初の営業日(委託会社の営業日をいいます。以下同じ。)から翌週以降の最初の営業日の前
         日までの毎計算期にかかる信託報酬率は、当該各週の最初の営業日の前日までの7日間の元本1万口
         あたりの収益分配金合計額の年換算収益分配率に100分の11.2を乗じて得た率以内の率とします。ただ
         し、当該率が年10,000分の22.4以下の場合には、年10,000分の22.4以内の率とします。
        2.上記1.の規定にかかわらず、当該信託の日々の基準価額算出に用いるコール・ローンのオーバーナ
         イト物レート(以下「コール・レート」といいます。)が、年率0.4%未満の場合の信託報酬率は、当該
         コール・レートに0.509を乗じて得た率以内とします。
       ② 信託報酬は、毎月の最終営業日または信託終了のとき信託財産中から支弁し、配分は次の通りとしま

        す。
                         委託会社              販売会社             受託会社
                    信託報酬率から受託会社

                                   ((年換算収益分配率
        コール・レートが
                    および販売会社の配分率を
                                   ×0.11-0.02%)×0.7)               年10,000分の1.67
        年率0.4%以上のとき
                     差し引いた率               ÷1.05×1.08(注)
        コール・レートが

                     3者の配分は別途定めます。
        年率0.4%未満のとき
        (注)当該計算式により得られた率。年換算収益分配率が2.0%以下の場合には、販売会社の配分率は0.144%とし

          ます。
         㬰Œ꥘᩹㸰湓휰兓혰譏᝘㆑氰欰漰ŭ袌뭺ะ樰褰猰歗づ륭袌뭺ะ歶匰夰讑톘䴀⡎ର౭袌뭺๻䥶厘䴰ര栰
          います。)を含みます。
         * 信託報酬=運用期間中の1口当たり信託元本×信託報酬率
         2018年11月30日現在の信託報酬率は、年率0.0000%となっており、その配分は次の通りです。

         信託報酬率(総額)               委託会社             販売会社             受託会社

          年率0.0000%             年率0.0000%             年率0.0000%             年率0.0000%

       <信託報酬等を対価とする役務の内容>

         委託会社        信託財産の運用、目論見書等各種書類の作成、基準価額の算出等の対価
         販売会社        購入後の情報提供、各種書類の送付、口座内でのファンドの管理等の対価
         受託会社        運用財産の保管・管理、委託会社からの運用指図の実行等の対価
     (4)【その他の手数料等】

       ① 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、信託財産の財務諸表の監査に要する費用お

        よび当該費用にかかる消費税等相当額、外国における資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた
        立替金の利息ならびに資金の借入れを行った際の当該借入金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中
        から支弁します。なお、信託財産の財務諸表の監査に要する費用は、当該費用にかかる消費税等相当額
        とともに、毎月の最終営業日または信託終了のとき、信託財産中から支弁します。
                                 18/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ② 当ファンドの組入有価証券の売買時の売買委託手数料およびこれら手数料にかかる消費税等相当額
        は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁するものとします。
     (5)【課税上の取扱い】

       ◇  当ファンドは、課税上「公社債投資信託」として取扱われます。

        ○  個人の受益者に対する課税上の取扱い
         ① 収益分配時
            収益分配金については、利子所得として、20.315%(所得税15.315%(復興特別所得税を含みま
           す。)および地方税5%)の税率で源泉徴収されます。なお、確定申告により、申告分離課税を選
           択することもできます。
         ② 償還時
            償還時の差益(譲渡益)については、譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%(復興特別所
           得税を含みます。)および地方税5%)の税率での申告分離課税が適用されます。原則として確定
           申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)を利用する場合、20.315%(所得税15.315%(復興
           特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます。
         ③ 損益通算について
            償還時に生じた差損(譲渡損)については、確定申告を行うことにより上場株式等(上場株式、
           上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(REIT)、公募株式投資信託および特定公社債等(公
           募公社債投資信託を含みます。)など。以下同じ。)の譲渡益ならびに上場株式等の配当所得およ
           び利子所得の金額(配当所得については申告分離課税を選択したものに限ります。)との損益通算
           ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができます。また、特定口座(源泉徴収口座)をご利
           用の場合、その口座内において損益通算を行います(確定申告不要)。詳しくは販売会社にお問い
           合わせください。
        ○  障害者等の少額貯蓄非課税制度(障害者等のマル優制度)について

          当ファンドは障害者等のマル優制度適格の投資信託です。詳しくは、販売会社にお問い合わせくだ
         さい。
        㭎ઊᠰ漰Ā㈀ ㄀㡞琀㄀ㅧࡧ⭳﹗⠰渰舰渰朰夰ɺ๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰Ŏઊᠰ湑蕛뤰䱙०欰樰識㑔

         があります。
        ※課税上の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
     5【運用状況】

     以下の運用状況は平成30年11月30日現在です。
     投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。なお、小数点第3位を切捨て
     ており、端数調整は行っておりません。
     (1)【投資状況】

                                 19/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
     コマーシャル・ペーパー                       日本                179,499,929,361               48.46
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                190,881,833,527               51.53
                 合計(純資産総額)                           370,381,762,888              100.00
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     イ.評価額上位銘柄明細

                            帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額            投資


                      数量又は                               利率
     順位  国/地域     種類     銘柄名                                        償還期限
                             単価      金額      単価      金額            比率
                      額面総額                               (%)
                             (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1  日本   コマーシャ    野村證券      10,000,000,000           ―  10,000,000,000           ―  10,000,000,000        ― 2018年12    2.69

          ル・ペー                                              月21日
           パー
     2  日本   コマーシャ    三井住友カード      10,000,000,000           ―  10,000,000,000           ―  10,000,000,000        ― 2019年   3 2.69

          ル・ペー
                                                         月29日
           パー
     3  日本   コマーシャ    三菱重工業      10,000,000,000           ―  10,000,000,000           ―  10,000,000,000        ― 2018年12    2.69

          ル・ペー                                              月21日
           パー
     ▶  日本   コマーシャ    三菱UFJニコ       8,000,000,000           ―  8,000,000,000           ―  8,000,000,000        ― 2018年12    2.15

          ル・ペー    ス                                           月13日
           パー
     5  日本   コマーシャ    日産自動車       8,000,000,000           ―  8,000,000,000           ―  8,000,000,000        ― 2019年   3 2.15

          ル・ペー
                                                         月25日
           パー
     6  日本   コマーシャ    東京センチュ       7,000,000,000           ―  6,999,998,978           ―  6,999,998,978        ― 2018年12    1.88

          ル・ペー    リー                                           月 7日
           パー
     7  日本   コマーシャ    パナソニック       6,000,000,000           ―  6,000,000,000           ―  6,000,000,000        ― 2019年   3 1.61

          ル・ペー
                                                         月14日
           パー
     8  日本   コマーシャ    三井住友ファイ       5,000,000,000           ―  5,000,000,000           ―  5,000,000,000        ― 2018年12    1.34

          ル・ペー    ナンス&リース                                           月14日
           パー
     9  日本   コマーシャ    JA三井リース       5,000,000,000           ―  5,000,000,000           ―  5,000,000,000        ― 2019年   3 1.34

          ル・ペー
                                                         月28日
           パー
     10  日本   コマーシャ    東京短資       5,000,000,000           ―  5,000,000,000           ―  5,000,000,000        ― 2019年   1 1.34

          ル・ペー
                                                         月15日
           パー
                                 20/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     11  日本   コマーシャ    三菱ケミカル       5,000,000,000           ―  5,000,000,000           ―  5,000,000,000        ― 2018年12    1.34
          ル・ペー    ホールディング                                           月10日
           パー   ス
     12  日本   コマーシャ    日立キャピタル       5,000,000,000           ―  5,000,000,000           ―  5,000,000,000        ― 2019年   9 1.34

          ル・ペー
                                                         月10日
           パー
     13  日本   コマーシャ    三井住友ファイ       4,000,000,000           ―  4,000,000,000           ―  4,000,000,000        ― 2019年   5 1.07

          ル・ペー    ナンス&リース
                                                         月16日
           パー
     14  日本   コマーシャ    三菱UFJニコ       4,000,000,000           ―  4,000,000,000           ―  4,000,000,000        ― 2019年   2 1.07

          ル・ペー    ス
                                                         月25日
           パー
     15  日本   コマーシャ    日通キャピタル       4,000,000,000           ―  4,000,000,000           ―  4,000,000,000        ― 2018年12    1.07

          ル・ペー                                              月28日
           パー
     16  日本   コマーシャ    伊藤忠商事       4,000,000,000           ―  4,000,000,000           ―  4,000,000,000        ― 2018年12    1.07

          ル・ペー                                              月26日
           パー
     17  日本   コマーシャ    三菱商事       4,000,000,000           ―  4,000,000,000           ―  4,000,000,000        ― 2018年12    1.07

          ル・ペー                                              月27日
           パー
     18  日本   コマーシャ    三菱UFJリー       4,000,000,000           ―  4,000,000,000           ―  4,000,000,000        ― 2019年   8 1.07

          ル・ペー    ス
                                                         月21日
           パー
     19  日本   コマーシャ    パナソニック       4,000,000,000           ―  3,999,998,112           ―  3,999,998,112        ― 2019年   2 1.07

          ル・ペー
                                                         月22日
           パー
     20  日本   コマーシャ    三井住友トラス       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2019年   6 0.80

          ル・ペー    ト・ローン&
                                                         月13日
           パー   ファイナンス
     21  日本   コマーシャ    三井住友トラス       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2019年   2 0.80

          ル・ペー    ト・ローン&
                                                         月14日
           パー   ファイナンス
     22  日本   コマーシャ    三井住友トラス       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2019年   9 0.80

          ル・ペー    ト・ローン&
                                                         月12日
           パー   ファイナンス
     23  日本   コマーシャ    伊藤忠トレジャ       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2018年12    0.80

          ル・ペー                                              月26日
              リ ー
           パー
     24  日本   コマーシャ    伊藤忠トレジャ       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2018年12    0.80

          ル・ペー                                              月28日
              リ ー
           パー
     25  日本   コマーシャ    新日鐵住金       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2018年12    0.80

          ル・ペー                                              月28日
           パー
                                 21/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     26  日本   コマーシャ    イオン       3,000,000,000           ―  3,000,000,000           ―  3,000,000,000        ― 2018年12    0.80
          ル・ペー                                              月13日
           パー
     27  日本   コマーシャ    野村證券       2,000,000,000           ―  2,000,000,000           ―  2,000,000,000        ― 2019年   ▶ 0.53

          ル・ペー
                                                         月12日
           パー
     28  日本   コマーシャ    日産フィナン       2,000,000,000           ―  2,000,000,000           ―  2,000,000,000        ― 2019年   9 0.53

          ル・ペー    シャルサービス
                                                         月13日
           パー
     29  日本   コマーシャ    三井住友ファイ       2,000,000,000           ―  2,000,000,000           ―  2,000,000,000        ― 2019年   1 0.53

          ル・ペー    ナンス&リース
                                                         月17日
           パー
     30  日本   コマーシャ    三井住友ファイ       2,000,000,000           ―  2,000,000,000           ―  2,000,000,000        ― 2019年   5 0.53

          ル・ペー    ナンス&リース
                                                         月17日
           パー
     ロ.種類別投資比率


                種類                国内/外国            投資比率(%)


           コマーシャル・ペーパー                       国内                   48.46

                合計                                     48.46

     ②【投資不動産物件】


     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

     平成30年11月末日及び同日前1年以内における各月末ならびに下記特定期間末の純資産の推移は次の通りです。

                              純資産総額(百万円)                 1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
      第22特定期間末          (平成21年     5月31日)          117,854         117,855         1.0000         1.0000
                                 22/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第23特定期間末          (平成21年11月30日)               106,740         106,740         1.0000         1.0000
      第24特定期間末          (平成22年     5月31日)          116,332         116,332         1.0000         1.0000
      第25特定期間末          (平成22年11月30日)               131,182         131,183         1.0000         1.0000
      第26特定期間末          (平成23年     5月31日)          139,811         139,811         1.0000         1.0000
      第27特定期間末          (平成23年11月30日)               114,478         114,479         1.0000         1.0000
      第28特定期間末          (平成24年     5月31日)          128,471         128,471         1.0000         1.0000
      第29特定期間末          (平成24年11月30日)               138,706         138,707         1.0000         1.0000
      第30特定期間末          (平成25年     5月31日)          221,629         221,629         1.0000         1.0000
      第31特定期間末          (平成25年11月30日)               214,748         214,748         1.0000         1.0000
      第32特定期間末          (平成26年     5月31日)          200,076         200,076         1.0000         1.0000
      第33特定期間末          (平成26年11月30日)               264,231         264,231         1.0000         1.0000
      第34特定期間末          (平成27年     5月31日)          290,619         290,619         1.0000         1.0000
      第35特定期間末          (平成27年11月30日)               251,500         251,500         1.0000         1.0000
      第36特定期間末          (平成28年     5月31日)          227,045         227,045         1.0000         1.0000
      第37特定期間末          (平成28年11月30日)               275,612         275,612         1.0000         1.0000
      第38特定期間末          (平成29年     5月31日)          316,283         316,283         1.0000         1.0000
      第39特定期間末          (平成29年11月30日)               377,151         377,151         1.0000         1.0000
      第40特定期間末          (平成30年     5月31日)          368,734         368,734         1.0000         1.0000
      第41特定期間末          (平成30年11月30日)               370,381         370,381         1.0000         1.0000
                 平成29年11月末日               377,151            ―      1.0000           ―
                     12月末日               383,989            ―      1.0000           ―
                 平成30年     1月末日          380,328            ―      1.0000           ―
                     2月末日          369,626            ―      1.0000           ―
                     3月末日          377,914            ―      1.0000           ―
                     4月末日          343,159            ―      1.0000           ―
                     5月末日          368,734            ―      1.0000           ―
                     6月末日          359,476            ―      1.0000           ―
                     7月末日          384,972            ―      1.0000           ―
                     8月末日          364,182            ―      1.0000           ―
                     9月末日          398,530            ―      1.0000           ―
                     10月末日               358,772            ―      1.0000           ―
                     11月末日               370,381            ―      1.0000           ―
     ②【分配の推移】

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第22特定期間         平成20年12月       1日~平成21年       5月31日                          0.0017220
        第23特定期間         平成21年     6月  1日~平成21年11月30日                                 0.0006670
        第24特定期間         平成21年12月       1日~平成22年       5月31日                          0.0004710
        第25特定期間         平成22年     6月  1日~平成22年11月30日                                 0.0004390
        第26特定期間         平成22年12月       1日~平成23年       5月31日                          0.0004020
                                 23/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第27特定期間         平成23年     6月  1日~平成23年11月30日                                 0.0003750
        第28特定期間         平成23年12月       1日~平成24年       5月31日                          0.0003310
        第29特定期間         平成24年     6月  1日~平成24年11月30日                                 0.0003340
        第30特定期間         平成24年12月       1日~平成25年       5月31日                          0.0002590
        第31特定期間         平成25年     6月  1日~平成25年11月30日                                 0.0002880
        第32特定期間         平成25年12月       1日~平成26年       5月31日                          0.0001920
        第33特定期間         平成26年     6月  1日~平成26年11月30日                                 0.0001150
        第34特定期間         平成26年12月       1日~平成27年       5月31日                          0.0000940
        第35特定期間         平成27年     6月  1日~平成27年11月30日                                 0.0000790
        第36特定期間         平成27年12月       1日~平成28年       5月31日                          0.0000660
        第37特定期間         平成28年     6月  1日~平成28年11月30日                                 0.0000010
        第38特定期間         平成28年12月       1日~平成29年       5月31日                          0.0000000
        第39特定期間         平成29年     6月  1日~平成29年11月30日                                 0.0000010
        第40特定期間         平成29年12月       1日~平成30年       5月31日                          0.0000010
        第41特定期間         平成30年     6月  1日~平成30年11月30日                                 0.0000000
     ③【収益率の推移】

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第22特定期間         平成20年12月       1日~平成21年       5月31日                             0.17
        第23特定期間         平成21年     6月  1日~平成21年11月30日                                    0.07
        第24特定期間         平成21年12月       1日~平成22年       5月31日                             0.05
        第25特定期間         平成22年     6月  1日~平成22年11月30日                                    0.04
        第26特定期間         平成22年12月       1日~平成23年       5月31日                             0.04
        第27特定期間         平成23年     6月  1日~平成23年11月30日                                    0.04
        第28特定期間         平成23年12月       1日~平成24年       5月31日                             0.03
        第29特定期間         平成24年     6月  1日~平成24年11月30日                                    0.03
        第30特定期間         平成24年12月       1日~平成25年       5月31日                             0.03
        第31特定期間         平成25年     6月  1日~平成25年11月30日                                    0.03
        第32特定期間         平成25年12月       1日~平成26年       5月31日                             0.02
        第33特定期間         平成26年     6月  1日~平成26年11月30日                                    0.01
        第34特定期間         平成26年12月       1日~平成27年       5月31日                             0.01
        第35特定期間         平成27年     6月  1日~平成27年11月30日                                    0.01
        第36特定期間         平成27年12月       1日~平成28年       5月31日                             0.01
        第37特定期間         平成28年     6月  1日~平成28年11月30日                                    0.00
        第38特定期間         平成28年12月       1日~平成29年       5月31日                             0.00
        第39特定期間         平成29年     6月  1日~平成29年11月30日                                    0.00
        第40特定期間         平成29年12月       1日~平成30年       5月31日                             0.00
        第41特定期間         平成30年     6月  1日~平成30年11月30日                                    0.00
     (注1)収益率は期間騰落率。

     (注2)小数点第3位四捨五入。
                                 24/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注3)各特定期間中の分配金累計額を加算して算出。
     (4)【設定及び解約の実績】

         期              計算期間             設定口数(口)        解約口数(口)        発行済み口数(口)

      第22特定期間        平成20年12月       1日~平成21年       5月31日       326,699,971,792         306,672,676,596          117,854,762,425
      第23特定期間        平成21年     6月  1日~平成21年11月30日               455,388,413,877         466,503,044,634          106,740,131,668
      第24特定期間        平成21年12月       1日~平成22年       5月31日       466,026,475,626         456,434,204,114          116,332,403,180
      第25特定期間        平成22年     6月  1日~平成22年11月30日               399,844,413,989         384,994,132,262          131,182,684,907
      第26特定期間        平成22年12月       1日~平成23年       5月31日       474,792,861,955         466,164,526,052          139,811,020,810
      第27特定期間        平成23年     6月  1日~平成23年11月30日               314,015,224,734         339,347,470,421          114,478,775,123
      第28特定期間        平成23年12月       1日~平成24年       5月31日       402,518,395,837         388,526,046,948          128,471,124,012
      第29特定期間        平成24年     6月  1日~平成24年11月30日               361,213,820,829         350,978,219,678          138,706,725,163
      第30特定期間        平成24年12月       1日~平成25年       5月31日       815,122,011,255         732,199,262,240          221,629,474,178
      第31特定期間        平成25年     6月  1日~平成25年11月30日               585,535,307,881         592,416,644,408          214,748,137,651
      第32特定期間        平成25年12月       1日~平成26年       5月31日       663,687,508,682         678,359,205,329          200,076,441,004
      第33特定期間        平成26年     6月  1日~平成26年11月30日               725,982,869,853         661,828,295,859          264,231,014,998
      第34特定期間        平成26年12月       1日~平成27年       5月31日       805,029,238,894         778,640,587,723          290,619,666,169
      第35特定期間        平成27年     6月  1日~平成27年11月30日               677,614,603,143         716,733,638,248          251,500,631,064
      第36特定期間        平成27年12月       1日~平成28年       5月31日       561,558,281,427         586,013,621,167          227,045,291,324
      第37特定期間        平成28年     6月  1日~平成28年11月30日               672,468,159,925         623,901,015,603          275,612,435,646
      第38特定期間        平成28年12月       1日~平成29年       5月31日       864,111,261,588         823,440,238,472          316,283,458,762
      第39特定期間        平成29年     6月  1日~平成29年11月30日               895,974,653,096         835,107,059,296          377,151,052,562
      第40特定期間        平成29年12月       1日~平成30年       5月31日       979,721,439,034         988,137,764,151          368,734,727,445
      第41特定期間        平成30年     6月  1日~平成30年11月30日               924,514,564,192         922,867,707,408          370,381,584,229
     ≪参考情報≫

                                 25/85








                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】

















     1【申込(販売)手続等】

      (1)  取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設されたファンドの

       受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の
                                 26/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引換えに、当
       該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加
       信 託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社
       振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。
      (2)  原則として、個人投資者の取得申込みに限定します。申込単位は1円以上1円単位とします。
      (3)  取得価額は、下記の通りとなります。
        1.販売会社が、取得申込受付日における販売会社が別に定める時間(2019年2月28日現在は午後3時30
         分)以前に取得申込金の受領を確認した場合は、取得申込受付日の前日の基準価額とします。
         (ただし、この場合において、取得申込受付日の前日の基準価額が1口当たり1円を下回っているとき
          は、取得申込みに応じないものとします。)
        2.販売会社が、取得申込受付日における販売会社が別に定める時間(2019年2月28日現在は午後3時30
         分)を過ぎて取得申込金の受領を確認した場合は、取得申込受付日の翌営業日の前日の基準価額としま
         す。
         (ただし、この場合において、取得申込受付日の翌営業日の前日の基準価額が1口当たり1円を下回っ
          たときは、取得申込受付日の翌営業日以降、最初に追加信託にかかる基準価額が1口当たり1円と
          なった計算日の基準価額による取得申込みとみなします。)
         (注)取得申込受付日は、委託会社の営業日とします。
      (4)  お申込締切時間については、販売会社にお問い合わせください。
      (5)  国内に住所のある個人で、障害者等に該当する受益者は、少額貯蓄非課税制度(障害者等のマル優制
       度)を利用することができます。この制度を利用する場合は、あらかじめ「非課税貯蓄申告書」を販売会
       社に提出していただきます。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
         ※ 税法が改正された場合等には、上記内容は変更になる場合があります。
      (6)  証券取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8
       項第3号ロに規定する外国金融商品市場のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3
       号もしくは同項第5号の取引を行う市場および当該市場を開設するものをいいます。以下同じ。)におけ
       る取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、販売会社は、受益権の取得
       申込みの受付けを中止すること、およびすでに受付けた取得申込みの受付けを取り消すことができます。
     2【換金(解約)手続等】

      (1)  受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に1口単位をもって解約を請求することができま

       す。
      (2)  解約の請求を行う受益者は、振替制度にかかる口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の
       請求にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解約にかかる受益権の口
       数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口
       数の減少の記載または記録が行われます。なお、解約の請求を受益者が行う際は、販売会社に対し振替受
       益権をもって行うものとします。
      (3)  解約の価額は、下記の通りとなります。
        1.解約の価額は、解約請求受付日の翌営業日の前日の基準価額とし、解約代金は解約請求受付日の翌
         営業日から受益者に支払います。
        2.前記1.にかかわらず、販売会社のうち委託会社が別に定める販売会社(2019年2月28日現在、みずほ
         証券株式会社を指します。以下同じ。)が受益者からの解約の請求を正午以前に受付けた場合で、当該
         受益者が解約金の支払いを当該請求受付日に受け取ることを希望する場合における解約の価額は、当
                                 27/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         該請求受付日の前日の基準価額とし、解約代金は解約請求受付日から販売会社において受益者に支払
         います。
         詳しくは、販売会社または委託会社にお問い合わせください。なお、委託会社に対する照会は下記に
        おいてできます。
                                    ※
         照会先の名称
                               電話番号
         アセットマネジメントOne株式会社                       0120-104-694
         㬰-ﮊ焰欰蠰謰䩕估䑔࠰輰嬰漰ŕ뙩浥湓䡒䷿ᥦ䋿幓䡟賿ᕦ䈰縰朰栰唰嬰昰䐰弰怰䴰縰夰˿ࡎ୔
         じ。)
      (4)  販売会社によっては、正午過ぎての解約のお申込みで、解約申込日当日に解約代金相当額の受け取りを
       希望される場合に、販売会社所定の諸手続きにより、キャッシング(即日引出)をご利用することができま
       す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      (5)  解約請求の受付締切時間については、販売会社にお問い合わせください。
      (6)  委託会社は、証券取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情があると
       きは、一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、およびすでに受付けた一部解約の実行の請求の受
       付けを取り消すことができます。
        この場合、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行の請求(販売会社のうち委託会社が
       別に定める販売会社が受益者からの一部解約の実行の請求を正午以前に受付けた場合で、当該受益者が一
       部解約金の支払いを当該請求受付日に受け取ることを希望する場合を除きます。)を撤回できます。ただ
       し、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受
       付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとして、当該基準
       価額の計算日の翌営業日の前日の基準価額とします。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

       ① 基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)を

        法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価法により評価して得た信託
        財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権
        総口数で除した金額をいいます。
         <主な投資対象の評価方法>
             投資対象                          評価方法

                                                         ※
          公社債等
                      原則として、計算日における以下のいずれかの価額で評価します。
                      ・日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
                      ・金融商品取引業者、銀行などの提示する価額(売り気配相場を除きま
                        す。)
                      ・価格情報会社の提供する価額
                                     *
          㬰k譛塧ᾕ鏿ᅞ瑎蔰湑汹㹐땻䤰欰搰䐰昰漰őὓ瑓齏ꅬ                           による評価を適用することができます。ただし、コ
            マーシャル・ペーパーについては、原則として取得価額で評価し、割引料は受取利息として日々計上するも
            のとします。
          * 買付けに係る受渡日から償還日の前日まで、取得価額と償還価額の差額を当該期間で日割計算して得た金額
            を日々帳簿価額に加算または減算した額により評価するものとします。なお、買付約定日から同受渡日前日
            までの間は、帳簿価額で評価するものとします。
       ② 当ファンドの基準価額は、原則として、日々計算されます。基準価額および収益分配率については、
                                 28/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        販売会社または委託会社にお問い合わせください。なお、委託会社に対する照会は下記においてできま
        す。基準価額は便宜上1万口単位で表示されたものが発表されることがあります。
         照会先の名称                        ホームページアドレス                 電話番号
         アセットマネジメントOne株式会社                        http://www.am-one.co.jp/                 0120-104-694
       ③ 信託の一部解約金(解約の価額に当該解約口数を乗じて得た額)が当該一部解約にかかる元本を下回っ
        た場合は、当該差額を解約差益金として処理します。なお、追加信託金にあたっては、全額を元本とし
        て処理するものとします。
     (2)【保管】

         該当事項はありません。

     (3)【信託期間】

        1998年7月3日から無期限とします。

     (4)【計算期間】

        信託期間中の各1日とします。

     (5)【その他】

       ① 信託契約の解約

         以下の場合には信託契約を解約し信託を終了することがあります。
        1.委託会社は、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、またはやむを
         得ない事情が発生したとき、もしくは信託契約の一部解約により、受益権の総口数が20億口を下回る
         こととなる場合には、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させることができ
         ます。
         a.この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。委
          託会社はかかる事項について、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、かつ、その旨を記載し
          た書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付します。ただし、この信託契約にか
          かる全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
         b.前記a.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して異議
          を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一ヵ月を下らないものとします。
         c.前記b.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
          えるときは、前記1.の信託契約の解約をしません。
         d.委託会社は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由を公
          告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付
          します。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
         e.前記b.からd.までの規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場
          合であって、前記b.の一定の期間が一ヵ月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが困
          難な場合には適用しません。
                                 29/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         f.前記1.に定める信託契約の解約を行う場合において、前記b.の期間内に異議を述べた受益者
          は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき旨を請求することが
          で きます。なお、買取請求の取扱いについては、委託会社、受託会社の協議により決定するものと
          します。
        2.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託
         契約を解約し、信託を終了させます。
        3.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
         託会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が、この信託契約に関す
         る委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、この信託は、「②                                                 信託約
         款の変更4.」に該当する場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続しま
         す。
        4.受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社が新受託会
         社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
       ② 信託約款の変更
        1.委託会社は、信託約款を変更することが受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得な
         い事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更できるものとし、あらかじ
         め、変更しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
        2.委託会社は、前記1.の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、変更しよう
         とする旨を公告し、かつ、これら事項を記載した書面をこの信託約款にかかる知られたる受益者に対
         して交付します。ただし、この信託約款にかかるすべての受益者に対して書面を交付したときは、原
         則として、公告を行いません。
        3.前記2.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して異議を述
         べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一ヵ月を下らないものとします。
        4.前記3.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超える
         ときは、前記1.の信託約款の変更をしません。
        5.委託会社は、この信託約款を変更しないこととしたときは、変更しない旨およびその理由を公告
         し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付しま
         す。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
        6.前記2.に定める変更を行う場合において、前記3.の期間内に異議を述べた受益者は、受託会社に対
         し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき旨を請求することができます。なお、買
         取請求の取扱いについては、委託会社、受託会社の協議により決定するものとします。
        7.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記の規定にし
         たがいます。
       ③ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴なう取扱い
        1.委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴ない、この信託契約に関する
         事業を譲渡することがあります。
        2.委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴ない、この信託
         契約に関する事業を承継させることがあります。
       ④ 関係法人との契約の更改および受託会社の辞任または解任に伴なう取扱い
        1.委託会社と販売会社との間の募集・販売等契約は、締結日から原則1年間とし、期間終了の3ヵ月
         前までに別段の意思表示のない時は、同一条件にて継続されます。
        2.受託会社は、委託会社の承諾を受けて、その任務を辞任することができます。また、受託会社がそ
                                 30/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         の任務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益者は、裁判所に受託会
         社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した
         場 合、委託会社は、「②            信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託会社を選任します。委託会社
         が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
       ⑤ 信託事務処理の再信託
         受託会社は、当ファンドにかかる信託事務処理の一部について、資産管理サービス信託銀行株式会社
        と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託にかかる契約書類に基
        づいて所定の事務を行います。
       ⑥ 公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載します。
           http://www.am-one.co.jp/
         なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
        は、日本経済新聞に掲載します。
       ⑦ 運用報告書
         当ファンドは「投資信託及び投資法人に関する法律施行規則」により、運用報告書の交付が免除され
        ます。したがって、「運用報告書」の作成・交付を行いません。ただし、当ファンドの信託財産の内容
        に関する情報については、委託会社のホームページ(http://www.am-one.co.jp/)等で確認できます。
     4【受益者の権利等】

      (1)  収益分配金請求権

        受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて請求する権利を有します。
        受益者が収益分配金支払開始日から5年間支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社から交
       付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        受益者が、一部解約をする場合において、一部解約する当該受益権に帰属する収益分配金は、原則とし
       て当該解約請求受付日の翌営業日から、また、信託終了時の受益権に帰属する収益分配金は、信託終了日
       後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から販売会社において受益者に支払います。
      (2)  償還金請求権

        受益者は、持ち分に応じて償還金を請求する権利を有します。
        受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間支払いを請求しないときは、その権利を
       失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前に
       おいて一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権
       で取得申込代金支払前のため、販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として
       取得申込者とします。)に、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から販売会社において支払
       われます。
      (3)  一部解約請求権

        受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求をすることができます。
      (4)  帳簿書類の閲覧・謄写の請求権

                                 31/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類の閲覧ま
       たは謄写を請求することができます。
                                 32/85




















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)
     (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

         第59号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
         府令第133号)に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2)当ファンドの計算期間は6ヶ月未満であるため、財務諸表は6ヶ月毎に作成しております。

     (3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当特定期間の財務諸表について、EY新

         日本有限責任監査法人により監査を受けております。
     1【財務諸表】

                                 33/85















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     前期
                                                    当期
                                (平成30年     5月31日現在)
                                               (平成30年11月30日現在)
      資産の部
       流動資産
                                      155,734,824,981               161,881,823,550
        金銭信託
                                      184,999,960,438               179,499,939,736
        コマーシャルペーパー
                                      39,999,999,685               34,999,999,596
        現先取引勘定
                                            20                6
        未収利息
                                      380,734,785,124               376,381,762,888
        流動資産合計
                                      380,734,785,124               376,381,762,888
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                      12,000,000,000                6,000,000,000
        未払金
                                      12,000,000,000                6,000,000,000
        流動負債合計
                                      12,000,000,000                6,000,000,000
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      368,734,727,445               370,381,584,229
        元本
        剰余金
                                          57,679               178,659
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      368,734,785,124               370,381,762,888
        元本等合計
                                      368,734,785,124               370,381,762,888
       純資産合計
                                      380,734,785,124               376,381,762,888
      負債純資産合計
                                 34/85












                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     前期
                                                    当期
                                 (自 平成29年12月         1日
                                                (自 平成30年       6月  1日
                                 至 平成30年       5月31日)
                                                至 平成30年11月30日)
      営業収益
                                          245,222               120,980
       受取利息
                                          245,222               120,980
       営業収益合計
      営業費用
                                             -               -
       営業費用合計
                                          245,222               120,980
      営業利益又は営業損失(△)
                                          245,222               120,980
      経常利益又は経常損失(△)
                                          245,222               120,980
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                             -               -
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                          142,431                57,679
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                       -               -
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                             -               -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                             -               -
       額
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                       -               -
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                             -               -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                             -               -
       額
                                          329,974
                                                            -
      分配金
                                          57,679               178,659
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 35/85











                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                         当期

            項目                                (自  平成30年     6月  1日
                                     至  平成30年11月30日)
     1有価証券の評価基準及び評価方法                  コマーシャルペーパー
                        買付にかかる受渡日から償還日の前日まで取得価額と償還価額の差額を当該期間

                       により日割計算して得た金額について、日々帳簿価額に加算又は減算した額によっ
                       て評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)


                  前期

                                              当期
             (平成30年     5月31日現在)
                                          (平成30年11月30日現在)
     1   特定期間末日における受益権の総数                          1   特定期間末日における受益権の総数
                        368,734,727,445口                            370,381,584,229口
     2   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額                          2   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額

        1口当たり純資産の額                     1.0000円        1口当たり純資産の額                     1.0000円
        (1万口当たり純資産の額)                    (10,000円)         (1万口当たり純資産の額)                    (10,000円)

     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                  前期                            当期

              (自  平成29年12月      1日                     (自  平成30年    6月  1日
              至 平成30年    5月31日)                       至 平成30年11月30日)
      1 分配金の計算過程                           1 分配金の計算過程
       特定期間における元本超過額387,653円を分配対象収益とし                            特定期間における元本超過額178,659円を分配対象収益とし

       て329,974円を分配金額としております。なお、各前月の最                            て0円を分配金額としております。なお、各前月の最終営業
       終営業日から各当月の最終営業日の前日までの期間にかかる                            日から各当月の最終営業日の前日までの期間にかかる収益分
       収益分配金を、各当月の最終営業日に再投資しております。                            配金を、各当月の最終営業日に再投資しております。
     (金融商品に関する注記)


                                 36/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.金融商品の状況に関する事項

                               前期                   当期

                           (自  平成29年12月       1日          (自  平成30年     6月  1日
             項目
                           至  平成30年     5月31日)             至  平成30年11月30日)
     1金融商品に対する取組方針                   当ファンドは、投資信託及び投資法人                   同左
                       に関する法律第2条第4項に定める投資を
                       目的とする証券投資信託であり、証券投
                       資信託約款および投資ガイドラインに基
                       づいて運用しております。
     2金融商品の内容及び当該金融商品に                   当ファンドが保有する金融商品の種類                   同左
      係るリスク                 は、有価証券、コール・ローン等の金銭
                       債権及び金銭債務であります。
                       なお、詳細は附属明細表をご参照下さ
                       い。
                       これらは、市場リスク(価格変動リス
                       ク、為替変動リスク、金利変動リス
                       ク)、信用リスク、及び流動性リスクを
                       有しております。
     3金融商品に係るリスク管理体制                   運用担当部署から独立したコンプライ                   同左
                       アンス・リスク管理担当部署が、運用リ
                       スクを把握、管理し、その結果に基づき
                       運用担当部署へ対応の指示等を行うこと
                       により、適切な管理を行います。
                       リスク管理に関する委員会等はこれらの
                       運用リスク管理状況の報告を受け、総合
                       的な見地から運用状況全般の管理を行い
                       ます。
                       なお、具体的には以下のリスクの管理を
                       行っております。
                       ①市場リスクの管理
                       市場リスクに関しては、資産配分等の状
                       況を常時、分析・把握し、投資方針に
                       沿っているか等の管理を行っておりま
                       す。
                       ②信用リスクの管理
                       信用リスクに関しては、発行体や取引先
                       の財務状況等に関する情報収集・分析を
                       常時継続し、格付等の信用度に応じた組
                       入制限等の管理を行っております。
                       ③流動性リスクの管理
                       流動性リスクに関しては、必要に応じて
                       市場流動性の状況を把握し、取引量や組
                       入比率等の管理を行っております。
                                 37/85



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               前期                   当期
                           (自  平成29年12月       1日          (自  平成30年     6月  1日
             項目
                           至  平成30年     5月31日)             至  平成30年11月30日)
     4金融商品の時価等に関する事項につ                   金融商品の時価には、市場価格に基づ                   同左
      いての補足説明                 く価額のほか、市場価格がない場合に
                       は、合理的に算定された価額が含まれて
                       おります。当該価額の算定においては一
                       定の前提条件等を採用しているため、異
                       なる前提条件等によった場合、当該価額
                       が異なることもあります。
                       また、デリバティブ取引に関する契約額
                       等については、その金額自体がデリバ
                       ティブ取引に係る市場リスクを示すもの
                       ではありません。
     2.金融商品の時価等に関する事項

                               前期

                                                   当期
            項目
                           (平成30年     5月31日現在)
                                              (平成30年11月30日現在)
     1 貸借対照表日における貸借対照表の                  貸借対照表に計上している金融商品                   同左
      科目ごとの計上額・時価・時価との                 は、原則として時価評価としているた
      差額                 め、貸借対照表計上額と時価との差額は
                       ありません。
     2 貸借対照表の科目ごとの時価の算定                 (1)  有価証券                 (1)  有価証券

      方法
                       コマーシャルペーパー                    コマーシャルペーパー 
                       ①わが国の金融商品取引所または海外取                   同左

                       引所に上場されていない有価証券
                        当該有価証券については、原則とし
                       て、日本証券業協会が発表する売買参考
                       統計値(平均値)(外貨建証券を除
                       く)、金融商品取引業者、銀行等の提示
                       する価額(売気配相場を除く)または価
                       格情報会社の提供する価額のいずれかか
                       ら入手した価額で評価しております。
                       ②時価が入手できなかった有価証券

                        適正な評価額を入手できない場合また
                       は入手した評価額が時価と認定できない
                       事由が認められた場合は、委託会社が忠
                       実義務に基づいて合理的事由をもって時
                       価と認めた価額もしくは受託者と協議の
                       うえ両者が合理的事由をもって時価と認
                       めた価額で評価しております。
                                 38/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               前期                   当期
            項目
                           (平成30年     5月31日現在)
                                              (平成30年11月30日現在)
                       (2)  コール・ローン等の金銭債権及び金                 (2)  コール・ローン等の金銭債権及び金
                         銭債務                   銭債務
                        コール・ローン等の金銭債権及び金銭                   同左

                       債務は短期間で決済されるため、時価は
                       帳簿価額と近似していることから、当該
                       帳簿価額を時価としております。
     (有価証券に関する注記)


     ①  売買目的有価証券

     前期(自     平成29年12月       1日  至  平成30年     5月31日)

              種類                  最終の計算期間の損益に含まれた評価差額                    (円)

     コマーシャルペーパー                                                        0
              合計                                               0
     当期(自     平成30年     6月  1日  至  平成30年11月30日)

              種類                  最終の計算期間の損益に含まれた評価差額                    (円)

     コマーシャルペーパー                                                        0
              合計                                               0
     (デリバティブ取引等に関する注記)

     該当事項はありません。

     (関連当事者との取引に関する注記)


                  前期                            当期

              (自  平成29年12月       1日                    (自  平成30年     6月  1日
              至  平成30年     5月31日)                      至  平成30年11月30日)
      市場価格その他当該取引に係る価格を勘案して、一般の取                            同左
     引条件と異なる関連当事者との取引は行われていないため、
     該当事項はありません。
     (その他の注記)

                                 39/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      期別

                                   前期                 当期
                              (平成30年     5月31日現在)
                                               (平成30年11月30日現在)
               項目
     期首元本額                               377,151,052,562円                 368,734,727,445円
     期中追加設定元本額                               979,721,439,034円                 924,514,564,192円
     期中一部解約元本額                               988,137,764,151円                 922,867,707,408円
     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券


                                                 (平成30年11月30日現在)

       種類        通貨             銘柄            券面総額           評価額       備考

     コマーシャル        日本・円         野村證券                   10,000,000,000           10,000,000,000

     ペーパー
                     野村證券                    2,000,000,000           2,000,000,000
                     日産フィナンシャルサービス                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     ホンダファイナンス                    1,000,000,000           1,000,000,000

                     三井住友カード                   10,000,000,000           10,000,000,000

                     三井住友ファイナンス&リース                    5,000,000,000           5,000,000,000

                     三井住友ファイナンス&リース                    1,000,000,000           1,000,000,000

                     三井住友ファイナンス&リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     三井住友ファイナンス&リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     三井住友ファイナンス&リース                    4,000,000,000           4,000,000,000

                     JA三井リース                    5,000,000,000           5,000,000,000

                     JA三井リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     JA三井リース                    1,000,000,000           1,000,000,000

                     JA三井リース                    2,000,000,000           1,999,990,407

                     JA三井リース                    1,000,000,000            999,971,067

                     三菱UFJニコス                    8,000,000,000           8,000,000,000

                     三菱UFJニコス                    4,000,000,000           4,000,000,000

                                 40/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     東京短資                    5,000,000,000           5,000,000,000
                     三菱電機クレジット                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     日通キャピタル                    4,000,000,000           4,000,000,000

                     日通キャピタル                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     富士通リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     富士通リース                    1,000,000,000           1,000,000,000

                     三井住友トラスト・ローン&ファイ                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     ナンス
                     三井住友トラスト・ローン&ファイ                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     ナンス
                     三井住友トラスト・ローン&ファイ                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     ナンス
                     三井住友トラスト・ローン&ファイ                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     ナンス
                     伊藤忠トレジャリー                    1,000,000,000           1,000,000,000

                     伊藤忠トレジャリー                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     伊藤忠トレジャリー                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     首都圏リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     首都圏リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     三菱ケミカルホールディングス                    5,000,000,000           5,000,000,000

                     JXTGホールディングス                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     JXTGホールディングス                    1,000,000,000           1,000,000,000

                     新日鐵住金                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     パナソニック                    6,000,000,000           6,000,000,000

                     パナソニック                    4,000,000,000           3,999,999,002

                     パナソニック                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     三菱重工業                   10,000,000,000           10,000,000,000

                     日産自動車                    8,000,000,000           8,000,000,000

                     伊藤忠商事                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     伊藤忠商事                    4,000,000,000           4,000,000,000

                     三菱商事                    4,000,000,000           4,000,000,000

                     イオン                    3,000,000,000           3,000,000,000

                     芙蓉総合リース                     500,000,000           500,000,000

                     芙蓉総合リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     芙蓉総合リース                    2,000,000,000           2,000,000,000

                     東京センチュリー                    7,000,000,000           6,999,999,871

                     日立キャピタル                    5,000,000,000           5,000,000,000

                                 41/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     三菱UFJリース                    1,000,000,000           1,000,000,000
                     三菱UFJリース                    2,000,000,000           1,999,986,558

                     三菱UFJリース                    4,000,000,000           4,000,000,000

                     三菱UFJリース                    1,000,000,000            999,992,831

                     大阪ガス                    1,000,000,000           1,000,000,000

            小計

                     銘柄数:55                   179,500,000,000           179,499,939,736
                     組入時価比率:48.5%                                  100.0%

                        合計                           179,499,939,736

     (注1)比率は左より組入時価の純資産総額に対する比率、及び各小計欄の合計金額に対する比率であります。

     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                 42/85











                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     以下のファンドの現況は平成30年11月30日現在です。
     【純資産額計算書】

     Ⅰ 資産総額                              376,381,762,888        円 

     Ⅱ 負債総額                               6,000,000,000       円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              370,381,762,888        円 
     Ⅳ 発行済口数                              370,381,584,229        口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.0000   円 
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)  受益証券の名義書換

       該当事項はありません。
       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります。委
      託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合
      または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他
      やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
       なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発
      行の請求を行わないものとします。
     (2)  受益者等名簿

       該当事項はありません。
     (3)  受益者に対する特典

       該当事項はありません。
     (4)  受益権の譲渡制限

       譲渡制限はありません。
       ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載ま
        たは記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権の
        口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記
        録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受
        人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の
        規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知する
        ものとします。
       ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
        いる振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等におい
                                 43/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        て、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替
        停止期間を設けることができます。
     (5)  受益権の譲渡の対抗要件

       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗するこ
      とができません。
     (6)  質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて

       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、一部
      解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法そ
      の他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 44/85
















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

     (1)資本金の額(          2018年11月30日現在)

        資本金の額        20億円
                 ※
        発行する株式総数             100,000株
                     (普通株式      上限100,000株、A種種類株式                上限30,000株)
        発行済株式総数     40,000株
                     (普通株式24,490株、A種種類株式15,510株)
        ※種類株式の発行が可能
        直近5カ年の資本金の増減:該当事項はありません。

     (2)会社の機構(          2018年11月30日現在)

      ① 会社の意思決定機構
          業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。
          取締役は株主総会で選任されます。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、その選任
        後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとし、任期の満
        了前に退任した取締役(監査等委員である取締役を除く。)の補欠として選任された取締役(監査等委
        員である取締役を除く。)の任期は、現任取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期の満了の
        時までとします。
          また、監査等委員である取締役の任期は、その選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のもの
        に関する定時株主総会の終結の時までとし、任期の満了前に退任した監査等委員である取締役の補欠と
        して選任された監査等委員である取締役の任期は、退任した監査等委員である取締役の任期の満了の時
        までとします。
          取締役会は、決議によって代表取締役を選定します。代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議
        にしたがい業務を執行します。
          また、取締役会の決議によって、取締役社長を定めることができます。
          取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役社長が招集します。取締役会の
        議長は、原則として取締役社長があたります。
          取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる取締役の過半数
        が出席し、出席取締役の過半数をもって行います。
      ② 投資運用の意思決定機構

        1.投資環境見通しおよび運用方針の策定
           経済環境見通し、資産別市場見通し、資産配分方針および資産別運用方針は月次で開催する「投資
          環境会議」および「投資方針会議」にて協議、策定致します。これらの会議は運用本部長・副本部
          長、運用グループ長等で構成されます。
        2.運用計画、売買計画の決定
                                 45/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           各ファンドの運用は「投資環境会議」および「投資方針会議」における協議の内容を踏まえて、
          ファンド毎に個別に任命された運用担当者が行います。運用担当者は月次で運用計画書を作成し、運
          用 本部長の承認を受けます。運用担当者は承認を受けた運用計画に基づき、運用を行います。
     2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、投資信託の設定を

      行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)ならびにその受
      益証券(受益権)の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また、「金融商品取引法」に
      定める投資助言・代理業を行っています。
       2018年11月30日現在、委託会社の運用する投資信託は以下の通りです。(親投資信託を除く)
             基本的性格               本数          純資産総額(単位:円)

          追加型公社債投資信託                      38           1,205,923,689,410

           追加型株式投資信託                     854           13,003,927,185,717

          単位型公社債投資信託                      46            183,614,446,405

           単位型株式投資信託                     153            1,116,875,953,733

               合計                1,091            15,510,341,275,265

     3【委託会社等の経理状況】

     1.委託会社であるアセットマネジメントOne株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表は、「財務諸

      表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同規則第2条の規定に基
      づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しておりま
      す。
      また、中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第
      38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成
      19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
     2.財務諸表及び中間財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

     3.委託会社は、第33期事業年度(自平成29年4月1日至平成30年3月31日)の財務諸表について、新日本有限責

      任監査法人の監査を受け、第34期中間会計期間(自平成30年4月1日至平成30年9月30日)の中間財務諸表につ
      いて、EY新日本有限責任監査法人の中間監査を受けております。
     (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:千円)

                                第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
                                 46/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                              27,972,477                  49,071,217
       金銭の信託                              12,366,219                  12,083,824
       有価証券                               297,560                    -
       未収委託者報酬                              10,164,041                  11,769,015
       未収運用受託報酬                              7,250,239                  4,574,225
       未収投資助言報酬                               316,414                  341,689
       未収収益                                52,278                  59,526
       前払費用                               533,411                  569,431
       繰延税金資産                               678,104                  842,996
       その他                               445,717                  427,238
                   流動資産計                 60,076,462                  79,739,165
      固定資産

       有形固定資産                              1,900,343                  1,643,826
        建物                       ※1      1,243,812           ※1       1,156,953
        器具備品                       ※1       656,235          ※1        476,504
        建設仮勘定                                295                10,368
       無形固定資産                              1,614,084                  1,934,700
        商標権                                 5                 -
        ソフトウエア                             1,511,558                  1,026,319
        ソフトウエア仮勘定                               98,483                 904,389
        電話加入権                               3,934                  3,931
        電信電話専用施設利用権                                103                  60
       投資その他の資産                              10,055,336                  7,427,316
        投資有価証券                             3,265,786                  1,721,433
        関係会社株式                             3,306,296                  3,229,196
        長期差入保証金                             1,800,827                  1,518,725
        前払年金費用                              686,322                    -
        繰延税金資産                              893,887                  856,537
        その他                              102,215                  101,425
                   固定資産計                 13,569,764                  11,005,844
             資産合計                       73,646,227                  90,745,010
                                                     (単位:千円)

                                第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
            (負債の部)
      流動負債
       預り金                              1,169,128                  1,003,550
       未払金                              4,745,195                  5,081,728
                                 47/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        未払収益分配金                               1,027                  1,031
        未払償還金                               57,332                  57,275
        未払手数料                             4,062,695                  4,629,133
        その他未払金                              624,140                  394,288
       未払費用                              7,030,589                  7,711,038
       未払法人税等                              1,915,556                  5,153,972
       未払消費税等                               891,476                 1,660,259
       賞与引当金                              1,432,264                  1,393,911
       役員賞与引当金                                27,495                  49,986
       本社移転費用引当金                                  -               156,587
                   流動負債計                 17,211,706                  22,211,034
      固定負債
       退職給付引当金                              1,305,273                  1,637,133
       時効後支払損引当金                               216,466                  199,026
       本社移転費用引当金                               942,315                    -
                   固定負債計                  2,464,055                  1,836,160
             負債合計                       19,675,761                  24,047,195
           (純資産の部)
      株主資本
       資本金                              2,000,000                  2,000,000
       資本剰余金                              19,552,957                  19,552,957
        資本準備金                             2,428,478                  2,428,478
        その他資本剰余金                             17,124,479                  17,124,479
       利益剰余金                              31,899,643                  44,349,855
        利益準備金                              123,293                  123,293
        その他利益剰余金                             31,776,350                  44,226,562
         別途積立金                            24,580,000                  24,580,000
         研究開発積立金                             300,000                  300,000
         運用責任準備積立金                             200,000                  200,000
         繰越利益剰余金                            6,696,350                 19,146,562
                   株主資本計                 53,452,601                  65,902,812
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               517,864                  795,002
               評価・換算差額等計                       517,864                  795,002
             純資産合計                        53,970,465                  66,697,815
           負債・純資産合計                         73,646,227                  90,745,010
     (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)

                                 48/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              第32期                   第33期
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                     56,355,754                   84,705,447
       運用受託報酬                     12,834,241                   19,124,427
       投資助言報酬                     1,002,482                   1,217,672
       その他営業収益                      378,715                   117,586
                営業収益計                   70,571,194                  105,165,133
      営業費用
       支払手数料                     24,957,038                   37,242,284
       広告宣伝費                      838,356                   379,873
       公告費                        991                 1,485
       調査費                     15,105,578                   23,944,438
        調査費                    7,780,474                  10,677,166
        委託調査費                    7,325,104                  13,267,272
       委託計算費                      891,379                 1,073,938
       営業雑経費                     1,102,921                   1,215,963
        通信費                      51,523                   48,704
        印刷費                     926,453                   947,411
        協会費                      37,471                   64,331
        諸会費                        74                22,412
        支払販売手数料                      87,399                  133,104
                営業費用計                   42,896,265                   63,857,984
      一般管理費
       給料                     8,517,089                  11,304,873
        役員報酬                     220,145                   189,022
        給料・手当                    7,485,027                   9,565,921
        賞与                     811,916                 1,549,929
       交際費                       66,813                   58,863
       寄付金                       13,467                   5,150
       旅費交通費                      297,237                   395,605
       租税公課                      430,779                   625,498
       不動産賃借料                     1,961,686                   1,534,255
       退職給付費用                      358,960                   595,876
       固定資産減価償却費                      825,593                 1,226,472
       福利厚生費                       39,792                   49,797
       修繕費                       27,435                   4,620
       賞与引当金繰入額                     1,432,264                   1,393,911
       役員賞与引当金繰入額                       27,495                   49,986
       役員退職慰労金                       63,072                     -
       機器リース料                        210                   148
       事務委託費                     1,530,113                   3,037,804
       事務用消耗品費                      127,265                   144,804
       器具備品費                      271,658                    5,253
       諸経費                      129,981                   149,850
               一般管理費計                    16,120,918                   20,582,772
      営業利益                             11,554,010                   20,724,376
                                                    (単位:千円)

                                 49/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              第32期                   第33期
                          (自 平成28年4月1日                   (自 平成29年4月1日
                           至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
      営業外収益
       受取利息                        537                  1,430
       受取配当金                       51,036                   74,278
       時効成立分配金・償還金                        103                   256
       為替差益                       7,025                   8,530
       投資信託解約益                         2                236,398
       投資信託償還益                         -                 93,177
       雑収入                 ※1      18,213             ※1      10,306
       時効後支払損引当金戻入額                         -                 17,429
                営業外収益計                      76,918                  441,807
      営業外費用
       投資信託解約損                       31,945                   4,138
       投資信託償還損                       47,201                   17,065
       金銭の信託運用損                      552,635                   99,303
       時効成立後支払分配金・償還金                         39                   -
       時効後支払損引当金繰入額                      209,210                     -
                営業外費用計                     841,031                   120,507
      経常利益                              10,789,897                   21,045,676
      特別利益
       固定資産売却益                 ※2      2,348            ※2        1
       投資有価証券売却益                         -                479,323
       関係会社株式売却益                 ※1        -           ※1    1,492,680
       貸倒引当金戻入益                       8,883                    -
       訴訟損失引当金戻入益                       21,677                     -
       本社移転費用引当金戻入額                         -                138,294
       その他特別利益                        746                   350
                 特別利益計                     33,655                 2,110,649
      特別損失
       固定資産除却損                 ※3      23,600             ※3      36,992
       固定資産売却損                 ※4      10,323             ※4       134
       投資有価証券評価損                       12,085                     -
       ゴルフ会員権評価損                       4,832                    -
       訴訟和解金                       30,000                     -
       本社移転費用                 ※5    1,511,622              ※5        -
       退職給付制度終了損                         -                690,899
       システム移行損失                         -                 76,007
       その他特別損失                         -                   50
                 特別損失計                   1,592,463                    804,083
      税引前当期純利益                              9,231,089                  22,352,243
      法人税、住民税及び事業税                              2,965,061                   6,951,863
      法人税等調整額                              △177,275                   △249,832
      法人税等合計                              2,787,786                   6,702,031
      当期純利益                              6,443,302                  15,650,211
     (3)【株主資本等変動計算書】

     第32期(自平成28年4月1日至平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                     利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                                 50/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資本金     資本準備金       その他     資本剰余金       利益
                                                    運用責
                                          別途    研究開発          繰越利益
                                     準備金
                         資本剰余金       合計
                                                    任準備
                                          積立金     積立金          剰余金
                                                    積立金
     当期首残高          2,000,000      2,428,478         -   2,428,478      123,293     22,030,000      300,000     200,000     5,347,047
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △2,544,000
      別途積立金の
                                          2,550,000              △2,550,000
      積立
      当期純利益                                                   6,443,302
      合併による
                         17,124,479      17,124,479
      増加
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額
                  -      -  17,124,479      17,124,479        -   2,550,000        -     -  1,349,302
     合計
     当期末残高          2,000,000      2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000     6,696,350
                  株主資本           評価・換算差額等

              利益剰余金
                                         純資産
                            その他
                     株主資本            評価・換算
                                         合計
                           有価証券
              利益剰余金
                      合計            差額等合計
                           評価差額金
               合計
     当期首残高          28,000,340      32,428,818        153,956      153,956     32,582,775
     当期変動額
      剰余金の配当         △2,544,000      △2,544,000                   △2,544,000
      別途積立金の
                  -      -                   -
      積立
      当期純利益         6,443,302      6,443,302                   6,443,302
      合併による
                     17,124,479                   17,124,479
      増加
      株主資本以外の
      項目の当期変動                   -    363,907      363,907      363,907
      額(純額)
     当期変動額
               3,899,302      21,023,782        363,907      363,907     21,387,689
     合計
     当期末残高          31,899,643      53,452,601        517,864      517,864     53,970,465
     第33期(自平成29年4月1日至平成30年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                      利益剰余金
                                               その他利益剰余金
              資本金
                         その他     資本剰余金
                                     利益
                                                    運用責
                   資本準備金
                                          別途     研究開発          繰越利益
                         資本剰余金       合計     準備金
                                                    任準備
                                         積立金     積立金          剰余金
                                                    積立金
                                 51/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期首残高         2,000,000      2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000     6,696,350
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △3,200,000
      当期純利益                                                   15,650,211
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計            -      -      -      -    -      -     -     -  12,450,211
     当期末残高         2,000,000      2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000    19,146,562
                  株主資本           評価・換算差額等

              利益剰余金
                                         純資産
                            その他
                     株主資本            評価・換算
                                         合計
                            有価証券
              利益剰余金
                      合計            差額等合計
                           評価差額金
               合計
     当期首残高          31,899,643       53,452,601        517,864      517,864     53,970,465
     当期変動額
      剰余金の配当        △3,200,000       △3,200,000                   △3,200,000
      当期純利益         15,650,211       15,650,211                   15,650,211
      株主資本以外の
      項目の当期変動                   -    277,137      277,137       277,137
      額(純額)
     当期変動額合計          12,450,211       12,450,211        277,137      277,137     12,727,349
     当期末残高          44,349,855       65,902,812        795,002      795,002     66,697,815
     重要な会計方針

     1.  有価証券の評価基準及び評価方法                    (1)子会社株式及び関連会社株式
                                    :移動平均法による原価法
                           (2)その他有価証券
                            時価のあるもの:決算日の市場価格等に基づく時価法
                            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
                            動平均法により算定)
                            時価のないもの:移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及び評価方法                    時価法

     3.  固定資産の減価償却の方法                    (1)有形固定資産

                            定率法を採用しております。
                             ただし、     平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備につい
                            ては  、定額法を採用しております。
                           (2)無形固定資産
                            定額法を採用しております。
                            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利
                            用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     4.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨へ                    外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に

                           換算し、換算差額は損益として処理しております。
      の換算基準
                                 52/85



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5.  引当金の計上基準                    (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充て
                            るため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計
                            上しております。
                           (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充
                            てるため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を
                            計上しております。
                           (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職
                            一時金制度について、当事業年度末における退職給付債務の見
                            込額に基づき計上しております。
                            ①退職給付見込額の期間帰属方法
                             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年
                             度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式
                             基準によっております。
                            ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                             過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存
                             勤務期間内の一定の年数(5年または10年)による定額法に
                             より按分した額を費用処理しております。
                             数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業
                             員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)に
                             よる定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年
                             度から費用処理しております。
                           (4)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益
                            分配金及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備
                            えるため、過去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上し
                            ております。
                           (5)本社移転費用引当金は、本社移転に関連して発生する損失
                            に備えるため、発生すると見込まれる額を計上しております。
     6.消費税等の会計処理                      消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっておりま

                           す。
     会計上の見積りの変更

                    第33期    (自平成29年4月1日           至平成30年3月31日)
      当社は、当事業年度においてシステム統合計画を決定したことに伴い、利用不能となる固定資産について

     耐用年数を短縮し、将来にわたり変更しております。
      これにより、従来の方法と比べて、当事業年度末の減価償却費が413,260千円増加し、営業利益、経常利
     益及び税引前当期純利益はそれぞれ同額減少しております。
     追加情報

                    第33期    (自平成29年4月1日           至平成30年3月31日)
      当社は、平成       29 年 10 月 1 日付で確定給付企業年金制度を確定拠出年金制度等に移行したことにより、「退

     職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第                                    1 号 平成     28 年 12 月 16 日)及び「退職
     給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」                              ( 実務対応報告第        2 号 平成     19 年 2 月 7 日 ) を適用
     し、確定給付年金制度の終了の処理を行いました。
      本移行に伴う影響額は、特別損失に退職給付制度終了損として690,899千円を計上しております                                                 。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                                                       (千円)
                                 53/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
      建物                                53,098                 140,580
      器具備品                                734,064                 847,466
     (損益計算書関係)

     ※1.  関係会社に対する事項
                                                       (千円)
                                 第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      雑収入                                 8,183                   -
      関係会社株式売却益                                   -             1,492,680
     ※2.固定資産売却益の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      建物                                  546                  -
      車両運搬具                                  696                  -
      器具備品                                 1,104                   1
     ※3.固定資産除却損の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      建物                                   -                 298
      器具備品                                 4,727                 8,217
      ソフトウエア                                 2,821                 28,472
      電話加入権                                16,052                    3
     ※4.固定資産売却損の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      建物                                  543                  -
      器具備品                                 9,779                  134
     ※5.本社移転費用の内訳

                                                       (千円)
                                第32期                 第33期
                            (自   平成28年4月       1日       (自   平成29年4月       1日
                             至  平成29年3月31日)               至  平成30年3月31日)
      本社移転費用引当金繰入額                                 942,315                    -
      旧本社不動産賃借料                                418,583                    -
      賃貸借契約解約損                                150,723                    -
     (株主資本等変動計算書関係)

                                 54/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
      発行済株式の種類            当事業年度期首            当事業年度           当事業年度           当事業年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
        普通株式               24,000            490            -         24,490

        A種種類株式                  -        15,510              -         15,510

          合計              24,000           16,000              -         40,000

     (注)普通株式及びA種種類株式の発行済株式総数の増加は、当社統合に伴う新株の発行による増加でありま
        す。
      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
          決議        株式の     配当金の総額        1株当たり配当            基準日          効力発生日
                  種類      (千円)        額(円)
       平成28年6月29日

                 普通株式        2,544,000         106,000       平成28年3月31日           平成28年6月30日
        定時株主総会
     (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議       株式の     配当の     配当金の総       1株当たり配          基準日         効力発生日
                 種類     原資    額(千円)        当額(円)
                 普通

                 株式
      平成29年6月21日                利益
                           3,200,000         80,000     平成29年3月31日          平成29年6月22日
       定時株主総会              剰余金
                A種種類
                 株式
      第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
      発行済株式の種類            当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
        普通株式               24,490             -           -         24,490

        A種種類株式                15,510             -           -         15,510

          合計              40,000             -           -         40,000

      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
          決議        株式の     配当金の総額        1株当たり配当            基準日          効力発生日
                   種類      (千円)        額(円)
                 普通株式

       平成29年6月21日
                         3,200,000          80,000      平成29年3月31日           平成29年6月22日
                  A種種類
        定時株主総会
                   株式
     (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         平成30年6月20日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
                                 55/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          決議       株式の     配当の     配当金の総       1株当たり配          基準日         効力発生日
                 種類     原資    額(千円)       当額(円)
                 普通

                 株式
      平成30年6月20日                利益
                           12,520,000         313,000      平成30年3月31日          平成30年6月21日
       定時株主総会              剰余金
                A種種類
                 株式
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
     ( 1 ) 金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、短期的な預金等に限定しております。
        当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するため、当該投資信託を特定金外信託を通じて、ま
       たは直接保有しております。なお、特定金外信託を通じて行っているデリバティブ取引は後述するリスク
       を低減する目的で行っております。当該デリバティブ取引は、実需の範囲内でのみ利用することとしてお
       り、投機的な取引は行わない方針であります。
     ( 2 ) 金融商品の内容及びそのリスク

        金銭の信託の主な内容は、当社運用ファンドの安定運用を主な目的として資金投入した投資信託及びデ
       リバティブ取引であります。金銭の信託に含まれる投資信託は為替及び市場価格の変動リスクに晒されて
       おりますが、デリバティブ取引(為替予約取引及び株価指数先物取引)を利用して一部リスクを低減して
       おります。
        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、相手先の信用リスクに晒されております。
        有価証券及び投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の株式で
       あり、発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である未払手数料は、1年以内の支払期日であります。
     ( 3 ) 金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          預金の預入先については、余資運用規程に従い、格付けの高い預入先に限定することにより、リスク
         の軽減を図っております。
          営業債権の相手先の信用リスクに関しては、当社の信用リスク管理の基本方針に従い、取引先ごとの
         期日管理及び残高管理を行うとともに、主な相手先の信用状況を把握する体制としています。
          有価証券及び投資有価証券の発行体の信用リスクに関しては、信用情報や時価の把握を定期的に行う
         ことで管理しています。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          組織規程における分掌業務の定めに基づき、リスク管理担当所管にて、取引残高、損益及びリスク量
         等の実績管理を行い、定期的に社内委員会での報告を実施しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          取引実行担当所管からの報告に基づき、資金管理担当所管が資金繰りを確認するとともに、十分な手
         許流動性を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     ( ▶ ) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
       が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
       用することにより、当該価額が変動することがあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
       第32期(平成29年3月31日現在)
                          貸借対照表計上額                時価           差額
                            (千円)            (千円)           (千円)
                                 56/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (1)現金・預金                        27,972,477            27,972,477               -
       (2)金銭の信託                        12,366,219            12,366,219               -
       (3)未収委託者報酬                        10,164,041            10,164,041               -
       (4)未収運用受託報酬                        7,250,239            7,250,239               -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                    3,225,878            3,225,878               -
              資産計                 60,978,855            60,978,855               -
       (1)未払手数料                         4,062,695            4,062,695               -
              負債計                  4,062,695            4,062,695               -
       第33期(平成30年3月31日現在)

                          貸借対照表計上額                時価           差額
                            (千円)            (千円)           (千円)
       (1)現金・預金                        49,071,217            49,071,217               -
       (2)金銭の信託                        12,083,824            12,083,824               -
       (3)未収委託者報酬                        11,769,015            11,769,015               -
       (4)未収運用受託報酬                        4,574,225            4,574,225               -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                    1,448,968            1,448,968               -
              資産計                 78,947,251            78,947,251               -
       (1)未払手数料                         4,629,133            4,629,133               -
              負債計                  4,629,133            4,629,133               -
      (注1)金融商品の時価の算定方法

        資 産
        (1)現金・預金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
        (2)金銭の信託

          有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券
         について、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関より
         提示された価格によっております。
        (3)未収委託者報酬及び(4)未収運用受託報酬

          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
         おります。
        (5)有価証券及び投資有価証券

          これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっておりま
         す。
        負 債

        (1)未払手数料
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
         ります。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                      (千円)
                                第32期                 第33期
               区分
                           (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
       ①非上場株式                              337,468                 272,464
       ②関係会社株式                             3,306,296                 3,229,196
                                 57/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を
        把握することが極めて困難と認められるため、「(5)                            有価証券及び投資有価証券              その他有価証券」には
        含 めておりません。
        ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価
        を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
      (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       第32期(平成29年3月31日現在)
                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
       (1)現金・預金                     27,972,477             -         -         -
       (2)金銭の信託                     12,366,219             -         -         -
       (3)未収委託者報酬                     10,164,041             -         -         -
       (4)未収運用受託報酬                     7,250,239             -         -         -
       (5)有価証券及び投資有価証券
                              297,560         320,736         888,110         12,660
          その他有価証券(投資信託)
       第33期(平成30年3月31日現在)

                           1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
       (1)現金・預金                     49,071,217             -         -         -
       (2)金銭の信託                     12,083,824             -         -         -
       (3)未収委託者報酬                     11,769,015             -         -         -
       (4)未収運用受託報酬                     4,574,225             -         -         -
       (5)有価証券及び投資有価証券
                                -       3,995           -         -
          その他有価証券(投資信託)
     (有価証券関係)

     1.  子会社株式及び関連会社株式
       関係会社株式(第32期の貸借対照表計上額3,306,296千円、第33期の貸借対照表計上額3,229,196千円)
      は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     2.  その他有価証券

      第32期(平成29年3月31日現在)
                                                       (千円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                      609,710               146,101              463,608
       ②投資信託                     2,384,278              2,091,387               292,891
       小計                     2,993,988              2,237,489               756,499
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                         -              -              -
       ②投資信託                      231,889              241,951             △10,061
       小計                      231,889              241,951             △10,061
       合計                     3,225,878              2,479,440               746,438
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額337,468千円)については、市場価格がなく、時価を把握                                                 すること
                                 58/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      第33期(平成30年3月31日現在)

                                                       (千円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                     1,267,157               146,101             1,121,055
       ②投資信託                      177,815              153,000              24,815
       小計                     1,444,972               299,101             1,145,870
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                         -              -              -
                                                          △  ▶
       ②投資信託                       3,995              4,000
                                                          △  ▶
       小計                       3,995              4,000
       合計                     1,448,968               303,101             1,145,866
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額                   272,464    千円)については、市場価格がなく、時価を把握                         すること
         が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3.当該事業年度中に売却したその他有価証券

      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
                          売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (千円)             (千円)             (千円)
       投資信託                      717,905                2          79,146
       (注)投資信託の「売却額」、「売却益の合計額」及び「売却損の合計額」は、解約又は償還によるもの
         であります。
      第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

                          売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                         (千円)             (千円)             (千円)
       株式                      544,326             479,323                -
       投資信託                     2,480,288              329,576             21,204

       (注)投資信託の「売却額」、「売却益の合計額」及び「売却損の合計額」は、解約又は償還によるもの
         であります。
     4.減損処理を行った有価証券

       第32期において、有価証券について12,085千円(その他有価証券)減損処理を行っております。
       第33期において、該当事項はありません。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処
      理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理
      を行っております。
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度(非積立型制度であります)を採用しております。確定
      拠出型の制度としては確定拠出年金制度を採用しております。
       なお、   当社は平成      29 年 10 月 1 日付で、     確定給付企業年金制度を確定拠出年金制度等に移行するとともに、
                                 59/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      退職一時金制度を改定しました。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                                (自   平成28年4月       1日     (自   平成29年4月       1日
                                 至  平成29年3月31日)             至  平成30年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                 1,086,550               2,718,372
        勤務費用                                 189,127               269,128
        利息費用                                 10,905                7,523
        数理計算上の差異の発生額                                 89,303               61,792
        退職給付の支払額                                △144,062               △111,758
        合併による増加                                1,486,547                   -
        確定拠出制度への移行に伴う減少額                                    -          △1,316,796
        退職一時金制度改定に伴う増加額                                    -            526,345
       退職給付債務の期末残高                                 2,718,372               2,154,607
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                                (自   平成28年4月       1日     (自   平成29年4月       1日
                                 至  平成29年3月31日)             至  平成30年3月31日)
       年金資産の期首残高                                     -           1,363,437
          期待運用収益                                16,033               17,042
          数理計算上の差異の発生額                                 1,894                 -
          事業主からの拠出額                                37,402               36,672
          退職給付の支払額                               △28,876                  -
          合併による増加                              1,336,984                   -
          確定拠出制度への移行に伴う減少額                                  -          △1,417,152
       年金資産の期末残高                                 1,363,437                   -
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

      調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
       積立型制度の退職給付債務                                 1,275,346                   -
       年金資産                                △1,363,437                    -
                                        △88,090                   -
       非積立型制度の退職給付債務                                 1,443,026               2,154,607
       未積立退職給付債務                                 1,354,935               2,154,607
       未認識数理計算上の差異                                 △430,203               △204,636
       未認識過去勤務費用                                  △4,852              △312,836
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  919,879              1,637,133
       退職給付引当金                                 1,245,019               1,637,133

       前払年金費用                                 △325,140                   -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  919,879              1,637,133
      (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                        (千円)
                                 60/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                    第32期               第33期
                               (自   平成28年4月       1日     (自   平成29年4月       1日
                                至  平成29年3月31日)              至  平成30年3月31日)
       勤務費用                                  189,127               269,128
       利息費用                                   10,905                7,523
       期待運用収益                                  △16,033               △17,042
       数理計算上の差異の費用処理額                                   78,229               88,417
       過去勤務費用の費用処理額                                   4,852               39,611
       退職一時金制度改定に伴う費用処理額                                     -             70,560
       その他                                   7,498              △1,620
       確定給付制度に係る退職給付費用                                  274,580               456,577
       制度移行に伴う損失(注)                                     -            690,899
       (注)特別損失に計上しております。
      (5)年金資産に関する事項

         ①年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                    第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
         株式
                                         31.5%                  -
         債券
                                         29.0%                  -
         共同運用資産
                                         24.1%                  -
         生命保険一般勘定
                                         10.5%                  -
         現金及び預金
                                          4.6%                 -
         合計
                                         100.0%                  -
         ②長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
         構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
       割引率                              0.02%~1.09%                    0.09  %
       長期期待運用収益率                                  2.50%                 -
       予想昇給率                              1.00%~8.73%               1.00%~4.42%
     3.簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (自   平成28年4月       1日      (自   平成29年4月       1日
                                至  平成29年3月31日)              至  平成30年3月31日)
       退職給付引当金の期首残高                                     -           △300,927
         退職給付費用
                                         22,562               53,156
         退職給付の支払額
                                            -               -
         制度への拠出額
                                        △36,177               △35,640
         合併による増加
                                        △287,313                   -
         確定拠出制度への移行に伴う減少額
                                            -            391,600
         退職一時金制度改定に伴う振替額
                                            -           △108,189
       退職給付引当金の期末残高                                 △300,927                   -
                                 61/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

      調整表
                                                        (千円)
                                    第32期               第33期
                               (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
       積立型制度の退職給付債務                                  789,261                  -
       年金資産                                △1,150,443                    -
                                        △361,181                   -
       非積立型制度の退職給付債務                                   60,254                  -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △300,927                   -
       退職給付引当金                                   60,254                  -

       前払年金費用                                 △361,181                   -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △300,927                   -
      (3)退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用 前事業年度                       22,562千円 当事業年度53,156千円
     4.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度61,817千円、当事業年度                                       86,141   千円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 第32期                 第33期
                            (平成29年3月31日現在)                 (平成30年3月31日現在)
       繰延税金資産                              (千円)                  (千円)
        未払事業税                         124,081                  290,493
        未払事業所税                         11,054                  11,683
        賞与引当金                         441,996                  426,815
        未払法定福利費                         84,152                  81,186
        資産除去債務                         86,421                  90,524
        減価償却超過額(一括償却資産)                         10,666                  11,331
         減価償却超過額                       116,920                  176,791
        繰延資産償却超過額(税法上)                        32,949                  34,977
        退職給付引当金                         399,808                  501,290
        時効後支払損引当金                         66,282                  60,941
        ゴルフ会員権評価損                         14,295                  13,173
         関係会社株式評価損                       166,740                  166,740
         投資有価証券評価損                        69,683                  28,976
         未払給与                        12,344                  9,186
         本社移転費用引当金                       289,865                  47,947
                                 14,309                  29,193
         その他
       繰延税金資産小計
                               1,941,573                  1,981,254
         評価性引当額                          -                  -
       繰延税金資産合計                       1,941,573                  1,981,254
                                 62/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       繰延税金負債
         前払年金費用                      △210,151                      -
         その他有価証券評価差額金                      △159,429                  △281,720
       繰延税金負債合計                       △369,581                  △281,720
       繰延税金資産の純額                       1,571,992                  1,699,533
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下である
      ため、注記を省略しております。
     ( 企業結合等関係        )

      当社(以下「AMOne」という)は、平成28年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社(以
     下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式会社(以下
     「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4社」という)間の
     「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日付で統合いたしました。
     1.結合当事企業

       結合当事企業             DIAM           MHAM            TB         新光投信
                 投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
       事業の内容
                 資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
     2.企業結合日

      平成28年10月1日
     3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、吸収合
     併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分割、③DIAMを
     吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
     4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
     5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「                              MHFG  」という)及び第一生命ホールディングス
     株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミットメントのも
     と、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、                                      MHFG  と第一生命両社グループとの
     連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバルな運用会社としての飛
     躍を目指してまいります。
     6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                          DIAM                      MHAM
         会社名
                        (存続会社)                      (消滅会社)
       合併比率(*)                    1                     0.0154
      (*)   普通株式と種類株式を合算して算定しております。
     7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、                         DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所有する
     MHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式15,510株を交
     付しました。
                                 63/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     8.経済的持分比率(議決権比率)

      MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                     50.00%
      MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                     20.00%
      MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                     70.00%
      なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
     9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社である                                              MHFG  が、結合後
     企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当し、DIAMが被
     取得企業となるものです。
     10.会計処理

      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計
     基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)
     に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下の取引として処理
     し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
     11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

       (1)財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
         平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
       (2)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価        MHAMの普通株式           144,212,500千円
          取得原価                   144,212,500千円
       (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224,837千円
                               被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負
          b.発生原因
                               債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
       (4)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          a.資産の額        資産合計                    40,451,657千円
                    うち現金・預金                   11,605,537千円
                    うち金銭の信託                   11,792,364千円
          b.負債の額
                   負債合計                    9,256,209千円
                    うち未払手数料及び未払費用                   4,539,592千円
          (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額には含
             まれておりません。
       (5)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種類別の
          加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額                            53,030,000千円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産                           53,030,000千円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産                                16.9年
     12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

       (1)貸借対照表項目
       流動資産                           -千円
       固定資産                     114,270,495千円
       資産合計                     114,270,495千円
                                 64/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       流動負債                           -千円
       固定負債                      13,059,836千円
       負債合計                      13,059,836千円
       純資産                     101,210,659千円
       (注)固定資産及び資産合計には、のれんの金額70,507,975千円及び顧客関連資産の金額45,200,838千
          円が含まれております。
       (2)損益計算書項目
       営業収益                           -千円
       営業利益                     △9,012,128千円
       経常利益                     △9,012,128千円
       税引前当期純利益                     △9,012,128千円
       当期純利益                     △7,419,617千円
       1株当たり当期純利益                     △185,490円43銭
       (注)営業利益には、のれんの償却額3,811,241千円及び顧客関連資産の償却額5,233,360千円が含まれ
          ております。
     (資産除去債務関係)

       当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有し
      ているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
       なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債計
      上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負
      担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
     (セグメント情報等)

     1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)           及び  第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)
      (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごとの営業
       収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報
        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
       略しております。
     (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引
     (1)親会社及び法人主要株主等
     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
     該当はありません。
     第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

     該当はありません。
                                 65/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)子会社及び関連会社等

     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
     該当はありません。
     第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

     該当はありません。
     (3)兄弟会社等

     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
                資本金    事業の    議決権      関係内容
                                            取引金額      科目    期末残高
       会社等の      住所    又は    内容又    等の所             取引の内容
     属
                                            (千円)           (千円)
        名称        出資金    は職業    有(被
                            役員の     事業上
     性
                        所有)
                            兼任等     の関係
                         割合
       株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の       4,530,351      未払       767,732

       みずほ銀     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
       行     区                    の販売     数料
       資産管理     東京都     500   資産管     -    -   当社信託     信託元本の        100,000    金銭の     12,366,219

     親
       サービス     中央区     億円   理等            財産の運     払戻(純             信託
     会
       信託銀行                         用     額)
     社
       株式会社                              信託報酬の         7,080
     の
                                     支払
     子
       みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の       5,061,766      未払      1,166,212
     会
       券株式会     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
     社
       社     区                    の販売     数料
       みずほ信     東京都    2,473    信託銀     -    -   投資一任     運用受託報       2,520,431      未収運      2,722,066

       託銀行株     中央区     億円   行業            契約の締     酬の受取             用受託
       式会社                         結                  報酬
     第33期(自平成29年4月1日              至平成30年3月31日)

                資本金    事業の    議決権      関係内容
                                            取引金額      科目    期末残高
       会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内容
     属
                                            (千円)           (千円)
        名称        出資金    は職業    有(被
                            役員の     事業上
     性
                        所有)
                            兼任等     の関係
                         割合
     親  株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の       6,470,802      未払       894,336

     会  みずほ銀     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
     社  行     区                    の販売     数料
     の
       みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の       9,079,083      未払     1,549,208
     子
       券株式会     千代田     億円               投資信託     販売代行手             手数料
     会
       社     区                    の販売     数料
     社
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)   投資信託の販売代行手数料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注2)   信託報酬は、一般的取引条件を勘案した料率が適用されております。
     (注3)   運用受託報酬は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
                                 66/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注4)   上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
       (東京証券取引所及びニューヨーク証券取引所に上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務諸表

       該当はありません。
     (1株当たり情報)

                               第32期                  第33期
                          (自   平成28年4月       1日         (自   平成29年4月       1日
                           至  平成29年3月31日)                 至  平成30年3月31日)
      1株当たり純資産額                          1,349,261     円 64 銭           1,667,445     円 37 銭
      1株当たり当期純利益金額                            201,491    円 22 銭            391,255    円 29 銭

     (注1)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりま
        せん。
     (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              第32期                   第33期
                         (自   平成28年4月       1日         (自   平成29年4月       1日
                          至  平成29年3月31日)                 至  平成30年3月31日)
      当期純利益金額                           6,443,302千円                   15,650,211千円
      普通株主及び普通株主と同等

                                       -                   -
      の株主に帰属しない金額
      普通株式及び普通株式と同等

                                 6,443,302千円                   15,650,211千円
      の株式に係る当期純利益金額
      普通株式及び普通株式と同等

      の株式の期中平均株式数                              31,978株                   40,000株
                                   (24,244株)                   (24,490株)

      (うち普通株式)
      (うちA種種類株式)                              (7,734株)                   (15,510株)

     (注1)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を有して
        いるため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
     (1)中間貸借対照表

                                                    (単位:千円)
                                          第34期中間会計期間末
                                         (平成30年9月30日現在)
                 (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                                               34,067,025
       金銭の信託                                               18,936,052
       未収委託者報酬                                               12,755,452
       未収運用受託報酬                                               3,856,616
       未収投資助言報酬                                                346,291
                                 67/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       未収収益                                                 58,816
       前払費用                                                722,476
       その他                                                443,661
                             流動資産計                        71,186,392
      固定資産

       有形固定資産                                               1,564,959
        建物                                  ※1            1,139,616
        器具備品                                  ※1             425,343
       無形固定資産                                               2,666,559
        ソフトウエア                                               875,280
        ソフトウエア仮勘定                                              1,787,307
        電話加入権                                                3,931
        電信電話専用施設利用権                                                  40
       投資その他の資産                                               8,242,396
        投資有価証券                                              2,436,769
        関係会社株式                                              3,229,196
        長期差入保証金                                              1,318,800
        繰延税金資産                                              1,167,835
        その他                                                89,794
                             固定資産計                        12,473,915
                  資産合計                                    83,660,307
                                                    (単位:千円)

                                          第34期中間会計期間末
                                         (平成30年9月30日現在)
                 (負債の部)
      流動負債
       預り金                                               2,420,695
       未払金                                               5,448,301
        未払収益分配金                                                1,091
        未払償還金                                                48,968
        未払手数料                                              4,999,441
        その他未払金                                               398,799
       未払費用                                               6,877,637
       未払法人税等                                               3,090,099
       未払消費税等                                                599,967
       前受収益                                                 70,778
       賞与引当金                                               1,310,878
       役員賞与引当金                                                 25,584
                             流動負債計                        19,843,940
                                 68/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      固定負債
       退職給付引当金                                               1,739,495
       時効後支払損引当金                                                177,842
                             固定負債計                         1,917,338
                  負債合計                                    21,761,279
                (純資産の部)
      株主資本
       資本金                                               2,000,000
       資本剰余金                                               19,552,957
        資本準備金                                              2,428,478
        その他資本剰余金                                              17,124,479
       利益剰余金                                               39,054,769
        利益準備金                                               123,293
        その他利益剰余金                                              38,931,475
         別途積立金                                             31,680,000
         繰越利益剰余金                                             7,251,475
                             株主資本計                        60,607,726
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                               1,291,302
                         評価・換算差額等計                             1,291,302
                 純資産合計                                    61,899,028
                負債・純資産合計                                      83,660,307
     (2)中間損益計算書

                                                    (単位:千円)
                                        第34期中間会計期間
                                  (自平成30年4月1日至平成30年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                42,913,511
       運用受託報酬                                 8,532,726
       投資助言報酬                                  628,443
       その他営業収益                                  58,808
                        営業収益計                              52,133,489
      営業費用
       支払手数料                                18,339,539
       広告宣伝費                                  179,085
       公告費                                    125
       調査費                                12,096,339
        調査費                                4,887,455
        委託調査費                                7,208,884
       委託計算費                                  514,718
       営業雑経費                                  613,114
        通信費                                 23,463
        印刷費                                 467,622
        協会費                                 31,454
        諸会費                                 17,206
        支払販売手数料                                 73,367
                                 69/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        営業費用計                              31,742,923
      一般管理費
       給料                                 4,854,622
        役員報酬                                 92,217
        給料・手当                                4,634,136
        賞与                                 128,268
       交際費                                  26,068
       寄付金                                   5,806
       旅費交通費                                  164,824
       租税公課                                  284,716
       不動産賃借料                                  779,131
       退職給付費用                                  256,835
       固定資産減価償却費                              ※1    294,442
       福利厚生費                                  22,384
       修繕費                                  12,644
       賞与引当金繰入額                                 1,310,878
       役員賞与引当金繰入額                                  25,584
       機器リース料                                    60
       事務委託費                                 1,757,115
       事務用消耗品費                                  70,698
       器具備品費                                   3,043
       諸経費                                  98,264
                       一般管理費計                               9,967,124
      営業利益                                                10,423,441
                                                    (単位:千円)

                                        第34期中間会計期間
                                  (自平成30年4月1日至平成30年9月30日)
      営業外収益
       受取利息                                    887
       受取配当金                                  49,212
       時効成立分配金・償還金                                   8,482
       時効後支払損引当金戻入額                                  19,806
       雑収入                                  12,895
                       営業外収益計                                 91,283
      営業外費用
       為替差損                                  19,977
       金銭の信託運用損                                  23,814
       雑損失                                   3,708
                       営業外費用計                                 47,500
      経常利益                                                10,467,225
      特別損失
       固定資産除却損                                  18,830
                        特別損失計                                18,830
      税引前中間純利益                                                10,448,394
      法人税、住民税及び事業税                                                2,910,819
      法人税等調整額                                                 312,661
      法人税等合計                                                3,223,481
      中間純利益                                                7,224,913
     (3)中間株主資本等変動計算書

      第34期中間会計期間(自平成30年4月1日至平成30年9月30日)
                                 70/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                              その他利益剰余金
              資本金
                         その他     資本剰余金      利益
                                                   運用責
                  資本準備金
                                         別途    研究開発          繰越利益
                        資本剰余金       合計    準備金
                                                   任準備
                                         積立金     積立金          剰余金
                                                   積立金
     当期首残高         2,000,000      2,428,478      17,124,479      19,552,957     123,293    24,580,000      300,000     200,000    19,146,562
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                                 △ 12 ,520,000
      中間純利益                                                  7, 224,913
      別途積立金
                                        7,100,000
      の積立
      研究開発
                                             △300,000
      積立金の取崩
      運用責任準備
                                                  △200,000
      積立金の取崩
      繰越利益剰余金
                                                       △6,600,000
      の取崩
      株主資本以外の
      項目の当中間期
      変動額(純額)
     当中間期変動額
                 -      -      -      -    -  7,100,000     △300,000     △200,000    △11,895,086
     合計
     当中間期末残高         2,000,000      2,428,478      17,124,479      19,552,957     123,293    31,680,000         -     -  7,251,475
                   株主資本            評価・換算差額等

               利益剰余金                            純資産
                              その他
                       株主資本            評価・換算
                                           合計
                             有価証券
               利益剰余金
                        合計           差額等合計
                             評価差額金
                合計
     当期首残高            44,349,855      65,902,812        795,002      795,002       66,697,815
     当中間期変動額
      剰余金の配当          △12,520,000      △12,520,000                    △12,520,000
      中間純利益           7,224,913      7,224,913                    7,224,913
      別途積立金
                 7,100,000      7,100,000                    7,100,000
      の積立
      研究開発
                 △300,000      △300,000                    △300,000
      積立金の取崩
      運用責任準備
                 △200,000      △200,000                    △200,000
      積立金の取崩
      繰越利益剰余金
                △6,600,000      △6,600,000                    △6,600,000
      の取崩
      株主資本以外の
      項目の当中間期                         496,300      496,300        496,300
      変動額(純額)
                                 71/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当中間期変動額
                △5,295,086      △5,295,086        496,300      496,300      △4,798,786
     合計
     当中間期末残高            39,054,769      60,607,726       1,291,302      1,291,302        61,899,028
     重要な会計方針

                      (1)子会社株式及び関連会社株式
     1.有価証券の評価基準及び評
                               :移動平均法による原価法
       価方法
                      (2)その他有価証券
                       時価のあるもの:中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
                        法により算定)
                       時価のないもの:         移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び                 時価法

       評価方法
                      (1)有形固定資産

     3.固定資産の減価償却の方法
                       定率法を採用しております。
                        ただし、     平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については                             、
                        定額法を採用しております。
                       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                        建物        …   6~18年
                        器具備品        …   2~20年
                      (2)無形固定資産
                        定額法を採用しております。
                        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能
                       期間(5年)に基づく定額法によっております。
                       外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物等為替相場により円貨に換算

     4.外貨建の資産及び負債の本
                       し、換算差額は損益として処理しております。
       邦通貨への換算基準
                                 72/85










                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるた
     5.引当金の計上基準
                       め、将来の支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を計上して
                       おります。
                      (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充てるた
                       め、将来の支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を計上して
                       おります。
                      (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職一時金
                       制度について、        当事業年度末       における退職給付債務の見込額に基づき
                       当中間会計期間末において発生していると認められる額を計上してお
                       ります。
                        ①退職給付見込額の期間帰属方法
                         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間
                         末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準に
                         よっております。
                        ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                         過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期
                         間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額を費用処
                         理しております。
                         数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業員の平
                         均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)による定額法に
                         より按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理して
                         おります。
                      (4)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益分配金
                       及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備えるため、過
                       去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
     6.消費税等の会計処理                  消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。

     表示方法の変更

                           第34期中間会計期間
                     (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当中間会計

     期間の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
     分に表示する方法に変更しました。
      注記事項

     (中間貸借対照表関係)
               項目                       第34期中間会計期間末

                                      (平成30年9月30日現在)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額                         建物           …    184,810千円

                               器具備品           …    860,618千円
     (中間損益計算書関係)

               項目                        第34期中間会計期間

                                 (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
                                 73/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※1.減価償却実施額                         有形固定資産           …    112,547千円
                               無形固定資産           …    181,894千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)

      第34期中間会計期間(自平成30年4月1日                     至平成30年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
     発行済株式の種類           当事業年度期首

                            当中間会計期間           当中間会計期間           当中間会計期間末
                 株式数(株)
                           増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
        普通株式               24,490             -           -         24,490

       A種種類株式               15,510             -           -         15,510

         合計             40,000             -           -         40,000

     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
         決議        株式の
                       配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日
                 種類
                         総額       配当額
                       (千円)        (円)
                普通株式

     平成30年6月20日
                        12,520,000         313,000       平成30年3月31日           平成30年6月21日
      定時株主総会
                A種種類
                 株式
     (2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

         該当事項はありません。
     (金融商品関係)

     第34期中間会計期間末(平成30年9月30日現在)
     金融商品の時価等に関する事項
     平成30年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                              中間貸借対照表計上額                 時価        差額
                                 (千円)             (千円)        (千円)
     (1)現金・預金                                34,067,025         34,067,025            -
     (2)金銭の信託                                18,936,052         18,936,052            -
     (3)未収委託者報酬                                12,755,452         12,755,452            -
     (4)未収運用受託報酬                                3,856,616         3,856,616           -
     (5)有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                              2,164,304         2,164,304           -
              資産計                       71,779,451         71,779,451            -
     (1)未払手数料                                 4,999,441         4,999,441           -
              負債計                       4,999,441         4,999,441           -
     (注1)金融商品の時価の算定方法

     資 産
                                 74/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)現金・預金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (2)金銭の信託

       有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券につ
      いて、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関より提示され
      た価格によっております。
     (3)未収委託者報酬及び(4)未収運用受託報酬

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (5)有価証券及び投資有価証券

       これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっております。
     負 債

     (1)未払手数料
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                       中間貸借対照表計上額
                区分
                                          (千円)
      ①非上場株式                                                  272,464
      ②関係会社株式                                                 3,229,196
      ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握
       することが極めて困難と認められるため、「(5)                          有価証券及び投資有価証券 その他有価証券」には含め
       ておりません。
      ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把
       握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
     (有価証券関係)

                           第34期中間会計期間末
                          (平成30年9月30日現在)
                                 75/85







                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.子会社株式
       関係会社株式(中間貸借対照表計上額                    3,229,196     千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが
       極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     2.その他有価証券

                       中間貸借対照表               取得原価             差額
            区 分
                       計上額(千円)               (千円)            (千円)
       中間貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                     1,976,064             146,101           1,829,962
       ②投資信託                       184,247            153,000             31,247
       小計                     2,160,311             299,101           1,861,209
       中間貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                          -            -            -
       ②投資信託                        3,993            4,000              △6
       小計                        3,993            4,000              △6
       合計                     2,164,304             303,101           1,861,202
      (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額                      272,464    千円)については、市場価格がなく、時価を把握す
       ることが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     (企業結合等関係)

      当社(以下「AMOne」という)は、平成28年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社(以
     下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式会社(以下
     「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4社」という)間の
     「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日付で統合いたしました。
     1.結合当事企業

     結合当事企業               DIAM           MHAM            TB         新光投信
                投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
     事業の内容
                資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
     2.企業結合日

      平成28年10月1日
     3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、吸収合
     併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分割、③DIAMを
     吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
     4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
     5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「                              MHFG  」という)及び第一生命ホールディングス
     株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミットメントのも
     と、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、                                      MHFG  と第一生命両社グループとの
     連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバルな運用会社としての飛
                                 76/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     躍を目指してまいります。
     6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                          DIAM                      MHAM
         会社名
                        (存続会社)                      (消滅会社)
       合併比率(*)                    1                    0.0154
      (*)   普通株式と種類株式を合算して算定しております。
     7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、                         DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所有する
     MHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式15,510株を交
     付しました。
     8.経済的持分比率(議決権比率)

       MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                      50.00%
       MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                      20.00%
       MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                      70.00%
       なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
     9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社である                                              MHFG  が、結合後
     企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当し、DIAMが被
     取得企業となるものです。
     10.会計処理

      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計
     基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)
     に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下の取引として処理
     し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
     11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

       (1)中間財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
         平成30年4月1日から平成30年9月30日まで
       (2)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価        MHAMの普通株式           144,212,500千円
          取得原価                   144,212,500千円
       (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224,837千円
                               被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負
          b.発生原因
                               債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
       (4)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          a.資産の額         資産合計                     40,451,657千円
                    うち現金・預金                    11,605,537千円
                    うち金銭の信託                    11,792,364千円
          b.負債の額
                   負債合計                     9,256,209千円
                    うち未払手数料及び未払費用                    4,539,592千円
          (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額には含
             まれておりません。
       (5)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種類別の
                                 77/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額                              53,030,000千円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産                             53,030,000千円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産                                 16.9年
     12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

       (1)貸借対照表項目
       流動資産                           -千円
       固定資産                     109,432,950千円
       資産合計                     109,432,950千円
       流動負債                           -千円
       固定負債                      11,942,856千円
       負債合計                      11,942,856千円
       純資産                      97,490,094千円
       (注)固定資産及び資産合計には、のれんの金額68,602,354千円及び顧客関連資産の金額42,580,212千
          円が含まれております。
       (2)損益計算書項目

       営業収益                           -千円
       営業利益                     △4,521,569千円
       経常利益                     △4,521,569千円
       税引前中間純利益                     △4,521,569千円
       中間純利益                     △3,720,565千円
       1株当たり中間純利益                      △93,014円14銭
       (注)営業利益には、のれんの償却額1,905,620千円及び顧客関連資産の償却額2,620,626千円が含まれ
          ております。
     (資産除去債務関係)

      当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有して

     いるため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
      なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債計上
     に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に
     属する金額を費用計上し、直接減額しております。
     (セグメント情報等)

     第34期中間会計期間(自平成30年4月1日                     至平成30年9月30日)
     1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

     (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごとの営業
       収益の記載を省略しております。
     (2)地域ごとの情報

                                 78/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
     (3)主要な顧客ごとの情報

        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
       略しております。
     (1株当たり情報)

                            第34期中間会計期間
                      (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
      1株当たり純資産額                                   1,547,475円72銭

      1株当たり中間純利益金額                                    180,622円83銭

     (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
        ん。
      1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                        第34期中間会計期間
                                   (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
      中間純利益金額                                   7,224,913千円
      普通株主及び普通株主と同等の株主に帰属し

                                                -
      ない金額
      普通株式及び普通株式と同等の株式に係る中

                                          7,224,913千円
      間純利益金額
      普通株式及び普通株式と同等の株式の期中平

                                           40,000株
      均株式数
      (うち普通株式)                                    (24,490株)

      (うちA種種類株式)                                    (15,510株)

     (注)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び                         残余財産     分配請求権について普通株式と同等の権利を有して
        いるため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
     (重要な後発事象)

                           第34期中間会計期間
                     (自平成30年4月1日           至平成30年9月30日)
                                 79/85




                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      アセットマネジメントOne株式会社(取締役社長:菅野                             暁、以下「AM-One」)は、平成30年6月1日に株式
     会社みずほ銀行(頭取:藤原                弘治)と締結した株式譲渡基本合意書に基づき、平成30年11月1日に株式譲
     渡契約を締結の上、同日付でみずほグローバルオルタナティブインベストメンツ株式会社(取締役社長:
     安藤   学、以下「MGAI」)の発行済株式の全てを取得し、子会社化しました。本再編に伴いMGAIは、商号を
     アセットマネジメントOneオルタナティブインベストメンツ株式会社(取締役社長:安藤                                                  学、以下
     「AMOAI」)に改称しました。
     1.株式取得の目的

      本再編により、AM-OneとAMOAI(旧MGAI)は両社のオルタナティブ投資のゲートキーピング(※)に係る機
     能について一体運営を行ない、ゲートキーピング能力と受託体制の強化を実現するとともに、株式会社み
     ずほフィナンシャルグループ及び第一生命ホールディングス株式会社とも連携し、お客さまの多様なニー
     ズに応えるものであります。
      (※)外部の運用会社およびファンドを調査し、優良なファンドを選定・管理すること
     2.株式取得対象会社の概要

      (1)   商号       : アセットマネジメントOneオルタナティブインベストメンツ株式会社
      (2)   事業内容:投資運用業務、投資助言・代理業務
      (3)   資本金      :10億円(平成30年11月1日現在)
     3.株式取得の時期

      平成30年11月1日
     4.取得する株式の数、取得原価及び取得後の議決権比率

      (1)取得株式数                      : 20,000株
      (2)取得原価                     :12億7千万円
      (3)取得後の議決権比率              :100  %
     4【利害関係人との取引制限】


       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為

      が禁止されています。
      (1)  自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投
       資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがない
       ものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
      (2)  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、もしくは取
       引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるも
       のを除きます。)。
      (3)  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等
       (委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係
       を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において同
       じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品
       取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下
       同じ。)と有価証券の売買その他の取引または店頭デリバティブ取引を行うこと。
      (4)  委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
       財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      (5)  上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投
                                 80/85

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのある
       ものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

      (1)  定款の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項

        2018年6月20日付で、総則の「目的」に関する事項の定款の変更を行いました。
        委託会社は、株式会社みずほ銀行から、みずほグローバルオルタナティブインベストメンツ株式会社
       (以下「MGAI」といいます。)の発行済株式の全てについて2018年11月1日付で譲り受け、MGAIを100%子
       会社(新商号:アセットマネジメントOneオルタナティブインベストメンツ株式会社)としました。
      (2)  訴訟事件その他の重要事項

        委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

                                  資本金の額
                  名称                             事業の内容
                                   (百万円)
     (1)  受託会社        みずほ信託銀行株式会社                     247,369      銀行法に基づき銀行業を営むとと
                                         もに、金融機関の信託業務の兼営等
                                         に関する法律       (兼営法)に基づき信
                                         託業務を行っています。
     (2)  販売会社        みずほ証券株式会社                     125,167     「金融商品取引法」に定める第一種
                                         金融商品取引業を営んでいます。
      (注)   資本金の額:2018年3月末日現在
     2【関係業務の概要】

      (1)  受託会社

        ファンドの受託会社として、信託財産を保管・管理し、受益権設定にかかる振替機関への通知等を行い
       ます。
      (2)  販売会社
        ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求の受付けならびに収
       益分配金の再投資、償還金および一部解約金の支払い等を行います。
     3【資本関係】

        該当事項はありません。

        (持株比率5%以上を記載します。)
      <参考:再信託受託会社の概要>

       名称    :資産管理サービス信託銀行株式会社
       業務の概要 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営に関する法律に基づき
                                 81/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               信託業務を営んでいます。
       再信託の目的:原信託契約にかかる信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託受託会
               社(資産管理サービス信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財産の全てを再信託受託
               会社へ移管することを目的とします。
     第3【その他】


     (1)目論見書の表紙等にロゴ・マーク、図案を使用し、ファンドの基本的性格を記載する場合があります。ま

      た、以下の内容を記載することがあります。
       ・金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨
       ・委託会社の金融商品取引業者登録番号
       ・詳細情報の入手方法
        ①  委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間など
        ②  請求目論見書の入手方法およびファンドの投資信託約款の全文が請求目論見書に掲載されている旨
       ・目論見書の使用開始日
       ・届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。
        ①  届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
        ②  届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
       ・ファンドの内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法
        律第198号)に基づき事前に受益者の意向を確認する旨
       ・投資信託の財産は、信託法に基づき受託会社において分別管理されている旨
       ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはその旨
        の記録をしておくべきである旨
       ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください」との趣旨を示す記載
     (2)有価証券届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」に記載の内容について、投資家の理解を助け
      るため、その内容を説明した図表等を付加して目論見書のその内容に関する箇所に記載することがありま
      す。また、第二部「ファンド情報」第1「ファンドの状況」5「運用状況」について、有価証券届出書提出
      後の随時入手可能な直近の情報および同情報についての表での表示に加えて、グラフで表示した情報を目論
      見書に記載することがあります。
     (3)投資信託説明書(請求目論見書)に約款の全文を掲載します。
     (4)目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
     (5)目論見書は目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
     (6)投信評価機関、投信評価会社などによる評価を取得・使用する場合があります。
                                 82/85





                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         独立監査人の監査報告書
                                                  平成30年5月30日

     アセットマネジメントOne株式会社

      取 締 役 会          御 中
                            新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社         員

                                        公認会計士         湯原  尚          印
                            業務執行社       員
                            指定有限責任社         員

                                        公認会計士         山野  浩          印
                            業務執行社       員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

     経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31
     日までの     第33期事業年度の財務諸表               、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な
     会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して                                              財務諸表を作成し
     適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
     示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
     することにある。         当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準          は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
     は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択
     及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当
     監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と
     適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並
     びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計                                               の基準に準拠し
     て、アセットマネジメントOne株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
     年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上
     (注1)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

      ております。
     (注2)XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。

                                 83/85


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告                 書

                                                 平成31年1月25日

     アセットマネジメントOne株式会社

      取 締 役 会  御 中
                      EY新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員
                                               山野     浩   印
                                      公認会計士
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、                                                     「ファ

     ンドの経理状況」に掲げられている                    MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)                            の 平成30年6
     月1日    から   平成30年11月30日              までの    特定   期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰
     余金計算書、注記表並びに               附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して                                                    財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に                                                    対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる                                                  監査の基準
     に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかに
     ついて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めてい
     る。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施                                                     され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示                                                    のリスク
     の評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性に                                                ついて意見表明
     するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に                                             応じた適切な監査手
     続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を                                           検討する。また、監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって                                        行われた見積りの評価も含め
     全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
     準拠して、MHAMのMRF(マネー・リザーブ・ファンド)の平成30年11月30日現在の信託財
     産の状態及び同日をもって               終了する特定期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示し
     ているものと認める。
     利害関係

      アセットマネジメントOne株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
     会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以  上
     (注)1.上記は、当社が監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 84/85




                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の中間監査報告書

                                                 平成30年11月30日
     アセットマネジメントOne株式会社
      取 締 役 会           御 中
                            EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         湯原  尚 印
                            業務執行社       員
                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         山野  浩 印
                            業務執行社       員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

     経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31
     日までの第34期事業年度の中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る中間
     財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間                       損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びそ
     の他の注記について中間監査を                行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に                                              準拠して中間財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬に                                       よる重要な虚偽表示のない中間財
     務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と                               判断した内部統制を整備及び運用することが含ま
     れる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務                                                 諸表に対する意
     見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
     して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に                              中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、
     中間監査に係る監査計画を              策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監
     査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤
     謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づ                                 いて、分析的手続等を中心とした監査手続に必
     要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。                          中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明す
     るためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立
     案するために、        中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務
     諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
     に準拠して、アセットマネジメントOne株式会社の平成30年9月30日現在の                                         財政状態及び同日をもって終了
     する中間会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表
     示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注1)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保

      管しております。
     (注2)XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                 85/85




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク